スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜美「双子のどっちが好きか聞くわけよ」真美「うんうん」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 13:46:18.41 ID:GZd23yvt0

亜美「そしたらさ、多分みんな『選べない』って言うと思うんだよね」

真美「だろうね」

亜美「それでもあえて選ぶなら!?って聞いたら、仕方なくどっちか選ぶ」

真美「それで?」

亜美「選ばれた方はありがとう!大好き!っていって抱きついたりチューしたり、思いっきり甘えちゃうんだYO」

真美「わお!選ばれなかった方は?」

亜美「泣いたフリでもすればよしよししてくれるのさ」

真美「ひゃっふぅ!天才だよ亜美!」


亜美「甘えん坊大作戦いっちゃう?」

真美「いっちゃう!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 13:51:56.04 ID:GZd23yvt0

亜美「んじゃー出席順で律っちゃんからね」

真美「学校以外じゃ出席順なんて言わないんだよー」

亜美「気にしない!いたよ!律っちゃ~ん!」


律子「…ん?どうしたの?」

亜美「亜美たちちょっと聞きたいことがあって→」

律子「どうしたの?」

真美「亜美と真美、どっちが好き!?」

律子「えぇ……?そんなこと言われても、どっちかなんて選べるわけないじゃない」

亜美「…ほらね亜美、言ったとおりでしょ?」

真美「だね。んっふっふ~」

律子「何よ、もう」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 13:55:24.35 ID:GZd23yvt0

>>8訂正
亜美「ほらね真美、言ったとおりでしょ?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 13:54:45.68 ID:GZd23yvt0

亜美「そういうさー、どっちかが傷つくから選べないみたいな答えを期待してるわけじゃないんだよ」

真美「真美たちは単純に、双子のどっちが好きか聞きたいだけなの!」

律子「…そんなこと言われても」

真美「恨みっこなしだからさ!さあさあ」


律子「…わかったわ。そこまで言うなら決めてあげる」

亜美「……さあ!」

真美「Dotch!?」


※コンマ奇数…亜美 偶数…真美


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 13:59:15.21 ID:GZd23yvt0


律子「しいて言うなら、真美かしらね」

真美「いぇーい!ありがと律っちぇぇん!!真美も大好きだYO!!」ダキッ

律子「わっ!?ちょっと真美……!」

真美「お礼にチューしたげる」ブチュ

律子「やめなさい!もう!」

真美「照れんなよ→。えへへ」


亜美「………」

律子「…亜美?」

亜美「………亜美じゃないんだ…」

律子「…! あ、あのね亜美、そうじゃないの」

亜美「……亜美、いっつも…竜宮小町で迷惑かけてるから……」


亜美「……グスッ、き、嫌われてるんだ……ヒッグ……グシュ…」

律子「違うの!違うのよ亜美!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 14:04:12.81 ID:GZd23yvt0


亜美「……いいよ…真美のが髪長くてかわいいし……ック」

亜美「……ごめんね律っちゃん……亜美、これからもっとがんばるからぁ……」


亜美「…きらいになんないでぇ……!」ウワァァァン

律子「…ああもう!」

ギュッ

亜美「!?」

律子「…馬鹿ね。亜美のこと嫌いになったなんて言ってないし、そんなこと考えないわよ」

亜美「…うぅ…りっちゃぁん……」


真美「(いつの間にか真美がおいてけぼりに……)」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 14:10:12.61 ID:GZd23yvt0

亜美「じゃあ何で真美が好きって言ったの…?」

律子「…本当に大したことじゃないわよ。何ていうか…」

亜美「…なにさ」


律子「……亜美って言うとそのまますぎると思って…」

真美「!?」

亜美「………ホント?」

律子「そりゃアンタは私が直接面倒見てるんだし、真美の数倍手がかかるけど」

律子「だからこそほっとけないのよ」

亜美「………」

真美「(…ま、そりゃそーか……)」

亜美「……じゃあ、ちゃんと言ってよ…」

律子「え?何を?」


亜美「亜美のこと好きって、ちゃんと言って」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 14:13:31.29 ID:GZd23yvt0


律子「…………」

律子「…はぁ、しょうがないわね。……私は亜美のこと、好きよ。これで満足?」

亜美「……グスッ、ありがと…えへへ」


真美「(亜美、力入ってるー)」


律子「…もちろん、だからと言って真美が好きじゃないなんてことないのよ」

真美「分かってるよー。まあ仕方ないよね!亜美は竜宮なんだし」

律子「でも、人を困らせる質問はやめなさい。私以外にしてないでしょうね?」

亜美「はーい」

真美「(まだ)してないよ」

律子「…よし。もう私行くわよ?」

亜美「うん。じゃーね律っちゃん」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 14:17:14.97 ID:GZd23yvt0


真美「成功した?」

亜美「うん」

真美「…どうしたの?」

亜美「……えへへ…」

真美「………嬉しいんだね」

亜美「……まあねー」

真美「ま、律っちゃんだしこんなもんだよ。どっちかっていうとハッキリ言うタイプだもんね」

亜美「…よし!切り替えて次行こ次!」

真美「はるるんはどこかなー…?」


春香「~♪」

亜美「いました!」ダダダ

真美「確保します!」ダダダ

春香「えぇっ!?な、なになに!?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 14:22:20.47 ID:GZd23yvt0


春香「質問?いいよ。どうしたの?」

亜美「はるるんにズバリ聞きたいことは~……」

真美「亜美と真美のどっちが好きですか!?って質問だよ」

春香「えぇー…!?そんなの、どっちかなんて決められるわけ…」

亜美「…はぁ……」

真美「これだから……」

春香「ちょっ!これだから、何!?」

亜美「はるる~ん、どっちか選べないなんて聞き飽きたんだよ」

真美「双子はこういうときニコイチで語られることが一番嫌いなの!」

春香「…そ、そんなこと言われても……」

亜美「しいて言うならで良いんだよー」

真美「パッと決めちゃってよー。何もないからさ!」

春香「……んー、そこまで言うなら……」

※コンマ奇数…亜美 偶数…真美


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 14:27:30.37 ID:GZd23yvt0

春香「私は……亜美かな」

亜美「よっしゃ→!やったー!」ダキッ

春香「あ、亜美!?」

亜美「はるるんありがと→ん、亜美もはるるんのことチューしたいくらい大好きだよ」

春香「ど、どういたしまして…でもキスは遠慮しとくね…あはは」


真美「…………なんでさ」

春香「……真美…?」


真美「……なんで真美じゃなくて亜美なの…?」

春香「あのっ、別に深い意味は……」

真美「亜美のほうが人気あるから?」

春香「だから、そういうことじゃなくて……あの…その…」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 14:31:36.28 ID:GZd23yvt0


真美「…ううん、いいんだ」

真美「……真美だってはるるんのこと大好きなのに………」


真美「……フラれちゃった…」

春香「えぇっ!?ふ、ふふふ振ったとかそういう気持ちは一切ないよ!」

真美「……ぅっ……ぇぐっ……っく……」

春香「…ま、真美!泣かないで!ほら、私は真美のことも大好きだから……」

真美「……グスッ…ホント?」

春香「ほ、ホントだよ!」

真美「……じゃあ証明してよ…」

春香「えっ?」


亜美「(これって普通に考えて選ばれなかったほうがお得だよね→)」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 14:36:43.81 ID:GZd23yvt0


春香「…しょ、証明だなんて……どうすれば……」

真美「…………」

春香「……真美…どうすればいい?お願い教えて…」

亜美「(さあ亜美選手、天海選手にいったい何をおねだりするんでしょうか!?)」


真美「……」ギュッ

春香「真美?あの…」

亜美「(はるるんの腕を掴んで連れて行くのは……事務所のソファー)」

真美「………」グイグイ

春香「…あの…座ればいいの?」

亜美「(そこに座らせて………)」

真美「………隣、座るよ」

春香「うん……」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 15:31:34.16 ID:GZd23yvt0

>>33訂正
亜美「(さあ真美選手、天海選手にいったい何をおねだりするんでしょうか!?)」

5時から出かけないといけないんで乗っ取ってもいいよ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 14:39:37.61 ID:GZd23yvt0


亜美「(そしてぇ……?)」


真美「…………」ギュゥ

春香「………!」


亜美「(ひゃー、くっついて腕組みやがった!コイツはしびれるぅ!)」


春香「…………真美」

真美「………はるるん、好きだよ」

春香「ぁぅっ…!」


亜美「(うわー、アマアマ空間だよ…亜美は一人ぼっちだよ……)」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 14:42:06.22 ID:GZd23yvt0

春香「……あのっ、そのっ、わた、わた春香さんはなんていうか…」

真美「…………」

春香「やっ、やっぱり女の子同士だし……なんていうか、その…」

真美「…………」

春香「………こっ、こっ、こま、る…っていうか……」


亜美「(はるるん顔真っ赤じゃん……カンペキ勘違いしてるね)」


春香「だからっ、その、ね……?真美、えっと…」

真美「……ジョーダンだよ!」

春香「……はっ!?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 14:44:38.17 ID:GZd23yvt0


真美「なになにー?はるるんはソッチの話だって思っちゃったのかな?んー?」

春香「……もうっ、真美!」

真美「照れてるはるるんか→わいい!あはは」

春香「………し、知らないもん!バカっ!」

真美「そう怒んなさんなーはるるん」

チュッ

春香「!!」

真美「大好きなのはウソじゃないもんね!んっふっふ~」

春香「…………」


亜美「(…ヒュー……)」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 14:47:54.14 ID:GZd23yvt0

春香「………もう……」

亜美「…あのー、そろそろいいでしょーか」

真美「あ、うん!はるるんありがと→、またね」


春香「……やられた……」


亜美「真美、やりますな→。あまあみでもあままみでもなくあまあまでしたぞ」

真美「はるるんごとき、真美が本気出せばあんなモンですよ→」

亜美「こりゃ将来に期待ですな」

真美「さあさあ、まだまだ行くよ!次はひびきんだ!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 14:53:00.48 ID:GZd23yvt0


