スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほむら「さあ、ゲームの時間よ」 

カテゴリ:まどかSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:32:56.30 ID:UMWdH6lf0

恭介「昼休みだぜー!バスケやるぞー!」

恭介「女子も混ぜてやるぜー!」

仁美「ねえ暁美さん」

仁美「いつもひとりで何か弄っていますけど、たまにはバスケやりません?」

ほむら「……」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:34:20.00 ID:UMWdH6lf0

ほむら「……ありがとう」

ほむら「でも…………私の入ったチーム負けちゃうから……」

仁美「あら。そうですか」

恭介「仁美ー!行こうぜ―!」

仁美「はーいですわー」

仁美「では」

ほむら「……」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:35:37.32 ID:UMWdH6lf0

ほむら(たまにはみんなでアクセサリーの話とかしたいな……)

ほむら「……」ツンツン

杏子「っと」バッ

ほむら「あっ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:36:32.77 ID:UMWdH6lf0

杏子「へへ~ほむら~、何ひとりごとしゃべってんだ~?」

杏子「暗い指数200%だぜ!」

さやか「なにそれ?」

杏子「ほー。これがコイツの宝物だそーだぜ!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:38:28.78 ID:UMWdH6lf0

ほむら「か、返して……!佐倉さん!」

杏子「ほ~れ」

杏子「さやかパース!」ブンッ

さやか「ほいっと」パシッ

さやか「まったく、こーんな変な箱に見とれちゃって」

さやか「あんた見てると、何かイライラするんだよね」

ほむら「うう……」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:40:59.87 ID:UMWdH6lf0

さやか「そこでだ、転校生!」

さやか「さやかちゃんがあんたのウジウジした性格治してあげようじゃないの!」

ほむら「……!」

さやか「ほら、この箱取り返したいんでしょ?」

さやか「なら思いっきりかかってこーい!」

ほむら「……わ……わ……私……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:42:13.31 ID:UMWdH6lf0

ほむら「私!ケンカとか暴力とか大キライー!!」

さやか「~~~~~!」キーン

さやか「…たくっ。根性ないんだから」

ほむら「……と、とにかく……それ、返して下さい」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:43:33.60 ID:UMWdH6lf0

杏子「嫌だね!」

さやか「ところでこれ何が入ってるんだろ?」

ほむら「み……見てもいいけど……なくさないでね」

ほむら「凄く大切なものだから……」

パカ

さやか「んー?何これ。つまんない」

さやか「杏子パース」ポイッ

杏子「オーラーイ……あっ」パシッ


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:44:45.06 ID:UMWdH6lf0

まどか「さやかちゃん達がつまらないなら、ほむらちゃんに返してあげなよ」

さや杏子「まどか!」

まどか「私は、弱い者いじめするさやかちゃん達の方がつまんないよ!」

まどか「ほらっ、あっちへ行った行った!」

杏子「くそー、でしゃばりまどか!」

さやか「いつか決着つけてやるかんなー!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:46:59.81 ID:UMWdH6lf0

まどか「はい、コレ」

まどか「大切なものなんでしょ?」

ほむら「うん……ありがとう、鹿目さん」

まどか「もーほむらちゃんったら。まどかでいいよ」

まどか「……ところでさ」

まどか「ほむらちゃん、大事そうにしてたけど何なの?これ」

ほむら「あ…………うん……あのね」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:48:20.21 ID:UMWdH6lf0

ほむら「私のおじいちゃんって……骨董品集めてるの」

ほむら「これ……この間物置の隅っこでホコリ被ってたのを私が見つけて貰っちゃったの」

ほむら「…………おじいちゃんの……カタミなの」

まどか(カタミって……!)

