スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒一「佐藤さんの巨乳最高です」 

カテゴリ:another SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 18:40:59.80 ID:iXsSpfTQ0

勅使河原「おーいサカキ。エロ本読もうぜ!」

恒一「えー学校だよ」

勅使河原「いいじゃねえか。ほら、お前の好きな巨乳特集」

恒一「見せろ」

恒一「」ハアハア

恒一「はあ……巨乳はいいなあ……」

赤沢桜木佐藤「」ガタッ

風見「ちっ」

小椋「くっ」







3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 18:45:38.19 ID:iXsSpfTQ0

恒一「巨乳は素晴らしいと思うよ」

勅使河原「まったく同感だ」

恒一「将来、結婚するなら巨乳の人がいいなあ……なんて」

ザワザワ

赤沢(ふふふ、これであの眼帯お化けは射程圏外。ざまあw)


桜木(榊原君、巨乳が好きなんだぁ……。私でもいいのかなぁ……)

小椋「くっ」

見崎「(無能死ね無能死ね無能死ね無能死ね無能死ね無能死ね)」ゴゴゴゴ

辻井「ひぃ!?」ガクガク


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 18:48:51.27 ID:iXsSpfTQ0

佐藤「みんな、ちょっといいかな?」

渡辺「ん?どうした?」

佐藤「榊原君、巨乳好きみたいなんだけど……」

藤巻「ああ、あの会話か。あいつら教室で何話してんだよほんと」

佐藤「それで、私はどうなのかなぁ……」

阿藤「え?何が?」

佐藤「いや、私の胸……」

江藤「…………」グス

渡辺「和江。あんた少し自分の胸を見ろ」

ウオースゲーキョニュー テシガワラオマエハカミダ ボクハミカミセンセイコソガスベテダ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 18:51:13.38 ID:iXsSpfTQ0

渡辺「ははーん。どうにかして榊原を振り向かしたいわけだな」

佐藤「うん」

渡辺「まあとっておきの方法があるんだけど、どう?」

佐藤「どんなの?」

渡辺「まあ見てなって。とりあえず昼休み自分の席に座っといて」

佐藤「分かった」

渡辺(ちょっと恥ずかしい目にあうけど覚悟しろよ)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 18:54:46.83 ID:iXsSpfTQ0

渡辺「というわけで集合」

江藤「で?どんな作戦を?」ヒソヒソ

藤巻「あの鈍感を振り向かせるのは至難の業だぞ」ヒソヒソ

渡辺「ふっふっふ。こうするのよ」ヒソヒソ

カクカクシカジカ


江藤「……まじですか?」

藤巻「えーそれはちょっと」

渡辺「これで絶対榊原も振り返るから」

江藤「いや、これで振り向かない男は望月か川堀くらい……」

渡辺「よし。じゃレッツゴー」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 18:58:14.34 ID:iXsSpfTQ0

――昼休み――

榊原「そういえば、佐藤さんって巨乳だよね」モグモグ

勅使河原「おう。この前の体育の時の暴れおっぱいはやばかったぜ」モグモグ

恒一「その話ちょっとkwsk」ガタッ

見崎「ちっ(こののっぽが)」ガブガブ

佐藤「ひぃ!?」ビク

米村「おーい勅使河原。エロ本借りるぜ」

勅使河原「おーう後で返せよ(おっぱいの話聞かれたらめんどそうだしな)」

米村「よっしゃー水野、いつもの場所で読もうぜ!」

水野「よし。早く見せろ」

オイオテニモミセロ フタリダケトハフェアジャナイ オレハオトコニシカキョウミガナインデネ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 19:01:28.54 ID:iXsSpfTQ0

