スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「春香を誠心誠意お世話する」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 01:26:50.20 ID:5D3bHD170

ID:G6q3Rq7I0 代行


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 01:27:20.75 ID:G6q3Rq7I0
サンクス

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 01:30:04.60 ID:G6q3Rq7I0
―春香とストレッチ― 

P「春香何やってんだ?」 

春香「あ、お疲れ様ですプロデューサーさん」 

春香「ストレッチですよ。昨日ためして○ッテンでやってたんです」 

春香「体にいいって」 

P「ストレッチねえ……、春香、体かたすぎないか?」 

P「けしからん、俺が手伝ってやる」





 







13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 01:34:02.13 ID:G6q3Rq7I0

春香「え?はあ、それじゃあ……」

P「よし。どれ、まず膝押さえててやろう。前屈してみろ」

春香「はい!とりゃ!」

春香「どうですか?」

P「気合と反比例してるな……」

春香「ショボーン……」

P「じゃあまず股関節からやわらかくしてみるか」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 01:36:19.28 ID:G6q3Rq7I0

P「あぐらをかくように座って、両足の裏を付けるんだ」

春香「はい!こ、こうですか」

P「ああ、そうだな。いい感じだ」

P「それで膝を上下にパタパタさせてみろ」

春香「はい!」パタパタ

P「うーん、全然駄目だな……」

P「よし、俺が手本を見せてやる!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 01:38:27.23 ID:G6q3Rq7I0

P「こうして、あぐらをかくように座って……」

P「足の裏をつけて……」

春香「あ、プロデューサーさん、柔らかいですねー」

P「そうだろ?で、こうパタパタと……」

ビリッ

春香「へ?」

P「……スーツの股の部分が裂けちゃった……」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 01:40:18.79 ID:G6q3Rq7I0

春香「たたた大変!!は、早く脱いでください!私縫います!」

P「い、いや落ち着け」

春香「私落ち着いてます!!さあ、早く脱いで!」

P「いや、でも……」

春香「早く!」

P「はい」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 01:42:25.36 ID:G6q3Rq7I0

P「じゃあ脱ぐけど……、こっち見ないでくれるか?」

春香「へ……?あ!!」

春香(恥ずかしい……)

P「よし……それじゃあ……」

スルスル


美希「事務所で何やってるの!フケツなの!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 01:45:45.96 ID:G6q3Rq7I0

P「げ、美希!」

美希「事務所で下半身をロシュツしてるなんてヘンタイなの!」

P「いや……これはだな……」

春香「いやーあはははは」

P「いや、笑ってないで状況をだな……」

美希「あ、社長なの!」

P「ま、待て、止めてくれ!!」

―春香とストレッチ 終わり―


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 01:48:16.56 ID:G6q3Rq7I0

―春香にお弁当―

P「春香、今日は俺がついていけなくてゴメンな」

春香「いいんですよー。段々みんな忙しくなってきましたし」

P「そこでだ」

P「せめて栄養管理だけでもと」

P「春香に弁当作ってきた」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 01:50:50.34 ID:G6q3Rq7I0

春香「お弁当ですか!!」

P「ああ、俺の料理の腕はイマイチだが……」

P「一生懸命栄養考えて作った。食べてくれ」

春香「はい!ありがとうございます!」

春香「えへへ……嬉しい……」

P「それじゃあな……気を付けて仕事行って来いよ……」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 01:54:49.37 ID:G6q3Rq7I0

>>32
よく考えたらそうだったんで早めに切り上げた


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 01:53:59.75 ID:G6q3Rq7I0

昼時

スタッフ「……春香ちゃーん!先休憩入っちゃってー!」

春香「はーい」

春香(さて……お弁当お弁当……)

春香(どんな感じだろう……)

春香(男の料理ってカンジかなあ……)

春香(お弁当箱カワイイ……)


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 01:58:34.29 ID:G6q3Rq7I0

春香「さて……いよいよ空けちゃいます!」パカッ

春香「……!」戻し

春香(だ、誰も見てないよね……?)

