スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響「ぼっちは辛いぞ…」グスン P「響…」 

カテゴリ:マジキチ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 19:26:36.21 ID:QlJmcMga0

 


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 19:31:02.58 ID:KQlH8qGA0

謎が深まる…


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 19:40:12.81 ID:qZPrdjgw0

ハム蔵いるから大丈夫


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 19:46:10.36 ID:MkGqFYwV0

おいやめろ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 19:56:41.68 ID:HeVG1rbt0

もうじきすればMAXコーヒーが現れる頃合いかのう


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:01:09.72 ID:+xZLaXYu0


響「プロデューサー、自分どうすればいいんだ?」

P「…」

響「もう辛いぞ…休憩時間、自分だけ隅っこでお茶飲んでるし」

響「レッスンの時だってそうさー……」

響「それに…まだ自分だけユニット組ませてもらってないぞ」

P「あ、あのな響」

響「……な」

P「な?」

響「なっ…」

響「なんくるなくないさー!!」ダタッ


バタン

P「おい、響?響!?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:07:26.60 ID:+xZLaXYu0


P「行っちゃったよ」

小鳥「プロデューサーさん、どうぞ、お茶ですよー」コト

P「あ、ありがとうございます」

小鳥「どうしたんですか?響ちゃん」

P「さぁ?」ズズズー

P「……濃い」

小鳥「ぴよ!?」

P「入れ直してください」

小鳥「ぴよ…」

春香「プロデューサーさん!響ちゃんの事なんかほっといて練習しましょうよ!!」

P「……」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:10:05.76 ID:91A+dgeE0

ヤツだ…ヤツの臭いが…


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:12:03.85 ID:nVQQXuZj0

あの人は9時から書くって前スレで行ってたはずだ・・・・・・・


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:16:15.69 ID:t2oERcRo0

なんかMAXコーヒーみたいな匂いがする


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:16:50.79 ID:+xZLaXYu0


P「春香、お前は気楽でいいよな」

春香「え"」

P「仮にも仲間の一人が泣きながら飛び出したって言うのにさ…」

春香「ぷ、プロデューサーさん?」

P「……帰れ」

春香「えっ」

P「俺は響を追いかける」

P「お前は今から帰るんだ」

春香「…」ガタガタガタ

P「春香…」

P「お前、一ヶ月謹慎処分な」

春香「のヮの」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:19:15.77 ID:+xZLaXYu0


P「じゃあ行って来ます」

小鳥「あっ、春香ちゃんはどうしますか?」

春香「のヮの」

P「10分ほったらかしにして動かなかったらそこの窓から捨ててください」

小鳥「分かりました」

春香「のヮの」ガタガタガタ

P「じゃあな春香」

春香「ぷ、プロデュー

P「また一ヶ月後」

春香「のヮの」


バタン


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:21:38.01 ID:+xZLaXYu0


小鳥「…」

春香「のヮの」

小鳥「さてと、私はお茶でも入れ直しますかねぇ」スタスタ

春香「のヮの」スタスタ

小鳥「ぴよ?」ピタッ

春香「のヮの」ピタッ

小鳥「春香ちゃん?」

春香「のヮの」

小鳥「着いて来てる様な気がしたんですけど……」

小鳥「気のせいで

ゔぁい!



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:24:53.95 ID:+xZLaXYu0


P「おーい!響ー!!」

P「くっそ、居ないじゃーん」

P「アイツ……泣いてたよな」

P「待ってろよ響」

ダッタッタッタ

美希「あっ!ハニー!!」

P「っとと…」

美希「どうしたの?今日は仕事って」

P「美希こそ、偶然だな」

美希「ハニー、何か困ってるの」

P「へっ?」

美希「ミキにはお見通しなの」

P「あはは……さすが美希」

美希「何があったか教えてほしいの」

P「うん、実はな」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:28:53.74 ID:+xZLaXYu0


美希「…あぁ、あの沖縄」

P「へ?」

美希「う、ううん、なんでもないの」

P「元961組の美希なら響の事なにか知らないかと思ってさ」

美希「うーん……響は…」

美希「きっと海なの」

P「海?」

美希「そう!海なの」

P「はぁ…じゃあ行ってくる、ありがとな美希」

美希「ハニー!」

P「はい?」

美希「美希もついていってあげるの」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:30:40.01 ID:+xZLaXYu0


ドサッ

小鳥「…」ピクピク

春香「のヮの」

春香「のヮの」あいつのせいだ…

春香「あの沖縄のせいで私が…」

春香「許さないよ…許せるわけ無いよ」


春香「ね"ぇ…」

春香「ひーびきちゃあぁん」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:31:50.94 ID:t2oERcRo0

あかん
この流れは非常にあかん


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:33:34.20 ID:+xZLaXYu0


~海~

ザザァアア

美希「波の音がするの」

P「うーん、響の奴どこに居るんだ」

美希「……」

P「ほら、美希も響を探すの手伝ってくれ」

美希「…うん」

美希「わかったの」

P「おーい!響ー!どこだー!」ダタッ



美希「……響」

美希「ハニーを独り占めする悪い奴なの」

美希「………さないの」

美希「絶対に許さないの」グググ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:38:00.45 ID:+xZLaXYu0


~10分後~

P「はぁ…結局居なかった」

P「何処に居るんだよあいつ」

~♪

P「ん?」カチャ

P「美希からメールだ」


差出人:星井

件名:急用ができたの(><)

本文

ハニー、ごめんなさい
今、パパから連絡を貰って急いで家に帰る事になったの

ハニー、絶対に響を見つけるの!響を助けれるのはハニーしかいないの

響は765プロの仲間なの!

絶対に見つけるの!!


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:41:03.80 ID:+xZLaXYu0


~野球用具店~

美希「まっ、これでミキが疑われる事は無くなったの」カチャ

美希「ふふ、響、絶対に許さないの」

美希「ハニーはミキの物なの」

美希「すいませーん!」

店員「はいはいなんでしょうか」

美希「この中で一番重いバットが欲しいの」

店員「一番重いね、少々お待ちください」

美希「あっ、金属バットでお願いします」

店員「はい、かしこまりました」


美希「………なの」ニタァ


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:43:41.29 ID:+xZLaXYu0


P「美希の奴……そこまで響の事を」

P「あぁ、必ず響を見つけ出してやる!」

P「美希の為に!」

P「いやっ……」

P「765プロ皆の為に!必ず!」


P「我那覇ひ

雪歩「誰を……誰の為にですか?」

P「うひいぃ!?」

雪歩「プロデューサー」

P「ゆゆゆ、雪歩か、脅かすなよ…」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:46:53.49 ID:+xZLaXYu0


雪歩「で、誰を連れ戻すんですかぁ?」

P「あ、あぁ」

P「響がな、さっき事務所から泣きながら飛び出したんだよ」

雪歩「えっ!どうしてですか?」

P「…(言い辛いな、本当の事は言えないし…)」

P「いや、その…」

P「お、俺が泣かしちゃってさ…」

雪歩「プロデューサーがですか?」

P「う、うん……だから追いかけてるんだけどさ」

雪歩「見つからないと」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:49:01.19 ID:+xZLaXYu0


P「そういうこと」

雪歩「………ない」

P「へ?」

雪歩「あっ、すいません、私、なに言ってるんだろ」

P「も、もし響を見つけたら連絡してくれないか!?」

雪歩「プロデューサーにですか?」

P「あぁ、頼む」

雪歩「は、はい」

P「じゃあな雪歩!」ダタッ

雪歩「あっ!プロデューサー…」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:50:55.14 ID:+xZLaXYu0


雪歩「……」

雪歩「プロデューサーに迷惑かけてるんだね」

雪歩「プロデューサーを困らせてるんだね」

雪歩「私のプロデューサーを……」

雪歩「…ない」

雪歩「……せないよ」



雪歩「許せないよ」

雪歩「いや……」

雪歩「許さない」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:53:38.52 ID:+xZLaXYu0


P「ハァハァ……」

P「あーもう!何処に居るんだよアイツ」

P「ったく、何がぼっちだよ、何が隅っこでお茶だよ!」

P「逃げてんじゃねーよ…ばか」

P「美希もお前の事大事に思ってんだぞ……」

P「なんで気づかないんだよ」

P「………」

P「くそっ!」

千早「プロデューサー?」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:55:58.75 ID:+xZLaXYu0


P「あっ、千早か」

千早「どうしたんですか?顔色、悪いですよ」

P「スマン、心配かけて」

千早「いえ……あ、あの」

P「ん?なんだ?」

千早「もし良かったら、聞かせてくれませんか?」

千早「プロデューサーの顔色が悪い理由」

P「……わかった」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 20:59:00.17 ID:+xZLaXYu0


~野球用具店~

ブンッ!

ブンッ!!

ブンッ!!!

店員「どうですか?当店で一番重い金属バット」

店員「『撲殺エンジェル内臓が無いぞー』の振りごこちは」

ブンッ!

美希「中々なの」ギュッ

美希「なの!」

ブンッ!!

美希「うん、決めた」

美希「これ下さい」

店員「ありがとうございます」

美希「ふふふ、コレで響の内臓をぐちゃぐちゃにしてやるの」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:03:22.70 ID:+xZLaXYu0


~ボクシングクラブ~

ゔぁい!!

トレーナー「春香ちゃん…もうサンドバッグ無いよ」

春香「はぁはぁ…」

春香「っ!」グググ

ゔぁい!!

ドスンッ!!!

サンドバッグ「のヮの」ぐ……ぇあ

サラサラサラサラサラ


男「おい、彼女…一体何個サンドバッグダメにすれば気が済むんだろうな」

男2「もうジムの中のサンドバッグ、全部壊しちまってる…」


春香「あはは、コレなら響ちゃんの頭を砕く事位造作も無いよね、トレーナーさん!」

トレーナー「響?まぁ人の頭位なら簡単に潰せるだろうな」

春香「うふふ」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:06:49.87 ID:+xZLaXYu0


雪歩「……」

雪歩「…」スッ

雪歩「ハジマル」

ヒュッ

………


木「のヮの」す、スコップで……俺を

メキメキメキメキ


ズドオオォオオン



雪歩「うふふ、これなら首を宙に舞わす事ができる…」

雪歩「待っててね、響ちゃん」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:09:38.19 ID:+xZLaXYu0


千早「我那覇さんが?」

P「あぁ、まぁ…その」

千早「大丈夫です」

P「うへっ?」

千早「何故我那覇さんが飛び出したか」

千早「最後まで言わなくて結構です」

P「千早…」

千早「私たちも我那覇さんには少し厳しかったのかもしれません…」

P「……」

千早「私も手伝います」

P「千早!?」

千早「任せて下さい」

P「あ、ありがとう!」


65: 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 2011/10/19(水) 21:10:25.15 ID:ERvOgoZd0

気になってたんだが
インフェルノーやハジマルって曲であるのか?


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:12:41.83 ID:fKmoq2Lp0

>>65
infernoって曲だな


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:11:34.21 ID:+xZLaXYu0


~数年前~

響「千早ー!」

千早「あら、なにかしら我那覇さん」

響「これ見てよ!」スッ

千早「765プロの……プロフィール表?」

響「そうさー!自分のところ見て欲しいぞ」

千早「我那覇さんの…」

千早「!?」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:15:30.59 ID:+xZLaXYu0


響「961プロの時よりバストが3センチもダウンしてるさー」

千早「……」

響「これじゃあファンの皆から変な目で見られちゃうぞー」

響「86だったバストが83になっちゃったさー」

響「それなのに体重は変わってないって」

響「やっぱり変な目で見られちゃうぞー」

千早「……」

※千早と響は同じ体重の41キロです

響「いやぁ、困っちゃうぞー」

千早「……」

千早「くっ」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:17:47.55 ID:+xZLaXYu0


P「じゃあ俺はこっちを探すから千早はそっちを頼む!」

千早「はい、分かりました」

P「それじゃあまた!」

ダッタッタッタ

千早「……」

千早「我那覇さん、私、忘れてないから」

千早「あの時の我那覇さんの私をあざ笑う様な態度に表情」

千早「………」

千早「やっと、あなたに復讐出来るのね」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:18:02.06 ID:jMKo1sJVO

千早ちゃんまじデモンズウォール


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:20:55.76 ID:+xZLaXYu0


千早「……」

千早「おいで」

千早「インベル……」

プシュウゥウウ

インベル「のヮの」

千早「また貴方に乗る時がくるなんて…」

インベル「のヮの」マスター…

千早「行きましょう」

千早「彼女を……」

千早「我那覇響を殺しに」

インベル「のヮの」OK



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:24:24.28 ID:+xZLaXYu0


P「…」

P「居ないなぁ、マジで何処に居るんだよ」

やよい「あっ、プロデューサー!」

P「あっ、高槻」

やよい「うー、いい加減名前で呼んでくださいよー」

P「あははは、で、どうしたんだ」

やよい「あっ!そうでした」

やよい「近くのスーパーで野菜の特売をやってるんですー!」

P「へぇ、そっかそっか」

やよい「プロデューサーも良かったらどうですかぁ?すっごく安いですよー!」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:26:33.13 ID:+xZLaXYu0


P「うーん、今は…」

やよい「どうかしたんですかぁ?」

P「……(どうせ探しても居ないだろ)」

P「高槻」

やよい「プロデューサー……」

P「あっ、悪い悪い」

P「やよい、俺も連れてってくれないかな?」

やよい「うっうー!私に着いて来てくださーい!」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:30:00.74 ID:+xZLaXYu0


~スーパー~

P「……」

響「だぞぞぞぞぞ!」

やよい「あぁ!響さんも居ますー!」

P「すっげー勢いでゴーヤを袋に詰めてるな」

やよい「ここ、袋に詰め放題なんですよぉ」

P「……」スタスタ

やよい「あっ?プロデューサー」

P「おい響」

響「だぞぞぞぞぞ!!」

P「響!!」

響「うわあぁっ!?」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:30:03.82 ID:GoxOUs5a0

うっうー!殺る気マンマンですー!


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:33:04.54 ID:+xZLaXYu0


ボトッ

ゴロゴロ

響「あぁあ!な、なにするんだぞー」

P「お前こそなにやってんだ」

響「あっれ、プロデューサー?」

P「プロデューサー?…じゃないっての」

響「もー、急になにさー」

やよい「はい!響さん、落ちたゴーヤです!」

響「おー!やよいは優しいな!」

ギュッ

やよい「うっうー、く、苦しいですよぉ」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:36:21.98 ID:+xZLaXYu0


響「へ?皆が自分を?」

P「あぁ、皆お前を心配してる」

響「そ、そんな訳無いぞ!」

P「響…」

響「自分の事なんか誰も考えてくれてないさー!」

やよい「響さん…」

P「お前なぁ」

響「そ、それだったら自分がひとりぼっちになる筈無いぞ!」

やよい「それは…」

響「その目!」

やよい「えっ」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:39:13.46 ID:+xZLaXYu0


響「その自分を他人みたいな目でみるその感じ!」

響「それが自分!大っ嫌いだぞ!!」

やよい「ぇ…」

P「おい響!」

響「プロデューサーもやよいの味方なんだな……」

P「はぁ!?」

響「もういいぞ」プルプル

響「もっ…もう……」

響「知らないさー!!」ダタッ

P「おい響!!」

やよい「響さん!」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:42:03.33 ID:+xZLaXYu0


店長「で、なにか言う事は」

響「ご…ごめんなさいだそ」

P「すいませんすいません!」

店長「あんたが保護者?」

店長「困るんだよね、レジに通さず外に出るって」

店長「これ、盗み、つまり犯罪」

響「ゔぅ…」

店長「わかる?警察だよ警察」

P「すいませんすいませんすいませんすいません!」

店長「ったく、つぎこんな事したら警察呼ぶからね、わかった?」

響「はい…」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:45:35.02 ID:+xZLaXYu0


響「プロデューサー…」

P「もう良いから」

響「ゔぅ…自分、自分!」

P「ほら、もう泣くなって」

やよい「そうですよー!」

やよい「あっ、今から私の家でご飯を作るんですけど」

やよい「お二人共どうですかぁ?」

響「や、やよい…」

響「ぃっ、いっていいのか……」

やよい「うっうー!皆で食べた方が絶対美味しいですー!」

響「ゔ……ぐっ…ぅ」プルプル

響「ぅあ"あぁ!やよぃいい!」

ギュッ

やよい「ぅっぅー、苦しいですよぉ」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:51:36.68 ID:+xZLaXYu0


インベル「のヮの」マスター、見つけました

千早「何処に居るの」

インベル「のヮの」現在奴は家に閉じこもっています

千早「そう、インドアが好きな我那覇さんらしいわね」

インベル「のヮの」どうしますか

千早「正確な位置は言わなくていいわ」


千早「……」カチャ

インベル「のヮの」目標、我那覇響

インベル「のヮの」現在位置、高槻やよいの自宅

千早「なっ!?」

インベル「のヮの」ファイア

千早「まっ、まってインベル!」


ヒュウゥウウ


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:55:37.97 ID:+xZLaXYu0


響「やよいー!自分、ゴーヤチャンプル作るぞー!」

やよい「うっうー、じゃあそこの場所を使って下さーい」

響「えへへ、自分、すんごい美味しいの作るから期待しててね!」


P「へぇ、高槻が居ない時は全部君が」

長介「うん、やよい姉ちゃんは毎日忙しいから…」

長介「だから俺がやよい姉ちゃんの分まで頑張るって決めたんだ」

P「君は強いな…」

長介「長介で良いよ、にいちゃん」

P「わかった、じゃあ長介、俺も手伝うよ」

長介「ほんと!?」

P「あぁ、ほんとだ」



ピカッ!!


