スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まどか「さやかちゃんが好きでしょうがない隊」 

カテゴリ:まどかSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 04:46:36.82 ID:IbTEKWbJ0

後悔なんて、あるわけない


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 04:48:27.82 ID:y5GdeEfHQ

さやかちゃんは守ってあげたくなる儚い女の子


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 04:49:10.92 ID:IbTEKWbJ0

タッ タッ タッ タッ タッ タッ タッ タッ…

さやか「はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ」

タッ タッ タッ… ピタ…

さやか「はあ、はあ、はあ…」

さやか「……んっ…!!」

ギイイイ…

さやか「…はっ!?」

さやか(街が…めちゃくちゃ…)

さやか(あのおっきな何かが…街を…!?)

さやか(…!あの子…一人で…!!)

黒髪の少女「・・・」タッ

さやか(あっほむらじゃん)


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 04:51:58.91 ID:IbTEKWbJ0

ほむら「ぐっ…」

???「アハハハハハ!!」

ドオオオン

ほむら「くうううっ!!」

ほむら「・・・」ドサッ

さやか「ひどい…」

ピンク髪の少女「仕方ないよ、彼女には荷が重すぎたの」

ピンク髪の少女「でも、彼女も覚悟の上なんだよ」

さやか(まどか…?)ジッ

まどか「・・・」サッ

さやか(…カンペ?)

まどか「・・・」ギロリ

さやか(ひっ!)

さやか「そ、そんな…あんまりだよ、こんなのってないよ」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 04:54:44.31 ID:IbTEKWbJ0

まどか「諦めたらそれまでだよ」

まどか「でも、あなたなら運命を変えられる」

ほむら「さやか!そいつに近づいたらだめえ!!」

さやか(…今、ほむらからなんか危険な言葉を聞いた気がする)

まどか「避けようのない滅びも、嘆きも、全てあなたが覆せばいい」

まどか「そのための胸が、あなたには備わっているんだから」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 04:57:42.48 ID:IbTEKWbJ0

さやか「…は?」

まどか「だから、わたしと契約して…」ダキッ

さやか「!?」

まどか「わたしのものに、なってよ!」ギュウウ

さやか「まど…か…?ぐるじ…」

まどか「さやかちゃんさやかちゃんさやかちゃんさやかちゃん」

さやか「う…うわああああ!!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 05:01:47.08 ID:IbTEKWbJ0

さやか「うわあああっ!!」ガバッ

さやか「・・・」

さやか「ほっ…夢オチぃ…」

「交わしたやーくそくーわすれーないよー」ゴニョゴニョ

さやか「うひゃああう!?」ビクウウッ

ほむら「いい夢を見ていたようね」

さやか「ほむら…どうやってうちに?」

ほむら「魔法少女が他人の家に入ることがどれだけ簡単なことか、あなたはよく知っているはずだけれど」

さやか「はいはい…よく知ってますよーだ」

さやか「…で、何しに来たわけ?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 05:06:30.07 ID:IbTEKWbJ0

ほむら「じゃじゃ~ん」サッ

さやか「…見るからに怪しい液体…」

ほむら「これはなんでしょう?」

さやか「あんた、また変な薬作ったわけ?」

ほむら「いいえ、これは私の転校初日前に作った薬」

ほむら「この薬は、飲んでから最初に意識した人が好きになる、というものなの」

さやか「当時のあんたの目的がよくわかったよ…」

ほむら「これを懐かしく思って出しておいたらね、ちょうど家に遊びに来ていた…」

さやか「…まどかが飲んでしまった…とでも?」

ほむら「ピンポ~ン」

さやか(今日のほむらはなんかムカつく)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 05:10:51.35 ID:IbTEKWbJ0

さやか「で、どうしてあたしの家に?」

ほむら「・・・」ピトッ

さやか「…あたしが何か?」

ほむら「あなたが被害者よ、美樹さやか」

さやか「・・・」

さやか「…は?」

ほむら「まどかに好かれたのよ、あなた」

さやか「」


13: まーみん ◆DQBsFF3IrQ 2012/07/29(日) 05:15:26.48 ID:JR8AHrd6O

まどさや?


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 05:16:57.45 ID:IbTEKWbJ0

>>13 い…え…す…?


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 05:18:23.61 ID:IbTEKWbJ0

さやか「え?え?なんで?なんであたし?」

ほむら「まどかが薬を飲んだ時には、手元にあなたの写真があったわ」

さやか「なんであたしのが…」

ほむら「杏子にうr…いえ、宿泊学習の時の写真を見ていただけ」ファサッ

ほむら「ところで、今日は学校でしょ?」

さやか「まあそうだけど…」

さやか「でもさ、まどかに好かれても問題ないっつうか…いつも一緒にいたし…」

ほむら「…まどかに会えば状況がよくわかるわ」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 05:22:30.24 ID:IbTEKWbJ0

あーさやかわいい画像が欲しいなー(チラッ
誰かくれないかなあー(チラッチラッ


18: まーみん ◆DQBsFF3IrQ 2012/07/29(日) 05:24:06.45 ID:JR8AHrd6O

>>17
さやかちゃんの画像スレ立ってるよ


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 05:25:06.79 ID:IbTEKWbJ0

>>18
あら、そうだったんですか…後で行ってみよ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 05:26:37.38 ID:IbTEKWbJ0





