スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗「高槻やよいちゃんの家に行くことになった」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:14:10.81 ID:+5cFa0RB0

やよい「あ、こんにちは!」

北斗「チャオ☆奇遇だねやよいちゃん、スーパーでなにしてるんだい?」

やよい「今日の晩御飯のおかずを買いにきました~、北斗さんはどうしてここにいるんですか?」

北斗「いやー冬馬達にゲームで負けてね、お菓子を買いにきたんだよ(おかずって言う割にはもやしばっかだな)」

やよい「ジュピターの皆さんでゲームやってるんですか?楽しそうですね!」

北斗「黒井社長も遊んでるけどね、もしよかったら荷物持ってあげようか☆」チャオ

やよい「大丈夫です!家近いですから」

北斗「あ、そう」

やよい「お気遣いありがとうございます!それじゃ、さよなら~」

北斗「気をつけてね」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:17:10.64 ID:+5cFa0RB0

北斗「ただいまー」

翔太「あ、北斗君おかえりー」

北斗「さっきスーパーで765のやよいちゃんに会ったよ」

冬馬「765プロの…?」

黒井「そんな弱小事務所なんかほっといてさっさとゲームやるぞ!」

翔太「事務所の社長が一番遊んでるってのもどうかと思うよ…」

冬馬「おい北斗!俺のパイの実はどこだ!」

北斗「無かったからポッキー買ってきたよ」

冬馬「関連性が無いだろ!」

黒井「菓子の一つや二つでうるさい奴だな、そんなんだから変なアダ名を付けられるんだ!」

冬馬「関係ねーだろ!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:17:14.30 ID:IrfwrxyPO

良かったトイレじゃなくて


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:20:19.11 ID:+5cFa0RB0

北斗「おや…やよいちゃん、また会ったね」

やよい「あ、北斗さん!こんにちはー」

北斗「チャオ☆今日もご飯の材料?」

やよい「はい!今日は特売があるんです!」

北斗「卵1パックだけ割引ってやつ?」

やよい「はい!家族の為にもがんばります!」

北斗「…」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:22:39.99 ID:SO1FC+ww0

Pと961がなんか仲良しのやつ?


7: >>5ちゃうちゃう 2012/08/12(日) 23:24:34.26 ID:+5cFa0RB0

やよい「うっうー!買えましたー!」

北斗「良かったね(あ、カワイイ)」

やよい「ありがとうございます!それじゃ北斗さん、さようなら!」タッタッタ

北斗「じゃあね☆(もしもの為に買っておいたが、杞憂だったかな)」チャオ

<ズコー

北斗「!大丈夫かい!?」

やよい「はい…大丈夫…あぁっ!卵が、うぅ…グス…」

北斗「あぁ泣かないで、卵なら俺のをあげるから」

やよい「ぇ…でも」

北斗「卵を失うより君が涙を見るほうがが辛いよ」チャオ

やよい「あ、ありがとうございますぅ…本当に…」

北斗「…」


11: 北斗さん噛んじゃったカワイイ 2012/08/12(日) 23:27:07.38 ID:+5cFa0RB0

やよい「あの、お礼はまた今度でもいいですか?」

北斗「ん?あぁ、別にいいよ」

やよい「あ!それじゃあ今度もやし祭りするときに家に来てください!」

北斗「は?」

やよい「来て…くれませんか…?」ウル

北斗「」ズッギュゥゥゥン

北斗「いいよ」

やよい「本当ですか~?それじゃあコレ私のケータイの番号です!」

北斗「コレが俺のね」

やよい「本当にありがとうございました、今度こそさようなら」

北斗「はい、さようなら」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:32:16.30 ID:+5cFa0RB0

北斗「やっちまったぁぁぁぁぁ!」

黒井「帰ってきたと思ったらいきなりなんだこいつは」

翔太「ていうかキャラおかしいよね」

冬馬「俺のきのこの山買ってきたんだろうな!」

北斗「冬馬はコレでも食べればいいよ」

冬馬「うわっ何だコレ、ベトベトする」

北斗「割れた卵」

冬馬「え?何で?酷くね?」

翔太「で、北斗君何があったのさ」

北斗「女子中学生の家に行く約束しちゃった…どうしよう」

黒井「」

翔太「黒ちゃんが死んでる」

北斗「仕方がなかったんだ…断れるわけなかったんだ…」

冬馬「なのは…北斗が俺に意地悪するんだ…」

翔太「色々とヤベェ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:32:55.22 ID:th0frNMJ0

