スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従妹「兄さん。」 

カテゴリ:姉妹とか兄妹とか SS

以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 00:48:54 ID:X7CSeE5U

兄「おぉ従妹、久しぶり。」

従妹「お久しぶりです。」

兄「どうした?」

従妹「遊びに来ました。」

兄「それは分かるけど。」

兄「まぁ、良いや。何して遊ぶ?」

従妹「山に行きたいです。」

兄「ん。わかった。ちょっと支度するから外で待ってな。」

 24620081_m
人気ブログランキング


以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 00:49:56 ID:X7CSeE5U

従妹「はい。あ、兄さん。」

兄「ん?」

従妹「帽子、ありますか?」

兄「麦わら帽子なら。」

従妹「今は春ですけど……」

兄「だって俺帽子好きじゃないし。」

兄「持ってないよ。」

妹「そうですか。」


以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 00:50:40 ID:X7CSeE5U

兄「でも何で帽子?」

従妹「母さん曰く、お昼からお日様が強くなるそうなので。」

従妹「なのに持ってくるの忘れてしまって……」

兄「そう。探そうか?」

従妹「いえ。もう麦わら帽子で良いです。」

兄「良い?」

従妹「良いです。」

兄「俺はまぁ、なくても大丈夫かな。」


以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 00:51:18 ID:X7CSeE5U

従妹「駄目ですよ。」

兄「でも帽子ないし……」

従妹「でも……」

兄「……」

従妹「……」

兄「あっ、これじゃ駄目? タオル。」

従妹「ふざけないでください。タオルでどうやって頭を。」

兄「ほれ。」


以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 00:51:52 ID:X7CSeE5U

従妹「おおおっ。」

従妹「兄さんすごいです。タオルが帽子に。」

兄「ふふふっ。」

従妹「海賊みたいです。」

兄「これで良いな?」

従妹「はい。」

兄「じゃあ用意してくるな。」

従妹「はい。」


以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 00:52:40 ID:X7CSeE5U

麓――――

兄「この山に来るのも結構、久しぶりだな。」

従妹「昔はお祭りとかでよく来ましたからね。」

兄「悪いな。受験と部活が忙しくて。」

従妹「……」

従妹「……東京に行くんですよね。」

兄「……」

兄「……この町は静かで自然豊かで凄い好きだ。」


以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 00:54:10 ID:X7CSeE5U

兄「けど、東京で頑張ってみたいんだ。」

兄「誇れるようなことをしたいんだ。」

従妹「……」

兄「……」

従妹「兄さんは凄いです。」

兄「……」

兄「登ろうか。」

従妹「そうですね。」


以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 00:55:35 ID:X7CSeE5U

獣道――――

従妹「はぁ……はぁ……ちかれました……」

兄「ははっ、早いな。荷物もないんだからもうちょい頑張れよ。」

従妹「はぁ……兄さんは……陸上部で体力もあるんでしょうけど……」

従妹「私は平均的な女の子なんです……」

兄「まぁ、そうだな。腕とか細いし。」

兄「……肌も白くて綺麗だよな。」

従妹「!?」


以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 00:56:47 ID:X7CSeE5U

従妹「……あ、ありがとうございます。」

兄「うーん、それにしても。今日は確かに暑いな。」

従妹「そうでしょう……? 休憩しません……?」

兄「いや、しない。」

従妹「鬼ですね……」

兄「おんぶしてあげるから。ほら。」

従妹「!」

兄「よいしょ、っと。あれ?」


10 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 00:59:28 ID:X7CSeE5U

兄「昔と同じくらい軽いな。ちゃんとご飯食べてる?」

従妹「♪」

兄「聞いてねぇ……」

兄「おい。従妹。」

従妹「ちゃんと食べてますよ。」

兄「あ、ちゃんと聞いてたんだ。」

従妹「聞いてますよ。」

従妹「それより、早く行きましょう。兄さん号発進♪」


11 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:00:21 ID:X7CSeE5U

中腹――――

兄「よし、ここら辺で休むか。」

兄「ほら降りな。」

従妹「やです。」

兄「くっついてると暑いだろ?」

従妹「暑いけど、でも……」

兄「……」

兄「またおんぶはしてやるから、な?」


12 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:01:16 ID:X7CSeE5U

従妹「約束ですよ。」

兄「おう。」

従妹「よいしょ、っと。」

