スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まどか「うわっ…マミさんのお気に入りのティーカップ割っちゃった」 

カテゴリ:まどかSS

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 20:55:33.73ID:AAaA41vx0
まどか「やっちゃった…」 

杏子「お、落ち着けよ!ま、まだ割れたと決まったわけじゃ…!」 

まどか「そ、そうだよね!ただ床に落ちて、ティーカップが何十にも分裂しただけだもんね!」 

さやか「それを割れたって言うんだよ、まどか」 

まどか「と、とにかく片付けなきゃ!マミさんが買い物から帰ってくる前に!」 

杏子「お、おう!」 

さやか「素直に謝った方がいいと思うけど…」 
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 20:59:17.68ID:AAaA41vx0
まどか「何…言ってるの?」 

杏子「冗談だろ…?」 

まどか「私、マミさんの前では、悪いことを一切しない、いい子ちゃんキャラなんだよ!」 

杏子「私だって、マミの前では、元気が取り柄の聖女系美少女で通ってるんだよ!」 

さやか「いやいや、杏子は無理があるでしょ」 

杏子「なんだと!?」 

さやか「その反応に私はビックリだよ」 




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 21:02:21.34ID:AAaA41vx0
まどか「と、とにかく私は割ってないよ!」 

杏子「わ、私もだ!」 

さやか「室内キャッチボールしてた奴らが何を言うか」 

まどか「カ、カラーボールだもん!」 

さやか「それでも、ぶつかって落としたら割れるよ」 

まどか「私コントロールAだもん!」 

さやか「どう見てもGだよ。杏子めがけて投げてなんで逆方向に飛んでいくのさ」 

まどか「そ、それは…」 

杏子「もう、それくらいにしてやれよ」 

さやか「あんたも同罪だよ」 




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 21:05:40.97ID:AAaA41vx0
杏子「なんでだよ!割ったのはまどかじゃねぇか!」 

まどか「ひどいよ杏子ちゃん!自分だけ逃げるなんて!」 

まどか「最初にキャッチボールしようって言ったのは杏子ちゃんなのに!」 

杏子「うっ…!」 

杏子「だって、さやかが私の誘いを断るから…」 

さやか「私に罪を被せようとしないで」 

マミ「あら?何かにぎやかね。どうかしたの?」 




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 21:08:39.99ID:AAaA41vx0
まどか「マミさん!?」 

杏子「げぇ!?」 

マミ「げぇ!?って何よ…ここは私の家よ」 

杏子「帰って来たのか…?」 

マミ「ええ、今日は隣町のスーパーには行ってないから早く買い物が終わったわ」 

マミ「…あら?それは?」 

まどか「あっ…」 

杏子「破片を片付けるの忘れてた!」 

マミ「……」 

マミ「……」ジワッ 

まど杏(泣いちゃったぁあああああああああああああああああああ!!!!!!) 




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 21:11:50.42ID:AAaA41vx0
さやか「泣かないでください!マミさん!」 

マミ「泣いてなんかないわ!」グスッ 

まどか「ど、どどどどうしよう!杏子ちゃん!」ボソッ 

杏子「や、やややべぇ!なんだかんだで笑って許して貰えると思ってたのに!」ボソッ 

まどか「とにかく、さやかちゃんのせいにしよう!」ボソッ 

杏子「そうだな!」ボソッ 




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 21:15:52.44ID:AAaA41vx0
マミ「……片付けるから、危ないから近づかないでね」クスン 

まどか「マ、マミさん!これはさやかちゃんが!」 

杏子「私達は止めたんだが、さやかが!」 

まど杏「食器棚を勝手に漁り始めて!」 

さやか「ええっ!?」 




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 21:19:10.11ID:AAaA41vx0
マミ「美樹さんが…」 

まどか「はい…」 

杏子「そうなんだ…」 

さやか「ちょ、ちょっと待ってよ二人とも!!!」 

まどか「…言い訳は見苦しいよ、さやかちゃん」 

杏子「見損なったぜ、さやか」 

さやか「ちょっ!」 

マミ「……」ウルウル 

さやか「……」 




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 21:23:38.90ID:AAaA41vx0
さやか「…ごめんなさい、マミさん」 

