スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡部「七夕も終わるな」ダル「だね」 

カテゴリ:シュタインズゲートSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:32:05.57 ID:plFJJhZR0

バタンッ



岡部「ふぅ……帰ったか」

ダル「オカリンマジ乙」

岡部「ダル、ドクペを頼む」

ダル「ん。どぞ」

岡部「うむ」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:33:37.68 ID:plFJJhZR0

ダル「……っつーか、暑いってオカリン。日も落ちたのにこれってどういうわけよ」

岡部「仕方なかろう。湿度がこれだけ高くてはどうにもならん」

ダル「はぁ……これじゃ熱暴走怖くて、フラゲしたゲームできねーっつーの」

岡部「うん? その程度、お前が組んだやつなら問題なさそうなもんだが」

ダル「それがさ、これ同人ゲーなんだけど、作ったサークルがいろんな意味でHENTAIで有名なとこなんだお」

岡部「ふむ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:34:55.63 ID:plFJJhZR0

ダル「商業じゃありえねーほど高スペ要求してるわけ。お陰で万全の状態でスタンバってないと、抜きシーンでシャットダウンとか……刹那五月雨撃ちってレベルじゃねーぞ」

岡部「まぁよくわからんが、帰ってから起動するか、日を改めることだな」

ダル「そうするお……にしてもこの湿気は異常。帰る気にもならん罠」

岡部「そうだな……しばらく屋上で涼むか」

ダル「激しく同意」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:36:33.81 ID:plFJJhZR0






ダル「ふはー……風が尋常じゃないくらい心地いい件について」

岡部「飛ばされないか心配だな……」

ダル「あれ? 大丈夫っしょ。しっかり柵に固定してあるし」

岡部「まぁ、な。ほら」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:37:54.61 ID:plFJJhZR0

ダル「おお! わざわざコーラ持ってきてくれてたとか、オカリン△」

岡部「ふん、貴様には我が右腕として、ラボのために尽力してもらわねばならんからな」

ダル「それにしてもこのオカリン、ツンデレである」

岡部「やかましい」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:39:50.65 ID:plFJJhZR0

ダル「……にしても、なんかオカリン覇気がないお。どしたん?」

岡部「ん? いや、別に……少し疲れただけだ」

ダル「牧瀬氏との別れが近いからですね、分かります。爆発しろ」

岡部「そ、そんなことではない!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:41:52.07 ID:plFJJhZR0

ダル「ま、今日はどんちゃん騒ぎだったすからなぁ。ラボメンフルメンバーで七夕パーティとか、よく予定が立ったもんだお」

岡部「そうだな。それぞれ好き勝手な願いを書きなぐっていたが……まさかシスターブラウンまでやってくるとは予想外だった」

ダル「宴会中にブラウン氏がやってきたときは、部屋の隅でガタガタ震えて命乞いをする準備するとこだったぜ」

岡部「気前よく笹まで調達してくれるとはな。渡りに船だ」

ダル「だお」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:43:50.89 ID:plFJJhZR0

岡部「まゆり達に感謝せねばならんな。小動物の機嫌を損ねていたら、我がラボの存続に関わる」

岡部「無論! 我が天才的頭脳があればそんな惨劇、こともなく回避してみせるのだがな! フゥーハハハ!」

ダル「オカリンそれサバンナでも同じこと言えんの?」

岡部「ぐぬぬ……」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:47:18.81 ID:plFJJhZR0

岡部「……ん?」

ダル「どしたん?」

岡部「いや……俺たちが飾り付けをしたとき、あんな高いところに短冊は飾ってあったか?」

ダル「んー? あー、確かに。風でなびいてなきゃわからんかったけど、やたら高いところに吊るしてある希ガス」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:49:58.98 ID:plFJJhZR0

岡部「ふむ……皆で飾りつけたのは下のほうに見えているしな……」

ダル「あれじゃね? 僕らが一旦買出しに出たときに急いでつけてったとか」

岡部「くっ……! クリスティーナめ、この鳳凰院凶真を出し抜きおって……!」

ダル「オカリンが幸せそうでなによりです。氏ね」

岡部「うるさい! 貴様もあんな彼女にうつつを抜かしておきながら何を言うか!」

ダル「ドゥフwwwwwフヒヒヒヒwww失敬wwドヒューンwwww!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:51:40.58 ID:plFJJhZR0

ダル「……で、どうする?」

岡部「何がだ?」

ダル「折角だし、ちょっと覗いてみん? 僕も気になるわけですしおすし」

岡部「ぬあっ……ま、まぁ、気にならんといえ、ば、嘘になるが……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:54:13.78 ID:plFJJhZR0

