スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鳥「やさしさに包まれたいんですよ!」P「あっそ」 

カテゴリ:マジキチ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:11:52.58 ID:mj4ejk/G0


~5:23~

P「うぅ、寒っ…」

P「こんな早く起きるなんてなぁ、俺も年かい?」

P「…」

P「とりあえずトイレ行こ」

P「って……」

美希「…zZ」

P「忘れてた、美希と一緒に寝てたんだっけ」



関連記事P「風呂上がりに飲むMAXコーヒーはヤバイな」
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:14:19.85 ID:mj4ejk/G0


P「うゔ…どけっ、美希」

美希「…んん…」

P「おい、起きろっての」

美希「……っん」

P「離れろっつーの」グググ

美希「…zZ」

P「……」

P「そいっ!」

ドサッ

美希「あっ」

P「起きたか?」

美希「…は、ハニー?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:15:19.41 ID:ibIWGpG00

待ってたぞ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:16:26.25 ID:zqmw84yu0

カブトムシキタ→


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:16:47.94 ID:mj4ejk/G0


美希「ぇ…い、今何時なの…」

P「5時だよ」

美希「ご、5時?」

P「あぁ」

美希「……あふぅ」

P「はいはい、俺はトイレ行ってくっからお前は布団に入って寝ろ」

美希「あれ…なんでミキ……床に」

P「おやすみ」

美希「…うん、おやすみ、ハニー」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:19:47.25 ID:mj4ejk/G0


P「うぅ、早いとこトイレ行こ…漏れる」

P「……おい」

律子「あっ、プロデューサー」

P「今何時だよ」

律子「えっと…5時30分ですね」

P「いやいや、なんで起きてんの?」

律子「プロデューサーこそ」

P「俺はトイレ」

律子「私はちょっと打ち合わせを」

P「こんな時間まで!?」

律子「誰かさんのせいでですよ」

P「うぐ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:22:25.07 ID:mj4ejk/G0


P「…で、なんの打ち合わせだよ」

律子「なにって……今日明日のロケの確認ですね」

P「はぁ、よーやるわほんと」

律子「プロデューサーは働かな過ぎです」

P「俺は皆と遊びに来ただけだから」

律子「……はぁ」

P「そうだ律子」

律子「はい?」

P「ちょっと待っててくれ」

律子「なんでですか」

P「いーからいーから」

律子「私、寝たいんですけど」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:25:56.73 ID:mj4ejk/G0


~2分後~

P「とか言いつつも待ってくれるんだよなぁ」

律子「…」

P「へへ……っほい」

律子「ちょっ!汚いですって」

P「あ?俺の手についた水が汚いだぁ?」

律子「わ、分かったから飛ばさないでくださいっ!」

P「ぐひひ」

律子「はぁ…まったく」

P「なぁ律子」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:27:58.93 ID:mj4ejk/G0


律子「なんですか?もう私部屋に帰りたいんですけど」

P「……」

P「昨日、どうだった?」

律子「え?」

P「とぼけんなよ」

律子「……」

P「昨日のライブ、どうだったって聞いてんだよ」

律子「あはは…」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:30:28.87 ID:mj4ejk/G0


P「な?やっぱ居ただろ?」

律子「な、なにがですか?」

P「お前を待っててくれた人」

P「まぁ…ファンかな」

律子「あー、居ましたね…」

P「あれ?もしかして悔やんでんの?」

律子「い、いえっ!そんな事は無いですけど…」

律子「ただ」

P「ただ?」

律子「アレで良かったのかなって」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:34:58.34 ID:mj4ejk/G0


P「は?」

律子「いや、言葉の通りですよ」

律子「確かにファンの方には受けいられました」

律子「すっごく嬉しくて、あの時は歌を歌う事だけ考えてて」

P「…」スタスタ

律子「私、久しぶりだったからなんども踊ってくれるの外しちゃって」

律子「あはは、恥ずかしかったけど」

律子「でも、楽しかった」

P「えっと、蛇口はっと」キュ

蛇口「のヮの」あらららら



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:37:34.50 ID:mj4ejk/G0


律子「だけど、終わった後にこれで良かったのかなって」

律子「また…」

律子「また、ファンを置き去りにしちゃうのかなって思ってしまって」

律子「その……」

律子「今になって、後悔してるっていうか…」

律子「やっぱり、違う形でや

パシャア

律子「っぷ」

P「……」

P「目、冷めたかよ」

律子「な、なにするんですか!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:38:33.91 ID:HceB63jV0

前スレまとめくれ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:43:52.69 ID:Am94yEJA0

>>28

美希「ハニー、ミキね、HIP-HOPで食べて行こうと思うの!」P「…」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317275985/
美希「ミキミキ」真美「マミマミ」やよい「うっうっうー!」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317995011/

P「クビ…ですか」高木社長「あぁ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317380613/
春香「のワの」765プロ…
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317486843/
天海春香「おいしいですよね、カブトムシ」P「くっさいなー」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317625255/
天海「殺してやる」P「やってみろよカブトムシ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317725872/
P「温泉ロケですか…」高木社長「あぁ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317898756/
律子「アイドル…ですか」P「あぁ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318089996/
P「風呂上がりに飲むMAXコーヒーはヤバイな」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318254514/
律子「プロデューサー、どうぞ、コーヒーです」P「にっが!」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318421544/
小鳥「やさしさに包まれたいんですよ!」P「あっそ」     ←now!
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318687912/


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:59:14.97 ID:HceB63jV0

>>33
ありがと


244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 04:46:06.93 ID:bdjVxOXAO

>>33
有りすぎワロタ
全部読まないとダメなタイプ?それともそれぞれが独立してるのか


246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 04:54:34.70 ID:vMUAWsnD0

>>244
続編だよ
だから全部読むと楽しめる


247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 04:55:32.43 ID:PZFVmUH20

>>244
上2つと下のは別シリーズ(上の方も未完)
まぁ続きモノなんで読んどいた方が楽しめるのは確か


248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 04:56:33.40 ID:gJ82YsYo0

>>244
大きく分けると2つ

HIPHOPとカブトムシ

ちなみにカブトムシの最初はP「クビですか」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:42:31.06 ID:mj4ejk/G0


P「お前さ、あの時、俺に聞いたよな」

律子「な、なにを」

P「髪留め…まぁゴムだけど」

P「持って来てますかって」

律子「そ、そうですけど」

P「で、お前あの時すっげー良い顔してたよ」

P「間違いなく、最近のお前の中じゃ一番の顔だった」

律子「だ、だからあの時は」

P「それで、ステージに立って、お前、謝ったよな」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:45:25.90 ID:mj4ejk/G0


律子「はい…」

P「ファンは…」

律子「はい?」

P「お前のファンは」

P「お前を責めたりしたか?」

P「罵声を浴びせたか?」

律子「…」

P「違うだろ?喜んでたろ」

律子「は、はい」

P「お前はどう思ったよ」

P「嫌だったか?逃げ出したくなったか?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:48:16.21 ID:mj4ejk/G0


律子「…」

P「お前はなぁ、考えすぎるんだよ」

P「それも最悪に方向に向かって暴走しちゃう」

P「ある意味1番たち悪いわな」

律子「すみません…」

P「あの時、あの瞬間、お前はアイドルだったろ?」

P「ファンの奴等もアイドルのお前を見てた」

律子「プロデューサー…」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:48:59.28 ID:+F3GXHMF0

律子へはやっぱり優しいPwww


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:51:13.41 ID:zqmw84yu0

>>39
水かけるヤツのどこが優しいんだよ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:51:28.64 ID:mj4ejk/G0


P「少なくとも俺はお前を見て楽しかった」

P「さいっこうだった」

P「今までのモヤモヤが綺麗さっぱり消し飛んだ」

律子「……」

P「そんなもんだぜ?ファンって」

P「1番見たく無いのはな」

P「そうやって落ち込んでる姿なんだよ」

律子「あ、あの」

P「あの時のライブ、つーか今回のロケ」

P「全国放送にしてもらうから」

律子「……え」

律子「えぇえ!?ぜ、全国ですかぁ!?」

P「あぁ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:54:58.39 ID:mj4ejk/G0


律子「ななな、なっ、なっ」

P「落ち着けって」

律子「こ、これが落ち着いていられますか!」

P「別に良いじゃん、その方が都合良いだろ」

律子「だ、駄目ですよ!」

P「は?」

律子「わ、私達にはそういった権限なんて無いですし、そ、それに

P「あれか?全国放送されるのが怖いか?」

律子「なっ」

P「まぁ間違い無くお前のあの行動を良しと思わない奴も居るだろうな」

律子「だ、だったら」

P「お前は一回徹底的に叩かれるべきなの」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:58:09.35 ID:mj4ejk/G0


P「二年前のあの日、突然の引退」

P「まっ、社長の手品で大事にならなかったけどな」

律子「ぁ…」

P「ファンを二年間も待たせて」

P「泣いて謝るアイドル」

P「はっ、まぁボロクソだろうな」

律子「……」

P「でさ、律子」

律子「…はい」

P「お前の中のもやもや、まだ有るか?」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:01:46.21 ID:1pW6tx0E0


律子「…」

P「oi」

律子「…」スタスタ

P「なっ、に、逃げるのかよ!」

律子「…」キュ

蛇口「のヮの」あじゃじゃじゃ

P「り、律子?」

律子「…」スタスタ

P「な、なに水なんか手に溜めて

パシャア

P「ぷわっ」

律子「…」

律子「取れました」

P「……は?」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:05:43.98 ID:gJ82YsYo0

正直パイナポーヘアーのりっちゃんのが可愛い


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:06:47.70 ID:uVmZpL9n0

>>57
握手


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:06:01.98 ID:1pW6tx0E0


律子「もやもや、取れました」

P「……律子」

律子「プロデューサーのおかげで」

律子「いや……」

律子「皆のおかげで」

律子「今、取れました」

P「…」スタスタ

律子「プロデューサー?」

P「…」キュ

蛇口「のヮの」最近いちごオレにハマった

律子「ちょっ」

P「しゃらくせー!」

パシャア

律子「ぷわっ!な、なにするんですか」

P「……ぷ」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:08:23.65 ID:1pW6tx0E0


律子「はぁ?」

P「くっ…あはは」

P「あっはっはっははは!」

律子「プロデューサー?」

P「あははは、よし!それで良い!!」

律子「はい?」

P「とれたならもう良い!許す!」

律子「…」

P「ほらっ、早く寝るぞ!今日も早いんだし」

律子「プロデューサー」

P「……当たり前だ」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:12:03.62 ID:1pW6tx0E0


P「これでまだうじうじ悩んでたらよ」

P「アイツにビンタされちまうぞ」

律子「あ、あいつ?」

P「そっ、何時もデカイ態度で周りに喝を入れるお嬢様」

律子「あっ…」

P「今回もあいつのおかげで律子をステージに上げれたんだ」

P「……良い奴、プロデュースしたよな」

律子「スカウトしたのはプロデューサーですよ?」

P「磨きあげたのはお前だ、俺は途中で投げちまった」

P「……」

P「ほら、部屋に戻るぞ」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:15:16.83 ID:1pW6tx0E0


~竜宮小町のお部屋~

律子「…あの」

P「なんだね律子君」

律子「部屋……違いますよ」

P「私は一向に構わないが?」

律子「…」

P「にひひっ、凸スケに会いに来ましたぁ」

律子「伊織はプロデューサーの物じゃないです」

P「ふひひっ、そんなのかんけーねー」

律子「知りませんからね」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:18:08.81 ID:1pW6tx0E0


もぞもぞ

P「えー、ただいま竜宮小町のリーダー、水瀬伊織の布団に潜入しております」ボソボソ

伊織「…zZ」

P「いやぁ、寝顔がとってもキュートですねぇwww」ボソボソ

P「うひひ、お凸にキスしちゃいましょう」

チュッ

伊織「んっ……」

P「ほふひひひwww可愛らしいですねぇ」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:20:54.40 ID:1pW6tx0E0


P「…お!」

伊織「んん…」

ゴロン

P「寝返りです、寝返りをしました」ボソボソ

P「しかもコレはアレですね、僕の方に身体を持って来ましたねww」ボソボソ

伊織「…zZ」

P「……」

P「ふひ」


ギュウゥ

伊織「ん…」ピク

P「…(やらけ━━━━!いおりんまじ天使!!)」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:23:35.84 ID:1pW6tx0E0


P「あぁ、いいにほひ」

ギュウゥ

伊織「…いた」

P「はあぁあん、いおり→→→ん」スリスリ

伊織「ぃっ、いったいなんなのよぉ……」

P「あふぅん」スリスリ

伊織「………え」

P「あ」

伊織「な、なんで…」

P「……」

P「モーニン」



なんであんたが居んのよおぉおお!!



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:28:11.44 ID:1pW6tx0E0


亜美「うぅん…」

律子「あっ、起きちゃった?」

亜美「…りっちゃん?」


伊織「しんっじらんない!」

P「ごめんなさい、出来心です」

伊織「もう我慢できない!あんた!一回頭冷やして来なさい」カチャ

P「もうしませんから携帯を取り出さないでください」

伊織「嫌よ!今度という今度は絶対に許さないんだから!!」

P「すいませんすいませんすいませんすいません」

伊織「いや!」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:31:09.81 ID:1pW6tx0E0


亜美「あっ、兄ちゃん?」

P「あ、亜美…」

亜美「どうしたの?いおりんとなにかしたね?」

P「なにもしてな

伊織「私の布団の中で変な事してたでしょ!!」

律子「伊織、あずささんが起きちゃうから静かに

伊織「コレが黙ってられるわけ無いじゃない!!」

P「っち、うっせーな」

伊織「な、なんですってー!?」

P「反省してまーす」

伊織「あ、あ、あんたねえぇ」プルプル


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:36:05.88 ID:1pW6tx0E0


P「あーあー分かったよ分かりました」

P「俺が悪いんですよ」

伊織「なによその態度!」

P「ったく、俺に抱きつかれたんだから寧ろお礼を言うのが常識だろ凸スケ」

伊織「あー………」

伊織「律子」

律子「ん?」

伊織「ごめんなさい、先に謝っとく」

律子「へ?」

伊織「っ!」ブンッ

P「!」

バコーン

P「ぷっ!?」

亜美「あっ、いおりんやっる→」

亜美「目覚まし時計は見事兄ちゃんの顔面に直撃→」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:40:53.66 ID:1pW6tx0E0


P「いっ…」

伊織「!」ブンッ

バチコーン

P「ぷわっ!?」

亜美「お→今度はいおりんのクシが兄ちゃんのおでこに直撃→」

律子「ちょっ、伊織、止めなさい!」

伊織「うっさいうっさいうっさーい!」ブンッ

バチーン

P「ビーバー!」

亜美「今度はドライヤーが兄ちゃんのアゴをくだ

律子「亜美も解説してる暇があったら伊織を止めて!」

亜美「んっふっふ~亜美、やっちゃうよ→」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:46:36.38 ID:1pW6tx0E0

~8分後~

P「…い、いひゃい」ピクピク

伊織「はぁっはぁ…」

亜美「やった→兄ちゃんをやっつけた→」

律子「け、結局私が二人を止める事になるとは」

P「へっ、コレで満足かよ」

伊織「…」

伊織「あぁぉあ"!」ガバッ

P「のわっ!?」

亜美「いおりんのたいあたり→兄ちゃんに23のダメージ、効果はいまひとつの様だ→」

伊織「こ、こ、こんのぉ!!」

P「愛してるぅ~」

伊織「んなあぁ!?」

亜美「兄ちゃんのなきごえ、いおりんの攻撃力がさが

律子「亜美、いい加減にしなさい」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:51:43.24 ID:1pW6tx0E0


P「…もう6時45分じゃねーか」

伊織「な、な、なによ」

P「伊織」

律子「プロデューサー、もう部屋に戻ってください」

P「愛してるぅ」

伊織「んんっ!?」

亜美「いおりんは分かりやすいねぇ」

伊織「だだ、黙りなさい!馬鹿亜美!」

亜美「いおりん顔真っ赤→」

P「俺もそろそろ帰るかな」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:53:55.09 ID:1pW6tx0E0


P「じゃあ律子、おやすみ」

律子「嫌味ですか?」

P「にひひっ」

亜美「にひひっ」

伊織「!?」

P「にひひっ」

亜美「にひひっ」

伊織「あんた達いぃ」プルプル

P「おー、凸が怒る前に撤退だ→」

亜美「撤退だ→」

ツルッ

P「おわっ!?」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:58:32.67 ID:1pW6tx0E0


P「…」

あずさ「…ん…んっ」

亜美「兄ちゃんがいおりんのクシに躓いて」

亜美「すっごくおいしい状況に!」

P「あ、あはは…」

あずさ「…プロデューサー…さん?」

P「お、おはようございます、あずささ

あずさ「プロデューサーさん」

P「…お、おはよう、あずさ」

あずさ「はい、おはようございます」


伊織「ちょっと!いつまであずさの上に乗っかってんのよ変態!」

亜美「あっ、いおりんやきもち焼いてる」

伊織「ち、違うわよ馬鹿!」

亜美「いおりんは分かりやすいですなぁ」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:02:56.58 ID:1pW6tx0E0


P「結局追い出されたし…」

P「うーん、時間微妙だなぁ」

P「正直ね、もう眠く無いんだなぁこれが」

P「……朝風呂だな」


~凸凹シスターズのお部屋~

カチャ

P「…」

P「まだみんな寝てるな」

P「服を取って…」ガサゴソ


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:05:12.27 ID:1pW6tx0E0


P「……」

響「…」カチカチ

P「響?」

響「わっ!?ぷ、プロデューサー?」

P「……なにしてんだ」

響「な、なにって…」

P「まぁゲームだな、それは」

響「う、うん」

P「ポケモンか」

響「はいさい…」

P「お前絶対はいさいの意味知らないだろ」

響「そんな事無いぞ」カチカチ

P「…」

響「…」カチカチ


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:07:33.40 ID:1pW6tx0E0


P「じゃあ俺風呂入ってくるから」

響「はいさい」カチカチ

P「…」

響「?」

P「いや、なんでも無い」

響「プロデューサー、また後で」カチカチ

P「あ、あぁ」

響「…」カチカチ

P「…(朝からポケモンかよ)」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:09:43.99 ID:1pW6tx0E0


