スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夏「最近セシリアがおっぱい押し付けてくる」 

カテゴリ:インフィニットストラトス SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 01:08:21.04 ID:h3B+v2GGi












cf0dc895



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 01:08:58.82 ID:79+5fgn5O

予想はしていた


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 01:13:37.21 ID:YUFBu/Cii

誰か代りに書こうよ


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 01:22:53.24 ID:ohEPsU530

一夏「なあセシリア」

セシリア「なんですの?」ギュー

一夏「なんだ、その……近くないか?」

セシリア「わたくしと一夏さんの仲ではありませんか!」ムギュー

一夏「そうは言ってもなぁ」チラッ

4人「」ゴゴゴゴゴゴ

セシリア「さあ、行きますわよ一夏さん?」ギュッ



こういうことか


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 02:28:28.45 ID:5ILZrvAF0

セシリア「一夏さん。そこ、間違ってますわよ」

一夏「あ、あぁ…あのさ、セシリア。勉強教えてくれるのはわかるけど、なんで、後ろから?」

セシリア「あら、ご迷惑でしたか?」

一夏「いや、そうじゃなくて」(背中に当たってるの…おっぱい…だよな)

セシリア「はい。それじゃあ、次の問題です」

一夏「あ、あぁ」

セシリア「ほら、また。こちらの公式を使わないとだめですわよ」ムギュ

一夏「お、おう」(無意識か。無意識なのか?)

セシリア「ふぅ。それにしても、なんだか暑いですわね」

一夏「それなら、エアコンの温度を」

セシリア「いえ。上着を脱ぐので平気ですわ」ヌギヌギ

一夏「あ、いや」

セシリア「さ。続きを行いますわよ」

一夏(やばい。さっき以上に柔らかい感触が)


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 02:33:25.47 ID:5ILZrvAF0

一夏「あ、あのさ。セシリア」

セシリア「はい?」

一夏「えっと。せ、背中に」

セシリア「はぁ?背中…かゆいのですか?」

一夏「そうじゃなくて。あ、あのさ。勉強教えてくれるなら、横に座ってくれてもいいんじゃないかな?」

セシリア「いえ。横からですと、文字が読みにくいのでこの方が楽ですわ」

一夏「そ、そうなんだ」

セシリア「はい。あ、ここもミスしてますわよ。えっと、消しゴムは…あんな奥に転がって。ちょっと失礼しますわね」

一夏(うぉっ。せ、背中にせ、セシリアの重みが)

セシリア「ん~、とどか、な…っと、とれましたわ」

一夏「そ、そっか」

セシリア「どうかしまして?」

一夏「い、いや…その」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 02:35:50.94 ID:5ILZrvAF0

セシリア「?」

一夏「え、えっと、どこまでやったかな」

セシリア「一夏さん。なぜ、そんなに前かがみなのですか?」

一夏「え?いや、そ、そんなことないぞ」

セシリア「ダメですよ。猫背になってしまいます。背筋はきちんと伸ばしてください」

一夏「い、いや。それは」

セシリア「??」

一夏「そ、そうだ。休憩しないか?もう1時間ちかく勉強してるし」

セシリア「ん~、そうですわね。では、冷たい飲み物でももってきます」

一夏「た、頼むよ」

セシリア「はい」

一夏「……はぁ。あれ、無意識なのかなぁ…正直、身が持たないよ」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 02:36:03.55 ID:ohEPsU530

これがシャルだったらすぐビッチだの言うくせにお前らときたら…


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 02:40:13.20 ID:v/hANs7F0

>>47
シャルロットは公式が推してるだろ
SSはゆずってくれよ…


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 02:38:53.96 ID:5ILZrvAF0

セシリア「ただいま戻りました」

一夏「あぁ。お帰り」

セシリア「一夏さん」

一夏「ん?」

セシリア「疲れてます?」

一夏「え。なんで」

セシリア「いえ、先ほど少し元気がなさそうでしたので」

一夏「そんなことないよ。元気元気」(一部は超元気だったし)

セシリア「そうですか?あ、そうだ。一夏さん。ベッドにうつぶせになってもらえますか?」

一夏「??」

セシリア「ほら、早く」

一夏「あ、あぁ…これでいいか?」

セシリア「はい。では、失礼します」

一夏「せ、セシリア!?」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 02:42:34.09 ID:5ILZrvAF0

