スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「アイドル同士の仲良し度を調べてみたい」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 07:58:18.05 ID:YWHUdAbc0

P「良いアイドルになる為には良い環境が不可欠だ」

P「自分で言うのも何だが俺や律子、社長はみんなと良い信頼関係を築けていると思う」

律子「でも、それだけじゃダメだと思うのよ」

律子「やっぱりアイドル同士でも良い関係を築けていないと」

律子「良い環境とは言い難いと思うわけ」

アイドル達「……」

P「そこでだ」

P「今からみんなには一対一になってもらって5分間の対話をしてもらいたい」

P「その様子を俺と律子で伺わせてもらう」

P「対話の内容は何を話しても自由だ」

律子「けれど、いざこざがおきた場合のみ止めさせてもらうわ」

P「まずベースは…春香からいこうか」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:16:47.25 ID:E4XJGShnO

全員で66組か
>>1頑張れ


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:02:49.34 ID:YWHUdAbc0

春香「つまり一対一でお話して…」

春香「気まずい雰囲気になっちゃったりしたら問題があるってことなのかな?」

千早「……」

春香「…千早ちゃん?」

千早「…私、正直自身が無い」

千早「良きアイドルになる為に今ままで歌以外のことも頑張ってこれていたけど…」

千早「それは私がプロデューサーを信頼していたからであって…」

千早「私…事務所のみんなと良い関係を築けていたのかは…」

春香「千早ちゃん…」




律子「「信頼」されてるんですね」

P「なんか照れくさいですね…」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:06:12.19 ID:YWHUdAbc0

春香「…大丈夫だよ!」

千早「えっ?」

春香「私はもちろんだけどさ!」

春香「みんなだって千早ちゃんのことが大好きに決まってるよ!」

千早「…春香」

千早「だけど…」

春香「千早ちゃんはみんなこと好きじゃない?」

千早「…!」

千早「…ううん」

千早「そんなことないわ」ニコッ

春香「なら大丈夫だよ!」




P「春香…お前は本当にトップアイドルだよ」

律子「流石は親友同士ってところですね」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:08:45.64 ID:YWHUdAbc0

春香「あっ、それよりもさ聞いてよ千早ちゃん!」

春香「この前さ…」

ビーッ!

春香「って、ありゃ?」

律子「はい、おしまい」

春香「ええ!?もう5分経っちゃったんですか?」

P「千早」

千早「は、はい?」

P「良い親友を持ったな」

千早「…!」

千早「…はいっ!」

P「(春香と千早は問題無し…と)」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:12:16.80 ID:YWHUdAbc0

春香「これ、私を軸に進めていくんだね」

春香「最後の四条さんまでノンストップでお話かー」

雪歩「大変だね、春香ちゃん…」

春香「でも、お話するのは好きだし!」

春香「どーん!とこいかな!」

雪歩「ふふっ…春香ちゃんらしいね」




P「春香と雪歩か…」

律子「一見、珍しい組み合わせにも見えますね」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:13:46.89 ID:+I6EJRhui

はるるんまさにメインヒロイン


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:16:35.37 ID:YWHUdAbc0

春香「でも、お話がつい盛り上がっちゃうと歯止めが利かなくなっちゃうっていうか…」

春香「昔から長電話でお母さんには怒られて…」

雪歩「ふふっ」

春香「って、あっ!?ご、ごめんね雪歩!」

春香「なんか私ばっかり喋っちゃってて…」

雪歩「えっ?そ、そんな全然…」

雪歩「私、春香ちゃんが楽しそうにお話してるの好きだから」

春香「そ、そう?」

春香「な、なんか照れちゃうな…///」



P「春香は誰と組み合わせても問題無さそうな気がしてきた」

律子「基本的にあの子が軸で会話は進んでいきますからね」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:19:46.09 ID:YWHUdAbc0

春香「でも、こうしてアイドル同士で一対一でお話って機会ってあんまり無い気もするし…」

春香「雪歩のお話も聞きたいな!」

雪歩「わ、私…?」

春香「うんっ!」

雪歩「え、えーと…」

雪歩「……」

雪歩「そ、その…」

春香「うんうん!」

ビーッ!

雪歩「はうっ!?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:23:10.35 ID:YWHUdAbc0

律子「はい、お疲れ様」

春香「ええ!?もう5分!?」

春香「短いなぁ…」

雪歩「あ、ご、ごめん…春香ちゃん…」

春香「えっ?なにが?」

雪歩「だ、だって…」

春香「また今度ゆっくりお話しようね!」

雪歩「…うん」ショボン…

P「……」

P「(千早もそうだが…)」

P「(雪歩は自分から積極的に話しかけにいくタイプでは無いよな…)」

P「(組み合わせにもよるが少し先行き不安だな…)」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:27:35.50 ID:YWHUdAbc0

春香「やよいは家庭菜園が好きなんだよね?」

やよい「そうですねー!」

やよい「食べるのももちろん好きなんですけど」

やよい「お野菜がグングン育っていく様子を観察するのも」

やよい「すーっごく楽しいんですよー!」

春香「あー!その気持ちわかるかも!」

春香「朝顔の観察日記的な!」

やよい「あー!それに近いかもー!」



P「まるで問題が見当たらない」

律子「春香もやよいもコミュニケーション能力はパーフェクトですからね」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:31:32.71 ID:YWHUdAbc0

春香「野菜かぁー」

春香「今度、野菜を使ったスイーツ作りとか挑戦してみようかな?」

やよい「春香さんはお菓子作りが好きなんですよねー」

春香「うんっ!」

春香「作っている間も楽しいし…」

春香「作って食べてもらって「美味しい」って喜んでもらえるのも好き!」

やよい「わかります!わかりますっ!」

やよい「私も家族に「美味しい」って言ってもらえると」

やよい「すーっごく嬉しい気持ちになりますっ!」

春香「あっ!やっぱり、そうだよね!」




律子「文句なしに相性バッチリですね」

P「二人とも元気で素直で良い子だからなぁ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:32:18.61 ID:E04xJiI+O

はるやよは姉妹


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:34:54.58 ID:YWHUdAbc0

春香「それだったら今度もやしを使ったスイーツでも…」

ビーッ!

やよい「はえ?」

律子「はい、お疲れ様!」

春香「絶対5分って短いですよ!」

P「まぁ、そう言うな」

やよい「春香さん!私ももやしのお菓子作り挑戦してみますねー!」

春香「うん!」

P「(春香にやよい)」

P「(今のところ元気な子は基本的にどんな組み合わせでも問題無さそうに見えるな)」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:40:33.36 ID:YWHUdAbc0

春香「伊織ってお嬢様だけど凄く親しみやすいよね」

伊織「例えば、どういった意味で?」

春香「ほら、食べ歩きとか好きじゃん!」

伊織「そりゃあね」

伊織「確かに傍から見ればお嬢様かもしれないけど」

伊織「だけど女の子には変わりないもの」

春香「あはは、そりゃそうだよね!」

春香「そんなに私達と大きく変わらないよね!」

伊織「まぁ、ね」




P「お嬢様だからといって特別に扱わない」

律子「友人を区別しないのも春香の良いところですね」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:44:24.45 ID:YWHUdAbc0

伊織「まぁ、でも」

伊織「春香もそこそこ可愛いと思うけど」

伊織「伊織ちゃんの可愛さには遠く及ばないわよねー」

春香「あーもー、すぐそういう憎まれ口叩くんだからー」

伊織「にしし♪」

伊織「だってトップアイドル目指してるんだもの」

伊織「自分が誰より一番って思うのは当然でしょ?」

春香「あはは!伊織らしいね♪」




律子「こういった憎まれ口を叩くのも」

P「信頼関係があってこそ…かな」

律子「向上心があるのは良いことです」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:47:44.48 ID:YWHUdAbc0

春香「けど、私だって一番になってやるんだから!」

伊織「あら、この伊織ちゃんと争う気?」

春香&伊織「……」

春香&伊織「ふふっ♪」

ビーッ!

春香「10分にしません?」

律子「何通りの組み合わせがあると思ってるのよ」

伊織「なかなか面白いじゃない、この企画」

伊織「次が楽しみだわ」

P「(伊織の強気な態度…)」

P「(これが他のアイドル達にはどう作用されるのか…)」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:52:20.13 ID:YWHUdAbc0

春香「私、あずささんが羨ましいなぁー」

あずさ「あら?どうして?」

春香「だって背も高くてスタイルも良くて…」

春香「女の子なら絶対憧れちゃいますよ!」

あずさ「そ、そうかしら?」

春香「そうですよー!」

春香「なんで私よりも10cm背が高いのに!」

春香「体重、2Kgしか違わないんですかー!?」




律子「ちなみに春香46Kg、あずささん48kgです」

P「確かにあずささんは規格外だな…」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:56:05.23 ID:YWHUdAbc0

春香「どうやったら、そんなスタイルを維持出来るんですか…」

あずさ「どうやってと言われても…」

あずさ「うーん…」

あずさ「…お散歩?」

春香「あっ!お散歩!」

春香「歩くのが良いってことですね!」

春香「そして迷子になって歩数を増やして脂肪を燃焼…」

あずさ「ウォーキングはやり過ぎると逆効果よ?」




P「そうなのか?」

律子「逆に脂肪が燃焼しにくくなるって聞きますね」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 08:58:59.67 ID:YWHUdAbc0

あずさ「でも、春香ちゃんと私じゃ年齢も違うし…」

あずさ「まだまだきっとこれからよー」

春香「うう…だと良いんですけど…」

ビーッ!

あずさ「あら?」

律子「お疲れ様です」

P「春香、お前も充分良いスタイルしてるよ」

春香「えっ…///」

P「(うーん…)」

P「(おっとり系のあずささんはまだ何とも言えないな…)」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:02:53.18 ID:YWHUdAbc0

亜美「ほいさっ!」

春香「次は亜美だね!」

亜美「はるるん、ぶっつづけっしょ?」

亜美「ここで亜美の登場ですよ!」

亜美「亜美のテンションにまだまだ付いてこれるかなぁ~?」

春香「そりゃ、もちろん!」

春香「私はなんてったって元気が取り得なわけだしね!」

亜美「おぉ!流石ははるるん!」



律子「ここから亜美と真美の二連戦突入ですか」

P「今から雪歩が心配なるな…」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:07:33.94 ID:YWHUdAbc0

春香「亜美って一時期モノマネに凄いハマってたよね」

亜美「一時期と言わず、今もチョーハマってんよ!」

春香「あっ、じゃあ!ねぇねぇ!」

春香「私のモノマネやってみてよ!」

亜美「はるるんのモノマネ…」

亜美「……」

亜美「…わっ!?」ズテッ!

春香「わっ!?」

春香「い、いきなり転んでどうしたの?」

亜美「……」

亜美「なんも無いとこでこける、はるるんのモノマネ♪」

春香「……」

春香「ちょ、ちょっとー!?」


律子「クオリティ高いですね…」

P「あぁ…転ぶ瞬間の体制まで完璧だ…」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:10:35.63 ID:YWHUdAbc0

春香「わ、私そんなにしょっちゅう転んでいるわけじゃ…!」

ビーッ!

亜美「ありゃ?おしまいかな?」

律子「はい、お疲れ様」

春香「ちょ、ちょっと待ってください!」

春香「まだ言いたいことが…!」

P「春香」

春香「ぷ、プロデューサーさん!私そんなにしょっちゅう…!」

P「転んでるな」

春香「はわっ!?」

P「(亜美…)」

P「(同じ竜宮小町の伊織やあずささんとの組み合わせが気になるところだな…)」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:13:09.43 ID:W6GafBQr0

伊織と雪歩...


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:14:38.89 ID:YWHUdAbc0

春香「亜美とくれば次は当然!」

真美「真美なわけだよ、はるるん!」

春香「ていうか、亜美の時も思ったんだけどさ」

真美「およ?」

春香「二人とも身長すっごい伸びたよね」

春香「今、何㎝だっけ?」

真美「えーとね…」

真美「亜美も真美も158㎝だよん!」

春香「私と一緒じゃん!」



P「確かに伸びたなー」

律子「そして真美は随分と大人びた印象になりましたね」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:15:09.10 ID:CClVREZm0

亜美真美は日常会話しかしないだろう


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:18:21.94 ID:YWHUdAbc0

真美「んっふふー♪」

真美「そりゃあ真美は成長期真っ盛りだもの!」

真美「きっと今のはるるんになった頃には…」

真美「あずさお姉ちゃんみたいにバインバインのセクチーなナイスバデーに…」

春香「でも、これで終わりかもしれないよ?」

真美「千早お姉ちゃんに謝れ!」

春香「えっ!?」

春香「……」

春香「…うん、ごめん」




P「良いんだよ、千早は腰のラインが綺麗だから」

律子「セクハラにも取れますがナイスフォローですね」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:22:15.14 ID:YWHUdAbc0

真美「ていうか、はるるんは真美と同じ身長なのに」

真美「真美より、ちょっち重たいよねー♪」

春香「そ、それは胸の大きさがあるからだよ!」

真美「あーっ!?さりげなく、おっぱい自慢したなー!?」

ビーッ!

真美「およ?」

律子「二人ともケンカしないの」

春香「だって真美がー…」

真美「はるるんがー…」

P「(まぁ、それでも)」

P「(今のはケンカするほど仲が良いって程度だろう)


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:25:05.05 ID:2joLqrka0

はるるんは紛うことなきヒロイン


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:27:24.21 ID:YWHUdAbc0

春香「まっこまこりーん♪」

真「春香は今日も元気だね!」

春香「真ちゃんも相変わらず生き生きしてるよ!」

真「へへっ♪そりゃ、ボクだもの!」

真「それが専売特許みたいなものだからね!」

春香「あはは!なんだかお話するよりも」

春香「スポーツがしたくなってくるなー」




P「真もフレッシュな奴だからな」

律子「会話も問題無く弾むでしょうね」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:31:09.85 ID:YWHUdAbc0

真「あっ、良いね!それ!」

真「何なら今からここでダンスでも始める?」

春香「ちょっと、それは気が早いってばー!」

春香「せっかくの一対一のお話の場なんだし」

春香「ここではお話を楽しもうよ!」

真「ちぇっ…残念…」

真「あっ、でもだったら!」

真「今度、一緒にスポーツしよう!って約束は出来るよね!」

春香「あっ、それなら大丈夫かな!」



P「俺もダンスでも始めようかな…」

律子「最近ちょっとお腹出てきますね、プロデューサー殿」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:33:17.36 ID:rA8mPIa90

律子とピヨ入れたら91パターン考えないといけないな
がんばれ


50: ナチュラルに呼称間違えた 2012/08/14(火) 09:36:22.47 ID:YWHUdAbc0

真「ていうかさ、春香?」

春香「ん?なに?」

真「さっき、ボクのことナチュラルに「ちゃん」付けしてたけど」

真「なんか意味はあるの?」

春香「あぁ、それはね…」

春香「まっこまこりーん♪のテンションで入っちゃったから、つい…」

真「つい…」

春香「ていうか、最近真、凄く女の子らしくなったよね?」

真「えっ?」

真「へ、へへっ…///」

真「そ、そうかな…///」

春香「真ちゃーん///」

真「はーい///」


P「真は普通に美少女キャラでいけると思うんですよね」

律子「私もです」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:39:52.26 ID:YWHUdAbc0

真「でも、そっかぁ///」

真「春香がそう言ってくれるならボクもようやく美少年キャラを脱出…」

ビーッ!