マミ「……」 

マミ「顔を上げて、美樹さん」 

さやか「マミ…さん…」 

マミ「悪気がないことはわかっているわ。美樹さんはそうゆうことをする子ではないから」 

マミ「ちょっとした好奇心…よね」 

さやか「……はい」 

マミ「…」 

マミ「わかったわ。私、美樹さんを信じてるから」 

さやか「マミさん…」 

マミ「さて、この件はこれでおしまい!さぁ、夜ご飯にしましょう」 







26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 21:27:34.03ID:AAaA41vx0
マミ「じゃあ、少しの間くつろいでて頂戴。今、夜ご飯を作ってくるから」 

まどか「はーい」 

杏子「おー」 

まどか「…」 

杏子「…」 

まどか「ウェヘヘヘ」 

杏子「へへっ」 

さやか「あんた達、覚えてなさいよ」 




29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 21:32:39.31ID:AAaA41vx0
QB「全く、君達は本当に汚いね。まどか、杏子」 

まどか「QB!?」 

杏子「見てたのか!?」 

QB「ずっと、ここにいたけど」 

まどか「影が薄すぎて気がつかなかった」 

QB「傷ついた!僕とっても傷ついた!」 

杏子「マミにしゃべったら、丸焼きにして食べるからな」 

QB「……」 

QB「やぁ、まどか!杏子!さやか!こんばんは!今日も可愛いね!」 

さやか「なかったことにしやがった」 




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 21:36:22.79ID:AAaA41vx0
QB「冗談はさておき、今のはまずかったよ、まどか、杏子」 

まどか「何が、まずかったの?」 

QB「マミのティーカップを割ったことさ。…いや、正確に言うとマミの母親のティーカップ…かな」 

まど杏さや「!?」 

QB「マミの家族が事故で死んでしまったことは知っているね?」 

まどか「うん…」 

QB「じゃあ、話は早い。以前マミから聞いたのさ。小さい頃に贈った、母親への最初で最後のプレゼントの話を」 

杏子「まさか…」 

さやか「それって…」 

QB「そう、君達が割ったティーカップだよ」 

まど杏さや「!?」 





40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 21:43:55.01ID:AAaA41vx0
まどか「私達…取り返しのつかないことしちゃったんだ…」 

杏子「最悪だ…」 

さやか「……」 

さやか「…やっぱり、素直に謝ろうよ」 

まどか「それとこれとは話が別」 

杏子「その通りだ」 

さやか「ええー」 




44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 21:47:11.64ID:AAaA41vx0
まどか「そうだ!なら私達でマミさんにティーカップをプレゼントしようよ!」 

杏子「そりゃあいい!」 

さやか「なんか納得いかないけど、その案には私も賛成!」 

QB「よし!そうと決まれば買いに行こうじゃないか!」 

まどか「QBは来なくていいよ」 

QB「なんでだようっ!」 




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 21:51:34.79ID:AAaA41vx0
まどか「マミさん、ちょっと出かけてきます」 

マミ「えっ…でも、もう少しで夕飯が…」 

杏子「一時間くらいで帰ってくるよ」 

マミ「…?」 

さやか「マミさんは、美味しい夕飯を作って待っててください」 

マミ「何か知らないけどわかったわ。いってらっしゃい。すぐ帰ってくるのよ?」 

全員「いってきま~す」 




53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 21:55:51.80ID:AAaA41vx0
まどか「マミさん、目が赤くなってた…」 

杏子「キッチンで一人泣いてたのかもな」 

さやか「悲しい涙なんて…そんなのあんまりだよ」 

QB「僕達でうれしい涙に変えてやろうぜ!」 

まどか「何で着いてきたの?」 

QB「マミと二人きりだと、墓穴を掘りそうだからさ」 

杏子「言われてみればそうだな」 

さやか「意外とかしこいんだね。QBって」 

QB「意外とは余計だよ」 




57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 22:00:54.10ID:AAaA41vx0
まどか「あ、着いた着いた」 

杏子「ティーカップ専門店『ティロ・フィナーレ』」 

さやか「マミさんのためだけにあるショップだね」 

QB「まぁ、本人はこんな店知らないけどね」 

まどか「え、意外」 

QB「マミ曰く、デパートはリア充が来るとこらしいから」 

杏子「偏見持ちすぎだろ、デパートに」 




61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 22:06:05.01ID:AAaA41vx0
まどか「今日は真面目に選ぶんだよ、さやかちゃん」 

杏子「そうだぞ、さやか」 

さやか「その言葉、そっくりそのままお返しするよ」 

まどか「ぷぷっ…そっくりそのままお返ししたら、さやかちゃんが不真面目ってことに」 

杏子「さやかは馬鹿だなぁ」 

さやか「こいつらむかつく」 




65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 22:11:46.59ID:AAaA41vx0
まどか「やっぱマミさんといえば、黄色だよね」 

