スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真尋「ニャル子が悪いんだぞ…」ニャル子「ひぅ…」 

カテゴリ:未分類

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:51:42.25 ID:+CroQkua0

ニャル子「まっひろさーん!いちゃいちゃしましょーっ!」ダキッ

真尋「…」

ニャル子「そろそろ真尋さんと…うふふ…いつでも準備おっけーですからねっ、真尋さん!」

真尋「…」

ニャル子「真尋さん…?」

ニャル子(おかしいですね…いつもならこの辺でフォークが…)

真尋「ニャル子…」ギューッ

ニャル子「はぇっ!?」ドキッ





6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:04:26.38 ID:+CroQkua0

真尋「ニャル子…お前が悪いんだぞ…」

ニャル子「ひぅ…」

真尋「いつもいつも僕を誘惑して…」

ニャル子「ま、真尋…さ…」ドキドキ

真尋「僕が手を出さないと思ったら大間違いなんだからな」

ニャル子「あ…あのっ…そ、そうでしたっ…わ、私…晩御飯の準備をしないとっ」アセアセ

真尋「…」

ニャル子(い、いざこの状況になると恥ずかしいですよぅ…)


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:05:10.71 ID:QGCFZZ+D0

普通の高校生ならこうなるよな


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:13:27.74 ID:+CroQkua0

真尋「うるさいっ!」ドンッ

ニャル子「あぅっ!?」ドサッ

真尋「僕が今までどれだけ我慢してきたとっ…!」

ニャル子「…っ」

真尋「ハァ…ハァ…」プチッ

ニャル子「だ、だめですっ…!」バッ

真尋「…」

真尋「なんでだよ…自分から誘ってきたくせに…」

ニャル子「ぅ…」

真尋「卑怯だ…」

ニャル子「ま、真尋さん…ち、違うんですっ…ただいきなりで…びっくりしちゃいまして…あの…」

真尋「もういい…」

ニャル子「ぁ…」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:11:13.21 ID:o5M+Ucsk0

ニャル子「……真尋、さん…」

クー子「……ニャル子」ポン

ニャル子「……クー子」

クー子「…大丈夫、少年の代わりは私が務m」

ニャル子「…………」トボトボ

クー子「…ニャル子……」


~真尋ROOM~

真尋「………はぁ」

真尋「…………」

真尋「…なにをやってるんだ僕はっ!」

真尋「自分の気持ちに任せてあんなことして……」

真尋「……嫌われたかな、あいつに」


みたいななんだかんだでニャル子の事が好きな真尋さんとニャル子が最終的にくっつくのオナシャス!


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:16:22.34 ID:H7O+U4f30

俺「まっひろさーん!いちゃいちゃしましょーっ!」ダキッ

真尋「…」

俺「そろそろ真尋さんと…うふふ…いつでも準備おっけーですからねっ、真尋さん!」

真尋「…」

俺「真尋さん…?」

俺(おかしいですね…いつもならこの辺でフォークが…)

真尋「ニャル子…」ギューッ

ニャル子「はぇっ!?」ドキッ

俺「……」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:25:42.25 ID:o5M+Ucsk0

ニャル子「…真尋さんから」

ニャル子「真尋さんから折角迫ってきてくれた、のに…」

ニャル子「…ダメだなぁ、私」

ニャル子「何時もはこっちからあれだけ迫っておいて、なのに、肝心な時には…」

ガチャ

真尋「………」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:27:36.73 ID:o5M+Ucsk0

ニャル子「あ、真尋さん!」

ニャル子「あの、さっきはごめんなさい!」

ニャル子「でも、私本当は…!」

真尋「ごめん」

ニャル子「ぇ……」

真尋「悪かったな、あんなことして」

ニャル子「ま、真尋さん、あの…」

真尋「もう、しないから」

ニャル子「ぁ……」

真尋「……ちょっと出てくる」スタスタ

ニャル子「真尋、さん…」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:37:47.76 ID:o5M+Ucsk0

