スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鳥「風邪ひいた……」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 01:22:54.89 ID:j4RuAAIzP

小鳥「ゲホゴホ、すいません、今日はお休みさせてもらいます……はい、すいません」

小鳥「うぅ、風邪なんて滅多にひかないのに」

小鳥「休めるのは嬉しいけどこれじゃ……」

小鳥「そうだ、プロデューサーさんにも連絡しないと」

小鳥「風邪なんで看病しに来てくださーい、と」カチカチ

小鳥「ま、来るわけないけど」

小鳥「さっさと寝て治さなきゃ……おやすみなさい」

小鳥「zzz」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 01:24:45.93 ID:XEY2GVt00

果物むいてあげたい


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 01:24:51.59 ID:v05Bk1lB0

鳥インフルエンザだ!!!!!!!11


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 01:28:21.36 ID:j4RuAAIzP

小鳥「ムニャムニャ……えへへ、私はアイドルじゃないですよぅ」

小鳥「う、うーん女優でもないです……へっぷし!」

小鳥「あぁー」

P「起きました?」

小鳥「あい」

P「はいティッシュ」

小鳥「あい……ありがとうございまふ」チーン

小鳥「すっきりした……」

P「そろそろお粥できますからね」

小鳥「わーい……え?」

小鳥「ええええええ!?」

小鳥「プ、プロデューサーさん!?なんで!?なんで私の家に!?」

P「社長命令です、小鳥さんの看病してこいって」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 01:30:21.70 ID:DlDEl8HP0

身体の汗拭いてそのままわっほいですね


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 01:32:48.92 ID:j4RuAAIzP

小鳥「へ?」

P「音無くんはいつも頑張ってくれてるから無理が祟ったのだろうと……」

小鳥「あ、はぁ」

P「アイドル達は私が面倒見るから行ってきなさいと言われまして」

小鳥「そ、そうですか」

P「迷惑だったら帰りますけど」

小鳥「あ、いえ……まさか本当に来てくれるとは思わなかったので」

P「俺も来るとは思いませんでした」

小鳥「そうでしょうね!」

P「あはは、お粥持ってきますね」

小鳥「う、はい」

小鳥(うぅ、不意討ちだぁ)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 01:36:58.36 ID:j4RuAAIzP

小鳥「て言うかプロデューサーさん、私の家知ってたんですね」

P「いや社員名簿見たら解りますよ」

小鳥「あ、そうですか」

小鳥(ロマンの欠片も無い……)

P「それより、女性の独り暮らしなのに鍵もかけないのは無用心ですよ」

P「勝手にお邪魔して台所まで借りて言う台詞じゃないですけど」

小鳥「どうせ誰も来ませんよーだ」

P「俺が来たじゃないですか」

小鳥「…………そうですね」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 01:44:56.13 ID:A2PYELrd0

(´ω`)


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 01:45:31.25 ID:j4RuAAIzP

小鳥「ズルい……」

P「えっ、何か言いました?」

小鳥「なんでもないです」バフッ

小鳥(意識しちゃうじゃないですか)

P「食欲大丈夫ですか?お粥なんで胃には優しいと思いますが」

小鳥「あ、はい、いただきます」

P「熱いんで気をつけてくださいね」

小鳥「……」

P「どうかしました?味は悪くないはずですけど」

小鳥「フーフーしてくれないんですか……?なんちゃって……」

P「おっとこれは失礼、フーフー……はい、あーん」

小鳥「ふぇっ!?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 01:53:28.87 ID:j4RuAAIzP

P「なんですか?冷めすぎてもよくないですよ?」

小鳥「だ、だって、こんな、恋人みたいな」

P「あっはっは、それとこれとは別ですよ」

小鳥「……」

P「ほらほら、早く冷めないうちに」アーン

小鳥「あーん……もぐもぐ」

P「俺も独り暮らしですからね、料理にはそこそこ自信が」

小鳥「鼻つまってるんだから味なんて解らないですよぅ……あーん」

P「自分で食べてくださいよ」

小鳥「社長命令で来たくせに」

P「いや、俺自身いつも小鳥さんには御世話になってますから、こんな時くらいお返ししないと」

小鳥「……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 01:54:34.52 ID:Zz1QUSfF0

流石正妻だぜ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 01:56:05.96 ID:j4RuAAIzP

P「え、ちょっと睨まないでくださいよ」

小鳥「弱ってる女にそんな台詞は卑怯です」

P「あ、そうだ梅干し入れます?」

小鳥「聞かないのはもっと卑怯です……」

P「はい?」

小鳥「もういいです」アーン

P「フーフー」

小鳥(優しくしおって……)

P「熱くないですか?」

小鳥「らいじょうふでふ」アムアム

P「良かった、結構元気そうですね」

小鳥(うぅ、なんですかその無邪気な笑みは)


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 01:58:32.81 ID:PKRYjf1n0

俺得のSSだなwww wktkが止まらない


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 02:02:49.71 ID:j4RuAAIzP

小鳥「ごちそうさまでした」

P「よろしい御上がり」

小鳥「古風な……」

P「他に何かやることあります?買い出しとか」

小鳥「大丈夫ですよ、ご心配無く」

P「とはいえ病人を放置して帰るのもなんですしねぇ」

小鳥「……ねぇプロデューサーさん」

P「はい?」

小鳥「しゃ、社長命令じゃなきゃ来てくれなかったんですか?」

P「さっき言ったじゃないですか、日頃のお礼ですよ」

P「社長に言われなくても来ましたよ」

小鳥「……ど、どうだか」ゴロン

P(怒らせたかな?)