杏子「黄色だな」 

さやか「黄色だね」 

QB「あ、見て見て!可愛いひよこのマグカップ!」 

まどか「……QBって何もわかってないね」 

さやか「っていうかそれ、ティーカップじゃないし」 

QB「えっ?」 

杏子「可愛いすぎるだろ。私達ならともかくマミにプレゼントするんだぞ。もっと大人っぽいのがいいよ」 

まどか「杏子ちゃん、さりげなく自分を可愛いってアピールしたね」 

杏子「し、してないよ。私、何もしてないよ」 

さやか「動揺が隠せてないよ」 




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 22:15:17.42ID:AAaA41vx0
QB「じゃあ、どうゆうのがいいんだい?」 

まどか「白がベースで金色の線が入ってるやつ」 

杏子「確かによくよく考えると黄色はあまりなさそうだし」 

さやか「あんた達が真面目に選んでいるところに違和感が…」 

まどか「さやかちゃんひどい!」 

杏子「そうだぞ!私達だってたまには真剣になるんだ!」 

さやか「まぁ、ティーカップ割ったのあんた達だしね」 

まど杏「それはさやか(ちゃん)だろ(でしょ)!?」 

さやか「いや、あんたらだよ」 




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 22:20:47.08ID:AAaA41vx0
さやか「う~ん、中々いいのがないね」 

杏子「腹減ったー」 

まどか「帰りたいー」 

さやか「……」 

さやか「殴っていい?」 

まどか「冗談だよ」 

QB「無駄だよ、さやか。この二人は駄目人間だから」 

杏子「煮るぞ」 

まどか「炙るぞ」 

QB「ごめんなさい」 




74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 22:25:06.31ID:AAaA41vx0
まどか「あ、これなんてどうかな。マリーゴールドの模様がついてるの」 

杏子「おーそれでいい。妥当妥当」 

さやか「適当だなぁ」 

杏子「いや、なんかマミっぽくね?マミーゴールドなんつって」 

まどか「…ないわー」 

さやか「…今のはちょっと」 

杏子「……」ジワッ 

QB「うん、確かに。マリーゴールドの花言葉は健康」 

QB「健康的な身体のマミにはうってつけの一品だね!」 

QB「そのティーカップ僕も目をつけてたんだよ!」 




82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 22:30:10.40ID:AAaA41vx0
まどか「…」 

杏子「…」 

まどか「これはないな」 

杏子「よく見るとないな」 

さやか「悲哀って意味もあるからね」 

QB「なんでだようっ!」 




85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 22:34:40.61ID:AAaA41vx0
まどか「そろそろ一時間立つね」 

杏子「もう帰ろうぜ、腹減りすぎて巨乳になる」 

さやか「どうゆうことなの?」 

まどか「…仕方ない。QBが気に入ったものを買うのは激しい抵抗があるけど、これでいいか」 

QB「君達はなんでそこまで僕を毛嫌いするんだい?」 

QB「こんなにも外見が愛らしいのに。声優もえみりんだし」 

まどか「存在がうざい」 

QB「全く…こんなに可愛いのに…。わけがわからないよ」 




89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 22:40:44.13ID:AAaA41vx0
まどか「やっぱ駄目だよね…」 

杏子「そうだよなぁ」 

まどか「実際、本当のところ割ったのはさやかちゃんじゃなくて私達だし、真剣に決めなくちゃね」 

さやか「やっとわかったか」 

杏子「でも、ここだけの話、私壊滅的にセンスないんだよな」 

まどか「薄々気がついてたよ」 

杏子「そっかぁ」 

まどか「…」 

杏子「…」 

まどか「助けてさやかちゃん」 

さやか「結局私かよ」




95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 22:46:34.40ID:AAaA41vx0
まどか「はー買った買った」 

杏子「いい買い物したぜ」 

まどか「流石さやかちゃん。私達が割っちゃったティーカップと同じようなものを選ぶなんて」 

杏子「何のひねりもないけど、私もそれが一番だと思う」 

さやか「もっと他に褒め方はないの?」





101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 22:52:56.18ID:AAaA41vx0
まどか「じゃあ次は、デパ地下行こうよ!」 

