スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やよい「ぐみんどもー」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 21:13:35.73 ID:KnMZvQvF0

P「やよい、ぐみんって意味を知ってるか?」

やよい「いいえ、しりません!」

P「じゃあ何でそんな事を行ったんだ?」

やよい「今度やるお仕事でこういう風にお願いしますっていわれました」

P「そうか……」

やよい「わたしにしたがえーぐみんどもー!」

というのをお願いします





7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 21:28:37.94 ID:CPBzUEMS0

                _____
            , : '´ : : : : : : : : : : `丶
           /: ::l l: : : l : : : ヽ、 : \: :\
      __.   //: : : :| |: : : | : : : : l.ヽl、|、ヽ: :ヘ
   /´: : `ヽ/: /: : : : ::l l: : : |i: l : : :|  ヽ-\: :∧
   ,': : : : : : :!: :l: : : : : :ハlヽ|、l ̄ノ川    ,--、: ∧
   ! : : : : : : }: :|: : : : : : l_,,. イ 二ヽ:: : : : :(:::) ', :ハ
  .|: : : : : : ::l: ::l: : : : : :∧ / (::::::::)_:: : : : : ̄ ',: :!
   !: : : : : : :l: : ',: : : : : : ∧ : : -‐''"´        }:::l
   l: : : : : : :ハ: :ハ: : : : : : :∧: :      ,. -┐  ,' : l
.   ',: : : : :/: :}/l ∨: : : : : :∧: U u  '"´ ̄ /: : :|
    ヽ: : : : : |: |\ヽ : : 、 : :∧____,,.. ィl"ヽ: :|: |
      V : : ::!ハ `ヽ|、: \: :∧    l : : :|__ :l: l
      }: : : :l: : ヽ   \l \:ハ 、  ヽ ̄/ }:`l/
      l: : : : : : : }     / .ヽ!  \  / /: /: \
      `ー-、: : ::l   /`丶、       /::/`ヽ: :
         ',: :,'  /:: ̄`丶、  ̄ ̄ ̄ ̄_.ノ   \
          ヽl  l: : : : : : : :| ̄ ̄ ̄ ̄
               |: : : : : : : :|


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 22:17:14.59 ID:ouCcqmwpP

やよい「ぐみんどもー!」

春香「あ、やよいおはよー!」

やよい「春香さん!おはよーございまーっす!あ、えーっと……ぐみんはしたがいなさい!」

春香「え、えぇっ?ど、どうしたのやよい?」

やよい「うっうー!春香さんもしたがいなさいですー!」

春香「一体何が…。や、やよい?誰かに言えって言われたの?というか意味わかって言ってる?」

やよい「よくわかんないですけど、今度のお仕事でいわなきゃいけないので!」

春香「あぁ…そういうことか~。もーびっくりしちゃったよ~」

やよい「そういうわけでひざまずくのですぐみんどもー!」

春香「」ビクッ

やよい「さぁさぁはやくするんですー!」

春香「……やよい…。本当の”ぐみんたち”にはね……。」

やよい「?? はい?」

閣下「跪 き な さ い!!!!!」

やよい「!!!??」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 22:46:49.46 ID:ouCcqmwpP