~脱衣所~

P「…」

P「なんでお前が居るんだよ」

カメラマン「酷いっすよ旦那ぁ」

P「黙れ使い捨て」

カメラマン「嫌っすよ!自分、メインキャラになりますからね!」

P「いやいやいや、マジで誰得」

カメラマン「自分得っす!」

カメラマン「ささっ、入りましょうぜ旦那ぁ」

P「…」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:12:16.14 ID:1pW6tx0E0


~お風呂~

カメラマン「いやぁ昨日の盛り上がりは凄かったすねぇ」

P「…」

カメラマン「あの伝説のアイドル、秋月律子の一日限りの復活ライブ!これは15は固いっすよ」

P「視聴率か」

カメラマン「えぇ!無理矢理ゴールデンにぶち込ませます!期待しといてください!」

P「…」

カメラマン「旦那」

P「…」

カメラマン「旦那ぁ…」

P「やめろ気持ち悪いんだよ!」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:15:39.32 ID:1pW6tx0E0


カメラマン「で、今日なんですけどね」

P「…」

カメラマン「今日は昨日と同じ様に場所を変える予定っす」

P「…」

カメラマン「まぁ、今回は小町とシスターズだけなんですけど」

カメラマン「まっ!旦那の事でぇ、無理矢理他の子達も連れていくんでしょ?」

P「…」

カメラマン「旦那ぁ…」

P「…」

カメラマン「旦那ぁ…」

P「止めろ!若干美希とかぶるんだよ!!」

カメラマン「えへへ」

P「勘弁してくれ…」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:17:57.50 ID:1pW6tx0E0


カメラマン「旦那、お背中流しやすぜ」

P「…」スタスタ

カメラマン「だ、旦那!?」

P「死ぬ」

カメラマン「え」

P「響と風呂入ってくる」

カメラマン「だ、旦那!?」

バタン

カメラマン「……」

カメラマン「ふえぇ…」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:20:38.66 ID:1pW6tx0E0


~シスターズのお部屋~

カチャ

P「ひーびき」

響「んー?」カチカチ

P「一緒にお風呂はーいろっ♫」

響「今手が離せないぞ」カチカチ

P「……」

響「美希とでも入ればいいさー」カチカチ

P「ひ、響」

響「自分、今ポケモンやってるから無理だぞ」カチカチ

P「…」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:24:19.54 ID:1pW6tx0E0


P「…(な、なんだこの感じ)」

響「おっ!このポケモン面白そうさー」

響「亜美達との対戦の時に使ってやるぞー」カチカチ

P「…(無性に響とお風呂入りたい)」

響「うーん、だったら組み合わせはこれでいいかなぁ」カチカチ

P「……(あれか、断られたからか?)」

響「あっ、でもこいつと組み合わせるのも面白そうだぞ」カチカチ

P「…(いや、今は考えまい)」


俺は響と風呂に入りたい


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:29:08.04 ID:1pW6tx0E0


P「響」

響「まだ居たんだ」カチカチ

P「…(はあぁう、こ、この素っ気なさ、何時もの響じゃない)」

P「い、一緒に風呂入ろうぜ?」

響「だから美希と入ればいいさー」 カチカチ

P「…(あっふん!こ、この響も良い!)」

P「ひーびき」

響「あーもう!さっきからうるさいぞー!」カチカチ

P「響!」ガバッ

響「うぅわっ!?」

DSlite「のヮの」はいセーブせずに落ちましたー


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:34:47.02 ID:1pW6tx0E0


響「ぁ…あぁ…」

P「ん?」

響「…」プルプル

P「あー、DSの電源落ちちゃったんだ」

響「…」

P「あ、怒ってる?」

響「……」プルプル

P「わ、悪い悪い、悪かったって」

P「だ、だから」

響「…ぐ…っゔ……」

P「ありゃ?」

響「せっ…、せっかく…手に入れたのに…ひ、ひどいさぁ…」プルプル


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:37:57.45 ID:1pW6tx0E0


P「おいおい、泣く事ないだろ」

響「…プロデューサーのばか……ぅ」

P「た、たかがゲームじゃねーか」

響「しらないぞ……自分、プロデューサーの事嫌いになったさぁ…」

P「ひ、響…」

響「……許さないさぁ」

P「わ、悪い」

響「…嫌だぞ……」

P「…(あーもー響きゃわわ)」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:41:53.03 ID:1pW6tx0E0


P「なぁ響、とりあえず風呂に入ろうぜ」

響「一人で行けばいいぞ……ばか」

P「響と入りたいさー」

響「真似しないでほしいぞ…」

P「……」

P「なんくる?」

響「…」

P「な、なんくる?」

響「なんくるなくないさぁ…」

P「響ー!」

ギュウ

響「ゔぅ!は、離れるさー!自分プロデューサーの事大嫌いなんだぞー!」

P「嫌だぞー離さないさー!」


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:45:01.43 ID:1pW6tx0E0


~露天風呂~

響「…なんで自分が」

P「はいはい、嫌な事は洗い流そうぜっとぉ」

P「ほら、髪洗ってやるから」

響「髪位一人で洗えるぞ…」

P「へーへー、分かったからこいよ」

響「…」トテトテ

P「…(うっへぇ、相変わらず酷い髪)」

響「プロデューサー、洗うなら早く洗ってほしいぞ」

P「あ、悪い悪い」


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:48:41.70 ID:1pW6tx0E0


P「しっかし久しぶりだな」キュ

シャワー「のヮの」ちんすこうって不味いよな

サアァア

響「…」

P「はい、じっとしろよ」

響「プロデューサー」

P「ん?なんだ」

響「自分、さっきは

P「おい、動くなっていったろ」

響「あ、ご、ごめん」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:53:34.02 ID:1pW6tx0E0


P「しっかし、毎日風呂入る様になったは良いが…」ゴシゴシ

響「んあぁ…」

P「雑に洗ってるだろぉ、やっぱり泡立ちが悪い」ゴシゴシ

響「そんなことないさあぁ」

P「はいはい、今度は髪の洗い方を教えなきゃならねーな」ゴシゴシ

響「毎日プロデューサーが洗ってくれればいいだけだぞおぉ」

P「それじゃあ響が何時までも上手くならないだろ、髪洗うの」ゴシゴシ

響「別にいいさあぁ」


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:57:52.40 ID:1pW6tx0E0


P「ほら、目閉じろよ」キュ

シャワー「のヮの」

サアァア

響「あぁあ"久しぶりだったぞー」

P「確かに、久しぶりな気がする」

響「前はよくプロデューサーの家に泊まってたのに最近は行ってなかったからかなぁ」

P「それだけ暇じゃ無いって事だろうな」

響「ゔー、嬉しい様な悲しい様な…自分、分からないぞ」

P「はいはい、ほら、身体洗うぞー」

響「はいさい」

P「はいさいの意味を言ってみろ」

響「…」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:03:56.65 ID:1pW6tx0E0


P「うーん」ゴシゴシ

P「やっぱちっちゃいなぁ響は」

響「自分、気にしてるんだから言わないでほしいぞー」

P「まぁ響が大きくなったら困るんだけどなぁ」ゴシゴシ

響「シスターズが?」

P「いや、俺が」ゴシゴシ

響「へ?」

P「知りたい?」

響「し、知りたいぞ」

P「内緒」

響「えー!意味が分からないさー」

P「こら、動くなっつーの」

響「ゔぅ」


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:06:48.57 ID:1pW6tx0E0


P「……あれ?」

響「ん?どうしたぁ、プロデューサー」

P「お前さ」

響「へ?」

P「大きくなったか?」

響「さっきは小さくて今は大きいって意味が分からないぞー」

P「ちん◯」

響「え"」

P「いや、響の出したクイズの回答」

P「さっきは小さくて今は大きい物」

響「ぷ、プロデューサー…」

P「あはは、冗談冗談」


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:09:38.99 ID:1pW6tx0E0


P「いや、胸だよ胸」ゴシゴシ

響「そういえば昨日美希にも言われたさー」

P「へー、なんて」ゴシゴシ

響「それが教えてくれなかったんだぁ、なんか自分と同じになったとか言ってたぞ」

P「自分と?」ゴシゴシ

響「あっ、美希と」

P「……」

P「ま、マジ?」

響「へ?う、うん」

P「美希と同じって」

P「マジかよ」ゴシゴシ

響「な、なんなのさー!教えてほしいぞー」


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:12:03.29 ID:1pW6tx0E0


P「じゃあ前は自分で洗えよ、俺は自分の身体洗うから」

響「はーい!」

P「そういえば今日のロケなんだけどよ」

響「ん?なぁに?」ゴシゴシ

P「やっぱり皆と行きたいよな?」

響「当たり前だぞー!皆と一緒の方が絶対楽しいさー」

P「だよなぁ」キュ

シャワー「のヮの」

サアァア


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:16:37.22 ID:1pW6tx0E0



~その頃~

小鳥「ぴっひっひっひ」

小鳥「こ、この力が有れば!!」

小鳥「プロデューサーさんを私の物にできます!!」

小鳥「いや……」

小鳥「私の玩具に出来る……」

小鳥「ぴへへへwwww」

小鳥「じゃあプロデューサーさんの所に行きますよー!!」


『帝怪鳥』

バサアァアア


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:24:28.42 ID:1pW6tx0E0


小鳥「ぴよ~」

小鳥「空を飛ぶのがこんなにも気持ちいいなんて」

小鳥「知りませんでした~」


カーカー

小鳥「ぴよ?」

烏「カーカー」

小鳥「…汚い鳥ですねぇ」

烏「あ?」

小鳥「え?」

烏Aが現れた 烏Bが現れた 烏Cが現れた 烏Dが現れた 烏Eが現れた 烏Fがetc

小鳥「ぴよー!?」

カーカー カーカー カーカー カーカー

小鳥「や、やめっ!?」

カーカーカーカーカーカー


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:26:41.31 ID:1pW6tx0E0


小鳥「あっ!つ、翼は止めてください!!」

カーカーカーカー カーカー

小鳥「ぴよー!!」

ブチッ

小鳥「あ……つ、翼が」




ヒュウウゥウウ



ピ━━━━ヨ━━━━!!


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:29:59.65 ID:1pW6tx0E0


~脱衣所~

P「ほらっ、ドライヤーで乾かしてやるから」

響「はーい!」

ドライヤー「のヮの」ふっ、旦那は俺を持って来てくれたんだぜ

ブフオォオ

P「今日も頑張ろうなー」

響「うん!自分、また皆とお仕事出来るって思うと元気が出てくるぞ!」

P「あはは、響は可愛いな、そういう素直な所」

響「ゔぅ、恥ずかしいぞぉ」


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:32:32.00 ID:1pW6tx0E0


P「よっし、じゃあ部屋に戻るか」

響「はいさい!」

P「だから使い所が違うっての!」

響「なんくるないさー!」

P「ったく」

P「…(今日の現場はどこだろなっと)」



196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:34:44.57 ID:1pW6tx0E0


~凸凹ルーム~

ガチャ

P「おはよ」

千早「おはようございます、プロデューサー」

P「うん、おはよ」

響「おはよー響~!」

千早「おはよう、我那覇さ…」

響「ん?どうしたぁ千早?」

千早「…(二人とも同じ匂い)」

千早「プロデューサー」

P「あはは…ばれた?」

千早「…」


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:35:28.35 ID:1pW6tx0E0

あばばミスった


~凸凹ルーム~

ガチャ

P「おはよ」

千早「おはようございます、プロデューサー」

P「うん、おはよ」

響「おはよー千早~!」

千早「おはよう、我那覇さ…」

響「ん?どうしたぁ千早?」

千早「…(二人とも同じ匂い)」

千早「プロデューサー」

P「あはは…ばれた?」

千早「…」


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:37:22.23 ID:1pW6tx0E0


P「あ、あの」

千早「…」

P「ゔぅ」

千早「…」

P「響、ちょっと向こう向いてろ」

響「へ?」

P「良いから」

響「う、うん」


P「…千早」


チュウゥ

P「お、おはよう」

千早「おはようございます、プロデューサー」

響「ねー、もういいかなー?」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:40:00.75 ID:1pW6tx0E0


P「で、美希の奴は」

千早「まだ寝てます」

美希「…んん……」

P「まぁ、起こしちゃったからなぁ」

千早「起こした?美希をですか?」

P「あぁ、昨日同じベッドでね……」

P「…なはは」

千早「…」

P「響、まだ向いてろよ」

響「えー、長いぞー!」

P「悪い」

響「う、うん」


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:43:08.62 ID:1pW6tx0E0


千早「…(おはようのキスが二回)」

千早「プロデューサー」

P「……はい」

千早「あっ、それは良いですから」

P「あ、そうか」

千早「美希と我那覇さんは私が準備させときます」

千早「ですか

チュッ

千早「ん!?」

P「これで三回」

千早「……」

P「じゃあ美希達は千早に任せる」

千早「は、はい」


響「ねー、何時まで向こう向いてればいいのか教えてほしいぞー!」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:47:47.02 ID:1pW6tx0E0


ガラララ

P「おっは

バフッ

真美「おはよう兄ちゃん!」

P「…ま、真美」

P「朝っぱらから枕は無いだろうがぁあ」プルプル

真美「おっ!真美とやるの?」

真美「やよいっちー!二人で兄ちゃんを倒すよ!」

やよい「任せてくださいー!」

雪歩「おはよう、真ちゃん」

真「ゆ、雪歩…なんでボクと同じ布団で寝てるのさ」

貴音「おはようございます、プロデューサー」

P「おはよう、たか

バフッ

真美「ブイッ!」


205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:50:33.13 ID:1pW6tx0E0


P「ま、真美いぃ!」

真美「真美キッ→ク」

P「ふはは、聞かぬ、聞か

バフッ

やよい「うっうー!」

P「…」

P「ぐえぇらああ!」

真美「兄ちゃんが本気になったー!」

P「ぐっひー!まーみー!」

真美「わー!」

P「しいぃねえぇ

バフッ

貴音「プロデューサー、油断大敵です」


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:54:25.07 ID:itXSTvZH0


真美「ナイスお姫ちん!」

P「ぐっ、まさか貴音まで俺の敵とはな」

貴音「プロデューサー、勝負とはと

バフッ

貴音「……だれです」

雪歩「なに私のプロデューサーを傷つけてるの?」

貴音「萩原雪歩…」

雪歩「今は関係無いよ?」

貴音「わかりました…敬意をもっておあ

バフッバフッ

貴音「っぷ」

雪歩「あはは」


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:58:54.72 ID:itXSTvZH0

コーヒーを買って参ります
ぶっちゃけますとこの先全く考えておりません


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:59:33.12 ID:gJ82YsYo0

師弟関係だと思ったらこれだよ

流石ヤンデレといったところ


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:00:05.80 ID:PZFVmUH20

いつも通りだろ気にすんな


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:10:47.50 ID:itXSTvZH0


P「いてて、あいつら加減をしらないな」

P「特に真美…あいつには一度裁きを下さないといけないな」

律子「あっ、プロデューサー」

P「……寝てないんだな」

律子「誰のせいですか」

P「すみません」

律子「っで、今日のロケなんですけど」

P「やっぱり小町とシスターズだけ?」

律子「そうですね、一応」

P「はぁ…」


215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:13:19.89 ID:itXSTvZH0


律子「今回は山ですね」

P「まぁ海って来たんだから予想はしてたが」

律子「正直私の方が自信無いです」

P「……何に対してだ?」

律子「山ですよ」

P「はぁ?アレだろ?山行ってみんなでメシ食って終わりじゃ無いの?」

律子「有ってますけど違いますね」

P「……」

P「まさか」

律子「はい」


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:15:40.23 ID:itXSTvZH0


P「なんで山登らなきゃなんないんだよ」

女「なんですか、私の台本に文句でも?」

P「あるから来たんだろうがアバズレが」

女「なっ!?あ、アバズレ!?」

P「車で登れば良いじゃねーか!」

女「ダメです!」


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:19:09.74 ID:itXSTvZH0


P「もし倒れたらどうすんだ、ああ!?」

女「その時はその時です!」

P「倒れてからじゃ遅いんだよババア!!」

女「ばっ、ババア!?」

P「事実だろうがババア!お前今何歳だよ!」

女「シャラッープ」

P「……」

P「つーか、また小町とシスターズだけなのか」

女「当たり前」

P「なんでだよ」

女「だから事前に決まってたのを貴方が勝手に他のアイドルまで連れて来たのがいけないんでしょ!?」

P「ぐぬぬ」


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:21:19.65 ID:itXSTvZH0


P「分かった、登山の件はのんでやるよ」

女「当たり前です」

P「ただ全員参加だけは譲れねぇ」

女「ダメです!」

P「……」カチャカチャ

女「!!」

P「…」

P「ウェルカム」


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:22:53.68 ID:itXSTvZH0


P「全員参加OK?」

女「い、いぇす…」

P「よし、じゃあなババア」

女「はひっ…」

スタスタ

バタン



P「とりあえず大丈夫そうだな」



222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:25:08.31 ID:gJ82YsYo0

なんという荒業


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:26:36.36 ID:vMUAWsnD0

welcomewwww

さすが伊織をもおとしたPだな


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:27:18.48 ID:itXSTvZH0


カメラマン「旦那ぁやりますね」

P「でたな誰得カメラ」

カメラマン「そこはマンをつけてくださいよ!」

P「もうね、見たくもないのお前の顔」

カメラマン「旦那ぁ…」

P「お前と絡む位ならね、アイドルにひたすらキスしてた方が楽なの」

カメラマン「旦那ぁ…」

P「殴るぞ」

カメラマン「すいません」


226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:29:37.41 ID:itXSTvZH0


律子「あはは、結局全員参加なんですね」

P「まぁな、俺の力って凄い!」

律子「で、やっぱり…」

P「あぁ、登山は確定」

律子「はぁ…」

P「残っといて良いんだぞ?」

律子「それが出来たら苦労はしません」

P「へ?」


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:33:02.65 ID:itXSTvZH0


律子「プロデューサーに任せるとどうなるか分かりませんから」

P「うっへー、信頼度皆無」

律子「0ですね」

P「ほー、言うねぇ」

律子「まぁ、倒れそうになったらその時は」

P「は?甘えんなよ助けねーから」

律子「…」

P「俺だって行きたく無いのに…律子おぶって登山はちょっと」


228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:34:06.18 ID:gJ82YsYo0

僕に任せて


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:34:43.44 ID:vfw8sEOF0

>>228
アトムかと思った


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:42:14.19 ID:gJ82YsYo0

>>229
君の心で、キャッチ・ザ・フューチャー!


