スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美希「ハニー、ミキね、HIP-HOPで食べて行こうと思うの!」P「…」 

カテゴリ:マジキチ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 14:59:45.36 ID:JcNKOMuR0


美希「ミキミキミキミキちぇけらっちょーなのー!」ビシッ

P「み、美希?急にどうした」

美希「へ?」

P「いや…確かに765プロは竜宮小町の三
人以外には仕事が皆無だが…」

P「だからといってアイドルやめて

美希「シャラップ!もうミキは
決めたの!HIP-HOPで竜宮小町を超えるの!」

P「いや…あのだな」

美希「どうがんばったってミキは竜宮小町に入れないの!だ、だから」


美希「HIP-HOPで自分の力を試したいの!」

P「み、美希…」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 15:00:23.35 ID:pqRU2cNQ0

つづけたまえ


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 15:05:58.07 ID:JcNKOMuR0


真美「ミキミキミキミキ♪」

美希「ちぇけらっちょー!」

P「ま、真美まで…」

真美「真美だって亜美に負けたく無い!」

P「ま、まさかお前まで…」

やよい「うっうー!」

P「…やよい」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:03:31.07 ID:JcNKOMuR0

>>68
クッソワロタ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 15:11:18.58 ID:JcNKOMuR0


やよい「わ、私だって竜宮小町に負けたく無いです!」

P「…」

真美「そうだよーそれにこれで三人だよ兄ちゃん!」

美希「竜宮小町とメンバーの数が一緒なの!」

P「いや…だから俺はみんなの

やよい「うっうー!プロデューサーは私達の事見捨てるんですかぁ…」ウルウル

P「う"っ!」

真美「兄ちゃんが真美を見捨てるなら真美、765プロやめる…」

P「なっ!?」

美希「…ハニー、ミキ達に力を貸してほしいの」

P「うぐぐ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 15:14:39.18 ID:JcNKOMuR0


小鳥「え、ええぇぇえ!」

P「すみません…当分は他のアイドル達に時間を使えないというか…」

真美&美希&やよい「~♪」ニコニコ

小鳥「ちょ、ちょっと待ってください!いくらなんでも勝手すぎます!」

P「…」

小鳥「だ、だったら社長にでん

P「小鳥さん!」

小鳥「だ、だめです!他の彼女達を見殺すきですか!?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 15:18:54.22 ID:JcNKOMuR0


やよい「うっうっうー!」

真美「マミマミミキミキ」

美希「ちぇけらっちょーなのー!」ビシッ

小鳥「!!!!」

P「どうですか…彼女達はもってます」

小鳥「す、すごい…ま、まさかこんなに」

P「しかもつい五分前に結成したんですよ?信じられますか」

小鳥「ごっ!五分前ですか!?」

P「……俺は本気です」

P「竜宮小町を超えて見せます」




千早「…」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 15:26:35.90 ID:JcNKOMuR0


こうしてやよい、真美、美希の三人でユニットを結成した
社長には内緒で…小鳥さんには事務所の雑務+アイドル達の育成に当たって貰った…

小鳥さんは猛反対だったが、一晩ホテルに泊まり真美と美希のポケットマネーで黙ってくれた


P「おっし!今日も頑張るぞ!」

真美「ねえねえ兄ちゃん」

P「ん?どうした真美」

美希「そろそろ美希達にもユニット名がほしいなぁ」

P「ユニット名かぁ」

やよい「うっうー!もやしと姉妹をかけたもやしまいがいいと

美希「シャラップ!」

やよい「ぅっぅー…」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 15:32:52.18 ID:JcNKOMuR0


P「うーん…」

美希「ハニーはどんな名前が良いと思う?」

P「…三人の頭文字をとるとか」

やよい「うっうー!だったらM(真美)M(美希)Y(やよい)がいいですー!」

真美「名前の頭文字なのやよいっち?」

やよい「だ、だって私達の苗字を言える人なんて皆無にちかいです…」

美希「…」

P「…」

真美「…」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 15:39:53.97 ID:JcNKOMuR0


P「だ、だったらさ、これを機に苗字を覚えてもらうってのはどうだ?」

美希「これを機に?」

P「だからさ…」

P「H×Hなんてどうだ?」

真美「はんたー」

やよい「はんたー?」

P「そっ!H(双海)T(高槻)H(星井)でH×H」

美希「なんでTじゃなくて×なのハニー」

P「あぁ、それはだな」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 15:43:24.40 ID:JcNKOMuR0


P「やよいはドジだから」

やよい「!」

P「やよいはいつもレッスンで足でまといだからな」

やよい「…」プルプル

P「だから転けてる方がやよいらしいだろ?」

やよい「うっ、うっうー!プロデュ

真美「兄ちゃん天才!」

やよい「えっ…」

美希「ミキも賛成なのー!」

やよい「えっ…ぅっあ…」プルプル

P「だろ?だからH×Hで決まりだな」

やよい「……」

真美「ハンターハンターなんてかっこい→!」

美希「やよい!頑張ろーなの!」

やよい「……ぅっぅー」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 15:48:27.09 ID:JcNKOMuR0


こうしてユニット名は『H×H』に決まった
その日から俺達四人はHIPHOPを勉強した、意外にも真美の伸びが良く真美を筆頭に三人は成長していった


P「よし!今日はライブハウスでライブだぞ!」

真美「やったね兄ちゃん!真美達の伝説が始まるよー!」

美希「これで知名度を上げてテレビ出演なの!」

やよい「うっ、うっうー!」

P「とりあえず俺は事務所に戻って小鳥さん達の様子をみてくるよ」

真美「そういえば最近ずっと行ってなかったね事務所」

美希「みんななら大丈夫なの!だって765プロのアイドルだもん!」

やよい「うっうー!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 15:57:23.94 ID:JcNKOMuR0


~事務所~

ガチャ

P「やぁ、ひさし…

小鳥「あ"~ひさしぶりですねぇプロデューサーさん」

P「…なっ(なんだこの散らかった部屋は)」

春香「あー、プロデューサーさんじゃないですか!」

P「あっ、はる

P「かぁ!?なななな、なんだよその衣装!」

春香「へ?なにいってるんですか?」

P「いやっ、おま…黒、黒!!」

千早「当たり前です」

P「ち、千早!?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 15:58:43.20 ID:XqJCGv6V0

ヴィジュアル系はあかんでぇ


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 16:01:16.33 ID:JcNKOMuR0


千早「私と春香…そして響は」

響「なあぁんくるうぅ、っないさあぁあああ!」

P「ぐおっ!なんちゅうビブラート!?」ビク

響「自分、メタルで食べて行く事に決めたんだぞ!」

P「め、メタルうぅ!?」

春香「そうですよプロデューサーさん」

千早「私達、いえ、『難狂う無いさ』はメタルで活動して行く事にしたんです」

P「な、難狂う無いさ…」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 16:06:34.07 ID:JcNKOMuR0


小鳥「あっ、ちなみに他のアイドル達はがんばってますよ」

P「そ、そうですか…よか

ガチャ

真「あっ!プロデューサー!ひさしぶり」

雪歩「お、お久しぶりです」

四条「お久しぶりです…」

P「なっ!な、なんだその格好は…」

P「ま、まさか…お前達」

真「うん、ボク達ビジュアル系バンドで食べてるんだ」

P「…」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 16:11:22.43 ID:JcNKOMuR0


雪歩「真ちゃん凄いんですよ!先週ライブ行ったばかりなんですけど」

四条「既に毎日ファンからラブレター」

真「あはは…ちょ、ちょっとやめてよ二人とも、恥ずかしいって」

P「…」

小鳥「まぁアイドル時代でも真ちゃんは女性から人気ありましたもんねぇ」

真「こ、小鳥さんまで」

P「…」スタスタ

春香「あれ、プロデューサーさん、もういっちゃうんですか?」

響「そうだぞー、ひさしぶりなんだしもっとはなすぉおうよぉおおお!」

P「…ごめん、目眩が」

バタン


P「ど、どうしてこうなった…」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 16:22:56.67 ID:JcNKOMuR0


美希「あっ!ハニー、おかえりなさいなの」

P「……」

やよい「?どおしたんですかぁプロデューサー」

真美「兄ちゃん?」

P「勝つぞ!!!」

美希「きゃっ!」

P「ぜ、絶対今日のライブ、成功させるぞ!!」

真美「もっちろんだよ兄ちゃん!だって真美達いっぱい練習したんだもん」

やよい「うっうー!がんばりますぅ」

P「っしゃあ!円陣組むぞ!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 16:28:18.59 ID:JcNKOMuR0


~ライブハウス~

美希「そろそろミキ達の出番なの」

真美「えへへ、頑張ろうね!ミキミキ、やよいっち!」

やよい「うっうー!」

P「…(大丈夫だ、彼女達は完璧だ…大丈夫…大丈夫!)」グッ

DJ「いぇあー!お次はアイドル生活から急変!!我らがHIPHOP界に現れた女神達だあぁ!!」

ワーワー ウォーター!!

DJ「それではいってみYO!『H×H』で『しゃらくせー朝ごはん』…チェケラ!」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 16:34:54.99 ID:JcNKOMuR0


~ファミレス~

美希「大成功なのー!」

真美「すっごかったよね、お客さん!みんなノリノリでさ!」

やよい「私も楽しかったですぅ!」

P「ははは、みんな本当に凄かったぞ!間違いなく一番良かった」

真美「あったりまえだよ兄ちゃん!」

美希「だってミキ達は完璧なのー!」

やよい「うっうー!」

P「よしっ!成功を祝って」

P&やよい&真美&美希「かんぱーい!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 16:43:52.51 ID:JcNKOMuR0


~その頃~

律子「はいお疲れ様ー」

伊織「ふうっ…やっと終わったのね…」

亜美「あれれー、いおりっちもう限界?」

伊織「そ、そんな訳無いでしょ!?まだ全然動けるわよ!」

あずさ「あらぁ、私はもうくたくたです」

伊織「ふ、ふん!」

亜美「いひひひ~」

律子「…(最近プロデューサーを見てないけど、大丈夫かしら)」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 16:47:18.41 ID:JcNKOMuR0


P「ほらやよい、子供達にお土産」スッ

やよい「うっうー!プロデューサーあぁ、ありがとうございます!」ギュ


美希「あー!ハニーにあんまり近づいたら駄目なのー」

真美「そうだよ、兄ちゃんはやよいっちのものじゃないんだからー」

P「あはは…じゃあ明日も頑張ろうな、みんな」

やよい「うっうー!」

美希「当然なの!」

真美「じゃあみんなー、今日はかいさーん!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 16:49:46.67 ID:JcNKOMuR0


~事務所~

ガチャ

小鳥「あっ、プロデューサーさん」

P「あはは、来ちゃいました」

小鳥「すみません、今お茶出しますね」

P「いや、今日はこの事務所の掃除に来たんで」

小鳥「掃除に…ですか?こんな遅くに」

P「ええ、凄く汚れてるんで」

小鳥「も、申し訳ないです…」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 16:52:00.35 ID:JcNKOMuR0