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 02:03:07.29 ID:vsYy56/U0

アニマス最終話以降ずいぶん小鳥PのSS多くなったなー


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 02:04:13.57 ID:X/rjG5ca0

アニメで小鳥さん活躍したん?


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 02:05:39.86 ID:aLKXIDP40

>>34
小鳥さんがPの世話してたな


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 02:07:03.91 ID:X/rjG5ca0

>>35
マジか俺もぴよちゃんにお世話されてえl


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 02:08:21.66 ID:j4RuAAIzP

小鳥(うぅ……夢?夢なの?)グイグイ

小鳥(痛い……夢じゃない)

小鳥(あぁ、にやけそうな自分が嫌になるぅ!)ゴロゴロ

P「あ、洗い物してきますね……薬飲みます?」

小鳥「あ、いえ、薬はあんまり飲みたくないので」

P「あぁ、なんとなく分かります、では」スタスタ

小鳥(ん?プロデューサーさんはそのまま部屋に来たのよね?)

小鳥(いや上がってもらうのは別にいいけど……服とか脱ぎっぱなしだし、片付け全くしてない……)

小鳥「きゃあああああ!!」ガバッ!

P「うおおっ!?」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 02:12:32.88 ID:j4RuAAIzP

小鳥「だめだめだめぇ!!」

P「な、何がですか?」

小鳥「み、見ました?」

P「だから何がです?」

小鳥「だって私、昨日帰ってそのまま服脱ぎ散らかして……」

P「あ、あぁー」

小鳥「みみみ見たんですね!?」

P「だ、大丈夫です!洗濯機に入れときましたから!」

小鳥「見たんだぁ!」

P「は、はい……見ました……黒の……」

小鳥「うわあぁぁぁぁぁ!!お嫁に行けないぃぃぃぃ!!」


42: 愛の波動砲 ◆GgSaTo1XUM 2012/02/05(日) 02:14:40.89 ID:HXdkgPrc0

お嫁に行けないとか死活問題だろ……


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 02:20:06.73 ID:j4RuAAIzP

P「ふ、不可抗力!不可抗力です!」

小鳥「いいですよ、春香ちゃん達みたいな生娘でもないですし……グスン」

P「いやその……ごめんなさい」

小鳥「謝るくらいなら責任取ってください」

P「わかりました、どうしたらいいですか?」

小鳥「はい!?」

P「女性にとっては恥ずかしいことですから、罰はうけますよ」

小鳥「いいい、いいですってば!そんな深刻な問題じゃないですし……」

P「本当ですか?気を使わなくていいんですよ?」ズイッ

小鳥「あ、あふ」

小鳥(なんで妙に生真面目なの……)


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 02:24:22.82 ID:j4RuAAIzP

小鳥「じゃ、じゃあ夕飯も作ってくれたらそれでいいです」

P「そんなことですか、お安いご用です!」

小鳥(うぅ、私が風邪だからかいつもより優しくて調子狂う)

P「何かリクエストとかあります?」

小鳥「そうですねぇ、うどんとかだとありがたいです」

P「わかりました、腕によりをかけますね」

小鳥「え、あ、はい」

小鳥(ば、晩まで一緒……うひゃあ)


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 02:29:23.19 ID:j4RuAAIzP

P「さぁさぁ、そうと決まったら病人は横になって休んでください」

小鳥「は、はい」

P「洗濯……は、ダメか」

P「部屋の掃除するわけにもいかないし……」

小鳥「お、お構い無く、プロデューサーさんもゆっくりしててください」

P「いやいや、そうもいかないですよ」

小鳥「あんまり動かれたら私が気にします」

P「うーん、一理ある……では遠慮無く」ドッコイショ

小鳥「……」

P「……」

小鳥(な、なに話したらいいんだろ)


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 02:35:46.14 ID:j4RuAAIzP

小鳥(仕事の話なんて味気ないし……)

小鳥(こ、恋話?こんな年で?)

小鳥(そう言えばプロデューサーさんって彼女とかいるのかなぁ……いやいくらなんでもいたら来ないよね)

P「……」ジー

小鳥「な、なんですか?」

P「あ、いえ、寝間着でインカムも付けてない小鳥さんも新鮮だなと思って」

小鳥「や、止めてくださいよ、すっぴんですし……」プイッ

P「可愛いですよ」

小鳥「…………」ブンッ!バフッ!

P「……クッション投げられるようなこと言いました?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 02:42:22.00 ID:j4RuAAIzP

小鳥「言いました言いました、心にも無いこと言いました」

P「はぁ」

小鳥(もう……あぁもう!)

