スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「風呂上がりに飲むMAXコーヒーはヤバイな」 

カテゴリ:マジキチ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 22:48:34.77 ID:sXTHlr6t0


~旅館~

P「なははは、やっと着いた」

真美「兄ちゃん兄ちゃん!ここ、すっごく広いね!」

やよい「すごいですー!!」

真「ここに四日も泊まれるんだ…」

雪歩「楽しいだね、真ちゃん」

貴音「ここでプロデューサーと四泊…」


P「と、とりあえず俺はシスターズの様子見てくるからちょい待っててね」

真美「オッケーだよ兄ちゃん!」



律子「アイドル…ですか」P「あぁ」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 22:51:19.46 ID:sXTHlr6t0


P「おーい!律子ー!!」

律子「あっ、やっと来ましたか」

P「悪い、警察に追われてた」

律子「えぇ!?」

P「普通道路を100km出して爆走してたからさ」

律子「だ、大丈夫だったんですか」

P「俺がここに居るってのが答えだ!」

律子「はぁ…クビになっても知りませんよ」

P「にひひ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 22:52:45.28 ID:HDIfIwnM0

ごまえーごまえー


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 22:53:46.99 ID:sXTHlr6t0


P「で、撮影は?」

律子「二時間後ですね」

P「なら真達を旅館に案内してくる」

律子「ほ、本当に全員連れて来たんですね」

P「あぁ、“アイドル”はな」

律子「……小鳥さんは」

P「小鳥は置いてきた」

律子「うっわ…」

P「あっ、美希達は?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 22:55:00.63 ID:b15YfKAz0

MAXコーヒーを愛飲する奴は確実に糖尿病になる


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 22:57:27.51 ID:sXTHlr6t0


律子「竜宮小町とシスターズはもう旅館内に入ってますね」

P「ありゃりゃ、俺を待たずにですか」

律子「いえ、美希がずっとハニーが来るまで待ってるの!…の一点張りでした」

P「はぁ」

律子「半ば強引に旅館に連れ込んだ訳なんですけど、よかったですよね?」

P「うん、別に良いよ美希くらい」

律子「う…平気で毒を吐くのは相変わらずですね」

P「は?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:00:11.53 ID:sXTHlr6t0


律子「いえ、少し昔の夢を見ていたんで」

P「昔?」

P「あー、律子が765プロに入った頃か?」

律子「まぁ…そんなとこですね」

P「まっ、んな昔の事は良いや」

P「俺達も旅館に入ろうか」

P「律子殿」

律子「あはは、はい、分かりました」

律子「プロデューサー殿」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:03:22.99 ID:sXTHlr6t0


P「うっへー、ほんと広いな」

やよい「うっうー!すごいですー」

真美「床もぴっかぴかー」 トテトテ

P「おい真美ー、あんま走るなよー!」

真「プロデューサー」

P「んあ?なに?」

真「伊織達は」

P「あぁ、多分部屋で待機してんだろ」

真美「兄ちゃん兄ちゃん!早くー!」

P「……」

P「ぐへへっ、待ちやがれ真美ー!」ダタッ

真美「にっげろー!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:07:50.77 ID:sXTHlr6t0


美希「ぐむむ」

伊織「なに頬膨らましてんのよ」

美希「ミキはハニーを待っていたかったの」

響「プロデューサーなら大丈夫って言ったの美希だぞ」

美希「でもハニーに会いたいの!」

亜美「ミキミキは兄ちゃんの事が大好きだもんね→」

千早「…」

あずさ「どうしたんですか?千早ちゃん」

千早「えっ!?い、いえ…なんでもないです」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:10:37.14 ID:sXTHlr6t0


P「……」

P「おい」

P「なんでお前がここに居るんだ」

真美「あっ!ピヨちゃん!」

真「小鳥さんは確か事務所で待機な筈じゃあ」

小鳥「…」スッ

P「ん?紙…」

『膣内射精+ピル無し』

P「…」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:14:21.83 ID:sXTHlr6t0


P「お前…まさか自費で来たのか」

小鳥「…」

P「な、なんで黙ってるんだよ」

小鳥「酷いですよプロデューサーさん!」

P「は、はぁ?」

小鳥「せめて行く時間位教えてくれたって良いじゃないですか!!」

P「…」

小鳥「急いで新幹線の時間確認して!急いで荷物まとめて!そ、それで!

P「悪い皆、少し待っててくれ」

真美「どっか行くの兄ちゃん?」

P「あぁ、すぐ戻る」







ピヨー♡♡♡


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:14:24.58 ID:isdw4xsh0

ババアはカブトムシに食い殺されろw


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:15:34.82 ID:xxE7lY+y0

ピヨちゃんととりあえず籍いれとけよ




ピヨ


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:17:47.85 ID:sXTHlr6t0


P「ったく、言っとくけど孕んだら殺すからな」

小鳥「ぴへっ…ぴ、ぴよ…」ビクンッビクン

P「はぁ、ほら立てよババア」

小鳥「あ、プロデューサーさあぁん」ビクンッ

P「はあぁ…なんでこいつで童貞捨てたんだろ」

P「時間戻したいなぁ」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:20:37.26 ID:sXTHlr6t0


~室内~

P「悪いな、大部屋で、予算の都合上一番安い部屋しかとれなかった」

真美「真美はコッチの方がいいー!」

やよい「うっうー!皆と一緒なら寂しくないですー」

真「うん、ボクもコッチの方がいい」

雪歩「…ち」

真「雪歩?いまなんて」

雪歩「えっ!?な、なんでもないよー」

貴音「…少しだけ、残念です」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:22:38.47 ID:gyND3Q9VO

舌打ちゆきぽとかご褒美です


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:24:17.17 ID:sXTHlr6t0


P「じゃあ俺は伊織の様子見てくるから」

真美「!真美も行くー!」

やよい「うっうー!私も行きたいですー」

P「あはは、どうせ後で会えるんだぞ?」

真美「いおりんに会いたいのー!」

やよい「うっうー!!」

P「あはは、わ、分かった分かった」

P「貴音、真と雪歩をよろしくな」

貴音「はい…」

貴音「旦那様」

P「わっほい!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:25:17.18 ID:39g5+w+/0

前貼られてたまとめに+

美希「ハニー、ミキね、HIP-HOPで食べて行こうと思うの!」P「…」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317275985/
美希「ミキミキ」真美「マミマミ」やよい「うっうっうー!」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317995011/

P「クビ…ですか」高木社長「あぁ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317380613/
春香「のワの」765プロ…
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317486843/
天海春香「おいしいですよね、カブトムシ」P「くっさいなー」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317625255/
天海「殺してやる」P「やってみろよカブトムシ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317725872/
P「温泉ロケですか…」高木社長「あぁ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317898756/
律子「アイドル…ですか」P「あぁ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318089996/
P「風呂上がりに飲むMAXコーヒーはヤバイな」      ←New!!
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318254514/

春香「プロデューサーさん 朝ですよ 朝」P「まだ6時だぞ…」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317849099/


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:37:46.04 ID:FR4v233S0

>>36
コレも追加してもいいんじゃね?

千早「ズンチズンズチwwwズンチズンズチww」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317229944/


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:27:30.63 ID:sXTHlr6t0


伊織「!!」ビク

亜美「どうしたの?いおりん」

伊織「…な、なんでも無いわよ」

亜美「えー、うっそだー!」

伊織「あ、あんたは早く仕事着に着替えなさいよ」

亜美「えー、亜美自分の服がいいよぉ」

あずさ「亜美ちゃん、お仕事なんですから、そこは我慢ですよ」

亜美「あずさお姉ちゃん…」

亜美「……はーい」


伊織「…(なにかとてつもなく嫌な予感がする)」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:30:25.95 ID:sXTHlr6t0


P「……あはは」

真美「どうしたの?兄ちゃん」

P「…迷った」

やよい「うっうー!?」

P「だってこの旅館広いんだもん」

真美「だったら誰が一番早くいおりんを見つけるか競争しよーよ!」

P「は?」

やよい「うっうー!やりましょー!」

P「お、おい!お前等勝手に

真美「よ→い…」

真美「どん!!」

ダッタッタッタ

P「って、待てよばか!!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:33:18.36 ID:sXTHlr6t0


P「って……」

P「あいつ等早いな」

P「完全に見失った」キョロキョロ

P「やっばい……」

P「……」

P「出てこいよばか」

P「さっきから後付けて来やがって」

P「おい」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:35:22.01 ID:N00yXesJ0

___________

    / ̄ ̄ヽ 
   /(●) ..(●) 
   |  'ー=‐'  i  
    >     く    
 _/ ,/⌒)、,ヽ_
   ヽ、_/~ヽ、__)  \

_____∵・_____
    / ̄ ̄ヽ ☆そ
   /(◯).. (◯) 
   |  'ー=‐'  i   ガツン
    >     く  
  /  /  ││
_/ ,/__ 、, ヽ_
 ~ヽ、__)    \__)

___________

    / ̄¨¨ヽ 
   /(●) ..(●) 
   |  'ー=‐'  i  
    >     く    スッ…
 _/ ,/⌒)、,ヽ_
   ヽ、_/~ヽ、__)  \


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:37:01.86 ID:sXTHlr6t0


小鳥「ぴへへへwwww」

P「なんなの?ストーカー行為は料金+だぞ」

小鳥「だってプロデューサーさんと一緒の部屋に寝泊まりするんですよ!?」

小鳥「我慢出来ませんよ!!」

P「答えになってねーだろ馬鹿」

小鳥「ぴへへへww」

P「じゃあお前はやよい探してくれ、俺は真美を捕まえるから」

小鳥「ぴよ!?二人で行動するんじゃないんですか!?」

P「ざけんなよババア」

小鳥「ぴよ…」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:41:13.70 ID:8/rSVVVd0

前を知ってる人にこれほどわかりやすいスレタイはないなwww


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:41:45.19 ID:sXTHlr6t0


P「真美ー!どこだー!」

小鳥「やよいちゃーん、何処ですかー!」

P「真美ー!」

小鳥「やよいちゃーん!」

P「……」

小鳥「やよいちゃーん!」

P「っざっけんなよババア!!」

小鳥「ぴよ!?」

P「二手に別れるって言っただろ!!」

小鳥「プロデューサーさあぁん…」

P「お前な、いい加減キレるぞ!?」

小鳥「…」スッ

P「あ!?」

『探してほしくば膣内射精+ピル無し』

小鳥「ぴへへ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:41:53.07 ID:N00yXesJ0

P+MAXコーヒー+風呂


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:42:48.62 ID:aH2JsdrcP

完全に孕む気だこいつ
既成事実作ろうとしてやがる


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:44:39.71 ID:sXTHlr6t0


P「…ヤバイな」

P「10万で性欲処理機になったのは良いが…」

P「あいつマジで孕みそうだ…」

P「………」

P「って、今は真美を優先しないとな…」


P「真美ー!どこだー!」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:48:05.58 ID:sXTHlr6t0


P「真美ー!」

ドカッ

?「うわっ!?」

ドサッ

?「あいっててて…」

P「…だ、大丈夫か?(急いでるってのに誰だよ!!)」

P「…(ぶん殴ってや)」

涼「あっ、す、すみませんでした」

P「涼じゃん」

涼「プロデューサー!?」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:48:31.42 ID:KeXIx+wg0

りゅんりゅん♪


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:48:50.90 ID:N00yXesJ0

涼「りゅんりゅん♪」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:49:47.35 ID:SdMonqzj0

俺「りゅんりゅん♪」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:50:04.06 ID:DXD6ZX0N0

>>63
通報した


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:49:57.71 ID:sXTHlr6t0


P「うは、久しぶりだな」

涼「プロデューサーさんこそ!久しぶりです!」

P「雪歩の見舞い、ありがとな」

涼「い、いえ…当然の事ですから」

P「…」ジー

涼「な、なんですか?」

P「いや……まだ女装アイドルやってんだなぁと思って」

涼「うぅ…」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:53:02.66 ID:sXTHlr6t0


P「始めてあった時はビックリしたわ」

P「なんせ俺の前で漏らすんだもんなぁ」

涼「うっ、い、いい加減忘れてくださいよー!」

P「いいや忘れないね」

P「まだ愛達に男って言ってない頃だよな」

P「俺が876プロに用事でいった時、お前女装しててさぁ」

涼「わー!プロデューサー!や、やめてくださいよ!!」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:57:32.59 ID:sXTHlr6t0


P「って、女装してるって事はロケだよな?」

涼「は!わ、忘れてた僕急いでるんだった!」

P「頑張れよー」

涼「はい!頑張ります」

P「お漏らしアイドル涼ちんちん♪」

涼「もー!プロデューサーのばか!」

タッタッタ

P「…」

P「何時になったらあいつは殻破るのかねぇ」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 23:59:55.71 ID:sXTHlr6t0


P「ほへー、マジで居ない」

P「もうロケまで時間無いってのに…」

P「……」

P「あ」

P「電話すれば良いじゃん」

P「ばっかだー俺」

P「携帯取り出しぽぱぴぷぺー」

P「春香の良いとこ述べよ!」


~♪


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:02:32.86 ID:0reWuJA80


真美『あっ、兄ちゃん!?』

P「あっ、兄ちゃん!?…じゃないっての」

P「今何処だ」

真美『今ねー』

真美『おっきなテレビが有る部屋に居るよ!』

P「あー、わかった、じゃあそこで待ってろ」

真美『はーい!』

プツッ

P「でっかいテレビって事はあそこか」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:02:33.60 ID:7AVCeoOQ0

ふたなりおちんちんさん


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:06:56.90 ID:0reWuJA80


P「ったくこのおてんば姫が」

真美「えへへー」

P「で、見つかったのか?伊織は」

真美「見つから無かったー」

P「まっそうだろうな」

P「とりあえず部屋に戻るぞ、俺はロケがあるから」

真美「えー、部屋で待機なのー?」

P「まぁまぁ、それは後で話すからとりあえず戻るぞ」

真美「はーい…」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:08:59.48 ID:0reWuJA80


~♪

やよい「あっ、プロデューサーさんからです」

P『うっうー!』

やよい「うっうー!」

P『うっうー!うっうー!』

やよい「うっうっうー!」

P『うううっうー!』

やよい「うっうううっうー!」

P『うっうっうー!』

やよい「分かりましたー!」

プツッ


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:12:03.63 ID:0reWuJA80


~部屋~

P「よーし、皆そろったな」

真美「ごめんなさーい」

やよい「ぅっぅー…」

雪歩「プロデューサー、私達はどうしたら良いんですかぁ?」

真「部屋で待機ならボク、外で走り込みたいんですけど」

P「いや、待機じゃないぞ」

真美「え?」

P「まー、任せとけ」

貴音「プロデューサー?」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:15:18.28 ID:0reWuJA80


律子「えぇ!?」

P「YES」

律子「なななな、なんでですか!?」

P「だって皆来てるんだし」

律子「だ、だからって…」

P「大丈夫だろ?変装してエキストラとして出させる事位」

律子「でも…」

P「今回のロケの担当者……女だよな」

律子「は、はい」

P「……」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:18:33.40 ID:0reWuJA80


女「無理です」

P「そこをなんとか」

女「小町とシスターズで決まった事です、765プロ全員を出すなんて暴挙出来ません」

P「お願いします」

女「だから無理です!もう台本も出来てますし…それにあと30分で始まるんですよ!」

P「……あの」

女「はい!?なんですか今度は」

P「……(こんなババア抱きたくないが)」

P「…(真達の為だ)」





んあぁっ♡


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:19:17.66 ID:2we5eNPp0

こいつホストが天職なんじゃねえの?


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:20:43.63 ID:0reWuJA80


P「良いですか?」

女「は、はひぃ」ビクンッ

P「メインで良いですか?」

女「はひゃい…」ビクンッビクン

P「ありがとうございます」

スタスタ


その後急遽台本を変更、その為かロケの収録が昼からになった…


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:24:42.22 ID:0reWuJA80


美希「ハニー!」

ギュウ

P「美希、抱きつくのは良いが絶対にロケ中には止めろよ?スタッフに見られたらそれこそ俺のクビが飛ぶ」

美希「大丈夫なの!だから今はこうさせておいてほしいの」

P「はいはい、最近構ってやれなかったからな」

美希「ハニー!」

P「とりあえず俺の部屋に案内してくれないかな」

美希「ミキ達と同じ部屋?」

P「うん、俺はシスターズのプロデューサーだからな」

美希「本当なの?」

P「うん」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:26:58.91 ID:nZXpRbJ20

【カブトムシ】【のヮの】【天海】で検索して無かったから諦めてたら
全然違うスレタイで来てたー!