真「あれ?終わり?」

律子「はい、お疲れ様」

春香「これであと3人かな?」

P「真」

真「はい?」

P「……」

真「…?」

P「…真ちゃんは充分可愛いぞ」

真「……」

真「ふぁっ!?///」

P「(真は美少年キャラにどう触れるか…だな…)」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:42:30.66 ID:YWHUdAbc0

春香「……」

美希「……」

春香&美希「…ふぅ」

春香「こうして美希と一対一でお話するとなると…」

美希「こういう空気になっちゃうのは仕方ないの…」





P「…えっ?なにこの空気?」

律子「春香軸で初めての黄色信号ですね」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:45:21.73 ID:YWHUdAbc0

美希「実際、どうなの?」

美希「ハニーのこと?」

春香「あっ、やっぱりそれ聞いちゃう?」

春香「プロデューサーさんも見てるのに」

美希「問題無しなの」

美希「ミキはハニーのこと大好きだもん」

春香「……」

春香「そうだね…この際、ハッキリさせておこうか」

春香「私もプロデューサーさんのことが好きだよ」

美希「…!」


P「……」

P「えっ」

律子「なるほど…そういう…」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:46:31.36 ID:JOhCdIWD0

そんなの皆そうだろ


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:49:04.48 ID:YWHUdAbc0

美希「…そっか」

美希「でも、譲れないの」

美希「ハニーのことは絶対に!」

春香「…!」

春香「私だって譲れないっ!!」

春香「好きだって気持ちは美希にも負けてないよっ!!」

美希「…っ!!」

ビーッ!

美希「あふ?」

春香「あれ?もう5分…?」

律子「強制終了よ」

律子「とりあえず二人の関係には問題アリ」

律子「それは後々対処します」

律子「プロデューサー殿が」

P「…えーと」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:52:17.19 ID:YWHUdAbc0

春香「あ、あの…プロデューサーさん…」

P「春香…」

美希「…!」

美希「ハニー!」ギュッ!

春香「…!」

P「み、美希?」

律子「こら美希、あとが控えているんだから離れなさい」

美希「や!」

P「……」

P「春香…とりあえず次も頼む」

P「この話は後にまた…」

春香「…!」

春香「…はい」

律子「美希!わがまま言わない!」

美希「やー!」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:52:46.36 ID:qNGc4SMe0

Pは罪な男やでぇ


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:53:04.30 ID:Y0THBGGV0

ちょっとPでムカデ人間作ってくる


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:55:28.02 ID:YWHUdAbc0

響「……」

春香「……」

響「え、えーと…」

響「その…」

響「は、春香…?」

春香「…なに、響ちゃん?」

響「え、えーと…」

響「その…だな…」

響「(ううっ…なんで春香、こんなにテンション低いんだ…?)」

響「(も、もしかして自分のことがイヤ…なのか…)」グスッ…




律子「美希のせいで一気に場の雰囲気が…」

P「響…同じ元気系としてなんとか踏ん張って欲しいところなんだが…」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:57:06.29 ID:guWr/gmL0

響頑張れー


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:57:23.78 ID:eeintoFXO

えっ!?


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 09:59:34.71 ID:YWHUdAbc0

響「(い、いや…!で、でも…!)」

響「(自分が見てきた春香は人によって態度を変えるようなやつじゃなかった…!)」

響「(どんな時だって明るく接してくれるような…そんな…)」

響「(か、仮に自分のことが…キライでも…)」

響「……」

響「(…そうか!)」

響「(春香は知らず知らずのうちにストレスを溜めこんでいたんだな!)」

響「(それが爆発しちゃって…)」

響「(だとすれば自分に出来ることは…!)」




律子「何か思いついたようですね」

P「響…頼むぞ…」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:02:00.77 ID:Ld6PB3hCP

響いい子すぎて泣いた


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:03:26.55 ID:2Sxgqc7DO

ダンスレッスン終わりの響ちゃんに近づいてすんすん嗅ぎ回したい


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:03:53.82 ID:YWHUdAbc0

響「は、春香!」

春香「…なぁに?」

響「じ、自分はお散歩が趣味なんだ!」

響「だ、だから今度一緒にお散歩しないか!?」

響「天気の良い日にお散歩したら、きっと気も晴れると思うさー!」

春香「……」

春香「…!」

春香「(そ、そっか…私、響ちゃんとのお話の時間なのに…)」

春香「(それなのにさっきのテンションを引きずって…)」

春香「(響ちゃん…私に気を遣ってくれて…)」

響「(これしかないっ!)」

響「(で、でも…断られたら…)」



律子「うちの事務所は良い子ばかりですね」

P「あぁ、本当にな」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:07:55.23 ID:+I6EJRhui

響いい子


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:08:38.23 ID:YWHUdAbc0

響「……」ドキドキ…

春香「……」

春香「…ありがとう、響ちゃん」

響「えっ?」

春香「今度のお休み、天気が良かったらピクニックでもしたいね!」ニコッ

響「あっ…」

響「う、うんっ!!」

ビーッ!

響「うが?」

律子「お疲れ様、良いもの見れたわ」

P「響」

響「プロデューサー…?」

P「お前は完璧だよっ!」ナデナデ

響「う、うがぁっ!?///」

P「(ペットだけじゃなく人間の心も察する…響は本当に完璧だ)」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:13:24.38 ID:YWHUdAbc0

春香「私、四条さんと一対一でお話するの楽しみだったんですよ!」

貴音「はて?それは何故?」

春香「いやー!私達って普段中々プライベート的な感じでお話することないじゃないですか!」

春香「私としては四条さんともっと仲良くなりたいなーって!」

貴音「春香…」

貴音「ふふっ…」

貴音「嬉しいです♪」

貴音「私も貴女と今まで以上に親睦を深めたい…」

春香「やったー!」



律子「いつもの春香に戻りましたね」

P「そして最後は貴音か…」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:14:20.67 ID:YWHUdAbc0

ていうか、春香→貴音って「四条さん」で良いんだっけ?


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:15:37.49 ID:9JI+JHMB0

四条さんは雪歩じゃね?


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:15:48.17 ID:grPZaYOB0

呼んでる描写があったかどうか・・・
あったっけ?


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:16:27.11 ID:scao2GmT0

貴音さんでいいと思う
四条さんと呼んでるのは雪歩と千早ぐらい


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:16:32.94 ID:rA8mPIa90

呼称表には四条さんor貴音さん


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:17:47.46 ID:YWHUdAbc0

thx
>>74にorって書かれてるんで四条さんのままいくわ


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:23:58.40 ID:YWHUdAbc0

春香「私と四条さんってあまり共通点も見当たらない感じだし…」

春香「お話してたら何か楽しい発見が出来るかも!」

貴音「それは私も同じ考えです」

貴音「普段、他の皆がどのようなことを考え、どのように過ごしているのかとても興味深いもの…」

春香「四条さんはお休みの時は何をして過ごしてるですか?」

貴音「春香」

春香「は、はい。なんでしょう?」

貴音「せっかく親睦を深めようという場を設けていただいたのです」

貴音「ですから、その…」

春香「…?」

貴音「良ければ…私の…その…名を…」モジモジ…




律子「わぁ、照れてる」

P「コイツ、ミステリアスなくせにコミカルもキュートもあるんだよな」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:26:58.06 ID:YWHUdAbc0

春香「…!」

春香「そうですよね!私ったら!」

春香「…貴音さん!」

貴音「…!」

貴音「はい、春香…♪」

ビーッ!

貴音「なんと!?」

律子「お疲れ様」

P「そして、春香。お疲れ様」

春香「あーもう終わりかぁ…」

春香「まだまだ話足りないなぁ…」

P「(…美希とは少し確執があるようだが)」

P「(基本的にはパーフェクトコミュニケーション!)」

P「(まさにトップアイドルだ!)」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:29:35.94 ID:YWHUdAbc0

千早「えっと、その…よろしく…」

雪歩「あっ!は、はい!」

雪歩「こ、こちらこそ…」ペコッ…

千早「……」

雪歩「……」





律子「ベースは千早に変わりましたね」

P「しかし、いきなりこの組み合わせは…」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:31:32.57 ID:Lpmw1Ytg0

胃が痛くなりそうだな


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:33:53.70 ID:YWHUdAbc0

千早「(萩原さん…)」

千早「(思えばプライベートな会話ってほとんど…)」

雪歩「(ち、千早さん…)」

雪歩「(大人びてて…その…)」

千早&雪歩「(何から話せば良いのか…)」

千早&雪歩「あ、あのっ!」

千早&雪歩「……」




律子「多分、お互いがお互いを嫌っているわけではないんでしょうけど…」

P「気まずいな…」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:34:27.24 ID:2EDiwL6Y0

雪歩は女の子となら結構普通に話すイメージだな


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:39:43.67 ID:YWHUdAbc0

千早「(…やっぱり私にはこの検証企画は…)」

千早「……」

千早「(…いや、それじゃあいけない!)」

千早「(そんなの言い訳でしか無い!)」

千早「(…精神面でも強くなり親睦だって深められる)」

千早「(これは私がアイドルとして成長出来る一つのチャンス!)」

千早「は、萩原さん!」

雪歩「は、はい!」ビクッ…

千早「えーと…」

千早「萩原さんは詩を書くことが好きなのよね?」

雪歩「えっ?」

雪歩「は、はい」




律子「72かふっきれたようですね」

P「律子、変換気をつけろ」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:42:24.08 ID:040QaQJF0

72言ってんだ


96: >>91 すまん助かる 2012/08/14(火) 10:44:48.29 ID:YWHUdAbc0

雪歩「その…」

雪歩「ホント、趣味って程度のものしかだけど…」

千早「いえ、趣味でも凄く素敵な趣味だと思うわ」

雪歩「そ、そうかなぁ?」

千早「せっかく同じ事務所に所属してるアイドルなんですもの」

千早「いつか作詞が萩原さんで歌うのが私…」

千早「なんて企画が出来たら面白いかもしれないわね」ニコッ

雪歩「あっ…」

雪歩「あははっ」

雪歩「私、千早ちゃんに歌ってもらえるような作詞なんて無理だよー」





律子「おおっ」

P「千早…成長したな…」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:48:34.44 ID:YWHUdAbc0

千早「でも、今度良かったら見せてもらいたいわ」

雪歩「ええっ!?そ、それは恥ずかしいよー!」

ビーッ!

雪歩「あっ、時間…」

律子「お疲れ様」

P「千早」

千早「は、はい…」

P「いけそうか?」

千早「…!」

千早「はいっ!」

P「(女の子同士)」

P「(お互い物静かでも、ふとしたきっかけで会話は弾むものなんだな)」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:49:47.38 ID:YWHUdAbc0

なんか残りの人数考えたら書くの諦めたくなってきた
誰か呼称を間違えないSS代行を呼んでくれ


406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:33:24.55 ID:4a1vPdOYO

>>99
要約すると

呼称くらいでガタガタ抜かすなssもまともに書けない雑魚共が
貴様らは俺の気分を損なわずちやほやしとけばいいんだよクズ

ってことか 陰険やね


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:50:50.36 ID:NEPpNX0W0

お前以外に誰がやるっていうんだ!


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:51:03.62 ID:Lpmw1Ytg0

いや!お前ならやれる!


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:52:19.06 ID:2EDiwL6Y0

なぜベストを尽くさないのか


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:52:35.28 ID:Na01cl8E0

お前が書いたのが見たくて来てるんだよ


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:55:00.00 ID:+I6EJRhui

お前なら出来る!


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 10:56:33.70 ID:Box3oUA60

13c2で78通りか


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:01:22.61 ID:YWHUdAbc0

やよい「千早さーん!」

千早「高槻さん…!」

千早「(なんというご褒美タイム…)」

やよい「えへへ♪なんだか面白いですよねーこういうのっ!」

千早「そ、そうね」

千早「(会話をしなくても気まずくならないうえに…)」

千早「(高槻さんの方から話題を元気よく振ってくれる…)」

千早「(そして可愛い…)」

千早「(ワガママかもしれないけど彼女との時間だけは、ちょっと伸ばして欲しい…)」



律子「もう、やよいベースの検証は無しでも良い気しません?」

P「確かに」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:02:50.06 ID:E04xJiI+O

俺「いやそれは違う」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:06:37.50 ID:YWHUdAbc0

やよい「こうして、皆さんと自由にお話が出来るってー」

やよい「なんだか修学旅行みたいで楽しいですっ!」

千早「ふふっ」

千早「でも高槻さんは大家族で常に修学旅行って感じじゃない?」

やよい「あー!それはあるかもー!」

やよい「でもでもー!楽しいですけど大変なんですよー!」

やよい「旅行来たのに、いーっぱい頑張らないとですし!」

千早「でも、そんな家族との時間が楽しいのよね?」

やよい「はいっ!もちろんですっ!」




律子「あえて家族の話題…」

P「千早…もう精神面も完成されてるな…」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:09:35.34 ID:YWHUdAbc0

やよい「今度、千早さんお泊りに来てくださいね!」

やよい「そしたらホントの修学旅行かなーって!」

千早「ふふっ。是非お邪魔させていただくわ」

ビーッ!

千早「ちょっと待って!?」

律子「待ちません」

やよい「次は誰とお話するんですか?」

P「やよいは雪歩とだな」

やよい「はーい!」

P「(いや、やよいの可愛さを楽しむ為にもやよいベースも検証すべきだな…)」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:13:46.16 ID:YWHUdAbc0

伊織「こういうのって失礼かもしれないんだけどさ」

千早「何かしら?」

千早「別に遠慮なんていらないわよ?あなたらしくも無い」

伊織「いや、こうして間近で見るとさ」

伊織「千早ってホントに身体の線がほっそいわよねー…」

千早「……」

千早「…くっ」




律子「確かに触れたら壊れてしまいそうなほどに」

P「千早を抱きしめる時は勇気が必要だな」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:14:45.22 ID:2EDiwL6Y0

だがそれがいい


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:19:39.64 ID:YWHUdAbc0

伊織「いや、悪い意味で言ったんじゃないわよ?」

伊織「なんていうか、この伊織ちゃんでさえ思わず見とれてしまうような…」

伊織「硝子細工っていうの?」

伊織「そんな感じねーって…」

千早「けど、それって単に貧相な身体付きってことだと…」

伊織「……」

伊織「はぁ…」

伊織「アンタねぇ、もうちょい自分に自信を持ちなさいよ?」

千早「えっ?」





P「何やら伊織の説教が始まりそうだ」

律子「竜宮小町のリーダーだけあって考えていることは立派ですよ」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:25:25.19 ID:YWHUdAbc0

伊織「そりゃ、コンプレックスもあるかもしれないけどさ」

伊織「私みたいに素直に見惚れちゃうヤツだっているわけ」

伊織「アンタは765プロが誇る自慢の歌姫」

伊織「もっと堂々としてなさいな」

千早「あっ…」

ビーッ!

