スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美希「言葉なんて、もう…」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:24:13.12 ID:KJg3H8mtO

――美希の部屋
――22:30

ロマンス…かぁ。あの人と出逢えたのは、やっぱり運命なのかな。
最初はアイドルなんて、そんなにキョーミ無かったんだけどなぁ…。

美希「ふふっ。ハニーは、罪作りなの」クスクス

美希「…」チラッ、

窓から見えるのは、子どもの頃に観たアニメみたいなまんまるお月様。

美希「あはっ!なんだかミキらしくないかも」クスクス

美希「でも…」

あの人に出逢えてから、ミキの世界が変わったの。
それこそ、子どもの頃に観たアニメみたいな…。

美希「ハニー?ハニーが、ミキを変えてくれたんだよ?」

あの人となら、いつもの街がロマンスに揺れちゃうの。

美希「なぁんて、やっぱりミキらしくないの」クスッ

美希「もう寝るの。おやすみなさぁい」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:26:09.08 ID:KJg3H8mtO

――765プロ事務所
――10:00

――ガチャッ

美希「おはよーなのー」

――バタン

P「おはよう。美希。どうした?今日はいつもより早いじゃないか」

美希「むっ!ミキ、そんなお寝坊さんじゃないと思うな」ムスッ

P「ははっ。悪い悪い。わかってるさ」

美希「ほんとにわかってるのかなぁ…」クスクス

P「なぁ、美希?」チラッ、

美希「うん?なに?」

P「いや…なんでもない」

美希「変なの」クスクス

P(いつもと雰囲気が違う。どうしたんだ?)


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:28:49.75 ID:KJg3H8mtO

――スタジオ
――12:30

P「お疲れさま、美希」

美希「ハニー!ふふん、もう昔のミキじゃないの。ちゃんと、キラキラしてた?」

P「あぁ。お世辞抜きに、美希が一番キラキラしてた」ナデナデ、ナデナデ、

美希「えへへ」

新人A「あっ、あのっ!」

美希「うん?」チラッ、

新人A「あのっ、そのっ…私!」

美希「ミキ、少し落ち着いて話せばいいと思うな」ニコッ

新人A「あ、はい!…ふぅ。私、アナタに憧れて、アイドルになったんです!」ドキドキ

美希「ミキに?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:29:53.65 ID:KJg3H8mtO

新人A「はい!ステージで歌う星井さんに憧れて…私も、あんな風に輝いてみたい、そう思ったんです!」

美希「あはっ!ありがとうなの」ニコッ

新人A「///」カァァァァ

美希「でも、ミキがキラキラ出来るのは、ミキだけの力じゃないの」クスクス

新人A「えっ?」キョトン

美希「ハニ…プロデューサーがいるから、ミキはキラキラ出来るの。キミも、そんな人に出会えるといいね」

新人A「…」チラッ

P「?」

新人A「ふふっ。そうですね!じゃあ私も、マネージャーのところに戻ります!今日は、ありがとうございました!」ペコッ

美希「バイバイ」

新人A「…」チラッ

P「…ん?何かな?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:31:09.63 ID:KJg3H8mtO

新人A「いえ!それでは、また一緒になった時は、よろしくお願いしますね!」

P「あぁ。こちらこそ、よろしく」ニコッ

新人A「ふふっ。それでは!」タッタッタッタッ

美希「ふふっ。何だか、春香みたい」クスクス

P「よかったな。ミキ」

美希「えっ?」

P「ああやって、美希に憧れてこの世界に飛び込んできた女の子が出てきて、さ」

美希「あはっ!でもそれは、さっきも言ったけどミキだけの力じゃないよ?」クスッ

P「いいや、今まで美希が頑張ってきたからだよ。俺はそれの手伝いをしただけさ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:32:07.06 ID:KJg3H8mtO

美希「ほんとなのに」クスクス

P「…」

美希「ハニー?どうしたの?」ジッ

P「あ、いや。何でもない」

美希「ヘンなハニー」クスクス

P「…」

―――
――


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:33:53.55 ID:KJg3H8mtO

――765プロ事務所・社長室
――17:00

社長「今、なんと言ったのかね?」

P「…」

社長「私には、よく聞こえなかったのだが」

P「星井美希の担当から、俺を外してください」

社長「…ふむ」

社長「私の聞き間違いではないみたいだ。で、何故なんだね?」

P「星井美希の勢いは、今の765プロ事務所で一番です」

社長「だからこそ、彼女をそこまで育て上げた君に、任せたいのだが…」

P「このままですと、星井美希は『俺』の星井美希で終わってしまいます。彼女は、天性の才能とセンスの塊です。このまま、『俺』だけのプロデュースを受けさせるには勿体無いと思うんです。自分には、それが耐えられません」