さやか「…なんかほむらと一緒に登校するのって違和感あるなあ」テクテク

ほむら「今日は特別」テクテク

さやか「おお!?これってもしかして…」

ほむら「変なこと考えてると…」スチャッ

さやか「じょ、冗談だって!!」

仁美「おはようございます、さやかさ…あら、暁美さんもご一緒ですの?」

さやか「お~仁美、おはよ!ちょっと訳あってね…」

ほむら「…おはよう」

さやか「あれ、まどかはまだ来てないの?」

仁美「あら、まどかさんなら先ほどお会いしたのですが…」

さやほむ「ですが?」ピクッ

仁美「ものすごい勢いで学校へ走って行きましたわ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 05:30:47.70 ID:IbTEKWbJ0

仁美「あんなに元気なまどかさん、見たことありませんわ…」

ほむら「・・・」

さやか「それも薬のせいなわけ?」

ほむら「おそらく…」

ほむら「まずいかもしれないわ」

さやか「え、どういうこと?」

ほむら「私の同類的直感が危険信号を察知したわ」

さやか「つまり変態ってこと?」

ほむら「まどかへの愛情と改めなさい」スチャッ

さやか「ちょっタンマ!」

仁美「……?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 05:38:03.27 ID:IbTEKWbJ0

~下駄箱~

さやか「」

ほむら「」

仁美「こ、これは…!!」

仁美「ラブレターですわ!!しかもぎっしりと!!」

仁美「さやかさんすごい!私、負けましたわ…」

ほむら「『まどかより』、『まどかより』、『まどかより』…」

ほむら「これ、全部まどかからよ…」

仁美「え!?え!?まどかさんからですの!?これって…」

さやか「…冗談だよね…?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 05:43:55.60 ID:IbTEKWbJ0

さやか「はあ~…周りに誤解されまくりで疲れたわ…」ゲンナリ

ほむら「ええ…」ゲッソリ

さやか「なんか悪いねほむら…」

ほむら「いえ、そもそも原因は私だし…」

さやか「そういえばそだったねー」

さやほむ「あはははは」ガラッ

さやほむ「」



まどか「おいしい…すごくおいしいよ…」ペロペロ

まどか「さやかちゃんの机…最高だよぉ…」

さやか「」ドサッ

まどか「・・・あっ!さやかちゃん!!」

さやか「あ…あ…」

さやか「うわああああ!!」ダッ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 05:48:38.53 ID:IbTEKWbJ0

まどか「さやかちゃん、待ってよ~」ガシッ

まどか「…?」

ほむら「ま…まどか!落ち着いて、ね?」

ほむら「周りを見なさい、ほら、みんな引いてるわ…」

モブ達「ざわ…ざわ…」

まどか「・・・」

まどか「・・・」ジイー

ほむら「…え?な、なに?まどか?///」

まどか「あなた、誰ですか?」ニコッ

ほむら「」

まどか「さやかちゃんどこ行ったのー?」タッタッタッ

ほむら「」ドサッ

モブ「暁美さんが倒れた!?」

センセー センセー ワー ギャー


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 05:55:25.07 ID:IbTEKWbJ0

さやか「ど、どうなってるんだよ…」ハアハア

さやか「初めてまどかに恐怖心を抱いたわ…」ゾクゾクー

さやか(でもまどかが追ってこないってことは…ほむらが足止めしてくれたのかな)

さやか(良かった…このまま1限開始のチャイムまで過ごせれば多分安全)

まどか「あ!さやかちゃんいたー」タッタッタッ

さやか「ぎゃっ!!」ダッ

さやか(ほむらアウトかよ!)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:00:08.43 ID:IbTEKWbJ0

さやか「はあっはあっはあっ」タッタッタッ

まどか「さやかちゃあん、どうして逃げるのー」ドドドド

さやか(あれ見せられたら逃げるしかないだろ!!)

さやか「く…速すぎる…このままでは…」タッタッタッ

さやか「おわっ!」ドン

?「きゃっ!」ドテッ

さやか(やばいやばい!まどかに掴まっちゃう!!)

さやか「す、すみません!あたし、急いでるんで…」

?「わ、私は平気だから…」

さやか「…って!」

さやか「マミさあん!!」パアアア

マミ「あら…美樹さん?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:04:10.58 ID:IbTEKWbJ0

マミ「ここは3階よ。何か用事でもあるの?」

さやか「い、今まどかに追いかけられてて!!」

マミ「え、鹿目さんが?」

さやか「あ、あいつ今おかしくなってて!!」

まどか「さやかちゃー」

さやか「ぎゃあ!きたあ!!マミさん助けてえ!!」

マミ「わ、わかったわ。私が足止めしておくわ…」

さやか「ありがとうマミさん!」ダッ


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:08:32.39 ID:IbTEKWbJ0

まどか「さや…!」ピタッ

マミ「鹿目さん!ちょっといいかしら…?」

まどか「あ!ぼっちマミさん!!おはようございます!」

マミ「e」

まどか「今わたし、急いでるんです」

マミ「あ…そうなの」

まどか「ぼっちって退屈ですよね…ごめんなさい」ペコッ

マミ「」

まどか「あ、固まっちゃった」

まどか「まあいいや」

まどか「さやかちゃー」タッタッタッ

マミ「・・・」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:12:59.15 ID:IbTEKWbJ0

さやか「はあ、はあ、はあ…」

さやか「マミさん、うまくやってくれてるかな…」

さやか「うん、マミさんのことだし大丈夫でsy

まどか「あ、いたあ!」タッタッ

さやか「ひゃああ!!」ダッ

さやか(マミさんもアウトかよお!)

さやか(げっ行き止まり!!)