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:56:41.12 ID:+xZLaXYu0

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                  __,,:::========:::,,__
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                  ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...........
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                 ..‐´      ゙          `‐..゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            __,,:::========:::,,__       /                   \    ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............     ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;..‐´      ゙          `‐..'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
           /                   \                          ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
..........;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
゙゙゙゙゙゙゙      .'                       ヽ     ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......  ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
        /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
      ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙ ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................               ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙ .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
    ゙゙゙゙ i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙´i,,.;,..  .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
    ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ|iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
    /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´
     `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,   ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
      ゙゙´`´゙ -;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙ /`゙
          ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:57:56.43 ID:x0CCuG9W0

爆発好きだなwwwwww


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:58:13.42 ID:+xZLaXYu0


千早「あ……あぁ!」

インベル「のヮの」目標を索敵

千早「高槻さん……」

ピピピッ

インベル「のヮの」生存者多数、モニター出ます

千早「よ、良かった…」

千早「……」



千早「えっ…そ、そんな」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:58:49.30 ID:6gd8K0OL0

けど響って割りと性格良いのにどうしてぼっちキャラなんだろう


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 21:58:52.24 ID:GoxOUs5a0

ピカッて核かよwwwww


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:01:21.11 ID:SjyK9KKI0

インペル知らんからググったら
更によく分からなくなった


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:03:57.63 ID:97Ncv6fi0

>>107
ゼノグラはなかったことにされてるから・・・


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:02:16.41 ID:+xZLaXYu0


パラパラパラパラ

P「ゔ……つぅ」

響「ぞぞ……」

やよい「ゔっゔー…」

かすみ(やよいの妹)「いたた…」

P「だ、大丈夫か…みんな」


ゃ…ねぇ……ちゃ

P「、…。。」

P「!長介!?」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:05:28.64 ID:+xZLaXYu0


P「長介、長介!!」

爆発にて崩壊したやよい家

奇跡としか言いようが無い程、やよい家に居た人間は無事だった


彼を除いて……


P「お、おい…嘘だろ?」

P「なぁ…長介」

P「………なぁ」

長介「…ゃょい…姉ちゃん…」

P「あぁ…」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:08:45.63 ID:+xZLaXYu0


やよい「プロデューサー、どこですかー!」


P「なぁ、長介…」

長介「ぁ、に、にいちゃん…」

P「…」

長介「ゃよい姉ちゃんは……」

P「長介、お前皆のにいちゃんなんだろ?」

P「やよいの分まで頑張る、強いにいちゃんなんだろ!?」

やよい「あっ!プロデューサー」

長介「ゃよい姉ちゃんの……こぇがする…」

やよい「プロデュー

P「来るんじゃねぇ!!!」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:10:56.82 ID:+xZLaXYu0


やよい「えっ!?」

P「やよいは他の弟達の救助に迎え!」

やよい「ぷ、プロデューサーは大丈夫なんですか!?」

長介「…にぃ。ちゃん……」

長介「やよい姉ちゃん…に……あいた

やよい「長介!長介なの!?」

P「来るなぁ!!」

長介「にいちゃん……俺、やよい姉ちゃんにあぃた……い」

やよい「……っ!」ダタッ


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:12:57.95 ID:91A+dgeE0

ゼノグラ千早ってBBAじゃないっけ


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:28:07.66 ID:m/92Svw40

>>117
あずささんも50超えてるからな


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:15:22.43 ID:+xZLaXYu0


駆け付けたやよいが見た光景は酷く汚いものだった

やよい「ぁっ…長介……」

P「……くっそ!」

横たわる長介を、プロデューサーが覆う様に

彼女に現実を見せない様に…

長介「ゃ……よぃ姉ちゃん…」

横たわる弟の姿に、やよいは言葉を失った


左肩から左脚にかけての部位が

プロデューサーに隠されて見えないのではなく


爆発により、それは

失われていたのだった


やよい「ぁ。っ、あっ」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:21:14.06 ID:+xZLaXYu0


言葉を失ったのは彼女もまた同じだった

千早「あっ…ぁ」

インベルの操縦席、千早もまた、現実を目の当たりにする

インベル「のヮの」マスター…

殺すつもりは無かった

それは嘘かもしれない……


しかし、ここまでするつもりは無かった

千早「……っぷ」

刹那、インベルの操縦席には異臭が放たれる

千早「っがはっ…ん"っぷ」

止めどなく溢れる吐き気に身を任せるしか無かった彼女は


ただ泣き崩れるしか無かった


インベル「のヮの」マスター…


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:23:40.81 ID:+xZLaXYu0


P「……」

長介「やよい姉ちゃん……」

やよい「も、も"うじゃべらないで!!」

やよい「長介え"ぇ!」

ギュッ

長介「……いたいよ、やよい姉ちゃん…」

P「…」

スタスタスタ

P「今は二人に…」

P「最後に俺は邪魔すぎるよな…」

スタスタスタ


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:26:46.73 ID:+xZLaXYu0


響「ゔぅ…」

P「大丈夫か?」

響「じ、自分はなんとか…ただ」

P「あぁ、やよいの家は……」

響「だ、誰がこんな事を」

P「さぁな」

P「だけどな、俺は絶対に許さない」

響「じ、自分も我慢の限界だぞ…」

P「とにかく今はやよいの両親に連絡先だ」カチャ


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:29:30.91 ID:+xZLaXYu0


P「あぁ、高槻さんのお宅ですか?」

P「はい…はい、はい」

響「プロデューサー…」

P「もうピカッとひかってボーンっすよwwww」

響「!?」

P「あっ、ちなみに長介って奴死んじゃいましたwwwww」

響「だぞぞ!?」

P「そりゃあもうwwww」

P「えっ!?ちょうど長介に生命保険を莫大にかけていたんですか!?」

P「うっひょーwww今夜は焼肉ですねwwww」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:30:10.75 ID:CsVXL7FW0

これからやよいの転落人生がハジマル


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:31:34.23 ID:RB9SzaQr0

>>131
インフェルノー


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:32:04.48 ID:QlJmcMga0

立て逃げしたらすごいことになっていたでござる


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:35:26.99 ID:tqQxoZrvO

>>137
お前は悪くない


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:33:12.48 ID:+xZLaXYu0

その日の夕方

~焼肉屋~

やよい「うっうー!焼肉ですー!」

かすみ「美味しいね、お姉ちゃん」

P「いやぁ、で、どれ位手に入ったんですか?」

やよい父「まだ手に入らないんですけどね」

やよい父「…」ゴニョゴニョ

P「ま、マジですか!?」

やよい父「マジですw」

P「じゃあ新しい家買えますねwww」

響「あっ、その肉自分のだぞー!」

やよい「うっうー!」



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:33:55.59 ID:2yMQsKET0

や、やよ・・・


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:34:11.12 ID:75NmeCD30

何やってんだこいつら・・・・


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:36:44.30 ID:+xZLaXYu0


P「今日は呑みましょう!」

やよい父「はいw」



その日、やよい家の粋なはからいで焼肉を奢ってもらった

長介は死んだ…失う物は多かった





手に入れた物の方があまりにも大きすぎた為


長介の存在は最初から無かった事にされた


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:37:53.90 ID:+xZLaXYu0

はーい!お風呂タイムですー!
乗っ取りは良いですね、何も考えずにぽんぽん書いて行けるんで


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:37:59.70 ID:ti5D0YO4O

やったね千早ちゃん!


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:38:38.84 ID:CoJKd5mo0

美希「ハニー、ミキね、HIP-HOPで食べて行こうと思うの!」P「…」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317275985/
美希「ミキミキ」真美「マミマミ」やよい「うっうっうー!」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317995011/
真美「HOP」やよい「STEP」美希「JUMPなのー!」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318861027/

P「クビ…ですか」高木社長「あぁ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317380613/
春香「のワの」765プロ…
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317486843/
天海春香「おいしいですよね、カブトムシ」P「くっさいなー」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317625255/
天海「殺してやる」P「やってみろよカブトムシ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317725872/
P「温泉ロケですか…」高木社長「あぁ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317898756/
律子「アイドル…ですか」P「あぁ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318089996/
P「風呂上がりに飲むMAXコーヒーはヤバイな」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318254514/
律子「プロデューサー、どうぞ、コーヒーです」P「にっが!」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318421544/
小鳥「やさしさに包まれたいんですよ!」P「あっそ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318687912/

響「ぼっちは辛いぞ…」グスン P「響…」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1319019996/ ←now!


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:43:53.33 ID:XFHFI2aN0

>>146
HIPHOPの昨日のヤツ
気がついたら落ちてたんだけど
どこまでいった?
朝の時点では残ってたけど


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:47:24.04 ID:CoJKd5mo0

>>153
P、小鳥さんに襲われそう
春香閣下、ますます人外の存在に


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:48:27.98 ID:XFHFI2aN0

>>155
ありがと
どうやら最後まで読んでたっぽいな


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:40:29.01 ID:75NmeCD30

単発のマジキチSSも結構ある


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:49:57.73 ID:MkGqFYwV0

カブトムシスレを待ってる自分に気づいた


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:55:55.41 ID:+xZLaXYu0


やよい家が崩壊したその日

某所にて


ある密会が開かれていた……






ガチャ


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 22:59:53.19 ID:+xZLaXYu0


?「はい、飲み物買って来たの」

?「ありがと」

?「しかし板がまだ来てないの」

?「なにやってんだろう?」

?「はっ、スコップですら来てるのにね」

?「ですらってなにかなーリボンちゃん……殺すよ」

?「へ?殺れるもんならやってみなよ……雪歩」

雪歩「へー……」スッ

春香「あっ、喧嘩買うんだ?」

美希「二人とも落ち着くの!」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:02:44.49 ID:+xZLaXYu0


美希「今日は緊急会議だったから遅れるのは当然なの」

雪歩「……ちっ、命拾いしたね」

春香「かっちーん……すっごくムカついたんだけど、今の」

雪歩「構えなよ、スコップの錆にしてあげるから」スッ

春香「そんな物、粉々にしてあげる」スッ

美希「…」


美希「いい加減にするの!!!」

春香「…ち」

雪歩「初期組なめんじゃねーぞ毛虫が」

美希「……かっちーんなのー」


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:05:22.79 ID:+xZLaXYu0


ガチャ

千早「ごめんなさい、遅れちゃって」

美希「…」

雪歩「…ぷ」

ビチャ

美希「……」スッ

ボギャアァア

春香「あはは!美希ったら金属バットで机を粉砕してるー」

美希「当たらないのー!」ブンッ

雪歩「当たり前だよ美希ちゃん」ササッ

美希「ムカつくのー!!」


千早「あの」

春香「あっ、千早ちゃん」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:07:55.34 ID:+xZLaXYu0


春香「千早ちゃんが遅いから二人が喧嘩始めちゃった」

千早「ごめんなさい」

春香「どうにかして二人を止めて欲しいなぁ」

千早「えぇ、わかったわ」

春香「…(コレで千早ちゃんの戦力を吟味出来るよ)」

千早「春香」

春香「へ?なぁに千早ちゃん」

千早「耳、塞いどいて」

春香「へっ」


千早「すううぅうう………」


千早「インフェルノー!!!」


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:11:36.43 ID:+xZLaXYu0


美希「ひぎっ!?」

雪歩「うっ!」


春香「っ!?」

春香「ぐっ(うわっ、耳塞いでても鼓膜がっ!?)」


千早「……」

千早「二人とも、落ち着いた?」

美希「ぁ…な、なにも聞こえないの…」

千早「すぐ治るわ」

雪歩「…ち、千早ちゃん」

千早「遅れてごめんなさい」


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:13:17.81 ID:+xZLaXYu0


春香「で、この会を開いたのには訳があるんだよ」

美希「……響」

雪歩「あの沖縄」

千早「……」

春香「どうしたの千早ちゃん?」

千早「い、いえっ、なんでもないわ」

春香「変な千早ちゃん」

千早「…(高槻さんの事は黙っておこう)」


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:15:40.08 ID:+xZLaXYu0


春香「私はね、響ちゃんのせいで一ヶ月間、事務所に通えなくなったんだ」

美希「いっ」

千早「一ヶ月…」

雪歩「酷い、酷すぎるよ…」

春香「で、皆はどうなのかな」

美希「ミキは大切な人を響に奪われたの」

雪歩「私は大切な人を響ちゃんに傷つけられた…」

千早「私は……」

春香「早く言ってよ千早ちゃん」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:17:42.00 ID:+xZLaXYu0


千早「私は……」

どうしよう…なんて言えば良いのかしら

皆みたいに何かしらの被害を受けた訳でも無いし

美希「千早さん?」

雪歩「千早ちゃん……もしかして何も無いんじゃ」

春香「そんな訳無いよ雪歩、だって千早ちゃんだもん」

春香「ねー?千早ちゃん」

千早「……私は」


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:19:51.56 ID:+xZLaXYu0


千早「私は」

千早「………」


千早「弟を殺されたわ」

春香「えっ!?」

雪歩「ころっ」

美希「千早さん……」

千早「だ、だから、」

千早「私は我那覇さんを許せないの」



ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:21:52.76 ID:+xZLaXYu0


春香「……これで皆の思いが分かったね」

美希「響…酷すぎるの」

雪歩「私、絶対に響ちゃんを許せない」

千早「……」

春香「じゃあ、最後になるんだけどね」

美希「まだ何かあるの?」

雪歩「早くしてよ、春香ちゃん」

春香「あのね」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:24:49.65 ID:+xZLaXYu0


春香「気づかれない様にね、私達にコードネームを付けとこうと思って」

美希「コード」

雪歩「ネーム?」

春香「そっ、あだ名みたいな物かな」

春香「コレがあれば私達って気づかれずに普段からそういう会話が出来ると思って」

千早「どうやって決めるの?」

春香「うん、皆に紙を渡すからさ」

春香「私達をどう呼びたいか書いて欲しいんだぁ」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:27:55.43 ID:UKU9uxuT0


雪歩「…(つまり、コレは以下に糞な名前で呼べるか決める課題)」

美希「…(ふふ、チャンスなの)」

コレで決まれば気兼ねなく文句がいえる

美希「わかったの」

雪歩「私も春香ちゃんに賛成かな」

春香「ありがと、はいっ、紙」

千早「…」

千早「…(何故かしら、嫌な予感しかしない)」


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:30:32.36 ID:UKU9uxuT0


春香「じゃあまずは私からだね」

ガサガサ

雪歩「…(この課題の条件は一つ)」

美希「…(本人の名前を書かない事)」

雪歩「ふふ(春香ちゃん、地獄に堕として、あ・げ・る)」

美希「…(生意気な春香に制裁を)」


アーメンなの


春香「えいっ!」



183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:33:01.34 ID:UKU9uxuT0


春香「…」

『リボンが本体』

雪歩「ぷwww」

美希「くっwwww」

千早「春香…」

春香「へ、へえぇ」プルプル

春香「だ、誰かなぁこんなの書いた人」プルプル

美希「な、名前が無いからわからないのwww」

雪歩「は、春香ちゃん、次はwww」

春香「……」ガサガサ


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:35:19.33 ID:UKU9uxuT0


春香「…」

『腐ったカブトムシ』

雪歩「こほっwww」

美希「お、お腹痛いのwww」

千早「…」

春香「ふ、ふぅん……」プルプル

千早「春香、もうやめに

美希「千早さんは黙ってるの!wwww」

雪歩「そうだよ千早ちゃんwww」

春香「ふぅー……」

春香「えっと、次は」ガサガサ


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:38:19.61 ID:UKU9uxuT0


『のワの』

雪歩「……」

美希「もはや顔文字なのwww」

雪歩「ぶふっww」

千早「…」

春香「はぁはぁ……ふっ、ふぅー…」

春香「わ、私のは終わりだね」

美希「は、春香」

春香「なぁに美希」

美希「結局なんて呼べば良いの?」

春香「……」

春香「カブトムシ」

雪歩「ぷはぁwwww」

美希「く、苦しいのwwww」


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:40:35.26 ID:UKU9uxuT0


美希「じゃあ次はミキの番なのー!」

雪歩「くふふww」

春香「…」ズーン

千早「春香…」

美希「千早さん!コードネームで呼ぶの!www」

千早「…」

春香「良いよ……千早ちゃん」

千早「か」

千早「カブトムシ春香」

雪歩「くふっww」

美希「なんでカブトムシの後に春香をつけるのwwwww」

千早「えっ」

春香「……死ね」


188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:42:31.74 ID:NkOAEjk40

千早わかってらんなwww


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:42:33.87 ID:UKU9uxuT0


美希「こほん、じゃあ気を取り直してミキの番なの」

雪歩「…(ふふ、あんたも春香ちゃんと共に地獄に落としてあげる)」

春香「…(美希、ただですむと思うなよ)」

千早「美希…」


美希「よしっ、じゃあ…」

美希「コレからいくのー!」





190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:43:03.99 ID:11xibaP10

あれ?なんか楽しそうじゃね?


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:45:34.24 ID:UKU9uxuT0


『ブロリー(スーパーサイヤ人3)』

雪歩「ぷwww」

春香「ブロリーwwww」

美希「……」

千早「わざわざブロリーを選んでる所に悪意を感じるわね」

春香「千早ちゃんやめてよwwww」

雪歩「ぷふぁあwwww」

美希「……」

美希「カカロットー!」

春香「くひひひひwwww」

雪歩「や、やめww」

千早「……ふふw」


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:47:38.91 ID:EUZOtK+b0

美希ノリノリじゃねーかwww


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:50:52.42 ID:UKU9uxuT0


美希「えっと、次は」ガサガサ

春香「み、美希」

美希「どうしたの?」

雪歩「お、お願いだからジェルでオールバックにしないでwww」

美希「……」

美希「カカカカカカカカロットー!」

春香「こほっwwww」

雪歩「べふwwww」

千早「美希、もうブロリーで良いんじゃ無いかしら」

美希「嫌なの!せめてベジータが良いの」

春香「ベジータwwww」

雪歩「あひゃひゃひゃwww」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:53:31.26 ID:UKU9uxuT0


美希「コレなのー!」

『クソビッチ』

春香「ぷww」

雪歩「はぁ……」

千早「そういえば美希、あなた一日に30人位に告白されてた設定よね」

美希「……」

千早「……」

千早「これからっしょ」

春香「ぱはwwwww」

雪歩「ひいぃwwwwww」

美希「つ、次いくの!」


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/19(水) 23:56:43.83 ID:UKU9uxuT0


美希「…」

『毛虫』

春香「くっ…」

雪歩「はひひぃ…いぃっ」

千早「何故か2ではゲジらなくなってるわよね」

美希「うん…パーマかけたの」

千早「美希」



千早「針、飛ばさないでね、痒くなるから」

春香「くひひひゃひゃwwwww」

雪歩「くるすはぁwwwww」


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:01:07.34 ID:6Hpnry2u0


美希「…」ズーン

春香「美希のあだ名なんにする?www」

雪歩「毛虫がいいwwww」

美希「もうどうでもいいの…」

千早「……美希」

美希「もう毛虫でいいの…」

春香「はい!毛虫けってーwww」

雪歩「茶髪だとタワシだけどねwww」

千早「くっww」


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:03:14.45 ID:6Hpnry2u0


雪歩「次は私だね」

カブトムシ「うん、そうだね」

毛虫「雪歩も地獄をみればいいの」

千早「ぷっwww」

カブトムシ「どうしたの?千早ちゃん」

千早「いえ、なんでもないわww」

毛虫「変な千早さん」

千早「…(なんで名前が変わってるのwww)」

雪歩「うーんと」ガサガサ

雪歩「これっ!」


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:04:00.41 ID:ZEKtU94Y0

世界で一番可愛い 虫


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:04:22.57 ID:V+pgSU6u0

名前wwwwwwwww


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:04:55.14 ID:2f3uRZc/O

ここだけ見たら平和なのになー


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:07:12.44 ID:6Hpnry2u0


『声優CHANGE‼‼』

雪歩「…」

春香「こほっwwwww」

美希「ミキ達の新曲なのwwww」

千早「ぶっwwww」

春香「くひひwww」

美希「はらいたいのwwww」

千早「CHANGE‼‼」

春香「ぐひwwww」

美希「千早さん、やめてなのwww」


219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:09:01.47 ID:gRs0LZ+D0

触れちゃいけないところにwwwww


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:09:04.18 ID:dREpUjFLO

あずみん雪歩が素晴らしくてゆりしー雪歩の声を忘れつつあるわ…


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:09:40.61 ID:L4VlMDj50

ゆりしー大解雇!