──────

♪~


亜美「…いたいた。ダンスの自主練やってるよ」

真美「さすがサマになってるねー」

亜美「……あ、終わったみたいだよ」

真美「よし、突入!」

ガチャ


響「お?亜美と真美じゃん!レッスンしに来たのか?」

亜美「ひびきんお疲れ→」

真美「レッスンしに来たんじゃないんだー、ちょっとひびきんに用事がね」

響「自分に?どうしたの?」


亜美「ズバリ!決めていただきましょう」

真美「亜美と真美、どっちが好きですか!?」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 14:56:44.75 ID:GZd23yvt0

響「えー!?そんなの決められないぞ!」

亜美「これさー、みんな答え方最初から相談してんの?」

真美「そう思っちゃうくらいおんなじ反応だよね→」

響「そんなこと言われたって、仕方ないよ!自分、二人とも好きだし……」

亜美「おー…」

真美「ひびきんは優しいねー」

響「え?……そ、そうか?えへへ」


亜美「 そ ん な 優 し さ い ら な い の よ っ ! ! 」


響「!?」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 15:00:36.31 ID:GZd23yvt0


亜美「あなたはいつもそうやってはぐらかす!」

響「…な、何だ?亜美」

亜美「それが……その優しさが、私たちを傷つけているとも知らずにっ……」

響「…そ、そんなこと言ったってしょうがないじゃないか!選べるわけない…」

亜美「お願い!ハッキリして!私を選ばなくてもいいの……!」

響「亜美…」

亜美「せめて……せめて、確かな答えが欲しいのっ……!」


真美「つまりね、あえて選ぶならでいいからどっちか決めてってこと」

響「…うん」

亜美「ひびきんも演技力あるね→」


響「じゃあ……どっちかって言われたら…」

※コンマ奇数…亜美 偶数…真美


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 15:04:56.80 ID:GZd23yvt0

響「自分は……亜美かな」

亜美「I did it! やったぜひびきん!」ダキッ

響「わっ!抱きつくな、いま汗臭いから……」

亜美「いい匂いだよー?」クンカクンカ

響「かっ……嗅ぐな!」


真美「…………」

響「……あ、真美。違うんだぞ、これは……」

真美「……ううん。いいんだ…ひびきんは亜美が好きなんだよね」

響「えっと……そうじゃないんだ」

真美「……」

響「………あの…」


亜美「(真美がひびきんをオトすところを特等席で見られるっていいね)」


53: >>52社長やPと同じ特別枠ってことで 2012/07/18(水) 15:09:39.73 ID:GZd23yvt0


響「………真美、こっち向いてよ」

真美「………やだ」プイ

響「す、拗ねるなよ……さっきのはさ、別に深い意味は……」

真美「………どうせ真美のことなんか好きじゃないんだから、亜美とイチャイチャしてたらいーじゃん」プイ

響「…だからさ……真美」

亜美「(小悪魔だねぇ)」


真美「………」ツーン

響「………うー…」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 15:16:18.32 ID:GZd23yvt0

響「……真美ー、許してくれよ…とりあえず選べって言ったじゃんか」

真美「……そんなこと言われたって…」

真美「……ちょっと傷ついたもん」

響「………自分は真美だって同じくらい大好きさー!ほら、元気だしなよ!」

真美「………ホント?」

響「ホントさー!いまのはただ頭の中で『どちらにしようかな』をやって亜美に決まっただけで…」

亜美「(適当だったのか!)」

響「そりゃ亜美も大好きだけど、同じくらい真美も好きだぞ!うん、大好き!」

真美「……信じていいの?」

響「もっちろんさ!」

真美「………じゃあさ」


真美「…クンクンさせてくれたら許してあげる」

響「えっ」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 15:18:42.71 ID:GZd23yvt0

真美「亜美がさっきひびきんのこといい匂いだって言ってた!」

真美「真美のことが好きなら真美にもさせてくれるはずだ!」

響「ちょ、ちょっと待ってよ!だから汗臭いから……」

亜美「パイナップルの匂いだよ」

響「ウソつくな、亜美!」

真美「よし!突撃します!!」

響「あっ!まさかさっきまでのは演技だったって言うのか!?こら、真美!」

真美「ひ~びきちゅぁ~ん!」ダーイブ

響「ぎゃああ!!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 15:22:25.15 ID:GZd23yvt0


「だからっ!いい匂いなんて、あっ、しないぞっ、やめっ、」

         「んっ、そんなとこ顔ちかづけるな、んやっ…」

「ま、待って!そこだけはダメ!絶対……んんっ!ダメ!」


     「……おねが…許し…んっ…やめっ……はぁっ…はぁっ…」


  「………あっ……そこは……」


                   「も……限界……はなし…て……」



真美「…ひびきん、えっちぃ顔してる…匂いかいだだけなのに~」

響「はぁっ…はぁっ…許さない………ぞ……」

亜美「ひびきんはそこでゆっくり休んでるといいよ」


真美「さて、次行こう!」

亜美「正直亜美もやりたかった!次行こう!」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 15:30:05.53 ID:GZd23yvt0


ガチャ


真「響ー、遅れてごめん……あれ?響どうしたの?」

亜美「あ、まこちんちょうどいいところに」

真「二人もレッスンしに来たの?……響に何かあった?」

真美「なーんにも」

響「まこと……にげろ……」

真「えっ?何?」

亜美「ダンスレッスンの前に質問に答えろだってさ」

真美「まこちんはー、亜美と真美どっちが好き?」

真「え?……うーん、迷うなー…」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 15:36:54.41 ID:GZd23yvt0


真「…もしかして響にも同じ質問した?」

亜美「まあねー。でもこうなってるのは関係ないよ」

響「…あ…る……」

真美「さあさあ、どっち?言ってみて」

真「…ボクは二人とも好きだし……まあどっちか選べって言うなら…」

亜美「さすがまこちん、話がわかるね」

真美「何でもいいからさ、とりあえず決めてみてよ!」

真「……よし。分かった」

※コンマ奇数…亜美 偶数…真美


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 15:41:00.36 ID:GZd23yvt0


真「ボクなら亜美を選ぶかな」

亜美「ありがとう、まこちん!」ダキッ

真「わっ…ははは、しょうがないな」

亜美「嬉しいよ!チューしていい?いい?」

真「えっ!?……うん、まあいいよ」

亜美「あーん、まこちん愛してるよ」チュ

真「……あはは、照れるな………」


真美「…………」

真「……あ…ち、違うよ真美。ボクは真美だって好きだよ…?」

真美「……うそだ」


亜美「(うーん、選んでくれるのは嬉しいけど真美がうらやましい)」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 15:48:01.59 ID:GZd23yvt0


真美「……みんな亜美ばっかり」

真美「どうせ真美なんか不人気だよ…双海リュウグウジャナイホウに名前変えたほうが良いんだよ…」グスッ

真「ま、真美……そんなことないって。真美だって最近頑張ってるじゃないか」


亜美「(…お互い複雑だねぇ。真美)」


真美「まこちんだって…だから亜美って言ったんじゃないの?」

真「ち、違うよ!ボクはただ……」

真美「………」

真「ホントだよ!信じて、ね」


真美「……じゃあさ」

亜美「(次はどんなヨーキューを……)」


真美「今から真美のこと口説いてみて」

真「…え?」

亜美「(ほう…そうきたか)」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 15:51:30.30 ID:GZd23yvt0


真「何言ってるんだよ…女同士なのに」

真美「カンケーないもん」

真「あのねぇ……」

真美「じゃないとこれからずっと亜美の髪型して来てやる」

真「そ、それは困る……」

亜美「まこちんまこちん」チョイチョイ

真「……どうしたの?」


亜美「亜美からもお願いするよ、いっぺん本気出してみて」ヒソヒソ

真「でも……」ヒソヒソ

亜美「真美の機嫌を直すにはそれしかないよ!」ヒソヒソ

真「…………」

真「……分かった。本気でやればいいんだね?」ヒソヒソ

亜美「うん!真美のこと骨抜きにしちゃえ」ヒソヒソ


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 16:04:14.76 ID:GZd23yvt0


真「(一度演劇で王子様役をやったから…似たような感じでいいのかな?)」

亜美「(これはうらやましい……なんで亜美が損してる気分にならなきゃダメなわけ?)」


真「……真美。こっち向いて」

真美「……なに…」

チュ…

真美「ひゃん…」

亜美「(いきなりオデコにチューだと)」


真「ボク……真美が相手なら、王子様になってあげてもいいって思ってる」

真美「…え……?」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 16:05:32.22 ID:GZd23yvt0


真「確かに亜美はかわいいよ。いつも元気だし…亜美のことは好きだ。だけど」

真「真美は……一緒にいるとなんだかドキドキするし…幸せな気持ちになれる」

真「なんていうか……綺麗だ」

真美「………」

ギュゥ

真美「ふぁっ……」

真「ごめんね。さっきは照れくさくて真美って言えなかったんだ…許して」

真「…ホントは、誰よりも真美のこと、大好きだよ」ボソ

真美「ぁんっ……」


亜美「(真美が言葉だけでエロい声を!)」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 16:09:08.46 ID:GZd23yvt0


真「……真美?」

真美「………ん…許す…///」

真「…ありがと」

亜美「(……………)」

真「……あの…真美?そろそろ話してくれると」

真美「………ん…」チュゥ

真「」


亜美「(ひゃああぁぁぁぁああああ!!!!!」


真美「えへへ……お返し」

真「………」


亜美「もう終われ!!!うらやまけしからん!!!!」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 16:10:30.37 ID:GZd23yvt0

訂正
真「……あの…真美?そろそろ話してくれると」

真「……あの…真美?」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 16:16:18.32 ID:GZd23yvt0


亜美「まこちん……やりすぎ」

真「だって…本気でやれって言ったのは亜美じゃないか」

真美「………///」

真「…とにかく。これでいいかな?」

亜美「上出来すぎるよ…ピヨちゃんがいなくてよかったよ」

亜美「とにかく亜美たちはもう行くね。ありがと」

真「うん。分かった」

亜美「…真美?行くよ。しっかり」

真美「…まこちん………///」

真「…あはは……また後でね。響、起きて」

響「……おきてるぞ…」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 16:19:42.44 ID:GZd23yvt0


