スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「今日から765プロに入る事になった三人組だ!」 

カテゴリ:マジキチ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:38:09.88 ID:4Fg5Aapq0


春香「それでは皆さん、今日はこの辺でさよならです」

春香「以上!春香のかぶかぶラジオでしたー!」



「あのね、いい加減にしてくれないかな?」

P「すんませんすんません」

「何勝手に名前変えてるの?人気有るからって調子に乗ってるよね」

P「ほんっとすんません!」

「……次こんな事有ったらもう呼ばないから」

P「な"っ」




関連記事P「今日から765プロに入る事になった三人組だ」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:41:07.02 ID:4Fg5Aapq0


ガチャ

春香「あー疲れた」

P「……お疲れ様」

春香「プロデューサーさん!」

P「なんだよ」

春香「……」スッ

P「は?なに右手差し出してんだ」

春香「……やっぱり屑ですね」

P「はぁ!?」

春香「収録後のアイドルに飲み物一つ渡さないなんて……」

春香「さっすが屑で無能なプロデューサーさんですね!」

春香「ある意味才能ですよ?さ・い・の・う」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:43:00.59 ID:4Fg5Aapq0


P「てめぇ…言わせておけば調子に乗りやがって」

春香「あっ!?アイドルの私に手を出すんですか?」

春香「うっわー、さすが屑!やる事が汚いですねぇ」

P「……」プルプル

春香「うふふ…ほら、早く買ってきてくださいよ」

春香「飲み物をね」

P「…何がいいんだよ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:43:30.76 ID:U0awsmwq0

前スレあげとく
P「今日から765プロに入る事になった三人組だ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1320080615/


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:45:21.67 ID:4Fg5Aapq0


春香「はぁ?今更ですかぁ?」

P「言わなきゃ分からないから…」

春香「ぷっ…無能どころか保育園児以下の脳みそなんですね」

P「…悪い」

春香「謝るなら土下座でお願いします」

春香「ねっ?……プロデューサーさん」

P「……」スッ

春香「あはっ!本当に土下座するんですか!?」

P「…ごめんなさい」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:47:38.69 ID:4Fg5Aapq0


P「お前が飲みたい物を教えてください」

パシャパシャパシャパシャ

春香「プロデューサーさん、土下座ですよ!土下座!!」

春香「あははは!いっぱい写メらせてくださいね」

パシャパシャパシャパシャ

P「……教えてください」

春香「お前って言いましたよね?さっき」

P「すみません」

春香「言い直してくださいよぉ…プロデューサーさん」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:50:38.34 ID:4Fg5Aapq0


P「…は、春香の飲みたい物を

春香「なに名前で呼んでるんですか?」

P「……天海の飲みた

春香「謝ってくださいよ」

P「…ごめんなさい」

P「天海の飲みたい物を教えてください」

春香「…はいっ」スッ

P「…これは」

春香「見て分かりませんか?紙コップですよ紙コップ」

P「紙コップをどうすれば良いんですか」

春香「プロデューサーさんの尿が欲しいです」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:53:20.97 ID:4Fg5Aapq0


P「俺の尿?」

春香「はい!今すぐ欲しいんです」

P「……変態が」

春香「屑に言われたく無いですよぉ」

P「ちょっと待ってろ…今からトイレで出してくるから」

春香「は?」

春香「バカですか?今言いましたよね私」

春香「ふふ……今すぐ欲しいって」

P「…どういう意味だ」

春香「いいから黙ってパンツ脱いでくださいよ」

春香「…ここでね」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:57:04.34 ID:4Fg5Aapq0


P「ふざけんなよクソが」

春香「あれあれ?私に逆らうんですか」

春香「今の765プロにいるアイドルって私と伊織達率いる竜宮小町の四人だけですよ?」

春香「あはは…辞めちゃいますよ?」

P「…それは」

春香「だったら私に従ってくださいよぉ」

P「でもここは」

春香「じゃあ今から社長に電話しますね」

P「……」カチャカチャ

春香「うんうん、それで良いんですよ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:59:52.30 ID:4Fg5Aapq0


P「コップかしてくれ」

春香「……なんでパンツ脱がないんですか?」

P「当たり前だろ、パンツの中に紙コップ入れて出せば良いんだろ」

春香「はぁ?」

P「お前は俺の尿が欲しいって言っただけだ…」

P「俺のくっさいちんぽなんて見たく無いだろ」

春香「……ちっ」

春香「分かりましたよ無能プロデューサーさん」スッ

P「……」

チョロロロロロ


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:01:49.48 ID:4Fg5Aapq0


P「ほらよ」スッ

春香「ありがとうございます」

春香「……」

パシャア

P「ぷっ」

春香「どうですか?自分の尿の味は」

P「……」プルプル

春香「ほらっ、早くタクシー呼んでくださいよ」

春香「早く帰りたいんですけど」

P「わ、分かった…」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:05:46.76 ID:4Fg5Aapq0


P「…」カチャ

~?

律子『なんですか?あんたと違って私は忙しいんですけど』

P「なぁ…今すぐにでも春香を売り飛ばせ無いのか?」

律子『……もう少し待ってください』

律子『まだ話を通したばかりですから…』

P「そうか…悪い」

律子『半分、キッチリ貰いますから』

P「あぁ、500万だな」

律子『……では』

プツッ

P「…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:09:21.59 ID:4Fg5Aapq0


~車内~

「行き先は」

春香「765プロの事務所って分かりますか?」

「765プロだね……了解」

P「…(こいつをAVに1000万で売れるのか…くくく)」

春香「あっ、お金は私が出しますから」

春香「……プロデューサーさんの通帳から引き抜いた450万円」

春香「大切に使わせて貰いますね」

P「あぁ…勝手にしろ」

450万なんて安い安い…春香を1000万で売り、律子を再起不能に叩き潰す
これで1000万は俺だけの物……


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:11:45.45 ID:4Fg5Aapq0


春香「あっ、運転手さん、そこのコンビニに寄ってください」

「あいよ」

P「んな所寄らなくて良いだろ」

春香「プロデューサーさんは黙っててください」

P「…」グッ

春香「握り拳を作って威嚇のつもりですか?」

春香「……バカですね、さすが屑です」

P「…」

「もうすぐ着くからね」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:15:13.98 ID:4Fg5Aapq0


~ローソン~

ウィーン

真「らっしゃっせー!」

春香「あれ!?真じゃん」

真「春香!」

真「……それに」

P「んだよゴミが」

真「春香、こいつぶっ飛ばして良い?」

春香「もー!今は私達はお客さんなんだよ?」

真「ちっ、うっせーな」

春香「は?」

真「反省してまーす」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:17:54.56 ID:4Fg5Aapq0


P「…(なんで真がコンビニでバイトしてるんだよ)」スタスタ

春香「プロデューサーさん、はいコレ」

P「なんだよそれ」

春香「見て分かりませんか?ビールですよビール」

P「そっか、お前ビール好きだったっけ」

春香「分かったならカゴにいれときますね」

P「お前が買えよ」

春香「私じゃひっかかっちゃうんで」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:20:34.44 ID:4Fg5Aapq0


P「つーかよ、昨日なにしてた」

春香「はい?」

P「俺から奪った450万円、今どれ位だ」

春香「そうですねぇ……昨日だけで20万近く使っちゃったんで」

P「何処でだよ」

春香「えびすで使いました」

P「えびす…?」

春香「はい、えびすですよプロデューサーさん」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:25:22.19 ID:4Fg5Aapq0


P「誰と行ったんだ」

春香「えっと、真美・真・やよい・千早ちゃん・雪歩・亜美の」

P「亜美!?いま亜美って言ったか!」

春香「…しまった」

P「えびすって何処のえびすだよ!」

春香「別に…◯◯通りのえびすですけど」

P「亜美は大丈夫なのか!?」

春香「今頃トイレでトイレの神様でも歌ってるんじゃないですか?」

P「トイレの神様?」

春香「はい、トイレの神様です」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:28:11.08 ID:4Fg5Aapq0


~えびすのトイレ~

亜美「あ"→?⇔?」

ビチビチビチビチビチビチ

亜美「お腹いだいよ"お"?↓⇒←」

ビチビチビチビチビチビチ

亜美「あ"←←←←←」

ビチビチビチビチビチビチ

亜美「もう血しか出てないよお"←←←←」

ビチビチビチビチビチビチ

亜美「う"あ"ぁ????」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:30:45.50 ID:4Fg5Aapq0


亜美「昨日はるるんと一緒に来たこのえびす」

ビチャビチャビチャビチャ

亜美「ゆっけしか食べて無いのに…」

亜美「ん"あ"っ!?」

ブビッ━━━━!

亜美「あぁあ"←←←」

ビチビチビチビチビチビチ

亜美「ユッケしか食べて無いのにお尻の穴から血が止まらないよぉ←←」

ビチビチビチビチビチビチ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:33:34.54 ID:4Fg5Aapq0


亜美「60人前は食べ過ぎたのかなぁ」

ビチビチビチビチビチビチ

亜美「あ"っんんやっあ"」

ブピュブピュッ……

亜美「あ"っぁ"っあ"」

亜美「………」

ブリュリュリュリュリュリュッッ!

亜美「だばだあ"←←←←」

ブピッブッブピュ

亜美「あ"亜"??↓」

ビチビチビチビチビチビチ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:36:31.48 ID:4Fg5Aapq0


春香「まぁ今頃血便垂れ流してますよ」

P「けっ…血便」

春香「今日の新聞で確認したんですけどぉ」

春香「えびすのユッケってヤバいらしいんで」

春香「まっ、亜美はもう竜宮小町に戻れませんね」

P「……俺、あのクソガキ助けにいってくる」

春香「はぁ?」

P「仲間だろ!大切な!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:38:51.42 ID:4Fg5Aapq0


P「だから助ける!!」

春香「柄にも無い事言いますね」

P「お前は金が有るんだろ!?ならまた別のタクシー呼べ!」

春香「……は?」

P「俺はあのタクシーで亜美を助けに行くからな!」

ダタッ

春香「あっ!おい!!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:40:46.26 ID:4Fg5Aapq0


P「親父!◯◯通りのえびすまで頼む!」

「あいよ」

P「……待ってろよ、亜美」

P「いま助けに行くからな!」


ブロロロロロ


~ローソン~

春香「はぁ、行っちゃった」

春香「まっいっか、真がレジなんだしビール位買えるでしょ」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:42:37.26 ID:4Fg5Aapq0


春香「…はい」

ゴトッ

真「……」

春香「何してんの?早く会計してよ」

真「……」

真「てんちょー!!未成年が酒を買おうとしてまーす!!」

春香「ぶっ」

真「今から警察呼びますねーwwwww」

春香「まぁあごどぉおお!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:44:58.83 ID:4Fg5Aapq0


~えびすのトイレ~

亜美「…ん"っあぁ」

ブピュッ

亜美「はっ…はあぁ…」

ブブュブュブュブュ

亜美「あ"????」

ブチチチチチチチッ!!

亜美「だば????」

ブビビビビビビビ

亜美「いだいよ"お"↓↓↓↓」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:47:53.08 ID:4Fg5Aapq0


亜美「あ"↓↓↓↓」

ブチチチチチチチッ!

亜美「う"ん"ごでな"ぃよぉ↓↓↓」

ブビ━━━━!

亜美「んがあぁあ」

ブリュリュリュリュリュリュ

亜美「血しかでないよぉ↓↓↓」

ビチャビチャビチャビチャ

亜美「ん"ぁ"↓↓↓↓」

ブビッブリュリュリュ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:50:57.98 ID:4Fg5Aapq0


バタンッ!

P「あ、亜美!」

亜美「ぁ"→→→→→」

ブビッブリュリュリュ

P「……凄い匂いだ!股間がパンパンだぞ!」

亜美「にぃちゃ"ん→→→」

ブビュリュリュリュリュ

P「んほおぉお"!亜美の血便凄いぞ!」

P「さっき貰った髪コップを…」

亜美「に、にぃちゃ"ん?あ、亜美のお尻の下に手を突っ込んでなにを

ブリュリュリュリュリュリュ

亜美「あ"→→→→」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:53:35.04 ID:4Fg5Aapq0


P「取れた!亜美の血便」

亜美「んぎぃ→→→→」

ビチビチビチビチビチビチ

P「えっと、写メを撮って」

パシャパシャパシャ

P「ヤフオクに出品してっと」

亜美「おながいだいよ"ぉ→→→」

ビチャビチャブリュップップッ

P「タイトルは……そうだな」

P「竜宮小町の双海亜美の血便500mlで良いかな」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:56:56.82 ID:4Fg5Aapq0


~8分後~

P「うおっ!?」

ブリュリュリュリュリュリュ

亜美「あ"→→→→」

P「開始8分で既に10万!?ヤバイぞこれは」

P「はっ!?質問欄に質問が!」

亜美「ぉにいちゃん…たっ、たすっ」

ブベベベベベ

亜美「あ"→→→→→」

P「30万で即決してくれませんかだって!?」

P「よしっ!売った!!!」

亜美「だずげでよ"ぉ→→→→」

ビチャビチャブリュップップッ


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:00:23.25 ID:6caUoKMh0


P「えっと、ペットボトルペットボトルっと」

P「亜美、少しの間お尻にペットボトル入れるからな」

亜美「いぃから助けてよにぃちゃ"ん」

ブベベベベベ

亜美「あ"→→→→→」

P「動くなよ」グッ

ニュプッ

亜美「んぎっ!!」

P「お腹すりすり→→」

亜美「い、いまさすられたらあ、亜美、亜美我慢出来なっ……あがっ」

ブビュリュリュリュリュ

亜美「ぁ"→→→→」

P「んっふっふ~みるみるたまりますなぁ」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:03:30.76 ID:6caUoKMh0


~20分後~

P「500mlペットボトル8本分取れたぞ!」

亜美「ぁ"→→→→」

ブベベベベベ

P「……亜美、動くなよ」

亜美「ぉにいちゃん…なんで亜美の服脱がすの?……あ"っ」

ブリュレブリュレブリュレ

亜美「あ"→→↓→↑」

P「双海亜美の私服で良いよな、タイトルは」

P「…あと、血便に塗れたパンツも回収してくか」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:06:54.23 ID:6caUoKMh0


~30分後~

P「血便まみれの私服はいいとこ35万が限界か…」

P「パンツは………うおっ!?」

P「80万即決に設定してたのに落札されてる!!」

亜美「ぁ"→↓←↑」

ブペペペペペ

P「すごいな、パンツって…」

亜美「にぃちゃ"ん…亜美、寒さで死んじゃうよ」

ドプリュリュリュリュ

亜美「ぁ"←↓↑↑↑」

P「じゃあな亜美、竜宮小町には真美を入れるからな」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:09:29.83 ID:6caUoKMh0


P「さてと…律子には後で連絡入れとくのは良いとして」

P「真美を探さないとなぁ」

P「俺みんなに嫌われてるみたいだから電話番号なんて知らないし」

P「真美の奴…何処にいるんだよ」



プロデューサーが亜美を見捨てて真美捜査を開始する数時間前
もう一つのストーリーが幕を開ける


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:12:32.96 ID:6caUoKMh0


~やよい宅~

やよい「…」ゴクゴクッ

やよい「うっうー!朝から呑むビールは格別Deathー!」

やよい「かすみー!お姉ちゃんのタバコ知らなーい?」

かすみ「や、やよいお姉ちゃん…」プルプル

やよい「かすみ!早く出しなさい!」

かすみ「タバコは良く無いよぉ」プルプル

やよい「うっうー!ふざけんなですー!!」

かすみ「い、痛い!頭の団子を引っ張らないでー!」

やよい「だったらとっととタバコもってこいDeathー!」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:14:59.14 ID:6caUoKMh0


長介「やよい姉ちゃん!」

やよい「長介!早くタバコ出しなさい!」

長介「いい加減にしなよやよい姉ちゃん!」

長介「毎日毎日酒とタバコなんて…」

長介「やよい姉ちゃんにはまだ早すぎるよ!!」

やよい「…」ゴクゴクッ

やよい「ぷはあぁ!……長介も飲む?缶ビール」

長介「いらない!」

やよい「ちっ、連れませんねぇ……早くタバコ出しなさい!お姉ちゃん怒るよ」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:17:37.13 ID:6caUoKMh0


長介「…出さないよ」

やよい「はぁ…」カチャ

やよい「携帯取り出しぽぱぴぷぺ~」

プルルルルプルルルル

「…はい」

やよい「今から行っても良いですかぁ?」

「……どの部分で」

やよい「肺と肝臓、それに小腸と大腸出せますよー!」

「…では何時もの港で」

やよい「うっうー!分かりましたぁ」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:21:04.37 ID:6caUoKMh0


やよい「ふぅ」

やよい「かすみーお姉ちゃんとドライブに行きましょう」

かすみ「えっ!?」

やよい「ビッグスクーターだから二人乗りも全然平気ですよぉ」

かすみ「で、でもっ」

長介「行っちゃダメだ!そうやってやよい姉ちゃんに連れてかれて帰って来なかったじゃ無いか!!」

長介「……俺の弟達二人とも」

やよい「かすみ?ただのドライブだよ?」

かすみ「ほ、本当?」

やよい「うん!お姉ちゃんを信じて?」

かすみ「………うん、分かった」

やよい「…」ニタァ


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:22:46.51 ID:6caUoKMh0


長介「かすみ!」

かすみ「大丈夫だよぉ、やよいお姉ちゃんドライブって言ってるんだから」

やよい「行きますよ~!」

かすみ「あっ、待ってよやよいお姉ちゃん」

やよい「……売っ売ー!」

長介「かすみー!!」


バタンッ


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:25:34.13 ID:6caUoKMh0


やよい「じゃあかすみは後ろに乗ってくださーい」

かすみ「楽しみだなぁ、やよいお姉ちゃんとのドライブ」

やよい「売っ売ー!とっても楽しいDeathよー!」

ギャギャギャギャ

ブゥオオッン!