まどか「てぃひひ…追い詰めたよさやかちゃん…」

さやか「ひ、ひいい…」ジリリ…


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:14:45.30 ID:htXru8ZI0

正気に戻ってみんなに必死に謝ったり
さやかちゃんにしたこと思い出して真っ赤になるとこまでしっかり頼むぞ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:16:34.71 ID:IbTEKWbJ0

>>33
頑張ってみる


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:55:32.85 ID:ojHOHxeB0

>>33
の展開までは続けろよ絶対だぞ死んでも続けろよ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:14:46.71 ID:IbTEKWbJ0

この時間帯にss書くのって無理あったかな…


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:17:43.25 ID:oH1Isv0n0

見てるぞ


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:19:31.73 ID:IbTEKWbJ0

>>37 ありがとう


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:18:45.25 ID:IbTEKWbJ0

立て直しじゃないけど続編書いたら色々言われた嫌な思い出が…


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:20:21.00 ID:IbTEKWbJ0

まどか「はいっこれ!」サッ

さやか「た…体育着!?」

まどか「うん、昨日借りたやつだよ?」

さやか(そ、そういえば貸したんだっけ…)

まどか「ちゃんと洗っておいたからね!ありがとう、さやかちゃん!」

さやか「ああ、うん…」

まどか「でも、なんで逃げてたの、さやかちゃん?」

さやか「あ、ああ~なんかさ、逃げたい気分になってたっつうか…」

まどか「もお、さやかちゃんてば…1時間目の授業始まっちゃうよお~…」

さやか「あはは、ごめんごめん…」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:23:02.31 ID:htXru8ZI0

まぁがんばれ支援する
ってか、まどかSSは荒れやすいか本文以外のレス控えたほうがいいかもな


44: >>43 おk thx 2012/07/29(日) 06:26:13.69 ID:IbTEKWbJ0

まどか「じゃ、先に行ってるね、さやかちゃん!」タッタッタッ

さやか「さ、サンキューな!」

さやか「・・・」

さやか(なあんだ、あたしの勘違いじゃん!)

さやか(どっからどう見てもいつものまどかだし…)

さやか(あれも見間違いだよきっと!うん!)

さやか(ほむらってば…思い込みが激しいんだって!)

さやか「…?」グッショリ

さやか「あれ、体育着、濡れてる…」

さやか「なんか臭うし…」

さやか(でも、まどかは洗ったって言ってたよな…)

さやか「や、やば!!あたしも急がないと!」ダッ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:31:10.10 ID:IbTEKWbJ0

キーンコーンカーンコーン

キリーツ レーイ チャクセーキ

さやか(ま、間に合った…)ホッ

さやか(…あれ?ほむらがいない)キョロキョロ

さやか「まどか、ほむらは?」

まどか「えっ?」

さやか「えっ?」

仁美「さやかさん、暁美さんなら保健室ですわ」コソコソ

さやか「保健室?」

仁美「ええ、なんでも急に倒れてしまわれたそうで…」コソコソ

さやか「マ、マジで!?」

和子「美樹さん!授業中ですよ!?」

さやか「は、はいい!!」

アハハハハ…


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:34:26.81 ID:IbTEKWbJ0

和子「では鹿目さん、この例文を訳してちょうだい!」

まどか「はいっ」ガタッ

さやか(まどか、いつもより自信ありげだな…)

まどか「『わたしはクッキーよりさやかちゃんの方が好きです』」

さやか「!?」

和子「あら?美樹さんではなくて『チョコレート』ですよ、鹿目さん?」

アハハ…

和子「では次の例文はどう訳しましたか?」

まどか「はい、『わたしは世界中で最もさやかちゃんが好きです』」

シーン…

さやか「…ひ……」ゾクッ


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:38:53.93 ID:IbTEKWbJ0

まどか「…あ!」

まどか「す、すみません…寝ぼけてノート書き間違えてたみたいです…」シュン

ドッ アハハハハ…

モブ「鹿目が寝ぼけるなんて珍しいな!」

アハハハ…

まどか「あ、あうぅ…」カアアア

和子「もう、鹿目さんったら…」

さやか「・・・」

さやか(本当に…間違いだったのか…?)

まどか「・・・」クルッ

さやか「!?」

まどか「…てぃひっ」ニコッ

さやか(!!)ゾクッ


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:42:40.52 ID:IbTEKWbJ0

さやか「せ、先生!ちょっと腹痛いんで保健室行ってきます!!」ガタッ

和子「あら、行ってらっしゃい…」

仁美「だ、大丈夫ですか?」

さやか「ちょっと無理かも…」

まどか「あ、わたし保健係だから連れて行ってあげるね!」

さやか「ひっ!い、いいよいいよ!!あたし1人で平気だから!」ダッ

まどか「・・・」ムスー


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:45:19.09 ID:IbTEKWbJ0





さやか「はあっはあっ」タッタッタッ

さやか(ラブレターも…机も…全部…本当だったんだ…!!)

