スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「ちっ・・・また非通知電話かよ・・・」 

カテゴリ:未分類

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 07:52:30.99ID:Vt0HMYkJO
Prrrr・・・ 

男「毎日毎日・・・よく飽きないな、コイツも。逆に関心するよ」 

ここ一週間、毎晩9時になると俺の所に非通知電話がかかってくる。 
ホントに9時ピッタシにだ。 
悪戯にしてはよく精が出る。 


Prrrr・・・ 

男「はぁ・・・うるさいなぁ」 


Prrrr・・・ 

???「・・・」 

Prr・・・ピッ 

???「・・・っ!」 

???「あっ・・・あああたし、メリー! 今あなたの・・・っ」 

『ただ今、電話に出ることが出来ません。ピーという発信音の・・・』 

メリー「・・・」
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 07:55:58.79ID:Vt0HMYkJO
男「ふん。こっちは社会人なんだ。ガキのお遊びに付き合ってる暇はねーんだよ」 

男「ふわぁ・・・寝るか」 


『・・・お名前とご用件を入れてください。ただ今、電話に出ることが・・・』 


メリー「・・・」 

メリー「はぁ・・・」 

メリー(今日も出ない・・・か) 




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 07:59:26.02ID:Vt0HMYkJO
私は一年前、彼に捨てられた人形、メリーだ。 

気がついたら、ゴミ収集車の中にいた。 
あまりにも唐突だった。 


メリー「結構可愛がられてると思ってたのにな・・・」 

メリー(小さい時から、ずっと一緒だったのに・・・) 

メリー「・・・ぐすっ」 

メリー「許せないっ!」 


私は彼への恨みを晴らすため、『呪いの人形』へと姿を変えた。 




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:04:56.13ID:Vt0HMYkJO
魔女「恨めしいのかい。かつてのご主人様が」 


夢の島。 
そこはゴミ達の流刑地。 

一年前、そこで埋もれていた私は、ひとりの魔女と出会った。 


魔女「欲しいかい。その恨みを晴らす力が・・・」 

魔女「どうしても欲するなら、お前に授けよう」 

魔女「まぁ・・・制限付きの能力だけどね」 

私は逡巡して、頷いた。 
その時は体を動かすことは出来なかったけど。 

魔女「ならば与えよう」 

私は『呪いの人形』になった。 






9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:11:23.66ID:Vt0HMYkJO
私は話すことが出来るようになった。 
歩くコトさえ・・・ 


魔女「それが出来るのは『恨みを晴らす意思』に基づく時だけだよ」 


充分だ 
私は彼が憎い・・・ 
絶対に許さない 


魔女「お前は『恨み人』に近付き、呪い殺すことができる・・・ただし」 

魔女「近付けるのは、彼が電話に一度出る度に、30メートルだけだ」 


構わない。 
電話をかけ続けて、いくらでも近付いてやる。 


メリー「つもりだったのに・・・」 




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:15:57.93ID:Vt0HMYkJO
メリー「電話に出てくれないんじゃ、玄関から一歩も動けないじゃない・・・っ」 

メリー「はぁ・・・そういや昔から、根は臆病な人だったっけ・・・」 


雷の日。 
学校で虐められた夜。 
そして、お父さんが死んだとき・・・ 


彼はよく私を抱いて眠ったものだった。 


メリー「暖かかったな・・・あの時・・・」 




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:18:01.14ID:Vt0HMYkJO
Prrrr・・・ 


メリー「今日も出ない・・・かな」 


ザアアアア・・・ 

メリー「あ、雨」 




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:23:14.50ID:Vt0HMYkJO
男「はぁ・・・疲れた。会社なんて、もうやめてーよ」 


『何をやっとるんだ、たるんどるぞっ!』 

『まぁ・・・もうちょっとしっかりしようぜ』 


男「なんだよ、部長も、同僚も・・・ちょっとミスしたぐらいで・・・」 

男「はぁ・・・」 スッ 

男「ああ・・・そういや、もうないんだっけか、アレ・・・」 

『アレ』と言うのは、俺がガキの頃親父に買ってもらった人形のことだ。 

辛いときは、よく抱いて寝た。 
今でも無意識のうちに手で探してしまう。 


去年、母親がゴミと間違えて捨ててしまったが・・・ 




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:26:41.45ID:Vt0HMYkJO
親父の形見だったのに・・・ 

母を責め立てようと思ったが、泣いて謝られたのでそれ以上なにも言えなかった。 


Prrrr・・・ 


男「・・・ったく、こんな日まで・・・」 


Prrrr・・・ 


男「まぁ・・・今日はちょっと付き合ってやるか」 


ちょうど『アレ』に代わる話し相手が欲しかったところだ。 




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:28:13.99ID:Vt0HMYkJO
Prrrr・・・ 

メリー「はぁ・・・今日もダメか・・・」 

メリー「クッシュン! はぁ・・・今晩は諦めよう」 


Prr・・・ピッ 


男『もしもーし』 

メリー「っ!?」 




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:31:43.92ID:Vt0HMYkJO
メリー(で、出た・・・っ) 

男『もしもーし? おーい、せっかく出てやったんだからなんとか家よ』 

メリー(ど、どどどうしよう・・・っ!) 


