スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紬「山中先生とさわ子さん」 

カテゴリ:けいおん!SS

1: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 00:21:02.56 ID:OoFSBS19O

音楽室。
ドアを開けて、山中さわ子が入ってくる。

さわ子「はー疲れたっ! お茶お願い……ってまだ誰も居ないのか」

閑散静寂たる中に微かな音。

さわ子「んー? 誰か居るのかしら」

そろりと奥に歩を進める。

紬「………すー……すー」

窓際の戸棚にもたれて寝こける琴吹紬。



2: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 00:24:36.52 ID:OoFSBS19O

さわ子「あら。どうしたのムギちゃん?」

紬「ん……あ、先生。おはようございますー」

さわ子「どうしてこんな隅っこで寝てるのよ」

紬「誰かを驚かそうと思って……あ!」

何かに気付くそぶり。

紬「わぁっ!!」

さわ子「……それはなに?」

紬「びっくりしませんでしたか……」

さわ子「タイミング悪すぎよ」

紬「はい……」

肩を落とす。


4: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 00:27:15.71 ID:OoFSBS19O

さわ子「人を驚かすには大事よ、タイミング」

紬「律ちゃんも、ボケとツッコミはテンポが大事だって」

さわ子「私が教えてあげるわ」

紬「どうすれば―――」

唐突に口づけをする山中さわ子。

さわ子「どう? 驚いたでしょ」

紬「は、はい! 勉強になりました!」

顔を真っ赤にする紬。

紬「でも……」

さわ子「なぁに?」

紬「復習しないと、このタイミングを忘れてしまうかもしれません」

さわ子「!」

ゆっくりと山中さわ子に口づける琴吹紬。

紬「……びっくりしました?」

さわ子「……満点よ」


5: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 00:31:23.67 ID:OoFSBS19O






音楽室のドアの隙間。
二人をじっと見ている平沢唯。








7: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 00:37:53.28 ID:OoFSBS19O

10分後。
ドアを開けて平沢唯入室。

唯「やっほい」

紬「唯ちゃん。今、唯ちゃんの分もいれるから」

さわ子のカップには既に琴吹紬の紅茶がいれられている。

さわ子「ムギちゃんの紅茶、落ち着くわぁ」

唯「お上品な味だよね」

さわ子「そうそう」

紬「普通にいれてるだけなのにー」

さわ子「そういう些細なところに、育ちってもんが出るわけよ」

紅茶を一啜りする山中さわ子。

唯「さわちゃん、音を立てずに飲むのがマナーだよ」

さわ子「あら、ごめんあそばせ」

二人のやり取りを聞いて微笑みながら、紅茶とケーキの準備を終えた琴吹紬。

紬「さ、どーぞ」

唯「わはーい!」


8: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 00:47:58.53 ID:OoFSBS19O

練習後。
音楽室を後にする五人。

梓「律先輩。今日は全体的に走ってましたよ」

律「いやー悪い悪い。ノってくるとついな」

澪「普段からメトロノーム使って練習してるのか?」

律「……てへっ」

澪「やっぱりな」

唯「ねぇ、ちょっと楽器屋さん寄ってかない? ギターの弦が欲しくて」

律「おう、付き合うぞー」

澪「皆で行くか?」

梓「行きましょう!」

紬「あ、私……ちょっと用事があるの」

残念そうに俯く琴吹紬。
その表情をじっと見つめて、にっこりと笑う平沢唯。

唯「そっかー。さわちゃんに用事だったら仕方ないね」

紬「えっ……」


10: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 00:56:23.83 ID:OoFSBS19O

驚く琴吹紬。
二人のやり取りの意味が分からず、顔を見合わせる三人。

職員室前。

梓「そろそろ行きませんか?」

澪「じゃあな、ムギ」

律「また明日!」

唯「バイバーイ!」

紬「うん。じゃあね、皆」

梓「お疲れ様です」

去っていく四人の後ろ姿のうち、平沢唯を見つめる琴吹紬。
そのこぶしはきつく握られている。


さわ子「あら、練習終わったのね」

不意に後ろから声を掛けられ、驚いて振り向く。

紬「あ、先生……」

さわ子「約束通り、ムギちゃんの絶対知らない、美味しいお店へ連れていってあげるんだから!」

紬「はい、……とっても楽しみです」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/04(月) 00:56:46.20 ID:of1ER56+O

