スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴキブリ娘「わーい!いつも私に餌をくれるお兄ちゃんだー!」カサカサカサ 

カテゴリ:変態SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/16(金) 23:15:46.56 ID:mpsShiFN0

  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/      NO THANK YOU
/`ー‐--‐‐―´´\
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ  


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/16(金) 23:21:16.74 ID:nnuEgA+3I

すぐ下が「部屋にゴキブリが出た時の絶望感」ってスレでワロタ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/16(金) 23:39:14.65 ID:TIKXyEm70

男「ただいまーって独り暮らしだけど」

ゴキ娘「お兄ちゃんがかえってきた!?」

男「はらへったな、かってきた飯でもくうか」

ゴキ娘「くんくん!いいにおいがする!」かさかさ

男「!?で、でた!」

ゴキ娘「お兄ちゃん!それごはん!?ごはん!?おなかすいた!」かさかさ

男「よ、よるなぁ!そうだ、殺虫剤買ってきたんだ!」ごそ

ゴキ娘「お兄ちゃん、いっしょにたべよ!ごはんいっしょにたべよ!」

男「こいつ、これでもくらえ」ぷしゅう

ゴキ娘「ふぁっ!げほっ、おにいちゃん?!」

男「こんの害虫が!」

ゴキ娘「げふっや、やめてよ!お兄ちゃん私ただごはんいっしょに……」

男「こ……このゴキブリまったく逃げねえな……もう瀕死なのか?」

ゴキ娘「お兄ちゃん、なんで……」ぴくっ ぴくっ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/16(金) 23:45:06.11 ID:TIKXyEm70

男「……」

ゴキ娘「お、おにいちゃ……」うる

男「なんか、かわいそうになっってきたきが」

ゴキ娘「おにいちゃん……」

男「ぜんぜんしないわ。こんの糞害虫が」ぷしゅっ

ゴキ娘「ふぇえええ!」かさかさ

男「あ、逃げてったか」

ゴキ娘「うぅ、お兄ちゃん、げほっ、おにいいちゃんん……」しくしく

男「ソファーの陰からこっちをみてやがる……」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/16(金) 23:50:17.49 ID:TIKXyEm70

男「きにすることないわな、いただきます」

ゴキ娘「あ、あれは私の大好きなコロッケのおべんとう」

男「もぐもぐ」

ゴキ娘「お、おにいちゃん……なんであんなひどいことするの」

男「もぐもぐ、うわ、これコロッケかよ」

ゴキ娘「私がゴキブリ、だから……?」じわっ

男「コロッケだめなんだよなぁ。この弁当はおいといて買ってきたおにぎりにしよっと」がさ

ゴキ娘「!!……私の前までおべんとうをおいてくれた!?」

ゴキ娘「おにいちゃんやっぱりやさしいんだね……ぐすっ、いたらきます」かさかさ

男「はいでてきた、ハイエナかこいつは」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/16(金) 23:55:40.97 ID:TIKXyEm70

男「はぁ、はぁっ……うっ」どピュどピュるる

男「ふぅ」

ゴキ娘「あっ、お兄ちゃんの自家製みるく!」かさかさ

男「うわぁ!こいつまたか!」

ゴキ娘「えへへ、おにいちゃんのみるくえいようほーふでおいしいっ」むしゃむしゃ

男「ティッシュについた俺の精液を食すとは」

ゴキ娘「おにいちゃん、おにいちゃぁん」むしゃむしゃ

男「……」

ゴキ娘「うぅっぷ、ごちそーさまれしたぁ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 00:02:35.36 ID:4yNRjlM50

男「なんかお前まえのと同じご、ゴキブリじゃないか?」

ゴキ娘「そう、そうだよ!お兄ちゃん私いつも一緒にいるゴキブリだよ!」

男「いや、気のせいか、見分けなんてつかねえしなぁ」

ゴキ娘「寝るときも食べるときも一緒!お、おふろは、べつべつだけど……」カァァ

男「ゴキブリ一匹みっけたら100匹はいるとかきいたな」

ゴキ娘「この家はおにいちゃんと私二人っきりだよ?」

男「殺虫剤ひとつじゃこころもとねえか」

ゴキ娘「ぷしゅー!?もうぷしゅーやだよぉお兄ちゃんん……」

男「まぁいいか、めんどくさいし」

ゴキ娘「えへへおにいちゃんだいすきぃ!」かさかさ

男「うわー!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 00:06:47.70 ID:RF85vnZR0

おふろはべつべつって体をちゃんと綺麗にしてるのか



でも見た目があれじゃ・・・


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 00:09:02.89 ID:+4xq/rKn0

             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 00:09:03.50 ID:4yNRjlM50

男「……」ガチャ

ゴキ娘「あ、おにいちゃんが帰ってきた!おかえり!おかえりー!」かさかさ

男「はぁ……」

ゴキ娘「あれ、いつもは私にただいまーっていってくれるのに、元気ないのかな」

男「これで失恋五人目かぁ……もうさすがにあきらめつくころだよな」

ゴキ娘「しつれん!?お兄ちゃんしつれんしたの!?おにいちゃん!?」

男「まぁいいや、飲んでわすれちまえ。酒とつまみもあるし」

ゴキ娘「おにいちゃんつらそう……うぅ、はげましてあげたいけど」

男「べらんめー!」ぐびぐび

ゴキ娘「私、ごきぶりだし……」

男「っぷはー!」

ゴキ娘「お兄ちゃん、お兄ちゃん……!」じわっ


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 00:14:26.54 ID:4yNRjlM50

男「この先いきててもいいことないだろうしな」

ゴキ娘「そっそんなことないよぉお兄ちゃん!」

男「俺はこの先誰からも愛されない人生をおくることだろうな」

ゴキ娘「わ、わたしはっ、お兄ちゃんのこと……」

男「はぁ、しのうかな……なんつって」

ゴキ娘「っ!おにいちゃん!げんきだしてええええ!」かさかさ

男「なんだゴキブリか、もうさわぐきにもなれねえよ」

ゴキ娘「しんじゃやだよ!おにいちゃんはしんじゃだめだよ!」かさかさ

男「こいついやに俺によってくるなあ」

ゴキ娘「お兄ちゃん!お兄ちゃん!」

男「ひとなつっこい猫とかいるけどひとなつっこいゴキもいんのかね」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 00:21:03.49 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「お兄ちゃん今日は私につめたくしてこない!?ぷしゅーもしてこない!?」