週刊誌が動くな


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:38:09.09 ID:+5cFa0RB0

北斗「頼む…でてくれ…!」

北斗「もしもし!」

真『うわっ、声大きいよ北斗君』

北斗「ちょっと頼みたい事があるんだ」

真『デートはしないよ』

北斗「違う!そんなことじゃない!」

真『なんか大変そうだね、まあいいよ』

北斗「ありがとう…君の事務所にやよいちゃんっているよね」

真『やよいがどうかしたの?』

北斗「実は今度彼女の家に行くかもしれないんだ…」

真『はぁ?まさかやよいに手だしたり』

北斗「してないよ!絶対してない」

真『信用できないけど、理由は?」

北斗「スーパーで…」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:43:03.46 ID:+5cFa0RB0

北斗「…ってことなんだ」

真『やよいも変なのに関わっちゃったなぁ…』

北斗「それで頼みたい事なんだけど」

真『ボクに一緒にやよいの家に行って欲しいの?』

北斗「さすがに俺が1人で女の子の家に行ったら色々と…」

真『いいよ、じゃあやよいに言っとくね』

北斗「ありがとう真ちゃん、お礼にジュピターのCDあげるよ」

真『それはいらないや、じゃあね』

北斗「ふぅ…助かったぁ…」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:44:06.41 ID:WalMlodR0

あかん長介の貞操が


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:46:52.56 ID:+5cFa0RB0

翔太「どうだった?北斗君」

北斗「なんとか無事に済みそうかな」

黒井「いいか、もしパパラッチに見つかったらさすがに961でも擁護できんぞ、ちゃんと変装しろよ」

北斗「分かってるよ」

冬馬「うぅ…フェイトォ…うっ」

翔太「まだやってるよ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:49:43.60 ID:ltBNJdvj0

あまとうは嫁が何人いるんだ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:51:29.51 ID:+5cFa0RB0

北斗「…そういえばもやし祭りってなんだろう」

チャオ☆チャオ☆チャオ☆

北斗「チャオ☆」ピッ

やよい『あ、北斗さんこんにちはー!もやし祭り明日になりました!』

北斗「明日…か」

やよい『はい!それで私の家には真さんに連れてきてもらおうと』

北斗「ところでもやし祭りって何するの?」

やよい『もやしをいっぱいたべるんです!明日はもやしが安いですからがんばって買ってきます!」

北斗「(もやしって普段も安いんじゃ…)」

やよい『楽しみにしててくださいねー!』

北斗「うん、じゃあね」

北斗「さてと…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:54:59.78 ID:+5cFa0RB0

真「北斗君コッチコッチ!」

北斗「真ちゃん名前で呼ぶのは…」

真「あぁ、ごめんね」

北斗「それじゃあ行こっか」

真「ところでその袋は?」

北斗「ん?あぁコレ、ひ・み・つ☆」

真「」イラッ

北斗「痛ッ!なんで蹴るの!?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:57:11.09 ID:A40icJAF0

かすみちゃんに期待してたらパンツ消し飛んだ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:59:34.50 ID:+5cFa0RB0

真「ここがやよいの家だよ」

北斗「へぇー(結構古いな)」

真「やよいには先入っててって言われたから」ピンポーン

長介「はーい」

長介「あ、真さんこんにちは!そっちは…北斗さんですよね」

北斗「チャオ☆やよいちゃんの弟さんかな」

長介「はい、長介っていいます」

北斗「いい名前だね」ウホッ

長介「あ、ありがとうございます」

真「北斗君、やよいが帰ってくる前にやよいの兄妹に挨拶しといたら?」

北斗「そうだね


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:03:43.66 ID:decsQzH50

長助のケツ穴に俺の子種を流し込みたい


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:07:12.18 ID:+5cFa0RB0

北斗「やよいちゃん結構兄妹いるんだねー」

かすみ「北斗さん!サインください!」

北斗「いいよ」サラサラ

かすみ「キャー北斗にサインもらっちゃったキャー」

浩司「うまー!」

真「クソっ、こういうのは北斗君の役目だろ!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:11:13.23 ID:decsQzH50

かすみちゃんかわいい


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:12:58.08 ID:5KJ+t18oO

女の子は普通こんな感じだろう


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:13:01.78 ID:mFVCLR040

浩三「キャッキャ」

北斗「子供はいいね、守りたくなるよ」

浩太郎「浩三はこうすると喜ぶんだよー」

北斗「へぇ、こうかな」

浩三「ウヘヘ」

かすみ「キター」

真「北斗君は人気者だなあ」

浩二「走れー!」

真「あっちとの差が…」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:13:51.96 ID:decsQzH50