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:11:08.64 ID:71jz6bn80

ゆ り し ーwww


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:12:48.85 ID:6Hpnry2u0


雪歩「つ、つぎ…行くね」

春香「はふふふwww」

美希「はぁっ…はあぁあ……」

千早「…」

春香「ふぅ…」

美希「は、はやくするの」

雪歩「……」

雪歩「タカくーん!このみを置いてっちゃやだよー」

春香「ぶーwwwww」

美希「くひひひwwwww」


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:16:40.26 ID:6Hpnry2u0


雪歩「えっと、次は」ガサガサ

『野々原渚』

春香「ぷっwww」

美希「また声優ネタなのwwww」

千早「ふぅー……」

雪歩「……」

雪歩「おにいちゃーん」

千早「ププwwwww」

美希「ばにらーwwwww」

春香「くひひひwwwww」


225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:19:24.06 ID:6Hpnry2u0


雪歩「はぁ、私もう挫けそう…」

美希「は、はやくするの」

春香「そうだよ、次が最後なんだから」

千早「萩原さん、頑張りましょう」

雪歩「うん…」

ガサガサ

雪歩「えっと………」

雪歩「…」

美希「は、はやく見せるの」

春香「そうだよ雪歩」


228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:21:30.83 ID:6Hpnry2u0


雪歩「…」ピラッ

『中日ドラゴンズ』

春香「wwwwww」

美希「ゆりしーwwww」

千早「くっwww」

雪歩「……」

春香「ばははwwww」

美希「はひぃww」

千早「くきwwwwww」


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:22:13.03 ID:Mu9TTuOk0

落合祐香里さん


230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:23:54.13 ID:gT2IwUZA0

優勝おめでとうございます


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:25:45.46 ID:jpGWh/5E0

三冠王w


233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:28:13.97 ID:6Hpnry2u0


雪歩「…」

春香「雪歩のあだ名難しいよwww」

美希「うーんwww」

千早「中日ドラゴンズ……」

千早「監督…はどうかしら」

春香「監督wwwwww」

美希「それがいいのーwwwww」

雪歩「…」

千早「よろしくね」

千早「落合監督」

春香「びーばーwwwww」

美希「ぶっふひwwww」


237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:31:04.60 ID:6Hpnry2u0


千早「最後は私ね」

落合監督「…」ズーン

カブトムシ「千早ちゃんも覚悟しといてね」

毛虫「当たり前なの!千早さんも地獄をみればいいの」

千早「ぷwwww」

カブトムシ「もー、さっきから何?」

毛虫「千早さん、おかしいの」

落合監督「はやく始めようよ…」

千早「…(だから名前wwww)」


240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:33:54.03 ID:6Hpnry2u0


千早「最初はこれね」

『胸囲』

春香「Googlewwwwww」

美希「Yahooでもなるのwwww」

雪歩「ぶひいぃwwwww」

千早「…」

春香「関係ないのにwwww」

美希「胸囲なんて言葉はいってないのwwww」

雪歩「公式ホームページwwwww」


245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:38:14.57 ID:6Hpnry2u0


千早「……つ、次は…これね」ガサガサ

『棒山んあー』

春香「wwwwww」

美希「あじゃばぁwwwww」

雪歩「私達の中で唯一の棒読みで話題になってるんだよねwwwww」

千早「……」

千早「んあっんあっあっあっあっ」

春香「くっ」

美希「はひっひひぃ…」

千早「んあー」

春香「ぶふふぉwwwww」

美希「んあーwwwww」

雪歩「やまはぁwwwwww」


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:43:52.17 ID:6Hpnry2u0


千早「……」

春香「くひひひ」

美希「千早さん、あと一枚なのwwww」

雪歩「は、はやくーwww」

千早「あっあっあっあっあ」

美希「喘いでるのwww必死に喘いでるのwwww」

春香「やめてwwww」

雪歩「はあぁ……ふぅ」

千早「んあー」

雪歩「かかかかwwwww」

美希「ふっ、腹筋が痛いのwwww」

春香「千早ちゃんいい加減にしてwww」


257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:49:04.80 ID:6Hpnry2u0


千早「えっと……」

千早「…」

春香「どうしたの?」

美希「早く見せるの」

雪歩「千早ちゃん?」

千早「……」


千早「…」スッ


262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:52:18.92 ID:6Hpnry2u0


『ズン千早』

春香「ふふっ…」

美希「はぁ…」

雪歩「へ、へぇ、初めて聞くね…これ」

千早「……」

千早「ンチ」


千早「ズンチズンズチwwwwズンチズンズチwwwww」

春香「アンコtheKanCrewきたwwwww」

美希「ピオリムwwwwww」

雪歩「ぐっぎぎぎぎぎwwwwww」


264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:55:19.72 ID:V+pgSU6u0

ズンチwwwwww


265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:55:35.17 ID:6Hpnry2u0


千早「…」ズンズーン

春香「千早ちゃん、落ち込む時の音www」

美希「ズンズーンwwwww」

雪歩「私達と違うwwwwww」

千早「…」ズンズンズーン

春香「またwwwww」

美希「ズンが増えたのwwwww」

雪歩「ズンの大盤振る舞いwwww」


266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:55:55.45 ID:jpGWh/5E0

如月ズン千早wwwwww


267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:56:32.01 ID:GrNF7YQM0

まさかこっちで笑ってはいけないが見られるとは


271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 00:58:33.31 ID:6Hpnry2u0


ズン千早「もうこれで良いわ」

春香「wwwwww」

美希「くひひひひwwwww」

雪歩「意義無しwwwww」

ズン千早「明日も頑張りましょう」

春香「分かったからズンを取ってよwwww」

美希「ズン千早さんwwww」

雪歩「お前の母ちゃんお前の母ちゃんwwwww」


274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:03:59.55 ID:6Hpnry2u0


千早「で、結局今日はろくな話が出来なかったわね」

春香「と、とにかくコレでいつでも響ちゃんをぶっ殺す話しが出来る訳だし」

雪歩「そういえば春香ちゃん」

春香「ん?」

雪歩「響ちゃんのあだ名、決めてないね」

美希「そういえばそうなの」

千早「我那覇さんのあだ名を決めない事にはこの会話も出来ないわよ」

春香「うむむ、そうだった」


277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:06:46.05 ID:6Hpnry2u0


春香「じゃあ一人づつ言って行こうよ」

美希「わかったの」

雪歩「私もそれで良いと思う」

千早「決定ね、誰から言う?」

春香「じゃあ私から言うね」



278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:08:58.67 ID:6Hpnry2u0


春香「ビーストウォーズ」

美希「ぷふwwwww」

雪歩「はあぁwwwww」

千早「ぐふふふふwwwww」

春香「やぁみんな、ゴリラのコンボイだ」

美希「ぱはぁwwww」

雪歩「総司令官wwwwww」

千早「うぉーうぉー争いはストッピンww」

春香「ぐふwwwww」


279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:14:00.50 ID:7lJz17Pv0


美希「えっとね、ミキは」

美希「ヲ卓球娘がいいの」

雪歩「……」

春香「そういえば響ちゃん、卓球得意なんだっけ」

千早「…」

美希「……」スッ

ポーンッ

春香「野球ボールを宙にあげて?」

千早「あっ、バットを構えたわ」

美希「王子サーブなのー!」

スカッ

春香「外したwwwwww」

雪歩「さっー!wwwwwww」

千早「一本一本!wwwww」


282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:17:20.09 ID:7lJz17Pv0


千早「私は沖縄で良いと思うわ」

雪歩「あっ、私もそう言おうとしてた」

春香「うーん、だったら沖縄でいいかな」

美希「あれ?ミキのは?」

春香「もういいよ、そろそろ寝たいし」

美希「えっ、寝る?」

雪歩「うん、もう限界」

千早「今日はもうお終いにしましょう」

美希「えっ、え!?」


286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:21:04.75 ID:7lJz17Pv0


~自宅~

P「うへぇ、呑みすぎた…」

響「だぞぉ」

P「響も腹一杯食べたもんなぁ」

響「自分、妊婦さんみたいだぞぉ」

P「はいはい、じゃあ風呂入って寝ような」

響「あっ、自分、後でいいさー」

P「じゃあ先にはいるからなぁ」

スタスタ



P「………」

P「おい」

響「むー、なにさー」


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:24:05.42 ID:7lJz17Pv0


P「お、お前なんで俺の家に居るんだ」

響「うひひ、なあぁんくるない……」

響「さー!」

P「うわっ!さ、酒くさっ」

P「お前呑んだのか!?」

響「へ?なにぉお?」

P「うっ、何時の間に」

響「あはぁ、やよいといっひょに」

P「はぁ!?やよいにも飲ませたのか!?」

響「なんくるぅ……ないさぁあ!」

P「うわっ、完全に酔ってる」


291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:28:15.04 ID:7lJz17Pv0


響「どうせ自分、家に居てもぼっちさぁ…」

P「ど、動物達がいるだろ」

響「あんなの嘘だぞー」

P「は?」

響「えへへぇ、どーでアニメにだってハム太郎しか出てきてないさぁ…」

響「それにっ……ゲームでだって名前しか出てきてないぞぉ」

響「だからあれは嘘なのさぁあぁ"」

P「しょ、衝撃の事実だ…」

響「あはぁ…もう自分寝るぞ!寝るっぞぞぞ!」

バフン

ベッド「のヮの」酒の臭いか…若いな


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:36:40.47 ID:7lJz17Pv0


~♪

P「んあ?美希からか」

響「だぞぞぞぞぞ!」

ベッド「のヮの」おい!枕に北斗百裂拳すんじゃねーYO

ガチャ

美希『ハニー!』

P「もう22時だぞ…なんの要だよ」

美希『冷たいの…』

P「あっ、響の奴見つけたから」

美希『ふーん……で、今響は何処なの』


299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:41:08.61 ID:7lJz17Pv0


P『え"』

美希「どうしたの?」

P『ひ、響の場所か?』

美希「そうなの、教えてほしいの」

金属バット「のヮの」ふひひひ

P『えっとな、多分今なんじゃないかな』

美希「響の?」

P『あ、あぁ……そうだと思う』

美希「わかったの、ありがとうハニ

響『だぞぞぞぞ!』

P『うえっ!?』

美希「………ハニー?」


300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:43:43.72 ID:7lJz17Pv0


P「な、なんだ美希?」

美希『いま、響の声がしたの』

P「そんな事ないぞ」

美希『ハニー…今何処なの』

P「あはは、おしえ

響「プロデューサーの家には何も無いぞー!お茶位有ってもバチはあたらないさー!」

P「……」

美希『わかったの、今から行くの』

P「はっ?み、美希!?」

プツッ

P「あはは……マジで?」


305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:48:09.99 ID:7lJz17Pv0


美希「……」

美希「…」グッ

バット「のヮの」ひーはー!

美希「ゆるっさないの!!!」ブンッ


ズドオォオオンッ!


美希がバットで地面を叩いた直後のニュースには

震度五弱の揺れが観測されたと表示された


グラグラグラグラ

美希「ふぅー……」


311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:52:14.80 ID:7lJz17Pv0


その揺れを感知した二人の猛者

雪歩「あはは、合図だぁ」

一人は雪歩


春香「くひひひ、集合のベルだぁあ"」

一人は春香


二人は震源地に向かう

美希「早く来るの…」

美希「響……いや」

美希「我那覇響……」


ぶっ殺すの


316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:56:24.27 ID:7lJz17Pv0


美希「……」

ヒュンッ!

美希「…」スッ

バット「のヮの」俺は特注品でね、ちょっとやそっとじゃ傷すらつかないぜ!

キィイイン!

スコップ「のヮの」俺を弾くとは、嬢ちゃん中々殺るな

美希「手荒い歓迎は好きじゃないの」

美希「……雪歩」


雪歩「あはは、さっすが美希ちゃん」


317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 01:59:46.00 ID:7lJz17Pv0


雪歩「で、見つけたんだ?」

美希「うん、沖縄を」

雪歩「どこにいるのかなぁ」

美希「ハニーのい


グラグラグラグラッ!

美希「な、なんなの!?」

雪歩「さっきの揺れより強いよ!」


甘いねぇ美希は…

美希「もー、遅いの!」

揺らすなら最低でも震度7は起こさないと


春香「神様に笑われちゃうよ?」

雪歩「ふふっ、絶好調だね、春香ちゃん」


322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 02:02:57.54 ID:cU/bl03h0

どのSSでも春香は人外だなwww


323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 02:04:01.88 ID:7lJz17Pv0


春香「それで……あれ?」

春香「ズン千早は?」

雪歩「ズン千早なら音沙汰無し」

美希「多分ミキの合図に気づいて無いだけなの」

春香「使えないねぇ…まぁ良いけどさ」

雪歩「ふふっ、私達三人の初めてのコンサートだね」

美希「観客は沖縄一人だけなの」

春香「あはは、じゃあ行こうか」

三人「ステージに!!」


325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 02:07:08.24 ID:7lJz17Pv0


その頃、美希の合図に気づき

いち早く行動に移った者が居た


千早「……」

インベル「のヮの」良いんですか?マスター


如月千早、通称、壁

千早「えぇ、もう決めたから」

インベル「のヮの」貴女と一緒に散れるなら

千早「あの三人を止めて見せる」


彼女の裏切りが吉と出るか凶と出るか


その答えは……


329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 02:10:56.89 ID:7lJz17Pv0


美希「……」

雪歩「…ハジマル」

春香「なに、あのでっかいの」


インベル「のヮの」

千早「……インベル」

千早「…オネガイ」ガチャ

インベル「のヮの」対象を確認



美希「もしかして」

雪歩「私達を殺る気みたいだね」

春香「いひひ、肩慣らしにはちょうど良いかもね」


330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 02:13:51.08 ID:7lJz17Pv0


雪歩「…」スッ

美希「雪歩?両手にスコップなんか持ってどうするの」

雪歩「ロボットって言ってもね」グググ

雪歩「関節は脆いはず」

雪歩「……」


雪歩「だよっ!!」

ビュオッ!

春香「雪歩のスコップ遠投でたー!」

スコップ「のヮの」ひーはー!!


スパーンッ


331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 02:16:35.69 ID:7lJz17Pv0


雪歩の放った二対のスコップ

千早「インベル!?」

インベル、彼女が呼ぶそのロボットには

あまりに小さく……

大きな一撃であった


ズドオォオオン


春香「やったー!あのロボットの両腕を落としたよ!」

美希「凄いの…」

雪歩「えへへ、スコップは掘る為だけじゃ無いからね」


千早「インベル!インベル!!」

インベル「のヮ」すみません、腕を持ってかれちまいました


332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 02:21:19.34 ID:7lJz17Pv0


春香「じゃあ次は私の番だね」

雪歩「私はさっき投げたスコップを探してくるね」

春香「美希、多分美希の番は来ないと思うから雪歩のスコップを探しに行ってきてよ」

美希「わ、わかったの」


春香「うふふのふ~」


春香「Go」

春香「My」

春香「…」ググググ

春香「Way!!」



335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 02:27:28.62 ID:7lJz17Pv0


お嬢……楽しかったですぜ

千早「インベル!?インベル!!」

あんただけでも逃げてくだせぇ

まだあんたがパイロットだってばれてませんぜ…

千早「嫌!インベルを置いて逃げるのはもう嫌なの!!」

プシュウゥウ

千早「なっ!」

インベル「のヮ」強制脱出装置です

インベル「のヮ」お嬢……さよならです


バシュンッ

千早「インベル!!」

千早「インベルー!!!」


339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 02:33:36.46 ID:7lJz17Pv0


ドボーンッ

雪歩「あれ?」

美希「河原に何か落ちたの」

プシュウゥウ

ガチャン

千早「……」

雪歩「千早ちゃん?」

美希「なんで上空からポットに乗って落ちてきたの?」

千早「……」

千早「そういう遊びにハマってて」

雪歩「なーんだ、てっきり私、あのロボットに乗ってたのかと思っちゃった」

千早「そんな筈無いでしょ?」

美希「そうなの、千早さんはミキ達の仲間なの」


342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 02:37:42.39 ID:7lJz17Pv0


千早「ねぇ美希」

美希「どうしたの?」

千早「今私、すっごく気分が悪くて…」

雪歩「大丈夫?千早ちゃん」

千早「だから美希、お願いがあるの」

美希「ミキに出来る事ならなんでも言ってほしいの」

千早「そのバットで」

千早「私を本気で打ってほしいの」

美希「えっ!?」

雪歩「千早ちゃん?!」


343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 02:40:40.13 ID:7lJz17Pv0


ズギャアアァアアン

雪歩「あっ、春香ちゃん、終わったみたいだね」

千早「…(インベル……あなたの事は忘れない)」

美希「あの、本気なの?」

千早「えぇ、本気でお願い」

美希「……わかったの」スッ


コレで死んでしまおう…インベルがいない世界なんて

美希「いっくのー!!」ブンッ


カボチャの入ってないカレーみたいだもん……


バキィイイイ!


346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 02:46:38.48 ID:7lJz17Pv0

お夜食の時間ですよー
とりあえず6時位まで頑張って死にます


347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 02:49:50.45 ID:DXCkCpEc0

今夜にカブトムシ書いてくださいねプロデューサーさん?


352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:10:10.64 ID:7lJz17Pv0


P「おい響」

響「だぞ!?」

P「だぞ!…じゃねーよ」

響「だぞぞ!」

P「酔っ払ってたらだぞ!しか言えないのか」

響「そんな事ないぞ」

P「なら風呂入るぞ」

響「えー、別に明日の朝でもいいさー」

P「はいはい、来ましょうねー」

響「うわわっ!ふ、服は引っ張っちゃダメだぞー!」


353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:12:42.99 ID:7lJz17Pv0


~脱衣所~

P「えっと…」

響「プロデューサー、自分、もう寝たいぞ」

P「えー、コレ履けるか?」

響「なんだコレ?ブリーフ?」

P「ボクサーパンツです」

響「ふーん……」ヌギヌギ

P「急に脱ぐなよ…」

響「…」モソモソ

響「うーん、ちょっと違和感あるけど」

響「大丈夫だぞ!」


354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:14:39.86 ID:7lJz17Pv0


P「そっか、じゃあ風呂に

響「おやすみなさーい」

ガシッ

響「わわっ!」

P「お風呂に入って寝ましょうねぇ」

響「ゔぅー!嫌だぞー!」

P「お前は風呂に怨みでもあるのか」

響「……げっぷ」

P「くっさ!酒臭いっつーの!」


357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:16:10.85 ID:2h/7d/jt0

これ書き溜めじゃないんだよな?マジキチ


358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:16:47.22 ID:7lJz17Pv0


響「自分臭くなんかないぞー!」

P「わかったから、響は臭くないから」

響「当たり前さー!自分いっつも臭いだのぼっちだの言われてるんだぞ」

P「……」

響「ん?どしたんだプロデューサー」

P「いや、気づけないのってかわいそうだなぁって」

響「だぞぞ!?」

P「無理やりキャラを作らなくて良いから」



359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:19:52.47 ID:7lJz17Pv0


~お風呂~

P「はいっ、身体こっち向けないの」

響「なんでプロデューサーは脱いで無いのさー!」

P「ったりまえだろ、俺は一人で入りたいから」

響「……げっぷ」

P「ぐぇやっ」

響「ふん、罰だぞ!」

P「げっぷアイドルとか絶対に流行らないからな」

P「ほら、髪洗ってやる」キュッ

シャワー「のヮの」あじゃばー

サアァアア

P「顔動かすなよー」



360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:22:42.05 ID:7lJz17Pv0


シュウウゥウ

雪歩「……へぇ」

美希「いっつ」

バット「のヮの」俺が……曲がっただと!?

