スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マミ「この状況……どうしたらいいんだろう……全く浮かばない……」 

カテゴリ:まどかSS

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 23:14:10.53ID:ogu9lyxP0
マミ「はぁ……」 

―回想(相談者:暁美ほむら)― 

マミ「それで、相談って何?」 

ほむら「……その……まどかに好きになってもらうにはどうしたらいいのかしら……」 

マミ「え?」 

ほむら「私は……まどかが好きなの……でも……普通同性でこんな感情……だから……」 

マミ「えっと……」 

ほむら「私より……あなたのほうがまどかと仲がいいと思うから……教えてほしいのよ……」 

マミ「鹿目さんにあなたを恋愛感情をもってもらいたいってことよね?」 

ほむら「えぇ……やっぱり無理かしら……」 

マミ「不可能ではないと思うけど……まずはもっと近づいてあげたらどうかしら?」 

ほむら「……まどかの近くに行くとドキドキして……その……」 

マミ「元々鹿目さんはあなたも大切に思っているのだからドキドキしても積極的に行ったほうがいいんじゃないかしら?」 

ほむら「そうかしら……ありがとう巴マミ……あと、この事は誰にも言わないで」 

マミ「えぇ、まぁできるかぎりは強力してあげるから、頑張ってね」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 23:20:31.18ID:ogu9lyxP0
―回想(相談者:佐倉杏子)― 

マミ「それで、相談って何?」 

杏子「いや、さやかのことが気になってしょうがないんだ」 

マミ「え?」 

杏子「なんつーかさやかといるとドキドキして……」 

マミ「えっと……美樹さんに恋をしているってこと?」 

杏子「まぁそんなところだ、そこでさやかと仲のいいお前なら仲良くなる方法知ってるかなって思ってさ」 

マミ「まずは喧嘩腰なのをなんとかしたほうがいいんじゃない?」 

杏子「そう言うけど、なんかこう恥ずかしくて張り合っちゃうんだよ……」 

マミ「はり合ってもいいけどそこで相手を認めてあげたらいいんじゃないかしら?」 

杏子「あ、あと……その……できたら付き合ったり……その……」 

マミ「付き合ったりできるかはわからないけど、美樹さんにもっと優しくしてみたら?」 

杏子「そうか……相談したらちょっと楽になったよ、ありがとなマミ……あと、この事は誰にも言わないでくれよ」 

マミ「えぇ、まぁできるかぎりは協力してあげるから、頑張ってね」 




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 23:29:55.13ID:ogu9lyxP0
―回想(相談者:鹿目まどか)― 

マミ「それで、相談って?」 

まどか「あの……ほむらちゃんのこと……なんですけど……最近気がついたらほむらちゃんのことばかり考えてて……」 

マミ「えっと……暁美さんに恋をしているってこと?」 

まどか「や、やっぱり……同性でこんなのっておかしいですよね……」 

マミ「えっと……そんなことないんじゃないかしら?暁美さんもあなたのことをきっと大切に思っているわよ」 

まどか「でも、私って鈍臭いし、いつもほむらちゃんに迷惑をかけて……たまにほむらちゃんに避けられてる気もして……」 

マミ(結局照れて逃げちゃってるのね暁美さん……両想いって教えたほうが……誰にも言うなって言われてるしなぁ……) 

まどか「同じクラスだから一緒にいたとしても、さやかちゃんとは軽口を言い合ってるのに私とはあんまり話してくれなくて……」 

マミ「えっと……とにかく暁美さんに話しかけてみたらどうかしら?」 

まどか「でも、避けられてるのにそんな事したら余計に嫌われたり……」 

マミ「暁美さんがあなたを嫌っていることは無いと思うわよ、だからね?」 

まどか「ティヒヒ、やっぱりマミさんに相談してよかったです、勇気を出して見ます……あ、その……この事は内緒にしてもらえますか?」 

マミ「えぇ、協力してあげるから頑張りなさい」 

マミ(この場合約束を破って教えちゃっても……でももしも暁美さんが怒ったら……) 