ニャル子「…たはは、参りましたねこりゃ」

ニャル子「どうも真尋さんに完全に嫌われちまったようです」

ニャル子「…いやー、あの時拒否なんてせずに逆に襲い返すぐらいの気概を持っときゃよかったんでしょうかねー」

ニャル子「といっても時既におすし、なんつって!」

ニャル子「…なん、つって……グスッ」

ニャル子「ヒグッ…真尋さん……エグッ」

ニャル子「…真尋さん、真尋、さぁん……!」

ニャル子「うぅ……うぁぁぁぁん…」



クー子「…………」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:56:21.10 ID:o5M+Ucsk0

真尋「…あいつ、泣いてたな」

真尋「…嫌われちゃった、だろうな…」

真尋「……あーあ、参ったなぁ…」

真尋「あいつと顔合わせられないや……」






128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:10:48.05 ID:o5M+Ucsk0

~翌朝~
真尋(昨日は結局碌にあいつと話せなかった)

真尋(あいつもこっちに全然話しかけてこなかったし……)

真尋(やっぱり嫌われた…んだろうな)

真尋(……あーもう、どうすりゃいいんだ)

ニャル子「……ぁ」

真尋「!……ニャル子…」

ニャル子「お、おはようございます真尋さん」

真尋「……あぁ」

ニャル子「…あの、昨日は」

真尋「…ごめん、先に行ってるから」

ニャル子「あ……真尋さん…」

ニャル子「………」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:25:51.04 ID:o5M+Ucsk0

珠緒「おっはよー!ニャル子ちゃん!」

ニャル子「…おはようございます、珠緒さん…」

珠緒「…どしたの?元気なさそうだけど…何かあった?」

ニャル子「い、いえいえ!そんなことありませんよーっ!私はいつも通り元気いっぱいですっ!」

珠緒「…そう?ならいいんだけど……」

珠緒(でもニャル子ちゃん、何か無理してる……?)


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:35:13.80 ID:o5M+Ucsk0

余市「おはよう、八坂くん」

真尋「………」

余市「…八坂くん?」

真尋「!…あ、あぁおはよ」

余市「…何かあったのかい?」

真尋「…いや、大丈夫」

余市「…そうかい?…でも無理しちゃ駄目だよ?」

真尋「…わかった、ありがと」

<ゲンキイッパイデスッ!

真尋(…なんだ、あいつ元気じゃないか…)


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:47:28.67 ID:o5M+Ucsk0

クー子(…ニャル子…やっぱり元気ない)

クー子(…やっぱり昨日のことが原因)

クー子(…なのに肝心の少年はニャル子を避けてる)

クー子(……今なら、私の思いが届くかもしれない)

クー子(…でも、私はそれでいいの?)

クー子(……私は……)


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 23:24:59.34 ID:o5M+Ucsk0

~昼休み~

真尋(今日の昼ご飯は一人…か)

真尋「まぁ、あいつも僕と食べるの嫌だろうし、な」

真尋「……はぁ」クイクイ

クー子「…少年」

真尋「なんだ、クー子か…どうした?」

クー子「…放課後、少年に話がある」

クー子「…だから残ってて」

真尋「なんだよ話って…っておい!…行っちまった」

真尋「…ニャル子の事、か」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 23:44:52.56 ID:o5M+Ucsk0

キーンコーンカーンコーン
キリーツキヲツケー
アリガトーゴザイマシタ

真尋「さて……」

ニャル子「あ、あの…真尋さん」

真尋「…ごめん、ちょっと用事があるから残る」

ニャル子「じゃ、じゃあ私も…」

真尋「いや、僕一人でいい」

ニャル子「…わかりました」

真尋「ごめん…」

ニャル子「い、いえ!いいんです!じゃあ先に帰ってますね!」タタタ



真尋「…ほんと、ごめんな……」


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 23:54:50.69 ID:o5M+Ucsk0

クー子「………」

真尋「………で、放課後わざわざ呼び出してなんの話だよ」

クー子「……少年が一番よく分かってる筈」

真尋「…やっぱりニャル子の事、か」

クー子「…少年、どうしてニャル子の事避けるの?」

真尋「…お前は知ってるのか?昨日の事」

クー子「…うん」

真尋「じゃあ分かるだろ、僕はあいつに嫌われた、だからせめてあいつの為を思って近づかないようにしてる」

真尋「それだけだよ」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 00:08:31.02 ID:rnd5by1x0