千早「えっ」

美希「ち、千早さん……堅すぎるの」

カランカラン

美希「いたた、手が痺れてもってられないの」

雪歩「千早ちゃん、凄い胸だね」

千早「わ、私……死んで無いの?」



362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:25:17.17 ID:7lJz17Pv0


春香「あー、楽しかった」

雪歩「春香ちゃん!」

千早「春香…」

春香「あれ?千早ちゃん何時来たの?」

美希「さっき空から落ちてきたの」

雪歩「紐なしバンジーだって」

春香「へー」

春香「あれ?美希のバット、折れ曲がってるよ」

美希「あっ、これはさっき…」

春香「さっき?」

雪歩「……私が遊んで曲げちゃったの」

美希「!」


365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:28:30.57 ID:7lJz17Pv0


春香「もー、雪歩はおっちょこちょいだなぁ」

雪歩「うふふ」

雪歩「何も無い所で転ぶ春香ちゃんにだけは言われたくないなぁ」

春香「……あ"?」

春香「だけってなにかな?」

雪歩「……」スッ

美希「ゆ、雪歩!」

春香「なに?脅してるつもり?」

雪歩「私、嘘は嫌いだから」

春香「……わかったよ、ごめん」

春香「だから私の喉に突き立ててるスコップ、下げてよ」


367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:31:59.02 ID:7lJz17Pv0


春香「ほら、早くプロデューサーさんの家に行こうよ」

美希「えっ!?み、ミキまだなにも」

春香「何となく分かるから、私」

美希「春香…」

春香「早く行くよー!」

スタスタスタ

美希「……」

雪歩「美希ちゃん、一つかしだよ?」

美希「ゆ、雪歩」

雪歩「美希ちゃんが千早ちゃんを殴ったなんて言ったら仲間割れって思われちゃうからね」

美希「あ……ありがとうなの」

雪歩「ふふふ、気にしないで」

雪歩「私多分、千早ちゃん側の人間だから」

千早「!?」


368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:36:57.93 ID:7lJz17Pv0


千早「は、萩原さん!?」

雪歩「当たり前だよぉ、あんなリボン、利用するだけ利用して捨てるよ?」

美希「……」

雪歩「あはは、私達は三人で一つのユニットだよ?」

美希「雪歩…」

雪歩「OZK」

千早「OZK?」

雪歩「O(落合)Z(ズン千早)K(毛虫)」

美希「ミキ達のコードネームなの」

雪歩「そうだよ、コレが私達のユニット名」


雪歩「オーザック」

美希「美味しそうなの」

千早「私はチップスター派」


372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:44:09.64 ID:m9E9LLDM0


響「…zZ」

P「うぉい!寝るなっての」ゴシゴシ

響「んあっ……ゔぅ」

P「ほら、もうすぐ髪、洗い終わるから」ゴシゴシ

響「あぅう、き、気持ち良くって…」

P「あーもう、頭動かすなっての」キュッ

シャワー「のヮの」俺はプリングルス派


サアァアア

響「あ"あぁ、ぎもちいい"ぞぉ」


373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:46:39.20 ID:m9E9LLDM0


P「響、身体はお前が洗うんだぞ?」

響「ゔん、わがってるさぁ」

P「大丈夫なんだな?」

響「うー、自分子供じゃないんだから身体位一人で洗えるぞー!」

P「酔っ払ってるから心配なんだが」

P「まぁいっか、じゃあ上がったらちゃんと着替えるんだぞ」

響「うん!」


バタン


374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:50:29.17 ID:m9E9LLDM0


春香「どうしたのみんな」

美希「な、なんでもないの」

千早「えぇ…」

春香「怪しい…」

美希「うっ」

雪歩「ポテトチップスはどこのが一番美味しいか言い争ってたんだよ」

雪歩「ね、二人とも?」

美希「そっ、そうなの!」

千早「私はチップスター派」

美希「み、ミキは断然堅あげポテトなの」

雪歩「春香ちゃんはどれが一番すき?」

春香「……」

春香「カルビーのコンソメ味かなぁ」


377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:55:55.64 ID:m9E9LLDM0


春香「それにしても、美希と千早ちゃんはどうやって響ちゃんを殺るつもりなのかなぁ」

美希「えっ」

春香「だって二人とも、獲物が無いみたいだし」

美希「ミキのはさっき折れて使い物にならないの」

春香「千早ちゃんはなにかもって来てるのかな?」

千早「わ、私は

雪歩「春香ちゃんにそれを言う権利は無いと思うなぁ」

春香「…」ピクッ

雪歩「春香ちゃんだって丸腰な訳だし」


380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 04:01:07.68 ID:m9E9LLDM0


春香「…」

雪歩「二人に聞いといてそれは無いと思うなぁ私」

美希「ゆ、雪歩…」

雪歩「丸腰でも美希ちゃんの握力をもってすればビルにひび位は簡単にいれれるよ?」

雪歩「それに千早ちゃんもすんごい武器持ってるのに…」

雪歩「何も知らない春香ちゃんがそんな事言う権利無いと

春香「雪歩は黙ってて」

雪歩「ふふふ……」

雪歩「嫌だね」スッ

千早「萩原さん!」

春香「さっきから突っかかって来るよね雪歩は」

雪歩「その言葉、そのまま春香ちゃんに返してあげる」

春香「あ"?」


381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 04:05:02.34 ID:m9E9LLDM0


雪歩「…」

春香「へぇ、ちょうど良いや」バキッベキッ

春香「さっきのロボットじゃ十分に身体暖まらなかったし」

春香「雪歩ならねぇ、ポカポカになりそうだよ」バキッベキッ

雪歩「そんな指の骨鳴らすと、関節太くなってゴツくなっちゃうよ?」

雪歩「まっ、春香ちゃんには関係無いか」

雪歩「だって一ヶ月は…」


雪歩「謹慎処分だもんねぇ」

春香「殺すぞ」バキベキベキ

雪歩「あはは、」

雪歩「は?」


382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 04:08:10.16 ID:m9E9LLDM0


雪歩「無理無理、春香ちゃんじゃ私は殺せない」

春香「……試してみる?」

雪歩「ううん、試さなくても分かるから」

春香「は?雪歩、私を舐めてるの?」

雪歩「そんな事しないよぉ、汚いし」

春香「だったらなんなんだよ、あ?」

雪歩「私達らユニットでしょ?仲間なんでしょ?」

春香「な、仲間…」

雪歩「そうだよぉ、だから無駄な争いはしないんでしょ?」

雪歩「それが仲間同士なら尚更だよ」


384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 04:15:12.01 ID:m9E9LLDM0


春香「雪歩…」

雪歩「ほら、早く行こっ?」

春香「う、うん」

雪歩「…」ニヤッ

美希「雪歩、すっごく恐いの」

千早「えぇ、凄くね…」

雪歩「ほらー、千早ちゃん、美希ちゃん!早くー」

美希「待ってなのー!」


385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 04:18:22.04 ID:m9E9LLDM0


P「…」

P「遅いな響の奴」

P「大丈夫かなぁあいつ」

P「うーむ」

P「やっぱり様子見に行くか」


P「浴槽に顔突っ込んでたら大変だしな」


386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 04:22:35.11 ID:m9E9LLDM0


ガラララ

P「響」

P「って、」

響「…zZ」

P「浴槽で寝てるし」

P「石鹸が転がってるって事は身体は洗ったみたいだな」

P「ほら、早く起きろ、風邪ひくぞ」

響「ゔぅ…ん」

P「起きろっての」

響「プロデューサー…」


387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 04:31:07.94 ID:m9E9LLDM0


春香「もうすぐで着くよ」

雪歩「春香ちゃんはいつプロデューサーの家の場所を知ったの?」

美希「それ気になるの、ミキは一度もハニーの家に行った事が無いの」

千早「プロデューサーは私達に家を招待しないわよね」

雪歩「だからどうしてプロデューサーの家を?」

春香「うーん」

春香「内緒」

美希「えっ、教えてくれないの?」

美希「うよ、内緒だよ」


388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 04:32:35.03 ID:m9E9LLDM0

うう、すみませんもう限界です、起きたら再開します
それではよい夢を


389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 04:33:34.06 ID:Bg70UJ70i

よくやった…もう休めっ…!


390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 04:35:39.84 ID:EFFsSS6e0

ほんま毎日乙


452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:05:15.68 ID:HRJQcldD0


響「ぐりぅ…」

P「ほらっ、髪乾かしてやるから」

響「ゔぅ…なんか頭が痛いぞ」

P「当たり前だっつーの」カチ

ドライヤー「のヮの」

ブフオォ

響「あづっ!?」

P「あっ、響は熱いの苦手なんだっけ」

響「そうだぞー、だからもういいさー」

P「よくないっつーの」


454: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:07:56.17 ID:HRJQcldD0


P「あっ、ほら、歯ブラシ」

響「もう寝たいさー!!」

P「黙らっしゃい!はいっ!」

響「ゔぅ」

P「台所に歯磨き粉があるからな、ちゃんと磨いとけよ」

響「はあぁい」スタスタ

バタン

P「ふぅ…やっと俺も入れるよ」


457: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:11:48.97 ID:HRJQcldD0


春香「…」

美希「春香、まだつかないの?」

春香「う、うん」

春香「……(おかしいな?そろそろ着かなきゃいけない頃なのに)」

雪歩「春香ちゃんは方向音痴だからねぇ」

春香「雪歩は黙ってて」

雪歩「い・や・だ」

春香「……」グググ


春香「ゔぁい!!」

ズドオオォオオン

千早「は、春香!?」

雪歩「あはは、なに地面殴ってるのかなぁ?」

グラグラグラグラッ

美希「ゆ、揺れるのー!」


458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:18:22.40 ID:HRJQcldD0


四人が着かないのも当たり前の事だった

貴音「……」

四条貴音、彼女もまた、春香側の人間

しかし

彼女は違う

貴音「力だけが全てでは無いのです」

貴音「天海春香、星井美希」

貴音「萩原雪歩……如月千早」

貴音「どうですか?」

貴音「わたくしの作り出した空間のお味は」

彼女は、プロデューサー側

つまり春香側と対をなす者

貴音「明日の午前8時まで」

貴音「見えもしない壁に阻まれ続けなさい」


464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:22:19.80 ID:HRJQcldD0


貴音「…」グルルル

貴音「お腹が…空きました」

貴音「はっ!?」


屋台「のヮの」嬢ちゃん、一杯Do-Dai

貴音「この匂いは…」

貴音「らぁめん!」

スタスタスタ

親父「へいらっしゃい」

貴音「大盛りで」

親父「あいよっ、ラーメン大盛り一丁!」

貴音「あぁ、この匂い、最高です」

四条貴音、通称、やけ食いの貴音

彼女は今日も、夜食と称してラーメンを頬張るのであった……


466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:25:21.86 ID:HRJQcldD0


P「あじゃばぁ」キュッ

シャワー「のヮの」遅いですぜ旦那

サアァア

P「あー、やっと風呂に入れるわぁ」

P「明日はどうしよっかな」

P「とりあえずやよいの家を見つけないといけないし」

P「今日はホテルに泊まるって張り切ってたけど」

P「……」

P「うん、明日は響と一緒にやよいのお手伝いだな」


468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:29:16.48 ID:HRJQcldD0


親父「しかし嬢ちゃん、良い食いっぷりだねぇ」

貴音「ありがとうございます」

貴音「…」ズルルルル

親父「嬢ちゃん」

貴音「はい?」

親父「実はだ……俺の勘違いでよぉ」

親父「ひと玉残っちまったんだよなぁ」

貴音「はぁ…」

親父「売れ残っちまった訳だしよ…」

親父「……喰うかい?」

貴音「よろしいのですか?」

親父「へへっ、まいど」

屋台「のヮの」替え玉一丁!


469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:33:43.81 ID:HRJQcldD0


P「oh…」

風呂上がり、彼の目の前に広がる光景

響「だぞぞぞぞぞ!」

ソファ「のヮの」いぎゃああ!だ、旦那ぁ!助けてくだせぇ!

P「……」

我那覇響、先程のお風呂により酔いが引いたと思い込んでいたのが彼の失敗であった


響「だぞぞぞぞぞ!」

ソファ「のヮの」あぁ!な、中身を抜くんしまゃねえ!や、止めろー!

P「枕まで…」

枕「のヮ;」すまねぇ旦那、俺、バラバラにされちまった

響「だぞぞぞぞぞぞ!」


471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:36:40.51 ID:HRJQcldD0


P「…」スタスタ

響「だぞぞぞぞぞぞぞ!」

ソファ「のヮ;」旦那ぁ!は、早く助けてぇ…

P「いい加減に」グッ

P「しろっ!」ブンッ

ゴチンッ

響「ぞ!?」

P「なにがだぞぞだよ馬鹿」

響「ぃ…いだい」

P「水汲んで来てやるからちょっと待ってろ」

響「ゔぅ」


472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:39:56.61 ID:HRJQcldD0


響「へ?やよいの?」

P「そっ、明日は忙しいぞ」

響「そっか……やよいも大変なんだな」

P「今日は色々有りすぎた、やよいの家が何者かによって破壊されたし」

P「ほらっ、水」コト

響「ありがとう」

ゴクゴク

P「だから今日はもう寝ろよ」

響「でもベッドが一つしかないぞ」

P「俺はお前が壊したソファで寝る」


475: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:43:30.36 ID:HRJQcldD0


響「え"え!」

P「別に驚くことじゃ無いだろ?」

響「自分、寝る時まで一人なのか?」

P「寝る時は大抵一人だろうが」

響「嫌だぞー!プロデューサーが居るんだから二人で寝たいさー!」

P「はいはい、俺はまだ捕まりたく無いんでね」

P「じゃあ電気消すぞ」

響「あっ、プロデューサーは歯磨きどうするんだ?」

P「風呂の時に磨いた」

カチッ


477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:47:01.45 ID:HRJQcldD0


雪歩「…」

千早「春香、まだなの?」

春香「う、うっさい!」

美希「逆ギレなの」

春香「あぁ"!?やんのか毛虫!」

美希「カブトムシが何か言ってるの」

千早「二人共、落ち着きましょう」

美希「落ち着ける訳無いの!春香のせいで美希達はずっと歩きっぱなしなの!!」

春香「だからもうすぐ着くって言ってるよ!」

美希「もう0:14分なの!2時間は歩いてる計算なの!」


480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:52:01.48 ID:HRJQcldD0


春香「私だって知らないよ!」

美希「はっ、今更わからないとか舐めてるの」

美希「ミキ達を馬鹿にするのもいい加減にしてほしいの」

美希「こうやってミキ達を疲れさせといて自分だけハニーの家に行こうとしてるの」

春香「…んだと毛虫ぃ」プルプル

美希「だったらどうして着かないの?」

美希「春香の考えてる事なんてお見通しなの」

美希「そんなんだからリボンが無くなったらモブとか言われるの!」

春香「……」

ブチン



481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:53:13.24 ID:WvhXqG1A0

あーあキレちゃったよwwwww


482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 15:55:54.96 ID:HRJQcldD0


春香「黙ってきいときゃ調子にのりやがってよぉ…」

春香「美希なんてアーケードの頃には設定段階にすらいなかったじゃない!」

美希「なっ」

春香「あんたがそうやって世に出られたのは誰のおかげ!?」

春香「そう!私達!!」

春香「古参組のおかげ!?わかる!?わかりますか?」

美希「なっ、なにいってるの」

春香「はっ!少しスタッフに気に入られたからって調子のってんじゃねーぞ!」

春香「私達がどれだけ苦労したと思ってるかわかってるの!?」


485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:00:10.03 ID:HRJQcldD0


春香「朝から晩まで知らない人にベタベタベタベタ触られてさ!」

千早「えぇ、アレは地獄だったわ」

春香「酷い時には朝からずっと同じ人!!わかる!?」

春香「CHANGEすらさせてもらえないんだよ!?」

美希「そ、そんなの知らないの」

春香「当たり前だよ!美希はSEXBox版から出た新参かんだから!!」

春香「あの苦痛が分からない新参が上から物いってんじゃねーよ!!」

春香「わ、私達の苦労も知らないでさ!」

千早「春香…」

雪歩「春香ちゃん」


487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:04:32.04 ID:HRJQcldD0


美希「あ、あの…」

春香「はぁっはぁ……はぁあ」

春香「……」

千早「春香」

春香「……はっ」

春香「美希はいいよね」

美希「えっ」

春香「冷静でいられて」

雪歩「春香ちゃん…」

春香「関係ないから」

美希「ゔっ」ズキッ

春香「あはは……ほら、行こうよ」

千早「えぇ」

雪歩「……」


492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:08:45.67 ID:EFFsSS6e0

まあカブトムシなんて選んだことねーけど


493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:09:23.58 ID:wTgsOnO30

カブトムシ・・・


494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:09:29.79 ID:HRJQcldD0


美希「…」

雪歩「美希ちゃん」

美希「雪歩…」

雪歩「大丈夫?」

美希「う、うん、平気なの」

雪歩「春香ちゃんの言いたい事も分かるけど」

雪歩「気にする事ないよ」

雪歩「だってアーケード版の頃なんて知名度皆無だったんだしさ」

雪歩「ふふ、それに人気投票なんて物も有ったけど、なんの意味も無かったんだし」

美希「雪歩…」

雪歩「ほら、早く行こ?」

美希「うん」


496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:13:21.44 ID:HRJQcldD0


響「っぷし!」

P「……」

響「ゔぅ"う…さ、寒いぞぉ」

P「…」

響「ぷ、プロデューサーは寒く無いのか?」

P「……」

響「プロデューサー?」

P「寒いならベッドに行けよ」

P「なんでソファに来るの?すっげー狭いんだけど」

P「て言うより落ちそうなんだけど…」

響「ゔぅ、一人はやだぞぉ」

P「…」

P「わ、わかったよ」


498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:16:18.10 ID:HRJQcldD0


P「…」

響「プロデューサー、起きてる?」

P「寝てる」

響「…」

響「プロデューサー」

P「…」

響「起きてる?」

P「寝てるっつったろ」

響「プロデューサー」

P「…」

響「おやすみなさい」

ギュッ

P「…(あ、暑苦しい)」


499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:19:08.78 ID:HRJQcldD0


~4:15~

春香「があぁあ"ああ!」

春香「ゔぁい!!」

ズドオオォオオン

グラグラグラグラ

千早「春香、落ち着いて」

雪歩「あはは、もはや地震を物ともしなくなったね私達」

美希「身体をどう動かせば良いかも掴めてきたの」

春香「なーばーす!!」

春香「ななななな、なんっっっ」

春香「でっ!?なんで着かないの!!」

春香「おかしいよ!もう4時だよ!?」


500: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:22:43.16 ID:HRJQcldD0


春香「うがあぁああ!?」

春香「ゔぁいゔぁい!!」


ズギャアァアアン

グラグラグラグラ

雪歩「春香ちゃん、今の新技かなぁ?」

千早「凄いわね」

美希「おとっと、今回のは凄いのー」

雪歩「……」

雪歩「…(まだ強くなるんだ、コレは早い内に殺っとかないとマズイかもね)」


春香「んぎぃがあぁあ!」

千早「春香、落ち着い

春香「があぁあ"ああ!」ダンッ

千早「!?」



501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:24:44.92 ID:HRJQcldD0


春香「ゔあぁあああっっっ」

美希「春香!」

雪歩「…(見せて貰うね、美希ちゃんのバットを粉砕した千早ちゃんの胸度を)」


春香「ッッッ」

春香「い"っ!!!」ブンッ


千早「は、春香!」


504: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:27:54.80 ID:HRJQcldD0

                               ヽ`
                              ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´