プルルル

小鳥「電話ですか?」

P「ですね、失礼します」

P「はいもしもし……なんだ千早か」

P「いやだから今日は行かないって、うん、そう、小鳥さんの看病」

P「そりゃお前たちも大事だけど、小鳥だって仲間なんだからな、同じくらい大事だよ」

P「えっ、うん、はいはい……明日には行くって、はーい、じゃあしっかりな」ピッ

P「えらく怒ってたな……」

小鳥「ドンマイです」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 08:29:27.42 ID:j4RuAAIzP

プリキュア終わったら


102: はっぷっぷ~ 2012/02/05(日) 09:25:20.23 ID:j4RuAAIzP

P「うへ、美希からもメールだ」

小鳥「モテますねぇ」

P「子どもより大人にモテたいです……」

P「それにまぁ、あいつらに全く気にされないのもプロデューサーとして問題ですしね」

小鳥「皆慕ってると思いますよ?」

P「どうですかねぇ、真美なんか最近あんまり話してくれませんし」

小鳥「それは……っくし!」


106: ハッピーが俺の心を掴んで離さない 2012/02/05(日) 09:38:22.11 ID:j4RuAAIzP

小鳥「ああ゙……鼻が」ズルル

P「大丈夫ですか?」

小鳥「寝汗かいてしまって、ちょっと冷えますね」

P「暖房入れます?」

小鳥「いえ、空気乾燥しちゃいますから」

P「じゃあ布団もう一枚」

小鳥「そ、それよりですね」

P「はい」

小鳥「着替えたいので、あっち行っててもらえるとありがたいんですけど……」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 09:49:37.99 ID:j4RuAAIzP

P「す、すいません、外で待ってますね!」ドタバタ

小鳥「別にバスルームにでも入ってくれてたらいいのに……」

小鳥「早く着替えなきゃ」ヌギヌギ

小鳥「……」

小鳥「……」クンクン

小鳥「汗臭いわよね……シャワー浴びたいけど……」

小鳥「せめて体拭いておこう」フキフキ

小鳥「うぅ、プロデューサーさんも来るなら来るで連絡くれたらちゃんとしてたのに……」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 10:00:07.33 ID:j4RuAAIzP

小鳥「っくしゅ!」

小鳥「早くしよ」ブルブル

小鳥「代えの服、代えの服、と」ゴソゴソ

小鳥「うーん、可愛いのが無い……部屋着だから当たり前か」

小鳥「うわ、髪もボサボサだ」

小鳥「あ、そうだ、ついでに洗濯しちゃおうかな」

―――

P「へっくし!小鳥さんまだかな……」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 10:11:38.48 ID:j4RuAAIzP

小鳥「雑誌も出しっぱなし……」ゴソゴソ

小鳥「あぁ髪の毛落ちてる、コロコロローラーかけなきゃ」コロコロ

小鳥「拭いたから大丈夫だと思うけど、一応ファブリーズ」シュッシュッ

小鳥「よし、こんなものですかねぇ」

小鳥「プロデューサーさーん、お待たせしまし……た?」ガチャ

小鳥「あ、あれ?プロデューサーさん?」キョロキョロ

小鳥「いない」

小鳥「か、帰っちゃったのかなぁ」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 10:21:48.72 ID:j4RuAAIzP

小鳥「……」

小鳥「か、帰るなら帰るで一言言ってくれたらいいのに」

小鳥「何なんですか、急に来て急に帰って」

小鳥「こっちはこんなにもドキド……慌ててるっていうのに」

小鳥「……寒い」ブルッ

小鳥「悪化しないうちに部屋戻ろう……」

P「小鳥さーん」タッタッタ

小鳥「ふえっ!?」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 10:33:56.60 ID:j4RuAAIzP

小鳥「プ、プロデューサーさん」

P「いやー、待ってるだけなのも暇なんで買い物に」

P「考えてみたら冷蔵庫にあまり物もなかったですしね」

P「晩は晩で作りますけど、ヨーグルトとかゼリーなら喉の通りもいいと思うんで」

P「あとスポーツドリンクとか……あっ、ほっとれもん飲みます?温かいですよ?」

小鳥「……」

P「?」

小鳥「……てい」ポスッ

P「なんで腹パン?」

小鳥「もういいです、中入りましょう」

P「は、はい」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 10:45:42.15 ID:j4RuAAIzP

小鳥「あーもう……」

P「怒ってます?」

小鳥「怒ってません!」

P(怒っとるがな)

小鳥「きっと春香ちゃん達もこうやって骨抜きにされたんでしょうね」

P「はい?」

小鳥「なんでもないですよーだ」ゴロン

P(ふて寝していらっしゃる)

小鳥(人の気も知らないで……)


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 10:54:41.36 ID:j4RuAAIzP

P「ヨーグルト食べます?」

小鳥「いりません」

P「ゼリーは?」

小鳥「結構です」

P「十秒チャージ、二分キープですよ」

小鳥「全然ダメじゃないですか」

P「リンゴ剥きましょうか?」

小鳥「出来るんですか?」

P「む、失礼な」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 10:59:01.99 ID:j4RuAAIzP

P「我が包丁捌きをご覧あれい」

P「ん、お、ツルツルしやがる」ショリショリ

P「意外と面倒だな……ええいままよ!」ザクザク

P「はい、どうぞ」

小鳥「……下手ですね」

P「面目無いです……」

小鳥「もう、貸してください」

P「はい」

小鳥「こういうのはササッとやらないと手の熱が移りますし、不恰好になりますし」ショリショリ

P「は、早い……上手ですね」

小鳥「ひ、独り暮らしが長いと誰でも出来ますよ」

P「いやぁ料理はしますけどこういうのは苦手で」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 11:09:53.40 ID:j4RuAAIzP

小鳥「一丁上がりです、どうぞ」

P「わーい」シャクシャク

小鳥「うさぎさんもありますよ」

P「やったー」

小鳥「ふふっ」

P「……いや、俺が食べちゃ意味無いでしょ」

小鳥「あっ」

P「美味いけど」シャクシャク

小鳥「せっかくなんで私も一ついただきますね」シャクシャク

小鳥「美味しい」

P「ですね」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 11:18:19.11 ID:j4RuAAIzP

P「……」キョロキョロ

小鳥「あんまりじろじろ見ないでもらいたいんですけど」

P「つい」

小鳥「プロデューサーさん急に来るから、全然掃除も出来てないですし恥ずかしいです」

P「そうですか?かなり綺麗だと思いますけど」

小鳥「もう」

P「スウェット姿の小鳥さんも新鮮ですしね」

小鳥「……」バフッ!