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 23:38:35.96ID:ogu9lyxP0
―回想(相談者:美樹さやか)― 

マミ「それで、相談って?」 

さやか「杏子のこと……なんですけど……なんか素直になれなくて……」 

マミ「えっと……佐倉さんの前で素直になれないってこと??」 

さやか「あいつといるとどうも喧嘩腰になっちゃって……」 

さやか「でもなんか最近たまに優しくされちゃって……な、なんかこうど、ドキドキしてきて」 

マミ(あら、佐倉さん大成功じゃない……) 

マミ「佐倉さんに恋をしているってことでいいのかしら?」 

さやか「えっと……まぁそんな感じですね……」 

マミ「だったら告白してみたらどうかしら?」 

さやか「そ、そんな同性なのにできるわけないじゃないですか……」 

マミ「きっと佐倉さんも美樹さんと同じように思っているんじゃないかしら?」 

さやか「いやいや、そんなわけないじゃないですか、でも相談したら楽になりましたよ、この事は誰にも言わないでくださいね!ありがとうございました」 

マミ「えぇ、協力してあげるから頑張りなさい」 

マミ(この場合も約束を破って教えちゃっても……でももしも佐倉さんが怒ったら……) 




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 23:49:22.18ID:ogu9lyxP0
マミ「全員相思相愛じゃない、あーもう最後の誰にも言わないでっていう言葉がなければあっさり解決するのに」 

マミ「他の誰にもってことは私を頼りにしてくれてるってことだから嬉しいけど……」 

マミ「佐倉さんと美樹さんは佐倉さんが告白したらまだいいけど」 

マミ「暁美さんと鹿目さんに関しては暁美さんが逃げちゃってるのがねぇ……」 

マミ「まぁいいわ、恋のキューピッドにくらいなってあげるわ、かわいい後輩のためにも」 

―数日後― 

まどか「マミさん、やっぱりほむらちゃんは私のこと……避けてるみたいなんで……やっぱりもう……グス……」 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
ほむら「駄目なのよ……まどかが私に気を使って話しかけてきたりしてくれてるのにドキドキして逃げちゃって……こんなんじゃ……グス……」 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
さやか「マミさんが言うように、思い切って告白とかしてみようかなっておもったけど、最近思いっきり喧嘩しちゃって……あたしってホントバカ……」 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
杏子「この前優しくしてたつもりだったんだけどさやかを思いっきり怒らせちまったみたいで……やっぱり私なんかには無理だったんだよな……グス……」 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 


マミ「なんで全員ここまで想いを伝えるのが不器用なのよ……」 





24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 23:58:50.56ID:ogu9lyxP0
マミ「そうよ、相手があなたのことが好きかさぐって好きだったら私が両想いって教えていいか聞いてみれば!」 

―まどほむ― 

ほむら「それで、話って?」 

マミ「あなたに聞きたいことがあるのよ」 

ほむら「何かしら?」 

マミ「鹿目さんにあなたのことをどう思っているのか聞いて、その時点で脈がありそうだったら両想いって伝えたりしてもいいかしら?」 

ほむら「そ、そんなのいいわけないじゃない!」 

マミ「大丈夫よ、関係が壊れたりはしないし、まだそこまでって感じならこれから好感度をあげましょうってことで」 

ほむら「そ、そんなのまどかに対して失礼よ!卑怯じゃない!」 

マミ「……そう……わかったわ……変なことを聞いてごめんなさいね」 

ほむら「あ、いえ……あなたも私のためにってわざわざ聞いてくれたんだもの、怒鳴ったりしてごめんなさい……ありがとうね」 

マミ(暁美さんが無理でも鹿目さんなら) 

まどか「そ、そんな事、ほむらちゃんに失礼だし、卑怯ですよ……」 

マミ(私って卑怯者なのかしら……この子たちは不器用だけどまっすぐね……) 




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 00:01:56.04ID:86dDFazy0
―さやあん― 