榊勅使河原望月「「「ごちそーさま」」」

勅使河原「さて、近くの邪魔者は消えた」

勅使河原「さて本題。佐藤の巨乳はどう思う?」

恒一「最高です」

望月「三神先生にはかないません」

中尾「赤沢さんに比べたらまだまだだな」

勅使河原「お前帰れ」ゲシ

勅使河原「なあサカキ。この昼休みに佐藤を観察しようぜ」

勅使河原「いや実は俺教室の連中の動作をくまなく見ていたんだが……」

勅使河原「佐藤の昼休みの時間はやべぇぞ……」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 19:05:50.92 ID:iXsSpfTQ0

勅使河原「渡辺や江藤に胸を揉まれている。しかも週3」

榊原「勅使河原、それ今日見れるか?」

勅使河原「たぶんな。お、噂をすれば渡辺が」

渡辺「和江―、5時間目の国語宿題あったー?」

佐藤「え、いや。なかったと思うけど……」

渡辺「あらそう、それならよかっ――きゃあ!?」

バシャ


渡辺「あちゃー。お茶こぼしちゃった」

佐藤「わ、大変。拭かなきゃ……」

藤巻「んー、どうしたー?」

渡辺「いやーお茶こぼしちゃって」

藤巻「おーそうか。おーい悠、バケツ持ってきて!」

江藤「りょーかい」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 19:11:01.13 ID:iXsSpfTQ0

恒一(くそっ!どけお前ら!佐藤さんが見えないじゃないか)

勅使河原「……なぁお前、正直佐藤のことどう思ってるわけ?胸以外で」

恒一「え?そんなの決まってるじゃないか。かわいいの一言に尽きる」

恒一「見た目通りとても優しいしね。この前花壇に水やってたのを見たよ」

勅使河原「へー」

恒一「ちなみにその時の当番お前と中尾な」

勅使河原「ぐはっ」

恒一「それに調理実習でも料理うまかったし」

恒一「体調の悪い富田林君を気遣ったり」

恒一「いろんな意味で最高だね」キリッ

赤沢「」ガスガス

中尾「痛いです赤沢さんもっとお願いします」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 19:14:06.98 ID:iXsSpfTQ0

佐藤(榊原君……私のことそう見てくれてたんだ///)

渡辺(もしや相思相愛だったのか?)

勅使河原「でも赤沢と比べたら悩むだろ?」

恒一「え……う、うん……。まあね……」

赤沢「ほっ……」

見崎(私を話題に出せやこのクソ河原が)ペッ

渡辺(いらんこと言いやがって)イラ

渡辺「(勅使河原に少しでも期待した自分が馬鹿だった)」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 19:19:02.11 ID:iXsSpfTQ0

渡辺「(悠は……オーケーバケツ持ってきたな)」

渡辺{(GOだ)」ピシ

江藤{(了解した)」

江藤「ごめん遅くなっ――きゃああ!?」

バシャーーッ

佐藤「きゃあああああああああ!?」グッショリ

勅使河原(おおーっ!バケツの水が佐藤に)

恒一(濡れ濡れの佐藤さん……)ハアハア

渡辺藤巻江藤(計画通り!!)


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 19:23:27.06 ID:iXsSpfTQ0

佐藤「ふえぇグショグショ……」

江藤「ごめんごめん」

渡辺(ええと、榊原は……)

恒一(江藤さんGJ!濡れ濡れの佐藤さん最高です///)ハアハア

渡辺(よし!)

佐藤「どうしよう……。服がグショグショで気持ち悪い……」

江藤「そっかー。じゃあ……」

江藤「今すぐ服乾かそっか」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 19:29:50.36 ID:iXsSpfTQ0

恒一(えー着替えるのかー。残念)シュン

江藤(うわぁ何か明らかにへこんでるし……)

江藤(それなら)

江藤「じゃあ早速着替えよっか」

江藤「こ・こ・で!」

恒一(何だとぉ!?)ガバ

男子「」ガタッ

小椋「くっ」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 19:39:05.22 ID:iXsSpfTQ0

