スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「温泉ロケですか…」高木社長「あぁ」 

カテゴリ:マジキチ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 19:59:16.61 ID:q6yqTMhU0


社長「今月の給料だ、受け取りたまえ」

P「…ありがとうございます」

社長「…なんだね?」

P「いえ……失礼します」

バタン

P「薄いなー給料袋」ガサガサ

P「っと…ひーふーみーやー」

P「……ほんとに10万しかねぇ」

P「あの茶髪…絞め殺してやる」



天海「殺してやる」P「やってみろよカブトムシ」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:01:39.68 ID:q6yqTMhU0


小鳥「プロデューサーさんプロデューサーさん!」

P「んだよババア!!!」

小鳥「ぴよっ!?」

P「あんだよ!早く要件言えよ!!」

小鳥「ぴよ…今日給料日だからプロデューサーさんと呑みに行こうと…」

P「はぁーん、で、幾らだよ」

小鳥「ぴよ?」

P「お前の給料」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:03:47.20 ID:q6yqTMhU0


小鳥「ぴへへへ…」

P「早く言えよ」

小鳥「今月から給料上がっちゃいました!」

P「………は?」

小鳥「何故か急に上がったんですよ給料!!」

P「で、幾らだよ…」

小鳥「30万です!!30万ですよ!?ぴよー!!嬉しいぴよー!!」

P「……」



ブチン


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:06:14.83 ID:q6yqTMhU0


小鳥「だから今日は私のおご

P「死ねよババア!!!」

小鳥「ぴ…」

P「なに一人で浮かれてんだよ!あぁ!?」

小鳥「ぷ、プロデューサーさ

P「3分の1!!!お前の3分の1!!」

P「俺の給料10万なの!!!」

小鳥「ぴ…」

P「ざけんなよババア!!犯すぞ!」

小鳥「ぴへへ」

P「ニヤつくんじゃねー!!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:09:01.98 ID:q6yqTMhU0


律子「なんですかー廊下で」

小鳥「あぁ…り、律子さぁん」プルプル

P「なんだよメガネ…」

律子「はいはい、ほら、MAXコーヒーです」スッ

P「MAX!!!」パシッ

ゴクゴク

律子「小鳥さん、プロデューサーが怒った時はMAXコーヒーですよ」

小鳥「は、はい…」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:09:44.63 ID:831t2eGk0

ことりさんの給料が前よりあがっとる
世界線が違う


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:11:26.25 ID:kEamyM1v0

なぜ上がった
Pの分か?


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:11:35.94 ID:q6yqTMhU0


律子「あはは…給料でですか」

P「律子、さっきはメガネって言って悪かった…」

律子「良いですよそれ位」

小鳥「ぴよ…わ、私は」

P「あ?」

小鳥「ぴよ……」

P「そういえばさ、律子の給料って幾らなんだ?」

律子「へ?わ、私のですか?」

P「あぁ、同じプロデューサーとして気になるなぁと思って」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:13:44.44 ID:q6yqTMhU0


律子「私のは…あはは」

P「あっ、やっぱり少ない?」

律子「えーと、言わなきゃまずいですかね」

P「……言ってくれ」

律子「あははは…わ、私の」

小鳥「ぴよぴよ」

律子「私の給料は…」

P「給料は……」








律子「53万です」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:15:03.76 ID:MkrKRxWf0

         ______ 
       ,;i|||||||||||||||||||||||||||||||ii;、         _/
     /||||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;、        \
  / ̄ ̄\||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;゙ヽ,      /
'" ̄ヽ     ヽ!!||||||||||||||||  ||||||||||!!"ヘ     <  給料ageるよ
ヽ          ゙!!!||||||||||||  |||||||!!   iヽ── /
|||l            ゙゙ヽ、ll,,‐''''""     | ヽ|||||||||給料ageるよ
|||l     ____   ゙l   __   \|||||||||  
||!'    /ヽ、     o゙>┴<"o   /\   |'" ̄| ホントの勇気 見せてくれたら
\  /  |ミミヽ──‐'"ノ≡- ゙'──''彡| |、 |   |
   ̄|    |ミミミ/" ̄ 、,,/|l ̄"'''ヽ彡|| |、/   / 給料ageるよ
 ヽ、l|    |ミミミ|  |、────フヽ |彡l| |/  /_
  \/|l    |ミミミ| \_/ ̄ ̄フ_/  |彡|l/    ̄/ 給料ageるよ
  \ ノ   l|ミミミ|  \二二、_/  |彡|      フ  
    ̄\  l|ミミミ|    ̄ ̄ ̄  |メ/       \トキメク胸に キラキラ光った
    | \ ヽ\ミヽ    ̄ ̄"'  |/        /
    /  \ヽ、ヾ''''ヽ、_____//       /_給料ageるよ
  /  ヽ ゙ヽ─、──────'/|         ̄/
. /       ゙\ \     / / \__
   ───'''" ̄ ̄ ゙゙̄ヽ、__,,/,-'''" ̄   ゙''─


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:17:15.00 ID:pg1+wg6Bi

>>22
電車の中で吹いた


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:16:21.31 ID:q6yqTMhU0


小鳥「ごっ!?」

P「……俺の5倍」

律子「あ、あははは……ご、ごめんなさい


P「……」ズーン

律子「ほ、ほらっ、落ち込まないで下さいよぉ」

P「…律子ってまだプロデューサー二年目だよな……」

律子「は、はい」

P「俺さ…高校卒業して4年間…ずっとプロデューサー業してるんだけど」

律子「あ、あはは……」

P「ははっ……」

P「死にたい」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:17:39.99 ID:RHSnUEmdO

律子高給取りワロタ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:18:30.86 ID:LlY9lL250

これ絶対社長と寝てるだろ…


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:20:13.63 ID:q6yqTMhU0


律子「ちなみにですけど」

P「…はい」

律子「竜宮小町は37万ですね、給料」

P「……」ズーン

小鳥「さすが売れっ子アイドルですねぇ」

律子「あっ、プロデューサーの凸凹はどうなんですか?」

P「…知らん」

律子「ありゃりゃ、自分のユニットの給料位把握しないといけませんよー」

P「知りたくもない……」

律子「あははっ…じゃあ私はこれで」


スタスタ


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:23:52.60 ID:q6yqTMhU0


P「…携帯代が1万、家賃が5万…光熱費水道代で1万5000」

P「貯金も核爆弾かったから0……」

P「あはは…」

小鳥「プロデューサーさん」

P「…なんですか」

小鳥「今日は私が奢ります!だから呑みに行きましょう!!」

P「ま、マジですか!?」

小鳥「はい!」

P「ありがとうございます!!」






小鳥「ぴへへ(今夜はプロデューサーさんの家で…ぴよぴよぴよ)」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:26:30.15 ID:5GxKZb4n0

核爆弾買える貯金ってどんだけだよwwww


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:27:37.27 ID:q6yqTMhU0

~居酒屋~

P「…ゔぅ…お、俺は765プロのなんなんだ……」

小鳥「ぴよぴよ、ささっ、もう一杯どうぞ」

トクトクトク

P「千早と美希は病んでるしよぉ……ぅっ」

ゴクゴク

P「ぅ"っ……」

小鳥「ささっ、もう一杯」

P「………ぁあ…ちくしょぅ…社長のばかやろぅ…」

小鳥「ぴよぴよ(今日はプロデューサーさんを酔わせて逆姦ぴよ)」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:31:12.97 ID:q6yqTMhU0


P「ぅっ…」

小鳥「ぴよぴよ、ささっ、帰りましょうよプロデューサーさん」

P「ぅ、うん…」

小鳥「じゃあ運転代行を呼びますねー」

P「ぁぁ…765プロのばかやろぅ…」




41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:34:34.99 ID:q6yqTMhU0


~駐車場~

車「のヮの」旦那…今日はもう寝な

P「…」ヨタヨタ

小鳥「大丈夫ですかぁプロデューサーさん?(ぴへへへwww作戦大成功ぴよwwww)」

P「じゃあ…今日はありがとうございました」

小鳥「なぁに言ってるんですかぁ!朝まで介護してあげますよぉ!」

P「いや…いい」

小鳥「もープロデューサーさんは遠慮がちなんだからぁ」

P「介護なら……してもらえるから」






小鳥「ぴへ?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:37:32.70 ID:q6yqTMhU0


小鳥「え?え?」

P「じゃあ…」スタスタ

小鳥「ま、まってください!」

P「なんですか小鳥さん…」

小鳥「か、介護って誰に!?ひ、響ちゃんですか!」

P「違う…」

小鳥「じゃ、じゃあ美希ちゃんですか!?はっ!まさか千早ちゃん!?」

P「ちげーよばか」

小鳥「だっ、だったら誰なんですかぁ!!」

P「おやすみ」スタスタ

小鳥「ぷ、プロデューサーさーん!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:40:13.72 ID:q6yqTMhU0


~自宅~

P「ただいま…」

貴音「おかえりなさいませごしゅ

P「貴音…お前はそんなキャラじゃないだろ…」

貴音「すいません」

P「あはは…まぁ良いや」

貴音「あなた様、凄い臭いです」

P「わ、悪い……ちょっと呑んできたもんで」

貴音「いまお水を…」

P「ありがとう貴音」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:43:46.71 ID:q6yqTMhU0


P「しかし貴音を765プロに入れ直したのは良いが…」

貴音「わたくし、突然ここに来たので自分の住まいが…」

P「あっ、気にして無いから、そんな落ち込むなって」

貴音「…またわたくしは……あなた様のご迷惑に…」

P「あーもう!泣くなよ貴音」

貴音「す…すみません……」

P「あー…」

P「と、とりあえずお風呂入ってくる」

スタスタ

貴音「…」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:47:00.32 ID:q6yqTMhU0

~脱衣所~

P「うえ"…」

歯ブラシ「のヮの」旦那…とりあえず吐いて楽になりましょう

コップ「のヮの」そうですぜ旦那

P「っぷ」


オロロロロロ

コップ「のヮの」旦那はゲロさえ美しい

歯ブラシ「のヮの」その旦那の口を綺麗に出来て嬉しい限りですぜ


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:50:02.16 ID:q6yqTMhU0


P「はあぁ…呑みすぎた……っぷ」

蛇口「のヮの」旦那…

サアアァ

コップ「のヮの」早く口を濯いでください

P「…最近よく幻聴が聞こえる気がする」

コップ&歯ブラシ&蛇口「のヮの」旦那!?

P「まっ、気のせいか…」ガラガラガラ

っぺ

P「うぅ、風呂入るか」ヌギヌギ


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:53:55.21 ID:q6yqTMhU0


貴音「…」

Pの携帯「のヮの」

貴音「あなた様の……携帯」スッ

携帯「のヮの」嬢ちゃん…プライバシーって言葉、知ってるか

貴音「ぅ…」

携帯「のヮの」旦那にだって見られたく無い物だって有るんだ…分かってやってくれ

貴音「…わ、わたくしは」

貴音「も、もっとあなた様を知りたいんです…」

携帯「のヮの」嬢ちゃん…

貴音「……お願いします」

携帯「のヮの」 0721だ

貴音「?」

携帯「のヮの」パスワードだよ…0721だ


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:56:16.60 ID:q6yqTMhU0


~お風呂~

P「はぁー…今日は呑んだなぁ」キュ

シャワー「のヮの」

サアアァ

P「…明日は凸凹のロケだな」

P「頑張らないとなぁ」

P「しかし貴音の家……」


P「早く探さないとなぁ」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 20:59:25.69 ID:q6yqTMhU0


貴音「…」カチカチ

携帯「のヮの」

貴音「ここの暗所番号は…」

携帯「のヮの」嬢ちゃん…そこだけはいけねぇ

貴音「…お願いします」

携帯「のヮの」そのフォルダを見たら嬢ちゃんが嬢ちゃんじゃなくなっちまう

貴音「覚悟の上です…」

携帯「のヮの」嬢ちゃん……

貴音「わたくしはもっとあなた様を知りたいのです」

携帯「のヮの」8181だ…

貴音「8181…」カチカチ

携帯「のヮの」ぱいぱい


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:03:25.32 ID:q6yqTMhU0


~脱衣所~

P「ああぁ、さっぱりしたぁ」

P「はぁ…」ゴシゴシ

ドライヤー「のヮの」旦那…早くしないと髪傷めますぜ

P「っと…ドライヤードライヤーっと」カチ

ドライヤー「のヮの」狙いうちやすぜ!

ブホォオオ

P「~♪」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:06:51.00 ID:q6yqTMhU0


貴音「…これは」

携帯「のヮの」旦那厳選のおっぱいフォルダですぜ

貴音「…」ゴクリ

携帯「のヮの」ふっ、嬢ちゃんに出来るかい?