亜美「大丈夫?」

真美「………///」

亜美「………くそぅ!亜美もやってほしかった!」

亜美「次は千早お姉ちゃんだよ!しっかり」

真美「…あ、あいさー!」


──────

亜美「こちら亜美。真美隊員、首尾の報告を。どうぞ」

真美「こちら真美。現在千早お姉ちゃんは事務所で楽譜のチェックをしている模様」

亜美「了解。準備が整い次第目標への接近を始める。オーバー」

真美「了解。オーバー」

亜美「んじゃ行こう」

ガチャ

真美「千早お姉ちゃーん」

千早「…あら。二人そろってどうしたの」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 16:24:00.30 ID:GZd23yvt0


亜美「今忙しい?」

千早「楽譜を読むのに集中したいところだけど……何か用があるのよね?」

真美「さっすが千早お姉ちゃんは優しい~」

千早「はいはい、ありがとう。どうかしたの?」

亜美「では、千早お姉ちゃんに質問です!」


亜美真美「「亜美と真美、どっちが好きですか!?」」


千早「……うーん…迷うわね…」

亜美「遠慮しなくていいよ!あ、どっちもはナシだかんね」

千早「まあ、それは…なんとなく分かるわ」

真美「さっすが~」

千早「……正直言うと選びづらいけど、そうね…あえて言うとしたら」

※コンマ奇数…亜美 偶数…真美


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 16:29:21.37 ID:GZd23yvt0


千早「……真美かしら」

亜美「よっしゃ!」

千早「えっ?」

亜美「いや…なんでもないよ」

真美「うぇーん、真美のことちゃんと選んでくれた~……!」ダキッ

千早「ちょ、ちょっと…真美…」

真美「千早お姉ちゃんだいすきだよぉ~…!」

千早「…全く。どういう風の吹き回し?」ナデナデ


亜美「……ガクッ……千早お姉ちゃんは…亜美より真美のほうが好きなんだ……」

千早「…別にそんなことは…ただ、亜美に比べて一緒にいる時間が長いから」

亜美「…やっぱり真美のが好きなんじゃん……!」

千早「…亜美……深い意味はないから安心して…」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 16:34:45.17 ID:GZd23yvt0

千早「というか、無理やり選ばせたのは二人じゃない……もっと軽いものだと…」

亜美「軽くても重くても大きくても小さくても、真美が選ばれた事実に変わりはないんだよ……」

千早「亜美、お願い…その、深く考えないでくれると助かるんだけど」

亜美「…………」ニヤリ


亜美「……だったら…亜美のお願い聞いてくれる?」

千早「お願い……?え、ええ…いいわよ。何でも言ってちょうだい」

真美「(千早お姉ちゃんは、あんまり変なこと頼むと起こりそうだね→)」


亜美「………じゃあ、楽譜見ながらでいいからさ……」


亜美「…膝の上座ってもいい?」

千早「わ、私の上に?」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 16:41:08.12 ID:GZd23yvt0


亜美「うん……」

千早「…まあ、そのくらいなら構わないけど……」

亜美「えへへ…やったー」

千早「しょうがないわね…ほら、どうぞ」ポンポン

亜美「失礼しまーす」ポスン

真美「いいなー」

亜美「あっ……すっごく気持ちいい」

千早「……きっとそんなことないわよ」

亜美「もたれていい?」

千早「…どうぞ」

亜美「よいしょっと」コテン

真美「亜美ー、どんな感じ?」

亜美「…なんか安心できる」

千早「…どうしてかしらね」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 16:48:15.18 ID:GZd23yvt0


亜美「……♪」

千早「……」ペラッ

真美「(暇だー)」

亜美「……♪」

千早「………デクレシェンド…」

亜美「あ、そうだ」クルン

千早「どうしたの、いきなり回転して……えっ」

亜美「……えへへ、これどう?」

千早「…なんで私の首に腕を回すの?」

亜美「えー?このほうが千早お姉ちゃんの顔近くで見れるから」

千早「そ……そう…」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 16:50:20.80 ID:GZd23yvt0


真美「いいなー、お姫様抱っこ状態だ」

千早「……こういうのは真にでも頼んだほうがいいと思うけれど。楽譜が読めない…」

亜美「まーいーじゃんいーじゃん」ギュッ

千早「きゃっ……」

亜美「はー、千早お姉ちゃんに抱きつくの楽しいなー。んひひ」

千早「…………もう」

真美「(うらやましいなー)」

亜美「…………」

千早「…………」

真美「…………」

亜美「千早お姉ちゃーん」

千早「…今度は何?」

亜美「チューして」

千早「えっ」

真美「!?」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 16:55:01.82 ID:GZd23yvt0

千早「なっ、何言ってるの」

亜美「だって亜美の言うこと聞いてくれるって言ったもん」

千早「だ、だからって……」

亜美「おねがーい。してくれなかったら亜美が勝手にするもん」

千早「…むしろそうして」

亜美「お口にね」

千早「!?」

真美「亜美、やりすぎ!」

亜美「真美なんてひびきんのからだじゅう嗅ぎまわってたくせに!」

真美「亜美は律っちゃんに好きって言ってもらってたじゃん!」

千早「あっ、あなたたち一体何してきたの!?」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 16:59:12.25 ID:GZd23yvt0


千早「……わかったわ。流石に女同士とはいえ、口同士なんて洒落にならないから」

亜美「待って、待って千早お姉ちゃん」

千早「…何よ」

亜美「もっとさー、ムードってあるじゃん?」

千早「……ムード?」

亜美「こう……そうっと抱き寄せて」

亜美「『愛してるわ、亜美』」

亜美「っていってやさしーくチューしてほしいの」

千早「…………」

真美「ずるい、亜美」

亜美「千早お姉ちゃんはいっつもクールだから、たまにはそのくらいしてほしいんだもん」

千早「……ホントにあなた達、どうかしてるわ」

亜美「いいもん。ほらほら、早く早く!」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 17:02:50.06 ID:GZd23yvt0


千早「………分かった。じゃあ、それが済んだらどいてくれる?」

亜美「きちんと注文どおりにやってくれたらね」

千早「…………」グイ

亜美「えっ?」

ドサッ

千早「………亜美」

亜美「えっ?えっ?えっ?何で押し倒されてるの?」

真美「(ひゃああああぁぁぁぁああああ!!!!!」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 17:04:05.49 ID:GZd23yvt0


千早「…こっち向いて。亜美」

亜美「あっ、まって、そんな、急に……」

千早「先に言い出したのはあなたよ……ほら」クイッ

亜美「あ、う……」


千早「亜美……愛してる…」ボソッ

亜美「ひゃっ……」

チュ

亜美「」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 17:06:24.23 ID:GZd23yvt0


千早「……これに懲りたら、年上をからかうのはやめなさい」

亜美「」

真美「……ヒュー…」

千早「真美。連れて行って」

真美「……はい………」


バタン


真美「亜美、大丈夫?」

亜美「……///」

真美「///こりゃさっきの真美より重症かもね……」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 17:07:36.37 ID:GZd23yvt0

出かける時間です
10時には戻ってこれるけどさ
もうただの百合スレだよねこれ
おれ知らないよ?