全力支援


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:28:33.04 ID:g3Lyfzif0

>>99
「 が便利よ


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:28:26.09 ID:0reWuJA80


P「ほえー、全然違うな」

美希「真君達と?」

P「うん」

美希「ねぇハニー」

P「ん?」

美希「ここにミキ達とハニーの四人で寝るんだよね?」

P「まぁ……でも初日は無理そうかも」

美希「え!?」

P「いや、一応ロケだから寝起きドッキリとかあるじゃん」

美希「えー…ミキ、ハニーと一緒に寝たいの」

P「あっ、また昔の美希に戻りますかぁ?」

美希「ち、違うの!い、今のは無しなのー」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:30:29.94 ID:fbi4yTpn0

ほかのSSでこのスレのノリ持ち込むのやめようぜいろいろ荒れる原因になる


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:30:56.38 ID:IjcA02T20

他所様に迷惑かけてるバカが居るのか?


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:32:02.79 ID:0reWuJA80


P「はいはい、昼まで暇だからぶらぶらしときんしゃい」

美希「ぅ…わ、わかったの」

P「……」

美希「…」

美希「じゃ、じゃあミキ行くね…」

P「あぁ、じゃあまた後で」

美希「…」プルプル

バタン

P「へー、我慢出来たじゃん」

P「成長してんだな、美希も」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:34:59.74 ID:0reWuJA80


美希「…はぁ」

美希「最近ハニーが冷たいの」

美希「確かにミキは前よりお仕事を頑張る様になったの」

美希「……」

美希「だけど…」

美希「何時の間にかハニーに甘えれなくなったの…」

美希「ハニーはお仕事を頑張るミキが好きなの」

美希「……だからハニーに甘えるの我慢してるの」

美希「……」

美希「ハニー…」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:39:37.63 ID:0reWuJA80


ハニーハニーうるせーよバーカ

美希「!」

P「俺はホットケーキはマーガリンしか付けないから」

美希「……ハニー」

P「ったく、少しは変わってると思ったら」

美希「み、ミキは変わったの!」

P「まぁね、変わった……ですねぇ」

美希「…」

P「ストレスでハゲても知らないぞ?」

美希「ミキはまだ若いの…」

P「はぁ、わかってないねぇ」

P「…ほら」

美希「へ?」

P「MAXコーヒー」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:42:34.38 ID:0reWuJA80


美希「…やっぱり甘いの」

P「この甘さが良いんだろ?」

美希「甘過ぎなの……」

P「真以外に理解者が居ないってのも辛いな…」

美希「……」

P「美希」

美希「なんなの」

P「まぁ……あれだ」

P「今何時だ?」

美希「……」カチャ

美希「10時29分なの」

P「昼まで時間有るよな?」

美希「は、ハニー?」



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:46:13.17 ID:0reWuJA80


P「作り笑顔なんかテレビに晒せないしな」

美希「な、なにが言いたいの?」

P「は?お前馬鹿か?」

美希「み、ミキは馬鹿じゃないの!」

P「だったら分かれよ」

美希「うぅ、分からないの」

P「……はぁ」

P「ほら、行くぞ」

美希「え?」

P「ストレス……解消しに」

美希「ぁ…」

P「行きますよ?ミツバチハニーちゃん」

美希「ハニー!」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:50:35.34 ID:0reWuJA80


P「へ?お前まだ朝食べてないの!?」

美希「当たり前なの」

P「いや…ロケ弁出ただろ」

美希「だって…」

P「あー、分かったから」

P「で、何処に食べに行く?」

美希「ミキは何でもいいよ!ハニーと一緒に居られるなら」

P「はいはい…」

P「じゃあさ、あそこ行くか」

美希「あそこ?」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:54:00.40 ID:0reWuJA80


~元気になローソン~

美希「…」

P「仕方ないだろ、この辺全然知らないんだし!」

美希「ま、まぁ…知らないなら仕方ないの」

P「俺も朝食べてないからなぁ」

美希「ハニーにはお弁当出なかったの?」

P「いや、出てたけど食べなかった」

美希「どうして?」

P「なんでだろ?」

美希「答えになってないの」

P「まぁまぁ、こうして美希と一緒に食べれるんだし、気にしない気にしない!」

美希「ハニー!」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 00:59:14.91 ID:0reWuJA80


店員「えー、おかか、鮭、おくら、昆布、シーチキン、ツナマヨ、エビマヨ、わかめ、五目、あと


P「……」

美希「どうしたのハニー?」

P「…美希っておにぎり好きだったっけ」

美希「うん!ミキおにぎり好きだよ?」

P「……食えよ?」

美希「ハニーと半分こなのー!」

P「いやいやいやいや」

P「多すぎだろ!」

美希「ハニー…」

P「ハニー…じゃねぇよばか!」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:02:59.68 ID:0reWuJA80


P「……っぷ」

P「つ、辛い…」

美希「ハニー、はい!半分こなの!」

P「ちょっ、ま、待ってくれ…さっき貰ったの食べてないから」

美希「ハニー食べるの遅いのー!」

P「お前がおかしいんだよ…」

美希「そんなことないの!っはい、ハニー、お茶」

P「ありがと…」

ゴクゴク

美希「ハニーと間接キスなのー」

P「ブー!」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:03:11.82 ID:GMXeAgGZ0

穏やかじゃないですね…

それにしても美希可愛いのぉ
これ見ながらきゅんっ!ヴァンパイアガール聴いてるけど昇天しそうやで


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:06:45.74 ID:0reWuJA80


P「…」カチャ

P「あー、そろそろ戻るか」

美希「えー……まだ一緒に居たいの」

P「もう11時39分だからな、戻ってスタンバイしとけ」

美希「はーい」

P「美希…」

美希「ん?」

P「大丈夫ですかい?」

美希「……うん」

美希「ミキ、頑張るの!」

P「よしっ!じゃあロケ頑張りますかー!」

美希「おーなのー!」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:11:36.94 ID:0reWuJA80


律子「あっ、プロデューサー」

P「悪い、わがまま姫を宥めてたら時間かかった」

律子「あはは…美希ですか」

P「あぁ、最近仕事をやる気になってたと思ってたらコレだよ」

律子「難しい年頃なんですよ、きっと」

P「女ってのは分からんわ」

P「分かりたくも無いけど」

律子「プロデューサーに分かられたくも無いって世界中の女は思ってますよ」

P「ぐぎぎ…り、律子ぉ…」プルプル

律子「あはは」


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:17:04.37 ID:0reWuJA80


真「……」

雪歩「どうしたの真ちゃん」

亜美「まこちん似合ってる→」

真美「かっこいいよ→」

P「悪い…」

真「いぇ……テレビに出させてもらえるなら…我慢します」プルプル

あずさ「あらぁ真ちゃん、素敵ですよ」

伊織「ぶっくくく…に、似合ってるじゃない」

伊織「男装」

真「……」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:19:48.82 ID:my2+OpfD0

このまま過ぎてくれ・・・

のワの出てくるな・・


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:20:45.91 ID:0reWuJA80


男「はい、じゃあスタンバイお願いしまーす」

P「よっし、お前等、コレはチャンスだからな」

P「コレで少しでも知名度上げて自分の株を上げていけ!」

やよい「うっうー!」

真美「亜美に負けっぱなしはやだもんね!」

雪歩「頑張ろうね、真ちゃん!」

真「うん…」



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:22:55.63 ID:0reWuJA80


春香「……」

春香「あれれぇ?」

春香「旅館に来たのは良いんだけど…」

春香「……」

春香「場所間違えちゃったのかなぁ…」


春香「うむむ」

のヮの「……」

のヮの「ちっ、失敗だ」

のヮの「ここの旅館じゃない」


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:23:42.08 ID:QirkBWVnO

雪歩って四肢が複雑骨折してなかったっけ?


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:26:03.39 ID:1PImLlq6O

>>159
モグリみたいな医者の黒い男に治療してもらった


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:25:45.76 ID:0reWuJA80


のヮの「まだ慣れていないせいか…」

のヮの「非常に不安定だな」

のヮの「………」


のヮの「むやみやたらに瞬間移動を使うのはよそう」

のヮの「もし知らぬ土地に飛ばされたらたまったもんじゃないからな」


春香「まっ、時間はたっぷりあるんだしね~」

春香「まっててねえぇ"」

春香「み"んな"あぁ"あ」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:28:27.56 ID:0reWuJA80


はいストップ!

P「あちゃー…」

やよい「ぅっぅー……」

男「まぁその…なんていうかさ」

P「すいません!彼女も悪気が有る訳じゃないんです」

男「それはわかるけどさぁ……ねぇ」

P「ほんっとすいません!!」

男「はぁ…頼むよ、765プロ」

P「すいません、すいませんすいません!」

やよい「ぅっぅー…」

伊織「…」


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:28:35.73 ID:ZxMFn8kyO

今日はよくアイマスの好きなSSに出会うな


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:32:07.65 ID:KDS1A3Bm0

むしろ好きだからだろ


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:33:07.44 ID:0reWuJA80


P「あはは、だ、大丈夫か?」

やよい「はい…」

P「や、やよいはコンサートとかはしてるけどテレビは久しぶりだからな!…」

P「ぶ、ブランクだよブランク!ほら、後々思い出してくからさ!い、いまは

伊織「ちょっとやよい」

やよい「い、伊織ちゃん…」

伊織「プロデューサー」

P「んだよ凸」

伊織「やよい、借りてくから」

P「は?」

伊織「あんたに任せてたら何時までたっても解決しないでしょ」

P「い、言ってくれるねぇ…」

伊織「ほら、やよい、行くわよ」

やよい「は、はい…」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:33:49.95 ID:FOdpIzsk0

hiphopでもやよいこんな感じだったな


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:37:59.59 ID:0reWuJA80


伊織「……なにさっきの」

やよい「…」

伊織「あんたねぇ、なに上級者ぶってんのよ」

やよい「ぇ…」

伊織「なにあのぎこちない演技、あれならあんたん所の妹の方がマシね」

やよい「す、すいません…」

伊織「……」

伊織「やよい、私の言いたい事、わかんない?」

やよい「…」

伊織「はぁ」

伊織「誰もあんたなんかに期待してないの!」

やよい「え」

伊織「だから、誰もあんたの作った演技なんか望んでないの!」


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:43:09.04 ID:K4YArNJoP

伊織は基本的に誰に対してもタメ口
猫かぶってなければ
あずささんに対して唯一あずさと呼び捨てするやつでもある


293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:23:19.40 ID:HcFTV3QX0

>>177
今さらだけど、7話か8話で美希もあずさと言ってたような気がする


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:43:20.98 ID:0reWuJA80


伊織「演技ってのはねぇ、私位売れてる人が初めて使える技なの」

伊織「無理して台本通りに演じる事ないの!」

伊織「やよいはやよいでしょ!?」

やよい「あっ…」

伊織「……あ、あんたはまだテレビ出演になれてないんだから」

伊織「自分を出すだけで良いのよ…ばか」

やよい「い、伊織ちゃ……っ…」

伊織「ちょっ、なに泣いてんのよ!?」

やよい「いぉりちゃあぁん…」

伊織「あー、ほ、ほらハンカチ」

伊織「コレで涙拭きなさいよ…」

やよい「…ぁ、ありがとうございます…」

伊織「ほら、涙拭いたら戻るわよ」

やよい「…はっ…ぁ…」

やよい「は、はい!」


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:46:12.55 ID:0reWuJA80


P「…」

P「ほぇー、さっすが凸スケ」

P「言いますねぇ」

P「……」

P「俺もまだまだっすねぇ」

P「勉強になりやしたよ…」

P「伊織さん…」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:46:49.55 ID:fbi4yTpn0

伊織ちゃんめっちゃいい子


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:46:51.60 ID:2we5eNPp0

伊織はやよいに甘いからなあ
口では悪く言ってもベタ惚れ


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:48:38.31 ID:FOdpIzsk0

数少ない常人なうえにいい子



183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:50:05.05 ID:0reWuJA80


ハイカットー!

男「とりあえず昼間の撮影は終わりです、夜、頼みますよ」

P「はい!」

律子「ありがとうございました」



P「はぁ…なんとか」

律子「なりましたね…」

P「悪い、俺が無理言ったばっかりに」

律子「まぁ何回かNG出しましたけどなんとかなったんで」

P「あはは…」


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:52:42.10 ID:0reWuJA80


P「何十回の間違いだろ…」

律子「言わない様にしてたのになに自虐してるんですか」

P「はは…すまねぇ」

律子「ほら、旅館に戻りましょう」

P「ですね、疲れたよ」

律子「ただ突っ立ってただけなのにですか?」

P「んなっ!?」

律子「あれー?何時か私に言いませんでしたっけー」

P「……」


P「わふー!!」

律子「な!?」


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 01:57:36.55 ID:0reWuJA80


P「おっかれい!」

響「プロデューサー!」ガバッ

P「ぶはあぁ!」

P「だ、だから急に抱きついて来るなっての!」

響「だって収録中、全然プロデューサーに会えなかったからさみしかったぞー!」

P「はいはい、じゃあ部屋に戻りますか」

真美「どうせなら真美達の部屋にいこーよ!」

響「おっ!自分そこ行ってみたいぞ!」

真美「じゃあ案内板したげるねー!」


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:00:39.16 ID:0reWuJA80


響「ひっ、広いぞー!」

真美「えっへへーここが真美達の部屋だよー!」

P「おつかれ、やよい」

やよい「プロデューサー、私、伊織ちゃんに大切な事教えて貰いましたぁ」

P「そっかそっか、なら大丈夫だな!」

やよい「はい!」

響「あー、自分こっちの部屋の方が良かったさー」

亜美「おっじゃまー!」

P「おっ、亜美も来たのか」


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:04:11.50 ID:0reWuJA80


P「…」カチカチ

亜美「あっ!兄ちゃんなにしてんの」

P「ポケモン」カチカチ

亜美「!亜美も持って来てるよ!」

P「おっ、じゃあ対戦するか?」

亜美「うん!じゃあ取って来るから待っててね→!」

真美「兄ちゃん兄ちゃん!」

P「あっ、もしかして」

真美「ジャッジャーン!真美も持って来てるんだー!!」



198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:09:11.68 ID:0reWuJA80


響「ぷ、プロデューサー」

P「へ?」

響「じ、自分も良いかな?」

P「持ってきてんの!?」

響「う、うん」

P「じゃあやろうぜ、ちょうど四人だからダブルバトル出来るし」

真美「やろうよやろうよ→!」

響「じゃあ自分、部屋に取りに行って来るさー!!」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:11:50.22 ID:0reWuJA80


