スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏奈「長女の行き遅れが心配です」千秋「まぁ…な…」 

カテゴリ:みなみけSS

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/23(水) 00:16:10.80 ID:Xa/WT4hO0
夏奈「おーい春香、つまみがなくなったぞー」

春香「あら、もう?材料も無いし…じゃあ何か買ってくるわね」

夏奈「軽いもので構わないから」

千秋「春香姉さま、ご一緒します」

春香「あら、そう?でも大丈夫よついでに済ませたい用事もあるし」

夏奈「だってさ」
 minami_haruka_001


名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:16:52.37 ID:Xa/WT4hO0
夏奈「…なぁ千秋」

千秋「ん?なんだ?」

夏奈「春香の居ない今だから言うけど」

千秋「またお前は何かやらかしたのか、今度は何をやったんだ?謝れることなら今のうちに謝っておけよ」

夏奈「いや、そうじゃなくてちょっと心配事?というか気になることがね…」

千秋「濁さずハッキリいえよ」

夏奈「春香の結婚についてなんだけど…」

千秋「」




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:17:34.40 ID:Xa/WT4hO0
千秋「お前…」

夏奈「いや、だってさ」

千秋「まぁ、それは薄々私も思ってはいたけど…」




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:18:19.03 ID:Xa/WT4hO0
千秋「でも、まだ30になったばっかりで上品だし家事もできるし何より…綺麗だし!」

夏奈「確かにね、うん最後のは春香の本当に凄いところだと私も思う」

夏奈「歳をとっていくたびに老けるどころか綺麗になっていく肌」

夏奈「三姉妹の中でダントツの色気!あの妖艶さ!」
          バカ
千秋「未だに我が家の旦那も春香姉さまに鼻の下伸ばしてるからなー」ハハッ

夏奈「なんなのだろうね?アレは?同じ女として羨ましすぎるよ!!」ドンッ!!





9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:19:31.65 ID:Xa/WT4hO0
千秋「やっぱり胸?それとも包容力?私には無いものばかりだよw」ニヤニヤ

夏奈「はは、あいつは昔から……もうアルコール回ってる?そんな飲んでないよね?ちょっといつもの千秋がどこかに行ってるみたいなんだけど」

千秋「いやー全然?w私はここにいるよ?」

夏奈「あ、そう?テンションが…うん、なんでもない」


夏奈「まぁ、亭主の愚痴はお互い今度話すことにして…」




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:20:13.83 ID:Xa/WT4hO0
千秋「話戻すけれども」

千秋「なら…自然と相手は見つかるんじゃないか?私たちが心配なんかせずとも」

夏奈「いや、相手はまあ別に良いんだよ…あのナリだし性格も完璧といって良いしね?」

千秋「うん…」





11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:20:59.72 ID:Xa/WT4hO0
夏奈「でも、春香関連で男の話しなんか聞いたことあるか?」

千秋「いや…」

夏奈「速水先輩から聞いた話だと、中・高・大学といい告白とかはされてるみたいなんだけどね?」

千秋「それをことごとく振っていると」

夏奈「どういう理由かはわからないんだけど、やっぱり私たちが落着くまでは…っていうのが春香の心のどこかにあったと思うと何かね」

千秋「…いや、案外普通の男ではなく少し変な男とかにしか興味がないとか?」

夏奈「春香の好みねぇ…」





13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:21:53.58 ID:Xa/WT4hO0




夏奈「千秋さあ…春香が最近買う予定のもの知ってる?」

千秋「…知らないよ」

夏奈「マンション」

千秋「」

夏奈「」





15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:23:10.87 ID:Xa/WT4hO0
千秋「えっ?」