P「…竜宮小町は」

小鳥「へ?」

P「竜宮小町は最近どうなんですか」

小鳥「…相変わらずテレビに出まくってますねぇ」

P「そうですか…」

小鳥「ふふ、打倒竜宮小町でしょ?」

P「は、はい」

小鳥「お互い頑張りましょう!私も彼女達のプロデューサーなんですから!」グッ


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 16:55:16.14 ID:JcNKOMuR0


P「ふぅ…結構かかりましたね」

小鳥「…わ、私がサボってましたからね」

P「それじゃあ

小鳥「あ、あの」

P「?」

小鳥「い、今からお、お、お暇なんですか!?」

P「あ、……まぁ一応」

小鳥「だ、だったら!あ、あの…」

P「…(あぁ、なるほどねぇ)」

小鳥「ご、ごは

P「俺、美味い飯屋知ってるんです、一緒に行きませんか?」

小鳥「!」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 17:29:58.21 ID:JcNKOMuR0


~居酒屋~

小鳥「プロデューサーさん、箸がすすんでないですねぇ」

P「あ、あはは…(さっき食べたばかりだからなぁ)」

小鳥「……プロデューサーさんは」

P「は、はい」

小鳥「結婚願望とかって無いんですか!?(あーいっちゃったー)」

P「結婚願望ですか…」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 17:32:35.89 ID:JcNKOMuR0


P「今は…」

小鳥「はい?」

P「今は彼女達を立派なアイドルにする事しか…」

P「考えてません」

小鳥「あっ…」

P「俺は彼女達に約束しましたからね、トップアイドルにしてやる!って」

小鳥「ぴよ……」

P「さっ、今日は呑みましょう!俺が奢りますよ!」

小鳥「…」

小鳥「はい!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 17:35:03.57 ID:JcNKOMuR0


P「こ、小鳥さん!?」

小鳥「ぴよ~ぴっぴっぴwww」

P「…(完全に酔ってる)」

小鳥「あひゃひゃひゃ、プロデューサーさん!ちゅーしましょうwww」

P「ちょ、ちょっと小鳥さん、外ですって」

小鳥「あぁ~、だったら中だといいんですねぇ?www」

P「…」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 17:39:14.44 ID:JcNKOMuR0


美希「…?」

小鳥「ほらっチューwwww」

P「わわっ!ちょ、ちょっと小鳥さん!」

チュウゥ

P「ん~~!?」

美希「!!」

小鳥「っぷはぁ!あははは、あまーいwwww」

P「…今日はホテルに泊まらせよう」

美希「……」プルプル

美希「ハニー……」ダタッ


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 17:43:20.09 ID:JcNKOMuR0


~ホテル~

小鳥「あっはっはっはっはっwww」

P「…あそこが風呂であそこがトイレなんで」

小鳥「ぴーよーwwww」

P「はぁ…じゃあ俺帰りますから」

ガシッ

小鳥「ぴよぴよぴよぴよ」スリスリ

P「や、やめてください(うぅ、本当なら女の匂いの筈なのに酒の臭いしかしない)」

小鳥「わ、わたしをひどりにしないでくださあぁい」

P「い、嫌です、俺、明日はH×Hのレッスンなんですから」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 17:45:46.59 ID:JcNKOMuR0


小鳥「なー!私の言う事が聞けないんですかー!」

P「小鳥さんだって明日も仕事でしょう」

小鳥「ぴー!!ONOFFくらい分かってますよー!」

P「だ、だったらなんであんなに呑んだんですか」

小鳥「またまたぁwww誘ったのはプロデューサーさんですよぉ!」

P「…(帰りたい)」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 17:52:20.69 ID:JcNKOMuR0


~脱衣所~

小鳥「ぴよ…」

P「ほら、とっとと風呂にでも入って寝てください」グググ

小鳥「ぴー!!」

P「せめて日本語喋って下さい」

小鳥「ぴよぴよぴよぴよ…」

P「はい、タオルはここですから、」

P「それじゃあまた明日」

バタン


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 17:54:42.55 ID:JcNKOMuR0


P「っはぁ…ヤバかった」

P「小鳥さんって酔ったら酷く甘えてくるんだな」

P「……帰ろ」

ピー!ッオロロロロ

P「!?ふ、風呂場から!?」

ッゲホッオッホッップ

P「な、なにが!」ダタッ

~風呂場~

バタン

P「小鳥さん!だいじょう


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:00:45.36 ID:JcNKOMuR0


小鳥「っぼぉっぷ!」

ベチャビチャベチャ

P「うぅっ!(ぜ、全裸で吐いてるよ)」

小鳥「っはぁー…っはぁはぁ…」

小鳥「っぷ!」

ベチャビチャベチャ

P「と、とにかくゲロを流さないと」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:09:18.68 ID:JcNKOMuR0


小鳥「っぉえ…」

P「ほら、全部吐きましたか?」スリスリ

小鳥「ゔっ…ぷ、プロデュ

小鳥「……!?!」

小鳥「ぴ、ぴよー!?」ドン

ドサッ

P「わわっ!」

小鳥「なななな、な、なんで私裸なんですかー!!」アセアセ

P「…(記憶飛んでるのか)」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:10:54.90 ID:JcNKOMuR0


小鳥「でででで、」

P「デデデ大王は一番好きなキャラです」

小鳥「でてってくださーい!」

バタン

P「っとと、」

P「まっ、これで安心だな…」

P「俺も帰って寝ますか」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:13:17.10 ID:JcNKOMuR0


~翌日~

真美「おっはよー!」

やよい「おはようございますー!」

P「あぁ、おはよう」

P「……」

P「あれ、美希は?」

真美「しんなーいミキミキお寝坊さんなんだろーねー」

やよい「うっうー…私は携帯持ってませんから……」

P「はぁ、でん

~♪ピロリン

P「ん?メール…」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:15:34.84 ID:JcNKOMuR0


P「!美希からだ」


差出人:星井

件名:

本文

嘘つき><


P「……はぁ?」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:17:26.73 ID:JcNKOMuR0


P「…」カチカチ

宛先:星井

件名:今日どうするんだ?

本文

えっと、サボるんだな?


P「送信っと」

真美「ミキミキなんだってー?」

P「さぁ、知らない」

~♪ピロリン

P「はや」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:20:02.11 ID:JcNKOMuR0


差出人:星井

件名:

本文

探しに来てYO 心配してYO

ミキミキミキミキチェキラッチョ!


P「……」

真美「ミキミキなんだってー? 」

P「いや、今日は二人で練習しよう」

やよい「え?美希さんは良いんですかぁ?」

P「うん、別にいいよ」

~♪ピロリン

P「俺返事だしてないぞ…」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:22:31.70 ID:JcNKOMuR0


差出人:星井

件名:ハニー…

本文

今事務SYO

P「…」

真美「じゃあ練習しよ!兄ちゃん!」

やよい「うっうー!頑張るですぅ!」

P「そうだなぁ、練習するかぁ!」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:26:24.10 ID:JcNKOMuR0


~事務所~

美希「…ハニーから返事が来ない」

ガチャ

美希「は、ハニー!?」クルッ

小鳥「ゔぅ…頭が痛いです」ズキズキ

美希「なんだ……小鳥かぁ」

小鳥「あっ、美希さん、今日はレッスンじゃないんですか?」

美希「知らないの…ハニーなんて」

小鳥「?じゃあみんなのレッスン、見て行きますか?」

美希「みんなの……」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:33:06.51 ID:JcNKOMuR0


響「はぁああれわあぁああつわあぁるひもぉお!」

千早「我那覇さん、ビブラート効かせすぎよ、少し抑えて」

響「ゔぅ…わかったぞ」

春香「響ちゃん、ファイト!」


真「もっと!高めろ果てしなくぅ!!」

雪歩「真ちゃん、か、歌詞違うよぉ」

真「あっ、ごめん、ちょっと熱くなっちゃって」

四条「頑張りましょう…諦めず」


美希「みんな…あんなに神経で」

小鳥「ふふ、みんな必死だからね」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:36:10.56 ID:JcNKOMuR0


美希「…」

小鳥「ほら、美希ちゃんは行かなくて良いの?」

美希「み、ミキは…」

小鳥「大丈夫、プロデューサーさんは心が広いんですから!」

※今回美希が荒れたのは小鳥さんが原因です

美希「…う、うん」

美希「ミキ、行くの、行っていっーぱい練習するの!」

小鳥「うん、頑張れ!美希ちゃん」

美希「あ、ありがとうなの!」ダタッ

バタン

小鳥「ふふ、今の美希ちゃんなら大丈夫ね」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:39:25.11 ID:JcNKOMuR0


美希「ハニー!」

P「ん?あっ、美希か」

美希「ご、ごめんなさ

P「あっ、今二人で仕事入ったばっかなんだ」

美希「い……え?」

P「いやぁ、ちょっと路上で練習してたらさ、声かけられちゃって」

美希「み、ミキは?」

P「ん?来ないってメールで言っただろ?だから二人でやることにした」

真美「ミキミキー!まっかせてよ!」

やよい「うっうー!頑張りますぅ!」

美希「……」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:45:04.00 ID:JcNKOMuR0


DJ「さーさー狂ったモンキー諸君!今日はなんと!あの女神が帰ってきたぞー!!」

ワーワー!ヤッヨイー!

DJ「今回はぁ!金髪チャラガールが不在だがぁ!新曲を引っさげて戻ってきたぞおぉお!!」

マミー!ヤッヨイー!ウッウー!

美希「ちゃ、チャラガール…」

P「なんだ、まだ居たのか?」

美希「…」

DJ「それでわあぁ!二人の女神が送る新曲!『H×H』で『エージェント牙を剥く』……チェケラ」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:49:59.02 ID:JcNKOMuR0


~ファミレス~

P「二人ともよくやったぞ!」

真美「えへへー真美が本気を出せばもっとよくなるよー!」

やよい「うっうー!」

美希「……」

P「じゃあ二人で適当に食べといてくれ、お金はここに置いとくから」

真美「えー、兄ちゃんは食べないのー?」

やよい「UっUー!そうですよー!」

P「あはは、悪い」

P「ほら、行くぞ美希」

美希「……はい」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:54:35.06 ID:JcNKOMuR0


P「…」

美希「あ、あのね、ハニー…」

P「……」

美希「あ…ご、ごめ

P「よく帰って来てくれた」

美希「は、ハニー!?」

P「ったく、あんなメール出して…心配したんだぞ?」

美希「ハニー!」ガバ

P「うわっ!?」

美希「ご、ごめんなさいなの!ミキのわがままで二人に…ハニーに迷惑を…」

P「あはは、もうこんな事しないか?」

美希「しないの!」

P「よしっ、じゃあ二人で食べに行くか」

美希「ハニーと!?」

P「なんだ?嫌なのか?」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:59:25.06 ID:JcNKOMuR0


その後、俺達は何度もライブを起こないHIPHOP界の女神と呼ばれ知名度を上げていった…

そして

ガチャ

P「みんな居るな」

真美「もっちろん!だって今日は」

やよい「うっうー!私達の1stシングル、『Do-DaYO』が出て一週間ですぅ!」

美希「どれ位売れたか楽しみなのー!」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 19:04:19.83 ID:JcNKOMuR0


