スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千早「巨乳死すべし!巨乳死すべしっ!!」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 08:16:17.02 ID:W0KL8XPL0

美希「千早さん、いきなりどうしたの!?」

千早「巨乳発見!!」

美希「ちょっ、いきなり胸を揉まないで欲しいの!!」

千早「なんなの!この乳は!?わけがわからないわ!」

美希「あっ、ミキのほうが、ん、わけがわからないの!」


千早「これは...はちじゅうろく!?はちじゅうろくってなんなの!?はちじゅうろくって!?」

美希「ぷ、プロフィールに、ん、載ってるけど、あっ、そんなに、連呼しないで欲しいの!」

千早「こんなもの!こんなものもげてしまえばいいのよ!」

美希「千早さん、やめっ、あっああぁぁあ!」

千早「巨乳死すべし!巨乳死すべし!!」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 08:19:01.21 ID:ekbZO+wE0

ちーちゃん…


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 08:29:33.29 ID:W0KL8XPL0

千早「巨乳死すべし!巨乳死すべし!!」

響「ど、どうしたんだ千早!?」

千早「巨乳死すべしっ!!」

響「うがっ!いきなり何するさ!!」

千早「この感触...まさかPAD!?」

響「わわっ!大きい声で言わないで欲しいぞ!」

千早「胸があるくせに詰め物なんかして!許せない!許せないわ!!」

響「ひぁっ、や、やめてぇ...ふぁ、あぁぁああぁ」

千早「巨乳死すべし!巨乳死すべし!!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 08:31:21.78 ID:11gfMlDi0

なんで下げたんだろな響


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 08:35:18.98 ID:UDVQgXrw0

>>6
ダイエットに失敗したんだよ・・・きっと


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 10:31:59.23 ID:Q+aEZyBX0

>>8
ダイエットしたら千っさくなるって
誰かがいってた希ガス


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 10:34:32.29 ID:UDVQgXrw0

>>54
胸だけじゃなくて、よく見たら全体的に細くなってるのか
ホントにダイエットしたんだな


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 10:37:42.89 ID:omcMx4i1i

>>54
千っさくなる…

ちょっとした悪意を感じた


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 08:37:25.77 ID:W0KL8XPL0

千早「巨乳死すべし!巨乳死すべし!!」

やよい「うっうー!おはようございまーす!」

千早「!!」

やよい「う?」

千早「巨乳死すべし~!」

やよい「ち、千早さん、私おっぱい大きくないです!」

千早「うへっ、うへへへへ」

やよい「やっ、舐めないでください~」

千早「ななじゅうよん...大丈夫、大丈夫だからね、うへへへへ」

やよい「い、いやぁぁぁああぁぁあ!!」

千早「ふぅ...巨乳死すべし、巨乳死すべし!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 08:45:35.91 ID:udoFfCT3O

>>9
これ千早じゃなくてミンゴスだろwww


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 09:03:04.63 ID:W0KL8XPL0

千早「巨乳死すべし!巨乳死すべし!!」

雪歩「おはようございますぅ」

千早「巨乳死すべし!巨乳死すべし!!」

雪歩「千早ちゃんどうしたの!?」

千早「はちじゅういち!?はちじゅういちなの!?はちじゅういちって何考えているの!! 」

雪歩「う、うわぁぁぁあん、そんなに何度も声に出さないでぇ」

千早「もいでしまおう!こんな危険物、もいでしまおう!」

雪歩「たっ助けて真ちゃ......ひあああっ」

千早「巨乳死すべし!巨乳死すべし!!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 09:10:15.87 ID:W0KL8XPL0

亜美「真美参上!」

真美「亜美参上!」

千早「巨乳死すべし!巨乳死すべし!!」

亜美「うわぁ、千早お姉ちゃんがおかしくなってるよ」

真美「あんな大人にはなりたくないね」

亜美「むむ、大変です真美警部!こんな所に死体が!!」

真美「な、なんだってー!?早急に調べるんだ亜美巡査!」

千早「...見たわね?」

亜美真美「!!」ビクッ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 09:17:58.85 ID:W0KL8XPL0

千早「あなたたちの成長速度、危険ね...今のうちに摘んでおかないと」

真美「に、逃げるんだ亜美巡査!ここは私に任せて早く!!」

亜美「でもそれじゃあ真美警部が!!」

千早「逃がさないわ」

真美「いいから早く!私は大丈夫だから!」

亜美「そんなの出来ないよ!」

真美「いいからさっさと行け→!!」

亜美「ごめん...絶対に助けに戻るから!」

真美「ぬ、ぬわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

千早「くっ、一人逃がしたか」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 09:35:24.37 ID:W0KL8XPL0

亜美「ってなことがあって大変だったんだYO」

春香「そんな、千早ちゃんが...」

伊織「今事務所に行くのは危険ね、特にあずさは絶対に行かせられないわ」

真「プロデューサー!急いであずささんを保護しに行って下さい!!」

P「わかった!」

律子「私は貴音を探してきます!」

春香「私、千早ちゃんをとめてくる!」

伊織「真美も襲われたのに無茶よ!」

春香「でも誰かが千早ちゃんをとめないと仕事ができないよ」

真「なら、この中で一番小さい僕が...」

小鳥「話は聞かせて貰いました!私が行きましょう!!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 09:48:38.58 ID:W0KL8XPL0

