スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「俺は人の心が読める」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 19:08:51.15 ID:tBVqN7Wq0

P「お疲れ、春香」

春香「あっ、お疲れ様です!」

春香(うぅ…早くトイレに行きたい…)

春香(でも…プロデューサーさんとお話し出来るならちょっとぐらい我慢しても…)

P「我慢するのは身体に毒だぞ?」

春香「そ、そうですよね…行ってきます!」ダダッ



春香「あれ?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 19:14:01.37 ID:FQV80Dt+P

どう考えても小鳥さん一択だろ


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 19:14:18.19 ID:tBVqN7Wq0

美希(春香はハニーに近づきすぎなの……)

春香(いっつもいっつもベタベタしちゃって……)

千早(プロデューサーに私の気持ちが…分かるはず無い)

雪歩(あはは、私だけのプロデューサー…みんな邪魔…)

あずさ(運命の人……どうして私だけを見てくれないの?)



P「もう限界だ。耐えられない」

P「ははっ…何か初めから裏切られた気分だ」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 19:52:04.90 ID:FQV80Dt+P

美希「ねぇねぇハニー!」ダキッ

P「お、おいおい美希」

美希「いいでしょ~?今日は疲れちゃったの」

P「まあ確かに今日も頑張ってくれたけどさ、事務所なんだし……」

春香「おはようございまーす!あ、美希」

美希「あ、春香おはようなのー」

美希(チッ、来るの早過ぎなの……どうせまたわざと転んでハニーの気を引こうったってそうはいかないの!)

春香(またべたべたして……よし)

春香「あっ……!」ズルッ

美希「……!あ、危ない!ふぅ……気をつけなきゃダメだよ?春香~」

春香「あ、ありがと……えへへ、気をつけなきゃ、ね」

P「おいおい気をつけろよ、春香。美希ありがとな」

美希「えへへ~春香はお友達だから当然なの!」

春香(余計なことを……)

美希(ハニーに飛び込もうなんてそうはいかないの!)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 19:53:10.44 ID:FQV80Dt+P

書いた後に既視感が


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 20:14:57.60 ID:FQV80Dt+P

P「……」

春香(美希がその気なら……)

春香「プロデューサーさん!今日はクッキーじゃなくてチョコを作ってみたんです!いかがですか?」

P「おぉ!たまにはいいな、どれひとつ……」

美希「むっ……」

P「うん!うまいよ春香!いやぁ流石春香、お菓子はハズレがないな!」

春香「そんなことないですよ!でもよかったです喜んでもらえて!」ドヤッ

美希「……」

美希(ミキと張り合う気……?でも、そんなんじゃまだまだミキには勝てないってこと教えてあげるの!)

美希「ねーハニーミキもそれ食べたいのー」

P「え?いや、食べればいいじゃないか」

美希「もーハニーのドンカン!食べさせて欲しいの!ねーいいでしょ?あーん!」

春香(なっ!私の持ってきたチョコでそんなこと……させない!)

P「……ったくしょうがないな美希は。ほらあー……」

春香「っと!はい!美希ほら、どう?どう?」スッ


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 20:28:28.55 ID:FQV80Dt+P

美希「む……おいしいけど……違うの!ミキはハニーに食べさせてもらいたかったの!」

P(やばい、笑いこらえるのがキツイ……いや俺のことなんだろうけどどっちもどっちだからなぁ……)

P(さて、乗ってやるとしよう)

P「わかったわかった、ほら美希あーん」

美希「えっ?あ、あーん!ん!おいしいの~!」

春香「えっ!?じゃ、じゃあプロデューサーさんわ、私にもその……」

美希「ねぇハニー!もう一回!もう一回!」

P(悪いな春香、聞こえてるけど今はこっちだ)

P「わかったからがっつくな。ほら」

美希「んー!おいしいの~!こうやってると恋人同士みたいだね!」

春香(ミキめ……どこまでも私をおちょくる気ね……ようしここはよし家庭的なのをアピール……)

春香「あ、もうプロデューサーさんチョコついてますよ」スッ

P「んっ、悪い悪いありがとな」

春香「いえ!これくらい気が付くの当然ですから!」

美希(まだ来るの……よし、最終手段キスで行くの!)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 20:32:56.87 ID:FQV80Dt+P

P(え、それはちょっとまずくないか?んー……どうやって避けるか)

美希「ハニー!ちょっと残ってるの!ミキもとってあげるから、目閉じて?」

春香(ちょ、美希!さすがにそこまで……いや、ここまで来たら私だって!)