まどか「おじいちゃん死んじゃったの……?」

まどか(そっかー……)

まどか(大切なハズだよね……)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:49:38.07 ID:UMWdH6lf0

ほむら「この箱はエジプトの遺跡で見つかったんだって」

ほむら「今は私のアクセサリー入れに使ってるけど、元から一つだけ宝石が入ってたの」

ほむら「ほら、箱の周りに文字が刻まれてるでしょ?」

まどか「うん」

ほむら「きっと、こんな意味のことが書いてあるんだと思うの」

ほむら「『この宝石の持ち主には、何でも一つだけ願いを叶えてあげましょう』」

ほむら「って」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:50:49.40 ID:UMWdH6lf0

ほむら「……ちょっと、都合良すぎるよね」

ほむら「まどかも、そんなこと考えてる私を馬鹿だと思うでしょ?」

まどか「そんなことないよ!」

まどか「夢があって良いじゃない!」

ほむら「まどか……」ポッ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:51:46.56 ID:UMWdH6lf0

まどか「……で、何なの?ほむらちゃんの願いって」

ほむら「……!」

ほむら「ダメダメ!」

ほむら「それだけは絶対絶対秘密!」

まどか「えー?ほむらちゃんのいじわるー」

まどか「そんなほむらちゃんはこうだ!」コチョコチョコチョ

ほむら「ひゃっ……!や、やめっ、ひゃひゃはひいっ!」

キャッキャッ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:52:56.13 ID:UMWdH6lf0

さやか「くそームカツク!まどかの奴めー!」

さやか「誰が弱い者いじめだっつーの!」

杏子「さやか……それ、たぶんあたし達だよ。ウン」

ドンッ

さやか「つ…!」

杏子「ふがっ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:53:52.18 ID:UMWdH6lf0

マミ「……」ギロッ

杏子「いっ!?」

マミ「あなた達……『いじめ』がどうしたって?」

さやか「!」

さやか「何でもないよ!ひっこ……もがっ」

杏子「あ、いや……な、何でもないっすよ~~~~」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:55:59.63 ID:UMWdH6lf0

マミ「いじめはよくないわよ!」スタスタ

杏子「ヘイ、ごもっともで~!」

さやか「んぐ~~!」モガモガ

杏子(さやか!誰に喧嘩売ってんだこの馬鹿!風紀委員の巴マミだぞ!)

杏子(学校の規律は全部奴が仕切ってる!先公すらビビって口も出せねーんだ!)

さやか「ん~~!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:57:36.95 ID:UMWdH6lf0

杏子「…………」

杏子「……行ったか」

さやか「ちょっと杏子!苦しいじゃないの!」

杏子「ビビったあ~」

さやか「コラ巴マミ!いつか勝負してやるぞ~~!」

杏子「くそっ!面白くねーことばっかだぜ!」ドガッ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:58:45.50 ID:UMWdH6lf0

さやか「そうだ、面白いものならあるよ!」ゴソゴソ

杏子「ん?なになに」

杏子「……ガラスの置物?」

さやか「これはさっき、転校生の箱からこっそり持ち出したもの!」

杏子「おお!さやかやるじゃねーか!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:06:20.57 ID:UMWdH6lf0

放課後

キンコーン

ほむら「ふう……」

マミ「……」

マミ「暁美さん……よね?あなた……」

ほむら「……?はい」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:06:59.22 ID:x2dKRoIB0

マミ「私は風紀委員の巴マミ」

マミ「実はあなたに聞きたいコトがあるの」

ほむら「……え」

マミ「あなた、クラスの特定の生徒にいじめられてるんじゃない?」

ほむら「!」

ほむら「い、いえ……そんなこと……されてないです」

マミ「まあ、待ちなさい。そーゆう人種こそ、そー受け答えするものよ」

マミ「それに、ちゃんと調べはついているの」

ほむら「……!?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:08:30.47 ID:x2dKRoIB0

マミ「フフ……」ポン

マミ「でも安心して暁美さん!」

マミ「今日からこの巴マミが、責任を持ってあなたのボディーガードを買って出るわ!」

ほむら「え……あ…あの……」

ほむら「私……本当にそんなコトないですから……それじゃあ……」ペコリ タタタ

マミ「フフ……いいカモを見つけたわ……」

ほむら「何だったんだろう……変な人……」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:11:12.51 ID:x2dKRoIB0

ほむホーム

ほむら「ただい――」

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「あ……まどか!」

まどか「えへっ。遊びに来ちゃった」

まどか「宝物も学校では何だかんだで見れなかったからね」

まどか「駄目かな?」

ほむら「ううん!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:12:28.24 ID:x2dKRoIB0