ガラッ

さやか「!!」

さやか「ほむら!」

ほむら「さ、さやか…?」

さやか「やっぱあいつ変だって!!」

ほむら「だから言ったじゃない…」


54: >>53 はいい~ 2012/07/29(日) 06:48:14.48 ID:IbTEKWbJ0

さやか「まさか、あんたが倒れたのも…」

ほむら「まどかに『誰ですか』って言われたのよ」

ほむら「倒れるしかないじゃない!」

さやか「oh…」

さやか「…あのさ、まどかに貸した体育着が濡れてて臭うんだけどさ…」

ほむら「それはまどかに舐め尽くされたんでしょうね」

さやか「」


57: >>56 同類的直感よ 2012/07/29(日) 06:52:05.90 ID:IbTEKWbJ0

さやか「…どうしよう、ほむら」

さやか「あたし、震えが止まらない…」ガタガタ

さやか「怖い…!まどかが、怖いよ…!!」ガタガタ

ほむら「・・・」

ほむら「心配しないで、さやか」ニギッ

さやか「!」

ほむら「これは私の責任…私の手で必ず解決する」

ほむら「あなたを、まどかから守ってみせる…!!」

さやか「ほ、ほむらあ…」ウルウル

ほむら「すべてはまどかのためよ」ファサッ

さやか「最後の一言いらない…」ズーン


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 06:54:32.77 ID:IbTEKWbJ0

ほむら「まどかを元に戻すには」

ほむら「あなたの協力が必要よ、さやか」

さやか「あ、あたし?」

ほむら「ええ」

ほむら「簡単なことよ、m

まどか「さやかちゃあん!」ガラッ

ほむさや「」

まどか「心配だから来ちゃった!」ティヒヒ


60: >>59 過度な期待しないでお願い死んじゃう 2012/07/29(日) 06:59:19.13 ID:IbTEKWbJ0

まどか「あれ?あなたは…」

ほむら「!!」

まどか「伊藤さん?」

ほむら「」バタン

さやか「ほ、ほむらああ!!」

さやか(ショック受けすぎだろ!)

まどか「なあんだ、さやかちゃん元気そうだね」

さやか「え、あ、うん…」

まどか「教室、戻ろ?」グイッ

さやか(あああああ…)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 07:03:22.57 ID:IbTEKWbJ0

さやか(でも、待てよ…)

さやか(相手はまどか…あたしの親友で、かわいいまどかなんだ)

さやか(ちょっとまどかに机や体育着を舐められたりするくらいなら)

さやか(問題な…)

さやか「…まどか?」

まどか「?なあに、さやかちゃん?」

さやか「なんか、手、べったりするんだけど…」

まどか「これはね、強力接着剤だよ!」

さやか「は、はあ!?」

さやか「と、取れない…」

まどか「これでずっとさやかちゃんと一緒に居られるよね!」ニコオ…

さやか「ひい!」ゾッ

さやか(狂気に満ちてる!無理!やっぱ無理!!)

さやか(助けてええ…)


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 07:07:13.55 ID:IbTEKWbJ0

さやか(とにかくこの接着された手をどうにかしないと…)

まどか「♪~」

さやか(…周りに誰もいないよな…)

さやか「・・・」パアアア

まどか「さ、さやかちゃん!?どうして、変身…」

さやか「はああ…」シュウウウ

さやか「と、取れたあ!!」パッ

まどか「あっ…」

さやか(治癒魔法が効いて良かった!!)

さやか「まどか、あたし今日は体調悪いから帰るわ!」ダッ

まどか「え、さやかちゃ…」

さやか「先生に伝えといて!」タッタッタッ

まどか「・・・」

まどか「むう~…」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 07:10:15.89 ID:IbTEKWbJ0





さやか「はあ~…」トコトコ

さやか「つ、疲れた…」

さやか(まどかを元に戻す方法を知ってるほむらも倒れちゃったし)

さやか(明日学校に行けばあの狂気に満ちたまどかに会うだろうし)

さやか(この調子じゃ生きていけないよ…)

?「学校はどうした、さやか?」

さやか「お、おおお…!」キラキラ

さやか「きょおこぉお!!」ダキッ

杏子「わ、急になんだよ…///」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 07:14:07.20 ID:IbTEKWbJ0





杏子「なるほどねえ…」

杏子「で、アタシにどうしろっての?」

さやか「まどかからあたしを守って!!」

杏子「はあ!?」

さやか「あたし、まどかが怖くて耐えらんないんだ…」

さやか「杏子だけが頼りなの…お願い…助けて…」ウル…

杏子「!!」カアアア

杏子(あ、アタシがさやかを守る…!さやかを、さやかをさやかを)

杏子「心配すんなよ、さやか…」ダキッ

杏子「アタシが付いてるからな…!」ギュウウ

さやか「きょうこお…」ギュッ

杏子(これでさやかはアタシのもんだな…)ムフー


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 07:17:49.44 ID:IbTEKWbJ0

~美樹ハウス~

さやか「すごい!すごく似合ってるよ、杏子!!」

杏子「うげえ…感触悪いな、これ…」

さやか「制服なんてそんなもんだよ」

杏子「これ着て行かなくちゃなんねえの?」

さやか「仕方ないでしょ、怪しまれちゃうんだから」

さやか「ん?なんか臭う…」

さやか「あ~!杏子!あんた風呂入ってないでしょ!?」

杏子「まあ、基本路上生活だからな…」

さやか「今すぐお風呂入りなさいっ!!」グイッ

杏子「さ、さやかと風呂…!?///」カアア

さやか「はあ?1人で入ってよ?」

杏子「…はいはい」シュン


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 07:21:15.13 ID:IbTEKWbJ0





さやか「仁美、おはよ!」

仁美「おはようございまs…あら、そちらのお方は?」

杏子「佐倉杏子だ、さやかをまm

さやか「あーええと!て、転校生だよ!あたしの遠い親戚でさ!引っ越してきたんだ!」

杏子「むぐぐ…」

仁美「そ、そうですの…?」

さやか「うん、そうそう!あ、まどかは?」

仁美「まどかさんなら今日も先に行かれましたわ」

さやか「げっ!!」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 07:24:14.88 ID:IbTEKWbJ0





~廊下~

まどか「・・・」ニコニコ

恭介「・・・」ニコニコ

さやか「・・・」テクテク

さやか(・・・)

さやか(何この状況!?)ドーン

さやか(まどかと…恭介が…笑顔で並んで…こちらを見ている…)

さやか(てかなんで恭介!?)