貴音「……」カチカチ

携帯「のヮの」諦めな…嬢ちゃんには3年早い

貴音「こ、これならば…わ、わたくしにでも」

携帯「のヮの」!ば、ばか言っちゃいけねぇ…止めろ嬢ちゃん

貴音「わ、わたくしは…あなた様の力に…なりたいから」

携帯「のヮの」……嬢ちゃん


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:13:11.80 ID:q6yqTMhU0


P「はぁ…きもちよか

貴音「…」

P「ブー!」

P「なななな、にゃにやってんだ貴音!?」

貴音「あ、あの…に、似合いますか」

P「あらはたゃまぬか」

P「な、なんで上半身裸なんだ…」

貴音「は、裸じゃないです…」

P「い、いや…た、確かに裸では無いが」

貴音「あ、あなた様……い、いえ」

貴音「プロデューサー」

P「わ、分かったから服着ろ」

貴音「プロデューサー…」

P「ば、絆創膏だけは…れ、レベル高過ぎるから…」

携帯「のヮの」大判を使わず小さいので攻めるなんてな…やるな、嬢ちゃん


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:18:34.90 ID:q6yqTMhU0


P「…」

貴音「先程はすみません…」

P「ってか、なんで急にそんな事を」

貴音「…」スッ

P「!?(お、俺の携帯の秘蔵おっぱいフォルダを)」

貴音「ぷ、プロデューサーは…こ、こういう娘が……好みなんですよね」

P「ぅがっ…あぢあっ…」

P「ち、違う!」

貴音「へ?」

P「お、俺はそんなはしたない娘好きじゃない!」

携帯「のヮの」見苦しいですぜ旦那

貴音「……そ、そうなんですか…ホッとしました」

携帯「のヮの」嬢ちゃん…


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:22:38.14 ID:q6yqTMhU0


P「じゃ、じゃあ俺はソファで寝るから」

貴音「…はい」

P「うぅ…そんな悲しい顔すんなって」

貴音「やはりわたくしと一緒に

P「絶対に駄目!」

貴音「……」

P「ほら、おやすみ(当たり前だろ…マジで襲いそうになるから)」

貴音「おやすみなさい」



ソファ「のヮの」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:25:54.44 ID:q6yqTMhU0


2:48

ソファ「のヮの」嬢ちゃん…起きてるか

貴音「…はい」モソモソ

ソファ「のヮの」旦那、今ぐっすりだぜ

貴音「ありがとうございます」

ソファ「のヮの」ふっ、話し相手が出来て俺たちは楽しいぜ?

貴音「……」

ソファ「のヮの」今日も奪っちまいな、旦那の唇を

貴音「…ぷ、プロデューサー…」



チュウゥ



ソファ「のヮの」おーおー若いっていいねぇ


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:28:50.91 ID:q6yqTMhU0


~翌朝~

P「…」

歯ブラシ「のヮの」旦那!おはようございます

シャカシャカシャカ

歯ブラシ「のヮの」あぁ…旦那の口…気持ちいいぜ

蛇口「のヮの」おはようございます旦那

トプトプトプ

コップ「のヮの」おはようございます!

P「…やっぱり幻聴が」

三人?「のヮの」旦那!!

P「気のせいだよな…」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:30:35.62 ID:q6yqTMhU0


P「よし、じゃあ俺は凸凹の仕事だから」

貴音「はい、わたくしは事務所に行きます」

P「えへっ…いってきます」

貴音「はい」


のヮの


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:33:39.93 ID:q6yqTMhU0


~駐車場~

車「のヮの」じゃあまな板の家に迎えに行きましょう

P「……千早は」

P「千早は…まな板じゃない」

車「のヮの」旦那!?俺の声が!

P「なんて千早に言ったら殺されるよなー」

車「のヮの」旦那…

P「っしゃ、いくか」

ブロロロロ


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:36:05.71 ID:q6yqTMhU0


のヮの「そうか…ここが奴の家か」

貴音「……」

のヮの「ふっ、以前の貸しだ…気絶で許してやる」

のヮの「しかし…」キョロキョロ

のヮの「奴の臭いが充満しているな」


のヮの「……」モゾモゾ




クチュクチュクチュ

春香「んああっ!」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:39:40.44 ID:q6yqTMhU0


~千早宅~

P「おーい、来たぞー」

ガチャ

千早「…」

P「おはよ

千早「ハジマル」

P「ぷっ…くく…」

千早「プロデューサー…約束です」

P「もー、笑ったらキスとかキツイってー」

千早「約束ですよ」

P「はいはい……」

P「ん」


チュッ

車「のヮの」朝っぱらから旦那は…


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:42:19.18 ID:q6yqTMhU0


~車内~

P「っと、美希の家に行かなきゃなぁ~」

千早「プロデューサー」

P「ん?」

千早「インフェルノ」

P「……」プルプル

千早「インフェルノインフェルノインフェルノー!」

P「ぐっ…ぷふっ…」

千早「プロデューサー」

P「はぁ…っくそ…」

千早「プロデューサー」

P「わ、わかったから、赤まで待ってくれ」

千早「…(嬉しいけど悲しい…)」

千早「でも嬉しいです」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:45:45.61 ID:q6yqTMhU0


~美希宅~

P「…(結局8回もキスしたぞ)」~♪

ガチャ

P「あっ、美希か?着いたぞー」

美希『はーい!今からいくのー!』

プツッ

P「はぁ……美希ももう少し素直だったらなぁ」

P「俺の給料も下がる事無かったのに…」

P「……そうだよな」

P「減給も美希のせいなんだよな」

P「……」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:49:47.27 ID:q6yqTMhU0


美希「ハニー!お待たせなのー!」トテトテ

P「ったく、おせ

P「!!!」ゾクゾクゾク

美希の父&母「…」ジー

P「…(み、見られてる…微かな隙間から正確に俺を見てる)」

美希「ハニー?」

P「……」

ギュウ

美希「きゃっ!」

P「もぅ…待たせすぎだ…美希」

チュッ

美希「あふぅ…は、ハニー」

美希の母「あなた…社長に電話を」

美希の父「あぁ、給料+だ」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:54:38.48 ID:q6yqTMhU0


~車内~

美希「…(千早さんがハニーの隣なの)」

P「よし、後は響だな」

千早「そうですね」

美希「…」カチカチ

~♪

美希の母「あなたちょっと待ってください」

美希の父「ん?」

美希の母「電話……しなくて良いです」

美希の父「あ、あぁ」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:56:32.13 ID:q6yqTMhU0


~響宅~

P「じゃあ千早、隣開けろ」

千早「嫌です」

P「…千早」

千早「嫌です」

P「……」スッ

千早「?」

P「…」ゴニョゴニョ

千早「!!」

千早「ほ、ほんとうですね…」

P「あぁ、本当だ」

千早「…」スッ


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 21:59:28.23 ID:q6yqTMhU0


響「おはようさー!」ガバッ

P「うわっ!」

P「モーニングハグの癖、治せっての」

響「嫌だぞー!朝位思いっきり甘えたいさー!!」

P「あ、あははは…」

美希「……」

美希「…が、我慢するの」

千早「…」

バキ

車「のヮの」ぐわあぁ!ま、まな板、車体を殴るんじゃねー


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 22:04:28.74 ID:q6yqTMhU0


P「あれ?また一緒なの?」

律子「もう、予定表もまともに見ないんですか?」

P「ったりめーよー!めんどくせー」

律子「…(多分給料が上がらないのはこういうアバウトな所が原因なんだろうなぁ)」

P「ってことは!!」ダタッ


亜美「あっ!兄ちゃーん!」

伊織「……ななな!な、なんで私にむか

ギュウ

P「伊織ー!」グリグリ

伊織「んがあぁ!は、離れなさい!変態!ばか!」

P「会いたかったー会いたかったー会いたかったー」

亜美「YES!!」

P「いおーりにー」

伊織「あぁもー!」


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 22:08:21.72 ID:q6yqTMhU0


P「よし、まぁ…うん」

千早「プロデューサー…せめて予定表位見てください」

P「あはは……すまん、今日は竜宮小町と共演みたいだ」

千早「もう、しっかりしてくださいね」

響「なんくるないさー!自分、伊織達と仕事が出来て嬉しいさー!」

美希「…うん、ミキも嬉しいの」

P「…」

P「美希」

美希「なに?ハニー」

P「少し、場所移そう」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 22:11:48.38 ID:q6yqTMhU0


美希「なんなのハニー」

P「うん…この際だから言おうって思ってな」

美希「……な、なにをなの」

P「俺はさ」

P「今の美希より前の美希の方が好きだった」

美希「え?」

P「前のお前、仕事をする事が大好きだった頃のお前の方が好きだった」

美希「な、何言ってるのハニー…ミキはお仕事大好きだよ?」

P「嘘つくなよ…」


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 22:14:48.18 ID:q6yqTMhU0


美希「み、ミキ嘘なんか言ってないの!」

P「へー、じゃあなんでさっきも下俯いてたのかなぁ」

美希「そ…それはハニーが…」

P「俺が他の女といちゃついてたから?」

美希「……」

P「はっ、図星ね」

美希「み、ミキの気持ちわかってるなら…そ、その…」

P「だったら付き合ってやるよ」

美希「え!?」

P「お前がそれでやる気になるなら付き合ってやるよ」


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 22:18:41.00 ID:q6yqTMhU0


美希「は、ハニー?ほ、本当なの?」

P「あぁ、本当だ」

美希「…や、やった

P「ただし!二度と俺に逆らわせないぞ」

美希「えっ?」

P「俺の女になりたいんだろ?言っとくけど俺はめちゃくちゃ厳しいぞ?」

P「お前が泣こうが叫ぼうが恋人だから関係無くなるぞ?」

美希「ハニー?」

P「当たり前だろ、好きでも無い奴に何しようが恋人だから許せるよなぁ?」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 22:23:14.58 ID:q6yqTMhU0


美希「……」

P「…わかったか?俺の言いたい事」

美希「…うん」

P「もう一回、もう一回だけ言ってやる」

P「俺は前みたいに前だけみて!精一杯頑張ってる星井美希が大好きだ!」

P「今のお前は別のもん見てるもんな?」

美希「……み、ミキ」

P「…」

美希「ミキ!絶対ハニーを振り向かせてやるの!」

P「よし!」

美希「それで絶対絶対ハニーのお嫁さんになるの!!」

P「そのいきだ!行くぞ、美希!」

美希「うん!」



車「のヮの」一皮剥けたな…嬢ちゃん


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 22:26:22.84 ID:q6yqTMhU0

美希が覚醒した所でお風呂Death
ちなみにPには車達の声ははっきりとは聞こえません
貴音が近くに居るのが原因ですかね、ちなみに貴音はまだバリバリの処女です


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 22:49:43.08 ID:q6yqTMhU0


~お昼~

律子「はーい、み

P「おーし、各自休憩とるようにー」

亜美「はーい!」

美希「響ー!一緒に食べるのー!」

響「なら皆で食べるさー!」

P「律子、昼どうする?」

律子「…誘ってるんですか?」

P「……わふー」

律子「!?」

P「……」


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 22:51:54.68 ID:q6yqTMhU0


律子「プロデューサー」

P「ん?」

律子「さっきの…なんですか」

女店員「ご注文がお決まりになりましたらおよびください」

P「あっ、ありがとうございます」ニコ

女店員「んっ!」ドキ

律子「プロデューサー、セクハラですよ」

P「え?笑顔でセクハラなの?」

律子「はい」

P「なんちゅー理不尽な」


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 22:54:17.58 ID:q6yqTMhU0


律子「で、さっきのはなんですか」

P「へ?俺なんか言ったかな」

律子「…」

P「ほら、久しぶりの二人での食事なんだしさぁ楽しもうぜ」

律子「はぁ…わかりました」

P「わっふー!」

律子「ぶっ!?」

P「ん?風のクロノアって知らない?」

律子「…」


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 22:58:46.03 ID:q6yqTMhU0


律子「…プロデューサー」

P「ん?」モグモグ

律子「私、見てましたよさっきの」

P「へ?見てた?」

律子「美希ですよみーき」

P「あぁ、なんだ、見られてたのか」

律子「私にはあんな事言えません…」

P「はぁ」モグモグ

律子「まだまだですね、私も」

P「……覚えてるか?二年前のあの日」

律子「二年前…」

P「っそ、お前がアイドルを辞めた日」


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 23:01:00.14 ID:q6yqTMhU0


律子「あぁ…有りましたね、そんな日が」

P「お前悩んでたもんなー、俺に泣きながら相談しに来たっけ?」

律子「なっ、なんで覚えてるんですかー」

P「あったりまえだろ…」モグモグ

P「……辞めてほしくなかったんだから」

律子「…プロデューサー」


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 23:05:12.36 ID:q6yqTMhU0


~二年前~

律子「プロデューサー…わ、わたし…分からないんです…」

P「わからない?なにが」

律子「…わ、私は…じ、事務員のアルバイトで入って、それで、ぷ、プロデューサーにアイドルやってみないかって」

P「あぁ、俺が律子をプロデュースしたんだよ」

P「だって…律子にはアイド

律子「それが!…それがっ、私を…悩ませるんです…」

P「律子…」


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 23:10:10.48 ID:q6yqTMhU0


律子「わたし…プロデューサーに……アイドルやってって言われた時…正直嫌でした」

律子「でも、プロデューサーと…一緒に仕事していくうちに……アイドルも良いかなって…」

P「だ、だったら!このままつづ

律子「聞いてください!」

P「ぁ…わ、悪い」

律子「アイドルも良いかなって思い始めて……同時に…プロデューサーの頑張る姿見て」

律子「私もっ、こ、こんな仕事してみたいなって…」

P「……プロデューサーに…なりたいのか?」

律子「分からないんです…自分でも、もやもやして…ぐちゃぐちゃでっ!…」

P「…」


234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 23:13:43.60 ID:q6yqTMhU0