春香(……桃色でんぶのハートマークが……)

春香(たこさんウインナー……)

春香(リンゴはうさぎさん……)


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:00:56.28 ID:G6q3Rq7I0

春香「……」キョロキョロ

春香「……」パカッ

春香「えへへ……」

春香「カワイイ……!」


スタッフ「え?春香ちゃんまだ戻ってないの?」


―春香にお弁当 終わり―


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:03:47.97 ID:G6q3Rq7I0

―春香にお菓子作り―

ドタバタ

春香「な、何ごとですか?」

P「いや、何、ちょっとお菓子作りをな」

ガシャガシャ

春香「何で突然……」

P「突然作りたくなったんだ!幸い今日は社長は休みだし」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:06:21.97 ID:G6q3Rq7I0

春香「お菓子も作れるんですか?すごいです!」

P「いや、作ったことはない!」

P「雑誌のレシピを見てたら突然俺にも出来そうな気がしてきたんだ!」

春香「……」

P「この簡単そうなチョコレートブラウニーを作る!」

春香「お、お菓子は結構難しいですよ……」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:08:22.92 ID:G6q3Rq7I0

P「まあ見ててくれ、美味いの食わせてやるから」

春香「は、はい……」

ガシャガシャ

ドカーン!

ドンガラガッシャン!!

春香(この擬音なんだろう……)

春香「あ!」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:10:39.60 ID:G6q3Rq7I0

春香「プロデューサーさん!」

P「ん?どうした?」

春香「……オーブン……どうするんですか……?」

P「おーぶん?」

P「あ……」

春香「もう、しょうがないなあ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:12:24.83 ID:G6q3Rq7I0

春香「ちょっと待っててくださいね」

春香「このレシピならっと……」

春香「うん、なんとかなりそうです!」

P「へ?」

春香「それじゃあプロデューサーさん、一緒に作りましょう!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:15:40.06 ID:G6q3Rq7I0

P「……いやーそれにしても……」

P「オーブントースターで出来るもんなんだなー」

春香「えへへ……手軽に作りたいときはよくこうするんです」

P「お、なんかいい匂いしてきた」

春香「あ、本当ですね!おいしそう!」


―春香とお菓子作り 終わり―


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:18:58.89 ID:G6q3Rq7I0

―春香と銭湯―

P「ふいー、今日も暑いなー」」

春香「なんだか急に暑くなりましたよねー」

P「今日も汗だくだよ。嫌になるね」

春香「本当ですよね」

P「そこでだ」

春香「はい?」

P「一緒に風呂にでも入りに行くか」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:19:36.44 ID:ZONuCPWU0

ソープランド?(難聴)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:21:45.80 ID:G6q3Rq7I0

春香「なななななな」

P「?」

春香「何言ってるんですか!ま、まだそういうのは早いっていうか……」

P「いや、~区に出来たろ、スーパー銭湯」

P「なんか楽しそうでなー」

P「ちょっと行ってみないか?」

春香「……ああ、アレですね……」

春香「……一緒に行きましょうか……」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:25:14.05 ID:G6q3Rq7I0

P「おお、でけー!風呂いっぱいあるってよ!」

春香「あはは、そうですね!」

P「待合室もでけー!」

P「じゃあ、ここで待ち合わせな!」

春香「はい」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:27:47.77 ID:G6q3Rq7I0

春香「あれから1時間……」

春香(プロデューサーさん、遅いな)

春香「……」

春香「……洗い髪が芯まで冷えて……」

春香「……小さな石鹸カタカタ鳴った……」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:29:24.55 ID:NVz7xZBf0

待ちぼうけ春香さんわっほい


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:31:19.99 ID:G6q3Rq7I0

春香「……あなたは私の体を抱いて……」

春香「……冷たいねって言ったのよ……」

ピタ

春香「冷た!!」

P「ごめん、待たせたな。コーヒー牛乳買ってきたけど……」

P「湯冷めしてないか?冷たいのじゃないほうがいいかな?」

春香「……えへへ。大丈夫です」

―春香と銭湯 終わり―


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:31:22.43 ID:q/LHhkwOi

1時間かからないで出るとは、春香、女性にしては早くね?