セシリア「一夏さんはのんびり力を抜いてください。マッサージしてあげますわ」

一夏「マッサージ?」

セシリア「はい。以前、一夏さんにしていただいたお返しです」

一夏「そ、そっか…っ」

セシリア「どうかしまして?」

一夏「い、いや。なんでも」(ってことは。腰の感触は、セシリアの…おしりか…やば)

セシリア「んっしょ。んっしょ。どうですか?」

一夏「あ、あぁ。気持ちいいよ」(いろんな意味で)

セシリア「はい。では、腕を伸ばしますね。ん~」

一夏(セシリア!腕が、腕が、お前のおっぱいに挟まれて。や、やわらけぇ)

セシリア「ん~、ん~っはぁ。マッサージって結構つかれるのですね」

一夏「あ、そ、それならもう終わっていいぞ?」

セシリア「いえ。一夏さんのためなら」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 02:48:09.01 ID:5ILZrvAF0

セシリア「はい。では、次は足をやりますので、ベッドに腰掛けてください」

一夏「わかっ…ごめん。ちょっとこのままで」

セシリア「??」

一夏(やっべぇ。またフル勃起だ。こんな状態をセシリアに見せれるか)

セシリア「あの、一夏さん」

一夏「い、いや。ちょ、ちょっと待ってくれ。具体的には5分ほど」

セシリア「はぁ。構いませんが」

一夏「あと、出来れば、俺から降りてくれる嬉しいんだけど」

セシリア「あら、すみません。重かったですわよね」

一夏「いや、別に重くはないって。全然、一晩中、乗ってても平気なくらい」

セシリア「一晩…もぉ。一夏さんったら」

一夏「い、いや、そういう意味じゃなくて」

セシリア「では、私は次の勉強の準備をしておきますね」

一夏「あ、あぁ。ありがとう」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 02:52:59.11 ID:5ILZrvAF0

一夏(絶対に天然だよなぁ。あれ…はぁ。困った)

セシリア「ふんふふん♪ついでにここらへんの物を片付けておきますね」

一夏「ありがとう」

セシリア「いえ」

一夏(ホント、セシリアって気が利くよなぁ。これで料理が美味しければ完璧なのに)ジー

セシリア「あら、一夏さん。私の顔に何か付いてます?)

一夏「いや、セシリアって綺麗だよなぁって」

セシリア「~~っ!!い、一夏さん」

一夏「ん?」

セシリア「ひ、卑怯ですわよ。真顔で急に」ボソボソ

一夏「どした?」

セシリア「なんでもありませんわ」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 02:55:21.05 ID:5ILZrvAF0

一夏「ふぅ。さて、勉強の続きをやるか」

セシリア「あら、足のマッサージはいいのですか?」

一夏「あぁ。それはまた今度で」

セシリア「では、続きを行いましょう」

一夏「…やっぱり、後ろからなんだな」

セシリア「なにか、問題でも?」

一夏「いや、いいんだけど」

セシリア「では、いきますわよ」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 02:57:57.89 ID:5ILZrvAF0

一夏「結局、あの後、2時間ちかく背中におっぱいの感触があった」

一夏「あ~、もう。生殺しだ~」

一夏「はぁ」

鈴「あ、いちか~、お~い」

一夏「鈴か」

鈴「今から晩御飯?なら、一緒に食べよ」

一夏「あぁ」

鈴「…どしたの?」

一夏「鈴くらいなら、気にしなくていいんだけどなぁ」

鈴「なにそれ?」

一夏「気にするな」

箒「お、一夏」

一夏「箒か…って、お前、なんて格好を」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:01:51.59 ID:5ILZrvAF0

箒「ん?いつも通りだろ」

鈴「まぁ、いつもよりちょっと薄着ってくらいよね」

箒「あぁ。今まで竹刀で素振りをしていたからな。少し暑いんだ」

一夏「そ、そっか」(やべぇ。セシリアの感触のせいで、最初に胸に目がいってしまう)

鈴「ほら、早く食堂に行こうよ~」

箒「今から食事か。では、私も行こう」

鈴「お邪魔虫」ボソ

箒「二人っきりなぞさせるか」ボソ

一夏(二人とも俺の腕を胸で挟むのやめてくれ…ただでさえ、今日は敏感なんだからさぁ)