伊織「あら。時間ね」

律子「流石ね、伊織」

伊織「別に。思った通りのことを言ったまでよ」

千早「あ、あのっ!」

伊織「ん?」

千早「ありがとう…」

伊織「……」

伊織「…♪」ヒラヒラ…

P「(ストレートに物を言うことが出来るのも信頼関係の上では…大切か…)」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:26:12.36 ID:oIPAdFQh0

そうだよ72もきにすることはないさ


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:29:27.63 ID:YWHUdAbc0

千早「(コンプレックスも周りから見れば、また違う…)」

千早「(そうね…私は私自身だけで成り立っているわけじゃない…)」

千早「(それに気づくことが出来た…)」

千早「(出来たのだけれど…)」

あずさ「うふふっ」タプーン

千早「……」ペターン

千早「…くっ」




律子「そして最終試験って感じですね」

P「いや、まさかこの流れであずささんとはね…」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:32:28.74 ID:YWHUdAbc0

千早「あの…あずささん?」ペターン

あずさ「なぁに、千早ちゃん?」タプーン

千早「普段…何をお食べになってるんですか?」

あずさ「えっ?」

あずさ「普段食べているもの?」

あずさ「そうねー…?」

あずさ「わりと普通の食生活をしてるかなーって思っているけど…」

千早「そうですか…」




千早「牛乳で胸は大きくならないんですよ」

P「身長もだよな」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:37:53.37 ID:YWHUdAbc0

>>133
thx

>>132
修正

千早「あの…あずささん?」ペターン

あずさ「なぁに、千早ちゃん?」タプーン

千早「普段…何をお食べになってるんですか?」

あずさ「えっ?」

あずさ「普段食べているもの?」

あずさ「そうねー…?」

あずさ「わりと普通の食生活をしてるかなーって思っているけど…」

千早「そうですか…」



律子「牛乳で胸は大きくならないんですよ」

P「身長もだよな」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:34:13.92 ID:grPZaYOB0

千早→律子かな最後の部分


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:36:09.06 ID:YWHUdAbc0

千早「そうですか…」

あずさ「あーでも、強いて言うならー…」

千早「…!」

あずさ「私、カフェとかでお茶をするの好きなのー♪」

あずさ「色んなカフェに行って…」

あずさ「色んなお茶やケーキを楽しんで…」

千早「あずささん!」

あずさ「は、はいっ?」

千早「私も今度、一緒にカフェ巡りに付きあっても良いですか!?」

あずさ「え、ええ…」

あずさ「全然大丈夫だけど…」

千早「ありがとうございます」




P「千早…」

律子「でも、女の子ってそういうものですよ」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:41:30.64 ID:YWHUdAbc0

あずさ「とりあえず、そんなに気合いなんていれないで…」

あずさ「お散歩でもしながら、ゆったりと楽しみましょ?」

ビーッ!

千早「気張らないことも大切…か…」

律子「まぁ、間違ってはないんだけど違うわね」

P「あずささん、控室まで案内しますね」

あずさ「すいませんー」

P「(今のところは大丈夫だけど)」

P「(あずささんはアイドルでも年長だし不安要素はまだ残るかなぁ)」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:44:23.29 ID:DWrwSY78O

各人1人か2人くらい落とし穴あると盛り上がるな
やよいに不安要素が見当たらんが


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:45:22.38 ID:YWHUdAbc0

亜美「さーて、ここで亜美真美タイムのお時間ですよ!」

千早「まずは亜美からね」

亜美「あり?千早お姉ちゃんも、そんなに疲れてないっぽいね?

亜美「連戦のはずなのにー」

千早「気張らないでリラックスすることが大切だもの」

亜美「んんー?」



律子「亜美真美タイム」

P「人によっては気疲れしてるところに追いうちですね」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:45:37.75 ID:2EDiwL6Y0

やよいにも穴はあるんだよな…


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:46:55.35 ID:FUkyQpsh0

>>139
お前の穴という穴にもやしをつめてやる


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:49:24.35 ID:wT4MzfN3O

>>139「らめぇ…!そんなにもやし入らないよぅ///」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:49:09.63 ID:YWHUdAbc0

千早「そういう亜美こそ今、元気いっぱいだと後で疲れてしまうわよ?」

亜美「あー!そりはだいじょうぶさね!」

亜美「ちゃんと亜美は自分の限界ってもんを自分でわかってるからね!」

亜美「ペース配分は今んとこ完璧!」

千早「ふふっ。自己管理がしっかり出来るのは偉いわね」




P「実際どうなの?」

律子「亜美に「配分」なんて言葉はありません」


143: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 2012/08/14(火) 11:52:16.91 ID:bFoWLPTs0

全パターンやるのか?


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 11:53:17.01 ID:YWHUdAbc0

亜美「まっねー♪」

亜美「亜美もそろそろ大人になってきたしー」

亜美「自己管理ぐらいは出来て当たり前っていうかー♪」

ビーッ!

亜美「ありゃ?もうおしまいなの?」

律子「時間配分も出来てないじゃないの」

P「(亜美はもうこのテンション一直線だな…)」

P「(千早は大丈夫だったが、やはり雪歩が気になるところか…)」


145: >>143 そろそろ諦めたい 2012/08/14(火) 11:55:52.24 ID:YWHUdAbc0

千早「ねぇ、真美?」

真美「なぁに、千早お姉ちゃん?」

千早「……」

真美「…?」

千早「どうして私は」

千早「「お姉ちゃん」呼びなのかしら?」

真美「ほえ?」




P「まぁ、真美から見たら「お姉ちゃん」だし?」

律子「でも私「りっちゃん」ですよ」


149: >>143 そろそろ諦めたい 2012/08/14(火) 12:00:38.87 ID:YWHUdAbc0

千早「あずささんの「お姉ちゃん」はなんとなくわかるけど…」

千早「それ以外のみんなにはあだ名で呼んでいるじゃない?」

千早「どうして私も「お姉ちゃん」なのかなーって…」

真美「んむむー…」

真美「それを改めて聞かれると中々に難しいなー…」

千早「ご、ごめんなさい…つい気になっちゃって…」

真美「えっ!?いやいや、そんな謝んないでよっ!」

真美「そう深い意味があるってわけでもないし!」





律子「ピヨちゃん呼びは…」

P「律子、皆まで言うな」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:04:40.46 ID:YWHUdAbc0

真美「うーん…そうだなぁ…」

真美「真美と亜美の中では「お姉ちゃん」呼びも親しみを込めて呼んでいるわけだし…」

真美「……」

真美「あーもうっ!!」

千早「…!?」

真美「とにかく千早お姉ちゃんは千早お姉ちゃん!」

真美「みんなと違っても大好きなのは変わりないからっ!!」

千早「真美…」

ビーッ!

真美「うん…そういうことかな♪」

律子「律子「お姉ちゃん」は?」

真美「りっちゃんはりっちゃん!」

P「…ちーちゃん」

千早「やめてください」

P「あんまりだ」


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:10:03.29 ID:YWHUdAbc0

千早「ねぇ、真?」

真「ん?なに?」

千早「私、身体を鍛えたいんだけど…」

真「えっ?」

千早「何かオススメのトレーニングやスポーツとかあるかしら?」

真「んー…千早にスポーツかー…」

真「バレエなんて似合いそうだけど…」





律子「確かに千早にスポーツのイメージは無いですね」

P「なんか怪我ひとつで致命傷になりかねないっぽいよな」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:13:33.52 ID:YWHUdAbc0

千早「やっぱりダンス方面かしら…」

真「そもそも唐突にどうしたのさ?」

真「身体を鍛えたいだなんて?」

千早「あぁ、その…」

千早「やっぱり今よりも歌唱力を上げる為には」

千早「声を出す為の筋力も必要かなと…」

真「あぁ、そういうことね」




律子「線の太い千早はどうですか?」

P「着痩せなら、まだ…うん…」


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:15:02.57 ID:nhtlgSSj0

千早って腹筋マニアなんじゃなかったっけ?


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:19:50.32 ID:YWHUdAbc0

真「いきなりハードな運動は身体を壊しかねないよ」

真「千早の場合だったら鍛えたいのは腹筋だよね?」

真「だったら軽いスクワットから始めてみたらどうかな?」

千早「スクワット?」

真「うん。スクワットって結構腹筋にクるんだよ!」

千早「知らなかった…」

真「そのうちエアロビ感覚で一緒に楽しんで身体動かそうよ!」

千早「ええ、是非お願いしたいわ」

ビーッ!

真「あれ?終わりかな?」

律子「お疲れ様」

P「なんていうか自然に会話をする仲間だったな」

P「(真も問題無さそうなんだよなぁ)」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:20:05.83 ID:MR/uQlcmO

ちーちゃんは地道にジョギングかウォーキングを
毎朝やってそうな印象があるなあ。


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:23:25.08 ID:YWHUdAbc0

美希「あふぅ…」

千早「美希、今から眠かったらこの先まだまだ辛いわよ?」

美希「どうせやるならミキの番を一気にやって欲しいの…」

千早「こればかりは仕方ないわ」

美希「千早さんとお喋り終わったら、もう眠っちゃうの…」





律子「さて問題児ですかね」

P「問題児ですね」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:28:08.43 ID:YWHUdAbc0

千早「でも、美希はお喋り好きじゃない?」

美希「んー…確かに好きだけど」

美希「途切れ途切れになっちゃうのって、なんかイヤかな」

千早「なるほどね」

千早「話すなら思う存分に話したいと」

美希「そうそう!」

美希「正直、一対一で5分なんてまどろっこしいの!」

美希「全員で時間無制限の方がミキ的にはベストかな!」

千早「ふふっ。それじゃあ検証の意味が無いじゃない」




律子「時間無制限でアイドル達だけで対話…」

P「それはそれでだが今回は仲良し度のチェックだからな」


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:29:56.00 ID:BMieXSqP0

無制限で全員そろえちゃうと番組1本できちゃいそう


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:31:07.70 ID:YWHUdAbc0

美希「んー」

美希「まぁ、とりあえず!」

美希「千早さん!また今度ゆっくりお喋りしよ!」

千早「ふふっ。そうね」

ビーッ!

美希「あふぅ…」

律子「美希、先はまだ長いわよ」

P「(まぁ、春香と件はあったが美希自身はコミュニケーション能力は高い方なんだよな…)」

P「(後はテンションと性格か…)」


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:31:39.84 ID:YWHUdAbc0

昼飯だ

乗っ取り歓迎


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:37:11.64 ID:3qZ3qhTcO

千早って毎朝腹筋してたよーな。ぷちますでもちひゃーと一緒にやってたし


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:38:54.86 ID:/zWocWYs0

昼飯代行はよ


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:41:22.76 ID:3WLlHmkU0

貴音はまだか


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:49:03.36 ID:grPZaYOB0

★食事代行始めました★
食事したいけどその時間が無い、食事をしたいけど食べるものが無い、そんなときに!
フードファイトで鍛えたスタッフたちが一生懸命あなたの代わりに食事をしてくれます!
モチロン食事を用意する必要もありません!スタッフがあなたの家の近くのラーメンを無差別に食い荒らします!
1時間\1200~ 24時間営業 年中無休!
                /ヽ
                /  s i
          /    .|/\――ァ      _ / ̄/ ̄:::''‐、.       ら
.    r―――くS    /   |―― ァ     ./::/ /::::::::::::::::::::::\.   お.  あ
     \__r――― '――― ァ_ノ    /::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ.   か  め
.    r、{ ̄∽  \∽   ∽∽ ノ―ァ ア    ./_/__i i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ  わ.  ん
  r、! \   r――――― '‐―ァ/}.     ../ | .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  り
 !\ S. ` 、r‐` ――――――‐ァ―ァ      /┃ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  r――――.\______ ,ノ―ァ     (   (7::::::::i:::::::::::::::::::::::::/
.  \∽   { ̄∽   ∽∽  ,フ /       .\ /::::::::::/:::::::::::::::::::::::(
.   \: : : : :\: : : : : : : : : : : :/: :/        /:::::::::::く::::::::::::___\_______
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::\:::::::::::/ __  _  /
                        ,r'―――.//_,,..-‐"::::::/ /  / /// /
                        ,`‐η‐-' く::::::\:::::::::::/ /ヽ / /~/ /
―――――――――――――――ヽ‐<...,,__/)λ" ):/ / / / / / /――――
                                 ヽ ) (/ / "/ / / /

   食事代行では現在スタッフを募集していません


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:54:16.93 ID:YWHUdAbc0

響「はいさーい!千早!」

千早「次は我那覇さんね」

響「……」

千早「…?」

千早「我那覇さん?」

響「そ、その…」

響「良かったら…」

響「じ、自分も下の名前で…呼んで欲しい…」モジモジ…




律子「これは四条マジック!」

P「響、可愛いな、おい」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 12:57:22.29 ID:YWHUdAbc0

千早「……」

響「あっ!そ、そのだな!」

響「こ、こうして一対一でお喋りするのって…」

響「なんか仲良しになれる為のきっかけ!かなって!」

響「それでその…自分は千早を「千早」って呼んでて…」

響「その…」

千早「…響さん」ニコッ

響「あっ…」

響「う、うんっ!」




律子「友達になる為には」

P「名前を呼べば良いんだよ」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:00:40.08 ID:YWHUdAbc0

響「千早っ!」

千早「響さん」

響「千早っ!!」

千早「なぁに、響さん?」

響「~っ!!!」

ビーッ!

響「あぁっ!?」

律子「はい、なのはごっこおしまい」

P「お前、本当に完璧だな」ナデナデ

響「うがっ!?///」

P「(響は人との繋がりを大切に出来る完璧なアイドルだ)」


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:01:53.52 ID:F8e9FfEhO

あぁもう!可愛いなあ!


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:04:16.13 ID:YWHUdAbc0

千早「……」

貴音「……」

貴音「なんと申し上げましょうか…」

千早「…?」

貴音「千早はとても、くーるびゅーてぃでございますね」

千早「えっ…」




P「お前が言うなと」

律子「彼女はみすてりあすも追加しないと」


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:08:28.12 ID:YWHUdAbc0

千早「いや、四条さんこそ…」

千早「まさにクールビューティーな…」

千早「お姫様って印象ですよ」

貴音「あら、お上手ですね」

貴音「不思議なもので…」

貴音「あなたに言われるとなんだか頬が熱くなってしまいます…///」テレテレ…

千早「……」

千早「(四条さんって実は綺麗系でもあり可愛い系よね…)」





P「貴音のスペックの高さは異常」

律子「本当にみすてりあすなお姫様です」


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:09:24.15 ID:Lpmw1Ytg0

貴音を褒め殺してみよう(提案)


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:12:01.90 ID:7EzCDq4E0

>>190
これでスレ立てたらご30日食べなくても平気なレベル


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:11:36.04 ID:YWHUdAbc0

貴音「ふふっ♪」

貴音「貴女とはこれからも良き仲でありたいものです」

千早「ええ」

千早「私もです」

ビーッ!

律子「はい、千早お疲れ様」

P「どうだった?」

千早「そうですね…」

千早「この企画…参加出来て良かったと」

千早「心から思っています」

P「(うん。千早はこれから先のことを考えても100点だな)」


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:15:47.77 ID:YWHUdAbc0

雪歩「やよいちゃんはいつも元気だねっ」

やよい「はいっ!」

やよい「いつも元気で笑顔でいると!」

やよい「幸せがやってくる感じがするんです!」

やよい「そして現在、私はとーっても幸せですっ♪」

雪歩「ふふっ」

雪歩「(最初がやよいちゃんで良かった…)」

雪歩「(私も今から元気よく頑張っていけそう…!)」





律子「さて、雪歩ですね」

P「やよいというボーナスタイムから入れるのは大きいな」


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:18:40.00 ID:Lpmw1Ytg0

天使が2人いる!