春香「これくらい言ってあげないとと意味ないのよ?」ニコッ

やよい「」ガクガクブルブル

春香「あ、それじゃ私レッスン行ってくるね!やよいも頑張って!」

やよい「あ、は、はい!……うぅ~…よくわからないけどすっごく怖かったです…。あれくらいはくりょくださなきゃいけないのかなぁ」

あずさ「おはようございます~。あら~やよいちゃんおはよう~。」

やよい「あ、あずささんおはようございまーっす!はっ!えっと…ひ、ひざまずきなしゃいっ!!!」

あずさ「わぁ!いきなりどうしたのやよいちゃん?びっくりしちゃったわぁ~」

やよい「はわわっ!す、すみませんあずささん!お仕事の練習なんですけどうまくいかなくって…」

あずさ「あらそうなの?さっきの…跪きなさい?って言ったのかしら?」

やよい「はいっ!意味はわからないんですけどできるだけ頑張りたいんです!」

あずさ「そういうことだったのね~そうだ!まだ時間もあるし、私でよかったら練習相手になるわよ?」

やよい「ほ、ほんとですか!ありがとうございますっ!そ、それじゃあ…そこにひざまずきなさい!」

あずさ「そうね~ただ大きくしゃべっても何を言ってるかわからないと困るから… そ こ に 跪 き な さ い?」ニコッ

やよい「!!??」ブルッ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 22:58:02.95 ID:ouCcqmwpP

あずさ「こんな風にゆっくり言っても伝わると思うわよ~」

やよい「はっ!…な、なるほど…。わかりました!」

あずさ「ふふっ、役に立てたならよかったわ~ それじゃあそろそろ行ってくるわね~。」

やよい「はい!いってらっしゃい!……あずささん、春香さんとは違って笑って言ったのになんで体がふるえちゃったんだろ…。」

伊織「おはよう。あら?今はやよいだけ?」

やよい「あ、伊織ちゃん!おはよう!じゃなかった……えっと…そこにひざまずきなさい?」

伊織「急に何よ……。というかなんで疑問形なわけ?」

やよい「それは…うぅ…やっぱりうまくいかないです…。」

伊織「どうしたのよ急にやよいらしくもない。」

やよい「お仕事で言わなきゃいうことになって、他の人にお手本見せてもらってるんだけどみんなみたいにうまくいかなくって…。」

伊織「なんだそういうこと。それならこの伊織ちゃんの美しいお手本を見せてあげないこともないわ。」

やよい「えっ!ホントですか!お願いします伊織ちゃん!」

伊織「そうかしこまられるとやりずらいわね…。   アンタたち愚民どもはそこに跪いてなさいっ!!」

やよい「は、はいっ!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:08:17.72 ID:ouCcqmwpP

伊織「まあこんなもんね。相手に向かって余裕を見せるのがコツよ。」

やよい「なんでもします伊織ちゃん!…はっ!なんだか夢を見てたような…。伊織ちゃん!」

伊織「私にかかればこんなもんよ、にひひっ♪それじゃ私は仕事があるから。頑張るのよやよい。」

やよい「うん!……伊織ちゃんの言葉を聞いた瞬間体が勝手に……みんなすごいです…。」

千早「おはようございます。あら、高槻さんおはよう。」

やよい「千早さん!おはようござ…ア、アンタは私にひざまずけばいいのよっ!」

千早「(キュン!)か、かわいい……。……はっ!きゅ、急にどうしたの高槻さん?」

やよい「はわっ!またダメでした…急にすみません千早さん…。」

千早「随分と頑張ってるようだけど、セリフの練習か何かかしら?」

やよい「はいっ!ぐみんども~とかひざまずきなさい!とか言わなきゃいけなくって…。」

千早「それはまた高槻さんのイメージとはかけ離れた仕事ね。見てみたい気もするけど…。」ボソッ

やよい「はいっ?」

千早「い、いえっ、なんでもないの。言葉回しよりしっかり言葉を発するとそれだけで印象はよくなると思うけど。」

千早「愚民ども。そこに跪きなさい。」

やよい「おぉ~…!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:21:14.84 ID:ouCcqmwpP