230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:35:26.36 ID:itXSTvZH0


P「って、まぁ嘘は置いといて」

律子「どっからが嘘なんですか」

P「行きたく無いのは本当」

P「でもな、倒れそうになったら絶対に俺に言えよ」

律子「は、はい」

P「お前が倒れたら番組がヤバくなるから」

律子「あははは……まぁそんな

P「俺だって困る」

律子「プロデューサー」


232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:44:46.23 ID:U7tBl8Qh0


P「だって俺がサボれないじゃん」

律子「私のトキメキを返してください」

P「なにがトキメキだよばーか」

律子「私、絶対に登りますよ」

律子「プロデューサーだけにしたら番組そのものが崩壊しかねませんから」

P「はいはい、頑張りんしゃい」

P「俺は皆を集めとくから」

律子「はい、じゃあ私はスタッフと打ち合わせに行って来ます」

P「へーい」


233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:48:43.84 ID:U7tBl8Qh0


P「ま、まだ起きてないのか」

千早「はい」

響「何やっても起きないんだぞー」

美希「んにゃ……ふぅ」

P「もう時間も無いって言うのに」

P「響、悪いけど真美達を呼んできてくれ」

P「そんで千早、お前は伊織達を」

千早「はい」

響「わかったぞ」


234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:55:21.49 ID:U7tBl8Qh0

もう無理だぞ8時位まで寝るさー


235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:56:29.56 ID:gJ82YsYo0

きたか・・・・

王子様起こしが・・


280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 09:51:13.96 ID:U7tBl8Qh0


P「おーい美希」

美希「んっ…」

P「起きろっての!」

美希「、…zZ」

P「…あれか、キスで起こせばいいのか」

美希「っ…」ピク

P「起きてるだろ」

美希「……zZ」

P「起きてるだろっつーの」

美希「ん……zZ」

P「…」

チュウゥ

P「…」

美希「あふぅ…」

P「おはよう」


283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 09:55:16.91 ID:U7tBl8Qh0


美希「…起きてないの」

P「はいはい、時間無いんだから顔洗って着替えろ」

美希「……」

美希「…zZ」

P「おい美希」

美希「…zZZ」

P「あーくそ」

モゾモゾ

美希「んぁっ!?」ビク

P「ほら、起きろ」

美希「は、ハニー」


285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:09:03.76 ID:U7tBl8Qh0


美希「…ハニー」

P「ん?まだ起きねーか」

美希「あふぅ…ミキはす

ギュウ

P「おーおー、眠るなら夕方ぐっすり寝ような」

美希「ハニー…く、苦しいの」

P「なら早く起きろ」

美希「…まだ寝たりな

チュウゥ

美希「んん!?」

P「起きなさい!」


287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:12:04.99 ID:U7tBl8Qh0


伊織「遅い!」

P「くひひ、すまん」

伊織「あんたん所のせいで時間ギリギリじゃない!」

P「あーあー、ったく、朝からうるせーよ」

伊織「なっ!なん

律子「伊織、静かに」

伊織「り、律子までこいつの肩持つつもり!?」

律子「今は時間が無いんだから、ほら、行くわよ」

P「……ぷ」

伊織「なっ!」

P「怒られてやんの→」

亜美「やんのやんの→」


289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:15:55.73 ID:U7tBl8Qh0


律子「とりあえず登山付近まではバスで行くみたいです」

P「その山までどれ位かかるんだ?」

律子「えっと…バスで2時間かからない位ですね」

P「そ、そんなかかんの!?」

律子「まぁ…それ位は」

P「くはー」

律子「まぁ私はその間休めるんですけどね」

P「寝なかったお前が悪い」

律子「寝させなかったのは誰ですか…」


290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:18:51.12 ID:U7tBl8Qh0


真美「真美が兄ちゃんの隣→」

亜美「あー!亜美が隣だよ→」

P「俺は一人が良いんだけど」

雪歩「……プロデューサー」

P「!?」ゾクゾクゾク

雪歩「隣、良いですか?」

P「ゆゆゆ、ゆっ…雪歩」

雪歩「……良いですか?」

P「あばばばばば」


292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:21:26.47 ID:U7tBl8Qh0


P「お、俺は…一人が

雪歩「プロデューサー」

P「ひゃい!」

雪歩「隣…良いですか?」

P「おわわわわ」

雪歩「プロデュー

美希「ハニー!ミキの隣が空いてるのー!」

P「!」

雪歩「…プロ

P「あっはっはっは!すっかり忘れてたー!ごめんなー今行くぞー!」

ダッタッタ


294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:24:26.64 ID:U7tBl8Qh0


~車内~

P「美希、助かった」

美希「?」

P「いや……なんでもない」

美希「変なハニー」

P「はあぁ、なんか俺も眠くなっ

亜美「兄ちゃん兄ちゃん!」

P「……んだよ亜美」

亜美「ゲームしようよゲーム」

P「勝手にやっ

真美「負けるのが怖いんだ→」

P「あ"?」

亜美「亜美達に負けるのが怖いんだ→」


297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:27:49.22 ID:U7tBl8Qh0


P「……5」

響「6」

亜美「7」

真美「……」

真美「8」

P「ダウト」

『8』

P「んなっ!?」

真美「んっふっふ~まだまだですなぁ」


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:30:32.39 ID:U7tBl8Qh0


P「…(この三人)」

響「うーん…4」

亜美「5だよ→」

真美「6!」

P「…(強い…美希と比べるのが失礼な位に強い)」

響「プロデューサーの番だぞー」

P「あっ、悪い」

P「7」

真美「ダウト→!」

『9』

真美「んっふっふ~」

P「ぐぎぎ」


300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:35:25.76 ID:U7tBl8Qh0


美希「…zZ」

P「美希の奴も寝ちまってるし」

真美「兄ちゃん!ポケモンやろーよ!」

P「あっ、悪い、ちょっと用事が」

真美「バスの中で用事?」

P「あぁ、ちょっとな」

真美「ふーん、あっ、帰ってきたらさ」

P「俺の虫パが相手してやんよ」

真美「絶対だよ!」


302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:38:29.65 ID:U7tBl8Qh0


伊織「…」

P「隣、良いか?」

伊織「いや」

P「ありがと」

伊織「嫌って言ってんでしょ!?」

P「はいはい、隣に人が居ないからさみしいでちゅねー」

伊織「はぁ?アンタ、なにいって

チュッ

伊織「んあぁ!」

P「ほっほっほ、キスで黙りする凸スケも嫌いじゃないぞ」

伊織「……10分でどっか行ってよね」

P「ほひー」


304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:42:03.67 ID:txQyn49e0


伊織「で、要件は?」

P「相変わらずキッツいなぁお前」

伊織「うっさい馬鹿」

P「うへぇ、またキスすんぞ」

伊織「したら警察に電話するから」

P「そんな事したら伊織を抱いて離さないから」

伊織「……」

伊織「で、要件は?」

P「昨日の事」


305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:45:18.07 ID:txQyn49e0


伊織「昨日?」

P「そっ、昨日」

P「ほら……律子の」

伊織「ふん、別にお礼を言って欲しくて言った訳じゃないわよ」

伊織「た、ただアンタ達二人の態度が勘に触ったから言ってあげただけ」

P「にひひ、あんがと」

伊織「だっ、だから私はお礼を

P「本当にありがとう」

伊織「…な、なによ気持ち悪いわね」

P「助かった、伊織のおかげだ」


308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:48:28.98 ID:gJ82YsYo0

真、真美、伊織のビジュアル上昇率は異常


309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:48:55.42 ID:txQyn49e0


P「お前のおかげで、やっと取れた」

伊織「取れた?」

P「あぁ、ずっと引きずってたモヤモヤ」

伊織「はぁ?私に分かるように言いなさいよ」

P「うーん、俺もなんて言ったら言いか分からんからなぁ」

伊織「はっ、自分の事も分からずに私達に大人ヅラしてるんだ」

伊織「やっぱりアンタはへっぽこで変態な無能プロデューサーね」

P「……」

伊織「な、なによ…言い返さないの?」

P「……くひ」

伊織「ひっ!?」


310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:55:31.52 ID:txQyn49e0


伊織「…ぁ…」ピクピク

P「はっ、大人を舐めるからだよばーか」

P「さてと~お次は誰の隣に」

P「…」


あずさ「千早ちゃんはプロデューサーさんの事、どう思ってるの?」

千早「え、プロデューサーの事ですか?」

貴音「そうです、貴女はシスターズのリーダー、つまりプロデューサーと一番接する機会が多いという事」

千早「そ、そんなんじゃ…」

あずさ「あらあらぁ、千早ちゃん、なんで顔を俯かせてるのかしらぁ?」

P「千早ってMなのか?ワザとなのかアレは」


311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 10:58:01.70 ID:txQyn49e0


P「…」

律子「……zZ」

P「律子の奴、ぐっすりだな」

P「まぁ二時間位でも寝といた方が良いしなぁ」

P「……」

カチャ

P「たく、寝る時位眼鏡外せっつーの」

律子「…zZ」

P「はぁ…ほんっと」


312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:00:13.88 ID:txQyn49e0


P「うひひ、キス位良いよなぁ」

P「りっちゃ→んキスですよー」

P「ん~」

ザクッ

P「あひっ!」ビク

雪歩「…」

ザック

P「いぎぃ!?」

雪歩「プロデューサー」

P「は、はひ…」

雪歩「向こう、空いてますよ…」

P「あ、あひゃひゃ…」

P「そうですね」

雪歩「…」


314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:03:39.40 ID:txQyn49e0


雪歩「プロデューサー」

P「あ、あの」

雪歩「はい?」

P「スコップを喉元に突き立てないでくれ…」

雪歩「…」スッ

P「あ、ありがと」

雪歩「良いですか?話に戻っても」

P「……いや

ザック!

P「んぎいぃ!?」

雪歩「良いですか?」

P「あ、あひぃ」


315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:07:34.76 ID:txQyn49e0


P「で、なんだよ」

雪歩「プロデューサーは」

雪歩「春香ちゃんの事、覚えていますか?」

P「…」

P「あぁ、勿論だ」

雪歩「もうずっと、会ってませんよね」

P「まぁ……最後に会ったの何時だっけな」

雪歩「プロデューサーにとっての春香ちゃんって」

雪歩「その程度の存在なんですか?」

P「へ?」



316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:11:22.79 ID:txQyn49e0


雪歩「す、すみません」

P「別に謝らなくても良いけど」

雪歩「でも私、とっても酷い事を」

P「…(ならスコップで俺を掘るなよ)」

雪歩「うぅ…」

P「で、春香がどうしたんだ?」

雪歩「あっ、じゃあ戻しますね」

P「お前が勝手にかえ

スッ

雪歩「なにか言いました?」

P「い、…いえ」


319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:14:55.91 ID:txQyn49e0


雪歩「それで」

P「それで?」

雪歩「も、もし…」

P「もしもし?なんだ携帯か」

雪歩「…」

ズップ

P「ひいぃい!?」

雪歩「良いですか?」

P「わ、分かった、もう口出ししないから」

P「だ、だから足に突き刺さったスコップ…抜いてく

ズポッ

P「ひぎいぃい!」


320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:17:43.97 ID:txQyn49e0


P「ぁ…あ、足が」プルプル

雪歩「それで、春香ちゃんの事なんですけど」

雪歩「もし、もう二度会えなくなってしまったら」

雪歩「どうしますか?」

真「…」ピク

貴音「…」

P「春香に?」

雪歩「はい…答えてください」


322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:22:55.63 ID:txQyn49e0


P「うーん」

雪歩「…」

P「どうだろうなぁ」

P「もうずっと会ってないし、もしかしたらもう死んでるかもなぁ」

雪歩「だ、だったら」

P「そりゃ会えるなら会いたいな」

雪歩「あっ…」

P「まぁ、今んとこそれ位かな」

P「春香に対しての感情って」

雪歩「プロデューサー…」


326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:29:20.35 ID:txQyn49e0


P「今は春香より」

雪歩「春香ちゃんより?」

P「目の前の雪歩の方が大切」

雪歩「ぷ、プロデューサー!?」

P「最近構ってやれなくてごめんな?」

雪歩「あっ、あの」

P「…雪歩」

雪歩「は、はい!」

P「……」スッ

チュッ

雪歩「ひゃう」

P「今日の登山、楽しみだな」

雪歩「きゅうぅ…」


330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:32:10.41 ID:txQyn49e0


P「…」カチカチ

真美「えへへ→だいもんじ→」カチカチ

P「ぐっ」カチカチ

真美「二体目にもだいもんじ→」カチカチ

P「ぷはっ」

真美「三体目にもだいもんじ→」

P「ぶーばー!」

真美「えへへ、真美の勝ちだねん」

P「…」

真美「やっぱり兄ちゃんじゃ真美の相手になりませんなぁ」

P「もう一回だ」

真美「んっふっふ~」

P「次は負けんぞ」


335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:35:44.05 ID:txQyn49e0


律子「…んんっ」

律子「うぅ…」

律子「まだ着いてないわよね」

律子「うん、まだ一時間しか経ってないし」

律子「ふわあぁあ…あっ」

律子「…もう一眠りしよ」



P「ぶひひひ」

真美「あーん、兄ちゃんズルいよー!」

P「うるへー、今まで本気じゃなかっただけだよ!」


336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:39:42.88 ID:txQyn49e0


響「プロデューサー!次は自分と

亜美「次は亜美とやろー!」

P「おっ、良いぞ!俺の虫で狩りつくしてやんよ」

亜美「虫?」

P「おう、虫だ」

亜美「戦う前からなに使うか言うなんて兄ちゃんもまだまだですなぁ」

P「ふっふっふ、かかってこいよ伝説厨」

亜美「兄ちゃんが負けたら?」

P「今日亜美と寝てやる」

亜美「本当!?」

P「あぁ、本当」

亜美「だったら亜美、まっけないよー!」


338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:48:45.98 ID:txQyn49e0


亜美「…」プルプル

ミュウツー「www」
カイオーガ「www」

P「いやぁ、二体で勝っちゃったww」

亜美「に、」

亜美「兄ちゃんのばかー!!」

P「ふひひひwwww」

響「プロデューサー、次は自分とやるぞ」

P「おう!響とやるのが一番楽しいからな」

亜美「ぶー!」


341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:51:46.56 ID:txQyn49e0


~その頃~

小鳥「うっ…」

小鳥「はっ!」

小鳥「こ、ここは」キョロキョロ

小鳥「たしか私、烏に襲われて…」


小鳥「うむむ、思い出せませんねぇ」

小鳥「と、とにかく!プロデューサーさんを探さないと」


342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:55:53.68 ID:txQyn49e0


P「…」

サマヨール「きせき強すぎワロタww」
スイクン「こいつあい変わらず弱いなぁww」
ナットレイ「おっつおっつwww」

響「えへへ、どうだった!?パーティー変えて見たんだけど」

P「死ね」

響「え」

P「死ぬ、お前とは二度とやらん」

響「ぷ、プロデューサー…」

P「死ぬ」


344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 11:57:44.60 ID:txQyn49e0

少し早めの昼ご飯、20分程お時間を


359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 12:24:13.48 ID:txQyn49e0


P「うっひゃぁ」

亜美「たっかいねー!」

やよい「こ、ここを登るんですかぁ?」

千早「確かに高いわね」

真美「でも楽しそー!」

真「うん、いい修行になりそう」

雪歩「修行…」

貴音「二人とも、今はその考えは捨て、楽しむ事を考えましょう」

伊織「なんで私が登山なんて…」

響「くー、楽しみだぞー!」


360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 12:27:51.84 ID:txQyn49e0


律子「ゔぅ…もう目眩が」

P「はいはい、やる前から諦めねーの」

律子「私、寝てないんですよ!?」

P「知らねーよ、それにさっきバスで寝てたじゃねーか」

律子「そうですけど…」

P「はいはい、行きまっせ」

あずさ「プロデューサーさん」

P「ん?どうしたあずさ」

あずさ「あの、美希ちゃんが…」


P「…マジですか」


361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 12:31:19.79 ID:txQyn49e0


カメラマン「え?星井美希をケガにする?」

P「あぁ」

カメラマン「っというと」

P「まぁ、ライブかなんかで足挫いた設定にしとけば」

カメラマン「しとけばって、無茶言わないでくださいよ!」

P「大丈夫、ほら」

美希「…zZ」

カメラマン「あっ、包帯が巻いてありますね」

P「自分は足を怪我してるのに皆の為に登山はしたい悲劇のアイドル!」

P「的な感じで」


362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 12:35:18.84 ID:txQyn49e0


美希「ハニー…」

P「おっ、起きたか?」

美希「うん、あのね」

P「ん?」

美希「……」

モソモソ

P「うわっ!?」

P「ばばばば、ばか!服に手を突っ込むな!!」

美希「えへへ、今はミキのターンなの」

P「あ?降ろすぞ」

美希「それじゃあさっきのミキが悲劇のアイドルってのが無くなっちゃうの」

P「お前起きてたのか」


364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 12:38:51.24 ID:txQyn49e0


美希「うん、実は」

P「くっそ、一本取られた」

美希「ごめんなさい」

P「少し登ったら降りろよ」

美希「い、嫌なの!ハニーとこうしていたいの」

P「あ?甘えんじゃねーよ」

美希「ハニー…」

P「だから俺はハチミツじゃないっての」


366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 12:45:01.90 ID:txQyn49e0


美希「ハニー」

P「…なんだよ」

美希「どうしてミキ達は一番後ろなの?」

P「後ろで見る奴が居るんだよ」

美希「ふーん」

P「で、お前はいつ俺から降りて歩くんだ?」

美希「内緒なの」

ギュッ

P「く、くるし」

美希「ハニー」

チュッ

P「頬にキスすんな」

美希「ハニー」

P「だーもー!!」


368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 12:49:34.44 ID:txQyn49e0