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:18:51.85 ID:YWHUdAbc0

雪歩「ねぇ、やよいちゃん?」

やよい「なんですかー?」

雪歩「私と一緒にしてくれないかな?」

やよい「?」

雪歩「いつものアレ…」スッ…

やよい「!」

やよい「はいっ!もちろんですっ!」スッ…

雪歩「はい!」

やよい「たーっち!」

雪歩&やよい「いぇい♪」パァン!





P「俺もやよいとはいたっちしてくる」

律子「やよいベースまで待っててください」


199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:21:33.74 ID:YWHUdAbc0

雪歩「ふふっ♪」

やよい「えへへ♪」

ビーッ!

律子「はい、お疲れ様」

雪歩「ありがとう、やよいちゃんっ」

やよい「こちらこそ、ありがとうございましたっ!」

P「やよいは次からがベースになるな」

P「(そして終わったらはいたっちしよう)」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:24:53.78 ID:YWHUdAbc0

伊織「私、時々思うのよね」

雪歩「んっ?何が?」

伊織「雪歩の淹れるお茶って凄く美味しいじゃない?」

雪歩「そ、そうかな?」

伊織「ねぇ、雪歩。ウチでメイドでもやらない?」

雪歩「ふぇっ!?」




P「メイド雪歩だと…?」

律子「想像してみましたけど似合いますね」


205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:29:37.46 ID:YWHUdAbc0

雪歩「そ、そんなっ…わわわたしがメイドだなんて…!」

伊織「……」

伊織「…冗談よ」

伊織「ていうか、動揺し過ぎじゃない?」

雪歩「ふぇっ?」

雪歩「あっ…じょ、冗談かぁ…」

伊織「まぁでも、ホントにメイドに欲しいくらいよ」

伊織「ホントに時々思っているもの」

雪歩「そんな…私なんて…」





P「考えてみたらメイド服が似合わないアイドルがいない」

律子「それ多分真理ですね」


208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:33:49.56 ID:YWHUdAbc0

伊織「いやーアンタは中々板に付いてると思うわよ?」

伊織「ご主人様…♪」

伊織「って言っても違和感無いもん」

雪歩「……」

伊織「…雪歩?」

雪歩「い、伊織お嬢様…」

伊織「……」

伊織「…やるわね」

ビーッ!

伊織「ちょっとホントにウチで雇って良い?」

律子「引き抜きはお断りです」

P「(今日の伊織はデコ以外も輝いてるな…)」


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:35:32.33 ID:7J37C7jk0

メイド雪歩いいな


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:36:58.21 ID:WtJr2zzv0

木星によるNTRはまだかね?


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:38:02.73 ID:9JI+JHMB0

>>211
おい…今そっちに北斗さんが…


215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:42:29.37 ID:N8Y9BwvM0

>>211
Pを奪う北斗だと……?


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:38:03.11 ID:YWHUdAbc0

雪歩「あずささんはお散歩は好きなんですよね?」

あずさ「ええ、そうねー」

あずさ「特にワンちゃんとのお散歩の時間は至福の時かしらー♪」

雪歩「い、犬さん…ですか…」

あずさ「あら?」





律子「雪歩って犬がダメなんでしたっけ?」

P「チワワに泣いて逃げ出すほどだ」


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:41:04.95 ID:YWHUdAbc0

あずさ「雪歩ちゃんはワンちゃん、苦手?」

雪歩「うう…はいー…」

雪歩「すいません…私ったら…」ショボン

あずさ「あらあら…」

あずさ「そんな雪歩ちゃんが謝ることじゃないのよ?」





P「あー…やっちゃったか…」

律子「雪歩は一度思いつめちゃったら、ですからね」


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:44:57.96 ID:YWHUdAbc0

雪歩「ごめんなさい…私からお話を振っておいて…」グスッ…

あずさ「ううん、大丈夫よ?」

あずさ「誰にだって苦手なものはあるもの」

あずさ「むしろ私の方こそごめんなさいね」

ビーッ!

あずさ「あら…」

律子「うーん、これは致し方ないのかな?」

P「これは完全に雪歩の精神面の問題だからな」

雪歩「ぐすっ…」

P「ちょっと休憩しような?」ナデナデ

P「(まぁ、仲が悪いわけじゃないし何も言うまい)」


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:47:50.44 ID:YWHUdAbc0

雪歩「それで私ったらね…」

亜美「あー泣き虫ゆきぴょんになっちゃったわけだ…」

雪歩「ホント、いつまで経っても私ったらダメダメで…」

雪歩「もう、こうなったら…!」

亜美「いや、穴を掘り終わる前に5分経っちゃうし!」




律子「スーパー亜美真美タイム」

P「しかしベストなタイミングかもしれないな」


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:50:48.32 ID:YWHUdAbc0

亜美「まぁまぁ、良いじゃん良いじゃん!」

亜美「別にあずさお姉ちゃんも怒ってたわけじゃないっしょ?」

雪歩「う、うん…」

雪歩「でも…迷惑かけちゃって…」

亜美「んー…」

亜美「心配や迷惑も一切無い友達とか仲間とか」

亜美「そういうの、あんのかな?」

雪歩「えっ?」




律子「亜美…?」

P「まさかのシリアスタイムだと…?」


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:56:06.48 ID:YWHUdAbc0

亜美「良いじゃんよ!ちょっとぐらいの心配や迷惑なんてさ!」

亜美「そういうとこもフォローしてあげてこその友達や仲間じゃん!」

亜美「そういうのが一切無いのって…なんか寂しい感じしない?」

亜美「つーか亜美なんて、しょっちゅうりっちゃんに迷惑かけてるし!」

雪歩「亜美ちゃん…」

ビーッ!

律子「ホント、アンタには迷惑も心配もかけられてばっか…」

亜美「あっ、やっぱ?」

律子「でも」

律子「私の友人であり仲間です。最後まで面倒見てあげるわよ」

亜美「…!」

亜美「…へへっ♪」

雪歩「(ありがとう…亜美ちゃん…)」

P「(まさか亜美に教わることもあったとはな…)」


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 13:59:34.79 ID:YWHUdAbc0

真美「えー!?なにそれ!?」

真美「亜美、オイシイとこどりじゃーん!」

真美「くっそー!真美が先だったら!」

真美「同じ台詞を亜美よりも先にゆきぴょんに言ってあげれたのにー!」

雪歩「あはは…」






律子「そして真美が先だったら」

P「今の真美の台詞を亜美が言うと」


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:02:36.88 ID:+oNZ5kKb0

雪歩がんばれがんばれ雪歩
http://beebee2see.appspot.com/i/azuY-cb2Bgw.jpg


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:04:00.07 ID:YWHUdAbc0

真美「まぁ、いいやー」

真美「ゆきぴょんが元気なら、それでなによりだー」

雪歩「うん、ありがとうね。真美ちゃん」

真美「まぁ、真美は何もしてないんだけどさ」

雪歩「ううん」

雪歩「真美ちゃんと、こうしてお話しているだけで」

雪歩「私、凄く元気になれるよっ」

真美「ふぇっ?」

真美「そ、そう…?///」テレテレ…






P「まぁ、実際そうだな」

律子「あとは時と場合をわきまえてくれれば「やかましい」が消えるんですけどね」


226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:07:15.13 ID:YWHUdAbc0

真美「ま、まぁねー!」

真美「真美はみーんなに元気を配りにアイドルになったようなもんだしねー!」

雪歩「ふふっ」

ビーッ!

律子「スーパー亜美真美タイム終了」

真美「えっ、なにそれかっこいい!」

P「……」

P「(ここまでやってて思ったが…)」

P「(これはもう単純にアイドルが楽しく対話するだけの企画になっている気がする…)」

P「(検証なんて無かった…)」

P「……」

P「(あぁ、春香と美希があったか…)」


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:11:24.05 ID:YWHUdAbc0

真「雪歩、お疲れ様!」

雪歩「あっ、真ちゃんっ♪」

真「へへっ、なんだか変な感じだね!」

真「こうして二人でお喋りなんてよくあることなのに♪」

雪歩「ねー♪」







律子「もう時間切れで良いと思うんですよね」

P「まぁ、せっかくだ。親友同士の会話も楽しもう」


228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:13:21.26 ID:dzkyUz5b0

ゆきまこ......っ!


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:14:29.56 ID:grPZaYOB0

圧倒的ゆきまこ・・・!


230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:15:06.33 ID:Na01cl8E0

ゆきまこきたか


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:15:11.77 ID:+oNZ5kKb0

  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < やるじゃん
|   ト‐=‐ァ'   .::::|    \_____
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\


232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:15:42.12 ID:YWHUdAbc0

真「しかし、いざ企画の中でお喋りしろって言われたら…」

雪歩「何を話したら良いか、わからなくなっちゃうねー」

真「ホント、ホント」

真「しかも何か話題を出したとしても」

真「絶対5分じゃ収まらないよね!」

雪歩「あっ!じゃあ!」

雪歩「いっそ、何もしないでぼーっとしてみるのは?」

真「あっ!それナイスアイディアだよ!」






律子「親しき仲は沈黙さえも心地よい」

P「まぁ、二人の友情は本物だってことだな」


234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:16:32.19 ID:7yvTHwoj0

これは一定間隔で親友ペアがくる素晴らしい構成


235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:18:34.02 ID:YWHUdAbc0

雪歩「……」ポケー

真「……」ポケー

雪歩&真「……」ポケー

ビーッ!

雪歩&真「ええっ!?もう5分!?」

律子「あんたら仲良過ぎるわよ」

雪歩&真「えへへ…///」

P「……」

P「(まぁ、なんだ)」

P「(良いな、親友って)」


237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:19:20.42 ID:dQiZRTdf0

この手のssでPと律子が進行役は珍しい気がする
大抵Pと小鳥のぺアなような


243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:21:55.38 ID:YWHUdAbc0

美希「あふぅ…」

雪歩「おはよう、美希ちゃん」

美希「おはようなの…」

美希「なんていうか…」

美希「毎度毎度、律子に起こされると思うと辛いの…」

雪歩「美希ちゃんにはちょっと順番が悪いねぇ」





律子「あれほど「さん」を付けろと」

P「俺らが見ているのを忘れているまであるな」


245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:26:43.98 ID:YWHUdAbc0

美希「まぁ、でも頑張るの!」

美希「ここでめげてたら絶対にこのあともたないもん!」

雪歩「頑張ってね、美希ちゃん♪」

美希「とりあえず、お喋り?」

雪歩「うん、そうだね」

美希「雪歩の誕生日って良いよね!」

美希「メリークリスマスって感じでおめでたいの!」

雪歩「でも、美希ちゃんも勤労感謝の日でおめでたいよ?」

美希「働きたくないの…」






P「働け」

律子「寝るな」


248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:30:52.81 ID:YWHUdAbc0

美希「働かないでキラキラ輝いていたいの…」

雪歩「でも、美希ちゃんはアイドルじゃないともったいないよ?」

美希「正直、眠いの…」

雪歩「うーん…もうちょっと頑張らないとだね…」

ビーッ…

美希「律子、また後で起こして…」

律子「だから「さん」を付けろと」

P「雪歩、どうだった?」

雪歩「あっ、は、はいっ!」

雪歩「ダメダメだった部分もあったんですけど…」

雪歩「けど、仲間や友達って良いなって思いました!」

P「(雪歩も合格だな。強いて言えば亜美に感謝ってところか)」


250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:31:34.95 ID:YWHUdAbc0

ちょっと休憩させて
水飲んで一服するだけだから


253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:32:49.78 ID:YWHUdAbc0

あと進行役が律子なのは律子も入れたらしんどいってだけです
ピヨちゃんは出てくるかわかりません


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:32:59.47 ID:BMieXSqP0

水飲み代行さん出番ですよ


258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:36:38.63 ID:E04xJiI+O

ζ*'ヮ')ζ<水飲み代行でーす


260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:41:21.93 ID:YWHUdAbc0

P「それじゃあ残りの二人も楽しくいけそうか?」

雪歩「はいっ!」

雪歩「もちろん!」

雪歩「残りの二人…」

P「うん」

P「響と貴音」

雪歩「……」

P「…雪歩?」

雪歩「(ど、どうしよう…)」

雪歩「(まるでコミュニケーション取ったこと…)」

P「……」

P「(確かに…)」

P「(雪歩と響って…どうなんだ…?)」


261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:41:56.07 ID:+oNZ5kKb0

貴音師匠か


262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:43:45.52 ID:YWHUdAbc0

響「はいさーい!」

雪歩「え、えっとぉ…」

雪歩「は、はいさーい?」

響「うん!はいさい!」

雪歩「あはは…はいさい…」





律子「この組み合わせって相当レアじゃないですか?」

P「正直、レア過ぎてて美希で終わらせようとしてしまった…」


263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:43:59.88 ID:7yvTHwoj0

いつもししょうさん!に聞こえる


264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:47:11.08 ID:YWHUdAbc0

雪歩「(ど、どうしよう…)」

雪歩「(響ちゃん、元気だから勢いでやり過ごせるかもだけど…)」

雪歩「(だけど、それだけじゃ仲良く無いように見えちゃうかもだし…)」

雪歩「(実際、響ちゃんのこと嫌いじゃないし…)」

響「……」

響「(雪歩…なんか戸惑ってる…?)」

響「(も、もしかして、自分のテンションがダメだったか…?)」






律子「これは良いすれ違いって感じですね」

P「本人達は気が気じゃないでしょうね」


265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:51:07.70 ID:YWHUdAbc0

響「(え、えーと…こういう時はどうすれば…)」ウーン…

雪歩「(あぁっ!?響ちゃんが困ってる!?)」

雪歩「(と、とりあえず…!)」

雪歩「(な、何か話題を…!)」

雪歩「あ、あのっ…!」

ビーッ!

雪歩&響「はうっ!?」

律子「お疲れ様」

雪歩「ぷ、プロデューサー…私、やっぱり…」グスッ…

響「うっ…ごめん、雪歩…自分…」グスッ…

P「まぁ、なんだ」ポンポン

P「これから仲良くなっていけば良いさ」

P「(今はお互いがお互いのこと気遣ってるだけで充分だ)」


267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:52:01.77 ID:ZHqR+ecT0

会話の上手さじゃなくて仲良し度チェックだからな、問題ない


270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:54:15.35 ID:YWHUdAbc0

貴音「……」

雪歩「……」

雪歩「(し、四条さん…)」

雪歩「(なんて言うんでしょうか…)」

貴音「……」

雪歩「(オーラが…もう…本当にオーラが凄いっ…)」






律子「これは気まずい沈黙」

P「おそらく貴音はそう思ってないでしょうけどね」


271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:54:28.08 ID:4/nWI1M/0

確かにこの組み合わせの絡みはあまり見かけないな


276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:57:49.20 ID:Ni1RleEH0

貴音は雪歩のお姉ちゃんみたいな所がある


278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:58:22.57 ID:4Xi8wGH50

ゆきぽって貴音のこと尊敬してなかったっけ?