P「よし……発表するぞ」

美希「…」

真美「ワクワク」

やよい「UっUー!」

P「『H×H』の1stシングル『Do-DaYO』の売り上げは!」

┣¨┣¨┣¨┣¨・・・

P「1892枚だ!!!」

美希「…」

真美「…」

やよい「り、リアルすぎるですぅ」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 19:07:49.93 ID:JcNKOMuR0


P「なに言ってるんだ!今の時代2000枚近く売り上げるって大変なんだぞ!」

P「あの青山テル◯だって新曲600枚も売れてないんだから!」

美希「りゅ、」

P「ん?」

美希「竜宮小町は…1stシングル、どれ位売れたの?」

P「…」

真美「そーだよー!真美も気になる!」

やよい「UっUー!」

P「りゅ、竜宮小町の1stシングルはな…」



P「初週8万5347枚だ…」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 19:11:21.65 ID:JcNKOMuR0


美希「はっ」

真美「八万…」

やよい「uっuー…80倍ですぅ」

P「ほ、ほらっ、竜宮小町は番宣しまくって8万だぞ!?俺達は何もしてない!俺達の力だけで2000枚だぞ!?」

真美「……」

やよい「…」

美希「そ、そうなの!」

P「美希!」

美希「ちなみにランキングは何位なの!?」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 19:14:19.10 ID:JcNKOMuR0


P「大丈夫だ!5位にランクインしてる!」

美希「じゃ、じゃあ」

真美「Mス◯にちょろっと映るね!」

やよい「UっUー!」

P「そうだぞ!だから今日はみんなでMス◯を見よう!」

美希「ミキはハニーと一緒ならなんでも見るのー!」

真美「真美も兄ちゃんと一緒ならなんでもいいよー」

やよい「UっUー!」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 19:17:58.12 ID:JcNKOMuR0


~事務所~

響「なぁああだあぁ"そぅううそおぉおお!!」

千早「うん、完璧ね」

響「やったぞー!千早に褒められたぞー!」

春香「良かったね!響ちゃん」

真「今日だね…Mステ」

雪歩「う、うん…」

四条「彼女達は…何位に入ってるのでしょうか」

小鳥「ふふ、彼女達の刺激になれば良いんだけどね」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 19:20:37.87 ID:JcNKOMuR0


P「あっ、始まったぞ」

真美「あっ!亜美達がでてるー!」

美希「竜宮小町…」

やよい「UっUー!」


~事務所~

小鳥「始まりましたね」

春香「あっ、あずささん達!」

真「いつか…ボク達が越えるべき壁」

雪歩「竜宮…小町」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 19:26:03.97 ID:JcNKOMuR0


竹内アナ「はい、次はシングルランキングです」

美希「!」

真美「えへへ」

やよい「…」


TV「スィングゥルランキンッ!」

P「…」

TV「ダイゴイィワアァ、『H×H』『Do-DaYO』」

~事務所~

真「!」

春香「え!?これって」

千早「…」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 19:28:59.09 ID:JcNKOMuR0


竹内アナ「HIPHOP界の女神と呼ばれる765プロの新ユニット、『H×H』がランクインです」

真美「…」

美希「…」

やよい「…」

P「…ふふっや、やったな…」

美希「う、うん…」

真美「わたしたちが…テレビに映ったあぁ」

やよい「そ、それも、私達のCDで…音楽番組に」

P「あぁ!次は一位だ!」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 19:32:10.32 ID:JcNKOMuR0


~事務所~

小鳥「ふふ、あの三人、頑張ってますね」

春香「こ、小鳥さん!」

小鳥「はい?」

春香「れ、練習しましょう!」

真「ぼ、ボクも!」

響「ぬぅわあぁんくるぅうぬぅわいぃさいああぁあ!」

千早「…お願いします」

小鳥「…はい!(やっぱりこの子達はアイドルですね音楽)」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 19:34:57.15 ID:JcNKOMuR0


P「…今週の一位はジュピターってグループなんだな」

真美「あー、亜美達負けちゃったー」

P「…」カチカチ

P「竜宮小町は13万7368枚売ってるな」

美希「じゃ、じゃあジュピターはそれ以上に」

P「…ジュピターは28万枚だ」

やよい「UっUー!?凄いですぅ」

P「……(大丈夫かな律子)」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 19:42:43.71 ID:JcNKOMuR0

ごめんね晩ご飯


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:01:43.19 ID:JcNKOMuR0


~楽屋~

律子「はい、お疲れ様!」

伊織「ふぅ、まっ、一位になれなかったのが心残りね」

亜美「次は一位目指そ→よ!」

あずさ「そうですね」

律子「…(良かった、そこまで凹んでないみたいね)」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:04:12.72 ID:JcNKOMuR0


P「よし、今日は

~♪

P「ん?知らない人からか…」ピッ

P「はいもしもし、765プロです」

やよい「うっうー!今日は私の家でもやしパーティーですー!」

真美「さんせー!」

美希「ミキもやしきらーい」

やよい「ぅっぅー…」ウルウル



138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:06:54.69 ID:JcNKOMuR0


P「はいっ、はいっ、え!?」

P「あ、はい!あのっ、はい、明後日ですね!?わかりました!」

P「ありがとうございます、ありがとうございます!」ピッ


やよい「も、もやしパーティー…」

美希「だって味しないんだもーん」

やよい「ぅっぅー…」

真美「やよいっち!真美はもやし好きだよ!」

やよい「うっうー!」

美希「えー…ミキはきらーい」

やよい「……ぅっぅー」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:19:11.53 ID:JcNKOMuR0


~スーパー~

やよい「~♪」

真美「えっへへーやよいっちご機嫌だねー」

やよい「うっうー!長介達にテレビに出た事報告しますー!」

美希「…あんな家にミキ、いきた

P「や、ややよい!あっちにいって野菜見てこよう」

やよい「うっうー!」

P「バカ、美希はデリカシーってもんが無いのか」

美希「…」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:21:01.60 ID:JcNKOMuR0


~やよい宅~

やよい「遅くなっちゃいましたー」

真美「でも明日は学校休みだからねー!いっぱい遊べるよー」

やよい「うっうー!」

美希「うっわ…すっごくぼろ

P「あはははー、は、はやく入れてくれないかなー」

やよい「はーい!」

ガララララ


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:24:09.13 ID:JcNKOMuR0


長介「やよい姉ちゃん!?」

やよい「長介ー、お留守番ありがとー」

長介「もう8時48分だよ?」

※ランキング見ただけで最後までみていません

美希「はじめましてなの!長介くん」

長介「ぅ、は、はい…はじめまして」

真美「いししー惚れちゃダメだぞー」

P「あはは、それじゃあお邪魔します」

やよい「うっうー!入ってくださーい」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:28:23.23 ID:JcNKOMuR0


やよい「準備できましたー!」

真美「いえーい!」

かすみ(やよいの妹)「お姉ちゃんテレビ見たよー」

やよい「ほんとですかー!」

長介「うん、やっぱお姉ちゃんは凄いよ!」

やよい「えへへー」

美希「ミキも出てたのー!」

真美「真美も出てたよー!」

P「…(良かった、みんなの笑顔が見れて)」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:33:06.12 ID:JcNKOMuR0

あぁああ"ぉボットン便所にメガネ落としたあぁあああ?!!


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:38:46.44 ID:JcNKOMuR0


やよい「うっうー!食べて下さ~い」

真美「いっただきまーす!」パク

真美「うん、美味しいよやよいっち!」グッ

やよい「うっうー!」

美希「……」パク

美希「!」

P「美味しいだろ?」

美希「う、うん…美味しいの」モグモグ

やよい「うっうー!美希さんももやし仲間ですー!」

美希「仲間なのー!」


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:42:02.66 ID:JcNKOMuR0


やよい「ごちそうさまですぅ!」

真美「ごっちそーさーん!」

美希「美味しかったの!」

P「よし…もう良いか」

やよい「うっうー、どうしたですかプロデューサー」

P「あぁ、実はな」

真美「なになになにー?」

P「明後日にテレビ収録が決まった…」

美希「え!?」

真美「マジ!?」

P「あぁ、本当だ…やったな!」

やよい「うっうー!」


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:43:49.58 ID:JcNKOMuR0


やよい「それじゃあ皆さん、また明日ー!」

真美「えへへーじゃあねー!」

かすみ「ばいばーい!」

美希「またくるのー!」

やよい「うっうー!お待ちしていますぅ!」

P「それじゃあやよい、また明日な」

やよい「はい!」



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:46:52.55 ID:JcNKOMuR0


P「美味しかったなぁ」

美希「美味しかったのー!」

真美「あれぇ、ミキミキぃ、もやし嫌いなんじゃなかったっけー」

美希「い、今は大好きなのー!」

真美「ミキミキの嘘つきー」

美希「すっ、好きになったから仕方ないのー!」

P「あはは、あっ、タクシー呼ぶからなぁ」


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:50:58.89 ID:JcNKOMuR0


P「ふぅ…もう11時か…」

~♪ピロリン

P「ん?美希からか」

差出人:星井

件名:

本文

今日は楽しかったの!明日も頑張るの!

ハニー♪

ミキミキミキミキチェキラッチョ!

P「…最後のこれ、いらないだろ」

P「さてと、帰りますか」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:53:45.54 ID:JcNKOMuR0


~♪ピロリン

P「…また美希か」

差出人:星井

件名:返信まだかNAまだかNA

本文

(><)

P「…」

~二分後~

~♪

P「…」

差出人:星井

件名:うそつき><

本文

返信してYO 寂しいYO



174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:56:38.56 ID:JcNKOMuR0


P「良かった…美希に携帯番号教えなくて」

P「…」カチカチ

宛先:星井

件名:眠いYO

本文

チェキラ

P「…帰ろ」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 20:59:16.92 ID:JcNKOMuR0


~自宅~

P「…」

美希「…うそつき」

P「な、なんで俺の家の場所を…」

美希「明日は土曜日なの」

P「あ、あぁ…でも仕事だな」

美希「ミキもう遅刻しないって決めたの」

P「…」

美希「ここなら絶対に送れないの」

P「い、入れないぞ」

美希「酷いNO入りたいNO」

P「…」


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 21:01:39.48 ID:JcNKOMuR0


ガチャ

美希「ハニーの匂いがするのー」トテトテ

P「な、なぁ、両親には」

美希「友達の家に泊まるって言ったの」

P「…じゃあタオルそこにあるから」

美希「はーい!」

P「先に入ってくれ」


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 21:12:06.00 ID:JcNKOMuR0


~♪

P「ん?こんな時間に」カチャ

P「あっ、律子からだ」ピッ

美希「あがったのー!」

P「あぁ、律子か?どうしたんだこんな時間に」

律子『今日のMステ、凄かったですね』

P「い、いやっ、律子達の竜宮小町に比べたらたいしたことないって」

美希「ハニー…」



183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 21:16:05.45 ID:JcNKOMuR0


律子『H×Hですよね、ユニット名』

P「あはは、ま、まぁ…な」

律子『いつか竜宮小町のライバルになれる日、期待してますよー』

P「ふっ、必ず超えてみせるよ」

美希「は、ハニー?」

律子『はい、楽しみにしています』

P「あぁ、じゃあ

律子『あっ、それと聞きたい事があるんですけど』

美希「…は…ハニー」

P「聞きたい事?」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 21:22:01.13 ID:JcNKOMuR0