P(ん?この声は……)

???(今日はどんなカップリングが見られるかしらね……・うふ、うふふ……)

P(明らかに邪念に満ちた……いや、これを利用すれば!)

P「ん?あ、あぁ」ギュッ

美希(いまなの!)ダッ

春香(させるかっ!)ダッ

ガチャッ

小鳥「おはようございまーす!」

P「あ、音無さんおはようございます」スッ

美希「えっ?……え、ちょ春香!?」

春香「わ、わぁあ!」

ゴツン


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 20:40:36.27 ID:FQV80Dt+P

小鳥「わぁお!来て早々はるみきとは私得!」

P「口に出てますが……しかも単にぶつかっただけだし」

美希「いたいの……もう!春香!」

春香「いてて……美希!なんで急に飛び込んでくるの!」

美希「それはミキのセリフなの!ミキがハニーにキスしようと思ったのに!」

春香「キスなんてしようと思ったの?私はプロデューサーさんの口についてるのをとってあげようとしただけなんだけど?」

美希「っ!ミ、ミキもそういう目的だったよ?とにかくミキの方が早かったの!」

春香「むー……」

美希「むー……」

小鳥「えっと、これはどういうことなんです?」

P「さぁ……でも俺はやっぱり、何か企んでるより正直に口に出してしまう音無さんのような人方が好きかな……」ボソッ

小鳥「え?」

春香美希「え?」

小鳥(な、何?今好きっていった?いやいやまさか……で、でももしかしたら
でもそう聞こえ間違えるってことはそれなりに気があるってことで、私がこのまま攻めればフィナーレ?ゴールイン?ハネムーン!?」

春香(う、嘘!で、でも確かに正直な人の方が印象はいいか……よし!)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 20:45:47.66 ID:FQV80Dt+P

P(音無さんのは途中から口に出てるし……試しに言ってみたがさあどうなる……?)

春香「プロデューサーさん!好きです!」

P「……ん?」

春香「……ってわ、わああ!!わ、私何言って!!」カアァ

P「お、おう……」

春香「い、いえ!聞かなかったことにしてください!」

P(まあどっちかってと日々聞こえてるんだけど……それよりこっちはこっちで……)

小鳥(私も好きでした…いや、私から言わせてください!え、でももう半分言われてるような……なんて切りだそう……)

美希「ミキはもともと企んでなんかいないの!ずっとハニーのこと好きで来たよ!」

P「……美希」

美希「それでも、美希の気持ちは簡単に見られちゃうのかな。でも大丈夫なの!美希はいつまでも待ってるから!」

P「……」

P(それどころじゃないというか、今外ががやがやして半分くらいしか聞こえなかった……)

春香(流石美希だな……でも、私もまだ頑張らなきゃ!)

ガチャッ


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 20:56:48.01 ID:FQV80Dt+P

人増やしたら大変そうだしここからの展開も思いつかないのだが


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 21:06:10.45 ID:FQV80Dt+P

書いてて思うんだけどこの能力1:1のがやりやすいよね
もっとうまくかけるひとなら掛け合いと読み合いでいい感じになるんでしょうけど


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 21:08:08.20 ID:FQV80Dt+P

むしろ誰か書いて俺は休憩する


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 21:27:04.76 ID:w9+0UGr80

やよい「うっうー!」

P「やよいはいつも元気だな」

やよい(大根は駅前のスーパーのほうが五円安いけれど、もやしは近所の八百屋さんのほうが……)
やよい(八百屋さんは時々オマケしてくれる……)
やよい(スーパーだと時々廃棄寸前の半額見切り品がある)
やよい(パートのおばちゃんが見切り品を隠してくれる……)
やよい(あ、給食費が明後日までだ)
やよい(えーと、お給料はまだだから……)
やよい(そうだ、電車代を貰って、歩いてスタジオまで行って……)
やよい(お弁当は、ADさんが300円で買ってくれるから)
やよい(なんとか、ギリギリ間に合うかな……)
やよい(お茶は持って帰って、冷蔵庫に入れて)
やよい(遠足の時の水筒に入れて)
やよい(……お腹減ったなぁ)

やよい「はい! 今日も元気です!」

やよい「あの……? なんで泣いてるんですか?」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 21:43:43.48 ID:w9+0UGr80

伊織「おはよう、やよい」

やよい「あ、伊織ちゃん、おはよう」

伊織(なんか、また痩せてない? ちゃんとご飯食べてるのかしら?)

