スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊織「ほら、帰るわよ」P「いや、無理」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:10:58.60 ID:iZrLkXoLO


伊織「なんでよ!」

P「いや。だって、まだ普通に仕事残ってるし」

伊織「あのねぇ、せっかくこの伊織ちゃんが誘ってあげてんのよ? それくらい明日やればいいじゃないの」ムー

P「……無茶言うなよ伊織。この前それやったせいで、俺は律子に怒られたんだぞ」





2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:12:11.66 ID:iZrLkXoLO


P「しかも、今日はあの日と違ってまだこんなに残ってる」ドッチャリ

P「コイツを残して俺は帰る訳にはいかない。だから、悪いけど今日はひとりで帰りなさい」

伊織「イヤよ。アタシはアンタと一緒に帰りたいの。ひとりで帰るなんて絶対イヤ」

P「いおりんは我が儘だなぁ」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:13:21.95 ID:iZrLkXoLO


伊織「そんなの、いつもの事でしょ?」ヤレヤレ

P「自覚あるならなおせよ。あと、その『なにいってんだコイツ』みたいな蔑んだ目やめろ」

伊織「……興奮する?」

P「しねぇよ馬鹿娘。お前の中の俺はどんな変態だよ」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:14:20.71 ID:iZrLkXoLO


伊織「そうねぇ……。アタシの中のアンタは――」

P「いや、待て。言うな、言わなくていい」

伊織「はぁ……。分かったわよ。アンタも我が儘ねぇ」ヤレヤレ

P「いやいや。なんで俺が悪いみたいになってんだよ。悪いのは全面的にお前だろ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:15:37.29 ID:iZrLkXoLO


伊織「はいはい。もうそれでいいわよ」ヤレヤレ

P「……この娘最高にウゼェな。もうはやく帰れよ。しっしっ」

伊織「なによそれ! それが恋人に対する態度?」

P「その言葉、そっくりそのままお前に返してやるよ」ヤレヤレ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:17:03.77 ID:iZrLkXoLO


伊織「ムキーッ!! もう良いッ! 帰るわよ帰ればいいんでしょこの馬鹿プロデューサー! アンタなんかもう知らないんだから!」

P「はいはい。ギャーギャー騒いでないでさっさと帰れ。ほら、音無さんにも迷惑だろ?」

小鳥「ウハッ! 久々に神スレキタピヨ! フヒヒ……主何歳?っと……え、プロデューサーさん、今何か言いました?」カタカタ

P「いや、別になんでもないです」

伊織「馬鹿ッ! 変態ッ! 痴漢ッ! アンタなんかだいっきらいッ!!」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:17:17.61 ID:dws8vnkY0


          ト、  ノ!
   ┛┗   , -l =に}=|、
    ┓┏ /∠フ777ヽヽ ┛┗
      /:.//ヲ´ ̄ (ハ)ヽ} ┓┏
        l: :| lミ| \  / |
        |: :レ'ミ|  >  < | っ    喜んでんじゃないわよ、このド変態!!
        |:.(6リ///厂 ̄} }  っ
        |: :`ー、  |⌒∨ノ!
        |: : : : : :> ̄<.:.:|


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:19:14.86 ID:iZrLkXoLO


ドタドタ……ガチャ、バタンッ!


P「まったく、騒がしいヤツだ」


ドタドタ……ガチャ!


伊織「むー……ただいま」トテトテ

P「おかえり。啖呵切って飛び出してった癖に随分早かったな」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:20:09.39 ID:iZrLkXoLO


伊織「……よく考えたら鍵がないとアンタの部屋入れないじゃない」

P「そうだな」

伊織「……今日、アンタと一緒に帰るつもりだったから鍵持ってきてない」

P「そうか、それは災難だな」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:21:43.16 ID:iZrLkXoLO


伊織「……鍵、渡しなさいよ」

P「えー、嫌だ」

伊織「なんでよ」ムー

P「だってお前、俺の事嫌いなんだろ?」

伊織「あっ……う、うん」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:22:59.43 ID:iZrLkXoLO


P「それに、ほら。俺、お前曰く馬鹿で変態で痴漢らしいし」

伊織「……そ、そうよ」

P「お前も、そんなヤツの部屋なんかに居たくないだろ?」

伊織「……ばか、いじわる」グスッ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:25:02.16 ID:iZrLkXoLO