P「じゃあ真美殿、肩慣らしに1試合しますか」

真美「負けませぬぞぉ→」

P「ふへへ…俺を倒せますかなぁ?」

真美「んっふっふ~兄ちゃんなんて一匹狼で勝てるよ→」

P「いうねぇ」

真美「じゃあ兄ちゃん!」

P「レッツ!」

二人「ポケモンバトル!!」


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:15:20.29 ID:0reWuJA80


P「……」


ラティオス「はぁーこの兄ちゃん雑魚いわぁwww」

真美「やったー!兄ちゃんに勝ったぁ!」

P「…(三体とも遊ばれただけじゃねーか)」

真美「兄ちゃん弱すぎるよ→」

P「な、なぁ真美」

真美「へ?なぁに兄ちゃん」

P「このラティオスの持ち物……なんだ」

真美「こころのしずくだよ?」

P「……」


225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:20:09.04 ID:0reWuJA80


亜美「持って来たよ→!」

P「……なぁ亜美」

亜美「?」

P「なにも言わず俺とバトルしてほしい」

亜美「へ?亜美はそのつもりだけど」

P「……頼む」

亜美「変な兄ちゃん」

亜美「じゃあ→レッツ→」

P「…ポケモンバトル」


228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:22:48.22 ID:0reWuJA80


P「……」

ダークライ「ダークホールwwww」

亜美「やった→!」

P「……」

亜美「どうしたの兄ちゃん?」

P「……」

P「響なら!」

P「響ならちゃんとした試合になる筈だ!!」

P「響ー!早く来てくれー!!」


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:27:00.34 ID:0reWuJA80


ガラララ

響「持って来たぞー!」

P「響!!」

響「うわっ!プロデューサー…か、顔近いぞ……」

P「頼む!俺とシングルバトルしてくれ!」

響「う、うん…わかったさー」

P「じゃあ…レッツ!」

響「ポケモーン」

P「バトル!!」



亜美「あっ!真美、アルセウスは無しだよー」

真美「えー良いじゃん良いじゃーん」


242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:30:05.14 ID:0reWuJA80


P「…」カチカチ

響「っと、最初はやどりぎでっと」カチカチ

P「…」カチカチ

響「次にみがわりさー」カチカチ

P「…」プルプル

響「ギガドレインで体力を回復するぞー」カチカチ

P「…ぁ」カチカチ

響「あと二体さー」カチカチ

P「…」カチカチ

響「…」カチカチ


243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:30:42.75 ID:OIMHkTvk0

うざいwww


245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:31:29.74 ID:9rjwKidj0

安心の響


247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:31:54.26 ID:2we5eNPp0

響はガチ過ぎて相手にされないのか…


250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:35:14.71 ID:0reWuJA80


P「…」カチカチ

響「次はこいつさー」 カチカチ

響「えっと、みがわりで」

P「…」

響「でんじはだぞ」 カチカチ

P「…ぁ、動けなかった」カチカチ

響「やどりぎさー」 カチカチ

P「…」カチカチ

響「まもるぞー」


252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:37:42.45 ID:0reWuJA80


P「…」


ナットレイ「いやぁ雑魚いわぁww」

フシギバナ「おっつおっつwww」

響「いやぁ、フシギバナがやられた時はちょっと焦ったぞー」

P「……」プルプル

響「プロデューサー?」

P「…楽しいかよ」

響「へ?」

P「こんな戦い方楽しいかよ……」

響「プロデューサー?」


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:38:24.48 ID:CNzAK2eh0

今のは正々堂々戦ったろwwww


255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:38:57.09 ID:bmOYv2id0

草パか
統一パっていいよね


258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:41:42.53 ID:GMXeAgGZ0

Pが何使ってんのか気になるわwww


259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:42:11.88 ID:0reWuJA80


P「こんな戦い方!!楽しいのかよ!!」

響「え」

P「自分は逃げてばっかでよ!どくややどりぎで勝って楽しいのかって聞いてんだよ!!あ!?」

響「ぷ、プロデューサー?」

P「だから響はぼっちになるんだよ!!!」

響「ぅぁっ…」

P「……」

P「死ね!死んでしまえ!!!」


260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:43:00.40 ID:OIMHkTvk0

P…テメー…


261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:44:42.51 ID:K4YArNJoP

律子なら空気読んで合わせて戦ってくれると思うぞ
あまりゲームやらない設定だけどな


262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:45:18.65 ID:0reWuJA80


響「ゔっ……ぁ…」プルプル

P「はぁはぁ…っはぁ」

P「……っは!?」

P「ひ、響…す、すまん」

響「ぅっぐ…な、なんくるないさぁ…」

亜美「あー!兄ちゃんが泣かしてるー」

真美「いけないんだよー!」

P「つ、ついむきになっちまった…」

響「だ……大丈夫…だぞ…」

P「あ、あはは…じゃあダブルバトル…やろっか」

響「…うん」


263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:48:28.30 ID:t0EUja8B0

大丈夫!シングルならいくら強くてもダブルなら集中砲火で即死だ!
ダークライとしずくラティ?勝てるわけねえだろ


264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:48:43.52 ID:0reWuJA80


P「あはははは!ベロベルトー!だいばくはつだーwww」

響「わっ!なにするんだぞプロデューサー!?」

亜美「兄ちゃんさっきから同じポケモンしか使ってないじゃ→ん!」

真美「仲間を潰しちゃ意味無いよ→」

響「ぷ、プロデューサー!あぁ!三体目もベロベルトだぞー!」

P「ぶわはははwwwほらぁだいばくはつじゃあ!」

響「わー!」


265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:49:00.88 ID:FOdpIzsk0

女の子相手にだらしねぇな

響を後ろから抱きしめてあげたい


266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:49:49.58 ID:UBcjJX5k0

MAX酔いしてる…?


269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:51:54.84 ID:0reWuJA80


P「……」

響「もうポケモンはやめるぞ」

亜美「えーなんでなんでー?」

響「プロデューサー、自分の足引っ張ってばっかだぞ」

P「うぐ…」

真美「兄ちゃん弱いもんねー」

P「はあぁう…」

響「だから次は他の物で遊ぶさー!」

P「…俺、頭冷やしてくる」

真美「行ってらっしゃーい!」


272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:53:49.07 ID:0reWuJA80


P「はぁ…情けない」

P「餓鬼相手にゲームする事自体恥ずかしい行為なのに」

P「……ボロ負け」

P「ははは」


P「死にたい」


P「……ん?」

P「真…」


274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:56:48.44 ID:0reWuJA80


真「はぁはぁ……」

真「っぐ!」グググ

ダンッ!

シュババッザッザザッ!!

P「相変わらず半端じゃないな」

真「ぷ、プロデューサー!?」

P「まぁ練習なら良いんだけどさ…」

P「あんま人に見せる物じゃないと思うぞ」

真「あっ、すみません」

P「まぁ別に良いけどさ」

真「ボク、もっと強くなりたいんです」


275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:58:25.21 ID:UBcjJX5k0

アイドルの抱く願望かそれがw


276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 02:59:52.57 ID:0reWuJA80


P「歌が上手くなりたいとかじゃなくて強いなりたいって……」

P「お前アイドルだろ」

真「はい、だけど…」

P「あー、アレか?春香か?」

真「はい」

真「東京ドームが爆発して…少しして火柱が上がりました」

P「(車…)」

真「多分、春香は死んでません」

P「まぁ、あいつがアレで死ぬ筈ないからな」

真「もう誰も…」

真「死なせたくないから……」


277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:00:42.08 ID:2we5eNPp0

誰も死んでないって…


280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:02:12.67 ID:OQr7H8Oh0

>>277
車が死んだだろ
忘れんな


281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:02:38.20 ID:0reWuJA80


P「で、対春香に備えて練習ねぇ」

真「……だけど」

P「ん?」

真「幾ら動きを良くしても…」

真「逆に……強くなればなる程」

真「春香が遠くに感じて来て…」

P「まっ、あいつはキチガイじみてるからなぁ」

真「この練習も…効果有るのか無いのか分からなくて」

P「はぁ」


282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:03:01.60 ID:9rjwKidj0

車さん…のヮ;


283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:07:14.49 ID:0reWuJA80


P「……動く事なら誰にでも出来る」

真「はい?」

P「けどな…動かす事は容易じゃない」

真「ぷ、プロデューサー?」

P「お前は動けるんだ」

P「どんな無理な体制でも、どんな無理な動きでも」

P「……あとは動かすだけだ」

真「あ、あの…」

P「真に必要なのは動く事じゃなくて」

P「お前を動かす奴が必要なんだよ」

真「…」

P「じゃあ俺は散歩してくるわ」


285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:07:45.21 ID:UBcjJX5k0

この流れになるとむしろ安心するのは何故


286: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2011/10/11(火) 03:09:40.41 ID:yu37JlHUO

貴音とタッグか


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:11:14.04 ID:0reWuJA80


真「動く……ボクが」

真「動かす…ボクを?」

真「ボクは動ける」

真「動かせば…動く」

真「無理な動き……」


真「……そうか!」

真「これなら!この方法なら!」


289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:12:31.93 ID:OIMHkTvk0

指示 貴音
攻撃 真
防御 千早

あれ?いけるんじゃね?


290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:13:24.90 ID:0reWuJA80


P「さってと、誰かに会いたいな~っと」

P「うーん」スタスタ

P「……」


P「居ましたー!見つけましたー!」

P「おーい!」


P「涼ちーん!」


291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:15:59.41 ID:9rjwKidj0

お○○○さん


292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:18:53.19 ID:0reWuJA80


愛「あー!変態さん!!」

P「……」

涼「僕達も今休憩なんです」

P「おい愛、なんだよ変態って」

愛「涼さんにいつもちょっかいかけて困らせてるじゃないですか!」

P「だからってなんで変態なんだよあ!?」

愛「あっ!なんでも脅せば済むと思ってる!」

涼「愛ちゃん、落ち着いて」

愛「涼さんもそんなんだから何時もちょっかい出されるんですよ!」

P「つーか声デカイんだよ馬鹿」

愛「あー!馬鹿って言った!」


294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:25:27.21 ID:0reWuJA80


P「涼、こいつ無視していい?」

涼「あはは…は、はい」

愛「涼さん!?」

P「休憩って……アレは?」

涼「あぁ、絵理ちゃんですか」

P「うん、絵理ちゃん」

愛「絵理さんを絵理ちゃんって呼ばないでください!」

涼「絵理ちゃんは今トイレに」

愛「涼さん!なんで無視するんですか!」

P「あーそっかぁ、まっ、いつか会えるだろ」

愛「絵理さんは変態さんに会いたがる筈無いです!」

P「じゃあまたな」

涼「はい、じゃあまた」

愛「……」


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:29:25.54 ID:0reWuJA80


P「……うわ」

P「今一番会いたく無い人に出会ってしまった…」

小鳥「ぴよぴよ」

P「あの、俺…」

小鳥「…」スッ

P「…」

『SEX』

P「あれ?膣無い射精とかじゃないのか?」

小鳥「ぴよぴよ」

P「…ま、まぁそれなら良いけどさ」

小鳥「ぴへへww」


299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:29:48.17 ID:OIMHkTvk0

俺もあずささんを呼び捨てにしたい


302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:35:13.96 ID:0reWuJA80

小鳥「ありがとうございました」

P「おいババア」

小鳥「なんですかー」

P「いやいやいや、待て」

小鳥「もー」

P「なに当たり前の様に帰ろうとしてるんだ」

P「顔にかけた俺が悪いの?」

小鳥「そんな訳無いですよー」

P「……お願いします」

P「顔拭いてください…」

小鳥「…」スッ

P「…」

『膣内射精+ピル無し』




ピヨー♡


305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:37:20.50 ID:czFlCfyfO

小鳥というか犬みてぇに盛ってやがるな


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:38:34.76 ID:0reWuJA80


P「……もうやだ」

P「あのババア恐いよ…」

P「とりあえずあいつと同じ部屋じゃないのが救いだな」

P「…」


P「ありゃりゃ、お姫様はっけーん」


307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:39:28.52 ID:FOdpIzsk0

イメージが鳥だからまだ優しい目で見れる

ピヨー?


308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:42:06.54 ID:0reWuJA80


伊織「…うっわ、最悪」

P「は?あ?」

伊織「せっかくの休み時間にアンタなんかと出会うなんて…」

P「…」

伊織「…な、なによ」

P「いや、さっきはありがと」

伊織「はぁ?私、アンタに何かしたの」

P「俺じゃねーよ」

伊織「だ、だったら」

P「やよいだよ、やよい」


314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:47:14.66 ID:0reWuJA80


伊織「アンタ、見てたんだ」

P「まぁ…一応」

伊織「変態」

P「んなっ!?」

伊織「どうせ盗み聞きでしょ?」

P「……はい」

伊織「だったら変態じゃない」

P「はい、そうです…」

伊織「……」

伊織「アンタは」

P「へ?」

伊織「あ、アンタは変な所甘いのよ!だから何時までも甘えたくなるの!!」

P「はい?言ってる意味がわか

伊織「やよいはアンタが甘やかした結果でしょ!?」

P「な、なにいってんだよ」


316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 03:53:18.19 ID:0reWuJA80


伊織「やよいだってね!ほんとはアンタにガツンと言ってほしいのよ!」

伊織「だ、だけどアンタが適当に流すからやよいだって適当になるの!」

P「おい、なにやよいの悪口言ってんだよ、やよいはやよいなりに頑張って

伊織「そーよ!やよいはやよいなりに頑張ってるわよ!」

伊織「だけどね!やよいにだって限界があるの…」

伊織「そんな時、アンタに頼りたくても……アンタは」

P「い、伊織…」

伊織「す、少しは相手の気持ちを理解出来る様に努力しなさいよ!!」

伊織「甘やかすだけで伸びるなら誰だってトップアイドルになれるの!!」


318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 04:00:05.66 ID:0reWuJA80


伊織「アンタが真剣に取り組んだ結果が美希達でしょ?」

P「…あぁ、そうだな」

伊織「なら、なら!」

伊織「なんで他の子達にも真剣に取り組んであげようとしないのよ……」

伊織「美希達の伸びは本当に凄かった…」

伊織「私達も負けてられないって思わされた……」

伊織「……あんたは律子と違って周りが見えるんだから…」

伊織「…見てあげなさいよ」

P「伊織…」

伊織「真達、何時になったら私達に追いつけるの」

P「は?」

伊織「シスターズだけじゃもの足りないのよ…」

伊織「早く、早く真達も私達のライバルに育てて見なさいよ……ばか」


320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 04:03:49.89 ID:0reWuJA80


P「…」

伊織「はぁ…なんか馬鹿みたい」

伊織「私だけ熱くなっちゃって」

伊織「じゃあね、また

ギュウ

伊織「んなっはっ!?」

P「……」

伊織「は、離しなさいよ!ば、ばか!」

P「あんがとな、伊織」

伊織「なっ…」

P「確かに……俺真剣に取り組ん出なかったのかもしれない」

P「正直、美希達が成功して天狗になってた」

P「……やよい達にも全然構ってやれなかった」



322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 04:08:11.22 ID:0reWuJA80


伊織「わ、分かったなら早く離しなさいよ…」

P「んあ、悪い」

伊織「……で、どうすんの」

P「とりあえず」

P「今はこのロケを成功させる」

P「皆でな」

伊織「…ふん、じゃあ私行くから」

P「ありがと」

伊織「ば、ばーか!」スタスタ



伊織「…私にも」

伊織「結局本気で当たってこなかったじゃない」


324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 04:12:22.04 ID:0reWuJA80


P「……はぁ」

P「本気で……ね」

P「そういや伊織に喝いれた事あったっけ?」

P「入れられる事なら何回もあったけど」

P「……」

P「伊織は俺に本気でぶつかって来てるのに俺は…」

P「あはは……なにしんみりしてんだろ」

P「部屋に戻るかな」


357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 07:38:52.76 ID:uNDCJt/E0

Pは小鳥さんで卒業したのか…黒歴史だな


386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 11:00:57.90 ID:GMXeAgGZ0

俺のとこでは缶しか見ないなMAXコーヒー…

ちなみに笑ってはいけないは倒産の人が書いてるってさ


388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 11:20:13.48 ID:nPtCwBPeI

倒産の人ってまじか
作風違いすぎだろw



395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 11:45:55.15 ID:JXhEnAkk0


P「……」

P「あの」

あずさ「はい?」

P「いや、は、はいじゃないですよ」

P「ここ、美希達の部屋の前ですよね」

あずさ「道に迷ってしまって…」

P「あはは…ひ、広いっすもんねここ」

あずさ「はい、何時の間にかここに着いてしまっ

P「あー!わかりました!俺が送りますから」

あずさ「ありがとうございます、プロデューサーさん」


396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 11:50:11.64 ID:JXhEnAkk0


P「…」スタスタ

あずさ「あのぉ、プロデューサーさん」

P「っ、は、はい?」

あずさ「ずっと思ってた事があるんです」

P「はぁ…な、なんすか」

あずさ「プロデューサーさんは、私の事が嫌い…なんですか?」

P「うぇっ!?きゅ、急になんすかあずささん」

あずさ「……その、私だけ」

あずさ「何故さん付けで呼ぶのかなぁって」

P「へ?」

あずさ「いえ…伊織ちゃん達には呼び捨て
で呼ぶのに、なんでかなーって」

P「あぁ…なはは…っは」


398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 11:54:08.99 ID:JXhEnAkk0


P「だ、だって俺とあずささんって一個違いですよ?」

あずさ「…」

P「そ、それになんつーか…えっと……そ、その」

あずさ「その喋り方…」

P「はひゃい!?」

あずさ「私にだけ敬語……」

P「そ、そりゃ俺とあずささんは歳がちか

あずさ「プロデューサーさんの方が上ですよね?」

P「うぅ…た、確かに」

あずさ「……プロデューサーさん」

P「は、はい」


399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 11:57:51.98 ID:JXhEnAkk0


あずさ「私」

P「…はい」

あずさ「そんなに老けて見えますかぁ…」

P「へ?」

あずさ「だって…私が年寄りみたいだから敬語で話すんですよね?」

P「ちちち、違う!違いますって!」

あずさ「でしたら…な、なんでですか?…」

P「ぇ」

あずさ「私の事が嫌いでも無い……な、ならもう理由がこれしか…」

P「…あぁ」

言えNEEE!