伊織「ふぅ、そういえば、やよいにお願いがあるんだけど?」

やよい「なんですか?」

伊織(何がいいかしら……そうね、一番わかりやすいのは)

伊織「もらい物の缶詰があるのだけど、多すぎて困っているのよ。良かったら、やよい貰ってくれない?」

やよい(……まただ)

伊織「同じものばかりあっても困るし、そもそも、あんまり缶詰って食べないのよ」

やよい(伊織ちゃん、また……)

伊織「ツナ缶と、蟹缶と、牛肉缶なんだけど、構わなければ明日にでも持っていくわ」

やよい(また、伊織ちゃんに心配かけてるのかな……)

伊織「やよい?」

やよい「えええー、いいんですか、そんなの」

伊織「いいのいいの、私とやよいの仲じゃない」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 21:49:13.49 ID:w9+0UGr80

P「……」

伊織「あれ、アンタいたんだ」

P「……」

伊織「どうしたの……って、アンタ、泣いてるの?」

P「え、ぐっ……いや、泣いてない。泣いてないぞ」

伊織「いや、思いっきり泣いてるじゃない」

P「泣いてない! 俺は泣いてないぞ!!」

伊織「あ、ちょっと」

やよい「あ、走っていっちゃいました」

伊織「なんなの、あれ」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 22:01:27.83 ID:w9+0UGr80

P「……つい走って逃げてしまった」

P「凄いな、伊織は……」

P「俺はこんな力がある」

P「伊織にはないはずだ」

P「でも俺は、やよいに何も出来なかった」

P「伊織は、やよいの様子を見ただけで咄嗟に……」

P「はあ……凄いな、伊織は」

P「……」

P「……」

P「駄目だ。コンビニでコーヒー……いや、オレンジジュースでも買って帰るか、それしプリンと」

P「あれ? あそこにいるのは……響?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 22:06:02.07 ID:w9+0UGr80

P「響、こんな所で何してるんだ?」

響「あ……」

響「は、はいさーい、プロデューサー」

P「ん? 何か一瞬間が」

響「な、なんでもないぞ」

響(イヌ美、大丈夫かな……)

響(獣医さんはタダの夏バテだって言ってたけど)

響(みんなも一緒だけど、大丈夫かな)

P「なあ、響」

響「ん?」

P「何かあったんなら、何でも相談してくれよ」

響「うん。ありがとうだぞ」

響(仕事の悩みならまだしも、こんなことプロデューサーに言えるわけないさー)

P「いや、本当に、何でもいいから言ってくれよ?」

響「??? プロデューサーも何かおかしいぞ?」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 22:16:19.02 ID:w9+0UGr80

P「あ、いや、俺はタダ、なんというか、響が元気なさそうだから……」

響「そんなことないぞー、ほらほら、こんなに元気だぞ!」

響「ちょっと、考え事してただけさー」

響「あ、貴音だ。はいさーい」

貴音「響、こんな所に」

貴音「あなた様もご一緒でしたか」

P「いや、俺はたまたまそこのコンビニに買い物に行こうとして、響に会ったのは偶然だよ」

貴音「そうですか。では、響。約束の時間を忘れているとは言わせませんよ?」

貴音(十分前でこの場所ですから、充分に間に合いますね)

響(よし、この時間なら遅刻じゃないぞ)

P「あれ? お前ら、今日は二人とも休みじゃなかったか?」

響「休み明けは、二人で一緒に仕事だから、打ち合わせだぞ」

貴音「戴いた台本の読み合わせをしておこうと、約束を交わしておりますので」

P「ああ、そういうことか」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 22:24:31.31 ID:w9+0UGr80

P(いや待てよ。読み合わせなら急ぐことはないんじゃないか?)

P(貴音はイヌ美のことを知らないんだろうな)

P(……どうやったら、響を家に帰らせることが出来るか……)

P「その読み合わせって急ぐのか? 今日じゃないと駄目なのか?」

響(!? ……時間が空けばイヌ美の様子が……)

貴音「これはあなた様とも思えぬお言葉」

響(でも、これは……貴音にだって迷惑が)

響「……うん、今日じゃないと、二人の時間が合わないから……今日じゃないと絶対駄目さ」

P(……しまった)

貴音「では、響」

響「うん」

貴音「……?」

響「うん?」

貴音「響、どうかしましたか?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 22:35:14.72 ID:w9+0UGr80

貴音「なにやら、響からただごとならぬ雰囲気が漂っているのですが」

P(?!)