一年振りの彼の声・・・ 

彼に言いたいことが、山ほどあったのに・・・ 


頭が真っ白になって、なにも出てこない。 


メリー「あ、あああの・・・っ!」 

男「?」 

メリー「わ、私・・・メリーっ! 今、あなたのマンションの、玄関にいるの・・・っ!」 




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:34:43.26ID:Vt0HMYkJO
男『はぁ? なんじゃそら?』 

メリー「と、とにかくっ・・・そういうことですからっ!」 

ピッ! 


メリー「ハァ・・・ハァ・・・」 

メリー「あ・・・っ」 

メリー(『呪いの人形』の癖に敬語使っちゃった・・・) 

メリー「台なしじゃん・・・」 


だが、これで彼に30メートル近付ける。 
まぁよしとしよう。 




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:37:32.09ID:Vt0HMYkJO
男「・・・なんだってんだ」 


『わ、私・・・メリーっ! 今、あなたのマンションの、玄関にいるの・・・っ』 


男「玄関に・・・って、この雨の中か?」 


まったくバカバカしい。 


男「それにしても、メリーか・・・」 


メリー・・・メリー・・・ 


男「!!」 

男「『アレ』と同じ名前だ・・・っ!」 




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:40:42.63ID:Vt0HMYkJO
なんてことだ・・・ 
偶然だろうか 


男「いや・・・幼い少女の声・・・そしてメリーという名前・・・」 

男「偶然にしては、出来すぎている・・・」 


ということは、毎晩非通知電話をかけてきていたのは・・・ 


男「あ、あのメリーなのか?」 


だとすれば・・・ 
だとすれば・・・ 


男「彼女は毎晩玄関の前で待ちぼうけを・・・」 

男「・・・っ!」 




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:44:40.61ID:Vt0HMYkJO
メリー「・・・っと、ここまでか・・・」 


体が自動的に動かなくなった。 
多分、ここが30メートルのラインなんだろう。 


メリー「はぁ・・・遠いな。あと何回電話しなきゃいけないんだろ・・・」 


だが諦める訳にはいかない。 
彼だけは、絶対に許せないんだ。 


メリー「何度だって、かけ続けてやるんだからっ!」 


私はそう決意して、魔女に渡されたア○フォンを手に取った。 

その時・・・ 


男「メリーっ!!」 

メリー「っ!?」 




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:48:09.88ID:Vt0HMYkJO
メリー「あ・・・あ・・・っ」 

男「やっぱり・・・っ」 


彼だ、どうしよう。 

溜まった・・・溜まりに溜まった恨みが、言い尽くせないほどあるのに・・・ 


メリー「あ、あの・・・わ、私・・・っ」 

男「メリー!」 ギュッ 

メリー「・・・!?」 




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:51:23.38ID:Vt0HMYkJO
男「メリー、会いたかった!」 

メリー「!? あ、私・・・は」 

男「ゴメンな・・・あの時、探したんだけど・・・どうしても見つからなくって」 

メリー「な、なにを・・・」 

男「もう絶対、手放したりしないからな!」 

メリー「あ・・・っ」 


懐かしい・・・ 
この暖かさ。 
におい。 
感触。 


メリー「この・・・っ」 




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 08:54:24.13ID:Vt0HMYkJO
ふざけるな。 
捨てておいて。 
今日はお前を呪い殺すために来たんだ。 
絶対に許さない。 



メリー「あ・・・っ」 

男「・・・うん? なんだ、メリー」 

メリー「あ・・・っ」 

男「・・・?」 


メリー「会いたかったです・・・ご主人様・・・っ」 


溢れる恨み言を押し退けて口をついて出たのは、そんな言葉だった。 





42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 09:00:57.75ID:Vt0HMYkJO
男「俺もだよ、メリー・・・」 

メリー「・・・」 

男「・・・メリー?」 

メリー「・・・」 

男「おい、メリー、メリー?」 



結局、メリーが動くところを見たのは、その夜だけだった。 

彼女は今、部屋の棚に飾ってある。 
昔と同じように・・・ 

辛い時、メリーはいつも俺に暖かい眼差しを向けてくれる。 
昔と同じように・・・ 


ただ昔と違うのは、帰りが遅くなると彼女から電話がかかってくるようになったことだ。 

非通知電話で。 


<男「ちっ・・・また非通知電話かよ・・・」> 【完】 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。