やよい「お姉ちゃんにしっかり掴まっててね」

かすみ「うん!」ギュッ

やよい「…(また600万位貰えますー)」

やよい「売っ売ー!」

ブロロロロロ


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:28:32.83 ID:6caUoKMh0


~とある港~

キキイィイッ!

やよい「着いたよ、かすみ」

かすみ「ここは……?」

やよい「早く出て来てくださーい!」

「……やよい様、お待ちしておりました」

やよい「こいつが今回の物Deathよー!」

かすみ「な、なにこの人達」

「やよい様には感謝しております」

やよい「金は何処ですかー?」

「あちらのトランクの中にあります」

やよい「うっうー!それを早く言ってくださーい!」

ダタッ


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:32:22.86 ID:6caUoKMh0


かすみ「あ、あの…」

「こちらでございます」

かすみ「えっ?わ、わたし…」

やよい「とっとと行きなさい!お姉ちゃん怒るよ!?」

かすみ「ご、ごめんなさい…」

やよい「じゃあ確かに650万円受け取りましたー」

「他の臓器を提供してくだされば1000万上乗せ出来ますが」

やよい「はぁ?ふざけんなDeathー!」

やよい「女の、しかも小学生の心臓ならそれだけで600万は軽い筈」

やよい「私を騙そうったってそうは行きませんよー!」

「大変失礼いたしました」

やよい「じゃあ後でまた取りに来ますねー!」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:35:27.94 ID:6caUoKMh0


かすみ「…あの、私これからどうなるんですか?」

「この薬をお飲みください、かすみお嬢様」

かすみ「……嫌です」

「飲んでくれたらここから出してあげます」

かすみ「ほ、本当ですか?」

「はい、本当です」

かすみ「……じゃ、じゃあ」

パクッ

かすみ「……あっ」

ドサッ

かすみ「……」

「よし、今から切開を始めるぞ」

「日本刀を用意しろ」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:38:33.31 ID:6caUoKMh0


ー雪歩ー


雪歩「はぁ…765プロを辞めて一日」

雪歩「どうしよう……あの時は飛び出しちゃったけど」

雪歩「収入源が無いのは辛いなぁ」

雪歩「…」グルルルル

雪歩「うまい棒しか無いよぉ」ガサガサ

雪歩「明太子味で良いかな」

バリバリバリッ

雪歩「あんまり美味しく無いかも」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:41:42.74 ID:6caUoKMh0


雪歩「でもあいつは許せないよ」

雪歩「私の大切なスコップをまどから捨てるんだもん…」ギリッ

雪歩「殺さないと気が済まない…」

雪歩「でも、アイドル辞めた途端に出ていけって両親から言われちゃったし」

雪歩「……おかしいなぁ」

雪歩「あんなにアイドルしてる事反対されたのにいざ辞めるとこれだもん…」

雪歩「意味が分からない」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:46:43.23 ID:6caUoKMh0



「あははは、お前は最高のオモチャだ」
「ほぅら、お前の大好きなロウソクだぞぉ?」
「お前は肉の詰まった蕾だな」

違う…違います…わたくしは…わたくしは

「おっ?歯向かうのか?」
「ならもう仕事は無しだな」
「あぁ、お前達の所には今後一切仕事はやらん」

ま、待ってください!そ、それだけは…

「…なら、する事は分かっているだろう?」
「ワシ達を満足させてみせぃ、四条貴音……いや、玩具と言った方が良いかのぉ」
「お前は最高のオモチャだぁ、お前と遊べるならいくらでも仕事を用意しよう」


……かしこまりました、旦那様



………


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:49:23.54 ID:6caUoKMh0


貴音「はっ!」

ガバッ

貴音「……ゆ、夢」

貴音「また……あの夢を」

貴音「……忘れたくとも忘れられない傷」

貴音「わたくしは…今まで何をしていたのでしょう……」

貴音「傷物にされ…その上から傷をつけられ」

貴音「……」ガタガタ


ガチャ

「貴音、お前に話が有る」

貴音「あっ…」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:52:09.79 ID:6caUoKMh0


「お前…961プロを辞めたんだってな」

貴音「…申し訳ございません」

「なぜ黙っていた」

貴音「……わたくしが眠るまでの間、姿を見せなかったのは」

「父親に向かってなんだぁその態度は」

貴音「……961の犬」

「……あ?おい、今何ていった?」

貴音「何も申し上げておりません」

「お前今……961の犬と言ったか?」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 00:56:58.17 ID:6caUoKMh0


「傑作だなぁ、その背中の傷を持つお前に言われるとは」

貴音「っ!?」

「ふふふ、知らないと思ってたか?俺たちが」

貴音「…」

「961を抜けたお前に我が子を名乗る資格など無い……今すぐ出ていけ」

貴音「……分かりました」

「最後に一つ…良い事を教えてやろう」

貴音「聴きたくもありません」

「……お前のその傷、つけた奴ら」

貴音「…」

「…俺の知りあ

貴音「っ!」

ダタッ

バタンッ!


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:00:07.85 ID:6caUoKMh0


「……くはははは」

「我が子ながら笑いが止まらないなぁ」

「もうお前に未来は無いんだよぉ貴音…」

「お前が受けた今までの拷問とも言える調教……」

「全てビデオに収めてるんだからなぁ」

「例えお前がアイドルになろうと、このまま普通の女になろうとも……」

「この呪縛からは逃れられないんだよぉ!!」

「……くくく」

「あははははははは!!!」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:04:19.31 ID:6caUoKMh0


響「ヴぅ…どうしよう」

響「学校を途中で抜け出したのは良いんだけど…」

響「まさか公園にあんな変なロボットが居るなんて聞いて無いさー!」

※千早が響のマイホーム(公園)でおはよう!あさごはんを熱唱していただけです

響「おかげで着替えられなかったから制服のままだし…」

響「こんな所誰かに見られたら自分…不登校生と思われちゃうぞ……」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:07:42.91 ID:6caUoKMh0


~セブンイレブン~

P「これ、メール便いけますか?」

「ペットボトルに…これは?(オエェエェッッ!くっせー!!)」

P「服とパンツです」

「は、はい…大丈夫です(うお"え"ぇえ)」

P「あっ、速達でお願いします」

「か、かしこま……っぷ」

ビチャビチャビチャビチャ

P「あー!服とパンツにはかけないでくださいよ!?大事な商品なんですから」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:11:10.18 ID:6caUoKMh0


「ありがとうございました…(二度と来んなよクソ野郎)」

P「いやぁ、亜美に感謝感謝」

P「おかげ様で200万近い大金を手に入れる事に成功したんだからなぁ」

P「……少し勿体なかったかな」

P「亜美の血便パンツ…あれだけで二年はオカズに困らなかったろうに」

P「まっ、目先の金欲しさ故の失敗かな」

P「……ん?」

P「あっ!!」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:13:58.08 ID:6caUoKMh0


響「……」

響「なんか臭いぞ」

「おーい!!」

響「なななな、なんだぁ!?」

P「おーい!」

響「くさっ!?血の臭いと別にまだ何か混じった様な臭いだぞ!?」

P「おーい!!」

響「ひいぃ!こっちに来てるぞー!」

ダタッ!


P「あっ!逃げやがった」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:17:34.99 ID:6caUoKMh0


P「……」

P「このまま奴を逃がしてしまったら」


━━━━━━━━━━━━

貴音「あなた様…わたくしは失望しました」

P「ち、違う!違うんだ!!」

貴音「…わたくしはあなた様を信じて…いたんですよ?」

P「た、貴音!」

貴音「近寄らないでください」

P「そ、そんな……」

貴音「せっかくあなた様の為に手術で処女膜を再生させたばかりでした」

P「貴音!」

貴音「近寄らないで!!」

P「貴音…」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:21:11.25 ID:6caUoKMh0


P「…」

P「だ、ダメだ!ダメだダメだダメだ!!」

P「絶対にあの沖縄娘を捕まえて貴音に献上する!!」

P「そ…そして」


━━━━━━━━━━━━

貴音「あなた様…お、おなにぃとはこの様な事を言うのですか?」

ジュプップチュッジュ

P「そうだぞ貴音!もっと激しくした方が良いと思うな!」

貴音「あぁ…あ、あなた様…め、面妖な気分でございます…んあぁっ!」

クチュッジュプップジュ

P「目の保養目の保養」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:23:44.21 ID:6caUoKMh0


P「…」プルプル

P「YES!!」

P「貴音のオナニー超みてえぇええ!!」

P「あくまでオナニーを見るってのがポイントなんだよな」

P「俺は何もしない!あくまで貴音にオナニーをさせるんだ」

P「所謂視姦って奴だな!」

P「そのまま身体も火照ってきた貴音を俺は……」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:28:11.06 ID:6caUoKMh0


P「って、早く我那覇響を捕まえないとな」

P「つーかあいつ制服着てたよな?」

P「午前中に終わるとしても早すぎるし……」

P「まぁいいや、とりあえず我那覇響を捕まえる!」

P「その後貴音に我那覇を差し出す」

P「俺はご褒美を貰う、完璧だな」

タッタッタッタッタ

P「おーい!我那覇ー!」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:31:56.85 ID:6caUoKMh0


プロデューサーが探す筈の双海真美
彼女は凄く近くに居た事を彼は知らない
なぜなら彼は真美を認識する事が出来ないのだ!

~えびす~

真美「あっ、ハラミ五人前追加」

「まだ食べるんですか」

真美「あったりまえだよ→」

真美「あっ!代金ははるるんに送りつけていてね」

「かしこまりました」

真美「それにしても亜美、いつまでトイレに篭ってんだろ」モグモグ


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:36:05.20 ID:6caUoKMh0


一方、亜美はと言うと


亜美「……スタ→トスタ→」

ビチビチビチビチビチビチ

亜美「あ"→→もう痛く無いかも→→」

ブリュレブリュレブリュレブリュレ

亜美「兄ちゃん…結局助けてくれなかったなぁ」

亜美「…んっ」

ブベベベベベ

亜美「はぁ…止まらないよぉ」

亜美「もう痛くは無いんだけどなぁ→→」

亜美「あ"→→→→→」

ブリュッベッベッベ


己の限界を超え、下半身が麻痺していた


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:39:04.75 ID:6caUoKMh0


響「……」

響「なんとかまけたぞ」

響「しっかしなんなんだあいつは…」

響「すっごく臭かったさー!」

響「自分、鼻が曲がるかと思ったぞ」

響「でも……自分の名前呼んでたような」

響「……いやいやいや!あ、あんな奴こっちから願い下げだぞ!」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:42:09.16 ID:6caUoKMh0


━━━━如月千早━━━━

彼女が765プロを辞めた理由
プロデューサーが周りの事を見ていなかった、アイドル達を理解しようとしなかった
それが非常に悔しく、腹が立ち皆と共にアイドルを辞めた




それはあくまでも建前
本当はこうなのです



クチュクチュックチュ

千早「んはあぁ!ぷ、プロデューサーのが私の肛門にはいってるうぅう!」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:44:40.86 ID:6caUoKMh0


千早「はぁはぁ…な、なんでですかぁ?」

ジュプッジュプップ

千早「んはぁっ?!」

千早「どうして私を見てくれなかったんですかぁ!?」

ジュリュップッジュリュ

千早「んあぁ!こ、肛門!!肛門に肛門!!」

ッジュプップリュッ

千早「プロデューサー!なんで私を見てくれなかったんでっんはあぁあ!」



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:51:05.36 ID:6caUoKMh0


如月千早…通称オナニーマスター
彼女はプロデューサーにここ数年間全く自分を見て貰えて無かった
それを妬み、それが憎悪に変わり、プロデューサーにぶつけてしまった


彼女はそれを凄く後悔していた
なぜあの時、私だけを見てくださいと言えなかったのだろう……
どうしてプロデューサーの元から離れたのだろう……と


そんな彼女は我那覇響のマイホーム(公園)で彼を想い、自慰に惚けていた。


千早「んっんあっ……っくぅ」

割り箸を半分に折りゴムで固定、その上から大量のトイレットペーパーで割り箸を包み、それをゴムで固定

擬似プロデューサーのおちんぽの開発に成功した彼女は…さっそく自分のお尻を犯していた


千早「んあー」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:54:50.29 ID:6caUoKMh0


千早「はあぁ…っはぁ…」

千早「す、凄いわね…」ピクピク

千早「でも…もう少し刺激が欲しいわ」

千早「何か無いかしら」キョロキョロ


そこで彼女が見つけたのが便器の水を流す手動型の取っ手である(あの銀色のやつ)

千早「…」ゴクリ


さっそく彼女はその取っ手に自分のお尻を近づける


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 01:57:53.68 ID:6caUoKMh0


千早「ふぅ…ふうぅ…」

ググッ

悲しいわね、こんなのプロデューサーのおちんぽじゃないわ
でも、私の妄想力を舐めないで…
瞳を閉じて、君を描くよ

千早「そーれだーけでー」

千早「……」

ジュポッ!

千早「いぃっ!これ凄くいい!!」


彼女はこの日、運命の出会いを果たす


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 02:02:36.22 ID:6caUoKMh0


「千早…気持ちいいかい?」

千早「は、はい!気持ちいいです!気持ちいいっん!!」

自らの腰を使い、ピストンを開始する如月千早。
彼女の上の口と下の口が絡み合い絶妙なハーモニーを奏でる


今、この瞬間、この場(トイレ)は彼女にとって最高の舞台へと生まれ変わる


「うぐぅ…す、凄い締め付けだ」

千早「はいぃ!プロデューサーの為にいっぱい締め付けますっやあぁ!」


聞こえる筈の無い彼の声を彼女は聞く
居もしない筈の彼を彼女はその場に出現させる


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 02:06:30.74 ID:6caUoKMh0

馬鹿らしい何書いてんだろ
すみません、宜しければ30分程保守して貰っても宜しいでしょうか。すみません


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 02:28:54.71 ID:6caUoKMh0


~コンサート会場~

P「うわぁ…っかしいなぁ」

P「我那覇響を追いかけて来たのは良いんだけどさ…」

P「何故かコンサート会場に来てしまった」

P「あははは!道に迷っちゃいましたぁ」

P「……」

P「どうせだしみて見るかな、ちょうど今から開始じゃん」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 02:31:34.23 ID:6caUoKMh0


P「…」スタスタスタ

「どうしてあなたがここに居るんですか?」

P「…メガネか」

律子「本当にクビにしますよ?」

P「おーやれるもんならやってみろや」

律子「…」カチャ

P「な、なんだよそれ…」

律子「拳銃ですけど」

P「本物……だ

バーンッ!

P「うひぃい!?」

律子「…分かりました?」

P「すみませんすみません」


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 02:34:02.75 ID:6caUoKMh0


律子「私達位売れると発砲許可が出るんですよ」

律子「まっ、あなたは一生売れない無能プロデューサーとして頑張ってくださいね」

P「……メガ

バーンッ!

P「……」ガタガタガタガタ

律子「次は外しませんから」

P「は、はひ…」

律子「で、何の様ですか」

P「いや…たまたまここに来たから見て行こうかなと……」


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 02:36:37.67 ID:6caUoKMh0


律子「竜宮小町をですか?」

P「いや…別に竜宮小町はどうで

バーンッ!

P「ぎぃやあぁああ!!」

律子「へー、あなたの太もも位なら缶詰出来るんですね」

P「がっ……はっ…」プルプル

律子「で、私達の活躍を見に来たと」

P「………ちが

バーンッ!!!

P「みぎいぃい"!!」

律子「右肩を撃ち抜きました」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 02:39:43.68 ID:6caUoKMh0


P「こっ……ほっ…」ピクピク

律子「特別に私達の楽屋に連れて行ってあげます」

P「……」

バーンッ!!

P「そんなあぁああ!!」

律子「私、無視されるの大嫌いなんで」

律子「左肩も撃ち抜きました」

P「ほっほ……ほほ…」ピクピク

律子「ではついてきてください」

P「……」

バーンッ!!!

P「今言おうとしたじゃですかぁああ!」

律子「遅い…右の耳たぶ、消し飛びましたよ」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 02:41:43.48 ID:6caUoKMh0


P「…」ヨタヨタ

律子「それにしても…」

律子「あなた少し臭過ぎませんか?」

P「さっきちょっとな」

律子「血と…生ゴミ?みたいな臭いがしますよ」

P「臭くて結構」ヨタヨタ

律子「そういえば、亜美、見つかりましたか?」

P「あぁ、見つけた」


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 02:44:32.22 ID:6caUoKMh0


律子「…」チャキ

バーンッ!!!

P「ぐぎぃがあぁあ"!!」

律子「私言いませんでしたっけ?見つけたら連絡しろと」

P「…はっ…はあぁ…は、はい」プルプル

律子「まぁ今日は仕方ないですね、どのみち間に合いそうにありませんし」

P「…」

律子「は?」チャキ

P「な、なにもいってな

バーンッ!

P「もんげえぇ"えっ!?」

律子「キモい面晒さないでください」


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 02:46:57.38 ID:6caUoKMh0


P「……」ピクピク

律子「臭いわキモいわで本当あなたは人間の屑ですね」

P「ごめ…」

律子「まぁ我慢してあげます」

律子「その代わり……」チャキ

P「ひいぃっ!!」

律子「左ポケットに有るゆうちょ銀行のカード、私によこしなさい」

P「な"っ!?」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 02:49:13.94 ID:6caUoKMh0


P「なんでだよ!(この中には亜美の血便で稼いだ200万近い金が入ってるんだぞ)」

律子「出さないと殺しますよ」

P「……」

律子「あ?」チャキ

P「すみません…」スッ

律子「最初から大人しく渡せば良かったんですよ」

律子「えっと……」

バーンッ!!