P「…律子、場所変えよう」

律子「え?」


~公園~

P「…寒いな、少し」

律子「はい…寒いですね」

P「……律子」

律子「はい?」

P「俺はさ、律子にはアイドルを続けてほしいと思ってる」

律子「…」

P「だけど律子は…多分違う仕事をやりたいんだと思う」

律子「ぷ、プロデュー

P「いいから聞け、プロデューサー命令だ」

律子「……はい」

P「正直、律子には仕事の時、何度も助けてもらった…自分でも情けない位に」


238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 23:17:09.98 ID:q6yqTMhU0


P「律子はさ…卑怯なんだよ」

律子「わ、わたしが卑怯…ですか」

P「そっ!卑怯、アイドルもやろうとして、プロデューサーもやろうとして」

P「その上、人並み以上に出来て…」

律子「プロデューサー……」

P「ほんっと!卑怯!」

P「……応援はする」

律子「え?」

P「応援はしてやる…」

律子「プロデューサー…」

P「明日、明日までに決めてこい」

律子「…」

P「しっかり考えて…十分悩め」



240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 23:20:47.53 ID:q6yqTMhU0


P「俺がとやかく言っちまったら…また律子を悩ませちまう」

律子「……」

P「律子は律子のやりたいようにすれば良い」

律子「あ、あの…」

P「もしアイドル辞めるなら!」

律子「プロデューサー…」

P「尻拭い位はさせろよ?」

律子「…っぐ……ぅっ…」

P「それが俺の…」

律子「ぷっ…プロデューサー……」

P「プロデューサーとしての」

P「仕事だからよ」

律子「ゔっぁ…っぐ…あっ…」

P「ほら泣くなー、律子は強い子なんだろ?」

律子「だって…だっ…だって…」


243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 23:25:00.59 ID:q6yqTMhU0

~回想終わり~

P「それで律子、翌日髪ほどいて俺の所来たんだよなぁ」

律子「そうですねー」

P「…ははっ、あの時言ったのに未だにお前をプロデュースしようとしてるから笑えるよなー」

律子「…感謝してますよ」

P「あははっ、後悔してないんなら良いっての」

律子「後悔なんてしてるって言ったら?」

P「お前の股に俺のぶっといマグナムねじ込むよ」

律子「ははっ…良かった、ねじ込まれなくて」

P「あはっ……ほら、早くしないと冷めるぞ?」

律子「あっ、そうだった」

P「…」

P「美味いなーこれ」モグモグ


248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 23:31:09.34 ID:q6yqTMhU0


P「おーし、昼から…何時までだったっけ?」

律子「えっと……18時までですね、この収録」

P「そんなかかるの?遅すぎねーか?」

律子「まぁ、確かに遅いですね」

P「はぁ、美希達大丈夫かなぁ」

律子「あれ?心配するんですか」

P「あ、当たり前だろ?俺のユニッ

律子「私は彼女達、大丈夫だと思いますよ」

P「なっ」

律子「あれ?彼女達を信じれなくてプロデューサーがなんちゃらって言ってませんでした?」

P「……」

P「わふー!」

律子「!?」


249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 23:35:44.16 ID:q6yqTMhU0


P「そうしましょーなのです」

律子「!!!」

P「…」

律子「ぷ、プロデューサー?な、なにを

P「筋肉いぇいいぇーい!なのですっ!」

律子「あー!あー!!」

P「ぷふくくくwww」

律子「…殺しますよ…」

P「ぷははははwwww」


258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 23:41:26.93 ID:q6yqTMhU0


~事務所~

雪歩「そういえば四条さん、まだ来てないよね」

やよい「うっうー、もうお昼ですよぉ」

真美「お姫ちんサボリだなぁ~」

真「真美じゃないんだから、それは無いって」

真美「あっ!いままこちん真美の事馬鹿にしたでしょ!」

真「……ボクが言ってくるよ」

小鳥「ぴよ?」


262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 23:43:40.18 ID:q6yqTMhU0


小鳥「真ちゃん?」

真「はい?なんですか小鳥さん」

小鳥「あの…彼女が何処に居るか…知ってるんですか?」

真「……」


ダタッ

バタン

小鳥「……真ちゃん」

小鳥「恐ろしい子」


265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 23:48:23.91 ID:q6yqTMhU0


真「プロデューサーの家までだいたい5分」

※車で20分掛かります

真「障害物を無視したら……3分45秒」

真「家と家を飛び移っていけば」グググ

真「……ふぅ」

ゴゴゴゴゴゴ

ダンッ!!


真「…待っててね、すぐ行くから」


271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/06(木) 23:58:52.22 ID:q6yqTMhU0


ザザザザ

ビュオッ

"電光石火"により驚異的な速さでプロデューサーの家に着いた真が聞いたのは

クチュクチュクチュ

糸こんにゃくを汁に出し入れする様な歪な不協和音

真「この音…貴音さん!」


自信が知る者とは全く違う輪郭の

のヮの「はぁはぁ」

幾度となく出し入れしたであろう
愛液に塗れた拳が

のヮの「んあぁっ!」ビクンッビクン

既に屑切れのように横たわる
貴音の横に置かれたソファを

ソファ「のヮの」ぐわあぁカブトムシ臭えぇ!

愛液を吹きかける瞬間だった


279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:03:56.33 ID:gc23lo6G0


真「……春香?」

のヮの「!!」

のヮの「なんだ…真か」

真「春香……なんだ」

のヮの「使徒のオナニーを見に笑いに来たか?」

真「使徒って……」

のヮの「ここは壊したく無い」

真「……」




のヮの「こっちだ」


284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:07:59.25 ID:gc23lo6G0

~駐車場~

真「…貴音さんになにをした」

のヮの「心配するな、彼女は気絶しただけだ」

真「…」

のヮの「腐っても元仲間だからな…」

真「な、仲間…」

のヮの「ふふ…」

フッ

真「!!」

春香「真…」

真「は、春香!」

春香「うん……私春香」

真「よ、よかっ

のヮの「お前を殺す者」

真「!!」


286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:09:24.21 ID:gc23lo6G0

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \
         .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
    .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙ i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,   ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙ -;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙ /`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:09:58.15 ID:5Ejefx0n0

ほんと爆発好きだなwww


289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:10:17.90 ID:ZRUlFjI60

もうどうなってんだはるるんは


294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:11:43.98 ID:gc23lo6G0


~19km先~

真「うわあぁあ!!」

ズギャギャギャギャ

ベキベキベキィ




真「い、いてて…あっ、木が…何十本倒したんだろ…」

真「よ、よかった…うけ

のヮの「受け身を取らなかったら死んでた?」

真「なっ!



のヮの「逃がさんぞ」グググ


ゔぁい!!!!


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:14:47.10 ID:gc23lo6G0


~38km先~

真「……」ピクピク

真「ぅっぁ…っはぁ…」

真「…よ、よかった…」

真「だ…」








真「ダンスやってて…」


299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:15:01.00 ID:0d1ONnSW0

悪夢やで…見慣れてるけど


300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:15:24.17 ID:yaQDcxX/0

相変わらずの人外っぷり


301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:15:58.92 ID:gHpy3I8C0

俺ダンス始めようかな


304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:16:33.93 ID:gc23lo6G0


のヮの「さすがに死んだだろうな」

フッ

春香「はぁ…疲れちゃった」

春香「今日はもう寝ないと」

春香「……ん?」


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:17:07.08 ID:gc23lo6G0


春香「あっ!カブトムシ」



    f{     f{    ィ1
    !丶   ! ゝ- ' /
    ヽ  、_ノ    /
     ヽ      /
      ヽ    l
       ヽ   l   __     ___
        ヽ ヽ/⌒! `ー―‐´、    ` 、
         ヽ ヽ´          \     ヽ
         ヽ \_           \___ ノ‐、〃`
        _/∧    \      /ヽー-<ヽ_ノ
        _j_jヽ|   r(の)―‐‐、―‐' _ミヽ―、\_
     ⌒´   >ヮ-' r‐z_ァー ' ` ̄´  l |   ヽ― ⌒`
          ´  `'              ノ {
                            / r`
                       {_ r`
                       ヽヽ
                          t{
                        ハ


309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:18:36.61 ID:gc23lo6G0


春香「可愛いー」

カブトムシ「のヮの」かぶかぶ

春香「うふふ、私と一緒に来る?」

カブトムシ「のヮの」かぶかぶ

春香「うん!今日から私達仲間だね!」

カブトムシ「のヮの」かぶかぶ


310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:18:38.33 ID:5Ejefx0n0

真はダンスやってるからな!


311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:19:02.38 ID:yaQDcxX/0

実はカブトムシ初登場


312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:19:53.03 ID:ZRUlFjI60

ここでカブトムシが出てくるのはどういう…


313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:20:15.27 ID:kH2sLJl+P

何の伏線だよ


316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:22:16.73 ID:gc23lo6G0


P「よっし、今日は終わりだなぁ」

美希「ハニー!」

P「おっ、よく頑張ったな、美希」ナデナデ

美希「うん!ミキ頑張ったの!!」

響「自分も頑張ったさー!」

千早「ふぅ…」

律子「はい、じゃあ次の収録で終わりだからねー」

伊織「はいはい、早く行きましょうよ、プロデューサーのそばにいたくないし」

P「…」

P「いーおーりー」

伊織「ひぃ!!」


321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:24:58.18 ID:gc23lo6G0


伊織「んあぁ!ば、ばかぁ!」

P「ぐひゃひゃひゃwww」スリスリ

伊織「ちょっ!そ、そこは駄目ぇ!」

P「おーいおりんはここが弱いんでちゅかー」

伊織「やっ、やめなさぁあい!?」

亜美「あははー!亜美もするー」

あずさ「伊織ちゃん、可愛い」

千早「…」

美希「どうしたの千早さん?」

千早「……なんでもない」

美希「?変な千早さん」


326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:27:57.73 ID:gc23lo6G0


~五分後~

伊織「ぁっ…ひっ…」ピクピク

亜美「いおりん撃破ー!」

P「撃破ー!」

あずさ「あらぁ、伊織ちゃん顔がくしゃくしゃになってますねぇ…」

律子「プロデューサー!なにしてるんですか!」

P「いや…擽り回しただけだ」

亜美「だけだー!」

伊織「ひっ……っあ…」ピクピク


330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:31:29.21 ID:gc23lo6G0


P「じゃあ、頑張ってなー!」

美希「頑張ってなのー!」

響「頑張るさー!」

あずさ「はーい、頑張りまーす」

亜美「ブイッ!」

伊織「へ…へんったい……お、覚えときなさいよっ……」

P「……」ニタァ

伊織「ひいぃ!」

P「亜美!目標を確認!」

亜美「おっ!兄ちゃんやる気ですなぁ!」

P「ターゲットは既に弱っているぞ亜美殿!」

亜美「ぐへへ、行きますかぁ」

伊織「や、やめなさーーい!」


332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:34:19.54 ID:gc23lo6G0


~4分後~

伊織「…」ビクンッビクン

亜美「ありゃりゃ、いおりん動かなくなっちゃった」

P「えーえー、ターゲット確保ターゲット確保」

律子「…プロデューサー」

P「亜美殿、この度のご協力、感謝する」

亜美「えへへー兄ちゃんとコンビ組んだら負ける気しないね!」

P「えへへー」

亜美「にひひー」

二人「ブイッ!」

伊織「……」ビクンッビクン


336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:38:15.28 ID:gc23lo6G0


P「さてと、俺達は帰りますか」

美希「はーい!」

響「帰るさー!」

千早「…」

P「あっ、二人に鍵渡しとく」

美希「へ?」

P「いや、すぐ済むから」

響「わかったぞー!美希、行くぞー!」

美希「あっ、響ー待ってなのー!」

千早「……」

P「千早」


339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:42:51.51 ID:gc23lo6G0


P「さてと、あの時言ったよな」

千早「は、はい…」

P「えへへ」

~回想~

P「じゃあ千早、隣開けろ」

千早「嫌です」

P「…千早」

千早「嫌です」

P「……」スッ

千早「?」

P「仕事が終わったらおっぱい揉んでやる」

千早「!!」

千早「ほ、ほんとうですね…」

P「あぁ、本当だ」


345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:45:54.91 ID:gc23lo6G0


~トイレ~

千早「…」ヌギヌギ

P「おいおいおい、まて千早」

千早「な、なんですか」

P「当然の如く下も脱ごうとするな、な!?」

千早「…」ヌギヌギ

P「おい千早」


347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:47:52.42 ID:gc23lo6G0


千早「…ぬ、脱ぎました」

P「!!!」

P「なななななな、なな、っな!」

P「……にゃんで絆創膏を貼ってるんだにゃ?」

千早「ぷ、プロデューサーは…こ、こういうのが好きだって…」

P「…だ、誰から聞いた」

千早「………真」

P「……」


351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:51:11.82 ID:gc23lo6G0


~その頃~

真「っくし!」

真「ゔぅ…風邪かなぁ」

真「うーんここ何処だろう」

真「随分遠くまで飛ばされた感じはするし」キョロキョロ

真「……」

真「まっ、トレーニングだと思って頑張ろ!」


タッタッタッタッタ

男「ぶうぅわあぁ!と、突風かぁ?!」


354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:54:25.32 ID:gc23lo6G0


千早「プロデューサーは…き、嫌いですか…」

P「なっ…うぅ(寧ろ大好物ですよ!!で、でも…)」

千早「…っくし!」

千早「うぅ…」プルプル

P「ほごっ!?(ぐっ…くそ、裸絆創膏で震える千早……か、かわ…)」

P「はぁ…(だ、だ、ダメだよ)」

千早「……プロデューサー」

P「……」

P「ちっはやーん♪」







んあぁっ!?ぷ、プロデューサー!は、はげっ、んん"!!