男「ゴキブリにすかれたところでな」

ゴキ娘「うぅ、わ、わたしが人間だったら」かさかさ

男「なんかよじのぼってきた……」

ゴキ娘「こんなときお兄ちゃんをはげましてあげれるのにっ!こう、ぎゅーってして!」

男「胸のあたりまできてこいつはなんだ、顔まできたらはらいおとしてやる」

ゴキ娘「ふあぁ、お兄ちゃん、だいすきなお兄ちゃんっ……!」

男「どんだけだよ……お前メスか?……もういっそのこと」

ゴキ娘「わ、わたしが、私が」

男「お前が人間だったらなあ」

ゴキ娘「私が人間だったらぁ!」

ぴかーっ


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 00:22:07.68 ID:4yNRjlM50

俺はなに書いてんだよ……


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 00:29:30.59 ID:4yNRjlM50

どしんっ

男「うおぉ!」

ゴキ娘「きゃぅっ」

男「いいてて、なんだ、急に重心が」

ゴキ娘「あ、あれ?お、おにいちゃんが小さくなってう」

男「は?お、女の子の声……」

ゴキ娘「あ、あれ?この体?うそ!私!」

男「全裸のおんなのこ?あれ?もう酔っ払ったの俺……」

ゴキ娘「や、やった……私人間になれたよおおおおおおにいちゃああああん!!」ぎゅう

男「ちょっ!だきつかないで!いや、いいけど!まず君はだれだ!」

ゴキ娘「一緒にくらしてたゴキブリだよぉ!やっと夢がかなったよぉぉおお!」

男「ご、ごきぶ。俺の頭はもうだめかもしれない」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 00:37:11.40 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「えっへっへ、おにいちゃぁん」すりすり

男「いや、なんだこの状況、たしかにでかい触覚は確認できるけども」

ゴキ娘「おにいちゃん、しんじゃやだよ?」

男「なんか、え?俺はいきてんの?」

ゴキ娘「いきてるもん!やっと願いがかなったんだもん!人間になりたいって強く思ったからきっと神様がっ」

男「そ、そんなばかな」

ゴキ娘「やっとお兄ちゃんとこうすることができて嬉しいな!うれしい!……おにいちゃんは、いや?」

男「いやではない、むしろ嬉しいけどさ」

ゴキ娘「う、うれっ、うれしい!私も嬉しいよ!」すりすり

男「擬人化するにしても昔かってたハムスターとかいろいろいただろうになぜ……」

ゴキ娘「浮気しちゃだめだからね?ね?お兄ちゃん?すきだよ!」

男「まぁちっちゃいおっぱいもあたってることだし、細かいことはいいや!」

ゴキ娘「お兄ちゃんのそういうとこもすき!」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 00:41:59.71 ID:4yNRjlM50

男「……」

ゴキ娘「おにいちゃん!ね、このするめたべていい!?おにいちゃん!」

男「あぁ、たべちゃっていいよ」

ゴキ娘「やったー!おにいちゃんにも半分あげるね!はいっ」

男「俺が買ったんだけどね。ありがとね」

ゴキ娘「!?人間ってこんなに食べ物をおいしく感じられるんだね!?おいしい!おいしいな!」もぐもぐ

男「そっかそっか」

ゴキ娘「お兄ちゃんもおいしい?するめ!おいしい!?」

男「まぁまずくはないですな」

ゴキ娘「えっへへ、なんかてれるね!」

男(なんで?)


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 00:47:56.50 ID:4yNRjlM50

キ娘「むぐもぐ……ぐすっ」

男「あれ、なんか君ないてね?」

ゴキ娘「な、ないてる?ごめん!ごめんね!えへへ、なんでだろ」ごしごし

男「情緒不安定だなぁ、ハンカチつかうか」

ゴキ娘「あ、ありがと……んぐっ」

男「食べ物じゃないよ、涙ふけっていうあれだよ」

ゴキ娘「そっか、ごめんねお兄ちゃん!ぐすっありがと、はんかち!」

男「だいじょうぶか」

ゴキ娘「ごめん、なんか、うれしくって……な、なんだろ!わかんないけど幸せなの!」

男「そ、そっか、まぁするめ食えよ」

ゴキ娘「ありがとお兄ちゃん!するめ食べるね、えへへ!」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 00:55:19.48 ID:4yNRjlM50

男「しかし……」

ゴキ娘「もぐもぐ!」

男「あのゴキブリがまさかこんな美少女になろうとは」

ゴキ娘「び、美少女、かな……?わたしびしょうじょかな!?」

男「それなりには可愛いとはおもう」

ゴキ娘「かっ、かわいい!?うれしい!うれしいよお兄ちゃん!」

男「するめこぼすなよ」

ゴキ娘「うん!こぼしたのもあとでちゃんとたべるからね!おにいちゃん!」

男「くわなくていいけどさ」

ゴキ娘「こっちの袋もあけていい?おにいちゃん?」

男「よく食うな、いいけど」

ゴキ娘「やったー!ありがとー!お兄ちゃんも一緒にたべよっ」

男(毛もはえてない股間から目がはなせない)


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 01:03:51.81 ID:4yNRjlM50

男(女にふられて絶望していた俺の前にこのこが現れたってことはつまり)

ゴキ娘「このちーずさけるよ!おにいちゃんみてる?こっちみて!」

男「みてるよ、みてる」

男(おもに股間部を)

ゴキ娘「ちーずおいしーな、えへへ」

男(これは神からの情けということだろうか、彼女いない歴年齢の俺を見かねた神の……)

男(童貞卒業がゴキブ……人外になろうとは思わなかったが)

男(まぁ、かわいかったらなんでもありだよな)

ゴキ娘「おにいちゃん、ちーず全部たべちゃった!ごめんね、ごめんなさいぃ」

男「いやいや、いいよ。それよりもっとおいしいものをお兄ちゃんがあげよう」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 01:10:53.38 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「もっとおいしいもの!?ほ、ほしいな、お兄ちゃん!」

男「ふっひひ、おいしいのほしいかい」

ゴキ娘「うん!おいしいのほしい、おいしいのちょうだい!」

男「ちょっとまってね」かちゃかちゃ じー

ゴキ娘「ずぼん?あれ、ずぼんぬぐの?お風呂?」

男「はい」ぶるん

ゴキ娘「あっ、お兄ちゃんのおちんちん!おちんちんだぁ!」

男(め、目を輝かせている。そういやティッシュについてた精液くったりしてたなこの子)