杏子「な、なんだあいつら…」


77: みんな…もう何も怖くない!! 2012/07/29(日) 07:36:41.59 ID:IbTEKWbJ0

さやか「杏子…スルー…」

杏子「ああ…」

さやあん「・・・」テクテク

まどか「すううう…」

恭介「すううう…」

さやか「…!?」

さやか(む、無視無視…)ガラッ

さやか「ふう~…」ホッ

杏子「あいつら、アタシたちが通った瞬間深呼吸してたな…」

さやか「何してたんだろう…?」ソー…

まどか「初めてだったけど、さやかちゃんの空気、すごく美味しかったあ!」

恭介「ああ、僕も病院以来だったけど変わらずいい匂いだった!」

まどか「えへへ…おかげで今日1日生きていけるよ…!」

さやか「」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 07:40:08.85 ID:IbTEKWbJ0

さやか(まどかはともかく…なぜ恭介が…)

さやか(昨日一体何があったんだよ…)

仁美「か、上条君!」

恭介「ああ、志筑さん」

さやか(仁美!あああ余計状況がややこしくなる…)

仁美「なぜさやかさんですの!?私の空気では不満ですか!?」

さやか(まずあいつの変態行動に突っ込んでほしい)


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 07:42:58.66 ID:IbTEKWbJ0

恭介「志筑さん、あなたは何もわかってない…」

恭介「さやかのあの甘酸っぱい空気を!志筑さんの空気とは全然違う!!」

恭介「ただの海藻くさい匂いとは比べ物にならないんだよ!!」

さやか(意味わかんねえ!!)

仁美「…!!」パシイ

仁美「上条君の馬鹿あ!!」タッタッタッ

恭介「馬鹿は志筑さんの方だよ…!」

さやか(あの変態のために魔法少女になったあたしって…)ズーン


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 07:46:01.22 ID:IbTEKWbJ0





和子「ステーキの焼き加減はミディアムですか?それともウェルダンですか?」

中沢「僕はレa

杏子「アタシはなんでも食うけどな」

和子「はいっその通り!」

和子「あ、転校生の佐倉杏子さんです!」

まどか「あ、杏子ちゃんだあ!」

さやか『なんで転校生として通れたのよ、あんた!?』

杏子『ああ、こんなの魔法使えば楽勝だよ』

さやか(そうだった…)


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 07:49:12.20 ID:IbTEKWbJ0

モブ「佐倉さんって、前はどこの学校だったの?」

杏子「と、東京のミッション系の学校…」

さやか(がんばれ杏子!打ち合わせ通りだ!!)

モブ「前は部活とかやってた?運動系?文科系?」

杏子「やってなかったぞ」

モブ「すっごいきれいな髪だよね。シャンプーは何使ってるの?」

さやか(げっ!この質問は対策してない…)

杏子「き、緊張しすぎて、ちょっと疲れちゃった。さやかのところに行ってくるわ…」ガタッ

さやか(なぜそうなる)

杏子「あいつら、次から次へと質問しやがって…」

さやか「あの集団は珍しいもの好きだから…」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 07:52:02.79 ID:IbTEKWbJ0

さやか「じゃあ杏子、護衛よろしくね!」

杏子「護衛っつってもなあ…」

杏子「第一、襲ってこないじゃんかよ」

さやか「う、確かに…」

さやか「そういえば、あの2人は何してるんだろ?」

杏子「何か必死に書き込んでるな…」

さやか「ちょっと見に行こう?」ササッ

杏子「なんでアタシの後ろに隠れんだよ…」

さやか「怖いんだもん…」ムスッ

杏子(こ、この弱気なさやかも悪くないな…!)ムフー


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 07:55:29.50 ID:IbTEKWbJ0

杏子「…ここからなら何書いてるのか見えるぞ」

さやか「・・・」ソソー

まどか「はあはあはあはあ」ガリガリガリガリ

恭介「はあはあはあはあ」ガリガリガリガリ

中沢「おい、上条…」

まどか「『美樹さやか美樹さやか美樹さやか美樹さやか美樹さやか…』」ガリガリガリガリ

恭介「『さやかの乳首さやかの乳房さやかのおっぱいさやかの…』」ガリガリガリガリ

さやか「」クラッ

杏子「さ、さやか!」ギュッ

杏子「おいお前!さやかを保健室へ運んでやってくれ!」

中沢「え?あ、ああ…」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 07:58:25.37 ID:IbTEKWbJ0

まどか「さ、さやかちゃん…大丈夫かな…」

杏子「てめえらのせいだろうが!!」

まどか「え、わ、わたしたち!?」

杏子「そうだよまどか!お前がさやかの机舐めたりとかするからだよ!」

杏子「さやかは精神的に参っちまってるんだよ…!!」

まどか「そ、そんな…」シュン

恭介「なにを言ってるんだ佐倉さん!」

恭介「僕たちはさやかへの気持ちをストレートに表しているだけなんだぞ!!」

杏子「な、なんだと…!?」ガーン

まどか「そう…そうだよ杏子ちゃん!」

まどか「さやかちゃんが受け入れるまで…わたしたちは諦めない!!」

まどか「杏子ちゃんなら…わかるよね?」

杏子「…!!」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 08:01:27.51 ID:IbTEKWbJ0