乗っ取り大歓迎


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 21:43:03.25 ID:GZd23yvt0

たらいま
飯食ってぼちぼち再開します

>>134>>190がすばらしすぎる
できれば押し倒してるところ描いて欲しいかなーって


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:02:26.34 ID:GZd23yvt0


──────

真美「亜美、大丈夫?次行くよ?」

亜美「あはは…大丈夫。次は誰?」

真美「お姫ちんです」


貴音「おや。亜美に真美」

亜美「グッドタイミング!」

真美「お姫ちーん、聞きたいことがあるんだ」

貴音「はて、何でしょう」

亜美「亜美と真美、どっちが好き!?」

貴音「………それは、とんこつか塩か選べというほど残酷な…」

真美「あんま大したことないんじゃ~ん」

亜美「軽い気持ちでさ、サクっと決めちゃってよ!」

貴音「…まこと難しい質問です」


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:05:06.20 ID:GZd23yvt0

貴音「亜美も真美もとても可愛らしく、甲乙を付けられるものでは……」

亜美「もー、お姫ちんは優しいんだから~」

真美「その優しさが時に人を傷つけることすらあるんだ~」

貴音「しかし…」

亜美「どっちを選んでも恨みっこナシだよ→」

真美「さあさあ、早く!」

貴音「……そうですか。では、あえて選ばせていただくと……」

※コンマ奇数…亜美 偶数…真美


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:11:26.68 ID:GZd23yvt0


貴音「……あえて選ばせていただくと、真美です」

真美「いやっほう!!ありがとお姫ちん!」ダキッ

貴音「こら、真美……」

真美「嬉しいなぁ、嬉しいなあ!」

貴音「そ、そこまで喜んでいただけるとは……光栄…」


亜美「…………そっか…」

貴音「…あ、亜美。これは……」

亜美「お姫ちんは真美が好きなのかー……残念」

貴音「……亜美…」


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:13:13.88 ID:GZd23yvt0


亜美「ううん、気にしないで。良いんだよ…亜美は……亜美は…」

亜美「………………」

貴音「…………」

亜美「…………ぅぇぇぇ……」


貴音「亜美!申し訳ありません……!あなたを傷つけるつもりは……」

亜美「お姫ちんにきらゎれたぁ………!」

貴音「決してありえません!貴女を嫌いになるなど……」

真美「(まーたおいてけぼりだ)」


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:20:42.17 ID:GZd23yvt0


貴音「先ほどの答えに意味などありません……私は亜美のことももちろん……」

亜美「……グスッ…でも真美を選んだもん……」

貴音「本当です。亜美のことも好きに決まっているではないですか……」

亜美「……ヒック………」

貴音「……亜美。どうすれば信じてもらえるのか………」

亜美「…………じゃあ……」

貴音「…何です?」


亜美「……頭なでて」

貴音「……もちろんです。亜美…」

真美「(あれ、意外と普通だ)」


228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:26:44.61 ID:GZd23yvt0


亜美「まって…こっちで…」

貴音「こちらに……そふぁに座れば良いのですか?」ポスン

亜美「………座るよ」ストン

貴音「………あの、亜美…この体勢は………」


真美「(うっわー!あの格好兄ちゃんがこの前言ってたやつだ!!)」

真美「(これが……タイ・メンザイ……!!)」


亜美「…なでて……」

貴音「……これで良いでしょうか?」ナデリナデリ

亜美「…ん……もっと……」


233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:31:24.20 ID:GZd23yvt0

貴音「………亜美。機嫌を直して……」ナデリナデリ

亜美「ふぁ……きもちぃ…」トロン

貴音「…………」ナデリナデリ

亜美「……ん…はぁ……」


真美「(…………)」ドキドキ


貴音「………あの、亜美…そろそろ…真美も見ています……」

亜美「…だめ…」ギュゥ

貴音「あ、亜美っ……そんなにきつく……んっ……」

亜美「…つづき……」

貴音「………」ナデリナデリ


真美「(えっろ………)」ドキドキ


235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:36:26.45 ID:GZd23yvt0


亜美「…………はぁ…っ…」

貴音「亜美、もう少し力を緩めて……」ナデリ…

亜美「……まだだよ…」ギュゥ…

貴音「っ……」ナデ…

亜美「………お姫ちん……亜美のこと好き、って言って」

貴音「……………あ、亜美……」ナデリ…ナデリ…


真美「」


貴音「……亜美…好きですよ」ナデリナデリ

亜美「……ありがと。……大好き」

貴音「っ……」


真美「(止めていいのかな……ダメなのかな…)」


237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:41:36.15 ID:GZd23yvt0


亜美「………ふぃーっ、お姫ちんはナデナデするの上手だもんね→」

貴音「そんなことは……」

亜美「おかげでちょっと眠くなっちゃったよー」

真美「……と、とにかく!お姫ちん、ありがとね!」

貴音「…ええ。もう行ってもよろしいでしょうか」

亜美「うん!バイバーイ」


真美「……亜美さ、だんだんやることがエスカレーターしてない?」

亜美「普通だよ→。あと、エスカレートじゃないの?」

真美「……まあいいや。次行こ」

亜美「四条の次は?」

真美「高槻だよ」

亜美「…ほほう」


242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:46:56.21 ID:GZd23yvt0


──────

やよい「あ、二人とも!」

亜美「やっほ→やよいっち」

やよい「何してるの?」

真美「みんなのところ行って遊んで回ってるんだよ」

やよい「へー。で私のところに来てくれたんだ!えへへ」

亜美「んでね、やよいっちに質問があるんだー」

やよい「なに?」

真美「それはね……亜美と真美、どっちが好きですか!?って質問だよ!」


244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:49:55.64 ID:GZd23yvt0


やよい「えぇっ!?そ、そんなの選べるわけないよ……」

亜美「いいんだよ→やよいっち、何も考えずパッと決めちゃってさ」

真美「どっちを選んだってなーんにもないから!なーんにも!」

やよい「えぇ………?でも……」

亜美「いいからいいから!」

真美「ホラホラ!!」

やよい「うーんと、えーっと……うぅ……」

※コンマ奇数…亜美 偶数…真美


246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:51:16.87 ID:GZd23yvt0

やよい「………あの、ホントに選ばなきゃダメ?」

亜美「そういうルールなの!」

真美「どっちでもいいんだYO!」

やよい「…あの、それじゃぁ……その……あぅ………」

※コンマ奇数…亜美 偶数…真美


248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:54:21.11 ID:GZd23yvt0


やよい「……………うーんと………うー…」

亜美「早く決めちゃいなよ→」

やよい「ご、ごめんね……その……」

真美「はい!3、2、1、どうぞ!!」

やよい「………えと……うぅ………うぅ……!」

※コン



やよい「…や、やっぱりどっちかなんて無理ですぅ…だって二人とも好きなんだもん~……!」



亜美「………」

真美「………」


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:57:26.28 ID:GZd23yvt0


亜美「………真美」

真美「………オッケー」

やよい「……や、やっぱりダメ……?」


亜美「いいに決まってるよ~!!」ダキッ

真美「やよいっちはホントに天使だな~!!」ダキッ

やよい「はわっ!?ふ、二人とも……!?」

亜美「ホントはダメだけど、かわいいから特別許す!」ギュゥー

真美「ありがとやよいっち!!真美たちも大好きだよ!!」ギュゥー

やよい「ぁわわ……ど、どうしたの……こういう遊びなの……!?」


259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 23:02:18.20 ID:GZd23yvt0


亜美「はい!かわいいやよいっちにはご褒美のチューをあげます!」チュ

真美「あげます!」チュ

やよい「えっ!?えっ!?」

亜美「ほらほら~ん、キスされたらどうするの?」

やよい「えっ、ど、どうすれば……」

真美「お返し、だよ。ん」

やよい「………こ、こう?」チュ

亜美「こっちにも!ん!」

やよい「……う、うん」チュ


263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 23:03:45.42 ID:GZd23yvt0


真美「お返しのお返し!」チュ

やよい「あぅ……お、お返し!」チュ

亜美「こっちもだ!」チュ

やよい「もう、またやった!」チュ

亜美「まだまだ!」チュ

やよい「えい!」チュ

真美「ほい!」チュ

やよい「はい!」チュ



…………


267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 23:07:36.08 ID:GZd23yvt0


──────

亜美「………ふぇぇ……ちかれた……」

真美「……クチビル腫れちゃうよ……」

やよい「……つ、疲れました……」

亜美「……やよいっちは2倍だもんねー…」

真美「よーやった、よーやった……」

やよい「……でも、なんだかとっても楽しかったかなーって!」

亜美「………」

真美「………」


やよい「…ま、またやりたいかな………なんて……えへへ…」


亜美「ワァォ……」

真美「…ヒュー……」


273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 23:11:07.46 ID:GZd23yvt0


やよい「じゃぁ、またねー」


亜美「……真美さんや」

真美「……ええ、いましたな」

亜美「……女神様じゃ」

真美「ありがたやありがたや……」


亜美「で、次は?」

真美「えーと、たの次だから…な、は…」

真美「…ゆきぴょんだ!」

亜美「…ゆきぴょんか!」

真美「いざっ!」

亜美「れっつゴ→!」


274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 23:12:18.16 ID:GZd23yvt0

風呂


289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 23:44:14.97 ID:GZd23yvt0


──────

雪歩「あ、亜美ちゃん真美ちゃん。こんにちは」

亜美「おひさーゆきぴょん」

真美「遊びに来たよー」

雪歩「そうなんだ。ふふっ、いらっしゃい」

真美「早速なんだけどさ、質問に答えてほしいんだよね」

雪歩「質問?いいよ。どうしたの?」

亜美「亜美と真美、どっちが好きですか!?」

雪歩「………む、難しい質問だね…」


291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 23:46:48.08 ID:GZd23yvt0


亜美「まあまあそう考えなくてもい→よ」

真美「テキトーで構わないからさ!」

雪歩「そ、そう……?でも、私は二人とも好きだよ」

亜美「あーん、それはもういいの」

雪歩「……二人とも、ほっぺ赤くない?」

真美「えっ!?いや、なんでもないんだよ」

亜美「それはどうでもいいからさ、ほら早く言ってみて!どっちが好き!?」


雪歩「うーん…迷うなぁ……けど、どっちかって言ったら……」

※コンマ奇数…亜美 偶数…真美


299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 23:52:24.19 ID:GZd23yvt0

雪歩「どっちかって言ったら、真美ちゃんかな」

真美「ゆきぴょーん…」ダキッ

雪歩「えっ?!ど、どうしたの真美ちゃん…!?」

真美「嬉しい……ありがとう」

真美「(でも選んでほしくなかった!)」

雪歩「…へ……テキトーでいいて、今言ってたのに……」


亜美「………ゆきぴょんは真美のが好きなんだ……」

雪歩「あ、亜美ちゃん!?そ、そんなこと……いや、もちろん真美ちゃんも好きだけど、亜美ちゃんだって…!」

亜美「……ううん!いいんだよ!気にしないもん!」

雪歩「あ、亜美ちゃん……」

亜美「べつに、ゆきぴょんが好きじゃなくたって、亜美、全然……」

亜美「……へいき…だから」

雪歩「…………」

亜美「………へーき………グスッ」

雪歩「あ、亜美ちゃぁぁん!!ごめんね、ごめんね!!私、そんなつもりじゃぁ…!!」


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 00:00:01.65 ID:u5MwdTJA0


亜美「……うぅ……ウッグ……もーいいよっ……グシュ」

雪歩「亜美ちゃん……違うの…あのね、私……!」

亜美「………ごめん、困らせるつもりなんかなかったのに………グスッ」

雪歩「そ、そんな!困ってなんかないよ、ただ……」

亜美「……ただ?」

雪歩「……その…うぅ、恥ずかしい……」

雪歩「わ、私は!……亜美ちゃんのことも、ちゃんと好きだよって…言いたくて……」

亜美「………」

雪歩「亜美ちゃん…ごめんね……」


亜美「……だったら」

亜美「……亜美とキスできる?」

雪歩「……え?」


真美「(直球勝負だー、うらやましい)」


309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 00:03:00.17 ID:u5MwdTJA0


雪歩「ま、待って!ど、どうしてき、っき、き、すのはな、し、に」

亜美「……できないんだ」

雪歩「だって……だって、私たち女の子同士で……」

亜美「……うそ。こないだ真美とキスしてた!」

真美「!?」


雪歩「え、えぇっ!?し、してないよそんなこと……!!」

亜美「見たもん!!」

雪歩「そ、そんなの誤解だって………!」

真美「(ホントにしてないよ?)」


314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 00:09:54.19 ID:u5MwdTJA0


亜美「……真美とはしたのに、どうして亜美とはできないの……!?」

雪歩「だ、だから本当に……!」

亜美「……なんでなのっ!?……っく、うっ……うわぁぁぁあん………」

雪歩「……あ、亜美ちゃん……お願い、泣き止んで……」


真美「(…これは、兄ちゃんが言ってた男をオトす方法のうちの一つ!)」

真美「(ウソから出たまこちん作戦!優しいゆきぴょんは……)」

真美「(何もしてなくても、認めて亜美としてあげないといけないような気になっちゃうんだ!)」

真美「(……なんて妹……)」


317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 00:13:01.51 ID:u5MwdTJA0


亜美「あぁぁぁぁぁあぁああん………ゆきぴょんは亜美が嫌いなんだぁぁぁぁ……!!」

雪歩「お、落ち着いて亜美ちゃん……」

亜美「わぁぁぁああん………」

雪歩「…………っ…」


雪歩「亜美ちゃん!」ダキッ

亜美「!?」

真美「!?」


雪歩「……い、」


雪歩「い、一回だけ……だったらいいから……」

亜美「………!?」

雪歩「だからっ……泣かないで……」


324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 00:20:15.82 ID:u5MwdTJA0