P「枕で叩かないでくださいよ」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 11:28:37.61 ID:j4RuAAIzP

小鳥「うぅ、他に部屋着がなかったんです」

P「だぼだぼしてて可愛いですよ」

小鳥「へ、部屋着誉められても嬉しくなんか……ないです……」

P「あはは……そうだ熱は大丈夫なんですか?」

小鳥「あ、はい、少しあるかなってくらいです」

P「失礼」ピトッ

小鳥「!?」

P「いやこれ結構あるでしょう、ちゃんと計りました?」

小鳥「ひゃ、ひゃかってないれす」

小鳥(か、顔近い……)


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 11:33:17.09 ID:j4RuAAIzP

P「ダメですよ計らないと」パッ

小鳥「は、はい」

P「体温計どこですか?」

小鳥「じ、自分、で、取ります」ギクシャク

P「フラフラじゃないですか」

小鳥「こ、これはプロデューサーさんが」

P「俺が?」

小鳥「か、顔近付ける……から……」

P「えー!?人の顔見てフラフラするなんてひどい話ですよ」

小鳥「……」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 11:44:53.59 ID:j4RuAAIzP

小鳥「むー」グイー

P「いへへ、なにするんれふか」

小鳥「ふん」

P「わけがわからないよ」

小鳥「体温計体温計、と……あった」

小鳥「大人になってからは風邪なんてひかなかったのになぁ」パクッ

P「この冬はやたら寒いですからねぇ」

小鳥「でふねぇ、アイドルの子達も気をつけまへんと」

P「ところで」

小鳥「ふぁい?」

P「なんで体温計くわえてるんですか?」

小鳥「えっ?皆くわえないんですか?」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 11:57:19.23 ID:j4RuAAIzP

P「俺は脇に挟みますけど」

小鳥「子どもの頃からこうしてたもので……」ピピピ

小鳥「38・1……また微妙な」

P「いやいや、十分高熱ですって!はい横になって!」グイッ

小鳥「きゃっ」

P「冷えピタ貼らな、はよはよ」ガサゴソ

小鳥「じ、自分でやりますよ」

P「いーや、ダメです、じっとしててください」

小鳥「は、はい」

P「貼りますよー動かないでくださいよー」

小鳥「ひゃあ冷たい……」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 12:09:40.97 ID:j4RuAAIzP

小鳥「これ気持ち良いですね……」

P「でしょ?風邪じゃなくても疲れてる時とかに貼ると効きますよ」

小鳥「なるほど」

P「さてと、夕飯はうどんをご所望でしたっけ?」

小鳥「ほ、本当に作ってくれるんですか?」

P「別に大した手間でもないですし、日頃のお返しですってば」

P「困った時はお互い様です、こんな時くらいドーンと甘えてくださいよ」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 12:21:33.10 ID:j4RuAAIzP

小鳥「甘えていいんですか?」

P「もちろん」

小鳥「ふふっ……」

P「まぁまぁとりあえずご飯が出来るまで寝といてくださいよ、出来たら起こしますから」

小鳥「はい」モゾモゾ

P「じゃあ作ってきますね」

小鳥「あ、待って」

P「はい」

小鳥「ちょっとこっち来てください」


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 12:30:54.57 ID:j4RuAAIzP

P「な、なんでしょう?」

小鳥「ん」スッ

P「そのお手てをどうすれば」

小鳥「寝付くまで握っててください」

P「えっ」

小鳥「い、嫌ならいいですよ!」バッ

P「い、嫌じゃないですよ、ただ驚いただけで」

小鳥「……」

P「では失礼します……」ギュッ

小鳥「んぅ……」

P(やわらけぇ)


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 12:36:59.65 ID:j4RuAAIzP

小鳥「プロデューサーさんの手、温かいですね」ニギニギ

P「よく言われます」

小鳥「誰に?」ギュー

P「いてて、友達とかですよ」

小鳥「ふふっ」

P「小鳥さんの手も暖かいですよ」

小鳥「熱があるから……あ、汗とかかいてます?」

P「いえ全然」

小鳥「よかった」

P「……」

小鳥「……」


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 12:45:51.03 ID:j4RuAAIzP

小鳥「……あの」

P「はい」

小鳥「今日は、来てくれてありがとうございます」

小鳥「やっぱり病気で一人だと気が滅入りますし……助かりました」

P「いいんですよ、これくらい、俺でよかったらいつでも来ますよ」

小鳥「風邪移したらごめんなさい」

P「いやぁ大丈夫ですよ、これでも結構頑丈ですから」

P「あ、でももし本当に移ったら、小鳥さんが看病してくれたらなぁなんて」

小鳥「じゃあ移しちゃおうかな」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 12:54:44.04 ID:j4RuAAIzP