~魔女結界内~

さやか「…はあああっ!」

影の魔女「・・・」

使い魔「シュルルルル」ビュッ

さやか「うぐああっ!」

まどか「さ、さやかちゃん!」

ガキイン ズバッ ズバババババ

まどか「杏子ちゃん!」

杏子「まったく、見てらんねーっつうの」

杏子「いいからもうすっこんでなよ、アタシが手本を見せてやるからさ」

さやか「・・・」ムクッ

杏子「…おい!!」

さやか「邪魔しないで…1人でやれるわ」ダッ


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 08:04:42.61 ID:IbTEKWbJ0

影の魔女「・・・」ズガアアア

さやか「・・・」ビシュッビシュッ

まどか「きゃあああ!!さやかちゃん!!」

さやか「・・・」ズバズバズバッ

ザシュッ

影の魔女「!!」

ズバッズバッズバッズバッズバッ

まどか「…ひ……!!」

杏子「あ、あいつ…!!」

さやか「……アハ」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 08:08:48.16 ID:IbTEKWbJ0

さやか「あははははははは!!」ズバッズバッズバッズバッ

さやか「その気になっちゃえば痛みなんて…」

さやか「完全に消しちゃえるんだあ!!」

使い魔「シュルルルル」ガブッガブッ

さやか「あはははは…痛くない…痛くない…」ピューッ

まどか「ああ…さやかちゃんの新鮮な血だあ!」

さやか「!?」

まどか「おいしい…すごくおいしいよ…!!」ゴクゴク

さやか「…ひ……!!」

まどか「もっと…ちょうだあい…?」ダキッ

さやか「ひゃっ…」

ペロペロペロペロペロペロペロペロ

さやか「い…いやあああああ!!」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 08:11:42.79 ID:IbTEKWbJ0

さやか「うわあああ!」ガバッ

さやか「・・・」

さやか「夢…か…」ホッ

さやか「…あれ、ベッド?」

ほむら「ここは保健室よ」

さやか「ほ、ほむら!休みじゃなかったんだ…」

ほむら「まd…あなたが心配だから、保健室通いでこっそり様子を見に来ていたのよ」

さやか(絶対まどかって言おうとした)

ほむら「なんか1人増えてたけど」

さやか「あいつはほっといて…」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 08:15:56.57 ID:IbTEKWbJ0

ほむら「そういえば杏子が制服姿でいたけれど…」

さやか「あんたが守ってくれるって言ったの、嬉しいんだけどさ、あんたじゃすぐ倒れるから頼りにならないと思って」

ほむら「素直に言ってくれるわね」

さやか「杏子には護衛としてついてもらったの」

ほむら「!」

さやか「だからさ、あたしに関してはもうだいじょうb

ほむら「まずいわ」

さやか「えっ?」

ほむら「あなたって、本当にさやかね」

さやか「どーゆう意味だよそれはっ!」

ほむら「今のまどかや上条の同類に護衛を任せてどうするのって言いたいのよ」

さやか「ほえ?」

ほむら「…教室に行きましょうか、嫌な予感しかしないわ」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 08:20:20.99 ID:IbTEKWbJ0





さやか「なにさ…嫌な予感って」ガラッ

まどか「さやかちゃんって胸の大きさ…」

恭介「病室でさやかが寝てしまったことがあってね、その時測ったサイズは…」

杏子「今はもう少しでかくなってそうだよな!」

さやか「・・・」

さやか「は?」

杏子「あ、さやか!目覚ましたか!」

まどか「良かったあ~さやかちゃん!」

さやか「…杏子?」

ほむら「はあ…」ホムウ


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 08:24:35.91 ID:IbTEKWbJ0

さやか「待て待てちょっと待て」

さやか「なんで杏子が変態集団と仲良く話してんのよ!?」

杏子「変態?それは違うな…」

杏子「アタシたちはっ!」

恭介「さやかをっ!」

まどか「愛する者たち!!」

まどか「その名も!!」

まどあん恭「『さやかちゃんが好きでしょうがない隊』!!!」

さやか「ひいい!!」ササッ

さやか「助けてほむらあたしが悪かった助けて」ガクガク

ほむら「出来る限りのことはするわ…」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 08:28:12.23 ID:IbTEKWbJ0

~授業~

まどか「『さやかちゃんさやかちゃんさやかちゃんさやかちゃん…』」ガリガリガリガリ

恭介「『さや尻さや尻さや尻さや尻さや尻さや尻さや尻…』」ガリガリガリガリ

杏子「『さやかさやかさやかさやかさやかさやかさやかさやか…』ガリガリガリガリ

さやか(見てはいけない見てはいけない見てはいけない…)


先生「では美樹さん、この問題を解いてください」

さやか「はい…」ガタッ

パシャッ パシャッ

さやか「!?」

恭介「さや股ゲッツ!!」

恭介「さやかの机の下に潜んでいた甲斐があった!」

さやか(ぎゃあああ!!)


104: いないのか…まあ完結まで頑張る 2012/07/29(日) 08:34:10.44 ID:IbTEKWbJ0

~昼食~

さやか「はあ…ごちそうさま」

仁美「あら、残すのですか?」

さやか「食欲でなくってさ…」

まどか「さやかちゃんの!!」バッ

杏子「食べ残し!!」バッ

恭介「いただきますっ!!」バッ

さやか「うひゃあああ!!」ダッ


110: >>105 いなくても完結はしたいから頑張ります 2012/07/29(日) 08:37:23.04 ID:IbTEKWbJ0

~6限目~

さやか「つ、疲れた…」

さやか「そして…今日恐らく最大の敵…」

さやか「プール…」

さやか(嫌な予感しかしねえ!!)