ごめんなさい、二時間程帰れなくなっちゃいました
すみませんすみません


401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:06:04.07 ID:txQyn49e0


カメラマン「旦那」

P「んだよカメラ」

カメラマン「いえ、そろそろ休憩ポイントですぜ」

P「や、やっとか…」

美希「…」ギュ

P「ぐぎぎ、ぐるじい」

カメラマン「どうしやした?」

P「いや、なんでもない」

カメラマン「はぁ、じゃあ先行ってやすぜ」

P「ゔ、うん…」


404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:08:56.07 ID:txQyn49e0


P「なぁ美希」

美希「…カメラマンさん、行った?」

P「行きました」

美希「……」

チュッ

P「無言のキスとか止めろ」

美希「ねぇハニー」

P「あ?」

美希「このまま頂上までおぶってほしいの」

P「絶対に嫌だ、休憩ポイントに着いたらお前を降ろすから」

美希「…」

チュッ

P「うわっ!」

美希「ハニー…」


405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:12:13.98 ID:txQyn49e0


美希「だったらミキ、今から寝るの」

P「はぁ?なにいってんだよ」

美希「それならハニーはミキを降ろせなくなるの」

P「そんな事したらお前を置いて行くから」

美希「そんなのってないの…」

P「当たり前だろ、皆歩いてんのにお前だけズルとかふざけんな」

美希「ハニー…」

P「はぁ…」

P「休憩地点まではおぶってやっから、それまで休んでろっつーの」

美希「…うん」


407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:16:59.78 ID:txQyn49e0


律子「…」

亜美「りっちゃん、大丈夫?」

律子「え?な、なにが?」

真美「とぼけたってダメだよー!」

伊織「律子、アンタさっきからフラフラじゃない」

律子「い、伊織…」

伊織「響、あんたん所の馬鹿は何時になったらくるのよ!」

響「自分、皆と歩いてたからわかんないぞ」

千早「私も、さっきからプロデューサーの姿、見てないわ」

亜美「兄ちゃん、ミキミキとどぅえーと中なんだよね」


408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:19:15.10 ID:txQyn49e0


P「ほえぇ…」

美希「ハニー?」

P「あんのカメラマン、俺を置いて先に行きやがって」

P「あはははは」

P「……」

P「迷ったwwwww」

美希「え?」

P「携帯取り出しぽぱぴぷぺー」

P「……」

P「あはは、圏外www」

美希「ハニー?」

P「うわぁ…」


409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:22:39.07 ID:txQyn49e0


P「と、とりあえず降りてくれ」

美希「…嫌なの」

P「い、今はそれどころじゃないだろ」

美希「わ、わかったの」

P「よしよし、素直な子は大好きだぞぉ」

美希「ハニー、それで、今からどうするの?」

P「うーん、どうしよっか」

P「つーかこの山道、一切整備されてねーじゃねーか!!」

P「ざっけんな!このロケが終わったらあのババア殺してやる」

美希「ババア?」

P「あっ、このロケのお偉い……」

P「あっ!」


410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:25:20.31 ID:txQyn49e0


P「そういえば忘れてた」

美希「何をなの?」

P「……小鳥」

美希「あ」

P「やっべ、海に置いてきたままだ」

美希「ど、どうするの?」

P「今は自分達の事を考えよう、とりあえず皆と合流しないといけないんだよなぁ」

美希「あっ、ハニー」

P「ん?どした」

美希「地図とかは貰ってないの?」

P「捨てた」

美希「ハニー…」


413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:29:15.20 ID:txQyn49e0


~休憩ポイント~

亜美「着いたよ→」

律子「はぁ、や、やっと着いた」

伊織「ほんっと、明日からジョギングでも始めなさいよ」

律子「あはは、考えとく」

あずさ「プロデューサーさん、大丈夫かしらぁ」

真「…ボクが探しに」

貴音「真、今は待ちましょう」

雪歩「四条さん?」

貴音「信じる事もまた、己を強くするのです」

真「……うん、わかった」

真「ボク、プロデューサーを信じる」

雪歩「真ちゃん」


414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:32:13.73 ID:txQyn49e0


P「うっへぇ、しかし何処だよ休憩ポイント」

美希「ミキ、お腹空いたの」

P「そういえば朝ごはん食べて無いな」

P「つっても俺、なんも持ってきて無いぞ」

美希「ミキのリュックに何か有ると思うの」

ガサガサガサ

美希「あったのー!」

P「…美希、それ」


415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:35:08.39 ID:txQyn49e0


美希「うん、あの時買ったおにぎりだよ?」

※確か一日目に大量に買い込んだやつです

P「……見せてみろ」

美希「へ?うん」

P「…」

P「あぁ、当たり前の様に賞味期限きれてるな」

美希「…」

P「まぁ…俺は別に気にしないがお前はなぁ」

美希「だ、大丈夫なの」

P「いや、お前が腹を壊したらたまったもんじゃないからさ」

美希「ミキ、お腹は強い方なの」


417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:38:03.96 ID:xd+kdmVs0


P「いや…だけどなぁ」

美希「…」グルルルル

P「……」

美希「我慢出来ないの」

P「知らねーからな?」

美希「大丈夫なの」

P「じゃ、じゃあ食べようか」

美希「うん!」



420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:44:12.79 ID:xd+kdmVs0


響「うー、プロデューサー遅いぞー」

千早「電話も繋がらない…」

やよい「ぅっぅー…」

律子「…」

伊織「どうすんの?引き返した方が良いんじゃない?」

亜美「それじゃあまた登ってこなきゃいけなくなっちゃうよ、いおりん」

伊織「それ位いいじゃない!早くあのへっぽこを見つける方を優先するべきよ!」

真美「おー、いおりんが兄ちゃんの心配してるー」

伊織「わっ、私はあのへっぽこと一緒に居る美希が心配なだけ!」

真美「んっふっふ~素直じゃないなぁいおりんは」

伊織「だ、だまんなさいよ馬鹿真美!」


421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:47:15.78 ID:xd+kdmVs0


P「…」グギュルルルル

P「おぉ…っごっご……」

美希「大丈夫?ハニー」

P「あ"、あぁ…だ、大丈夫」

ギュルルルル

P「じゃないぃい"!?」

美希「ハニー…」

P「…っはぁっあぁ…し、死ね」

美希「ごめんなさい、ミキがおにぎりなんか渡すから」

P「あ、あぁ、お前のせいだよ…」

ギュルルルル

P「があぁあ"!」

美希「ハニー!」

P「く、くるなぁ!」

美希「ハニー…」


425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:50:35.80 ID:xd+kdmVs0


P「い、いいか…俺に着いてくるなよ……」

美希「なっ、なんでなの!?」

P「うるせー!!」

美希「ハニー…」

P「なっ?戻ってくるから…」

ギュルルルル

P「はあぁうっ!?」

美希「や、やっぱりハニーを一人には出来ないの!すっごく苦しそうなの!」

P「だまれえぇ!!」

美希「うっ…」

P「い、良い子だからそこで待ってなさい…」


427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:54:15.62 ID:xd+kdmVs0


P「…ゔぅ」

ギュルルルル

P「はあぁああん!?」

P「…はあぁあ…っはあぁ」

P「クソが…あっ、クソは俺か……」

P「あんの茶髪…殺してやる」

ギュルルルル

P「んやあぁああ"!」

ハニー!やっぱりミキも一緒にいくの!

P「!?」

P「ばかー!!来たら殺す!マジで殺す!!」


428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:57:27.35 ID:xd+kdmVs0


で、でも!

P「黙れ!!!」

ミキはハニーの力になりたいだけなの!

P「だ、だったらくんじゃねー!!」

またハニーは自分の身を削ってミキの為に何かしようとしてるんでしょ?だったらミキも手伝うの!

P「手伝わなくていいー!邪魔だからくんな!!!」

もうハニーの苦しむ姿なんて見たく無いの!だ、だから

P「今すっげー苦しいんだよ!見たくないなら来るんじゃねー!!!」


429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:58:45.47 ID:gJ82YsYo0

気付かない美希可愛い


430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:59:42.78 ID:12h6k5s10

ここで颯爽と御手洗君が


431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:59:56.15 ID:63frVHlr0

もうPを開放してやってくれww


432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:01:26.04 ID:xd+kdmVs0


美希「ハニー!?苦しいの?」

あー!だから来るな!!来たら殺す!

美希「…(ハニー、やっぱりミキの為に)」

美希「ミキ、ハニーの事が大好きなの!」

それは分かってる!だから来るなクソヤロー!!

美希「だから!ハニーにだけ苦しい思いはさせたくないの!」

お、おい…や、やめろ、く、来るなよ

美希「嫌なの!ミキ、ハニーを助けたい!」

ばか!美希のばか!!アホ!

美希「馬鹿でもアホでハニーを助けれるならミキ、構わないの!」


436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:06:01.64 ID:xd+kdmVs0


P「あわわわ、ヤバい、美希の奴本気だよ」

P「く、くそ!今は我慢して他の場所でするしか

ギャルルル!

P「んやあぁあ"!?」

P「あ、あぁ…や、やば…」

ダタタタ

美希「ハニー!」

P「ブーッ!?」

美希「何処なのー!?返事してほしいのー!」

P「…(や、ヤバい)」



437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:06:23.17 ID:V7E6+r1M0

さすがにウザくなってきた


438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:07:33.60 ID:WpQy2NTCO

やべぇうぜぇ


439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:08:43.59 ID:xd+kdmVs0


どうする?このまま返事を返さず糞を出すか?

いや……臭いでバレるだろう

じゃあどうする?どうすればこのアホにバレずに糞が出来る!?

考えろ……

今出来る最善の手を……考えろ!

俺に今出来る事を…

考え


ギャルルル!

P「はあぁう!?」

美希「!?は、ハニー!?」

美希「近くにいるの!?」


440: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:09:34.54 ID:gJ82YsYo0

もうPを許してやれwww


441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:10:38.11 ID:NeMgqQyV0

もはや気にせずアホと認識してるな


443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:11:03.63 ID:xd+kdmVs0


P「あぁああ"ああ!!」

美希「は、ハニー!」


美希「そこなの!?そこに居るの!?」


P「ぐるな"あぁあ"!!」

美希「ハニー!今行くの!!」


P「おっおぉ"お"!!」

美希「ハニー!」



そうか……そうだったのか

あぁ…


刻が視える……


美希「ハニー!」


444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:11:32.90 ID:xd+kdmVs0





                      心
                      か
   




ブリュリュリュリュ


445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:11:47.17 ID:E7aMENHf0

やっと追いついたのになんだこの糞スレ…


446: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:12:51.48 ID:gJ82YsYo0

もういい・・もう放て・・誰もお前を咎めたりしないよ・・


448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:16:40.43 ID:xd+kdmVs0


P「……」

美希「ハニー、ミキは別に気にしてないよ?」

P「……」

美希「ハニーは人間だもん、誰だって出す時はあるの」

P「…」

美希「ただそれが今だっただけでね?別に気にする必要なんてないの」

美希「恥ずかしい事じゃないと、ミキは思うなぁ」

P「……」

美希「ハニー」

美希「小さいけど…」

美希「はい、ティッシュ」

P「…ありがと」


449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:18:03.02 ID:jXYRsNO/0

ブボボ(`;ω;´)モワッ


451: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:18:31.44 ID:gJ82YsYo0

美希が正妻すぎる

ていうか野糞2回目だなPw


452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:19:19.71 ID:xd+kdmVs0


P「……」フキフキ

美希「ハニー」

P「…黙れ」フキフキ

美希「ふふっ、ハニー♪」

P「……」フキフキ

美希「ハニーの全部が見たいなぁ」

P「勘弁してください」フキフキ

美希「ハニー、大好きなの」

P「そうですか……」フキフキ

美希「あっ、はい!もう一つ」スッ

P「……ありがと」


453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:19:41.97 ID:mpCQIHbi0

Pが銀さんみたいになってきた


454: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:20:49.91 ID:H5eOfCx40

ミキミキええこや・・・


456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:23:10.49 ID:xd+kdmVs0


UNーKO「のヮの」土に還って養分になっちゃうYO

P「……死にたい」

美希「ハニー、はい!水筒」スッ

美希「中身はお茶だけどね、コレで手を洗うと良いの」

P「……」

美希の水筒「のヮの」くっさ

P「…」

ジャパジャパジャパ

P「……ありがと」

美希「うぅん、ミキ、ハニーの力になれて嬉しいの」

P「…ち、ちくしょう」

P「ちくしょおぉおお!!」


459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:27:22.11 ID:xd+kdmVs0


小鳥「ぴよぴよ」グルルル

小鳥「お腹すきましたぁ…」

小鳥「きょ、今日はまだ上の口にも下の口にも何もいれてません…」

小鳥「あぁ、プロデューサーさあぁん…」

小鳥「…」

小鳥「プロデューサーさああぁああん!!」

小鳥「会いたいですよー!!」

小鳥「びよー!!!」


460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:28:30.66 ID:H+r1SEoG0

なんだよ下の口にもってwww


461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:30:08.14 ID:c9TiuIHk0

下はいらねーだろ


462: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:30:11.92 ID:xd+kdmVs0


P「うーん、まだ昼まで時間あるしなぁ」

美希「さすがにお昼までは持って来てないの」

P「うーん」カチャ

Pの携帯「=ヮ=」圏外ですぜ、旦那

P「美希のも使えないか?」

美希「うん、ミキのも圏外なの」

P「はぁ、昼までにはなんとかして合流しないとなぁ」

美希「…ハニー」

P「ん?」


463: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:30:30.49 ID:cMLDPtsb0

これは小鳥のスカトロ展開か…


464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:31:29.30 ID:uVmZpL9n0

いや、ここでやっと美希との深い絡みが…


466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:33:47.44 ID:xd+kdmVs0


美希「ミキ、疲れたの」

P「まぁ結構歩いたしなぁ」

美希「…」

P「どうした、その場に座り込んで」

美希「ハニー」

P「…なんだ、両手を伸ばして」

美希「ハニー…」

P「あ、甘えんじゃねーよ!!」

P「嫌だよおんぶなんて!」

美希「じゃあ抱っこで良いの」

P「そういう問題じゃねーYO!」

美希「ミキもう歩けないNO!」

P「黙れYO」

美希「嫌なNO!」


468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:35:34.81 ID:xd+kdmVs0


P「ミキミキミキミキ」

美希「チェケラッチョーなのー!」

P「……」

美希「…」

P「ごめん」

美希「ハニー、ミキの方こそごめんなさいなの」

P「…」

美希「…」

P「行こうか」

美希「うん」


469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:36:08.01 ID:dMBc4rZ20

メタwww


471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:41:05.48 ID:xd+kdmVs0


律子「あーもう、まだ繋がんないのー!?」

伊織「私のも駄目、ほんっと、肝心な時にやくにたたない」

亜美「亜美のも繋がんない」

千早「プロデューサー…」

響「千早、元気だすぞ、プロデューサーなら大丈夫だから…」

貴音「……」

雪歩「四条さん、やっぱり真ちゃんに」

真「ボク、もう限界です!」

貴音「二人ともに足りない物」

貴音「分からないのですか?」


473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:44:00.02 ID:xd+kdmVs0


真「え?」

雪歩「し、信じるき

貴音「それも大切ですが…もう一つ」

貴音「戦闘において最も大切な物」

真「最も大切な…」

雪歩「物」

真「そ、それはなんなんですか!教えてください!!」

貴音「今のお二人に説明をしたところで、それが実を結ぶ事は有りません」

雪歩「そ、そんな…」

貴音「今は待ちましょう」

貴音「お二人の無事を祈るのです」


476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:46:36.05 ID:xd+kdmVs0


P「…」スタスタ

美希「ねぇハニー」

P「今は歩く事だけ考えろ」

美希「あ、あのね」

P「なんだよ」

美希「さっきから…そ、その」

P「はっきり言ってくれ」

美希「う、後ろからね…」

P「は?」

美希「…クマが」

P「クマ?」クルッ

P「……」

熊「ベアベアベア」


478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:50:04.71 ID:xd+kdmVs0


P「わ、わー、おっきい」ガタガタガタ

美希「み、ミキ…野生のく、クマは初めてな、なの…」

熊「ベアベアベアベア」

P「あ、あははは」

P「く、くまかぁ…く、クルマじゃないんだなぁあははは…」

美希「は、ハニー…」

P「そ、そうそう、熊って確かハチミツが好きなんだよなぁ」

美希「ははは、ハニー」


熊「ベアー!」


479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:53:49.04 ID:xd+kdmVs0


P「美希!」

美希「ははは、ハニー?!」

P「目、瞑ってろ!」

美希「な、なにいってるの!?」

P「いいから俺を信じろ!!」

美希「ううう、うん!」


熊「ベアー!」

P「熊さんよぉ」

P「ちょっといいか」


480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:54:23.76 ID:gJ82YsYo0

まさかな


481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:54:26.35 ID:Vq2Jn49T0

獣姦か・・・


482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:57:08.68 ID:xd+kdmVs0


おーい!もう開けて良いぞー

美希「…ん」

P「大丈夫だったか?」

美希「あ…ハニー」

美希「あれ?く、クマは」

P「は?熊?なんの事だよ」

美希「さ、さっき…クマが」

P「お前頭大丈夫か?」

美希「…え?」

P「ほら、行くぞ」

美希「えっ、え?」

P「ほら」





熊の腕「…」 熊の首「…」


484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:57:39.58 ID:+afO7Pcf0

違った


485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:57:53.62 ID:w/kH6VA30

強すぎワロタ


486: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:58:08.36 ID:Vq2Jn49T0

なんだ


488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:59:54.75 ID:xd+kdmVs0


小鳥「ぴよぴよ…」

小鳥「お腹空いたぴよぉ…」

小鳥「……!」

熊の首「…」

小鳥「ぴよー!?」

小鳥「なななな、なんで熊の首なんかが転がってるんですかぁ!?」

小鳥「わわっ!?こっちには足が」

小鳥「こっ、こっちには腕と胴体が」

小鳥「……ぴよ」

小鳥「ももも、もしかしてここって…とてつめなくヤバい所なんじゃあ…」


490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:02:49.75 ID:vh3edSuO0

Pってのヮのにぶっ飛ばされたけど無事だったよね


491: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:03:29.78 ID:aiptPcwSO

>>490
受け身があったからな


492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:03:47.83 ID:xd+kdmVs0


P「うーん」

美希「ねぇハニー」

P「うん?なんだよ」

美希「皆に場所を伝えれば良いんだよね?」

P「は?」

美希「その方が、お互いに場所を確認出来る気がするの」

P「……美希」

美希「なあに、ハニー」

P「お前ってたまにすっごい頭の回転早くなるよな」

美希「え?」

P「多分お前は何かを燃やそうと思ってんだろ」

美希「う、うん」

P「よし、そのプランいただき」


494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:07:17.43 ID:xd+kdmVs0


P「とりあえず落ち葉を集めるか」

美希「うん、わかったの」

P「でさぁ、美希」

美希「どうしたの?」

P「……」

P「俺さ、タバコとか吸わねーんだよ」

美希「うん、知ってるよ?」

P「うん、吸わないんだよ」

美希「だ、だからどうしたの?」

P「……」

P「ライター持ってねぇってばよ…」

美希「ハニェ…」


495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:09:13.95 ID:QBQcqHV/0

熊殺しが出来るなら火起こしぐらいやってのけろよ


496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:09:46.90 ID:eJQAVaVw0

サスケェ…


498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:11:51.45 ID:gJ82YsYo0

Pなら発火ぐらい造作もなさそうだが


499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:12:42.16 ID:xd+kdmVs0


伊織「……あーもう!何時まで待たせれば気が済むのよあのへっぽこプロデューサー!」

亜美「いおりん…」

伊織「か、帰ってきたら土下座させてやるんだから……」

伊織「は……早く…来なさいよ…ばか」

律子「…」

響「じ、自分…探してくるぞ」

千早「いえ、その必要は無いわ」

響「千早?」

千早「アレをやるから」

響「あれ?」

千早「えぇ……アレを」


501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:13:33.24 ID:HjKQQ3PM0

さぁ皆さん御一緒に


503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:15:27.03 ID:K837SIEnO

それやるとハルカブトが……


505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:15:51.99 ID:xd+kdmVs0


千早「萩原さん」

雪歩「ち、千早ちゃん?」

千早「私と歌ってほしいの」

雪歩「千早ちゃんと……一緒に?」

千早「えぇ」

雪歩「あ、あの…何を歌えば」

千早「私と萩原さん」

千早「二人が今歌うべき歌…」

雪歩「あ!」

千早「……歌いましょう」

雪歩「は、はい!」


506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:15:54.70 ID:aiptPcwSO

硬インフェルノー


507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:16:29.69 ID:NeMgqQyV0

のヮのとBBAまで引き寄せるかもしれない博打じゃねえか


509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:20:32.97 ID:3Ht+wlTV0

来るぜ……本物のインフェルノーが……!