雪歩「………ほ、ホントに一回だけだよ……」

亜美「…………」

雪歩「ほっ、ホントだよ……」

亜美「………いい」

雪歩「……え?」

亜美「しなくていい。ゆきぴょんいやそうだし」

雪歩「そ、そんなこと……亜美ちゃん…?」

亜美「…その代わり」


ドサッ


雪歩「…え……?」

亜美「………」

雪歩「……ま、まって…どうして押し倒すの…?」


亜美「首に跡残すくらいなら、キスに入んないよね…?」


327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 00:24:19.16 ID:u5MwdTJA0


雪歩「……こわいよ…亜美ちゃん……」

亜美「怖くないよ」スッ…

雪歩「ひっ……だ、ダメ…!」

亜美「ゆきぴょん……かわいい」

雪歩「あっ…ま、まって、だめ……」

亜美「……綺麗な首筋…」サワッ

雪歩「いやっ……やめて、お願い…グスッ…」

亜美「……いくよ」

雪歩「やめてっ……やめてっ……!!」



亜美「………なんてね」

雪歩「…えっ」

亜美「ごめんね」チュッ

雪歩「!」


331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 00:27:15.00 ID:u5MwdTJA0


亜美「……だって、ゆきぴょんあんなにビクビクしてるのに…なんもする気にならないよ……」

雪歩「…………」

亜美「ちょーっと驚かせようとしただけなんだ……許して」

雪歩「…………」

真美「…ゆきぴょん?」


雪歩「……あっ…あっ……亜美ちゃんの、ばかぁ……!」

雪歩「……ヒッ、ッグ…こわか、った…っ…!」

雪歩「……エフッ、グシュ、ッグス………」

亜美「……あ、ゆきぴょん……」

真美「(あちゃー)」


353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 00:33:00.21 ID:u5MwdTJA0


雪歩「…グスッ……ヒック………」

亜美「ごめんなさい…ごめんなさい……」

亜美「ゆきぴょん……ごめんなさいっ……!」

真美「………亜美…ごめん、止めらんなくて」

亜美「真美ぃ……どうしよう、こんどこそ嫌われる……!」


雪歩「…っそ、それはっ、グシュッ…ないよっ……」

亜美「……!?」

真美「ゆきぴょん……」


359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 00:35:15.50 ID:u5MwdTJA0


亜美「ゆきぴょん……嫌いにならないでいてくれるの…?」

雪歩「…………」コク

亜美「だって、亜美、ひどいことしたのに……」

雪歩「………へいきだよっ……」

亜美「………」

雪歩「……だって……私……」

亜美「………」

雪歩「だって………」


チュッ


雪歩「私も亜美ちゃんのこと、好きだから。…えへへ」


亜美「」

真美「」


371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 00:38:21.75 ID:u5MwdTJA0


真美「……あれ?あれ?」

亜美「どーなってんの……」

雪歩「……二人とも、私をどうにかしようだなんてひどいね。ふふっ」


亜美「……なんてこった」

真美「……真美たちは踊らされていたのか……」

雪歩「ごめんね。ちょっとだけお芝居しちゃった」


亜美「……マジか…」ヘナヘナ

真美「やられた……」ヘナヘナ

雪歩「ビックリしてる亜美ちゃん、可愛かったよ」


390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 00:43:32.09 ID:u5MwdTJA0


亜美「…………」

真美「ホントだよ、亜美。真美とゆきぴょんがキスしてるなんて、そんなウソどっから出てきたの?」

雪歩「ごめんね、真美ちゃん」

真美「え?」


雪歩「こないだお茶飲んだ後、お昼寝してたでしょ?」

雪歩「寝顔が可愛くて……つい」

真美「…………」

雪歩「まさか亜美ちゃんに見られてただなんて……ごめんね」


真美「」


401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 00:46:48.15 ID:u5MwdTJA0


雪歩「またねー」


亜美「………」

真美「………」

亜美「……してやられましたな」

真美「…ましたな……」

亜美「……まあ、ゆきぴょんもかわいいから許す!」

真美「……そだね。今度ゆきぴょんが寝てるときにやり返してやる」

亜美「お次は~?」


真美「ミキミキだよ!」

亜美「よし!急げ!」


407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 00:48:30.27 ID:u5MwdTJA0

ちょっと休憩する
30分ほど


435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 01:23:06.20 ID:u5MwdTJA0


──────

亜美「ミッキミキ→!」

真美「あーそーぼ!」

美希「あれ、亜美真美なの」

亜美「今ヒマ?」

美希「うん!ちょうど誰か来ないかなーって思ってたとこ」

真美「こりゃちょうどいいね→」

美希「どうかしたの?」

亜美「ミキミキに質問があります!」

美希「うんうん!なぁに?」


亜美真美「「亜美と真美、どっちが好きですか!?」」


437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 01:26:14.22 ID:u5MwdTJA0


美希「えー?亜美か真美どっちか選べって言うの?」

亜美「そうです!」

美希「ミキ的にはどっちも可愛いから、どっちも選びたいってカンジ!」

真美「おぅおぅ、さすが言うことが違う」

亜美「まあまあミキミキ、これはただのゲームだから。テキトーにどっちか決めてくれればいいよ」

美希「テキトーでいいって言われても……うーん、悩むの」

真美「そんなこといわずにさ→」

亜美「はい、答えをどうぞ!」

美希「えっ、もう!?んとね、じゃあ……」

※コンマ奇数…亜美 偶数…真美


443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 01:32:19.33 ID:u5MwdTJA0


美希「真美で決まり!」

真美「わーい!ミキミキ大好き!」ダキッ

美希「あはっ☆ミキも真美のことスキだよ!」

真美「ねえねえ、チューしていい?いい?」

美希「そんなの、ミキからしてあげるの」チュ

真美「ヒャッホウ!」


亜美「…………」

美希「……あれ、亜美どうしたの?」

亜美「……ううん」

亜美「…ミキミキは真美のほうが好きなんだなーって……」


美希「もう、そういうインキなの、亜美には似合わないの!」ダキッ

亜美「わうっ!?」


445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 01:36:18.39 ID:u5MwdTJA0


美希「とりあえず真美って言ったけど、それは今日のおにぎりの具が梅おかかだったからなの」

真美「え?」

美希「ミキは亜美のこともおんなじくらいだーいすきだから、変な心配しなくてもいいって思うな」

亜美「……ミキミキ」

美希「具が明太子だったら亜美を選んでたかもしれないけど、それでも真美のことも大好きだし」ギュッ

真美「あうっ」

美希「やっぱりミキは二人ともダイスキなの!それじゃダメ?」

亜美「………」

真美「………」


亜美「ダメじゃない!」

真美「ミキミキ愛してる!」

美希「ミキもだよ!せっかくだし、あまってるおにぎり一緒に食べよ?」

亜美「賛成!」

真美「おー!」


448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 01:40:14.06 ID:u5MwdTJA0


美希「中になんの具が入ってるかは、食べてからのお楽しみだよ」

亜美「うまい!これミキミキが作ったの?」

美希「うん!真美はどう?」

真美「…ゴク、うん!メッチャうまいよ→」

美希「あれ、真美。ほっぺにご飯粒ついてるの」

真美「へ?」

ペロ…

真美「」

美希「もったいないから食べちゃった」

真美「………///」

美希「ごめんね。ミキの手ふさがってたから」


亜美「…ヒュー……」


450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 01:43:27.30 ID:u5MwdTJA0


真美「あ、ありがとうミキミキ……ミキミキのほっぺにもついてるよ」

美希「あれ、ホント?……じゃあ、真美に取ってほしいな」

真美「……いいよ…」

ペロ……

美希「あはっ、なんだか恥ずかしいの……」

真美「…だね……」


亜美「…………」

亜美「………」ペト


亜美「亜美のほっぺにもご飯粒ついちゃった!ミキミキとって→」

美希「いいよ!」

ペロ

亜美「……ホントだ、恥ずかちーね。えへへ」


454: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 01:49:15.66 ID:u5MwdTJA0


美希「……あーみ。ミキのほっぺ、またくっついちゃったから取ってほしいな」

亜美「もう、しょうがないな→ミキミキは」

ペロ

真美「……ミキミキ!はい、あーんして」

美希「え?…あーん」パク

真美「どう?おいしい?」

美希「うん!ありがと」

亜美「ミキミキ!あーん」

美希「えっ?あ、あーん」パク

美希「むぐ……」

亜美「んっふっふ~、どう?おいしい?」

美希「ひょっほおっひいはあ」

真美「何言ってるか分かんないよ→」

亜美「あはは!」


456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 01:53:18.17 ID:u5MwdTJA0


──────

美希「……ふぅ。お腹一杯なの」

真美「だねー」

亜美「ちょっち疲れたよー」

美希「こんなときは……あれだよね」

真美「…だよね→」

亜美「うんうん」

美希「3人じゃ横になれないけど、みんなで座ってお昼寝しよっか」

真美「ミキミキが真ん中ね」

美希「もしかして、今日のミキはモテモテってカンジ?なんだか嬉しいの」

亜美「ミキミキはいつでもモテモテだよ→」



美希「……じゃ、おやすみ…二人とも」

亜美「おやすみ」

真美「…おやすみ」


458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 01:56:03.26 ID:u5MwdTJA0


美希「………そういえば、今日は朝からお昼寝してたからそんなに眠くなかったの…」

美希「…あれ」


亜美「…すぅ……すぅ……」

真美「…すぅ……すぅ……」


美希「…二人はおねむみたいだね」


美希「おやすみ……亜美」チュ

亜美「……ん…」

美希「おやすみ…真美」チュ

真美「………ん…」


美希「…二人とも、とっても可愛いね」

美希「ミキ、二人ともダイスキなの……………zzz……」


461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 01:59:30.14 ID:u5MwdTJA0


──────

亜美「いやー、目覚めすっきり!」

真美「ミキミキとお昼寝するのは気持ちーねー」

亜美「……さて次は?」

真美「ミキミキに続いてまたボインさんだよ……」

亜美「あずさお姉ちゃんだ!」

真美「あたり!さあ行こう!!」

亜美「うん!!」


466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 02:03:44.00 ID:u5MwdTJA0