千秋「ん?本当なのかそれは!?」

夏奈「大マジですとも!」

千秋「この家はどうするんだ!?何で今更マンションを買う必要があるんだ!?」

千秋「そんな…無理してマンションを買わなくても…」

夏奈「金銭的には厳しいってわけでもないんだけどね。ほら、お前が大学進学したときに大分お金浮いたのもあるし」

千秋「ああ…」





16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:23:57.99 ID:Xa/WT4hO0


夏奈「お前泣いて喜んでたもんね、特待生の通知来た時」

千秋「まぁ正直その後の国公立発表とか正直どうでもよくなるくらい嬉しかったよ」

夏奈「本当にお前は昔っからいい子だったよな…口は悪かったけどww」

千秋「おい褒めと、けなしを織り交ぜてくるんじゃない。どう反応したら良いかわかんないだろう馬鹿野郎」






18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:24:51.87 ID:Xa/WT4hO0

千秋「でも、私だってお前に関心してるんだぞ」

夏奈「おお、20数年年目にして初めて妹から姉へ尊敬の言葉が出るのか?」

千秋「お前、私に内緒で春香姉さまに旅行プレゼントしたろ」

夏奈「ッツ!!?」

夏奈「どうしてお前がそれを知っている」





22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:26:07.53 ID:Xa/WT4hO0

千秋「まったく、粋な計らいしやがって」

千秋「あの時は、そんなに余裕あったわけじゃなかったでしょ」

夏奈「今更4年前の話しとかするんじゃないよ」

千秋「まだ、お店も始めて間もない頃だったろ?よくお金作ったな」

夏奈「まぁこれまでいっぱい迷惑掛けて心配させたりしたからね、私なりの感謝の気持ち…って訳でもないけど…あーっ!もう照れくさいからこの話し終わり!!」





23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:26:49.15 ID:Xa/WT4hO0

夏奈「また話しが脱線してしまった」


千秋「まぁ金銭面的に余裕があるのはわかった。春香姉さま自体の収入もあるだろうし」

千秋「でも、今の家でも不自由なことなんて何一つ…!!」

夏奈「…千秋の結婚式の次の日に、速水先輩から聞いた話なんだけど…」





24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:27:30.35 ID:Xa/WT4hO0



【回想】

春香「みんな居なくなっちゃいましたよ…先輩」

速水「まあ飲みなよ…今日はさ」

春香「夏奈の時もそうだったけど、綺麗だったなぁ…千秋も」

速水「そうだねえ」

春香「この家も広くなっちゃいましたね…」

春香「やっぱり私一人でいるとどうしても落着かないというか…にぎやかだった頃の皆の声が聞こえてくる気がするんですよね」






26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:28:42.36 ID:Xa/WT4hO0


春香「相手の子マコト君って言うんですけどね…彼も昔からこの家に来てたんですよー。ちょっとお馬鹿な子で、千秋からは馬鹿な子供ーとか男らしくないーとか言われてたんですけど昔っから仲が良かったんですよね」

速水「喧嘩するほどなんとやらっていうしねえ…」

春香「結婚の挨拶に来た時も入りなれてる筈の玄関で転ぶし、挨拶噛んじゃったりしちゃうんですよ…ふふっ」

春香「それを横から千秋がフォローいれてるのとか見ると、もう微笑ましいんですよ」

速水「そういうところはそのままなのかもね 」ハハ

春香「でも思ったんですよね、あの子たちに対する私の役目は終わったんだなぁ…って」

速水「…飲みなよ」





28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:30:03.10 ID:Xa/WT4hO0

春香「………」


春香「これか…らは」

春香「ごれがらは… 見守る人間がっ、変わっ、変わっでいくんだなぁって…」ヒック

速水「よしよーし、春香は良く頑張った頑張った」

春香「ありがどぅ…ヒック ございます…」

速水「良いお姉さんだよ春香は…」ポンポン





31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:30:54.00 ID:Xa/WT4hO0

速水「でもね、まだいいお姉さんとしてこれからしなくちゃいけないこと…心がけなきゃいけないことがあるんだよ?」

春香「…何…ですか」ヒック

速水「一つはね、妹たちからのお返しを素直に受け取ること」

速水「あの子たちは良い子達だからこれからきっと、春香にお返しをすることがあると思う。それはどんなものであっても春香に喜んでもらいたいと思ってくれるものなの。だから変に遠慮しないで素直に受け取ること」

