スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「アイドルと只々同棲したい」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 22:34:51.29 ID:J6RvQCs90

俺はやよいと同棲するべき


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 06:04:29.25 ID:vVykkoPy0

>>1でございーます
気付いたら6時かハハッ

7時から私事で2時ごろまで書けないので・・・

7時までは頑張りますのでよろしくお願いします
7時から先は・・・落ちててももう一回
立て直しますので!こんな駄文に付き合いって頂き誠に感謝致します。

縦読みじゃないからな!///


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 22:38:12.14 ID:J6RvQCs90

with やよい

P「やよい~今日のご飯は何~?」

やよい「うっうー!今日はお魚です!」

P「うぅ・・・お魚ですか・・・・」

やよい「ちゃんと食べなきゃめっですよ!」

P「骨取るの面倒かな~って」

やよい「もう・・・ちゃんと取ってあげますから」

P「そんなやよい大好き!」
ダキッ


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 22:42:37.62 ID:S6EoMyBT0

http://i.imgur.com/S033Q.jpg

まこりんはまだかね


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 22:42:44.72 ID:J6RvQCs90

やよい「はわわわっ!?急に抱き付かないでくださいよ!///」

P「やよいが可愛いから仕方ない!!」ナデナデ

やよい「うぅ・・・・///」


・・・・・・・・・・

やよい「どうですか~?」

P「お味噌汁が美味しい」

やよい「はい!お味噌を変えてみたんです!」

P「ヤバイ凄い美味しい」
ムシャパクッゴクッ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 22:46:43.44 ID:J6RvQCs90

P「ご馳走様でした」

やよい「おそまつさまでした!」

やよい「あ、お茶持って来ますね」

P「うんありがとう」

コポポポ・・・

P「ねぇやよい」

やよい「なんですか?」

P「改めて見るとエプロン姿のやよいが可愛い」

やよい「えへへ~///」


昨日のが途中で落ちたからムシャクシャしてやっている。なお反省はしない模様


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 22:51:02.19 ID:J6RvQCs90

P「なんか新婚さんみたいだよなぁ」

やよい「早く結婚したいです///]

P「あああ後2年!」

やよい「2年もかぁ・・・」

P「まぁそれまではトップアイドル目指そう」

やよい「はい!・・・でもちょっと心配です・・・」

P「何が?」

やよい「トップアイドルって難しいですよね・・・?」

P「やよいの素直さと可愛らしさがあれば一年もあれば大丈夫」

P(オーディション落ちそうになったらリセットするしな!)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 22:55:28.86 ID:J6RvQCs90

P「もしダメでも俺が責任とるし」

やよい「はい!当然ですよ!」

P「強気なやよいも可愛い」

やよい「じゃあお仕事いきましょー!」

P「おっとそんな時間か」

やよい「あ・・・行く前にいつもの・・・やって欲しいかな~って///」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 22:58:43.72 ID:J6RvQCs90

P「よしよし良いよ」

やよい「じゃ・・・ん~///」
チュ


P「よし今日も45時間頑張れる」

やよい「私も600%で頑張れそうです!」

やよい「うっう~!!今日も頑張りましょ~!ハイターッチ!!」

「「いえい!」」

パーフェクトコミュニケーション!!

結果:やよいは良い奥さん可愛い


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:03:59.00 ID:J6RvQCs90

in 伊織

P「伊織~おはy」

伊織「あ、プロデューサー・・・おはよ///」

P「ちょ・・・え?伊織さん?」

伊織「///どうかな?////」

P(朝起きたら裸エプロンの伊織がキッチンに立ってたでござる)

P「おまままそれはマズイマズイ年齢的にマズイ」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:07:29.23 ID:J6RvQCs90

伊織「で、でもプロデューサーもこういうの好きでしょ?///」

P「嫌いではないけども・・・何処でそんな知識を・・・」

伊織「小鳥に『男なんか裸エプロンで一発ピヨ!』って・・・」

P(小鳥さんにあとで奢ろう)

P「で、でも恥ずかしいんじゃないの・・・?」

伊織「プロデューサーのためなら・・・///」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:11:23.12 ID:J6RvQCs90

P「・・・ok朝はそれで良いようん目も醒めるし」

伊織「あ!それでね!朝ごはん作ってみたんだけど・・・」

P「おお!フレンチトーストか」

伊織「食べさせてあげるから・・・早く座って?////」

P(顔真っ赤にしっちゃって・・・可愛いぞ)

伊織「///あ、ヨーグルトもあるからね?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:15:19.98 ID:J6RvQCs90

P「よし、じゃあ座って・・・」

伊織「食べさせてあげるから、膝・・・座ってもいい?」

P(裸なのに!!?エプロンなのに!!!!)

P「うんいいよ大歓迎」
チョコン

伊織「あ・・・///あんまり見ないで!///」

P(ちっぱいがヤバイ見えかけてるのがヤバイ)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:21:29.07 ID:J6RvQCs90

P(ヨーグルト!!!フォオ!!!)

伊織「~///じゃあ・・・あーん」
パクッ

P「美味いけども、伊織が気になりすぎてマズイ」

伊織「・・・プロデューサーのためなら何でもできるわよ?///」

P(お母さん僕は犯罪を犯してしまいそうです!)

P「じゃあ口移しして欲しいかなぁなんて・・・」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:24:57.26 ID:J6RvQCs90

伊織「く、口移し・・・」

P「さすがに無理だよな!?悪い!!」

P(俺は何を考えているんだよぉぉ!!!変態じゃんこれじゃああああ!!!)

伊織「・・・目、瞑って?」

P「へ?分かった」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:30:29.22 ID:J6RvQCs90

伊織「ん・・・ふっ・・・ぅ・・・」
クチュ

P(いおりんマジ大胆)

伊織「あぅ・・・ん・・・」


P「伊織の口の中は甘いんだね!!」

伊織「ぷろでゅーさーの・・・なか・・・おいしい・・・」

P(!?なにこの子怖い)


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:36:37.35 ID:J6RvQCs90

ガバッ

P「!ちょ・・・!伊織!!」

伊織「ぷろでゅーさーぁ・・・///」

P(伊織に押し倒されるとは・・・!弱すぎィ!!!)

伊織「あ~んして?///」

P「いおりん!!落ち着いて!!!」
チュ

伊織「ちゅぅ・・・んっ・・・おいし・・・///」

P(伊織の舌が!!!!俺の口の中にぃ!!!!)