あずさ「まあ!遊びに来てくれたの?こんにちは、二人とも」

亜美「あずさお姉ちゃんが奇跡的に事務所にいるって、律っちゃんから聞いてさ」

真美「いてもたってもいられなくなったわけ!」

あずさ「そうだったのね~」

亜美「と言うわけで、あずさお姉ちゃんに質問です!」

真美「亜美と真美、どっちが好きですか!?」

あずさ「あら~…困ったわね。選ばないとダメなのかしら…?」

亜美「まあね→」

真美「ホントは選べないって分かってるけどね→」


468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 02:06:30.17 ID:u5MwdTJA0


あずさ「そうねぇ、やっぱり二人ともとってもかわいいし……」

真美「とりあえずどっちか決めてみて!」

あずさ「そうは言っても……」

亜美「いいからいいから!」

あずさ「……それじゃ…ホントは選べないけれど、強いて言うなら……」

※コンマ奇数…亜美 偶数…真美


470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 02:10:54.20 ID:u5MwdTJA0


あずさ「やっぱり……亜美ちゃんかしら。竜宮小町でいつも一緒ですものね」

亜美「やったー!あずさお姉ちゃん大好き!」ダキッ

あずさ「あらあら、亜美ちゃんたら…うふふ♪」ギュゥ

亜美「はぁん、あずさお姉ちゃんに抱っこされるの気持ちよすぎ………」


真美「…そっかー。仕方ないよね……亜美は竜宮だもんね……」

あずさ「…も、もちろん真美ちゃんのことも大好きよ?だから、ね?」

真美「…でも、選んだのは亜美なんだよね………」

あずさ「ごめんなさい、そんなつもりは………」

真美「………いくら好きって言ってくれても、どうせ真美は2番なんだよね………」

あずさ「そ、そんな……私は二人とも同じくらい……」

真美「…聞き飽きたよ」

あずさ「………」


471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 02:16:15.82 ID:u5MwdTJA0


真美「………はぁ~ぁ…」

あずさ「真美ちゃん…お願い、分かってちょうだい…」

真美「………じゃあさ」

あずさ「………」

亜美「(何をしてもらおうというのか……)」


真美「膝枕させてよ」

あずさ「ひざまくら?も、もちろん……え?」


真美「真美はね、さ・せ・て 欲しいんだよ?分かる?」

亜美「(なんだ?なんだ?)」


475: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 02:21:42.16 ID:u5MwdTJA0


あずさ「あの……私が真美ちゃんに膝枕してもらう、ってことでいいのかしら……」

真美「そだよ→」

亜美「(なんでそんなことを……?)」


真美「はい!どうぞ」ポンポン

あずさ「……ええ。失礼するわね……」ポスン

真美「…おぉ……あずさお姉ちゃんの顔がこんなに近くに……」

あずさ「何なのかしら……なんだかとっても…恥ずかしい…」

真美「んっふっふ~、恥ずかしいのはこれからだよ?あずさお姉ちゃん」

亜美「真美、へんなことしたらあずさお姉ちゃんおヨメに行けなくなるよ」

あずさ「…あの、お手柔らかにね……真美ちゃん」


477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 02:31:25.73 ID:u5MwdTJA0


真美「まずはー……」ナデナデ

あずさ「あら……」

真美「どうですかー?気持ちいいですかー?」

あずさ「そうねぇ…とっても気持ちがいいわ」

真美「んー、いざやってみたものの…何すればいいのかわかんにゃい」

亜美「………」

真美「………あずさお姉ちゃん、お肌キレー」

あずさ「……そう?真美ちゃんには負けるわ」

真美「んなことないよ→」

あずさ「うふふ。ありがとう」

真美「いいなー…おっぱいもおっきいし」

あずさ「おっ…胸はあまり関係なさそうだけれど……」


亜美「(……意外と普通、っていうか…何もしてない)」


479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 02:40:00.19 ID:u5MwdTJA0


真美「…………」

あずさ「…………真美ちゃん?」

真美「………なぁに?」

あずさ「こ、これで終わりなのかしら………」

真美「…………うん……」

亜美「(何がしたかったんだろう……)」

真美「……いやー、難しいね!」

あずさ「えっ?」

真美「…やっぱさー、こういうのって真美はしてもらう方じゃないとだめなんだなーってさ」

真美「…どうせ、いっつも亜美はあずさお姉ちゃんに膝枕してもらってるから」

真美「……だったら真美はあずさお姉ちゃんにしてあげるほうになったら」

真美「………亜美と一緒じゃなくなるから…」

真美「……もう少し、真美のこと構ってくれるかな、って………」


あずさ「そんな…真美ちゃん……」


480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 02:43:06.14 ID:u5MwdTJA0

真美「………あずさお姉ちゃんは、亜美も真美もどっちも好きって言うけどさ…」

真美「結局いっつも一緒にいるのは亜美だけだもん!」

あずさ「…………」

真美「…ずるいよ……ずるすぎるよ……!」

あずさ「……真美ちゃん…本当に、ごめんなさい……」


亜美「(真美……亜美には分かるよ。だって双子だもん)」



亜美「(…ここまで全部演技だってこと)」

亜美「(すごいね→)」


481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 02:46:55.67 ID:u5MwdTJA0


真美「なんで!?何で真美が一緒にいちゃいけないの!?」

真美「真美だって亜美に負けないくらい大好きなのに!!」

あずさ「…………」

亜美「…………」

真美「……もっと一緒にいたいよ……あずさお姉ちゃん……グスッ」


あずさ「……しょうがない子ねぇ…うふふ」

真美「え…?」


あずさ「真美ちゃん?場所、代わってもらっていいかしら?」

真美「え?うん……」


483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 02:51:50.92 ID:u5MwdTJA0


あずさ「はい。おいで」ポンポン

真美「……」ポスン

あずさ「やっぱり、こっちのほうがしっくり来るわね」

真美「………うん」

あずさ「真美ちゃんは知らないと思うけど、私亜美ちゃんに膝枕してあげたことなんてないのよ?うふふ」

真美「えっ?」

あずさ「真美ちゃんがはじめてよ」

真美「そ、そーなんだ……」


亜美「(そーなんですよ…うらやましい)」


あずさ「……せっかくだし、こうしてあげましょうか?」グイッ

真美「わっ……」

あずさ「…真美ちゃんは抱っこしやすくていいわね~」ギュゥ

真美「……あ、あずさお姉ちゃん……///」


486: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 03:00:48.07 ID:u5MwdTJA0


あずさ「亜美ちゃんのほうが一緒にいる時間が長いのは確かだけど……」

あずさ「私は真美ちゃんのことだっていつも見てるのよ?」

真美「………」

あずさ「…こうしてると、なんだか赤ちゃんをあやしてるみたい……」

あずさ「……あ、別に真美ちゃんが赤ちゃんみたいって言ってるわけじゃないわよ?」

真美「…………」

あずさ「……気を悪くしちゃったかしら?ごめんなさいね」

真美「…いいもん」


真美「………赤ちゃんみたいでいいから、抱っこしててよ……」ギュッ

あずさ「……………」キュン


亜美「」キュン


488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 03:04:39.68 ID:u5MwdTJA0


あずさ「………どうかしら?気持ちいいかしら?」

真美「………うん。きもちぃ……」

あずさ「……真美ちゃんが私に甘えてきてくれことないから、嬉しいわ…」

真美「………ホント?」

あずさ「……ええ。いまなら信じてもらえるかしら?」


あずさ「真美ちゃん……大好きよ」

真美「………真美も……ん……」チュ

あずさ「…あら……///」


亜美「(いいなぁ……だっこされたい…チューしたい……)」


490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 03:07:33.69 ID:u5MwdTJA0


あずさ「キスだなんて、おませさんなのね……お返しよ」チゥ…

真美「ん……もっかい……」

あずさ「………」チュ…

真美「………まだ…」

あずさ「……こんどは真美ちゃんから。ね」

真美「………」チュ

あずさ「よくできました…」チュ…


亜美「(甘ーい……)」


491: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 03:11:24.38 ID:u5MwdTJA0


あずさ「………亜美ちゃんも来る?」

亜美「ふぇっ?い、いいの?」

真美「…………ふぃ……」

あずさ「真美ちゃんもこんな調子だから……ね」

亜美「……甘えていいの?」

あずさ「ええ……もちろん」


亜美「……じゃあ、行く………」


493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 03:13:42.15 ID:u5MwdTJA0


──────

亜美「…………」

真美「…………」

亜美「……よかったね……///」

真美「うん……よかった……///」

亜美「…次行く?」

真美「……おう!」

亜美「よっしゃ!」

真美「待ってろよいおりん!!!」


494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 03:15:25.86 ID:u5MwdTJA0

ねむい がっこ ある ねる
ひと とても へった おちたら ごめん


543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 08:19:21.29 ID:u5MwdTJA0

帰って来るのは16時頃になる

残ってるのはいおりん ぴよ か
社長とP書いたら百合じゃなくなるけどいいのかな


609: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 15:28:13.44 ID:u5MwdTJA0

たらいま


615: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 15:33:56.29 ID:u5MwdTJA0


──────

真美「いおりんいおりーん」

亜美「今ヒマ?」

伊織「あら、アンタ達。ええ、やることがなくて退屈してたところよ」

亜美「そいつぁちょうどいいね→」

真美「真美たちの質問に答えて欲しいんだけど、いい?」

伊織「珍しいわね。何の質問?」


亜美真美「「亜美と真美、どっちが好きですか!?」」


伊織「……何かと思えば…いったい何の事情?」


617: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 15:35:18.43 ID:u5MwdTJA0


亜美「とくに深いジジョーはないんだけどさ→」

真美「いおりんならどっちを選んでくれるかなーってさ」

伊織「……そんなこといわれても、どっちかを選ぶなんてできないわよ」

亜美「うーん、いおりんは優しい」

真美「優しいねー…」

伊織「……何よっ、からかいに来たの?」

亜美「まあまあ気にせずさ」

真美「思いついたほうでいいよ!思いついたほうで!」

伊織「……決めなきゃダメなの?しょうがないわね……」

※コンマ奇数…亜美 偶数…真美


618: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 15:39:36.67 ID:u5MwdTJA0