P「な"んでぇえ!!」



188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 02:52:09.54 ID:6caUoKMh0


律子「暗証番号を私に教えなさい」

P「いっつ…」ピクピク

律子「教えないと心臓を撃ち抜きますよ?」

P「わ、分かったから銃を下ろしてくれ」

律子「教えてくれたら下ろします」チャキ

P「……081181」

律子「は?」

P「081181」

P「……おっぱいいっぱ

バーンッ!!!

P「ぐぎやぁぁあああ!!」

律子「変態が」


359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 17:43:45.49 ID:2yYHUcm/0


P「なんで貴音が居るの?」

P「まだ昼間だぞ…何してんのさ」

貴音「すみません…」

貴音「朝、家を飛び出し今までずっと探しておりました……」

P「誰を?星井美希と我那覇響は学校だぞ?」

P「あっ!!そういえば我那覇ひ

貴音「あなた様を…」

P「びきを……」

P「…お、俺を?」

貴音「…」


361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 17:47:09.94 ID:2yYHUcm/0


P「……あー」

P「アレだったよな、お前金持ってなかったんだっけ」

貴音「あの…そういう意味では」

P「俺もまだ食べてないしさ、喰いに行くか?」

貴音「…」

P「あれ?行かない?」

貴音「いえ…お供させていただきます」

P「硬いなぁ……まぁ良いけどさ」

P「じゃあ何か食べたい物でもあんの?」

貴音「わたくしは何でも」

P「一番困るね…それが」


363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 17:50:01.90 ID:2yYHUcm/0


P「そういえばさ」

貴音「はい?」

P「見つけたぞ、我那覇響」

貴音「響をですか…」

P「あれ?あんまし嬉しそうじゃないな」

貴音「それは……」

貴音「今は学校な筈、あなた様が響を見かけたのはいつ頃ですか?」

P「あははは……うん、多分あいつ学校サボったな」

P「見つけたのは数時間前だから」

貴音「やはり…」


364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 17:53:12.91 ID:2yYHUcm/0


P「やはりって……あいつ学校でよく無い事が有るとか?」

貴音「響は人との付き合いが苦手な子です…」

P「お前は得意だよな」

P「裸の付き合いがww」

貴音「…」

貴音「ぅっ……うぅ…」プルプル

P「うおぉいっ!?ウソだって!だから泣くなよ馬鹿!」

P「アメリカジョーク!だから泣くな」

貴音「……」



367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:00:45.21 ID:2yYHUcm/0


P「と、とりあえずご飯食べに行こう」

P「っな?」

貴音「…酷いです、あなた様」

P「す…すまん」

貴音「…」

P「お昼食べに行こうか」

貴音「少し気分が優れません…」

貴音「あなた様のせいです」

P「……ごめんなさい」


369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:04:20.71 ID:2yYHUcm/0


~その頃~

ブロロロロロッ!

やよい「うっうー!歩道を爆走するの楽し過ぎDeathー!」

やよい「避けないと引いちゃいますよー!」

やよい「うっうー!!」

ブオォオオンッ!

やよい「そろそろかすみも解体されたころですね」

やよい「……」

やよい「早く取りに行かないと腐っちゃいます」

やよい「早く港に行きましょー!」

ブオォオオンッ!!

やよい「うっうー!」


370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:06:20.60 ID:2yYHUcm/0


伊織「あぎいぃ"!?」

伊織「虫がぁあ!か、身体の中に入ってくる?!」

伊織「あぁあ"っがぁ"!!」

伊織「いやぁ"!はい"ってごないでぇ"!!」

伊織「はぁ"あぁっ!!」


ブロロロロロッ!

やよい「うっうー!」

伊織「虫ぃい"!」


373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:09:14.70 ID:2yYHUcm/0


やよい「ヴっ!?」

ドスンッ!

やよい「わわっ!?」

ブロロロロロッ!

やよい「何か引いちゃいましたぁ…」

やよい「……まっ!そんなの関係無いですー!」

ブオォオオンッ!

やよい「かっすみー待ってて下さ~い!」


374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:11:39.87 ID:2yYHUcm/0


伊織「がっ……はっ」ピクピク

伊織「…ぁ"」

伊織「虫が……消えた」ピクピク

伊織「か、身体が楽だわ…」

伊織「気持ち悪くも無いわね……な、なんでかしら」

伊織「さっ…さすがはスーパーアイドル…」

伊織「みっ、水瀬伊織……ちゃっ…ん」

伊織「ねっ………」

伊織「…」


377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:14:01.08 ID:2yYHUcm/0


~港~

キキッ!

やよい「…着きましたよ」

「お待ちしておりました」

やよい「かすみは何処ですかぁ?」

「あちらに…」

やよい「だったらここに黒猫クール便で送っといてください」

「……かしこまりました」

「やよい様…わたくし共はいつでもお待ちしております」

やよい「はい、わかりましたー!」


379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:19:26.76 ID:2yYHUcm/0


P「やっぱり昼は牛丼に限るな」

貴音「牛丼…」

貴音「わたくしはあまり好きでは…」

P「ヴぐぐ、何処でも良いっていったのは貴音だろ?」

貴音「…すみません」

P「そんなしょぼくれた顔するなよ…ムラムラするだろ」

貴音「ムラムラ…?」

P「なんでもない……ほらっ、入るぞ」

貴音「あっ、待ってください」


380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:21:48.21 ID:2yYHUcm/0


ガチャ

「いらっしゃいませー」

P「げっ」

春香「プロデューサーさん?」

真「…最悪だよ」

貴音「……響」

貴音「響!?」

響「んあっ……た、貴音?」

響「それに…あ、あー!!」

P「あっ、我那覇響」

響「さっきの臭いストーカー!」

P「もう臭く無いだろ!」


383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:26:01.27 ID:2yYHUcm/0


春香「なんでこんな所に居るんですか」

P「その言い方はおかしいだろ…」

真「春香、行こうよ!」

真「こんな奴と同じ空間に居たく無いから」

P「だったら早く出ていけよ女装野郎」

真「んだとぉ…」プルプル


貴音「響、学校はどうしたのですか」

響「あうっ…そ、それは」


384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:29:13.02 ID:2yYHUcm/0


真「表に出なよ」

P「…良いぜ、ぼこぼこにしてやる」

春香「うふふ、面白そう…私もいこーっと」

「あああ、あの!お代は」

真「黙ってろ!」

「すすすみません」

バタンッ


貴音「…良かった」

響「た、貴音?」

貴音「ようやく会えました…」

響「ど、どうして泣いてるんだ?」

貴音「いえ…なんでもありません」


390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:32:48.57 ID:2yYHUcm/0


貴音「それで…美希は大丈夫なのですか」

響「うん、美希なら心配無いさ~」モグモグ

響「自分、今日から美希の家にお世話になる事になるんだ」

貴音「……やはり何も残って無かったのですね」

響「…うん」

貴音「そうですか…」

響「で、でも自分…もう大丈夫だから」

貴音「……響、嘘はいけませんよ」


391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:35:15.15 ID:2yYHUcm/0


響「う、嘘じゃないぞ!」

響「美希の家にお世話になって、また美希と一緒に頑張って行くんだ!」

貴音「……変われるのですか?」

響「えっ」

貴音「それで変われるのなら構いません」

貴音「しかし……」

貴音「今の響を見ていると心配で仕方ないのです」

響「……貴音」


395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:39:58.53 ID:2yYHUcm/0


P「……」ピクピク

真「腕の一本で許してやるんだ、ありがたく思ってよ」

真「本当なら殺してやりたいんだけど…」

真「その前に雪歩の前で土下座してもらわないとボクの気がすまないから」

春香「真つっよーい!」

真「ボク達の牛丼代、払っといてくださいね」

P「…へっ、誰が払うかよ」

真「……」スッ

メキャッベキッ!!

P「んがあぁあ"!!」

真「春香、行こっ」

春香「プロデューサーさん、また明日」


397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:42:30.15 ID:2yYHUcm/0


P「ぐっふぅ…」

P「い、痛い……痛いよ」ピクピク

P「……女装野郎、まじFuck」

スタタタタタッ

真「あぁああ"ぁ"!!」

バキッ!ベキッ!

P「みぎぃいぃ"ぎゃあぁ"あ"」

真「……ぺっ」

P「ぅっぐ…」ピクピク

真「次何か言ったら脊髄引きずり出しますよ」


398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:44:28.67 ID:2yYHUcm/0


P「…はぁっ……はあぁ」

P「うっぐ…」

P「と、とりあえず貴音の所に行かないと」ピクピク

P「我那覇響も一緒なんだ…」

P「貴音からのご褒美貰わないと……」

P「ははっ…どうせならブラジャーかパンツが良いな」

P「…ぐひひ」


401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:49:38.34 ID:2yYHUcm/0


P「…た、ただいま」

貴音「響…あなたは美希に甘えています」

響「それは…」

貴音「あなたはもう一人で歩いていける筈…」

貴音「なのに美希に縋り、美希の弊害になっている事にどうして気づけないのですか?」

響「……わかった様な口、聞かないでほしいぞ」

貴音「いいえ、わたくしは嘘は言いません……間違っているのは響」

貴音「あなたの方です」

響「貴音には昨日の出来事…知らないから」

響「自分と美希の間に」

響「……入ってきてほしくないぞ」

貴音「っ!?」


402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:52:53.98 ID:2yYHUcm/0


P「あれぇ…なにこのシリアスな雰囲気」


響「貴音は961プロでやっていけば良いさ」

響「自分は美希と一緒に歩いて行くって決めたんだ…」

響「もう、仲間面しないでほしいさぁ」

貴音「なっ…」

響「貴音は貴音でやっていけば良いんだ」

響「だから…だから」

響「もう自分達には関わってほしく無いぞ!!」

響「もう貴音は自分達とは他人なんだから!」

貴音「わっ…わたくしが……」

貴音「他人…」


404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:56:52.39 ID:2yYHUcm/0


響「そうだぞ!」

響「961プロでアイドルやってる時もそうだった!!」

響「執拗以上に自分達に近づいてきて!」

響「……自分、すっごく迷惑だったんだぞ!?」

響「た、貴音だって自分の事考えた事あるのか!?」

貴音「ひっ、響…」

響「どうせ無いんだ!有る筈無いぞ」

響「……もう貴音の顔なんて見たくない」


408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 18:59:52.13 ID:2yYHUcm/0


貴音「響、わ、わたくしは」

響「店員さん、お会計…」

「あっ、は、はい」

貴音「響!」

響「うるさいぞ……」

響「四条」

貴音「ぁっ…」

響「…もう他人なんだ、だから名前で呼ばない」

響「だから自分も名前で呼ばないでほしいさぁ」

貴音「響!わたくしが悪いなら謝ります、だ、だからっ!だから!」

響「我那覇……自分の名字だぞ」

貴音「……」


411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:02:37.97 ID:2yYHUcm/0


「ちょうど…お預かりします」

響「…」

スタスタスタ

P「お、おい」

響「なんだ?変態ストーカー」

P「お前…貴音を見捨てるのかよ」

響「見捨てる?意味が分からないぞ」

P「……いや、なんでもない」

響「だったらどいてよ、ドアの前に立たれちゃ邪魔だぞ」

P「悪い…」

バタンッ


414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:06:26.81 ID:2yYHUcm/0


貴音「……」

P「貴音」

貴音「わたくしは……」

貴音「今…全てを失いました」

貴音「家族も……仲間も…友達も」

貴音「……あなた様」

貴音「もう……いいです」

P「良いって、何がだよ」

貴音「短い間でしたが…ご迷惑をおかけしました」

P「おい、まだ星井美希が居るだろ」

P「我那覇響を説得出来なくてもまだ星井美希が」

貴音「もう良いのです…もう」


416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:10:03.39 ID:2yYHUcm/0


P「…」

貴音「すみません」

貴音「お願いです……」

貴音「もうわたくしに構わないでください」

P「……」

貴音「わたくしは…わたくしは」

P「これっ」スッ

貴音「…何ですか、コレは」

P「黙ってて悪かった」

P「俺さ、765プロでプロデューサーやってんだ」

P「……渡したからな、こいよ」


バタンッ


418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:12:45.66 ID:2yYHUcm/0


貴音「…765プロ」

貴音「……聞いた事が有ります」

貴音「竜宮小町…」

貴音「わたくし達がまだ961でアイドルをやっていた時に……」

貴音「あそこのプロデューサーだった…」

貴音「……」グッ

貴音「神様はまだ…わたくしを見捨てて無かった」

貴音「もう一度、アイドルに…」


420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:16:50.78 ID:2yYHUcm/0


P「うわ…」

P「あいつ走って出て行きやがったな」

P「でも貴音と約束しちまったからなぁ」

P「頑張って探しますか!」

~?

P「……律子からか」

P「はいはいもしもし」

律子『死んでください』

P「はぁ!?急になんだよ」

律子『伊織、あなたに任せた筈ですが』


421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:19:09.56 ID:2yYHUcm/0


P「……う、うん」

律子『任せた筈ですが?』

P「はい…任されました」

律子『伊織……今病院ですよ』

P「……た、倒れてか」

律子『いいえ、バイクに引かれました』

P「な"っ!!」

律子『あなたのせいですよ』


423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:22:30.74 ID:2yYHUcm/0


P「バイクに…」

律子『内臓がぐちゃぐちゃみたいですね』

P「…」

律子『伊織…手術を受ける前までずっとあなたの名前を呼んでたみたいですよ?』

P「屑ってか」

律子『あなた、伊織を放ったらかしにしたらどうなるか分かってましたよね?』

P「……はい」

律子『今すぐ病院に行って伊織に会いに行ってください』

P「ら、ラジャー」


425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:24:47.32 ID:2yYHUcm/0


P「マジかよ…」

P「伊織の奴……俺の名前を」

P「……」

P「うわぁ、貴音もあんなだし伊織は死にかけだし…」

P「どっちに行けば良いんだよ…」

P「………」

P「と、とりあえず伊織に会いに行かないとな」

P「クビになんてなりたくないし」


429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:28:40.65 ID:2yYHUcm/0


~病院~

P「えっと、水瀬伊織の病室は」

「あっ、0213号室ですね」

P「ありがとうございます」

P「…」

P「今日中に我那覇響をどうにかしなきゃいけないってのに…」

P「伊織には5分位顔出して速攻で病院を出よ」

P「そして我那覇響を探しに行けばいいかな」


431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:31:53.58 ID:2yYHUcm/0


ガチャ

P「うっす…」

伊織「…」

P「良かった、まだ意識を取り戻してないな」

P「それじゃあな、伊織」

伊織「……って」

P「えぇ…なんで意識取り戻すんだよ」

伊織「…まって」

伊織「ま、待ちなさいよ……」

P「おいおい、無理に動くなよ、死ぬぞ?」


433: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:35:26.64 ID:2yYHUcm/0


伊織「お願い……」

伊織「一人にしないっ…で」

P「えっと、ここの管から血液を送ってるんだな」

伊織「はっ…ハァ…」

伊織「私を……だ、抱きしめな…っさい」

P「あっ!ここの機械の電源落とした方が早いかな」

伊織「…屑……おねがっ

ブチッ

ガタン

P「じゃあな~俺は我那覇響を探しに行くから」

スタスタスタ


436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:38:29.91 ID:2yYHUcm/0


P「ばいばい…伊織」

P「伊織なら大丈夫、こんなんじゃ死なないよ」

P「……」

P「さて、我那覇響を探しますか」

P「貴音からのご褒美もまだ貰って無いしなぁ」



438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:41:53.15 ID:2yYHUcm/0


~公園~

響「…」

響「貴音…自分、自分…」

響「ち、違うぞ!悪いのは全部貴音だぞ」

響「突然会ったと思ったら自分の悪口しか言わないし!」

響「そりゃあ貴音はまだアイドルだからあんな事言えるんだ!!」

響「自分達の気持ちなんてこれっぽっちも考えて無い最低な奴だぞ!」

響「……」

響「名前を呼ぶなは良い過ぎたかなぁ…」


439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:44:53.13 ID:2yYHUcm/0


響「…貴音は自分の事どう思ってたのかな」

響「会った時……貴音、泣いてた」

響「う、嬉しかったのかな」

響「……自分は嬉しかった」

響「でも…あんな言い方無いぞ」

響「あんな言われ方したら誰だって怒るさぁ…」



んあー

響「……ん?」


445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:50:00.91 ID:2yYHUcm/0


千早「はぁはぁ……」

千早「も、もう無理ね…」

千早「銀メッキが剥がれ落ちてしまってるわ」

千早「やり過ぎたかしら」

千早「……剥がれる」

千早「…剥ける?……プロデューサーが剥ける?」

千早「……」ゴクリ


447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:52:52.47 ID:2yYHUcm/0


響「トイレから聞こえた様な」

プロデューサー!プロデューサー!!

響「や、やっぱりトイレから聞こえるぞ」

ムケタプロデューサーノオチンポスゴイッ!!スゴイデスッ!

響「な、なんか呪文が聞こえる」

響「こ、恐いけど…」

響「やっぱり気になるさ」

スタスタスタ


450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:56:25.67 ID:2yYHUcm/0


~トイレ~

千早「ぷ、プロデューサーっぁっああ!?」

千早「もうっ、もうっ!!」

響「…間違いなくここだな」

千早「いっ!?いっきっまっ!!」

ガチャ

千早「んんんん!!!んあー」

響「……えっ」

響「へ、変態が居るぞ…」

響「自分のお尻にトイレの水を流す取っ手を……」


452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 19:58:20.48 ID:2yYHUcm/0


千早「……」

響「…」

千早「見たの?」

響「み、見たも何も…今自分の目の前に」

千早「見たのね」

響「へ、変態だぞ…」

千早「私とプロデューサーのセックス……見たのね」

響「へっ!?一人しか居ないぞ?」

千早「……」


453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:01:29.35 ID:2yYHUcm/0


千早「あなた…名前は」

響「その前に床に置いてる服…着てほしいさぁ」

千早「…」

響「な、なんでお尻に刺したのを抜かずに服を着てるのさ……」

千早「あなた、名前は」

響「そっ、そっちこそ」

千早「言えるわけ無いわ…言ったら私の人生が終わるから」


457: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:05:30.23 ID:2yYHUcm/0


響「だ、だったら自分も言わない」

千早「そう…」

響「……そ、それじゃあ自分、行くから」

千早「駄目よ」

響「え"っ」

千早「このまま返すと思った?」

響「……」

響「あっ!お、思い出した!」

響「あの時のロボット!」

千早「……そういうあなたはあの時の」


460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:08:24.43 ID:2yYHUcm/0


P「っと、とりあえず病院から出たのは良いが…」

P「どこ行こうかなぁ」

キャーッ!!