律子『春香達って…

P「!?(ヤバい…小鳥さんに任せてるのまだ社長にいってなかった)」

律子『ん?良いですか?プロデューサー』

P「あうっ…ぁあっ」

美希「……」

P「!り、律子、すまん!知り合いが今家に居るんだ、だ、だからまた明日な!」

律子『へ?ぷ、プロデューサ

プツッ

P「電源を落としてっと」

P「どうした?美希」

美希「…」


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 21:29:53.29 ID:JcNKOMuR0


美希「あ、あがったの…」

P「あっ、じゃあそこのベットで寝てくる れ」

美希「ハニーは…」

P「俺は風呂にはいるから、明日も早いぞー」スタスタ

バタン

美希「……」チラッ

美希「ハニーのベット……」


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 21:32:05.52 ID:JcNKOMuR0


P「ふぅ、気持ちよかった」

P「っとー、美希は…」

美希「…すぅ…」

P「よしよし、寝てる寝てる」

P「スイミン不足にならなきゃ良いけど…」

P「まぁ若いから大丈夫だろ」

美希「…ハニー…zZ」

P「ははっ、夢の中でもアイドルなんだな美希は」

P「おやすみ、美希」


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 21:34:37.70 ID:JcNKOMuR0


~翌日~

やよい「うっうー!」

真美「おっはよー兄ちゃん!」

美希「おはよーなのー!」

P「よしっ、今日も頑張るぞ!」


~事務所~

小鳥「はーい、真ちゃん達はしゅうごー」

真「!」

雪歩「あっ、CDだね」

四条「どれ位売れたのでしょうか…」


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 21:40:42.93 ID:JcNKOMuR0


小鳥「はい、『ジュアルdeビジュアル』の1stシングル『私はビジュアル』の売り上げは!」

真「…」ゴクリ

雪歩「…」

四条「…」

小鳥「なんと!!」





小鳥「2万4237枚も売れちゃいましたー!」

真「!」

雪歩「に!」

四条「2万…それは多いのでしょうか」


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 21:44:29.68 ID:JcNKOMuR0


小鳥「いやぁ、女の子の購入者が8割と異例だったみたいですけどね」

真「ぁっ…っあ」プルプル

四条「あの、ですから2万とは多いのでしょうか…」

雪歩「四条さん!凄く多いんですよ!」

小鳥「そうですねー、今時ビジュアル系でこれだけ売れるなら次回作も売り上げは安定しそうです」

四条「はぁ…」

真「や、やった……やったー!!」

雪歩「真ちゃん、やったね!」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 21:48:02.14 ID:JcNKOMuR0


響「ゔぅ…自分達もはやく出したいぞ」

春香「大丈夫だよ!私達も来週には出すんだから!」

千早「そうね…私達は練習を頑張りましょう」

響「わ、わかったぞ…」

響「はあぁあ"れわあぁたああぁるぅひぃもぉおあめぇえのひもおぉ!!」

春香「響ちゃんのそのDeathボイスなら8万は軽いよ!」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 21:57:35.88 ID:JcNKOMuR0


P「よーし、昼だぞー」

美希「頑張ったNOー!」

真美「MAMIも頑張ったYO!」

やよい「UっUっUー!」

P「ははは、お前達、休憩中はそれやめような?」

美希「HONEYYYYY」

P「…」


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 22:05:27.43 ID:JcNKOMuR0


なんだかんだで翌日

P「よし、今日は収録だ」

やよい「うっうー、楽しみですぅ」

真美「真美も楽しみ!」

美希「これでまた有名になるの!」

P「ははっ、今日は深夜の音楽番組だからなぁ、そんなに緊張しなくていいぞ」

真美&美希&やよい「はーい!」


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 22:07:59.34 ID:JcNKOMuR0


男「はい、よろしく頼むよH×Hさん」

真美「はーい!」

やよい「頑張りますー!」

美希「ミキにお任せなのー!」

P「じゃあよろしくお願いします」

男「はい、任せなさいよっと」

男「いやー、しかし素材が本当に素晴らしい!まさか765プロにこんなに素敵な原石が埋まっていたとわねぇ」

P「あはは、よ、よろしくお願いします」


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 22:19:56.56 ID:JcNKOMuR0


美希「楽しかったのー!」

やよい「ぅっぅー…」

真美「やよいっち気にしすぎだよー!真美だって8回はNGだしたからねー」

P「すいませんすいませんすいませんすいませんすいませんすいませんすいません」

男「いやぁ、まぁなんとか終わったから良いけどさぁ…」

男「彼女…やよいちゃんだっけ?治しといた方がいいかもね…」

P「ほんっとすいません!すいませんでした!!」

男「ん?いやいや、じゃあ数字とれたら…またお願いね?」

P「は、はい!ありがとうございました」

やよい「ぅっぅー…」


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 22:22:32.63 ID:JcNKOMuR0


やよい「……」

美希「やよい!」

やよい「美希さん…」

美希「気にしちゃダメなの!誰だって失敗はするの」

やよい「…で、でも…」

真美「だからやよいっちは気にしすぎだよー!」

やよい「うっ…うっー」

P「……ふぅ」

P「やよい、ちょっと良いか?」

やよい「プロデューサー…」


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 22:25:14.13 ID:JcNKOMuR0


P「…楽しかったか?今日の収録」

やよい「……」

P「もう出たくないか?」

やよい「そ、そんな事ないですぅ!」

P「よしっ、ならもう大丈夫だな!」

やよい「えっ?」

P「やよいは強い子だから、嫌な事から逃げ出す弱い子じゃないだろ?」

やよい「ぷっ…プロデューサー…」

P「打倒?」

やよい「…」

P「打倒?」

やよい「りゅ、竜宮小町ですー!」


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 22:29:33.01 ID:JcNKOMuR0


~それから少し日数経過~

小鳥「…千早ちゃん、ちょっと」

千早「は、はい(あっ、CDね)」

小鳥「『難狂う無いさ』の1stシングル『涙葬葬』なんだけどね…」

千早「は、はい!」ドキドキ

小鳥「ま、まぁ…メタルって時代に逆らってるっていうか」

千早「?」

小鳥「じ、時期が悪かったって言うか…」

千早「音無さん?売り上げは」

小鳥「……」ゴニョゴニョ

千早「!」


228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 22:34:23.63 ID:JcNKOMuR0


千早「……」ズーン

春香「あっ、千早ちゃん!」

響「ゔぁあああ"っぃえぉやあぁあ"!」

春香「ど、どうだった!?私達の1stシングル!」

千早「春香…場所をうつしましょうか」

春香「?」

千早「我那覇さんには聞かれたく無いから…」

響「ぬわあぁくるぅうないっさあぁあああ"」


230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 22:37:06.79 ID:JcNKOMuR0


春香「っで、どうだったの!」ワクワク

千早「……良い春香?泣かないでね」

春香「!そ、そんなに売れたの!?」

千早「……」スッ

春香「わわっ!近いよ千早ちゃん!」ドキドキ

千早「……」





千早「68枚よ」ボソ


234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 22:40:13.45 ID:JcNKOMuR0


春香「ろ、ろくせんはちじゅうまい?」

千早「春香…現実から目を背けちゃだめ」

春香「えっ?…ろ、ろっぴゃくはち

千早「68枚よ」

春香「へ?ろ、68…」

千早「…えぇ」

春香「ち、千早ちゃんのバストより…」

千早「えぇ…」

春香「あ、あはっ」

春香「あはははっはっ」

千早「春香…」

春香「のヮの」ガタガタガタ


237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 22:45:03.39 ID:JcNKOMuR0


ガチャ

響「千早ー!そういえば今日売り上げ発表なんだってー!」

千早「!が、我那覇さん…」

響「真に言われて思い出したさー」

千早「…」

春香「のヮの」ガタガタガタガタ

響「で、どれ位売れたの!まぁ自分達頑張ったから8万は行かなくても5万は行くと思うさー!!」


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 22:51:10.45 ID:JcNKOMuR0


千早「…」

響「もー!早く教えて欲しいさー!!」

春香「のヮの」

千早「我那覇さん…」

響「ん?どうした千早ー」

千早「わ、私達のジャンルは?」

響「めたあぁあるぅうう」

千早「か、完璧なビブラートね…」

響「当たり前さー!しっかりレッスンしたんだから!」

千早「……お、教えてあげるわ」

響「!待ってたさー!!」



241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 22:53:20.01 ID:JcNKOMuR0


ウアアァアアァ!

真「うわっ!な、なに!?」

雪歩「外から悲鳴が聞こえたよ」

四条「萩原雪歩…ここの部分、声が出てませんよ」

雪歩「は、はひっ!す、すいません」

四条「良いのです……次は成功しましょう」

雪歩「は、はい!」


242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 22:55:49.78 ID:JcNKOMuR0


響「な、なっ…なんくる…なんくる…」

春香「のヮの」ガタガタガタガタ

千早「…」

小鳥「千早ちゃん…」

千早「すいません、J-POPに戻って良いですか……」

小鳥「え、えぇ…」

千早「すいません…」

響「あはは…ハム蔵…自分68枚も売れたさー……」

春香「のヮの」ガタガタガタガタ


245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 23:01:34.73 ID:JcNKOMuR0


その後彼女達はメタルを諦めJPOPに戻った…真達には響の声が出なくなったと嘘をつきとおした

千早「最スタ→トスタ→ね」

響「じ、自分!こんどはちゃんとやるぞ!」

春香「うん…が、頑張ろうね」


小鳥「ふぅ(よかった、彼女達のメンタルに敬礼ね)」スッ


247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 23:04:29.69 ID:JcNKOMuR0


~それからどうした~

P「よし!2ndシングルのレコーディングに行くぞ!」

美希「待ってたのー!」

真美「今度は1万枚目指すよー!」

やよい「うっうー!」

P「…(一応1stは累計2万1428枚売れたが…まだまだだ)」

P「大丈夫だ!TVにも何度が出た、前より間違いなく知名度は高いんだ!」


250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 23:09:51.16 ID:JcNKOMuR0


やよい「うっうー、終わりましたー!」

真美「へへへ、楽しかったー!」

美希「楽しかったのー!」

P「発売は来月、それまではTVやライブで新曲を発表して知名度をあげれば…」

やよい「うっうー!初週1万枚ですー!」

真美「おー!」


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 23:12:05.34 ID:JcNKOMuR0


小鳥「ふふ…」

真「ん?どうしたんですか小鳥さん」

小鳥「H×Hが新曲を出すみたい」

真「!も、もうですか!」

小鳥「はい、彼等は本気ですからね」

真「……」

小鳥「ぶつけて見ませんか?ジュアルdeビジュアルの新曲と」

真「!」

小鳥「ふふふ…ぴよぴよ」


256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 23:14:13.77 ID:JcNKOMuR0


~♪

P「ん?小鳥さんからか」ピッ

小鳥『ぴよぴよぴよ』

P「…」プツッ

P「…ふぅ」

~♪

P「…」ピッ

小鳥『ぴよぴよ

プツッ

P「…」


257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 23:16:09.53 ID:JcNKOMuR0


~♪

P「…」ピッ

小鳥『っぐ…ひ、ひどいですよぉ…』

P「なんなんですか」

小鳥『ひっぐ…ゔぅ…』

P「切りますよ?」

小鳥『ま、待ってください!今日は宣戦布告をしにきました!』

P「宣戦布告?」



260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 23:19:35.69 ID:JcNKOMuR0