279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:58:47.57 ID:/9GYusBE0

なんで気まずくなるんだよ


280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 14:59:49.28 ID:YWHUdAbc0

貴音「…雪歩」

雪歩「ひゃ、ひゃい!?」

雪歩「な、なんでしょうか、しししょーさんっ!」

貴音「……」

貴音「…雪歩とはとても美しい名前です」

雪歩「ふえ?」

貴音「かくいう私も貴音と言う名をとても誇りに思っております」

雪歩「え、えっと…?」

貴音「…貴音と呼んでください」

貴音「私は貴女ともっと深い仲になりたい…///」モジモジ

雪歩「…えっ」




律子「四条マジック!」

P「むしろ貴音は照れくさくて気まずいとかそれどころじゃなかったってな」


281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:01:28.25 ID:+oNZ5kKb0

雪歩がんばれがんばれがんばれがんばれhttp://beebee2see.appspot.com/i/azuY0Yv3Bgw.jpg


284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:06:12.61 ID:2EDiwL6Y0

>>281
change!!!の一番最初のとこか


282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:02:27.38 ID:Lpmw1Ytg0

がんばれ雪歩


283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:04:55.52 ID:YWHUdAbc0

雪歩「え、えっと…?」

貴音「……」モジモジ…

雪歩「貴音…さん…?」

貴音「…!」

貴音「はい、雪歩」ニコッ

雪歩「あっ…」

雪歩「わぁっ…///」

雪歩「(し、四条さんと一対一でお話なんて緊張でいっぱいだったけど…)」

雪歩「(四条さんも私と仲良くなりたいと思ってくれて…///)」

ビーッ!

律子「傍から見れば気まずい沈黙」

P「けど二人の気持ちは一緒だったな」

雪歩「プロデューサー…」

雪歩「…はいっ!」

P「(基本的にみんながみんな仲良くしたいって思ってるんだな)」


286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:08:54.60 ID:YWHUdAbc0

伊織「まぁ、流石にさ」

伊織「ちょっと照れくさいと言わざるを得ないっていうか…///」

やよい「えっ?なにが?」

伊織「やよい、アンタはホントに良い子よ…」

伊織「アンタの親友であれて誇りに思うわ…」






律子「やよいゾーンに突入ですね」

P「伊織、見られてることに照れてるのか?」


287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:11:42.62 ID:YWHUdAbc0

伊織「なんか改まって、やよいと話せと言われても…」

伊織「…ねぇ?」

やよい「んー?」

伊織「……」

やよい「どうしたの、伊織ちゃん?」ニコニコ

伊織「ううん、なんでもない」

伊織「アンタは可愛いなって思っただけ?」

やよい「ふぇっ!?」






P「どっちも可愛いよ!」

律子「ですね」


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:15:14.02 ID:YWHUdAbc0

やよい「そ、そんなこと言ってー!」

やよい「伊織ちゃんに言われたら私、信じちゃうじゃーんっ!」

伊織「事実よ紛れもない事実」

ビーッ!

律子「二人とも可愛いわよ」

P「俺が保障する」ナデナデ

やよい「ふわっ…♪」

伊織「ちょ、気安く触るんじゃないわよっ…///」

P「(これから先は至福の時間になるんではなかろうか)」


290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:18:15.46 ID:YWHUdAbc0

あずさ「やよいちゃん、頭撫でても良いかしら?」

やよい「ふぇっ?」

やよい「ど、どうぞ?」

あずさ「うふふ、ありがとう」ナデナデ

やよい「ふぁっ…///」

やよい「(うー?)」

あずさ「(やよいちゃんを見ると無性に頭を撫でててあげたくなるのよねー)」






P「わかります」

律子「YESロリコン」


291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:20:59.31 ID:YWHUdAbc0

あずさ「うふふ」ナデナデ

やよい「うーん…」

あずさ「あら?難しい顔してどうしたの?」

あずさ「もしかしてイヤだったかしら…?」

やよい「あっ!ちがいます!ちがいます!」

やよい「えっと、そのー…」

やよい「私も、あずささんの頭撫で返してあげたいかなーって…」

あずさ「…えっ?」







律子「えっ」

P「なにそれ新しい」


292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:23:54.49 ID:YWHUdAbc0

あずさ「こ、こうかしら…?」

やよい「あっ、はいっ!」

やよい「それではっ!」ナデナデ…

あずさ「……」

やよい「…♪」

あずさ「(…うふふ♪)」

ビーッ!

あずさ「あら、残念…」

律子「いやーやよいは良い画が取れますね」

P「少なくとも「やよい→○○」の仲良し度はMAXみたいなもんだからな」


296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:26:16.00 ID:YWHUdAbc0

亜美「やよいっちかぁ」

やよい「ん?難しいお顔してどうしたの、亜美?」

亜美「いや、だってさ」

亜美「やよいっちと気まずくなるなんて、あり得ないっしょ?」

やよい「そ、そうかな?」






律子「そうね」

P「そうだな」


301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:29:15.18 ID:YWHUdAbc0

亜美「一つ質問して良いかな?」

やよい「ん?なぁに?」

亜美「やよいっちは事務所のみんなこと好き?」

やよい「えっ?」

やよい「…うんっ!」

やよい「プロデューサーも亜美も他の皆さんもっ!」

やよい「みーんな大好きだよっ!」

亜美「ほらもう、これだもん」

亜美「嘘偽り無い目してるもん」

やよい「う?」




律子「私もやよい大好きです」

P「奇遇だな。俺もだ」


307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:32:15.01 ID:YWHUdAbc0

亜美「あぁ、もちろん亜美も」

亜美「やよいっちのこと大好きだよ♪」

やよい「えへへ、ありがとう♪」

亜美「んふふー♪」

ビーッ!

律子「もう亜美真美タイムすっ飛ばしても良い気がします」

亜美「なにそれかっこいい!」

P「いや念には念だ」

P「真美も検証しよう」


309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:35:05.57 ID:YWHUdAbc0

真美「いや、もうこれはさ」

真美「亜美と真美で検証するぐらいに」

真美「意味が無いことだと思うんだよね」

やよい「う?」

真美「ぶっちゃけ、やよいっちはみんなと仲良いっしょ?」

やよい「うーん…自分ではそのつもりだけどー…」




律子「まぁ、つもりじゃなくて」

P「実際誰と組み合わせても困らないな」


313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:37:33.83 ID:YWHUdAbc0

やよい「真美はどうかな?」

真美「どうって?」

やよい「私のこと、友達だと思ってくれてる?」

真美「……」

やよい「……」

真美「あったりまえじゃん!」

真美「真美、やよいっち大好きだもん!」






律子「真美も検証して良かったです」

P「だろ?」


315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:40:07.12 ID:YWHUdAbc0

やよい「…!」

やよい「…ありがとっ♪」

やよい「私も真美が大好きだよっ!」ギュッ…

真美「わっ…?」

真美「……」

真美「…えへへ♪」

ビーッ!

真美「ちょ!?短いYO!」

律子「後がつかえてるのよ」

P「やよいの可愛さをもっと多くのアイドルに伝えなきゃならないんだ」


316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:43:12.80 ID:YWHUdAbc0

真「やよいは良いよなー…」

やよい「う?なにがです?」

真「あぁ、ごめん…ちょっと僻みになっちゃうんだけど…」

真「みんなから、かわいいって言われてて…」

真「ボクはかっこいいってばかり言われてるから…」

やよい「……」






律子「真がやよいと自分を比較して落ち込んでますね」

P「大丈夫だ。やよいなら真を幸せに出来る」


318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:46:07.15 ID:YWHUdAbc0

やよい「うーん…私がかわいいかどうかわかりません…」

やよい「でもっ!」

やよい「真さんだって、かわいいですよ!」

真「ははっ、ありがと、やよい…」

真「お世辞でも…」

やよい「そんなんじゃありませんっ!」

真「…!?」





律子「やよいが吠えた!」

P「やよいは間違ったことをちゃんと間違ってるって言える子だ」


321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:51:07.37 ID:YWHUdAbc0

やよい「確かに真さんはかっこいい部分もあるかもしれませんっ!」

やよい「だけど、かわいらしいところだってたくさんありますっ!」

やよい「私やプロデューサーに他の皆さんも!」

やよい「それを間近で見てきましたものっ!」

真「やよい…」

真「…へへっ」

真「…敵わないなぁ、やよいには…♪」

ビーッ!

律子「はい、お疲れ様」

P「真、俺から何も言わない」

P「言いたいことはやよいが全部伝えてくれた」

真「…!」

真「はいっ!」

P「(純粋で真っ直ぐ…本当にウチのアイドル達は最高だよ)」


322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:53:11.69 ID:YWHUdAbc0

美希「眠いの…」

やよい「えー!お話しましょうよー!」

美希「うーん…やよいかぁ…」

美希「…うんっ!」

美希「可愛いから頑張るのっ!」

やよい「やったぁ♪」






律子「すいません、遅れてしまって」

P「美希はそろそろ限界か…」


325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:55:54.24 ID:YWHUdAbc0

美希「んー♪」

美希「なんか、やよいは見てるだけで癒されるのっ!」

美希「眼福ってやつ?」

やよい「がんぷく?」

美希「なんか、やよいに癒されてると…」

美希「……」

美希「あふぅ…」





律子「おい、寝るな」

P「まだ7回も出番があるんだぞ」


326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 15:59:09.77 ID:YWHUdAbc0

やよい「うー…」

やよい「……」

やよい「じゃあ、いっそ子守唄でもっ!」

ビーッ!

やよい「あっ、終わっちゃいました…」

律子「美希、行くわよ」

美希「すいみん不足なの…」

P「(ていうか、あと7回の出番か…)」

P「(美希を軸にして考えても結構まだ先は長いな…)」


327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:00:06.41 ID:YWHUdAbc0

頭良い人、教えてください
俺はあと何パターン分書けば良いですか?
正直、眠いの


332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:04:54.01 ID:YWHUdAbc0

響「は、はいさーい!」

やよい「響さん、お疲れ様でーす!」

響「……」

響「(こ、今度は掴みは完璧だよな…?)」

響「(ていうか、やよいとは流石に仲良く出来ないと…)」

響「(自分、絶対に事務所で浮いた存在になっちゃうぞ…)」





律子「雪歩の件がありますからね」

P「けど、やよいだ。大丈夫だ」


339: >>331 長いの 2012/08/14(火) 16:10:47.15 ID:YWHUdAbc0

響「(え、えーと…とりあえず何から話せば…)」

やよい「響さーん?」

響「うがっ!?」

響「な、なんだ…?やよい…?」ドキドキ…

響「(そ、そっか…やよいなら自分からじゃなくても…)」

やよい「えっとぉ…」

響「(でも、自分ちゃんと受け答え出来るかな…?)」

やよい「響さんって…」

響「う、うん…」ゴクリ…

やよい「編み物が趣味なんですよね!」

響「……」

響「…うが?」




律子「可愛い趣味ですよね」

P「実は家庭的っていう共通点があるんだよな、この二人」


346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:13:53.81 ID:YWHUdAbc0

響「う、うん…」

響「そうだけど…」

やよい「編み物得意って凄いなぁーって思うんです!」

やよい「今度良かったら是非教えてくださいっ!」

やよい「家族のみんなに何か作ってあげたいかなーって!」

響「……」

響「う、うんっ!」

響「もちろんだっ!!」

ビーッ!

律子「完璧ね」

P「あぁ、完璧だ」

響「やよいは完璧だな!」

やよい「う?」


353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:16:58.41 ID:YWHUdAbc0

貴音「可愛らしい」

貴音「それはやよいの為に存在する言葉…」

貴音「と言っても過言ではありませんね…」

やよい「えっとぉ…」

やよい「よくわからないけど…ありがとうございますっ!」





律子「正直、四条タイムが一番楽しみです」

P「貴音も可愛らしいからな」


359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:19:38.37 ID:YWHUdAbc0

やよい「えっと、じゃあじゃあ!」

やよい「私も貴音さんの為にある言葉を見つけまーす!」

貴音「なんと」

やよい「うーん…」

やよい「……」

やよい「あっ!」

やよい「高嶺の花です!」

貴音「…!!」




P「やよいはかしこいなぁ」

律子「多分完全に意味は理解してないでしょうけどね」


368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:25:02.00 ID:YWHUdAbc0

貴音「…ふふっ♪」

貴音「花、ですか…♪」

やよい「えっと…ダメでしたか…?」

貴音「まさか」ナデナデ…

やよい「ふぁっ…?///」

貴音「花とあれば、やよい…貴女は」

貴音「大きな大きな向日葵といったところですかね」

ビーッ!

律子「うん。やよいのイメージは向日葵かな」

P「お疲れ様、やよい」

P「どうだった?」

やよい「すっごく楽しかったです!」

やよい「もう気分は今にも…!」スッ…

やよい&P「はい…たーっち!」

やよい&P「いぇい!」パァン!


372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:28:36.34 ID:YWHUdAbc0

伊織「そろそろ後半戦ってとこかしら?」

あずさ「そうねー」

伊織「しかし、やよいの時もそうだったけど」

伊織「あずさとこうやって改めてお喋りするってのもなんか、くすぐったいわね」

あずさ「ふふっ」

あずさ「普段は竜宮小町で一緒だものね」




P「さて、スーパーアイドル伊織ちゃんタイムだ」

律子「この組み合わせはプロデューサーとして一番気になるところです」


373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:32:43.14 ID:YWHUdAbc0

伊織「んー…そうねー…」

伊織「せっかくだから色々と腹を割って喋りましょうよ」

あずさ「腹を割って?」

伊織「うん」

伊織「正直な意見を聞かせてよ」

あずさ「……」

あずさ「…わかったわ」

伊織「ありがと」

伊織「……」

伊織「私、竜宮小町のリーダーとして」

伊織「ちゃんとやっていけてる?」

伊織「あずさや亜美と良い関係を築けてる?」

あずさ「……」


P「……」

律子「……」


375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:36:22.97 ID:YWHUdAbc0

あずさ「…ええ」

あずさ「もちろんよ!」

伊織「…!」

伊織「ホントに…?」

あずさ「うふふ」

あずさ「腹を割って話すって言ったのは伊織ちゃんよ?」ニコッ

伊織「あっ…」

伊織「うん…」

伊織「…そうだったわね」ニコッ

ビーッ!

律子「私、竜宮小町プロデュースしてて良かった」ギュッ…!

伊織「ちょ!?せめて亜美の番まで待ちなさい!」

P「次、亜美だぞ」

P「(まぁ、遅かれ早かれかな)」


376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:39:50.79 ID:YWHUdAbc0

亜美「あずさお姉ちゃんと、そんなお話したんだ…」

伊織「せっかくだしね」

伊織「まぁ、当然この流れだと亜美にも聞きたいところなんだけど」

伊織「正直な気持ちで答えてくれる?」

亜美「……」





P「泣くのはまだ早い、律子」

律子「いやもう無理です」


378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:42:12.75 ID:YWHUdAbc0

亜美「…その前に1つ答えて欲しいな?」

伊織「…何かしら?」

亜美「いおりんは亜美のこと、好き?」

伊織「……」

伊織「ええ、大好きよ」

伊織「亜美もあずさも律子も」

伊織「みんな、大好き」

亜美「…!」




律子「だからもう無理ですって」

P「あと少し、あと少しだから」


379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:45:55.12 ID:YWHUdAbc0

伊織「それで…私の質問の方なんだけど…」

亜美「いおりーんっ!!」ギュッ!