響「え?」

貴音「響、何を心配しているのですか?」

響「え、え……」

貴音「私は、響にとって信用ならぬ相手だったのですか?」

貴音「私は、響にとって我が侭の一つも言える相手。そのような関係だと自惚れていたのですが……」

P(……貴音の言葉と思いが全く同じじゃないか……)

響「わ、我が侭なんて、自分が貴音に言うわけ無いぞ!」

貴音「私にはわかっているのですよ。響の我が侭ということは、誰に迷惑をかけるためでもない、誰かのための我が侭だと」

貴音「私は我那覇響という人間を、そのような人間だと認識しています」

響「貴音……」

P(響まで……こいつら、裏表がない!?)


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 22:40:11.28 ID:w9+0UGr80

響「ごめん、実は……」

貴音「なんと、そのような事情が」

響「だから……」

貴音「皆まで言う必要はありません。すぐに家族の所へ戻るのです」

貴音「読み合わせなど、いつでも出来るというものです」

響「ありがとう、貴音」

貴音「さあ、早く」

響「恩に着るさー」

P「……」

貴音「……」

P「なあ、貴音?」

貴音「はい?」

P「なんで、わかったんだ?」

貴音「とっぷしーくれっとです」

貴音(響ですから)


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 22:48:06.70 ID:w9+0UGr80

P「ふう……」

貴音「どちらへいかれるのですか?」

P「事務所に戻るよ、買い物を済ませて……あ、この時間だと飯も済ませてだな」

貴音「ご一緒してもよろしいですか?」

P「……折角ここまで出てきてるんだ、昼飯ぐらいは奢るよ」

貴音「めにゅーはお任せします」

貴音(らあめんらあめんらあめんらあめんらあめんらあめんらあめんらあめんらあめんらあめんらあめんらあめんらあめん)

P(うん。今なら能力無くても貴音の考えてることわかる)

P「ラーメンでも行くか」

貴音「はい」

貴音(♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪)


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 22:53:38.44 ID:FQV80Dt+P

ここはそれじゃあイタリアンに行こう。と言ってしょぼんとするお姫ちんを見てからだろうが!


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 22:54:17.37 ID:w9+0UGr80

よし、あと、誰か頼む



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 23:07:34.27 ID:w9+0UGr80

>>75
がんばれ


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 23:08:30.40 ID:FQV80Dt+P

小鳥さんの妄想がばれるのはデフォという風潮


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 23:16:59.48 ID:w9+0UGr80

P「ただいま戻りました」

小鳥「あ、お帰りなさい」

P「あれ、伊織とやよいは?」

小鳥「荷物を取りに行くって、二人で行きましたよ。伊織ちゃんの家から車が来てたみたいですけれど」

P「あー、缶詰、今日にしたのか」

小鳥「缶詰?」

P「なんでもありません」

P「あれ、それじゃあ、小鳥さんお一人ですか?」

小鳥「いえ、あずささんが今着替えてます」

P「着替え……」

小鳥「覗いちゃ駄目ですよ」

P「あはは、いや、そんな」

小鳥(覗いたら殺す)

P「!!!!」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 23:19:34.53 ID:w9+0UGr80

あずさ「あ、プロデューサーさん、帰ってらしたんですか?」

P「今戻ってきたところです、あずささんこそ、現場終わったところですよね」

あずさ「はい。荷物をこちらに置いていたので、帰りに寄ったんですけれど」

P「ああ、そうだ。ジュースを多めに買ってるんで、一本どうですか?」

あずさ「まあ、いいんですか?」

P「ええ。沢山買ってきたんで」

小鳥(ピヨピヨピヨピヨピヨ)

P(心の中でも「ピヨピヨ」だとぉ!?)

P「あ、勿論、小鳥さんのもありますよ、お好きなのどうぞ」

小鳥「さっすが、プロデューサーさんですね」

小鳥「……ビールはないんですね」

小鳥(って、言ってみるテスト~♪)

P「おい」

あずさ「二時間くらい早すぎますね」

P「え」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 23:27:40.15 ID:w9+0UGr80

小鳥「さすがに二時間はちょっと」

小鳥「一時間も我慢できません」

あずさ「じゃあ、一時間は我慢できるんですか?」

小鳥「……三十分で」

P「二人とも、ここ事務所ですから」

小鳥「Pさんにはわからないんです」

あずさ「ええ」

P(あれ? 俺が悪いの? おれが悪いの?)