P「っと、言う事なんだ」

やよい「…」

真美「ピヨちゃんが真美達に…」

美希「燃えてきたのー!」ガバッ

P「美希…」

美希「これはチャンスなの!」

やよい「美希さん…」

美希「前は確かに負けたの、だけど今回は直接対決出来るの!」

真美「ミキミキの言う通りだね!」

やよい「う、…うっうー!頑張りますー!」

P「お前達…」

美希「頑張るのー!」

真美&やよい「おー!!」

こうして765プロ同士の直接対決が決まった


261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 23:23:03.22 ID:JcNKOMuR0


~その頃~

春香「でーもーこんなチャンスー逃がさないもーん」

千早「春香…チャンスのところから下がってるわ…」

春香「えへへ、ごめん」

響「わったしの魅力、全部かきあつめて

千早「我那覇さん、魅力は伸ばすのよ」

響「あっ、そっか!」


小鳥「…(H×Hのパクリみたいな曲ですけど…まっ、大丈夫でしょ)」


262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 23:25:13.78 ID:JcNKOMuR0


律子「はい、そこ!自分を出す!」

亜美「は、はい!」

律子「あずささんは後半からワンステップずれてるから、修正ね」

あずさ「はい!」

律子「伊織は……」

伊織「な、なによ…」

律子「可愛いから許す!」

伊織「…」


264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 23:28:19.76 ID:JcNKOMuR0


~そして時はきた!~

P「ふふふ…」

美希「ハニー!早く教えてほしいのー!」

真美「兄ちゃん!はやくはやくー!」

やよい「うっうー!うっうー!うっうー!」

P「お前ら……頑張ったな!!」

P「2ndシングル、『O MA E』売り上げは!」


267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 23:32:52.42 ID:JcNKOMuR0


小鳥「はーい真ちゃーん」

真「!(き、きた!)」タタタ

小鳥「ふふふ、さすが竜宮小町に最も近いジュアルdeビジュアル」

真「あ、あの!」

小鳥「2ndシングル…『Darkness smile』」

小鳥「売り上げは!」

真「う、売り上げは!?」


269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 23:36:10.50 ID:JcNKOMuR0


響「あー真達は羨ましいぞー…」

千早「大丈夫よ我那覇さん」

響「へ?」

千早「私達は彼女達と違って一度底を見た…」

春香「千早ちゃん…」

千早「だから私達には彼女達が持っていないものを持ってるの」

響「ち、ちはやあぁ…」プルプル

千早「私達も2ndを出したでしょ?」

春香「う、うん…発売日は二日ずれてるけどMステには間に合う筈だよ!」

響「ぅ、うん!な、なんくるないさー!」


281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:01:34.72 ID:ILZkjl810


P「…まっ、負けたのはしょうが無いか」

真美「でもでも5000枚まで近づいたよ!」

やよい「うっうー!」

美希「次は必ず勝つのー!」

全員「おー!!」


~二日後~

その日、事件は起きた……


283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:04:58.94 ID:ILZkjl810


小鳥「千早ちゃーん」

千早「…(きたわね)」

響「千早…自分、次は逃げないぞ」

春香「…」ドキドキ


小鳥「あのね、今回は2ndにかけて二枚出したでしょ?」

千早「……はい」

小鳥「いや…売れたのは売れたのよ?ただ」

千早「ただ?」

小鳥「…」ゴニョゴニョ

千早「…!?」


285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:07:12.12 ID:ILZkjl810


千早「…」スタスタ

響「ど、どうだった!?」

千早「私達『難狂う無いさ』の2ndシングル」

春香「『Do-Dei』だよね!」

千早「えぇ…Do-Deiなんだけどね」

響「ゔぅ…気になるぞぉ」





千早「…2465枚売れたわ」



287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:08:52.14 ID:ILZkjl810


春香「わ!す、凄いよ!!」

響「なんくるないさー!!!」

千早「えぇ…そうね」

春香「?なんで千早ちゃんテンション低いの?」

千早「……」

響「どうしたんだぞ千早ー」

千早「そぅ…2465枚売れたのはね」





千早「3人で歌ったverなの」


289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:11:04.94 ID:ILZkjl810


春香「三人?」

千早「春香には言ってなかったわね」

響「えへへ、実は自分と千早で歌った『Do-Dei』があるんだぞ」

千早「…ごめんなさい」

春香「し、知らなかった…で、な、なんで」

春香「ま、まさか!二人のは100枚しか売れなかったとか……」


千早「……」

響「そ、そうなのか千早…」


290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:12:10.63 ID:ILZkjl810


千早「二人で歌った『Do-Dei』はね…」

響「…」ドキドキ

春香「…」













千早「1万3867枚売れたの…」


295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:15:21.24 ID:ILZkjl810


春香「えっ…」

響「!ほ、本当なのか!千早!?」

千早「えぇ…発売初日で1万枚売れたらしいからギリギリトップ10入りよ…」

響「やっ、やったぞー!!遂にMステに映るぞーー!!」

千早「……春香」

春香「つ、つまりっ…あ、あっあぁ…」

千早「オリコンに…」

響「やったぞー!自分やったぞー!!」

春香「わ、わたしは……」

千早「えぇ…」

響「ハム蔵ー!やったぞー!!」

千早「春香の名前は…」

千早「出ないの」

春香「のヮの」


302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:19:28.22 ID:ILZkjl810


春香「のヮの」ガタガタガタガタ

千早「…春香」

響「やったな!やったな千早ー!遂にテレビだぞー!!」

千早「…」

春香「のヮの」プルプル

響「しかもMステだぞー!!これを機にお仕事増えるかもしれないな!千早!!」

千早「えぇ…」

春香「のヮの」プルプルプルプル

千早「は、はる

春香「ゔぁい!!!」

千早「!」

春香「ゔ……ゔぁいゔぁい!!」ダタッ

バタンッ!

千早「春香!」


305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:22:59.87 ID:ILZkjl810


春香「ゔ…ぅあぁ"ああぁ」

春香「なんでっ…なんっで…」プルプル

春香「ゔっ…ゔぅ…」

春香「わっ、わらひ…おっ、おにもつなのかなぁ…」

春香「なっ、765プロのっ……ごっ…」

春香「ごみなのかなぁ……」プルプル

春香「………」


309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:28:59.78 ID:ILZkjl810


千早「い、いない…」キョロキョロ

響「~♪」

千早「我那覇さん、ちゃんと探して!」

響「分かってるぞ~♪」

響「ゔー遂にMステだぞー、千早も嬉しくないの?」

千早「…い、いまは春香が

響「…」

千早「うっ」

響「自分は千早と一緒にテレビに出れるのすっごく嬉しいぞ?」

千早「…」

響「千早は…嫌なのか?」

千早「……嬉しい」

響「!なんくるないさー!!」


311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:31:44.52 ID:ILZkjl810


P「よーし、今日も頑張ったなぁ」

美希「ミキまだ行けるのー!」

やよい「ぅっぅー…もうくたくたですぅ」

P「やよいは頑張ったもんな、お疲れ」ナデナデ

やよい「うっうー!」

美希「あー、ハニー、ミキも疲れたのー!」

真美「えへへミキミキ可愛いー」


313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:33:43.15 ID:ILZkjl810


P「じゃあ明日は予定無いからなぁ…しっかり休む事、良いな?」

やよい「うっうー!」

美希「わかったのー!」

真美「はーい!」

P「じゃあ気をつけて帰るんだぞ」スタスタ


~♪ピロリン

P「……(美希からか…)」

美希「…」ニコニコ


316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:36:03.24 ID:ILZkjl810


差出人:美希

件名:明日の予定!

本文

ミキは暇だYO退屈だYO!
ハニーも暇でSYO SOーなんでSYO!

チェケラ



P「…」



319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:39:54.51 ID:ILZkjl810


P「…帰ろ」

~♪ピロリン

P「…」カチャ

差出人:美希

件名:無視はNO!考えられないNOー!

本文

そんなにメールが嫌ならSA

電話番GO 教えてYO!

ミキミキミキミキチェケラッチョ!



ハニー…本当に教えてほしいの……


P「…う、うざい」


324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:43:44.19 ID:ILZkjl810


P「…」カチカチ

宛先:美希

件名:しつこいYO

本文

しっかり休めと言ったはZOO
なんで言う事聞かないNOー?

ぴよぴよぴよぴよチェケラッチョ

P「送信っと」


~♪ピロリン

P「…早すぎだろ」


326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:46:47.78 ID:ILZkjl810


差出人:美希

件名:ハニーのうそつき(><)

本文

0X0-3X4X 4X6X

ミキの電話番号……


P「…はぁ、めんどくさぃ」カチカチ

~♪

ガチャ

美希『は、ハニー!?』


329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:51:00.78 ID:ILZkjl810


P「はい…そうだけど」

美希『やっと電話番号教えてくれたのー!』

P「なぁ、俺、明日忙しいんだ(嘘だけど)」

美希『だ、だったらミキも手伝うの!』

P「いや、美希には

美希『出来るの!』

P「……」

プツッ

~♪

P「…」


330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:53:10.37 ID:ILZkjl810


ピッ

P「…」

美希『酷いのー!』

P「だから明日は休めと言ったろ?」

美希『ハニーと一緒なら疲れないの!』

P「…だからな、頼むから

美希『だったらミキ、明後日こないの!』

P「なっ…」

美希『本気なの!』

P「…」


334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:55:37.85 ID:ILZkjl810


P「美希…俺はお前が大切だから言ってるんだぞ?」

美希『えっ!?』

P「美希には何時でも輝いていてほしいんだ」

美希『は、ハニー…』

P「な?だから明日はしっかり休んでくれ…」

美希『……』

P「また夜電話するから」

美希『!ほ、本当!ハニー!!』

P「あぁ、だから今は……な?」


335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:57:10.67 ID:ILZkjl810


美希『絶対?』

P「あぁ、絶対…だから待っててくれ」

美希『…わ、わかったの』

P「…じゃあまた夜な」

美希『うん!』

プツッ

P「……」

P「はぁ…二歳は老けたな」


338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 00:59:36.78 ID:ILZkjl810