伊織「きゃっ…!?」

亜美「亜美も!亜美も大好きっ!」

亜美「あずさお姉ちゃんも、りっちゃんも…!」

亜美「いおりんのこともだーい好きだよぉっ!!」

伊織「……」

伊織「…うん、ありがと♪」

ビーッ!

律子「混ぜてー」

あずさ「私もー」

P「あずささん、控室から迷わず…!?」

P「(しかし、まぁ)」

P「(竜宮小町は本当に良いチームだな)」


383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:48:53.32 ID:YWHUdAbc0

真美「ここで流れをぶった切って真美なわけですよ…」

伊織「まぁ、並びが悪かったとしか言えないわね」

真美「そうなんだけどさぁ…」

真美「それとは別にちょっとなんだかなぁって感じだよぉ…」

真美「なんか亜美ばっかり良い思いしてるっていうか…」

伊織「……」





P「落ち着いたか?」

律子「ええ、なんとか」


385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:53:14.11 ID:YWHUdAbc0

真美「あーあ!真美も亜美になれたらなぁー」

伊織「それ、本気で言ってるなら本気で怒るわよ?」

真美「…えっ?」

伊織「確かに今は亜美の方が良い思いをしているかもしれない」

伊織「アイドル活動でも、この企画でもね」

伊織「だけど、真美」

伊織「アンタは双海真美でしょ?」

真美「…!」




P「スーパー伊織ちゃん説教タイム」

律子「彼女のお説教はいつも正しいんです」


388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 16:58:28.14 ID:YWHUdAbc0

伊織「少なくと私はね」

伊織「真美のこと大好きよ」

伊織「それは双海亜美とは違う」

伊織「双海真美っていう子に対しての気持ちでね」

真美「いおりん…」

真美「真美は…」

伊織「アンタはこれからまた亜美とは違う視点で輝きを見つけなさいな」

伊織「って、上から目線になっちゃうけど」

真美「…ううん」

真美「ありがとう、いおりんっ!」

ビーッ!

律子「だから安心してリーダーを任せられるんです」

P「あぁ、よくわかるよ」

P「(伊織にはそれだけの頼りがいがあるってな)」


392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:02:20.51 ID:YWHUdAbc0

伊織「そういや真、誕生日近いわね」

真「あぁ、そうだね。もうそんな季節かぁ」

伊織「ここ最近、ホント暑くってイヤになっちゃうわ」

真「あはは、伊織は夏は苦手そうだよね」

伊織「そういう真は夏が良く似合ってるわよ」

真「って言っても、夏の終わりなんだけどね誕生日」




P「真の誕生日か…」

律子「何か考えておかないとですね」


394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:06:05.33 ID:YWHUdAbc0

真「伊織は誕生日は5月だっけ?」

伊織「そうよ。5月の5日」

真「子どもの日…だっけ?」

伊織「そうね」

真「でも大人びてるよね、伊織は」

伊織「あら、わかってるじゃない」





P「確かに「子どもか」って感じる部分は多々あるんだが…」

律子「結局、精神面では立派な大人なんですよね、伊織は」


398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:11:31.41 ID:YWHUdAbc0

真「年齢や見た目やともかくとしても」

真「伊織みたいな中学生が同級生にいたら…」

伊織「いたら?」

真「…なんかイヤだ」

伊織「はぁ!?」

ビーッ!

律子「はいはい、お疲れ様」

伊織「ちょ、イヤってなによ、真!?」

真「いや伊織のことは大好きだよ!」

真「でも…」

真「ねぇ?」

P「そうだな」

伊織「なにそこで納得し合ってんのよ!?」

P「(伊織が学級委員や生徒会長…ちょっと出来過ぎてな…)」


399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:14:31.15 ID:YWHUdAbc0

美希「…zzz」

伊織「…ちょっと!?」

美希「…はっ!?」

美希「あ、危なかったの…」

美希「でこちゃんの、おでこの反射が無かったら…」

美希「ミキ、寝てたの!」

伊織「いや、寝てたから!あと、でこちゃん言うな!」





律子「これはどうなんですかね?」

P「少なくとも美希は伊織のことを好きだと思うが…」


400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:18:08.10 ID:YWHUdAbc0

伊織「ったく、アンタは…」

伊織「ていうか、もう控室で寝るのやめときなさいよ?」

伊織「そのうち夢遊病にでもなっちゃうわよ?」

美希「寝ている間にキラキラ出来たら幸せだと思わない!?」

伊織「う、うーん…」

伊織「…!」

伊織「い、いやいや!」

伊織「そんなの、この伊織ちゃんのプライドが許さないんだからっ!!」




P「一瞬迷ったな」

律子「きっと疲れてるだけです」


402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:22:03.65 ID:YWHUdAbc0

美希「ていうか、控室でお昼寝しないのとか無理!」

美希「でこちゃん、一緒にお昼寝しよ♪」

伊織「いや、私まだ2回あるし!」

伊織「ていうか、寝るな!でこちゃん言うな!」

美希「えー」

伊織「あぁ、もう!わかったわよ!」

伊織「これ終わったら一緒にお昼寝してあげるから!」

美希「ホント!?わーい!」

ビーッ!

律子「美希、行くわよ」

美希「でも正直、もう限界は近いの…」

P「なんだかんだ仲良いのか?」

伊織「…まぁ、嫌いじゃないわよ?」

P「(良かった。伊織も美希のことが好きみたいだ)」


403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:25:49.65 ID:YWHUdAbc0

伊織「どちらかと言えばさ」

響「うが?」

伊織「アンタの方が夏生まれっぽいよね」

響「伊織の中ではそういうイメージなのか?」

伊織「だって沖縄だし、海だし」

伊織「なんか髪の毛、暑苦しいし」

響「あ、暑っ…!?」ガーン





P「確かに響は夏っぽい」

律子「沖縄だし、海だし」


405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:31:48.63 ID:YWHUdAbc0

響「じ、自分…もしかして伊織にとって…」

響「う、うっとおしい存在…なのか…?」グスッ…

伊織「あぁ、いやいや。そうじゃない、そうじゃない」

伊織「ただ、なんかもったいないなーって思ってね」

響「もったいない…?」

伊織「バッサリ切れとは言わないけど」

伊織「もうちょい軽くして、おろしてみたら今よりもっとだいぶ良い線いくと思うのよねー」

伊織「アンタ、背も小さいし顔も可愛いんだからさ」

響「……」

響「…うがっ!?///」






P「髪をおろした響か…」

律子「ミディアムぐらいの長さで量を軽くしたら凄いウケ良さそうですね」


408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:34:54.22 ID:YWHUdAbc0

響「か、可愛い…?」

伊織「うん」

響「だ、誰が…?」

伊織「アンタが」

響「……」

響「うがぁっ!?///」

ビーッ!

律子「はい、お疲れ様」

P「うーん、確かに量は多いな」モサモサ…

響「うがっ!?」

伊織「でしょ?」

P「(ヘアアレンジした響…色々と見てみたいな)」


416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:39:52.17 ID:YWHUdAbc0

伊織「天体観測好きなんだっけ?」

貴音「ええ」

貴音「星や月…」

貴音「数億年前から続く煌めき…」

貴音「それらを眺めていると…」

貴音「不思議と心が安らいでいくのです…」

伊織「ふーん」




律子「スーパー四条タイム」

P「それだけは忘れないんだな」


421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:44:04.19 ID:YWHUdAbc0

伊織「まぁでも、言いたいことはわかるわ」

伊織「満点の星空とか凄く綺麗だと思うもん」

貴音「ええ、まことに美しいものでございます」

伊織「けど、そう思うだけで趣味とは言えないかな」

伊織「貴音は趣味にしちゃうぐらいだし…」

伊織「やっぱ、宇宙から来たとか?」

貴音「……」

伊織「……」






律子「えっ、何この間」

P「まさか、衝撃の事実をぶっちゃけるのか?」


424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:49:37.99 ID:YWHUdAbc0

貴音「伊織…」

伊織「何よ…」

貴音「それは…」

伊織&貴音「とっぷしーくれっと」

伊織&貴音「……」

伊織&貴音「…ふふっ♪」

ビーッ!

律子「ですよねー」

P「伊織、お疲れ様」

P「なんか感想とかあるか?」

伊織「まぁ、やってることはただのお喋りだから感想と言われてもねー」

伊織「まぁでも…」

伊織「良い企画だったんじゃない?」

P「そっか、そりゃ良かった」

P「(伊織はまさにスーパーアイドル伊織ちゃんだったな)」


427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:52:05.18 ID:YWHUdAbc0

亜美「あずさお姉ちゃん、だっこー」

あずさ「はいはい♪」ムギュッ…

亜美「おおっ…このふにふに感…」

亜美「たまらないねぇー…」




律子「あずささんベースになりました」

P「まだ竜宮小町の感動を分かち合ってるのか」


428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:54:20.82 ID:YWHUdAbc0

あずさ「ふふっ、亜美ちゃんたら甘えん坊さんね♪」

亜美「……」

あずさ「亜美ちゃん?」

亜美「あずさお姉ちゃんも、亜美のこと好き?」

あずさ「えっ…」

あずさ「……」





律子「行ってきて良いですか?」

P「まだ早い」


432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 17:57:45.16 ID:YWHUdAbc0

あずさ「そんなの決まってるじゃない」

あずさ「亜美ちゃんのこと、大好きよ♪」

亜美「…!」

亜美「…うんっ」

亜美「亜美もあずさお姉ちゃん、大好き…」ギュッ…!

あずさ「ふふっ、ありがとう」ナデナデ

ビーッ!

律子「混ぜて混ぜて」

伊織「この伊織ちゃんを差し置いて感動のドラマを作ってんじゃないわよ!」

P「伊織!?元気だな、お前も!」

P「(まぁ、竜宮小町が良いチームなのは、もうわかりきってることだ)」


438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:00:31.46 ID:YWHUdAbc0

真美「そんで、また流れぶった切って真美ですよ」

あずさ「真美ちゃんも、だっこしてあげるわよ?」

真美「えっ!?ホント!?」

真美「わーい!」ポフッ…

あずさ「ふふっ♪」ギュッ…





P「あずささん、マジ女神」

律子「そりゃ竜宮小町の一員ですもの」


447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:04:02.81 ID:YWHUdAbc0

真美「あぁ…あずさお姉ちゃんってホントにお姉ちゃんって感じがするぅー…」ペトー…

あずさ「そう?」

あずさ「じゃあ、亜美ちゃんと真美ちゃんの本当のお姉ちゃんになっちゃおうかしら♪」

真美「あっ、なって!なって!」

真美「チョー大歓迎だよ!」






律子「姉、母、嫁。どのキャラクターでも売り出せます」

P「あずささん、マジ万能」


452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:07:45.33 ID:YWHUdAbc0

あずさ「じゃあ、今からなっちゃう!」

真美「わーい!」

あずさ「……」

あずさ「…真美♪」ナデナデ…

真美「…!!」

真美「…お姉ちゃん///」ギュッ…

ビーッ!

真美「ちょっと待って!マジまだ早いって!」

律子「後がつかえてるの」

P「いや、凄い良い画だったから、そのままでも良かったんだけどな」

P「(最年少、最年長も問題無しと…)」


454: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:12:58.28 ID:YWHUdAbc0

真「いやーあずささんと同じ空間でいるってだけで」

真「なんかもうボク、リラックスモードになっちゃうなぁ」

あずさ「真ちゃんも、だっこしてあげるわよ?」

真「えっ?」

あずさ「おいでおいで♪」チョイチョイ…

真「……」

真「お、お邪魔します…///」ポフッ

あずさ「はい、いらっしゃい♪」ナデナデ…






律子「あずさマジック!」

P「引き寄せられるかの如くだっこに突入した…」


455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:16:01.39 ID:YWHUdAbc0

真「え、えーと…」

真「な、なんか恥ずかしいな…」

真「でも、落ち着くっていうか…///」

あずさ「お姉ちゃんって呼んでも良いのよ?」

真「……」

真「…ていうか、ズルい」

真「……お姉ちゃん///」ボソッ






P「竜宮小町って凄くね?」

律子「凄いですよ?」


456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:18:32.39 ID:YWHUdAbc0

あずさ「ふふっ♪」

あずさ「ま・こ・と♪」

真「~っ!!!」

真「あ、あずさおねえちゃ…!」

ビーッ!

真「ロスタイム!」

律子「無いわよ」

P「あずささん、後で俺も…」

あずさ「ええ、もちろん♪」

P「やりぃ!」

真「あぁっ!?それボクのセリフ!」


458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:20:33.02 ID:YWHUdAbc0

美希「…zzz」

あずさ「……」ニコニコ…

美希「…zzz」

あずさ「……」ナデナデ…





P「当然の様に美希があずささんにだっこされて眠っている」

律子「こればかりは仕方ないかもしれません」


460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:23:01.93 ID:YWHUdAbc0

美希「…zzz」

あずさ「…ふふっ♪」ナデナデ…

美希「…zzz」

あずさ「……」

あずさ「でも、良いのかしら?」

あずさ「これ、対話って企画なのに…」






律子「ここでまさかの正論」

P「でも良いです。二人とも仲良しです」


462: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:25:04.39 ID:YWHUdAbc0

美希「…zzz」

あずさ「うーん…」

あずさ「でも、気持ち良さそうに眠っているし…」

ビーッ!

あずさ「あらあら…」

美希「…zzz」

律子「すいません、すぐどかしますんで」

あずさ「これで良かったんでしょうか?」

P「全然問題無いです」


464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:27:57.04 ID:YWHUdAbc0

あずさ「はい、どうぞ♪」バッ…

響「……」

響「え、えーと…?」

響「(あずさが両手を広げて…どうぞ…?)」

響「……」

響「お、お邪魔します…?」ポスッ…

あずさ「はい、いらっしゃい♪」ギュッ…






P「そうだ響、それで良い」

律子「あずささんもわかってますね」


466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:31:20.14 ID:YWHUdAbc0

響「え、えっと…?」

あずさ「えーと…確か沖縄だと…」

あずさ「ねぇね、で良いのかな?」

響「えっ?」

あずさ「お姉ちゃんの呼び名」

響「あっ、うん…」

響「ねぇね…」

あずさ「なぁに、響♪」ナデナデ…

響「……」

響「え、あ、えっ…?」





P「俺もねぇねって呼んでくる」

律子「まだ早いです」


467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:35:39.98 ID:YWHUdAbc0

響「そ、その…?」

あずさ「ん?なぁに?」ニコッ…

響「あっ…!」

響「うっ…」グスッ…

響「ねぇねー!!」ギュッ!!

あずさ「よしよし」ポンポン…

ビーッ!