505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:29:35.21 ID:JlDxEDmj0

またかいwww


506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:31:12.31 ID:HRJQcldD0


パラパラパラパラ

………

シュウゥウウ

春香「はあぁ……」

春香「………ち、」

春香「千早ちゃん!?」

美希「やっと我に返ったの」

春香「千早ちゃん!ど、どこに居るの!?」

こ、ここに居るわ…

春香「千早ちゃん!」ダタッ

千早「ゔぅ…」

雪歩「…(核爆発並の衝撃もあの程度)」

雪歩「やっぱり千早ちゃんは欠かせないね…オーザックに」

春香「大丈夫!?千早ちゃん」

千早「えぇ、少しだけ痛いかな」


507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:34:10.45 ID:HRJQcldD0


美希「……雪歩」

雪歩「うん?なあに、美希ちゃん」

美希「ミキ、もっと強くなりたいの」

雪歩「強く?」

美希「……このままじゃミキ、二人のあしでまといなの」

雪歩「私と千早ちゃんの?」

美希「春香と戦う時、ミキが邪魔になる事だけは避けたいの」

美希「だからお願い、ミキを強くしてほしいの」

雪歩「ふぅ~ん」

雪歩「なんでもする?」

美希「当たり前なの」


509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:38:45.05 ID:HRJQcldD0


雪歩「みんなー!」

千早「は、萩原さん…」

春香「どうしたの?雪歩」

雪歩「今日はもうこれ位にして寝ようよ」

春香「……なにいってるの?」

雪歩「私は嘘が嫌いだからねぇ」

千早「寝るって、ここで?」

雪歩「うん、ここで」

美希「どうせならここから一番家が近い人の家に行ったほうが

雪歩「無駄だよ」

春香「……話してよ、雪歩が知ってる事」


510: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:43:30.96 ID:kDgc1LRd0


雪歩「多分なんだけどね」

雪歩「私達、ここから出られないよ」

美希「ここから?ど、どういう意味なの」

雪歩「慌てないでよ、ちゃんと説明するから」

美希「う、うん」

雪歩「私達、閉じ込められてるんだと思うんだぁ」

千早「閉じ込められてる?」

雪歩「うん、何者かによって…ね」

春香「……証拠は」

雪歩「景色、かな」


511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:46:31.98 ID:kDgc1LRd0


美希「景色?」

千早「真っ暗で何も見えないわ」

雪歩「それが証拠」

春香「……分かるように説明してよ」

雪歩「これだから単細胞不人気リボンは困るよねぇ」

春香「あ"?」

雪歩「アーケード版の頃からじゃん、春香ちゃんの微妙な人気」

春香「んだとごらぁ」

雪歩「今じゃ私の方が無いかも知れないけどさ」

雪歩「アーケード版の頃はぶっちぎりだったからね」

春香「はっ、過去の栄光にしがみつくの?見苦しいよ?」


512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:49:49.56 ID:kDgc1LRd0


雪歩「さっき春香ちゃんが言ってたよねぇ?」

雪歩「私達の苦労も知らないでさって」

春香「……」

雪歩「私の方が春香ちゃんのなん倍も苦労してるんだけどなぁ…」

春香「なにが言いたいの?雪歩」

雪歩「うん?……コレだけ言ってもわからない?」

千早「雪歩…」

美希「千早さん、そろそろ止めた方が良いと思うの」

雪歩「………はっ」

雪歩「不人気の分際でメインヒロインぶらないでくれないかなぁ」

春香「……」

雪歩「主役は春香ちゃんじゃないから」



515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:53:02.27 ID:kDgc1LRd0


春香「かっちーん」

雪歩「ゴリラが」

千早「ふ、二人共」

美希「いい加減にするの!」

春香「ズン千早は黙ってて!」

雪歩「毛虫が…黙れよ」

美希「ひっ!」

千早「ズン千早…」

春香「雪歩、私お腹空いたよ」

雪歩「奇遇だねぇ、私もお腹ペコペコ」

雪歩「あっ、偶然」

春香「目の前に肉の塊があるよ」

雪歩「…」スッ

春香「…」グググ


517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 16:57:10.60 ID:kDgc1LRd0


~9:16~

P「…んっ」

P「ゔぁ、朝だよな…」

P「いっづ、あぁ、頭痛い」

響「プロデューサーあぁ…」

P「んあっ、おはよう響」

響「自分、頭痛いぞぉ」

P「そりゃ仕方ないわな」

響「……自分、どうしてここに居るんだ?」

響「それに、プロデューサーと一緒のベッドで……」

響「っ!?」

P「心配すんな、ほら、服、お互いに脱いでないだろ」


519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 17:01:25.40 ID:kDgc1LRd0


響「は、恥ずかしいさぁ」

P「ほらっ、朝ご飯」コト

響「自分、もうお嫁にいけないぞ…」

P「はいはい、その時は俺がもらってやるから」

響「なな、なに言うんだぞ!?」

P「わかったからほら、バターで良いか?」

響「自分、何もつけないで食べるのが一番好きだぞ」サクッ

P「俺はバター塗って食べるのが一番好きなんだけどなぁ」サクッ

P「……苦っ、焦げてる所食べちまった」


522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 17:03:48.96 ID:kDgc1LRd0


響「プロデューサー、自分のパンツ知らないか?」

P「あっ、それなら洗って干してるぞ」

響「乾いてるかなぁ」スタスタ

P「やっぱりボクサーは嫌か?」

響「うん、なんか変な感じがするぞ…」

P「まぁサイズが大きいからなぁ」

響「それも有るけど…」

P「有るけど?」

響「な、なんでもないさー!」


523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 17:07:09.53 ID:kDgc1LRd0


P「さてと」カチャ

響「どうするんだ?今から」

P「とりあえずやよいの父親に連絡しないとな」

響「やよいの家に?」

P「うん、今日一日はやよいのお手伝いだ


響「じ、自分もするのか?」

P「当たり前さー」

響「あー、自分の真似しちゃダメだぞー!」

P「あはは、痛いから殴るなっての」

響「ゔぅ…」


525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 17:12:01.59 ID:kDgc1LRd0


P「もしもし、高槻の父親ですか?」

やよい父「おっはよーww」

P「相変わらずハイテンションですね」

やよい父「だっていっぱいお金もらえるんだもんwww」

やよい父「会社辞めたったwwww」

P「ぶふwwwマジですか?」

やよい父「当たり前だのクラッカーww」

P「くひひwww」

P「あっ、今日は高槻を少し預かりますね」

やよい父「ちょwwレイプすんなよwwww」

P「するわけないっすよww」


528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 17:17:31.37 ID:kDgc1LRd0


P「よしっ、やよいを預かりに行くぞ」

響「プロデューサー」

P「ん?なんだ」

響「なんでプロデューサーはやよいの事を苗字で呼ぶんだ?」

P「へ?」

響「自分と居る時はやよいって言うのに」

響「どうしてやよいややよいの父親の前だと高槻って呼ぶのさ」

P「うーん」

P「内緒」


530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 17:20:22.28 ID:kDgc1LRd0


P「ほら、じゃあやよいが泊まってるホテルに向かうぞ」

響「うん」

P「えっと、確かあそこだったよな」

響「あそこ?」

P「うん、安くて人数制限無しのホテル」

響「?」

P「まだ響には縁の無い所だよ」

響「自分に縁の無い所?」

P「まっ、行けばわかるさ」


532: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 17:25:44.85 ID:kDgc1LRd0


~その頃~

千早「はい、美希」

美希「あっ、ありがとう千早さん」

千早「たらこで良かったかしら」

美希「ミキ、おにぎりだったらなんでも食べるの」

千早「そう、なら良かった」

美希「千早さん」

千早「ん?」

美希「いただきます」

千早「……いただきます」


535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 17:29:08.01 ID:kDgc1LRd0


千早「まだ殺ってるの?」

美希「うん、もう5時間は戦ってるの」モグモグ

千早「飽きないわね、二人共」モグモグ

美希「とっくに雪歩の言ってた壁も無くなってるの」モグモグ

千早「あっ、美希、ご飯粒がついてるわ」

美希「へ?」

スッ

美希「きゃっ!」

千早「うん、美味しい」

美希「び、びっくりしたの」

千早「ごめんなさい…」

美希「ううん、別に良いの、千早さんなら」

千早「美希…」


537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 17:37:04.05 ID:kDgc1LRd0


春香「はぁはぁ……」

雪歩「い、いい加減倒れなよ春香ちゃん」

春香「あはっ、嫌だね」

雪歩「奇遇だね、私も倒れたく無いんだぁ」

春香「目の前の肉の塊が倒れたら私も倒れようと思ってるんだけどね」

雪歩「偶然、私もそう思ってたよ」



千早「美希、デザートも有るわよ」

美希「あっ!ミキの大好きな苺のババロア」

千早「二人で食べましょう」

美希「千早さん、大好きなのー!」

ギュッ

千早「美希…」


540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 17:44:42.78 ID:kDgc1LRd0


~ラブホテル~

P「ココだよな」

響「へー、って、普通のホテルだぞ」

P「まぁ見た目はな」

響「はやくやよいに会いに行くさー!」

P「あっ、おい待てって!」


~ホテル内~

響「だぞ!?」

我那覇の目に飛び込んできたのは

汚っさん「ぐひ、よかったよ」

JC「わかったからもう近づくなよくせーんだよ」

汚っさん「ぶひぃwww」

見た目50代の汚っさんと、JCが手を繋ぎ外に出る瞬間だった


542: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 17:48:03.31 ID:kDgc1LRd0


響「だぞぞぞぞ」ガタガタガタガタ

汚っさん「おや、迷子かなwww」

響「あっ、ぁ…」ガタガタガタガタ

汚っさん「どれどれ、4万円でDo-Dai?」

響「ぁっ…」

我那覇は動けなかった、初めて見る衝撃の光景

ファンの中にもこんな部類の人は居なかった

汚っさん「ぶひひ、君胸おっきいねぇ」

響「だっ、ぞ…」ガタガタガタガタ

汚っさん「よし、じゃあ6万でDo-Dai?」


546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 17:53:56.08 ID:kDgc1LRd0


P「おばちゃん、バイブ二つ」

お婆「はいよ、10000円ね」

P「たっか!?ぼったくりじゃねーか」

お婆「じゃああげないよ」

P「……ほら、諭吉」

お婆「まいど」


汚っさん「じゃあ行こうか」

響「ぃ……やっ」

汚っさん「おいおい、こんな所に来てそれは無いだろう」

響「あっ」

汚っさん「君、名前は」

響「ぁっ……い、いゃ」


548: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 17:56:09.86 ID:kDgc1LRd0


汚っさん「ふひひひ」

P「おいおっさん」

響「あっ!ぷ、プロデューサー」

汚っさん「な、なんだね君は」

P「天国へ連れてってやるよ」

汚っさん「なにひぃ!?」

P「響、ちょっと待っててな」

響「ぁ、う、うん」

P「じゃあ行きますか」

P「凄いからな?」

汚っさん「ひ?」

P「……覚悟しろよ」


549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 17:59:01.75 ID:kDgc1LRd0


~6分後~

P「悪い悪い、待たせちまったな」

響「…」プルプル

P「んあ?どうし

響「プロデューサー!」ガバッ

P「どうわっ!?」

響「ぅぐ……ゔっあぁ…」

P「ひ、響…」

響「ぅ……ぐず…こ、怖かったさぁ…」

P「わ、悪かったって」

響「やだ。…許さないぞぉ」ギュッ

P「うーん(はやくやよいの所に行きたいんだけどなぁ)」


550: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 18:01:53.41 ID:Mu9TTuOk0

初手から二輪刺しとか汚っさん壊れひゃう


551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 18:02:02.23 ID:kDgc1LRd0


~事務所~

小鳥「……」

小鳥「ゔぅっ」

小鳥「こ、ここは」

小鳥「た、確か私…」

小鳥「……はっ!」

小鳥「春香ちゃんに殴られ

ズキイィ

小鳥「ぴよー!?」

小鳥「い、っつうぅ…」


552: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 18:04:59.97 ID:kDgc1LRd0


小鳥「うっ、ぐっ…」

若干30歳の身体には

軽くとは言え少女の一撃を


小鳥「ぴっぴよ……」

受け止める事が限界だった

自然治癒能力が既に停止寸前の老体には


あまりにも重い一撃であった

小鳥「ぷ、プロデューサーさっ…」

ドサッ


小鳥「ぴ……」


553: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 18:07:01.61 ID:qBkicvTv0

ババアの身体はもう…


555: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 18:07:13.45 ID:kDgc1LRd0


P「なぁ、いい加減離れてくれないかな」

響「…」ギュッ

P「響を置いて行かないからさ」

響「……嫌だぞ」

P「ほら、やよいを預かりに来たんだろ?」

響「…」

P「あーもう」

響「…」ギュッ

P「だから逃げないって」

響「……」


556: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 18:10:35.90 ID:kDgc1LRd0


~10:04~

美希「あっ、二人共倒れたの」

千早「約6時間」

美希「凄いなんてもんじゃないの」

千早「えぇ、二人共凄いわね」

美希「…ミキも頑張るの」

千早「そうね、私も頑張らないと」

美希「千早さんは…」

千早「どうしたの、美希」

美希「千早さんは、ミキと一緒に頑張る気…無いのかなぁって」

千早「美希と?」

美希「い、嫌なら良いの」


557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 18:12:23.21 ID:kDgc1LRd0


千早「……嫌じゃないわ」

美希「千早さん!?」

千早「頑張りましょう、二人で」

美希「う、うん!」

千早「とりあえず今は二人の回収ね」

美希「わ、わかったの」

千早「私は春香を回収するから、
美希は雪歩をお願い」

美希「任せるの!」



558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 18:17:27.47 ID:kDgc1LRd0


~やよいのお部屋~

ガチャ

P「おはよー高槻」

やよい「…プロデューサー」

響「はいさい!」

やよい「あっ、響さん!」

響「やよいは凄いな、こんな所に寝泊まり出来て」

やよい「うっうー!私の服が一枚10000円で売れるんですよー!」

P「……」

やよい「ここは最高ですー!」


561: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 18:21:12.87 ID:kDgc1LRd0


P「……ん?」

『あなたの為に言っちゃいますよー!1うっうー2000円』

P「高槻、なんだこれは」

やよい「もー、プロデューサー、いい加減にしてくださいー!」

P「…やよい、なんだこれは」

やよい「あっ、それですかー?」

やよい「凄いんですよぉ?昨日だけで10万円近く稼いじゃいましたー!」

響「10万円!?す、凄いぞ!」

やよい「あっ、プロデューサーにはお金取りませんから安心してくださーい!」

響「じ、自分にも言ってほしいぞ」

やよい「うっうー!」


563: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 18:25:11.60 ID:kDgc1LRd0


P「なぁ高槻」

やよい「…」

P「……やよい」

やよい「なんですかぁ?」

P「服とうっうー!だけだよな?」

やよい「はい?」

P「いや、昨日やったのは」

やよい「当たり前ですよー!」

P「ふぅ、なら良かった」

響「プロデューサー、なにが良かったんだ?」

P「響は知らなくていい」

響「なっ、なんでさー!知りたいぞー!」


566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 18:33:33.07 ID:kDgc1LRd0

うっうー!晩ご飯ですよー!
何だかんだでコレも続いてしまいそうです

HIPHOPで結成したユニット
真美・美希・やよいの『H×H』
真・貴音・雪歩の『ジュアルdeビジュアル』
響・千早・春香の『難狂う無いさ』

カブトムシで結成したユニット
千早・美希・響の『凸凹シスターズ』

そして今回の物語で結成したユニット
雪歩・美希・千早の『オーザック』

だれか実際にゲームで組んでみてほしいですね

それでは19時までさよならです


568: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 18:38:04.12 ID:GZq3Ru3X0

ひとまず乙
しかし乗っとりまでシリーズ化して収拾つくのか……?


569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 18:39:50.21 ID:DXCkCpEc0

カブトムシはいつやるんですかー

今日はオーザックで通すのか?


571: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 18:46:14.69 ID:cU/bl03h0

連載作品増えたなーwww


580: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:17:18.84 ID:Jj37OQnA0


やよい「私たちのお家ですかー?」

P「あぁ、新しい家が建つまでの間だけどな」

やよい「うっうー、私ずっとココがいいですー!」

響「ダメだぞ!それだけは!!」

やよい「響さん…」

響「やよいが駄目になっちゃうのを自分、
黙ってみてられないさー!」

P「響…」

やよい「わ、わかりましたぁ」

響「やよい!」

やよい「プロデューサー、じゃあ探しに連れてってくれますかぁ?」

P「あぁ、任せろ」

やよい「うっうー!」


582: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:20:59.06 ID:Jj37OQnA0


~駐車場~

P「さて、やよいはどんな家に住みたいんだ?」

やよい「私はさっきの所が

響「やよい!さっき言ったばっかだぞ!」

やよい「ぅっぅー…あそこならお金に困らなかったんですけど」

P「高槻、そんなんじゃダメだぞ?」

やよい「プロデューサー!」

P「あっう、す、すまん」

響「ほらやよい、はやくプロデューサーの車に乗るさー!」

P「なっ、やよい?」

やよい「わかりましたー!」


584: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:23:00.90 ID:Jj37OQnA0


美希「ココがハニーのお家?」

春香「うん、そうだよ」

雪歩「…(ここがプロデューサーのお家)」

雪歩「ふふ」

千早「雪歩?どうしたの?」

雪歩「えっ、な、なんでもないよー」

春香「ほらっ、はやく行こうよみんな」


586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:26:12.02 ID:Jj37OQnA0


雪歩「…ふふ」

プロデューサーの家

馬鹿な春香ちゃん……

ここに居る三人を潰して中に居る響ちゃんも叩く


そうして私はプロデューサーと二人っきり


あはは、待っててくださいね

私だけのプロデューサー……


587: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:29:26.29 ID:Jj37OQnA0


美希「…」


ハニーの家…長かったの

何時もハニーに適当にあしらわれて電話番号もメールアドレスも教えてもらえなかったの

もちろん住所も教えてもらえなかったの


ふふふ、これはチャンスなの

まずはこの三人をどうしかしないといけないの

千早さんはミキに心を許してるからチョロいとして……あとの二人が問題なの


ミキ、ここは試練なの

二人をどう攻略するか考えるの


589: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:31:29.52 ID:Jj37OQnA0


千早「…」


プロデューサーの家プロデューサーの家プロデューサーの家プロデューサーの家プロデューサーの家

プロデューサーの家プロデューサーの家プロデューサーの家プロデューサーの家プロデューサーの家プロデューサーの家プロデューサーの家


プロデューサーの家プロデューサーの家プロデューサーの家プロデューサーの家



千早「んあー」

美希「ち、千早さん?」

千早「ご、ごめんなさい…なんでもないわ」

美希「変な千早さん」


592: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:35:32.04 ID:Jj37OQnA0


春香「…」


馬鹿だねー、この三人

私がプロデューサーの家なんて知るわけ無いじゃーん

本当はね、ここで皆を始末する為に適当なアパート選んだんだぁ

まずは部屋に三人を連れ込む

その後私のMAXゔぁい!を床に叩き込んで爆発させる

ふふ、三人は瓦礫の下敷き


くひひ、みーんな死ぬんだよおお"?


あはは、なにがアイドルマスターだよ

なにがトップアイドルだよ……


私一人だけでいい

トップアイドルはこの私

天海春香こそふさわしい……


595: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:39:53.35 ID:Jj37OQnA0


春香「着いたよー」

美希「ここがハニーの」

雪歩「……」

千早「鍵がかかって

バキュ

春香「はい、あきましたー」

美希「…」ゴクリ

千早「入りましょう」

雪歩「……」


598: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:42:45.34 ID:Jj37OQnA0


美希「…」スタスタ

千早「ふぅ、」ドキドキ

春香「…雪歩は入らないの?」

雪歩「……」

ヒュッ

春香「っにゃ!?」ササッ

スパーンッ

ドア「のヮ」ま、真っ二つ……

ズドン

千早「ゆ、雪歩!?」

雪歩「あはははは」

雪歩「まずは春香ちゃんだよおぉお!」

ヒュッ

春香「ぐっ!?き、きづかれた!?」ササッ


601: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:46:28.01 ID:Jj37OQnA0


美希「こ、ここがハニーの」

ソファ「のヮの」おっ!見ない顔だな

美希「酷いの……このソファ、中身を取り出されてボロボロになってるの」

ソファ「のヮの」そうなんだよ、ポニーテールの嬢ちゃんにやられたんだ

美希「すうぅう……」

美希「はあぁああ…」

美希「あぁっ、は、ハニーの匂いなのー!」タタタッ

バフッ

ベッド「のヮの」金髪が素敵な嬢ちゃんだな

美希「あふぅ……ハニーのベッドなのぉ」


606: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:50:18.74 ID:Jj37OQnA0


雪歩「ちいぃっ!あだらないぃ!!」

ヒュッンヒュッ!

春香「わっほい!」ササッ

雪歩「はぁはぁ……」

春香「えへへ、両手にスコップで私を超えたつもりなの?馬鹿な雪歩」


雪歩「……ふふふ」

春香「あれ?壊れちゃった?」


誰が二本と決めつけた?