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:44:19.69 ID:J6RvQCs90

・・・・・・・・・

伊織「ごめんね?プロデューサー・・・」

P(あの後いおりんに一時間口の中をペロペロされた)

P「いや、多少ビックリしたけど伊織が可愛いからいいかなぁって」

伊織「・・・プロデューサーの口が甘くて///舐めたら頭がぽーってして//」

P「oh...伊織....」

伊織「だからプロデューサーも私の口の中・・・たくさんぺろぺろして?///」

パーフェクトコミュニケーション!

結果:伊織の口の中は蜂蜜より甘い可愛い

ふぅ・・・


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:52:11.72 ID:J6RvQCs90

with 雪歩

雪歩「お茶いれて来ましたよー」

P「ん、ありがとう」
コポポポ・・・

P「雪歩の淹れるお茶は何故こんなに美味いのか」

雪歩「あ、愛情も沢山いれてるからだと思います///」コポポポ

P「あー!もー!!雪歩可愛いすぎ!!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:57:52.76 ID:J6RvQCs90

雪歩「えへへ///」

P「雪歩のためなら何でも出来る!!って事で雪歩したい事ある?」

雪歩「今日はプロデューサーとずっと家でゆっくりしたいです///」

P(ええ娘や・・・ええ娘や・・・)

P「雪歩がそう言うんなら・・・。何処か行きたい~!とか買って欲しい~!とか無いのか?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:04:36.33 ID:vVykkoPy0

雪歩「プロデューサーと一緒に居れるだけで幸せですから///」

P(ええ娘過ぎて涙腺が緩む)

P「雪歩・・・。じゃあもっとこっちおいで?」


雪歩「はい///」

P(俺の狭い部屋の、テレビの前の小さなソファ。雪歩と一緒に座ったら窮屈だが・・・)


P「雪歩って髪サラサラしてるよな!」ナデナデ

雪歩「プロデューサーの為にいつもケアしてますぅ」

P(むしろ窮屈な方が楽しいという現実)


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:09:26.26 ID:vVykkoPy0

雪歩「あ、プロデューサー///やって貰いたい事ありました///」

P「なんでもしてやる!!!!雪歩の為なら!!!!」

雪歩「その・・・ギュって///」

P「ギュと申しますと?」

雪歩「後ろからギュッてして欲しいです////」

P(あすなろ抱きというやつか!!!)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:17:08.35 ID:vVykkoPy0

P「よしじゃあ・・・」
ギュッ

雪歩「あ///」

P(・・・雪歩の白いうなじ舐めたい)

雪歩「あ、あの///」

P「ん?きつくない?」

雪歩「きつくないから、もっと強くぎゅーってしてくれませんか?///」

P「可愛いな雪歩」
ギュウ


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:24:25.82 ID:vVykkoPy0

雪歩「あ////・・・プロデューサー///」

P「どう?」

雪歩「えへへ///幸せですぅ///」

P「だよなこれめっちゃ安心感がある」


雪歩「・・・いつもありがとうございます。プロデューサー」

P「急にどうしたんだ?」

雪歩「プロデューサーと一緒だから幸せなんだって思ったら、言いたくなって・・・」

P(いやガチで雪歩はいい子)


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:31:19.72 ID:vVykkoPy0

雪歩「・・・ずっと一緒に居てくれますか?」

P「雪歩が良いって言うなら死ぬまで一緒に居るさ」

雪歩「やっぱりプロデューサーは私の・・・///」

P「雪歩の・・・?」

雪歩「・・・運命の人だなぁって///」

P(表情は見えないけども、可愛いらしい顔をしてるんだろうなぁ)

雪歩「私がおばあちゃんになっても、ずーっと一緒に居てくださいねプロデューサー!!」

パーフェクトコミュニケーション!

結果:雪歩は超良い子可愛い


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:37:02.16 ID:vVykkoPy0

P「ただいまー春香」

春香「お帰りなさい!プロデューサーさん!」

P「お、凄い良い匂いするな!」

春香「今日はオフだったから張り切っちゃいましたよ!!」

P「晩飯が楽しみだな~。あ、お風呂沸いてる?」

春香「はい!もういれておきました!」

P「春香は良い奥さんだよねやっぱり」ナデナデ

春香「そ、そんなことないですよぉ///」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:43:56.46 ID:vVykkoPy0

春香「は、早くお風呂入ってきて下さい///」

P「ん。じゃあ一番風呂貰い!!!」ヒャッホウ

ーーーーーーーーーーーーー
カポーン

P「ええ湯やぁ~・・・・」

春香『お、お湯加減はどうですかぁー?』

P「丁度良いよ~」

P(着替えを置きに来たのかな?)


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:49:14.51 ID:vVykkoPy0

春香『あ、あの~・・・プロデューサーさーん』

P「どうした~?」

春香『い、い、今からそっち行ってもいいかなーなんて・・・』

P「今から?でも俺が入って・・・」
ガラガラガラ

春香「お、お背中流しに来ちゃいました/////」

P「ブフォッ」

P(そこにはバスタオル姿の春香が)


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:55:43.13 ID:vVykkoPy0

春香「はははは早く上がって////ご飯食べましょ・・・ってわわっ!!」

P「春香!!危なっ・・・!」
ドンガラガッシャン

P(風呂が狭くて良かったああああ!ギリギリで春香を受け止めた!!!)

P「って春香!!大丈夫か!!!」

春香「あうー・・・プロデューサーさーん・・・」

P「良かった・・・怪我は無いみた・・・」

P(ベタすぎッッッッ!!!白いボディーソープがぁああああ!!!春香の体にっ!!!)