ゴキ娘「たべていい?お兄ちゃんのおちんちん自家製みるくたべていいの!?」

男「いいよ、でも正式名称はおちんぽみるくだからね。間違えちゃだめだよ」

ゴキ娘「うん!おちんぽみるく!おぼえた!」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 01:18:36.62 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「あむっ」

男「ぅっ……」

ゴキ娘「んぅ、ぺろっ、おちんちんってこんな味するんらね!おにいちゃん?」

男「そ、そうだね、俺もゴキ娘ちゃんの舌がこんなに心地いいとは計算外だったよ」

ゴキ娘「れろっ、あむ、ちゅっ……ね!おちんぽみるくまだでない?」

男「し、しばらくそうやってあじわってたらそのうちでるよ」

ゴキ娘「わかった!あじわうね!お兄ちゃんのおちんちんおいしいね!」

男「同意もとめられてもね……ふぉっ」

ゴキ娘「ん……はむっ……ちゅるる……」

男(くっ、ぎこちない動きが気持ちいいとはよくきくが、この子の場合ぜんぜんぎこちなくないな!)

ゴキ娘「はぁ、はっ、んむ……ちゅっ……ぇろ……」

男(めちゃくちゃがっついてくるんですけど!)


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 01:25:48.64 ID:4yNRjlM50

男(俺は童貞なんだ!こんな可愛いこのフェラにたえられるわけもなくっ……)

ゴキ娘「ぢゅるっ!ぺろぺろ……ちゅぽっ……!」

男「ご、ごき娘ちゃん!もうでるっ!」がしっ

ゴキ娘「ふぇっ……んっ!」

男「きゃおらっ……!」どぴゅるるるっ

ゴキ娘「ん!?ふぐっ……ん、じゅるる!」

男「ぐっ……ぅ……」どぴゅっ ぴゅっ

ゴキ娘「ふー、ふー……じゅるるるっ、れろっ……」

男「はぁ、はぁ」

ゴキ娘「んっ、ごきゅっ、ごくん!」

男「いい飲みっぷりだな……」

ゴキ娘「えへへ、お兄ちゃんのおちんぽみるくやっぱりおいしいね!ごちそーさま!」

男「……ふぅ」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 01:34:28.23 ID:4yNRjlM50

男「さて、どっと押し寄せてきそうな罪悪感から逃げ出すために寝ますかな」

ゴキ娘「おにいちゃんねるの?もうおふとんはいるの!?」

男「まぁ、もう夜おそいし」

ゴキ娘「そ、そっか……」

男「なに、どうしたの?」

ゴキ娘「や、あ、あのね?」

男「一緒に寝ようとかならぜんぜんおっけーっすよ」

ゴキ娘「あ、それはうれしいな!でもそうじゃなくってね!あのね!?」

男「うん」

ゴキ娘「なんか、体がほてってきちゃったんだけど、病気……かな?」

男「あぁ、いやぁ、それね。なんだろね」

ゴキ娘「おまたがかゆくて、なんか変な気持ちになってくるよ……おにいちゃんたすけてっ?」

男「う、うーん」

男(あっ、やばい賢者モードだ)


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 01:40:28.56 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「お、おにいちゃぁん……」すりすり

男(性病とか大丈夫なんだろうか、おもっきし口につっこんだけど)

男(いや性病よりやばいのもってても不思議じゃねえだろ)

男(なんたってゴキブ……だからなぁ)

ゴキ娘「ねぇ、おにいちゃん……おにいちゃん?」

男「あぁ、うん」

男(ていうかないだろ?ないない)

男(あぶねぇな危うくゴキブリ相手に童貞卒業するとこだったわ俺)

男(そうだこいつゴキブリなんだよなぁ、可愛いけど)

男(あー、あっぶねぇな、酒と寂しさでゴキブリ襲うとこだった)

ゴキ娘「おにいちゃん?おにいちゃん、だいじょうぶ?おにいちゃんもあついの?」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 01:50:45.76 ID:4yNRjlM50

男「あのね、俺は」

ゴキ娘「っ……」じわっ

男「な?なんでないてんだよ」

ゴキ娘「や、お兄ちゃんがこわい顔してたから、ごめん、ごめんね……ぐすっ」

男「怖い顔っておれはべつに」

ゴキ娘「今までおにいちゃんと会っても、ぷしゅーされたり新聞紙もっておいかけまわされたりばっかりだったから」

男「あ……」

ゴキ娘「うれしくって……お、おにいちゃん。私の体ほてっても嫌わないで……っ」

男「あ、いや」

男(だからなんなんだよこの状況、人間の姿だと哀切きわまれりだけど)

男(もとはごきぶりだし……でも女の子泣かせたまんまも、うーん!)

男(ちくしょう、わかりましたよ!)

男「よし!手まんで手をうとう!」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 01:57:58.46 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「てまん……ぐすっ、にくまん?おにいちゃん?」

男「にくまんじゃないよ、おまたが変なんだろ」

ゴキ娘「う、うん」

男「お兄ちゃんがおまた気持ちよくしてあげるから、多分一回やったらおさまるんじゃないかと」

ゴキ娘「えっ?お、お兄ちゃんなおしてくれるの?嫌いじゃないの……?」

男「今の君はね、とりあえずそこに座ってまたでも広げてくれ」

ゴキ娘「あっ、うん、うん!ぐすっ……えへへ!おまたひろげる!お兄ちゃんらいすきぃ!」

男「テンションの触れ幅でかいね」

ゴキ娘「あ、あのあの!これでいいかなっ?おにいちゃん?みてるっ?」

男「開脚だけじゃなくてもっとこう」くぱぁ

ゴキ娘「ひぅっ!?」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 02:05:59.66 ID:4yNRjlM50


男「きれいな色してるな、めちゃくちゃ濡れてるけども」

ゴキ娘「あっ、あっ……お兄ちゃんはずかしいよ!これはずかしい!」

男「はじめてみた生まんこがごきぶりのあれとは。ちょっと我慢しててね」

ゴキ娘「うん、我慢する!でもいやじゃないよ?おにいちゃんいやじゃないよっ!」

男「テンションたけえよ!」ちゅぷっ

ゴキ娘「ふやぁあああああっ!!?」

男「これがまんこの中の感触か。まぁ、なんか一気に指いれちゃったけど……ゴキ娘?」

ゴキ娘「はっ、はっ、はぁ……ぁ」

男「中が痙攣してるような気が」

ゴキ娘「あ、なんか、頭がぱちぱちするよお兄ちゃんん……」

男「まさかいったのか」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 02:14:32.17 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「おにいちゃん……ぜんぜんおまたなおらないよお」