クー子「…少年、本当にそう思ってるの?」

真尋「…何がだよ」

クー子「…ニャル子が少年のこと、本当に嫌いになったと思ってるの?」

真尋「……当たり前だろ」

真尋「無理矢理あんなことしたんだ、嫌われて当然じゃないか」

クー子「…でも、少年、あの後ニャル子と少しもまともに話してない」

真尋「だからそれは…」

クー子「…じゃあ、ニャル子が少年の事を本当に嫌いになったかどうかなんてわからない」

真尋「な……」




287: >>178から 2012/06/17(日) 09:03:39.61 ID:rnd5by1x0

クー子「…私はニャル子は勿論、少年も好きだから…」

クー子「…だからこのままなのは、いや」

真尋「クー子……」

真尋「でも、僕は……」

クー子「…少年、うじうじ悩み過ぎ」

クー子「…ニャル子があの程度のことで少年のことを嫌いになるとは思えない」

真尋「あの程度のことってお前…」


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 09:10:52.98 ID:rnd5by1x0

クー子「…それに少年はどうなの?」

真尋「え……」

クー子「…少年は、ニャル子のこと嫌い?」

真尋「そんなわけないだろ!」

真尋「…あー、だからって好きかと言われりゃそれは…わからないけど」

クー子「……ならもう一度聞く」

クー子「…少年は、今のままで本当にいいの?」

真尋「僕、は………」


290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 09:17:34.19 ID:rnd5by1x0

ニャル子「……はぁ」

ニャル子「…どうしたもんですかねー…」

ニャル子「真尋さんが私の事あれだけ避けてるって事は……」

ニャル子「…どーも本気で嫌われちまったよーです」

ニャル子「あはは……」


291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 09:23:38.55 ID:rnd5by1x0

ニャル子「…アニメや漫画でフられる女の子は山ほど見てきましたが…」

ニャル子「……こんなに辛い事だったんですね…」

ニャル子「……恋するって、大変なんだなぁ……」

ニャル子「…こんな事になるなら」

ニャル子「…こんな事になるなら、最初から恋なんて…」

ハス太「本当にそう思ってるの?」


293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 09:49:06.75 ID:rnd5by1x0

ニャル子「!…ハス太くん、なんで…」

ハス太「クー子ちゃんから事情は聞いたよ」

ニャル子「…じゃあ話が早いですね、私の事はほっといて下さい」

ハス太「そういう訳にはいかないかな」

ニャル子「…なんですか、退いて下さいよ」

ハス太「さっきニャル子ちゃんは、真尋くんを好きになんかならなければよかったって言ったよね」

ニャル子「…えぇ」

ニャル子「……こんなに苦しいのなら、最初から真尋さんに恋なんてするべきじゃなかったんですよ、きっと」


295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 10:22:54.78 ID:rnd5by1x0

ハス太「…じゃあニャル子ちゃんは真尋くんの事が嫌いになっちゃったの?」

ニャル子「…そんなわけないじゃないですかっ!」

ニャル子「…だから、こんなに苦しいんですよ……」

ニャル子「でも、真尋さんが私の事を嫌いになったのなら、私は……」

ハス太「…本当に真尋くんがニャル子ちゃんのこと嫌いになったと思ってるの?」


296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 10:50:30.52 ID:rnd5by1x0