社長「ふむ…。心は、もう決めているようだね」

P「…」

P「はい」

社長「わかった。ならば君は彼女の担当から外れ、他の新人アイドルをプロデュースしてもらう事にしよう。後任には…律子くんに頼むとしようか」

P「ありがとうございます。後任が律子なら、俺も安心して任せられます」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:35:26.33 ID:KJg3H8mtO

社長「ハッハッハ。律子くんもアイドルからプロデューサーへと転身したとはいえ、まだまだ駆け出し。すまないが、彼女にアドバイスをしてくれるとありがたいのだが」

P「はい。事務員兼アイドル時代から、彼女の事は知っていますから」

社長「うむ!頼もしい言葉だ。ならば、よろしく頼むよ?」

P「はい」

社長「では、君にはこのファイルを預けよう」スッ

P「…これは?」

社長「うむ。我が765プロ・新人アイドルのプロフィール一覧だよ。この中から、新しくプロデュースする女の子を選んでくれたまえ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:36:19.22 ID:KJg3H8mtO

P「わかりました。ありがとうございます」

社長「うむうむ!いいねぇ。やはり私の眼に狂いは無かったみたいだ」ハッハッハッ

P「では、自分は戻ります」

社長「うむ。これからも、頑張ってくれたまえよ?」

P「はい!」

――ガチャッ、バタン

P「これでいい。これで、いいんだ」ハァ...

――

社長「…ふむ」

―――
――


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:39:53.07 ID:KJg3H8mtO

――765プロ事務所・オフィス
――17:45

P「律子、ちょっといいか?」

律子「なんです?」

P「明日から、お前が美希のプロデューサーだ」

律子「はっ?」

P「聞こえなかったか?明日から…まぁ、引き継ぎもあるから正確には来週からか。とにかく、明日からお前が美希の担当プロデューサーだ」

律子「いやいやいやいや。ちょっと待ってください?なんですか?いきなり…」

P「少し、考えることがあってな。社長の承認は受けた。後は、お前がやるか、やらないか、だ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:40:50.41 ID:KJg3H8mtO

P「…」ジッ

律子「…」ジッ

律子「できます。やってみせます」

P「よく言った。ありがとう、律子。お前なら、安心して任せられる。アイツもなんだかんだ言って、お前になついてるからな」

律子「え~?それは無いと思いますよ?」クスクス

P「ははっ。じゃあ、少しずつ引き継ぎをしていこうか」

P(後は美希に伝えるだけ、か)

―――
――


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:42:31.80 ID:KJg3H8mtO

――美希の部屋
――19:30

美希「~♪」パラッ、パラッ

美希「明日もハニーと一緒なのっ♪」パラッ、パラッ

――コンコン

美希「は~い。お姉ちゃん?入ってきていいよ?」

――ガチャッ

P「こんばんは。美希」

――バタン

美希「ハニー!?どうしたの?こんな時間に。…ミキとしては、とっても嬉しいけど」クスッ

P「話が、あるんだ」

美希「お話?…あっ、明日のロケの事?とりあえず座って座って」ニコニコ、

P「あぁ。ありがとう」ストン

美希「それで、お話って?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:43:54.17 ID:KJg3H8mtO

P「あぁ。まず一つ。明日のロケに、俺は行かない」

美希「えっ?」

P「明日のロケには、律子が同行する」

美希「律子が?」

P「こらこら。律子さん、だろ?」

美希「そうだったの」クスクス

P「…」

美希「で、ハニー。ほんとの、お話は?」ジッ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:44:49.74 ID:KJg3H8mtO

P「…」

美希「それだけじゃ、わざわざミキの家まで来ないよね?」

P「鋭いな、美希は」

美希「あはっ!『ハニー』の事だからね」クスクス

P「そうだな…」

美希「早く、話してほしいな」

P「俺な?」

美希「うん」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:46:22.42 ID:KJg3H8mtO

P「『星井美希』の担当から外れることになった」

美希「えっ?」

P「後任のプロデューサーは、律子だ」

美希「なんで?」

P「天性の才能とセンスの塊。星みたいにキラキラ光って、人を明るくしてくれる」

P「それがお前だ」

美希「それは、ハニーが…」

P「それが、いけないんだ」

美希「えっ?」

P「『ハニーが』『ハニーの』『ハニーだから』」

P「お前のなりたかったキラキラは、俺だけにキラキラしてればいいのか?違うだろ?」

美希「…」

P「お前は、必ずトップアイドルになる。だけど、そこに一緒に並ぶのは…」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:48:59.40 ID:KJg3H8mtO

P「俺じゃない」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:49:49.04 ID:grlYaIGQ0

美希を幸せにしてやってくれ頼む


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:49:59.64 ID:ObVZom5R0

どうでもいいけど、Pにキラキラしてりゃそれが本人の思うキラキラに繋がるんだから問題ないよね


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:50:17.20 ID:KJg3H8mtO

美希「…そっか」

P「あぁ。話は、これだけだ」

美希「わかったの。じゃあもう夜も遅いから、帰って?」

P「わかった」

美希「あっ!担当が変わっても、ハニーはミキのハニーなの!」クスクス

P「ははっ。そっか」

美希「うん!」ニコッ

P「じゃあ、俺はもう帰るな?」

美希「また明日、なの」

P「あぁ。おやすみ」

美希「おやすみなさいなの」

――ガチャッ、バタン

美希「…」ポロ...