言える訳NEEEEEYO!

P「あ、あ、あ、」

P「あ……ずさ」


401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:02:33.75 ID:JXhEnAkk0

P「……あ、あ……あずっさ!」

あずさ「プロデューサーさん?」

P「あ…ずっさ」

P「あずさ!」

あずさ「は、はい!」ビク

P「……こ、これでっ…い、いいか?」

P「あずさ…」

あずさ「プロデューサーさん…」

P「ほ、ほらっ、案内してっ…やるから」

P「お…俺に着いてこい」

あずさ「はい、わかりました」

あずさ「プロデューサーさん」


美希「ねぇ千早さん」

千早「……なにかしら」

美希「あずささんって…考えてない様で実はすっごく考えてる気がするの」


402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:02:48.09 ID:K4YArNJoP

ACにはあずささんのほうが年上らしき描写があった
たしか公式に否定されたけど


404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:05:08.87 ID:JXhEnAkk0


千早「えぇ、私もそう思う」

美希「千早さん」

千早「なにかしら」

美希「……8なの」

千早「…9」

美希「10なのー!」

千早「ダウト」

美希「!?」

『3』

千早「美希、あなたほんと分かりやすいわよ」

美希「なんでなの…」


405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:08:00.87 ID:hY+vplv50

なぜかさん付けで読んでしまう名前


406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:09:50.14 ID:JXhEnAkk0


P「じゃあ俺は自分の部屋に戻るんで」

あずさ「ありがとうございました」

P「あはは、あずささん、後でまた

あずさ「プロデューサーさん」

P「ぅっぐ…」

あずさ「…」

P「じゃ、じゃああずさ、また後で会おうな…」

あずさ「はい」

P「じゃっ」スタスタ


P「…はぁ」

P「確かに、なんでなんだろうねぇ」

P「やっぱアレかな、一番最初の人だからなのかな」

P「うーん……」

P「むむむ」


407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:12:39.10 ID:GMXeAgGZ0

今まであずささん興味なかったけど可愛いな


408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:13:13.75 ID:JXhEnAkk0


P「おーす!」

美希「あっ、ハニー!」

P「なんだ美希…トランプなんか持って」

P「しかも一人で大量に」

千早「私と一緒にダウトを」

P「あははは…で、その手札の数…と」

美希「ハニーも一緒にやろうなのー!」

P「まっ、響達の方に行ってもやること無いしなぁ」

P「良いよ、俺もいれてくれ」

美希「もちろんなの」

千早「……プロデューサー」

P「はい?」

千早「賭けを…しませんか」


410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:17:37.49 ID:JXhEnAkk0


P「賭け?」

千早「私達……美希と私が勝ったら」

P「か、勝ったら」

千早「…」

美希「千早さん?」

千早「な」

P「NA?」

千早「なんでも、一つずつ願いを叶えてくれるってのは」

P「HA?」

美希「そ、それ賛成なの!」

P「HE?」

千早「……ダメですか」

P「Why?」


412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:21:41.89 ID:JXhEnAkk0


美希「ハニー!」

P「He cannot understand your idea.」

千早「プロデューサー、とぼけても無駄です」

P「……」

美希「ハニー!!」

P「お前は黙ってろ」

美希「ハニー…」

千早「やりますか?」

P「……要は勝てば良いんだよな」

千早「はい、私達二人に」

P「…」

P「よし、のった」

美希「ハニー!」

千早「ありがとうございます」


413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:24:24.60 ID:JXhEnAkk0


P「……1」

美希「…2なの」

千早「3」

P「……ふぅ」

美希「!?」

P「…よ、4」

美希「ダウトなのー!」

『4』

美希「え…」

P「ぶぅわーか」

美希「ひ、卑怯なの!」

P「騙される美希が悪いんだよ」

P「ほら、早くとれよ」

美希「……」


414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:26:07.10 ID:VDXtlYRc0

Pはダウト強そう


415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:27:32.74 ID:JXhEnAkk0


美希「1」

千早「2」

P「3」

美希「4」

千早「……」

千早「5」

美希「ダウトなのー!」

『5』

美希「……」

P「千早」

千早「はい」

P「さっきなんで美希の手札が圧倒的に多かったか分かった気がする」

美希「うぅ…」

美希「あ!ハニーのこれ3じゃないの!」

P「当たり前だろ」


417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:33:12.09 ID:JXhEnAkk0


P「…8」

美希「9なのー!」

二人「ダウト」

美希「…」

『4』

美希「…つまんないの」

P「美希、お前弱すぎ」

美希「ハニー…」

千早「…(手札は私の方が少ない)」

千早「 (このままいけば勝てる)」

P「まっ、実質俺と千早の一騎打ちみたいなもんだな」

千早「はい…」

美希「……」

美希「1なのー!」

二人「ダウト」


419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:36:03.20 ID:JXhEnAkk0


P「あばばばばばば」

千早「プロデューサーに…」

千早「勝った」

P「ふへ…」

美希「やったのー!ハニーに勝ったのー!!」

P「お前は黙ってろ」

美希「ハニー…」

千早「プロデューサー」

P「はい…」

千早「約束です」

P「……はい」

美希「ミキはハニーと一緒にお風呂に入りたいの!」

P「混浴…」

美希「うん!」

P「…」


423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:40:14.55 ID:JXhEnAkk0

P「む、無理だ」

美希「ハニー!?」

P「当たり前だろ!ロケ中に混浴なんてばれてみろ!?」

P「シスターズ解散どころか下手したら765プロ潰れちまうっての!!」

美希「ハニー…」

P「他のにしろ」

美希「そんなのってないの…」

千早「…」

P「で、千早のは何が良いんだ」

千早「今は言えません」

千早「後で言います…」

P「んあ…あ、あぁ」

美希「じゃあミキ、ハニーと一緒の布団で寝た

P「死ね」

美希「ハニー…」


425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:44:47.57 ID:JXhEnAkk0


ガチャ

律子「はーい、そろそろ準備してくださいねーシスターズの皆」

律子「……って」

律子「あれ?響は?」

P「あ、響なら別の部屋に居る」

律子「はぁ、今から食事の撮影なんで」

美希「あのう…律子、さん」

律子「ん?どうしたの美希」

美希「それって、美希達と…」

P「あぁ、765プロ全員だぞ」

美希「もしかして…は、ハニーは」

律子「私達はテレビに出ないからね、食事は別」

美希「…」


427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:47:31.62 ID:JXhEnAkk0


P「じゃあ俺、響達連れてくる」

律子「あ、じゃあ私達は先に行ってますね」

P「おう、じゃあまた」

律子「はい」

美希「……」

千早「美希」

美希「…なんなの」

千早「今は……仕事の事だけ考えましょ」

美希「千早さん…」

千早「分かった?」

美希「うん…わかったの」


428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:50:31.37 ID:K4YArNJoP

この手の二次創作でPの一番近くに居るのって大抵律子だよね
メインヒロインには絶対ならないけど


432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:54:05.26 ID:JXhEnAkk0


ガララララ

P「おーい、食事だぞー」

亜美「はーい!」

雪歩「プロデューサー」

P「ん?」

雪歩「真ちゃんがまだ居ません」

P「あっ、なら差がしてくる」



響「ふいうちだぞ」カチカチ

真美「あー!カイオーガがぁ」カチカチ

響「しおふけば良いってもんじゃないさー」カチカチ

真美「うー!まだまだー!」


434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:56:56.85 ID:JXhEnAkk0


~外~

P「っとぉ、」

P「真ー!」

ミシミシミシミシッ

P「へ?」

バキャギャギャ

P「……あっりゃー」

ズウウゥウウン

…………

P「アスファルトの壁が…」

真「はあぁ…」

P「ま、真」

真「あっ、プロデューサー」


436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 12:59:41.73 ID:JXhEnAkk0


P「…なぁ真」

真「はい?」

P「もう一度聞くけどな」

P「お前、アイドルだよな」

真「もー、何言ってるんですかぁ」

P「あははは……悪い」

真「あっ!プロデューサー」

P「…なに?」

真「ボク、プロデューサーのおかげで掴めました!」

真「新しい力、手に入れました!!」

P「……真、もう一度聞くがお前は

真「アイドルです!!」

P「…」


437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:00:34.32 ID:my2+OpfD0

やはり真の牙は春香にも届き得たか


439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:03:11.97 ID:JXhEnAkk0


男「はーい、じゃあ765プロの皆さん、よろしくねぇ」

雪歩「よっ、よろしくお願いしまっ」

真「雪歩、なにも噛まなくても」

亜美「真美と仕事でご飯なんて初めてじゃない?!」

真美「んっふっふ~そうですなぁ」

貴音「プロデューサー」

P「はい?」

貴音「プロデューサーは、わたくし達とは」

P「あははは、わ、悪いな貴音」

貴音「…そうですか」

P「うぅ、そんな顔すんなって」

貴音「…はい」


440: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:05:24.57 ID:JXhEnAkk0


P「はぁ」

律子「プロデューサー」

P「なんすか律子殿」

律子「今更かも知れないんですけど」

P「んだよ、ハッキリ言え」

律子「……」

律子「小鳥さんは」

P「……」

P「あ」


442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:07:39.66 ID:JXhEnAkk0


小鳥「ぴよぴよ…」

小鳥「プロデューサーさんに電話してるのに繋がらない……」

小鳥「…」カチカチ

~♪

おかけになった電話は、現在電波の届かない所にあ

プツッ

小鳥「ぴよ…」


443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:10:56.61 ID:my2+OpfD0

性欲BBA逝ったな


444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:11:13.46 ID:JXhEnAkk0


亜美「いっただっきまーす!」

やよい「うっうー!」

伊織「ちょっと、少しは遠慮しなさいよ!」

あずさ「伊織ちゃん、今は良いんじゃないかしら?」

伊織「あ、あずさまで…」

あずさ「うふふ、いただきます」

伊織「…ふん」

響「すっごく美味しいぞー!」

千早「…本当、美味しい」

美希「…(ここは我慢なの…我慢我慢)」モグモグ

美希「!」

美希「お、おいしいの!すっごく美味しいのー!」


445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:14:51.24 ID:JXhEnAkk0


律子「へぇ、あの担当者にそんな事を」

P「あぁ、食事の所、台本は無しにしてもらった」

P「皆まだ若いんだ、だから堅っ苦しい事なんか無くしてさ」

律子「ありのままを……出す、ですか」

P「そういう事、ほら、その方が自然で良い絵が撮れるだろ?」

律子「私はプロデューサーですからその辺はよく分かりません」

P「そこは分からなくても頷くもんなの!」

律子「えー」

P「ぐぎぎぎぎ、眼鏡かち割るぞ」

律子「社長に言いますから」

P「ぐにににに」


447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:18:20.21 ID:JXhEnAkk0


~その頃~

ヒュオォオオ

春香「…寒いなぁ」

春香「ここ何処だろ?雪降ってるけど」キョロキョロ

春香「うーん」

……

春香「ふふ…おいでよ」

熊「…」

野犬「ぐるるる」

春香「……あはっ☆」






春香「おはよう晩ご飯」


449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:20:22.23 ID:9rjwKidj0

犬食


451: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:22:07.28 ID:um9RlEnc0

野性に目覚めた春香さんは一味違うな


452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:22:47.46 ID:JXhEnAkk0


…………


春香「うーん、犬の肉って硬いなぁ」

グチュッグッチュ

春香「まぁ生だから仕方ないかなぁ」

春香「っぺ!」

ビチャ

春香「次は熊さんだね」

春香「さすがに生はもう嫌だなぁ」

のヮの「……」

ボボォオ

のヮの「ふ、自然発火もだいぶコントロール出来る様になった」

春香「早く焼けないかな~☆」


453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:25:16.34 ID:QSDHPag80

マルチスキルwww


454: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:26:00.68 ID:9R7H9via0

もうやだこの化物


455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:27:14.05 ID:9rjwKidj0

ミュータントのヮの(原題)


456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:32:01.64 ID:JXhEnAkk0


ヒュオォオオ .。.:*・゜゚・*

春香「はー美味しかった」

春香「う"ぅ」

春香「やっぱり寒いよ…」

春香「うむむむ!」

春香「えい!」


ブホォオオオ!

のヮの「とりあえず10km圏内の雪は消去させてもらったぞ……」

春香「……うん」

春香「雪が有るか無いかだけでこんなに違うんだぁ!」

春香「らんらん♪」


457: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:35:24.67 ID:JXhEnAkk0


P「…」グルルル

律子「あっはっは、凄い音ですね」

P「スタッフの人って凄いよなぁ」

律子「まぁ彼等は全てが終わって初めてご飯ですからね」

P「だから俺、長期ロケって嫌いなんだよ」

律子「我慢してください」

P「律子は腹減らないのか?」

律子「…」

グー

律子「あ、あははは…」

P「…わふー」

律子「!」


458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:35:36.59 ID:D3J69wAI0

そういえば鳥は虫を食べるよね

たとえばカブトムシとか……ぴよぴよ


459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:37:19.60 ID:9rjwKidj0

熊の皮を被るのかと思ったら、雪を消しただと


461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:40:42.39 ID:JXhEnAkk0


P「そういえば律子」

律子「な…なんですか」

P「涼が来てるぞ、この旅館に」

律子「へー……」


律子「えぇ!?」

律子「りょ、涼がですか!?」

P「あれ?知らなかったのか」

律子「今知りました…」

P「もちろん女装してたけど」

律子「当たり前です!涼は女装の方が似合うですから!」

P「女装の方がって…」

律子「後で会いに行きましょう!」

P「えぇ…」


465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:50:29.88 ID:JXhEnAkk0

ごめんね昼ご飯

正直春香が分からなくてきました…


466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:51:17.32 ID:t9FlMGV10

おら、俺のカブトムシ食わしてやるよ


467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 13:53:20.11 ID:6VoU+GoR0

いつになったら春香倒せるんだよwwww


475: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 14:11:55.31 ID:JXhEnAkk0


亜美「美味しかったねやよいっち!」

やよい「うっうー!」

響「やっぱり皆と食べた方が美味しいさー」

伊織「で、次はなんなの?」

P「えっとな…」

律子「お風呂ね」

真美「お風呂?やったー!」

真「やっと汗を流せるよ…」

雪歩「よかったね、真ちゃん」

貴音「お風呂…ですか」

あずさ「皆とお風呂だなんて~初めてですね」


千早「…(遂に来てしまった)」

千早「……くっ」


479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 14:14:31.74 ID:JXhEnAkk0


美希「ハニー!」

P「ん?なんだ美希」

美希「ハニーは後で入るんだよね?」

P「……さっきも言ったろ」

美希「で、でも収録はコレで終わりなの」

P「ま、まぁ今日はな」

美希「だ、だったら!」

P「早く入ってこい」

美希「ハニー…」

P「ほら、早く行けっての」

美希「う、うん…」


480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 14:18:51.69 ID:JXhEnAkk0


~脱衣所~

千早「……」

貴音「どうしたのですか?」

千早「…いえ、なんでも」

貴音「?」

亜美「お姫ちんすっご→い!」

真美「あずさお姉ちゃんに負けて無いよ→」

貴音「双海亜美、双海真美、ありがとうございます」

真美「お姫ちんに褒められた→」

亜美「褒められた褒められた→」

響「おぉ!相変わらず美希は凄いぞ」

美希「…」ジー

響「ん?どうしたんだ美希?」

美希「響…また大きくなってるの」

響「へ?」


490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 14:28:41.03 ID:JXhEnAkk0


男「じゃあ本日はーお疲れさんっす!」

お疲れ様でーす!!