358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 00:57:53.95 ID:gc23lo6G0


~車内~

P「…」

千早「……」

響「なぁなぁ美希ー」

美希「ん?どうしたの響」

響「さっきから二人とも顔合わせてないさー」

美希「隣通しなのにね」

千早「…」ドキドキ

P「…」

車「のヮの」あのまな板…旦那を落としやがった


361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 01:02:08.19 ID:gc23lo6G0


~響宅~

P「じゃあ明日はしっかり休んでくれ」

響「うん!あ、あの」

P「ん?」

響「ひ、暇な時…め、メールしていいかな…」

P「響」

ギュ

響「ぷ、プロデューサー!?」

P「あったり前だろ、いつでもしてこい」

響「うん!」



364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 01:04:54.41 ID:gc23lo6G0


~美希宅~

美希「ハニー!」

P「はい?」

美希「ミキね、絶対トップアイドルになるの!」

P「…」チラ

美希ママ「…」ジー

P「…なれるかな?美希なんかに」

美希ママ「!!」

美希「…なってやるの」

美希「ハニーと一緒に!絶対なってやるの!!」

P「あぁ!頑張るぞ、美希!」

美希「あたりまえなのー!!」


366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 01:08:32.53 ID:gc23lo6G0


~千早宅~

千早「…」

P「あ、あのな…千早」

千早「……ハジマル」

P「…」プルプル

千早「インフェルノ」

P「ふぅー……」

千早「インフェルノ(低音)インフェルノ(高音)」

P「ぽほっwwww」

千早「プロデューサー」




チュウゥ

車「のヮの」旦那…まな板だけは選んじゃいけねぇ


371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 01:12:30.87 ID:gc23lo6G0


~駐車場~

P「はぁ、明日はとりあえず凸凹は休みだなぁ」

車「のヮの」旦那!今からでも遅くねぇ!あのまな板だけは!

P「…」スタスタ

車「のヮの」何故です旦那!?旦那は巨乳が好きな筈だ!

P「っと、貴音もう帰ってるかな」

車「のヮの」旦那ー!!


373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 01:14:53.00 ID:gc23lo6G0


ガチャ

P「……」

貴音「…」

P「た、貴音!?」

貴音「ぅ…」

P「だ、大丈夫か!」

貴音「……」

P「…貴音」

貴音「……」スッ

P「ん?紙?」

『あなた様のキスで目覚めます』

P「……」

貴音「…」


374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 01:16:12.57 ID:gc23lo6G0

眠いぴよ…MAXコーヒー買ってくるぴよ


386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 01:33:48.26 ID:gc23lo6G0


P「起きましたか、お姫様」

貴音「…あ、あなたさ

チュッ

P「…二人の時は名前で、だろ?」

貴音「あ、あな

チュッ

P「…」

貴音「はぁ…っ…あ、あな

チュッ

P「ご飯にしようか」

貴音「は、はい…」



389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 01:38:39.89 ID:gc23lo6G0


P「えっと、貴音は明日は…確か休みだよな」

貴音「はいあなたさ

チュッ

P「もう、しつこいぞ」

貴音「っはぁ…す、すみません」

P「ってことは事務所組は休みか…」

貴音「そうですね」

P「…」

貴音「どうしました?あな

チュウゥ

ソファ「のヮの」おっ!遂にディープ


391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 01:42:37.87 ID:gc23lo6G0


P「とりあえず俺は風呂入るから」

貴音「はっ、はひっ…」

スタスタ

ソファ「のヮの」嬢ちゃん、ディープは初めてかい?

貴音「でぃ、でぃうぷ…ですか?」

ソファ「のヮの」ふふ、さっき旦那が嬢ちゃんの口に舌を入れたろ

貴音「あ、あの…ふわふわするキス……ですか」

ソファ「のヮの」嬢ちゃん…旦那に惚れちゃいけないぜ

貴音「?」


397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 01:44:37.63 ID:gc23lo6G0


~お風呂~

P「あっしたはやっすみ」キュウ

シャワー「のヮの」

サアアァ

P「だから…」

P「うーん……」

P「携帯やり変えようかなぁ」

P「もう2年は使ってるし」


400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 01:51:04.43 ID:gc23lo6G0


P「…携帯ねぇ」ゴシゴシ


~部屋~

貴音「プロデューサーを愛してはいけないと」

ソファ「のヮの」別に愛するなとはいっちゃいねえよ

貴音「はぁ…」

ソファ「のヮの」ただな、嬢ちゃんまだ17だろ

貴音「はい」

※この世界では貴音は17です

ソファ「のヮの」やっぱりか

貴音「?」


401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 01:54:34.17 ID:gc23lo6G0


ソファ「のヮの」旦那は誰にでも愛想を振りまく…所謂チャラ男とでも言っとくか

貴音「ぷ、プロデューサーはそんな人ではありません」

ソファ「のヮの」例えだよ例え、旦那は差別が嫌いでな

貴音「…」

ソファ「のヮの」どんなにウザい奴でもめげずにコミュニケーションをとろうとするんだ

貴音「そ、それとわたくしの年齢になんの関係が」

ソファ「のヮの」まぁ聞けや嬢ちゃん…


407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 01:58:11.92 ID:gc23lo6G0


~脱衣所~

P「あー気持ちよかった」

ドライヤー「のヮの」へへ、旦那…お疲れさんです

ブホオォ

~部屋~

ソファ「のヮの」まぁ…旦那にはある一枚の壁があるんだ

貴音「壁…ですか」

ソファ「のヮの」そっ、その壁はな…どうやっても倒したり壊せない硬い壁なんだな

貴音「……」

ソファ「のヮの」気づいたろ?旦那の壁

貴音「…ね、年齢」

ソファ「のヮの」そうだ、年齢だ


410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:00:59.28 ID:gc23lo6G0


ソファ「のヮの」旦那は18以下の奴は絶対に抱かねぇし抱きたがらねぇ

貴音「…」

ソファ「のヮの」旦那に好意を寄せるのは構わねーがよ嬢ちゃん

ソファ「のヮの」虚しくなるだけだぜ?


貴音「…プロデューサー」

ソファ「のヮの」あと一年…ふふ、嬢ちゃんに待てるかい?

貴音「…」


417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:03:28.59 ID:gc23lo6G0


P「ふぃー、あがったぞ貴音」

貴音「プロデューサー」

P「ん?早く風呂に入れよ」

貴音「…わ、わたくし」

P「?」

ソファ「のヮの」嬢ちゃん…

貴音「き、」

P「き?」

貴音「き、き…」

貴音「昨日18になりました」

ソファ「のヮの」嬢ちゃん…

P「わっほい!」

ソファ「のヮの」旦那…


419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:05:59.40 ID:gc23lo6G0


P「たたた、貴音!」

貴音「はい、なんですか?」

P「とと、とりあえずお風呂に入ってこいよ」

貴音「…はい」








貴音「旦那様」

P「わっほい!!」

ソファ「のヮの」こいつら…


422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:08:19.92 ID:gc23lo6G0


P「えーっと」ガサガサ

P「あれー、ないなー」

ソファ「のヮの」旦那…

P「どこに行ったんだよー」

P「コンドーム」ガサガサ

ソファ「のヮの」……


425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:11:25.91 ID:gc23lo6G0


P「…な、ない」

ソファ「のヮの」良かった…

P「はぁ、貴音は諦めるか」

ソファ「のヮの」やはり旦那は格が違った

ソファ「のヮの」レディは丁重に扱う…旦那は男の鏡ですぜ

P「…明日小鳥に頼むか」

ソファ「のヮの」ただ一人を除いて


426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:13:28.85 ID:gc23lo6G0


~脱衣所~

貴音「プロデューサー…」

ドライヤー「のヮの」嬢ちゃん髪綺麗だな

貴音「あ、ありがとうございます」

ドライヤー「のヮの」いや、良いって事よ…じゃあいくぜ

ブホオォ

貴音「…」

ドライヤー「のヮの」嬢ちゃん…旦那を頼むぜ

貴音「……」


428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:16:34.72 ID:gc23lo6G0


貴音「旦那様…あがり

P「……zZ」

ソファ「のヮの」すまねぇ、つかれて寝ちまったみたいだ

貴音「そうですか…」

ソファ「のヮの」嬢ちゃん…なぜ嘘をついた

貴音「…」

ソファ「のヮの」旦那は嘘が大嫌いだ…バレる前に自分から言いな

貴音「…いやです」

ソファ「のヮの」ほう…肝っ玉はデカいみたいだな

貴音「…」


429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:18:57.22 ID:gc23lo6G0


3:41

ソファ「のヮの」嬢ちゃん…

貴音「おはようございます」

ソファ「のヮの」旦那の唇は甘いか?

貴音「…」

ソファ「のヮの」ふふ、大丈夫、起きてねぇよ

貴音「だ、旦那様…」スッ








ソファ「のヮの」おぉ、寝ている人にディープか…やるな嬢ちゃん


431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:20:37.28 ID:gc23lo6G0


~翌朝~

P「んぎぎぎ!」

P「…ありゃ、貴音寝てるな」

貴音「…zZ」

P「まっ、その方が楽だしなー!」

P「さて、携帯変えに行くかね」

スタスタ


バタン


434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:27:22.83 ID:gc23lo6G0


~ソ糞バンク~

P「んー…」

店員「こちらは如何でしょう」

P「…(まぁぶっちゃけ新しかったらなんでも)」

P「………」


P「すいません、俺名義で二個もてますか?」

店員「はい?」

P「いや…新しく持とうかなと思って」

店員「あっ、少々お待ちください」


436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:29:07.38 ID:gc23lo6G0


店員「ありがとうございました」


P「はぁ…なにやってんだろ俺」

P「金無いっていうのに……」

P「まっ、超貧乏生活になるだけだからいっか…」

P「……はぁ」


438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:31:53.94 ID:gc23lo6G0


千早「……!プロデューサー!?」

P「んあ?ち、千早じゃん」

千早「お、おはようございます」

P「ってももう昼近いけどな」

千早「…あ、あの、お昼は」

P「まだ食べてないな」

千早「じゃ、じゃあわた

P「悪い無理」

千早「ぇ…」

P「寄る所あるから」

千早「……インフェルノ」

P「っ…」プルプル

千早「インフェルノがハジマル」

P「ぶふっ…」



441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:35:01.46 ID:gc23lo6G0


~トイレ~

P「なにもトイレまで行かなくても良いだろ」

千早「…」ヌギヌギ

P「ぶっ!ななな、なに脱いでんだばか!」

千早「…」

P「ぅがっ…(ま、また股間と乳首だけ絆創膏スタイル…)」

千早「プロデューサー」

P「だ、だめ!千早、お前はアイドルだぞ?痴女じゃな

千早「プロデューサーにしか本当の私を見せたくありません」

P「…(あばばばばばば)」

千早「プロデューサー」

P「……」


445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:39:15.40 ID:gc23lo6G0


P「はぁ…っはぁ…」

千早「プロデューサー…っはぁ…」

P「つ、次は無いぞ…ばか」

千早「…」

ギュ

P「わ、わかったか?」

千早「わかりません」

P「…ぁ…」


チュウゥ

P「わ、わかったか?」

千早「わ、わかりました」

P「早く服着ろ」

千早「はい」

P「…(毎回千早に負けてしまう…何故だ)」


448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:46:28.28 ID:gc23lo6G0


P「…はぁ」

千早「プロデューサー、今日泊まっ

P「それだけは絶対に無理!」

千早「…」

P「わかってくれ(もい貴音と一緒に暮らしてるってばれたら…)」

千早「ハジマル」

P「……」

千早「ハジマルハジマル」

P「…ふぅー」

千早「…」スッ

P「?(胸と背中に手を合わせてなにを)」

千早「あっ!ここ胸だったんだ」

P「……ぷ」


451: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:49:40.47 ID:gc23lo6G0


~トイレ~

P「…はぁっあぁ…」

千早「プロデューサー…積極的すぎます」

P「はぁ…い、いい加減俺を開放してくれ」

千早「だったら私をプロデューサーの家に

P「無理、絶対無理」

千早「…」

P「じゃあ俺帰る」

千早「インフェルノ」

P「もうあき

千早「私の胸がナインフェルノ」

P「ぷっ…」


456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:54:41.64 ID:gc23lo6G0


P「も、もう俺がもたないから…」

千早「ぷ、プロデューサー…」

P「いい加減返して…キスしてあげるから」

千早「お願いします」


チュウゥ

P「…」

千早「もう一度」

チュッ

P「…」

千早「舌をいれてください」

チュルリュ

P「はぁっはぁ(あぁ、頭くらくらする…理性とびそう)」

千早「プロデューサー…もう一度」

P「か、勘弁してくれ」


459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 02:59:33.32 ID:gc23lo6G0