これはいい


13: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 01:10:00.40 ID:OoFSBS19O

どこか上の空である琴吹紬に違和感を覚える山中さわ子。

さわ子「どうかしたの、ムギちゃん?」

紬「い、いえ。なんでもないですよ」

にこりと笑う。


自動車内。
サンバイザー裏の鏡で軽く化粧直しをする山中さわ子。

さわ子「最近はホント、ファンデのノリも悪くなってね。若い頃と比べたら……」

紬「先生のグロス、素敵な色合いですね」

さわ子「分かってくれる? 高かったのよ、これ」

紬「私も同じの、使ってみたいかも……」

さわ子「高校生に化粧なんて、私に言わせりゃ早いわよ。まだすっぴんで勝負できる時期なのに」

会話が少し途切れる。


15: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 01:15:07.73 ID:OoFSBS19O

さわ子「……試してみる? この色」

紬「はい、試したいです」

さわ子「いいわよ。目を閉じて」

紬「はい……?」

目を閉じた琴吹紬へ口づける山中さわ子。

紬「……ぷは」

さわ子「ふふふ」

紬「び、びっくりしました」

さわ子「あんまり色、着いてくれないわね。もう一回」

紬「んー……」


17: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 01:25:56.82 ID:OoFSBS19O

ラーメン屋。
客足は乏しい。

紬「ここですか」

さわ子「そうよ。知る人ぞ知る名店」

紬「わぁ、頑固そうなご主人! ラーメン屋って感じですね!」

さわ子「まぁ、ラーメン屋だけど……」

紬「私、このフカヒレラーメンっていうのにします」

値段千五百円也。

さわ子「……それなら、私は……」

餃子、三百五十円也。

紬「餃子だけでいいんですか?」

さわ子「いいのいいの。奢りだからって、遠慮せずに食べてね」

紬「はい!」


18: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 01:27:49.11 ID:OoFSBS19O

自動車内。
思索に耽る琴吹紬。

さわ子「ラーメン食べたらちょっとは元気になるかもって思ったけど……」

紬「えっ?」

さわ子「どうしたのよ。ずっと何か考え事してるじゃない」

紬「ごめんなさい。せっかく二人で居られる時間なのに」

さわ子「私には話せないこと?」

紬「……迷惑になるかもって」

さわ子「そう。貴方が話したくなったら、話しなさい」

紬「分かりました」


19: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 01:31:15.34 ID:OoFSBS19O

沈黙。
後、琴吹紬が決意を固めたように口火を切る。

紬「あのっ!」

さわ子「なぁに?」

紬「先生は、私のこと……好きですか?」

さわ子「好きよ。愛してる」

紬「どんなことがあっても?」

山中さわ子の左手が、助手席に座る琴吹紬の頭を撫でる。

さわ子「女同士ってことで偏見を持つ輩も居るわ、きっと。
    もし貴方とのことがバレて問題になったら、私はレズ女教師なんてレッテルを張られて、
    処分次第じゃ仕事も出来なくなる。けどね、絶対に後悔しないわ。貴方が私を好きでいてくれたら」

紬「……うん。私もきっと、ずっと、好きだから……」

少し躊躇ってから、琴吹紬は続ける。

紬「今日、さわ子さんのところに泊めて?」


21: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 01:36:44.90 ID:OoFSBS19O

翌日。
学校中がある噂で持ち切りになっている。
教室に平沢唯が現れる。

唯「おっはよー」

律「おい! 唯のところには、あのメール来たか?」

唯「メール? 何のこと?」

澪「さわ子先生がムギと付き合ってるって告発メールだ。チェンメになって、結構出回ってるらしい」

唯「あはは、なにそれ? 嘘でしょー」

律「嘘に決まってる! けど、真偽によらずこんなメールが出回ったら、さわちゃんがまずいだろ」

澪「確かに。軽音部の顧問でもあるから、問題になったら私たちも……」


23: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 01:38:53.66 ID:OoFSBS19O

唯「このメール、何のために送られたんだろう」

律「やっぱり、さわちゃんの評判を落とすため……とか」

澪「火の無いところに煙は立たない、とも言うし。少し誤解を招くような出来事があったんじゃないか」

律「こりゃームギにも事情を聞いてみる必要があるかもな」

澪「うん……」

二人には分からないくらいに小さく、平沢唯は笑った。


25: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 01:45:17.17 ID:OoFSBS19O