P「はぁ、やっと終わった」

律子「後は女性スタッフが入浴シーンを撮って終わりですね」

P「ったく、あと三日も有るんだろ?ストレスでハゲあがりそう…」

律子「あはは、見てみたいですね、プロデューサーの坊主姿」

P「まっ、俺は坊主でもかっこ良いけどな~」

律子「あはは、言いますね」

P「…じゃあ本日はお疲れさん」

律子「お疲れ様です」


491: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 14:31:01.06 ID:JXhEnAkk0


~その頃~

小鳥「……ぴよ」

小鳥「…」

小鳥「……」カチカチ

~♪

おかけになった電話は電波のとどか

プツッ

小鳥「ぴよ…」


小鳥「ぴよー!!嫌ですよー!!!」

小鳥「私もプロデューサーさんと一緒にご飯食べたいですよー!!!」


~♪


493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 14:33:46.03 ID:JXhEnAkk0


小鳥「?!!」ピッ

小鳥「プロプロプロプロデューサーさん!!」

P『お前今何処なんだよ』

小鳥「な、なんで着信拒否してたんですかー!!!」

P『だから今何処だよ』

小鳥「おっ、教えたらなんなんですか!?」

P『いや…その』

小鳥「もうプロデューサーさんの顔なんてみたくありません!!!」

プツッ

小鳥「ふん!!プロデューサーさんのばか!」


496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 14:36:49.50 ID:9rjwKidj0

拗ねBBA


498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 14:38:15.56 ID:JXhEnAkk0


小鳥「……」

小鳥「…」カチカチ

~♪

P『…なんですか』

小鳥「おっきな木がある公園です!」

P『は?』

小鳥「おっきな木がある公園です!!」

P『い、意味がわから

プツッ

小鳥「……」

小鳥「ぴよぴよ」グー


499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 14:40:27.43 ID:JXhEnAkk0


P「…」

律子「どうしたんですか?」

P「律子、先食べてて良いぞ」

律子「はい?」

P「……おっきなお荷物を取りにいってくる」

律子「あっ…はい」

P「それじゃまた後で」

律子「いってらっしゃーい」


500: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 14:43:03.04 ID:JXhEnAkk0


~公園~

小鳥「ぴよよ……」グギュルルル

小鳥「財布…旅館に置いて来たままぴよ」

小鳥「……帰り道が分からなくなったぴよ」グー

小鳥「あはは、私ここで死ぬんだぁ…」

小鳥「どうせならプロデューサーさんの子供産みたかったなぁ」グギュルルル

小鳥「あぁ……未来が見えるぴよ……」

小鳥「……」

……


503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 14:48:26.60 ID:JXhEnAkk0


小鳥「プロデューサーさん!」

P「なんだい小鳥」

小鳥「私、もう一人子供が欲しいです」

P「HAHAHA!小鳥はせっかちだなぁ」

P「先月産んだばっかだろう」

小鳥「プロデューサーさん…」

P「AHAHAHA!ベッドに行こうか☆」

小鳥「はい!」



ピヨ♡ピピッ♡ピーヨー♡♡♡


506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 14:51:15.76 ID:JXhEnAkk0


小鳥「ぴへっ…ぁっ…」ビクン

P「小鳥……」

小鳥「プロデューサーさあぁん」




ピ━━━♡





小鳥「あっ…ぷ、ぷろ…」ビクンッビクン

P「AHAHAHA」



ピヨ━━━━━━♡


507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 14:54:34.68 ID:JXhEnAkk0


P「……」

小鳥「ぴへへwww」

P「なに気持ち悪い顔晒して寝てんだこのババアは」

小鳥「ぷっ、プロデューサーしゃん♡♡」

P「おい、起きろ!」

小鳥「ピヨっ♡しょ、しょこはダメピヨw」

P「….」



508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 14:58:34.33 ID:9rjwKidj0

幸せそうだし放っておけよ


511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:00:12.88 ID:JXhEnAkk0


P「ただいま」

律子「あ、お帰りなさい」

P「って、まだ食べてなかったのか…」

律子「そりゃあそうですよぉ、一人で食べても美味しく無いですし」

P「へえぇ」

律子「な、なに見てるんですか……」

P「いや、なんでも」

律子「……小鳥さんは」

小鳥「居ますよ!!」



514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:05:11.73 ID:JXhEnAkk0


千早「……」

亜美「あれ?千早お姉ちゃんは入らないの?」

千早「いえ…は、入るわ」

真美「だったらなんで脱がないの→?」

千早「…(私はこの子達にすら劣ってるのね)」

響「千早ー、早く入るぞー!」

千早「我那覇さんは黙ってて」

響「ゔぅ」

美希「響、ミキと一緒にいくの」

響「う、うん!」

亜美「亜美達も先にいってるね?」

千早「えぇ…」



千早「か、かえりたい…」


518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:11:22.20 ID:JXhEnAkk0


伊織「…さっさと撮影を終わらせようと思ったのに」

亜美「やよいっち→!」

真美「ダ→イブ」

ザパーン

やよい「うっうー、びっくりしましたー」

美希「やっぱり響、大きくなってるの」

響「んぁ!?ど、どこ触ってるさー!?」

あずさ「気持ち良いですね」

貴音「えぇ…とても」

雪歩「真ちゃん、背中流すよ」

真「い、いいって」

雪歩「ダメだよぉ、真ちゃん」

真「雪歩…」


520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:15:08.26 ID:JXhEnAkk0


千早「…」スタスタ

伊織「あっ、千早」

千早「…」

伊織「皆になんとか言ってよ…コレじゃあ収録が何時までたっても終わらないじゃない」

千早「えぇ、任せて」

伊織「千早?」


千早「すううぅー………」







千早「インフェルノー」



521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:18:27.82 ID:t9FlMGV10

インフェルノー


522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:19:07.15 ID:Zf7WYlLC0

インフェルノー


523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:20:04.44 ID:JXhEnAkk0


ノー

春香「……ん?」

ェルノー

春香「この声は」

春香「……」

のヮの「見つけたぞ」

のヮの「奴らを……」

春香「千早ちゃんを」


シュッ


524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:21:22.72 ID:JXhEnAkk0


~旅館~

シュタ

春香「……」

春香「あははは、皆の臭いがする…」

春香「ここだぁ…」


春香「やったぁ…」

春香「み"づげだあぁあ"」


526: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:22:46.05 ID:JXhEnAkk0


~温泉~

真「……」

雪歩「真ちゃん?」

真「…きた」

雪歩「へ?」

真「いかなきゃ」

雪歩「ま、真ちゃん?」


真「……」

真「行ってきます」



527: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:24:07.28 ID:uWM52QDgO

インフェルノ-のせいでハジマルのか


528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:24:32.62 ID:l7aDrIk20

千早だけでなく伊織や真も無いほうだろ…なんで千早ばっかり


529: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:25:36.63 ID:JXhEnAkk0


春香「あはっ…さっそくいこ

フッ

春香「……え?」


春香の右腕「…」

春香「あれれ?なんで?」

シュッ

春香「いた」

春香の左腕「…」

春香「……いたいなぁ」


春香「ていうか……」

春香「生きてたんだぁ」


春香「まごどおぉ"お」

真「…春香」


533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:29:25.59 ID:JXhEnAkk0


春香「あはは、挨拶かわりに両腕飛ばすアイドルって多分真くらいだよぉ」

真「…」

春香「まっ、痛く無いんだけどねえぇ"」

右腕「…」カサカサカサカサカサ

真「!?」

左腕「…」カサカサカサ

メキィバギャッギュギュグジュ


真「…」

春香「あはは、無駄だよ~」

春香「いくら飛ばしたってさぁ」


535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:30:58.20 ID:t9FlMGV10

本編がはじまる


536: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:32:12.33 ID:JXhEnAkk0


春香「私はしな

フッ

真「…」

春香の顔「…あれ?」

春香の身体「…」ピクピク

真「春香、ボクはもう手加減しない」

真「いや…もう出来ない」

春香の顔「あははっ、さすが真♪」


春香の顔「でもね」

バキッグチャグキッバリバルバリ


春香「何度でも治るから意味無いよぉお"」



537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:33:37.77 ID:9rjwKidj0

能力バトル物かと思ってたらただのホラーだった


539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:35:44.89 ID:JXhEnAkk0


春香「………」


春香「みぎうでえぇ"え」

真「え?」

ボホォオ

真「っぐ!?」

春香「あははは、燃えてる!真の右腕が燃えてる!!」


真「があぁ!?」

春香「ふふへ……」


春香「ひだりあしぃ」

ボッフォオ

真「があっ!?」


540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:38:37.22 ID:5WxhCy5h0

真・・・


541: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:40:49.75 ID:qaEOH5cS0

人外度合いが跳ね上がってる気がするんだけども


542: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:41:59.10 ID:JXhEnAkk0


真「っ!?(な、なんださっきから…)」


春香「つぎはあぁ」

真「…(春香の言った箇所から突然炎が…だ、だったら)」

春香「…ひだりう

真「春香の視界から消えれば!」

春香「…えへ☆」


ボオォオ

真「ぐがあぇ"あ"!??」

春香「えへへ、別に視界は関係無いんだぁ」

春香「私の頭で真をイメージしてね、燃やしたい箇所を念じるだけで良いんだよ?」

真「っはぁ……っぐ…」


春香「もう燃やすのも飽きたし…」

のヮの「殺しに行くぞ」


543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:43:58.34 ID:s6vuo9C40

チートw


544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:46:18.52 ID:JXhEnAkk0


真「…あ、あはは」

のヮの「何がおかしい」

真「春香のそれ……」

真「ただ力込めて殴るだけだよね」

のヮの「……」

真「だけどその状態だとさ、ボクなんかよりずっと疾いんだもん」

のヮの「当たり前だ…私を舐めるな」

真「ずるいよね…」

真「ボクの全てを否定されちゃったんだもん」


546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:49:57.46 ID:JXhEnAkk0


のヮの「……ん?」

真「悔しかったなぁ」


真「ボクがアレだけ頑張った成果を…」

真「春香が一瞬で追い抜くんだもん」

真「……許せないよねぇ」

真「自分が……許せないよ」

のヮの「…(なんだ、さっきまでとは明らかに空気が違う)」

真「だからさぁ……」

真「みせたげる…」


552: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 15:59:55.63 ID:JXhEnAkk0


プロデューサーに言われた…

ボクは動ける……だけど動けないんだ

のヮの「何を言っている」

人間はね…どうやったって無理な動きがある…

関節というギブスが有るから…

のヮの「真……お前も人を捨てるか」

ボクにはそんな事できないよ

のヮの「ならどうやってそのギブスを外す」


553: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:03:52.70 ID:KDS1A3Bm0

もうジャンプで連載しろよwww


557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:10:23.21 ID:JXhEnAkk0


ボクに必要なのは…

ボクを動かす者

のヮの「……ふ、貴音か」

のヮの「奴の能力ならなんでも出来る様になるな」

のヮの「しかし貴音は戦闘経験が浅すぎる…いくら指示は出せても私についてこれる筈が無いだろぅ…」

そうだよ…

のヮの「…ではどうするというのだ」


560: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:16:21.25 ID:JXhEnAkk0


……ボクは踊るのが好きだ

パキパキパキパキ

のヮの「……ほう、それが答えか」

だからさ…春香

パキパキパキパキ

のヮの「自らを傀儡に操らせる…」

のヮの「それがお前の能力か」


真「…貴音さんを参考にしたよ」

真「この人形はね、僕の脳から出る信号を直接受け取る事が出来るんだよ」

真「人間はね、どうがんばっても超えられない壁があるんだ…」


561: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:17:53.18 ID:fbi4yTpn0

このSSに限った話じゃないがスレタイがP「風呂上りに飲むMAXコーヒーはヤバイな」だぞ・・・・・何がどうなるとこうなるんだ・・・・・


568: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:23:26.44 ID:9rjwKidj0

>>561
風呂=ブラッドバス(血溜まり)の隠語


569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:25:42.50 ID:fbi4yTpn0

>>568
P「血溜まり上りに飲むMAXコーヒーはヤバイな」
ちょっとしたホラー映画より怖いわ


566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:22:08.21 ID:JXhEnAkk0


のヮの「……脳が出す信号を」

のヮの「肉体がキャッチし、全身に行き渡り、行動に移すまでの時間」

真「そう…0.5秒」

のヮの「たかが0.5秒、しかしその間」

真「そう、その間は意識が無い、つまり行動に移せない」

真「ボクは自身の能力でその間の時間を限りなく0に近づける事が出来る」


真「だけど0にはならない」

のヮの「つまり、脳から肉体ではなく」

真「この人形がボクの考えをキャッチして、即、行動に移せる」

のヮの「……ほう、面白い」


570: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:26:47.99 ID:JXhEnAkk0


踊り狂え 『狂舞歌姫』


真「……春香」


真「Shall We Dance? 」


のヮの「……いくぞ」



ゔぁい!!!


574: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:31:53.20 ID:JXhEnAkk0


P「あっははははwwwまじっしゅかぁ?」

律子「プロデューサー…お、お酒臭いです」

小鳥「ぴよぴよぴよぴよwwwwぴへーwww」

律子「小鳥さんまで」

P「がはははっ、いいじゃーん、りつこ~www」

律子「ちょ、やめてくださいってば!」

P「うっひひひwwwほらっ、ご褒美のちゅー」

律子「ちょっ


チュウゥ

律子「んっ!?」

小鳥「ぴへーwwwキスしちゃいましたぁwキスしちゃいましたぁwww」


575: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:32:51.55 ID:9rjwKidj0

温www度www差wwwwwwww


576: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:33:25.90 ID:fbi4yTpn0

これはヒドイ


578: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:36:09.86 ID:GMXeAgGZ0

頼むからヒップホップではこうなってくれるなよwww


580: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:38:06.25 ID:JXhEnAkk0


P「あはは、律子殿~顔真っ赤でござるよwwww」

律子「……」

小鳥「ぴへー!黙っちゃいましたwww黙っちゃいましたww」

P「あひゃひゃひゃひゃwww」

P「あ"あぁ…ぼく!一発芸しまーす!!」

小鳥「おっ!なんですかぁ!?wwww」

P「ぼくの将来のおよめひゃんにぃ」

律子「!!」

P「ゲロはいちゃいまーしゅwwww」

小鳥「ぴよぴよwwwwマジっすか!?マジっすか!wwww」

P「いっきまーすww」


584: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:40:59.91 ID:9rjwKidj0

P「ゲロはいちゃいまーしゅwwww」
 ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
この男のせいでのヮのと真は戦っています


585: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:41:02.51 ID:JXhEnAkk0


美希「はあぁ…気持ちいいのぉ」

響「極楽だそー」

伊織「……はぁ」

亜美「真美真美ー」

真美「なぁに亜美ー」

亜美「あそこにあるサウナでさぁ」

真美「?」

亜美「勝負しよ→よ」

真美「おっ!いいね→」

亜美「やよいっちも行くよね!?」

やよい「へ?」

真美「やよいっちもいっくよ→」

やよい「わっ!?ひ、引っ張らないでくださーい」


586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:41:20.02 ID:K4YArNJoP

将来のお嫁さんって誰だ


593: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:45:44.02 ID:JXhEnAkk0


のヮの「ぐっ」

真「ほらほらほらー!!」

のヮの「攻撃が当たらない…ならば」

ボフオォ

真「あはは!」シャッ

のヮの「!?」


スパーン

のヮの の両足「…」ピクピク

真「炎がボクについた瞬間、その瞬間に動けば消えるんだね、春香の炎」


真「あはは、もう怖くない…」

真「怖くないよぉお!!!」

のヮの「ちっ!」


594: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:45:45.78 ID:hY+vplv50

何か急にカブトムシ臭くなったな誰だよ


596: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:49:15.33 ID:VDXtlYRc0

真「もう何も怖くない」


597: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:49:34.81 ID:oVn6uYcF0

嫌な予感しかしない


600: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:51:08.87 ID:JXhEnAkk0


~サウナ室~

やよい「あづいですー…」

亜美「やよいっちはまだまだだねぇ……」プルプル

真美「そ、そういう亜美もふ、震えてるんじゃない?」

亜美「そ、そんな事あるわっ…っけないじゃん…」プルプル

やよい「ぅっぅー…」

ガラララ

千早「…」

亜美「あ"っ、ぢはやお姉ちゃん…」

千早「…(血行を良くすれば…良くすれば…)」


603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:54:28.55 ID:JXhEnAkk0


P「っぶぇっげえぅっぶっがばぁ」

ビチャッベッベベッチャビチャ

小鳥「ぴへーwwwプロデューサーさんのお嫁はんはお鍋ですかwwwww」

P「っぴっげぇあがちぁ…」ピクピク

律子「プロデューサー、飲み過ぎです」

P「っがぢ…うっぷ」

ビチャブッベッチャチャ

小鳥「ぴよよーwwwwwお鍋と結婚しちゃったwwwプロデューサーさん!お鍋ですよ!お鍋wwwww」


604: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:55:09.66 ID:FOdpIzsk0

千早にはド根性という言葉がよく似合う


609: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:58:07.08 ID:JXhEnAkk0


のヮの「はっ…あはは」

のヮの「確かにお前は強いな」

のヮの「……真」


真「……っ…ぐっ…」

のヮの「お前の頭上の人形、無理にお前を動かしてるだけあってお前への負担が凄まじいな」

真「っはぁ……だ、黙れ」

のヮの「当たり前だ、そんな戦い方、無謀すぎるのだ」

のヮの「お前にはある欠点がある」


610: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 16:59:32.13 ID:H4u81XT60

MAXコーヒーか…


612: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:03:31.80 ID:JXhEnAkk0


のヮの「お前は言った、脳から直接人形に伝え自身を動かすと」

のヮの「確かに、それは理にかなっているかもしれない」

のヮの「だが貴音の『指示する者』とは大きな違いがある…」

真「…っはぁ…はっ…ぁ…」

のヮの「貴音の能力は言わばリミッター解除」

のヮの「脳から肉体へ、その時に弊害となる理性を強制的に無視させる力…」

のヮの「しかしお前のは違う」


のヮの「自らを無理やり動かしている」

のヮの「肉体の準備が済んで無いままなぁ」



615: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:08:22.80 ID:JXhEnAkk0


のヮの「3の力しか出せぬお前が」

のヮの「無理やり10の力を」

のヮの「それも無意識のうちに繰り出し続けるとどうなると思う?」

真「…っはぁ…っ…」

のヮの「身体が悲鳴をあげる前にまた、身体が悲鳴をあげる」

のヮの「ふふ、今のお前が証拠だよ」


のヮの「お前はもう動けない」

真「…そん、なことは……ない」

のヮの「人形に操ってもらい、動く事」

のヮの「お前自身、立っているのがやっとだろう」


真「…黙れ…」

真「だまれえぇ"ええ!!」

ダンッ


616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:11:10.13 ID:JXhEnAkk0


パーンッ!