速水「そしてもうひとつ。妹たちから一言だけ預かってるんだ。」

速水「私たちが目の前で言うときっと春香は強がるから…ということだそうなので私が代読させてもらうよ」





「照れくさいけど私たちは春香のことが大好きだからな」
「誰よりも幸せになって下さい、春香姉さま」




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:31:47.98 ID:Xa/WT4hO0

春香「…ははっ…どっちが送る側なのよ」グスッ

速水「確かにね」

春香「……」

速水「……」

春香「今日は朝まで付き合って下さい先輩」

速水「おお、まかせなさい」





33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:32:30.97 ID:Xa/WT4hO0

夏奈「」

千秋「」

夏奈「…正直さ、この家に春香一人だけっていうのもねぇ」

千秋「うん…よくわかったよホントによくわかった」

夏奈「そこでさ、私と春香から提案があるんだけど」

千秋「うん?」

夏奈「まぁそれは春香が帰ってきてからということで」





34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:35:11.50 ID:Xa/WT4hO0




春香「ただいまー」

夏奈「おかえりー」

千秋「おかえりなさい春香姉さま」

夏奈「そろそろ千秋にあの話ししようと思うんだけど」

春香「あぁ…そうね」

春香「千秋」





36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:37:42.05 ID:Xa/WT4hO0


千秋「はい」

春香「あなたの家族でこの家を使わない?」

千秋「え?いいのですか?」

夏奈「お前の所今、賃貸だろ?こっちに住めば家賃的にも広さ的にも大分いいと思うんだけど」

春香「千秋の子供もまだ生まれたばかりとはいえ、これから大きくなっていくでしょ?だから私が一人で住むより賑やかな家族が住んでくれた方がこの家も喜ぶだろうし…」





38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:39:36.29 ID:Xa/WT4hO0


千秋「いえ、正直大変助かるのですが…春香姉さまを追い出すみたいであまり気が…」

春香「それなら大丈夫!この前プロポーズを受けたから」

夏奈「( ゚Д゚)」

千秋「( ゚Д゚)」

夏奈「( ゚Д゚ )?」

千秋「( ゚Д゚ )?」





48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:45:13.81 ID:Xa/WT4hO0


夏奈「え?ちょっと待って春香?なにそれ私も聞いてないんだけど、後おめでとう」

千秋「あ、そうなんですか…?…おめでとうございます!」

春香「二人ともありがとう、まあ前々から言われてはいたんだけど…」

春香「えーっとどこから説明したらいいのかわからないけど」

春香「とりあえず私はイタリアに居る男性のもとへ行く為にイタリアのマンションを買います。というかそのまま結婚すると思います。」





49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ] 投稿日:2011/03/23(水) 00:46:11.05 ID:Xa/WT4hO0


夏奈「マンションってイタリアのだったの!?え?てっきり職場近くのマンションとかそんな所だと思ってたんだけど」

春香「一流の料理人になったら結婚しようといい旅立ったのが12年前、とうとうこの時がきたわ」

千秋「唐突過ぎないですか?」

夏奈「さっきまでの雰囲気が一瞬で吹き飛んだよね」

千秋「あの涙はもう乾いたな」





54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/23(水) 00:47:07.52 ID:Xa/WT4hO0


春香「夏奈がこの前食べたいって言ってたこと伝えたら喜んでたわよ」

夏奈「私がいつそんなことを言った!?」

春香「あら?この前TV見てたら美味しそうだったって電話で言ってたじゃない」

夏奈「まさか…いや、まさかとは思うけど、あの三ツ星店のHOSAKAのこと?」

春香「え?そうだけど…」

夏奈「そうだけど、じゃないだろ」
千秋「そうだけど、じゃないですよ」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:47:48.59 ID:Xa/WT4hO0