さやか「何血迷ったこと言ってんの?もう帰らないと…マミさん待ってるし」 

まどか「ちょっとだけ!」 

さやか「ちょっとでも駄目だよ」 

まどか「QB。マミさんはデパートに来たことないんだよね?」 

QB「うん、マミが言ってたから間違いない」 

まどか「だったら、あのデパ地下の美味しいケーキ屋さんのケーキ…食べたことないんじゃないかな」 

杏子「美味しいケーキ屋さん?」 

まどか「うん、パパがよく買ってくるの」 

さやか「へぇ~」 

まどか「マミさんに買ってってあげようよ!」 




104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 22:55:07.64ID:AAaA41vx0
さやか「いやいやいや、買ってあげようよ!…じゃないよ!あんたもうお金持ってないでしょうが!」 

まどか「マミさんに買ってってあげなよ!」 

さやか「言い直しやがった」 

杏子「さやか!私も食べたい!」 

まどか「さやかちゃん、買ってぇ」 

杏子「買ってよ、さやかぁ」 

まど杏「買って買ってー」 

さやか「こいつらうっぜぇ」 




111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 22:58:53.77ID:AAaA41vx0
さやか「ってか、私もお金持ってないんだ」 

まどか「QB」 

杏子「QB」 

QB「そんなに睨まなくても…わかったよ、僕が買うよ」 

まどか「流石QB!」 

杏子「大好きだ!」 

QB「よせやい」 

さやか「扱い簡単だなー」 





116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:01:43.73ID:AAaA41vx0
杏子「おおっ!ここか!美味そうだなぁ!」 

まどか「定番だけどショートケーキが美味しいんだよ、4つだよね」 

QB「!?」 

QB「5つじゃないのかい!?」 

まどか「え?私、杏子ちゃん、マミさん、さやかちゃん。4つでしょ?」 

QB「僕の分がないじゃないか!」 

まどか「あっ」 

QB「ひどいよ…あんまりだよ…こんなのって…」 

まどか「ごめんネ」 

QB「誠意がなさすぎる」 




119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:06:05.46ID:AAaA41vx0
まどか「さて、帰りますか」 

さやか「結局一時間半くらいになっちゃうね」 

杏子「仕方ないよ、精一杯選んだんだ。時間はかかって当然さ」 

さやか「どの口がそんなこと言うんだろう」 

まどか「口論は後にして。早く帰ろうよ」 

さやか「どの口がそんなこと言うんだろう」 




125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:11:11.16ID:AAaA41vx0
まどか「只今帰りましたー」 

杏子「腹減ったー」 

さやか「遅くなりましたー」 

QB「お金がなくなった」 

マミ「あなた達…遅かったじゃない。どこに行ってたの?」 

まどか「実は私達、マミさんに渡したいものがあるんです」 

マミ「えっ?」 




130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:14:52.18ID:AAaA41vx0
まどか「これです」 

マミ「…空けてみてもいいかしら?」 

まどか「はい」 

マミ「…」ガサガサッ、パカッ 

マミ「……これは」 

マミ「……」ブワァ 

まどか「マ、マミさん!?」 

杏子「大丈夫か!?」 

マミ「……ごめんなさいね。私、プレゼントなんて貰ったの小さい頃以来で」 

マミ「つい、うるっと来ちゃった」 





135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:17:18.84ID:AAaA41vx0
まどか「マミさん…」 

杏子「マミ…」 

さやか「マミさん…」 

QB「マミ…」 

マミ「やめてよ、そんな…悲しそうな顔しないで…」 

マミ「みんなありがとう。大切にするわ」 

まどか「マミさん!」 

杏子「マミ!」 

さやか「マミさん!」 

QB「マミ!」 

マミ「さ、ご飯にしましょう。早くしないと冷めちゃうわよ」 

まどか「は~い」 

杏子「待ってましたー」 




139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:20:38.27ID:AAaA41vx0
杏子「うめぇ!」 

さやか「本当美味しい!マミさんの料理はやっぱり最高です!」 

QB「君達と違って巨乳だしね」 

まどか「関係ないね、黙ろうね」 

QB「はい」 

マミ「ふふっ、おかわりも沢山あるのよ」 




147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:25:22.40ID:AAaA41vx0
まどか「ふぃ~ご馳走様でした~」 

杏子「うまかった~」 

さやか「マミさんをお嫁に欲しい」 

QB「君達と違って巨乳だしね」 

まどか「関係ないね、消えようね」 

QB「ごめんなさい」 

マミ「お粗末さまでした」 




154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:28:55.63ID:AAaA41vx0
まどか「あ、そうだ。私達、ケーキ買ってきたんです」 