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:05:12.90 ID:5ILZrvAF0

一夏「はぁ。疲れた~…結局、食堂でシャルとラウラも一緒になったうえに、席の位置であいつら揉めるし」

一夏「今日は早く寝よう」

一夏「…………やばい。なんか、いろんな場所にセシリアの感触が残ってて」

一夏「セシリア。ごめん。今日だけだから」

一夏「はぁ、はぁ」

セシリア『一夏さん。いらっしゃいますか?』ドアゴシ

一夏「う、うわぁぁぁっ」

セシリア『一夏さん!?』

一夏「せ、セシリア?どうしたんだ」

セシリア『いえ、その』

一夏「と、とりあえず、入っていいぞ」

セシリア「おじゃまします」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:09:29.64 ID:5ILZrvAF0

一夏「どうした?」

セシリア「あら。ひょっとして、もうお休みになられるところでしたの?」

一夏「あ、あぁ。ちょっと疲れてさ」

セシリア「それは、申し訳ありませんでした」

一夏「いや。いいよ。平気。それで」

セシリア「あの、先日、お買い物に行った時に買ったアイスクリームがあったので、一緒に食べようかと」

一夏「あぁ、いいね。貰っていいかな?」

セシリア「はい」

一夏「へぇ。アイスなんてあんまり食べないけど、美味しそうだな」

セシリア「はい。お店で食べたらすごく美味しかったので、一夏さんにも食べていただきたいなと」

一夏「ありがとう。いただきます…ん~、冷たくて美味しいな」

セシリア「ほっ」

一夏「セシリアは食べないのか?」

セシリア「あ、食べます。あ、わ、わわわわ」バタッ


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:14:04.78 ID:5ILZrvAF0

一夏「セシリア!?大丈夫か?」

セシリア「うぅ、まさか、何もない場所で転ぶなんて。ショックですわ」

一夏「ほら、あ~、アイスが」

セシリア「はう。べたべたですわ~」

一夏「あ~あ~、顔に…」

セシリア「本当に、顔や手や、あら、胸まで…はぁ、災難ですわ」

一夏(うわっ、エロ)

セシリア「んっ」ペロ

一夏「せ、セシリア」

セシリア「?」

一夏「しゃ、シャワー浴びたほうがいいんじゃないか?」

セシリア「そうですわね。せっかく、一夏さんとのんびりおしゃべりしながら、食べたかったのですが」

一夏「そ、そうだな。ざ、残念だよ」

セシリア「では。おやすみなさい」

一夏「あ、セシリア。髪にもかかってるし、俺の部屋でシャワー浴びていけよ」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:17:44.57 ID:5ILZrvAF0

一夏(なに言ってんだ俺は!?)

セシリア「あ、あの。さすがに、その、一夏さんの部屋のシャワーを使うのは、その」

一夏「だ、だよな。あ、あはは」

セシリア「…けれど、あの…えっと、その」

一夏「セシリア?」

セシリア「一夏さんがよいとおっしゃってくれるなら。か、借りたいですわ」

一夏「あ、あぁ。全然オッケーだ」

セシリア「さすがに、髪とかクリームまみれで廊下にでるのは、少し恥ずかしかったので」

一夏「お、おう」

セシリア「では、お、お借りしますね」

一夏「ど、どうぞ」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:21:06.11 ID:5ILZrvAF0

一夏「…シャワールームにセシリアが居る」

一夏「なんだ、これ。夢、じゃないよな」

一夏「いやいや、ほら、セシリアはシャワー浴びたらすぐに自分の部屋に戻るわけで」

一夏「別にやましいことはこれっぽっちもないと言うか」

一夏「って、誰に言い訳してるんだ、俺は」

セシリア『あの、一夏さん』

一夏「え?あ、なに?」

セシリア『アイスのついた上着とシャツを一度、洗うので、乾燥機で乾くまでの間に着るシャツをお借りしたいのですが』

一夏「わ、わかった。新品のシャツだしておくよ。洗面所においておくから」

セシリア『あ、ありがとうございます』


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:24:37.64 ID:5ILZrvAF0

セシリア「…あ、あの。シャツ…ありがとうございます」

一夏「お、おうっ!?」(やばい、大き目のシャツ+セシリアボディは反則だろ)