千早「とは言っても私もこういったセリフは言ったことがないから的確なアドバイスはできないけれど。」

やよい「いえ!とっても参考になりました!流石は千早さんです!」

千早「そんなことないわ。それじゃあ頑張って。」

やよい「はい!ありがとうございました!……声の大きさもそうだけど言葉が丁寧だと見とれちゃいます…。」

真「おっはよございます~!あれ?やよい一人?」

やよい「あ、真さんおはようございます!それで…ぐみんはひざまずきなさい。」

真「早口言葉か何か?やよいのキリッっとした発音珍しいから驚いちゃった。」

やよい「うぅ……なかなかうまくいきません…。」

真「え?結構うまく言えてたと思うけど…。もしかして僕勘違いしちゃった?」

やよい「えーっと…今度のお仕事でぐみんどもーって言わなきゃいけないんですけどうまくいかないんです…。」

真「あ、セリフか!僕ったら勘違いを……。通りで聞きなれない単語だと思ったけど、どううまくいかないの?」

やよい「あの、他の皆さんにも教えてもらって、声の大きさとかしゃべり方とか、でもうまくいかなくって…。」

真「みんなしゃべり方に特徴があるもんね。そしたら単純に元気よく言って見たらどうかな?」

「そ こ に 跪 ず い て っ!!」

やよい「か、かっこいいですっ!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:38:41.71 ID:ouCcqmwpP

真「へへ、ありがと!でも僕としてはもっとおっとりした感じでセリフを言えたらと思うんだけどね。」

やよい「真さんはそのままで十分だと思います!かっこよかったですっ!」

真「そういってもらえると嬉しいな。それじゃ僕も舞台があるからこれで!頑張って!」

やよい「はいっ!ありがとうございます!……元気よく言えばかっこよくてよくみえるかな…。」

響「はいさーい!お、やよい!」

やよい「響さん、おはようございます!ぐみんどもわたしにひざまずきなさぁい!」

響「おぉ!元気がいいなぁやよい!でもなんだ?その”ぐみん”とかって?新しい挨拶か?」

やよい「挨拶ではないんです…次のお仕事でこういうセリフがあるんですけど思ったようにしゃべれなくって…。」

響「そうなのか~。やよいはまだ小さいのに難しい仕事までやるなんて、自分じゃ想像もできないな~すごいと思うぞ!」

やよい「そんなことないですよ!響さんはセリフとか言う時どうしてますか~?」

響「んーあんまり自分は舞台とかでないけどなーもし言うとしたら相手に届け!って思いながら言うかな。」

やよい「相手に届け…ですか~。難しそうです…。」

響「そんなに難しく考える必要はないさ~。  愚民ども!跪くさ~!」

やよい「な、なるほど……。」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:56:54.74 ID:ouCcqmwpP