P「へ」

小鳥「移ったら看病しますから……」スゥー

P「こ、小鳥さ……んむっ?」

小鳥「んっ……ちゅっ」

P「えっ、えっ、えぇ……」

小鳥「じょ、女性からさせておいて、そんな顔しないでください」

P「プ、プロデューサーはこんらんしている」

小鳥「か、勘違いしないでくださいよ!誰にでもするわけじゃ」

P「そ、そりゃわかってますが」

ハップップ~♪

P「で、電話なんだな」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 13:02:52.52 ID:j4RuAAIzP

小鳥「……」

P「し、失礼します」

社長『おお、音無くんの具合はどうだったかね?』

P「え、あ、はい、ちょっと熱が高いですが元気そうです」

社長『それは何より……こっちも元気過ぎて困っとるよ』

美希『ハニー!何でお休みしてるの!?ミキに会いに来てくれないの!?』

春香『プロデューサー!職務怠慢ですよ!職務怠慢!』

千早『明日じーっくり聞かせてもらいますから』

P「あはは……」

社長『とまぁこんな感じで皆君に会いたがっとるよ』

P「ありがたい話ですね」


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 13:08:33.67 ID:j4RuAAIzP

P「まぁとにかく明日には行けると思います」

社長『うむ、待っとるよ』

P「はい、では」

社長『あ、そうそう』

P「はい?」

社長『据え膳食わぬは男の恥だよ、君』

P「はぁ!?」

社長『がっはははは、では音無くんにもよろしくな』

響『あっ!自分まだ喋ってな』

プチッ

P「なんちゅう事務所だ」


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 13:17:12.76 ID:j4RuAAIzP

小鳥「社長ですか?」

P「あと皆ですね、心配してましたよ」

P(据え膳食えと言われたなんて言えん)

小鳥「そうですか、早く治さないと」

P「あのぅ……」

小鳥「……はい」

P「ご、ご飯作りますね!」


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 13:23:59.07 ID:j4RuAAIzP

小鳥「……」ジッ

P「うっ」

小鳥「へたれ」

P「風邪ひいてる人にそういう事は出来ませんよ」

小鳥「治ったらするんですか?」

P「あ、いや、その」

小鳥「……もう、冗談ですよ、看病のお礼みたいなものですから忘れてください」

小鳥「まぁ私のキスなんか嫌かもしれないですけどね」

P「じゃあ俺もお礼します」スッ

小鳥「へっ」


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 13:30:51.81 ID:j4RuAAIzP

小鳥「わっ、わっ」

ギュッ

小鳥「ひゃあぁぁ」

P「熱いですね」

小鳥「ごごごめんなさい」

P「いや謝ることじゃ……目閉じてくださいよ」

小鳥「はい……」

小鳥「んっ、ちゅっんんっ……」

小鳥「んふっ、んっ、んっ……あふぅ」

P「ふぅ、これでお相子です」

小鳥「舌入れた……」

P「三倍返しや」


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 13:38:52.47 ID:j4RuAAIzP

小鳥「どや顔腹立たしいですね」ツネー

P「いひゃい」

小鳥「お返しです」

チュッ

P「じゃあ俺も返します」

チュッ

小鳥「また返します」

チュッ

P「負けてられません」

チュッ

チュッチュッチュッチュッチュッチュッチュッチュッ


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 13:45:56.00 ID:j4RuAAIzP

P「これで止めや」

小鳥「あふ……ん、ちゅぅ」

P「い、いい加減飯作りますね」

小鳥「そ、そうですね、お願いします」ゴロン

P(なんか勢いでめっちゃしてしまった)

小鳥(うわー!うわー!うわー!考えたら歯も磨いてないし本当にプロデューサーさんに移ったらうわー!うわー!)

P(やっべぇ……マジ柔らかかった……)トントン

小鳥(甘えていいってそういう意味じゃないでしょ私のバカバカバカ!あぁでも気持ち良かっ……うわー!)

P「いてー!」

小鳥「!?」


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 13:57:30.32 ID:j4RuAAIzP

小鳥「何事ですか!?」

P「指切っちゃって……いてて」

小鳥「大変!絆創膏絆創膏!」

P「すいません……深くはいかなかったのが幸いです」

小鳥「あっ、あったあった」

小鳥「貼りますから見せてください」

P「はい」

小鳥「良かった、確かにあんまり深くは切れてないですね、まず拭かないと」

P「俺が世話になっちまって」

小鳥「えい」パクッ


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 14:04:12.95 ID:j4RuAAIzP

P「小鳥さん!?」

小鳥「んっ……」ペロペロ

P「ききき、汚いですよ!!」バッ

小鳥「慌てちゃってぇ」

P「からかわないでくださいよ」

小鳥「チューした仲なんですから、今更指くらい」

P「またチューして黙らせますよ」

小鳥「あっ、はい、どうぞ」

P「素直に目閉じないでくださいよ……」チュッ

小鳥「……」

P「……」

P小鳥(なんだこれ)


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 14:14:00.10 ID:j4RuAAIzP

グツグツ

P「うおお、沸騰しちゃいかんでしょ!」

小鳥「絆創膏しますねー」
P「いつの間に……テレビでも観ててください」

小鳥「はい」

P(これはいかん、さっさと飯食って帰ろう)

小鳥「あっ、観てください、春香ちゃんが歌ってますよ」

P「おぉ、最近は慣れてきて堂々としていますね」

小鳥「綺麗ですねぇ」

P「アイドルは舞台でこそ輝きますからね」

ピー!