男「まいったなぁ。動かしてみるか」

じゅぷっ じゅぷっ じゅぷっ

ゴキ娘「ふっ!?あっ、ふあっ!やっ……んっ!」

男「指がめちゃくちゃしめつけられるんだが」

ゴキ娘「お、おにいっ、ちゃあん!おかしくなっちゃうよぉ!」

男「俺もおかしくなりそう」

ゴキ娘「私もしゅきぃ!お兄ちゃんらいしゅきぃい!んあっ、あっ!」

男「好きとはいってないんだけどまぁいっか」じゅぷっ じゅぷんっ

ゴキ娘「らっ、らめ、ひぁっ……もっと、もっとおにいちゃん!」

男「ちょっ、ぴしぱし触覚あたってる」

ゴキ娘「あぁっ……ふぇえっ、やっ、また!きちゃうっ……」

男「くっ!」じゅぽん じゅぽん じゅぽんっ

ゴキ娘「変なのきちゃうよぉぉおおっ!ふああああああああっ!」びくんっ


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 02:22:18.66 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「はっ、はぁ、ぁうっ……」

男「ゴキブリを二回いかせた男としてギネスとれないんだろうか」

ゴキ娘「ぁ、おにいちゃ……だめ」

男「ん?え、あっ?」

ゴキ娘「っふぇ…………で、でちゃっ……たぁ」ちょろろ

男「ひとんちで尿垂れ流しながらこんな幸せそうにする子ははじめてだよ」

ゴキ娘「えへへ、ありがとぉおにいちゃん」

男「ほめてないよ」

ゴキ娘「らいじょうぶ、いまかたづけうからぁ」

男「いや、ぞうきんお風呂場に」

ゴキ娘「んくっ……ぺろぺろ、んっ……じゅるる」

男「こ、こんなアブノーマルなプレイがあっていいのか……」



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 02:31:17.09 ID:4yNRjlM50

男「じゃぁ、もう変な気持ちおさまったかな」

ゴキ娘「うんっ、お兄ちゃんありがとう!だいすきだよっ!」ぎゅっ

男「まぁいいってことよ、もう寝ようか」

ゴキ娘「私ってきっとゴキブリ一の幸せ者だよぉ」

男「ゴキブリって口にだしちゃうとどうも来るものがあるけど」

ゴキ娘「ね?一緒にねていいんだよね?お兄ちゃん!」

男「いいよ、せまくていいならね」

ゴキ娘「狭いとこもお兄ちゃんも好き!だからいいよ!」

男「ですか、じゃぁゴキ娘ちゃんが壁際ってことで、俺はこっちで」いそいそ

ゴキ娘「うん、わかった!お兄ちゃんと一緒にねるの楽しみ!お兄ちゃんも楽しみっ?」

男「え、はぁ、うん」

ゴキ娘「すきすきぃー」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 02:36:49.60 ID:4yNRjlM50

男「ゴキ娘ちゃんちかいよ」

ゴキ娘「でもこうしてるとおにいちゃんがちかいよ?」

男「なんて?……まぁいいけど」ごろん

ゴキ娘「あっ、あっ!お兄ちゃんこっちむいて寝て!お兄ちゃんこっち向いて寝てー!」

男「寝返りもうてないのか……」ごろん

ゴキ娘「えへへ、お兄ちゃんっ」すりすり

男「はぁ、これからずっとこんな調子かぁ」

ゴキ娘「おにいちゃんだいすきぃ」

男「……」

男(そういやこいつここに住むつもりなんかね)

男(一人暮らしだからいいけど)

ゴキ娘「おにーちゃんっ!」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 02:44:46.17 ID:4yNRjlM50

男「今度はなにっ」

ゴキ娘「んっ」

ちゅ

男「っ……!!っ??」

ゴキ娘「えっへへ……ふぁーすときすを、すませてしまいました」

男「お、お前なぁ」

ゴキ娘「お兄ちゃんもはじめて?」

男「そうだよ!お前なにひとのはじめてを」

ゴキ娘「よかったぁ!お兄ちゃんもはじめてで、よかった!えへへ、へへ!」

男「っ……」

ゴキ娘「お兄ちゃん大好きだよ」むぎゅ

男「か、顔真っ赤にして至近距離ではにかみやがって……」

男(可愛いじゃないかこいつめ)


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 02:52:53.75 ID:4yNRjlM50

男(ごきぶりっつっても、今は可愛い女の子だし)

男(世間知らずっぽいから追い出すのもきがひけるしなあ)

男(まぁ、しばらくはこのままでもいい、か)

男「じゃぁ、もう目つむっておやすみしような」

ゴキ娘「うん、うん!わかったお兄ちゃん!明日からもよろしくね!」

男「うん、まぁしばらくはな」

ゴキ娘「えへへ、明日からたのしみだなぁ!」

男「そうだな」

ゴキ娘「お兄ちゃん、私幸せだよ?」

男「俺もわりと悪くないかなと思い始めている」

ゴキ娘「いっぱい子供つくろうね!」

男「うん。うん?」

ゴキ娘「最低60人はほしいかな!お兄ちゃんは何十人ほしいっ?ひゃ、ひゃくにんとかっ……?」カァァ

男「やっぱお前でてってくれないかなぁ」


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 02:55:38.90 ID:4yNRjlM50

とりあえずきりをつけたつもり
お前らもこんなグロスレ見てないで寝たほうがいいよ


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 03:24:32.04 ID:4yNRjlM50

続きかけないわけじゃないけど、適当にはじめたからネタきれた


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 03:39:42.56 ID:4yNRjlM50

男「ただいまー」

しーん

男「……」

すたすた

男「ふぅ、とりあえず飯でもくうか」

ばたんっ

ゴキ娘「おかえり!おかえりー!お兄ちゃん!」

男「ただいま」

ゴキ娘「あのね、お兄ちゃんきいて?きいて!」

男「一体どうした」

ゴキ娘「つきあってください!」

男「ん?」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 03:44:41.38 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「うん、えっとね、テレビみてたの」

男「つけかたわかったのか?」

ゴキ娘「いっつもお兄ちゃんがつけてるの見てたから!つけれた!」

男「そっかそっか」

ゴキ娘「それでね、人間の男の子と女の子がせーしきに仲良くなるにはね!」

男「うん」

ゴキ娘「恋人にならなきゃいけないんだって!しってた!?」ふんす

男「しってたしってた」

ゴキ娘「そっかー!やっぱりお兄ちゃんは物知りだなぁ」

男「そうだなぁ」

ゴキ娘「ちがった!そうじゃなくて!」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 03:50:29.36 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「お兄ちゃん!私と恋人同士になってくらさい!」