~29分後~

P「はっあぁ…っはぁ(あぁ、頭馬鹿になる…千早…千早、千早ぁ)」

千早「プロデューサー…わ、私」

P「続きは明日で良いだろ……」

千早「嫌です」

P「千早…ほ、ほんとにもう危ないから…お、襲いそうになってるから…た、頼む」

千早「お願いします」

P「ちがっ…そ、そういう意味じゃ


チュウゥ

P「ん!?」

千早「…わ、私からは初めてですよね」

P「ぁ…(や、やば)」


460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:03:52.78 ID:gc23lo6G0


千早「プロデューサー」

P「ち、千早…」

千早「なんですか?」

P「……」

P「や、やっぱ無理!!」

ダタッ

千早「あ!プロデューサー!!」

千早「……あと少しだったのに」


千早「…(今日だけで何回キスされたんだろ…)」

千早「プロデューサー」


464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:06:46.81 ID:gc23lo6G0


P「あー…ヤバい、頭痛い」

P「……」カパッ

~♪

小鳥『ぴよぴよー小鳥ちゃんですよー』

P「小鳥さん…い、今何処ですか」

小鳥『なんですか?』

P「じ、じらなさいでください」

小鳥『ぴへへwww』

P「……事務所にこいやババア」

小鳥『ぴよ…』

P「わかったか?」

小鳥『ぴよ……』


467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:09:10.79 ID:gc23lo6G0


~事務所~

P「はぁっ…はぁ…」

ガチャ

小鳥「もーどうしたんですかー、こんなじか

グイッ


チュウゥ



小鳥「ぴへっ…ぴよっ」ビクンッ

P「はぁ…はぁはぁ…こ、小鳥!!」



ピ━━━ヨ━━━


468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:10:46.83 ID:gc23lo6G0


小鳥「あへっ…ぴっ…ぴよ…」

P「はぁっ…だ、だらしない身体しやがって!」

小鳥「ぴひょ…ぴへへっww」

P「わ、わ、笑ってんじゃねーぞババア!」



ピヨ━━━!!


470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:13:23.56 ID:gc23lo6G0


小鳥「んぁっ!…ぴへっ…」ピクピク

P「はぁ…っはぁ」

小鳥「ぷ、プロデューサーさぁん…」

P「んだよババア…」

小鳥「あへっ…あひひww」

P「………」






ピ━━━


471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:15:54.76 ID:gc23lo6G0


小鳥「ぁ…っぁ…」

P「ったく、股から溢れてるじゃねーか」

小鳥「ぁっ…プロデューサー…さん」

P「あ?なんだよババア」

小鳥「も、…もぅ…っかい…」

P「ほんと性欲だけは10代なんだな」

小鳥「ぉ…っがい…しまっしゅ…」







ピヨ━━━!!!

ビュリュリュリュ


476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:19:32.18 ID:gc23lo6G0


小鳥「ぴへっ…ぷろっ…プロデューサーさぁん…」

P「はぁすっきりした」

P「毎日毎日ガキから誘惑されて限界だったんだよ」

P「ありがとな小鳥、愛してるぞ」

小鳥「んあっ!ぷ、プロデューサーさん!!?」

P「…」

小鳥「ぴよ?」






ピヨ━━━!!

ブップュッビュルルル


479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:23:04.47 ID:gc23lo6G0


P「あっはぁ…さ、さすがに五回は腰がヤバい…」

小鳥「ぴへっ…あへ…」

P「しっかし幸せそうな顔だなおい」

P「ほらピルだ、使え」ポイッ

小鳥「ぴへへ…っぴよっ…」

P「床、ちゃんと拭いとけよ」

小鳥「ひゃぃ…わ、わかりました…」

P「よろしい、じゃあ俺は帰るから」スタスタ

バタン

小鳥「あへっ…ぴっ…ぴよ……」


482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:27:27.23 ID:gc23lo6G0


P「なんか最近しおらしくなったと思ったら…」

P「出して無いのが原因だったみたいだな」

P「おかしいと思ったんだよ…千早みたいなガキに欲情するし……はぁ、黒歴史だな」

車「のヮの」い、何時もの旦那が戻ってきた!!


484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:29:47.61 ID:gc23lo6G0


P「さてと、行きますか」

車「のヮの」うぅ…小鳥さん、あんたやっぱ最高の女だぜ!

P「目的地はー…」

車「のヮの」これからも旦那の性玩具として頑張ってくれ!!

P「っと、じゃあ行きますか」

車「のヮの」かっ飛ばすぜー!!

ブロロロロ


486: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:33:15.05 ID:gc23lo6G0


~やよい宅~

P「…」

ピンポーン

かすみ(やよいの妹)「あっ、こ、こんばんわ」

P「こんばんわ、あっ、やよい…居るかな?」

かすみ「あっ、はい!」

かすみ「やよいお姉ちゃーん」トテトテ

P「……」


487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:35:25.20 ID:gc23lo6G0


やよい「プロデューサー…どうしたんですかぁ?」

P「うーんとな、今日はやよいにプレゼントがあって」

やよい「プレゼントですかぁ!?ありがとうございますー!」

P「あははは…ま、まぁたいした物じゃ無いんだけどさ」

P「はい、これ」スッ

やよい「なんですかこの箱は?」

P「携帯電話」

やよい「え!?」


490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:38:54.22 ID:gc23lo6G0


P「いや…一応、やよいだけだろ?持ってないの」

やよい「ぁ…」

P「今日の朝にさ…買ってきた」

やよい「で、でも…お金は」

P「やよい、お前がそんな心配しなくて良いっての」

やよい「でもぉ…」

P「お金は要らないの、それ、0円携帯ってやつだから」

やよい「0円携帯ですかぁ?」

P「そそっ!電話、メール、し放題なんだぞー!」

やよい「うっうー!」


495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:41:48.98 ID:gc23lo6G0


P「まぁ、慣れるまで時間はかかると思うけどさ…まっ、やよいなら大丈夫だろ」

やよい「あ、ありがとうございますー!」

P「あはは、やよいは頑張り屋さんだかんな!」

やよい「うっうー!」

P「とりあえず携帯については親に連絡つけとくから心配するな」

やよい「プロデューサー!ありがとうございますー!」

P「あはは、じゃ、じゃあな!」

やよい「はい!」


スタスタ

P「…ふぅ」


496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:45:58.75 ID:gc23lo6G0


車「のヮの」旦那…自分はそんなボロボロの携帯を使ってるのに

P「…この携帯、律子と同じ機種だったんだよなぁ」

車「のヮの」な!?

P「律子の奴は変えちまったけど……」

P「アイドル時代の思い出の品なんだよなぁ」

車「のヮの」旦那ー!!俺、俺一生ついて行きます!!

P「…まっ、俺が馬鹿なだけだよなぁ」


P「まだ復帰を願ってんだもん…」

ブロロロロ

P「……ファンは辛いよ全く」


503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:53:15.94 ID:gc23lo6G0


P「さてと、響に連絡してみるかな」

~♪

響『あっ、プロデューサー?』

P「あは、急にごめんな?響に会いたくてこっちから電話した」

響『な、なに言ってるんだぞー…恥ずかしいよぉ』

P「悪い悪い、今暇なのか?」

響『う、うん…大丈夫だぞ!』

P「じゃあ今から迎えに行くから」

響『うん!待ってるぞ!』

プツッ


504: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 03:57:29.08 ID:gc23lo6G0


~響宅~

P「響ー!」

ガチャ

響「プロデューサー!」ガバ

P「っとぉ、響は背が低いからちょっとキャッチしにくい」

響「むー!自分背が伸びる様に頑張ってるぞー!」

P「でも152は低すぎ」

響「ゔぅ…」

P「あはは、まっ、響が居なかったら凸凹シスターズじゃなくなるからなぁ」

響「え?」

P「響は大切だってことさー!」

響「ぷ、プロデューサー」


506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 04:00:35.10 ID:gc23lo6G0


~車内~

響「で、どこに行くのか教えてほしいぞー!」

P「えっと、とりあえず美希と千早が必要なんだよ」

響「へ?二人が必要?」

P「そっ、だから美希に電話してくれないかな」

響「う、うんわかったぞー!」



509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 04:05:40.71 ID:gc23lo6G0


~美希宅~

P「…えっと」

P「……や、やっぱり電話しよ」

~♪

美希『あ、ハニー?さっき響から電話が会ったけど、どうしたの?』

P「うん、今家の前に居るんだけど」

ガチャ

美希「ハニー!」

P「あはは、夕方にすまんな」

美希「ううん、ミキすっごく嬉しいの」

P「よしっ、じゃあ車に乗ってくれ」

美希「はーいなのー!」


511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 04:07:56.01 ID:gc23lo6G0


~車内~

美希「でも急にどうしたの、ハニー?」

P「ん~?秘密」

響「えー、教えて欲しいぞー!」

P「はいはい、我慢我慢」

P「っと、最後に一番厄介な奴が残ってるんだよなぁ…」


512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 04:11:02.84 ID:gc23lo6G0

~千早宅~

ピンポーン

ガチャ

千早「プロデューサー」

P「うっす」

千早「我那覇さんからメールがあったんだけど」

P「うん、今から出ようぜ」

千早「……インフェルノ」

P「千早」

千早「……インフェ


チュウゥ

千早「ん"っ!」

P「……来てくれないか?」

千早「ひ、卑怯です…」

P「ありがと」


516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 04:15:35.59 ID:gc23lo6G0


~港区海岸~

P「着いたぞー」

ガチャ

千早「…海?」

美希「うん、海なの」

響「潮の香りがするぞー!」

P「うん、時間的にピッタリだな」

美希「……夕陽がすっごく綺麗なの」

千早「…」

P「まっ、これ見せたかっただけなんだけどね」


518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 04:19:02.57 ID:gc23lo6G0


P「三人で仕事はするけど三人で出掛けたりは多分した事無いだろ?」

響「うん…確かにそうだぞ」

美希「そういえばそうなの」

P「それに、東京来てから多忙とは言えないけど、それなりに忙しくなったしなぁ」

千早「そうですね…」

P「……」

ダタッ

美希「あっ、ハニー!?」


520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 04:30:19.76 ID:gc23lo6G0


P「ふぅーーっ……」


P「社長のクソやろー!!!」

美希「は、ハニー!?」

P「足元みやがってよー!!」

響「プロデューサーが壊れちゃったぞ…」

P「なにが悲しくて給料10万でくらさなあかんのじゃぼけー!!!!」

P「何時までも何時までも俺が耐えてると思うなよー!!!!」

P「いつか見返してやっからなー!」


521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 04:32:53.10 ID:gc23lo6G0


P「…っはぁ、すっきりした」

P「ほら、お前達も」

響「え?」

美希「み、ミキ達も言うの?」

千早「は、恥ずかしいです…」

P「おいおい、何時も大勢に見られてるお前等が恥ずかしい?笑わせんなよ」

P「ほら!!」

響「ゔぅ…」

美希「……」スタスタ

美希「すぅーっ」


523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 04:36:45.03 ID:gc23lo6G0


美希「ミキはー!!」

美希「自分の事しか考えずにここ最近お仕事してきたのー!!」

響「美希…」

美希「でもー!ハニーに教えてもらって思い出したのー!!」

美希「歌を歌う楽しさとー!みんなと一緒に同じ事をする大切さをー!!」

美希「だ、だから!!」

美希「今のミキに怖い物なんて無いのー!!」

千早「……美希」

P「いよーし!よく言ったぞ美希ー!!」


524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 04:43:01.91 ID:gc23lo6G0