春香「ふふ」

春香の腕「…」カサカサカサ

バリバリバキィッミキ

春香「あはは」

真「あぁあ"ああ"!!」

スパーン

春香「無駄だって」

春香の足「…」カサカサカサ

ミキバキパキパキ

春香「はい、元通り」

真「ぅ、うっ…」

真「ぅぐあぁあ"ああ!!!」


621: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:14:50.33 ID:JXhEnAkk0


スパーン

春香「なに、泣いてんのぉ?真」

春香の右腕「…」カサカサカサ

メキメキバッキバリ

真「ぅ、あぁ"…」

真「ぁぁ"あっがあ!!」

スパーン

春香「顔がくしゃくしゃだよ?」

春香の左足「…」カサカサカサ

スパーン

春香「あはは、泣き顔も男っぽいね」

真「ぅっ…ぐ…ぁ…あぁ…」



624: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:17:18.28 ID:FOdpIzsk0

春香、お前は一番言ってはいけないことを言った


625: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:18:04.40 ID:JXhEnAkk0


春香「あれれ?もう動けない?」

真「…あっ……」

……勝てない

まただ……またボクは

真「ぁ…っあっ」

春香「どうして私から逃げるの?」

春香「殺すんじゃ無かったの?」

真「くっ、くるな…」

超えれない……強くなれば、強くなるだけ



春香「あはは☆じゃあもうお終いだね」

天海春香が遠ざかっていく……


628: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:21:43.66 ID:JXhEnAkk0

~サウナ室~

やよい「……」

バタッ

亜美「あ!やよいっち!?」

真美「大丈夫!?」

千早「高槻さん!」

やよい「ぅっぅー…」

千早「は、はやく外に!」

亜美「千早お姉ちゃんは行かないの!?」

千早「……えぇ、私はここに残るわ」

真美「わかった!いくよやよいっち!」

バタン

千早「……ふぅ」

千早「血行さえ…血行さえよくなれば」


632: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:27:18.70 ID:JXhEnAkk0


P「……あぁ、あだまいだい」

P「結局吐くだけ吐いて逃げてきたけど…」

P「おぇ…風呂はいろ」


ガラララ

~脱衣所~

P「うーす」

美希「は、ハニー!?」

P「あっ、美希…うっす」

響「な、なにして

ガバ

響「んぐ~」

美希「響は黙るの!」

P「ああぁ、あだまいだあぁ」


633: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:29:42.83 ID:FOdpIzsk0


    / ̄ ̄ヽ 
   /(●).. (●) 
   |  'ー=‐'  i  
    >     く  ガタッ
  /  /  ││
_/ ,/__ 、, ヽ_
 ~ヽ、__)    \__)



634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:29:50.16 ID:JXhEnAkk0


美希「…(こ、これはチャンスなの!!)」

美希「……(多分ハニーは今酔ってるから意識がもうろうとしてる筈なの!)」

響「んぐぐ」ピクピク

美希「つまりチャンスなのー!」

響「っ…!っ」ビクン

響「………」

美希「あ、ひ、響?どうしたの?」

響「…」

P「ああぁ」ヌギヌギ


635: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:30:16.04 ID:fbi4yTpn0

こいつ酔って自分の家の感覚で入ってきてるな


638: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:35:56.52 ID:JXhEnAkk0


ガラララ

亜美「どいてどいて→」

P「んあ、亜美…」

真美「あっ!兄ちゃんだ!」

やよい「…」

P「あー、大丈夫か?やよい」

真美「えへへ、大丈夫じゃないよ→」

P「そっか…じゃあ頑張れよ」ヌギヌギ

P「三人ともすっぽんぽんで走り回るなよー」

P「ってと、入ろ」

美希「あ!ま、待ってなの!ミキも脱ぐの」

P「あ?誰が待つかよばーか」


641: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:37:27.48 ID:oVn6uYcF0

3日前から脱いでおいた甲斐があった


642: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:38:36.03 ID:JXhEnAkk0


ガラララ

P「……」スタスタ

伊織「ちょ!?」

P「…」

P「えっと、シャンプーシャンプーっと」

あずさ「あららぁ」

貴音「ぷ、プロデューサー!?」

伊織「なななな、な、な!な!?」

伊織「なにしてんのよ!!」

P「…」ジー

伊織「は、はやく出て行きなさいよ!変態!!!」


644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:41:40.96 ID:JXhEnAkk0


P「んだよ凸スケ」

伊織「いい、いい加減にしなさいよ!!」

伊織「やや、やっていい事と悪いこ

P「お前……綺麗だな、身体」

伊織「んなぁあっ!?」

P「うん、すっげー綺麗だ」

伊織「ぁっい…ぁっ…か…」

P「んだよ、なに固まってんだ」キュ

シャワー「のヮの」

サアアァ

P「……」ゴシゴシ

P「泡立ち悪いなぁ…これ」

リンス「のヮの」当たり前ですぜ旦那


645: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:42:47.55 ID:6JRK87it0

吐くほど飲んで温泉って・・・


647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:47:53.73 ID:fbi4yTpn0

>>645
俺の親父昔ベロンベロンの酔って温泉入って温泉の中でゲロ吐いてそのまま気絶するっていう暴挙をしでかしたことがあるがその時の旅館の人の目が今でも忘れられん・・・・・


648: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:48:05.54 ID:JXhEnAkk0


P「……」

伊織「なななな!?」

P「いーおーりー」

ギュウ

伊織「んぁああっ!?」ビクン

P「きゃわいい→→→」

伊織「ぅあっぁっあ」

P「あーこんなにスベスベしてる伊織初めてだあぁ」

伊織「っ!?」ビクン

P「ん~どうした伊織ー?」

伊織「…ぁ……」

P「あはは、きゃわいい→」


651: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:52:42.48 ID:JXhEnAkk0


P「えへへ、お邪魔します」

チャプン

貴音「あ、あなた様!?」

P「あ?…もー」

チュウゥ

あずさ「あらぁ」

貴音「あっ、あ、あひゃ…」

P「二人の時は名前って言ったろ→→→」

P「あっ、あずささんちっす!」

あずさ「…プロデューサーさん?」

P「あはは、ミスミス、あずさ!」

あずさ「はい」

P「いい湯だなぁ」

あずさ「そうですねぇ」


652: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:56:43.13 ID:JXhEnAkk0


P「………」

あれ?

え?……な、なんで目の前にあずささんが?

あれ?貴音の奴、なんで俯いて

あ……あ、…あっあ…

ま、ましゃか……


ガラララ

美希「ハニー!」


654: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 17:58:38.68 ID:JXhEnAkk0


真「……」

ドサッ

真「…」

春香「あーあ、結局動かなくなっちゃった」

春香「まっ、所詮真だしねぇ…」

春香「……」

グギュルルル


春香「あはは」


春香「お腹空いちゃったあぁ"ああ"」


655: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:00:05.63 ID:Qvt5PIY90

いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
真ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!
喰われるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!


656: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:00:58.21 ID:VDXtlYRc0

やあアアあああああああああああああああああああ
やめてえぇえええええええええええええええええ


657: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:01:04.43 ID:FOdpIzsk0

やめろ・・・真をどうする・・つもりだ・・・やめろ・・やめろぉぉぉぉぉぉぉ


659: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:02:32.48 ID:hY+vplv50

         ____
       /   u \
      /  \    /\    頼む!このままアイドルたちと
    /  し (>)  (<) \  イチャイチャを続けてくれ・・・!
    | ∪    (__人__)  J |  ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ           \ | |          | 
  /´                | |          |
 |    l             | |          |

         ____
       /   u \
      /  \    ─\    チラッ
    /  し (>)  (●) \ 
    | ∪    (__人__)  J |  ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ           \ | |  の   の  | 
  /´                | |    ヮ     | 
 |    l             | |          |

           ____
       /::::::::::::::::\      .,────ヽ
      /::::::─三三─\     .∞      ∞ )
    /:::::::: ( ○)三(○)\  ./ 凵凵凵凵 .| /
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | ..| | の  の | | |
     \:::::::::   |r┬-|   ,/ . ノ (  ワ   レ′し
    ノ::::::::::::  `ー’´    . ̄/| ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄
  /:::::::::::::::::::::            / .|      |) )
 |::::::::::::::::: l                し|      ε/


662: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:05:23.74 ID:NVEHiYrR0

春香「まっ、所詮真だしねぇ…」
>春香「まっ、所詮真だしねぇ…」


本日のおまえが言うな


664: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:07:42.43 ID:JXhEnAkk0


P「…」ガタガタガタガタ

美希「ハニー?どうしたの?」

P「あばばば」ガタガタガタガタ

美希「あっ!」

ギュウ

美希「ミキが温めてあげるのー!」

P「やばばばばば」ガタガタガタガタ


ヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバい


666: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:11:31.94 ID:JXhEnAkk0


高木社長「…なにかいう事は」

P「……無いです」

高木社長「ロケの合間をぬって女湯に入り」

高木社長「彼女達を襲ったと」

P「ち、ちが

伊織「違わないわ!私、アンタに襲われたんだから!」

美希「ミキもハニーに襲われたの!」

亜美「亜美達も裸みられたよ」

真美「兄ちゃんさいて→」

やよい「うっうー!こんな携帯いらないですー!」

ガチャン

やよいの携帯「のヮ;」







670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:13:57.51 ID:JXhEnAkk0


あずさ「私もプロデューサーさんに舐め回される様に見られました…」

貴音「もうお嫁にいけません」

高木「……出て行きなさい」

P「……はい」


バタン

P「……」

小鳥「プロデューサーさん」

P「んだよババ

小鳥「私、赤ちゃん出来ましたー!」

P「………へ?」

小鳥「プロデューサーさんと私の赤ちゃんですよー!」


674: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:16:10.13 ID:JXhEnAkk0


P「……」ガタガタガタガタ

美希「どうしたの?ハニ

P「あぁあ"ああ"!!!」

あずさ「きゃっ」

美希「は、ハニー?」

P「あぁあ"ああ"あぁあ"ああ"!!!」

P「………」

P「あぁあ"ああ"!!」

ダタッ

美希「あっ!ハニー!?」


678: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:18:43.50 ID:JXhEnAkk0


ツルッ

P「あ"っ!?」

伊織「……ぇ」

ズベット

美希「は、ハニー!」

美希「だ、大丈夫なの!?」

P「……んっぷ」

伊織「ぁ…ゃ…あっ…」

P「……サンクチュアリ」



いやあぁああぁあ!!


681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:21:27.58 ID:JXhEnAkk0


いやあぁああぁあ!

春香「!?」ビク

真「……ぅ」

春香「へぇ、しぶといんだね」

真「っぐ……」

春香「………真」

春香「いつか私を殺せる……」

春香「いや、この世から消せる様になった時に」

春香「私の前に現れなさい」

春香「きっとあなたが765プロ最強の能力者」

春香「ふふふ、待ってるね」

シャッ


690: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:26:08.83 ID:JXhEnAkk0


~脱衣所~

P「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

伊織「絶対にいや!」

P「なんでもします、ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

伊織「いーや!」

P「……」

伊織「あ、ああ、アンタねぇ、!」

P「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

伊織「いやよ!」

P「ほんっとすいません!!もうなんでもします!おねがいします!」

伊織「いや!絶対にいや!」


698: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:30:42.30 ID:JXhEnAkk0


響「プロデューサーが謝ってるんだから許してやるさー」

伊織「嫌よ!!だ、だってこいつは私の!」

響「私の?」

伊織「ぅ…うっさい!響にはわかんないのよ事の重大さが!!」

P「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

響「別に裸くらい良いさー、自分、前はよくプロデューサーと二人でお風呂入ってたぞー」

P「ごっ!?」

伊織「……は?」

響「だからー、自分前はプロデューサーのお家に泊まってたさー」

P「……」ガタガタガタガタ

伊織「へー……」

P「あばばばばばば」


702: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:36:16.44 ID:JXhEnAkk0


P「……」

律子「わっ!?」

P「…」

律子「ななな、なんですかその格好」

P「見ないでくれ…」

律子「な、なにしたんですか?!」

P「……頼む」

律子「頼むって…は、上半身裸にボクサー一枚って…」

小鳥「ぴよー!!!」カキカキ


708: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:39:59.80 ID:JXhEnAkk0


~脱衣所~

千早「はぁ…っはぁ」

あずさ「千早ちゃん?今まで何処にいってたんですか?」

千早「ちょ…ちょっと、サウナに」

貴音「如月千早、あなたは運が良いのですね」

千早「…はぁ…え?」

貴音「先程まで、プロデューサーが間違われて私達の方に入っていました」

千早「……えっ、えぇ!?」

あずさ「プロデューサーさん、男らしかったですね」

貴音「……はい」

千早「………」

ドン

ロッカー「のヮの」ぐえぇあ


710: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:42:11.14 ID:o5d176VVP

自分の胸でも叩いてろよ


711: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:42:22.77 ID:OcFsuANhO

自分の壁をドンしろよ


712: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:42:53.53 ID:JXhEnAkk0


真「…」

真「あはは……情けないなぁ」

真「調子にのって……」

真「はあぁ…っぐ…ぅ"…っぁ…」プルプル

真「…な、情けない…自分が……」

真「な……なさけ

真ちゃん!