杏子「なんだよ話って」 

マミ「あなたに聞きたいことがあるのよ」 

杏子「なんだよ?」 

マミ「美樹さんにあなたのことをどう思っているのか聞いて、その時点で脈がありそうだったら両想いって伝えたりしてもいいかしら?」 

杏子「そ、そんなのいいわけないだろ!」 

マミ「大丈夫よ、関係が壊れたりはしないし、まだそこまでって感じならこれから好感度をあげましょうってことで」 

杏子「そ、そんなのして嫌われてたら……これから頑張ってっていわれても……」 

マミ「……そう……わかったわ……変なことを聞いてごめんなさいね」 

杏子「悪いな……マミも私のためにざ聞いてくれたのに……」 

マミ(佐倉さんが無理でも美樹さんなら) 

さやか「最近喧嘩したばかりだから無理ですって!絶対ボロクソに言われちゃいますよ……」 

マミ(この子たちは好戦的に見えて恋愛は臆病なのね……) 




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 00:11:41.04ID:86dDFazy0
マミ「ならば……強制デートよ!」 

マミ「遊園地ペアチケット……これを……いけなくなったとでも言って2人に渡せば……」 

マミ「誰に渡そうかしら…鹿目さんと暁美さんのどちらかと、佐倉さんと美樹さんのどちらかに1枚ずつよね……」 

マミ「暁美さんは積極的にいけていないみたいだから、そうね鹿目さんに渡しましょう」 

マミ「佐倉さんと美樹さんは……美樹さんは最近佐倉さんに喧嘩をしてしまったと負い目を感じているから佐倉さんからのほうが誘いやすいわよね」 

マミ「二人きりで一緒に遊んでくれれば距離は縮まるだろうし、そのまま告白とかするかもしれないわ!」 

マミ「今度こそ後輩たちのためにも私が恋のキューピッドに!」 


―デート計画当日― 

さやか「あ、まどかー今度はあれ乗ろうよ!」 

まどか「あ、待ってよさやかちゃん!」 


杏子「お、今度はあそこいこうぜ」 

ほむら「あなたは遊園地にアトラクションに乗るんじゃなくて食べ歩きにきたの?」 


マミ(着ぐるみ)「無理やりあなた達二人でいってきなさいってそれぞれ鹿目さんと暁美さん、美樹さんと佐倉さんの目の前で渡せばよかったああああああああああああ」 

マミ(着ぐるみ)「まさか鹿目さんが暁美さんを誘えずに美樹さんを、佐倉さんが美樹さんを誘えずに暁美さんを誘うなんて……」 




46:下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 00:23:59.76ID:86dDFazy0
さやか「いやーお腹空いたねー」 

まどか「そうだね、あそこでなにか食べよっか」 

さやか「よーし走って行くよ!」 

まどか「ちょ、ちょっとさやかちゃん、引っ張らないでよー」 

―店― 

杏子「いやーくったなー」 

ほむら「はぁ……私なんてとっくにお腹いっぱいよ……」 

ほむら「あ、口元に食べかすがついてるわよ、ぬぐってあげるわ」 

杏子「ン?サンキュー」 

カランコロン 

ほむまどあんさや「あ……」 


マミ(着ぐるみ)「いま店に入っていったの鹿目さんと美樹さんよね……まさか……鉢合わせに!」 

マミ(着ぐるみ)「まずいわ、本来の予定なら鉢合わせても問題はなかったのに!」 




50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 00:37:45.13ID:86dDFazy0
まどか(杏子ちゃんの口をぬぐってあげてる……もしかしてほむらちゃんって杏子ちゃんが……そうだよね、ほむらちゃんと杏子ちゃんって一緒に戦って信頼し合ってる感じがするし……) 

杏子(さやかがまどかの手をつないで……そうか……私が出会う前から親友だもんな……そりゃそうだよな……) 

ほむら「き、奇遇ね、まどか、さやか……」 

さやか「え、あっうん……そうだね……えっとほむらはどうして杏子と?」 

ほむら「えっと……杏子に誘われたから」 

さやか「そ、そっか……」 

さやか(杏子はほむらを2人で遊園地に誘うほど仲がいいのか……はは……いつも喧嘩してる私より気があってる感じはするもんね……) 