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:02:47.67 ID:vVykkoPy0

P「・・・あの~春香さん?」

春香「ありがとうございます・・・お陰で怪我はなさそうです・・・」

P(エロいッッ!!!隠しきれない背中がッッ!!!)
※なんかもうこの場面は妄想で補完して下さい

春香「あ、体洗うためのスポンジが・・・」

P「本当だ・・・ビックリするくらいボロボロに・・・」

P(春香を支えた時に何か踏んだと思ったらこれだったか)


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:07:41.45 ID:vVykkoPy0

P「しょうがない・・・新しいの出してくるか・・・」

春香「ちょ、ちょっと待って下さい!!」

P「え!?」

春香「こ、こんな濡れた体で外に出ちゃったら湯冷めしちゃいます!!」

P「今8月だけど・・・」

春香「それでもです!!!」

P「えぇ・・・じゃあどうすれば・・・」

春香「・・・が、・・ってあげます」

P「・・・?もう一回言ってくれるか?」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:15:06.70 ID:vVykkoPy0

春香「だから!わ、私がプロデューサーさんを洗ってあげます!///」

P「グヘアッ」

P(ふーぞくっぽい!!」)

P「ちょ・・・!春香さん!?」

春香「早く・・・座って下さい・・・///」

P「分かったから!!座るから!!大声出すなよ・・・」


春香「ごめんなさい・・・。ぜーったい後ろは見ないでくださいよ?///」

P「はいはい・・・」


74: 伊織のツン成分は俺が抜き去った! 2012/07/31(火) 01:20:21.27 ID:vVykkoPy0

P(圧倒的ッッッ!!!春香のやわやわした何かがぁあああああ!!!)

春香「んしょ・・・プロデューサーさんの大きすぎますよぉ///」

P「背中の話ですよね!?」

春香「はい・・・ん///あっ////・・・んぅ///」

P(ちょおおおおおおおおおおお!!!!なんで嬌声がああああ!!!!)

P「春香ちょぉお!!!体で体を洗ってる時点でおかしいけどおおおお!!!その声は反則でしょおおお!!???」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:28:37.09 ID:vVykkoPy0

春香「ん///あぁ///・・急に動かないで///・・・下さ・・・///」

P「どおおおおおおおおああああああああ!!!!!」

・・・・・・・・・・・・


P「ちょっと春香座りなさい」

春香「はい・・・・」

P「ああいう事はね?もう少し大人になってからが良いと思うの。絶対そうだと思う」

春香「で、でも・・・なんだか気持ちよくて///頭がぼーっとして・・・///」

P「・・・・・・春香やっぱりわざとやってない?」

春香「・・・わざと?」

P(春香が不純の一切ない目をしているッッッッ!?」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:33:55.36 ID:vVykkoPy0

P「じ、自分からそういう気が無くてやったのか?」

春香「自分から・・・?私はプロデューサーさんを綺麗にしたくて・・・」

P「・・・ごめん春香。なんか俺が悪かった」

春香「プロデューサーさんは悪くありませんよぉ・・・」

P(純粋さ故のエロスとは・・・・!)

春香「・・・でもそういうえっちなお風呂の入り方があるんですね?」

P「い、いやまぁ無きにしもあらず・・・」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:37:26.80 ID:vVykkoPy0

春香「・・・プロデューサーさんはえっちなのは嫌いですか?」

P「嫌いじゃないけども・・・」

春香「じゃあ、プロデューサーさんの為に一杯勉強しておきますね・・・?」

P「・・・え?」

春香「私はえっちなプロデューサーさんも好きですから・・・ね?」


パーフェクトコミュニケーション!

結果:春香が妖艶可愛い

エロなんて書けないんだっ


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:42:12.40 ID:vVykkoPy0

with 千早

千早「プロデューサー・・・なんで扇風機しかないんですか・・・」
ウィーンウィーン

P「エアコンがぶっ壊れたんだよ・・・昨日」

千早「まあなんでもいいですけど・・・」

P「ねぇ千早・・・」

千早「・・・はい?」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:46:54.37 ID:vVykkoPy0

P「暑いんなら降りれば・・・?」

千早「嫌ですよ・・・」

P「寝てる時に急に覆い被さってくるからさ・・・ビックリしたぞ・・・」

千早「私が来たのに寝てるプロデューサーが悪いんです」

P「まだ朝八時なのに・・・」

千早「プロデューサーと早く会いたくて来たんです!」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:51:34.38 ID:vVykkoPy0

P「・・・千早が素直」

千早「好きな人の前で素直になっても問題無いと思います」

P「そりゃそうだよな・・・。あ、なんか食べる?」

千早「はい。私が作ってあげましょうか?」

P「おー千早の手料理か。何を作るんだ?」

千早「楽しみにしておいて下さい。・・・冷蔵庫借りますよ?」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:59:14.36 ID:vVykkoPy0

P「大体の物は揃ってるからな。調味料とか」

千早「はい!・・・少し時間がかかるかもしれません」

P「?まあいいや楽しみに待ってるよ」

ーーーーーーーーーーーー
トントン トントン ジャー・・・

P(朝ご飯を作る音っていいなぁ)

P「この匂いは・・・魚かなぁ」


千早「あ、あのプロデューサー・・・こっちに来て下さい」

P「お!出来たか!」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:04:27.84 ID:vVykkoPy0

P「おお!魚に味噌汁!それに白ご飯か~」

千早「はい!頑張って作りましたから・・・ご主人様の為に///」

P「」

P「千早・・・今の所ワンモワプリーズ」

千早「が、頑張って作りました!ご、ご主人様の為に!///」

P(よく見たら千早が猫耳的な物を着けてる!?)


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:11:37.78 ID:vVykkoPy0

P「・・・あの~千早ちゃん?」

千早「ま、まだ、分かりませんか?///今日の私は千早じゃなくて・・・プロデュ・・・
ご主人様の猫です・・・ニャン・・・///」


P「千早・・・お前は疲れてるんだよ」

千早「千早じゃなくて///・・・『ちーにゃん』って呼んで欲しい・・・ニャ///」

P(なにこれ可愛い)


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:17:39.88 ID:vVykkoPy0

P「・・・じゃなくてさ!千早!!誰の入れ知恵だ!?猫耳とか!」


千早「ちーにゃん・・・・って」ウルウル


P「ち、ちーにゃん・・・」

千早「こ、小鳥さんに教えて貰ったニャ///」

P(小鳥さんも疲れてるみたいだからリポDあげよう)


千早「あ、朝ご飯冷めちゃう・・・ニャー」

P「・・・ああ、まず朝餉から頂こううんそれがいい」


98: うふふ夜も深夜で頭がおかしくなってるみたい 2012/07/31(火) 02:22:59.27 ID:vVykkoPy0

P「・・・でさ千早」

千早「私はちーにゃんニャ!」

P(最近構ってあげ無かったからかな・・・)


P「.....ちーにゃんはどうして俺の膝の上で丸まってるの?」


千早「猫だから当然ニャー!」ニャー

P「・・・・・・分かったよちーにゃん。お前は猫だ」

千早「分かればいいのニャ」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:28:23.97 ID:vVykkoPy0

P「じゃあもうこの際朝飯食べたら一杯遊んでやるからな!ちーにゃん!!!」

P(もう千早は猫だって自己暗示をかけよう)


千早「ニャったー!!」ウニャー!!!!