セシリア「あの、できれば、こちらを見ないでいただけると…その」

一夏「ご、ごめん」

セシリア「いえ…ブラ…付けてない私が悪いのですから」

一夏「…え?なんで?」

セシリア「この白いシャツ…その、す、すけてしまいますので」

一夏「そ、そっか。うん。だ、大丈夫…後ろ、むいてるから」

セシリア「すみません」

一夏「…」

セシリア「…」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:28:14.25 ID:5ILZrvAF0

セシリア「あの」

一夏「は、はい」

セシリア「お、お昼にしたマッサージ…またしましょうか?」

一夏「え?」

セシリア「いえ、疲れてそうでしたので」

一夏「そ、それじゃあ、た、頼もう…かな」

セシリア「はい!では、またうつぶせに」

一夏「わかった」

セシリア「えっと、あのあと、少しマッサージについて調べてみたんです」

一夏「へぇ」

セシリア「そしたら、こんなのがあって」

一夏「せ、セシリア!?」(セシリアが俺の背中の上でうつぶせに!?)

セシリア「腕をこう、伸ばして」

一夏(はぁ、セシリアが動くたびに、柔らかなふくらみが俺の、首筋にっ)


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:32:00.19 ID:5ILZrvAF0

セシリア「んっ、っしょ。は、っ、んんっ」

一夏(し、しかも…やわらかい感触だけじゃなくって、これは、まさか)

セシリア「ふぁっ、ぁ、っ、一夏さん、その、動かないでくださいまし」

一夏「ご、ごめん」(セシリアの吐息が、っ、耳に)

セシリア「えっと、次は仰向けに」

一夏「へ?」

セシリア「今度は仰向けで、鎖骨のつぼを」

一夏「無理、今、仰向けは絶対に無理」

セシリア「??」

一夏「だから、えっと、その」

セシリア「一夏さん、これは時間をおかずにやるのがいいと書いてましたので、ほら、早く」

一夏「ちょ、ちょっと待て、う、うわぁっ」

セシリア「まったく。どうして、こんな…ていこう…を…ひっ!?」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:36:02.75 ID:5ILZrvAF0

セシリア「あ、い、一夏…さん、あの、これ」

一夏「い、いや、その。ほら、えっと、なんだ…ごめんなさい」

セシリア「い、いえ。でも、これっと、その、アレ、ですわよね?」

一夏「セシリアの想像通り…だと思うけど」

セシリア「…」ゴクリ

一夏「セシリア?」

セシリア「一夏さん…ひょっとして、私のマッサージで?」

一夏「いや、マッサージというか…その、セシリアのおっぱいが…あたって」

セシリア「~~っ!」///

一夏「言うのも、それはそれで恥ずかしいかなと思って」

セシリア「ふぁぁぁっ、そ、そんなつもりはありませんでしたのよ!?」

一夏「わかってる。気づいてなかったんだろうけど」

セシリア「あうあう」

一夏「ご、ごめんな。あ、そろそろ、乾燥終わるんじゃないのか?」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:37:28.80 ID:67u5yd/W0

ふぅ…セシリアの淫乱な腰や尻にエロマッサージでもいいよね


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:38:21.16 ID:ohEPsU530

セシリアはエロいなあ!


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:39:24.61 ID:5ILZrvAF0

セシリア「一夏さん」

一夏「な、なに?」

セシリア「そこも…マッサージ…し、しますね」

一夏「…え?」

セシリア「だ、だから…何度も、言わせないでくださいまし」

一夏「いや、だって、その、それは」

セシリア「それとも、一夏さんは…私だと、ダメ。ですか?」

一夏「ダメなわけないだろ。むしろ、俺が悪いわけで」

セシリア「そうなったのは私が原因です。最後まで…その…は、初めてですけど」

一夏「えっと」

セシリア「至らぬ点が多いと思いますが…一夏さん」

一夏「セシリア」

セシリア「はい」

一夏「…お願い。してもいいか」

セシリア「はい!」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:44:00.93 ID:5ILZrvAF0

セシリア「っ!?」

一夏「大丈夫か?」

セシリア「あ、は、はい。あまりの大きさに、その、驚いただけで」

一夏「そんなに大きい方じゃないと思うけど」

セシリア「いえ、十分…大きい…あの、最初は手、でよろしいのですわよね?」

一夏「す、好きにしていいよ」

セシリア「は、はい…ん、か、固くて熱い」

一夏「セシリアの手、冷たくて気持ちいいよ」

セシリア「はい」ツツツ…

一夏「んんっ」

セシリア「すごい…授業では習ってましたが、実物は…こんなにも…んっ」ペロッ

一夏「っぁ、セシリア」

セシリア「味は、特に無いですわね」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:44:47.63 ID:ohEPsU530