伊織「……やっぱり、同じユニットのメンバーだし……亜美かしら」

亜美「やったやったー!」ピョンピョン

伊織「おっ、大げさなのよ…バカね」

亜美「だって嬉しいもーん!ありがと!」ダキッ

伊織「ちょっ…い、いきなり何よ!離しなさいっ…!」


真美「…………はぁ……やっぱりか…」

伊織「…ちょ、ちょっと真美?」

真美「思ったとおりだよ……そりゃそうだよね……」

真美「いおりんは真美より亜美のが好きだよね………」

伊織「……な、何でそんなに落ち込んで…」

真美「真美よりは亜美のほうが大事だってことだよね……」

伊織「まっ、待ちなさいよ!そんなこと誰も言ってないでしょ?」


621: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 15:44:28.59 ID:u5MwdTJA0


真美「…ごめんねいおりん……ただ、ちょっとショックだっただけだよ」

伊織「…何よ、何なのよさっきから……」

真美「……はぁ…真美の気持ち、届いてなかったんだね……悲しいなぁ……」

伊織「は?き、気持ちって何よ…!?」

真美「……なんでもない」

伊織「き、気になるでしょ!言いなさいよ!」

真美「いいよ……どうせ、伝えたって意味ないもん……」

伊織「……待ってよ、アンタまさか………」

真美「…………」

伊織「………ちょ、ちょっと…何か言いなさいよ…」

真美「…………」

伊織「………本気なの……?」

真美「…………」


亜美「(効いてる効いてる)」


627: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 15:49:27.91 ID:u5MwdTJA0


伊織「…だ、ダメよ、いくらなんでも……そんなの…」

真美「……だって」


真美「だって、我慢できないんだもん……!」

伊織「ちょっ…と…」

真美「…真美が亜美のこと、いっつもどれだけうらやましがってるかいおりん知らないでしょ」

伊織「……そ、そんなことっ、言われて、も……」

真美「真美のほうが……いおりんのことちゃんと考えてるし…!いおりんのこと見てるし……!」

伊織「………だ、だめだったら……」

真美「……いおりん、知らないでしょ……」


真美「真美が家で、いおりんのこと考えて何してるのか……」

伊織「なっ…!?」


亜美「(ワァオ……)」


632: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 15:54:45.22 ID:u5MwdTJA0


伊織「なっ、何変なこと言ってるのよ!変態!変態!」

真美「へっ…ヘンタイでもいいもん!だって……」


真美「…我慢できないんだよぉ……」

伊織「」

亜美「」


伊織「…あ、ああああアンタ、しゃれになってないわょ……」

真美「シャレじゃないもん!」

伊織「……だ、だめ……だめ、来ないで、真美……私たちはっ……」

真美「……真美……真美ね……」

伊織「待って、待ちなさいよっ……!ダメ……」


真美「………本気だよ。いおりん」ギュッ

伊織「ひぁぅ……!?」


640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 16:00:20.18 ID:u5MwdTJA0


伊織「……ぃゃ……何する気なの……?」

真美「…………」

伊織「……離して…お願いだからっ……きっぃ…真美…」

真美「…………」

伊織「………だめっ……ダメなのっ!!!」バッ

真美「うわっ……!?」ヨロ…


伊織「……嫌よ…アンタなんか真美じゃないっ…!…グスッ…」

真美「…………」

伊織「…真美はそんなことしないもんっ……そんな……絶対…」

真美「…………」

伊織「私だって……アンタのこと嫌いなわけないじゃないっ…でも、こんなの……ひどすぎる……イック」

伊織「お願い……いつもの真美に戻ってよ……悪かったから……」


伊織「竜宮にかまけて、アンタと一緒にいられなかったことは謝るからぁっ……!…グシュッ…」


643: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 16:04:37.04 ID:u5MwdTJA0


伊織「………エック……ウグシュ…エフッ…ウッグ……!」

亜美「………真美?」

真美「………うん」


真美「…いおりん!ごめん!!」

伊織「……グス、…は………?」

真美「…いまの……うそです」

伊織「…………え……?」


亜美「なんてゆーか……ドッキリ?みたいな?」

真美「……ね?」


伊織「…………」


645: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 16:10:08.48 ID:u5MwdTJA0


亜美「………真美、覚悟しといたほうが……」

真美「分かってるよ……うぅ、いおりんがまさかガチ泣きするなんて思わなくて……」

伊織「……………」

真美「……どっ、どんな罰でも受けますからー!このとーり!」


伊織「………ばっ、」

伊織「ばか…!ばか…!ばかばかバカ真美ぃ…!」

真美「ごめんなさぃぃ!」

伊織「アンタなんか……アンタなんかホントに嫌いになってやる!ばかばかばか!!」ポカポカ

真美「痛い!痛い!許していおりん!」


伊織「ホントにおかしくなっちゃったのかと思って……ばかばか!!もう知らないわよっ!!」ポカポカ

真美「ゆ、ゆるして……いったー…」

亜美「その割には嬉しそうだけど……」

伊織「うるさい!どうせ亜美も共犯でしょ!?二人して……!」


647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 16:15:07.99 ID:u5MwdTJA0


真美「うぅ……」

伊織「こっ、こんな手の込んだことして……私を騙そうったって100年早いのよ!ふんっ」

亜美「…騙されてたじゃん」

伊織「うるさいっ!変なウソばっかりついて……ぜったい許さないんだから……!」


真美「ウソじゃないところもあるよ?」

伊織「……は?」

真美「そりゃ、変な意味じゃないけどさ……」


真美「スキってところまでウソ扱いされるのはヤだもんね」

伊織「なっ………」

亜美「(真美の奴…手の込んだことを……)」


651: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 16:22:40.38 ID:u5MwdTJA0


真美「いおりん、これならどーお?」ダキッ

伊織「ちょっ、後ろから……何するのよ……」

真美「これならいおりんも怖くないかなって」ギュゥ

伊織「………何なのよ…もう…」


亜美「(これが兄ちゃんが言ってた『あすなろ抱き』ってやつか……)」


真美「いおりんのこと嫌いなら、真美こんなことしないもん」

伊織「…生意気……年下の癖にっ…」

真美「いおりん。今なら言ってもいいかな?変な意味はないからさ」

伊織「……何よ…」

真美「真美、いおりんのことダイスキだよ」

伊織「……っ………馬鹿じゃないの…」


656: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 16:27:09.27 ID:u5MwdTJA0


真美「ほらほらー、いおりんは?いおりんは?」

伊織「な、何言わせようとするのよ……馬鹿……」

真美「だって言ってくれなきゃわかんないもん」

伊織「………………う…」


伊織「……す、好きよ」ボソッ

真美「ごめん。よく聞こえなかった!もう一回!」

伊織「あぁもうっ!私は真美が大好きですっ!これで満足!?このバカっ!」

真美「あぁーんいおりん!嬉しいよ!」ギュゥ

伊織「もっ、くるし……」


657: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 16:30:21.33 ID:u5MwdTJA0


亜美「いおりーん。亜美にも言うことあるんじゃない?」

伊織「………アンタまで……」

亜美「ほらほら。言って?ね?言って?」

伊織「………こうなったらヤケよ……」


伊織「あ、亜美…だいす、きっ!はい終わり!」

亜美「…はぁ…いおりん嬉しいこと言ってくれるねぇ……!」

伊織「…覚えてなさいよっ……!」

亜美「亜美もいおりんのこと、大好き」

伊織「…っ……!」


658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 16:31:37.90 ID:u5MwdTJA0


亜美「というわけで」ギュゥ

伊織「わぷっ!?」

真美「どう?美人姉妹のハグサンドだよ~」

伊織「うっ、うれしくなんかっ」

亜美「いおりん、顔真っ赤だよ→」

伊織「死ねっ!バカ双子!」

真美「照れなくてもいいのに~」

伊織「………なんでこんな目に…」


661: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 16:39:15.79 ID:u5MwdTJA0


──────

伊織「…おっ、覚えてなさいよっ!」ダッ

亜美「いおりんは逃げ出した」

真美「真っ赤なお顔で逃げ出した」

亜美「いじりがいがあるってもんだね→」

真美「これで全員のところに行ったかな?」

亜美「まだピヨちゃんと兄ちゃんのとこ行ってないよ」

真美「…行く?」

亜美「…決まってんでしょ」


亜美真美「「ピーヨちゃんはどこだっ!!」」ダダダ


672: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 16:44:32.33 ID:u5MwdTJA0


──────

小鳥「あら。二人ともそろってどうしたの?」

亜美「ピヨちゃんに聞きたいことがあって~」

真美「うんうん」

小鳥「あら、何かしら?何でも言ってみて」

亜美「じゃーあ……」

真美「亜美と真美、どっちが好きですか!?」

小鳥「えっ?そんなの急に言われても……決められないわ」

亜美「まあまあ。そういう気持ちも分かるけどさー」

真美「ここはオトナの決断力で!ビシッと!」

小鳥「……そこまで言うなら………」

※コンマ奇数…亜美 偶数…真美


676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 16:51:23.41 ID:u5MwdTJA0


小鳥「じゃあ……亜美ちゃん」

亜美「いよっしゃー!ありがとピヨちゃん」ダキッ

小鳥「きゃっ!?あ、亜美ちゃん!?」

亜美「ついでにサービス!」チュ

小鳥「」


真美「…………」

小鳥「真美ちゃん?……違うのよ、別に深い意味は……」

真美「…ピヨちゃんは真美のが好きなんだ……」

小鳥「な、何言ってるの!お姉さんはどっちも大好きよ?」

真美「…………ぅぅぅぅ……」

小鳥「ま、真美ちゃん…!」


678: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 17:00:22.84 ID:u5MwdTJA0


真美「……ぴよちゃんにふられたぁ~……」

小鳥「ふっ、フラレたですって!?そんなことしないわ!絶対!」

真美「……だって…亜美が好きって言った……」

小鳥「そ、それはとりあえず決めろって言うから……真美ちゃんだってとってもかわいいし…私は好きよ!当たり前じゃない」

真美「…………」

小鳥「し、信じて……ね?」

真美「……グスッ…じゃあ……真美のお願い聞いてくれたら信じる……」

小鳥「……お、お願い……い、いいわよ!何でも言って見なさい!さあ!」


真美「………真美のこと、ギュッてして」

小鳥「ぎゅ……?そ、それだけ?」


亜美「(それだけ?なわけないよね)」


685: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 17:04:37.58 ID:u5MwdTJA0