ほむら「そ、そういうあなたはどうしてまどかと?」 

さやか「え?いやまどかに誘われてさ」 

ほむら(やっぱり……そうよね……そんな気はしてたもの……よくあーんしたりと本当に仲のいい二人なら……当然……よね……) 

まどか(ほむらちゃんが幸せならそれでいいよね……いままでいっぱい迷惑をかけちゃったもん……私は応援……してよう……) 

ほむら(まどかが幸せなら……それで……いい……さやかなら幸せにしてくれる……私なんかよりも……そうよ、応援……しましょう……) 

杏子(はは……だったら……応援するか……まどかは優しいし……きっとさやかを幸せに……) 

さやか(……いままで杏子は大変だったんだ……せめてこれから幸せに……なるように……応援してるよ……) 

マミ(着ぐるみ)「着ぐるみで店に入れないしどうしましょう……」 







53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 00:45:05.30ID:86dDFazy0
ほむら「じゃ、じゃあ私たちはいくわね」 

杏子「じゃ、じゃあな!」 

カランコロン 

―園内― 

ほむら「はぁ……はぁ……」ポロポロ 

杏子「お前何泣いてるんだよ」 

ほむら「ご、ごめんなさい……その……まどかが楽しそうだったから嬉しくて……そう……嬉しくて……」 

杏子「なるほどな、お前、まどかが好きだったのか」 

ほむら「……えぇ……」 

杏子「実は私はさやかが好きだったんだけど……あいつらって……お似合い……だよな……」 

ほむら「えぇ……だから……潔く身を引くわ……」 

杏子「はは、やっぱりお前とは気が合うな……」 

ほむら「そうね、嫌になるわ……」 

杏子「どうせなら……とことんまで幸せになるようにサポートしてやろうぜ」 

ほむら「名案ね、でも……今はちょっと泣いてもいいわよね……」 







56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 00:52:46.33ID:86dDFazy0
まどか「いっちゃったね……」 

さやか「うん……」 

まどか「そうだよね……二人でデートしてるのにおじゃま虫が入ってきたら……」 

さやか「……まどかってほむらの事が好きなの?」 

まどか「うん……大好きだよ……本当はほむらちゃんを誘おうって思ってたの……でも勇気がなくて……」 

さやか「そっか……私は杏子が好きでさ……」 

まどか「ティヒヒ、でも、ほむらちゃんは今までいっぱい大変だったんだから……ほむらちゃんが杏子ちゃんが好きなら……私は応援……するよ……」 

さやか「そうだね……杏子もそのほうがきっと……」 

まどか「ねぇさやかちゃん、食欲なくなっちゃった……」 

さやか「そうだね、まだ頼んでないし謝ってでよっか……」 

まどか「それでさ……観覧車乗ろ?」 

さやか「あはは、1周で泣きやめるかな?」 

まどか「ティヒヒ、そだね……うん……無理だと思う……」 

さやか「あいつらが幸せなら……それにこしたことはないって……これからは……サポートしてやんないとね」 

まどか「うん……うん……」 




62:修正:2011/08/08(月) 01:05:11.94ID:86dDFazy0
マミ(変装)「着ぐるみを物陰にかくしてこの変装セットで!」 

カランコロン 

マミ(変装)「だれもいない……」 

マミ(変装)「おかしいわね……どうなったのかしら?」 


―帰宅後― 

ほむら(電話)「まどかのことは諦めたわ、いろいろと相談にのってもらったのにごめんなさい……私はこれからはまどかとさやかが幸せになるようにサポートすることにしたからよかったら手伝って」 

マミ「これと同じような電話が鹿目さん、美樹さん、佐倉さんからもきた……」 

マミ「どうしてこうなるのよ……なんで全員潔いのよ……奪い取ってやるって子が一人もいないなんて……」 

マミ「こういう子達だからこそ、一緒にいて信頼できるっていうのはあるけど!」 

マミ「今更約束を破って相思相愛って伝えても全員が勘違いしているから信じてもらえないでしょうし……」 

マミ「この状況……どうしたらいいんだろう……全く浮かばないわ……」 




65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 01:11:47.23ID:86dDFazy0
マミ「状況を確認しましょう、現状を打破できるかもしれないわ」 