そもそもエロ書けないから序盤で放り投げてよかた


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:45:05.17 ID:67u5yd/W0

発情セシリアちゃんに激しくマッサージされて強制的に何度もどぷどぴゅさせられたり
ゆっくり艶かしく焦らし、抑えつけられて寸止められたりされたい…


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:47:54.44 ID:8qD1YDJei

やっぱりセシリアちゃんはエロくて可愛くて健気で優しくて、もう一夏の嫁はセシリアちゃんしか有り得ないね!!飯は一夏が作れば良いし!!


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:48:23.95 ID:5ILZrvAF0

一夏(セシリアが…俺の脚の間に跪いて…俺のを…やべぇ、これ、すごくいい)

セシリア「一夏さん」

一夏「?」

セシリア「確か…その…男の人は、む、胸で、挟まれると気持ちいいのですよね

一夏「どこから、そんな知識を」

セシリア「な、内緒ですわ」

一夏「あ~えっと、それは。まぁ」

セシリア「…でしたら」ヌギッ

一夏「っ!」(セシリアの生おっぱい…あれが、背中やら首やらにあたってたのか)

セシリア「あ、あんまりジロジロ見ないでくださいまし…では」ムニュ

一夏「ぅぁ…す、すげぇ、セシリア…気持ちいいよ」

セシリア「本当ですか?なら、んっ、っしょ」

一夏(…生きててよかった)


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:53:42.50 ID:5ILZrvAF0

セシリア「確か…あの記事では、こうして」

一夏(あのセシリアが、一生懸命パイズリしてくれてる…幸せだぁ)

セシリア「んっ、っ、いちか、さん。これで?気持ちいいですか?」

一夏「あぁ。すごくいいよ」(その上目遣い、保存しときたい!)

セシリア「はぁっ、あ、んっ、ふふ、一夏さんに喜んでいただけて、こんなにうれしいことはありませんわ」

一夏「せ、セシリア。その、難しいかもだけど、さきっぽをくわてくれるか?」

セシリア「ふぁい、んっ、ひょう…れふか?」

一夏「ぅぁっ、そ、そう。そのまま」

セシリア「んっ、ちゅっ、ちゅぷっ、はむっ、ぺろっ」

一夏「くぅっ、それ、すごっ、やばい、セシリア」

セシリア「んんっ、じゅぅぅっ」

一夏「くぁ、吸われると…ダメだ、セシリア、俺、もうっ」

セシリア「っ!?きゃっ」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 03:57:45.74 ID:5ILZrvAF0

セシリア「ふぁ…こ、これが、一夏さんの…んっ」ペロッ

一夏「ごめん。セシリアの気持ちよすぎて、全然我慢できなくて。えっと、ティッシュティッシュ」

セシリア「いえ。私で、気持ちよくなっていただいた証拠ですので…けれど、あまり美味しいものじゃありませんわね」

一夏「そりゃそうだろ」

セシリア「…一夏さん」

一夏「セシリア」

セシリア「っ」

一夏「どうした?」

セシリア「いえ、先に口をゆすいだ方がいいのかと」

一夏「…まさかセシリアがムードをぶち壊すとは」

セシリア「だって、その、一夏さん、嫌じゃっ!?…んっ」

一夏「こういうのは、勢いとムードだから。平気だって」

セシリア「…そう、ですわね。一夏さん…もう一度」

一夏「あぁ」チュッ


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 04:02:38.37 ID:5ILZrvAF0

セシリア「んっ、んんっ、ちゅっ」

一夏「…セシリア」

セシリア「…一夏さん」

一夏「セシリアの胸。舐めてもいいか?」

セシリア「聞かなくても…一夏さんになら、何をされても、何も言いませんわ」

一夏「出来れば、あえぎ声は出して欲しいけどな」

セシリア「ぅぅっ!ばかっ…ひゃぅっ、はぁ、んっ、自分で触れるとのてゃ、全然違いますわね」

一夏「そうなのか?」

セシリア「はい…一夏さんが、触ると、んんっ、そこがピリピリって、しびれるようなっ、ぁぁっ」

一夏「感度いいんだな」

セシリア「一夏、さんっ、そんな、風に、揉まれたら…わた、くしっ、つぁっ」

一夏「セシリア…今度はセシリアが気持ちよくなって」

セシリア「は、はぃっ、んぁぁっ」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 04:06:27.88 ID:5ILZrvAF0