響「ちょっと無理!ねぇね!」

律子「感動の再会に見えるけど違うのよ」

P「ねぇね」

あずさ「お姉さんよりもお嫁さんの方が…///」

P「すいません、次いきましょう」

あずさ「いけずです…」

P「最後、その人です」


472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:39:45.70 ID:YWHUdAbc0

あずさ「どうぞ♪」バッ…

貴音「なんと!?」

貴音「…面妖な光景です」

貴音「いえ、しかしこの企画は親睦を深める為のもの…」

貴音「アイドル同士の抱擁など当然…」

貴音「ええ、当然のこと」ギュッ…

あずさ「ふふっ♪」






律子「四条マジック敗れた!」

P「そこはやはり年季の違いだな」


479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:42:51.17 ID:YWHUdAbc0

貴音「……」ギュッ…

あずさ「……」ナデナデ…

貴音「…!?」

貴音「……」

貴音「……」ナデナデ…

あずさ「あら…♪」




P「美人二人が抱き合って頭を撫であっている光景」

律子「決して百合ではございません」


487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:48:07.76 ID:YWHUdAbc0

貴音「(まこと不思議なものです…)」

貴音「(抱擁をし互いの頭部を撫であっている…)」

貴音「(ただ、それだけのことなのに…)」

貴音「(今というこの時が、酷く愛おしい…)」

ビーッ!

貴音「時の流れはなんと残酷なことか…」

律子「まぁでも、画的にあんまり長く続けるのもね」

P「あずささん、お疲れ様でした」

あずさ「あっ、お疲れ様でした~」

P「終始楽しそうでしたね」

あずさ「ええ、もちろん」

あずさ「私、みんなのこと大好きですから♪」

あずさ「もちろんプロデューサーさんもですよ♪」ギュッ…

P「あずささん…マジお嫁さんしたいアイドルNo1…」


493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:50:42.96 ID:YWHUdAbc0

亜美「さてさて」

真美「うんうん」

亜美「5分間という限られた時の中で」

真美「一体何が出来ますかね?」





P「ベースは亜美になりました」

律子「姉妹の日常会話で良いのよ」


495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:53:39.68 ID:YWHUdAbc0

亜美「5分じゃロクにゲームも出来やしないよねー」

真美「ていうか、5分チョー短いよね?」

亜美「短い!短い!」

真美「特にさ!」

亜美&真美「あずさお姉ちゃん!」

亜美&真美「だよねー!!」





P「あずささん大人気」

律子「そりゃ、プロデューサー殿が思わず口に出して「嫁にしたい」とか言っちゃうぐらいですものね」


497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:56:42.97 ID:YWHUdAbc0

亜美「ちゅーことは、だっこされた?」

真美「された!された!」

亜美「あずさお姉ちゃんってホント…」

亜美&真美「お姉ちゃんっ!」

ビーッ!

亜美「えー!?」

真美「流石にまだ5分は経って無いっしょー!?」

律子「経ってるの。ほら、どいたどいた」

P「(双子の姉妹。仲の良いことだ)」


498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:57:17.95 ID:YWHUdAbc0

ちょっと抜ける
すぐ戻れるかわかんないけど


501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 18:59:12.88 ID:YWHUdAbc0

あぁ、大丈夫だ
まだいける


502: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:03:11.65 ID:YWHUdAbc0

亜美「まこちん!」

真「ここまで来るとまわってくるの早いねー」

亜美「ほんとですなー」

真「ていうか、亜美と真美二人ともそうだと思うんだけど…」

亜美「およ?」

真「ボクとあんまり身長変わらないね」

亜美「おっ!やっぱり来たか成長期ネタ!」






P「若干真の方が高いか?」

律子「1㎝だけ高いですね」


503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:07:35.75 ID:YWHUdAbc0

亜美「んふふー♪」

亜美「亜美達もそろそろ大人の階段のぼってんのよ♪」

真「あはは、確かにそういう時期だね!」

真「でも、まだまだ年相応じゃないかなー?」

亜美「むむっ!?それは聞き捨てならぬぞ!」

亜美「おっぱいは、まこちんよりおっきいし!」

真「…うっ!?」






P「そうなんだよな」

律子「控えめなのよね」


507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:11:24.59 ID:YWHUdAbc0

真「ぼ、ボクは良いんだよ!」

真「い、今も成長期だし!」

亜美「んふふー♪」

亜美「やよいっちに成長で抜かれなければ良いな♪」

真「…くっ!」

ビーッ!

律子「はい、お疲れ様」

真「やっぱり女の子らしさには胸ですかね?」

P「それもあるが、それだけじゃない」

真「で、ですよね!」

P「(けど、抱かれるならあずささんか貴音だ…)」


509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:14:30.53 ID:YWHUdAbc0

美希「正直、眠いの…」

亜美「ていうか、あずさお姉ちゃんの時、爆睡だったんっしょ?」

美希「凄い寝心地が良かったの…」

美希「良い夢、見れたの…」

亜美「まぁ、安眠は確実だよねー」





P「やっぱり美希もあずささん大好きか」

律子「今の会話だけだと「枕として」にしか聞こえませんけどね」


511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:17:49.51 ID:YWHUdAbc0

美希「ていうか、この企画短くて長いの…」

亜美「起こされては寝て、起こされては寝てだもんねー」

美希「あずさとの時間はハニーとの時間よりもキラキラしてたかも…」

亜美「それもう、あずさお姉ちゃんにプロポーズしてるレベルじゃん!?」







P「枕には勝てなかったか…」

律子「いや、あずささんです」


514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:21:10.30 ID:YWHUdAbc0

亜美「ていうか、りっちゃんも大変だよねー」

亜美「ミキミキを起こしながら、ずっとこっちも観察してるわけだし」

美希「律子は鬼なの…」

美希「もうミキのことはほっといておいてほしいの…」

ビーッ!

律子「だから「さん」を付けろと何べん言わせれば…」

美希「…zzz」

P「(頑張れ美希!あと4回だ!)」


516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:24:36.62 ID:YWHUdAbc0

響「はいさーい!」

亜美「おっ、ひびきん!」

響「亜美と一対一ってのは珍しい気がするなー」

亜美「まぁ竜宮があるしねー」

亜美「でも、どうよ?」

亜美「亜美って真美とそんなに変わんないっしょ?」

響「えっ?」






律子「これは」

P「響を試しているな」


518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:27:05.34 ID:YWHUdAbc0

響「……」

亜美「……」

響「いや、そりゃ双子だからソックリだけどさ」

響「亜美と真美じゃ全然違うぞ?」

亜美「…!」






P「模範解答」

律子「完璧ですね」


520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:31:31.07 ID:YWHUdAbc0

亜美「…そっか!」

亜美「やっぱり違うよね!」

亜美「そう言ってくれて嬉しいよ!」

響「いや、だって…」

ビーッ!

響「あー!まだ話は…!」

律子「次、四条マジックだから巻きで」

P「(亜美と真美を混合にしない)」

P「(みんな、ちゃんと別々の女の子として接している)」

P「(良い仲間に会えたな。亜美、真美)」


523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:34:53.26 ID:YWHUdAbc0

貴音「次の対話は亜美ですか」

亜美「おーお姫ちん!」

亜美「いやー、あずさお姉ちゃんもすんばらしかったけど…」

貴音「…?」バイーン

亜美「お姫ちんも絶景ですなー!」

貴音「絶景…?」

貴音「今宵はあまり星も月も…」






律子「この微妙なズレが四条マジック!」

P「逆に亜美に高度な会話をされても戸惑う」


525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:38:39.96 ID:YWHUdAbc0

亜美「ねぇねぇ、お姫ちん?」

貴音「なんでしょう?」

亜美「だっこしてもらっても良いかな?」ワクワク…

貴音「だっこ…?」

貴音「……」

貴音「なるほど、亜美もまた抱擁で仲を深めあおうと…!」

貴音「ええ、喜んで」バッ…

亜美「わーい!」ギュッ!

貴音「…ふふっ♪」ナデナデ…






P「やっぱり貴音も良いよなぁ…」

律子「実は私もそれなりにあるって覚えてます?」


527: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:43:47.28 ID:YWHUdAbc0

亜美「おぉっ…!?」ポニョン…

亜美「し、芯が無い…!?」

亜美「ええい!お姫ちんのおっぱいはマシュマロか!?」

ビーッ!

貴音「ましゅまろ?」

律子「まぁ、柔らかいってこと」

P「お疲れ、亜美」

亜美「おー!兄ちゃん、お疲れー!」

P「貴音について聞きたいとこだが、ここは全体の感想を一つ」

亜美「んー…そだねー…」

亜美「多分ね、真美が亜美の言いたいこと言ってくれると思うな」

P「真美が?」

亜美「うん!」

P「…そっか」

P「だったら真美ベースも早速始めるとするか!」


531: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:47:33.82 ID:YWHUdAbc0

真美「へい、まこちん!」

真「さっき亜美と話したと思ったら、もう真美だ」

真美「これ、すっごい時間かかってるよねー」

真「まぁ、ボクは楽しいから全然平気なんだけどさ!」

真美「真美もまだまだ平気ー!」

真美「てか、楽しいよねーこれ!」






P「確かにこんなに時間かかるとは思ってなかった」

律子「見切り発車で企画するものじゃありませんね」


532: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:51:08.36 ID:YWHUdAbc0

真美「亜美とはなんの話してたのー?」

真「えっ…?」

真「あー…うん…」

真「亜美も真美も成長したなぁって話だけど…」

真美「あー!やっぱ、そういう話もでてきますかー!」

真美「んふふー♪今や、おっぱいの大きさはまこちんよりも…♪」

真「うわーん!やっぱり、こうなったー!」






律子「素直ですね」

P「基本的にみんな嘘つけない性格だからな」


537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:54:52.91 ID:YWHUdAbc0

真「やっぱり双子だね…」

真美「あっ、亜美にもおんなじこと言われたとか?」

真「ボクだって、もしかしたらまだ…」

真美「まぁ、やよいっちに抜かれないように…」

真「うわーん!!」

ビーッ!

律子「はい、真いじりおしまい」

真美「えー」

P「いじめはよくないぞ」

真美「まこちん、ごめんね?」

真「大丈夫…逆にここまでシンクロされると清々しいよ…」

真美「?」


539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 19:57:46.88 ID:YWHUdAbc0

真美「でも、流石に成長をしたとはゆえ…」

美希「…zzz」バイーン

真美「ミキミキには勝てないの…」




律子「もう美希は諦めました」

P「ていうか、実は成長する前から胸に関しては真に勝ってるんだよな」


540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 20:00:00.48 ID:YWHUdAbc0

真美「つか、ミキミキホントに中学生?」

美希「…zzz」バイーン

真美「まぁ、精神年齢はともかく…」

真美「これは肉体詐称疑惑がありますなー…」






P「確かにあんな中学生いない」

律子「いないからこそ輝いているんです」


541: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 20:00:47.33 ID:YWHUdAbc0

すまん今度はガチで抜ける
飯だ

支援thx


557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 20:29:32.36 ID:YWHUdAbc0

美希「…zzz」

真美「……」

真美「ちょ、ちょっちぐらい揉んでも減りませんよなぁ…?」

ビーッ!

真美「えっ!?流石に嘘でしょ!?」

律子「強制終了よ、中学生にはまだ早い」

美希「…zzz」バイーン

P「……」ゴクリ…

律子「犯罪ですよ?」

P「わ、わかってる!」


558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 20:32:10.82 ID:YWHUdAbc0

真美「ひびきんも結構おっぱいあるよねー」

響「……」

響「うがっ!?///」

響「と、唐突になんだ!?」

響「せ、セクハラプロデューサーの爪の垢でも飲んだのか!?」





P「実際、響ってどうなんだ?」

律子「完璧なプロポーションですよ」


561: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 20:34:56.98 ID:YWHUdAbc0

真美「背は真美より、ちっこいのにねー」

響「身長は…関係あるのか…?」

真美「大アリだよ!」

響「うがっ!?」

真美「真美より、ちっこい身長なのに!」

真美「真美より、おっぱいがあるとか、ずるい!」





律子「そういうことです」

P「なるほど…身長か…」


566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 20:37:50.01 ID:YWHUdAbc0

響「で、でも真美だって中学生のわりには!」

響「お、おっきい方だと思うぞ!?」

真美「……」

真美「…やっぱ?」

響「うんうん!」

真美「んふふー♪」

真美「だよねー♪」

ビーッ!

響「な、なんだったんだ…」

律子「気にすること無いわ。プロデューサー殿直伝のセクハラだから」

響「やっぱり!」

P「おい、適当なこと言うな!」


567: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 20:40:39.79 ID:YWHUdAbc0

貴音「……」バッ…

真美「……」

真美「お姫ちんが両手を広げて、こちらを伺っている…」

真美「飛び込みますか?」

真美「……」

真美「そいやっ!」ダッ…!

貴音「はっ!」ギュッ…!







律子「ハイパー四条タイム!」

P「ついにハイパーになったか」


568: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 20:42:52.30 ID:YWHUdAbc0

真美「おおっ?」ホヨン…

真美「ホントに抱きとめてくれたし!」

貴音「ふふっ♪」

貴音「捕まえましたよ♪」

真美「……」

真美「えっ、なにお姫ちんチョー可愛いんですけど」





律子「知ってるわ」

P「こっちは朝から見てきたんだからな」


572: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 20:48:07.86 ID:YWHUdAbc0

貴音「真美…貴女もまたなんと可愛らしい…♪」ナデナデ…

真美「うっわ!?しかもお姉ちゃん属性きたし!」

真美「どんだけ、このおっぱいに未知なるポテンシャル秘めてんのさ!」ホヨヨン…

ビーッ!

千早「はい、お疲れ様」

貴音「むぅ…また控室へ戻らねばなりませぬか…」

P「さてと、真美」

真美「あぁ、兄ちゃん!」

真美「感想でも言えば良いのかな?」

P「ああ、よろしく頼む」

真美「まぁ、簡単に言っちゃうけどさ!」

真美「みんな、亜美も真美も見てくれてありがとう!」

P「…!」

真美「って感じかな!」

P「(亜美が言いたかったこと…なるほどな…)」


574: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 20:50:53.28 ID:YWHUdAbc0

真「……」

美希「…zzz」

真「えーと…」

真「対話で検証だから起こした方が良いよね?」

真「美希、起きな」ツンツン…

美希「あふ…?」





P「美希、ホントもう少しだから!」

律子「ベースは真に移りました」


577: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 20:53:56.05 ID:YWHUdAbc0

美希「真君なの…」

真「おはよう、美希」

美希「……」ポケー

美希「お姫様は王子様のちゅーで、目を覚ますの…」ンー

真「……」

真「…ええっ!?」





P「確信犯か寝ぼけているのか…」

律子「しかし間違ってもうちの事務所では百合はありません」


578: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 20:57:19.82 ID:YWHUdAbc0

美希「……」ンー

真「み、美希…」ゴクリ…

真「…って」

真「いやいや!ない!ないから!」

美希「…ちぇっ。真君のケチー」

ビーッ!