春香「ん?」


608: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:52:18.95 ID:Jj37OQnA0


誰が二本と決めつけたんだ……

私の腕は二本……

持てるスコップも二本

春香「あはっ、だったら二本しかもてないじゃん!」

春香「ばっかじゃないの!そんなんだから声優も変わっちゃうんだよ!!」


持てぬなら


  ュ
     オ
       ォ   
          オ
             オ
                 ォ 
                  


610: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:55:26.79 ID:Jj37OQnA0


春香「……も、持てぬなら」

雪歩「…」スッ

春香「す、スコップを!?」


持てぬなら

咥えてしまえばいい

カチッ


春香「く、口で、スコップを!?」

雪歩「これへさんほん」スッ

※これで三本と言ってます

春香「さ、三刀流!?」


雪歩「はるはひゃん、こえでおあり」

※春香ちゃん、これで終わりと言ってます


612: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:58:30.83 ID:wTgsOnO30

どこぞの剣士かよww


613: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 19:59:11.43 ID:Jj37OQnA0


美希「あっ!」

Pのコップ「のヮの」!?

美希「ハニーのコップなの」

コップ「のヮの」や、止めろ

美希「えっと、お水を入れて」キュッ

蛇口「のヮの」あばばひゃ

トプトプトプ

コップ「のヮの」だ、旦那は潔癖性なんだ!知りもしねぇ嬢ちゃんに使われたコップなんて使っちまったら旦那は!

ゴクゴク

コップ「のヮ;」旦那、すみません、俺、汚れちゃいました

美希「…うん、美味しいの」


614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:00:31.67 ID:Bg70UJ70i

ふとカメラマンを思い出した


615: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:00:42.88 ID:LgP8+R1nO

さすがスコップの現人神は格が違った


616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:03:17.97 ID:Jj37OQnA0


~車内~

P「っと、そういえば高槻は

やよい「うっうー!!」

P「……やよいは朝ご飯食べたのか?」

やよい「まだ食べてませんよー?」

響「自分、パン一枚じゃ足りないぞぉ」

P「うーん、ちょっと早いんだよなぁ、
昼まで」

やよい「別にいいですよぉ、私、一日一食でも全然平気ですからぁ」

P「っ!」ブワッ

響「プロデューサー?泣いてるのか?」

P「も、モスバーガーにでも行こう」

やよい「えっ、良いんですかぁ?」

P「あぁ、奢ってやるから食べよう」

やよい「うっうー!ありがとうございますー」


617: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:04:11.75 ID:DXCkCpEc0

バトルしてる奴がいる一方で変態行為してる奴もいる
すごい状況だ


618: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:05:27.64 ID:rA+suGMa0

千早は何やってるんだろう


620: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:06:47.17 ID:TjH+BabE0

>>618
便座にあそこ擦り付けてる


623: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:08:31.44 ID:rA+suGMa0

>>620
俺得じゃん


619: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:06:31.47 ID:Jj37OQnA0


美希「…」

ハニーの家は分かったけど

美希「……」キョロキョロ

ハニーが居ないの……それに、

美希「響も居ないの」

美希「うーん……あっ!」

美希「そういえばミキ、歯磨きしてないの」


美希「えっと、ハニーの歯ブラシはーっと」


627: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:13:27.89 ID:Jj37OQnA0


~脱衣所~

美希「…あっ!有ったの」

ガチャ

美希「!?」

千早「美希」

美希「ち、千早さん(ちっ、ズン千早の奴、あの二人の間をすり抜けてきたの!?)」

千早「なにをしているの?」

美希「ち、千早さんには関係無いの」

千早「そう…」スタスタ

美希「ど、どこにいくの?そっちはお風呂なの」

千早「……」

ガラララ


629: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:15:42.58 ID:Jj37OQnA0


美希「…変な千早さん」

美希「さてと、ミキはハニーの歯ブラシで歯磨きを……」

響の歯ブラシ「のヮの」

Pの歯ブラシ「のヮの」

美希「……え?」

美希「な、なんなのこれ…」


美希「い、意味が分からないの」

美希「ななな…なんで二つもあるの?」

美希「は、ハニー…」


631: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:19:22.22 ID:Jj37OQnA0


~お風呂~

千早「…」

千早「…」キョロキョロ

千早「!?」

千早「これは…」スッ

髪の毛「のヮの」なんくるなくないよなぁ

千早「プロデューサーは確か茶色な筈」

千早「が、我那覇さん……」

千早「いえ、二人で入ったとはまだ決まった訳じゃな

千早「なっ!?」

千早「な、なんで…」

Pの髪の毛「のヮの」えんだあぁあああ
響の髪の毛「のヮの」えんだぁあぁあ

千早「お、同じ所に」


637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:24:27.23 ID:Jj37OQnA0


千早「……」

ブチッ

青髪「のヮの」

千早「…」スッ

ファサアァ

千早「……ふふ」

千早「これで私も…」

千早「我那覇さんと同じ」

千早「…あはは……」


千早「……許さない」


641: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:27:06.06 ID:Jj37OQnA0


美希「…」スッ

美希「どっちかがハニーの歯ブラシなの」

美希「…」グググ

Pの歯ブラシ「のヮの」痛い痛い痛い痛い

バキャッ

歯ブラシ「のヮ」ぐっはぁ

ポトッ

美希「…」スッ

響の歯ブラシ「のヮの」い、嫌だぞ!?ま、まだ一回しか使われてな

バキャッ

歯ブラシ「のヮ」使われて……ないぞ

ポトッ

美希「…響」

美希「絶対に許さないの…」


644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:32:23.65 ID:Jj37OQnA0


ガラララ

千早「…」

美希「千早さん…」

二人は瞬時に理解した。
床に転がる歯ブラシと、千早が涙目でプロデューサーの髪を手に取っていた

それが意味するもの

美希「ミキ、間違ってたの…」

美希「千早さん……響を」

千早「春香達と共に」

千早「……殺す」


自らに向けられた圧倒的敵意を前に

二人は完全に獣と化した


647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:36:10.90 ID:Jj37OQnA0


~モスバーガー~

P「うっわぁ、混んでるなぁ」

やよい「プロデューサー、私、別の所でいいですよぉ?」

響「うん、自分もその方が良いと思うぞ」

P「うーん……せっかく来たのになぁ」

P「そうだ!」

やよい「どうしたんですかぁ?」

P「近くにラーメン屋が有るんだけどさ、
そこで良いかな?」

響「自分、ラーメンの方がいいぞー!」

P「高槻……じゃなかった、やよいはそれでいいかな」

やよい「うっうー!じゃあそこに行きましょー!」


652: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:41:56.64 ID:Jj37OQnA0


~ラーメン一休~

P「…」

貴音「プロデューサー」グルルル

響「おー!貴音ー!」

やよい「貴音さん!」

P「いや…なんで四条が店の前に居るんだ?」

貴音「プロデューサー、何故名前で呼んでくれないのですか…」

グルルル

貴音「あぁ…」

響「プロデューサー、貴音、倒れそうだぞ!」

P「ほっとけ」

貴音「あなた様…」グルルル


656: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:46:10.59 ID:Jj37OQnA0


やよい「プロデューサー、貴音さんも一緒に

P「シャラーップ!」

やよい「ぅっぅー…」

P「俺は忘れねーぞ、四条のせいで俺は……俺は」

貴音「あなた様…」

P「その名で呼ぶんじゃねー!」

貴音「あぁっ、」グルルル

響「貴音ー、大丈夫?」

貴音「お腹が……空きました」グルルル

P「ほら、二人共、入るぞ」

響「プロデューサー!貴音がかわいそうだぞ!」

やよい「そうですよ!」

貴音「響、やよい、良いのです…悪いのはわたくしですから」グルルル

貴音「あぁっ」

P「……」


658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:49:56.14 ID:Jj37OQnA0


貴音「ありがとうございます」

P「喰ったら帰れよ」

響「プロデューサー!貴音に酷すぎるぞー」

やよい「そうですよプロデューサー」

P「くっ…」プルプル

貴音「プロデューサー、あの」

P「早く頼め、頼んで喰って帰れ」

貴音「あなた様…」

響「プロデューサー!」

P「くうぅ…」プルプル

店長「はいよ、水だ」コト

やよい「うっうー!ありがとうございますー」


660: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:52:56.72 ID:Jj37OQnA0


貴音「いただきます」パチン

やよい「いただきまーす」パチン

響「いっただっきまーす」パチン

お箸「のヮの」よく俺を綺麗に割れない奴が居るが……見ていて恥ずかしくなるぜ

P「…」パチン

貴音「あなた様、箸を割る時は箸をよこに

P「シャラーップ!」

響「あはは、プロデューサー、箸割るの下手だぞー」

P「あはは、悪い悪い、俺こういうの下手だから」

貴音「あなた様…」


662: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 20:56:15.40 ID:Jj37OQnA0


雪歩「ちっ、」

春香「ふぅ……ふぅ」

雪歩「もうおはひにふふよ」スチャ

※もう終わりにするよ と言ってます

雪歩「ひゃんほうふうふほっふほうひ」

※三刀流スコップ奥義 と言ってます

雪歩「おひ……」

雪歩「ひりっ!!」

春香「っ!」

美希「二人共いい加減にするのー!!」

千早「インフェルノー!!」


春香「わ"っほい"!?」ビク

雪歩「びぎっ!?」


665: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:00:04.28 ID:Jj37OQnA0


カランカラン

スコップ「のヮの」

春香「ゔぅ、鼓膜が」

雪歩「あいたたた…」

美希「二人共、こんな所で争ってる場合じゃないの」

千早「そうよ」

春香「で、なんなの?」

美希「ハニーの家で凄い物を見つけたの」

春香「なっ!?(え?あ、あれ?有ってたの?)」

雪歩「見つけたって、なにをかな、美希ちゃん」


668: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:02:41.80 ID:Jj37OQnA0


美希「これ、ハニーと同じ所に置いて有った歯ブラシなの」

雪歩「なっ!?」

春香「に、二本?」

春香「……まさか」

千早「えぇ、そのまさかよ」

雪歩「ひ、響ちゃんが…ぷ、プロデューサーと相合歯ブラシ……」

美希「それだけじゃないの」

千早「我那覇さんはプロデューサーと一緒にお風呂にも入ってるわ」

雪歩「!?」

春香「ぷ、プロデューサーさんが……響ちゃんと…」


671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:06:12.04 ID:Jj37OQnA0


雪歩「ぁっ……あ」プルプル

千早「萩原さん?」

あまりに唐突過ぎる二人の告白に

か弱気乙女の心は

雪歩「う、ぅそだよ……そ、そんなはず…ぷ、プロデューサーが……わ、私の」


春香「雪歩!雪歩!?」

雪歩「いや…ぜ、絶対認めない……み、美希ちゃんと千早ちゃんは私を騙そうと

美希「ミキだって信じたくないの」

千早「萩原さん…」

雪歩「違う……ちがぅよ…そんなのってないよ…」

わ、私のプロデューサーが…私だけのプロデューサーが!?

響ちゃんと!?へ?な、なんで?なんの為に!?



673: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:08:53.65 ID:Jj37OQnA0


限界を


迎えてしまった

雪歩「あ、あは…」プルプル

美希「雪歩!?」

雪歩「…っはぁ」


雪歩「あはは…っはっは」

雪歩「……」



雪歩「あはははははははははひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ」

雪歩「あぁあ"ああ"!!」

雪歩「うそだぁあ"!!うぞにぎま"っでるよぉお!!」

春香「ち、千早ちゃん!雪歩を抑えるよ!」

千早「え、えぇ!」

雪歩「はなぜえ"ぇえ"え!!」


678: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:15:23.75 ID:Jj37OQnA0


貴音「…あなた様」

P「…」ズルルル

響「貴音ー、食べるの早いぞー」

やよい「うっうー!」ズルルル

貴音「あなた様」

P「あーもっ、なんだよ!」

貴音「…」グルルル

P「ぐっくぅ…」

貴音「ちゃあはんを頼んでも…よろしいですか」

P「ダメ!」

貴音「…」グルルル

響「プロデューサー、チャーハン位許してあげるさー」



680: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:17:40.40 ID:Jj37OQnA0


P「ダメ!」

響「うー」

やよい「プロデューサー、餃子頼んでも良いですかぁ?」

P「…」チラッ

貴音「あなた様」グルルル

P「……」

P「店長、チャーハン大盛りに餃子二つ」

店長「あいよっ!」

貴音「あなた様!」

P「くっそがあぁ…」プルプル



687: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:22:05.27 ID:Jj37OQnA0


雪歩「いやぁあ"ああ"あぁあ"ああ"!」

春香「千早ちゃん!絶対に離しちゃダメだよ!」

千早「え、えぇ!」

春香「美希!雪歩のスコップを!」

美希「りょ、了解なの!」ダタッ

雪歩「ぎぎぎぃあ"があぁあががががが」グググッ

春香「うっ!」

千早「は、春香!」

美希「任せるのー!」ガバッ


雪歩「あぁはぁー……」

雪歩「…」ニタァ


ガブッ!

ミチミチミチミチ

ブチンッ


690: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:24:18.99 ID:Jj37OQnA0


美希「きゃっ!?」

雪歩「ぎぎぎぎ!」

春香「み、美希!」

美希「だ、大丈夫なの…」

千早「二人とも!耳を塞いで!」

春香「うん!」

美希「オッケーなの!」


雪歩「じゃぎぃあぁあ"ああ"!!」

千早「すうぅうう……」


千早「インフェルノー!」



691: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:25:32.58 ID:ZEKtU94Y0

どう見ても大丈夫な音じゃなかった


692: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:26:12.79 ID:Jj37OQnA0


雪歩「ぎぃがあぁぎぎぢぐ」

雪歩「がっ……あっ…」

ドサッ

雪歩「……」

美希「ハァハァ…」

春香「き、気絶してくれたね」

千早「はっはぁ…はぁ」

春香「はっ、み、美希!」

美希「えへへ……せ、せっかくの髪が…」

千早「美希…」

美希「……もういいの」


695: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:28:17.65 ID:Jj37OQnA0


美希「どうせ…切ろうと思ってたの」

春香「ごめん!私がちゃんと押さえつけてなかったから」

千早「私のせいでもあるわ…私が最初からインフェルノを放っていれば」

美希「二人とも、気にしないでほしいの」

美希「うん……」

美希「コレを機会に…ミキ、生まれ変わるの」

千早「美希…」



698: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:31:14.96 ID:Jj37OQnA0


美希「だからね、着いてきてほしい所があるの」

春香「美容室?」

美希「うん、ミキの行きつけの」

千早「……萩原さんは」

美希「ハニーのベッドに寝かせとくの」

美希「多分それが…雪歩を落ち着かせれるから」

春香「そうだね、私、雪歩を運んでくる」

スタスタ

千早「美希…」

美希「千早さん、そんな目でみないでほしいの…」

美希「どうせなら、生まれ変わったミキを見て喜んでほしいの」


700: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:34:05.14 ID:Jj37OQnA0


店長「ありがとうよっ!またのおこしを」


響「うーん、お腹いっぱいだぞー」

やよい「プロデューサー、ごちそうさまでしたぁ」

P「あぁ、いいよいいよ、気にすんな」

貴音「…」ピトッ

P「何してんだよ四条」

貴音「あなた様…そんなにわたくしを名前で呼ぶのが嫌ですか?」

P「離れろ、そしてどっかにいけ」

P「ゴーアウェイ」

貴音「…」


702: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:35:56.66 ID:Jj37OQnA0


響「なぁなぁプロデューサー」

P「ん?どうした響」

響「貴音、あそこでずっと自分達を見てるぞ」

P「…」チラッ


貴音「…」

やよい「プロデューサー、貴音さんも一緒に駄目なんですか?」

P「駄目だ、四条だけは絶対に駄目だ」


704: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:38:38.17 ID:Jj37OQnA0


響「どうしてさー、貴音だって自分達の仲間だぞー」

P「響、お前のそのこころの広さに脱帽」

響「へ?なんで?」

P「いや、なんでも(ぼっちだったのに、お前って奴は)」

やよい「あっ!プロデューサー」

P「ん?どうした高槻……じゃなかった、やよい」

やよい「貴音さんがゆっくりとこっちに来てますよー!」


貴音「…」スタスタ

P「…早く車に乗れ」



706: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:40:29.48 ID:Jj37OQnA0


やよい「へ?」

P「良いから早く!」

貴音「っ!」

ダタッ

響「わわっ!すんごい形相でこっちに向かって走って来てるぞ!」

P「早く乗れ!!」

バタン

貴音「ッッッ!!」

ダタッ

車「のヮの」ぶるっひー

ブロロロロ


708: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:43:48.60 ID:Jj37OQnA0


貴音「はぁっ…はぁ」

貴音「…」スッ


『四次元空間』


貴音「あなた様…」





713: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:45:55.61 ID:Jj37OQnA0


~4分後~

ブロロロロ

車「のヮの」あれ?戻って来ちまったのか?