響「…」

響「自分は、自分はすっごく怖かったさー!」

響「プロデューサーにスカウトされて!でも全然みんなと仲良くなれなくて!!」

響「ずっと自分!逃げてたぞー!!」

P「…」

響「だけど!このユニットにプロデュースしてもらって!!」

響「自分変われたさー!!!」

響「今じゃ自分の周りには動物だけじゃなくて!!!」

響「み、…みっ…」

響「みんなが居てくれてるぞー!!自分すっごい幸せだぞー!!」

響「自分をプロデュースしてくれて…あ、ありがとうだぞー!!!」


676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 12:41:09.58 ID:K7asoIwl0


~自宅~

P「っと、売れる物売れる物…」

ソファ「のヮの」旦那、お仕事サボりやしたね

P「……うわ、懐かしいゲーム見つけた」

P「俺が高校1年の時に買ったゲームだ」

P「久しぶりにやってみるかな」

ソファ「のヮの」旦那…



678: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 12:43:32.96 ID:K7asoIwl0


SexBox365「のヮの」久しぶりですね旦那

P「アイドルマスターかぁ…懐かしいなぁ」

カチャ

SexBox365「のヮの」始まりますぜ

P「うっは!まだデータ残ってるよ」


684: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 12:47:36.32 ID:K7asoIwl0


星野美希「もう!なんでミキを放ったらかしにしてたの!」

P「あはは、そういえばこいつをプロデュースしてたんだっけな」カチカチ

ニア1.黙れ
2.ごめんな

星野美希「なっ!だ、黙れって…ひ、酷いの」

P「そうそう、こいつは突き放して」カチカチ

1.死ね
ニア2.愛してるぞ

星野美希「…もー、ハニーのばか」

グッドコミュニケーション

P「そうそう!こいつはツン8のデレ2位で接するのが良いんだよな」


687: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 12:53:18.27 ID:K7asoIwl0


P「えっと、他の娘はっと」カチカチ

三村あずさ「おはようございますプロデューサーさん」

P「おっ!おっぱいキャラ来ましたー」

ニア1.おはよう
2.死に晒せ

三村あずさ「もうお昼だよ!」ビシッ

P「そうそう、こいつツッコミ大好きなんだよなぁ」カチカチ

1.つまらん死ね
ニア2.そうだよ昼だよ

三村あずさ「あらぁー」

グッドコミュニケーション

P「うっへぇ…めちゃくちゃ楽しいな」カチカチ


691: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 12:57:08.08 ID:K7asoIwl0


菊池真「おはようございますプロデューサー」

P「…」カチカチ

ニア1.おはよう
2.おそよう

菊池真「もうお昼ですよ?大丈夫ですか?」

P「ぐっ…」カチカチ

ニア1.こんにちは
2.黙れ

菊池真「ったく、頭大丈夫ですかぁ?」

バッドコミュニケーション

P「ぐぬぬ」カチカチ

SexBox365「のヮの」旦那が久しぶりに俺を使ってくれて楽しんでくれてる…


693: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:00:38.87 ID:K7asoIwl0


如月百早「プロデューサー」

P「あー居たなぁこんなキャラ」カチカチ

1.おはよう
ニア2.死ね、近寄るな

如月百早「…プロデューサー」

ニア1.死ね
2.愛してるぞ百早

如月百早「プロデューサー♡」

グッドコミュニケーション

P「なんでだよ!つーかこいつの好感度だけ何故かMAXだよ!」


697: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:05:15.24 ID:K7asoIwl0


萩原雨歩「プロデューサー」

P「こいつ次回作で声優変わったんだっけなぁ」カチカチ

ニア1.ゆりしー!
2.萌えるわぁ

萩原雨歩「ゆ、ゆりしー?誰ですか?」

1.死ね
ニア2.可愛いなぁ

萩原雨歩「そっ、そんなっ…急に困ります」

グッドコミュニケーション

P「ぐへへ、可愛いなぁ雨歩は」カチカチ


700: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:09:05.51 ID:K7asoIwl0


冬月律子「おはようございますプロデューサー」

P「なっ!?選択肢が三つある」

1.海老フライ可愛い
2.真面目可愛い
3.一番可愛い

P「…」カチカチ

ニア1.海老フライ可愛い

冬月律子「…プロデューサー?怒りますよ」

P「…」カチカチ

ニア1.お前エロゲに出てるだろ

冬月律子「んなっ!?」

バッドコミュニケーション

P「えー…なんでさぁ」


705: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:14:44.50 ID:K7asoIwl0


低槻やよい「UっUー!元気かYO」

P「…」カチカチ

ニア1.元気だYO
2.死ね貧乏

低槻やよい「ノリノリで行くYO!」

ニア1.year
2.Boooo

低槻やよい「チェケラ…」

グッドコミュニケーション

P「こいつこんなキャラだったっけ」カチカチ


711: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:18:41.59 ID:K7asoIwl0


双陸亜美&真美「兄さん兄さん、久しぶりだね→→→」

P「双子キャラも居たなぁそういや」カチカチ

ニア1.→ ←これウザいからやめろ

双陸亜美&真美「なんでさなんでさ→→→」

P「…」カチカチ

ニア2.どっかいけ→→→

双陸亜美&真美「嫌だよー!兄ちゃんともっと遊びたいよー!」

グッドコミュニケーション

P「えぇ!?こいつらMなの!?」


712: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:21:05.53 ID:K7asoIwl0


我那覇響鬼「おはようさー!」

P「響鬼って…名前怖すぎだろ」カチカチ

ニア1.君からだくっさいなー

我那覇響鬼「…っぐ…ぅっ…」

ニア2.なんくるねぇよ…

我那覇響鬼「うわあぁあ"あん!」

バッドコミュニケーション

P「ですよねー」カチカチ


716: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:27:13.34 ID:K7asoIwl0


火瀬伊織「…なんで戻ってきたのよばか」

P「きゃわわ」カチカチ

ニア1.いおりんマジ天使
2.くぎゅー!

火瀬伊織「ふん、今まで私を放ったらかしにしといてなによそれ」

ニア1.くぎゅー!
2.くぎゅー!!
3.くぎゅー!!!

火瀬伊織「はっ、はぁ!?誰よくぎゅって」

バッドコミュニケーション


P「いやどうしろって言うんだよ!!」


718: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:30:20.13 ID:K7asoIwl0


五条貴音「おはようございますあなた様」

P「…」カチカチ

1.電波ゆんゆん
ニア2.らぁめんつけ麺

五条貴音「…あなた様」

ニア1.ご飯食べに行こうか
2.僕イケメン

五条貴音「はい、貴方様♡」

グッドコミュニケーション

P「面白いなー」カチカチ


723: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:32:47.15 ID:K7asoIwl0


P「さて、そろそろ売りに行かないとなぁ」

SexBox「のヮの」お疲れさまでした旦那

P「っと、売る物売る物」ヒョイ

SexBox「のヮの」だ、旦那!?な、なんで俺を掴んで

P「まぁ2000円位にはなるだろ」

SexBox「のヮの」旦那!?旦那!!



旦那ー!!!


726: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:35:27.35 ID:K7asoIwl0


P「さてと、これ位で良いかな」

P「うーん…4日を5人分って結構かかるよなぁ」

P「あはは……なんとかしないとな」

P「まぁなんくるないさー」スタスタ

バタン

ソファ「のヮの」マジかよ糞箱売られちまうのか


730: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:39:02.47 ID:K7asoIwl0


P「…」

店員「合計で3万6500円ですね」

P「はい、ありがとうございます(まっ、こんなもんなのかな)」

P「全然足りない…」

P「……」


~事務所~

響「プロデューサー遅いぞぉ」

美希「ハニーの事だから今頃ミキ達のお仕事を探しているの!」

千早「プロデューサー……」


732: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:41:36.57 ID:K7asoIwl0


~事務所~

P「ただいまー」

響「プロデューサー!遅いぞー」

P「あっははは、悪い悪い」

千早「プロデューサー、一通り通してみたんですけど見てもらって良いですか」

P「ん?あぁ、分かった」

美希「ハニー、早くいくのー!」

P「ちょっと、待ってくれ」


734: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:44:57.74 ID:K7asoIwl0


小鳥「ぴよぴよ~」フキフキ

P「小鳥さん」

小鳥「プロデューサーさん?どうしたんですか?」

P「……ピル無しSEX一回5000」ボソ

小鳥「ぴよ!?」

P「ダメですか」

小鳥「…い、嫌です!お金なんて払いたくありません!!」

P「……」

P「じゃあ…」

P「一ヶ月性欲処理機になってやる」

小鳥「ぴよ!?!」


736: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:48:01.10 ID:K7asoIwl0


P「電話一本で飛んでいく」

小鳥「…」ドキドキ

P「お前が望む事全部やってやる」

小鳥「ほ、ほんとですね…」

P「あぁ、断ったらお前と結婚してやるよ」

小鳥「けっ!?けっ…こん」

P「どうだ?乗るか」

小鳥「…でもお高いんでしょ?」

P「10万」

小鳥「ぴよ…」


739: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:50:14.01 ID:K7asoIwl0


P「嫌なら良いよ(頼む、買ってくれ)」

小鳥「ぴよ……」

P「どうした?(じゃないと真達を連れてけないんだ…)」

小鳥「ぅっ…」

P「小鳥」

小鳥「ぴよ……」

P「…(この女…わざと焦らしてやがる)」

小鳥「…ぴよぴよ」


742: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:53:17.57 ID:K7asoIwl0


小鳥「ど、どうしよっかなぁ…」チラッ

P「…」

小鳥「うーん…」チラッチラッ

P「…」プルプル

小鳥「高いなぁ~」チラッチラッチラッ

P「…小鳥」

小鳥「ぴよ?」

P「ちょっといいか」





~トイレ~

ピ━━━ヨ━━━!


744: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:54:49.13 ID:K7asoIwl0


P「買うか?」

小鳥「ぴへっ…ま、まだ足りないぴよ」ピクピク

P「…」



ピヨヨ━━━!?





P「買うか?」

小鳥「か、かいまひゅ…」ビクンビクン


751: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 13:59:11.02 ID:K7asoIwl0


P「ふぅ、これで真達のは大丈夫そうだな」

響「プロデューサー!」

P「あっ、悪い悪い、今いくから」


~レッスン場~

P「んあー、千早、半テンポ早いぞ」

千早「す、すいません」

P「美希ーそこ左じゃなくて右足を先に出すんだぞ」

美希「ミキ、次は間違えないの!」

P「響は皆に合わせろよ、お前は背が低いから目立つんだよ!」

響「う、うん!わかったぞ!」


755: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 14:02:15.61 ID:K7asoIwl0


P「はい、とりあえず休憩」

響「はー、疲れたさー」

P「はいはい、MAXコーヒー」スッ

響「プロデューサー、自分お茶で良いぞ…」

P「……み、美希は」

美希「ミキは自分で持ってきてるからいいの」

P「ち、千早は」

千早「いりません」


P「…ふん、良いよお前等には分からないんだよ」

ゴクゴク


759: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 14:05:27.77 ID:K7asoIwl0


P「あっ、それとだな話がある」

美希「なんなのハニー?」

P「えっとな、今度の収録なんだけど」

千早「一週間後のですよね」

P「いや、違う」

響「じゃあなんなのさー」

P「ここ四日、仕事入ってないだろ?」

美希「うん、だからミキ達は新しい曲の為にレッスンを

P「温泉旅行だ」

美希「……」

響「温泉…」

千早「旅行?」


761: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 14:08:47.45 ID:K7asoIwl0


P「あぁ、正確にはロケだけど」

美希「ハニーと…ミキ達だけで?」

P「いや、ロケは竜宮小町と一緒に」

響「楽しみだぞー!」

千早「…つまり6人ライバルが居るってこと」ボソ

響「ん?どうしたさー千早?」

千早「なんでもない」

P「一応765プロ全員で行く予定だ」

千早「なっ!?」


765: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 14:13:27.60 ID:K7asoIwl0


美希「で、でもミキ達にしかでないんでしょ?」

P「ん?あぁ、経費?」

千早「そうです!!こ、これ以上765プロに迷惑をかけるわけには!!」

P「ど…どうしたんだ千早」

響「だったら自分、お金だすぞー!」

P「ひ、響?」

響「だって皆で行った方が絶対に楽しいさー!」

P「い、いや、金はおれが

響「今月の給料の23万、自分じゃ使いきれないぞー!!」

P「にっ…」


774: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 14:20:29.32 ID:K7asoIwl0


P「え?皆そんなに貰ってるの?」

美希「ミキはミキの手に渡るわけじゃないから今知ったの」

千早「はい…それ位貰ってます」

響「でもプロデューサーはもっとあるんでしょ!?」

P「あ、あぁ…お、お前達の二倍はあるぞ……」

美希「やっぱりハニーは凄いのー!」

響「だったら自分、出さなくても大丈夫そうさー!」

P「はは…っは…」

P「…(ふざけんなよ高木ぃ!!)」


780: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 14:24:17.00 ID:K7asoIwl0


~事務所~

P「…」ズーン

小鳥「お茶ですよー」コト

P「…ありがとうございます(ん?湯呑みの下に紙が)」

『ぴよぴよ…トイレで待ってます』

小鳥「…」スタスタ

P「……」






~トイレ~

ほらいけよ!ババアま○こいけって言ってんだよ!!!