【HOSAKA】
保坂「お前たち今日も愛する人のことを考えフライパンを握るんだ!鍋をつかむんだ!」

従業員一同「Va bene!!」



千秋「あのHOSAKAですか!?」

夏奈「さっきまで春香の結婚の心配してた私たちが馬鹿みたいじゃないか!」





59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:48:52.35 ID:Xa/WT4hO0

【HOSAKA】
保坂「よし!今日もみんな愛がこもっているn…ん?」

従業員A「……」

保坂「おいどうした?いつものような純粋な愛がこもっていないぞ?まるで何か心配事でもあるかのような調理だ」

従業員A「実は…さっきワイフが産気づいたって連絡があって…」

保坂「なに!?なぜそれを先に言わなかった?早く奥さんのもとに行ってあげるんだ!!」

従業員A「でも、せっかく店がミシュランで認められて…繁盛する時期なのに私だけ抜けるわけには…」

従業員B「それにアノ料理の下ごしらえが完璧に出来るのは店長とAだけです」

保坂「何を言っている!そんなこと俺が2倍働けば済むことじゃないか!」

従業員一同「料理長…///」





64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:49:35.75 ID:Xa/WT4hO0


春香「だから千秋は遠慮せずにこの家を使ってちょうだい」

千秋「ありがとうございます春香姉さま」

夏奈「帰ったらマコトに報告だな、そのお腹も含めて」

千秋「ッツ!?何で知ってるんだよ」

夏奈「あ、やっぱ当たってた?いやーだってアルコールちょっとしか飲まなかったし、ちょっとだけだけどお腹に気を使うような姿勢とってたから」





68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:50:32.81 ID:Xa/WT4hO0


春香「本当なの千秋!?おめでとう…2人目かぁ」パアァ

千秋「はい、今日ここに来る前に病院に行ったら…」

夏奈「おーおめでとう!これでますますこの家の需要が高まったな!でも隠すことないじゃんかよ~」

千秋「…一応最初はあの馬鹿に伝えようと思って」

夏奈「おぉー暑い暑い」

千秋「煩いぞこの馬鹿野郎」





71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:52:01.88 ID:Xa/WT4hO0


春香「まあでも良かったじゃない」

夏奈「じゃあ二つもいい報告が聞けたのでまた飲み直しますかー」

夏奈「あ、はい妊婦は炭酸で」

千秋「気が利くじゃないか馬鹿野郎」

春香「夏奈にも良いことはまだ起こらないの?」

夏奈「なっ!?ウチはまだ良いの千秋の所が早すぎるだけだよ」

夏奈「まぁそりゃ千秋見てると子供も欲しいとは思うけど」ボソッ

夏奈「やっぱり、まだ新婚の雰囲気を楽しみたいというか…まだいちゃつきたいっていうか」ボソッ

千秋「お前のところの方が大概暑いだろ」

春香「私から見ると、二人ともだと思うけどね」





75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 00:57:21.82 ID:Xa/WT4hO0


千秋「はいじゃーグラスもってー」



春香「皆の楽しい夫婦生活が末永く続くことを願って」

夏奈「これから皆の子が無事生まれてきますように願って」

千秋「皆が幸せに過ごせることを願って」



春夏秋「乾杯!!」カチャン

お わ り



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 01:01:34.90 ID:Xa/WT4hO0
あー終わった緊張した
SS書いたの初めてなんで違和感あるところとかたっぷりあると思いますけど
深夜に考えた妄想垂れ流しSSなんで各自脳内保管お願いします





89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/03/23(水) 01:07:39.54 ID:Xa/WT4hO0
名前出せなかったけど夏奈の旦那は藤岡です
ナツキも考えたんですが僕のスッカスカの頭ではではヒトミということになってます
のっとりとかは構わないので、おかえりとおかわりなりなんなり始めて下さい
むしろ自分が見たいです

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

保坂よかったなwwww

いい・・・
泣いた・・・

Re: タイトルなし

> いい・・・
> 泣いた・・・

こんな更新もろくにしていないブログにコメントを下さってありがとうございマス!

定期更新は難しいかもですけど、図書館的な感じでご利用ください♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。