セシリア「は、ぁっ、んっ、そこ、ふぁっ」

セシリア「乳首っ、ぁ、舐めっ、ら、れたら、体が、びくっって、ふぁぁっ」

セシリア「いちか、さん、もう少し、ゆっくりっ、ぁっ、ぁ、ぁっ」

セシリア「胸、ばっかり、いじらないで、そこ、んんっ、気持ちよすぎてっ」

カリッ

セシリア「~~っ!?…ぁ…ぁ…ぁ…はぁ…っ…はぁ、はぁ」

一夏「ひょっとして、いった?」

セシリア「ぅぅっ、いちかさんっ…ひどい」

一夏「えぇぇ!?」

セシリア「そこっ、すごすぎて、わたくし、頭が真っ白に…なってしまいましたわ」

一夏「気持ちよかったってことだよな?」

セシリア「うぅぅ」コクリ

一夏「そっか。よかった」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 04:09:43.65 ID:5ILZrvAF0

一夏「けど、それなら、こっちを触ると、どうかな?」

セシリア「ひゃんっ、い、いきなり、さ、触らないでくださいまし」

一夏「ん?あれ?」

セシリア「どうかっ、んんっ、ぁっ、一夏さん、しゃべるか、撫でるかどっちかに、ひゃぅっ」

一夏「セシリア」

セシリア「は、はい」

一夏「下、脱がせていい?」

セシリア「だ、だから。あの、ぅぅっ…自分で脱ぎます」ヌギッ

一夏「手をどけて、脚、広げて」

セシリア「ふぇっ!?そ、それは、そのは、恥ずかしくて」

一夏「セシリア」

セシリア「は、はいっ」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 04:13:51.50 ID:5ILZrvAF0

一夏「やっぱり。セシリア、ここ、綺麗に剃ってるんだ」

セシリア「ぁ…い、いえ…その…は、生えて…ないだけです」

一夏「へっ」

セシリア「///」

一夏「そ、そっか。ごめん。外国人って剃ってるってイメージあったから」

セシリア「ぁぅ」

一夏「綺麗だよ」

セシリア「そこを褒められても、あまり嬉しくぅっ!?ひゃぅっ」

一夏「んっ」

セシリア「ふぁっ、いちかさんが、わた、わたくしのっ、大切な場所を…舐めてっ…ひゃぅっ」

一夏「すごいな。舐めても舐めても奥からトロトロのがいっぱい…女の人ってこうなのか?」

セシリア「し、しりませんっ!」

一夏「これだけ濡れてたら、大丈夫なのかな?」

セシリア「一夏…さん」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 04:17:29.27 ID:5ILZrvAF0

一夏「セシリア…俺、最後までしたい。けど、セシリアが拒むなら、俺」

セシリア「一夏さん…ここまで来て…おあずけは…私も辛いですわ」

一夏「セシリア」

セシリア「来てくださいまし」

一夏「あぁ」

セシリア「んっ」

一夏「多分、力抜いたほうがいいと思うけど」

セシリア「無理…ですわ…だから…ぎゅっと、抱きしめてくださいまし」

一夏「わかった」ギュゥッ

セシリア「っ…ぁ…いちか…さんのが…はいってっ」

一夏「やっぱ、痛いよな」

セシリア「平気…ですわ」

一夏「本当か?」

セシリア「はい…だから、最後まで…ちゃんと」

一夏「あぁ」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 04:21:24.96 ID:5ILZrvAF0

セシリア「んっ、っぁ、ぁ、はぁっ、ひぅっ!?っっっ」

一夏「奥まで…最後まで入ったよ」

セシリア「はぁ…はぁ…一夏さんの…私の中に感じます」

一夏「俺もセシリアに包まれているのを感じるよ」チュッ

セシリア「んっ、チュ、んんっ、はむっ、ん」

チュッ、チュッ、チュゥゥゥ、ジュプ

セシリア「ふぁっ、一夏さん」

一夏「セシリア」

セシリア「…私、一夏さんにこうして抱かれていると…それだけで、幸せな気分になれますわ」

一夏「俺も。同じ気持ちだ」

セシリア「一夏さん…もう、動いても大丈夫ですわよ」

一夏「いいのか?」

セシリア「はい。痛みもひいてきました」

一夏「わかった」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 04:25:55.28 ID:5ILZrvAF0