ダル「だろ? 一応僕らのも見られてたわけだし、勝手に隠した分を見るなとは言われてないっつーか」

岡部「ダルよ……貴様、中々の悪だな」

ダル「誰も傷つかず幸福を保つ世界などないのだよ……!」

岡部「ではこれより作戦名、『スルトの剣』を開始する!」

ダル「オーキードーキー!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:57:03.45 ID:plFJJhZR0

岡部「……とはいうものの。もう笹は固定されてしまっているし、あそこまでは背が届かんぞ」

ダル「オカリン……僕たちがいるところは一体どこだとおもってるんだお……?」

岡部「……! まさか!」

ダル「改良を重ね、今こそ実用化に成功した……未来ガジェット2号『タケコプカメラー』Ver4.27!!」

岡部「なんと!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:58:52.10 ID:plFJJhZR0

ダル「カメラ部分のジョイントを改造して、回転部分から独立させることに成功したんだお」

ダル「あと自走モードに加えてリモコン操作機能つけて、ユーストに遠隔で飛ばせるように設定して」

ダル「あ、おまけに解像度もageといたのぜ」

岡部「さすが我が右腕……! やはりお前は最高だ!」

ダル「べ、べつにあんたのために改造したんじゃないんだからね!」

岡部「テンプレ乙だな」

ダル「だお」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:00:50.38 ID:plFJJhZR0

岡部「よし、早速作戦を実行に移すのだ!」

ダル「でも風の中での試運転はしてないからなぁ……まぁ少しずついくお」



カタカタカタ……

岡部「おお! 飛んだぞ!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:03:01.34 ID:plFJJhZR0

ダル「まぁこんなもんかなー……オカリン、そこのノーパソで開いてみて」

岡部「うむ……お、映ってるぞ」

ダル「ちょっとこっち向けて……ま、出来は上々ってとこかな」

岡部「む、ターゲットが見えてきたぞ……これは……指圧師か」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:04:42.74 ID:plFJJhZR0

『店長さんや綯ちゃんと、もっと仲良く出来ますように☆ 萌郁』



ダル「oh……なんというほのぼの板」

岡部「あいつ……何が早く新機種が出ますように、だ」

ダル「桐生氏が幸せそうでなによりです」

岡部「……だな」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:06:42.90 ID:plFJJhZR0

岡部「さて次は……バイト戦士か」

ダル「桐生氏がバイトに来たと思ったら、いつのまにかバイトが二人だもんな。ブラウン氏ハーレムじゃね?」

岡部「まったく、なにをしにきているのやら……」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:08:31.13 ID:plFJJhZR0

『父さんや母さんと、ずっと一緒にいられますように 鈴羽』



ダル「全俺が泣いた」

岡部「鈴羽……」

ダル「なんなんよこの親孝行娘は。僕が親なら抱きついてちゅっちゅしてやるレベルだお!」

岡部「まぁ、もう少し痩せてみろ。ワンチャンあるかもしれんぞ」

ダル「オカリンマジ鬼畜」

岡部「本心だがな……これは、ルカ子か」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:10:49.53 ID:plFJJhZR0

『凶真さんやまゆりちゃんと、これからも仲良くしてもらえますように るか』



ダル「ルカ氏マジ謙虚。つかオカリン、師匠としてこの消極さはどうなん?」

岡部「む、むぅ……確かに、少し意見してやらねばならんな」

ダル「はぁー、男の娘から熱烈アプローチとか、禿げろ。割とマジで」

岡部「やかましい!」

ダル「んお、次は……キター!! フェイリスたんktkr!!」

岡部「ふむ」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:12:50.63 ID:plFJJhZR0

『フェイリスもみんなも、ずっと笑っていられるような毎日になりますように フェイリス』



ダル「……オカリン」

岡部「なんだ」

ダル「フェイリスたんが健気過ぎてちょっと吊ってくるお」

岡部「やめんか。まぁ、あの長ったらしい詠唱文はさすがにフェイクだと思ってはいたが……」

ダル「もうフェイリスたんに一生ついて行くお!」

岡部「ま、がんばれ。次は……まゆりか」

岡部「うん? これは、束になっているのか……?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:14:41.40 ID:plFJJhZR0

『オカリンが風邪とかひきませんように』
『クリスちゃんが寂しくなりませんように』
『ダルくんが由季さんと幸せになりますように』
『ルカくんの自信がもっとつきますように』
『フェリスちゃんがたくさんにこにこできますように』
『スズさんがいっぱいみんなと遊べますように』
『萌郁さんがみんなと打ち解けられますように』
『綯ちゃんがお父さんとずっと一緒にいられますように まゆり』



ダル「まゆ氏マジ天使ってレベルじゃねーぞ……」

岡部「あいつ……一つも自分のことを書いていないではないか」

ダル「あ、やべ、泣けてきたかも……涙腺崩壊とか、腹筋スレはどこですか」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:18:14.00 ID:plFJJhZR0