P「やったーって言ったの?ちーにゃん」

千早「・・・///」コクコク

P(恥を捨てきれない千早可愛ええ)


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:33:57.69 ID:vVykkoPy0


・・・・・・・・・・

P「・・・ん、朝飯美味しかったよ。ちーにゃん。猫なのに凄いなあ」ナデナデ

千早「にゃー///」

P「じゃ・・・遊んでやるからな!ちーにゃんは何で遊びたい?」


P(ちーにゃんが着替えてきた・・・物凄い猫っぽい)
※ちーにゃんの姿は妄想で補完して下さいね(はぁと


千早「これにゃぁー!」バッ




104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:41:57.33 ID:vVykkoPy0

\猫じゃらし/

P「猫じゃらしか任せとけ」

千早「早くするにゃにゃにゃ」

P(千早って実は猫の生まれ変わりじゃないんだろうか)


P「行くぞ!ちーにゃん」
バッバッバッ

千早「う~ニャニャニャ!!」ニャオー
シュバババババ

P(ちーにゃんの運動神経に驚いた。そっかダンスやるもんな千早)


明日五時半起きなんすよwwwwwwwwww


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:52:05.39 ID:vVykkoPy0

ーーーーーーーーー

P「」ゼェゼェハァハァ

千早「ニャニャ!」キラキラ


P(腕がっ!!腕が上がらないッ!!)

P「ちーにゃん・・・タンマ・・・疲れた」ドサッ

千早「だらしないニャ~・・・」

P「仕方ないだろ・・・運動不足なんだから・・・」

P「少し横になるからな?・・・」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:57:59.90 ID:vVykkoPy0

千早「・・・ニャ~」

P「やっぱり暑いよ・・・この部屋・・・」
ガバッ

千早「・・・寝たら面白く無いニャ~!!!」

P「待って・・・休憩したらすぐ遊んでやるから・・・だから体の上に乗るな・・・」

ペロッ

P「!?」

千早「ご主人様が構ってくれないから///顔舐めちゃったにゃ~///」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:04:51.04 ID:vVykkoPy0

ペロペロッ

P「千早!!それは汚いって・・・!流石に!!」

千早「私に構ってくれないご主人様が悪いニャー!」
ペロッペロッペロッ

P「ちーにゃん・・・話を聞いてよぉ・・・」
ペロペロペロペロペロ

千早「・・・唇が美味しかったニャ!!!」


P「ちょ!?!?」

千早「ぺろ///・・・ちゅ・・・れろ・・・///」




114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:11:29.06 ID:vVykkoPy0

P(舐めちゃらめええ吸っちゃらめめええ)

千早「んっ///・・・ぁ///ちゅう・・・ぺろ///」

P(喋れない!!ええい!!!このままじゃ埒が空かん!!!)
ガバッ
チュウ

千早「んっ・・・・!?///ごしゅじんさ・・・?////」
チュウ
千早「そんなに・・・///あっ///んぅ///」

P(ちーにゃんはキスしまくれば止まるんじゃね?)


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:17:44.51 ID:vVykkoPy0

・・・・・・・・・・

千早「あ・・・ゃ////はぁ////にゃ・・・ぁ///」

P「ほらちーにゃん?ここ撫でると気持ちよくなってくるだろ?」
ナデナデモフモフモフ

千早「あぁっ///ぷ、ぷろりゅーさーやめ///・・・」

P「プロデューサー?ご主人様でしょうがちーにゃん!」
ナデナデモフモフモフモフモフモフ

千早「ごめんっ///なさっ///にゃんっ///・・・ぁあ・・・////」
モフモフモフモフモフモフ

P(キスしまくったら止まった上に形成逆転できた)


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:27:01.17 ID:vVykkoPy0

・・・・・・・・・・・

千早「にゃ///っあ//・・・あ//」ビクンビクン

P「・・・おーいちーにゃーん」

P(優しく全身を撫でてあげただけなのにちーにゃんがぶっ壊れた)

P「猫なのにだらしないぞ~」ツンツン

千早「・・・にゃ!!ぁ///!!!」ビクビクン



P「・・・千早?大丈夫?」

千早「起こし・・・て///下さ・・・い」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:30:17.06 ID:vVykkoPy0

・・・・・・・

P「いやもうお互い反省しよう」

千早「・・・はい」

P「汗ダラダラだしな」

千早「・・・あのプロデューサー」

P「何?」


千早「またちーにゃんやってもいいですか?///」

パーフェクトコミュニケーション!

結果:千早=ちーにゃん可愛い

済まんかった


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:37:30.06 ID:vVykkoPy0

with 美希

美希「ハニーお弁当作ってきたよー!」

P「おぉ美希!有難うな~」

美希「ハニーのために早起きして作ったの~ハニーの好きな物一杯入れたからね!」

P「美希がお弁当作ってくれるようになるなんてなぁ」

美希「ハニーと一緒に暮らせるんだもん!何でも頑張っちゃうの!」

P「俺も美希と暮らせて嬉しいよ」




125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:47:08.31 ID:vVykkoPy0

美希「ねぇハニー。収録現場でこんなにイチャイチャしても大丈夫なの?」

P「美希はもうSランクアイドルだからな。結婚しても何してもいいはず」

美希「そっか~もうトップアイドルなんだね。美希とハニーって」

P「そうだな、俺はアイドルじゃないけど」

美希「あ、監督さんが呼んでるの!行ってくるねハニー!!」

P「おう!頑張って来いよ~!」

P(この後の予定は・・・春香を写真撮影現場まで送らなきゃな)

P「美希には悪いけど・・・先に出ておかなきゃな」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:56:52.36 ID:vVykkoPy0

美希「ハニー!ただいまなの~!って楽屋に居ない?」


美希「あ!カメラマンさん!ハニ・・・765プロのプロデューサー知らない?・・・先に出て行ったの?」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

P(今日も春香の調子も良かったし、春香ももうSランクかなぁ)

P「美希に連絡しなくちゃな・・・っておわ!!」


P「着信54・・・メール受信134だと・・・!?」

P(何これ怖い)

P「相手は・・・全部美希!?」

P(ヤバイぞ・・・怒らせた・・・)

見てる人なんて居ないんや!俺は寝るぞ!!