男「恋人かー」

ゴキ娘「恋人同士になってせーしきに仲良くしてください!おにいちゃんへ!」

男「台本考えてたっぽいな」

ゴキ娘「うん!お兄ちゃんが帰ってくるまでね!ずっと書いてたの!」

男「もう字もかけるのか?」

ゴキ娘「ひらがななら昔からかけたよ?」

男「すごいなぁ、そのうちに学力ぬかされちゃいそうだ」なでなで

ゴキ娘「え、えへへ!そうかな?お兄ちゃんぬかしちゃったら勉強おしえてあげるね!?」

男「楽しみにまってるよ」

ゴキ娘「うん!うん!……じゃなくって!」


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 03:56:19.36 ID:4yNRjlM50

男「ちっ」

ゴキ娘「私おにいちゃんと恋人になりたい!お兄ちゃんと恋人同士になりたいよ!?」

男「いや、うん。まぁなぁ」

ゴキ娘「う、うん……」

男「……」

ゴキ娘「っ……」じわ

男「な、なんで泣くかなお前は」

ゴキ娘「だ、だっておにいちゃん……おこってるからぁ」

男「おこってはないよ、おこってはない」

ゴキ娘「お兄ちゃん、私の事きらい?」

男「いや、嫌いじゃないけど」

ゴキ娘「じゃ!じゃぁ、すき?私の事すき!?」

男「……」

ゴキ娘「ふぇ……」じわ


188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 04:03:13.40 ID:4yNRjlM50

男「いや、いやいやいや!好きだよ?すきだ」

ゴキ娘「……じゃぁ恋人同士になってくれる?」

男「それはさぁ、俺とお前種族がまず違うしさ」

ゴキ娘「私人間だよ?お兄ちゃんとおなじだよ?」

男「いや、今はそうだけども」

ゴキ娘「わ、わたし、やっと人間になれたのに……」ぽろっ

男「あぁ、だから、ちがくてっ」

ゴキ娘「ふぇ……ふえええええええええ!!」

男「あぁ、もう!」

ゴキ娘「お、おにっおにっぢゃん!私っにんげっ、きらわっないれぇ……!」

男「お兄ちゃんが悪かった、鼻水でてるからふけよ」

ゴキ娘「ぐすっ、ひぐぅっ……あむっ」

男「食うな」


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 04:09:25.13 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「ひくっ、ひぐっ……」ぎゅぅ

男「泣き止んだか?」

ゴキ娘「……」ふるふる

男「はぁ、わるかったよ」

ゴキ娘「……リ、だから……?」

男「んあ?」

ゴキ娘「私がごきぶりだから?」

男「いや、なんていうか」

男(それ以外にねえよ!っていうかなんでゴキブリなんだよ君も!)

男(もうちょっとほかの種族なら、たとえば蜘蛛とかなら平気でくらせたのに)

ゴキ娘「私、お兄ちゃんといっしょにいちゃだめ……?」

男(涙目で上目遣いは反則だってばよ)


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 04:13:58.02 ID:4yNRjlM50

男「お前は間違いなく立派な人間だよ」

ゴキ娘「っ……」ぴく

男「よっ、人間のなかの人間!」

ゴキ娘「……」

男「最高に人間してるよ、だからもう泣き止め」

ゴキ娘「……」

男「とりあえずお兄ちゃんは飯くうから」

ゴキ娘「っ……」

男「はなしてくれない?」

ゴキ娘「ぐ、ぐすん!ぐすん!」

男「なんてばればれな嘘泣きだ、お前ちょっと!」ぐいっ

ゴキ娘「え、えへへ、えへへっ……」

男「めちゃくちゃにやけとるがな……」


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 04:21:24.74 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「と、いうことでおにいちゃんと私は!?人間のお兄ちゃんと私は!?」

男「まぁ、あれだろ」

ゴキ娘「両思いのお兄ちゃんと私は、その、そういうことになるんだよねっ……?」

男「こ、恋人同士……なのかなぁ」

ゴキ娘「やったー!おっ、お兄ちゃんだいすきぃ!ぎゅー!」ぎゅっ

男「う、うん」(俺も流されやすいほうなのね)

ゴキ娘「じゃぁ、ご飯たべよっか!?」

男「そうだなあ」

ゴキ娘「はっ、はい!あーん!あーんしてあげるね!あーん!」

男「うん、わかったからあせるな」

ぴんぽーん

ゴキ娘「わぁー!何の音っ!?」

男「……ひと?」


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 04:28:43.70 ID:4yNRjlM50

男「普段はひとなんてこないんだけどな」

ゴキ娘「お客様?お兄ちゃんのお客様きたの!?お兄ちゃんの彼女として私あいさつしたほうがいいかな!?」

男「ゴキ娘ちゃんはちょっとだまってて」

ゴキ娘「はいっ!お兄ちゃんの彼女として静かにしてます!んー!んーっ!」

男「まいったな、いやな予感しかしねえぞ」

ゴキ娘「んー?」

男「どちらさまー?」

女「男?私、私。ひさしぶりー」

男「お、女っ!?」

ゴキ娘「っー!」

女「あはは、あんたぜんぜんかわってないねー」

男「や、まぁ、っていうかなんで急に」

女「ちょっと偶然ちかくまできたから顔でもみてやろうかなっと。あがっていい?」

男「だめ」


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 04:33:35.67 ID:4yNRjlM50

女「あはは、即答。あんたほんとかわってない」

男「そ、そうですか」

女「協調性というかのりが悪いかんじとか昔のまま」

男「う、うるさいな」

女「まぁ、いいけど。変なものでも隠してないでしょうね?」

男「かっ、かかかくしてないよ!!!!」

女「っ、あ、あやしいなぁ」びくっ

男「とっとにかく用がないならもういいだろう!」

女「彼女とかつれこんでたり?」

男「ちっちがうし、ぜんぜんちがうし」

女「知ってるわよ、あんたに彼女なんかできるわけないもんね」

男「っ……」


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 04:39:22.12 ID:4yNRjlM50

男「お前俺をけなしにきたのかよ」

女「やだ、そんな意地悪いみたいにいわないでよね」

男「……」

女「そんな目でにらまれると困るんだけど、たしか私が初恋のひとなんでしょ?」

男「っ……」びく

女「どもり癖もなおってないんだ」

男「うるせぇ、な……」

女「同窓会も、その調子じゃこなさそうね」

男「あんな自慢大会でる必要ねえ」

女「ひねた考え。そんなだからあんたまだ童貞なんだわ」

男「童貞じゃ、ね、ねぇよ」

女「あっ、ごきぶりはっけーん」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 04:44:00.93 ID:4yNRjlM50