P「んむ!?」

患者が窓から落ちたぞー!!

P「……はっ!?あ、あれは伊織」

P「最上階から落ちてるな~」

ヒュウォオオオ

ベッ

P「あっ、床とキスした」

P「……とりあえず見に行くか」

タッタッタッタ


465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:11:40.06 ID:2yYHUcm/0


伊織「…」ピクピク

P「うっ…腕が反対方向に曲がってる」

伊織「……ぁ」

P「ひっ!?」

伊織「ぁあ"ああ"!!」

ガバッ

P「ひぎいぃい"!!」

P「………あれ?」

伊織「ぅう…さ、寂しかった!寂しかったんだからあぁ!!」

伊織「あ、アンタ!私の様子を見に来たと思ったらすぐ帰っちゃうから私……」

伊織「アンタを追いかけたくて…」

P「だ、だからって窓から落ちなくても」


467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:14:34.29 ID:2yYHUcm/0


伊織「だって…だってそうしないと追いつけないじゃない!!」

P「顔を(血で)真っ赤にして言うなよ」

伊織「うぐぅ…も、もう絶対離さないんだからぁ」グッ

P「病んでるとかそんなレベルじゃ無いな…」

伊織「……ふわぁ」

P「お、気失った」

伊織「…」

P「しょうがない、伊織を連れてくか」


水瀬伊織が仲間になった


472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:18:20.62 ID:2yYHUcm/0


響「へぇ、千早っていうんだな」

千早「まさかあなたがあの961プロの我那覇響だなんて」

響「……もうアイドルじゃ無いさぁ」

千早「えっ?」

響「昨日、クビになっちゃって…」

千早「我那覇さん…」

響「響で良いぞ」

千早「我那覇さん…」

響「……なぁ千早」

千早「どうしたの?我那覇さん」

響「いい加減お尻に入れたやつ取るさぁ」

千早「駄目よ、今拡張中だから」


478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:21:24.23 ID:2yYHUcm/0


響「拡張中?」

千早「えぇ…」

グジュッヌプッ

千早「んぁあっ!!」

響「き、気持ち悪いぞ」

千早「が…我那覇さん」

響「どうした?千早」

千早「握り拳を作ってくれないかしら」

響「へっ?……う、うん」

千早「……小さいわね」

響「ち、小さいって言うなー!」


482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:25:13.85 ID:2yYHUcm/0


千早「いいえ、その小さが良いの」

響「自分…いつまでたっても小さいままだから小さいって言われるのが嫌なんだぞ」

千早「……」

ニュップ

千早「ん"っ!」

響「……うわぁ、その取っ手…茶色だぞ」

千早「仕方ないわ…私のうん◯が付着するのは必然だったから」

響「千早が分からなくなってきたぞ」

千早「ねぇ我那覇さん、もう一度握り拳を作ってくれないかしら」

響「……はい」

千早「…大丈夫、今の私の穴なら入るわね」

響「へ?」


483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:25:52.98 ID:NXRIsYh/0

P  →屑
伊織 →ヤンデレ屑
あずさ→おっとり屑
春香 →アル中屑
真  →おすピー屑
雪歩 →スコップ屑
響  →ぼっち屑
律子 →エビフライ屑
真美 →カルビ屑
亜美 →全自動うんこ精製機
千早 →オナニーマスター
BBA →被害妄想&床拭き屑
やよい→ヒャッハー!!

純粋なのは貴音と美希と社長だけか…


484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:28:09.31 ID:2yYHUcm/0


千早「我那覇さん、目を閉じてくれない?」

響「な、何する気さぁ」

千早「大丈夫……私を信じて」

響「……千早なら、大丈夫かな」

響「…わ、分かった」

千早「ありがとう我那覇さん」

響「そ、そんなに褒められたら自分…照れちゃうぞ」

千早「握り拳を作ってる腕を曲げてくれる?」

響「う、うん」


487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:31:36.13 ID:WBFo/7Uy0

こんなに屑の多いSSみたことねぇ


488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:32:20.88 ID:2yYHUcm/0


千早「その場で体育座りしてくれない?」

響「……」スッ

千早「ありがとう」

響「つ、次は何をすれば良いのかな」

千早「我那覇さん?」

響「人に頼られるのって久しぶりだから自分、嬉しくて」

千早「……握り拳を作ってる腕に力を込めて」

響「だぞ」グググッ

千早「我那覇さん、あなたに触れるけど良いかしら」

響「うん、千早だから変な事しないって信じるさ」

千早「…」ゾクゾクゾク


489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:32:21.81 ID:tHeVkZPu0

なんでだろうな……
俺、今まで伊織が苦手だったのに
このスレ見てから
伊織にときめいてる俺がいる


491: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:36:15.28 ID:2yYHUcm/0


千早「我那覇さん、絶対に目を開けては駄目」

響「うん!分かった」

千早「ふうぅー……」

千早「…」スッ

グググ

響「わわっ!?な、何か右手に入って来るぞ!!」

千早「はぁ…だ、大丈夫よっ……へぇ…はぁ…」

グググッ

千早「んんあぁっ!!」

響「ち、千早!?な、なんか自分の右手が熱いぞ!?」


494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:40:01.54 ID:2yYHUcm/0


千早「ぷ、プロデューサー!」

響「プロデューサー!?プロデューサーって誰だぞ!?」

千早「い、いきますっ」

千早「……ハジマル」

ニュプププッ

千早「んはぁっはあぁあ"!!」

響「ち、千早!右手がおかしくなりそうだぞ!!」

千早「か、我那覇さん!もっと低い声で私を呼んで!!」

響「えっ?えっ!?」

千早「オネガイ」

響「……ち、千早(低音)」

千早「そうっ!い、いいです!プロデューサー!」

響「だからプロデューサーって誰なんだ!」


495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:42:42.62 ID:2yYHUcm/0


千早「が、我那覇さん、拳を引っ張って…はぁ……っ」

響「わ、わかった!」

ヌュプッププ

千早「んんん!んあっんあっ」

響「ち、千早!?く、苦しいのか!?」

千早「ひ、低い声で!!私を呼びながら思いっきり突いて!!」

響「……」

響「ち、千早(低音)」

ズップッ!

千早「!?!!??!」


んあー


496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:42:51.72 ID:9Xyp+XZP0

……ハジマル












じゃねぇよ


499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:45:16.91 ID:2yYHUcm/0


伊織「……んっ」

P「起きたか?伊織」

伊織「ここ…」

P「俺の背中の上だよ」

伊織「……ぁ"」

伊織「あ"ぁ"ああ!!背中じゃいやあぁあ!!」

伊織「前じゃないと駄目なのぉ"お"お!」

伊織「あがぁ"あ!む、虫がぁっ!虫が右腕にぃい"」

P「……黙ったらキスしてやるぞ」

伊織「……」


501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:46:22.25 ID:WBFo/7Uy0

ドラッグって演技じゃないのか


503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:47:48.85 ID:2yYHUcm/0


P「お前…俺に触れとけば何処でも良いんだろ」

伊織「……」

P「対人恐怖症と麻薬中毒は本当なのは分かった」

P「お前が俺を人間として見てないのも分かった」

伊織「だってアンタ屑じゃない」

P「あぁ、俺は屑だよ」

伊織「……で、キスは?」

P「俺は屑だからな」

伊織「……」

伊織「あ"ぁあ"ァ"ああ!!」


506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:51:53.51 ID:2yYHUcm/0


P「なぁ伊織」

伊織「右腕にぃい"!!」

P「お願いが有るんだけどさ」

伊織「ひぃ"あい"身体に蛆がわいてるぅ"う"!!」

P「車買ってくれたらお前と同棲してあげる」

伊織「1000万位しか引き出せないけどいい?」

P「ありがとな、伊織」


508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:55:23.09 ID:2yYHUcm/0


「ありがとうございました」

P「いやぁ…春香に盗まれて金が無かったからちょうど良かった」

伊織「で、早くアンタの家に連れて行きなさいよ!」

P「少し待ってくれないか?」

伊織「……騙したのね」

伊織「…ぁ"」

伊織「あ"ぁア"ぁ

P「ほらっ、俺のハンカチだ、吸ってろ」

伊織「すうぅー」


513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 20:58:34.54 ID:2yYHUcm/0


~車内~

伊織「で、我那覇響って子を探せばアンタの家に行けるんでしょ?」

P「まぁ…な」

P「つーかハンカチ顔に当ててちゃ前が見えないだろ」

伊織「これを顔に当ててると薬使ってる時みたいにふわふわするの」

P「普通のハンカチなんだけどなぁ…」

伊織「…屑のハンカチは大麻と同じなのよ」

P「つーか腕も治さないとな、左腕ヤバい方向に曲がってるもんな」


514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:00:04.45 ID:9Xyp+XZP0

早くMAXコーヒーかけろ


515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:00:23.13 ID:7/g3wTvJ0

早くMAXコーヒーを伊織に!


518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:01:14.82 ID:2yYHUcm/0


千早「はぁ…はぁ…」

響「ち、千早…右腕が凄く熱くて変になりそう……」

千早「が、我那覇さんがしたいようにすればいいわ……」

響「ヴぅ……」

ヌュプッププ

千早「をぉんっ!!」

響「だぞ!」

ズップッ!

千早「んあー!」

響「ふぅ」

ニュプププッ

千早「ひぅっ!」

響「だぞ!!」

ズップッ!

千早「んあー」


521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:04:10.69 ID:2yYHUcm/0


千早「プロデューサー!もっ、もっとくだひゃひぃ!」

響「自分は……」

ニュプププ

千早「をほぉお"!?ぬ、抜かないでくだひぁい…ぷ、プロデューサー!」

響「プロデューサーじゃ」

響「ないぞ!!」

ズップッ!!

千早「んあー!」

響「プロデューサーって誰なのさー!」

ニュップズップッニュップズップッ

千早「んあーをあーんおーんあー」


523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:07:15.28 ID:2yYHUcm/0


美希「それじゃあみんな、また明日なのー!」

「じゃあね美希!」
「また明日ね!」
「それにしても勿体無いなぁ、アイドル辞めちゃうなんて」

美希「ミキ、後悔してないよ」

美希「だってこうやって皆といっぱい話せるんだもん」

「あははは、美希らしい」
「それじゃあまた明日も学校で会おうね」
「学校で会おうね!」

美希「うん!それじゃあね!」


美希「……さてと、響の所に行かないと」


525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:10:30.13 ID:2yYHUcm/0


美希「響、携帯壊しちゃったから連絡とれないし…」

美希「かといって何処に行ったかも分からないの」

美希「……やっぱり響が通ってる高校に行くしかないのかなぁ」

美希「うーん…ちょっと恐いけど仕方ないか……な」

「あの、み、美希さん!」

美希「ん?あっ、同じクラスの」

「お、俺と付き合ってください」

美希「ごめんなさい、ミキ、好きな人いるから」


529: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:15:11.82 ID:2yYHUcm/0


~車内~


P「……ん?」

伊織「どうしたのよ屑」

P「ハンカチ返せ」バッ

伊織「んがぁ"あ!!左胸にクモがぁあ"!!」

伊織「いやぁ'"ああ!!乳首に蜘蛛の巣つぐられてるぅ"うう!!」

P「あれ…雪歩じゃねぇか」

伊織「ぁあ"あぁ"!!右胸にとどいてるぅう"!!」

P「…」

ムニュムニュ

伊織「あっ…」


533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:17:46.07 ID:2yYHUcm/0


P「どうして雪歩が」

ムニュムニュ

伊織「んっ…ぁっ」ピクッ

P「うーん……あの時は良い過ぎたからなぁ」

伊織「…やぁっ…あっ」

P「でもなぁ…下手に刺激したらあの餓鬼恐いからなぁ」

伊織「んぁっ」

P「自分以外の胸揉んだの久しぶりだったな」

P「はい、ハンカチ」

伊織「すううぅー」


535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:21:07.30 ID:2yYHUcm/0


P「ほらっ、俺の上着かしてやるから車で待ってろ」スッ

伊織「んふうぅ!」

P「早速顔に包んでるし」

伊織「~~」ジタバタ

P「自分のクビ締めて死ぬんじゃないぞ」

伊織「すうぅー」

伊織「は、早く帰ってこないとクビだからね!」

P「…はいはい」

バタンッ


537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:24:33.92 ID:2yYHUcm/0


雪歩「あと8本しかないなぁ」ガサガサ

雪歩「うまい棒…」

P「よおクソ餓鬼」

雪歩「……」カキカキ

『殺されに来たんですか?』

P「……そんなにおれと話すのが嫌か」

『死んでください』

P「あの赤いスコップお前のだろ」

『だったらなんなんですか?』

P「……もういい、じゃあな」

『穴掘って埋まってろ』


540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:28:33.60 ID:2yYHUcm/0


P「そういえばさ、真美知らないか?」

雪歩「…真美ちゃん?」

P「うん、真美」

雪歩「……えびすに」

P「あそこには亜美しか居なかったぞ」

雪歩「…」カキカキ

『えびすに居ます』

P「いや…だからさ、えびすに居なかったんだって」

『いいからえびすに行け』

P「……」


542: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:31:42.84 ID:2yYHUcm/0


~車内~

P「くっそ!あのスコップ女」

伊織「ハァハァ…」

P「ん?どうしたんだ」

伊織「こ、今度はアンタのパンツが欲しい…」

P「引くわぁ」

伊織「よこしなさいよ」

P「パンツとは言わない、俺のマグナムで伊織を貫いてやるよ」

伊織「マグナム!!!」

P「今日の仕事が終わったらな」


546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:34:58.51 ID:2yYHUcm/0


~えびす~

P「居ないじゃん」

伊織「やっぱりこの体制が一番落ち着くわね」ギュッ

P「俺はすっごく疲れるけどな」

ぁ"→→→→→

P「な、なんか聞こえなかったか」

伊織「あっ!しっかり私をだっこしなさいよ」

P「いや……なんか聞こえたよな?」

ぁ"→→→→→

伊織「ぁ"ーって聞こえるわね」

P「……ま、まさか」

ぁ"→→→→→→


547: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:37:29.07 ID:2yYHUcm/0


~えびすトイレ~

亜美「ぁ"→→→→」

ビチビチビチビチビチ

亜美「う"ぁ"→→→→」

ビ血ビ血ビ血ビ血ビ血

亜美「もうユッケなんて食べないからぁ」

亜美「二度とユッケなんて食べないからぁ」

亜美「だずげでぇ"」

ブリュレブリュッセル

亜美「う"あ"→→→→」


550: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:39:51.27 ID:2yYHUcm/0


ガチャ

P「…ま、まだ出してたのか」

伊織「ヴっ、な、なによこの臭い」

亜美「にぃち"ゃあぁ"ん」

伊織「あ、亜美じゃない!?」

亜美「いぉ"り"ん」

ブリュッセルブリュッセルブリュッセル!