小鳥(あずささん、可愛いなぁ)

あずさ(音無さん、可愛い)

P(え?)

小鳥(私が男なら、絶対ほっとかないのになぁ)

あずさ(私が男なら、絶対口説いてますよね)

P(……おいおい)


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 23:29:59.16 ID:UM4hOXgy0

ゲームとアニメは別世界だし
ぶっちゃけみんな全くの別人じゃん


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 23:35:21.20 ID:gjd2bc0E0

んなこと言いだしたらアケマスの頃からゲームも大分変わってるんだけど


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 23:36:45.60 ID:Dsujf2C40

                     /j
                   /__/ ‘,
                  //  ヽ  ', 、
                    //    ‘  ! ヽ             …わかった この話はやめよう
                /イ       ', l  ’
               iヘヘ,       l |  ’
               | nヘヘ _      | |   l            ハイ!! やめやめ
               | l_| | | ゝ ̄`ヽ | |〈 ̄ノ
               ゝソノノ   `ー‐' l ! ¨/
            n/7./7 ∧        j/ /     iヽiヽn
              |! |///7/:::ゝ   r===オ        | ! | |/~7
             i~| | | ,' '/:::::::::::ゝ、 l_こ./ヾ..     nl l .||/
             | | | | l {':j`i::::::::::::::::`ーr '         ||ー---{
              | '" ̄ ̄iノ .l::::::::::::::::::::::∧       | ゝ    ',
      , 一 r‐‐l   γ /、::::::::::::::::::::::::〉ー= ___  ヘ  ヽ   }
    / o  |!:::::}     / o` ー 、::::::::::::i o ,':::::::{`ヽ ヘ     ノ
   / o    ノ:::::∧   /ヽ  o  ヽ::::::::| o i::::::::ヽ、 /   /
   /    ノ::::::/    /::::::::ヽ  o  ヽ:::| o {::::::::::::::Υ   /


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 23:37:50.81 ID:w9+0UGr80

小鳥(それに引き替え……私は……)

あずさ(私とは違うのね)

小鳥(あずささん、スタイルもいいし、可愛い性格だし)

あずさ(才女だし、色んなスキル持ってるし、憧れちゃいますね)

小鳥(現役アイドルだもんね……私よりスペック上で当たり前か……)

あずさ(一人で事務所を切り盛りしてる人だものね、レベル高くて当然ね……)

P(……)

P(二人とも充分なくらい可愛いしきれいなのに)

P「二人とも充分なくらい可愛いしきれいなのに」

小鳥「え」

あずさ「え」

P「あ」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 23:43:14.46 ID:w9+0UGr80

P「やべっ」

あずさ「プロデューサーさん?」

小鳥「プロデューサーさん?」

P「あ、いや、あの」

小鳥(どうしたんだろう、突然)

あずさ(言ってもらえたこと自体は嬉しいことだけれど)

小鳥(「二人とも」って?)

あずさ(どうして二人一緒に?)

小鳥「あのですね。プロデューサーさん?」

P「は、はい」

小鳥「可愛いときれい、これは確かに言われて嫌な言葉ではないんですけれど」

小鳥「二人とも、というのはどういう意味ですか?」

P「あ、いや……」

P「こんな時に突然片方だけ褒めるのも変ですよね?」

小鳥「はあ……」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 23:49:30.60 ID:w9+0UGr80

小鳥「そういうときは、あずささんだけを褒めてください」

P「は?」

小鳥「考えても見てくださいよ?」

小鳥「私は事務員です。あずささんはアイドルです」

小鳥「きれいで可愛くあるべきなのはどっちですか?」

小鳥「事務員ですか? アイドルですか?」

P「……アイドルです」

小鳥「よくできました」

小鳥(どちらにしても、あずささんのほうがきれいで可愛いんですから)

あずさ「あの……それはちょっと」

小鳥「え?」

あずさ「プロデューサーさんが思ったことを言えばいいんです」

あずさ「アイドルだから褒めなきゃ駄目とか、アイドルだからきれい可愛いと言わなきゃ駄目とか」

あずさ「少なくとも、私個人は別に構いませんから」

あずさ(音無さん、充分に可愛いしきれいだから)


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 23:57:58.56 ID:w9+0UGr80

P(よし……こうなったら)