バタン

響「あれ?ここって」

やよい「さっきのラーメン屋ですー」

P「かあぁ……くっそ!」

貴音「お帰りなさいませ、ご主

P「黙れ……」

貴音「…」

ギュッ

P「……乗れよ、もう」

貴音「あなた様」


720: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:50:29.63 ID:DXCkCpEc0

まさかのスクリーム


721: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:50:47.36 ID:Jj37OQnA0


貴音「わたくしがプロデューサーに嫌われてる理由…ですか?」

響「うんうん!だってさっきからプロデューサー、後ろを見ようとしてないぞ」

やよい「貴音さんが何かしたとは思えないんですけど、あんなプロデューサー見た事ないですぅ」

貴音「……わたくしがプロデューサーに」

貴音「そういえば、あの日以来ですね、プロデューサーがわたくしに冷たくなったのは」

響「あの日?」

やよい「うっうー、気になりますー」

貴音「えぇ、それは……三ヶ月前の事です」


722: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:53:46.33 ID:Jj37OQnA0


~三ヶ月前~

わたくしがプロデューサーに家まで送ってもらった時の事です


P「いやぁ、今日もお疲れ」

貴音「はい、あなた様」

P「貴音もコレからだけど、頑張ろうな」

貴音「あなた様」

P「あはは、そのあなた様って言うの止めろって」

貴音「すみません…」



その後、家まで送ってもらった時には既にプロデューサーはわたくしの事を…


723: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:55:35.40 ID:Jj37OQnA0


P「おい!待てよ四条」

貴音「あなた様…」

P「勝手に話し変えんじゃねーYO」

響「へ?ち、違うのか?」

P「全然違う」

やよい「うっうー、プロデューサーの話しも聞いてみたいですー」

P「あぁ、嘘偽りなく話すぞ」



そう、あれは三ヶ月前


724: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 21:57:59.53 ID:Jj37OQnA0


貴音「あなた様」

P「はいはい、おつかれさんです」

P「じゃあ俺は帰るから、貴音も気をつけてか

貴音「あなた様のお車で帰りたいです」

P「は?」

貴音「あなた様のお車で」

P「いや……俺、やりたい事有るんだけど」

貴音「あなた様…」

P「ほら、そんなに遠く無いんだし歩いて帰れるだろ」

P「じゃあまた明日」

車「のヮの」

ブロロロロ


726: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:00:33.75 ID:Jj37OQnA0


その日、俺は車で家に向かっていた…

向かって……筈だった

『四次元空間』

ブロロロロ

P「……あれ?」

車「のヮの」事務所ですね

P「な、なんで事務所に着くんだよ」

コンコンッ

P「…」

貴音「あなた様…」

P「お前、まだ居たの?」

貴音「はい」

P「……」ガチャ

貴音「あ、あなた様!?」

ブロロロロ


729: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:02:39.49 ID:Jj37OQnA0


~5分後~

車「のヮの」また事務所です

P「はぁ!?」

P「意味わかんねーよ!くそっ!」

コンコンッ

P「…誰だ」

貴音「わたくしです」

P「……さよなら」ガチャ

貴音「あっ」

車「のヮの」早くしないと始まりますぜ

ブロロロロ


732: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:06:23.05 ID:Jj37OQnA0


貴音「無駄ですよ、わたくしが満足しない限り」

貴音「この『四次元空間』からは逃れられません」


『四次元空間』

わたくしが幼少の頃より授かりし特別な力

わたくしが作り出す一定の距離

それを永遠と……ずっと繰り返し行き続けるのです

一定の距離を過ぎると、スタート地点からやり直し

貴音「あなた様…」

ブロロロロ

P「またかよ!」

コンコンッ

貴音「お帰りなさいませ」


734: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:09:04.26 ID:Jj37OQnA0

P「…」ガチャ

ブロロロロ

~5分後~

P「……」

貴音「あなた様…」

ブロロロロ

貴音「無駄ですよ…」

~5分後~

ブロロロロ

P「……」

貴音「お帰りなさい

ブロロロロ

貴音「あなた様…」

~5分後~

P「あ"あぁああ!!」


735: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:11:47.78 ID:Jj37OQnA0


P「はぁっはぁ…」

貴音「やっとお車から出て来てくれましたね」

P「…お前の仕業か」

貴音「それはわかりません」

P「はぁ……お前の仕業なんだな」

貴音「あなた様…」

P「で、お前を乗せたら治るの?これ」

貴音「お前とは……どういう意味ですか」

P「…」プルプル

P「貴音を乗せたら良いんだな」

貴音「はい、あなた様」


739: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:14:20.47 ID:Jj37OQnA0


~車内~

P「…」プルプル

貴音「あなた様、何故わたくしはあなた様の隣では無いのですか?」

P「乗せただろ、文句いうな」

貴音「……」

『四次元空間』

P「はぁ、やっと帰れるわぁ」

車「のヮの」もう始まってますね、巨人対日ハム

ブロロロロ


740: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:16:21.44 ID:Jj37OQnA0


~5分後~

P「……んでよ」

P「なんでまた事務所なんだよ!!」

貴音「あなた様」

P「なんだよ!乗せたら良いんじゃなかったのか!?」

貴音「……」

P「ったく、」ガチャ

貴音「あなた様の隣に

P「シャラーップ!」

車「のヮの」今日巨人が勝てば日本一ですからね

ブロロロロ


741: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:18:32.39 ID:Jj37OQnA0


~5分後~

P「……」プルプル

P「……っ」

P「があぁあ"あぁあ"!!」

P「っで!?なんっで!?」

貴音「あなた様…」

P「え"っ!?まだなにかやらなきゃなんないの!!」

貴音「隣に…座りたいです」

P「……ふぅうぅ」

P「……」

P「座れ」

貴音「あなた様!」


743: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:21:10.44 ID:Jj37OQnA0


P「…」

貴音「あなた様」

P「なんですかね、え?」

貴音「もう少しだけ、寄り道がした

P「うっせーよ!!もう始まってんだよ!」

貴音「あなた様…」

P「今日巨人が勝てば日本一なの!」

P「俺は早く帰って見たいの!!」

貴音「…」

『四次元空間』

P「ったく、あーもー」

ブロロロロ


748: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:23:22.93 ID:Jj37OQnA0


~5分後~

P「……」

貴音「あなた様」

P「ふううぅ…」プルプル

貴音「もう少しだけ、あなた様と共に居たいのです」

P「……どれ位?」

貴音「……」

P「ぐっ…」プルプル

P「ど、どれ位なんだ?」プルプル

貴音「今はまだ……その時ではありません」

P「……」

ブロロロロ


756: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:27:17.40 ID:Jj37OQnA0


それから俺は三時間、貴音に付き合ってやった

P「……着いた、やっと」

貴音「ありがとうございました」

P「ほら、お前の家に着いたんだ、早く降りろ」

貴音「…お前?」

P「貴音の家に着いたんだ、早く降りてください」

ガチャ

バタン

貴音「あの、あなた様」

P「まだなにかあんの?」

貴音「さ、さよならのキスを

P「fuck you」

ブロロロロ


760: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:28:28.32 ID:Jj37OQnA0


~5分後~

P「……」

貴音「あなた様」

P「…死ね」

ブロロロロ


~5分後~

P「…ぐっ」

貴音「あなた様…」


763: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:31:11.08 ID:Jj37OQnA0


~40分後~

バタン

P「…」

貴音「あなた様…」

P「知ってるか?」

貴音「?」

P「キスってさ、お互いに感じる味が違うんだってよ」

貴音「あ、あの」

P「…」スッ

チュッ

貴音「んっ」

P「おやすみ」

バタン

ブロロロロ


766: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:33:33.49 ID:Jj37OQnA0


貴音「ぁ…」

貴音「あ、甘い……あ、あなた様の」




~車内~

P「はぁ…もう終わってる」

P「……ぺっ」

ビチャ

P「酷いゲスの味がするぜ」



その日から俺は心に誓った

四条貴音には近づくまいと……


773: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:36:48.11 ID:Jj37OQnA0


P「とまぁ、こんな感じ」

響「……」

やよい「…」

P「…(まぁこいつ等に能力がどうたらいっても通じるわけが無いだろうな)」

響「プロデューサー、」

響「最低だぞ!!」

P「へ?」

やよい「そうですよプロデューサー!」

響「貴音の思いをこれっぽっちも考えて無いで一方的に貴音の事嫌いになってるだけだぞー!」

貴音「響…もう良いのです」

やよい「うっうー!よくないです!プロデューサー!貴音さんに謝ってください!」

P「はぁ?」


776: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:38:23.47 ID:2h/7d/jt0

お前ら贔屓のチームが日本一になる瞬間は何事にも変えられねーぞ
ちなみにベイスターズファンです


785: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:41:49.53 ID:7vsEVfa50

>>776
いつの話してんだよwwww


833: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:13:50.83 ID:4xtSfLta0

>>776
俺も西武ファンだけど2008年のドラマは今でも記憶に焼きついている
貴音は取り返しの付かないことをしてしまった


845: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:36:55.40 ID:wRj6a0HQO

>>776
カープファンの俺もその気持ちすごく分かるぞ!


846: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:37:56.43 ID:rb7DzgLoO

>>776
ホームランバット 50000
助っ人外国人 25000

ベイスターズって、こんな感じになるんだろ


781: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:39:52.91 ID:Jj37OQnA0


響「プロデューサー!貴音に謝るさ!」

P「にゃ、にゃんで?」

貴音「わたくしが悪いのです…だからもう」

響「自分、もう我慢の限界だぞ!」

やよい「うっうー!プロデューサーなんて死ねばいいんですぅ!」

P「ちょっ、高槻まで」

響「プロデューサー!早く貴音に謝るんだぞ!」

P「い、いま運転中だし」

車「のヮの」赤ですぜ

P「…最低」

響「最低なのはプロデューサーの方だぞ!」


788: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:42:35.33 ID:Jj37OQnA0


P「はぁ…」

響「ほら貴音!今の内にプロデューサーの隣に座るさー!」グイッ

貴音「ひ、響」

やよい「貴音さん!はやく行くですー」 グググ

貴音「きゃっ!」

響「ほらぁ、はやくー!」

やよい「うっうー!」

貴音「わ、わかりました…あなた様、失礼させていただきます」

P「…」


791: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:45:21.78 ID:Jj37OQnA0


車「のヮの」青になりましたぜ旦那

P「…」

貴音「あ、あの…あなた様」

P「んだよ四条」

響「プロデューサー!いい加減にするぞ!」

やよい「うっうー!最低Deathー!」

P「お前等には野球の重大性が分からないからそんな事いえ

響「貴音と野球を同じに見るなんて最低だぞ!」

やよい「うっうー!人間のゴミですー!」


797: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:48:28.68 ID:Jj37OQnA0


P「だ、だって日本一かかった試合だったんだぞ!?」

P「俺、巨人が日ハムと戦うのが決まった次の日にテレビ買ったんだぞ!?」

やよい「そんなの知らないですー!」

響「そうだぞ!はやく貴音に謝るさー!」

P「ぐぎぎぎ、だから餓鬼は嫌いなんだ」

貴音「響、やよい、プロデューサーにとって野球とはそれ程価値の有る物なのです、
仕方ありません」

響「た、貴音…」

やよい「ぅっぅー…」


800: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:51:08.05 ID:Jj37OQnA0


貴音「あなた様、お二人がご迷惑をおかけしました」

響「貴音!」

貴音「プロデューサーは運転中なのですよ?雑音は事故の元」

貴音「口を慎みなさい」

響「貴音…」

P「…(なんだよこの空気…辛い)」

貴音「あなた様、参りましょう」

P「あ、あぁ」



『四次元空間』


801: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:52:09.63 ID:kIupIG1o0

おい…


802: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:52:24.88 ID:DXCkCpEc0

え・・え―


803: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:52:38.77 ID:lVyVsBbT0

くるってる


804: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:52:54.48 ID:8f9HdBOx0

あーあ


808: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:55:08.93 ID:Jj37OQnA0


~5分後~

P「……」

貴音「…」

P「……ごめんなさい」

響「!」

やよい「うっうー!」

P「許してください……貴音」

貴音「あなた様」

P「もう…貴音を避けません、だから…」

P「許してください…おねがい…します」


812: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:57:26.12 ID:DXCkCpEc0

嫌でも愛せざるを得ないこの能力・・

貴音かわいい


814: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 22:59:41.60 ID:Jj37OQnA0


~不動産屋~

P「はぁ…」
貴音「あなた様」

P「鬱陶しいから改行して離れてくれ」
貴音「あなた様…」

響「うっふーん、自分達のおかげで貴音とプロデューサー、仲直り出来たな!」

やよい「うっうー!」

P「で、やよいが住む物件を探さないと」
貴音「そうですね」

P「……改行してくれ」
貴音「あなた様…」


819: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:02:35.63 ID:Jj37OQnA0


~その頃~

美希「ど、どうかな…」

春香「うんうん!美希、すっごく可愛いよ!」

千早「えぇ、見違えたわ」

美希「に、似合ってるかな?か、髪も染め直してみたの」

春香「うん!可愛い!茶髪の美希もすっごく素敵だよー!」

美希「えへへ、ミキ、頑張るの」

春香「……そうだね」

千早「我那覇響……」

美希「奴を……」


殺すの


824: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:05:27.68 ID:Jj37OQnA0


~Pの自宅~

雪歩「…う、ううん」

雪歩「あっ……わ、私」

雪歩「ここは…」

雪歩「……」

雪歩「…」クンクン

雪歩「あっ…プロデューサーの匂いだ」

雪歩「えっ、え!?ど、どうして私がプロデューサーの」

雪歩「きゃっ!」

雪歩「こここ、これってプロデューサーのベッド!?」

雪歩「……」

ボフッ

雪歩「うん…プロデューサーの匂い」


827: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:07:22.71 ID:Jj37OQnA0


雪歩「……」

雪歩「…」クンクン

雪歩「あ、あれあれ?」

雪歩「プロデューサー以外の…」

雪歩「…」クンクン

雪歩「……」

雪歩「そっかぁ…」


829: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:09:02.78 ID:Jj37OQnA0


雪歩「思い出したくなかったけど」

雪歩「へぇー」

雪歩「毛虫の臭いが強いから忘れてた」


雪歩「…くっさい」

雪歩「奴の臭いが鼻について離れないや」

雪歩「……」

我那覇響


奴を……殺す


832: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:11:48.74 ID:Jj37OQnA0


やよい「うーん」

P「どうだ?なんかこう」

やよい「絵だけじゃ全然わかんないですよー」

P「ま、まぁ確かにそうだよなぁ」

響「へー、色々あるぞー」

貴音「響も変えたいのですか?」

響「えっ?自分は別にいいさー」

響「あ、それより貴音ってどこに住んでるんだ?」

貴音「わたくしは…」


834: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:14:54.44 ID:Jj37OQnA0


響「へ?何処にも住んでないのか!?」

貴音「はい…わたくし、よく夜中に出歩く癖があるので」

貴音「その……家から追い出されてしまいました」

響「い、いつからなんだ!?」

貴音「一ヶ月前からです」



やよい「あっ、これなんか良さそうですー!」

P「あー、確かに…でもちょっと高くないか?」

やよい「うっうー!あのホテルに行って服を売れば大丈夫ですー!」

P「それだけは絶対に駄目だ」


836: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:18:40.86 ID:Jj37OQnA0


響「じゃ、じゃあ今までは」

貴音「ふらふらと…歩いて居ました」

響「そ、そういえば貴音、最近あまり事務所に顔を出さないと思ったら」

貴音「……」

響「で、でも大丈夫だぞ!自分と一緒に暮らせば」

貴音「いいえ、それは出来ません」

響「な、なんでさー」



やよい「あっ、これなんかどうですかー!?」

P「おー、値段的にもちょうど良いかも」

やよい「お金が無くなったらうっうー!って言ってお金を貰いに行きますー!」

P「ふざけるな」

ボカッ

やよい「い、痛いですよー」


837: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:21:41.18 ID:Jj37OQnA0


貴音「これはわたくしが選んだ…」

貴音「言わば修羅の道」

貴音「心配はご無用ですよ、響」

響「貴音…」

貴音「わたくしは響が思っているほど弱くはありません」

響「うー、貴音がそこまで言うなら…」



P「これ良いかも!」

やよい「おー!コレならべろちょろが軽くなる心配も無さそうですー!」

P「これにする?」

やよい「と、とりあえずそこにいってみましょー!」


838: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:24:01.39 ID:Jj37OQnA0


P「おーい、二人とも、車に乗れよ」

響「あ、うん!」

貴音「そう、コレはわたくしが選んだ道…」

やよい「貴音さん?どうしたんですかぁ?」

貴音「いいえ、心配をかけてすみません」

やよい「?はやく車に乗りましょー!」


839: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:26:40.59 ID:Jj37OQnA0


~車内~

P「へ?貴音の家?」

響「そうなんだぞ、追い出されたみたいで」

貴音「響、言わなくていい事をあなたは…」

響「そ、そんな事言われても」

響「自分、仲間が困ってるのを黙ってみとくなんて出来ないぞー!」

やよい「わ、私も何か協力できる事が有ったらいってください!」

貴音「響、やよい……」

P「あの、行きますよ?」

車「のヮの」ぶるるる


840: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:28:51.47 ID:Jj37OQnA0


響「なーなー、プロデューサーのアパートは駄目なのか?」

貴音「!!」

P「は?俺のって……俺が住んでるアパートだよな?」

P「えーっと、空いてる部屋は確か

響「違うさー!プロデューサーの部屋に一緒にす

キキィイ!

響「うわあぁ!」

やよい「うっうー!?」

P「ばばばば、バカ!事故るところだったろ!」


843: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:32:02.33 ID:SDAXfoIw0


うっうー!お風呂タイムですー!

いやぁ、結局完走出来そうですね、700位で捨てようかと思ったんですけどね

一応オマケも書きますんでよろしくだYO


851: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:51:21.95 ID:SDAXfoIw0


P「俺は嫌だ」

響「なんでさー!」

P「当たり前だろ!俺は一人がいいの」

貴音「響、もうそのへ

響「自分とは泊まったのに貴音が駄目な理由を教えてほしいぞ!」

P「ごっ?!」

貴音「……響、本当なのですか」

響「うん!一緒にお風呂入って一緒のベッドで

P「あーばーがー!!」

貴音「あなた様…それは

P「嘘に決まってるだろ!」

響「自分、嘘はつかないぞ!」


853: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:54:18.55 ID:SDAXfoIw0


P「ほ、ほらっ!もうすぐ着くから!」

貴音「あなた様、事実をわたくしは知りたいのです」

響「だから自分の言ってる事が真実だぞー!」

やよい「うっうー!貴音さん、響さんを信じてあげてください!」

貴音「やよい…し、しかし」

P「……うです」

貴音「あなた様?」

P「そうです…響の言ってる事が真実です……」

響「ほらー!自分、嘘はつかないって言ったぞ!」


855: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:56:17.35 ID:SDAXfoIw0


貴音「そ、そんな…」

P「……あっ、着いたぞ」

P「お前等、早く降りろ」

響「はーい!」

やよい「わかりましたー!」


貴音「あ、あなた様…」

P「……い、言っとくけど貴音は無理だからな」

貴音「な、何故です!」

P「…」


858: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 23:58:48.31 ID:SDAXfoIw0


~物件~

やよい「うわー!広いですー!」

響「うん、ここならやよいん家の皆を入れても大丈夫そうだな!」

P「…」

貴音「あ、あなた様…」

P「修羅の道がなんちゃらってさっき言ってたの聞こえてたから」

貴音「あっ…」

P「茨の道だがな…貴音になら乗り越えられるさ」

貴音「……」


859: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:00:55.88 ID:Tjx9ec6h0


P「やよい、ここに決めるか?」

やよい「はい!後はお父さんに言ってここに決めて貰いますー!」

P「あはは、よかったな、とりあえず家が決まって」

やよい「ありがとうございますー!」

響「うんうん、よかったさー」

貴音「……」

貴音「…やです」

貴音「嫌です……あなた様」


862: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:03:38.75 ID:Tjx9ec6h0


雪歩「えっと、プロデューサーの私物はっと…」

雪歩「うん、お箸とスプーン、フォークも貰っちゃおうかなぁ」ガサガサ

雪歩「あっ、コップにお椀も貰おうっと」

雪歩「うふふふ、場所がわかっちゃったからねぇ…」

雪歩「毎日来ますからねぇ…」

雪歩「私の……いや」


雪歩「私だけのプロデューサー…」

雪歩「あはは、大好きですよ」

雪歩「…」ガサガサ


863: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:04:37.00 ID:QAcnGZKH0

ゆきぽKOEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!