510: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:22:19.39 ID:xd+kdmVs0



511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:24:40.95 ID:xd+kdmVs0


P「あー、どうしよっか…」

美希「もう何も思いつかないの」

インフェルノー

P「あ?」

美希「い、今のって」




小鳥「千早ちゃんの」






春香「い"んふぇるのだあぁ"」


512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:25:32.22 ID:aiptPcwSO

いやぁぁぁぁ


513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:25:33.67 ID:PZFVmUH20

人外ホイホイ


514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:27:17.68 ID:xd+kdmVs0


千早「はぁっ…はぁ」

雪歩「はっ…はぁ…」

千早「萩原さん」

雪歩「ち、千早ちゃん」

千早「完璧だったわ」

雪歩「うん!」


律子「相変わらずの声量…」

伊織「み、耳がきんきんする」

亜美「亜美もあの曲歌いたーい!」

真美「インフェルノ!」

亜美「インフェルノ→」

千早「違うわ、こう、お腹から声を出す感じで」

千早「インフェルノー!」




515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:30:48.80 ID:xd+kdmVs0

インフェルノー!

P「こっちだな」

美希「あっ、待ってよハニー!」ガッ

美希「きゃっ!」

P「お、おい大丈夫か美希」

美希「い、いたたぁ…」

美希「だ、大丈夫だよ、ハニ

ズキッ

美希「いっ…」

P「おい、足見せてみろ」

美希「は、ハニー…へ、平気なの」

P「……」

P「今はシップが無いから、とりあえずおぶってやる」

美希「…ごめんなさい」

P「ほら、背中に乗れるか?」


516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:33:01.42 ID:xd+kdmVs0


美希「ハニー」

P「ん~?」

美希「怒ってる?」

P「はぁ?なんでだよ」

美希「ミキがケガした事」

P「別に怒ってねーよ」

美希「ごめんなさい…」

P「謝んなくても良いっての」

美希「だって……ハニーの事、困らせてるの」

P「まぁな」

美希「…」


518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:35:36.02 ID:xd+kdmVs0


P「後で思いっきり殴ってやるから覚悟しとけよ」

美希「……うん」

P「…」

P「美希、ちょっと顔を俺の顔の方に持ってこい」

美希「え?」

P「良いから早く」

美希「う、うん…」グイッ

P「……」

P「美希」

美希「は、ハ

チュウゥ


520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:39:56.37 ID:gJ82YsYo0

小鳥「ぴよ・・」


521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:41:50.30 ID:xd+kdmVs0


P「落ち着いた?」

美希「ぁっ…あ…」

P「あはは、ディープはやり過ぎたか?」

美希「あ……ぁ…」

P「ん?どうした」

美希「……」

P「おいおい、俯かれちゃ困るっての」

美希「きゅ、急には…は、反則なの…」

P「大人を舐めたらあかん」

美希「…ハニー」

P「ん?」

美希「…」

美希「大好きなの」

ギュウ


522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:44:50.91 ID:gJ82YsYo0

他と違って美希は完全に純愛担当や・・エロがないのもそのせいか・・


524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:45:23.33 ID:OEvMv+Yy0

エロがない代わりにスカがあったけどな……


525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:45:53.68 ID:xd+kdmVs0


亜美「あっ!兄ちゃん来たよ!」

あずさ「美希ちゃんも一緒ですねぇ」

伊織「ふ、ふん!どれだけ待たせれば気が済むのよ」

真「あれ?伊織泣いてる?」

伊織「な、泣いてなんか無いわよ変態!!」

響「プロデューサー!」

P「あはは、わ、悪い悪い」

美希「皆…」

千早「美希、あなた足が」

真美「わわっ!早くシップだよシップ!」

やよい「持って来ましたー」

美希「えへへ、ありがと」

やよい「うっうー、合流出来て良かったですー」


526: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:47:43.42 ID:xd+kdmVs0


雪歩「……」

貴音「雪歩?」

雪歩「ハジマル」

貴音「?」

雪歩「私、ココで春香ちゃんを迎え打ちます」

貴音「雪歩」

雪歩「……やらせてください」

貴音「…分かりました」

雪歩「ありがとうございます」


527: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:50:59.37 ID:xd+kdmVs0


貴音「あなたに一つだけ指示を」

雪歩「四条さん?」

貴音「…」スッ

『必ず、皆の元に帰ってきなさい』

雪歩「……はい」

貴音「雪歩」

貴音「貴方に足りない物…それは

雪歩「大丈夫です」

貴音「…」

雪歩「分かりました、四条さんの伝えたかった事」



529: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:52:39.94 ID:5ubHiXSi0

今初めてインフェルノ聴いてみたが…
これはPが笑うのもわかるwww
ハジマル、インフェルノ


530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:54:03.15 ID:gJ82YsYo0

雪歩気をつけろ、奴は人の能力を盗む・・


531: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:54:32.24 ID:HjKQQ3PM0

インフェルノ普通にかっこよくね?


537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:59:50.73 ID:5ubHiXSi0

>>531
歌はいいけどインフェルノとかハジマルとかあれはないと思う
インフェルノーーー!にトドメを刺されたよwww


532: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:55:13.59 ID:xd+kdmVs0


伊織「はぁ、やっと先に行けるのね」

P「悪かったって…」

伊織「いや!許さない!!」

P「いおり~ん」

伊織「ちょっ、来ないでよばか!」

P「いおり→ん」

亜美「あっ!いおりんだけズルい→」

真美「兄ちゃんに突撃→!」

P「っおわあぁ!」

美希「ごめんなさい、ミキのわがままで」

律子「はいはい、もう良いから」

美希「律子さん…」

律子「はいっ!貼り終わったから、プロデューサーにおぶってもらいなさい」

美希「は、はい!」


534: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:57:36.80 ID:xd+kdmVs0


真「…雪歩?」

貴音「行きましょう」

真「えっ」

貴音「コレが彼女の選んだ道です」

真「ちょっ、ちょっと待ってください!雪歩は

貴音「菊地真、貴女に足りない物」

真「なっ」

貴音「雪歩はもう……」

貴音「手に入れましたよ」

真「ゆ、雪歩が…」

貴音「行きましょう」

真「…」

真「はい」


538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:59:52.44 ID:xd+kdmVs0


雪歩「……」

雪歩「大丈夫かな…」

雪歩「大丈夫なのかな、私で」

雪歩「四つの新たな力…」

雪歩「コレだけ有っても」

雪歩「……いや」

雪歩「大丈夫」

雪歩「大丈夫だよ」

雪歩「私はもう……」

雪歩「あの頃の私じゃないから」


540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 18:02:55.47 ID:xd+kdmVs0


春香「…この辺なんだけどね」

春香「どこかなぁ」

春香「うーん」

春香「……」

春香「なぁんだ、雑魚歩かぁ」


雪歩「…」

春香「雑魚歩も懲りないね?真を出せよ」

春香「お前じゃ役不足なんだよおぉお"」

春香「早く真を

『強制審判』

ズポオォッ

春香「……はっ、馬鹿の一つ覚えだねぇ」


542: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 18:05:55.15 ID:xd+kdmVs0


雪歩「…春香ちゃん」

春香「たくっ、もう埋まるのには飽きたってい

ミチミチミチミチ

春香「うあ"っ」

雪歩「土じゃなくてね、土に触れてる春香ちゃんを固めてるんだぁ」

雪歩「だからね、今だけは動けないよ、何をしても」

春香「へぇー雑魚歩なりに努力したんだぁ」

雪歩「……質問」

春香「またぁ?いい加減にしてよ雑魚歩ぉ」

雪歩「答えて」


543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 18:09:15.32 ID:xd+kdmVs0


雪歩「……またね」

春香「あ"!?」

雪歩「また、」

雪歩「皆で……」

雪歩「あの頃に…」


雪歩「戻りたい?」


春香「……はっ」

春香「そんなの決まってるよぉ」

春香「…答えはね」






春香「NOだぁあ"」


546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 18:11:33.69 ID:xd+kdmVs0


雪歩「……」

雪歩「そっか」

雪歩「そうだよね」

春香「…(身体に違和感が無くなった、コレなら)」

ズボッ

春香「あはは、まさか一問しか問えないの!?」

春香「前より弱くなってんじゃん」

春香「やっぱり雪歩は雑魚歩だよ」

春香「あひゃひゃ、」


春香「死ね」


『落合』


ズドオォオオン



548: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 18:13:15.47 ID:xd+kdmVs0

はい、すみませんちょっと夕ご飯の買い出しに行ってきます
遅くても19時には帰ってきますので、よろしくお願いします


ちなみに次回はHIPHOPを予定してます


578: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:11:55.22 ID:xd+kdmVs0


パラパラパラ…

春香「いったあぁ」

春香「うぅ、いたいよ雑魚歩ぉ」

雪歩「それも嘘だよね…春香ちゃん」

春香「あはは、まぁね、痛覚遮断してるし」

雪歩「…」

春香「それでさ、ここ、何処?随分深く落ちたみたいだけど」

雪歩「…私の二つ目」

雪歩「いや、正確には一つ目の能力かな…」

春香「へぇ、で、どんな能力なのかなぁ?」


580: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:16:14.56 ID:xd+kdmVs0


雪歩「私の能力、『落合』はね、対象者と自分を移動させる能力…」

春香「ふーん、あっ、どこでもドアみたいな感じねぇ」

雪歩「…本来の用途はそれで有ってるよ」

雪歩「でもね、私はそれを更に強力に改良したの」

春香「はっ、雑魚歩は改良しないとまともに自分の能力も使えないんだね、さすが雑魚歩」

雪歩「これは他次元…」

春香「は?他次元?」

雪歩「私と春香ちゃんだけの世界…」

春香「……どうやって解けるんだぁ?」

雪歩「簡単だよ」スッ

雪歩「倒せば良いだけ……」


雪歩「春香ちゃんをね」


581: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:19:54.24 ID:xd+kdmVs0


春香「そっか、つまり」

春香「お前を殺せば良いだけかぁ」

春香「あはっ、簡単」

春香「早く真と闘いたいし」


春香「30秒で終わらせてあげる…」

春香「……」



春香「ゆきほおぉお"お!!」

ダンッ!


雪歩「……」


雪歩「いきます」


584: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:26:15.59 ID:xd+kdmVs0


『弌伍弎手円匙』

春香「え?」

バキャアァア

春香「ぎぎいぃ?!」

春香「な、なんだよそいつはぁ」

雪歩「私の三つ目の能力」

弌伍弎手円匙「=ω=」

春香「はっ、千手観音?」

雪歩「そんなに立派な物じゃないよ…」

雪歩「手は153本しかないから」

春香「へえぇ、一本一本にシャベルが付いてる…あはは、雑魚歩らしいねぇ」

雪歩「…」スッ

春香「!(くるっ)」

バキィッ!

春香「な"っ!?(よ、避けれなかった!?)」


587: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:31:41.64 ID:xd+kdmVs0


春香「あはは、真と同じ位?それとも以上かなぁ?」

雪歩「…」スッ

春香「ちっ、話し位きけよ雑魚歩!」

『伍拾の手』

雪歩「合掌」

バチンッ


シュウウゥウウ…

春香「あ、あはっ…あはは」

春香「びっくりした…」

春香「今分かったよぉ」

春香「お前、真を超えてる…それも遥か先にいるよ」

春香「やっと出会えた…」


595: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:37:47.43 ID:xd+kdmVs0


春香「…本気を出せる相手に」

春香「ありがとう、雪歩」


春香「感謝するよ…」

春香「雪歩…お前と出会えた」

春香「これまでの……」


のヮの「全てに!!!」

雪歩「…」スッ

『捌拾伍の手』



バチンッ

のヮの「あははは!楽しい!楽しいよおぉお"」


599: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:40:53.83 ID:xd+kdmVs0


雪歩「…笑ってる」

雪歩「こんな状況で」

雪歩「ふふふ、凄いね春香ちゃんは」

雪歩「……そんなに楽しいんだ」


雪歩「…私も」

雪歩「私も楽しいよ…春香ちゃん」

『捌拾參の手』

のヮの「あはははは!雪歩ぉお"!」


602: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:43:46.00 ID:xd+kdmVs0


P「あぁ、やっと半分か?」

律子「そうみたいですね」

P「なぁ、辛いならおぶるぞ?」

律子「結構です」

P「あ、そうですか」

律子「……美希も頑張ってるみたいですしね」

P「あはは、まさかシップ貼って歩くとは思わなかったな」

律子「強いんですよ、美希は」

P「はっ、お前に言われなくても分かってらぁ」

律子「えー、ほんとですかぁ?」

P「うっせー!」


604: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:47:06.70 ID:xd+kdmVs0


美希「…はぁ、っはぁ」

響「美希、大丈夫?」

美希「うん…へ、平気なの」

やよい「無理しないでくださいよー?」

美希「ありがとう、やよい、大丈夫なの…」

伊織「……ほら」

美希「…でこちゃん?」

伊織「手くらいかしてあげる」

美希「で、でもミキは

伊織「この伊織ちゃんに歯向かう気?アンタばっかじゃないの?」

美希「……」

美希「ありがとう」


607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:52:59.50 ID:xd+kdmVs0

~中間地点~

亜美「やっと半分だ→」

美希「…っはぁ…っ」

千早「美希、もうやめに

美希「ごめんなさい千早さん、それは聞けないの…」

美希「わがままで…ごめんなさい」

真美「ミキミキ、大丈夫かなぁ」

貴音「…今は信じるのです」

真「しん……じる」

貴音「美希も自分と戦っています」

貴音「諦めずに…自分を信じて」

真「自分を…」

律子「はーい皆ー、お昼ご飯よ」

P「へー、って、自分で作るの!?」

律子「当たり前ですよ、働かざるもの食うべからずですね」


609: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:56:30.49 ID:xd+kdmVs0


美希「…はぁ」

P「美希」

美希「は、ハニー…」

P「大丈夫か?…とはもう言わねぇ」

P「俺はお前を信じてるから」

美希「うん、ありがとうなの」

P「頑張れ」

美希「えっ」

P「これ位は言わせてくれ」

美希「は、ハニー!」

P「ほら、昼食の準備するぞー」

美希「……ありがと、ハニー」ボソ

P「あ?なんか言ったか?」

美希「ううん、なんでもないの」


612: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:00:27.97 ID:xd+kdmVs0


P「…うっわぁ」

伊織「な、なによ!」

P「きったねーなぁ、何それ?」

伊織「アンタなんかに関係無いでしょ!?」

P「伊織ちゃんスペシャル汚料理ですかwww」

伊織「な、なんですってえぇえ!!」

P「…」

ヒョイッ

伊織「あっ!何勝手に食べてんのよ!変態へっぽこプロデューサー!」


616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:04:42.77 ID:xd+kdmVs0


P「……うま」

伊織「はぁ?」

P「めちゃくちゃ美味い…」プルプル

伊織「あ、当たり前じゃない」

伊織「この私のスペシャルな料理なんだから美味しくて当然でしょ!?」

亜美「いおりんの…なにこれ」

真美「うへぇ」

P「良いから食べてみろ、世界が変わるぞ」

真美「兄ちゃんがいうなら…」

パクッ

真美「……」

真美「美味し→!」

亜美「亜美も亜美も→」パクッ

亜美「ほ、ほんとだ→美味しいよいおりん!」


619: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:09:57.42 ID:xd+kdmVs0



ー いつからだ……? ー

電気が止められ、水道が止められ、電話も止められたのは……


ー 一体 いつからだ ー

友人に大金を貸しそのまま持ち逃げされて音信不通


ー いつからだ ー

自分の生活が苦しくなりバイトで食いつなぐ生活……


623: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:14:20.30 ID:xd+kdmVs0


ー 一体、いつからだ ー

うまい棒で食いつなぐ様になったのは…


ー いつからだ ー

そのせいで医者から栄養失調と診断されたのは…


ー いつからだ ー

コンビニの婆に貰ったシュークリーム
もちろん、賞味期限がきれていた……



ー いつからだ ー

行きつけの温泉が大爆発…死者をだす大惨事
行きつけなせいか自分の存在を消され、知人からも帰らぬ人として扱われたのは…


626: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:18:36.67 ID:xd+kdmVs0


ー 一体、いつからだ…ー

雪歩「私の声が変わったのは…」


そんなんじゃ ねぇだろ!!