律子「確信犯の方だったのね」

美希「ちょっと期待しちゃって目が覚めちゃった!」

P「するか迷ったか?」

真「迷ってません!」


582: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:01:11.41 ID:YWHUdAbc0

真「沖縄の海で思いっきり泳ぎたいなー」

響「おっ、真!自分と一緒に沖縄に帰るか?」

真「帰るって…あぁ、でも良いかも…」

真「あんなにも青い海で浮かんでたら気持ち良いんだろうなぁ…」

響「今の時期は気持ち良いぞー!」






P「もう二番目に響とか」

律子「いや本当に終わりが見えてきましたね」


587: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:06:36.25 ID:YWHUdAbc0

真「しかし響って最初はボクと同じ系統な女の子だと思ってたのに…」

響「うが?」

真「趣味が編み物ってずるいよ!」

響「え、ええっ!?」

真「ダンスは上手くてプロポーションは良くて女の子らしい趣味もある!」

真「ボク、響に勝てる要素無かったよ…」ズーン…

響「え、その、え?」






P「いや真には響には無い真の良さがある!」

律子「って、もう本人もわかってると思うんですけどね。とりあえず言ってみた系な」


589: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:10:19.60 ID:YWHUdAbc0

響「あ、あの…真…」

真「…って!」

響「…!?」

真「負けてる部分があるんなら、それを追い越す覚悟でいなくちゃね!」ニコッ

響「……」ポカン…

響「…ははっ!」

響「それならもっと自分がリードを広げるだけさー!」

ビーッ!

律子「やっぱり、ここまでくると理解していますね」

P「しかもお互いの目標までもだ」

P「(良い仲間であり、良いライバルなんだろうな)」


592: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:13:20.02 ID:YWHUdAbc0

貴音「さぁ、いざ!」バッ…!

真「…!?」

真「(両手を広げて…こちらの様子を伺っている…)」

真「…!」

真「(レスリングか…!)」バッ…!






律子「もう彼女が楽しみでこの企画続けてます」

P「とりあえず真!お前の考えていることはきっと間違っている!」


593: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:17:04.73 ID:YWHUdAbc0

貴音「…来ないのですか?」

貴音「ならば、こちらから…!」ダッ…!

真「(来る…!)」ザッ…!

真「(…いや、待てよ…?)」

真「(対話をする企画でレスリングを持ちかけるだなんて何かおかしくないか…?)」

真「……」

真「(…そうか!)」スッ…

貴音「えいっ♪」ギュッ!

真「(これはあずささんの時と同じ…!)」






P「よく寸前で気づいた真!」

律子「あぁもう、ハイパー四条タイム最高です」


597: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:21:34.55 ID:YWHUdAbc0

貴音「ふふっ♪」ナデナデ…

真「……」

真「(お姉さんキャラってみんな素はこんな感じなのかな…?)」

ビーッ!

貴音「おのれ!」

律子「大丈夫、またすぐ出番だから」

P「さてと、真お疲れ様!」

真「あっ、そっか。終わりか…」

P「どうだった?」

真「いやー楽しかったですね!」

真「今度は5分とは言わず、もっと長時間にしましょうよー!」

P「(真もパーフェクトコミュニケーション…)」

P「(そして後…3人だ!)」


604: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:25:33.09 ID:YWHUdAbc0

美希「うーん!良い夜なの!」

響「おっ?控室では寝てたのに…」

美希「……」

美希「ちょっと真君に刺激をもらっちゃってね…///」

響「……」

響「(なるほど!活を入れてもらったわけか!)」

響「(それで目覚めさせるだなんて、流石は真さー!)」







律子「眠り姫がついに目を覚まして美希ベースへ」

P「それと同時に俺に眠気が…」


607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:29:28.83 ID:YWHUdAbc0

美希「ねぇねぇ、前から気になってたんだけどさ―?」

響「ん?なんだ?」

美希「ヘアスタイル、もうちょっとどうにかならないかな?」

響「うっ!?美希も言うのか…!」

美希「あっ、やっぱ言う人いたんだ?」

美希「響は可愛いとは思うんだけど」

美希「なんかこう違うんだよねー」





P「美希覚醒モードだな」

律子「内容もまさに友人同士のお喋りですね」


609: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:33:36.44 ID:YWHUdAbc0

響「ち、違うって言われても…わかんないぞ…」

美希「とりあえずさ、髪の毛おろしてみなよ!」クイッ…

響「あっ!?ちょ、だめっ…!?」バサッ…

美希「……」

響「み、美希!返してっ!」

美希「元気なキュートから一気に大人びたエレガントになったの…」

ビーッ!

響「ううっ…」

律子「美希、返してあげなさい」

美希「でもさー」

P「いやうん。おろしただけで印象全然変わるなー」

響「み、見るなぁっ!!」


614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:35:51.83 ID:YWHUdAbc0

貴音「さて…」バッ…

美希「……」

美希「えいっ」ギュッ…

貴音「はいっ」ギュッ…

美希&貴音「……」

美希「あはっ♪」

貴音「ふふっ♪」






律子「ウルトラ貴音タイム!」

P「あぁ、ゴールはもう少しだ!」


617: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:39:13.48 ID:YWHUdAbc0

美希「なぁに、貴音?」

美希「いきなりハグだなんて?」

貴音「いえ、その」

貴音「何と申しますか…」

貴音「癖になってしまいまして…」ナデナデ

美希「あふっ…///」






P「誰彼構わず抱擁を求めるアイドルか…」

律子「いや流石に人は選ぶでしょう」


625: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:43:49.43 ID:YWHUdAbc0

美希「癖になったの?」

貴音「そのようです」

美希「まぁ、美希にするぶんには構わないけど…」

美希「ハニーにしたらダメだからね!」

貴音「ふふっ」

貴音「その言葉だけは記憶しておきます♪」

美希「あっ!それずるーい!」

ビーッ!

貴音「小癪な!」

律子「大丈夫、次はもう好きなだけ抱擁して良いから」

P「さて、美希」

美希「ハニー!」ダッ…

P「ハグは無し」ナデナデ…

美希「あふぅ…」

P「(春香との件は残っているが…美希もパーフェクトコミュニケーション…!)」


631: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:47:02.17 ID:YWHUdAbc0

響「た、貴音…?///」

貴音「響…私には何も問うてはなりません…」ギューッ…

貴音「ただ私は…」

貴音「思う存分抱擁をして良いと…」

貴音「そう命じられただけのですから」ムギュー…

響「え、えと…?」

響「う、うん…?」






律子「長かったですね…」

P「あぁ…」


637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:50:30.97 ID:YWHUdAbc0

貴音「……」ムンギュー…

響「……」

響「(貴音はただ一心不乱に自分にハグしてる…)」

響「……」

響「じゃあ、自分もっ!!」ギュー!!

貴音「響っ!!」

響「貴音っ!!」






律子「感動で前が見えません」

P「いやー半日もかかるとなぁ…」


640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 21:54:29.64 ID:YWHUdAbc0

貴音「ひーびき♪」

響「たーかね♪」

ビーッ!

貴音「…!!」クワッ…

律子「あぁ、そのままで大丈夫よ」

貴音「…♪」

P「とりあえず、響?」

響「うがっ?」

P「今日一日どうだった?」

響「うーん…そうだなぁ…」

響「失敗もしちゃったけど…」

響「だけど、それをバネにして、これからもみんなと仲良くやりたい!」

響「みんなと友達でいたいぞ!」

P「大丈夫だ」

P「俺もみんなもお前の仲間で、そして友達だ」


650: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:01:04.22 ID:YWHUdAbc0

P「貴音、話せるか?」

貴音「あなた様…」

貴音「ええ、問題ございません」

P「これでアイドル同士の対話は終わりを迎えるんだが」

P「一応大トリをつとめたってことで何か感想を貰えないか?」

貴音「今日一日の…」

貴音「そうですね…」

貴音「私達、765プロのアイドルの皆は…」

貴音「友情、愛情…」

貴音「そして互いへの信頼…」

貴音「全てを兼ね揃えた、ぱーふぇくとな仲間達です♪」

P「うん、ありがとう」

P「本当、みんなには良いものを見せてもらったよ」


655: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:04:52.66 ID:YWHUdAbc0

律子「けど、まだ終わりじゃないんですよね」

P「あぁ、そうだな」

P「春香、長い間待たせてすまかったな」

春香「あぁ、いえいえ!」

P「美希はハグ禁止…」

美希「ぶーっ…」

P「さてと…」

P「(春香と美希…)」

P「(この確執を知ったまま知らんぷりするのは…)」

P「(みんなのプロデューサーとは名乗れないよな!)」


661: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:08:25.24 ID:YWHUdAbc0

P「二人とも!」

P「先に言っておくぞ!」

春香&美希「…?」

P「俺は今、恋心抱いている女性はいない!」

春香&美希「…!?」

P「そして…」

P「例え好きな女性が出来たとしても…」

P「765プロのアイドル全員をトップアイドルにするまでは…」

P「誰とも恋愛関係になる気は無い!」

春香&美希「…!!」

律子「ほほー…」


667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:11:42.53 ID:YWHUdAbc0

春香「プロデューサーさん…」

美希「それって…」

P「ところで春香と美希?」

春香&美希「?」

P「お前ら俺のことを抜きにして、お互いのことどう思っている?」

春香「えっ…」

美希「それは…」

春香&美希「友達として仲間として好き…」

春香&美希「……」

春香&美希「わっ!?」

P「…そうか、安心したよ」ニコッ

律子「ふむふむ」


674: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:15:06.34 ID:YWHUdAbc0

P「それだったら仲間としてライバルとして!」

P「助け合い競い合ってトップアイドルを目指せ!」

P「そして俺のことを惚れさせてみせろ!」

P「話はそれからだっ!!」

春香&美希「……」

春香「…これは」チラッ…

美希「…一時休戦ってやつ?」チラッ…

春香&美希「……」

春香「…ふふっ♪」

美希「…あはっ♪」

律子「おおおおっ」


681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:19:10.16 ID:YWHUdAbc0

春香「負けないよー美希っ!」

美希「ふふん♪ミキだって!」

P「……」

P「(…ふう)」

P「(これで本当にパーフェクトコミュニケーション…!)」

P「検証完全終了だ!」

律子「やったー!」

P&律子「……」

P&律子「…疲れた」




アイドル達『ちょっと待った!!』




P&律子「!?」


692: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:22:50.01 ID:E06KvPbg0

律子参戦?


693: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:24:34.70 ID:YWHUdAbc0

千早「話は聞かせてもらいました!」

雪歩「と、トップアイドルになれば…プロデューサーと恋人になれる権利…」

やよい「家族が増えますー!!」

伊織「伊織ちゃんを差し置いて何勝手に始めちゃってるわけ?」

あずさ「お嫁さんにしたいって言葉、聞いてましたよ?」

亜美「亜美が一歩リードってところですかなー?」

真美「真美だってすぐに追いつくし!」

真「目指すゴールは王子様とお姫様!」

響「式は沖縄が良いぞ!」

貴音「私は月が…」

P「み、みんな…」

律子「帰ってなかったの…?」

春香&美希「……」

春香「…ふふっ♪」

美希「…あはっ♪」


694: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:25:12.77 ID:/Eut9Wq00

待て、まだ早い


696: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:28:39.16 ID:YWHUdAbc0

春香「良いよね!ライバルは多い方が燃えるよね!」

美希「全くなの!もう寝てる場合なんかじゃないの!」

P「……」ポカーン

P「…ははっ」

P「まぁ、なんだ…事務所全体の士気が上がるのが…」

律子「天然ジゴロ」

P「うっ…」

律子「スケコマシ」

P「ううっ…!」

律子「まぁ、私もプロデューサー殿のこと好きですけど」

P「……」

P「…えっ?」


小鳥「ちょ、ちょっと!ちょっとー!?」


P「うわ!?なんか来た!?」


697: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:29:11.67 ID:Na01cl8E0

小鳥さんの扱い…


698: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:30:04.29 ID:dQiZRTdf0

りっちゃんのストレートな告白ktkr



701: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:31:01.56 ID:W6GafBQr0

小鳥さん...


702: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:31:43.51 ID:MHOwvyBT0

万を時しての登場がなんかあつかいwww


708: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:33:58.33 ID:YWHUdAbc0

小鳥「アイドルとプロデューサーで真面目なお話をするって言うから今の今まで大人しくしていたら…」

小鳥「なんですか!?この展開!?」

小鳥「私もプロデューサーさんのこと好きなんですけどぉ!?」

P「ちょ、ちょっと落ち着いて!?ってか、酒臭っ…!?」



社長「はっはっは」



P「社長!?」

社長「うむ。仲良きことは美しきかなだ」

社長「結構。実に結構だ!」

P「……」

P「それで済ませて良いんでしょうかね…?」

小鳥「だめー!!」

P「ちょ、小鳥さんっ!とりあえず、落ち着いて!」


710: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:35:14.08 ID:/rc9KJF50

まさか社長も・・・


713: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:39:05.09 ID:YWHUdAbc0

律子「ちなみに私はどうすれば条件満たせます?」

律子「いざとなればアイドル復帰も…」

P「いや、律子。頼むから一度収集をつけさせて…」

小鳥「私もアイドル復帰ー!!」

社長「私もプロデューサーに戻る時が来たか…」

P「……」

P「は、ははっ!」

P「もうこうなったら、どんな道でもだ!」

P「うちの765プロに不可能は無い!」

P「全員が全員の思う道を突き進んで!」


全員『目指せ!アイドルマスター!』


おわり


718: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:40:25.08 ID:dRqLKGvT0

よく頑張った


719: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:40:40.83 ID:/Eut9Wq00

りっちゃんは・・・無しか・・・乙


721: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:40:50.43 ID:V9q79PdCi


大変だったと思うけどおもしろかったよ


728: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:42:26.32 ID:W6GafBQr0

俺の一日はこのスレで始まりこのスレで終わった
マジ楽しかったよ


729: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:42:52.02 ID:Ruzih6sG0

書ききったことだけでも十二分に評価出来る


736: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:45:36.80 ID:grPZaYOB0

律子のストレートな告白まじ最高!
乙っしたー!


742: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:51:21.13 ID:YWHUdAbc0

正直途中で投げ出す気満々でした
呼称とか細かいとか間違えてたらすいません
疲れました


長々と付き合ってくれてthx


744: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:53:39.80 ID:+xy/Ug/W0

>>742
お前ならできると思ってたよ乙


745: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:53:58.97 ID:W6GafBQr0

>>742
礼なんていらないよ!!!


748: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:55:10.12 ID:PFbGUFgz0

>>742
アンタマジでスゲーよ
乙っした


751: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:58:06.40 ID:lqW/Iish0

>>742

これからも君の手腕を頼りにしているからね


755: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 23:01:23.08 ID:7yvTHwoj0

>>742
おつでした~
今日は良いものがみれた


747: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:55:01.24 ID:TW5RNKXL0

お!Pと律子も行くのか!?


749: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:56:15.15 ID:Vz8p8BcMO

また保守スレかと思ってたら、ほぼノンストップで完結しててワロタ

すげーよ
乙だよ


750: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 22:57:15.17 ID:Cp9lJEq50

一日ぶっつづけかすげーよw



756: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 23:02:05.58 ID:kSxLR3Fi0

神を見たことある?

 無い ─┐   ┌───わからない 9%
 11%  │_..-ー''''''l'''''― ..、
     ./   .l,  |     `''-、
   ./     .l  .|       \
   /ゝ、     l. |         ヽ
  ./   .`'-、    l. |           l
 │      ゙''-、 .l,|             l
  |         `'″          |
 │                   ,!
  lインターネットで見た80%   /
  .ヽ                  /
   .\              /
     `'-、              /
       `''ー .......... -‐'″


757: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 23:04:41.79 ID:2EDiwL6Y0

乙!よくやってくれた


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。