従妹「木陰に行きましょう。あちいです。」

兄「おう。」

従妹「……はー、涼しいです。」

兄「だな。それに木漏れ日が綺麗だ。」

従妹「……」


13 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:02:00 ID:X7CSeE5U

兄「……」

従妹「……」

兄「……」

従妹「あっ、四葉のクローバーがあります。」

兄「おぉ、ラッキー。」

従妹「えへへっ。そうですね。」

兄「……」

従妹「? 何をそんな微笑んで、ひゃ!」


14 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:03:30 ID:X7CSeE5U

兄「従妹は可愛いな、うりうり。」

従妹「な、撫でるなんて卑怯です。や、やです。」

兄「さらさらしてる。」

従妹「お手入れは頑張ってるんですよ。えっへん。」

従妹「……よし、そろそろ遊びましょう?」

兄「ん。休憩はもう良いのか?」

従妹「はい。」

兄「わかった。じゃあ、何する?」


15 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:04:10 ID:X7CSeE5U

従妹「今のマイブームは鬼ごっこですね。」

兄「またまたどうして。」

従妹「佐藤さんが鬼ごっこする小説を読みまして。」

兄「そうなのか。俺は読んだことないけど。」

兄「でもどうして佐藤さん限定?」

従妹「ネタばれになりますよ?」

従妹「佐藤さんは佐藤さんから生まれた佐藤さん殺害する為に佐藤さん達を皆殺しにしようとしたんです。」

兄「佐藤さんしかいないじゃん。」


16 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:04:56 ID:X7CSeE5U

従妹「えへへっ。」

兄「まぁ、良いや。じゃあ鬼ごっこね。」

従妹「はい。兄さんが鬼です。」

兄「ん。じゃあ、10秒数えるぞ。」

妹「きゃー♪」

兄「10……9……8……7……6……5……」

兄「4……3……2……1……」

兄「0!」


17 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:06:38 ID:X7CSeE5U

1時間後――――

従妹「はぁ……はぁ……疲れました……」

兄「ふぅ、なかなか従妹も足速いね。」

従妹「はぁ……いえ……加速されないように兄さんの直線上に出なかっただけです……」

兄「おぉ、頭使ってたのか。捕まえられないわけだ。」

兄「従妹は凄いな。」

従妹「えへへっ。もっと褒めてください。」

兄「じゃあ途中から見つけらなくなったのも作戦?」


18 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:07:42 ID:X7CSeE5U

従妹「あ、それは違いますよ。これを探してたんです。」

従妹「はい、兄さん。」

兄「これは、タンポポ……?」

従妹「えへへっ。なかなかみつからなかったんですよ。」

兄「ははっ、ありがとな。」

従妹「……もっと撫でてください。」

兄「うりうりー!」

従妹「えへへっ。」


19 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:14:16 ID:X7CSeE5U

昼――――

兄「あ、お腹が鳴いた。」

従妹「兄さん可愛いで。」

兄「……」

従妹「……」

兄「従妹も可愛いお腹の音だね。にやにや。」

従妹「うがああああ!」

従妹「やめてください! からかわないでください!」


20 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:16:43 ID:X7CSeE5U

兄「従妹はからかいがいがある。」

従妹「……もう良いです。お弁当あげませんから。」

兄「あっ、あの袋はお弁当の袋だったのね。」

従妹「そうです。私の手作りです。」

兄「兄さんは弁当になんか釣られな。」

兄「……」

従妹「ふふっ、可愛いお腹の音ですね。」

従妹「一緒に食べましょう?」


21 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:21:54 ID:X7CSeE5U

兄「ふぅ、結構汗かいたな。タオル持ってきて正解だったな。」

兄「取り敢えず頭に巻いてるのを外して、これで汗を拭いて、と。」

従妹「……」

兄「……? 何をまじまじと?」

従妹「! い、いや、兄さんってその、格好良いので絵になるなぁ、と。」

兄「そう? タオル付け替えてるだけだよ?」

従妹「なんか、こう、胸がきゅぅって締め付けられる感じです……」

兄「? そっか、大丈夫?」


22 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:24:48 ID:X7CSeE5U

従妹「はい、健康に害はないです。少し辛いですけど。」

兄「詳しいのな。まぁ、元気ならそれでいいよ。」

兄「よし、縛れた。」

従妹「それじゃあ、お昼ご飯食べましょう。」

兄「賛せ。」

従妹「ふふっ、お腹も賛成してますね。」

兄「くそぅ……」

従妹「兄さんは可愛いです。によによ。」


23 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:30:19 ID:X7CSeE5U

兄「ん。卵焼き美味しいな。」