さやか「どこに隠し持ってたんだそのケーキ」 

QB「僕の背中は冷蔵庫」 

杏子「マジで!?」 

マミ「…このケーキ、見たこと無いわ」 

まどか「これは、駅前のデパ地下の店のものです」 

マミ「デパート…」 

まどか「今度一緒に行きましょう」 

マミ「いいの!?」 

まどか「勿論!」 

マミ「ありがとう!!!!!!!!!!!」 




164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:31:51.73ID:AAaA41vx0
まどか「じゃあ、早速食べましょう」 

さやか「あ、私お皿持ってくるよ」 

マミ「そうだ、紅茶を淹れるわね」 

杏子「早く食いてぇ」 

QB「食い意地だけは一人前だね、杏子」 

杏子「うるさいよ」 

QB「すみませんでした」 




166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:35:13.41ID:AAaA41vx0
さやか「はいはい、お皿ですよ~」 

マミ「紅茶の用意も出来たわよ」 

杏子「キター」 

QB「僕、カモミールティー!」 

マミ「QBったら、本当にカモミールティーが好きね」 

QB「マミの淹れるカモミールティーは美味しいからね」 

マミ「うれしいこと言ってくれるじゃない」 

さやか「あ、マミさんのティーカップには私が…」 

マミ「あら?そう?ありがとう美樹さん」 

さやか「いえいえ」 




176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:41:09.18ID:AAaA41vx0
さやか「ふんふんふ~ん」コポコポコポ 

まどか「でー、そこで杏子ちゃんがー」 

杏子「バッ!おい、まどか!」 

まどか「えーいいじゃん」 

マミ「それで続きは?続きはどうなるの!?」 

まどか「えっとですねー。そこで杏子ちゃんが麦茶だと思って、昆布つゆ飲んだんですよー」 

マミ「まぁ、佐倉さんってばお茶目ね」 

杏子「仕方ないだろ!色が似てたんだから!」カァァ 

さやか「ふんふんふんふ~ん」コポコポコポ 

まどか「さやかちゃんうるさい」 




183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:45:44.97ID:AAaA41vx0
さやか「はい、マミさん」 

マミ「ありがとう。それじゃあ、早速頂きましょうか」 

まどか「どうぞどうぞ」 

QB「お金を払ったのは僕…」 

まどか「後で使用済みの歯ブラシあげるから黙ってて」ボソッ 

QB「わぁ、美味しそう!」 




189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:49:54.37ID:AAaA41vx0
マミ「いただきます」パクッ 

マミ「…!!」 

まどか「どうですか?」 

マミ「しつこくない甘さとスポンジの柔らかさが最高よ!」 

マミ「デパ地下にまさかこんなに美味しいケーキがあったなんて!」 

まどか「ウェへへへ、気に入って貰えてよかったです」 

杏子「うめー超うめーうめてんてー」 

さやか「本当に美味しい…」 

QB「爆発しそうだ!胃袋が!20ダースくらいに!」 




192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:53:04.48ID:AAaA41vx0
マミ「…ご馳走様。鹿目さん、とっても美味しかったわ。ありがとう」 

まどか「ウェヘヘヘ、マミさんに喜んで貰えると私もうれしいです」 

杏子「おかわり~!」 

さやか「もうないよ」 

QB「あ~美味しかった。エントロピーを凌駕するくらいに」 

さやか「ちょっと、QB。紅茶を床に零しすぎ」 

QB「あ、ごめんよ。うまく飲めないんだ」 





199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 23:57:00.57ID:AAaA41vx0
さやか「それじゃあ、私片付けてきますね」 

まどか「たまには気が利…ありがとう!さやかちゃん!」 

杏子「たまには役に立…ありがとう!さやか!」 

マミ「ごめんなさいね。じゃあ、お願い出来るかしら?」 

さやか「は~い。おまかせあれ!…よいしょっと」起立 

まどか「あ、ごめんさやかちゃん。私ケーキまだ食べてるから、先にティーカップお願い」 

マミ「そうね、じゃあ、ティーカップから片付けて貰える?」 

さやか「オッケーです」カチャカチャ 

さやか(左手に2個、右手に3個持って…っと) 





224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 00:02:29.50ID:AAaA41vx0
まどか「!?」 

杏子「!?」 

QB「!?」 

マミ「……」 

さやか「あっ…!」 




228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 00:04:20.65ID:AAaA41vx0
まどか「ティーカップが…」 

杏子「マミに買ったプレゼントが…」 

QB(あれ絶対僕の零した紅茶ですべった…ヤバイどうしよう) 

マミ「…」 

マミ「…」ブワッ 

さやか「」 




236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 00:07:15.05ID:HmdwHJwE0
さやか(どうしよう…!!) 