P「うおぉ!吹き零れちゃいかんでしょ!」ドタバタ

小鳥「せっかく良いこと言ってたのに……」


230: >>228なんJちゃうよ、そらスレやんか、気ぃつけんと 2012/02/05(日) 14:25:02.52 ID:j4RuAAIzP

P「出来ましたー」

小鳥「わーい」パチパチ

P「消化に良いと思って、煮込んでみたんですが」

小鳥「はい、ありがとうございます……いただきます」

P「フーフーしてあげましょうか?」

小鳥「い、いいですよ、子どもじゃあるまいし」

P「昼間は言ってきたのに」

小鳥「女性は昼と夜とで顔が違うんですよ」

P「化粧的な意味で?」

小鳥「目突きしますよ?」


235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 14:32:43.86 ID:j4RuAAIzP

小鳥「あー、春香ちゃんの出番終わっちゃった」ズルズル

P「何か面白い番組やってませんかねぇ」

小鳥「この時間はクイズ番組ばっかりじゃないですか?」

P「お、逃走中だ……やよいが出たがってたな」

小鳥「へぇー」

P「うっうー!なんて叫んだらすぐ捕まりそうですけどね」

小鳥「確かに」


236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 14:39:46.40 ID:j4RuAAIzP

小鳥「ごちそうさまでした」

P「では後は歯磨きして暖かくしてさっさと寝る」

小鳥「はーい」

P「俺も洗い物済ませたらおいとまします」

小鳥「えっ」

P「さすがに泊まるわけにはいかないでしょう」

小鳥「そう、ですか……」


238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 14:42:43.05 ID:j4RuAAIzP

お昼御飯


265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 15:48:03.52 ID:j4RuAAIzP

P「ほ、ほら、やっぱり独り暮らしの女性のお宅に泊まるのはまずいじゃないですか」

P「一応俺も男ですし、理性が風邪ひいてるとこを襲うのは卑怯と判断しても」

P「押し倒しちゃうかも……いやむしろ我慢出来そうも無いですし」

小鳥「……」

P「と、とにかく帰りますね!先に洗い物しちゃいます!」ガタガタ

テレビ『熱いぜ!DeNA!インフルエンザ中畑清でーす!』

P(我ながらへたれであろうか)カチャカチャ


271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 15:57:54.24 ID:j4RuAAIzP

P「……」キュキュ

P「この音がたまらん」

小鳥「わかりまふ」シャコシャコ

P「あれ?もう歯磨きしてるんですか?」

小鳥「磨けって言ったじゃないれふか」シャコシャコ

P「デザートも買ってあったのに」

小鳥「明日いただきます……ガラガラ、ペッ」

P「よし、と……さてじゃあ帰ります」

小鳥「……はい」サッ、カチャ

P「ドアからどいてくれないと出れないんですが」


278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 16:05:31.70 ID:j4RuAAIzP

小鳥「言わせたいんですか?」

P「何をです?」

小鳥「風邪ひいて寝込んでるところに来てくれて、色々とお世話までしてくれて」

小鳥「さ、さっきはあんなにチューまでして……それでよく帰るなんて言えますね」

小鳥「ここまでして女を放置ですかそうですか」

P「うぐぅ」

小鳥「帰ってほしくないに、決まってるじゃないですか」ギュッ


286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 16:14:36.63 ID:j4RuAAIzP

P「あばばばば」

小鳥「別に、そういう事したいわけじゃないですよ?プロデューサーさんがどうしてもって言うならいいですけど……」

小鳥「ただ今日は……一緒に、いてほしいです」

P(あ、ダメ、いやん、落ちそう、おっぱい当たってるし)

小鳥「ダメ、ですか?」ギュウ

P「あ、う」


293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 16:22:25.64 ID:j4RuAAIzP

P(地球の皆、オラはどうしたらいいか教えてくれ)

小鳥「……」

社長『据え膳食わぬは』

P(うるせぇやい!)

小鳥「……」スリスリ

P「わ、わかり……」

ハップップゥ~♪

P「おーっと電話だぁ!」

小鳥「……ダメ」ガッチリ

P「ふえぇ」

小鳥「出ちゃ嫌です」

―――

響「プロデューサー出ないぞ……」

美希「ミキがかけたら出てくれるはずなの」


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 16:29:18.13 ID:j4RuAAIzP

ハップップゥ~♪ ハップップゥ~♪ ハップップゥ~♪

P「……わかりました」ピッ

―――

響「おい、切れたぞ」

美希「そんなバナナなの」
―――

P「よいしょっと」ヒョイ

小鳥「きゃあ!?」

P「軽いですね」スタスタ

小鳥「えっ、ええっ」

P「ベッドに到着」

小鳥「あ、あの」

P「俺の歯ブラシ買ってきますから、大人しく良い子で待っててくださいね」ナデナデ

小鳥「はい……」


301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 16:33:20.52 ID:j4RuAAIzP

怒らないでマジレスしてほしいんだけど、買い物いってきていい?