従妹「そ、そうですか。ありがとうございます。」

兄「従妹って料理得意だったんだな。」

従妹「は、はい。兄さんの為に練習を。」

兄「え? あ、そうなの?」

従妹「え、あ、ち、違います! 練習なんかしてません! も、もう撫でないでください!」

従妹「……むーっ!」


24 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:34:30 ID:X7CSeE5U

従妹「……ねぇ、兄さん。」

兄「ん?」

従妹「……本当に東京に行っちゃうんですか?」

兄「……」

従妹「……」

兄「……休みとかには帰ってくるよ。」

従妹「……兄さん。」

兄「……」


26 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:40:57 ID:X7CSeE5U

兄「従妹。」

従妹「え、あ、兄さん。か、顔近いです、よ?」

兄「……」

従妹「に、兄さん……」

兄「ご飯粒ついてあべし!」

従妹「お約束ですよね。分かってましたよ。」

兄「殴られた……」

従妹「殴られて当然です。」


27 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:46:18 ID:X7CSeE5U

従妹「兄さん。」

兄「ん?」

従妹「桜、見に行きませんか?」

兄「良いね。でも、咲いてるのか?」

従妹「はい。奥にある桜の木はもう咲いてるらしいです。」

兄「あぁ、あの木か。」

従妹「はい。」

兄「良く二人であの木の下で遊んだよな。」


28 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 01:56:34 ID:X7CSeE5U

従妹「そうですね。絵本読んでもらったり、膝枕してもらったり。」

兄「そうそう。いつも従妹、寝ちゃうから困ってたよ。」

従妹「そうなんですか?」

男「家まで抱っこかおんぶだった。」

従妹「えへへっ、何か恥ずかしいです。」

従妹「よし、じゃあ、今日も兄さんのお膝で寝ます。」

兄「ははっ、懐かしくて良いね。」

従妹「はいっ! 行きましょう。」


29 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 02:02:01 ID:X7CSeE5U

桜――――

兄「……綺麗だな。」

従妹「……綺麗ですね。」

兄「……」

従妹「……」

兄「ほら、従妹。おいでおいで。」

従妹「私は猫ですか。まぁ、行きますけど。」

兄「……こうやってさ。この木の下で肩を並べて座るの。」


30 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 02:05:20 ID:X7CSeE5U

兄「案外落ち着いて好きなんだぞ。」

従妹「……私も。」

従妹「……私も兄さんのこと、好きです。」

兄「……」

兄「……俺もだよ。」

従妹「……」

兄「……」

従妹「……兄さん、お膝貸してください。寝ます。」


31 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 02:09:21 ID:X7CSeE5U

兄「ほれ。」

従妹「……へへっ。」

兄「……」

従妹「桜が綺麗です。」

兄「だな。」

従妹「お兄ちゃん……」

兄「どうした?」

従妹「あの……その……」


32 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 02:15:25 ID:X7CSeE5U

従妹「どこにも行かないで欲しい……」

兄「……従妹。」

従妹「困らせるし、無理なこともわかってます、でも。」

従妹「お兄ちゃんとずっと一緒にいたいです……」

兄「従妹……!」

従妹「抱きしめないでください……」

従妹「そんな悲しそうな顔で……うっ……声で抱きしめないでください……」

従妹「行っちゃうって分かって……ひっく……ぐすっ……」


33 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 02:17:50 ID:X7CSeE5U

従妹「辛いじゃないですかぁ……うええええん……」

兄「……」


34 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 02:23:01 ID:X7CSeE5U

駅――――

兄「今日から1人暮らしか……」

兄「気が楽だけど、家族と会えないのは辛いなぁ……」

兄「それに……」

兄「……」

兄「あいつ結局、見送りにこなかったな。」

兄「……」

兄「……嫌われたかな。」


35 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 02:29:38 ID:X7CSeE5U

自宅前――――

兄「ここが、新しい家。」

兄「まぁ、大学生だし。そんなに良いところではないけど。」

兄「住めば都と言うし?」

兄「すぅ……はぁ……」

兄「……」

兄「よし。」

兄「ただいまー!」


36 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 02:33:05 ID:X7CSeE5U

従妹「おかえりなさい、兄さん。」

Ture End
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。