三人の会話の約一時間前。
山中さわ子のマンションの一室。

紬「もう、さわ子さんのせいで!」

さわ子「うふふ、ごめんなさい」

紬「笑い事じゃありません!」

琴吹紬は首筋に着いた山中さわ子のキスマークが消えずに困っていた。

紬「見えちゃったら大変なのに……」

さわ子「髪の毛のお陰で全然見えないわよ」

紬「今日は体育があるから、髪をあげたら……」

さわ子「あー……休みなさい」

紬「ひどいっ」

不機嫌になる琴吹紬。


26: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 01:48:08.22 ID:OoFSBS19O

さわ子「私は、ちょっと嬉しいわ」

紬「そうですか」

さわ子「拗ねないでよ。ムギちゃん、最近とっても素直なんだもの。
    やっと私に遠慮なく、怒ってくれるようになったわ」

紬「そういえば、誰かに怒るなんて、私したことなかったです」

さわ子「一歩一歩、距離が縮まってるのね」

心底嬉しそうな山中さわ子に何も言えなくなる琴吹紬。
三十分後、山中さわ子の家を出る。


28: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 01:56:47.87 ID:OoFSBS19O

再び学校。
琴吹紬が教室に現れる。

律「お、来たかムギ」

紬「皆、おはよー」

澪「なぁ、ちょっと聞きたいことがあるんだけど……」

紬「なにかしら?」

澪「えっと……」

言いよどむ秋山澪と田井中律。

唯「ムギちゃんって、さわちゃんと付き合ってるの?」

平沢唯はじっと琴吹紬の瞳の奥を観察する。
小石を投じた水面に、どんな波紋が広がるかを楽しむ子供のように。

紬「ええ」

短く答えた琴吹紬は、どこまでも毅然としていた。


29: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 01:59:07.19 ID:OoFSBS19O

律「えぇえっ!?」

澪「ばかっ、静かにしろ!」

渦中の琴吹紬との会話に鋭く聞き耳を立てる幾人かが、田井中律の悲鳴めいた驚愕に反応する。

紬「出来れば、けいおん部だけの秘密ってことにしてほしいわ」

澪「それはいいんだけど、こんなメールが昨夜回ったんだ」

件のメールを見せる秋山澪。

紬「あらあら、どうして分かっちゃったのかしら。とっても不思議」

律「そんな悠長なこと言ってて大丈夫なのか? 立場上、さわちゃんにしたら色々とまずいだろ」

紬「うん。そうかもしれない」

唯「懲戒免職とかね?」

紬「先生は言ってくれたの。全部ぜんぶ大丈夫だって」

唯「ふぅん」

平沢唯はつまらなそうに目を細めた。


33: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 02:09:10.56 ID:OoFSBS19O

噂は広まり、幾名かの教職員の知るところとなったが、
生徒たちのチェーンメールが情報の出所ということもあり、職員会議に掛けてまで
真相を確かめようという動きは起こらなかった。


放課後。
音楽室にはけいおん部員と顧問が勢揃いしていた。

さわ子「あー、何から話せばいいのかしら……」

律「じゃあ二人の馴れ初めから!」

さわ子「そういうことじゃなくて……。あなた達、同性愛に抵抗はないの?」

律「まーそれは人それぞれってやつじゃん。身近な人ってのが今回は驚きだけどな」

澪「私も律と同じ気持ちだ」

唯「全然普通だよねー、あずにゃん!」

中野梓に抱き着く平沢唯。


34: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 02:12:44.79 ID:OoFSBS19O

梓「そこで抱き着かれると反応に困りますってば!」

紬「えっと、私達が最初に仲を深めたのは――――」

澪「真面目に馴れ初めを語らなくってもいいぞムギ!」

紆余曲折をさくさくと説明する琴吹紬。

さわ子「ってなわけで、今まで内緒にしててごめんなさい」

紬「ごめんなさい」

律「いいんだよ。言いづらいのもあったろうし」

唯「二人はこれから、どうするの?」

平沢唯が切り込む。


35: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 02:14:45.99 ID:OoFSBS19O

さわ子「交際を続けるわ」

唯「言わなきゃいけないから言うけど、けいおん部の顧問はさわちゃんなんだよ?」

さわ子「それは……」

唯「二人の関係が明るみに出たら、けいおん部の存続も危ういかもしれない」

唯「皆にも迷惑をかけるかもしれない。それでも、付き合い続けるの?」

核心を突いた平沢唯の言葉に、ひどく動揺する山中さわ子。


37: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 02:17:56.10 ID:OoFSBS19O