男「っ!!?」

チャバネ「」かさかさかさ

女「きったないなぁ、あんたのマンション掃除ちゃんとしてるの?」

男「なんだがちのゴキブリかよ……」

女「はぁ?っていうかなんかたたけるものない?」

男「え?たたける?」

女「ま、いっか。靴でも」

男「なにを」

女「害虫駆除っ」すっ

男「っ!!おいやめろバカ!!」

どんっ

女「いったぁ!」


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 04:49:43.26 ID:4yNRjlM50

女「なっ、なにすんのよ!」

男「お前こそなにしてんだバカやろうっ!」

女「なっ……寂しい生活送ってるだろうから励ましてやろうかなとか思ってたけど」

男「はぁ、はぁ」

女「知らない間にごきぶり愛好家になってたとはしらなかったわ」

男「……」

女「はぁ」

ちゃばね「」かさかさ

女「もう私かえるから。どうせ二度とあわないだろうけど」

男「おう、じゃぁ、な」

女「……ふん」

男「……」


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 04:56:59.48 ID:4yNRjlM50

男「はーあ、なんだってんだよもう」ばたん

男「女、可愛くなってたなぁ」

男「あれってもしかしてフラグだったのかなぁ」

男「あーもう俺のちんこ野郎め」

ゴキ娘「おにいちゃあああああああああああん!!」ぎゅううう

男「ぅおっ」

ゴキ娘「お兄ちゃんかっこよかったよぉ!お兄ちゃんひどいこといわれて大丈夫っ!?」

男「ぜんぜん。もう会わないし」

ゴキ娘「あのちゃばねごきぶりもお兄ちゃんに感謝してたよ!お兄ちゃんだいすきぃ!」

男「そ、そっか」

ゴキ娘「お兄ちゃん!ないてる!?お兄ちゃん、涙ふいてあげる!」

男「ないてねえよ」


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 05:05:41.08 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「なかないで!お兄ちゃんなかないで!お兄ちゃん!」

男「だからっ、ないてねっつって……あれ」

ゴキ娘「ほら!」

男「あ、あれ?なんか目から、あれ」

ゴキ娘「ぺろっ」

男「わっ」

ゴキ娘「お兄ちゃんの涙は私が全部なめとってあげるもん」

男「ご、ゴキ娘ちゃんっ……ひぐっ、あれ……なんでだ」

ゴキ娘「よしよし!お兄ちゃんにはずっと私がいるからねっ!いつでもぎゅーってしてあげるよ?」

男「ゴキ娘ちゃんっ……うぅぅ!」

ゴキ娘「お兄ちゃん……!」

男「ゴキ娘ちゃん……!」

ゴキ娘「子作りしよっか……!」

男「ぶちこわしだよもう」


208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 05:15:49.80 ID:4yNRjlM50

男「あ、飲み物きれてきたな」

ゴキ娘「飲み物?私は大丈夫だよ!?お兄ちゃんのおちんぽみるくがあるもん!」

男「じゃぁ俺はなに飲めってんだよ」

ゴキ娘「お兄ちゃんは私のおまたからでてくる汁をのめばいいんだよ!ね?!」

男「わかった、買いにいってくる」

ゴキ娘「うん!気をつけていってきてね!お留守番はまかせてね!」

男「ガスは?」

ゴキ娘「ちゃんと栓をしめておくことー!」

男「知らない人がきても?」

ゴキ娘「鍵をあけないことー!」

男「よしよし」

ゴキ娘「えっへっへ」

男「じゃぁいってきます」


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 05:18:50.89 ID:4yNRjlM50

店員「2000円になりゃぁすー」ちーん

男「どうも」

店員「ありゃあさーしたー」

男「なんだかんだいってまだあいつを家に一人にするのは不安だ」

男「とりあえず早くかえってやらないとなぁ」

男「つまみも買ってやったし」

男「まぁ特になにもおきてないことを祈るしかないか」

男「……つまみもうちょっと買ってもよかったかも」

男「まぁいいや」


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 05:24:43.07 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「うぅぅー!お兄ちゃんがいないと暇だよー!」

ゴキ娘「テレビもあんまり面白いのやってないしニュースは難しいし」

ゴキ娘「お兄ちゃんはやく帰ってきてくれないかなぁ」うずうず

ゴキ娘「そうだ、お片づけして帰ってきたお兄ちゃんを驚かせてあげよっと!えへへ!」

ゴキ娘「きれいに片付いたお部屋をみたらお兄ちゃんがもっとめろめろになっちゃうかもしれない!」

ゴキ娘「ふんふーんふんふーん♪」

がちゃん

どたん

ぐしゃっ

ぱりぃぃん

ゴキ娘「ふえぇ!片付かないよー!」


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 05:31:43.96 ID:4yNRjlM50

男「ただいまー」

ゴキ娘「おにいちゃぁん!ごめんなさぁい!!」

男「なんでいきなり全裸土下座なんだよ」

ゴキ娘「わっわだしぃ、お兄ちゃんにもっど、好かれだぐてぇ……ぐすっ」

男「一体なにが……うっわー!」

ゴキ娘「が、がんばって片付けようとしたんだけど……」

男「棚がたおれてるのはどうやったらああなるんだよ!」

ゴキ娘「む、昔はもっと体重がかるかったから……」

男「それで上にのぼっちゃったのか」

ゴキ娘「っ……ひぐっ」

男「まぁ、なんだ。気にしてないからさ、はんかち」

ゴキ娘「んっ……ありがとぉ……お兄ちゃんだいすき」

男「俺もすきだよ」

ゴキ娘「っ!!?」


215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 05:38:28.83 ID:4yNRjlM50