雪歩「私が思い描いていた理想は!!」

大勢のファンに囲まれ、キラキラのステージに立つ事!!


のヮの「ちぃっ!近づこうにもあの観音」

のヮの「奴の可動速度が尋常じゃないほど疾い…」

のヮの「間違いなく速さでは私以上…」


629: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:24:10.26 ID:xd+kdmVs0


のヮの「しかし、この能力にも穴がある」

そう、『雪歩』自身

これが『弌伍弎手円匙』の弱点

のヮの「いくら速かろうとそれは傀儡本体」

のヮの「所詮が人の目、人が操る傀儡」

のヮの「ふふふ、雪歩自身が速い訳じゃない」

突かせて貰うぞ……穴を

シャッ

雪歩「…くる」



633: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:26:45.03 ID:xd+kdmVs0


P「うっぷ」

律子「あれれ、どうしたんですか?」

P「いや、皆から味見を迫られてな」

P「食い過ぎた…吐きそう」

律子「あはは、大人気ですね」

P「あれ?律子のは」

律子「はい?」

P「いやいや、律子のは」

律子「もう食べましたよ」

P「お、俺のは?」

律子「無いです」

P「……マジ?」

律子「マジです」


635: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:31:33.62 ID:xd+kdmVs0


P「あっ!」

律子「え」

P「そこに有るのは!」

律子「あ、あぁ、作り余りです」

律子「スタッフの方に食べてもらおうかとおも

P「ヒーハー!!」

ガバッ

律子「あ!」

P「りーつーこーのーてーりょーおー」

P「り

カメラマン「あっ、律子さん、ゴチになります」

パク

P「……」

カメラマン「うまうま」


636: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:34:08.62 ID:xd+kdmVs0


P「…」

カメラマン「あっ、旦那、相変わらずのモテっぷりでしたね」モグモグ

カメラマン「他のアイドルの料理、食べてましたよね」モグモグ

P「…」

カメラマン「いやぁ、羨ましかったすよww」

カメラマン「あっ、律子さん、ごちそうさまでした」

律子「あっ、はい」

カメラマン「ほら!行きましょうぜ旦那」

P「……」プルプル

カメラマン「旦那?」

P「死ね」

カメラマン「え」

ドスッ

カメラマン「かっ!?」


639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:37:41.32 ID:xd+kdmVs0


雪歩「くっ!」

バチンッ

のヮの「ふははは」

ヒュオッ

雪歩「そこっ!」

バチンッ

のヮの「ふはっ、ほらほらほらー!」


春香の戦術は至極単純

攻め続ける事


雪歩が唯一春香に勝る『弌伍弎手円匙』も
痛覚を遮断しダメージを受けないのであれば恐るるに足らず


645: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:44:01.49 ID:xd+kdmVs0


のヮの「所詮は人の作り出す動き」

のヮの「いくら速かろうと、いくら強かろうと」

のヮの「型通りにしか動けぬ傀儡の円匙」

のヮの「ならば見つけよう」

ならば探し出そう

雪歩の型……攻撃パターン

その全てを我が身体に叩き込むのみ

のヮの「あはははは!」

のヮの「雪歩!お前は最高の獲物だ!最高の敵だ!」

のヮの「最高の友だ!!」

だからこそ、全力を出そう

だからこそ、こいつを殺そう

のヮの「我が身体が温まるまで…壊れてくれるなよ…」

のヮの「ゆきほおぉおお!!」


646: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:44:23.02 ID:12h6k5s10

Pの罵りならダメージ与えられるだろ


647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:46:08.98 ID:xd+kdmVs0

春香の身体が温まる前に自分の身体を温めます

お風呂タイムですYO

ちなみに今回の楽屋裏は響主体です


648: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:46:35.08 ID:uVmZpL9n0

やったー!響だー!


649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:48:42.95 ID:xd+kdmVs0

あ、あと自分、ゲームやってないんで分からないんですけど
響って上京してきたんですよね?その際に動物達はどうしたんですか?一緒に空港で拾ったのか、後から送られて来たのかが知りたいですYO


650: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:48:47.60 ID:NeMgqQyV0

響はちゅらかーぎーだなあ


651: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:53:13.28 ID:QBQcqHV/0

もうハンタ臭を隠そうともしていない……


653: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:53:38.42 ID:1mYHU4Ji0

ちなみにペットの中には俺もいるからちゃんと描写してよね


655: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:57:31.10 ID:12h6k5s10

布団についてるダニ役ですねわかります


664: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:09:11.41 ID:xd+kdmVs0


P「うっへぇ、もうすぐ着くからなー!」

亜美「ほんと!?」

P「あぁ、な、律子」

律子「はい、あと少しで頂上ですね」

亜美「なら亜美、頑張っちゃうよ→」

やよい「私も頑張りますー!」

真「……雪歩」

貴音「真」

真「分かってます、ボクは雪歩を信じます」

真「…だろ、雪歩」







665: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:12:07.92 ID:xd+kdmVs0


なん時間、経ったのだろう

数千……いや、数万回の駆け引き

全て受け止める春香だが

その重ねた打撃が…極僅かではあるが


彼女の内部を、、蝕んでいった






しかし



雪歩「っ!」


667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:15:05.90 ID:xd+kdmVs0


右肩に混み上がる温かさ

直後、全身を駆け巡る激痛に変わる時

その方の腕が


宙を舞っていた


のヮの「…ふん」

雪歩「うっぐっ!?」

雪歩の右腕「…」

のヮの「やっと辿り着いたぞ」

のヮの「そして見つけ出した……」

のヮの「雪歩、貴様の穴を」

雪歩「っはぁ…っはぁ」


668: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:17:00.84 ID:TeAshG/1O

雪歩にも穴はあるんだよなゴクリ


669: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:17:15.10 ID:mpCQIHbi0

この展開でものヮのは核じゃ死なないんだよな…


675: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:22:03.01 ID:gJ82YsYo0

>>669
春香には護衛軍いないし・・・


670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:17:55.83 ID:xd+kdmVs0


のヮの「お前は人間だ」

のヮの「そのくだらぬ縛りのせいで」

のヮの「お前の成長を止めているのだよ、雪歩」

雪歩「…は、あはは」

のヮの「ほう、腕を失ってなお、笑うか」


雪歩「あっ、あはは、春香ちゃん」

雪歩「……」

雪歩「痛く……無いよ」


673: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:21:13.43 ID:xd+kdmVs0


のヮの「なに?」

雪歩「こんなの……痛くない」

雪歩「私は、こんなのじゃ泣かない」

のヮの「強がりを…」

雪歩「本当だよ?…嘘じゃない」


のヮの「次は左腕だ」

のヮの「覚悟しろ、、、雪歩」

シャッ

私の穴?

ははっ……冗談はよしてよ、春香ちゃん


右腕位くれてやる…最初からそのつもりだったし


674: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:21:47.32 ID:HjKQQ3PM0

俺の知ってる雪歩じゃない


676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:22:54.24 ID:xd+kdmVs0


春香ちゃんと闘うという事

それはつまり死闘

互いにぶつかり合い……どちらかが倒れるまで

いや……どちらかが息を引き取るまで


最初からそのつもり

でもね

春香ちゃん

最後に立ってるのはね


雪歩「私だよ……」


678: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:25:27.50 ID:xd+kdmVs0


P「…美希」

美希「あっ、ハニー…」

P「どうしたぁ?一番後ろまできて」

美希「はっ…はぁ…す、少しゆっくり行こうかと、思っただけなの…」

P「そうか…」

美希「えへへ…ごめん、なさい」

P「ほら、あと少しだ」

美希「ハニー…」

P「……」

P「頑張れよ」

美希「……うん」

美希「頑張るの」


679: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:26:41.89 ID:gJ82YsYo0

だから温度差wwww


こっちはこっちで熱血してるし


681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:28:04.52 ID:xd+kdmVs0


亜美「あっ!見えたよー頂上!」

真美「よーし!一番は真美だー!」

やよい「うっうー!負けませんよー!」

律子「あっ、こら、走らないのー」

あずさ「元気で良いですねぇ」

伊織「あれは元気じゃなくて馬鹿って言うのよ」

真「あれ?伊織、足が止まってるよ」

伊織「ううう、うっさい馬鹿!」

響「いよーっし!自分も頑張るぞー!」


683: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:31:45.25 ID:xd+kdmVs0


P「いよっし、ほら美希」

美希「えっ、は、ハニー?」

P「ん?なんだよ」

美希「な、なんでミキの手を繋いでるの?」

P「はぁ?お前が遅いから引っ張ろうと思ってな」

美希「ミキ、多分ハニーについていけないの」

美希「だからね、ハニーは先にいっ

P「ほら!行くぞ」

美希「……だ、だからミキをおいて

P「うるせーよ、黙ってついてこい」



685: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:33:45.14 ID:xd+kdmVs0


美希「ハニー…」

P「どうせなら一緒にゴールしようぜ?」

美希「……」

P「まっ、嫌だっていったらお前を抱えて走るけどな」

美希「そ、それは嫌なの!」

P「…ふふ」

美希「あっ」

P「ほらな、美希はまだ諦めて無いんだろ?」

美希「う、うん」

P「なら行くぞ」


686: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:36:28.41 ID:xd+kdmVs0


~頂上~

P「ふぅ、着いたあ!」

美希「はっ…つ、着いたの」

響「美希ー!」ガバッ

美希「きゃっ!?」

響「よかったあぁ!自分、心配してたんだぞぉ」

美希「響、あ、あまりくっつかないでほしいの」

響「嫌だぞぉ!」

ギュウ

美希「ぐ、ぐるじいの"」



687: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:38:15.64 ID:xd+kdmVs0


律子「お疲れ様です」

P「それはこっちのセリフだっつーの」

P「お前、よく倒れなかったな」

律子「あはは、当たり前ですよ」

P「あはは、じゃあ俺はその辺散歩してくる」

律子「あっ、はーい」


688: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:40:48.55 ID:xd+kdmVs0


P「何か無いかなぁっと」スタスタ

P「うーん、確かに絶景なんだが」

P「逆に言うと景色位しか無いってのもなぁ」

P「…」スタスタ


P「うーん、、、」


P「……むほっ!?」


689: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:43:21.48 ID:Ngi2uuHwi


松茸「のヮの」

P「こっ!?」

P「まままま、松茸!?ま、松茸!?」

松茸A「のヮの」松茸B「のヮの」

P「なななな!?」

松茸C「のヮの」松茸D「のヮの」

P「あばばばばば」

P「こ、これは!?」

P「……」キョロキョロ

P「み、ミキからリュック借りてくるか」


690: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:45:33.93 ID:Ngi2uuHwi


P「なぁ美希」

美希「どうしたの、ハニー?」

P「ちょ、ちょっとリュックかしてくれないか」

美希「え?」

P「ミキのリュック、かしてくれないか」

美希「う、うん」

美希「はいハニー」スッ

P「ありがと!」

ダタッ

美希「?変なハニー」


691: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:45:46.27 ID:X8QMW7bd0

Pの松茸はいつ収穫ですか?


692: 愛の波動砲 ◆GgSaTo1XUM 2011/10/16(日) 21:45:49.08 ID:AYdD78aJ0

小鳥さんまさか


693: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:50:14.55 ID:yVXTbRXTO

>>692
おいやめろ


694: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:50:26.44 ID:Ngi2uuHwi


P「ぐへへへwwww」

P「おいおい、これだけ有れば余裕で暮らせるぞ」

P「うっはぁ、リュックぱんぱん」

P「うっひっひっ、全部売ったらどれ位で売れるかなぁ」


となになってもー奇跡はおこーるーよー

P「へ?」




697: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:54:43.47 ID:Ngi2uuHwi


カーテンを開ーいてー

P「……」

静かな木洩れ陽のー

P「…」

P「無視無視、今は松茸を

ぴよー!!!

P「…」

やーさしーさーに

P「松茸拾わないと

ぴよー!


699: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:57:03.57 ID:Ngi2uuHwi


つーつまーれたなーらー

P「…」

きっとー

P「松茸」

ぴよー!!!

P「松茸拾い

ぴーよー!!!

P「……」

目にうつるー

P「…」

全てのことーはー

P「まつ

ぴよー!!今から良いとこなんですから聞いてくださいよー!!


704: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:00:11.87 ID:Ngi2uuHwi


P「…」

目にうつるー

全てのことーはー

P「そっからかよ!!」

ぴよー!!

P「いいから早く歌え、聞いてやるから」

目にうーつるー全てのことーはー

メッセージー

P「そのメッセージの所、無理やり捻り出してる感が半端ないな」

P「へったくそやなー」

ぴよ…


705: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:01:51.16 ID:oFk/PsJ80

スレタイ回収か


706: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:04:22.85 ID:Ngi2uuHwi


P「で、いい加減出てこいよ」

小鳥「ぴよ…」

P「…な、なんだよお前その姿」

小鳥「……」

小鳥「プロデューサーさんのせいです」

P「はぁ?」

小鳥「プロデューサーさんのせいですよ」

P「なに言ってんだババア?潮風にうたれて姿まで変わっちまったのか?」

小鳥「……」プルプル


707: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:06:54.49 ID:Ngi2uuHwi


P「つーか、なにしに来たんだよ」

P「あれか?お前も松茸目当て?」

小鳥「……ょ」

P「はい?」

小鳥「…てくださいよ」

P「聞こえねーよ!ハッキリ言え」

小鳥「私を!!」

小鳥「抱いてくださいよー!!!」

『帝怪鳥』

P「うおっ!?」


710: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:11:23.36 ID:Ngi2uuHwi


スパンッ

P「どうわあっ!?」ササッ

小鳥「ぴよー!!」

P「あわわわわ、木が…」

小鳥「わ、私は!ずっと待ってました!!」

小鳥「プロデューサーさんを!あの海で!!」

P「う、嘘つくなよ!気絶してたじゃねーか!」

小鳥「ぴよー!!」

バサアッ

P「うひいぃ!?」ササッ


712: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:13:19.26 ID:Ngi2uuHwi


律子「あれ?プロデューサーは」

千早「そういえば見てませんね」

響「自分、探してくるぞー」

亜美「あっ、亜美も行くー」

真美「じゃあ真美も行く!」

律子「あんまり遠くに行っちゃダメよー」

美希「ハニー、大丈夫かなぁ」


713: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:15:17.03 ID:Ngi2uuHwi


小鳥「わ、私は…私は……」

P「はっはぁ…(こ、殺される)」

小鳥「ずっと…待ってたのに」

小鳥「プロデューサーさんは……」

小鳥「私を!置いていっ

P「…」ヌギヌギ

小鳥「ぴよ!?」

P「ほら、抱いてやるから」

小鳥「ぴぴぴぴ!?」

P「は?抱いてほしいんだろ?」


717: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:19:08.09 ID:Ngi2uuHwi


P「あそこの木で一発」

小鳥「なっなっなっ」

P「いやぁ、俺も溜まってるんだわ」

P「やっぱりさ」

P「お前を抱いて出したいしなぁ」

小鳥「ぷ…ぷろ」

小鳥「プロデューサーさあぁん!!」ガバッ



718: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:21:10.86 ID:Ngi2uuHwi


バキィッ!!

小鳥「ぷっ!?」


P「調子のってんじゃねーぞババア!!」

P「てめぇ、お前がなぎ倒した木の下になぁ……」

P「松茸が何本も埋まってたんだよおぉお!!」

小鳥「ぴっ…」

P「ババア!!」

バキッ

小鳥「ぴへっ?!」


722: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:24:41.18 ID:Ngi2uuHwi


P「うがあぁあ"!!」

小鳥「ぴー!?」



亜美「あっ!兄ちゃん発見!」

真美「あれ?ピヨちゃんまで居るよ!」

響「おっ!コスプレしてるさー!」

亜美「ほんとだー!かっわいいー」


724: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:26:51.11 ID:Ngi2uuHwi


P「あっ、亜美、真美」

P「それに響も」

小鳥「!」

ガバッ

P「うわっ!?」

小鳥「ぴよぴよ!コレからは私のターンですよ!」

亜美「おー!ピヨちゃん空飛んでるー」

真美「かっこいい→」



725: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:29:08.46 ID:c9TiuIHk0

つっこまないのが双子クオリティ


726: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:29:13.59 ID:Ngi2uuHwi


小鳥「……私は間違えていました」

P「おーい、危ないからこっちに来るなよ」

亜美「えー、楽しそうじゃーん」

真美「おっ!まさかまさか兄ちゃんピヨちゃんと戦うの!?」

響「おっ!だったら自分達も手伝うさー」

亜美「よっし!ピヨちゃんを倒すよ→」


730: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:32:00.36 ID:Ngi2uuHwi


小鳥「能力の使い方…」

小鳥「この能力は…本来空を飛ぶ為の物じゃないんです……」


P「はいはい、分かったから離れてろって」

亜美「あっ!なにこれ!」

真美「おー!リュックの中にいっぱいキノコが入ってるよー」

響「!こ、これ全部松茸だぞー!」

P「あー、いらうなっての馬鹿」


733: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:35:15.15 ID:Ngi2uuHwi


小鳥「この翼は言わば繭」

小鳥「能力を惜しまず……この能力に身を任せればいい…」




亜美「あっ!ここにもいっぱい有るよー」

響「す、凄いぞー!」

P「あーもう、じゃあ皆で分けような」

真美「えへへ、兄ちゃん兄ちゃん」

P「ん?どうした真美」

真美「じゃじゃーん!真美もリュック持って来たよー!」

P「おー!じゃあそれに入れようか」


734: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:36:53.57 ID:gd/eE5Mf0

小鳥完全無視


735: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:36:55.47 ID:gJ82YsYo0

小鳥さん一人芝居お疲れ様です


736: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:37:06.24 ID:Ngi2uuHwi


小鳥「……」


P「あっ、それは小さいから取らなくていいからな」

亜美「兄ちゃん兄ちゃん!これっ!すっごく大っきいよ」

P「うぉっ!でけぇ!?」

響「プロデューサー!こっちの方にも沢山生えてるぞー」

P「マジかよ!ほらっ、二人とも行くぞ」

真美「はーい」

亜美「おー!」


737: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:38:32.26 ID:QALocLLA0

ピヨちゃんシカトされてるww


738: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:39:53.00 ID:cC+bw8cQ0

亜美真美響可愛すぎだろ


739: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:41:03.38 ID:Ngi2uuHwi


小鳥「……ぴよ」

スタッ

P「あっ、降りて来た」

小鳥「……」

P「お前も取りに行くか?」

小鳥「…」

P「ほら、行くぞ?」

小鳥「ぴよー!!!」

『生命が羽ばたく時』

P「わわっ!?」


740: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:42:34.24 ID:vsNNEoSt0

響ー!亜美ー!真美ー!