さやか「あれ、そういえばほむらは…?」キョロキョロ

仁美「暁美さんなら3限目からずっと保健室ですわ」

さやか(い、いつのまにやられたのか…)

さやか(ていうかやっぱり頼りない!!)


111: あら皆さんありがとうございます… 2012/07/29(日) 08:40:10.00 ID:IbTEKWbJ0

先生「では飛び込みの練習からー」

さやか「ふふん、さやかちゃんのかっこいい飛び込みを見せてあげよう!」

まどか「さやかちゃんの水着姿!」バッ

杏子「これは絶対に!」バッ

恭介「揉むしかないっ!!」バッ

さやか「う、うわあああ!!」

さやか(嫌な予感当たったあああ!!)バシャーン

恭介「こ、これは…!」

杏子「さやかの水しぶきっ!」

まどか「口を漱ぐしかない!!」

ガラララララ

さやか()

さやか(逃げるしかない逃げるしかない逃げるしかない)バシャバシャ


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 08:43:10.19 ID:IbTEKWbJ0

~更衣室~

ガチャッ

さやか「…無理…だ…」

仁美「さやかさん、大丈夫ですか?最近顔色がすぐれていませんわ…」

さやか「はは…もう限界かもね…」

杏子「くんかくんかくんか…」

仁美「!?」

さやか「」

さやか「…杏子……あんた……」プルプル

杏子「さやかの脱ぎたての制服は最高だな!」クンカクンカ

さやか「…!!」グイッ

パシイッ!!


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 08:45:11.60 ID:IbTEKWbJ0

杏子「い、痛っ!?」

さやか「杏子の…杏子の馬鹿あっ!!」クルッ

杏子「あ…さ、さやか!どこにいk」

さやか「帰る」ダッ

杏子「さ…さや…か…」

仁美「行ってしまわれましたわ…」

杏子「・・・」シュン


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 08:47:48.27 ID:IbTEKWbJ0

さやか「はあっはあっはあっ」

さやか「はあっ…はあっ…」

さやか「馬鹿だよ…あたし…」

さやか(水着で学校出るなんて…)


オカーサーン アノオネーチャンミズギー ダメヨミチャ

さやか(もう救いようがないよ…!!)


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 08:51:32.45 ID:IbTEKWbJ0

杏子「さやか…どうして…アタシはただ…さやかが好きで…」

ほむら「そんなやり方で彼女があなたを受け入れるはずがないじゃない」ファサッ

杏子「ほ、ほむら…」

ほむら「気づかないの?美樹さやかはあなたのことが好きだっていうことに」

杏子「!!」

ほむら「でも、今のあなたではない」

ほむら「さやかを魔女化から…絶望から救い出した、あなた…」

杏子「さやかを…救い出した…アタシ…」

プツン

杏子「・・・」

杏子「あ、あれ?アタシは…一体何を…?」

ほむら「!?」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 08:55:01.02 ID:IbTEKWbJ0

ほむら「どうしたの、杏子!?」

杏子「いや、アタシが朝、まどかと話してから…」

杏子「意識が薄れて…」

ほむら「!!」

杏子「はっ!!あ、アタシ…さやかになんてことしちまったんだ!?」

杏子「今すぐ追わないと!!」ダッ

杏子「あっさやかの制服」バッ

シュタタタ…

ほむら(まさか…まどかが飲んだ薬は…)

ほむら(周りにも影響しているというの!?)

ほむら(さやかに…少しでも思いを抱いている者すべてに…?)

仁美「佐倉さんと…さやかさんが…禁断の…」フルフル

仁美「き…きましたわあああ!!」

ほむら(あっ忘れてたわ…ごめんさやか…)


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 08:57:23.27 ID:IbTEKWbJ0

~美樹ハウス~

さやか「誤解だってばあ~…」

『あなたのような変態を育てた覚えはありませんっ』

さやか「そんなあ~開けてよお…」

プツン

さやか「うう…もう…嫌だあ…」

ズズズ…

さやか「あっ…」

さやか「ソウルジェムが…濁ってきてる…」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 09:01:03.58 ID:IbTEKWbJ0

さやか(ソウルジェム…もうすぐ…真っ黒になっちゃう…)

さやか(グリーフシード…今は持ってない…)

さやか(あたし…ここで…魔女になっちゃうのかな…?)

ズズズ…

さやか(誰にも…頼れない…独りで…死ぬんだ、あたし…)

さやか「うう…ぐす…」ポロポロ

シュオオオ…

さやか(!?グリーフシード…!)

杏子「はあ、はあ…間に合った…」

さやか「きょ、杏子…」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 09:04:09.79 ID:IbTEKWbJ0

さやか「ふ、ふん…変態が何しにきたわけ?」プイッ

杏子「…さやか」ギュッ

さやか「ひゃ…!?」

杏子「ごめん…ごめんな、さやか…」

杏子「アタシは、今まで…さやかの想いに、気付いてやれなかった…!」

さやか「きょう…こ」

杏子「今まで、はっきり言わなかったな…」


杏子「あたしは、さやかが大好きだぞ!!」


さやか「・・・」

さやか「…もう変態染みたことしない?」

杏子「ばっ、し、しねえよ!!それにあれは…」

さやか「…えへへ!あたしも杏子、大好きっ!!」ギュウウ

杏子「…おう」ギュウ


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 09:07:26.96 ID:IbTEKWbJ0

さやか「あっ…水着のまんまだった…」

杏子「制服なら持ってきたぞ」

さやか「ありがと…」

さやか「でも、変態扱いで家に入れてもらえない…」

ほむら「私の家に来るといいわ」ファサッ

さやか「あっすぐ倒れて役に立たないほむらじゃんか」

ほむら「それはさておき、作戦会議もかねてうちに招待するわ」

さやあん「作戦会議…?」

ほむら「ええ、今の2人にぴったりの作戦よ」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 09:09:38.83 ID:IbTEKWbJ0