亜美「ぉ"→→→→→」

P「さ、流石に可哀想になってきたな」

伊織「…どうするんのよ」


552: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:42:08.91 ID:2yYHUcm/0


P「伊織、今からお前にキスをする」

伊織「んなぁっ!?」

P「頼むから車まで歩いて帰ってくれないか」

亜美「ぃい"→→→」

ブリトニーブリトニーブリトニー

亜美「ぁ"→→→→→」

伊織「……い、いや」

伊織「ぜった

チュッ

P「…オネガイ」

伊織「……屑」

スタスタスタ


556: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:45:11.09 ID:2yYHUcm/0


P「さて、これで邪魔者は居なくなった」

P「亜美と二人っきりだな」

亜美「ぁ"→→→→」

ビリュリリリリ

亜美「どまんな"ぃ"よぉ→→→→」

ビバリーヒルズブリュリュリュ

亜美「ぁ"→→→→→→」

P「…亜美の血便」

P「……」ゴクリ

亜美「に、にぃぢゃん?どうしだの?」

P「血って鉄の味なんだよな……」

P「ケツから出る血ってどんな味なのかな」


562: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:48:32.15 ID:2yYHUcm/0


亜美「しんないよぉ"」

ビチビチビチビチビチ

亜美「んぁ"→→→→→」

P「亜美、マングリ返しのポーズ取れるか?」

亜美「下半身が動かないから無理だよ"ぉ"」

ブリップップリュッピリャ

亜美「ぁ"→→→→→」

P「なるほど、下半身付随か」

P「重傷だな」

亜美「で、でもおかげで痛く無いんだよ?た、ただ気持ちわる

ビチビチビチビチビチ

亜美「ぁ"→→→→→→」


564: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:51:50.57 ID:2yYHUcm/0


P「亜美、ちょっとお尻に指入れるぞ」

亜美「それで亜美を助けてくれんの?」

P「あぁ必ず助ける」

亜美「助けてくれるならいいよ…どうせ感覚無いんだし」

ビリュリャップップリュ

亜美「ぅ"あ"→→→→」

P「どうせ飲むなら新鮮な方が良いからな」

P「床にぶちまけられてるのなんて飲むに値しないし」


569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:54:46.09 ID:2yYHUcm/0


P「…じゃあ失礼」

ズプッ

亜美「に、にぃぢゃんの顔が近くにある……あ、あ"」

ビリュリャップップリュ

亜美「ぁ"→→→→」

P「うわっ!?か、顔に掛かった!!」

亜美「ごめ"ん…にぃぢゃん」

ビチブリュリュリュ

亜美「ぁ"→→→→→」

P「亜美の血便……」

ペロッ


577: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 21:57:52.85 ID:2yYHUcm/0


P「……」

亜美「ぁ"→→→→→」

ビリュッベッペドッ

P「オエェエエッ!ぐっごほぉ…」

P「がぎぎぎ…ま、まっず!?」

亜美「にぃぢゃん…は、はやぐ亜美を助けてよ"ぉ"」

ビリリュリュ

亜美「ぁ"み"→→→→」

P「うぉえぇえ"!!」

P「や、ヤフオクで大人気だったからどうかと思ったがこれは酷い…」


581: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:00:27.31 ID:2yYHUcm/0


P「死ぬ程まずい…」

亜美「にぃぢゃんぁ"ああ」

ビリュッベッペドッビリリュリュ

亜美「ぅあ"→→→→→」

P「……亜美、お前の生きる道、わかったよ」

亜美「だ、だずげでぇ…」

P「店長ー!1.5Lのペットボトル五本くださーい!」

亜美「にぃぢゃん?」

ビチブリュリュリュ

亜美「ぁ"→→→→→→」


584: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:03:24.07 ID:2yYHUcm/0


P「本番(うんこ)当日、あたふたしまくり」

亜美「ぁ"→→→→」

ビチブリュリュリュ

P「準備万端だった筈なのに」スッ

亜美「にぃぢゃん…また亜美のお尻の下にペットボトルを」

ビチビチビチビチビチ

亜美「ぁ→→→→→」

P「紙はぐしゃぐしゃ、ヒールも折れた」

亜美「ぅそん"」


589: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:06:47.79 ID:2yYHUcm/0


P「屁ろ屁ろプリンセス、現場(便器)到着」

ブリップップリュッピリャ

亜美「ぁ"→→→→→」

P「っと、四本目だな」スッ

P「プリンス見るなり涙目だけど」

亜美「い"づもの"→→きみ"でも→→」

ブリップップリュッピリャ

亜美「ぁ"→→→→」

P「撫で撫でしてくれたよω」

亜美「ぁ"→→→→→」

ドペペペペペ


590: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:09:47.17 ID:2yYHUcm/0


P「よしっ!写メとって」

パシャパシャパシャ

P「タイトルを決める」

亜美「にぃぢゃん…はやく亜美を」

ビチビチビチビチビチ

亜美「ぁ"→→→→」

P「出血大サービス!竜宮小町の双海亜美の血便1.5L」

P「8万スタートで良いかな…数量は5っと」

亜美「にぃぢゃん…」

ブリュリュリュ

亜美「ぁ"→→→→」


593: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:14:41.44 ID:2yYHUcm/0


P「亜美」

亜美「なぁに……」

ビチビチビチビチビチ

亜美「ぁ"→→→→」

P「助けてやろうか」

亜美「え"っ!?」

P「助けてやろうか?」

亜美「う"っうん!」

ブリュリュリュ

亜美「ぁ"→→→→」

P「だったら竜宮小町を抜けて俺の所に来てくれ」

亜美「……もう亜美、竜宮小町じゃないもん」

ドペップペペッブリュッブ

亜美「ぁ"→→→」


597: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:17:46.96 ID:2yYHUcm/0


P「じゃあ竜宮小町は…」

亜美「真美が代わりになるみたい」

P「まっ、そりゃそうだよな」

ビチャベチャブリュリュ

亜美「ぁ"→→→→」

P「だったら話は早い、俺の所に来い」

亜美「きだらだずけでくれんの?」

リュリュリュップップ

亜美「ぁ"→→→→」

P「あぁ!任せろ」

亜美「だっだらなる!にぃぢゃんのみがだになる」

ブリュリュリュ

亜美「ぁ"→→→→」


600: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:21:48.42 ID:2yYHUcm/0


P「どうしたらこれ治るんだろうな」

ビチビチビチビチビチ

亜美「ぁ"→→→み"→→→→」

P「要は蓋をすれば良いんだろ?」

ビリュッベッペドッ

亜美「ぃ"いよぉ→→→」

P「……ちょっと待ってろよ」

亜美「う"ん…まっでる」

ブリュリュリュ

亜美「んぁ"→→→→」


603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:24:33.81 ID:2yYHUcm/0


P「店長、ユッケ一人前」

「あいよ!」

P「あ、あと店長」

「なんだい?」

P「当分はユッケ、お客さんに出さない方がいいと思いますよ」

「はぁ?なにいってやがんでい!ウチの人気商品ですぜ?」

P「……知りませんからね」

「はは、ほらっ、ユッケ一人前」

P「ありがとうございます」


605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:26:54.18 ID:2yYHUcm/0


~トイレ~

P「亜美~!」

亜美「に、にぃぢゃん」

ビリュッベッペドッ

亜美「ぁ"→→→→→」

P「何度もごめんな?もう一回だけお尻、弄るぞ?」

亜美「にぃぢゃんえっろ→い」

ビチビチビチビチビチ

亜美「ごめ"ん"なさぃ"→→→→」

P「別に謝らなくても良いけど」


607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:30:29.69 ID:2yYHUcm/0


P「このユッケを…」グッ

亜美「にぃぢゃん……今はやめたほうが」

ビチビチビチビチビチ

亜美「ぁ"→→→→」

P「別に良いさ、亜美が助かるならな」

亜美「ヴぅ……に、にぃぢゃん…」

P「ユッケを蓋代わりに…」グググッ

亜美「…」

ビチビチビチビチビチ

亜美「ぁ"→→→→」

P「くっそ!こうなったら一切れずつじゃなくて全部いっぺんに!」

ニュプププッ


611: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:33:15.50 ID:2yYHUcm/0


亜美「……」

P「……」

亜美「ぁ"っ…で、でない」

P「ユッケが原因で血便が出るなら…」

P「ユッケで蓋をすれば血便も止まる筈」

P「ふふ…俺の作戦成功」

亜美「に…にぃぢゃん…」プルプル

P「あははは、泣くなっての」

亜美「にいぢゃあぁ"あん!」

P「回避っ!」ササッ

亜美「亜美動けないからにぃぢゃんに抱きつけないよ"ぉお"」


616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:35:36.50 ID:2yYHUcm/0


P「今から抱え上げるからな」

P「…よっと!」

亜美「ヴぅ……」

亜美「にぃぢゃぁあ"ああん!!」

P「くっせー!!」

亜美「ぐざぐてもいいよ"ぉ→!」

P「うぉえ"えぇえ!!」

亜美「ヴぅぁあ"ああ!」ギュッ

P「うぎゃあぁあ!新品のスーツがあぁあ!!」


623: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:38:25.69 ID:2yYHUcm/0


P「…ヴぇ」

亜美「にぃぢゃあぁあ"ん!」

P「びぎいぃい!抱きつくなあぁ!」

亜美「だってこうしてないど亜美床でダルマさんになっぢゃうよぉ"お"」

P「そ、そっか…下半身付随だったんだっけ」

P「しっかし酷いなこのトイレ」

亜美「ねぇ兄ちゃん…亜美の服は?」

P「え"っ」

亜美「亜美の服は?」


626: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:43:36.03 ID:2yYHUcm/0


P「…(ヤバい…そういえば売ったんだった)」

亜美「兄ちゃん…寒いよ」

P「あ、あはは」

~?

P「あっ…メールだ」

亜美「兄ちゃん、早く亜美の服返してよ」

亜美「あれっしょ?汚れちゃマズイからあん時亜美からとったんだよね」


竜宮小町の血便パンツ!ver亜美
評価:非常に良い
商品届きました!
亜美ちゃんの血便を噛みながらオナニーしたら今までに無い快楽に飲まれ部屋が精液塗れになりました!
非常に信用出来る出品者です


630: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:50:01.09 ID:2yYHUcm/0


P「…」

~?

亜美「そういや亜美のパンツもとってたよね」

P「あ、あぁ」

亜美「兄ちゃんのエッチ」

亜美「裸じゃトイレから出らんないよ→」

P「俺の服着てくれ…上半身裸でも怪しまれないからな、男なら」

亜美「兄ちゃんが亜美を抱きかかえて隠せば良いっしょ!」



【本物】竜宮小町・双海亜美の私服(血便塗れ)【詐欺無し】

評価:非常に良い
商品届きました、この度は迅速な対応ありがとうございました。
亜美ちゃんの私服、しかも血便に塗れた服が出品されてたのを見た時にコンビニに行って金をおろしてきました。
亜美ちゃんの服を顔に押し付けオナニーした所2分で果てちゃいました(笑)


633: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:54:03.30 ID:2yYHUcm/0


~車内~

ガチャ

伊織「おかえりなさ……」

伊織「くっさあぁああ!?」

亜美「酷いよいおりん…」

伊織「いやぁあ"!こ、こないでぇえ!」

P「悪い…かなり手間掛かった」

伊織「な、なんで亜美を乗せるのよ!」

亜美「いおりん…」

伊織「しかもアンタ……裸じゃない」


635: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 22:57:28.85 ID:2yYHUcm/0


P「服が無かったんだ」

亜美「あっ!亜美兄ちゃんの膝のうえ→」

伊織「なっ!?」

P「運転出来ません」

亜美「兄ちゃんの服に隠れるから平気だもんね→」

伊織「……ふざけないでよ」

P「亜美さん、どいてください」

亜美「だったら兄ちゃん、亜美を裸のまま後ろに乗せんの?」

P「ぐっ…」

亜美「バレたら兄ちゃん豚箱行きだよ?」

P「……」ガチャ

ブオォオンッ!

伊織「ちょ、ちょっと!亜美はそのままなの!?」

P「隠せば良いっしょ…」


638: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:00:47.99 ID:2yYHUcm/0


律子「はい、ワンツーワンツースリーステップフォーユー!」

真美「いたっ…」

あずさ「あらぁ、本当にこんなのが亜美ちゃんの代わりになるのかしらぁ」

真美「…」

律子「ほらっ!早く立ちなさい!」

真美「あ、足首を…」

バーンッ!

真美「あ"ぁあ!?」

律子「つべこべ言わないの!今ので足首の痛みは取れたでしょ!」

あずさ「代わりに肩の痛みがやがて全身に駆け巡るわぁ~」

真美「……っぐ!?」

真美「いだいよぉ"お"」


642: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:04:26.29 ID:2yYHUcm/0


律子「真美!!あんたは竜宮小町のアイドルなのよ!」

真美「っぐ……ま、真美が…竜宮小町」

あずさ「そうよぉ、これで二度と劣化亜美ちゃんなんて言われなくて済むのよぉ?」

真美「劣化亜美……い、いやだ」

真美「ま、真美は真美だもん…」グググッ

あずさ「うふふ、餓鬼はおだてたらすぐ木に登るから楽だわぁ~」

律子「はいっ!ワンツーワンツースリーステップフォーユー!」

真美「ワンツー、ワンツー、スリーステップフォーユー!」

バーンッ!

真美「ぁ"あア"っ!?」

律子「ワンツーワンツースリーステップフォーユーでしょ!」

律子「ワンツー、ワンツー、スリーステップフォーユーじゃないの!!」

真美「ご…ごめんなさい…」


645: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:09:02.68 ID:2yYHUcm/0


伊織「で…何時になったらアンタの家に行くのよ屑」

P「……亜美、伊織のハンカチ取ってくれ」

亜美「はいは→い!」バッ

伊織「……ぁ"」

伊織「虫ぃい"ぃ!!ま、また右胸にクモがあぁあ"!!」

伊織「乳首に蜘蛛の巣つぐられてるぅ"うう!」

亜美「いおりん麻薬使って無かったんだね」

伊織「…」チラッ

P「……」

伊織「乳首に蜘蛛の巣つぐられてるぅ"うう!!!」



646: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:11:46.44 ID:2yYHUcm/0


伊織「左の乳首に蜘蛛の巣つぐられてるぅ"うう!!!」

亜美「兄ちゃん、亜美麻薬持ってないよ」

亜美「このままじゃいおりん倒れちゃうよ?」

P「いや…大丈夫だ」

亜美「どして?いおりんは麻薬中毒なんだよ?」

P「俺と同じ空間にいるから平気さ」

伊織「いやぁ"ああ"!両方の乳首に蜘蛛の巣つぐられてるぅ"うう!!!」

伊織「…」チラッ

P「…」

伊織「蜘蛛の巣つぐられてるぅ"うう!」


660: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:16:18.49 ID:2yYHUcm/0


伊織「ぁ"ああ"ぁ"ああ!!」

P「亜美、俺の唇に触れてみてくれ」

亜美「あ、うん!」スッ

ムニッ

伊織「蜘蛛の巣があぁ"ああ!!ムカデも這い上がってるぅ"うう"!!」

P「その触れた手を伊織の唇に持っていってくれ」

亜美「は→い」

亜美「ごめんねいおりん、ちょっとじっとしててね」スッ

ムニッ

伊織「んっ…」

亜美「お→!」

P「よっしゃ、我那覇響を探しに行きますかぁ」


663: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:20:11.25 ID:2yYHUcm/0


~トイレ~

響「自分、千早がそんな人とは思わなかったぞ!!」

千早「我那覇さん、違うの!」

響「なにが違うのさ!?自分の手を使ってお尻の掃除なんかさせて……」

響「さいっていだな!千早は」

千早「我那覇さん……酷いわ…」

響「酷いのは千早の方だぞ!何時間千早のお尻の中を掃除したと思ってるのさー!」

響「おかげで自分の手……臭いが取れないぞ」


667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:23:40.48 ID:2yYHUcm/0


千早「…気持ち良かったわ」

響「五月蝿い!」

千早「!?」

千早「はぁ…はぁ(な、なに今の感じ…我那覇さんに罵倒された時、混み上がる何かを感じた)」

響「初めてだったんだぞ!!初対面の人に心開いたの…」

千早「我那覇さん」

響「自分を呼ぶなー!!」

千早「んぁっ!?(熱い…身体が熱い)」

響「二度と自分に近づくんじゃないぞ!」

千早「んっく…」


671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:27:43.94 ID:2yYHUcm/0

千早「我那覇さん」

響「うるさーい!!」

パチンッ!

千早「んあー」

響「あっ……ご、ごめんなさい」

響「自分、手を出すつもりは無かったんだ…」

千早「……許さないわ」

響「あぅ…」

千早「もっと私をぶって」

響「え"っ」

千早「私をぶって」

千早「我那覇響!!私をぶちなさい!」

響「ひぃいっ!」

パチンッ!

んあー


673: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:29:55.64 ID:2yYHUcm/0


千早「我那覇さん!こんどはここをブチなさい!!」

響「そ、そこは千早のお尻だぞ」

千早「えぇ、お尻よ」

千早「このお尻があなたの手を汚したのよ」

響「……だぞぞ」

千早「我那覇響!!」

響「ぬわあぁんくるぅうう!」

響「ないっ!!!」

響「さーっっ!!」

バチーンッ!

んあー!


677: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:33:09.25 ID:2yYHUcm/0


響「このお尻が悪いんだぞ!」

バチンッ!バチンッ!

千早「んあっ!んんぉあぁ!」

響「このお尻のせいで自分の手は!」

バチンッ!

千早「んあっ!」

響「何気持ちよくなってんのさー!!」

バチーンッ!!

千早「んあー!!」

響「変態だぞ!!千早は変態だぞ!!!」

バチンッ!バチンッ!バチンッ!

千早「んはぁ!がっ、我那覇さん!!も、もっと!もっと!!」

響「だぞぞぞぞぞ!!」

バチバチバチバチバチバチンッ!

千早「りょっ!?両手ぇえ'"ぇ!」


681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:36:48.99 ID:2yYHUcm/0


響「あぁ"ああ"!!」

バチバチバチバチバチバチ

千早「んあっあぁっあ!!」

響「だぞぞぞぞぞぞぞ!」

バチバチバチバチバチバチンッ!

千早「んあー!!んんん!んあー!」

響「ハァハァ……っはぁ…はぁ…」

千早「はぁ……っんあっ…」

響「……千早とはもうこれっきりだぞ」

千早「が、我那覇さん!?」

響「自分、友達は何時でも募集してたけど……」

響「こんな変態こっちから願い下げさぁ」

千早「ま、待って!」

響「自分、今から学校に服を取りにいくから……お別れだぞ」


685: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:40:14.07 ID:2yYHUcm/0


千早「わ、私も行くわ!」

響「来なくて良いさぁ!」

千早「んはぁっ!」

響「言葉だけで感じるなんて本当の屑だぞ!」

千早「もっ、もっと!!」

響「…」

バチーンッ!

千早「んあー!」

響「ほっぺにビンタされてなんで感じれるんだ!変態!!」

千早「我那覇さん!」ギュッ

響「わわっ!?く、くっつくなぁ」


687: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:43:09.35 ID:2yYHUcm/0


タッタッタッタッタ

美希「ハァハァ…」

美希「ひ、響…何処にいるの」

美希「もうとっくに学校は終わってる時間なのに!」

美希「何処にいるの!響ー!」

美希「パパに頼んでベッドもう一つ買って貰ったから!」

美希「ママに頼んで可愛いお洋服、一緒に買いに行こっ!」

美希「だから響……」

美希「何処にいるのー!!」

タッタッタッタッタ


688: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:45:01.18 ID:2yYHUcm/0


んあー!

美希「えっ!?」

だぞぞぞぞぞ!!

んあー!んあー!!

美希「この声…」

もう自分に近づくなって言った筈だぞ!

美希「ひ、響!?響なの?」

が、我那覇さん!もう一回

しつこいさー!

んあー!