こっちにも大きいの生えてるぞー!


742: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:43:07.36 ID:gXHlRkXG0

>>740
それは小さいから取らないでおくよ


741: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:43:06.22 ID:c9TiuIHk0

ムクムク…


744: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:43:47.39 ID:Ngi2uuHwi


小鳥「もう許しませんよー!」

パキパキパキパキ

P「うっひゃあ…」

P「良かった、亜美達を向こうにやっといて」

小鳥「溜め込む位なら……」

小鳥「受精すれば良かった……」

P「…こんな時まで下ネタかよババア」


小鳥「もう……プロデューサーさんを手に入れる」

小鳥「恋人としてじゃなく…」

小鳥「玩具として……」

中鳥「ぴよー!!」


748: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:48:09.65 ID:Ngi2uuHwi


亜美「お→!」

松茸「のヮの」

真美「こっちにもあるよ→」

松茸A「のヮの」松茸B「のヮの」松茸C「のヮの」

響「あれ?プロデューサーが来てないぞ」

亜美「あっ、ほんとだ」

真美「どうする?兄ちゃんの所に行く?」

響「うーん、とりあえずそのリュックに詰めてからいくさー」

亜美「お→!」


750: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:50:24.10 ID:Ngi2uuHwi


中鳥「ぴよー!!」チャキ

『産卵女』

P「……ふへっ?」

パンパンパーン

P「いぃいっ!?」

P「……」

P「たくない?」

P「痛く無いぞ?」

中鳥「当たり前ですよ」

スタッ

P「あ、また降りて来た」

中鳥「私の質問に答えてください!」


752: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:54:19.61 ID:Ngi2uuHwi


中鳥「今、プロデューサーの身体に寄生虫を植え込みました!」

P「きっ、寄生虫!?」

中鳥「はい、ロイコクロリディウムです」

P「………」


P「あぁあ"ああ!、!」

P「マジか!?マジなのか!!?」

中鳥「はい」


753: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:55:03.04 ID:cC+bw8cQ0

うわああああああああああああああああああああああああああああ


755: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:56:39.34 ID:Ngi2uuHwi


P「ざっけんな!!早くとれよクソが!!!」

中鳥「ぴへへ、まだ大丈夫です」

P「な、なにがだよ!!なにが大丈夫なんだよ!?」

P「ロイコクロリディウムっていったらあれだろ!?」

中鳥「はい、あのカタツムリに寄生するあのロイコクロリディウムです」

P「…」ゾクゾクゾク

P「ぁ…っあぁ…」

中鳥「プロデューサーさん、私の質問に答えてください」


759: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:58:49.79 ID:Ngi2uuHwi


P「ぅえ"」

ベチャビチャッブチュ

中鳥「なに吐いてるんですか?」

P「おげうぇ…っぷ」

オロロロロ

中鳥「そんな事してもロイコクロリディウムはとれませんよ?」

P「あっあっあっあっ!」

P「あぁあ"ああ!!」

中鳥「プロデューサーさん、だから私の質問に答えてください」


760: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:59:11.87 ID:PZFVmUH20

Pのおめめがカラフルになっちゃう


761: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:00:36.96 ID:gd/eE5Mf0

うわああああああ!!!
まあ寄生はされないから安心だね!死ぬけど


762: 愛の波動砲 ◆GgSaTo1XUM 2011/10/16(日) 23:00:55.01 ID:AYdD78aJ0

うわああああああああ


763: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:00:56.13 ID:Ngi2uuHwi


中鳥「答えてくれたならとってあげますよ」

P「え?」

中鳥「私の質問に答えたらロイコクロリディウム、とってあげます」

P「ほ、ほんとか?」

小鳥「はい、プロデューサーさん」

P「じゃあ早く質問してくれ…気持ち悪くて死にそうだ…」

小鳥「はい、じゃあ質問です」


764: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:01:19.15 ID:MolpWWmf0

かたつむりのやつって顔にかたつむりが出てくるやつだっけ…


765: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:01:29.42 ID:s3MiOtPg0

ググったら鳥肌立った


767: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:03:12.01 ID:Ngi2uuHwi


小鳥「私はプロデューサーさんのなんですか?」

P「え"?」

小鳥「嘘はやめてくださいね♪」

P「俺にとって…小鳥?」

小鳥「はい!」

P「……」



P「オナホ」

小鳥「…」

中鳥「ぴよー!!」

ロイコクロリディウム「のヮの」ふひひひ

グジュグジュグジュ

P「んが亜ぁああまあマヤ!。?」


769: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:04:22.72 ID:gJ82YsYo0

洗脳するんだよなあの寄生虫

望んだ回答させる能力とかかも・・


771: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:06:39.27 ID:Ngi2uuHwi


P「あぅああああっあ足為亞っあ」

中鳥「…質問です」

小鳥「プロデューサーさんは、私の事愛してますか?」

P「亞っ會っ亜」

P「アイシテナイヨ」

P「だって君、オナホだもん」

小鳥「…」

中鳥「ぴよー!!!」

ロイコクロリディウム「のヮの」


P「うぎげがあぁああっかっかぁかあが」


773: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:09:04.63 ID:Ngi2uuHwi


P「あっ……」

小鳥「はぁはぁ…っはぁ」

P「のヮの」

小鳥「プロデューサーさんは!」

小鳥「私が死んでも良いんですか!?」

P「のヮの」

P「のヮの」

小鳥「こ、こ」

中鳥「答えてくださーい!!」

ロイコクロリディウム「のヮの」


P「ぁっ」ビクンッビクン

P「のヮの」プルプル


774: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:09:07.16 ID:HfQAzffm0

MAXコーヒーで取り除ける


775: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:09:58.70 ID:gJ82YsYo0

卵男の駆け引きとディウムの洗脳か・・・操作系だったか


776: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:10:10.11 ID:PZFVmUH20

怖えぇよwww


777: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:10:35.24 ID:Nc+gjgeT0

なんか鳥肌立って来た


778: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:10:41.02 ID:Ngi2uuHwi


P「のヮの」

小鳥「……プロデューサーさん?」

P「のヮの」

小鳥「ありゃりゃ、完全に寄生してますね」

P「のヮの」

小鳥「うむむ」

小鳥「えいっ!」

パチン

シュウゥウウ

P「……」

ドサッ


780: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:11:37.51 ID:gJ82YsYo0

Pが完膚なきまでに負けただと・・・


782: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:14:31.31 ID:Ngi2uuHwi


小鳥「うーん、この『産卵女』」

小鳥「私の感情に読みとって体内の寄生虫が育つんですけど」

小鳥「私が満足したら勝手に消えてくれるんですよねぇ」

P「…」

小鳥「ぴよ…ひ、久しぶりのプロデューサーさん」

小鳥「…ぴへへww」

小鳥「い、いただきま

P「ばー!!」

小鳥「ぴよー!?」


786: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:16:56.79 ID:Ngi2uuHwi


P「あーそうかいそうかい!そういう能力かい!」

小鳥「ぴ、ぴよよ!?」

P「ざけんな!めちゃくちゃ気持ち悪かったぞ!あぁ!?」

小鳥「くっ!」

『飛躍する翼』

大鳥「ぴよー!!」

P「はっ、また姿変えやがってよ!」

P「いい加減にしろよババア!」


787: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:18:41.94 ID:/Cca9W4s0

小鳥さんは羽屍人みたいになってんのか


791: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:21:25.33 ID:E7aMENHf0

>>787
お前なんてもの想像させてくれるんだよ…


788: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:19:38.37 ID:Ngi2uuHwi


大鳥「ぴよー!!」ジャキ

『産卵女』

大鳥「ぴーよー!」

パンパンパーン

P「…この能力、お前が満足すれば取れるんだったよな」

ドォン

P「…うげぇ、気持ち悪っ」

大鳥「ぴよぴよぴよ!さぁ、答えてください!」

P「あ、あのさ」

大鳥「なんですか!」

P「……」

P「ちょっといいか」


790: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:21:17.19 ID:Ngi2uuHwi


大鳥「…」

スタッ

P「おー、降りてきてくれた」

大鳥「な、なんですか!」

P「…」スタスタ

大鳥「ち、近づかないでください!」

ロイコクロリディウム「のヮの」

グジュグジュグジュ

P「っぐぅ!?」

P「……っはぁ…っはぁ」

P「…ま、待ってろ」スタスタ


792: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:22:30.13 ID:70mCP3L1O

P「ちょっといいか」

かつてこれほどこの一言を待ち詫びた時があっただろうか


793: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:23:33.13 ID:Ngi2uuHwi


大鳥「こ、こないでください!!」

ロイコクロリディウム「のヮの」

P「うげっぐぎぎ!?」ビクンッ

P「……っかはぁ…っはぁ」

P「ま、…待ってろ…」ヨロヨロ

大鳥「ま、またそうやって!!」

大鳥「私を騙すつもりなんですかー!!」

ロイコクロリディウム「のヮの」

P「っぐうぅう"ぎぢっ!?」

P「ぁ…っあ…」

P「…のヮ」スタスタ


795: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:25:37.29 ID:Ngi2uuHwi


P「のヮ」

大鳥「ぁ…こ、こないで…」

大鳥「こないでくださーい!!」

ロイコクロリディウム「のヮの」

P「のヮ」ビクンッビクン

P「……」

P「のヮの」

P「のヮの」

P「ま、…待ってろ…こ、小鳥…」

大鳥「ぁ…あっあ…」


797: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:26:02.83 ID:+afO7Pcf0

やばいカッコいい


798: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:27:44.84 ID:Ngi2uuHwi


P「お、俺が悪いんだ…ろっ?」

P「ぁ…のヮの」

P「のヮの」お、俺がお前を…

大鳥「そっ、そうですよ!!プロデューサーさんが悪いんですよ!」

大鳥「私を人して見てくれない!そんなあなたが憎い!!」

ロイコクロリディウム「のヮの」

P「のヮの」ビクンッビクン

P「のヮの」こ……小鳥

ドサッ


800: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:29:37.59 ID:Ngi2uuHwi


大鳥「っはぁ…はぁ…」

P「…」

大鳥「っ…はぁ」

小鳥「ぷ、プロデューサーさん?」

P「……」

小鳥「プロデューサーさん?」

P「…」

小鳥「ぁ…あっあ……」

P「…」

小鳥「嫌ですよ?…それだけは嫌ですよ?」

P「……」

小鳥「プロデューサーさん?プロデューサーさん、プロデューサーさん!」


801: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:31:31.26 ID:zgUux6tF0

見える・・・前科を繰り返すPが


802: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:31:37.43 ID:Ngi2uuHwi


小鳥「プロデューサーさん!!プロデューサーさん!」

P「……」

小鳥「う、嘘ですよね?」

小鳥「ぁ…わ、私が」

小鳥「い、一番大切な人を…じ、自分の手で…あ、」


小鳥「こ、ころ……」

P「…」

小鳥「…ぴよ」

小鳥「ぴよー!!」

P「うっせーよばか」

小鳥「プロデューサーさん!?」


804: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:33:35.37 ID:Ngi2uuHwi


P「うげえぇ、頭ん中グルグルする」

小鳥「プロデューサーさん!」

P「…分かったから」

小鳥「は、はい!?」

P「お前の願いはなんなんだよ」

小鳥「わ、私の願いですか?」

P「あぁ、早く言え、あと10秒な」

小鳥「えっ、えぇ!?」

P「はい、9、8、7、6、」


805: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:34:51.60 ID:fwJxZKINO

スレタイ回収くるか


806: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:35:36.45 ID:Ngi2uuHwi


小鳥「えっと、えっーっと」

P「6、5、4、」

小鳥「わ、私の願いは!」

小鳥「ぷ、ぷっ」

小鳥「プロデューサーさんの!」

小鳥「やさしさに包まれたいんですよ!」

P「ふーん」

小鳥「はい!プロデューサーさんのやさしさに包まれたいんです!」

P「あっそ」

小鳥「ぴよ!?」


810: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:37:59.69 ID:Ngi2uuHwi


P「じゃあ包んでやるよ」

小鳥「ど、どうやってですか!」

P「ほら、これ」

小鳥「こ、コンドームですよね?」

P「あぁ」ヌギヌギ

小鳥「そ、それとなにが関係有るんですか!」

P「……お前にだけ教えてやる」

小鳥「ぴよ!?」

P「俺はな」

P「大切な人を抱くときは」



P「ゴムつける様にしてるの」

小鳥「ぴよ!?」


812: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:39:18.45 ID:V7E6+r1M0

オナホから人に昇格したwww


813: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:39:45.83 ID:c9TiuIHk0

おおースレタイきた


814: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:40:47.81 ID:+afO7Pcf0

じゃあ春香に渡したのはやっぱり


816: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:41:24.17 ID:gd/eE5Mf0

>>814
あ・・・あ!!!!!
そういう意味があったのか!!!!!


818: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:42:13.10 ID:c9TiuIHk0

>>816
やべぇ前スレが思い出せない俺に教えてくれ


825: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:45:19.69 ID:gd/eE5Mf0

>>818

842 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/03(月) 00:04:56.92 ID:1NoFAB5k0

警察「…おさまったな」

警察1「なんですかね…めちゃくちゃ恥ずかしかったです」

警察2「自分も枕があったら顔を埋めてました」

警察「愛の力だ」


『釈放されたら俺の家にさっき渡したコンドームを持ってこい』

春香「プロデューサーさあぁ"あ"ん」

『お前を、綺麗なお前を…』

『抱きたいんだ』

春香「プロデューサーさあぁ"あ"ん!!」


815: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:41:10.76 ID:Ngi2uuHwi


P「当たり前だろ」

小鳥「な、なんでですか!」

P「そりゃあな、お前、ただやりたいだけなら膣内にだってだすさ」

P「妊娠しようがなにしようが捨てれば良いだけだし」

小鳥「ぴ!?」

P「本当に大切な人だからこそ、そういうのは絶対に嫌だから」

P「ゴムつける様にしてんの、分かった?」

小鳥「…ぴよ」

P「はいはい、じゃあ最初はどうしてほしいですか?小鳥さん」

小鳥「…」カキカキ

小鳥「…」スッ


820: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:43:15.72 ID:Ngi2uuHwi


P「……」

P「了解」

小鳥「ぷ、プロデューサーさん」

P「はっ、なに顔赤らめてんだよばーか」

小鳥「……」

小鳥「よ、よろしくお願いします」

P「うん、よろしく」

P「小鳥」








ピヨ━━━━♡♡

『私を愛してください』


821: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:43:37.15 ID:gJ82YsYo0

えらい律儀なルールだな


830: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:48:40.53 ID:Ngi2uuHwi


亜美「兄ちゃーん!」

P「おっ、いっぱいとれたんだなぁ」

真美「あれ?ピヨちゃんコスプレやめたんだ」

小鳥「あはは…」

響「プロデューサー、早く皆の所に戻ろうよ!」

P「あぁ、そうだな」

P「行きますか、小鳥さん」スッ

小鳥「あ、あっ」

P「繋ぐの、嫌?」

小鳥「い、嫌じゃ無いです!」ギュ

亜美「あー!ピヨちゃん、兄ちゃんと手繋いでるー」

真美「真美も真美もー!」

響「あっ、だったら自分も握って欲しいぞー!」

P「無理言うなばか!俺の腕は二本しか無いっつーの」


834: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:50:07.24 ID:E7aMENHf0

ピヨちゃんが幸せで私嬉しいピヨ


835: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:50:12.77 ID:12h6k5s10

肉便器からヒトに昇格できてよかったな


836: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:50:18.11 ID:gJ82YsYo0

正直Pの行動原理が謎すぎてコンドーム説もいささか信憑性に欠ける


839: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:53:22.72 ID:gd/eE5Mf0

>>836
Pは嘘が嫌い(ただし春香を除く)
Pは騙したつもりはなくただ忘れっぽいだけ


840: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:54:35.95 ID:Ngi2uuHwi


雪歩「っ!」


雪歩の呟きから実に数分が経過した

その間のやりとりは…

先程の駆け引きとは比べ物にならない程凄まじく

そして、静かだった……

息つぎも出来ぬほど、瞬きも出来ぬほど

互いの駆け引き、攻防は


一つの物を代償に

幕をおろした………


847: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:57:46.84 ID:Ngi2uuHwi


のヮの「…」


雪歩「ッがあぁ!?」

のヮの「偶然だと思うか?」

のヮの「ふっ、これは必然だ」

のヮの「お前のその姿が証拠だ」


のヮの「なぁ、雪歩…」


雪歩の左腕「…」

雪歩「…っはあぁ…っはぁ…」

のヮの「お前の観音はなぁ、お前の手の動きとシンクロしているんだ」

のヮの「腕無き今、それもただのゴミ」


春香「私の勝ちだよ」


850: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 23:59:40.17 ID:Ngi2uuHwi


雪歩「…はっははは」

春香「あれぇ?なに笑ってんの?」

雪歩「くっくっく」

雪歩「あははははは!!」

春香「あれぇ?雪歩、壊れちゃった?」


雪歩「…ふふふ」


腕が無いと……掘れないとでも?