セシリア「んっ、ぁっ、んんっ、ん、ん、っぁぁっ、はぁ、はぁ」

セシリア「いちか、さんっ、ふぁっ、そこっ、そこは、っ、あぁぁぁっ」

セシリア「っぁっぁ、ぁぁっ、ふぁぁっ、もぅ、わたく、しっ」

セシリア「だめっ、いちかさんっ、ぎゅって、ぎゅって、してくださっぁぁぁっ」

ギュウゥゥゥ

一夏「セシリア。俺も、もぅ」

セシリア「ダメです、中に、初めては中にお願いしますっ」

一夏「っ!?いや、っ、んっ、セシリア、足…足を離して」

セシリア「くださいっ、一夏さんの、わたくしの、中に、いっぱい、くださいっ!!!」

一夏「もぅっ」

ドクッドクドク

セシリア「ぁ、ぁっ、いちか、さんのが…っ!?ふぁっ、ぁぁっ、また、んっ、いっっっぅ」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 04:29:17.08 ID:5ILZrvAF0

セシリア「ふふっ」

一夏「ん…あれ。俺」

セシリア「おはようございます」

一夏「はっ!俺、いつ寝たんだ!?」(まさか…夢じゃないよな)

セシリア「私に出し終わって…そのまま」

一夏「そ、そっか。ごめん」

セシリア「いえいえ。一夏さんの寝顔をじっくりと見せていただきましたわ」

一夏「あ、あのさ。セシリア」

セシリア「はい?」

一夏「えっと、このことだけど」

セシリア「後悔してます?」

一夏「俺が?いや、そんなわけないだろ。セシリアこそ」

セシリア「私は後悔なんてしませんわ。だって」

一夏「?」

セシリア「…大好きな一夏さんと、結ばれることができたのですもの」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 04:33:46.60 ID:5ILZrvAF0

一夏「大好き///」

セシリア「一夏さんのことは…ずっと前からお慕いしておりましたわ」

一夏「そ、そうなんだ」

セシリア「一夏さんは…私のこと、どう、想ってますの?」

一夏「え、えっと。正直、流されてしまった部分もあるけど」

セシリア「はい」

一夏「抱きたいって思ったのはセシリアだからだと思う」

セシリア「本当ですか?他の方と同じ状況でも我慢できます?」

一夏「もちろん!セシリアだけだよ」

セシリア「ふふ。信じます。さてと、まだ夜中ですけど」

一夏「明日は休みだし…出来ればこのまま一緒に寝たいな」

セシリア「そうですわね。一夏さんの手が、私のお尻から離れられないようですし」

一夏「ご、ごめん。気持ちよくて無意識に触ってた」

セシリア「本当に無意識ですの?もぅ…けど…エッチな一夏さんは嫌いじゃありませんよ」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 04:36:06.13 ID:5ILZrvAF0

一夏「あう」

セシリア「ふふ。では、このままぎゅって抱きしめててくださいね」

一夏「わかった」

セシリア「おやすみなさい。一夏さん」

一夏「おやすみ。セシリア…好きだよ」

セシリア「~~っ!ひ、卑怯ですわっ!!寝る前に耳元でそんなの…眠れなくなるじゃありませんか」

一夏「ははっ」

セシリア「むぅ…一夏さん…私も…大好きです」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 04:38:20.49 ID:5ILZrvAF0

鈴「ねぇ。最近あの二人、やけにくっつきすぎじゃない」

箒「まったくだ」

シャル「むぅ。これは先をこされたかな」

ラウラ「なんだと」



一夏「セシリア。IS教本のここについてなんだけど」

セシリア「あら、ここですわね。ここは」

一夏「…了解」

セシリア「ふふっ」



一夏「最近セシリアがおっぱい押し付けてくる」

一夏「ま、それって夜の合図なんだけどな」


End


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 04:40:48.52 ID:ohEPsU530

おつおつ

よくまあここまで綺麗にまとめられたなww


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 06:09:48.23 ID:cEHKxtSu0

素敵





151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 07:27:46.36 ID:QojWKKId0

ちんちんが勃ってるけどこれは朝立ちだからなんの問題もない


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 08:23:16.33 ID:x8ULQjoR0


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。