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:04:31.82 ID:vVykkoPy0

P「うわっ・・・!家真っ暗だし・・・」
ガチャ

P「美希~・・・ただいま~・・・」

P(あれ?美希から返事がない。いつもなら飛び付いて来るのに)



美希「・・・ハニー。おかえり」

P「うえぇあ!!・・・美希!!」

P(暗いリビングから急に出てくるなんて・・・!)

P「あぁ・・・今日は黙って収録から先に出ていって悪かった」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:05:11.66 ID:vVykkoPy0

美希のヤンデレなんて需要ないね!


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:12:31.26 ID:vVykkoPy0

美希「・・・・・・」

P「・・・本当にごめん」

P(美希が本気で怒ってる・・・)

P「な、なぁ美希ガバッ

美希「・・・ねえハニー。何処に行ってたの?」

P(押し倒された・・力強いぞ・・・美希・・・)

P「・・・春香の付き添いだよ」

美希「ふぅ~ん・・・美希が居るのに?」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 06:06:35.90 ID:vVykkoPy0

何でこんな気持ち悪い報告してんだろ俺


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 06:21:24.66 ID:vVykkoPy0

P「いや・・・仕方ないだろ?」

美希「何が?」

P「何がって・・・春香もアイドルだからさ・・・」

美希「また春香って言ったの。・・・ハニーはミキが嫌いなんだね?」

P「違う!美希の事が好きだから・・・」

美希「ハニーの言う事はもう信じられないの。だから・・・」

P(あ、スタンガン・・・避けらないな・・・)
バチッ

美希「ミキがたーっくさんお仕置きしてあげるね?ハニー」ニコッ


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 06:30:55.84 ID:vVykkoPy0

・・・・・・・・・・・

P「ぁう・・・」

美希「ハニー!おはようなの!!」


P「美希・・・!ここは何処だ・・・?」

美希「ハニーが浮気した時の為のお仕置き部屋だよ!お金が一杯あったから地下に作ったの!!」

P「地下・・・?」


P(四方はコンクリート・・・窓は無いし・・・それに)
ガチャガチャ



P「・・・これを外してくれ」

P(手と足を鎖で繋がれている)


美希「嫌なの。当然なの」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 06:40:07.37 ID:vVykkoPy0

P「・・・このままじゃお互い仕事出来ないだろ!?」

美希「美希もうSランクアイドルだよ?・・・一週間くらいお仕事すっぽかしても大丈夫だと思うな!」

P「あのな・・・お前はいいかもしれないけど春香とか他のアイドルはそうはいかないだろ?」


美希「・・・ハニーはやっぱり分かって無いの」

P「何がだよ!?」
バチバチッ


P「・・・ッ!?」

美希「ハニー?お仕置きだよ?・・・ハニーをあんまりいじめたくないの」


P(結構痛い電流が・・・全身に・・・)

美希「ハニーに為このビリビリも買ったんだ!どう?ハニー!ビリビリする?」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 06:49:37.43 ID:vVykkoPy0

P「・・・冗談にしちゃ笑えないぞ」

美希「あーもう!冗談じゃ無いの!!!」

P「あ、結構ビリビリしたようん」


美希「ハニーはもうちょっとビリビリしなきゃ駄目みたいだね・・・」


P「・・・?」
バチバチッ

P「っく・・・!」
バチバチッバチバチッ

美希「ハニー凄い顔してるの~。じゃあ美希自分の部屋に戻ってるね!」

P「!?ちょ・・・!美希!」
バチババチバチッチッ

バタン

P(本当に出ていったし・・・!これ地味に痛い!!辛い!!」


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 13:41:34.15 ID:vVykkoPy0

・・・・・・・・・

P(電気はまだ止まらないし眠気が凄いし腹も減った・・・しかも・・・)

P「・・・トイレ行きたい」

P(漏らすわけには・・・・!)
ガチャ

美希「ハニー!こんばんわなの!」

P「・・・もう夜か」

美希「うん!ミキが出て行って11時間くらい経ったかな?」

P「そもそも今何時だ?」

美希「1時なの!!」


保守ありがてぇ・・・!ありがてぇ・・・!


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 13:54:13.19 ID:vVykkoPy0

P「美希・・・腹が減っただがその前にトイレに・・・」

美希「やなの!」



P「・・・え」

美希「その手錠と足枷は外さないの!」

P「美希それは洒落にならん俺のプライドが決壊してしまう」

美希「ねえハニー・・・?」



200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 14:01:42.89 ID:vVykkoPy0

美希「お仕置きなんだからハニーは自分の事考えちゃ駄目なの」


P「いや待てそれはおかしい」

美希「ミキの事をずっと考えなくちゃダメだよ・・・?」

P「美希の事今までよりもっと考えるからっ!!早くトイレにいい!!!」

P(股が痛くなってくる程我慢する日がくるとは!)

美希「・・・やっぱりハニーは反省してないの」

P「反省するからっ・・・・!早くトイレに!!!」


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 14:08:37.34 ID:vVykkoPy0

美希「もーっと電流あげちゃうの~!」
ビリビリバチッ

P「~~ッ!!!」

ショワショワ・・・

P(プロデューサーダム決壊)

美希「・・・漏らしちゃったね!」

P「・・・・・・」

美希「ハニーが反省しないのが悪いの」

P「・・・・・・・・・」

美希「ハニー今凄い情けない格好してる~」


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 14:15:45.32 ID:vVykkoPy0

美希「でもミキはハニーの為ならなんでも出来るの!」

美希「・・・だからハニーのおしっこも汚いなんて思わないよ?」


P「・・・手錠を外してくれ」

美希「だからそれは無理なの。・・・その格好恥ずかしくないの?ハニー」

P「自分で片付けたいから・・・」

美希「じゃあミキが片付ければいいって思うな!」

美希「言ったでしょ?ハニーの為なら何でもできるって」


205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 14:20:49.15 ID:vVykkoPy0

・・・・・・・・
一週間後

美希「ハニー!!ご飯もって来たよ!!!」

P「あ・・・美希・・・」

美希「また漏らしちゃったんだね!ミキが片付けてあげる!」
カチャカチャスッ

美希「やっぱりハニーのって大きいの///」

P「・・・ぅ」

美希「ご飯に混ぜてるお薬も効いてきたみたいだね!」


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 14:28:05.68 ID:vVykkoPy0

P's P ギンギラギン

美希「もうハニーのエッチ////・・・でもハニーの赤ちゃんが出来ればアイドル辞める理由にもなるし・・・」

P「・・・・・・」

美希「ミキもハニーも気持ち良くなれて一石二鳥なの!!」


美希「だから死ぬまで一緒だからね?ハニー!」

パーフェクトコミュニケーション!