マミ「まず暁美さんは鹿目さんが好き、そして鹿目さんは暁美さんが好き……相思相愛ね」 

マミ「次に美樹さんは佐倉さんが好き、そして佐倉さんは美樹さんが好き……こちらも相思相愛ね」 

マミ「暁美さんは鹿目さんが美樹さんのことが好きだと勘違い」 

マミ「鹿目さんは暁美さんが佐倉さんのことが好きだと勘違い」 

マミ「美樹さんは佐倉さんが暁美さんのことが好きだと勘違い」 

マミ「佐倉さんは美樹さんが鹿目さんのことが好きだと勘違い」 

マミ「全員が身を引いて、相手の幸せを祈っている」 

マミ「私が勘違いしていると伝えたとしても、信用されるかは怪しい……」 

マミ「相手を困らせたくない……そんな考えの子ばかりだからばらしたとしても自分の想いを否定してしまうでしょうし……言われた側はやっぱり違うんだと落胆してしまう……」 

マミ「やっぱりまずは誤解をなんとかして解いて、その後に相思相愛なことをばらしてしまいましょう!」 

マミ「ってそれができないから困ってるのよね……」 




70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 01:20:30.19ID:86dDFazy0
マミ「一度お茶会とでも言って全員を集めてみましょう!何か誤解を解く足がかりがあるかもしれないわ!」 


―数日後― 

さやか「で、でさーまどか」 

まどか「ティヒヒ、でも」 

ほむら「つまり」 

杏子「そうそう」 

マミ(……何このぎこちない会話……おもいっきり相手が二人の世界に入れるようにって意識して会話しちゃって……) 

さやか「ですよねーマミさん」 

マミ「えぇそうね……」 

マミ(私を話しのグループに加えることで相手のカップルに二人で話せるようにって無理やり話をふられるのは結構こまるのだけど……) 

ほむら「あなたもそう思うわよね巴マミ」 

マミ「え?えぇ……」 

マミ(大体相手の方をちらちら見ててお互いに会話に集中してないから会話も意味不明だし……) 




80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 01:33:57.81ID:86dDFazy0
マミ「さて……現在私の家の三角テーブルは」 

ほむあん△まどさや 
     マミ 

マミ(明らかにお互いが勘違いしているから意識して作られたこの並び……) 

マミ(どうしたら状況を打破できるの……) 

マミ(例えば席替えのあるようなゲームを行う……王様ゲーム?) 

マミ(まって、暁美さんがサポートするつもりってことは……あきらかにクジなんて入れ替えられる……思いのままに) 

マミ(暁美さんが王様になって鹿目さんと美樹さんがキスなんて言い出す可能性すら……これは却下ね……) 




85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 01:47:43.85ID:86dDFazy0
マミ(鹿目さんと暁美さんを連れ出すと言ってもおそらく片方が私よりも美樹さんもしくは佐倉さんと言い出すのは目に見えてる) 

マミ(このコたちの勘違いカップル……美樹さんと鹿目さん……佐倉さんと暁美さんを引き離せる理由……何か……なにかないかしら……) 

マミ(魔法少女関係……は暁美さんと佐倉さんになってしまう……) 

マミ(見滝原中学校関係……としても佐倉さん以外になってしまうからおそらく二人つれだそうとすると自動的に暁美さんを置いていくことになるでしょうね……) 

マミ(鹿目さんと暁美さんを連れ出す理由……これは連れていかざるをえないって理由……) 

マミ(もしくは美樹さんと佐倉さんを連れ出す理由……喧嘩の仲直り?でももう別に喧嘩してませんよで終わるでしょうね……) 

マミ(会話がぎこちないからそう見えないって言っても……この子達の中で私が事情を知っている人間だし……) 

マミ(片方の人の理由でもう片方を連れだそうとしても結果は一緒だろうし) 

マミ(二人に関係があって連れ出せる理由……理由……理由……何か……) 





117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 02:14:45.64ID:86dDFazy0
マミ『そうだわ、QB、QB』 

QB『なんだいマミ』 

マミ『鹿目さんと契約チャンスよ、鹿目さんをテレパシーで呼び出してみなさい』 

マミ(ここから出ていく鹿目さん……そしてそれを追いかける暁美さん!) 