紬「……唯ちゃん、それに皆。ごめんなさい。私、さわ子先生がどうしようもなく好きなの。
  皆に迷惑をかけたっていいって思ってしまうくらいに」

澪「ムギ……」

紬「けど、けじめはつけたいの。私は退部する覚悟だってあるし、それに―――」

律「ムギっ! 辞めるなんて馬鹿なこと言うんじゃねぇよ!!」

田井中律の激怒に琴吹紬は気圧される。

紬「ご、ごめんなさい……わたし、そんなつもりじゃ」

澪「……ムギがさわ子先生を好きだって気持ち、よく分かった。私は、良いよ。
  二人のことでけいおん部がなくなったりしても、放課後ティータイムはなくならないじゃないか」


38: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 02:20:34.34 ID:OoFSBS19O

梓「わ、私も。ムギ先輩とさわ子先生を応援します!」

顔を見合わせて、思わず微笑む山中さわ子と琴吹紬。

律「そうだ。放課後ティータイムはなくならない。バンドは部活じゃなくても出来る。そうだよな、唯?」

唯「……なんで、さわちゃんなの?」

澪「唯?」

唯「なんで……なんで?」

紬「さわ子さんはさわ子さん、だから」

琴吹紬は静かに言った。


39: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 02:25:02.05 ID:OoFSBS19O

梓「唯先輩……?」

平沢唯は誰の目にも不可解な涙を流していた。
何故泣いているのか、知っているのは平沢唯と琴吹紬だけだった。

紬「……唯ちゃん、お茶にしない? 今日はフルーツタルトを持ってきたの」

唯「……うん、うん!」


74: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 23:28:28.64 ID:OoFSBS19O

山中さわ子と琴吹紬の関係がけいおん部の公認となってから約一ヶ月後。
山中さわ子宅。

紬「どうしてこんなものがあるんですか『山中先生』?」

普段通りの笑顔で詰問する琴吹紬。
だがその声はどこか冷たさを孕んでいる。

さわ子「む、ムギちゃん……どこからそれを」

紬「少し押し入れを掃除していたら、出てきたんです」

さわ子「そう、そうなの。ふふふ」

山中さわ子は何かに気付いたように笑った。
剣呑な雰囲気の中、何故か二人とも笑顔になるという妙な状況が出来上がった。


75: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 23:39:52.27 ID:OoFSBS19O

さわ子「それを見て、どう思った?」

紬「質問したのは私です。答えてください」

さわ子「それが私の思い出だからよ」

山中さわ子は悪びれる様子もなく言う。

紬「……私では、駄目ですか?」

さわ子「えっ?」

紬「私は……さわ子さんの思い出の代わりにはなれませんか?」

さわ子「そうは言ってないわ。私が今見ているのは貴方だけだもの」

紬「でも、昔の写真まで大切にして……」

さわ子「私がムギちゃんとどんな別れ方をしても、ずっと大事な人であることと同じよ」

山中さわ子はそこまで言ってから、まずい、と直感した。
琴吹紬の目には、今にもこぼれ落ちそうなくらいに涙が浮かんでいる。


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/04(月) 23:48:22.26 ID:l2oPNuo/0

  ┏┓  ┏━━┓┏━┓┏┓┏━━┓┏━━┓    | │  | ⌒>  | \|\ │  | i     ┏┓┏┓┏┓
┏┛┗┓┗━┓┃┗━┛┃┃┃┏┓┃┃┏┓┃    | │  l{/ハ  |   y示ミ、   |八.    ┃┃┃┃┃┃
┗┓┏┛    ┃┃┏━┓┃┃┃┗┛┃┗┛┃┃┏━| │  | x=、\{   トィハ }}   |\\..┓┃┃┃┃┃┃
┏┛┗┓┏┓┃┃┗━┛┃┃┃┏┓┃    ┃┃┃  |     | {代:ハ    弋::ソ│  |i〉 }  ┃┃┃┃┃┃┃
┗┓┏┛┃┗┛┃    ┏┛┃┗┛┃┃    ┃┃┗━ヽ. |人 小. Vリ  ,    ''' |  レく   ..┛┗┛┗┛┗┛
  ┃┃  ┗┓┏┛┏━┛┏┛    ┃┃  ┏┛┃     `|  \∧ ''         |  |、 \  ┏┓┏┓┏┓
  ┗┛    ┗┛  ┗━━┛      ┗┛  ┗━┛     .|   | |人    ー '  │  l \__   ┗┛┗┛┗┛