ほむら「ただいまー」

まどか「お邪魔しまーす」

QB「いらっしゃい」

まどか「ギャアアアアーーーー!!」

QB「ヒトの顔を見て悲鳴を上げるのは酷くないかい?」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:14:50.02 ID:x2dKRoIB0

まどか「ちょっとほむらちゃん!どういうこと!」

まどか「さっきおじいちゃんのカタミって言ってたじゃない!」

ほむら「あ……あれはカタミになる予定ってことなの」

QB「僕を勝手に殺さないでくれないかな」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:15:43.05 ID:x2dKRoIB0

ほむら「まどか……私の宝物、見せてあげる!」

まどか「あ……うん」

QB「何だい?ほむらはまだあんなのに夢中なのかい」

ほむら「あんなのって……」

QB「あんなの、ただのガラス玉だよ」

ほむら「……そんなことないもん!」トタトタトタ

まどか「あ、まって!」トタトタトタ

QB「やれやれ」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:17:31.99 ID:x2dKRoIB0

ほむら「……」カチャッ スー

まどか「わあ!キレイ……」

ほむら「えへへ……お祭りの縁日や路上で買ったものばかりだけどね」

ほむら「お気に入りのアクセサリーをこの引き出しに閉まってるの」

まどか「まるで、これで一つの宝物みたい……」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:18:37.33 ID:x2dKRoIB0

まどか「……あれ?」

まどか「なんだかここだけやけに隙間があるね」

ほむら「そこには、コレが入るんだ」スッ

まどか「ああ、その箱の中身ね」

ほむら「うん、とってもキレイなの」パカッ

ほむら「……え?」

まどか「こっちもキレイ!……どうしたの?」

ほむら「な、ない……!」

ほむら「あの宝石だけなくなってる……!」

まどか「ええー!?」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:20:08.31 ID:x2dKRoIB0

QB「おや。もう帰るのかい?」

まどか「あ、はい。お邪魔しました」

まどか「……」

QB「君が気にしても仕方がないよ。学校なんかに持って行く方が悪いのさ」

まどか「……」

まどか(ほむらちゃん……)

ほむら「くすん……」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:22:43.24 ID:x2dKRoIB0

翌日

ほむら(昨日は泣き明かしちゃった……)

マミ「暁美さん!ちょっといいかしら」

ほむら「あ。巴さん」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:24:33.19 ID:x2dKRoIB0

ほむら「巴さん……見せたいものって何ですか?」

マミ「フフ……まあ、ついて来なさい」

マミ「きっと喜んで貰えるハズよ」

ほむら「……!!」

バァーン

さやか「……く」

杏子「いて~よ……」

ほむら「美樹さん!佐倉さん!」

ほむら「こ……これは一体……!?」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:29:49.36 ID:x2dKRoIB0

マミ「言ったハズよ……暁美さん。この私があなたのボディーガードをかってでるってね」

マミ「だから制裁を加えてやったのよ」

マミ「このいじめっ子達にね!」

ほむら「そ……そんな……!こんなの酷すぎます!」

ほむら「大丈夫?美樹さん……!佐倉さん……!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:32:01.37 ID:x2dKRoIB0

さやか「あんた……これで気がすんだ……?」

ほむら「……!?」

ほむら「わ、私はこんな酷いこと頼んでなんか……!」

マミ「どきなさい。まだ制裁は終わったわけじゃないわ」ドンッ

ほむら「あうっ!」

マミ「おらっ!」ドガッ

さやか「うげっ……!」

ほむら「……!」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:33:09.22 ID:x2dKRoIB0

ほむら「やめて!」バッ

マミ「あらあ?」

マミ「鹿目さん、こんな人たちをかばうっていうの?変な人ね」

マミ「今までの恨みを晴らすチャンスなのよ。殴りなさい!蹴りなさい!」

ほむら「友達にそんなコトできるわけないでしょ!!」

さやか「……!」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:47:21.12 ID:x2dKRoIB0