真「…ぇ」

雪歩「真ちゃん!」

真「ゆ、雪歩…」


716: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:45:40.59 ID:JXhEnAkk0


雪歩「よかったぁ…」

真「な、なんでこんな所に…」

雪歩「当たり前だよぉ…」

雪歩「真ちゃんが心配だから……心配だったから」

雪歩「…わ、わたし……私…」

真「雪歩…」

雪歩「…」

真「…手、かして、くれる?」

雪歩「うん……うん」

真「ありがと」


721: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:49:30.25 ID:JXhEnAkk0


P「……」

小鳥「ぴよぴよ」スッ

P「すまん、手を縛られてて」

小鳥「ぴよぴよ」

ヒラリ

P「…おい」

小鳥「ぴよぴよ」

P「這いつくばって、読めと」

小鳥「ぴよぴよ」

P「…んぐぐ」ピラッ

『私がプロデューサーさんを襲うぴよ♡♡』

P「……おいやめろ」





ピヨヨ━━━━♡♡♡


724: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:53:38.20 ID:ddxXdHCW0

何でババアに童貞捧げたんだよ


725: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:55:26.47 ID:K4YArNJoP

小鳥さんは基本的にみんなに好かれるキャラのはずが
ここでは完全にダメな子だな


726: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:56:14.52 ID:FOdpIzsk0

「ぴよぴよ」スッ
これにカチンと来るのは俺だけじゃ無いはず


727: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:56:55.61 ID:JXhEnAkk0


P「…」

小鳥「ぴへへーwww」

P「てめぇ…いい加減にし

小鳥「じゃあ結婚ですね!!!」

P「……」

小鳥「私言いましたよ…セフレじゃ終わらないって」

P「………盛りのついたババアが」

小鳥「…」スッ

P「だから手が

小鳥「…」ピラッ

『そんな酷い事言う子にはお仕置きぴよ』

P「おいババア!!ちょう





ピヨ━━━━♡♡♡♡


728: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:57:24.66 ID:3q6xyTXAQ

BBAウザイな


729: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:58:40.92 ID:LS7EAdG10

可愛いーなー
小鳥さん


732: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 18:59:50.57 ID:JXhEnAkk0


P「…や、やっと解放された」

P「うぅ…俺明日からどうしよ」

P「みんなにちん○見られたし」

P「みんなの○○○見ちまったし……」

P「…」

P「とりあえず風呂はいろ…」


736: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:03:03.66 ID:JXhEnAkk0


~脱衣所~

P「……」

涼「あっ、プロデューサー」

P「ごめん、また来るわ」

涼「ちょ、な、なんでですかぁ!」

P「…多分俺が俺じゃ無くなっちゃうから」

涼「……」

P「じゃあね、涼」スタスタ


ガシ

P「……涼ちん?」

涼「な、悩み位なら僕にでも聞けますよ!」


737: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:04:11.32 ID:ddxXdHCW0

この涼は覚醒させないでくれよ


738: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:04:17.57 ID:K4YArNJoP

裸の付き合いか


740: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:05:14.01 ID:l6saX+tZ0

りゅんりゅん♪


741: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:06:54.91 ID:JXhEnAkk0


涼「へ?僕がですか」

P「うん、例えばなんだけどさ」

P「涼ちんが

涼「プロデューサー、その言い方やめてください」

P「……涼が愛と絵理の裸を見たとする」

涼「は、はぁ」

P「もちろん涼も裸だ」

涼「ぼ、僕も裸なんですか!?」

P「あぁ」


743: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:10:19.79 ID:JXhEnAkk0


涼「で、裸で…なんなんですか」

P「例えばだぞ?例えばなんだけど」

P「まぁここでは……愛の方が近いかな」

涼「愛ちゃんの方が近い?」

P「…まぁそこは気にするな」


P「りょ、」

P「涼ちんの涼ちんが愛の愛を涼ちんしちまったら……どうする?」

涼「ぎゃおおおん!」

P「……なんだ今の」

涼「………気にしないでください」


746: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:13:34.00 ID:JXhEnAkk0


P「で、どうするよ」

涼「えぇ…シチュエーションが全然想像出来ないんですけど」

P「涼ならどうするよ」

涼「ぼ、僕なら……」

涼「まずは、やっぱり謝罪ですね」

P「それがダメだったら?」

涼「えぇ……」

P「ダメだったら?」

涼「うぅ」


750: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:16:46.99 ID:JXhEnAkk0


涼「ゆ、許してくれるまで謝ります」

P「それもダメだったら」

涼「許してくれるまで謝ります」

P「……」

涼「それ以外に方法、無さそうですし」

涼「物で釣るのだけは絶対に嫌です」

P「にゃるほどねぇ」

涼「……で、良いですかね」

P「はぁ?なんで俺に答え求めるの?」

涼「いや、なんとなく」

P「まっ、69点だな」

涼「69点ですか」


751: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:17:47.11 ID:ddxXdHCW0

点数まで下ネタか


752: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:18:26.04 ID:K4YArNJoP

凹んじゃった時は~
風呂上りにMAXコーヒー飲んで
復活するのさ


755: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:21:53.31 ID:JXhEnAkk0


P「涼、覚えときな」

涼「はい?」

P「お前…気づいてないだけでよ」スタスタ

涼「あっ、プロデューサー」

P「……惚れられてるぜ」

涼「へ?」

P「気づけないんだよな、本人じゃ…」

P「恋はなんちゃらって言うしな」

涼「あの、プロデューサー?」

P「涼、その子の為に」

P「早くその殻、破っちまえよ」

バタン

涼「……僕に惚れてる?」

涼「誰が?」


756: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:21:59.50 ID:OIMHkTvk0

涼ちんと69…ゴクリッ!


758: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:24:44.51 ID:JXhEnAkk0


P「…」

自販機「のヮの」えへへ

P「…」チャリン

自販機「のヮの」

P「……あれ?」

P「お、おい」

P「500円!おい500円!」

自販機「のヮの」あざっす

P「おい!返せよ!!返せよ500円!」


759: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:27:01.01 ID:JXhEnAkk0


P「…」

自販機「のヮの」えへへ

P「…」ウィーン

P「……は?」

自販機「のヮの」野口さんあざっす

P「おい!!ふざけんな!!」

バンバンバンバン

自販機「のヮの」ぐえやぁ!い、痛い!いだい

P「てんめっ!返せよ1500円!!」

バンバンバンバン

自販機「のヮの」あぁっ、い、いいっ!

P「あぁ"ああ"!!」


760: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:29:11.62 ID:9rjwKidj0

Pが世界に嫌われはじめた


761: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:30:51.19 ID:JXhEnAkk0


律子「プロデューサー、なにしてるんですか」

P「ああ"!?」

律子「……はい、どうぞ」スッ

P「MAX!!」

P「えへへ」

律子「ったく、いい大人が自販機を殴って……って!」

自販機「のヮの」あひっ…あへっ

律子「なにしてるんですかー!思いっきり凹んでますよー!」

ゴクゴク

P「あふぅ」

P「いやー」

P「風呂上がりに飲むMAXコーヒーはヤバイな」


762: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:31:15.87 ID:uNDCJt/E0

風呂上りからの頂き物MAXコーヒーキター


763: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:33:19.87 ID:9rjwKidj0

スレタイ回収乙


766: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:40:14.46 ID:JXhEnAkk0


美希「ハニー!」

P「ん?」

美希「早くミキと一緒に寝るの!」

P「はぁ?」

美希「ダウトの時の約束なの!」

P「うっせーよばか」

美希「五月蝿くないの!ハニーが叶えてく

P「うっせーんだよばか!!」

美希「ハニー…」

P「俺はハチミツじゃねーよばか!!」


767: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:40:54.62 ID:Du1s1LDE0

ブラッドバスとは何だったのか


770: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:42:58.75 ID:JXhEnAkk0



美希「…」

美希「と、まぁ何時もだいたいこういうパターンなの」

美希「もうミキは大人なの」

美希「だから今回は違う攻め方でハニーをメロメロにしてみせるの」

響「美希ー、次美希の番だぞー」

美希「あっ、ご、ごめんなの」

美希「……」

美希「7なのー!」

千早&響「ダウト(だぞ)」

美希「…」

『4』


773: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:48:01.13 ID:JXhEnAkk0


コンコン

あずさ「はーい」

P「あっ、俺ですあずささ

あずさ「プロデューサーさん?」

P「んっん……俺だ、あずさ」

あずさ「どうしたんですか?」

P「伊織……居るかな」

伊織「居ないわよ変態!」

P「伊織、開けてくれ」

伊織「絶対にいや!」

P「いおりー」

ガチャガチャガチャ

伊織「ちょ、壊れるからやめなさいよばか!」


774: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:49:43.94 ID:FOdpIzsk0

美希に期待
そして伊織かわいい


775: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:51:15.41 ID:JXhEnAkk0


P「だったら外に出れるか!?」

伊織「襲われるからやっ!」

P「ぐぎぎ」

伊織「わかったらとっとと帰りなさいよ!」

ドンドンドン!

P「開けろや凸スケ!」

伊織「んなっ、なんですってー!?」

P「あぁ?俺が恐いんだろぉがばーか!」

伊織「な、な、な!?」

P「はっ、図星かよ!」

伊織「……」プルプル

ガチャ

P「にひひ」

伊織「…なによ」


777: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:53:48.07 ID:JXhEnAkk0


P「すいませ

あずさ「……」

P「すまんあずさ、ちょっと伊織と話がしたいんだ」

あずさ「はい、プロデューサーさん」スタスタ

バタン

P「……ふぅ」

伊織「で、なんのよう?」

P「伊織」

伊織「んっ…なな、なによ」

P「……」


778: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:55:27.56 ID:H4u81XT60

なにエロい声出してんだよ


779: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 19:59:01.10 ID:JXhEnAkk0


P「すいません」

伊織「は?」

P「伊織の凹を凸しちゃってすいません」

伊織「ぶっ!?」

P「凸凹シスターズのプロデューサーである俺が凹を凸してすみませんでした」

伊織「ば、ばっかじゃないの!?私に喧嘩を売りにきたわけ!?」

P「……」

伊織「もう絶対に許さない!絶対絶対絶対に許さないんだから!」

P「……た」

P「…たかが」


780: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:00:30.64 ID:ddxXdHCW0

せ、責任とりなさいよね!!


782: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:05:01.46 ID:JXhEnAkk0


P「たかがおまん○に舌突っ込んだ位どうだって良いだろうが!!あ!?」

伊織「ななな!?」

P「しつけーんだよ!お前を犯した訳じゃ無いんだぞ!!??」

P「別にいいだろ!!」

伊織「な、なに開き直ってんのよ!」

伊織「こ、このっ」

伊織「変態無能へっぽこプロデューサー!!」

P「あぁ"ああ"!!」

ガシッ

伊織「ちょ、離しなさいよ!」

P「ちょっとこい!!!」





ワゴン車「…」ギッシギシギシギシ


783: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:05:03.18 ID:oVn6uYcF0

本当に凸ってたのかよ


784: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:05:33.18 ID:mv7DsPQW0

居直りおったわ


785: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:05:48.32 ID:ddxXdHCW0

あーあ久しぶりにギシアンしちまったよ…


789: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:07:39.01 ID:ddxXdHCW0

車新調してから初めてか?


790: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:08:41.62 ID:OIMHkTvk0

あとされてないのは
あずさ
亜美真美

律子 か?


791: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:09:23.62 ID:JXhEnAkk0


~車内~

伊織「…っぁ…」ビクン

P「ふぅ」

P「伊織……大人を舐めたらあかん」

P「じゃあな」

バタン

伊織「ぁっ…ぃ…いっ…」ビクンッビクン



P「はぁ、久しぶりかも」

P「じゃあ真達の部屋を見に行きますかな」


796: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:12:22.39 ID:JXhEnAkk0


ガラララ

P「おーい、元気にして

バフッ

亜美「イェイッ!」

真美「ブイブイッ!」

P「……てめぇら、いい加減にし

バフッ

P「……」

やよい「うっうー!」

P「お前らなぁ、まくらは投げる物じゃ


バフッ

貴音「プロデューサー、油断大敵です」

P「……」プルプル


797: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:14:12.46 ID:ddxXdHCW0

お姫ちんは可愛いなあ
心のオアシスだよ


798: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:14:24.92 ID:9atk+iYi0

貴音さんかわいい


799: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:14:55.46 ID:JXhEnAkk0


P「ふぅ…」

P「お前らいい加減にし

バフッ

P「……ふぅ」プルプル

真「プロデューサー、避けないと!」

P「……」

バフッ

雪歩「ご、ごめんなさぃ…」

P「……」プルプル

バフッ

P「…」

響「なんくるないさー!」


ブチン


801: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:17:33.44 ID:JXhEnAkk0


P「あぁ"ああ"!」

亜美「わ→兄ちゃんが怒ったぁ!」

真美「みんなで淫獣チャラリー男を倒せ→」

やよい「うっうー!」ブンッ

P「…」ササッ

P「死ね」

やよい「え?」

ガバッ

やよい「うっうー!?」

亜美「わ→やよいっちが布団の中に引きずり込まれた→!」



802: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:17:36.23 ID:6JRK87it0

ていうかなんで真ぴんぴんしてんだよ


ああ、MAXか


805: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:20:24.34 ID:JXhEnAkk0


美希「響ー」

響「おっ!美希、今丁度いい所だぞー」

美希「丁度いいって…途中で抜け出しといてそれはないの」

響「あっ、ご、ごめん」

美希「……で、これはどういう状況なの?」


うっうー!?

ぐひひひひひ

真美「やよいっちー!」

亜美「やよいっちを返せー!」

響「プロデューサーがやよいを布団の中に引きずり込んだんだぞ」

美希「!?」


808: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:21:36.31 ID:ddxXdHCW0

「うっうー」が妙に興奮してきた


809: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:23:30.72 ID:VDXtlYRc0

ぐひひwww


810: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:24:10.48 ID:9R7H9via0

真はいつの間に完治して戻ってきたんだwww


811: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:24:58.35 ID:OIMHkTvk0

いつになったら765プロの求人出るんだよ!ハローワークしっかりしろ!


816: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:27:42.00 ID:ddxXdHCW0

>>811

\ ⊂[J( 'ー`)し
  \/ (⌒マ´
  (⌒ヽrヘJつ
    > _)、
    し' \_) ヽヾ\
          丶_n.__
          https://www.hellowork.go.jp/
              ̄   (⌒
            ⌒Y⌒


812: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:25:49.16 ID:JXhEnAkk0


やよい「…」ビクンッビクン

P「次はどいつだあぁ?」

真美「やよいっちー!」

亜美「やよいっちがー!」

美希「つ、次はミキなのー!」

バフッ

美希「……」

バフッバフッ

美希「…誰なの」

雪歩「えへへ」

美希「ミキと殺る気なの?」

雪歩「……」

美希「こたえ

バフッ

雪歩「油断大敵」


817: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:28:45.84 ID:JXhEnAkk0

P「ぼわあぁああ!」

ガバッ

真美「!」

亜美「真美ー!」


ちょっ、に、兄ちゃん!?

ぶっひー!

美希「…」ブンッ

雪歩「…」サッ

美希「あ、当たらないの」

雪歩「うふふ」

美希「くやしいのー!」ブンッ

雪歩「…」ササッ

美希「まだま

バフッ

雪歩「…」ニタァ


818: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:30:39.81 ID:JXhEnAkk0


美希「くっ」ササッ

美希「はっ!そんなんじゃ当たらないの!」

美希「くら

バフッバフッバフッ

美希「ぷっ…」

雪歩「あはは」

美希「ゆ、雪歩…も、もうミキの負けでい

バフッバフッバフッ

美希「ぷっはぁ…」

バフッ

美希「ぁ…」

バフッ


819: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:31:37.81 ID:bMJX9AQJ0

ゆきぽ枕とかご褒美じゃん


823: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:33:56.06 ID:JXhEnAkk0


貴音「萩原雪歩…もう美希は

バフッ

貴音「……」

雪歩「…」

貴音「…萩原雪歩、彼方を」

雪歩「へ?」

貴音「っ!」ブンッ

雪歩「あはっ」ササッ

ブンッ

貴音「!」

バフッ

雪歩「油断大敵」


826: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:37:13.58 ID:JXhEnAkk0


貴音「…」スッ

雪歩「!?」

『まくらで自分を叩きなさい』

雪歩「四条さん!?いくらなんでもそれは」

『叩きなさい』

雪歩「っ!」ブンッ

雪歩「ぷっは…」

『もっと』

雪歩「や、やめっ!」ブンッ

雪歩「ぱはっ…」

『もっと強く』

雪歩「んっ」ブンッ

雪歩「ぷっ……」


829: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:39:56.73 ID:JXhEnAkk0


真美「……」ピクピク

P「さあぁ、後は亜美と真だなぁ!?」

亜美「ま、まこちん!二人でいくよ!」

真「あぁ!」

P「ぶひひひひwwww」



雪歩「……」ピクピク

『……』

貴音「ふぅ、疲れました」


832: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:43:31.62 ID:JXhEnAkk0


P「ボマード!」

ガバッ

亜美「わー!まこちーん!助けてー!!」

真「い、今助け

『菊地真』

真「!!」

『プロデューサーの邪魔はさせません』

真「貴音さん」



兄ちゃーん!