佐藤「そ、そんなっ……!みんなが見てるし……」

藤巻「おい辻井!じろじろ見てんじゃねえ!」

辻井「なっ……!僕は見てなんか……見てなんか」

藤巻「おい川堀!こいつ実はホモだぞ」

川堀「なにぃ!?」

柿沼「」ガタ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 19:44:56.02 ID:iXsSpfTQ0

辻井「なっ何をそんなでたらめをってやめろ川堀!僕はホモじゃない。ホモじゃないからくるなあああぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」ダダダダ

川堀「わははは待つんだ辻井―。新たな扉を開けようじゃないか」ダダダダ

柿沼「待って二人とも!その愛を私に見せつけて!」ダダダダ

シーン

藤巻「これで邪魔な男子はいなくなった」キリッ

恒一(GJ!)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 19:46:06.76 ID:iXsSpfTQ0

ちょっと用事が入ったので中断

12時までには再開できるはず


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:13:00.47 ID:iXsSpfTQ0

渡辺「さあてまずはベストからいきますかー」バサア

佐藤「や、やめてー!」

恒一(カッターシャツからブラが透けて見えるぞ///)ハアハア

勅使河原(色は薄いピンク色だぜ///)ハアハア

渡辺「じゃベストは干しといて……次はカッターシャツ!」

佐藤「もうやめてっ!それにそこの3人が見てるよ……」

渡辺「え?3人って榊原勅使河原望月の3人?」

佐藤「うん」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:14:20.03 ID:iXsSpfTQ0

すみません。言うの忘れていましたが再開しました


一応エロありです


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:20:09.04 ID:iXsSpfTQ0

勅使河原「サカキー宿題見せてくれよー(棒読み)」

恒一「えーまたかよテシガワラー(棒読み)」

渡辺「ほらこっち見てない」

佐藤「そんなの嘘よ!それにも望月君だって」

江藤「望月は女だからスルー」

望月「え?」

江藤「何か変なこと言ったかな?」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:27:46.41 ID:iXsSpfTQ0

佐藤「でもでも」

藤巻「あーもうがたがた言わず脱げ!風邪ひくぞ」

藤巻「江藤!腕をつかめ」

江藤「りょーかい」ガシ

佐藤「あ、ちょっと!スカート脱がさないでよぉ」

勅使河原(ピンクのパンツ丸見え///しかもエロい///)ハアハア

恒一(ああもう僕死んでもいいや///)ハアハア

赤沢「」ガスガスガスガスガス

中尾「ぐあぁ!赤沢さんギブギブギブギブゥ!!!」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:38:08.22 ID:iXsSpfTQ0

渡辺「さー残るはカッターシャツよ。観念しなさい!」

佐藤「みんなもうやめてぇ……」

渡辺「ささ、ボタンをはずして……そぉれぇ!!」バサァ

――ポロン

佐藤「――――っ!?」

男子「おおー!!!!」ギンギン

勅使河原(何だぁあの胸はぁ!?こいつほんとに中学生か!?)

望月(こ、これはありかも知れない……///)

恒一(神様……ありがとう……///)ギンギン


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:41:17.88 ID:iXsSpfTQ0

小椋「いやあああああぁぁぁぁぁぁ!!!!」

前島「落ち着いて小椋さん。貧乳だって好きな人は」

小椋「おん前フォローする気あんのかああああああああ!!?」ドゴォ

前島「うごぁ!?」ガッシャーン

見崎(わ、私はどうすれば……)