ニャル子「…当然じゃないですか」

ニャル子「私は真尋さんを拒絶したんですから…」

ハス太「…僕はそうは思わないけどな」

ニャル子「はっ…何を根拠にそんな事を…」

ハス太「今日の真尋くん、辛そうだった」

ニャル子「それは昨日の事があったから…」

ハス太「うん、それはそうなんだけど…」

ハス太「でも、真尋くん…ニャル子ちゃんの事をずっと気にかけてるみたいだったよ?」

ニャル子「ぇ………」


302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 11:33:30.57 ID:rnd5by1x0

ハス太「今日も、ニャル子ちゃんの事ばかり見て、上の空だったもん」

ニャル子「は…はは…そんな筈…」

ハス太「…あのねニャル子ちゃん」

ハス太「悔しいけれど、多分真尋くんはニャル子ちゃんのことがやっぱり好きなんだと思うんだ」

ハス太「多分ニャル子ちゃんを避けてたのも、きっとニャル子ちゃんの事を思ってなんだと思うよ」

ニャル子「な、なんで、そんな…」

ハス太「…きっとね、昨日自分がしたことで、真尋くんはニャル子ちゃんと同じくらい…ううん、もしかしたらそれ以上に辛い思いをしてる」

ハス太「だからね、真尋くんも同じなんだよ」

ハス太「真尋くんも、多分ニャル子ちゃんに嫌われたって思ってる」

ハス太「だからせめてニャル子ちゃんに負担をかけないようにって、距離を置く様にしたんじゃないかな?」

ニャル子「そんな…じゃあ…私…」


303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 11:40:37.99 ID:rnd5by1x0

ハス太「…どう?まだ考えは変わらないかな?」

ニャル子「私…私勝手に真尋さんに嫌われたって思って、それで…」

ハス太「…行ってきなよ」

ニャル子「え……」

ハス太「多分真尋くんの方も、今頃クー子ちゃんが説得してるだろうから」

ニャル子「…どうしてですか?」

ハス太「?」

ニャル子「どうして私の為に、ここまで…」

ハス太「ふぅ…」

ハス太「か、勘違いしないでよねっ!僕は今のままなんて嫌だっただけで別にニャル子ちゃんの為なんかじゃないんだから!」

ニャル子「……」ポカーン

ハス太「…あはは、ごめんごめん」


305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 12:05:48.96 ID:rnd5by1x0

無駄に長くなって申し訳ない
昼飯食ってきます
食い終わったらじきに完結します


313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 13:01:42.01 ID:rnd5by1x0

>>309
いや、お前のお陰でスレが持ったんだから感謝してもし切れねぇ

続き始めます


315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 13:14:41.29 ID:rnd5by1x0

ハス太「…ま、兎も角さ」

ハス太「僕はいつもみたいに仲のいい二人が見たいから、さ」

ハス太「…あ!でも真尋くんの事を諦めた訳じゃないからね!」

ニャル子「ハス太くん……」

ハス太「だから、行ってきなよ、ね?」

ニャル子「……ありがとうございますっ!」タタタッ

ハス太「……ふぅ」

ハス太「やれやれ、敵に塩を送る事になっちゃったね」

ハス太「…頑張って、二人とも」


318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 13:31:03.45 ID:rnd5by1x0

真尋(僕は…あいつの事をどう思ってるんだ?)

真尋(あいつは、ニャル子は宇宙人でしかも這い寄る混沌で、僕を守る為に地球に来て、かと思えば僕の事を好きだとか言い出して…)

真尋(それで、いつも僕の事を振り回して……)

真尋(……そっか)

真尋(あいつが来てから、僕はいつもあいつと一緒だったんだな…)

真尋(…ニャル子)

真尋(多分僕は、お前の事…)



ニャル子「真尋さぁぁぁぁぁぁん!!」



320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 13:44:24.92 ID:rnd5by1x0

真尋「!ニャル子……」

ニャル子「はっ、はっ……ま、真尋さん」

ニャル子「私…!」

真尋「ニャル子ぉ!」ガバッ

ニャル子「わっ、ど、どうなさったんですか真尋さん!?」

真尋「……ヒック」

ニャル子「……真尋さん?」

真尋「…ごめん…ごめん、ニャル子…!グスッ」

ニャル子「真尋さん……」


323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 14:02:39.71 ID:rnd5by1x0