QB『ほんとうかい、早速呼びかけてみるよ』 

QB『まどか……外に出てきれくれないかい?』 

まどか「あれ?QB?外?今更何かようなの?」 

ほむら「……一応私も様子を見に……」 

マミ(狙い通りね……) 

さやか「もう魔法少女のことは教えてもらってるからまどかも大丈夫だと思うけど……私とマミさんが行くよ」 

ほむら「え?そ、そう……」 

ほむら(そうよね、まどかにはさやかっていうガードがいるもの……もうでしゃばったりしなくても……いいのよね……) 

さやか「まぁまぁ、それじゃあ行きましょうマミさん!」 

マミ(あぁ……佐倉さんと暁美さんを二人きりにしようと美樹さんがうごいちゃった……) 




122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 02:22:22.61ID:86dDFazy0
さやか「はぁ……やっぱり契約狙いでしたね」 

まどか「あ、さやかちゃん」 

マミ「……」 

QB「ひどいじゃないかマミ!」 

マミ(あ、やばい……鹿目さんを陥れるみたいに伝えられるのは困るわ……) 

タァン 

QB「」 

マミ「さぁ、戻りましょう」 

まどか「もう少しここにいませんか?ほむらちゃんと杏子ちゃんが二人きりになりましたし……」 

ほむら『QBの退治が終わったならすぐにあなただけ戻ってきなさい』 

マミ(ああもう……) 




131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 02:33:37.13ID:86dDFazy0
―夜― 

マミ(結局進展なんてなかった……) 

マミ(こうなったら強硬手段を取るしか無いわね……) 

マミ(元々私は関係ない話じゃない!そうよ!) 

マミ(どうなっても知らないわ!これで駄目なら知らない!) 

マミ(いつも正義の魔法少女を目指していたけど……) 

マミ(今回とことん悪役になってやるわ!) 

マミ「あははははははははは!」 




137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 02:40:00.11ID:86dDFazy0
―学校、放課後― 

まどか「あれ、下駄箱に……手紙?」 

さやか「あ、私も……」 

まどか「好きな人の命が惜しかったら……屋上に来い?」 

さやか「私も同じ内容……一応……行く?」 

まどか「そうだね、いたずらだとおもうけど……」 

―屋上― 

マミ「あら、遅かったわね」 

ほむら「あら?どうしてこの二人を?」 

杏子「そうだよ、あの二人をくっつけるための話があるって言うから……」 

マミ「さて……」シュル 

ほむら「ちょ、ちょっと!巴マミ!」 

杏子「このリボンを解けよ!いきなりなんだよ!」 

マミ「手紙の差出人は私よ、鹿目さん、美樹さん」 




145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 02:49:06.87ID:86dDFazy0
まどか「ど、どうしてこんな事を!」 

マミ「中学生の修学旅行によくある好きな人発表大会なんてしたいなぁって思ったのよ」 

マミ「ほら暁美さーん、あなたの好きな人の名前を叫んでみましょ―」 

ほむら「ふざけないで……」 

マミ「はぁ……素直じゃないわねぇ……」 

タァン 

ほむら「ッ!」 

マミ「叫べって言ったの……聞こえなかった?」 

さやか(まどかは戦えないし……私が戦うしか……でもマミさんに叶うわけ……) 

杏子「やめろよマミ!こんな事して何になるってんだよ!」 

マミ「あら、じゃあ佐倉さんから好きな人を叫びたい?」 

さやか(杏子が危ない!) 