岡部「……ふん。あいつには、もっと自分の考えというものを教えてやらねばならんな」

ダル「保護者リン乙」

岡部「なんとでも言え」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:19:59.33 ID:plFJJhZR0

ダル「次が……牧瀬氏ですか」

岡部「うむ……」

ダル「オカリンびびってんの?」

岡部「び、びびってなどおらん」

ダル「さいですか。じゃ、遠慮なく」

岡部「……」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:22:56.67 ID:plFJJhZR0

『岡部と、早くまた会えますように 紅莉栖』



ダル「あーもうだめだわー殴る壁がないわー」ドンッ

岡部「ゆ、床を殴るな!」

ダル「なんつーかさ、予想できてたとはいえ、現実つきつけられるとイラッ☆とくんのな」

岡部「知らん! 大体紅莉栖とは誰だ! 我が助手の名はクリスティーナだぞ!」

ダル「ヘタリンは逝ってよし。はげ散らかして爆発しろ!」

岡部「ぐぬぬぬ……」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:25:08.87 ID:plFJJhZR0

ダル「……あれ、もう1枚あるお」

岡部「なに?」

ダル「あー、これ綯氏のだわ」

岡部「シスターブラウン? あいつも飾っていたのか……」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:27:38.39 ID:plFJJhZR0






キィ



天王寺「なんだ、てめぇらここにいたのか」

二人「「?!」」 びくぅっ


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:32:05.83 ID:plFJJhZR0

岡部「み、ミスターブラウン! 何故こんな時間に?!」

ダル「(今の内に回収回収……)」

天王寺「いや、今日1日綯の面倒を見てもらってたからな。帰りに寄れたから寄ってみただけだ」

岡部「そ、そうですか」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:34:04.83 ID:plFJJhZR0

天王寺「綯もはしゃいじまってなぁ。お前からも、あの嬢ちゃんたちに言っといてくれや」

岡部「そういえばシスターブラウンは?」

天王寺「バイトが暇だっていうから、見てもらってるとこだ。つか、いい加減その呼び方は止めろ」

岡部「ふむ……気をつけよう」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:35:57.66 ID:plFJJhZR0

天王寺「ったく……お、あれか。綺麗に飾りつけたじゃねぇか」

岡部「(だ、ダル、例のブツは回収済みか?!)」

ダル「(だ、大丈夫だ。問題ない!)」

岡部「(それは失敗フラグではないのか?!)」

天王寺「……」シュボッ


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:37:56.51 ID:plFJJhZR0

天王寺「……なぁ。少し、昔話でもしていいか?」

岡部「え?」

天王寺「俺が秋葉原にきたのも、こんぐらいの時期でな。こういう日は、色々思い出しちまうんだよ」

天王寺「……あいつと初めて会ったのも、今頃だったか」

岡田「あいつ……橋田、鈴さんですか?」

天王寺「はぁ? 誰だそりゃ」

岡部「なっ……」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:40:15.15 ID:plFJJhZR0

岡部「(そうか……この世界線では、鈴羽は1975年にタイムトラベルをしていないのか)」

天王寺「俺が言ってんのは、綯の母親だ。ま、つまり俺の嫁ってわけだな」

岡部「ミスターブラウンの妻……想像ができませんね」

天王寺「言ってろ。まぁ、綯はあいつにそっくりだからそれで想像つけてくれや」

岡部「ふむ……よくもまぁあなたと結婚したもんだ」

ダル「オカリン、そのあえて地雷踏みにいくのはなんとかならんの?」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:42:47.82 ID:plFJJhZR0

天王寺「まぁな。今考えても、俺にゃ勿体無い奴だったよ」

岡部「……そういえば、奥さんは今は?」

天王寺「ああ……病気でな。綯を産んでから、そう経たない内だったか」

岡部「っ……すみません、でした」

天王寺「謝るこたぁねえよ。別にお前が悪いわけじゃねぇ」

岡部「……」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:44:47.49 ID:plFJJhZR0

天王寺「……だけどな、最近妙な夢を見るときがあるんだよ」

岡部「夢?」

天王寺「……夢ん中ではよ。あいつは綯を産んだ後もしばらく元気でな」

天王寺「俺は見たことねぇはずだが、何故か世話んなったような人と、3人で話してるみたいでよ」

天王寺「それで……」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:47:20.23 ID:plFJJhZR0




『よく分からないけど、すぐに戻れるように、お願いしてみるから』

『それまで綯のことを、お願い…』



天王寺「……」

天王寺「悪い。つまらん話を喋りすぎた」

岡部「あ、いえ……」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:49:48.93 ID:plFJJhZR0

天王寺「それじゃ、俺は帰るからよ。戸締りはしっかりしてけな」

岡部「了解した……」



バタンッ

ダル「哀愁漂うブラウン氏とか、初めてみたお」

岡部「……そうだな」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:51:10.46 ID:T2Rke1AM0

確か嫁SG世界線でもゲルってるはず


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:07:04.74 ID:uzmTDH7C0

支援などお付き合いくださり、ありがとうございました。
またいつか、機会があればよろしくお願いします。

>>70
マジか。読み込みが足りなかったようで……
こうなったらいいなという希望だったのですが
宜しければ、出典教えていただけるとありがたいです。


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:10:07.03 ID:BdRewqja0

>>86
乙!!