864: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:04:56.94 ID:e8bqZCdm0

いや窃盗だからなそれ


868: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:07:26.54 ID:Tjx9ec6h0


美希「そういえば雪歩はどうするの?」

春香「雪歩なら大丈夫だよ、 」

春香「だって雪歩は強いもん、私達が心配しなくても平気だよ」

千早「そうね、萩原さんは強いもの」

美希「う、うん!ミキも雪歩を信じるの」


春香「それよりさ」

美希「どうしたの?」

グー

春香「あ、あはは…お腹空かない?」

千早「そういえば春香はまだ何もたべてないのよね」

春香「う、うん…」グー

美希「だったら近くのお店でお腹いっぱい食べるのー!」

春香「賛成!」


870: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:10:31.21 ID:Tjx9ec6h0


~車内~

P「いよっし、じゃあ帰りますか」

響「あっ、じゃあ自分もう帰るぞ」

P「じゃあまず最初は響の家だな」

やよい「じゃあ行きましょー!」

貴音「……」

響「貴音?どうしたんだ?黙っててなんだか暗いぞ」

貴音「い、いえ、なんでもないです……なんでも」

響「ふーん、変な貴音」


873: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:13:49.65 ID:Tjx9ec6h0


~響宅~

P「響もアパートなんだよなぁ」

響「うん!沖縄からこっちにきたからアパートしかないんだぞ」

P「そうだよなぁ、響は沖縄出身なんだよなぁ」

響「あっ!だったら今度皆で沖縄に行こうよ!」

P「は?」

響「自分、皆に紹介したい所いっぱいあるさー!」

P「はいはい、うまく仕事が軌道に乗れたらな」

響「や、約束だよ!」

P「あぁ、じゃあまた明日」

響「あ、あの…プロデューサー!」


875: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:17:09.71 ID:Tjx9ec6h0


P「まだなんかあんの?」

響「き、昨日はごめんなさい!」

P「へっ?」

響「自分…皆に迷惑かけて、まだ美希達にも謝ってないんだけど」

響「プロデューサーにだけは一番最初に言わないと行けないと思ったんだぞ!」

P「響…」

響「あ…う、うん、そ、それだけさぁ」

P「………はっ」

P「響!」

響「な、なんだぞ?」

P「また明日」

響「あっ…」

P「じゃあな」スタスタスタ

響「……うん」

響「プロデューサー!!また明日、事務所で待ってるさー!!」


877: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:20:12.98 ID:Tjx9ec6h0


~車内~

P「さってと、次は高槻……じゃなかった、やよいの番ですなぁ」

やよい「プロデューサー、お願いしますー!」

P「……ん?」

貴音「…」

P「どうした?貴音、俯いて」

貴音「えっ、い、いえ…」

P「ふーん、じゃあ行きまっせ」

車「のヮの」旦那、女ってのはほんの些細な言葉に傷つくんだぜ


880: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:22:39.82 ID:Tjx9ec6h0


~ラブホテル~

P「あはは…」

やよい「プロデューサー、今日はありがとうございましたぁ!」

P「う、うん…中まで行かなくて大丈夫か?」

やよい「はい!おじさんにはうっうー!って言っとけば大丈夫なんで心配しないでくださーい!」

P「うっうー!って言っとけばって…」

やよい「それじゃあプロデューサー、
また明日!」

P「あぁ、また明日な」


882: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:26:12.28 ID:Tjx9ec6h0


~車内~

P「ふぅ、じゃあって…」

P「貴音は何処でおろせば良いんだ?」

貴音「あっ、大丈夫です、あなた様の駐車場で降りて去ります…」

P「な、なんか引けるけどまぁ…貴音が言うなら」

貴音「はい…わ、わたくしは茨の道を進まなければならないのですから……」

P「ぅっぐ…」

貴音「あなた様にこれ以上ご迷惑をおかけできません……」

P「と、とりあえず駐車場までな」


車「のヮの」ちくしょう!らぁめん食べて幸せよと先に出されちまった


883: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:27:56.74 ID:Tjx9ec6h0


~駐車場~

バタン

P「じゃ、じゃあ貴音、また明日」

貴音「はい」

P「…」

P「またな」スタスタ

貴音「…」スタスタ

P「…」スタスタ
貴音「…」スタスタ


P「おい」
貴音「あなた様…」


885: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:30:25.16 ID:Tjx9ec6h0


P「茨の道は?」

貴音「わたくし、薔薇は好きではございません」

P「修羅の道は?」

貴音「アレは先代の方が創り上げた妄想です」

P「だ、だからって俺が貴音を家に泊めるメリットは?」

貴音「……」

貴音「響を守ってあげます」

P「響を?」

貴音「はい、今響は何者かによって殺されるかもしれないのです」

P「う、嘘くせぇ」


887: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:33:15.84 ID:Tjx9ec6h0


貴音「信じるか信じないかはあなた様次第です」

貴音「ですが……響を守りたいのであらば、わたくしが力をおかしいたします」

P「うーん」

P「貴音の目、嘘言ってる目じゃないもんな」

貴音「はい、わたくしは真実をあなた様に申し上げているだけです」

P「……」

P「よし、とりあえずは一泊な」

貴音「あ、あなた様!」

P「とりあえず服は有るのか?」

貴音「……」

P「はぁ…分かったよ、今から買いに行くぞ」



888: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:36:28.96 ID:GfrePiC+0


~自宅~

雪歩「うふふ、コレだけ有れば良いかなぁ」

雪歩「うん、私もそろそろ帰ろうかなぁ」

雪歩「プロデューサー」


雪歩「また明日も来ますね…」

雪歩「絶対に私の物にしてみせますから」

雪歩「……あはは」


雪歩「あひゃひゃひゃひゃひゃひゃ」


889: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:38:42.82 ID:GfrePiC+0


~事務所~

小鳥「…ぴよ」

小鳥「うぐっ……」

小鳥「お、お腹空きました…」グルルル

小鳥「ぷ、プロデューサーさんに電話を」


小鳥「……ぴよ」

携帯「=ヮ=」

小鳥「き、きれてますね…」

小鳥「……」プルプル


ピ━━━━ヨ━━━━!


891: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:41:24.27 ID:GfrePiC+0


~モスバーガー~

春香「うん!美味しいね千早ちゃん!美希!」

美希「うん、美味しいの」モグモグ

千早「ハンバーガーなんて久しぶりに食べたわ…」

春香「私も久しぶりかなぁ」モグモグ

千早「あっ、春香、ソースが」

春香「へっ、ありゃりゃ、ほんとだ」

千早「ジッとして」

春香「へっ!?」


千早「はい、これで良いわ」

春香「あ、ありがと、千早ちゃん」


893: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:44:48.06 ID:GfrePiC+0


~車内~

P「まっ、これからよろしくな」

貴音「あなた様」

P「は?」

貴音「その……き、キスを」

P「今運転中だろ」

貴音「あっ、降りた時でもいい

P「あんまし調子にのるんじゃねーYO」

貴音「……」

貴音「わかりました」

P「お、おいまさか!」


『四次元空間』

P「うぉおおぉい!?」


続け


895: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:45:59.27 ID:OUCbW1iK0


明日も待ってるぜ!


896: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:46:34.67 ID:xOEkS+T60

話自体が『四次元空間』に入っちゃってないかw


902: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:49:50.35 ID:GfrePiC+0

はーいまさかの乗っ取りでシリーズ化ですYO
まだプロデューサーに飲み物を渡してないので◯◯Pという名前がついてませんね

次にこれを書くとしたら出せなかったキャラ達を重点的に出して行きたいと思ってます

じゃあオマケいっちゃうのー!


904: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:52:16.08 ID:GfrePiC+0


春香「うふふふん」

千早「どうしたの春香?随分と機嫌が良いみたいだけど」

春香「当たり前だよー!だって今回始まったシリーズ」

春香「私まだ人間だもん!!」

千早「……」

春香「しかも皆と一緒に食事したりしてるんだよ!?」

春香「もう嬉しくて嬉しくて…」

千早「春香…」


906: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:52:54.83 ID:0STZqg8P0

カブトムシ……


910: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:54:56.42 ID:GfrePiC+0


春香「こんなの始めてだよ…」

千早「えぇ、そういえばそうね」

春香「カブトムシじゃ自分で化け物名乗ってるし…」

春香「HIPHOPじゃターミネーター吸収しちゃったし…」

春香「でも今は違うもん!」

春香「私、一人じゃない!」

春香「皆が居る!」

春香「ほんとに嬉しくて……」

千早「春香…」

春香「ごめんね…だ、だけど今だけは泣かせてよ…」


913: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:56:56.45 ID:GfrePiC+0


ガラララ

雪歩「春香ちゃんは良いよね!」

春香「あっ、雪歩」

雪歩「春香ちゃんは良いよね!!」

雪歩「今度は私が一人だよ!?」

雪歩「なんで?なんで私なの!」

千早「萩原さん…」

雪歩「私さ、どっちかって言ったら悲劇のヒロイン寄りだよね!?」


915: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:00:06.71 ID:GfrePiC+0


雪歩「基本的に私は病弱で気弱なオーラだしてるよね!?」

雪歩「いや、出してるもん!私、頑張って出してるもん!!」

春香「雪歩…」

雪歩「それがなに!?私さただの変人だよ!?」

雪歩「精神壊して暴走して!」

雪歩「あげくはプロデューサーの私物を盗んでさ!」

雪歩「私……こんなキャラじゃないのに」

千早「萩原さん…」

雪歩「千早ちゃんは良いよね!」

千早「えっ」


916: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:02:28.01 ID:GfrePiC+0


雪歩「いっつもそう!」

雪歩「大切に扱われてる!」

千早「そ、そんな事…」

雪歩「いいや!大切に扱われてるよ!」

春香「……確かにそうだよね」

千早「は、春香!?」

春香「千早ちゃんって毎回美味しいポジションなんだよね」

雪歩「私達は自分で手を汚してるのにさ!」

春香「千早ちゃんは見てるだけなんだよねぇ」

千早「ふ、二人とも」


919: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:04:31.33 ID:GfrePiC+0


春香「なんていうかさ…」

春香「ズルい?」

千早「なっ」

雪歩「まっ、今回は一人殺したからよしとするけどさ」

春香「汚れ役が回ってくる事ってないんだよねぇ」

千早「…」

雪歩「まっ、今後に期待して待つしかないよぇ」

雪歩「ズン千早ちゃん」

千早「っ!」


922: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:06:33.00 ID:GfrePiC+0


ガラララ

美希「嫌なのー!」

春香「……来たよ毛虫が」

雪歩「はっ、毎回断髪式やって楽しいですか?www」

美希「お前等は黙るの」

春香「うっわ、口調全然違うwww」

美希「ミキ、今回のシリーズは反対なの!」

千早「ど、どうしてかしら」


923: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:08:43.80 ID:GfrePiC+0


美希「当たり前なの!」

美希「ミキは毎回ハニーとラブラブしときたいの!」

春香「ラブラブだってww」

雪歩「ラブラブ()死語乙www」

美希「お前等後でぶっ殺してやるの」

春香「うわぁ、こわーい(棒)」

雪歩「きゃー(棒)」

美希「ムカつくのー!」

千早「美希」


924: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:11:14.04 ID:GfrePiC+0


ガラララ

貴音「…」

美希「あっ、貴音なの」

雪歩「四条さんもなにか言いたい事あるんですか?」

貴音「……わたくしは」

貴音「何故毎回特別な力を持っている…」

貴音「言わばラスボス的な立ち位置なのですか?」

春香「……」

雪歩「さ、さぁ」

美希「それはミキ達にも分からないの」


926: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:14:03.07 ID:GfrePiC+0


貴音「わたくしは、確かに不思議系な感じですが…」

雪歩「まぁ四条さんならどんなにぶっ飛んだ能力でも周りの人達が分かってくれるから使いやすいんだよ、きっと」

千早「暗黙の了解ってやつね」

春香「まぁね、確かにどんな能力でも受け入れられるからねぇ」

貴音「それは喜べば良いのでしょうか」

美希「多分、喜べばいいと思うの」

貴音「そうですか…」


928: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:16:31.07 ID:GfrePiC+0


ガラララ

響「それなら自分も言いたい事あるぞー!」

貴音「響?」

雪歩「うっわ、今回のキーパーソンがきたよ」

春香「正直後半要らなかったよね」

美希「確かにそうなの、後半は貴音で持ってたみたいなもんなの」

響「ゔぇ…」

千早「我那覇さん、なにかしら?」


930: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:20:42.38 ID:GfrePiC+0


響「自分…」

雪歩「まぁ今回のシリーズは響ちゃんがぼっちだったから成り立ったわけだし」

春香「響ちゃんにしてはよく頑張ったよ」

美希「まぁ、響にしては頑張ったの」

響「ゔっ…」

貴音「響、これは誇るべき事ですよ」

千早「そうね、我那覇さんにしては


響「な、なんくるなくないさー!」ダタッ

バタン

春香「あーあ、帰っちゃった」


931: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:23:44.98 ID:GfrePiC+0


ガラララ

やよい「うっうー!」

春香「でぇたあぁ、池沼」

やよい「えっ!?」

雪歩「うっうー()」

美希「ふふっ、その緑のがま財布」

美希「ダサいの」

やよい「ゔあっ…」

千早「高槻さん、おいで」

やよい「千早さぁあん!」

ギュッ

千早「んはあぁ!?」ゾクゾク


932: 愛の波動砲 ◆GgSaTo1XUM 2011/10/21(金) 01:26:27.64 ID:ZmGjMiQC0

やよいかわいい



933: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:28:11.53 ID:lmMmTIoC0


ガラララ

伊織「ちょっと、なんで私の出番が無いのよ!」

春香「出ましたTHE親の七光り」

伊織「な、なんですってー!?」

雪歩「伊織ちゃんは楽だがね、書きやすいんだよ」

雪歩「とりあえず叫べばいいだけだから」

伊織「くっ、なんか凄く小馬鹿にされてる気がする…」

美希「でこちゃん」

伊織「な、なによバカ美希!」

美希「ふふっ」

美希「呼んだだけなの」

伊織「あ、あんたねー!」



888: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:36:28.96 ID:GfrePiC+0


~自宅~

雪歩「うふふ、コレだけ有れば良いかなぁ」

雪歩「うん、私もそろそろ帰ろうかなぁ」

雪歩「プロデューサー」


雪歩「また明日も来ますね…」

雪歩「絶対に私の物にしてみせますから」

雪歩「……あはは」


雪歩「あひゃひゃひゃひゃひゃひゃ」


889: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:38:42.82 ID:GfrePiC+0


~事務所~

小鳥「…ぴよ」

小鳥「うぐっ……」

小鳥「お、お腹空きました…」グルルル

小鳥「ぷ、プロデューサーさんに電話を」


小鳥「……ぴよ」

携帯「=ヮ=」

小鳥「き、きれてますね…」

小鳥「……」プルプル


ピ━━━━ヨ━━━━!


891: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:41:24.27 ID:GfrePiC+0


~モスバーガー~

春香「うん!美味しいね千早ちゃん!美希!」

美希「うん、美味しいの」モグモグ

千早「ハンバーガーなんて久しぶりに食べたわ…」

春香「私も久しぶりかなぁ」モグモグ

千早「あっ、春香、ソースが」

春香「へっ、ありゃりゃ、ほんとだ」

千早「ジッとして」

春香「へっ!?」


千早「はい、これで良いわ」

春香「あ、ありがと、千早ちゃん」


893: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 00:44:48.06 ID:GfrePiC+0


~車内~

P「まっ、これからよろしくな」

貴音「あなた様」

P「は?」

貴音「その……き、キスを」

P「今運転中だろ」

貴音「あっ、降りた時でもいい

P「あんまし調子にのるんじゃねーYO」

貴音「……」

貴音「わかりました」

P「お、おいまさか!」


『四次元空間』

P「うぉおおぉい!?」


続け


936: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:32:17.24 ID:lmMmTIoC0


ガラララ

真美「遊びに来たよ→」

春香「はい出ました」

春香「竜宮小町じゃないほう」

真美「え"っ」

美希「おこぼれなの」

真美「み、ミキミキ?」

美希「その名で呼ぶんじゃないの」

美希「ムカつくし反吐がでるの」

真美「ぁっ…」プルプル

美希「ほら泣くの、すぐ泣くの、ほーら泣くの」

真美「み、」プルプル

真美「ミキミキのばかー!」ダタッ

バタン

美希「Fuck youなの」


940: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:36:32.37 ID:lmMmTIoC0


ガラララ

亜美「ねえねえ、さっき真美が泣いてたけどどうしたかしんない?」

美希「真美は弱いから仕方ないの」

亜美「ふーん、そっか、そうだよね」

雪歩「……巨人が」

亜美「えっ!?」

雪歩「大きくなりすぎだよね」

亜美「そ、それは…」

雪歩「多分アイドルマスター4が出るあたりには」

雪歩「170センチくらいの巨人アイドルになってるよwww」

亜美「……」プルプル

雪歩「エルヒガンテ」

亜美「ゆきぴょんのばかー!」

バタン

雪歩「ふん」


944: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:39:49.36 ID:lmMmTIoC0


ガラララ

律子「ちょっと、どうしたの?亜美と真美が向こうで泣いてたけど」

美希「でたの、実は一番美味しいポジションの律子さんなの」

律子「ええっ!?」

春香「うん、実は一番美味しいポジションなんだよね」

雪歩「そうそう、プロデューサーから気に入られてるっていうかさ」

貴音「特別な存在…」

律子「い、いやぁそれ程でも」

美希「ムカつくの」

律子「み、美希?」

美希「ムカつくのー!!」


947: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:43:18.61 ID:lmMmTIoC0


ガラララ

あずさ「あら?皆揃って…どうかしたんですか?」

春香「一番の問題児がきたね」

雪歩「うん、最も書きづらい」

美希「あまり登場させたくない人生…」

春香「なんていうかさ、喋り方が分からないっていうのかな」

美希「あらぁ~」

美希「道に迷っちゃいました~」

美希「真面目な話これ位しか印象が無いの」

雪歩「だからあずささんはあまり出番がないんだよね」


953: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:47:18.17 ID:lmMmTIoC0


春香「うん、あずささんはほんとに分からないよ」

雪歩「なんていうか……」

美希「私達四人は既にキャラが出来上がってるから楽なの」

千早「私は……メンヘラなのかしら」

美希「ミキはとりあえず語尾になのを付けとけば良いから楽なの」

春香「私はどんなにふざけた台詞でも人外だから受け入れられて貰えてるよね」

雪歩「私はちょくちょく狂えば良いだけだし」

美希「うん、やっぱりあずささんは難しいの…」


あずさ「あらぁ」

律子「あずささん、あらぁじゃ分かりませんよ」


956: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:50:36.41 ID:lmMmTIoC0


美希「まぁ、あずささんには温泉で凄く重要な役割が有るから良いの」

春香「えっ!?そうなの?」

美希「うん、正直温泉編はあずささんの為に作られたみたいな物なの」

千早「初耳ね…」

雪歩「私達が戦う事が温泉編の醍醐味かと思ってましたぁ」

美希「ふふん、期待しとくの」

律子「はぁ、やっと終われるのね」


960: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:53:14.79 ID:lmMmTIoC0


美希「じゃあまた明日なの!」

雪歩「うん、またね」

春香「千早ちゃんは後で私と一緒に来てね」

千早「えっ?」

春香「当たり前だよー!今から汚鍋パーティー始めるんだから」

千早「汚鍋……パーティー?」

春香「うん!まだ具材は無いけどさ!今から調達しにいくよ」


963: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:55:32.64 ID:lmMmTIoC0


千早「……」

春香「千早ちゃん?」

春香「もしかして……嫌とは言わせないよ?」

千早「春香…」

春香「私達、春香×千早のマジキチシリーズは結構人気なんだよ?」

千早「ま、また誰か殺すの?」

春香「それは見てからのお楽しみだよー


春香「じゃあ皆、また後で会おうね!」


965: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:56:40.21 ID:lmMmTIoC0


はい!お疲れ様でした

後は埋めてくださいお願いします

じゃあ次回予告でもいっちゃいます





966: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 01:56:40.44 ID:KHexo/o9O

Pは美希にお預けした傍らで響とちゅっちゅするドS
だと思ってたけど話が進むのと他作品と並行して読んでるせいか少しキャラが掴めなくなってきた


971: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 02:00:29.42 ID:lmMmTIoC0


激闘温泉編……最終章!

揺れ動く思いとおっぱい

瀕死の重傷を負った雪歩

何も出来なかった真…


超えられない壁を超えられた戦友の無残な姿をみて、なにを思うのか



そして遂に動き出す…決戦兵器


次回、アイドルマスター

友の亡骸…

レッツ!アイマス!!


974: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 02:01:54.03 ID:OR6k0G7i0

また完走かよ!


976: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 02:02:06.64 ID:Llb+7l+fQ



982: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 02:03:29.18 ID:BLJVDt2F0

乙!!
ただオマケに真が出てないことはスルーですか・・・・・・・


983: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 02:03:43.09 ID:74ZoS+p30

一見しただけでは絶対にアイマスと関係あるとは思えないな


986: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/21(金) 02:04:50.16 ID:lmMmTIoC0

あっ、ちなみに温泉は22:00位にたてます

タイトルは

あずさ「」P「」

でたてるんで

じゃあ変態マジキチ紳士は3時に会いましょう!

レッツ!アイマス!!


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:スロス

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。