さやか「でやああああああああああ」 

マミ「はい、美樹さん……残念賞……スタート地点に戻りなさい」 

さやか「ぐぁ……」 




150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 02:53:53.49ID:86dDFazy0
マミ(仲のいい子を蹴飛ばすって結構辛いものね……ちょうどいいかんじに鹿目さんが孤立してるし……終わらせましょう……) 

マミ「はい鹿目さんチェックメイト」スチャ 

まどか「どうして……こんな……」 

マミ「……すぐわかるわよ……」ボソ 

まどか「え?」 

ほむら「やめなさい!巴マミ!」 

マミ「やめてほしいならあなたが大好きな人の名前を叫んでくれる?暁美さん」 

ほむら「なんでそんな……」 

マミ「さて、カウントダウンでもしましょうか、ご~~~~~」 

マミ「よ~~~~~~~ん」 

マミ「さ~~~~~~~ん」 

ほむら「待ちなさい!まさかまどかを撃つ気!!」 

マミ「に~~~~~~~い」 

マミ「い~~~~~~~~~ち」 

ほむら「わかったわ!叫ぶから!まどかを撃つのをやめて!」 




164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 03:02:42.33ID:86dDFazy0
マミ「ぜ~~~~~~~~~~~~」 

ほむら「私は、私はまどかが好き!大好きよ!だから、だからまどかを撃たないで!」 

まどか「え?」 

マミ「……じゃあ次は美樹さんが叫んでみましょうか!」 

さやか「けほ、けほ、マミさんどうして……」 

マミ「佐倉さん、美樹さんが叫ばなかったら美樹さんを恨むのよ?」 

杏子「や、やめろよマミ!」 

マミ「うふふ、佐倉さんの場合ソウルジェムを破壊すればいいのよね?」 

マミ「ご~~~~~~~~~~~~」 

マミ「よ~~~~~~~~~~~ん」 

さやか「じょ、冗談……ですよね……」 

マミ「さ~~~~~~~~~~~ん」 

マミ「に~~~~~~~~~~~い」 

マミ「い~~~~~~~~~~~ち」 

さやか「わ、私は杏子の事が好きです!だから、だから杏子を撃たないで!」 





170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 03:08:52.51ID:86dDFazy0
マミ「はぁ……私は帰るわ」 

マミ「佐倉さんと鹿目さんは告白されたのだから当然返事を言うこと……」 

マミ「あと、美樹さんにはこれをあげるわ」 

さやか「グリーフシード……」 

マミ「怪我させたからそれで治しなさい」 

マミ「じゃあね……」シュルル 

ほむら「解けた……」 


―マミホーム― 

マミ「はぁ……疲れた……」 

マミ「次あった時……顔合わせにくいわね……」 

マミ「でも魔法少女として戦っていたらきっと出会うし……」 

マミ「どうせならやった理由とかちゃんと話しちゃったほうがよかったかしら?」 

マミ「でもあの場に残るのは野暮よねぇ……」 

マミ「はぁ……寝よ……」 



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 03:18:39.09ID:86dDFazy0
マミ「すぅ……すぅ……」 

ピンポーンピンポーン 

プルルルルルルプルルルルルル 

ドンドンドンドン 

マミサーンマミサーン 

マミ「ん……うるさいわね……」 

ピンポーンピンポーン 

プルルルルルルプルルルルルル 

ドンドンドンドン 

マミサーンマミサーン 

マミ「電話……暁美さんから……」 

マミ「ドアを叩いてる人と、インターホンを押してる人、呼んでる人……は鹿目さんかしら?」 

マミ「え?まさか復讐しにきた!ちょ、ちょっと待ってよ……さすがに3人がかりでこられたら……」 

マミ「ただでさえ暁美さんや佐倉さんは結構ベテランなのに……どうしましょう……」 




192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 03:24:27.11ID:86dDFazy0
モウコノドアバクハシタホウガハヤインジャナイカシラ 

マミ「暁美さんらしき声が危ないことを言ってる……」 

バクハハアブナイデショ 

マミ「そうよそうよ、美樹さんはいいことをいうわ」 

ドアダケツラヌイテヤレバイインダロ? 