P「二人とも、正直に答えて欲しいんですけれど」

小鳥「はい」

あずさ「はい」

P「深く考えずに、正直に、瞬間的に答えてください」

P「今、この場で、自分が二番目にきれいだと思うひと挙手!」

あずさ「あ」

小鳥「え」

あずさ「音無さん、どうして……」

小鳥「あずささんこそ、どうして手を挙げてるんですか」

P「二人とも、相手のほうがきれいだと思ってたんですよ」

小鳥「あずささん」

あずさ「音無さん」

小鳥「あの、なんだか照れちゃいますね」

あずさ「うふふ、私もです」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 00:02:50.42 ID:7Ca+clCa0

P「よし……」

小鳥「もう、あずささんったら」

あずさ「音無さんだって」

P「えーと」

小鳥「小鳥でいいです」

あずさ「それじゃあ、小鳥さん」

小鳥「うふふ、照れますね」

P「あれ?」

小鳥(ドキドキドキドキドキドキドキドキ。ど、どうしよう、あずささんが小鳥って、小鳥って)

あずさ(呼んじゃった、小鳥って呼んじゃった、えーと、それじゃあ、それじゃあ次は)

あずさ「あの、さん付け、やめません?」

小鳥「え」

あずさ「お互いにさん付けを止めて……」

あずさ「……小鳥?」

小鳥「……あ……あずさ」


123: >>114 夢ぐらい見たっていいだろぉよぉぉぉぉぉぉぉおおおおお!!! 2012/08/19(日) 00:06:43.94 ID:7Ca+clCa0

あずさ(きゃあああああああああ、呼び捨てしちゃった)

小鳥(あう、あう、ピヨ……呼び捨て……あずささんを呼び捨て……)

P(うわあ……)

あずさ「小鳥」

小鳥「あずさ」

P(なんだろう、この疎外感……)

P「あの」

あずさ「……」

小鳥「……」

P「あの……」

あずさ「……」

小鳥「……」

P「ごめんなさい、外回り行ってきます」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 00:20:30.01 ID:7Ca+clCa0

P「……なんか、デジャブーだ」

P「はぁ……心が読めたって、何の役にも立ってないよな」

P「伊織も貴音も、心が読めなくたってやよいや響のことがわかってた」

P「……小鳥さんとあずささんの場合は読まない方が良かったような気がする……」

P「はあ、こんな能力、いらないかなぁ……」

P「ん?」

P「あれ」

P「何か聞こえて……」

P「いや、ちょっと待て、今は別に心を読もうとはしてないぞ」

P「え、ちょっと……」

P「あ、あ、あ、………」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 00:34:46.73 ID:7Ca+clCa0

P「あ、あ、あ………」

???(にょわ~!)

???(うう……働きたくない)

???(闇に飲まれよ!)

???(はぴはぴ?)

P(な、なんだ……これ……)

???(……他の人のアドレス、消しますから)

???(チャオ☆)

???(飴くれないかなぁ)

???(きゅんきゅんさせちゃうよー☆)

???(よし、休もう)

???(727272727272727272727272)

P「…………☆△×■※………」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 00:43:47.21 ID:7Ca+clCa0

 一週間後……

千早「おはようございます」

P「おはよう。今日は顔色があんまり良くないな。夜更かしでもしたか?」

千早「わかりますか? 実は衛星放送深夜に海外からの生ライブがあって……」

P「あー、それなら気持ちはわかるけどな。せめてちゃんと食事はしろよ。食欲無いからって朝から飲み物オンリーは良くないぞ」

千早「あ……」

P「それくらいわかるさ。今日明日の付き合いじゃないんだ」

P「それじゃあ、朝一の予定、こなしてこいよ」

千早「はい、あの……」

P「ん? 春香なら今日は昼からだぞ」

千早「……凄いですね。心が読めるみたいです」

P「……皮肉なもんだな」

千早「はい?」

P「いや、なんでもない。さ、行ってこい」

P(心が読めなくなった今のほうが、こいつらの気持ちがよくわかるなんてな)
                                                      終


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 00:46:27.34 ID:jk4P+XI/0



最後
P「~昨日今日の付き合いじゃないんだ」
の方が良かったのでは?


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 00:51:25.36 ID:7Ca+clCa0

>>134
眠さのせいだな。

P「それくらいわかるさ。今日明日の付き合いじゃないんだ」
 ↓
P「それくらいわかるさ。昨日今日の付き合いじゃないんだ」  ってことで。


>>138ありがと

今度こそ、さよなら


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。