345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 18:35:55.01 ID:j4RuAAIzP

路地

P「い、勢いで泊まることになってしまった」

P「やっぱり帰りますとか無いよなぁ」

P「よーし、こうなったら覚悟を決めよう」

P「小鳥さん美人だし親切だしスタイル良いし柔らかいし良いとこばっかりだしな」

P「おっと皆にメール返しておかないと……」

P「えーと響に美希に亜美に千早に……ん?小鳥さんまで……」カチカチ

小鳥『早く帰ってきてくださいね?』

P「おほぉ」


349: >>344ちゃん、そら観なあかんな 2012/02/05(日) 18:42:33.27 ID:j4RuAAIzP

P「た、ただいま戻りました……ゼェゼェ」

小鳥「ず、随分急いでこられたご様子で……」

P「あんなん言われたら誰だって急ぎますよ」

小鳥「こっちこっち」ポンポン

P「ベッドに座れってことですか?」

小鳥「はい」

P「失礼します」ギシッ

小鳥「えへへ」ポスッ

P「こ、小鳥さん?」

小鳥「男の人に膝枕してもらうなんて初めてです……」


357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 19:05:46.20 ID:j4RuAAIzP

P(動けん……ウゴ・ケデブ)

小鳥「あ、私このドラマ好きなんですよ」

P「へぇ、やっぱり恋愛物ですか」

小鳥「はいもちろん」

P「アイドルとマネージャーのカップルですか……」

小鳥「現実だったらどえらいことになりますね」

P「気を付けます」

小鳥「えっ、まさかもう誰かに手を」

P「だだだ出してないですよ!」

P「出してないですよ……」


360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 19:12:16.59 ID:j4RuAAIzP

小鳥「怪しいなぁ」

P「本当ですってば」

小鳥「皆若くて可愛いですもんね」

P「小鳥さんだって可愛いじゃないですか」ポンポン

小鳥「……」

P「おっ、熱下がって来てますね、これなら明日は大丈夫かな」

小鳥「……」

P「そう言えば小鳥さんの髪も珍しい色ですよね、緑がかった黒と言うか」

小鳥「……」

P「カチューシャしてないのもなかなか」

小鳥(そんなのどうでもいいから撫でてよ……)


365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 19:22:45.34 ID:j4RuAAIzP

テレビ『チャッチャッチャッチャラチャー♪イタリィ、フランチェスコ・トッティ、ローマ』

P「もういい時間ですねぇ、そろそろ寝ましょうか」

小鳥「あ、待ってください」ムクリ

P「?」

小鳥「確かプロデューサーさんがさっき買ってきてくれて……」ゴソゴソ

小鳥「あった、アイス食べましょう」

P「さっき歯磨きしてたじゃないですかー」

小鳥「もう一回磨いたらいいだけですよ」

P「確かに」

小鳥「えへへ、はい、あーん」

P「あーん」


372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 19:32:03.02 ID:j4RuAAIzP

P「あーん」

小鳥「あーん」

小鳥「ふふふ、こういうの楽しいですよね」

P「楽しい……ですけど」

P(いいのかなぁ)

小鳥「……」ペロッ

P「あひゃあ!?」

小鳥「口元ついてましたよ」

P「ど、どうも……」

P「ね、寝ましょう!寝よう寝よう!」


374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 19:38:02.43 ID:j4RuAAIzP

P(お茶目な人とは思っていたが)シャコシャコ

P(小鳥さんがこんなに子どもっぽいことをするとは)シャコシャコ

P(くそぅ、胸が締め付けられるぞ)ガラガラ、ペッ

小鳥「本当に床でいいんですか?」

P「も、もちろんです!床だーい好き!」

小鳥「ベッドでもいいんですよ?」

P「いかんでしょ」


380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 19:45:38.52 ID:Vnzmb1r30

ここまできて手を出さないとか小鳥を傷つけるだけだろ・・・


382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 19:46:45.74 ID:j4RuAAIzP

P「お布団お借りします」

小鳥「はい、では電気消しますね」

カチッ

P「おやすみなさい」

小鳥「はい、今日は本当にありがとうございました」

P「いえいえ」

P(さっさと眠りに落ちて本能に打ち勝つんやな)

ムギュ

P「ん?お?えっ」

小鳥「……ふふふ」ムギュー

P「小鳥さん!?」

小鳥「私が床で寝ちゃいけないってルールは無いでしょう、その辺の古い体質はわかりませんね」


386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 19:58:00.76 ID:1ZSXvlEq0

ゴムもないし(アカン)


388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 19:59:04.25 ID:j4RuAAIzP

P「いやいやいや!ダメですよ!病人なんだから!」

小鳥「プロデューサーさんが温かいからいいです」

P「ダメです!」ヒョイ

小鳥「わっ」

P「せいやー!」ボフッ!