~自宅~

P「やっとかえっ

春香「…」

P「うわっ!?は、春香!?」

春香「ぷ、プロデューサーさあぁん…」

P「ど、どうしたんだよ!?(つーかなんで俺の家の住所を…)」

春香「わたじ…わ、わたし…」プルプル

P「と、とりあえず入れ、な!?(ここで泣かれたら色々まずいだろ…あーくそが!!)」



341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:03:00.98 ID:ILZkjl810


ガチャ

春香「ゔっ…っぐ…うぅ…」

P「…大丈夫か?」

春香「……すいません…急に…」

P「いや、別に良いからとりあえず何か飲むか」

P「春香はなにが良い?コーヒー?牛乳?お茶?」

春香「…お茶で…」

P「…はい、麦茶だけど」コト

春香「あ、ありがとうございます」コクコク

春香「!ブッーー!?」

P「わわっ!す、すまん春香!麺つゆと間違えた!?」


344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:10:03.77 ID:ILZkjl810


春香「…プロデューサーさん」

P「ん?」

春香「きょ、今日はお願いがあってきたんです…」

P「なんだ?春香」

春香「わ、わたしを…」

P「春香を?」







春香「わたしをプロデュースしてください!」


346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:13:11.84 ID:ILZkjl810


P「……え?」

春香「お、お願いします!」

P「いやいやいや、春香は『難狂う無いさ』に入ってるだろ?」

春香「……じつは」



春香は全てをプロデューサーにぶち撒けた
二人の方が売り上げがよかった事、自分がお荷物な事
このままじゃ自分に居場所が無い事



春香「……」

P「……」




P「無理だ」

春香「のヮの」


351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:21:01.62 ID:ILZkjl810


P「なんていうかな…春香には」

P「魅力が無いんだ」

春香「のヮの」

P「今俺がプロデュースしてるH×Hにはお前のな」

P「そのひっくい声なんてな」




P「必要じゃないんだ」

春香「のヮの」


357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:24:24.10 ID:ILZkjl810


P「やよいみたいに独特の声じゃないし」

P「真美の様な可愛さも無い」

春香「のヮの」

P「美希はチームのリーダー的な存在だ(うざいのがたまに傷だが)」

P「わかったろ?」

春香「のヮの」

P「H×Hにはお前の居場所なんて」







P「無いんだYO」

春香「のヮの」


361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:28:36.54 ID:ILZkjl810


P「あれだ…なんつーか」

P「劣化雪歩?」

春香「のヮの」

P「うん、劣化雪歩だ劣化雪歩」

春香「のヮの」

P「ほら、お茶飲んだら帰れよ?」

P「とりあえず小鳥さんには俺から連絡しとくから」カチカチ

~♪

P「小鳥さんに謝れよ?あ、あとみんなにもな」

春香「のヮの」

ガチャ

小鳥『ぴよぴよ~小鳥ちゃんですよー』


364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:33:50.61 ID:ILZkjl810


P「あっ、小鳥さんですか?俺ですけど」

小鳥『はいはーい可愛い可愛いぴよちゃんですよー』

P「…ふざけないでください」

小鳥『ぴよ……』

P「あの、今家に春香が来てます」

小鳥『えっ!春香ちゃんが!?』

P「はい、ですから心配しないでください」

小鳥『は、はい…(プロデューサーの家…)』

P「あっ、明日仕事ですか?」


366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:36:37.21 ID:ILZkjl810


P「なんだ、明日休みなんだってな」

春香「のヮの」

P「…おーい」

春香「のヮの」

P「うーん…固まったまま動かないな」

P「……」

P「H×Hに入る気無いか?」

春香「!?ぷぷぷプロデューサー!?」

P「嘘だYO!year」

春香「のヮの」

P「はぁ…どうしよ」


367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:38:53.79 ID:ILZkjl810


20:37

P「な、なぁ春香…そろそろ帰らないと」

春香「のヮの」

P「……」

春香「のヮの」

P「…泊まってくか?」

春香「はい」

P「い、いま『はい』って!」

春香「のヮの」

P「…」


368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:41:10.04 ID:ILZkjl810


P「だ、だったらご飯は何が良い?」

春香「のヮの」

P「今作れるのはなぁ」スタスタ

春香「プロデューサーさんと外食が良いです」

P「ま、また喋った!」クルッ

春香「のヮの」

P「…」

春香「のヮの」

P「はぁ……外食にするか」

春香「はい!プロデューサー!」


369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:43:51.92 ID:ILZkjl810


21:11

~ファミレス~

春香「プロデューサーさんプロデューサーさん!ハンバーグですよハンバーグ!」

P「あ、あぁ…そうだな(さっきまでの硬直はなんだったんだ)」

春香「プロデューサーさん?」

P「あっ!携帯家に忘れた…」

春香「はやく食べましょうよー!」

P「うん、食べようか(まっ、いっか)」

春香「いただきまーす!」

P「いただきまーす」


371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:46:17.48 ID:ILZkjl810


春香「ごちそうさまでしたー」

P「なぁ、春香、家に連絡は」

春香「もちろんしてます!」

P「はぁ…なら良いけど(まぁ良くもないかな…)」

春香「プロデューサーさん、早く行きましょうよー」

P「あっ、あぁ」

春香「えへへ」

P「…」


372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:48:27.58 ID:ILZkjl810


P「な、なぁ春香…」

春香「はい?なんですかプロデューサーさん」

P「う、歌の事なんだけどな」

春香「のヮの」

P「……いや、なんでもない」

春香「だったら次は何処に行きますか?」

P「どこでも良いよ、春香が行きたい所に」

春香「はーい!」


373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:50:44.44 ID:ILZkjl810


22:08

P「な、なぁ春香…そろそろ帰ろうか」

春香「え?」

P「あっ、俺の家な、もう暗いし」

春香「ゔぅ、プロデューサーさんがそこまで言うなら…」

P「……」

春香「プロデューサーさん?」

P「歌をう

春香「のヮの」

P「…(こりゃ重傷だな)」


375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:56:15.46 ID:wu5emq7k0


22:34

~自宅~

ガチャ

春香「ただいまー」トテトテ

P「……song」

春香「のヮの」

P「わ、悪い…俺が悪かった」

春香「プロデューサーさん!私お風呂に入って来ますね!」

P「着替えはあるのか?」

春香「…」

P「分かった分かった、コンビニに買いに行こうな」

春香「はーい!」


376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:56:58.32 ID:Pxy5VSjr0

美希が病むのか・・・


377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:58:13.99 ID:wu5emq7k0


22:54

ガチャ

春香「ただいまー!」

P「はいはい、早く風呂に入って来いよ」

春香「はい!プロデューサーさん!」トテトテ

P「う」

春香「!」ピタ

P「……」

春香「…」トテトテ

P「うた」ボソ

春香「のヮの」

P「…もう言わないから」


378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 01:59:41.99 ID:wu5emq7k0


P「って、春香はお風呂だし」

P「こんな時間だしなぁ…テレビでも」

P「……」









P「やば…美希の事忘れてた」


381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:02:56.40 ID:wu5emq7k0


P「…」カチャ


着信72件

未読メール54件

P「……」

差出人:美希

件名:

本文






…うそつき(><)


383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:03:50.11 ID:/aI8KSpq0

72wwwwww


385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:07:07.29 ID:wu5emq7k0


P「と、とにかく電話んって……」

P「もう24時だしな…」

P「とりあえずメールいれとくか」カチカチ


宛先:美希

件名:なんくるないさー

本文

ごめんなさい、寝てました


P「そうしんっと」




~♪ピロリン

P「…美希からだ」


386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:09:03.36 ID:wu5emq7k0


差出人:美希

件名:なんくるなくないさー…

本文

ハニーのうそつき


P「…」

春香「プロデューサーさん、あがりましたよー」

P「ん、あぁ、じゃあ俺も入るよ」

春香「?」


388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:11:40.35 ID:wu5emq7k0


24:12

P「ふぅ…我ながら長風呂だなぁ」

P「……春香は寝てるか」

春香「むにゃむにゃ……」

P「俺のベッドで…」

P「あっ、携帯携帯っと」カチャ


着信74件

未読メール59件

P「はぁ……明日美希とデート確定だな…」


390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:14:50.00 ID:wu5emq7k0


宛先:美希

件名:急だけど

本文

明日…まぁ今日なんだけど、暇になった
美希は大丈夫か?

P「そ、送信したくないなぁ…」ピッ




~♪

P「は、早い…」


391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:17:27.41 ID:wu5emq7k0


差出人:美希

件名:

本文

ミキは暇じゃないの!ハニーなんて嫌いなの!

P「…まっ、仕方ないか」


~♪

P「…」

差出人:美希

件名:

本文

ハニーがどうしてもっていうなら…

P「いやまだ俺なにも

~♪

P「…」


396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:28:01.22 ID:gRolUmM30

重い女の子って他人なら可愛く見えるんだけどな

あくまで他人なら


397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:28:55.83 ID:wu5emq7k0


差出人:美希

件名:

本文

デート…してくれますか


P「…こいつ、1stのDo-DaYOの歌詞をパクったな」

P「とりあえず電話しよ、メールは疲れる」

~♪

ガチャ

美希『……』

P「あっ、み、美希か?」


398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:31:11.87 ID:wu5emq7k0


美希『ミキは今居ないの』

P「…」

美希『ミキは今すっごく傷ついてるから会いたく無いって言ってるの』

美希『ハニーに謝ってほしいって言ってるの』

P「…」

美希『ハ

プツッ

P「…」

~♪

P「…」

ガチャ


399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:32:37.30 ID:wu5emq7k0


美希『…』

P「美希か?」

美希『ミキはい

プツッ

P「電話落としてっと」

P「明日の朝にでも電話するかぁ」

P「ふわあぁあああっ!」

P「……寝よ」


400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:34:05.08 ID:xfkoPeuw0

これはPもめんどくせえわwwww


402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:34:38.48 ID:wu5emq7k0


1:57

ドンドンドン

P「…んっ、んん"」

ドンドンドン

P「だ、誰だ…」

ドンドンドン

P「…」チラ

春香「むにゅー……」

P「…(今でたら全てが終わりそうな気がする)」

ドンドンドン

P「…」

ドンドンドン


405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:40:04.89 ID:wu5emq7k0


ドンドンドン

P「み…美希か」

……

P「美希なんだな」

開けてほしいの

ガチャガチャガチャガチャ

P「…(春香を見せたら美希は間違いなく暴走する…どうする)」

ガチャガチャガチャガチャ

ハニー…お願いなの、寒いの…

P「あ、諦めて帰れ」

ドンドンドン!

P「わっ!」

嫌なの!開けてくれるまで絶対に帰らないの!!