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:46:01.47 ID:iXsSpfTQ0

小椋「だいたい巨乳の何がいいのよ!あんなのただの脂肪よ!」

恒一「何だと!」

小椋「ふん、それに胸がでかいと脂肪も溜まりやすいのよ。そこの委員長みたいに」

桜木「」グス

風見「なんだとこのつるぺたチビがっ!ゆかりになんてこと言うんだ!!」

小椋「あー?このダサ眼鏡が。お前なんか一生桜木の乳でも見とけ!」

風見「んだとこのクソチビビッチ!お前なんか榊原君の守備範囲外だまな板が!」ガタ

小椋「表出ろスケベ眼鏡!!」ガタ


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:51:27.71 ID:iXsSpfTQ0

渡辺「こうして見るとほんと……」

江藤「でかい……」

佐藤「うう……///」

江藤「何したらこんなに大きくなるのよ!?」モミモミ

佐藤「あ……っ。いや、やめ……んあ……///」

江藤「おーここか?ここが弱点か?それそれー!」モミモミモミモミ

佐藤「ひゃあっ!?」ビクン

恒一「」ギンギンギンギン


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:57:42.97 ID:iXsSpfTQ0

赤沢「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙っ!!!!」ガスガスガスガスガスガスガスガスガス

杉浦「もうやめて泉美!」ガシ

赤沢「HA☆NA☆SE!」ジタバタ

杉浦「もう中尾のHPはゼロよ!」

赤沢「ハァ……ハァ……!くそがぁっ!」ゴガシャーン

中尾「」チーン


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:01:33.26 ID:AXbz1A5N0

江藤「それそれー」モミモミモミモミ

佐藤「いやぁ……みんながみて……ひゃぁ!?」

藤巻(しょうがねえなあ……)

藤巻「和久井!」

和久井「え?ああこの……人を連れていけばいいわけだね?」ガシ

高林「うわやめろ!なんで僕だけ!?フェアじゃない、フェアじゃ――」ジタバタ


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:06:34.11 ID:AXbz1A5N0

猿田「ウキー!ウキー!」ギャアギャア

多々良「大変!猿が興奮して野生に帰りそうよ!」

王子「だ、誰か!バナナを持ってくるんだ!」

藤巻「(こんなこともあろうかと)そーれ猿、窓の外にバナナがあるぞー」

猿田「ウキーッ」ダダダ

王子「待つんだ猿!そこは窓の外だ!落っこちるぞ!」

王子「よし、なんとか窓の外で捕まえ――」ガシ

藤巻「」ドン

王子「え……?ええええぇぇぇぇぇ!!!?」

ドガン


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:10:46.82 ID:AXbz1A5N0

米村「いやーエロ本最高でした」スッキリ

水野「勅使河原―。エロ本返しに来たぜ」

渡辺藤巻(ま、まずい……)

江藤「ここは私に任せて!」

江藤「前島君!あの二人を追い出してきて」

前島「う、うぐぅ……どうして……?」

江藤「あのことばらしちゃおっかなぁ」

前島「行ってきまーす」ダダダダ

水野「おい!前島何をするやめろ」

前島「うるせー!あのことがばれたら俺は死ぬんだよ!」ドガバキ

米村「うおおおおおおおお!!!本物の巨乳が見れそうだったというのに……」

渡辺藤巻(悠……一体何を……)


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:15:54.89 ID:AXbz1A5N0

藤巻「これで邪魔な男子は追い払った!」

渡辺「さてそろそろ……ブラを取りますかぁ」

恒一(渡辺さん……あなたって人は……)

佐藤「嫌!だってさっきからそこに勅使河原君がいるじゃない!」

渡辺「くっ……」

勅使河原「……(しかたねぇ。空気を読もう)」

勅使河原「あー俺便所行ってくる(棒読み)」

勅使河原「(グッドラック!)」ビシ

恒一「(ありがとう勅使河原。僕はやり遂げて見せる)」

ガラガラ ピシャ

渡辺(GJ勅使河原。借りは今度返す)

渡辺「さ、いきますか」

望月(……僕は……?)


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:25:43.69 ID:AXbz1A5N0

渡辺(といっても、ただ取るだけじゃつまらない……ならば!)