小鳥「……そ、それだけでいいなら……じゃあ、こっちに」

真美「違うの」グイグイ

小鳥「きゃっ、真美ちゃん?どこに……そ、ソファ?」

亜美「(またソファ?一体何して)」


真美「………」グイグイ

小鳥「ま、真美ちゃん!そんなに引っ張ったら倒れちゃ……きゃぁっ!?」


ドサッ


亜美「」


真美「……へへ。ピヨちゃんに押し倒されちゃった」

小鳥「」

真美「……ほら。ギュッてして?」


689: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 17:09:37.57 ID:u5MwdTJA0


小鳥「こっ、こここここここここんな体勢で……!?」

真美「普通にやるのと変わんないよ……ね」ギュゥ

小鳥「まみちゃっ……」

真美「ほら。ピヨちゃんも」

小鳥「………だ、だめよ…こんな」

真美「お願い…」

小鳥「…………」

小鳥「……っ…」ギュ

真美「あは、ピヨちゃんあったかぁい」


亜美「(これは……ゴクリ…)」


693: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 17:13:01.04 ID:u5MwdTJA0


真美「……ピヨちゃん。どうして顔真っ赤なの?」

小鳥「えっ!?そ、そんなこと、ない、わよ」

真美「女同士だよ?ハグくらいするじゃん。ふつーに」

小鳥「…そ、そうは言っても……」

真美「あはは、変なピヨちゃん」

小鳥「…………」

真美「……ほら」


真美「耳まで真っ赤じゃん……どして?」フゥ…

小鳥「はんっ……」


亜美「(あかん)」ドキドキ


698: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 17:17:23.33 ID:u5MwdTJA0


真美「あは、ピヨちゃん声エロい」

小鳥「ごっ、ごめんなさい……真美ちゃん、これ以上はダメよ……」

真美「えー、なんで?」

小鳥「だって……こんなところ、誰かに見られたら……」

真美「もう見てるじゃん。亜美が」

小鳥「そっ、そうだけど……」

真美「真美とこうするのイヤ?」

小鳥「……そ、そういうわけじゃ……」

真美「じゃあいいじゃん」ギュゥ…

小鳥「んふっ……」


亜美「(だめ見てるだけで心臓バックバクだ……)」ドキドキ


704: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 17:22:56.98 ID:u5MwdTJA0


真美「……ピヨちゃん」

小鳥「……何…?」

真美「気づいてる?」

小鳥「…何がっ……」

真美「今さ、真美がちょっと横向いたら」

真美「……できちゃうんだよね。簡単に」

小鳥「真美ちゃんっ…それだけは…ホントに…」

真美「ピヨちゃんはしたことある?」

小鳥「……そ、そ、そんなの…当たり前」

真美「ふーん、そっか」

真美「…真美ね、初めてなんだよ」

小鳥「……っ…!」


真美「……いい?」

小鳥「…ダメ…っ」


706: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 17:28:59.14 ID:u5MwdTJA0


真美「あはっ……ピヨちゃんはジュンジョーさんだね→」

小鳥「……そういう真美ちゃんこそ」

真美「…え?」

小鳥「声、震えてるわよ」クイッ

真美「っわっ……」


小鳥「形勢逆転ね…まあもともと上にいるのは私だけど。ふふっ、勝てると思った?」

真美「ぴ、ピヨちゃん??」

小鳥「流石に中学生に翻弄される事務員じゃないわよ。ちょっとからかってみただけ」

真美「え、えぇ……!?」


小鳥「……さて。何してあげようかしら?…ふふ」

真美「」


亜美「(マジカヨ……)」


711: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 17:34:31.16 ID:u5MwdTJA0


小鳥「真美ちゃん……覚悟することね」

真美「……ぴ、ピヨちゃん落ち着いて…ね」

小鳥「さすがにお口にはしちゃ悪いから、それ以外にキスしてあげる」

小鳥「どこがいい?」

真美「どっ、どこっていわれても……」

小鳥「……かわいい…」

真美「…んっ……」

小鳥「そうね……こんなところとかどうかしら?」チュッ

真美「う、ぁ……」

小鳥「うふふ。オデコにしただけでこの反応…♪」


亜美「(…ヒュー……)」


716: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 17:37:53.46 ID:u5MwdTJA0


小鳥「キスってね、いろんなところにできるのよ。知ってた?」

真美「………」ブンブン

小鳥「例えば……目尻」チュ

真美「ひっ……」

小鳥「ほっぺはもちろん」チュ

真美「ぴ、ピヨちゃんもう……いい…からぁ…」

小鳥「あとは……耳とか」チュ…

真美「うぁっ…!?」

小鳥「ここはこういう風にも………」レロ…

真美「ひゃぁんっ…!」


亜美「(AUTO!AUTO!兄ちゃん呼んだほうがいいのか!?)」


722: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 17:44:01.63 ID:u5MwdTJA0


小鳥「……そうね、あとは……」

真美「やめ…もう…」フルフル

小鳥「……首筋かしら?」チュッ…

真美「あぅっ……だめ……!」

小鳥「仕方ないから、ここで最後にしてあげるわ」

真美「いい…もういい……!」

小鳥「キスマークを残すのって、ここよね?ふふ…」チュル…ジュ…

真美「ひぁっ…ぁあん……!」


亜美「」ドキドキ


728: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 17:46:54.48 ID:u5MwdTJA0


小鳥「ふぅ……今日はこの辺で勘弁しといてあげる」

真美「……はぁ……はぁっ……っ…ん…」

小鳥「……大人げなかったかしら」


亜美「…………///」

小鳥「……亜美ちゃんはどうする?」

亜美「あっ!?亜美はいいよ!まだ早いし!うん!まだいいです!ごめんなさいっ!」

小鳥「…どうして謝るの?変なの。ふふふっ」


734: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 17:52:12.02 ID:u5MwdTJA0


小鳥「……これ、一応お願い聞いてあげたことになるのかしら?真美ちゃん」

真美「……うん…ありがと……」

小鳥「それじゃ、私まだ仕事残ってるから。またね」

亜美「……失礼しましたー…」

真美「………またね…」



亜美「真美……首んとこ赤くなってる」

真美「ホント?」

亜美「大丈夫だった?」

真美「死ぬかと思った……」

亜美「……ようやく最後だよ」

真美「…ほんとに聞きに行くの?」

亜美「当たり前じゃん!」

真美「……わかった」


738: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 17:58:25.32 ID:u5MwdTJA0


──────

亜美真美「「亜美と真美、どっちが好きですか!?」」

P「両方かな」

亜美「おっと……こいつは強敵だ…」

真美「そ、そうじゃなくてさー、こうパーッとどっちか決めてよ」

P「両方かな」

真美「……あの…」

亜美「兄ちゃ~ん、今回ばかりはそういうのはナシだよ」

P「ナシなのはお前らだ」

亜美「んえ?」


P「全部きいたぞ。そうやって困らせるような質問して……他の奴にいたずらしまくってたみたいだな」


744: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 18:02:19.16 ID:u5MwdTJA0


P「おーい、捕まえたぞ」

亜美「えっ?」

真美「どゆこと?」


ガチャ


律子「だからアレほど言ったのに…」

春香「ホントにもう…ビックリしたんだから」

響「じ、自分なんか…あんな変なことされて…うぅ」

真「いい加減に王子様扱いはしてもらいたくないんだよね」

千早「挑発に乗った私も私だけれど」

貴音「よくよく考えれば、行き過ぎた行動でしたね。亜美」

やよい「わ、私はそんなに悪いことはされてないですけど…」


747: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 18:05:36.58 ID:u5MwdTJA0


雪歩「ごめんね亜美ちゃん。ちょっとやりすぎたね」

美希「ミキは楽しかったよ?」

あずさ「そうねぇ、真美ちゃんとっても可愛かったもの」

伊織「許さないわ……まあ、悪い気はしなかったけど」

小鳥「(やりすぎたことは言わないでおこう)」


亜美「あはは、みなさんおそろいで……」

真美「な、なんの用ですかな……?」


P「大したことじゃない。みんなお前たちに聞きたいことがあるんだってさ」


「「「「「「私たちの中で、誰が一番好きですか!?」」」」」」


751: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 18:08:53.39 ID:u5MwdTJA0


P「さあ。答えてやってくれ」

亜美「…いや、あはは…そりゃもちろんみんな大好きだから」

真美「決めらんないよねー……ってことで」

亜美「…………真美」

真美「…………うん」


亜美真美「「逃げろ!!!!!!!」」


律子「待ちなさい!まだ説教は終わってないわよ!!」

春香「捕まえろっ!」


亜美「質問がナマナマしいよ~!!」

真美「真美たちはもっと純粋な意味で聞いただけで……」

響「関係ないさー!やったことの落とし前は付けるんだ!」

真「……やれやれ。ボクも追っかけようかな」


755: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 18:13:07.99 ID:u5MwdTJA0


千早「しょうがない双子ね……全員にあんな過激な要求をしていたなんて」

貴音「…しかし、それもあの二人の魅力の一つではありませんか。最年少なのですから、たまには甘えたいときもあるはず」

雪歩「そうですね。ふふっ」

美希「デコちゃんは何されたの?」

伊織「あっ、アンタには関係ないわよ!」

あずさ「あらあら、気になるわね~」

P「ほどほどになー」


P「……ふぅ…」

P「……社長」


P「雇ってくれてありがとうございます!!!!」


終わり


760: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 18:14:08.52 ID:dpejAKkFO

まさかの社長ENDとは壊れるなぁ


763: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 18:15:22.55 ID:u5MwdTJA0

最後はレズSSとなってしまった……

保守してくれた人感謝します
マイナー百合ってすばらしい

お付き合いありがとう


771: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 18:18:45.01 ID:X1ad1dtW0

乙です。
とても良かったまた会えたらいいな


772: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 18:21:14.37 ID:ssWU90L10


よかった


773: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 18:22:46.48 ID:Y89SViBM0

いやー、面白かった


777: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 18:33:31.29 ID:JchMY5mo0


やっぱどっちも好きだな


779: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 18:36:33.29 ID:wf3Zvz+H0


面白かった


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。