406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:43:48.29 ID:wu5emq7k0


P「…(仕方ない…少し強引だが)」

P「分かった、今開ける」

早く開けてほしいの…

カチャ

P「…美希」

美希「……」

P「お前…今何時だと思ってるんだ」

美希「…ハニーのうそつき」

P「…」

美希「ずっと待ってたのに…」


409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:57:54.86 ID:wu5emq7k0


P「美希…」

美希「…」

P「ほら、あがれ…冷えてるだろ」

美希「ハニー…私に言う事がある筈なの」

P「まず家に入れ、話はそれからだ(良かった春香の靴隠しといて)」

美希「…」スタスタ

P「…(足を引っ掛けてっと)」クイッ

美希「!?」

ツルッ

ドスン

美希「いたた…いた

P「フライパンで頭のてっぺんを」ブン

バチーン


410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 02:59:47.85 ID:xrWYIFb70

ひでぇwww


411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 03:00:17.26 ID:wu5emq7k0


美希「……」ピクピク

P「ごめんな美希…」

P「明日どこにでも連れてってあげるからな」

美希「……」

P「っと、美希を何処に隠そうか」

P「とりあえず浴槽の中で良いよな」


412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 03:01:09.12 ID:gRolUmM30

Pさんマジキチww


413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 03:03:37.44 ID:wu5emq7k0


7:14

春香「おはようございますプロデューサーさん!」

P「んっ、おはよう春香」

春香「昨日はありがとうございました!」

P「いや…別に」

春香「あ、あの…」

P「ん?」

春香「プロデュースの件…私、プロデューサーさんを信じて待ってますから!」

P「へ?」

春香「昨日のは何かの間違いだって私知ってますから」

P「いや…あの」

春香「それじゃあ待ってますね!」タタタ

バタン


414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 03:03:57.36 ID:YuWjnCic0

一番ひどいのはPだった


415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 03:05:42.65 ID:wu5emq7k0


P「…な、なんつー自己中な歌姫だ」

P「あっ、美希は…」スタスタ


~風呂場~

美希「……」

P「良かった、まだ気失ってる」

P「とりあえずベッドまで運ぶかな」



416: 忍法帖【Lv=28,xxxPT】 2011/09/30(金) 03:06:20.80 ID:jkxqvd4f0

PはPで酷いなw


418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 03:08:27.65 ID:wu5emq7k0


8:42

美希「ぅ…ううっ」

P「おはよう」

美希「!は、ハニー!?」

P「ん?どうした?」

美希「あっ、ミキ…昨日ハニーの家に来て、それから…」

P「俺の家に泊まって今日はデートだろ?」

美希「!」

P「早く顔洗って準備しろよー」

美希「う、うん!」


419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 03:09:22.55 ID:JOqDS5WM0

ちょろい


420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 03:09:47.18 ID:gRolUmM30

綺麗にまとめようとすんじゃねえよPwww


421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 03:14:08.74 ID:wu5emq7k0


響「ハム蔵~今日はMステだぞー!」

響「はあぁ、自分、やっとテレビに出れるぞー」

響「ん?」

美希「ハニー!」

P「うっ、くっつくなっての」

美希「どうしていけないの?」

P「美希はもうある程度知れ渡ってるから外でこういうのはいけないの!」

美希「だ、だったらハニーの家に戻るの!」

P「じゃあデートしなくても良いんだな?」

美希「ぅ…」

響「へー楽しいそうだぞ」


427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 03:28:20.56 ID:wu5emq7k0


P「…(さっきから響につけられてるな)」

美希「~♪」

P「…(美希は気づいて無いみたいだが)」

響「なんくるないさ~」ササッ

美希「もーハニー!どこ見てるのー!」

P「んあっ、すまん」

美希「ハニーはミキだけ見てれば良いのー!」



430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 03:48:50.92 ID:wu5emq7k0

うっうー!お休みですぅ!


431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 03:58:05.46 ID:gRolUmM30

てめえwww
ねるかな…


432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 03:59:42.21 ID:F/ebfl5o0

このPは仕事できるな


484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 10:24:43.98 ID:wu5emq7k0


響「ゔー」

どうしたの我那覇さん

響「!」ササッ

千早「こんなところで」

響「ち、千早…」

千早「……」ジー

響「ち、違うぞ!?じ、自分プロデューサーと美希の尾行なんてしてないぞー」

千早「…」

響「あゔぅ…」

千早「尾行ねぇ…」

響「ち、千早も」

千早「?」

響「千早も気にならないのか!?プロデューサーと美希が」

千早「……」


486: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 10:27:38.16 ID:wu5emq7k0


P「…(な、なぜだ…)」

美希「ハニー、あーん」

千早「…」ササッ

響「♪」ササッ

P「……」

美希「ハニー?」

P「んあっ?す、すまん」

美希「もー…折角のデートなのにハニーちっとも嬉しそうじゃないの…」

P「そ、そんな事無いぞ!?う、嬉しいし楽しいさ!(嘘だけど)」

美希「本当?」

P「ほ、ほんとほんと…」



488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 10:31:00.26 ID:wu5emq7k0


響「なぁ千早…」

千早「なに?我那覇さん」

響「自分、さっきから時々胸が苦しくなるぞ…」

千早「胸が?」

響「ゔん…」

P「あ、あーん…」

美希「あーんなのー」

響「あっ!い、いま!今すっごく苦しいぞ」

千早「……」

響「な、なんでか分かるか?千早」

千早「…我那覇さん」

響「ふぇ?」

千早「今から練習しに事務所へ行きましょう」


489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 10:34:36.94 ID:wu5emq7k0


千早「そう、練習」

響「きょ、今日は休みの筈じゃあ…」

千早「今の私達がする事は彼等を尾行する事じゃなくて」

千早「少しでも上達して彼等を追い抜く事…」

千早「そして765プロの頂点に立ち」

千早「みんなの目標になること……」

響「ち、千早…」

千早「行きましょう、我那覇さん」

響「じ、自分!なんだかすっごく頑張れそうな気がするぞ!!」


492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 10:38:17.83 ID:wu5emq7k0


春香「のヮの」

春香「ぷ、プロデューサー…と」

春香「み、みみみ…美希」

春香「は、ははっ…は」

P『美希はチームのリーダー的な存在だ』

リーダー的な存在だ

リーダー的な

リーダー

リー

春香「あはっ…はは」

春香「け、携帯取り出しぽぱぴぷぺー」

春香「のヮの」

パシャパシャパシャ


495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 10:42:53.79 ID:wu5emq7k0


P「!?」ゾクゾクゾク

美希「ん?どうしたのハニー」

P「い、いや…なんでも(なんだ、今とてつもない憎悪を感じたんだが)」

美希「次はどこに連れてってくれるのー?」

P「んあっ、…そうだなぁ」

美希「ミキねぇ…遊園地が良いー!」

P「…(行きたくNEEEE)」

美希「駄目?ハニー…」ウルウル

P「いや、駄目とは言ってないだろ?だ、だから泣くなって(泣き落としUZEEEE)」


496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 10:48:28.65 ID:wu5emq7k0


~遊園地~

春香「のヮの」

パシャパシャパシャパシャ

美希「ハニー!次はアレに乗りたいのー」

P「わ、わかったから少し休ませて(なんでコーヒーカップに18回連続で乗るんだよ)」

P「っぷ…さっき食べた物が全部出そうだ…」

美希「ハニー!早くなのー!」

P「ま、待ってくれ…」


春香「のヮの」

パシャパシャパシャパシャ


498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 10:51:35.05 ID:wu5emq7k0


~そんなこんなで夕方~

美希「うーん!すっごく楽しかったのー!」

P「そ、それは良かった(うぅ…もう今日は帰って寝よう)」

美希「休みの日にハニーとデートが出来るなんて」


春香「夢みたいなのーとか言ってるんだろうなぁ…」

春香「ふふっ…でもコレだけ写真が有れば……」

春香「のヮの」



499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 10:55:46.54 ID:wu5emq7k0


美希「じゃあハニー、また明日なの」

P「あ、あぁ…また明日」



~♪

P「…美希からか」カチャ

差出人:美希

件名:今日は

本文

今日はとっても楽しかったの!ミキはハニーとデート出来て嬉しかったなぁ…

は、ハニーは今日のデート楽しかった?
教えてほしいの(><)


P「いやいやいや、さっき楽しかったって言っただろ」

P「無視安定」

~♪

P「ん?……誰だこのアドレス」


502: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 11:04:28.06 ID:wu5emq7k0


差出人: harkakka..@sokusobank.jp

件名:のヮの

本文

デート楽しかったですかー?春香ですよー

本日の収穫でーすみてくださーい


※写真


P「なっ!?(み、美希とのデートしゃしん!?)」

P「な、なんで春香が…」

~♪

P「あっ、美希からだ」

差出人:美希

件名:無視はやだNA!

本文

ハニー…


505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 11:10:43.49 ID:wu5emq7k0


P「と、とりあえず美希に返事を書いてと」

宛先:美希

件名:

本文

楽しかった!美希が好きすぎて会えないのが辛い

P「送信っと」

P「とりあえず…春香にも返しとくか」

宛先:harkakka..@sokusobank.jp

件名:春香なのか?

本文

な、なにがしたいんだ?

P「…送信」


508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 11:18:23.58 ID:wu5emq7k0


~♪

P「美希のメールは無視安定」

~♪

P「…春香だな」

差出人:harkakka..@sokusobank.jp

件名:のヮの

本文

だから春香って言ってるじゃないですかー


※写真

P「…こ、こいつ尾行してたのか」

~♪

P「美希は無視安定」


509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 11:20:37.54 ID:wu5emq7k0

~♪

P「無視無視」

宛先:天海

件名:

本文

なにを企んでいるんだ…

~♪

P「しつこいな…美希は」

~♪

P「春香からだ…」


511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 11:26:56.65 ID:wu5emq7k0


差出人:春香

件名:私ナンバワーン

本文

やだなぁプロデューサーさん…私がプロデューサーさんにしてほしいことって言ったら


一つしか無いですよぉ

P「…」

春香『わたしをプロデュースしてください!』

わたしをプロデュースして

わたしをプロデュ

わたしを

P「…」

~♪

P「美希から電話か…」

ピッ


513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 11:32:13.79 ID:wu5emq7k0


美希『ハニー、ひど

P「美希!愛してる!!」

美希『はっ、はははは、ハニー!?』

P「大好きだ!」

プツッ

P「これで美希は良しとする」

P「春香は……」


P「…とりあえず家に帰ろう、明日も早いんだし」

~♪

P「受信拒否しようかな…」


518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 11:39:38.65 ID:wu5emq7k0


~自宅~

P「…」

春香「のヮの」

P「は、春香…」

春香「のヮの」

P「今日…尾行してたのか」

春香「のヮの」

P「……」

春香「のヮの」

P「と、とりあえず上がってくれ」

春香「はい!プロデューサーさん」

P「しゃべ

春香「のヮの」


522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 11:43:39.05 ID:wu5emq7k0


ガチャ

P「…」

春香「のヮの」

P「あのな…春香、昨日もいったが

春香「ゔぁい!!」

P「!?」ビク

春香「のヮの」

P「…だからな、俺はH×Hを

春香「ゔぁい!!!」

P「…」

春香「のヮの」


523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 11:46:13.70 ID:wu5emq7k0


春香「のヮの」カチカチ

~♪

P「…」ピッ

差出人:春香

件名:アイムレイディ

本文

プロデューサーさんが良いと言うまで私帰りませんから

P「…」

春香「のヮの」

P「だ、だから

春香「ゔぁい!!!!」

P「春香…頼むから話しを聞いてくれ」

春香「のヮの」


527: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 11:51:31.59 ID:wu5emq7k0


春香「のヮの」

P「…」

P「…(もう、こうなったらソロでデビューさせ爆死させて現実を見せるしか無いのか…)」

春香「のヮの」

P「…(しかしそれはあまりにも酷な事じゃないのか?)」

P「…(春香には難狂う無いさで頑張ってもらいたいし…)」

春香「のヮの」ブッ

P「!?」

春香「のヮの」

P「お前…いまおならを

春香「ゔぁい!!!!!」

P「…」

春香「のヮの」


533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 11:58:08.73 ID:wu5emq7k0


P「春香…」

春香「のヮの」

P「前にも言ったがお前をH×Hにはい

春香「ゔぁい!!」

P「き、聞け!入れれないが

春香「ゔぁい!!」

P「…ソロデビューを

春香「ゔぁい!!!!」

P「…あくまでH×Hに拘るんだな」

春香「はい!プロデューサーさん」

P「ソロデビューはい

春香「ゔぁい!!!!!!」

P「…」

春香「のヮの」


540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 12:06:44.51 ID:wu5emq7k0