美希「…うぅっ…ひっく…」ポロ...ポロ...

美希「…うえぇぇ…ぐすっ、ぐすっ…」グスッ、グスッ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:52:50.26 ID:KJg3H8mtO

――Pの自宅
――23:00

P「…」クイッ、コクン

P「ふぅ…」カラン

P「久々の酒だというのに…味が、しないな」

帰る時の美希の顔。アイツ、無理してたな…。
でも…美希が輝くには、これしかない。
俺から離れて、アイツ自身で光って、トップアイドルになってくれれば、俺はそれで…。

P「俺も、無理…してるか」

ははっ。自分が、情けなくなる。自分はプロデューサーだというのに、女の子として以上の気持ちを持ち始めてる。

P「自分勝手すぎるか…」クイッ、コクン

窓ガラスに写るのは、どこかで見たような、月だった。

―――
――


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:54:40.29 ID:KJg3H8mtO

――765プロ事務所

――ガチャッ、バタン

P「おはようございます」

律子「おはようございます。プロデューサー」

P「おう!今日からアイツの事をよろしくな?」

P「律子P」

律子「ちょっ!止めてくださいよ!はっ、恥ずかしいじゃ…ないですか///」テレテレ、

P「ははっ。早く慣れろよー?」ニヤニヤ

律子「うぅっ…///はい…」

――ガチャッ、

P「来たか…」

美希「おはよーなのー!」
――バタン

律子「おはよう。美希。今日からよろしくね?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:56:42.19 ID:KJg3H8mtO

美希「律子に、ミキのプロデュースなんて出来るの?」ニヤニヤ

律子「ふふっ。私は、どこかの誰かさんみたいに優しくないからね?」

美希「あはっ!」

律子「じゃあ早速、ロケに行くわよ」スッ、

美希「わかったの。律子」

律子「それと美希?」

美希「なに?律子」

律子「『律子さん』だからね?」ジッ

美希「…こわいの…」フルフル、フルフル、

律子「はぁ…」クスッ

P「なんだかんだ、いいコンビじゃないか」

―――
――


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 00:59:20.90 ID:KJg3H8mtO

――765プロ事務所
――10:50

P「新人アイドル…」パラッ、パラッ

P「ずっと美希を見てきたからな…眼が…肥えてしまった」パラッ、パラッ

小鳥「ふふっ。贅沢な悩みですね」クスクス

P「ははっ。小鳥さん」

小鳥「はい。お茶が入りました。どうぞ」コトン

P「ありがとうございます」ズズズ

小鳥「美希ちゃんの担当から、外れたんですって?」チラッ、

P「えぇ。少しばかり、考えることがありまして」

小鳥「…」

小鳥「…いいんですか?」

P「えっ?」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:00:40.57 ID:KJg3H8mtO

小鳥「あの娘をデビュー当初から支えてきたのはプロデューサーさんなのに」

P「ははっ。いいんです。いいんですよ、これで」

小鳥「…」ジッ

P「…なんです?」

小鳥「…ふふっ。い~えっ♪なんでも」クスクス

P「…?」

小鳥(ふふっ。ほんと、この人はヘンなところで不器用なんだから)クスクス

―――
――


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:02:35.04 ID:KJg3H8mtO

――765プロ事務所
――17:30

――ガチャッ、バタン

美希「うぇ~い。疲れたのぉ…律子、さんキビシ過ぎなのぉ」フラフラ、フラフラ

律子「アンタが怠けすぎなのがいけないんでしょーが!」

美希「ハニーはもっと優しいのぉ…はにぃ…はにぃ…」フラフラ、

律子「一日でこれじゃ、先が思いやられるわ…」ハァ...

律子「ふふっ。でも」クスッ

美希「うぅ~。でも…ありがとなの。律子…さん」

律子「素直な所があるから、憎めないのよね」

美希「ん~?何か言ったの~?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:04:05.99 ID:KJg3H8mtO

律子「ふふっ。何でもないわよ。ほら、美希?少しソファに横になってなさい。ジュースでも用意してきてあげるから」

美希「ありがとなの~」コロン

美希「…ふにゃ…むにゃ…」zzz...zzz...