響「ところで跪くってなんなんだ?まあとにかく心を籠めれば相手に伝わることは間違いないさ!」

やよい「私にもわからないんです…。でもそうですよね!なんとなくわかったきがしますっ!」

響「うんうん!それじゃ自分レッスンがあるから行くぞ!じゃあなやよい!」

やよい「はいっ!ありがとうございました!……意味はよくわからないけど伝えるべき言葉なのかなぁ?でも心を込めるって言うのは大切かも…。」

貴音「おはようございます。やよい…だけでしょうか?」

やよい「貴音さん!おはようございます!それとひざまずいてくださいっ!」

貴音「?? はて…どういう意図があるのかわかりませんが跪けばよいのでしょうか?」

やよい「はわわっ!貴音さん、頭を下げないでください!ひざまずけっていうのはよくなかったでしょうか…?」

貴音「よいか悪いかは場合によるでしょうが、この場合は適切でないかもしれませんね。」

やよい「そ、そうだったんですか……知らずに使ってました…ごめんなさいっ!」

貴音「いえ、やよいが本来の意味で使うはずないことは明白でしたから。それで、一体どうしたというのです?」

やよい「はい…お仕事でのセリフとして使うことになったんですけど難しくって…。」

貴音「なるほど、それで練習をしていた、というわけですね。となると…    愚民たちよ…そこに跪くのです!」

やよい「!!」ブワッ


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:03:20.05 ID:RZBNl4vb0

お姫ちんはこういう台詞上手そうだわなぁ


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:06:03.79 ID:NbJpq0VSP

貴音「即興でやってみましたが…。やはり難しいですね。これほどのセリフとなると苦労しても当然。慌てることはありませんよ。」

やよい「は、はいぃ!」

貴音「それでは私はそろそろ失礼するとしましょう。頑張るのですよやよい。」

やよい「はいっ!ありがとうございました!……じょ、女王様…?春香さんとは違うはくりょくです……。」

亜美「やっほ→ ってあれ?やよいっちだけ?」

やよい「あ、亜美おはよ~!そうだ、ぐみんども…そこにひざまずくのです…。」

亜美「……ぶふっ!あっはっは~!!な、何それやよいっち!全然キャラ違うじゃ→ん!」

やよい「わ、わわっ!そんなに笑わなくてもいいでしょ!」

亜美「あはは、ごみんごみん。で、急にどうしたの?セリフの練習でもしてたのかしらん?」

やよい「うん…いろんな人の話聞いてるんだけど、ぐみんとかひざまずきなさい、ってどういえばいいのか…。」

亜美「う~ん難しいねぇ~。こういうのははるるんとかのぽりしー?とかなんだろうけど。」

やよい「春香さんのは聞いたけど…!!や、やっぱりあれは真似できないよぉ!どうしよう亜美…。」

亜美「そっか→。…んっふっふ→そしたらこの亜美様に任せなさいっ!」

亜美「よぉくきけぇ愚民どもぉ!私をどなたと心得る!恐れ多くも765プロ、双海亜美様であぁる!一同跪けぇい!」

やよい「……。」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:15:05.75 ID:NbJpq0VSP

亜美「ありっ?ダメだった?」

やよい「ダメじゃないんだろうけどなんかもっと難しくなってる気がする…。」

亜美「そっか→、あ、そろそろ真美もくるから、ちょうどいいし聞いてみるといいよ!亜美はちょっと休んでるね→」

やよい「あ、うん。じゃあ聞いてみるね。ありがと!……間違えてはいないんだろうけど…難しいなぁ」

真美「おはおは→あ、やよいっちだ→」

やよい「真美おはよう!えーっと、真美、わたしをどなたとこころえるぅ!ひざまずけぇ!」

真美「は、ははぁ!高槻やよい様の元、私双海真美、一生ついていきまする!」

やよい「え、えーっと…もういいよ真美…?」

真美「え→やよいっちが振ってきたんじゃん~。せっかく珍しくやよいっちと絡めると思ったのに→」

やよい「ご、ごめん…えっと今のセリフどうだったかな?」

真美「え?うーん…悪くはないんじゃないかな?ただ、やよいっちっぽくはないかなーって。」

やよい「そうだよね…うーんどうしたらいいんだろ…。」

真美「やよいっちっぽくすればいいの?だったら」

真美「うっう→!汚い豚共!私に従い、平伏し、敬い、跪くです~!」

やよい「……。」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:26:23.15 ID:NbJpq0VSP