P「あのな?かりにだぞ、かりに春香を入れたとしよう」

春香「ありがとうございますプロデューサーさん!!」

P「いや、だからかりにだって!」

P「そうしたらユニット名を変えなきゃならなくなるんだ」

春香「のヮの」

P「いまはみんなの頭文字をとって

春香「H×Hのままで大丈夫ですよ」

P「は、はぁ?」

春香「私の苗字」

P「いや、春香はA(あまみ)だろ」

春香「読み方今日から変えます」

P「…」

春香「のヮの」


541: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 12:10:12.27 ID:wu5emq7k0


春香「私、天海(てんかい)T春香、トップアイドル目指します!」

P「…」

春香「のヮの」

P「…まさか、お前」

P「や、やよいを抜けと」

春香「はぁい!!!!」

P「だ、ダメだ!それはでき

春香「ゔぁい!!!!!」

P「やよいを脱いてまでお前を

春香「ゔぁい!!!!!」

P「出来るわけないだ

春香「ゔぁい!!!!!」

P「…」

春香「のヮの」


546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 12:17:24.99 ID:wu5emq7k0

~P妄想~

やよい「うっうー、アイドルクビになっちゃいましたぁ…」

長介「やよい姉ちゃん…だ、大丈夫だよ!なんとかなるって!」

かすみ「ゔぅ…」

やよい「うっうー…今日は公園でとれた雑草で雑草パーティーですぅ…」


~妄想終わり~

P「…(だめだだめだだめだだめだだめだ)」

P「春香!」

春香「のヮの」

P「千早達に謝りにいけ!」

春香「のヮの」カチカチ

~♪

P「…」


548: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 12:20:58.05 ID:wu5emq7k0


差出人:天海

件名:

本文

嫌です


P「…」

春香「のヮの」

P「もし、やよいを抜いたら、やよいはどうなるんだ?」

P「ずっとHIP-HOPを歌ってたんだぞ?今更JPOPに戻れる訳無いだろ」

春香「のヮの」カチカチ

~♪

差出人:天海

件名:うっうー

本文

あんな池沼キャラいらないです
うっうー(笑


557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 12:26:19.45 ID:wu5emq7k0


P「…」スッ

春香「?」

P「……痛いぞ」ブン


パチーンッ




春香「!?」

P「……いい加減にしろ」

春香「のヮの」プルプル

P「やよいは俺達の大切な仲間なんだ」

春香「のヮの」プルプル


559: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 12:28:54.39 ID:wu5emq7k0


P「頭冷やしてろ…」スタスタ

P「帰りたくなったら帰ればいい…金は…1万で足りるだろ」


春香「のヮの」プルプル

P「じゃあな」

バタン

春香「のヮの」プルプル

春香「……」

春香「うっぐ…っゔぅっ…」


563: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 12:31:10.37 ID:wu5emq7k0


P「…痛た」

P「女の子…しかもアイドルにビンタかぁ」

P「俺、プロデューサー失格かもなぁ…」

あっ!兄ちゃんだ!

P「あっ、亜美、真美」

亜美「ひっさしぶりだね兄ちゃん!」

真美「昨日ぶりー!」

P「どうしたんだ?二人で」


564: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 12:37:16.46 ID:wu5emq7k0


亜美「いっやー真美が兄ちゃんの家がこの辺だって言ってたからさぁ」

真美「この辺だよね?兄ちゃん家」

P「…(引っ越そう)」

P「あ、あぁ…」

亜美「あのさ兄ちゃん!亜美達今日休みなんだ!」

真美「竜宮小町にも休みあるんだって!」

P「…あ、遊びに行こうか(まっ、嫌な事を吹き飛ばしますか!)」

亜美「やったー!じゃあさじゃあさ」

真美「遊園地行こ遊園地!」

P「ゆ、遊園地…」


566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 12:41:16.68 ID:wu5emq7k0


~そんなこんなで夕方ですよ~

亜美「あー!楽しかったー!」

P「そ、それなら良かった(な、なにが悲しくて一日に二回も遊園地に)」

真美「兄ちゃん真美お腹すいたー」

亜美「亜美もー!」

P「あはは…じゃ、じゃあ食べに行こうか」

亜美「やったー!兄ちゃんの奢りね→」

真美「奢り奢り→」

P「…(春香大丈夫かな)」


574: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 12:52:46.15 ID:wu5emq7k0


真美「じゃあまた明日ね兄ちゃん!」

亜美「楽しかったよ→!」

P「あぁ、真美は明日よろしく、亜美もお仕事頑張れよ」

亜美「言われなくても頑張るよー!」

真美「だって亜美は竜宮小町だもんねー!」

亜美「えへへー」

P「それじゃあまたまたな!」

亜美&真美「ばいばーい!」


575: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 12:55:35.59 ID:wu5emq7k0


~その頃~

響「始まったぞハム蔵!」

千早「…我那覇さん?」

響「なんだぞ千早ー、Mステ始まったぞー!」

千早「…(なんで我那覇さんと一緒に見てるのかしら)」


~自宅~

春香「のヮの」

TV「ミューズィクスティーション」

春香「のヮの」プルプル



P「わっ!もう8時なってるし!?」


580: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 13:02:58.13 ID:wu5emq7k0


TV「スィングールスィーディーランキンッ」

響「は、始まるぞ!千早、千早!!」

千早「…」ゴクリ


~自宅~

春香「のヮの」

TV「『難狂う無いさ』…『Do-Dei』」

春香「のヮの」

竹内「765プロから“二人組”のユニット、難狂う無いさ、2ndシングルのDo-Deiでランクインです」

春香「!!?」

春香「えっ……な、難狂う無いさは…」

春香「さ、三人組……あっ、あはっ」

春香「はははっは…」

春香「のヮの」ガタカタカタカタ


582: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 13:08:58.58 ID:wu5emq7k0


TV「だい4位~」

TV「『H×H』『O MA E 』」

やよい「うっうー!」

長介「やよい姉ちゃん!」

やよい「うっうー!うっうー!うっうー!」

やよい「うっ、っごほっ!っげほっおほっ」

かすみ「だ、大丈夫?」

やよい「だ、大丈夫…ちょっと嬉しすぎて」

竹内「人気急上昇、HIPHOP界の女神、H×Hがランクイン、こちらは第10位の難狂う無いさと同じく765プロです」

美希「~♪」カチカチ



584: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 13:17:23.16 ID:wu5emq7k0


P「んぁ、美希からメールだ」

P「まぁ無視安定」

~♪

P「!は、春香からか…」

差出人:天海

件名:プロデューサーさん

本文

さようなら、私、765プロ辞めます


P「へー」

P「………」


P「….」

P「は、はあぁ!?」


586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 13:24:58.51 ID:wu5emq7k0


P「な、なななななな」カチカチ

~♪

P「…じゅ、受信拒否されてる」

P「な、なんでだ!?」

~♪

P「あっ、小鳥さんからだ」

ピッ

小鳥『ぴーよー』

P「ふざけないでください!!」

小鳥『……すいません』

P「あ、あの!」

小鳥『大変ですよー、さっき春香ちゃんから電話があって』



589: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 13:27:51.45 ID:wu5emq7k0


P「ま、まさか…本当に……」

小鳥『冗談なんかじゃ無いですよぉ!急に電話で辞めますっていって』

P「繋がらないんですね…メールも多分届きませんよ」

小鳥『ぴー!』

P「と、とにかく!俺探して来ますから!」

小鳥『ゔぅ…私も近くを探してきます!』

P「じゃあ見つけたら連絡します!」

小鳥『ぴー!』

プツッ

P「あんのばか」


595: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 13:32:21.72 ID:wu5emq7k0


その日、一日中探して回ったが春香は見つからなかった
他のアイドル達には春香が車に跳ねられたと嘘をついた…

誰も病院の場所を聞かなかった時は胸が張り裂けそうだった…


やよい「うっうー、今日も頑張りますぅ!」

真美「まこちん達、3位だったね!次は負けないぞー!」

美希「ハニー…」

P「すまん、メールを返せなかったのは謝る」

美希「今日泊めてくれたら許してあげるの」

P「…」


599: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 13:41:08.60 ID:wu5emq7k0


それから二ヶ月が過ぎた頃、春香が見つかった

意外なかたちで




P「なっ!?」

TV「だい一位『春閣下』『オーマイマスター』」

竹内「961プロから電撃デビュー、1stシングル、オーマイマスターが初登場一位を獲得です」

美希「は、春香!?」

やよい「うっうー!?」

真美「はるるん退院してたんだ!」

P「…(真美、驚くのはそこじゃないだろ)」


601: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 13:44:38.91 ID:wu5emq7k0


~♪

P「…」ピッ

小鳥『ぴーよー!』

P「落ち着いてくだだだだ」

小鳥『は、春香ちゃんがぁ!』

P「えぇ、俺も今知りました」

小鳥『どどど、どーするんですかぁ』

P「……これが春香の望んだ答えなんでしょう」

小鳥『でもでもでも』

P「…春香はもう765プロじゃなく961プロですよ」








P「春香はもう……敵ですよ」


604: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 13:58:22.57 ID:wu5emq7k0


P「…」カチカチ

真美「兄ちゃんなにしてるのー?」

P「んっ?ちょっとな」カチカチ

P「…(やはりな、デビュー前のテレビ出演無しで初週10万枚…)」

P「961プロ…ジュピターに春閣下か…」

P「…みんな」

真美「ん?」

美希「なんなの?」

やよい「プロデューサー?」

P「今度の3rdシングル、必ず初週4万は売りあげるぞ!!」

やよい「うっうー!」

真美「と→ぜん」

美希「売りまくるのー!!」


605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 14:08:29.90 ID:wu5emq7k0


竜宮小町、ジュアルdeビジュアル、難狂う無いさ、ジュピターに春閣下

色んなライバルが出来た、いつかはこの頂点に立たなくちゃいけない

でも

美希「頑張るのー!」

真美「ほら、兄ちゃんはやくー!」

P「わわっ、真美、引っ張るなって」

やよい「うっうー!」

彼女達となら大丈夫そうだ

美希「竜宮小町ー!待ってるのー!」


俺達の戦いはこれからだ!!!

美希「ハニー、ミキね、HIP-HOPで食べて行こうと思うの!」P「…」

続く


612: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 14:22:16.82 ID:wu5emq7k0

ごめんもう限界アニメしか見てないからジュピターとか知らないし…

明後日ごろにまた立てますタイトルは

美希「ミキミキ」真美「マミマミ」やよい「うっうっうー!」

なんで、少しアイマスを勉強し直してきます


614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 14:26:12.59 ID:NZpFMLXX0

よくアニメだけでここまで書けたなwww
通りでお姫ちんの出番が少ない訳だ
とにかく乙!続き待ってるよ


615: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 14:36:34.31 ID:wu5emq7k0

ありがとうございます、ゲームと箱買ってきます
それよりまずはメガネを買いに行きたいです


616: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2011/09/30(金) 14:43:37.05 ID:olFES7iaO

まあアイマスのために箱○買おうとは思わないよな
PS3版は買い決定だが


620: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/30(金) 15:13:47.45 ID:d1+FiaGG0

楽しかった、乙

Pさんそのうち刺されるで…


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:スロス

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。