結果:美希のヤンデレは生活能力奪う可愛い

済まんかった
やって欲しいシチュエーションとかあれば・・・


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 14:39:56.96 ID:vVykkoPy0

ちょっと待っとれ


215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 14:44:34.47 ID:vVykkoPy0

P「なあ真美」

真美「な~に?兄ちゃん」

P「折角二人で住んでるんだからさ呼び方を兄ちゃんから変えてみようぜ」

真美「あー!ア・ナ・タとか→?」

P「まああなたじゃなくてもいいけど・・・」

真美「兄ちゃんはなんて呼んで欲しいの?」


219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 14:51:22.12 ID:vVykkoPy0

P「・・・ダーリンとか?」

真美「だ~りん!」

P「違うな・・・お兄様は?」

真美「おに~さま~!」

P「・・・・・・なんか惜しい」

P(真美を妹にするのがいいんじゃないんだろうか)



P「真美よ普通に『お兄ちゃん』って呼んでくれる?」


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 14:57:37.54 ID:vVykkoPy0

真美「お兄ちゃん!!」キュッピピピピーン

P「ティンと来た!!!」

真美「なんか恥ずかしいよぉ///お、お兄ちゃん///」

P(なんかめっちゃいいぞこれ)


真美「お兄ちゃん・・・///」


P(このむず痒さが良い!!)

P「真美可愛い」ナデナデ

真美「えへへー///・・・あ、お兄ちゃん!宿題教えてよ!!」


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 15:08:37.80 ID:vVykkoPy0

P「ん?ああ宿題だな!可愛い妹のために何でも教えてやるぜ!!」

P「で教科は?」


真美「んっふっふ~・・・じゃん!英語だよ!」ジャン


P「英語だな任せとけ」

真美「でね~この文の意味なんだけど・・・」


’I want you'


P「『あなたが欲しい』とかそんな感じじゃないか?」

真美「あい うぉん ちゅー・・・あなたが欲しい・・・と」

真美「真美もお兄ちゃんをもっと欲しい・・・///」ボソッ


P(人数じゃなくて俺がもっと欲しいってことだようん多分)





230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 15:17:10.72 ID:vVykkoPy0

真美「数学も見てよ~」

P「はいはい」


P「ここはこの公式を使って・・・」

真美「ふむふむ」

真美「・・・やったー!問題解けたよ!!お兄ちゃん!!!」

P「さすが真美」

P(やっぱ中1って可愛いわ)

真美「あ・・・この問題真美が一人で解くからさ・・・ご褒美が欲しいな~って///」

P「いいぞぉ!!」


232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 15:26:22.98 ID:vVykkoPy0

P(ご褒美って言ったらもう!!!可愛い!!!)


真美「ん~っと・・・ここがこうでここがあれで・・・」カキカキ


P(考える姿さえ天使や!!天使や!!!!)

P「真美~頑張れ!!」

真美「うん!お兄ちゃん!!」
・・・・・・

真美「出来た~!合ってるか解答してよ!お兄ちゃん!!」

P「おお正解、この問題難しかったのによく出来たな!!!!」


真美「・・・ご褒美くれる?///」

P「おうよ!!」

真美「あ・・・あの//抱っこして欲しいなって///」


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 15:38:07.48 ID:vVykkoPy0

P「だ、抱っこ?でも真美も結構大きくなったし・・・持ちあげられない」

真美「す、座ってでいいからさ///お兄ちゃん///」


P「じゃあ俺がクッションに座るから・・・」
ダッコ

真美「ん///・・・お兄ちゃんいい匂いする///」


P「真美も温かくて抱き心地いいぞ」

真美「ね、ねえお兄ちゃん?///前みたいにもっとナデナデしてよ////」


P(妹になりきる真美もイイネ!!)

P「真美も成長したなぁ」ナデナデ

真美「あ、お兄ちゃん・・・・///」ポー



またキス魔にさせてしまいそう


247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 15:57:29.11 ID:vVykkoPy0

真美「ねーお兄ちゃん」

P「ん?」ナデナデ

真美「最近、真美いっぱい頑張ってるよね・・・?」

P「TVじゃ見ない日は無いもんなぁ」ナデナデ


真美「だからね?///もう少しご褒美が欲しいから////」

P(顔真っ赤!うつむく真美!!!)

真美「・・・お兄ちゃん、目瞑って?///」

P「はいよ」


248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 16:04:05.60 ID:vVykkoPy0

チュ

真美「今度はおにいちゃん・・・から・・・///」

P「いいよ?」
チュ

真美「///あぅ・・・」ポー

真美「真美からいくね・・・?///んっ・・・///」
チュ

P「可愛い」ナデナデ

真美「おにいちゃん・・・///ちゅーが気持よすぎて・・・とまんないよぉ・・・///んちゅ・・・///」
チュチュ

真美「ぅう~・・・///あ・・・もっと・・・///」
チュチュチュ


255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 16:28:53.79 ID:vVykkoPy0


P(これ舌入れたらどうなるじゃろか

P「・・・」

チュウ

真美「!?・・・///ぅ・・・ん///ぁ///」
チュウ

真美「く・・ちの///・・・なか///・・・・・なめ・・ちゃ///・・・やぁ///」
チュウチュ

真美「んぅ・・・///あっ///ん・・・///ふ///ちゅ・・・////」

真美「や・・・///・・・ふ///ぅ//」

P(俺の理性が保ってるのが凄い)


・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・


257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 16:35:53.18 ID:vVykkoPy0

・・・・・・・・・・・・

真美「兄ちゃんのいじわる!!」

P「真美が可愛すぎて・・・舌を入れたのは謝る」


真美「・・・今度は真美が兄ちゃんの口の中を舐めて良いかな?///」

真美「もっと・・・///気持ち良くなりたいから////ね・・・?お兄ちゃん?///」


パーフェクトコミュニケーション!!!