千早「巨乳死すべし!巨乳死すべし!!」

小鳥「おはようございます!」

千早「あ、おはようございます」

小鳥「話は聞きました、さぁ、私の胸で良かったら好きなだけ揉んでいいですよ!」

千早「...」

小鳥「ほら、胸の大きい人が憎いんじゃないの!?さぁ!」

千早「すみません音無さん」

小鳥「ピヨ?」

千早「...私は賞味期限が過ぎてるものには興味がないんです」

小鳥「ま、まだ...まだ20代だもん!まだピチピチだもん!行き遅れてなんかないもん!うわぁあん!!」ダッ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 10:03:51.60 ID:W0KL8XPL0

亜美「あちゃ→、やっぱりピヨちゃんじゃ駄目だったか」

真「まぁわかっていたことだけどね」

春香「次は私が...」

伊織「いいえ、次はプロデューサーに行かせましょう」

亜美「でも兄(C)今あずさお姉ちゃん探してていないよ?」

伊織「戻って来たら行かせればいいわ」

真「プロデューサーは大変だろうけどそれが一番かもね」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 10:25:48.47 ID:W0KL8XPL0

千早「巨乳死すべし!巨乳死すべし!!」

貴音「おはようございます如月千早、他の者はまだ来てないようですね」

千早「いいえ、貴方の足下に何人か転がっているわ」

貴音「これは!?美希に響、萩原雪歩と双海真美まで!?」

千早「そう、はちじゅうろく、偽乳、はちじゅういち、ななじゅうはち、皆私が倒したわ」

貴音「何故このようなことを!」

千早「そんなの四条さんが知る必要はないわ、あなたも倒れなさい!」

貴音「そう簡単には触らせません!」

千早「そんな、本当にきゅうじゅうもあるなんて」

貴音「まさか、今の一瞬で触れたと言うのですか!?」

千早「次は揉みしだくわ、覚悟しなさい」

貴音「くっ!どうやらここまでみたいですね」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 10:34:17.09 ID:sRPRW2hN0



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 10:43:41.34 ID:W0KL8XPL0

律子「ごめんなさい、貴音を見つけた時はもう事務所に入る直前で...」

亜美「そんな...お姫ちんまで...」

真「まだやられたって決めつけないで!」

春香「早くプロデューサーさん、戻ってきて!」

P「皆!」

伊織「遅い!あずさは見つかったの!?」

P「それが見つけた時はもう事務所に入る直前で...」

伊織「あんたもなの!?」

亜美「頂上決算が始まっちゃうYO」

P「本当に申し訳ない」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 11:05:50.21 ID:W0KL8XPL0

千早「巨乳死すべし!巨乳死すべし!!」

あずさ「あらあら~、千早ちゃんは何をしてるのかしら?」

千早「先手必勝、揉まさせてもらいます!」

あずさ「あら~、もしかして揉み合いっこかしら?じゃあ、えい!」

千早「...んっ」

あずさ「ここがいいのかしら~?えいえい」

千早「そんな...これがきゅうじゅういちの力...こんなの勝てっこない」

あずさ「でも千早ちゃんこの大きさなら肩が凝らなそうね~、羨ましいわ」

千早「あなたは今!私を怒らせた!!」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 11:25:49.05 ID:W0KL8XPL0

千早「きゅうじゅういちの人に!きゅうじゅういちの人にななじゅうにの気持ちがわかるか!」

あずさ「あんっ、どうしたのかしら、ん、千早ちゃん?」

千早「ネットではやれ壁だの、まな板だの馬鹿にされる人間の気持ちが!!」

あずさ「そ、それは...」

千早「Aカップのブラですら隙間ができる人間の気持ちが!わからないだろ!」

あずさ「よしよし」

千早「私だって、私だって巨乳になりたいよ!わあぁぁん!」

あずさ「あのね、千早ちゃん...」

P「千早ぁ!!」

あずさ「あら?」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 11:30:07.85 ID:NZpEWBDO0

巧妙なあずちはスレ


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 11:34:01.92 ID:W0KL8XPL0

P「いいか、よく聞けよ!俺はお前みたいな小さい胸がだいっ好きなんだ!!」

千早「え?」

P「胸の大きい女なんてあり得ない!ってくらい大好きなんだ!!」

あずさ「...あらぁ?」

千早「...プロデューサー」

P「だからもうこんなことやらないでくれ!お願いだ!!」

千早「...私、今までどうかしてましたプロデューサー、だから...」

あずさ「なら代わりにこれからは私が貧乳を狩りますね」

P「え?」

あずさ「貧乳死すべし♪貧乳は死すべし♪」

千早「ん、んあーーっ!!」

P「どうしてこうなった」

おしまい


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 11:37:40.25 ID:zNbepKGR0

おつ








このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS

コメント

 

もげ!もげ!
もげ!もげ!!
チチをもげ~♪
  • [2012/08/31 23:08]
  • URL |
  • 名無しさん@ニュース2ちゃん
  • [ 編集 ]
  • TOP ↑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。