ぐひゃひゃひゃひゃ


834: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:44:27.24 ID:VDXtlYRc0

Pの暴走が凄まじいなwww


836: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:48:16.00 ID:JXhEnAkk0


亜美「…」ピクピク

P「ああぁ、擽りすぎて指が痙攣してきた」

P「…」

P「なぁ響」

響「はいさい?」

P「お前今適当に言っただろ」

響「そんな事無いぞー」

P「そっか、じゃあさ」スッ

響「あっ!」スッ

P「あんときのリベンジだ」


840: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:53:07.32 ID:JXhEnAkk0


P「…」カチカチ

響「あっ!」

P「ぐひひひ潮ふけば勝てるんだよ」

響「プロデューサー、だぁや反則やいびーん」

P「………ん?」

響「だぁや反則やいびーん」

P「ひ、響?」

響「ちゃーさびたがんよーやーみ?話し掛けねーらんでシチャさい」

P「……へ?」


841: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:53:45.41 ID:ddxXdHCW0

    / ̄ ̄ヽ  ┏┓
   / (●) ..(● ┏┛
   |   'ー=‐' i  ・
    >     く
 _/ ,/⌒)、,ヽ_
   ヽ、_/~ヽ、__) 


842: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:54:29.40 ID:9rjwKidj0

あれー、シーサーやいびーみ?


845: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:57:41.49 ID:N7MhDrKL0

>>842
あれーシーサーやいびーん


ヤママヤー懐かしいなwww


844: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 20:57:40.88 ID:JXhEnAkk0


P「あの、響?」

響「なんだぞー、自分、スカーフカイオーガなんて使われるから怒っちゃったさー」

P「元に戻った」

響「ほら、もう一回やるぞー」



P「…」カチカチ

響「あっ!」カチカチ

P「ミュウツー強いなぁww」

響「…」

響「うんじゅじゅんにすら気読めねーらんね」

P「……はい?」


847: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:00:03.03 ID:oVn6uYcF0

あ、ポケモンの話ね
いやわかってたよ、うん


851: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:01:54.08 ID:JXhEnAkk0


P「と、とにかくだ」

響「もうプロデューサーとポケモンやりたくないさー」

P「ゲームに勝てないと方言丸出しと」

響「プロデューサー、聞いてるの?」

P「…ゲームに勝てないとはぶてるのか」

響「プロデューサー?」

ギュウ

響「わわっ!きゅ、急になにするさー」

P「響、可愛いっ!本当に可愛い」

響「ぅっ…は、恥ずかしいぞ」


853: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:03:00.60 ID:ddxXdHCW0

響とのセックスって凄そうだな…
沖縄的な意味で


854: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:03:05.03 ID:K4YArNJoP

何言っているのかわからない


855: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:04:25.07 ID:QAG+FqC60

標準語でおk


856: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:05:16.93 ID:JXhEnAkk0


~部屋~

P「ただいま」

千早「あ、おかえりなさいプロデューサー」

響「ただいまだぞー!」

ボッフン

P「おいおい、ベッドにダイブするなって」

響「ふかふかで気持ちいいぞぉ」

P「ったく、響はかわいいな」

千早「……」

千早「プロデューサー」


857: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:05:48.36 ID:czFlCfyfO

騎乗位にて島唄ちっくなリズムでリズミカルに腰を振る響さん


860: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:07:09.80 ID:JXhEnAkk0


P「はい?」

千早「わ、私のお願い…なんですけど」

P「あ、あー…あったなそういえば」

千早「……その、わ、私と

P「千早」ボソ

千早「は、はぃ?!」ビク

P「…」ゴニョゴニョ

千早「!?」


864: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:10:04.03 ID:JXhEnAkk0


美希「ぅ…うぅ」

美希「あいたたた…」

美希「うぅ、雪歩は加減を知らないの」

美希「……」

真「こ、コレが…ボクの新しい力」

貴音「わたくしに出来る事はこれ位しかありませんが」

真「あ、ありがとうございます!」

貴音「……菊地真」

貴音「諦めなければ、どんなに長い洞窟でも」

貴音「出口に必ず辿りつくのです」


美希「い、意味が分からないの」


866: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:10:55.94 ID:ddxXdHCW0

世界が違う…


867: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:12:14.46 ID:FOdpIzsk0

アイドル枠とバトル枠の温度差


868: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:13:28.69 ID:o5d176VVP

学園恋愛バトル物だったのに主人公が異世界に召喚されるくらいの温度差


869: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:14:13.48 ID:NjrXDtvE0

>>868
タカヤか…


870: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:14:28.14 ID:JXhEnAkk0


~露天風呂~

P「いっやぁ、まさかの露天風呂だなぁ」

千早「あ、あの…」

P「あっ?願い……コレじゃダメ?」

千早「……」

P「ありゃりゃ、黙りですか」

千早「プロデューサーは」

P「ん?」

千早「……いえ」


872: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:16:11.58 ID:FOdpIzsk0

ええぃ1秒が長い!!


重いけどウブっぽいのが千早のポイント


873: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:17:07.72 ID:JXhEnAkk0


P「…そういえばさっきさ」

千早「は、はい!」

P「なに固くなってんだよ」

千早「いぇ…あ、あの」

P「たはあぁ、絆創膏で俺を誘惑してきた女が今更?」

千早「…わ、忘れて下さい」

P「にひひ、ぜってー忘れない」

千早「い、意地悪ですね…」

P「だってさ」

P「あんときの千早」

P「可愛かったもんなぁ…」


875: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:19:38.45 ID:JXhEnAkk0


千早「んっ!?」

P「言っとくけど、俺嘘嫌いだから」

P「……つーかよ」

千早「は、はい」

P「さっきなんで居なかったんだ?女湯に」

千早「…あ、あれは(い、言える筈…ない)」

P「まっ、良いけどさ」

P「こうして千早を見る事が出来たんだしねぇ」

千早「ぷ、プロデューサー」

P「ん?」


877: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:21:57.94 ID:JXhEnAkk0


千早「ま、まだ…私は願いを…」

千早「い、いってません」

P「……まぁ確かに」

千早「…あの、」

P「嫌です」

千早「えっ」

P「俺は今裸です、千早も裸です」

千早「はい…お風呂なんで」

P「まぁ混浴だけどなぁ」

千早「な、なら…なにがダメなんですか」


883: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:30:22.31 ID:JXhEnAkk0


P「なにがって…」

P「隠さないと恥ずかしい?」

千早「ぇ…」

P「いや、さっきからタオルで隠してるからさ」

千早「あ、当たり前です…」

P「俺は千早が見たいなぁ」

千早「プロデューサー…」

P「……千早」


884: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:32:59.80 ID:JXhEnAkk0


P「お前さ、ちょいと自分の身体、気にしすぎ」

千早「え」

P「アレか?そんなに胸が気になりますか?」

千早「プロデューサー…」

P「俺は別に良いと思うんだけどねぇ」

P「極端な話さ」

P「それを含めて千早な訳じゃん」

千早「…」

P「俺だって胸無いし」

千早「当たり前です…」


885: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:33:57.85 ID:FOdpIzsk0

Pが誘惑を我慢できなかったのは千早ぐらいなものだ


887: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:37:35.95 ID:JXhEnAkk0


P「確かに俺はどっちかって言うと胸が大きい方が好きだ」

千早「っ…」

P「だけどな、それはあくまでの話」

P「お前、自分では気づいてないだけだけどスタイルむちゃくちゃ良いんだぞ?」

千早「ほ、ほんとですか」

P「はっ、やっと笑った」

千早「ぁ…」

P「だーもぅ、俯くなっての」

千早「すみません」


891: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:42:02.33 ID:JXhEnAkk0


P「…千早」

P「俺からのお願い…」

千早「…」

P「裸を見せてくRE☆」

千早「……」

P「…」


あーやっちまったーセクハラコース確定☆

せっかく千早との混浴で色々話せると思ったのになぁ

マジで馬鹿だよ俺は……今夜は小鳥で玉ん中空っぽに

ファサァ


893: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:43:08.36 ID:ddxXdHCW0

凄いキラキラしたスローモーションの中でタオル下ろすのが容易に想像できた


894: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:44:40.84 ID:FOdpIzsk0

綺麗だ・・・・


898: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:46:13.16 ID:o5d176VVP

腰あたりを一番撫でたい


900: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:48:51.25 ID:JXhEnAkk0


P「……」

千早「ぷ、プロデューサー」

P「……ぁ」

千早「わ、私のお願い…なんですけど」

P「は…は、はい」

千早「聞いて、…くれますか」

P「…うん」

千早「プロデューサー」

千早「……このロケ」

千早「皆の思い出…」

千早「忘れられない最高の思い出を」


千早「私達にください…」


906: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:52:07.55 ID:JXhEnAkk0


P「…あ、あぁ」

千早「ありがとうございます」

千早「…(コレでいいの…)」

きっとコレが…一番正しい答えだから

甘えるだけじゃいけないんだ、そんな簡単に片付けちゃいけないんだ

だから、今はコレが正解……


P「千早」


909: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:53:24.05 ID:JXhEnAkk0


千早「えっ











P「…あはは、ごめん、耐えられなかった」

千早「ぁっ…う…」


912: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:56:24.47 ID:JXhEnAkk0


P「あははは、やっぱ千早の唇柔らかいわ」

千早「…」

P「はっ、…ごめん」

千早「……謝らないでください」

P「だって、千早…俯いてるから」

千早「…から」

P「へ?」

千早「ぅ……しいから」

P「千早…」

千早「う、嬉しいから…恥ずかしくて……ぷ、プロデューサーの顔が

ギュウ

千早「ぁっ!?」

P「…コレで嫌でも千早を見れる」


913: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:58:26.30 ID:JXhEnAkk0


P「なぁ千早」

千早「…はい」

P「俺さ、千早をリーダーにしてよかったわ」

千早「ありがとうございます」

P「……」

千早「…」

P「あはは、も、もう上がるか?ほら、響達も寝て

千早「もう少しだけ」

千早「……こうさせてください」


915: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 21:59:26.80 ID:JXhEnAkk0


~風呂上がり~

P「…」

千早「…」

P「ちょっと待っててくれよ」

千早「は、はい」


917: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:01:24.53 ID:JXhEnAkk0


P「ごっめーん、待たせた☆」

千早「…」

P「はい、コレ」スッ

千早「……ぷ」

P「なっ!?」

千早「本当に好きなんですね」

P「だ、だからって笑う事無いだろ」

千早「いえ…なんかおかしくて」

P「まぁ良いや」


920: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:04:38.10 ID:JXhEnAkk0


カシュ

P「乾杯ぱいぱい~」

千早「…」

P「おいおい、そこ笑うとこなんだけど」

千早「…」

P「あーもう、ほら、早く飲もうぜ?」

千早「はい」


MAXコーヒー「のヮの」ふふふ


P「風呂上がりに飲むMAXコーヒーはヤバイな」

千早「…あま」

P「えー!?コレが良いんだろコレが」




一日目終了


921: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:05:28.05 ID:2we5eNPp0

これって4日あるんだろ?
凄い長編物だな


922: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:05:32.69 ID:l6MqF8M30

密度が濃い一日だ


924: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:06:17.66 ID:JXhEnAkk0


美希「……え?」

美希「お、終わり?」

美希「ぇ……」

美希「そ、そんなのってないの!」

美希「おかしいのー!!」


美希「ミキはまだ願いを叶えて貰って無いのー!!!」



続く


936: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:10:11.51 ID:JXhEnAkk0


ぴへへwww激闘温泉ロケ編が始まりましたよー!

今日一日でお腹の中ぱんぱんになる位プロデューサーさんから赤ちゃんの素をもらったぴよwwww


それでは、番外編始まりますよー


937: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:10:21.79 ID:FLTbo9pH0


益々終わりが見えなくなってるが大丈夫なのか?


938: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:10:51.08 ID:3q6xyTXAQ



945: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:12:28.04 ID:JXhEnAkk0


~深夜~

響「……」

響「あぁ"ああ"!!」ガバッ

P「ゔ…ど、どうしたんだ響…」

ガバッ

P「ぉわっ!?」

響「…」ガタガタガタガタ

P「な、なに震えてんだよ」

響「じ、自分……い、生きてるよね」ガタガタガタガタ

P「はぁ?生きてるからここに居るんだろ?」


950: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:15:53.03 ID:JXhEnAkk0


響「…」ガタガタガタガタ

P「なぁ、響」

千早「ぅ…」

P「あ、悪い起こして」

千早「…が、我那覇さん?」

響「ひいぃう!?ちちち、千早だぞー!!?」

千早「私が…どうしたの?」

響「あぁ"ああ"!ぐるなー!自分、お腹切られたくないぞあおお!!」

P「お、おい響」

響「あぁ"ああ"!いやだぞおぉ"」

響「お腹の中みんながはい"っでぐるぞぁお"」


951: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:16:33.90 ID:2we5eNPp0

誕生日のアレはマジキチ


956: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:19:24.09 ID:9rjwKidj0

マジキチすぎてスルーしたアレか?


957: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:20:15.53 ID:GMXeAgGZ0

ちょっと読んですぐ閉じたアレなのか?


959: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:21:50.09 ID:JXhEnAkk0


P「腹の中に?」

千早「みんなが?」

響「そうだぞぉお"ハム蔵にいぬ美、ワ二子、ブタ太にシマ男ねこ吉にオウ助!へび香にコケ麿」ガタガタガタガタ

P「ひ、響?」

響「いやだぞおぉ"!!あぁ"ああ"があぁあ"」

P「ち、千早、響を抑えてくれ!」

千早「は、はい!」

響「あぁ"ああ"!さわ"るだなあぁ"があぁ」


960: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:21:56.28 ID:AkyJmyPf0

なんかあったの?


961: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:21:58.31 ID:fbi4yTpn0



965: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:23:59.62 ID:JXhEnAkk0


~20分後~

P「はぁ…やっと収まった」

響「ゔうぅ"」ガタガタ

千早「プロデューサーの胸から離れようとしませんね」

P「まぁコレで落ち着いてくれてるみたいだし」

響「ぁ"っゔぅ…」ガタガタガタガタ


966: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:24:46.92 ID:UBcjJX5k0

あれまさかお前かよw


967: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:26:07.18 ID:JXhEnAkk0


響「…あ、悪夢だったぞ……」

P「やっと震えがおさまったな」

響「ゔぅ…」

千早「我那覇さん、だい

響「千早はきちゃだめだぞお"ぉ!!」

千早「ぁ、ごめんなさい」

P「…大丈夫か?響」

響「た、誕生日に悪夢を見たぞ……」ガタガタガタガタ


970: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:27:01.11 ID:2we5eNPp0

笑ってはいけないシリーズ以外ほのぼのがねえぞ
これは由々しき事態だ


973: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:28:10.57 ID:fbi4yTpn0

>>970
残念だが笑ってはいけないは倒産の人だ・・・・・・


971: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:28:04.83 ID:JXhEnAkk0


ハッピーバースデートゥーユー

響「!?!」

ハッピーバースデートゥーユー

響「あぁがあぁ"ぎいぁ"いぃ"」

P「お、おい響!」

千早「また痙攣を!?」

ハッピーバースデーディア……


ヒービーキー

響「ぁ"っゔ!?」ビクン

P「ひ、響!?響!!」


974: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:29:27.94 ID:JXhEnAkk0


ハッピー


バースデー

トゥーユー


P「おい!響!!響!!」

千早「我那覇さん?我那覇さん!!」



みんな…自分のお腹のなかにはぃったのかな…

ハム蔵…ワニ子、ブタ太

コケ麿、シマ男にオウ助

ねこ吉、うさ江にいぬ美、へび香


ぜーんぶ自分のおなかのなかだぞ…


終わり


975: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:29:37.32 ID:OIMHkTvk0

乙としか言いようがないな


976: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:30:10.43 ID:ddxXdHCW0

中に誰もいませんよ


977: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:30:17.02 ID:KDS1A3Bm0

これはひどい


985: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:32:14.68 ID:JXhEnAkk0


響!一日遅れだけど誕生日おめでとう!!

春香「響ちゃんの誕生日だね!チキン取って千早ちゃん」千早「えぇ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318177354/

コレ書いたの自分だぞ!


響は動物が大好きなのさーだから誕生日も大好きな動物に囲まれて(?)楽しそうだったぞー!


なんくるないさー


986: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:32:24.32 ID:ddxXdHCW0

外伝がDARK SIDEかよ


987: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:32:30.95 ID:9rjwKidj0

こんなのってないの

ひどいの


995: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11(火) 22:34:59.14 ID:JXhEnAkk0


それじゃあ次回予告始めるさー!

温泉ロケ二日目、自分、プロデューサーにいっぱいいーっぱい甘えていこうと思うんで皆、よろしくだぞー!


次回のタイトルは、P「なんくるないさー」だぞー!


それじゃあ皆ー!レッツ!アイマス!


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:スロス

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。