まどか「さやかちゃん…最低だよ…」 

杏子「何…やってんだよ…」 

QB「………」 

QB「全く、いきなりこけるなんてわけがわからないよ」 

さやか「うっ…ううっ…」グスッ 

さやか(謝るしか!今回は私が悪いんだから全力で謝るしか…!) 






251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 00:12:00.41ID:HmdwHJwE0
マミ「…美樹さん」 

さやか「マミさん!その…」 

マミ「悪いけど」 

マミ「今日のところは帰って…くれる…?」グスン 

さやか「…」ブワッ 

さやか「」ダッ 

まどか「あっ!さやかちゃっ!」 

杏子「青!」 

マミ「…」 






269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 00:15:19.47ID:HmdwHJwE0
QB(マミだって、まだ中学生だ) 

QB(まだ精神的には子供のはず) 

QB(一日に二度大切なものを壊されたんだから、怒りを抑えるのは難しいだろうね) 

QB(さやかは不運だった。この一言に尽きる) 

QB(まさか、水で滑ってこけるなんてね) 

QB(どんまいとしか言いようがないよ) 





281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 00:19:07.97ID:HmdwHJwE0
数日後 

まどか「美味しいね、このケーキ」 

杏子「本当にうめぇな!」 

マミ「4人でデパ地下まで買いに行ったかいがあったわね」 

まどか「何を言ってるんですかマミさん、3人でしょう?」 

杏子「そうだぜ、マミ」 

マミ「…ええ、そうね」 

QB「まぁ場合によっては、僕は八頭身にはなれるけど」 

QB「そしたら四人だよ!」 

まどか「黙ろうか」 

QB「…まぁいいさ」モグモグ 

QB「ワンダホウ美味!」 

マミ「…」 

マミ(そのケーキはQBの分じゃなくて…) 




287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 00:22:56.30ID:HmdwHJwE0
マミ「…」 

マミ「……皆、私ちょっと出かけてくるわね」 

まどか「えっ?マミさんまだ一口も食べてないじゃないですか」 

杏子「もったいねぇ、私が食っちまうぞ?」 

マミ「ちょっと…待っててくれるかしら」 

マミ(やっぱり…こんなの駄目よ…) 

マミ(美樹さん…) 




291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 00:25:55.39ID:HmdwHJwE0
さやか(ついマミさん家の前まで来ちゃったけど…) 

さやか(あの後、何も言わずにマミさんの家から出て来ちゃったんだよね…) 

さやか(それから、私はマミさんと顔を合わせていない) 

さやか(だって、マミさんのティーカップを二度も割っちゃったんだもん) 

さやか(最低…) 





306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 00:29:45.32ID:HmdwHJwE0
さやか「…」 

さやか「…」 

さやか「……」 

さやか「…私ってほんとバカ」 

マミ「美樹さん!」 




311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 00:32:16.40ID:HmdwHJwE0
さやか「えっ…」 

マミ「はぁ…はぁ…」 

さやか「マミ…さん…?」 

マミ「見つけた…」 

さやか「なんで…」 

マミ「この間はごめんなさい!!」 

さやか「えっ…」 

さやか「いや…悪いのは私で」 

マミ「ううん、私が大人げなかったの」 

マミ「美樹さんにあんなひどいこと…」 




325:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 00:35:12.56ID:HmdwHJwE0
さやか「そんな…マミさんは悪くないです」 

さやか「私が…マミさんのティーカップを割ってしまったから…」 

マミ「いいのよ、もう」 

さやか「…マミ…さん?」 

マミ「人間誰しも失敗は一度や二度あるもの…」 

マミ「いいえ、こんな堅苦しい話は無しにしましょう」 

さやか「…」 

マミ「…私は、美樹さんとこのまま仲直り出来ないなんて嫌なのよ!」 

さやか「!」 




340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 00:38:02.72ID:HmdwHJwE0
マミ「ケーキ…」 

さやか「えっ?」 

マミ「美樹さんも一緒に…食べましょう?」 




347:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 00:39:31.77ID:HmdwHJwE0
マミ「お茶会…しない?」 






終わり 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。