春香「…な、なに?この感じ」


851: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:01:07.59 ID:hgwnZYFk0

でるか零式wwwww


てか完全に死亡フラグwwww


852: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:01:41.83 ID:Bn0pSTJ+0

技といいセリフといいまんま会長じゃねーかwwwwww


853: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:03:40.02 ID:yZnvuRjri


雪歩「あはは…教えたげるね、春香ちゃん」

春香「!」

雪歩「そして見せたげる……私の最後の能力を!!」


私は勘違いしていた……

穴掘りとは、スコップを使い、自ら掘る物では無い

大きな穴を……自分が掘りたいと思う穴を

想像し…願う物


雪歩「私の最後の能力はね、この子が瞳を開ける時、初めて使えるの……」


857: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:07:35.23 ID:yZnvuRjri


私の最後の能力

『弌伍弎手円匙』が瞳を開ける時

私が死を覚悟した時に初めて使え技


『弌伍弎手円匙』 『零の手』

心が正しく形を成せば想いとなり

想いこそが

実を結び


大きな穴が……空くという




  ュ
     オ
       ォ   
          オ
             オ
                 ォ 
                  


864: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:13:14.88 ID:yZnvuRjri


『弌伍弎手円匙』 『零の手』は

瞳を開けた『弌伍弎手円匙』 が


弌伍弎手円匙「のヮの」

敵背後から現れし弌伍弎手円匙が

春香「え」

手に掴んでいる円匙を手放し

慈愛の掌衣でもって 対象を優しく包み込み


雪歩「……落ちろ」

雪歩「地球の真ん中まで…」

雪歩「さよなら…春香ちゃん」



地球の最深部、マントルまで


872: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:17:13.90 ID:yZnvuRjri


『弌伍弎手円匙』 と共に

雪歩「……」

雪歩「地獄で会おうね」

雪歩「春香ちゃん」


対象を奈落の底へと叩き落とす

その際に発する『弌伍弎手円匙』の咆哮は

騒がしくも静かな

そう、例えるならば……


無慈悲の咆哮である


ズドオォオオンッッッ!!!


876: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:18:37.89 ID:yZnvuRjri


………

雪歩「あはは…や、やった」

雪歩「やったよ……やった」


雪歩「…あれ…」

目が霞む…前が見えないよ……


あぁ…そうか…私


今……


両腕



無いんだ…


ドサッ


882: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:20:39.18 ID:yZnvuRjri


P「よーし、じゃあ帰るぞ」

律子「あはは、また来た道戻るんですか」

P「まぁ仕方ないだろうな」

律子「はは……」

カメラマン「その心配は無用ですぜ旦那!」

P「うわっ!?居たのか」

カメラマン「居ました」

P「…で、なんなんだよ」

カメラマン「だから、別に良いんですよ」

P「なにがだよ」


883: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:23:38.20 ID:yZnvuRjri


カメラマン「あれです!」

P「…」

律子「なんですか…あれ」

カメラマン「カーレーターです」

P「……」

律子「…」

全員「…」


その日、カメラマンは全治二ヶ月の重傷をおったと言う


884: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:23:58.66 ID:q/z7r91Y0

生きてたのかカメラマン


887: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:25:16.70 ID:VPiMkPwO0

maxコーヒーがあるだろ


888: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:25:20.21 ID:bxyMaW8W0

人外クラスもいるアイドル集団相手に良くそれですんだな


890: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:25:50.81 ID:yZnvuRjri


~旅館~

P「…」ガチャ

美希「ハニー?どうしたの?」

P「いや…ちょっとな」

~♪

P「あぁ、俺だ」

P「あぁ……頼む」

P「ふひひ、あんた、松茸は好きかい?」

P「そうかいそうかい、はい、分かった」

P「じゃあ……頼む」

プツッ

美希「誰に電話したの?」

P「ん?」

P「俺の知り合い」


893: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:28:32.20 ID:yZnvuRjri


コツッコツッコツッ

雪歩「……」

だ……れですか。

「覚えてないかい?俺の事」

雪歩「ぁ。 …ぁ、あなたは」

「キノコ、オペの準備だ」

キノコ「はいなのさ!」


『離反治療施設』

黒医者「…今日は松茸ご飯だぞ」

黒医者「キノコ、メス」

キノコ「はい、ちぇんちぇい!」


894: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:29:26.15 ID:7WzfSHzz0

イケメン過ぎる


895: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:29:29.56 ID:pVwGbfH20

Pさんに俺一生ついてきます!


898: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:29:47.92 ID:fCHx+ijx0

松茸の使い方がイケメンすぎる


901: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:31:16.94 ID:HbxRmQtk0

カメラマンェ…


902: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:31:20.71 ID:yZnvuRjri


P「はーあ、せっかくの松茸、全部パーだ」

真美「真美達のまで取らなくていいじゃーん!」

P「うっさい!密猟は捕まるんだぞ!?」

亜美「捕まるならいらなーい」

響「プロデューサー、早くご飯食べに行こうよ!」

P「はいはい」

P「まっ、今日中には届けてくれるみたいだけど」

P「大丈夫かな?」

P「……まっ、奴なら大丈夫だろ」

P「なぁ、黒医者さんよぉ」



ー三日目終わりー


911: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:34:01.38 ID:yZnvuRjri


はーい、かなり急ぎ足でしたが無事終わりましたー!

今回でコンドームの謎が解けましたね!

えっ?後付け?うっせーYO!


じゃあオマケ、始まりまーす


918: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:36:07.76 ID:yZnvuRjri


~東京~

P「うん、じゃあまたね」

母「久しぶりに帰って来たと思ったら、また帰るんだね」

P「あはは、仕方ないだろ、事務所は東京に無いんだし」

母「うん、いつでも帰って来な!あんたはうちの息子なんだからね」

P「うん、ありがと、母さん」


919: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:36:30.92 ID:fwP9WQ4wO

しかし毎日毎日ほんっと絶倫だな


926: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:38:58.71 ID:yZnvuRjri


~空港~

P「っと、じゃあ事務所に帰りますかなっ……」

P「うぐっ!?な、なんだこの臭い…」


響「うー、何処に行けば良いかわかんないぞー」

響「人に聞きたくても無視されちゃうし…」

響「せっかく鳥歌ちゅらさんコンテストで優勝して961プロにスカウトされたのに…」

響「これじゃあ東京に来た意味無いぞー!」

P「961プロ!?」


928: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:39:44.85 ID:ZZZbj0jG0

事務所が東京に無いってことは過去話か?


934: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:41:54.74 ID:yZnvuRjri


響「わっ!?」

P「き、君、今なんて言った!?」

響「へ?」

P「961プロがどうたらって」

響「あっ、うん」

響「自分、我那覇響、沖縄出身なんだけど…鳥歌ちゅらさんコンテストってので優勝してスカウトされたんだぞ」

P「…(961プロにスカウトって)」

P「うひっ、原石発見」

響「で、自分になんのよう?」

P「いや、ちょいといいかな」


938: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:44:36.50 ID:yZnvuRjri


P「へー、来たは良いが場所が分からないと」

響「うん…皆に話しかけても自分を避けるから困ってたんだぞ」

P「ちょっと目、閉じろ」

響「う、うん…」

香水「のヮの」ファイアー!

シュッシュッシュッ

響「わわっ!?な、なにするさー!」

P「…」クンクン

P「よし、OK」


940: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:47:00.00 ID:yZnvuRjri


P「それで、宿とかは準備してあんの?」

響「ううん、なんもしてない」

P「な"ぁ…マジで?」

響「当たり前だぞー、向こうから声かけられただけで事務所の方に来てくれって言われただけさー」

P「はぁ…マジかよ」

P「……(これはいけそうだな)」

P「な、なぁ我那覇」

響「あっ、自分の事は響でいいぞ」

P「あ、あぁ、じゃあさ、響」


942: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:49:33.61 ID:yZnvuRjri


響「へ?765プロ?」

P「そそっ、聞いた事ある?」

響「……」

響「無い」

P「くっへぇ…ま、まぁそうだよな」

響「で、その765プロがどうかしたのか?」

P「う、うん…まぁ、そのぉ、なんだ」

響「もー!はっきり言うさー!自分、うじうじしてる人大っ嫌いだぞ」

P「…」

P「響はアイドルになりたくて上京してきたんだよな」

響「もちろんだぞ!」


943: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:51:53.60 ID:yZnvuRjri


P「じゃあさ、うちに来ないか?」

響「うち?」

P「あぁ、765プロに」

響「…自分、知りもしない所に行くのは嫌だぞ」

P「うー、だ、だったらさ」

響「?」

P「俺が全部用意してやる」

響「全部?」

P「あぁ!家から、お前が必要な物まで全部だ!」

それ位の勝ちが彼女にはある

なんせあの961プロのスカウト生だ


944: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:54:36.17 ID:yZnvuRjri


響「で、でも」

P「じゃあさ、こういうのはどうだ!?」

P「お前が765プロをでっかくするんだ!」

響「自分が?」

P「あぁ!響が765プロをおっきくする!」

響「ゔぅ、いまいち実感わかないぞ…」

P「響が765プロのトップアイドルになるんだ!」

P「楽しいぞ!もちろん、お前も頑張らなきゃならない」

P「けどな、響ならきっと、いや、絶対になれる!」

響「自分が、トップアイドル…」


949: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:57:45.96 ID:yZnvuRjri


P「……なぁ響」

響「へ?」

P「もう一度聞く、お前はアイドルになりたくて上京してきたんだよな」

響「う、うん、そうだぞ?」

P「961プロのアイドルになりたくて来たのか?」

響「うーん、別に961プロだからってのじゃないさー」

P「だったらさ」

P「俺が響をプロデュースしてやる」

響「へ?」

P「だから、響を765プロにスカウトしたい」

響「自分を?」

P「もちろん、宿の準備はしてやる」


951: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:58:52.07 ID:/w+XzeNVO

こんな引き抜きまでされて身一つで行った場所で初日からイジメかよ…………

響かわいそすぎだろ…………


953: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:00:27.93 ID:pVwGbfH20

しかし今は誰より楽しそうだぞ
好きな人にプロデュースされ
風呂に入り
ゲームの対戦をする
しかも負けない


954: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:00:43.38 ID:yZnvuRjri


P「お前は面倒くさい事は一切しなくていい」

P「ただ必要な物だけ持って来てくれたら後は俺が全部やってやる」

響「…」

P「あっ、まぁ…東京じゃないけどさ」

響「自分を必要としてくれて言ってくれてるんだよね」

P「へっ?」

響「だから、自分を必要としてくれてるんだよね!」

P「あ、あぁ」

P「響の力を借りたい」

P「我那覇響をトップアイドルにしたい」

P「だからうちに来てほしい」

P「……頼む」


957: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:03:42.20 ID:yZnvuRjri


響「……961プロは」

P「へ?」

響「961プロはただ一言くれただけだった」

響「うちにこないかって…」

響「それだけ……」

響「で、でも…そ、その、えっと」

P「あっ、Pでいいよ」

響「プロデューサーは、はっきりと自分を必要だと言ってくれた…」

響「……うん、決めたぞ」

P「え?」

響「自分、プロデューサーの元で頑張ってみるぞ!」

P「は、ハマジ!?」

響「ちびまる子ちゃんは昨日だぞ」


958: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:04:13.27 ID:pVwGbfH20

そろそろペットくる?俺出番かな!ワクワク


959: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:05:38.82 ID:bxyMaW8W0

>>958
変な病原菌持ってるからお前は殺処分だよ


962: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:06:47.16 ID:yZnvuRjri


響「あ、あの」

響「自分、765プロに行ってみる」

響「そこで自分、頑張ってみるぞ!」

P「ひ、響!」

響「えへへ」

響「よろしく!プロデューサー」

P「こ、こちらこそよろしく」

響「えっと…じゃあ早速行きたいんだけど」

P「あ、道案内は任せてくれ」

P「あと向こうで市役所行って住民票もらわないとな」

響「??」

P「まっ、これから宜しくな、響!」

響「う、うん!よろしく、プロデューサー!」




964: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:09:00.15 ID:yZnvuRjri


その日、急ピッチで響の段取りをした

住民票を持って来ておらず一度沖縄に行く事になってしまったがそれもまぁいい思い出になった

なにより彼女の笑顔と前向きさに心打たれた俺は

彼女をトップアイドルにすると心に誓った




楽屋裏に続く


966: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:10:41.48 ID:yZnvuRjri


~新曲~

春香「プロデューサーさん」

P「なんだよ春香」

春香「遂に出ますね!私たちの新曲!」

P「あぁ、チン毛だっけ」

春香「チェンジですよ!チェンジ!」

P「で、それがどうしたんだよ」


ガラララ

響「プロデューサー!」


968: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:12:08.05 ID:lxnfxMACO

チン毛www


969: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:12:34.13 ID:yZnvuRjri


P「あっ、響か」

響「プロデューサーにお願いがあるぞ!!」

P「へ?」

響「自分を能力者にしてほしいさー!」

P「はぁ!?」

春香「響ちゃん、なにいって

響「このジャケット!」

P「ああ、新曲のジャケットがどうしたんだよ」

響「おかしいさー!」

春香「な、なにが?」


972: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:14:15.04 ID:yZnvuRjri


響「これ!ちょうど半分に分かれてるんだぞ!」

P「ふーん」

P「あっ、ほんとだ」

春香「それがどうかしたの?」

響「どうみてもおかしいさー!」

響「自分だけ仲間はずれだぞ!」

P「はぁ?可愛く写ってんじゃん」

響「うー!ちがうぞー!」

P「じゃあなんだよ」


973: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:16:46.55 ID:yZnvuRjri


響「前にちょろっと言われてたんだけど!」

響「このジャケット!この作品と共通点があるんだぞ!」

P「はぁ?」

響「これ!この表の写真」

響「自分以外、この作品の能力者だぞ!」

P「……あ」

春香「…確かに」

響「こんな偶然ありえないさー!だからこれを機会に自分も能力者にしてほしいさー!」


976: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:20:07.00 ID:yZnvuRjri


P「いやいやいや、まず第一にお前はアイドル枠だろ」

響「アイドル枠ってなにさー!」

P「俺に言われてもな…勝手に定着したっていうかなんというか」

春香「そ、それに千早ちゃんは能力者じゃ

響「あの声と硬さは完全に能力者だぞ!」

P「ま、まぁ…確かにな」

春香「げんに私も千早ちゃんの声で位置を把握する描写がある訳だし」

P「正直千早にも覚醒させようとは考えてはいたが」

響「だったら!自分もなりたいさー!」


977: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:22:09.08 ID:yZnvuRjri


P「じゃあ響、これ」

響「ん?」

P「コレでお前も能力者だ」

響「おー!こ、コレをどうやって使えばいいんだ!?」

P「額にあてて」

響「う、うん」

P「で、うめき声をあげる」

響「はあぁあああ」

P「で、叫ぶ」

響「じゃあー!!」

カッ!


983: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:24:48.88 ID:yZnvuRjri


響鬼「っしゅ!」

P「おー!」

春香「響ちゃんすごーい!」

響鬼「爆裂強打の型ー!!」

ドンドドンドンドン

P「ぷふwww」

春香「ぷっwww」



991: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:26:04.93 ID:yZnvuRjri


響鬼「自分、鍛えてますから」

P「ぷわっwwww」

春香「お、お腹痛いよ響ちゃんwwww」

響鬼「……」

シュン

響「うー!こんなの認めないぞー!」



終わり


994: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:26:35.77 ID:QHxnRz/H0



995: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:26:39.12 ID:Fk+evUVG0



998: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:27:03.29 ID:lxnfxMACO

乙!

響かわいいよちゅっちゅっ


1000: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:27:11.98 ID:2DsGBOYMO

1000ならみんなで律子でオナニー


1001: 1001 Over 1000 Thread

16歳♀暇だから全レスします☆     こちらスネーク        1990年生まれ集まれ~☆       安価でお絵描き
   中学生      遊戯王        新ジャンル    VIPで本格的にRPG作ろうぜ   XBOX360
        全力で釣られるのがVIPPERだろ!w   ポケモン      コテデビューする                  ら
が    カレシと別れそう・・・   初心者   鬱病♀だけど     彼氏/彼女いないVIPPERちょっとこぃ♪       き
っ      唇スレ         mixi招待するお     釣った厨房に安価でメールwwwww               ☆
こ  さみしい・・・誰かかまって       425はどこも変えてなかった              ピカ厨       自    す
う     時代の流れ     デブきめぇんだよ           捨てアド晒してメル友     メンヘラ     殺     た
い  VIPヌクモリティ   顔晒し      馴れ合いスレ  「~だお」              コテ雑         し
き     今のVIPが嫌ならVIPから出てけww        A雑    大阪VIPPER集まれ!!☆        ま
た 工作員 18歳♀が16歳♂に安価メール   VIPでMMO           ネタにマジレスの嵐         す
く    隠れオタ           skype       パートスレ   Skype         mp3垂れ流し
な  住所ギリギリまで晒して近かったらラーメン               二番煎じ
い       空気読め    リア充          ニコニコ動画   >>1 そっヵ、残念やわ(´・ω・`)
お   付き合ってくだしあ><       今から元カノに痛メする  >>3 ウチは高校生だぉ☆
                                           >>9 うはwwこれがVIPクオリティw
    ∩∩ V I P は ぼ く ら の 時 代 だ !!  V∩     >>2 自重しろwwwww          Be
ハ  (7ヌ)                               (/ /    >>7 ブラウザゲーやらないか?
ル  / /                 ∧_∧         ||                          モリタポ
ヒ / /  ∧_∧     ∧_∧  _( ゚ω゚ ) ∧_∧   || 埼  >>5 2chって有料なんですか?
  \ \( ゚ω゚ )―--( ゚ω゚ ) ̄      ⌒ヽ( ゚ω゚ ) //  玉  >>6 え?俺マジ貧乏なんだけど
    \       /⌒   ⌒ ̄ヽ ゆとり /~⌒    ⌒ /    O  >>8 お母さんに何て言えば
     |      |ー、      / ̄|    //`i構って女/     F   安価で絵描くお
低    | 恋愛 | | 厨房 / (ミ   ミ)  |    |     F   14歳♀中学生処女だけど質問ある?  ハ
年    |    | |     | /      \ |    |                                  ム
齢    |    |  )    /   /\   \|       ヽ   PCに詳しい人ちょっときて!!!   イ      ス
化    /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |        電車男              ミ       タ
     |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /  サーセンwwwwwwwwwwwwwww   フ      |


                                                              ニュー速VIP
                                                             http://hibari.2ch.net/news4vip/


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:スロス

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。