渡辺「おい榊原!さっきから和江の乳見てんじゃねえぞコラ!」

恒一「ヒィッ!?(ば、ばれてた……)」

渡辺「さあさあどんなお仕置きをしようかなー」

恒一「」ガクガク

渡辺「じゃ、手始めに和江のブラ取ってみようか」

榊原「え?」

佐藤「ふえぇ!!?」

見崎「」チーン


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:33:35.18 ID:AXbz1A5N0

恒一「アノー?ホントニトッテイインデスカワタナベサン?」

渡辺「もちろん。つーかさっさと取れ」

佐藤「あ……///待ってよ榊原君……」

藤巻「ホックははずしたぞー」

渡辺「さーひと思いにいっちゃいなさい!」

恒一「うん……。じゃ、じゃあいくよ……佐藤さん」ギンギン

佐藤「……っ!う、うん……(さ、榊原君が……私のブラを……///)」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:41:19.12 ID:AXbz1A5N0

恒一「いくよ……っ!それ!」プルン

佐藤「ひゃあああぁぁぁっ!?」

渡辺「ほれ、そんなに騒がない」

恒一(うわあああ佐藤さんのおっぱいが佐藤さんの生乳が佐藤さんの乳首が丸見えだ……///勅使河原のエロ本で見るよりもエロいエロすぎるたまらない///)ギンギン

ドピュ

恒一「あ……(いってしまったああもう僕の馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿!)」

渡辺「うんん?ちょっと生臭い……まさか!?」

藤巻「行ってしまったな。扉の向こうに」

恒一「…………」

佐藤(まさか恒一くん……私で……///)


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:49:23.52 ID:AXbz1A5N0

渡辺「早すぎだろ」

藤巻「俗に言う早漏」

恒一「お願いです……それ以上は勘弁してください……」

江藤「大丈夫大丈夫問題ないよ。前島君だって私がスク水姿でちょっとしただけで」

渡辺「あとでその話kwsk。まあ人間誰でもあるか」

渡辺「榊原!もう一段階だ!胸を揉め!」

恒一佐藤「!!!!???」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:57:38.00 ID:AXbz1A5N0

恒一(も、揉みたい……)

恒一(佐藤さんのあの巨乳をむちゃくちゃに揉みたい……でも)

佐藤「…………」

恒一「さ、さすがに駄目……か……」ガク

佐藤「…………」

佐藤「…………ぃよ……」

恒一「え?今何て」

佐藤「榊原君なら……揉んで……いいよ……///」

恒一「!?」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:03:57.23 ID:AXbz1A5N0

綾野「おーい喜べー。次の久保寺の授業は自習だぞー」ガラ

中尾「」 見崎「」 桜木「」 

綾野「……なんかいろいろと大変なことになってるねーあっはっは」

綾野「でもこういっちゃん。次の授業、三神先生が監督だって。それ以上はやめたほうがいいよ」

江藤「望月君!三神先生を止めてきて!できなかったら明日一日中前島と一緒にメイド服で過ごしてもらうからそのつもりで」

望月「そんな……前島君一人だけにしてよ……」トボトボ

綾野「いやーほんとすごいことに……有田さんこういっちゃんの机で何やってんの?」

有田「ハァハァ…。え、えーと。……アクロバティック……スタイリッシュオナニー」

綾野「」ドンビキ


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:11:08.66 ID:AXbz1A5N0

恒一「いくよ!佐藤さん」モミモミモミモミ

佐藤「んあ……///や、やめて……ひゃあぁ!?」

渡辺「わお榊原テクニシャン」パチパチ

恒一(乳首が……勃ってる……)ハアハア

恒一(もう何とでもなってしまえ!)グリ

佐藤「――――っ!!?」ビクンビクン

渡辺「そうそういいぞ榊原!もっといけもっと!」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:22:30.07 ID:AXbz1A5N0

杉浦「だめ泉美!早まらないで!」

赤沢「も゙ゔわ゙だじばじぬ゙の゙。じぬ゙の゙よ゙」ガタガタ


桜木「私は……太ってなんか……太ってなんか……」グス


有田「ああん……///恒一くん……恒一くん……///」ギシギシ

綾野「……(ほんとに何があったの……これ?)」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:36:30.09 ID:AXbz1A5N0