恩讐のブラウニアモーションで嫁ゲルったはず。ちなみにWEBマンガとして読めるお

一応SGに行く前の過去の話だからSGに行っても変更はされてないはず。多分


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:13:26.62 ID:uzmTDH7C0

>>89
あれはショックでした……
そうか、過去話だから変更されないのか。
SG線に移動した影響で鈴羽が過去に行かない事と
SG線は収束の影響を受けないため、綴との過去も改変されたかなぁと。

かなり希望的観測なネタでしたが、こうなったらいいなと!


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:22:29.73 ID:Zku5SuJ00

>>89

でもあれってα世界線だからベースがβなSG世界線だと話は違ってるかもよ
・・・でいいんだよな?シュタゲは過去も現在も未来も考えないといけないからややこしいw


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:52:48.40 ID:plFJJhZR0

ダル「さて、僕もそろそろ帰るお」

岡部「そうか。俺はこのまま泊まっていく」

ダル「じゃ、鍵よろー」

岡部「ああ」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:54:57.85 ID:plFJJhZR0




バタンッ

岡部「(……数々の世界線を移動し、俺はこのシュタインズゲートに辿りついた)」

岡部「(その事に後悔はないが、どこか心にはひっかかることはある)」

岡部「(まゆりと紅莉栖を救いたいという、俺の勝手で独善的な動機で、世界全てを動かしてしまったという事実)」

岡部「(二人を助けるためなら何度でも同じ選択をするだろうし、批判や非難ならいくらでも受け入れる覚悟はある)」

岡部「(だが……その影響を知らないところで受けている人らに、俺は、どんな顔をすればいいのだろう)」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:57:36.34 ID:plFJJhZR0

岡部「さて……ぷわっ?!」 ぺたっ

岡部「き、機関による妨害か?! 一体なにがっ……って、短冊?」

岡部「これは……小動物のではないか」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:59:31.46 ID:plFJJhZR0

『お父さんと、ずーっといっしょにいられますように なえ』



岡部「……」

岡部「……フッ」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:00:04.71 ID:BdRewqja0

Mr.ブラウン「ちょっと種子島いってくる」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:01:27.99 ID:uzmTDH7C0

岡部「(そう……俺は狂気のマッドサイエンティスト、鳳凰院凶真)」

岡部「(変えてしまった全てを背負った上で、高笑いできなくてどうするというのだ……)」





岡部「これが……シュタインズゲートの選択だよ」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:03:52.33 ID:uzmTDH7C0

.     ノ    .\
  γ ̄ .\     \
,,.-'      \      l
.    \    .\   .|
       \    .ヽ  |--、       七夕のコンチェルトグロッソ
.  \     \   .l/   l. 
.   \    ヽ. //ヽ、/            お わ り
      \     |_l.\/        \              /
"''-..,,_   }_/__l`´                  _
ヽ  \_/ //                  σ   λ
   -..,,__//./       ,.-''"  ̄ ̄ `ヽ   ~~~~
        / .l、   ,..-''"  ̄ ゙"''-、.     ヽ  (・ω・ `)
        .l   \"          .ヽ       ',. `ニニ´ | l\ _
           ヽ          \      ̄"''-..,,_      `ヽ
ヽ               ',                  l    `ヽ/   ヽ__.,.--..,,_
  ',               l         /      /         ヽ    / /    "''-..,,
  l             |       /                 ',  / ,-`―――
  .|             l -..,,__ ,,.-'"   l                   |. l |
   |         ,'          ,'/ ヽ            | Y `"''-..,,
           /          /    |              |. /ヽ
                     /    |            |. ',  \
\                  /     ヽ          /  \


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:09:28.53 ID:gWe/cECP0


これは良い終わり方


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:09:59.89 ID:Zku5SuJ00

最初ダルとの濃厚なアッーかと思った俺を恥じるぜ乙


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:47:56.11 ID:uzmTDH7C0

>>97
それは知らなかった……
未読なので早めに読みたいですね。


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:44:44.69 ID:uzmTDH7C0

  ,, ,,  
ヽ(*゚д゚)ノ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。