結果:真美はキス魔神可愛い!!!

済まんかった

もっとシチュエーションプリーズ!!


261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 16:41:56.80 ID:vVykkoPy0

おk一発抜いてくる


270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 17:26:02.94 ID:vVykkoPy0

with 貴音

P「ちょ・・・!なんでそんな格好してるんだよ・・・」

貴音「小鳥嬢にあなた様ともっと親密になる方法を聞いたら・・・///」



P「バニーガールの衣装を渡してきた・・・と」

貴音「///」コクン

P(やっぱり小鳥さんは疲れてるんだ労おう・・・しかし・・・)


P「・・・正直言うと凄い似合ってる」

貴音「!本当でございますか?///・・・嬉しい限りです///」

P(エロい意味で!!似合いすぎィィ!!!)


275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 17:36:23.36 ID:vVykkoPy0

貴音「あなた様!!今日はわたくしと一日・・・あ、愛を育みましょう!!?」

P「落ち着け!!愛を育む・・・とはなんぞや?」



貴音「それは・・・!もっとあなた様のお側に居たいのです///」

P(バニーの格好で言われると困る)


貴音「本当はでぇとをしてみたかったのですが・・・・///この格好では・・・その・・・///」

P「・・・確かにな。恥ずかしいねバニーガールで出歩くのは」



P(着替えれば?なんて野暮なことは言わない!!)


P「・・・じゃあ今日は家で貴音と何かするか!!」

貴音「はい!あなた様!!」


277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 17:50:04.93 ID:vVykkoPy0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P「貴音・・・どう?」

貴音「あなた様ぁ///少し・・・強いです////」

P「おっとスマンスマン」


P(貴音の肩が凝ってたみたいなので肩もみすることにした・・・千早ごめん)


貴音「お上手ですね///あっ・・・///ふっ・・・///」

P「昔から肩もみだけは上手かったんだよなぁ」


P(だからなぜ嬌声を響かせる。あとこの距離から見える貴音のオッパイやばい)


P「どうだ?結構肩軽くなったはずだぞ?」


279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 18:10:39.64 ID:vVykkoPy0

貴音「本当ですね。いつもより肩がよく動く気がします」グルングルン

P「かなり凝ってたもんな~」


貴音「あの・・・あなた様」

P「はい?」

貴音「こ、腰の方も凝ってる気がします・・・!」

P「こ、腰が凝ってるのか!?」


貴音「このままでは動き辛くて・・・。さきほどのように・・・その///」


P「ああ!マッサージして欲しいってことか」

貴音「は、はい///」

P(可愛い)


280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 18:19:59.94 ID:vVykkoPy0

P「よし、じゃあそこのベッドにうつ伏せになってくれ」

貴音「はい」ゴロン


P(・・・貴音はヤバイ・・・・!!この体勢はエロいッッ)ゴクリ


P「・・・じゃあ、いくぞ~」

貴音「お手柔らかに・・・///」
グッグッグッ

P「確かに筋肉が硬いかもしれないな」
グッグッグッ

貴音「はぁ・・・///さっきより気持ちが良い気がします・・・///」トローン


P「確かに気持ち良さそうだ」
グッグッグッ


287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 19:05:08.11 ID:/yoxczT30

Q. 神はいると思う?


 いない┐   ┌───わからない
      │ _..-ー''''''l'''''― ..、
     ./   .l,  |     `''-、
   ./     .l  .|       \
   /ゝ、     l. |         ヽ
  ./   .`'-、    l. |           l
 │      ゙''-、 .l,|             l
  |         `'″          |
 │     インターネットで見た  ,!
  l                    ./
  .ヽ                  /
   .\              /
     `'-、              /
       `''ー .......... -‐'″


288: 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/07/31(火) 19:05:11.83 ID:uESi7P500

千早、貴音もきたと…次は響で小鳥さんだろッ?!そうなんだろ?!


292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 19:28:35.33 ID:vVykkoPy0

・・・・・・・・・・・・

貴音「あなた様・・・!今度はわたくしがご奉仕させていただきます!!」

P(誤解を招きそうな表現ですね)


P「・・・・そうか?じゃあ俺もマッサージして貰おうかな」




貴音「じゃああなた様・・・む、胸のマッサージをしたいので・・・そこに寝て下さい///」


P「俺の胸をマッサージするのか!?」

貴音「はい・・・///」


P「・・・まあよく分からんがとりあえず寝るよ」

バニーお姫ちんの事考えてたら思考停止してた


294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 19:40:26.19 ID:vVykkoPy0

ゴロン
P「いいぞ~貴音~」


貴音「・・・?洋服はお脱ぎにならないのですか?」


P「」ブフォ!!

P「貴音それ多分マッサージ違いや」


貴音「小鳥嬢がこれを使ってマッサージするべしと言っていましたが・・・」


\ローション/ババーン


貴音「俺を使うと極楽に逝けるとも・・・」


P(イクのは男だよね・・・だがしかしローションを使って貴音にマッサージして欲しいぞ)


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 19:52:36.49 ID:vVykkoPy0

P「ローション部屋の中で使うと危ないからお風呂行こうそれがいい」

貴音「・・・?はい!」


in bathroom

P「そうだね・・・うん俺はタオルで下半身隠しとくね」

貴音「あなた様///」

P(貴音はバニーのままで来てもらったけども・・・ヤバイ)


P「・・・ねえ、ローションを貴音の手に出してみて?」

トロォ・・・

貴音「面妖な・・・!」



299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 19:55:08.08 ID:tYlnPMmq0

パンツ切り裂いた


300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 19:58:54.85 ID:no2go4sB0

ちーにゃんの続きがあると聞いて


301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 20:04:48.15 ID:vVykkoPy0

P「ねえお姫ちん?・・・それ胸に出してみてくれる?」

貴音「胸にですか?///・・・あなた様の頼みなら///」


トロォ・・・

貴音「ひゃっ・・・冷たいですね///」

P「・・・Massageしてくれるんだよな?」

貴音「はい・・・まっさぁじでございます」


P「・・・貴音早速マッサージしてもらおうか」

P「・・・その胸で」

エロお姫ちんを書けるか自分との戦いが始まるッッッッッ!!