真美「どう?似てた似てた!?」

やよい「私あんな感じ……?」

真美「あ~いや~…ちょっとだけやりすぎたかな→あはは→、で、結局なんだったの?」

やよい「だ、大丈夫ありがと!あっちに亜美いるよ~。……あの二人はなんか違う気がする……」

雪歩「おはようございますぅ。あ、やよいちゃんおはよう。」

やよい「あ、雪歩さんおはようございます!えーっと、ぐみんどもはひざまずきなさい!」

雪歩「えっ?や、やよいちゃん…どうしちゃったの…?」

やよい「あぅ…やっぱり変ですか…?」

雪歩「別に変ってわけじゃないんだけど…いつものやよいちゃんとイメージが違うというか…。」

やよい「セリフの練習なんですけど、ひざまずきなさい、とか、ぐみんどもーって言うのがよくわからなくって…。」

雪歩「そうなんだぁ~。セリフは意味を考えながら言った方がうまく言えるとは思うけど…。」

やよい「やっぱりそうなんですか?どういう意味か教えてください!」

雪歩「え、えっと…。このセリフだったら……汚いものを見るように、言葉をかける価値もないと思って…」

雪歩「愚民ども…跪きなさいといってるのがわからないのかしら…?」

やよい「!!??」ゾワッ


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:36:56.75 ID:NbJpq0VSP

雪歩「こ、こんな感じ…かな……。私舞台くらいしかやることがないから頑張ってるつもりだけど結局…ダメダメだよね……。」

やよい「そ、そんなことないです!セリフを聞いてどういう言葉かなんとなくわかりました!」

雪歩「そ、そう?ならよかった…。それじゃあ頑張ってねやよいちゃん。」

やよい「はいっ!ありがとうございました!……思わず鳥肌がたっちゃいました…演技って重要なんですね…。」

美希「おはようなのー。あれ、やよいだけ?」

やよい「あ、美希さんおはようございます!……ぐみんども…ひざまずきなさい…。」

美希「あれ?やよいってそういうカンジだったっけ?ちょっと無理があるって思うな。」

やよい「うぅ…やっぱり私に演技なんて無理だったんです…。」

美希「演技?セリフの練習とかしてたってこと?」

やよい「はい…いろんな人からアドバイスもらってるんですけどなかなかうまくいかなくって…。」

美希「ふーん。ミキはあんまり練習とかしないけどセリフ言う時は自分の言いやすいように言うの。」

やよい「いいやすいように…ですか?」

美希「うん。演技とかミキには難しくてチンプンカンプンだから、思ったように演じるの。」

美希「愚民ども!そこに跪くのっ!!」

やよい「!!」パァッ


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:45:11.41 ID:qrtsLLv10

no title

no title

no title


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:47:44.53 ID:KvfpGeca0

>>69
春香さんすげえ……


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:46:22.23 ID:NbJpq0VSP

美希「あふぅ。こんな感じなの。これといって難しいこともないって思うな。」

やよい「なるほど…。そうですよね!私らしく言えばいいんですよね!」

美希「それが一番なの~。それじゃあミキはちょっとお昼寝してくるね。頑張ってねやよい。」

やよい「はいっ!ありがとうございます!……なんでも簡単にできちゃうってイメージの美希さんだったけど、そうだよね…よし。」

律子「ただいま帰りました。あら、やよい一人?」

やよい「あ、律子さんおはようございます!ぐみんども!ひざまずきなさい!!」

律子「あらいいじゃない。舞台の仕事かしら?」

やよい「い、いいですか!はいっ、セリフを読まなきゃいけないんですけど難しくって…。でもやっと褒めてもらえました!」

律子「それくらいでいいと思うわよ?もともとやよいがそういうキャラクターとは離れてるからいきなりギャップがありすぎてもね。」

やよい「なるほど~!あ、律子さんもやってみてくれませんか?」

律子「あ、私っ?え~…セリフ系は苦手なんだけどなぁ…。仕方ない。今回だけだからね。」

律子「愚民ごときがちんたらしてんじゃないわよ!さっさと跪きなさいっ!!」

やよい「!!!」ガッシャーン


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:52:10.23 ID:NbJpq0VSP

律子「ふぅ…こんな感じかしらね。」

やよい「……。はっ!す、すごかったです…。」

律子「それはよかった。すこしでもためになったならやったかいがあったってものね。それじゃまた出てくるわね。」

やよい「はいっ!ありがとうございました!……恐ろしいものをみてしまった気がします…。」

やよい「でもこれでだいたいわかった気がします!」

やよい「お前たち愚民は、これからもずっと私に跪いていればいいんですっ!うっうー!!」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:53:36.02 ID:UHt43SX50

はい!!!!!!


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:58:05.09 ID:W+rSR/Ks0



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 01:00:25.09 ID:9VERSqQs0

乙!
ひざまづきます

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。