男「な、なにその間抜けな顔……」

ゴキ娘「やっ、あのあの、あんまり面と向かってっ、好きって……いわれたことなかったから!」もじもじ

男「そうだっけなぁ」

ゴキ娘「え、えっと、あの、わわっ私も好き!ずっと好き!」

男「う、うん、俺もすきですよ」

ゴキ娘「お、おにいちゃん!お兄ちゃん大好きだよー!お兄ちゃんお兄ちゃん!」ぎゅっ

男「それでなゴキ娘ちゃん」

ゴキ娘「うん、うん!なになに!?お兄ちゃんなーに!」

男「これを買ってきたんだ」

ぴらっ

ゴキ娘「こっこれって!お兄ちゃんこれって!ね、おにいちゃん!?」

男「うん、まぁコンドームですね」


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 05:46:10.62 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「お、おに、ちゃ」

男「いや俺もそろそろ気持ちを決めなきゃいかんと思って」

ゴキ娘「は、はわわわわわわわ!」

男「まぁさすがにまだ子供ははやいとおもったからさ」

ゴキ娘「おおおおおおおお兄ちゃんだいすきぃー!お兄ちゃんの子供いっぱいうむねー!」

男「だから子供つくらないようにする道具なんだけど」

ゴキ娘「おにいちゃん!幸せな家庭をつくろうね!?おにいちゃん!」

男「うん、まぁ、今からってわけにもいかないだろうからそれはしまっといて」

ゴキ娘「おにいちゃん!おふとんいこ?おふとんいこー!」

男「はぁ!?いまからっ?」

ゴキ娘「お兄ちゃん!はやくはやくぅ!」ぐいぐい

男「ぼ、暴走してないか」


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 05:53:11.68 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「あっ、あの、私はじめてだからあんまりこういうのわかんないの!」

男「俺も童貞なんだけどね」

ゴキ娘「ね、ねぇ!お兄ちゃん?私の事すきっ?」

男「あぁ、す、すきだよ」

ゴキ娘「え、えへへ!私もおにいちゃんがだいすき!しってる!?」

男「何十回もきいたから安心しろ」

ゴキ娘「まだまだいいたりないもん!すきすきすきすきすきすきすきすきすきすきー!」

ゴキ娘「すきすきすきすっ……」

ちゅっ

ゴキ娘「んむぅっ……!」

男「っぷはっ、お前を黙らせるにはこうするのがいいらしい」


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 06:01:01.23 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「っ……」どきどきどき

男「じゃ、じゃぁさわってもいいか」

ゴキ娘「ひゃ、ひゃぃっ……あ、まって、まって!」

男「な、なんだよ。ここまできて寸止めとかお前」

ゴキ娘「ふ、不束者ですがよろしくおねがいしますっ……」

男「こ……こちらこそ」

ゴキ娘「じゃ、じゃぁさわっていいよ?どこでも好きにさわっていいよ、ね?」

男「う、うん。じゃぁ……」ふに

ゴキ娘「ぁっ」

男「むね、小さいけどやわらかい」

ゴキ娘「あっ、ありがと、お兄ちゃんす、きぃっ……!」びくっ


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 06:05:49.05 ID:4yNRjlM50

男「童貞におっぱいをあたえると目の色がかわるとはいうが」

もむもむもむ

ゴキ娘「ふあぁ……んっ、あ」

男「たしかにこれは喋るのをわすれてしまいそうだ」

ふにふにふに

ゴキ娘「あうっ……ひゃんっ!」

男「え、えろす」

ゴキ娘「お、おにいちゃん、手とめちゃだめだよぉ、おにいちゃん?」

男「……」

くちゅっ

ゴキ娘「ふあっ……お、おま、た……ぁ」


228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 06:14:14.30 ID:4yNRjlM50

男「ここ、すごくアツくなってる」

ゴキ娘「あっ、や、おにぃちゃんっ……!ん!」

男「しかしこんなに濡れやすいのはやっぱり半分人間じゃないからかなぁ」

ゴキ娘「はっ、はぁ、もっと……もっとぉ」

男「……ぺろ」

ゴキ娘「くぅっ……!」

男「覚醒した俺ならゴキ娘ちゃんをクンニするということにいっぺんの躊躇もないね!」

じゅるっ れろっ ぴちゃぴちゃ

ゴキ娘「やっ、だっめぇ……!おにいたんっ、きたないよ!」

男「清潔面の問題は割りとネックだからつっこまないでくれよ」

じゅるるるるっ

ゴキ娘「あっ、きちゃぅう!おにいちゃんんっ……!」びくんっ


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 06:20:56.55 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「おにい、ちゃん、私いっちゃったよ。えへへぇ……」

男「いくなんて言葉どこでおぼえたんだよおい」

ゴキ娘「テレビでだよぉ」

男「お前が見るチャンネルはこれから限定させてもらう」

ゴキ娘「そんなのっ……ん!」ちゅっ

男「ん、ちゅ、れろ……」

ゴキ娘「ふぁ、んんっ舌……ぁむむ……」

男「ぷはっ、はぁ、はぁ」

ゴキ娘「はぁ、はぁ、ん……ごきゅん」

男「なに飲んだ」

ゴキ娘「お兄ちゃんの唾液おいしいね!おいしい!」


232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 06:27:00.83 ID:4yNRjlM50

男「じゃぁ、そろそろ、その。しますか」

ゴキ娘「っ……!うん、うん!しよ?えっちしよ!」

男「現在進行形でえっちしてるんだけどね。痛かったらすぐやめるからいえよ」

ゴキ娘「いたくてもやめちゃだめだよ?おにいちゃん、やめないでね?」

男「う、うん」

ゴキ娘「じゃ、じゃぁ。おねがい!」

男「いれる、ぞ」

ぬちゅ

ゴキ娘「はっぁ、お兄ちゃんのおちんちん入り口に、あたってるよ、お兄ちゃんんん!!」

男「あ、ゴムわっけてた」

ゴキ娘「っ……!」がばぁっ


235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 06:34:43.10 ID:4yNRjlM50

男「うぉっ」どさっ

ゴキ娘「ふっ!?あぁううっ……!」

ずち・・・

男「お、お前、急に押し倒したりするから一気におくまで」

ゴキ娘「え、えへ、へぇ……お兄ちゃんとわたしつながってるよ、おにいちゃん?ね?」

男「ばか、ゴムつけなきゃお前」

ゴキ娘「はじめてなんだからゴムごしじゃなくて」

ぬぷぷ

男「はっ、う……」

ゴキ娘「んっ……!お兄ちゃんの生おちんちんがよかったんだもん!」

男「子作り目的ばればれなんだよ……!」

ゴキ娘「えへ、おちんちんでなかいっぱいになってゆぅ!」


236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 06:41:26.47 ID:4yNRjlM50