ピヨッピ━━━♡


783: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 14:30:22.20 ID:K7asoIwl0


P「あっ、そういえば貴音達はどこに」

小鳥「ぴへへ…あっ、別の場所で仕事してますよ」

P「へー……」

P「おい、だったらなんでお前がここに居るんだ」

小鳥「ぴよ?」

P「ぴよじゃねーだろばか!!」

小鳥「ぴよ……」

P「お前貴音達だけを送りつけたのか!!?あ!?」

小鳥「…ぴよ」

P「あーもー!!何処にだよ!とっと答えろババア!!!」


785: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 14:33:16.34 ID:K7asoIwl0


P「死ね!焼き鳥ババア!!!」

バタンッ!!

小鳥「ぴよ…」

~駐車場~

車「のヮの」どうしたんですか旦那

P「あー、行き先は東京ドーム」

車「のヮの」へい!飛ばしやすぜ

ブロロロロ


786: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 14:36:49.04 ID:K7asoIwl0


~東京ドーム~

やよい「うっうー!読売ジャイアンツを応援宜しくお願いしますー!」

真美「そこのお兄さん!読売ジャイアンツを応援して行かない!?」

雪歩「あ、あのっ…よ、宜しくお願いします」

真「雪歩、それじゃあジャイアンツの応援になってないと思うよ」

ジャビット(貴音)「…」


789: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 14:43:01.14 ID:K7asoIwl0


車「のヮの」あっ!居ましたぜ旦那

キキイィ

バタン

P「おーい!」

やよい「プロデューサー!?」

雪歩「どうしてここに?」

真美「兄ちゃん兄ちゃーん」ガバ

P「どわっふぅ!仕事中なんだから俺に飛びついてくるなっての」

真「プロデューサー、なんでここに?」


790: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 14:45:39.16 ID:K7asoIwl0


P「なんでって、そりゃお前達が心配で」

真美「兄ちゃんは心配性だなー!真美達は大丈夫だよー!」

P「まぁ、見る限り大丈夫そうだし」

P「って、責任者は?とりあえず話に行かないと」

やよい「うっうー、あの人ですー!」

P「ありがと、ちょっと待っててな」


ジャビット(貴音)「…」


793: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 14:48:44.78 ID:K7asoIwl0


P「すいません、765プロの物ですが」

責任者「おー、兄ちゃんが彼女達の責任者か、いやー助かったよ」

P「へ?」

責任者「彼女達可愛いからね、グッズも飛ぶように売れちゃってねぇ」

P「あっ、はい…」

責任者「それにあのぬいぐるみ着てる彼女、彼女凄いねびっくりしたよ」

P「ぬいぐるみ……あ、あぁ貴音ですか」


794: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 14:51:58.45 ID:K7asoIwl0


ジャビット(貴音)「…」

ババッ

男「うおー!あのジャビット凄いぞ!」

ジャビット(貴音)「…」

シュシュッ バババッ

女「側転からのバク宙三回とか凄すぎるー!!」

真美「はーい!ジャビット君のパフォーマンスが見たいならー!」

雪歩「あ、…よ、読売ジャイアンツを宜しくお願いします!」

やよい「うっうー!」

真「よかった、即興だけどダンス教えて」

ジャビット(貴音)「…」

シュバババッ


798: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 14:59:03.64 ID:K7asoIwl0


P「…俺も真にダンス習おう」



~東京ドーム内~

春香「今日はドラゴンズと試合だよカブカブ」

カブトムシ「のヮの」かぶかぶ

春香「うふふ、勝てると良いね」

カブトムシ「のヮの」かぶかぶ


800: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:01:32.22 ID:K7asoIwl0


パカーン

実況「坂本打ったー伸びる!伸びる!」

春香「これはホームランボールだよ!」

のヮの「必ず手に入れてやる」

実況「これはいったーー!」


カブトムシ「のヮの」かぶかぶ

ブーン

のヮの「!」

春香「カブカブ!危ない!」



ブチャ


805: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:07:11.50 ID:K7asoIwl0


春香「…カブカブ?」

実況「ホームラーーンッッ!坂本、今シーズン第14号です!」

春香「………カブカブ?」

カブカブの角「……」

春香「……カブカブの角」ヒョイ

春香「…」

のヮの「…」

バリバリバリッバリ

のヮの「……カブカブ」

春香「……はは」

春香「おいしいよ……カブカブ」


808: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:10:42.40 ID:K7asoIwl0


ゴゴゴゴゴ

春香「……ははっ…」

おいなんだごの地鳴りは

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

実況「えっえー、ただいま急な地震により試合を一時中断させています」


春香「…カブカブ…」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

春香「許さないよ…」


のヮの「………」


のワの


810: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:12:46.52 ID:K7asoIwl0

                | |
                | |  ,..._
          ,.r-、 ,ry | |  ヒ;;;::}
      ィt:、 ,:'::::// '''´ | |  ,、.、  ,..,..._
      {:::}::}/::::r'ノィー::、 | |  ヾ、゙、//::::jr;::、
     ,rヾ''"ゞ=' 'ヾ.....⊃' ! !  ヽ''ヾ:、::;' `''",.=-、
     ー'’._ ,r'う {::jj ,.、、 _,...::::::''ヽ  ,.,´  {{::::::::ヽ.
    ,;'"'" ̄ヾ´,.., r::';;〃l'l::::;;:::::::f'_ ヾ'〃) `ヾ::::::/
   〈::::::::/ノ ヾ,jヽ='. ,,ヽへ-(ヾ::゙、 ゞ',.,.、 //::::/
    ヾ:::::゙、゙、 {{) {:::jj' ",,,,、 c;、ヽ='  ゙、::゙;ヾヾ/_
    ヾ::::/:ノ ,,,,_ (:ヾ'''⊆|:::::|P,r,r:、 ,:'''7  ``' ゙/〃
     ゙ー' /:::::;}}`",.,rt:、゙´ //::::/ ゙ー',.r::::、  _`'’
     r:::、、ヾ-''n.く:::;:::゙、゙、 ヾー' { ̄:::::ノ!,ィ'r':::|
     |::::::| |''ヽ`_,,.`'ヘ;r'ノ,..-:、_ _ `='-'" | |:::::|
  ___.   |::::::| |_`__|`ii'"''" /7 i'i::l´______|_|:::::|
___|:::「____|:::::::`::::::::::::::::::::}}f´ヽ、`,..,゙、}:::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄ ̄| ̄|::::::::::::::::::::::::::ゞヾ;;;jj{{;;;ノ{{:::::::::::::::::::::::::::|
:::::: [][]::|:::::|:_i二二二ユ;;::「   ,...., ,f;ノ「 ̄ ̄ ̄「|::::||ヾヾ ̄ ̄
、,...... ._: |:::::|]]]]]]]]]]]]]]]'i||__ ヾ-’_|::::|_____」」;;;;||_ `ヽ、_
,I、ー'_,!::| :::|--------/'|::::::'゙、 ,i'j:::::::::::::::::::::::::| ヽ...|、`ヽ、 |lllll
:|::::::::: |..|:::::|-------/;';'.|::::::::}}||::::::::::::,rr---:|ヽ. \ヽ、.|| .|lllll
:|::::::::: |,,!:'"-------/::;' :||「 ̄ ̄ ̄ ̄:|` ̄ ̄_|_\. ヽ、、l !lllll
TTTTTTTTTTTTTT:::;' :|l'| ̄ ̄「「「ニ|ニf(二二..))\ `゙、===
.LLLLLLLLLLLLL!::;' ::||'|:::::::::::::|.|.|..|ヾ;;|、;;;;;;;;;;;;;;;;! \ |:::::::
ニニニニニニニニ]' ::::|.|'|::::::::::::::|.|.|..|ヾ.| : :::::::::::::|゙、  `、!::::::


813: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:19:24.06 ID:K7asoIwl0


~車内~

P「悪いな、この車五人乗りなのに」

真美「真美達太ってないからねー全然大丈夫だよー!」

雪歩「疲れましたぁ」

やよい「うっうー!でも楽しかったですー!」

貴音「そうですね、楽しかったです」


真「………くる」

P「へ?」


ズウウゥウウウウン


816: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:22:16.22 ID:K7asoIwl0


車「のヮの」なんだー!?地震かぁ!?

キキイィ!

P「っく!」

貴音「!(今です!)」ガバ

P「っ…だ、大丈夫か貴音」

貴音「…あなた様」

P「…(真美達は見てないな)」

チュッ

貴音「ぁ…」

P「だ、大丈夫かみんな!」

やよい「い、いったいなんですかー!?」

雪歩「きゅぅ…」

真美「いてて」

真「…」


819: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:25:15.82 ID:K7asoIwl0


P「…東京ドームの方だよな」

真「プロデューサー」

P「ん?なんだ真」

真「ボク、行って来る」

P「は?な、なにいって

真「雪歩、スコップ借りるね」スッ

雪歩「真ちゃん!?」

真「大丈夫、必ず帰って来るよ」

P「お、おい真!」

バタン

真「……」ググググ

ダンッ!


821: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:27:58.99 ID:K7asoIwl0


真「ボクがいけないんだ…」

ボクがあの時…仕留めなかったから!


真「ドームまで10分」

※車で35分かかります

真「…絞って6分!!」

真「春香……待っててね!!」




~東京ドーム~


パラパラパラパラ

のヮの「……」


822: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:29:25.76 ID:K7asoIwl0


のヮの「カブカブ…」

のヮの「どこ?…」

のヮの「どこなのカブカブ…」

春香「…か、カブカブ」


春香「……」


827: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:33:03.32 ID:K7asoIwl0


春香「……」ピク

春香「………なんだ、カブカブじゃないんだ」

ザッ!

真「はぁ…っはぁ…な、なんだよこれ…」

真「ドームは!?み、皆は!?」キョロキョロ

春香「…真かぁ」

真「は、春香……春香がやったんだね」

春香「…」

春香「のヮの」あぁ、そうだ

春香「のワの」私が殺った

天海「…」それがどうした…

天海「のヮの」私はまた失った

天海「のワの」大切なものを……


829: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:36:13.19 ID:K7asoIwl0


真「雪歩、多分このスコップダメになりそう」

真「だけどボクは必ず帰るよ」

真「皆の所に!」グッ

のヮの「行くぞ」


ゔぁい!!!


834: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:40:50.76 ID:K7asoIwl0


ギャイイィン!

真「っず…っぐ!!」

のヮの「上手く受け流したな」

真「へへ…衝撃を逃がすのは得意だから」

のヮの「…」

真「…(今位の攻撃なら対応出来る…ボクも強くなった…これなら)」


のヮの「なにか勘違いしているようだな」

真「なに!?」

のヮの「今の攻撃が私の本気とでも」

真「そんな事思ってないさ、だけど

のヮの「今の攻撃…」

のヮの「私にとっては豆腐を扱う様に弱く…優しい攻撃だぞ」

真「えっ」


840: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:49:34.79 ID:K7asoIwl0


真「ぁあ"あぁっがあぁ!」

のヮの「今のは箸で焼き魚から骨を綺麗にとる様に丁寧で優しく」


ゔぁゔぁい!!!

真「…(み、右!?)」シュ

ズウゥウン

真「っぐいぅがぎいぃ…(くっそ!完璧に避けたのに!)」ズキズキ

のヮの「今のは間違えて洗ってしまったお札を濡れたまま自販機にいれる様に弱く」


ゔぁゔぁゔぁい!!!

真「ふっぐうぃうかぎがあぁ!」

のヮの「今のはシャーペンにシャーシンを入れる様に正確な一撃だ」


真「強い…つ、つよすぎる。」


842: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:55:57.11 ID:K7asoIwl0


のヮの「お前には失望した」

のヮの「弱すぎる…」

真「…(雪歩…ごめん)」

のヮの「終わりにしよう」

真「…(雪歩の技、使わせてもらうよ)」

真「……」

のヮの「ほう、構えぬか」

のヮの「なら死ね…」

スッ


ゔぁゔぁゔぁい!!!!!


843: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 15:58:05.39 ID:K7asoIwl0


~事務所~

P「じゃあ俺は真を迎えに行って来る!」

雪歩「ま、真ちゃんをよろしくお願いします!!」

P「任せなさい!」

真美「兄ちゃん兄ちゃん!」

P「ん?どした、真美?」

真美「まこちん、連れて帰ってきたらお仕置きしようよ!」

P「……あぁ」


845: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:01:59.77 ID:K7asoIwl0


小鳥「プロデューサーさん」

P「なんだよババア、邪魔なんだけど」

小鳥「……」スッ

P「…」

『膣内射精+言葉責め+ピル無し』

P「あのな、今は

小鳥「だったら結婚ですね!!」

P「……」





車「のヮの」ギシギシギシ

ババア!膣内で射精すぞ!!孕め!ババアま○こ孕ませてやるよ!!

いくぞ!ババアま○こ射精すぞ!!!