305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 20:12:00.26 ID:iU1RErD80

      /                /      ゙i,  ヽ
     j                ,ィ/        |  |
     lィ'             ,ィ/j/          | iリ
    |         /l /          '"` | j
    リ!      /,ノ           _,、-''''` /リ
      |   _.._ l/   ,.--;==ミ 、 ___,.ノ /{.○-゙‐rV
     ヽ,/`ヽヽト、 ´  {,.○-`‐‐ 、,.-ト|    ,ノ
      ∧  ゙i,   `ヽ,r'´      ノ.  ゙、--‐''´|
    ,,.く  ヽ   ゙i     ヽ、 __,,、-'"     〉   /
  ハ'´  |  ゙i   |           ' '     iヽ''" ̄ ̄ ̄`゙
  ゙、゙i,_r'シニZ`ー┬ト'i       _____ ,  |  \    早くしたまえ
    _゙V  ヽ,.レ''ヽヽ     `ー─''''"´   /    \
  /./ ヽ/     ,」ヽ     __,,、-─‐-、j       ヽ
   / r'´  --‐‐'''"´ ヽ \   (.r‐'''""゙゙`ヽ,`)     /
    l .|     __,,、--`ヽ \ ___ヽ     /´|    ∠__
   j |           ,⊥`ー 、 ゙!    レ' |      |
  |  |        -‐''"´   ヽ、⊥ヽ|    |彡'|      |


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 20:17:09.84 ID:x8OT/eGb0

信じてるからはよ


309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 20:23:44.18 ID:vVykkoPy0

貴音「・・・胸ですか///?」

P「お姫ちんのそのでっかいの見てたら我慢が出来なくなった。貴音のせいだ!!」

貴音「あの・・・脱いでというのは・・・恥ずかしいというか///」


P「マッサージしてくれるんだよな?俺は貴音にマッサージしたもん言うこと聞くべき」

貴音「あ・・・うぅ・・・」



P「・・・じゃあもう脱がせるぞ」ガッ
ポロン

貴音「!?////あ・・・///」

P「・・・oh...大きいなぁ・・・綺麗だし・・・全体的に・・・」


312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 20:34:14.24 ID:5O6LDr+S0

千早「では私もマッサージを・・・」

P「うわあああ 俺の胸が削り取られる」


313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 20:38:32.92 ID:vVykkoPy0

P「貴音、まだマッサージしてないところがあったな・・・その二つの山・・・」
ガッ

貴音「え?///あなたさま・・・?///」

P「思いっきり揉み解すべきそうするべき」

モミモミモミモミ


貴音「ひぁっ....!?ぁ...///っう....///・・・や、あっ///んんっ・・・」


P(アバババババ柔い!!止められない止まらない!!!)

モミモミモミモミモミモミモミ


貴音「あなた....ひうっ///さまぁ....あ....やぁ、あああ!!」







315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 20:40:00.13 ID:aTs5rJ9Y0

お尻ちんのキューティーハニー聞いてるとお尻の小さな女の子って歌詞に毎回ニヤけてしまう


321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 20:51:43.86 ID:vVykkoPy0

貴音「あなた・・・さまぁ・・・///ぁう・・・ここがおかしい・・・ん///・・・ですぅ///」


P(ちょちょちょ貴音の股間に貴音の手が!!いじってる!!!)



P「・・・やっぱり貴音って一人でそういうことしないの?」

モミモミ


貴音「あぅっ・・・///ひと・・・はぁぅ///ひとりで・・・?///んっ///・・・はぁっ///」


P「貴音さん!!オナニーですよオナニー!!」


モミモミモミモミ


貴音「お・・・なにぃ・・・?////あうっ・・・はっ・・・///んっ・・・やぁ・・・」

P「今貴音が自分で触ってる所をもっと激しく触ることかな?うん」


325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:12:21.37 ID:vVykkoPy0

P「今貴音が触ってる所はどんな感じ?」

貴音「あっ・・・///あっ・・・じんじんして・・・///はっ・・・///なにもかんがえられな・・・んっ///」


P(野獣と化したプロデューサー!!!)

P「・・・人にされたらもっと気持ちよくなるって言ったらどうする?」


貴音「もっと・・・?///ひうっ・・・////あっ・・・あっ・・・はぅ////」

P「そっか何も考えられないんだもんなもう勝手に触るね」
クチュ

P(布越しなのに伝わる、いやらしさ!!)

貴音「あああ!!!・・・・はうっ///あうっ・・・///」


327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:20:34.90 ID:vVykkoPy0

クチュクチュ

貴音「あっあっ・・・はぁあう///あなた・・・・ひうっ・・・さまっ///」

P「どうした?」


貴音「あぅ///はぁっ・・・//ちょくせ・・・//はぁっ・・・///さわって・・・//」

P(おお・・・おエロちんに・・・)

P「・・・どうしようかな~?」


330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:28:21.93 ID:vVykkoPy0

貴音「いけ・・・ず・・・///あ・・・ひゃぅ・・あっはっ////」


P「貴音がかわいそうだからねうんじゃあ直接・・・」


P(あのバニーのズボンを下ろすとそこにはッ・・・!貴音の・・・エデンが・・・!!)
ズリッ

P「oh...毛が生えてないよお姫ちん」

貴音「はぅ・・・///はや・・・く//」

クチュクチュ


貴音「!!!んはっ・・・///あああ!!や、あは・・・やああああ!!」ビクンビクンッ

P(触っただけでイクって奴ですね知ってます)



332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:37:24.77 ID:vVykkoPy0

・・・・・・・・・・・・・

貴音「あなた様///」

P「あ~貴音・・・昨晩はいろいろと済まんかった」


貴音「うぅ・・・///思い出させないで下さい////」

P「でも・・・貴音がめっちゃ可愛かったからね・・・うん」



貴音「・・・今日も昨晩と同じようしてくれませんか?」


P「え!?」


貴音「わたくしをこんな体にした責任、とって下さいね?///」


パーフェクトコミュニケーション!!!

結果:貴音はエロ可愛い


333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:39:17.74 ID:no2go4sB0

薄い本に匹敵するクオリティ


334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:43:46.62 ID:kKnxcBit0

ふぅ…


おエロちん流行れ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。