美希「響ー!!」


690: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:47:12.93 ID:2yYHUcm/0


美希「ひ……びき…?」


響「千早!いい加減離れるさぁ!」

千早「我那覇さんにくっついたらぶってもらえるから!」

響「しつっこいそわ!」

バチーンッ!

千早「んあー!」

響「逝った瞬間になんで自分にくっつくのさー!」

千早「我那覇さん!!」

響「千早!しつこいぞ!」

千早「んはぁっ!」

響「だからなんで言葉だけで感じるのさー!!」


691: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:50:05.53 ID:2yYHUcm/0


美希「え……」

美希「なんで…そ、その女の人……誰なの?」

美希「ミキとの約束……わ、忘れたの…?」

美希「……響?」


響「ヴーあ"ー!!」

バチーンッ!

千早「んあー!」

響「気持ち悪いさー!」

千早「我那覇さん我那覇さん我那覇さん我那覇さん!」ギュウゥ

響「うわあぁ!く、くっつくなぁ」


美希「……なんで…」

美希「……」

美希「嘘つき」

ダタッ


694: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/04(金) 23:52:33.57 ID:2yYHUcm/0


響「んっ!?」

千早「我那覇さん我那覇さん我那覇さん我那覇さん!」

響「今……美希の声がした様な」

千早「我那覇さん!」

響「……気のせい…かな」

千早「ぶって!私をぶって!!」

響「…」

ボゴォッ!

千早「ぐっぐぅぱんちぃい"い!!」

響「いい加減にするさー」

千早「い、いいっ!今のも良いわ!もっと頂戴!!」

響「…」

スタスタスタ

千早「あぁっ!放置プレイ!」


724: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 00:25:30.91 ID:tVQZqURK0


~やよい宅~

ガチャ

やよい「うっうー!長介ー!ただいま」

長介「……やよい姉ちゃんに荷物が届いてるよ」

やよい「そう…長介、タバコ」

長介「…」スッ

やよい「ありがとう、あっ!晩ご飯は寿司頼んだから届いたら食べてね」カチッ

やよい「すうぅー……」

やよい「ぷはあぁあ」

長介「…臭いよ」



726: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 00:27:36.49 ID:tVQZqURK0


やよい「ほらっ、邪魔だから向こうの部屋に行ってなさい!!」

長介「……かすみは」

やよい「はい?」

長介「かすみは何処にいるのさ…」

やよい「長介!!あっち行ってなさい!」

長介「やよい姉ちゃん!もうこれべ三人目だよ!?」

長介「どうしてさ!何処に隠したんだよ!!」

やよい「ちっ…うっさいですねぇ」


727: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 00:29:31.76 ID:tVQZqURK0


やよい「長介…右手だして」

長介「やよい姉ちゃん?」

やよい「右手……だして」

長介「わ、わかったよ」スッ

やよい「……」スッ

ジュウゥウッ!!

長介「があぁあ"!?」

やよい「うっうー!お前の右手はお姉ちゃんの灰皿ですー!」

長介「あぁ"あ"!!」

やよい「うっうー!!」


731: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 00:31:26.02 ID:tVQZqURK0


長介「ぐっ……ヴぅ…」

やよい「右手押さえる暇が有ったら缶ビールの一つでも持ってきなさい!!」

長介「…や、やよい姉ちゃんなんて…」

やよい「長介?」

長介「や、…やよい姉ちゃん…なんて」

長介「やよい姉ちゃんなんて嫌いだ!!」

ダタッ

バタンッ!

やよい「長介!?」


734: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 00:34:06.95 ID:tVQZqURK0


ギャギュギャギャ

ブゥオオッン!

やよい「長介!お姉ちゃんのビッグスクーターに乗らないで!」

長介「五月蝿い!俺だって8歳の頃から原付乗ってるんだ!」

長介「たかがビッグスクーターの一つ、俺にだって乗りこなせるよ!」

やよい「うっうー!いい加減にしなさい!!」

長介「やよい姉ちゃんなんて嫌いだ!」

ブロロロロロロッ!


やよい「長介!!」


735: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 00:36:40.10 ID:tVQZqURK0


やよい「……」

やよい「長介…」

やよい「はあぁ、ったく」カチッ

やよい「こんな時はタバコです」

やよい「すううぅー……」

やよい「はあぁ…」

やよい「あのビッグスクーター、癖が有るから長介なんかに乗りこなせる訳無いんだから……」

やよい「長介のバカ」

やよい「さてと、届いてる物でも確認に行きますかぁ」


737: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 00:38:29.36 ID:tVQZqURK0


ガララララッ

やよい「えっと……」

やよい「あっ!ありましたー」

やよい「クール便…重さも有るといくことはー」

やよい「パカッ!」

かすみの死体「…」

やよい「やっぱりかすみですー」

やよい「……あれ?」


740: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 00:41:48.79 ID:tVQZqURK0


やよい「……」プルプル

やよい「…」ガチャ

~♪

「……やよい様でしょうか」

やよい「ふざけんなですー!」

「何がでしょうか」

やよい「なんでかすみの目玉が二つとも抜き取られてるんですか!!」

やよい「目玉二つなら50万はくだらない筈ですよ!!」

「それはなんの事ですか」

やよい「はっはーん……この私に喧嘩を売るつもりですかぁ?」


742: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 00:44:47.65 ID:tVQZqURK0


「そちらの言い分は分かりました…」

「ですが我々はその様な事はしていません」

やよい「うっうー!今すぐ港にこいですー!!」

やよい「お前ら全員ぶっ殺してやりますから!」

「……やよい様、落ち着いてください」

やよい「だったら予定変更です!物が用意出来たんで港に来てください!」

「……分かりました、ご提供される臓器は」

やよい「人間一人分Deathよ~」

ガチャ


745: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 00:46:53.99 ID:tVQZqURK0


やよい「……くっそ!」

やよい「50万損しました」

やよい「ったく、最近付き合い始めた奴等と思って慎重に取り引きをしていたらこうですよ」

やよい「奴等に思い知らせてあげますよ」

やよい「……私たちの実力を!」

~?


747: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 00:49:41.64 ID:tVQZqURK0


雪歩「…」

やよい『あっ、雪歩さんですかぁ?』

雪歩「どうしたの?突然」

やよい『……アパート、無料で住まわせてあげますよぉ』

雪歩「へぇ~」

雪歩「……それだけじゃないよね?」

やよい『今夜は汚肉パーティーDeathー!』

雪歩「私、出来れば焼肉が良いなぁ」

やよい『人間の肉で焼肉パーティーDeathー!』

雪歩「……了解」


748: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 00:52:18.70 ID:tVQZqURK0


雪歩「やよいちゃんのあの言い方」

雪歩「結構な人数居るんだろうなぁ…」

雪歩「……はぁ」

雪歩「多分真ちゃんと一緒なんだろうなぁ」

雪歩「……嫌だなぁ」

雪歩「真ちゃん…いっつも自分しか気持ち良くなろうとしないんだもん」

雪歩「たまには私の事を思って抱いてくれたら助かるんだけどなぁ……」


752: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 00:55:10.69 ID:tVQZqURK0


真「…」カチャ

やよい『真さんですかぁ?』

真「どうしたのやよい」

やよい『今、一人ですかぁ?』

真「…」チラッ

春香「…」

真「うん、一人だよ」

やよい『雪歩さんと一緒に戦いませんかぁ?』

真「ゆっ、雪歩と!?戦う戦う!」

やよい『うっうー!だったらあの港に集合してくださーい!』

真「……殺るんだね」

やよい『うっうー!』


754: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 00:57:22.08 ID:tVQZqURK0


春香「やよい、なんだって?」

真「春香にも掛かってくると思うよ」

春香「……今夜もえびすなのかな?」

真「さぁ?」

真「ただ、亜美が居ないからなぁ」

春香「そう言えばあの二人、どうしてるんだろ」

真「亜美はトイレ、真美はまだ食べてるんじゃないの?」

春香「ふーん…」

~?

春香「あっ、やよいからだ」


755: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:00:24.38 ID:tVQZqURK0


やよい『春香さん』

春香「いいよ、殺っちゃおうよ」

春香「チャレンジ!レッツスタート!」

やよい『うっうー!だったら港に集合ですー!』

ガチャ

春香「…港ね」

真「雪歩の奴、バイブを三つも下の口に咥えて喜ぶんだぁ」

真「春香も雪歩とやってみない?」

春香「私……レズは興味無いから」

真「ちぇ…3Pやってみたかったのに」

春香「あはは…ごめん」


756: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:03:08.89 ID:tVQZqURK0


律子「スリーステップフォーユースリーステップフォーユー!」

真美「す…スリーステップフォーユー!……スリーステップフォーユー」

バーンッ!

真美「あ"み"ぃい"!?」

あずさ「あらぁ、亜美ちゃんに会いたいのかしらぁ?あみぃ…ですって」

律子「遅い!そんなんじゃ亜美を超えられ無いわよ!!」

真美「あ、あずさお姉ちゃんはやらないの?……レッスン」

あずさ「私はやらなくてもいいのよ~」


758: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:06:41.01 ID:tVQZqURK0


真美「ヴぅ…い、痛いよぉ」

律子「真美!早く立ちなさい!」

真美「りっちゃん……無理だよぉ」

律子「こんの餓鬼!」チャキ

~?

あずさ「あらぁ?真美ちゃん、携帯がなってるわよぉ?」

真美「りっちゃん…出てもいい?」

律子「……5分だけよ」

真美「ありがと!りっちゃん」

ガチャ


762: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:09:40.78 ID:tVQZqURK0


真美「…あっ、やよいっち?」

やよい『真美?どうしたの?声が震えてますよ?』

真美「ううん、気のせいだよ」

やよい『……今から港に来れますかぁ?』

真美「…港」

やよい『はい!今夜は焼肉パーティーですよー』

真美「行きたいけど……」チラッ

律子「はあぁ…あずささん、シンナーありますか?」

あずさ「はいっ、シンナーです」

律子「すううぅうー……」

律子「ふわあぁあ」


764: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:12:39.25 ID:tVQZqURK0


真美「ごめん…無理っぽい」

やよい『そうですかぁ…残念です』

真美「ごめんね、せっかく誘ってくれたのに……」

やよい『ううん、気にしてませんよ』

やよい『真美も頑張ってくださいね!』

真美「うん!じゃあね、やよいっち!」



律子「マリファナ吸い飽きましたね」

律子「ふうぅー…」

あずさ「私は好きですよ?頭の中が一気に晴れるんで」

あずさ「ぷはあぁー…」


766: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:16:12.71 ID:tVQZqURK0


~車内~

P「そういやそろそろ晩ご飯だよなぁ」

伊織「…ぁ"ああ"ぁ"ああ!右乳首が蜘蛛の巣つぐられてるぅ"うう!」

亜美「兄ちゃん、いい加減キスしたげたら?」

P「ダメだ、甘やかすと後々手がつけられなくなるからな」

亜美「……そういう割には兄ちゃん、股がパンパンだよ?」

伊織「っ!?」

P「そりゃあな、伊織が俺を求めてきてるってだけでパンパンになるよ」

伊織「蜘蛛の巣つぐられてるぅ"うう!!いっぱいつぐられてるぅ"うう!」

亜美「兄ちゃん、いおりんすっごい見てるよ」

P「無視無視」


769: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:19:13.08 ID:tVQZqURK0


亜美「でもさ兄ちゃん」

P「どうした、亜美」

伊織「いやあぁ"あ"!ま、股にムカデがあぁ"ああ"」

伊織「屑!!今すぐこのムカデを取りなさいよ!!」

亜美「兄ちゃん兄ちゃん、いおりんさっきから兄ちゃんの方ばっか見てるよ?」

P「無視安定……それより晩ご飯どうしよっか」

亜美「亜美は何処でもいいよ→」

伊織「股にムカデが卵うんでりゅうぅ"う!!」



772: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:22:22.26 ID:tVQZqURK0


P「何処でもいいよって言われてもなぁ…」

P「亜美、服着てないし」

亜美「兄ちゃんが取ったんだよね」

P「ヴっぐ…」

伊織「股にムカデが卵うんでりゅう"ぅ!!」

亜美「しまむらにでも寄って安い服買ってきてよ」

P「あっ、しまむらで良いの?」

亜美「亜美は服に着せられないかんね→なんでも似合うんだよ!」

伊織「股がかゆぃいい"!!」


776: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:26:14.29 ID:tVQZqURK0


~しまむら~

P「じゃあ亜美、待っててな」

伊織「ハァハァ……は、早く私を抱きなさいよ屑!ゴミ!!」

亜美「良いけど兄ちゃん、いおりん抱っこしながら服買いに行くの?」

P「……そう思うよな?」

伊織「ん~」ギュウゥ

P「ヴぅ、首締めるな首を…」

亜美「一応竜宮小町って知れ渡ってると思うからさぁ……マズイんじゃない?」

P「だよなぁ…」

伊織「いや!絶対に嫌!!」


781: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:29:57.32 ID:tVQZqURK0


亜美「…どうしよっか」

P「どうしよっか」

亜美「何する何する→」

P「どうするどうする→」

亜美「亜美っ!亜美っ!」

P「シンキンターイム!」

伊織「…」ギュッ

亜美「まずは兄ちゃんの番だよ!」

P「おお"…先ずは俺か」

亜美「このピンチを切り抜ける秘策を披露していただこ→」

P「亜美亜美シンキングタイムのお時間です」

伊織「ん~」グググッ

P「だあぁ!キスしようとするな麻薬中毒がぁ!」


784: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:33:49.06 ID:tVQZqURK0


亜美「いおりんは兄ちゃんにべったり」

P「しかも抱っこじゃないと嫌なご様子」

亜美「ん~……難しいですなぁ」

P「う~ん……難しいですねぇ」

伊織「……じゅりゅ」

P「ひやあぁっ!?なななな、何首しゃぶってんだ馬鹿!」

伊織「…」ギュッ

亜美「多分いおりんは早く行きましょうよ!……って伝えたんだと思うよ」

P「…しかし」

亜美「そう!もしこのまま行ったら竜宮小町は解散!!いおりんと兄ちゃんはマスコミからの質問責め!」

亜美「どうするどうする→」

P「……困った」


788: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:37:22.60 ID:tVQZqURK0


亜美「だったらさ兄ちゃん」

P「ん?何か思いついたのか亜美殿」

亜美「亜美が一人で買いに行けば良いんだよ!」

P「ぶうぅう!!」

P「馬鹿言ってんじゃないよー!」

P「裸でしかもお尻の穴に生肉入れて買い物する奴があるか!」

亜美「んっふっふ~亜美に考えが有るんだ→」

P「……勝算は」

亜美「ボブとボブ」

P「五分と五分……な」


792: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:41:14.81 ID:tVQZqURK0


P「伊織の服を借りる…か」

亜美「うん!亜美といおりんだと身長以外あんまし変わんないからね」

伊織「…」

P「つ…つまりだ」

P「車の中で……裸の伊織と二人っきりと」

亜美「そうだよ→」

伊織「…」ヌギヌギ

P「うおいっ!脱ぐなら車の中で脱げよ馬鹿!!」

伊織「亜美、ブラジャーとパンツも貸してあげる」

亜美「良いの?」

P「よくないよくない」


797: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:44:50.24 ID:tVQZqURK0


~車内~

P「それよりもだ」

P「お前下半身動かないだろ」

亜美「ユッケのせいで下半身付随だったかんね~」

亜美「兄ちゃんにユッケ刺された時はたしかに動かなかったんだけど→」

亜美「時間が経つにつれて動けるようになったんだよ→!」

P「いやその理屈はおかしい」

亜美「んっふっふ~そんな事気にしてたら禿げちゃうよ?」

伊織「はい!パンツにブラジャー!」

亜美「ありがと、いおりん」

P「頭痛くなってきた」


799: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:48:01.96 ID:tVQZqURK0


P「……」

伊織「…」スッ

P「膝の上は亜美の特等席だ、座んじゃねぇ」

伊織「……ぁ"」

伊織「あ"ぁあ"ア"ぁァ"あ!!」

伊織「下半身付随ぃ"いい"!」

伊織「亜美に服を渡したら下半身付随にぃ"いい"!」

伊織「膝の上じゃなきゃ"いや"なの"ぉおお"」

P「早く帰って来ないかなぁ…亜美」

伊織「下半身付随ぃ"いい"!」


804: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:52:05.33 ID:tVQZqURK0


伊織「下半身付随いだい"ぃ"いい!!」

P「下半身付随って痛いんだ」

伊織「……」

P「…」

伊織「下半身付随に"ぃい!!」

P「まだ言うか」

伊織「膝の上がいぃ"い"!!」

伊織「あぁ"あ!膝の上につぐられてるぅ"うう!!」

伊織「膝の上に蜘蛛の巣つぐられてるぅ"うう!」

P「……」


811: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:56:04.58 ID:tVQZqURK0


~30分後~

亜美「おっまたせ→」

ガチャ

亜美「おわっ!!」

P「亜美…助けてくれ」

伊織「ん~!」ギュッ

亜美「兄ちゃんと裸のいおりんが!」

亜美「抱き合ってキスしてる!」

亜美「ねぇいおり~ん!どうしてこうなったか亜美に教えて→」

伊織「良いわよ!伊織ちゃんと屑との熱々の30分間を聞かせてあげる!」

P「…勘弁してくれ」

亜美「兄ちゃん照れてるねぇ」


812: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:00:09.77 ID:tVQZqURK0


~30分前~

伊織「蜘蛛の巣つぐられてるぅ"うう!!!」

P「…」

伊織「……」

伊織「そんなに嫌なの?」

P「亜美との反応の差で気づけよ」

伊織「……」カチャ

P「な、なんだよ…携帯なんか取り出して」

伊織「お兄様に電話するの…ある男に裸で拉致されてるって」

P「伊織の兄さんって言えば…あの水瀬の」

伊織「そっ!逆鱗に触れたら人工衛星からアンタだけを確実に殺せるわね」

P「oh…」

伊織「…」スッ

P「…畜生」


813: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:04:03.40 ID:tVQZqURK0


伊織「ねぇ、喉乾いたでしょ?」

P「乾いてません」

伊織「…」カチャ

P「い、今乾きました」

伊織「じゃあ私が飲ませてあげる」

P「はぁ?」

伊織「……」

ガバディ

P「ちょっ」

チュウゥ

P「ん"っ!?ぐ~~!!!」

伊織「ん~~」

伊織「っま!」

P「ごほっえ"ほっ!ごっほ……ごほっ」

伊織「どう?伊織ちゃんのジュースの味は」


815: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:08:09.57 ID:tVQZqURK0


亜美「ほほぉ~だいたんですなぁいおりんは」

伊織「ほらっ!亜美も来たんだからとっとと車出しなさいよ!」

P「…早く服を着ろ服を」

伊織「……しょうが無いわね、亜美、後ろに行くわよ」

亜美「は~い!」

P「……晩ご飯かぁ」

P「………あっ」

P「あそこにしよう、晩ご飯」


816: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:11:17.98 ID:tVQZqURK0


~美希の部屋~

美希「響の馬鹿……」

美希「来てくれるって言ったのに…来てくれるって言ったのに……」

美希「ミキが知らない人と一緒に遊んでた……」

美希「それもすっごく楽しそうだった…」

美希「響…どうしてミキに教えてくれなかったの?」

美希「……ミキの家に来たく無いならそう言ってよ」

美希「遅れるなら遅れるって言ってほしいの…」グッ

美希「……」


818: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:13:13.15 ID:tVQZqURK0


響「はぁ…」

千早「我那覇さん」

響「近寄るな」

千早「んふぅ"んっ!」

響「……気持ち悪いぞ」

千早「あはぁ"あいぃ!いいっ!」

響「…」

千早「無視!それも凄く良いわ!」

響「どうすれば良いのさー!」

バチーンッ!