北斗くんコミュ力高いな


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:19:20.89 ID:mFVCLR040

長介「ねーちゃん遅いな…」

真「どうしたのかなやよい」

かすみ「もしかしたらお姉ちゃん大変なことに…」

北斗「電話してみるよ」ピッ

北斗「…」プルルルル

やよい『はい…』

北斗「やよいちゃん、大丈夫?
どうかしたの?」

やよい『うっ…グス…』

北斗「!…今どこにいるの?」

やよい『スーパーです…』

北斗「ちょっと待っててね」

やよい『…うぅ』

北斗「ちょっとでかけてくるよ」

長介「ねーちゃん…大丈夫だよね」

北斗「大丈夫だよ、全部俺に任せて」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:25:02.74 ID:mFVCLR040

スーパー

北斗「お、いたいた」

やよい「ヒッグ…グス…」

北斗「やよいちゃん、どうしたの?」

やよい「ごめんなさいぃ…私、北斗さんのために…もやし買おうと思ったのに…」

北斗「…」

やよい「いつもなら買えたのに…ヒッグ…ごめんなさい…」

北斗「大丈夫だよ、さあ、ジュースでも買って行こうか」

やよい「うぅ…」

北斗「ファンタでいいかな」

冬馬「いや、なっちゃんだろ」

北斗「!?」

黒井「私はワインでもいただこうかね」

翔太「黒ちゃんと北斗君しか飲めないじゃん」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:26:01.29 ID:decsQzH50

なんだこの友情パワー


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:27:17.02 ID:x1NDHFw70

こんなにかっこいい全員集合はなかなかない


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:29:54.06 ID:mFVCLR040

北斗「言っとくけど自分の分しかお金出さないからね」

冬馬「え、マジで?」

翔太「冬馬君はお金持ってきて無いの?」

冬馬「さっきブラックサンダー3つ買っちまったから100円しかない」

黒井「私も無いぞ」

翔太「こいつら何しに来たんだよ」

北斗「っていうかそれどころじゃないから」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:30:11.47 ID:decsQzH50

社長が役割りとして完璧すぎるわ


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:35:02.86 ID:x1NDHFw70

ブラックサンダー買わなくても200円くらいしかないよな


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:35:56.43 ID:mFVCLR040

北斗「結局買わされるんだよな」

やよい「えぇーと…」

翔太「どう?やよいちゃん、涙は止まった?」

やよい「はわっ…まさか翔太君達、私の為に?」

北斗「泣いてる君なんか見たくないからね」

翔太「君は笑顔が一番似合うよ」

冬馬「なっちゃんうめぇ」

黒井「はい台無しィィ!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:37:02.52 ID:dbSWcW1r0

なんかこの羅刹からはアホの子臭しかしない


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:38:47.12 ID:R8i83siEO

子安の脳内再生率パない


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:40:26.98 ID:mFVCLR040

北斗「冬馬は帰らせたよ…泣いていた理由を教えてくれないかな?」

やよい「…私今日北斗さんのために頑張ってもやし買おうとしたんです」

やよい「でも、久しぶりのお客さんに舞い上がっちゃって…」

黒井「買えなかったと」

やよい「うぅ…」

北斗「別にそんなこと」

やよい「私のせいで皆にご馳走できなくて、そう考えると家に帰りづらくて」

黒井「別にいいではないか」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:43:42.15 ID:decsQzH50

あまとうさん可哀そうすぎる


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:47:13.49 ID:mFVCLR040

やよい「え?」

黒井「人間誰しも間違いがないなどありえない、些細なミスなど有って当然、そして一番身近な存在の家族ならば分かってくれるだろう」

翔太「黒ちゃんがそれ言う?」

黒井「黙れ!」

やよい「けど、私が一番お姉さんだから頑張らないと」

北斗「君は1人で背負い込みすぎなんだよ、前に会った時も家族のことを考えて行動していた」

北斗「さっき一緒に遊んでて分かる気がする、君の頑張りを一番理解してるのは家族なんじゃない?」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:53:02.54 ID:mFVCLR040