P「そうだな。お前の言う通り、俺は馬鹿で意地悪だ」

P「それで、伊織。他に何か言うことは?」

伊織「……我が儘言ってごめんなさい」グスッ

P「分かればよろしい」ナデナデ

伊織「ふぁ……ッ///」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:26:19.85 ID:iZrLkXoLO


P「冷たくされて泣いちゃういおりんマジ天使」ナデナデ

伊織「ばか……。サイテーよアンタ」ギュッ

P「はいはい。いおりんいいこいいこ」ナデナデ

小鳥「……2X歳事務員♀だけど、同僚が職場でイチャついてて生きるのがツラい。……うぇっぷ、砂糖吐きそう」カタカタ



24: 最初から超展開っぽいけど、一応昨日の続き 2012/09/07(金) 02:28:18.44 ID:iZrLkXoLO


P「じゃあ伊織、そろそろ帰るか」

伊織「え、でも、アンタまだ仕事残ってるんでしょ?」

P「いや。だってそもそもこれ、そこで仕事投げ出して2ちゃんやってる事務員の仕事だし」ヨイショ、ドサッ

伊織「あぁ、アンタはただ小鳥の仕事を手伝ってあげてただけなのね」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:29:37.56 ID:5Kixh3+U0

いおりんマジ天使


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:31:16.42 ID:iZrLkXoLO


P「そういう事。泣きつかれたからスタドリ4本で手を打った」

P「だと言うのにまったくこの人は……。」

P「伊織はこういう駄目な大人になったらダメだぞ」ヨイショ、ドサッ

伊織「大丈夫よ。少なくとも嫁の貰い手はもう居るもの」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:33:20.28 ID:iZrLkXoLO


P「そうだな。そいつが羨ましいよ」

伊織「アンタよアンタ。このスーパーアイドル伊織ちゃんと結婚出来るんだから、光栄に思いなさいよね!」

P「へーへー、ありがたき幸せですいおりん様。……じゃあ音無さん。俺達そろそろ帰るんで、残りの書類頑張ってくださいね」

小鳥「ピヨォ……」カタカタ



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:36:17.35 ID:iZrLkXoLO


――P宅――


P「で、結局こうなるのか……」

伊織「なによ、伊織ちゃんの椅子になれるのになんか不満があるわけ?」

P「いや、俺の膝に座るのは別にいいけどさ」

P「ただ、お前って意外と甘えん坊だよなって」


30: >>27 P「お、俺はお金の力になんて屈しないぞ!!」ってやつ 2012/09/07(金) 02:38:46.33 ID:iZrLkXoLO


伊織「いいじゃない。好きなんだから」

P「俺、そろそろ夕飯作りたいんだけど……」

伊織「なら、このまま作ればいいじゃない」ムー

P「いや、無理だろ。常識的に考えて。俺動けないし」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:39:50.28 ID:iZrLkXoLO


伊織「じゃあどうしろって言うのよ」ムスッ

P「普通に降りたらいいじゃん」

伊織「アンタの膝から降りたらアタシはどこに座ればいいのよ」

P「そこに座布団あるじゃん」

伊織「……あるわね。それがなに?」

P「そこに座ればいいじゃん」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:42:54.23 ID:iZrLkXoLO


伊織「イヤよ」

P「えぇー……」

伊織「そんな所に座るくらいなら、舌を噛んで死ぬ」

P「はぁ……。今日は伊織の好きなP特製ハンバーグにしようと思ったのになぁ……」

伊織「降りるわ」ストン

P「よしよし。お兄さん、物分かりのいい娘は好きだよ」ナデナデ



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:44:13.87 ID:iZrLkXoLO


伊織「……お肉、こねるの手伝う」

P「応、任せるわ」

伊織「ウサちゃんの形にしてもいい?」

P「いいぞ。でも、お前それ食べるの?」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:47:06.68 ID:iZrLkXoLO


伊織「やっぱりやめておくわ……」

P「ギャー、イタイヨー、イオリチャンニタベラレルゥー」

P「イヤー、コキョウニツマトムスメガイルノニ、イオリチャンノチニクニカエラレチャウー」

伊織「……アンタがそういう事するもの」ハァ…

P「テヘッ☆」のワの



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:48:08.91 ID:iZrLkXoLO


――30分後――

P「焼けたぞー。伊織お皿出して」

伊織「はいはい。ねぇ、箸ってどの引き出しだっけ?」

P「二段目の真ん中」

伊織「分かったわ……って、ここスプーンしか入ってないじゃない!」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:49:50.49 ID:iZrLkXoLO