真尋「僕…お前の気持ちも考えずに、あんなこと…」

ニャル子「…いえ、いいんです」

ニャル子「元々は私が悪い訳ですし」

ニャル子「だから、私の方こそごめんなさい」

真尋「でもっ……!」

ニャル子「…もういいんですって、ね?」


327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 14:32:33.81 ID:rnd5by1x0

ニャル子「…私ね、今回の事で、てっきり真尋さんに嫌われちゃったんだと思ってました」

ニャル子「真尋さんのことは本当に大好きですから、辛くて、苦しくて…」

ニャル子「でも、嫌われてはいなかったみたいなのでよかったです、えへ」

ニャル子「寧ろ前より愛が深まったというか、なんというか」

真尋「……ばか」


328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 14:39:37.45 ID:rnd5by1x0

ニャル子「ふぇ?」

真尋「僕だって同じだよ…お前に嫌われたんだと思ってた」

ニャル子「そ、そんな訳ないじゃないですかー!あの程度の事で私が真尋さんを嫌いになるなんてあり得ませんよぅ!」

真尋「ははっ…そうだな、クー子に言われて始めて思い出したよ」


330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 14:44:07.89 ID:rnd5by1x0

真尋「…でもさ、今回の事で、僕も色々と考えたんだ」

真尋「お前の事とか」

ニャル子「ま、まま真尋さんが私の事を!?」

真尋「…ニャル子、お前は…」

ニャル子「……」ドキドキ


334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 15:13:05.97 ID:rnd5by1x0

真尋「這い寄る混沌で、しかも宇宙人で、僕を守る為に地球に来たとかいいながら自分の趣味に現を抜かしやがって」

ニャル子「うっ……」

真尋「しかも僕に一目惚れしたとか、護衛の為だとか言って僕の学校に転入してきて」

真尋「ところ構わず僕にアプローチしてくるし…」

ニャル子「うぐぐ……」

真尋「おまけに最初の事件が解決した後もお前ら邪神達の色々な争いやらなんやらに巻き込まれて僕の日常はめちゃくちゃだよ…」

ニャル子「ぐぬぬぬ……」


335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 15:18:17.08 ID:rnd5by1x0

真尋「…でも、さ」

真尋「どんな時にもお前はそばにいてくれた」

真尋「僕がピンチの時は、必ず駆けつけてくれた」

真尋「お前がいてくれたから、どんなにSUN値が下がりっぱなしになりそうな日常だって楽しかった」

真尋「それにやっと気づけたんだ」

真尋「なぁ、ニャル子…」

真尋「僕は、お前の事が……」


337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 15:27:55.87 ID:rnd5by1x0

チュンチュン…

真尋「ん…朝か…」

ニャル子「えへへ、おはようございます真尋さん!」

真尋「………」

ニャル子「……?」

真尋「…なんでお前が僕のベッドにいるんだよ」

ニャル子「えー?だってもう私達恋人同士じゃないですか!」

真尋「…あのなぁ」

ニャル子「昨日の熱い告白、忘れたとは言わせませんよ?」

真尋「うぐ……」


340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 15:41:43.04 ID:rnd5by1x0

真尋(昨日僕はニャル子に告白した)

真尋(結果は当然OK…嬉しさのあまりニャル子が泣いてしまったのはちょっと予想外だったけど)

真尋(その後帰宅すると、当たり前のようにニャル子は他の三人に向けて僕の恋人を宣言しやがった)

真尋(恥ずかしかったのと話が余りにも先の先まで及びそうだったのでフォークで威嚇すると大人しくなった…やっぱりフォークは苦手らしい)

真尋(母さんは健全なお付き合いをするなら…という条件で関係を快諾)