恒一「おっぱい、吸ってもいいですか?」

渡辺「OK!いっちゃえ」

恒一「じゃぁいくよ!!」クチュクチュ

佐藤「ひゃぁぁ!?だめ、あ……///出ちゃうよぉ……」ビクンビクン

渡辺「出る……?」

渡辺江藤藤巻「!」

渡辺「パンツ下せ!」

江藤「りょーかい」ズルズル

江藤「……濡れてますね」

佐藤「ふぇぇ……(榊原君……そんなにじっと見ないで……///)」

恒一「これが……佐藤さんの……」ゴク

恒一(ああ今すぐ佐藤さんのあそこに僕のあれを入れたい!入れたい入れたい入れたい入れたい入れたい入れたい入れたい)ギンギンギンギン


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:40:06.09 ID:FJt6DadN0

               _,. ---- 、
.         ,.  ´       `   、
       /              \ \
     /    /      ,|      '.  ヽ
.    /    /|   / ./ !      | |二7ハ=、
     f ! | l| |  l|  l| '   | | | 〃{{^ヽ》
     | |l || l| |  l|  l|  '. ||| | | {{_,リ  i′
     | |l |N`ト.! ,ハNイ   V从.| | | /| !
     | |l |r=ミ、     _z≠寸卞| |/⌒i/! リ
     7Tハ|{ 弋リ   ´ 弋t少 ノ|リ j´; ||/
.    {{_|ヽ{xx   ,   xxx    |/ / ,.イ .|ハ    >パンツ脱いだからはよ
      ∨ヽ.             .ィfT´ハ| /
       \|`ト .._‘`_ .   ´ |ハ|⌒厂`}
            \| !{ { |   _,. /  /´ ̄`丶、
              }ムヽ\|`  ´z≦二イ        \
            | {`` '"´ ̄}}  \/        \
             {         {{    X.__         ,}
                \ー¬、           )     /ハ
              {   `  ̄       |ヾ二二´//ハ
                `ト         ノ7、く二´-‐ ´,/
              人    二ー-    入/二二二j
             rく:\            ,. --〈ミ二二ア
             |:.:.:.:/:\ ー- 二  /:}:/-/` ーァ'´
           /ハ:.:.:ヽ:.:.{`ニ:.ーr:く:.:/:.:,r ′ /、
             廴Uハ:.:.:.:.〉:\:._:.:.j:.:.:.ヽ:.:fニ} }   }
               ′ヽ:.:}:.\_}_:f:.:.:/⌒´ し__ノィ´}
             i   \_:/:.:.:.\{        /_ノ
             |     /` ー一′      , ′
              {\ __,f         , ′
             |    |\        /


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:43:28.31 ID:AXbz1A5N0

渡辺「ふふふ、やりたい?」

恒一「もちろんです!」

渡辺「和江は?」

佐藤「…………///」コクコク

渡辺「さ、当人が了解したことだし、いっちゃいなさい」

恒一「OK!それから、今から二人でやるから、3人は離れててね」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:55:33.84 ID:AXbz1A5N0

恒一「さあ服は脱いだ」

恒一「いくよ、佐藤さん」

佐藤「」コク

恒一「まず最初は……佐藤さん、ちょっとこっちに」

佐藤「う、うん……」

ギュ

佐藤(さ、榊原君!?)

恒一「あ、ごめん……いきなり抱き締めるのはまずかった?」

佐藤「ううん……うれしい///」

恒一「そっか……じゃあ、目をつぶって」

佐藤(え、ま、まさか……///)

チュ

佐藤(////////////)


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:05:47.07 ID:AXbz1A5N0

佐藤「榊原君///」トロン

恒一(いやがってない……よかった)

佐藤「榊原君……私のこと……好きにしてもいいよ……」

恒一「!?」

恒一「じゃ、じゃあ……今から……そ、その……やるよ?」

佐藤「うん///」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:13:14.47 ID:AXbz1A5N0