ピ━━━ヨ━━━♡♡


848: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:06:54.16 ID:K7asoIwl0


真「……はぁ」

真「雪歩…やっぱりスコップ、駄目になった」

ボト

のヮの「……」

真「…春香」

のヮの「両腕を落として勝ったつもりか?」

真「…痛く、無いんだ」

のヮの「あぁ…痛覚を遮断してあるからな」

真「春香…」

のヮの「だけど…」


852: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:10:03.51 ID:K7asoIwl0


のヮの「幾ら外の痛みを消せても…」

のヮの「中の痛みは消せないんだよ」

真「…(もうスコップが刃こぼれしてる)」

のヮの「カブカブは帰ってこない…」

真「…(あと一撃…どこを落とせば良い!?)」

のヮの「心の痛みは……消したくても消えぬ…」

真「プロデューサー…」

のヮの「………」


855: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:13:41.54 ID:K7asoIwl0


真「やっぱり春香は…ボクじゃ勝てないよ」スッ

カランッカラン

のヮの「獲物を捨て、本気で諦めた様だな」

真「春香はどうやって…ボクを攻撃するの」

のヮの「ふっ…確かに私の攻撃はボックス(拳)を使う技だけだ」

真「だ、だったら

ナイナラバ……

ハヤセバイイ………

グッチュメキメキメキッパキッ

真「ぁっ……」


859: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:16:05.60 ID:K7asoIwl0


シュウウゥ

のヮの「……」

真「春香…う、腕が」

のヮの「お前が落とした腕はやるよ」

のヮの「真……」

真「う、うわあぁああ"ぁ!!」

のヮの「もう……」


お休み……



862: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:18:25.34 ID:K7asoIwl0

::::::::::::::::::::::::......   ........::::::::::::::::::::::::::: ;;;;;;;::::::::::::::::::
           γ ⌒ ⌒ `ヘ
          イ ""  ⌒  ヾ ヾ    
        / (   ⌒    ヽ  )ヽ
        (      、 ,     ヾ )
 ................... .......ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
 :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
  _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;~-ヽ_ii_i=n_ [l h__
  /==H=ロロ-.γ ,~ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ
  ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=HロΠ=_Π
  Π=_Π「Ⅱヾ、 ⌒~"""''''''⌒~'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::....
 Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--~''""   :::Д日lT::::
 FH=n.:::::'            |   |         :::FL日l」:::::
 ロΠ=:::::.:.        ノ 从 ゝ        .::田:/==Д::
 口=Π田:::.                   .::::Γ| ‡∩:::::
 Γ| ‡∩Π::....                ...:::Eヨ::日lTlロ::::
 Д日lTlロ_Π::::.......            ...::::::::田:凵Π_=H:::
 =Hロ凵Π=_Πロ=HロΠ:::.................:::::::::::口ロロH「l.FFl


865: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:21:19.03 ID:K7asoIwl0


パラパラパラパラ

のヮの「……」

春香「次はだーれだぁ…」

春香「えへへっ…真殺っちゃったぁ…」


春香「あはっ…楽しい」

春香「楽しいっ…あかかかかか」

春香「たんのしいぃよぉっ!!!」

春香「楽しい!強い奴を殺すのが最高に楽しい!!!」


871: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:23:56.34 ID:K7asoIwl0


ヒュッ

車「のヮの」えっ!

バキイィイイイ

車「のヮの」ぐわあぁあああ!

P「ぐおっ!!」

キキイィ!!


車「のヮの」がっは…だ、旦那…う、受け止め……ましたぜ…

車「……」

P「人が…飛んできた!?」

バタン

P「!ま、真!!」

真「……ぅ…」


873: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:26:48.87 ID:K7asoIwl0


真「ぷ、プロデューサー…」ピクピク

P「だ、大丈夫か!」

真「プロデューサーのせいで…う、受け身とれなかった……」

P「あっ、す、すまん!」

真「あはは…衝撃を逃がすのにさ……背中で受けたら…に、逃がしきれないよ」

P「と、とりあえず病院に」

真「えへへ大丈夫…そ、それよりプロデューサー」

P「な、なんだ!」






真「MAXコーヒーを…」


878: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:28:59.36 ID:K7asoIwl0


真「…」

ゴクゴク

P「いやぁ、まさか真がMAXコーヒー愛好家なんてなぁ」

真「あはは、何時の間にか好きになっちゃってたみたい」

P「中毒性高いもんなぁMAXコーヒー」

真「そうですね!」

P「よし、事務所に帰ろうか」

真「はい!」


車「………」


883: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:31:34.03 ID:K7asoIwl0


P「…あれ?」

車「…」

P「動かないな」

真「プロデューサー、何時も運転してたんじゃないんですか?」

P「あぁ、あれはエア運転、ハンドル握ってるだけ」

真「あはは…オートパイロットですか」

P「そうなんだけどさぁ…さっきの衝撃で壊れたのかな」

車「………」


886: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:33:47.39 ID:K7asoIwl0


P「うーん」

バンバンバン!

車「……」

P「ボンネット凹んですなぁ」

真「すいません…ボクが飛んできたせいで」

P「別に良いよ、コレなら隕石が降ってきたって言って保険おりるから」

車「……」



889: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:37:14.70 ID:K7asoIwl0


真「だったらボクにおぶさってください」

P「へ?」

真「プロデューサー位背負っても全然走れますから」

P「うーん、でも車が」

車「……」

真「大丈夫ですよ、後で取りに来ましょう!」

P「うーん…まぁ、真がそこまで言うなら」

真「えへへ、じゃあ行きましょう!」


892: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:38:51.43 ID:K7asoIwl0


P「はあぁん、真の匂い」

ギュウ

真「わーもー!変なとこ触らないでくださいよー!」

P「真は可愛いなぁ…」

真「もー、プロデューサー」

真「じゃあ行きますよー」ググググ


ダンッ!


893: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:40:49.37 ID:K7asoIwl0


車「……」

車「のヮの」やっといったか

車「のヮの」旦那…旦那はあの化け物、止めなきゃいけないんですよ?

車「のヮの」きっと旦那は最後の最後で殺しきれない

車「のヮの」とんだ甘ちゃんですよ…

だから…

俺が……


あの化け物を……


900: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:43:07.71 ID:K7asoIwl0


ギュルルルルル

車「のヮの」旦那…騙し続けてごめんなさい

車「のヮの」何時も遅く走ってごめんなさい

車「のヮの」俺…実は疾いんです

ブゥオォンッ!

車「のヮの」楽しかったですぜ…

ブゥオォンッ!

車「のヮの」さぁ、最後の仕事だ


904: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:45:18.27 ID:K7asoIwl0


車「のヮの」音速?違うね

ブゥオォンッ!

車「のヮの」光速?そんなに遅くねぇさ

ブゥオォンッ!

車「のヮの」光より早く…奴に突っ込む

ブゥオォンッブゥオォンッブゥオォンッ!!!

車「のヮの」……ありがとう


車「のワの」旦那…


フッ


905: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2011/10/07(金) 16:45:53.26 ID:KCIfucBX0

車のなかは?


906: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:46:04.28 ID:p4e6025UO

真の主人公きた


907: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:46:10.56 ID:K7asoIwl0


~東京ドーム~

春香「あははははは!」

フッ

春香「はっ?」



カッ!!!


912: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:47:48.93 ID:K7asoIwl0


最後に…

旦那と走れて……

嬉しかったですぜ


車「のワの」死ねえぇええ!!!


913: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:47:59.93 ID:K7asoIwl0

          ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_―- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i
                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i
               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::Λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_Λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


914: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:49:18.77 ID:PjHfK4h5i

爆発大好きだなwwww


915: 【11.6m】 2011/10/07(金) 16:49:25.38 ID:LTCdTMzm0

無理矢理終わらせる気だな!


916: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:49:31.11 ID:cW9XK+l+0

なぁ温泉は…?


917: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:51:30.91 ID:K7asoIwl0


ズウゥウン!!

真「うわあっ!」

P「っとと!?」

真「東京ドームの方から火柱が」

P「……ま、まさか」


919: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:52:49.44 ID:K7asoIwl0


パラパラパラパラ


春香の腕「…」ピクピク

春香の足「…」カサカサカサカサ

グチョッグチョ

パリパリパリパリパリ

…………


春香「はぁあぁ…」


924: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:54:28.16 ID:K7asoIwl0


春香「…」

春香「ふふふ…気持ちいい」

春香「気持ちいいよぉ!!!!」

春香「一度バラバラになって元通りに戻るの気持ちいい!!」

春香「ぎんもち"いぃ"いいよぉお!!」


925: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:55:19.11 ID:DpaEPyxc0

うわあああああああ!!


926: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:56:02.47 ID:rDGs+JZ60

どうしてこうなった


929: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:56:14.09 ID:K7asoIwl0


春香「あはは…」

春香「…ん?」


車の破片「のヮ」ば、化け物…

春香「……」ニタァ

車の破片「のヮ」ふっ…こいつに消されるのが唯一の心残りだぜ


ゔぁい!!!!


930: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 16:58:20.67 ID:K7asoIwl0


~事務所~

P「ただいまー」

真美「兄ちゃん!!」

真「ただいま、雪歩」

雪歩「真ちゃん!」

ギュウ

真「お、おい雪歩ぉ…」

雪歩「ぅ…ぐっ…よかった、…本当によかった…」

貴音「おかえりなさい」

P「ただいま」

やよい「うっうー!」


932: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 17:01:06.41 ID:K7asoIwl0


その日のニュースは東京ドーム爆発で全ての局が持ちきりだった

その映像に…車の破片が映ったのを見て

俺はトイレで声を殺して泣いた

聞こえた気がしたあいつの声

いや…聞こえてたんだ……


車「のヮの」旦那、今日はドライブですかい?

車「のヮの」旦那…早く帰って寝ましょう

車「のヮの」旦那…


936: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 17:04:23.24 ID:K7asoIwl0


~そして温泉ロケ当日~

律子「えっ!?真達のお金も出すから皆で行く事になったぁ!?」

P「あぁ、悪いな」

律子「まぁ…でもプロデューサー、お金が」

P「俺は金持ちだからな!それ位余裕だ」

律子「それなら良いけど」

P「真達は俺が車で乗せてくから」

律子「へ?プロデューサー免許は」

P「…大丈夫さ」


938: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 17:06:15.27 ID:K7asoIwl0


ワゴン車「……」

P「おーし、じゃあ皆、準備は出来てるかー?」

やよい「うっうー!」

真美「ブイッ!」

真「大丈夫です」

雪歩「はい」

貴音「…」

P「よーしじゃあ行くぞー」

バタン


939: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 17:08:16.95 ID:K7asoIwl0


ワゴン車「…」

P「貴音…こいつ、なんて言ってる?」

貴音「なにも……」

P「…そっか」

貴音「プロデューサー、免許を持たずに

P「なーに、なんとかなるって」

真美「兄ちゃん捕まっても知らないよー!」

P「大丈夫だって!俺を信じろよ」

真美「うん!兄ちゃんを信じるー!」


941: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 17:10:25.38 ID:K7asoIwl0


旦那…たまにオートパイロットをきって運転してましたよね

P「じゃあいくぞー」

ブゥオォンッ!

ワゴン車「…」

旦那…頑張ってください


真美「レッツゴー!」

やよい「うっうー!」

旦那にはこんなにも素敵な人達が居るんですから


944: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 17:12:36.77 ID:K7asoIwl0


旦那…自分、本当はもう少しだけ旦那と走りたかったです


P「……ん?」

貴音「どうしました?」

P「いや……幻聴かな」

旦那…ありがとうございました

P「………今まで…お疲れ」

貴音「プロデューサー?」

はい…お疲れ様です




続く


946: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 17:13:33.89 ID:kH2sLJl+P

スレタイは次回予告だったのか…


947: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2011/10/07(金) 17:13:55.96 ID:osQY5T5U0

車ぁぃぁあぃぃぁぁぁあ!



957: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 17:18:55.93 ID:K7asoIwl0

なんでこんなに車愛されてるのかわかんないが遂にメインキャラから死車がでましたね!

次回は明日の18時にたてます、やっと温泉ですよ!

タイトルはP「いい湯だな、あははん」

なので!それでは!レッツ、アイマス!


969: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 17:22:52.65 ID:K7asoIwl0

あ、あと今日の夜中にHIPHOP投下するんで見たい人はどうぞ

美希「やったのー!やっと出番なのー!」

やよい「うっうー!」

真美「やったー!!」


989: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/07(金) 17:28:35.21 ID:K7asoIwl0

HIP-HOPの簡単なおさらいでも

竜宮小町に対抗するべく美希、真美、やよいがPと共にユニット結成

それに触発されて響、千早、春香がメタルでユニット結成

貴音、雪歩、真がヴィジュアル系バンド結成

三組ともCDだすもメタル組だけ爆死

メタルを辞めJPOPに変える

春香が足をひっぱり春香脱退

春香狂う、961プロに拾われる

さぁどうなる!


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:スロス

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。