真尋(クー子とハス太はというと、こうなる事は予見してたらしく、特に驚いてもいなかった)

真尋(とはいえ、どうも二人とも双方の目標を諦めるつもりはないらしい)

真尋(クー子に至っては「NTRという地球の文化が」云々言ってニャル子に引っ叩かれていた程だ)


343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 15:50:28.48 ID:rnd5by1x0

真尋(その後もあいつは僕が入浴中に乱入してこようとしたり、就寝しようとしたら何やらやたら艶かしい服装でベッドに入ろうとしてきたりと平常運転だった)

真尋(…ただ、あいつに「いつもニコニコ」というキャッチフレーズ通りの天真爛漫な笑顔が戻ったのは本当によかった)

真尋(……しかし僕も今思い出すと穴に入りたくなるようは恥ずかしい告白をして恋人になった手前、どうにもあいつを意識してしまう)

真尋(そのことで昨日は「赤くなって可愛いだの」「やっとデレ期が来ただの」と散々弄られた)

真尋(尤もその度にフォークで威嚇して大人しくさせたが)


344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 15:55:13.76 ID:rnd5by1x0

真尋(…まぁそんな訳で今に至るのだが)

ニャル子「はい真尋さん!あーんしてください、あーん」

真尋「…ったく、お前は相変わらずだな」

ニャル子「えぇそりゃ勿論!」

ニャル子「いつもニコニコ、真尋さんの隣に寄り添う混沌ニャルラトホテプ!」

ニャル子「ですから!」

真尋「…這いよってないけどそれはいいのかよ?」

ニャル子「こまけぇことはいーんです!」


345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 16:01:25.07 ID:rnd5by1x0

真尋「おーい、そろそろ行くぞー」

ニャル子「あ!ちょっと待って下さい真尋さん!」

真尋「なんだよ」

ニャル子「いってきますのちゅーしてください!ちゅー!」

真尋「…それって新婚のリーマンが朝の出勤の時に奥さんとする奴だよな」

真尋「というか僕らはどっちも同じ場所に行くんだからおかしいよなそれ」

ニャル子「こまけぇこたぁいーんですよっ!」

ニャル子「…それとも嫌、ですか?」

真尋「ぐっ……」

ニャル子「………」ウルウル

真尋「…だーもー、わかったよ!一回だけだからな!」



チュッ


346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 16:03:47.23 ID:rnd5by1x0

ニャル子「えっへへ…私今、さいっこーに幸せです!」

真尋「…そうかよ」プイッ

ニャル子「あっ、真尋さんまた赤くなりましたねー?」

真尋「な、なってねーよ!そんなことよりほら、さっさと行くぞ!」

ニャル子「あぁんもう、待ってくださいよ真尋さーん!」


347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 16:05:49.38 ID:rnd5by1x0

真尋(これからまだまだ色々なことが起こるだろうけど)

真尋(でも、願わくば)

ニャル子「えへ、真尋さん、ずっとずーっと大好きですっ!」

真尋(この愛しい邪神との騒がしくも平穏な日常が、いつまでも続きますように)


おわり


348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 16:06:05.97 ID:9eotgRKm0

おつ!


349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 16:06:30.41 ID:+tiJG8Bo0

おつおつ


350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 16:07:38.60 ID:XFIELZWGO

よくもまぁ下らん妄想を乱立できる


351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 16:09:39.89 ID:rnd5by1x0

2週連続でニャル子さんSSを乗っ取りで書いてしかも途中で寝落ちしてしまうとこまで一緒とか、どうもよくよくニャル子さんと縁があるらしい
寝落ちしてしまった俺の代わりに書いてくれた人がいたんで完全に蛇足臭くなってしまった上に無駄に長くてグダったけどもこれにて終わり
先週書けなかったニャル子さんエンドが書けて満足


352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 16:15:28.36 ID:4/sMtFgH0

よーし参考画像貼っちゃうぞー
no title



363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 17:24:50.02 ID:XT6UsOrm0

おちゅ







人気ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。