恒一(佐藤さんの胸。ほんとに気持ちいいな///)モミモミモミモミ

佐藤「ぁあ……///(ああ……気持ちいい……///)」

恒一(次は……乳首をもう一度――)クリ

佐藤「ひぃ!?んぁあ///」


恒一「もう下のほうも完全に濡れてるよね?」

佐藤「うう……///」

恒一「ええと、まずは指を入れて……」クチュクチュ

佐藤「ひゃぁ!?」ビクンビクン

恒一「中で動かすよ」クチュクチュ

佐藤「ひぃ……あ、だめ……///あぁ……」ドクンドクン

恒一「胸も攻めるからね」モミモミ

佐藤「んあぁ……///(だめ、これ以上やったら……もう……)」ドクンドクン

恒一(そ、そろそろこっちも限界だ……さっき出したというのに……)


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:22:55.13 ID:AXbz1A5N0

恒一「……よし、こんなところか」

佐藤「も、もうだめぇ……///」ビクンビクン

恒一「うん……分かった!佐藤さん、中に入れるよ」

佐藤「うん……」

佐藤(あぁ、今から榊原君のあれが私に……///)

佐藤(意外に……大きいな……///)ドキドキドキドキ

恒一「痛かったら言ってね……じゃあ、行きます!」

グッ ズブズブ

佐藤「っ!うぅ……痛い……」

恒一「だ、大丈夫!?」

佐藤「う、うん……続けて……」


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:27:54.97 ID:AXbz1A5N0

佐藤「榊原く……っ、いや恒一くん」

恒一「なぁに?」

佐藤「これからは……っ、和江って……呼んでくれる……?」

恒一「もちろんだよ、和江」

佐藤「ありがと……っ、恒一……くん……」ニコ

恒一「!?」ビクン

恒一「ああ!も、もう限界だ!和江、膣内に出すよっ!」

佐藤「う、うん!」

恒一「う……、うああぁぁ!!!!!!」ドピュドピュ

佐藤「!?あ、ああ……恒一くん……恒一くん……」ブシャー


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:35:53.36 ID:AXbz1A5N0




勅使河原「――ぃ、おいサカキ!しっかりしろ!」

恒一「ん……ああ勅使河原……ここは天国だよね?」グッタリ

望月「ちがうよ榊原君。現実だよ」

恒一「えー。でも僕は天国にいるはずなんだ」

勅使河原「何言ってんだお前!現にお前は佐藤をいかせたんだぞ!」

恒一「えー、だってさぁ……」グッタリ

勅使河原「だって、何だよ?」

恒一「後ろに――」

三神先生「さぁ恒一くん。この後は先生とみっちり授業を」

三神先生「し・ま・しょ・う・か」ゴゴゴゴゴゴ

恒一「――死んだはずのお母さんが」

勅使河原「違うそれはお母さんなんかじゃない地獄の使いだ!」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:39:44.36 ID:AXbz1A5N0

その後のことはよく覚えていない。
勅使河原いわく、僕は勅使河原と一緒に三神先生にボコボコにされたらしい。
しかもその後嫉妬に身を焦がしたクラスメイトにもボコボコにされた。おかげで体中ボロボロだ。

翌日、クラスは大きく変わっていた。
まずクラスの女子がそろって胸パッドを入れてきたこと。
中尾と猿田と風見君が包帯グルグル巻きのミイラになっていたこと。
赤沢さんたちが僕の机を解体して持ち去ったこと。
望月と前島がそろってメイド服でいること。

そして――

佐藤「恒一くん。昨日の続き、してくれるかな?」

佐藤さん――いや、和江が非常にアクティブになったことだ。


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:43:01.48 ID:AXbz1A5N0

これで終わりです。ここまで見てくださった皆様、ありがとうございました。


一応後日談的なものを考えています。できればUPしたいと思います。


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:45:29.13 ID:ua5tqsuc0

とりあえず乙?


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:45:55.10 ID:qcSK6Yky0

おちゅんこ!


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 03:19:10.46 ID:PwvzuNZ+0




人気ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。