律子「ふふっ。可愛いところも、あるんだから」クスクス

律子「…」チラッ、

律子「で、そこで見てるんですよね?プロデューサー?」

P「…」スッ、

P「バレたか…」

律子「くすっ。バレバレです」クスクス

P「ありがとな、律子」

律子「ふふっ。では私はこれで」

P「ん?コイツの飲み物を用意するんじゃないのか?」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:05:49.61 ID:KJg3H8mtO

律子「それは、あなたの役目です。もう少し、自分に素直になったらどうですか?」

律子「美希の事、好きなんですよね?」

P「…」

律子「ですが、あの娘のプロデューサーの立場は返しませんからね?」クスッ

律子「でも、ま…」チラッ、
美希「はにぃ…むにゃむにゃ」

律子「『社長』が言えば、やぶさかではない…ですけど」クスクス

P「ははっ…」

律子「では、私はこれで」ニヤニヤ

――ガチャッ、バタン


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:07:35.61 ID:KJg3H8mtO

P「…」スタスタスタ、ストン

美希「…むにゃ…」zzz...

P「素直に、か…」ナデナデ、ナデナデ、

美希「…えへへぇ…」

P「…」

P「好きだ。愛してる」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:08:33.95 ID:KJg3H8mtO

美希「…」zzz...

P「なんて…」

P「起きてるときに言えたら…いいんだけどな」

美希「…」zzz...

P「プロデューサーだから、担当アイドルに恋をしてはならない」

P「そう、自分に言い聞かせてたんだけどな…」ナデナデ、

美希「…」

P「キス…してしまおうか」スッ、

美希「…」

P「…って、俺は何を考えてるんだ…」

P「ごめんな?美希」ナデナデ、

美希「…」

美希「いいよ」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:09:37.93 ID:KJg3H8mtO

P「えっ?」

美希「キス、してもいいよ」

P「美希?」

美希「好きだ。愛してる」

美希「嬉しかった…」グスッ


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:11:20.32 ID:KJg3H8mtO

P「…」

P「…起きてたのか」

美希「途中から、だけど。でも、ハニーの告白は、ばっちり聞いちゃったの」クスクス


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:12:00.58 ID:KJg3H8mtO

P「そっか…」

美希「で、してくれないの?キス」

美希「ミキ、待ってるんだけどな…」スッ、

P「…」スッ、

美希「んっ…ちゅっ…」チュッ、

美希「はにぃ…すき。だいすきなの」

P「俺もだ。美希」

美希「愛してるの。ずっと、ずっとだいすき」ギュッ

P「…」ギュッ

美希「はにぃ…もっと、ぎゅって…」グスッ

――

社長「…ふむ」

―――
――


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:13:13.13 ID:KJg3H8mtO

次の日

――765プロ事務所・社長室
――10:30

P「あの…社長?今、なんと?」

社長「ふむ。聞こえなかったのかね?」

P「あ、いや…聞こえてはいるんですが…」

社長「ハッハッハ。構わないさ。ならば、もう一度言おう」

社長「君には、美希くんのプロデューサーに戻ってもらう。律子くんには、私から話をしておこう」

P「あの…何故…?」ドキドキ

社長「ハッハッハ。私には、愛する二人を引き裂く事は出来ないのでね」ハッハッハッ

P「」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:14:30.84 ID:KJg3H8mtO

社長「そうだ。この際だから君たち二人には、今日から一ヶ月ばかり休暇を与えよう。どこかでのんびりと、お互いを更に知ってくるといい」ハッハッハッ

P「社長…」

社長「君の誠実さ、覚悟…しかと受け止めたよ。これからも、我が765プロの為、未来のアイドルたちの為にその力を貸してほしい」

P「…はい!ありがとうございます!」

社長「うむうむ。これにて一件落着。ハッハッハ」

―――
――


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:15:14.54 ID:IQ6DT2o10

やだ…社長イケメン……///


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:15:55.39 ID:0XM6v+cU0

この社長になら掘られてもいい


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:16:17.56 ID:KJg3H8mtO

――美希の部屋
――11:00

美希「それで今日のレッスン、お休みになったんだね」クスクス

P「あぁ。社長の口っぷりから、昨夜のキスと告白を見られてたんだな」

美希「あはっ!ミキは気にしないの」

P「ははっ。そうだな。くよくよ考えてても仕方無いしな」

美希「なのっ♪」ギュッ

P「もう少し早く、素直になってれば…よかったな」ナデナデ、

美希「あはっ!でも、もうその必要はないの」クスッ

P「なんで?」

美希「だってミキたちにはもう…」ギュー

美希「言葉なんて、もう…必要ないから」

美希「ちゅっ」チュッ

美希「ねっ?ハニー♪」

おわり


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:17:05.87 ID:KJg3H8mtO

はい。ここまでありがとうございました


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:18:11.83 ID:ObVZom5R0


社長がイケメンなSSは貴重


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。