マミ「ちょ、ちょっと佐倉さんは何を言ってるのよ!」 

キョウコモタマニハイイアンヲダスジャン 

マミ「え?美樹さんが裏切った!」 

ティヒヒヒヒヒ 

マミ「なんで鹿目さんは笑ってるの!普段こういうことは止める子じゃない!」 

トモエマミキコエテイルノデショウ? 

カウントスルカラゼロニナルマデニアケナイトシラナイヨ 

ゴーヨーンサーンニーイイーチ 

マミ「開けるわよ!開ければいいんでしょう!煮るなり焼くなり好きにしなさいよ!」 





196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 03:32:42.37ID:86dDFazy0
マミ「それで……何?復讐でもしにきたの?」 

杏子「仕返しならさっきしたからいいよ」 

マミ「え?」 

まどか「マミさんと同じようなことをして驚かせてやろうってほむらちゃんが」 

ほむら「カウントダウンってする側だと結構面白いものね」 

さやか「ノリノリだったもんねほむら」 

マミ「それで、仕返しが終わったなら何?」 

ほむら「色々と迷惑をかけてごめんなさい……」 

マミ「え?」 

杏子「全員マミに相談してたって知って、それで全員が勘違いをしてたってわかったからさ……」 

さやか「遊園地のチケットとかもマミさんが用意してくれたものだってわかりましたし」 

まどか「今思うと、両想いって伝えてあげるってお話も、マミさんの心遣いだったんだってわかって……」 

ほむら「だから、謝罪とお礼を言いに来たのよ」 

マミ「押し売りより質の悪い呼び出しをしておいてそんな事言われたら怒れないじゃない……」 




202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 03:46:35.51ID:86dDFazy0
ほむら「巴マミ……あなたのおかげでまどかと付き合うことになったわ、ありがとう……あなたに相談してよかった」 

杏子「さやかと付き合うことになったよ、色々とありがとうなマミ」 

まどか「えっと……ありがとうございました、遊園地のチケット……ほむらちゃんを誘う勇気がないせいで迷惑をかけて……ごめんなさい……」 

さやか「色々と気を使わせてしまってすみませんでした、やっぱりマミさんは頼りになりますね!」 

マミ「そう……4人とも本当に好きな人と付き合うことになったのね、良かったわ」 

マミ「じゃあさっさと帰りなさい」 

ほむまどあんさや「え?」 

マミ「私は眠いのよ、それに、あ、あなた達だって付き合い始めた初日にこんな所にきてないでデートにでもいってきなさい」 

ほむら「そうね、ご好意に甘えさせてもらうわ、いきましょうまどか」 

まどか「じゃあマミさん、また」 

マミ「えぇ」 

杏子「それじゃあ私達もいくよ、じゃあなありがとよ」 

さやか「あ、今度戦うことになったら負けませんよマミさん!」 

マミ「えぇ、美樹さんの成長には期待しておくわ」 


マミ「デートかぁ……してみたいとは思うけど、好きな人を作る余裕ないのよねぇ……かわいい後輩達の面倒も見てあげないといけないし」 





222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 03:58:10.80ID:86dDFazy0
―数日後 マミホーム― 

マミ「さて……現在私の家の三角テーブルは」 

ほむまど△あんさや 
     マミ 

マミ「見事にカップルで分かれるようになったのはいいけど……」 

まどか「はい、ほむらちゃんあーん」 

ほむら「あ、あーん///」 

まどか「ティヒヒ、ほむらちゃんかわいい///」 

さやか「ほら杏子、口元にクリーム付いてるじゃん」チュ 

杏子「な、さやか何すんだよ///」 

さやか「拭き取るよりはやいでしょ///」 

マミ「こう二人で世界を作られると疎外感を感じるわねぇ」 

マミ「さっきから独り言いってるけど聞いてもなさそうだし……」 

マミ「まぁいいわ、全員幸せそうだし……本当に面倒を見る甲斐がある子達なんだから」 


終わり
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。