79: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/04(月) 23:51:34.92 ID:OoFSBS19O



さわ子「ご、ごめんなさい、私―――」

何事か言いかけた山中さわ子の手を振り払って、琴吹紬は部屋を飛び出した。


81: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/05(火) 00:01:26.84 ID:yI+kHnV8O

平沢家。
インターフォンを鳴らす琴吹紬。

憂「はーい。紬さん、こんにちは。どうしました?」

紬「憂ちゃん。その、折り入ってお願いがあるんだけど……」

憂「じゃあ中へどうぞ。今、お茶入れますね。おねーちゃーん、紬さんが来たよー」

唯「おおぅ、ムギちゃん! さあさあ上がって!」

紬「お邪魔します」


83: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/05(火) 00:13:50.40 ID:yI+kHnV8O

居間のテーブルを三人で囲む。

憂「それで、お願いというのは何のことですか?」

紬「憂ちゃんには言ってなかったことなのだけど、私は今さわ子先生の家にお世話になっているの」

憂「あ、お姉ちゃんから聞きました」

紬「そ、そうなの?」

唯「うん。憂はとっても口が堅いから、二人のこと話しちゃった。勝手だったかな」

紬「大丈夫。それでね、今日、ちょっとしたことから先生とケンカして……一方的に飛び出して来ちゃったの」

唯「ええっ!?」

憂「そうなんですか……」

紬「そんなわけで、今晩ちょっと泊めてくれたらなって。それが私のお願い」


84: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/05(火) 00:15:11.34 ID:yI+kHnV8O

唯「さわちゃんとムギちゃんがケンカって……想像できないよ」

紬「私の身勝手なやきもち、のほうが適切かしら」

憂「うちは大丈夫ですけど、先生が心配しちゃうんじゃないでしょうか」

紬「確かに、あの人心配性っていうか、依存しやすいところあるから……」

唯「たまにお灸を据えるくらいでさわちゃんは丁度いいんだよ。気兼ねなく泊まってって!」

紬「そうね……。ありがとう」


85: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/05(火) 00:33:42.31 ID:yI+kHnV8O

夕飯時。

唯「そういえば、ムギちゃんの家に帰ろうとは思わなかったの?」

紬「実は……さわ子先生の家に住むのは、お父さんの試験だったの」

憂「試験、ですか?」

紬「ええ。一ヶ月間一緒に生活出来れば、さわ子先生が私に相応しい証明になるでしょうって」

唯「やっぱ、ムギちゃんちは違うなー」

紬「変わってるかしら?」

唯「一段上って感じかな」

憂「試験はどうなっちゃうんですか?」

紬「分からないけど……反対されても、絶対に一緒に居たいわ」

唯「そう、なんだ」

どことなく寂しそうな表情の平沢唯。


87: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/05(火) 00:43:23.24 ID:yI+kHnV8O

夕食後。

憂「お風呂、お先にどうぞ」

紬「ありがとう、憂ちゃん。ご飯もとっても美味しかったわ」

憂「今日は珍しく、お姉ちゃんも夕食の準備を手伝ってくれましたから」

言った後で、はっとしたような表情を浮かべる平沢憂。

憂「め、珍しいっていうのはその、いつも手伝ってくれないとかって意味じゃなくて、えっと……」

出来た妹だ、と思ってつい微笑んでしまう琴吹紬。

紬「そんな風には思ってないわ。じゃあ、お先にね」


88: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/05(火) 00:49:07.03 ID:yI+kHnV8O

入浴中。
琴吹紬は思案顔で考えを転がす。

紬(唯ちゃん……私を家に泊めてくれた唯ちゃん)

紬(さわ子さんとの関係に、一番強く意見してくれた唯ちゃん……)

紬(私のために、普段しない料理をふるまってくれた唯ちゃん……)

唯「ムギちゃーん、背中流そっか?」

浴室の外から平沢唯が声をかける。

紬「うふふ。そこまでお客様じゃ、かえって気疲れしちゃうわ」

唯「そう。何か切れてたら言ってねー!」

平沢唯の足音が離れていく。

紬(……私に構ってくれる、唯ちゃん)


89: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/05(火) 01:01:54.82 ID:yI+kHnV8O