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:36:53.41 ID:L+fXxRGVO

>>62
きっと気遣ってPに合わせたんだよ


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:33:49.42 ID:G6q3Rq7I0

3時間くらいにすりゃよかったか


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:34:07.63 ID:aGKlYSHx0

にやにや


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:35:54.93 ID:ZONuCPWU0

Pを待たせないようにあえて早く出てくる春香さんマジ妻


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:37:18.06 ID:G6q3Rq7I0

―春香とお話―

P「なんだか最近、春香に逆にお世話されてるような」

春香「えー?そうですか?」

P「うん、ズボン縫ってもらったり」

春香「まあそれはしょうがないですよ」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:39:19.33 ID:HptebtuG0

かわいい


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:39:57.66 ID:G6q3Rq7I0

春香「それに、お仕事じゃ私をしっかりお世話してくれてるじゃないですか!」

P「うーん、それも最近春香が一人で回せるようになってきてなあ」

P「さびしいぞこのやろ―」

春香「わ、私も!」

P「?」

春香「プロデューサーさんと一緒にいられないのはさびしいです!」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:42:01.13 ID:G6q3Rq7I0

P「え……そうか……?」

春香「はい!」

P「……」

春香「……」

P「へへ……」

春香「えへへ……」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:43:50.56 ID:G6q3Rq7I0

P「春香……これからもよろしくな」

春香「プロデューサーさんも」

春香「これからもずーっと、私をお世話してくださいね!」

P「ああ、ずーっとな!」

春香「ええ、ずーっと!」


―春香とお話 終わり―


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:44:55.90 ID:G6q3Rq7I0

今日はここまでかなあ
前書いたら次の日超体調良かった


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:48:38.75 ID:G6q3Rq7I0

>>74
ごめん、今日も朝早いんで寝るよ
夜11時くらいには帰って来れればもっとやれるんだが


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:55:27.65 ID:YTSWgtS80

事故か何かで要介護になった春香さんを食事から下の世話までPが誠心誠意込めてお世話するお話と思って開いた、ごめんなさい


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 02:57:26.78 ID:G6q3Rq7I0

>>80
ほう


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 09:25:26.38 ID:G6q3Rq7I0

―おまけ 春香とテスト勉強―

P「春香が教科書広げてるなんて珍しいな」

春香「あ、プロデューサーさん!」

春香「学校でテストがあるんですよ~。でも全然分からなくって……」

P「ほう、日本史だな。俺ちょっと勉強したことがある」

春香「え?本当ですか?教えてください!」

P「よーし、教えてやる!」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 09:28:30.33 ID:G6q3Rq7I0

P「いいか、この足利義満ってやつは金持ちでいけすかない野郎だ」

P「言ってみれば黒井社長だな」

春香「く、黒井社長ですか?」

P「そう。で、コイツは美少年が大好きなんだ、黒井社長だからな」

P「ある日世阿弥、こいつはジュピターの……」

春香「ふむふむ……」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 09:32:58.45 ID:G6q3Rq7I0

P「でな、こいつは黒井社長だから、やっぱ息子とも仲悪いわけよ」

P「息子は持氏って言ってな……親父と超仲悪い」

P「あのジュピターの生意気そうなやつ……今仲たがいしてるだろ……」

春香「へー」

春香「えーっと、黒井社長が亡くなると、冬馬君が……」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 09:36:30.74 ID:G6q3Rq7I0

P「でなー、この義政、こりゃウチの社長だなー」

春香「え?いい人なんですか?」

P「まあいい人っちゃいい人なんだろうけどな……」


小鳥「……あんなので点数取れるのかしら?」

…テスト後…
春香(思ったよりいい点取れました!
でも仕事で間違って持氏君とか言っちゃった……)


―春香とテスト勉強 終わり―


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 09:38:44.84 ID:G6q3Rq7I0

―おまけ 春香にファンレター―

P「うーん、うーん」

春香「プロデューサーさん、何唸ってるんですか?」

P「いや、ファンレター書いてるんだよ」

春香「ファンレター?誰に?」

P「春香に」

春香「へ?」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 09:41:47.99 ID:vIAZaEO+0

春香可愛い


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 09:42:02.36 ID:G6q3Rq7I0

P「いつも一生懸命な君が好きです……どうだ?」

春香「……ぇ……」

P「ドジしちゃっても明るく前向きな春香さんに元気を貰ってます!」

春香「……ぁ……」

P「春香がいない生活なんて考えられない」

P「春香さんかわいい!」

春香「……」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 09:46:07.41 ID:G6q3Rq7I0

春香「……はっ!あまりのことに意識が飛んでしまいました」

P「あっはっは、春香はかわいいなあ」

春香「もう、プロデューサーさんったら……」

P「さーて続き書くか……」

P「出来たら手渡しするからな!」


―春香にファンレター 終わり―



人気ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。