北斗「君の兄妹は君が買ってくるもやしより君が無事で帰ってくるほうがずっと大切だと思うな」

翔太「人間は支えあって生きているんだからね、もっと周りを頼ってもいいんじゃないかな」

黒井「今日だって私がスケジュールを空けなければ私達がここにくることもできなかったからな!」

やよい「周りを…」

北斗「さあ、そんなこと言ってる間に君の家に着いたよ」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:59:00.47 ID:mFVCLR040

やよい「た、ただいま…」

長介「ねーちゃん!心配したんだからな!」

やよい「長介…」

かすみ「おかえりお姉ちゃ…って翔太さん!?」

翔太「今晩はー」

真「遅いよ、北斗君!一人で相手は疲れるんだよ!」

北斗「ごめんね、真ちゃん」

黒井「ところで飯はどうするのだ?金ないぞ」

北斗「それならもやしがあるよ」

真「あの袋もやしだったんだ…っていうか黒井社長もここで食べるの?」

黒井「なんか文句あるのかこの小僧は!」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:06:06.61 ID:mFVCLR040

真「誰が小僧だゴルァ!ボクはきゃっぴきゃぴの少女だ!」

黒井「痛ッ!こいつ他の事務所の社長に蹴ったぞ!」

冬馬「仲間外れは良くないな」

翔太「冬馬君!どうして…」

北斗「俺が肉を取りにいかせたんだ」

かすみ「ジュピター揃ったぁぁぁ!」

やよい「…えへへ」

長介「食べる準備手伝ってくれよねーちゃん」

やよい「うん!」

(もっと周りを頼ってもいいんじゃないかな)

やよい「あの、みんな!」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:12:57.28 ID:mFVCLR040

やよい「食べる準備するので手伝ってください!」

真「任せて!」

黒井「ウィ」

冬馬「任せろー」バリバリ

翔太「ヤメテ!」

北斗「賑やかな食事になりそうだね」

かすみ「ジュピターの色紙いっぱいウヘヘ」

やよい「それじゃあご飯ですよー!」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:18:18.01 ID:mFVCLR040

帰り道

真「じゃあボクこっちだから」

北斗「チャオ☆」

翔太「またねー」

黒井「次会うときはもっときゃっぴきゃぴの女の子らしくなってるんだな」

真「くそーイラつくなー」

冬馬「おい、プロデューサーに伝えとけ」

真「何を…」

冬馬「ジュピターはこれからもお前らに勝ち続けるってよ」

真「フン!望むところだ!」

北斗「やよいちゃんによろしくねー」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:24:02.14 ID:mFVCLR040

北斗「ただいまー」

黒井「あぁ疲れた」

翔太「黒ちゃん似合わないこと言ってたもんね」

黒井「敵のやる気が無いとコッチまでやる気を無くす、そんな事になったらいかんからな」

北斗「とか言っちゃって実は楽しかったでしょ」

黒井「そんな事はない!」

冬馬「ヴィータたんただいまー」

翔太「さっきの面影はどこに」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:30:15.87 ID:mFVCLR040

翔太「まあ黒ちゃんの珍しいところが見れたし楽しかったなー」

冬馬「あの料理は舌がとけそうだったからな」

北斗「溶けたらまずいでしょ」

翔太「あー、もう一回食べたいなー」

黒井「あんな料理のどこが…」

北斗「え、社長あれがマズイって言うの?」

翔太「社長のくせに?」

冬馬「駄目だなあオッサン」

黒井「黙れェ!貴様にだけは言われたく無いわ!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:39:39.04 ID:mFVCLR040

数日後

北斗「皆して俺に集中攻撃するんだもん、勝てるわけないよ」

北斗「ん?」

「伊織ちゃん!あっちの鮭買ってきて!」

「このスーパーアイドル伊織ちゃんにできない事などなぁぁぁい!」

「やよい、私はどうすれば?」

「卵とってきてください!私はもやし買ってきます!」

「高槻さん可愛い」

北斗「…(もう買っておく必要は無いか)」

「?」

「どうしたんだ、やよい」

「いえ、なんでもありません!それよりもやしを!」

今日もジュピターは戦う
女性の涙を消すために
女性を強くするために

終わり


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:42:58.95 ID:x1NDHFw70

おつ
イイハナシダナー


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:50:21.51 ID:decsQzH50

北斗△


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 02:09:31.58 ID:mFVCLR040

ジュピター嫌われててもおれは好きなんだ
バク転トイレの翔太
両刀使い北斗
人形大好きあまとう
いつかこいつらプロデュースしたい


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 02:25:00.44 ID:Lmyt6ddn0


北斗さんかっけぇ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。