二十分後。
濡れた髪の水気をタオルで取りながら、琴吹紬がリビングへ現れる。

紬「良いお湯加減でしたー」

唯「あ、ムギ……ちゃん」

惚けたように琴吹紬に見入る平沢唯。

憂「次はお姉ちゃんでいいよ」

唯「……う、うん! 入ってくる!」

リビングをそそくさと出ていく。

紬「……唯ちゃんって、不思議」

憂「今のは、照れていたんだと思いますよ」

紬「照れる……って?」

憂「それは、」

一息ついて、平沢憂は少し困ったように眉尻を下げて言った。

憂「紬さんが考えることですよ」


91: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/05(火) 01:15:36.82 ID:yI+kHnV8O

就寝前。
客用の布団が平沢唯の部屋に敷かれる。

唯「皆でトランプでもしよっか!」

憂「もうこんな時間だよ? 明日にしようね、お姉ちゃん」

唯「ぶーぶー、憂のしっかり者めー」

紬「ふふふ」

腰を上げて、平沢唯の部屋から出ていく平沢憂。

憂「それじゃあ、お姉ちゃん、紬さん、おやすみなさい」

唯「おやすみー」

紬「おやすみ、憂ちゃん」

パタン、とドアが閉まると静寂の帳が落ちる。


92: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/05(火) 01:17:35.11 ID:yI+kHnV8O

唯「……電気、消すよー」

紬「うん」

パチリ、と平沢唯の部屋は暗くなる。

唯「……こうやって二人っきりなのって、新鮮だね」


紬「そうね。生まれて初めて、こんなふうに過ごしてるかも」

唯「……さわちゃんとは?」

紬「さわ子さんは、恋人だから」

沈黙。
後、琴吹紬が静かに切り出す。

紬「唯ちゃんに一つ、お願い」


93: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/05(火) 01:19:09.47 ID:yI+kHnV8O

唯「なに?」

紬「膝枕させて」

唯「えっ……。うん、いいよ」

平沢唯がベッドの上で起き上がる。
琴吹紬が後ろから平沢唯を包むような姿勢で、ベッドに腰掛ける。

唯「痛くない?」

紬「大丈夫よ。……私、友達が寝るまで膝枕するの、夢だったの」

唯「そんなことが?」

紬「うん。唯ちゃんのお陰で、叶ったわ。さわ子さんじゃ叶えられなかったこと」


94: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/05(火) 01:23:01.82 ID:yI+kHnV8O

唯「ふぅん」

言葉の素っ気なさとは裏腹に、満足そうな表情で平沢唯は目を細めた。

唯「おやすみ、ムギちゃん」

紬「おやすみ、唯ちゃん」

平沢唯の唇がほんのわずかに、琴吹紬の手の甲に触れた。


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/05(火) 02:02:14.35 ID:GCjNEpIrO

なんかムズムズする


102: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/05(火) 06:55:31.86 ID:yI+kHnV8O

翌朝。
山中さわ子宅。

紬「なにこれ……」

室内には様々な家具や日用品が散乱し、普段の小綺麗な様子からは掛け離れている。
散らかったリビングの中央で、何本かのビール缶と一緒に、山中さわ子が雑誌の束を枕にして転がっている。

山中さわ子に近づく琴吹紬。

さわ子「ぐぉー………ぐぉー……」

眼鏡はかけておらず、よほど泣いたためか、その目は幾分腫れぼったい。

紬「……先生、ごめんなさい」

琴吹紬は山中さわ子の額を、慰めるように撫でた。

おわり


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/05(火) 07:02:20.06 ID:Xa612vzXO

え?


104: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/10/05(火) 07:02:56.03 ID:yI+kHnV8O

百合はベタベタしないほうがベター(!)
前の方に二つくらい質問がありましたが、読み取ってもらった物から想像して頂けたらと思います。
お付き合い頂いた方、保守、諸々ありがとうございました。


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/05(火) 07:03:40.13 ID:7Bu0tDrR0

終わり……だと……?


106: 以下、名無しに変わりましてVIPがお送りします 2010/10/05(火) 07:19:41.10 ID:jBfa3qYa0

オチで久しぶりにワロタwwwwwwwwwwww


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/05(火) 08:00:02.85 ID:BnPwR1gHO

ベタベタしないほうがベター
ベタベタしないほうがベター
ベタベタしないほうがベター


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:けいおんSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。