千早「んあー!」


821: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:16:17.06 ID:tVQZqURK0


響「はぁ…はぁ…」

千早「そうよ!もっと私にぶつけてきて!!」

響「……」

響「千早、大好きだぞ」

千早「えっ!?」

響「大好き…(押して駄目なら引いてみるさー)」

千早「が、我那覇さん?」

響「まだ会って一日目だけど……自分」

響「千早に恋しちゃったんだ」

千早「……」

響「駄目?(ふふっ、引いてる引いてる……作戦成功さー)」

千早「私も」

響「え"っ」


822: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:19:43.81 ID:tVQZqURK0


千早「私も我那覇さんを愛してる」

響「え"」

千早「もう押さえられそうに無いの」

千早「私は我那覇さんを愛してる!」

響「ち、千早…?」

千早「我那覇さん!!」

ギュウゥ

響「わわあぁ!!」

千早「我那覇さん我那覇さん我那覇さん我那覇さん我那覇さん我那覇さん」

響「ちょっ、うぁあ"」

千早「我那覇さん好き我那覇さん大好き我那覇さん愛してる我那覇さんもう逃がさない我那覇さんは私の者我那覇さんは私以外見ちゃいけないの我那覇さんは

響「うわあ"ぁ"ああ!耳元で囁くなぁ!」

響「自分!おかしくなっちゃうさー!」


828: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:24:30.52 ID:tVQZqURK0


~学校~

響「…」

千早「えっ?」

響「どうしたんだぞ…」

千早「我那覇さん、高校生だったのね…」

響「……」

バチーンッ!

千早「んあー!!」

響「自分気にしてるんだぞ!」

千早「も、もっと」

響「ヴぅぐぐ……」

バチーンッ!

千早「んあー!!」


830: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:27:35.82 ID:tVQZqURK0


~校内~

スタスタスタ

響「…」

千早「我那覇さん」

響「…」

千早「んはあぁ!!我那覇さんの無視ぃ!」

響「次喋ったらグーで殴るぞ」

千早「ウェルカ

メキャア

千早「んっぶうぅ…」

ドサッ

千早「んあ…んぁー」ピクピク

響「こんな奴ほっといて教室に向かうぞ」


833: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:32:38.46 ID:tVQZqURK0


~教室~

響「……えっ」


「これ、どうする?」
「我那覇さんの鞄よね?」
「朝からいきなり帰るしね」
「……ねぇ、これ、捨てない?」
「捨てるって!?それはやりすぎだよぉ」

響「…あいつら」

「良いじゃ無い、どうせ学校には殆ど来ないんだし」
「それに無くなったらまた買うわよ」
「トップアイドルだもんね、彼女」
「で…でも…や、やりすぎだよぉ!」

響「自分の鞄…ミキから貰った大切な鞄…」


835: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:35:55.36 ID:tVQZqURK0


「何よ?私達に歯向かうの?」
「そ…それは……」
「だったらさっきの態度は何?」
「……ごめんなさい」
「…ねぇ、あんたが捨てなさいよ」
「えっ?!」
「私達の仲間ならさ…この鞄、窓から投げなさいよ」


響「…」プルプル

響「い、今すぐにでも行って言いたいのに……」

響「あいつらを殴ってでも止めたいのにっ!」ギリッ

響「……な、なんでさ」

響「なんで……足が震えてるんだ」ガタガタ

響「行かなきゃいけないのに…」


841: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:40:14.65 ID:tVQZqURK0


「わ、私は…」
「はぁ?我那覇さんの肩を持つ気?」
「……」
「決まりね、今からアンタ、私達の敵よ」
「えぇっ!?い、嫌だよぉ!私は皆の友達で」
「だったらこの鞄、捨てなさいよ」
「……わ、分かった」


響「あっ、自分の鞄が」

響「行かなきゃ!い、行かなきゃ!」ガタガタ

響「はっ…ハァハァ……ぅっ…」

響「む、無理だぞ…あ、足が震えて…」

響「あっ…で、でも…止めなきゃ」

響「止めなきゃっ…」


843: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:42:49.72 ID:tVQZqURK0


ガララララ

「!?」
「きゃっ!」
「だ、誰よアンタ」

千早「……その鞄から微かだけど我那覇さんの匂いがする」

響「ち、千早!」

「げっ…我那覇響」
「ひ、響ちゃん」
「……ほら、行くよ」
「あっ、こ、これは」
「逃げるのよ!」
「ま、待ってよー!」

千早「……」

スタスタスタ

千早「…」ギュウゥ

千早「んはあぁあ!!」


845: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:47:14.46 ID:tVQZqURK0


響「あっ……」

ヘタッ

響「ち…千早」

千早「どうしたの我那覇さん?座り込んで」

響「……あ、ありがと…ぅっぐ」

千早「我那覇さん!?どうして泣いてるの!?」

響「ありがと……千早…あ、ありがと…」

千早「我那覇さん…」

響「千早がいなかったら自分……もっと泣いてぞ……ぐすっ…ぅ…」


846: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:51:17.22 ID:tVQZqURK0


千早「…我那覇さん」

響「ごっ…ごめん……急に自分…」

千早「鞄、我那覇さんのよね」

響「…ヴん」

千早「はい」スッ

響「……ありがとな千早」

千早「良いの、私は当たり前の事をしただけだから」

響「千早ぁ…」

千早「行きましょ?もうここには要は無い筈」


847: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:53:36.49 ID:tVQZqURK0


響「…あ、あの」

千早「なあに?我那覇さん」

響「……ううん、なんでも無い」

千早「そう…じゃあ行きましょ」

スタスタスタ

響「……」

タタッ

ギュウゥ

響「千早…ありがと」

千早「……」

響「…あれ?千早?」

千早「が…我那覇さんに……後ろから抱きしめられ……た」

千早「……」プルプル


んあー!!!


850: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 02:58:20.14 ID:tVQZqURK0


千早「が、我那覇さん!!」

響「……なに?」

千早「……ふぅ…」

千早「わ、私の…ね、願いを聞いてくれないかしら…」

響「……」

響「いいよ、でも…一回だけだぞ?」

千早「我那覇さん!!」

響「千早は、自分の大切な物を守ってくれたんだ……それ位させてよ」

千早「……」

響「千早の願いを聞かせてほしいな」

千早「わ、私の願いは…」


853: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:02:10.37 ID:tVQZqURK0


P「着いたぞー」

伊織「…なにこのボロい店は」

亜美「お~ラーメン屋ですなぁ」

P「そっ!ラーメン屋」

伊織「……まさかアンタと離れて食べるなんて事無いでしょうね」

P「言っとくがお前を抱きながらは食べれないぞ」

伊織「……ぁ"」

伊織「ぃ"や"ぁ"ああ"!!アンタと一緒じゃなきゃ"いや"なの"ぉおお"!」

亜美「どうするどうする→」

P「どうするどうする→」

亜美「兄っ!ちゃんっ!」

P「シンキンターイム!」

伊織「ぃ"や"ぁ"ああ"!」


858: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:06:19.61 ID:tVQZqURK0


亜美「さてさてやってまいりました兄ちゃんシンキンターイム」

P「今回は以前と同じ位の難題です」

伊織「アンタと一緒じゃなきゃ絶対に嫌!!」

亜美「いおりんは兄ちゃんと抱きしめ合いながらじゃないと嫌って言ってるよ?」

P「亜美はラーメン食べたいよな?」

亜美「うん!ラーメンって美味しいもんね」

亜美「それに兄ちゃんと一緒だからもっと美味しく感じるよ」

P「亜美殿はおだて上手ですなぁ」

亜美「んっふっふ~もっと褒めてよ」

伊織「屑!とりあえず私を抱きしめなさいよ!!」


862: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:10:03.42 ID:tVQZqURK0


亜美「兄ちゃんはそこのラーメン屋、行った事あんの?」

P「うん…昨日だったかな」

亜美「お~二日連チャンで行くとは兄ちゃんも通ですなぁ」

伊織「……股が」

伊織「股が痒いのぉ"お"お!!」

亜美「兄ちゃん、いおりんの股、かいたげなよ」

P「掻くだけですみそうに無いから嫌なんだよ」

伊織「あぁ"ア"ぁ!!」

伊織「ごっ、ゴキブリが卵産んでりゅうぅ"!いやぁ"ああ!!」


869: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:13:27.71 ID:tVQZqURK0


P「ふむ…どうするか」

亜美「いおりんを車の中に放ったらかしにする?」

伊織「んなあぁっ!?」

亜美「亜美、兄ちゃんと二人で食べに行きたいなぁ」

P「そうするか」

伊織「ぁ"ああ"ぁ"ああ!」

伊織「ウミガメが私のお腹で卵産んでゆぃう"ぅう"!いやぁ"ああ!」

P「…」

亜美「今のいおりんに冗談は通じないみたいだね」


873: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:16:19.05 ID:tVQZqURK0


P「どうしましょ」

亜美「マックに行く?」

P「うーん……マクドにするかぁ」

亜美「うん、マックにしよっか」

P「……マクドな」

亜美「………マックだよ」

P「マクドだ」

亜美「マックだよ」

伊織「ぁ"ああ"ぁ"ああ!ハンバーグを私のお腹の上で焼かないでぇえ"え!!」


880: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:18:54.29 ID:tVQZqURK0


P「マクドだろ」

亜美「マックシェイクって言うぐらいだからマックだよ!」

P「じゃあケンタッキーはケッタか?ケンタだろ!?」

亜美「今はケンタッキーは関係無いよ!」

P「マクドナルドだからマクドだろ!」

亜美「いいや、マクドナルドはマックなの!」


伊織「フライドポテトを私のお尻に詰めないでえ"ぇ'"え!!ストローを刺さないでぇ"え!!」


885: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:22:47.88 ID:tVQZqURK0


P「……マクド」

亜美「じゃあさじゃあさ!」

亜美「兄ちゃんはマクドナルドのCM見た事無いの!?」

亜美「言ってるよ?100円あったらマックへ行こうって!」

P「じゃあモスバーガーはなんなんだよ!?モスだろ!?モッスなんて言わないだろ!」

亜美「モスバーガーは略さないのが正解なんだよ兄ちゃん!」

P「マクド!」

亜美「マックだよ!」


伊織「いやあぁ"ああ"ぁ"ああ!レタスをお尻に詰めないでぇ"え"え!!」

伊織「シャキシャキしてないからあぁあ"!!」


891: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:26:25.93 ID:tVQZqURK0


P「…じゃあロッテリアにしようか」

亜美「どうせならモスバーガーが良い」

P「じゃあモスで」

亜美「モスバーガーだよ兄ちゃん」

P「……モス」

亜美「モスバーガー」


伊織「いやぁ"ああ!耳にパンを入れないでぇ"えぇえ"!聞こえなくなっちゃうからあぁああ"!!」

伊織「ベーグルは二枚しか入らないからぁ"ああ"ぁ"ああ!」


897: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:30:35.31 ID:tVQZqURK0


~モスバーガー~

「ご注文をお願いします」

P「なに食べる?」

亜美「モスバーガーにオニオンリング」

P「俺もそれにするかなぁ…」

P「伊織は?」

伊織「シェイクを鼻に入れないでぇええ"!」

伊織「フルーリーだと鼻の中が血だらけになっちゃうからあぁああ"!!」

P「えーっと、モスバーガーにオニオンリングを三つ、飲み物はオレンジジュース二つに」

亜美「ファンタオレンジ!」

P「っと、以上で」


901: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:34:30.29 ID:tVQZqURK0


「モスバーガーも三つですよね?」

P「あっ、すいません、三つです」

亜美「兄ちゃんのバーカ」

P「……二つで」

亜美「嘘だよ~!」

P「すいません、三つで」

「ご注文をご確認させていただきます、モスバーガーとオニオンリングが三つづつ、飲み物がオレンジジュースがお二つ、ファンタオレンジがお一つ…以上で宜しかったでしょうか」

P「オッケーでーす」


伊織「モスバーガーの太いポテトじゃそんなに入らないからぁ"ああ"ぁ"ああ!半分が限界だからァあ"あぁ!」


904: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:37:23.93 ID:tVQZqURK0


亜美「はい、兄ちゃん」

P「ありがと」

亜美「はい!いおりん」

伊織「…ぁ"ああ"ぁ"ああ!!」

P「な、なんだよ」

伊織「このオレンジジュース果汁100%じゃないぃ"い!!」

伊織「果汁100%じゃなきゃ"いや"なの"ぉおお"!」

亜美「あっ、そだったね、いおりんは果汁100%以外飲まないんだよ」

P「マジかよ…」

伊織「100%じゃなきゃ"いや"なの"ぉおお"」


907: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:42:19.76 ID:tVQZqURK0


P「伊織、ほらっ、あーん」

伊織「100%じゃなきゃ"いや"なの"ぉおお"!」

亜美「兄ちゃんの甘い誘惑も今のいおりんには効かないみたいだね」

P「こうも五月蝿いと困るなぁ」

伊織「……」

伊織「股が痒いのぉ"お"お!」

P「…露骨に変えてきやがった」

亜美「もう時間も無いんだしいおりんと一発やっちゃえば?」

P「……嫌だよ」

伊織「マグナムで撃っでえぇ"え"うぢぬいでぇええ"!」


908: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:46:16.02 ID:tVQZqURK0


P「…で、明日からどうしよっか」モグモグ

亜美「うーん…亜美は仕事真っ白だよ」モグモグ

亜美「亜美一人の仕事なんて今まで無かったんだし」

亜美「あっ、オニオンリングもーらい」パクッ

P「おい!なんで俺の取るんだよ!」

亜美「んっふっふ~油断大敵」モグモグ

P「…」スッ

亜美「あげないよ~」

P「ぐぎぎぎぎ」

伊織「マグナムで私の撃ち抜いでぇえ"ええ"撃ち抜いてくれなきゃ"いや"なの"ぉおお"!」

伊織「……」チラッ

P「…」モグモグ


910: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:49:26.19 ID:tVQZqURK0


伊織「…」

亜美「やっといおりん黙ったね」

P「あぁ…やっと黙ってくれた」モグモグ

伊織「屑…オレンジジュース、変えてきなさいよ」

P「無茶言うなよ…」

亜美「だったら亜美のファンタオレンジと交換する?」

伊織「嫌よ、誰がアンタの唾液が付いたストローなんかで………」

亜美「ストローは変えるよ→」

伊織「……ちょっと屑」

P「はい?なんすか」

伊織「アンタのオレンジジュースと私のオレンジジュース」

伊織「……交換よ」


913: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:51:00.92 ID:iwJXVysA0

口うつしで塞いじゃえよ


914: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:52:46.29 ID:tVQZqURK0


P「はぁ?」

伊織「い、良いから交換しなさいよ」

亜美「……んっふっふ~いおりんの考え読めちった~」

伊織「早く!アンタの飲みかけのと私の新品を交換したげるんだからおとなしく差し出しなさいよ屑!」

P「……分かった」

P「ほらっ」スッ

伊織「にひひっ」

亜美「兄ちゃん、ストローは抜いとかないといおりん怒るっちゃうよ~」

P「んあっ?そうだった」

伊織「な"あっ」


915: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 03:58:13.63 ID:tVQZqURK0