>>73
やっちまったな


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:35:56.58 ID:x2dKRoIB0

マミ「あははは!あなたもおめでたい人ね。友達ですって?」

マミ「日頃あなたをいじめ、パシらせてきた連中よ。あなたマゾなんじゃないの?」

ほむら「……イジメられてるんじゃなくて……勇気を出すための特訓なんだけど……」

マミ「そっ。まあどうでもいいわ、そんなこと」

マミ「……ところで、暁美さんには払うものを払って貰わなきゃね」

ほむら「え?」

マミ「ボディーガード料……しめて二十万よ!」

ほむら「に、二十万!?」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:38:17.08 ID:x2dKRoIB0

マミ「ふふっ。二十万でこの連中を好きなだけ殴れるんだから安いものよねえ」

ほむら「……」

マミ「……あらあら。その二人をもっと痛めつけないと満足してもらえない様ね」

ほむら「……!」

ほむら「もうこれ以上二人には手を出さないで!」

ほむら「やるなら私にして!」

さやか(!!)


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:40:45.66 ID:x2dKRoIB0

マミ「変を通り越してイカれてるわね、あなた」

マミ「いいわ。望み通りにしてあげる。金を払わないとどーなるか、体で覚えて貰いましょうか」

マミ「あ、勘違いしないでね。私はイジメなんて嫌いなんだから」

マミ「これからすることは『イジメ』じゃなく『警告』なのよ……!」ドガッ

ほむら「ぐっ……!」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:43:24.99 ID:x2dKRoIB0

さやか(な、なんでよ……)

さやか(いつもみたいに大人しくしてれば……抵抗しなければ、痛い目になんか合わないのに……)

さやか(私達を……かばうって……?)

さやか(ほむら……!)

マミ「あはははははは!」ゴスッ バキッ

ほむら(私はあの宝石に願ったんだ……)

ほむら(『親友が欲しい』って……どんな時でも裏切らない……そして裏切られない親友……)

ほむら(どんな時でも裏切らない……!)


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:44:45.48 ID:x2dKRoIB0

マミ「まあ、今日はこれくらいにしておいてあげるわ」

マミ「良いわね!明日までに二十万持ってくるのよ!」ゲシッ

マミ「約束破ったら今程度の痛みじゃ済まないわよ……」ス… ギラン

マミ「あはははははは!」

ほむら(巴マミ……なんて酷い人……)

ほむら(でも、私じゃどうすることも出来ない……)

ほむら(お金……大人しく渡すしかないのかなあ……)


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:48:44.17 ID:x2dKRoIB0

夜 ほむルーム

ほむら「お金……どうしよう」

コンコン

QB「ほむら。入るよ」

ほむら「おじいちゃん……」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:49:48.80 ID:x2dKRoIB0

QB「何があったかは知らないけどね。ほむらには願いを叶える宝石があるじゃないか」

ほむら「……ううん。もう願いは叶わないの……」

QB「そうかい?そんなことないと思うけどね」スッ…

ほむら「あ!!」

ほむら「おじいちゃん見つけてくれたんだ!」

QB「おいおい。それは僕が見つけたわけじゃないよ」

ほむら「え?」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:50:33.95 ID:x2dKRoIB0

QB「さっきほむらの友達がやって来てね。それを渡して欲しいって頼まれたのさ」

QB「雨も降っていないのに、なぜか服を濡らしててね」

ほむら「誰だろう……」

ほむら(……ありがとう)キュッ

QB「……」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:51:16.20 ID:x2dKRoIB0

QB(彼女から事情は聞いたんだけどね……名前は明かすなって言われちゃったから)

QB(ほむら……カバンの中にお金入れておくよ。これでトラブルを避けられるのなら……)スッ…

QB「おやすみ、ほむら」

ほむら「ありがとうおじいちゃん。おやすみー」

ほむら「……?」フオン… フオン…

ほむら「――!?」ズキューン


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:53:39.65 ID:x2dKRoIB0

深夜 見滝原中

マミ「まさか、暁美さんから呼び出されるとわね」

マミ「しかも、こんな真夜中の学校に…………ん?」

ゴゴゴゴ

マミ「……暁美さん!」

ほむら「よく来たわね、巴マミ」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:55:15.05 ID:x2dKRoIB0