小鳥「きゃっ」

P「大人しくベッドで」

小鳥「むぅー」グイッ

P「うへっ」

小鳥「一緒にいたいって言ったじゃないですか」

P「はい……観念しました」


390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:06:20.20 ID:j4RuAAIzP

P「……」

小鳥「……」

P「……」

小鳥「……」

P「あの」

小鳥「はい」

P「先程も言いましたように俺も男でして」

P「小鳥さんのような女性と密着していると、こう、ムラムラと」

小鳥「私も言ったじゃないですか」

小鳥「プロデューサーさんがしたいって言うなら」

小鳥「私、いいですよ」


393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:11:23.41 ID:j4RuAAIzP

P「……」

小鳥「も、元々プロデューサーさんの事はいいなと思ってましたし」

小鳥「今日も……若干振り回された感じでしたけど、来てくれて嬉しかった」

小鳥「だから私」

P「待ってください」

小鳥「……」

P「それは男から言わなきゃいかんでしょ」


398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:14:24.48 ID:Ak5KwNcFO

P「ヤらせて下さい!」


401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:15:50.82 ID:vMgGvjcJ0

>>398
俺「………………はい…///」


406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:24:54.27 ID:j4RuAAIzP

P「音無小鳥さん」

小鳥「はい」

P「俺も今日は社長に行ってこいと言われて小鳥さんの色んな面が見れて」

P「可愛いなとか愛らしいなとか思ったりして……正直、ものすごくしたいです」

小鳥「はい」

P「でも、先に言うことが」

小鳥「はい」

P「好き、です。いや、好きになってしまいました」

小鳥「はい」


407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:26:23.30 ID:mcJpjI+EO

俺もピヨちゃん好きになっちゃった…


410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:29:50.20 ID:j4RuAAIzP

小鳥「私も、好きになっちゃいました」

P「て、照れますねこういうの」

小鳥「そうですか?私は嬉しいですよ」

P「まさかこんなことになるとは」

小鳥「事務員には手出ししても怒られませんもんね」ニヤニヤ

P「……手出しするのは風邪治ったらにします」

小鳥「……律儀を越えて恥をかかす事態ですよ」

P「悪化されるよりマシです」

P「大事ですから」

小鳥「ふふっ、じゃあ期待してますね」

P「それはそれでプレッシャー……」


415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:36:59.45 ID:j4RuAAIzP

翌日

小鳥「おはよーございまーす」

社長「おはよう、元気そうじゃないか」

小鳥「社長がけしかけたプロデューサーのおかげでスッカリ良くなりました」

社長「それは良かった、で、彼は?」

小鳥「さぁ……?」

社長「さぁって、てっきり一緒に来るものだと……ゲフンゲフン」

美希「ハニー!おはようなのー!……あれ?」

社長「来とらんよ」

美希「えー!?」


418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:40:01.68 ID:F6cjYw0l0

あかん……若さ吸われたんや……


419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:40:29.87 ID:KnCRyKqy0

エナジードレったか…


420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:42:14.29 ID:j4RuAAIzP

美希「つまんないのー!」

社長「全く、どうしたんだ」

小鳥「さぁーそろそろ連絡があるんじゃないですかね?」

社長「?」

ブーブー

小鳥「……」コソコソ

P『38・5……バッチリ移ってます……社長に電話します……て言うかまたベッドお借りします』

小鳥「帰ったらたっぷり看病してあげますからねーっと」コソコソ

社長「ん?何か言ったかね?」

小鳥「いいえ、何でもありません」


422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:42:49.85 ID:fXOtUYlu0

粘膜感染したか…


423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:43:39.42 ID:Ba6gNW9J0

その内、遺伝子も感染しちゃうよ


425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:45:24.54 ID:qRNP/aOC0

苗字も伝染りそう


426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:47:22.82 ID:n84ZC2xt0

籍がうつるのか


427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:48:16.32 ID:nhxbFdzk0

>>426
誰がうまいこといえとwww


428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:48:25.48 ID:j4RuAAIzP

小鳥ハウス

P「あい、すいません、それでは……据え膳食ってないですよ!はい、はい」ピッ

P「あ゙あ~フラフラする」

P「……」ゴロン

P「しんど……マジで病気で一人って心細いな」

P「人肌が恋しい……小鳥さん早く帰って来てくれー」

ガチャ

小鳥「はーい」

P「へっ?」


429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:49:42.43 ID:r/kP9/Gt0

攻め姿勢の小鳥さん
高熱で動けないP
これはwkt……危ない


430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:52:46.63 ID:Tp5qPT5u0

繰り返し感染しあえばずっと二人っきりって事か…


431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:53:31.24 ID:HrrET9Kb0

すぐ三人になるだろ


433: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:53:48.81 ID:j4RuAAIzP

P「な、なんでどうして?」

小鳥「社長命令で看護に来ました、アイドルが機能しないからさっさと治せって」

P「それはそれは……バレてんだろうなぁ」

小鳥「さぁさぁ、昨日のお礼に看病しちゃいますよぉ」

P「お、お手柔らかにお願いします」

小鳥「ふふふ、私は誰かさんと違って据え膳食べる派なんで覚悟してください」

P「……はい」

小鳥「じゃあまずは……んっ」

P(そう言うと小鳥さんは目を閉じて可愛らしく口をすぼめたのだった)

チュッチュッ


おすまい


443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:57:10.73 ID:j4RuAAIzP

なんか(グダグダの尻切れトンボで)すまんな
乙女っぽい小鳥さんが書きたかっただけやのに酷いことになってもた
(これからはあずささんに)切り替えていく
あと千早同棲は違う人だぞ

それにしてもキュアハッピーは可愛いな


445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:57:16.23 ID:dO357IRE0

乙乙
ピヨちゃん報われてよかった


446: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:58:13.05 ID:bF5A3Tye0


これは名作


452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:59:29.25 ID:r/kP9/Gt0

乙乙

確かにハッピーは可愛い
だがマーチも可愛い


457: ◆SanaeY7IOQ 2012/02/05(日) 21:01:58.52 ID:vOzkysxe0



460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:06:31.29 ID:HrrET9Kb0


後日談待ってる


470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:18:29.80 ID:9GYLBIfV0

http://i.imgur.com/gJUPl.jpg
たまらん
お疲れ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。