P「ほらっ」

伊織「……」

亜美「いおりん…まだまだですなぁ」

伊織「…ぁ」

伊織「ぁ"ああ"ぁ"ああ!いやぁ"ああ!!ぎぃやぁがあぁ"!!」

P「亜美…お前何かしたのか」

亜美「さぁね~?」

伊織「うっぐ……ぐぅ…」

P「今度は泣き始めたぞ」

亜美「薬を使ってない時のいおりんは情緒不安定だかんね→」

伊織「の…飲みたかったのに……あ、アンタのストローで飲みたかった…」


916: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:03:48.05 ID:tVQZqURK0


P「そういえば亜美って家に送れば良いんだよな?」

亜美「別に兄ちゃんの家でも良いよ?」

P「……」

亜美「兄ちゃん?」

P「いや、連れてかないぞ」

亜美「それ位分かってるよ→」

伊織「…アンタと一緒じゃなきゃ嫌なのに……また私…薬に溺れなきゃなんないの…」

亜美「いおりん相変わらずダークムード出してるね」

P「まぁ伊織は当分俺の家で養って行くよ」

伊織「えっ」


917: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:05:32.93 ID:JQl6glF80

店内で「ぁ"ああ"ぁ"ああ!いやぁ"ああ!!ぎぃやぁがあぁ"!!」とか叫んでたら出禁くらうだろ


920: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:05:56.73 ID:tVQZqURK0


P「当たり前だろ…お前俺と居ると薬使わなくて済むんだろ?」

伊織「……うん」

P「だったら使わないに越した事はないからな」

亜美「…兄ちゃん」

P「ん?」

亜美「亜美のお尻に詰めたユッケあんじゃん」

亜美「これさ…抜いたらどうなんのかな」

P「血便垂れ流し」


921: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:08:20.21 ID:tVQZqURK0


亜美「だよね↓↓↓」

P「それもどうにかしないとマズイんだよなぁ」

伊織「く、屑と二人っきりで…」

P「あっ、ちなみに俺の家には犬が居るからな」

伊織「犬?」

P「あぁ!アパートだけどさ、犬飼ってんだよ」

亜美「亜美…どうしたら良いんだろ↓↓」


927: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:12:16.19 ID:tVQZqURK0


P「あとよく外から動物が入ってくるから気をつけろよ」

伊織「そ、外から?」

P「あぁ、この前は蛇が入ってきたな」

P「その前はリスとか鳥とか」

亜美「兄ちゃん家退屈しないね」

伊織「なんで動物なんて入ってくるのよ」

P「それがさぁ…鍵閉めとくとガラスを叩く音で夜中に目が覚めちまう事が良くあるんだよ」

P「それで何時しかドアは開けっ放しになったってわけ」


929: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:15:52.47 ID:tVQZqURK0


P「水瀬家で処理出来ない?」

P「もう毎日五月蝿くてやれないんだよ」

伊織「いやよ」

P「言うと思った…」

亜美「……」グッ

P「お、おい亜美?なにパンツの中に手を入れてるんだ」

亜美「いや…本当にユッケを抜いたら出るのかなぁって」

P「やめろ!まだ早いって!」

亜美「……あっ!これかぁ」


931: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:18:25.53 ID:tVQZqURK0


亜美「えいっ!」

ニュプ

P「伊織!車から出ろ!」

伊織「いやよ!アンタと一緒じゃなきゃ動かないから」

亜美「兄ちゃん、ほらっ!なんともな

ビチビチビチビチ

亜美「ぁ"→→→→→→」

P「ぎぃやあぁ"ああ"!人の膝の上で血便垂れ流すな馬鹿亜美!!」

伊織「うぅっ…く、くっさあぁ」


932: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:19:58.89 ID:JQl6glF80

馬鹿ばっかwwww


933: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:20:57.70 ID:tVQZqURK0


亜美「ごめんなざあぁい」

ブリュビチャビチャ

亜美「ぁ"→→→→→→」

P「うがあぁ"ああ!くっせえぇ!車が!せっかく伊織から買ってもらった新車があぁああ!!」

伊織「くさあぁああ」

亜美「いお"りん"……酷いよぉ」

ビリャヂリュリュビチビチビチビ

亜美「ぁ"→→→→→」


934: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:21:27.74 ID:6fPjZOmm0

ユッケすげえww


935: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:21:55.21 ID:bUuFwMO10

どこを見渡しても異常者ばっか


936: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:23:40.59 ID:iMKv/g2+0

定期的にユッケを変えなければ……


937: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:24:21.87 ID:eq4sMSiu0

ユッケ最強説


938: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:25:15.68 ID:tVQZqURK0


P「あ、亜美!ユッケは何処にやった!」

亜美「外に投げ捨てた…」

ビリャヂリュリュビチビチビチビ

亜美「ぁ"→→→→→」

伊織「ちょっと!なんとかしなさいよ屑!!」

P「俺だってなんとかしてーよ!」

P「つーかくっせぇええ!うお"え"ぇええ!!」

亜美「二人とも酷いよぉ」

ビチビチビチビチ

亜美「ぁ"→→→→→」


941: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:28:08.93 ID:tVQZqURK0


P「あぁああ"!伊織、後部座席に非難しろ!」

伊織「あ、アンタを置いて後部座席に行けるわけ無いじゃない!」

P「バッキャロー!お前まで血便臭くなるぞ!!」

ブリュビチャビチャ

亜美「ぁ"→→→→→」

伊織「あ、アンタこそ!もう下半身は血便塗れじゃない!」

P「まだ伊織は濡れて無いだろ!だから早く後部座席に非難しろ!」

ビチビチビチビチ

亜美「ぁ"→→→→」


943: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:29:10.35 ID:kQ8FT61V0

なんだこの茶番ww


948: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:30:55.82 ID:tVQZqURK0


伊織「…や、約束よ」

ブリュリュリュリュ

亜美「ぁ"→→→→」

伊織「必ず私を隣に乗せなさいよ」

P「あぁ!任せろ」

ブリュビチャビチャ

亜美「ぁ"→→→→→」

P「ぐおっ!」

伊織「……信じてるんだから!」

P「あぁ!俺を信じろ!」

ブピ━━━━!

亜美「ぁ"→→→→」


949: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:33:22.55 ID:tVQZqURK0


P「行き先はえびす!」

亜美「にぃぢゃん…亜美、お腹痛い」

ビチビチビチビチ

亜美「ぁ"→→→→」

伊織「亜美!アンタ、アイドルなんでしょ!?」

亜美「それとこれとは関係な

ビチュビチビチビチビチ

亜美「ぁ"→→→→→」



953: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:35:43.68 ID:tVQZqURK0


P「くっさあぁ!」

ギャギャギャギャッ!

ブゥオンッ!

亜美「は、早くえびすに……」

ブリュビチャビチャ

亜美「ぁ"→→→→→→」

伊織「亜美!しっかりしなさい!」

亜美「いおりん……あ、亜美がんば

ブリュリュリュリュ

亜美「ぁ"→→→→→→」

P「う"ぉ"えぇええ!!」

P「はっ、発進…」

ブロロロロロロ


954: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:39:49.04 ID:tVQZqURK0


長介「…」

俺の名は長介、高槻長介。
こうみえても走り屋なんだ、舎弟も50人は居る
だけど今は一匹狼、一人で走りたかったから……

やよい姉ちゃんのビッグスクーターを勝手に乗り、車道を爆走中
凄いや…俺の原付の10倍は馬力が有りそうだ
思い切りハンドルを回しフルスロットルで車を追い抜く

俺は今風になってる、そんな気さえした


956: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:41:06.03 ID:PxxhdBt00

何か始まったぞ


961: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:45:59.27 ID:tVQZqURK0


長介「いやっっふうぅうう!!」


マフラーから爆音が鳴り響く、この音が俺の脳を刺激させるた
もっと!もっと速く!お前だって速く走りたいだろ!
だったら俺に任せとけ!お前を羽ばたかせてやる!

長介「いっくぜー!!!」

速度メーターが振り切れる、200kmは出てるだろうか
ハンドルを握る手に風圧が襲いかかる
重い…だけどそれは速い証拠、俺は今すっごく興奮してる
やよい姉ちゃん、ズルいよ!こんないいマシン持ってたなんてズルいよ!!

カーブに差し掛かる瞬間、脳が俺に伝える
スピードを落とせ、落とさなきゃヤバイ


長介「しーんぱいっ」

長介「ないさーー!!」



962: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:49:23.09 ID:tVQZqURK0


P「うおっ!?」

キキイィイッ!!

ズギャゥアアンッ!

伊織「な、なに今の衝撃!」

亜美「なにかぶつかって来たね」

ビチュビチビチビチビチ

亜美「ぁ"→→→→」

P「伊織に感謝だな」

伊織「あったり前よ!超装甲が売りのこの車」

伊織「10tトラックと衝突しても傷一つつかないんだから」


967: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 04:56:12.45 ID:tVQZqURK0


長介「…かっ…」ピクピク


俺の名は長介、高槻長介
伝説の走り屋だった男だ
舎弟も50人程居たが……それは昔の話
これから先、一生一匹狼、もう二度走れないから

やよい姉ちゃんのビッグスクーターを勝手に乗り車道を爆走

痛いや…原付で転けた時の10倍は衝撃が有りそうだ
思い切りハンドルを回しフルスロットルでカーブに差し掛かった


今の俺には翼が生えてる、そんな気さえした


969: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:00:31.73 ID:tVQZqURK0


~えびす~

P「つ、着いた…」

亜美「にぃぢゃん…亜美もいく」

P「お前は来なくていい!」

亜美「そんな…酷いよにぃぢゃん」

伊織「私も行く」

P「お前も来なくていい!」

伊織「……」

伊織「いやぁ"ああ!ついていぎだいぃ"い!!」

P「ただのわがままじゃねぇか!」

P「すぐユッケを買ってくるから待ってろ」

伊織「……」

P「ほらっ!ハンカチ」スッ

伊織「すううぅー」


972: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:03:11.35 ID:tVQZqURK0


「うっぐ!?な、なんだその服は」

P「ユッケ一人前!」

「……ま、まいど」

P「臭くて何が悪い!!」

P「臭いで人を判断するんじゃねぇぞ!!」

「す、すまねぇ」

P「早くユッケを!」

「もう少し待ってくれ…」

「はいよ、ユッケ」

P「ありがとう!」

ダタッ!

「あっ!お代は」


973: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:05:29.70 ID:tVQZqURK0


~車内~

ガチャ

P「亜美、ユッケもってき

P「う"ぉ"ええぇ"!くっさ!くっさあぁ!!」

亜美「にぃぢゃあぁん…ひどいよぉ」

ビチビチビチビチ

亜美「ぁ"→→→→→」

P「早く尻だせ!」

亜美「ま、まっでよぉ"」

ビリャヂリュリュビチビチビチビ

亜美「ぁ"→→→→」

P「あーもう!」


975: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:08:09.61 ID:tVQZqURK0


亜美「…はい、にぃぢゃん」

P「あ、亜美のお尻…」ゴクリ

伊織「は、早くユッケを突っ込みなさいよ!」

亜美「に、に"ぃちゃん…は、早く」

P「……」

ジュリュップッジュリュリュリュ

亜美「んぁっ!?」

伊織「ちょ、ちょっと!なに亜美のお尻の穴舐めてんのよ!ゴミ屑!!」

P「……」


979: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:11:14.94 ID:tVQZqURK0


P「おげぇえ"ぇうお"ぉ!」

亜美「はぁ…っはぁ…」

亜美「に、兄ちゃん…な、舐めるなら舐めるって言ってよぉ」

P「ぐぼげえ"ぇおげぇえ"ぇうお"ぉ!」

P「があぁあ"あぁ!!」

P「まっずうぅう"!」

伊織「当たり前でしょ!ゴミ屑!」

P「だ、だって…亜美のお尻が綺麗だったからつい…」

亜美「兄ちゃん、嬉しいけどさ…早くユッケをつめ

ビリャヂリュリ

亜美「ぁ"→→→→」


980: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:14:36.04 ID:tVQZqURK0


P「……ふぅ、なんとかユッケを詰め終わったな」

亜美「……うん、もう出ないよ~」

伊織「散々出しといてよく言うわよ」

P「この車…乗りたくないなぁ」

亜美「亜美ももう乗りたくない」

P「お前のせいだろ」

亜美「兄ちゃんだって亜美のお尻舐めて喜んでた癖に」

P「あんなマズイお尻嬉しくもなんとも無いわ」


983: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:18:43.12 ID:tVQZqURK0


~港~

やよい「ブッ殺してやるですよ~」

真「はあぁ…久しぶりに暴れちゃうぞ~」

雪歩「人の首を飛ばすのって何時ぶりだろうなぁ」

春香「やよい、相手は何人居るの?」

やよい「さぁ?多分60人は居ますよ~」

雪歩「一人15人、私達なら大丈夫だよね」

春香「私だけで30人は潰すから一人休んでていいよ」

真「じゃあボクも30人倒すから一人休んでていいよ」


985: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:21:47.41 ID:tVQZqURK0


やよい「……」

やよい「早く出てこいですー!!」

やよい「お前達も今日でお終いですからー!!」

「……」ザザッ

春香「へー、ざっと見100人は居るね」

やよい「うっうー!ホットプレートの準備はOKですよー!」

真「ボクもうお腹ペコペコ」

雪歩「……」スッ

やよい「それじゃあ皆さん」

やよい「また後で会いましょー!」


988: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:24:34.58 ID:tVQZqURK0


真「ひゃっはあぁああ!!」

「す、素手で突っ込んできたぞ!?」
「構わん!蜂の巣にしろ!」

ダタタタタタタタタッ!

真「無駄無駄無駄ぁああぁあ!!」




春香「あははははは!」

「こっちも素手で突っ込んできたぞ!」
「グレネードの餌食になれ!」

ズドンッ

ヒュウゥウウ

春香「そんな鉄の塊が私に当たる訳ないじゃあぁああん!!」


989: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:27:53.81 ID:tVQZqURK0


雪歩「…一つ!……二つ!三つ!!」

スパンスパンスパーンッ!

「この女、スコップで正確に首だけを狙って!?」
「しかも一撃で首を跳ねてるぞ!」
「機関銃で蜂の巣だあぁあ!」

ズダダダダダダダダッ!

雪歩「見える…見えるよ!」

雪歩「そこっ!」

スパーンッ!



やよい「うっうー!お前達ホットプレートの上で焼き土下座Deathー!」

ジュウウゥウ

「ぎゃあぁああ!」


990: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:29:16.24 ID:tVQZqURK0


春香「あははははは!!」






真「WRYYYYYYYYY」






雪歩「νスコップは伊達じゃない!」






やよい「ざわざわざわ……ですー!」


992: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:32:12.91 ID:6Prwcfoh0


~30分後~

やよい「みなさーん!お肉が焼けましたよー!」

春香「わーい!」

真「春香!まだ食べちゃダメだってば」

雪歩「食べる時はみんなで手を合わせないと」

春香「はーい」

やよい「それじゃあ皆さん手を合わせましょーう!」



四人「いただきます!」


終わり


996: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:34:57.27 ID:6Prwcfoh0

じゃあおやすみなさい!なんだよこの終わり方!!うんこですね

それじゃあ皆さん

レッツ!アイマス!!


998: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:35:34.57 ID:as5G36qyQ



999: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 05:35:38.54 ID:iMKv/g2+0

おい


1001: 1001 ID:

16歳♀暇だから全レスします☆     こちらスネーク        1990年生まれ集まれ~☆       安価でお絵描き
   中学生      遊戯王        新ジャンル    VIPで本格的にRPG作ろうぜ   XBOX360
        全力で釣られるのがVIPPERだろ!w   ポケモン      コテデビューする                  ら
が    カレシと別れそう・・・   初心者   鬱病♀だけど     彼氏/彼女いないVIPPERちょっとこぃ♪       き
っ      唇スレ         mixi招待するお     釣った厨房に安価でメールwwwww               ☆
こ  さみしい・・・誰かかまって       425はどこも変えてなかった              ピカ厨       自    す
う     時代の流れ     デブきめぇんだよ           捨てアド晒してメル友     メンヘラ     殺     た
い  VIPヌクモリティ   顔晒し      馴れ合いスレ  「~だお」              コテ雑         し
き     今のVIPが嫌ならVIPから出てけww        A雑    大阪VIPPER集まれ!!☆        ま
た 工作員 18歳♀が16歳♂に安価メール   VIPでMMO           ネタにマジレスの嵐         す
く    隠れオタ           skype       パートスレ   Skype         mp3垂れ流し
な  住所ギリギリまで晒して近かったらラーメン               二番煎じ
い       空気読め    リア充          ニコニコ動画   >>1 そっヵ、残念やわ(´・ω・`)
お   付き合ってくだしあ><       今から元カノに痛メする  >>3 ウチは高校生だぉ☆
                                           >>9 うはwwこれがVIPクオリティw
    ∩∩ V I P は ぼ く ら の 時 代 だ !!  V∩     >>2 自重しろwwwww          Be
ハ  (7ヌ)                               (/ /    >>7 ブラウザゲーやらないか?
ル  / /                 ∧_∧         ||                          モリタポ
ヒ / /  ∧_∧     ∧_∧  _( ゚ω゚ ) ∧_∧   || 埼  >>5 2chって有料なんですか?
  \ \( ゚ω゚ )―--( ゚ω゚ ) ̄      ⌒ヽ( ゚ω゚ ) //  玉  >>6 え?俺マジ貧乏なんだけど
    \       /⌒   ⌒ ̄ヽ ゆとり /~⌒    ⌒ /    O  >>8 お母さんに何て言えば
     |      |ー、      / ̄|    //`i構って女/     F   安価で絵描くお
低    | 恋愛 | | 厨房 / (ミ   ミ)  |    |     F   14歳♀中学生処女だけど質問ある?  ハ
年    |    | |     | /      \ |    |                                  ム
齢    |    |  )    /   /\   \|       ヽ   PCに詳しい人ちょっときて!!!   イ      ス
化    /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |        電車男              ミ       タ
     |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /  サーセンwwwwwwwwwwwwwww   フ      |


                                                              ニュー速VIP
                                                             http://hibari.2ch.net/news4vip/


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:スロス 胸糞 閲覧注意 アイマスSS

コメント

更新おつ
気が向いたら他のスロスのも完結させてくれ
  • [2012/09/03 17:21]
  • URL |
  • 名無し春香さん
  • [ 編集 ]
  • TOP ↑

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます(๑≧౪≦)
情報源が少なくて困ってるんです><
最善はつくしますです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。