マミ「こっちこそ褒めてあげるわ」

マミ「聞き分け良くお金を渡して、私の機嫌をうかがう腹は見え見えだけどね」

マミ「そのワケわかんないコスプレはいただけないけど……まあいいわ!」

マミ「早いところ渡しなさい!金!お金よ!二十万!」

ほむら「フッ」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:57:18.61 ID:x2dKRoIB0

ほむら「ここにあるわ」スッ

ほむら「しかも倍の四十万がね……」

マミ「!」

マミ「四十万!」

ほむら「でも、このお金はかけがえのないものなの。だから、ハイと渡すのはつまらないわ」

ほむら「そこでよ」

ほむら「私とゲームをしましょう」

マミ「ゲームですって……?」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:58:33.23 ID:x2dKRoIB0

ほむら「そう……それもただのゲームじゃない……」

ほむら「『闇のゲーム』よ!」

ほむら「どう?あなたが勝てば二十万以上のお金が手に入るけど」

マミ「面白いじゃない……」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:59:39.42 ID:x2dKRoIB0

ほむら「ゲームをするのに、必要な道具があるのだけれど」

ほむら「巴マミ、あなたが忍ばせてるナイフを貸してもらえるかしら?」

マミ「フッ……」ス… ギラン

ほむら「オーケー。準備完了よ」

マミ「お金とナイフ……」

マミ(これでどんなゲームをする気なのかしら……)ドキドキ


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:02:33.86 ID:x2dKRoIB0

ほむら「ゲームのルールを説明するわ」

ほむら「プレイヤーは交互に自分の手の上にお金を乗せ、その上からナイフを突き立てる」

ほむら「ナイフに突き刺さったお金のみプレイヤーの取り分になる」

ほむら「ゲームは最後の一枚がなくなるまで続けられるわ」

ほむら「どれだけ多くのお金を取れるかが勝負よ」

ほむら「お金を手でつかみ取ろうとした者、途中でゲームを放棄した者は負けとなり、お金は全て相手に渡る」

マミ「!」

ほむら「どう?面白いと思わない?」

マミ「フ、フフ……、ただの根性試しじゃない」

マミ(こいつ……本当にあの暁美ほむら……!?)


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:04:26.08 ID:x2dKRoIB0

ほむら「ただし――」

ほむら「ルールを破ったら、運命の罰ゲームが待っているわ!」

マミ「面白いじゃない……さっそく始めましょう」

サイショハグー センコウコウコウ ジャン☆


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:07:27.58 ID:x2dKRoIB0

ほむら「あなたが先攻ね」

マミ「あら、ついてるわ」

マミ「このゲームは先攻が圧倒的に有利!」

ほむら「欲に目がくらんで力を入れ過ぎるとズブリといくわよ」

ほむら「このゲームのポイントは、自分の欲望を制御すること!」

マミ「フフ……動揺を誘おうとしても無駄よ」

マミ(落ち着いて……)ゴクリ スッ

ほむら「……」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:08:57.57 ID:x2dKRoIB0

ほむら「時を止めてっと」

マミ「……」

ほむら「お金を横にどかして、ナイフを手に刺して」ヒョイ ブスッ

ほむら「そして時は動き出す」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:09:06.54 ID:r01DMLO/0

杏子「ポッキーがはさまって動けねえ・・・・」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:10:25.14 ID:YSVLOo5JO

早速イカサマしやがった…


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:10:44.66 ID:HojqGVnO0

ルール破り杉だろwwww


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:11:31.10 ID:x2dKRoIB0

マミ「そおっと、そお……え?」

マミ「ぎゃあああッ!!」

ほむら「あら、自分の手を刺してしまったわね」

ほむら「刺せたお金0枚っと」

マミ「な、な、な、何でェ~!!?」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:12:49.39 ID:x2dKRoIB0

マミ「あなたの仕業……ッ!?」

ほむら「何のことかしらね」

ほむら「そんな事より、早くナイフよこしなさいよ」

マミ「ざけんなあー!!」ズボッ


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:13:20.36 ID:x2dKRoIB0

マミ「死ねぇぇぇーー!!暁美ぃ~~~!!」ヒュンッ

ほむら「やれやれ」シュンッ

マミ「!?消え……」

ほむら「やはりルールを守る事が出来なかったようね」

マミ「い、いつのまに私の後ろに……ッ!?」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:16:08.42 ID:x2dKRoIB0

ほむら「友達を傷つけ、お金も奪おうとしたあなたにはオシオキが必要ね」

ほむら「運命の罰ゲーム!!」

ズキューン!!