P「……の隣の引き出し」

伊織「アンタはいちいち紛らわしいのよ馬鹿!」ガラッ

P「……には、つまようじとフォークが入ってるぞ」

伊織「ムキーッ!!」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:50:48.48 ID:iZrLkXoLO


P「いおりん可愛いよいおりん」

伊織「うるさいわよ、馬鹿プロデューサー!!」

P「悪かったよ。ちなみに、いおりんお探しの箸はもうテーブルの上に置いてある」

伊織「」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:51:57.17 ID:iZrLkXoLO


P「……御馳走様でした」

伊織「御馳走様。美味しかったわ」

P「だろー? やっぱり、ハンバーグにおろしとポン酢の組み合わせは神だな」

伊織「そこは『隠し味に愛情が入ってるからな』って言う所じゃないの?」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:53:01.78 ID:iZrLkXoLO


P「少女漫画の読みすぎだばーか。そんなの恥ずかしくて言えるかよ」

伊織「むー……」

P「拗ねるなよ。またデコが広くなるぞ」

伊織「うっさいわね! デコは関係ないわよ! ――もう寝る!」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:54:10.17 ID:iZrLkXoLO


P「いや、流石に歯ぐらい磨けよ」

伊織「……歯磨きして寝る!!」

P「え、風呂は入らないの?」

伊織「あーもう! アンタほんとうっさいわね! 歯磨きしてお風呂入って寝るッ!! これで文句ないでしょ!?」

P「あー……うん、そうだね」

伊織「ムキーッ!!」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:55:20.54 ID:iZrLkXoLO


P「じゃあ伊織、電気消すぞ」カチッ

伊織「……うん」

P「もうちょっと右寄ってくれ、はみ出るから」

伊織「ん、これでいい……?」

P「サンキュ。けど、やっぱりちょっと狭いな」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:56:28.01 ID:iZrLkXoLO


伊織「そうね。でも、こういうの嫌いじゃないわ」ギュッ

P「こら伊織。あんまり引っ付くな、あっつい」

伊織「いいじゃない、別に。アタシは気にしないわよ」ギュー

P「……ったく、調子に乗ってると襲うぞ?」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:57:55.32 ID:iZrLkXoLO


伊織「いいわよ? そしたら大声出すから」

P「えぇー……」

伊織「冗談よ、馬鹿。でも、今日はダメ。大丈夫じゃない日だから」

P「俺は別にいいんだけどな。子供出来ちゃっても、責任はしっかり取ってやる」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:59:50.46 ID:iZrLkXoLO


伊織「それは嬉しいけど、まだダメ。世間の目もあるもの。スーパーアイドル水瀬伊織(16)出来婚電撃引退会見なんて誰も祝っちゃくれないわよ?」

P「まぁな……」

伊織「まったく。普段はあんなに飄々としてる癖に、こういう時だけは直情的なんだから……」

P「えぇと、スマン」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:01:12.09 ID:iZrLkXoLO


伊織「別に良いわよ、馬鹿」

チュッ

伊織「にひひ♪ 今日はこれで許してちょうだい」ギュー

P「あ、あぁ……」

伊織「お休み。アンタの事、大好きよ」チュッ



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:05:47.39 ID:iZrLkXoLO


P「あぁ……お休み、伊織。俺も好きだよ」

伊織「にひひ♪ 明日もちゃんと、ふたりで一緒に帰るんだからね♪」

P「……善処するよ」

伊織「なによそれ、馬鹿」ムー

P「分かったよ。明日もふたりで一緒に帰る。これでいいだろ?」

伊織「上出来よ♪ 期待してるんだから♪」チュッ


おしり



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:07:30.47 ID:iZrLkXoLO


支援感謝。
機会があればまたどこかでお会いしましょうノシ


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:08:25.22 ID:5Kixh3+U0



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:08:33.30 ID:PN2ubOTq0

良かった


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:10:21.02 ID:IoYmV/LzO

乙でござった




このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。