ぢゅぷっ じゅぷっ

ゴキ娘「はっはっ、はぁ……ん」

男「ぎぎぃ、膣内がよもやこんなに気持ちいいものだったとは」

ぬちゅ

ゴキ娘「えへ、もっと、気持ちよく、んっ……なって?」

男「だ、だめだ、もっと動かしたい、我慢の限界だ」

がばっ

ゴキ娘「ひぁっ!」

男「やっぱセックスっていや正常位だよな、俺童貞だけど」

ゴキ娘「も、もう童貞じゃないもん、私で童貞じゃなくなったんだもん」

男「ちょっと乱暴にしていいか」

ゴキ娘「う、うんっ!うん!乱暴にして!いいよ!」

ゴキ娘「私の中もっとかきまわしていいんだよ!お兄ちゃんすきぃ!」ぎゅっ


241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 06:49:09.75 ID:4yNRjlM50

ぱんっぱんっぱんっ

男「ふぅっ、や、ば……!」

ゴキ娘「おにっ、んっ、ちゃっ!しゅごいっ!ぁっ!やぁぅ!」

男「きもちよすぎるだろぉが……!」

ゴキ娘「わっ、わた、しっも!きっ、あっ、んあっ!はぁ!」

ぱんっ ぱんっ

男「このわざと腰を強く動かして音をならす感触っ……!」ぱんっ

ゴキ娘「はっ、あぅっ!やぁ!はげし、よぉ……」

男「可愛いよっ、かわいいよ!」

ゴキ娘「え、えへっ!う、うっれ!しっ、あんっ……しゃ、しゃべれっ、ないよぉ……!」

男「しゃべらなくてっ、いいよ!」

ぱんっ

ゴキ娘「うあぁんっ!」


244: たしかに俺関西人だしなぁ 2011/09/17(土) 06:57:24.13 ID:4yNRjlM50

ずちゅっ ぬちゅっ

ゴキ娘「お、おにいちゃっ、もう!いっちゃっ……ぅんっ!いっちゃうよぉ!」

男「うっ……!いきなりなかの壁がきつくなっ……て」

ゴキ娘「おにいちゃん、おにいちゃん!いっ、いっしょにっ!」

男「俺もそろそろやばいかもっ!いきそう!だ!」

ゴキ娘「おにいちゃんそのままついて!いっぱいついて!?おにいちゃぁん!」

男「いやっ、つったって!お前、背中に足まわっ、すな!」

ゴキ娘「あっ、ふぅっ!やっ!い、いっちゃぁ……!」

男「な、なかにでちま、うっ……!」

どぴゅどぴゅるる

ゴキ娘「いくうううううううっ……!」びくっ びくっ

男「ぁ、ぐぅ……」


245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 07:05:02.69 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「あっ、あ、中でとくとくしてる……」

男「くっ、ぅ……」

ゴキ娘「お兄ちゃんの赤ちゃんでおなかいっぱいだぁ」

男「はぁ、はぁ。やっちまった」

ずぽっ

ゴキ娘「んっ、ぬけちゃった」

男「おまえなぁ」

ゴキ娘「え、えへへ」ぎゅっ

男「甘えてきてもおこるからね、あとで」きゅっ

ゴキ娘「あとでならおこってもいいもん、今が幸せだから。おにいちゃん、すきだよ?」

男「う、うん。俺もすきだけど、さ」

ゴキ娘「だい、だい、だい、だいすき!」

男「はぁ、子供できたらどうするかなあ」


251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 07:13:41.82 ID:4yNRjlM50

――翌日

ちゅんちゅんちゅん


ゴキ幼女1「ぱぱー!ぱぱー!おなかすいたー!ぱぱー?」

ゴキ幼女2「ままーどこー!?ままー!おっぱいー!」

ゴキ幼女3「ふええええええん!ぐすっ、びえぇ!」

男「な、なんだこれは」

ゴキ娘「え、えへへ」ぎゅっ

男「ゴ、ゴキ娘。ま、まさか、いや、ばかな」

ゴキ娘「朝だよ?もうおっきする時間だよ、ぱーぱ!えへへー!」すりすり

男「いや、でも……昨日の今日で」

ゴキ幼女1「ぱぱー!やっとおきたー!おなかすいたー!」

男「め、目元が俺に似ている気も」


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 07:33:04.86 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「可愛い三つ子ちゃんだよー!三人しかうまれなかったのは驚いたけど!人間だからかな!?」

男「一日で三人出産かよ、半人半ゴキの妊娠出産のメカニズムがしりたいんだが」

ゴキ幼女3「ん、ん……」くいくい

ゴキ娘「お兄ちゃん、そのこがよんでるよ!お兄ちゃん!」

男「え、えぇ、なんだろ?」

ゴキ幼女2「ぱぱ、だっこ!だっこー!」ぐいぐい

男「あ、あれっ?こっちにも」

ゴキ幼女1「ぱーぱー!おなかすいたー!ぱーぱー!」ぐいぐい

男「ちょっ、ひとりずつ!一人ずつたのむ!」

ゴキ娘「えへへ、私から生まれたからきっとみんなもお兄ちゃんのことが大好きなのー!」

男「どういう理屈だよ」


259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 07:37:19.44 ID:4yNRjlM50

ゴキ娘「もちろん私もだいすきー!」ぎゅう

男「はー、このとしで三つ子の父かぁ」

ゴキ娘「ね!幸せになろうねっ?ずっとずっと!」

男「先が思いやられる……でもやっぱ今にやけてんだろうなぁ俺」

ゴキ娘「にこにこしてるー!私もにこにこ!」

男「とりあえず飯つくってやんないとな」

ゴキ娘「えへへ、お父さん!だいすきだよ!しってた?お父さん!」

男「知ってたよ、母さん」



おわり


275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 07:48:52.73 ID:+50ZY+zE0

これがクラナドか・・・


276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 07:49:24.06 ID:4yNRjlM50

初めてかいたSSがごきぶり孕ませ出産ENDとか胸熱
読んでくれた人ありがとう


277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 07:50:16.50 ID:+7C7NQqq0

>>276
HENTAIの称号をくれてやりたい
かっこいいぜオマエ!


279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 07:51:16.04 ID:mNJf2WQa0

モーニングだかイブニングでゴキブリ擬人化漫画があったな。
ゴスロリ少女になってた。


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 10:24:15.45 ID:82G1ZV1f0


ちょっとゴキブリ探してくる


299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 10:25:57.87 ID:S36aVdmc0


お前SSの才能あるわ




このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:変態SS

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。