マミ「きゃああああああ!!」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:18:51.89 ID:x2dKRoIB0

マミ「う……ここは……どこ?」

マミ「お菓子でいっぱい…………ん?」

シャル「……」

マミ「ぬいぐるみ……?」

シャル「……」ギュルルルルルルルルルッ

マミ「え?」

シャル「……」グパア


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:19:47.02 ID:x2dKRoIB0

マミ「ぎゃああああああああああ!!!!!」ビクンビクン

ほむら「フッ。散々他人を食いものにしてきたあなたに相応しい末路ね」

マミ「……え?またここ……?」

マミ「……ひいっ!?だ、誰か助けて……」ビクンビクン

ほむら「幻想の世界を楽しみなさい」

ほむら「ちなみにお金は全部返して貰ったわ」

GAME OVER☆


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:20:57.86 ID:x2dKRoIB0

翌日

中沢「お、おい!あれ、見てみろよ!」

仁美「まあ、醜いですわね」

恭介「枯葉の中で何やってるんだ……?」

マミ「ぬいぐるみがあ~~恵方巻きがあああ~~」

ほむら「ふわあー……」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:21:52.92 ID:x2dKRoIB0

ほむら「……なんだか、あの宝石をおじいちゃんに渡されたあとのことが思いだせない……」

ほむら「でも……良かった」

ほむら(私の宝物……)

さやか「……」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:22:55.05 ID:x2dKRoIB0

さやか「よっ、ほむら」

ほむら「美樹さん……」

さやか「あんた、傷大丈夫?」

ほむら「うん」

ほむら「美樹さんは……?」

さやか「全然平気よ、こんなもん」

さやか「……」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:26:07.80 ID:x2dKRoIB0

>>132>>133間違えちゃった


さやか「よっ、転校生」

ほむら「美樹さん……」

さやか「あんた、傷大丈夫?」

ほむら「うん」

ほむら「美樹さんは……?」

さやか「全然平気よ、こんなもん」

さやか「……」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:23:31.72 ID:x2dKRoIB0

さやか「……ほむら!私もあんたにならって宝物持つことにしたんだ!」

さやか「見たい?」

ほむら「うん……」

さやか「ははは、残念」

さやか「私の宝物はね、『見えるんだけど見えない物』だから見せられないの!」

ほむら(見えるんだけど見えないもの……?)

ほむら(何だろう……)


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:26:57.90 ID:Cdq0YDrX0

ちょっと見ない間にとんでもない展開になってたと思ったら終わってた
さすがほむほむさんや


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:27:39.71 ID:x2dKRoIB0

さやか「それは友情だよ!」

さやか「私とほむらはお互いに見えるけどさ。友情って奴は見えないでしょ?」

ほむら(……!今、名前で……!)

ほむら「……うん!」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:30:35.19 ID:x2dKRoIB0

さやか「そ、それじゃあね!授業始まっちゃうよ!」ダッ

さやか(うう……何で今日のさやかちゃんは、恥ずかしいセリフがポンポンと……)

ほむら「あ、美樹さ…………ううん、さやか!」

ほむら「くつ!くつ落としたよー!」


魔法少女まどか☆マギカ(バンダイ版) 終


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:31:06.73 ID:ba/ZWH8D0



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:32:43.76 ID:yiztaN3z0

乙乙


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:34:53.45 ID:u7FdG83A0

さて次はCG編だ


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:35:06.05 ID:x2dKRoIB0

あまりにまんま過ぎるからボツにしてたけど、昨日のお詫びに……
ごめんね。もうしないから


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:41:11.70 ID:KFIetP150


あっさり終わったがこういうのも良い


人気ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。