~ほむホーム~





さやか「えっじゃあ杏子や恭介がおかしかったのって…」

ほむら「ええ、そういうことよ」

杏子「冷静に言ってるけど根源はあんただからな!?」

ほむら「あら、ごめんなさい」ファサッ

杏子「・・・」イライラ

ほむら「…で、作戦なのだけれど」


132: >>129 なんかこのキュゥべえかわいい 2012/07/29(日) 09:11:48.53 ID:IbTEKWbJ0





ほむら「…という作戦」

さやか「はああっ!?」

杏子「わ、悪くねえな…!!」ムフー

さやか「悪いよ!!そんなの、あんまりだよ!!」

ほむら「これしか方法はない!」キッパリ

さやか「えぇえぇぇ…」

ほむら(…ということにしておきましょう)


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 09:14:36.08 ID:IbTEKWbJ0





まどか「・・・」ニコニコ

恭介「・・・」ニコニコ

さやか「・・・」テクテク

まど恭「すうう…

さやか「あ、あんたたちに、話があるの!」

まど恭「!!」ビクッ

まどか「なになに!?さやかちゃん!!」

恭介「まさか、さやパイを見せてくれるのかい!?」

さやか「杏子…」グイッ

杏子「ああ…」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 09:17:49.83 ID:IbTEKWbJ0

さやか「…あんたたちがあたしに好意を持ってくれるのは、嬉しい」

さやか「怖すぎるくらい過剰だったけど…」

さやか「…でもね、あたしには…」ギュッ

まど恭「!!」

野次馬「!!」

仁美「!!」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 09:21:02.44 ID:IbTEKWbJ0

杏子「・・・」ギュウウ

さやか「杏子がいる!!」


さやか「あたしは、杏子が大好きなんだっ!!」ギュウウ


杏子「あ、アタシも…さやかが大好きだ!!」ギュウウ

さやか「だから、ごめん…」

さやか「あんたたちとは、無理っ!!」

まど恭「!!!」


さやか(ああ…言い切っちゃったよ…)

さやか(周りマジでドン引きだわ…)

さやか(さよなら…あたしの平凡な日常…!!)


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 09:24:34.72 ID:IbTEKWbJ0

パチ… パチ…

さやあん「!!」

パチパチパチパチパチパチパチパチ

仁美「感動…ですわ…!!」

野次馬「ワー!!ワー!!」

ヒュー ヒュー パチパチパチパチ

さやか「や…やった…」ギュッ

杏子「ああ、やったな、さやか!」ギュッ

まどか「…あ、あれ?さやかちゃん?杏子ちゃん?」

恭介「僕は…今まで何を…?」

まど恭「あっ!!」

まど恭「・・・」カアアア

さやか(まどかたちも元に戻ったし…一件落着…かな)


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 10:20:06.36 ID:IbTEKWbJ0

~保健室~

まどか「ほむらちゃんごめんなさいごめんなさいごめn

ほむら「い、いいのよ、まどかが無事元に戻ってくれたんだし…」

まどか「うぅ…なんでわたし、あんなことしちゃったの…?恥ずかしいよお…」カアアア

ほむら(自分のした行為を恥じて顔を赤らめるまどか…イイ…)ゴクリ

ほむら「そうね、このままじゃあなたは変態としてこれから一生を過ごすことになるわ…」

まどか「!!」ビクッ

まどか「うぅ…ぐすん…」ウルウル

ほむら「でもまどか、大丈夫よ…私がなんとかしておくから…」ダキッ

まどか「ほむら…ちゃん…」

まどか「あっでも抱きつくのはないよほむらちゃん」ドンッ

ほむら「・・・」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 10:22:47.51 ID:IbTEKWbJ0





ほむら「よくやったわ、さやか、杏子」

さやか「あんた、現場にいなかったでしょ…?」

ほむら「当然じゃない、そんな恥ずかしい場面なんか見たくないわ」ファサッ

さやあん(お前が考えたんだろ…!!)イラッ


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 10:25:23.78 ID:IbTEKWbJ0

ほむら「それと、あなたたちとまどか以外の記憶は消しておいたわ」

さやか「はあっ!?(あれ、まどか以外?)」

ほむら「なんか色々カオスだったから、消した方がいいと思ったんだけれど」

さやか(…くう~!!折角学校でも杏子とベッタリできたのにい…)シュン

杏子(…くそっ!!折角学校でもさやかとベッタリできたのに…)シュン

さやか「!」

杏子「!」

さやか「あたしたち、もしかして同じこと考えてた?」ニコッ

杏子「はは、そうかもな!」ニカッ



さやか(…あれ、誰か忘れてたような…?)

【END】


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 10:26:52.28 ID:IbTEKWbJ0

何とか無事、完結できました 待たせてしまって申し訳ない

観てくれた方、応援コメなど本当にありがとう ではノシ


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 10:43:55.91 ID:oH1Isv0n0

おつかれ!俺は楽しめたよ


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 10:54:18.44 ID:0E1FlU8M0

乙乙乙


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。