スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

律子「あずささんが自分探しの旅に出た」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 17:10:25.89 ID:0eRnrrIRi

伊織「」

亜美「」


律子「大きなイベントも終わったから一週間ほどオフにしたけど…」

伊織「どう考えても一週間で戻って来ないわよ」

亜美「もう日本にはいないかも!」

律子「はぁ……プロデューサーも出来れば協力して下さい」

P「……」


律子「プロデューサー?」

P「あ、ああ分かった!」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 17:16:33.53 ID:0eRnrrIRi

……




P「はぁ、思った通り大事になってる」

P「どうしたもんかね…」


ガチャ


P「ただいま帰りました」

あずさ「おかえりなさい~」

P(絶対に言えない…一週間ほど俺の家にあずささんが住み着くなんて)


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 17:23:05.29 ID:0eRnrrIRi

あずさ「今日はとんかつですよ」

P「お、いいですね」

あずさ「今揚げちゃうので、待ってて下さいね~」

P「はい」


あずさ「~♪」

P(花嫁修行らしいが…修行が必要だとは思えん家事レベル)

P(ぶっちゃけ今すぐお嫁さんに欲しい)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 17:30:35.57 ID:0eRnrrIRi

P(こんな美人で家事もこなせるあずささんを嫁にできる人が羨ましい)

P「……」

あずさ「えいっ」


むぎゅ


P「うひゃあ!?」

あずさ「出来ましたよ」

P「は、はい!」

P(お胸が! たわわな感触が!!)


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 17:38:08.99 ID:0eRnrrIRi

あずさ「さあ、召し上がれ」

P「はい、では…」


あずさ・P「「いただきます」」


あずさ「どうですか?」

P「う……」

あずさ「う?」

P「うんまぁーーーい!!」

P「こんなに美味しいとんかつを食べた事ないです!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 17:42:33.65 ID:0eRnrrIRi

あずさ「ふふ、良かったです」

P「毎日でも食べたいくらいですよ!」


あずさ「あ……」

P「…?」

あずさ「頬に米粒が…」


ひょい

ぱくっ


P「……!!?」

あずさ「慌てて食べたらめっ、ですよ?」

P(キュンとした、今キュンとした)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 17:48:34.81 ID:0eRnrrIRi

………




P「ふい~、ご馳走様でした」

あずさ「お粗末さまでした~」

あずさ「お風呂を沸かしてあるので、入って来て下さい」

P「え、片付けくらい俺が…」

あずさ「片付けまでが料理ですから」

P「そうですか…ではお言葉に甘えて」

あずさ「はい、どうぞ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 17:54:12.44 ID:0eRnrrIRi

かぽーん


P「いい湯だな~、と」

P「至れり尽くせりだ…こんな生活が続けば」



P「いかんいかん! 甘えるな!」

P「これはあずささんの花嫁修行なのだから!」


こんこん


あずさ「湯加減はどうですか?」

P「ばっちりですよ~」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:00:27.16 ID:0eRnrrIRi

あずさ「お背中流しましょうか~?」

P「え!?」

P「いやいやいや!!」


あずさ「ふふ、冗談です」

あずさ「ごゆっくり~」



P「……」

P「期待した俺がいる…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:08:39.49 ID:0eRnrrIRi



P「ふぅ…いい湯だった」

P「あずささん、次どうぞ」

あずさ「はい~」


あずさ「あ…」

P「どうしました?」

あずさ「覗いちゃ嫌ですよ?」

P「の、覗きませんよ!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:13:37.02 ID:0eRnrrIRi

あずさ「あら、私魅力ないですか?」

P「違います! 魅力ありすぎて…歯止めが…」

あずさ「プロデューサーさんだったら、いいですよ?」


P「え?」

あずさ「ふふっ、冗談です…入って来ますね~」


ぱたん


P(完璧に振り回されてる……)

P(あずささんマジ小悪魔)


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:20:52.60 ID:0eRnrrIRi

P「……!!」

P「こちらスネーク」


P「あずささんのブラを発見した」

P「……なんで露骨に目立つ場所に置いたんだ…」

P「……」



天使P「それはいけない!手を出しちゃ駄目」

悪魔P「それだとイけない!やれ!」

P(俺はどうすれば……)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:32:11.65 ID:0eRnrrIRi

P「ええい、ままよ!」


がらっ


あずさ「ふう……」

P「うひゃあ!?」

あずさ「どうしたんですか?」


P「い、いえ何も!」

あずさ「…?」

P(ああ危ない……)


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:41:32.66 ID:0eRnrrIRi

あずさ「一杯どうです?お酌しますよ?」

P「いいですね」


P(いや待てよ……)

P(ブラは置きっぱなし…つまり)

あずさ「どうしました?」


ぷるん


P(あずささんは今ノーブラ!)


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:45:43.19 ID:0eRnrrIRi

P(寝間着とはいえ…刺激が強すぎる)

あずさ「ささ、どうぞ一杯…」

P「っとと…どうも」


あずさ「では…」

あずさ・P「「かんぱーい」」


ちん


P(気になって味がわかりません)

あずさ「うーん、美味しい!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:51:52.61 ID:0eRnrrIRi

P(飲んで忘れよう…)

あずさ「あら、いい飲みっぷりですね」

あずさ「もう一杯どうぞ」


とくとく


P「どうも……」


ぐいっ


P「もう一杯…」

あずさ「はい~」




……


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:58:02.05 ID:0eRnrrIRi

……



P「う……頭痛い…」

P「朝か……」


もにゅん


あずさ「んん……」

P「」

あずさ「……すぅ…」

P(落ち着け俺……)

P(大した事はない、飲んでたら何時の間にか朝で)

P(裸のあずささんが添い寝してるだけだ)


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:04:51.72 ID:0eRnrrIRi

P「いやおかしい!!」

あずさ「…んぅ…?」

P「あ」

あずさ「おはようございます~」

P「!!」

P「ちょ、隠して下さい!」

あずさ「ふふ、昨日あれだけ恥ずかしい事をされたんですから…」

P「!?」

あずさ「裸くらい…」

P(死ね、昨晩の俺)

P(羨ましい! そのうえ覚えてないとは!)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:11:04.07 ID:0eRnrrIRi

あずさ「激しかったです~」

P「」

あずさ「もうお嫁にいけません…」ぐすん


P「いいでしょう」

あずさ「はい?」

P「男として責任を取ります」

P「結婚しましょう」

あずさ「はい、喜んで」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:14:24.63 ID:0eRnrrIRi

……




律子「あずささん!」

あずさ「お騒がせしました~」

亜美「ねえ、地球は青かった?」

伊織「宇宙まで行くわけないでしょ!」

あずさ「ふふっ…」

律子「…それで、自分は見つかりましたか?」


あずさ「とっても、素敵な出会いがありました」

律子「へえ…」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:18:08.97 ID:0eRnrrIRi

小鳥「…それで、例の作戦はどうでした?」

あずさ「ばっちりでした~」

小鳥「ふふふ…なんちゃって既成事実作戦、成功!」

あずさ「そ、その…」

小鳥「はい?」

あずさ「あの晩、本当に……されちゃって」

小鳥「」


あずさ(本当に激しかったなぁ…プロデューサーさん)


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:22:09.00 ID:0eRnrrIRi

おわり


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:45:45.37 ID:0eRnrrIRi

~蛇足~


P「もう一杯だ~!」

あずさ「もうっ…これ以上はめっ、ですよ」

P「む…」

あずさ「残ったお酒は私が飲んじゃいますね」



P「よこせー!」がばっ


ちゅー


あずさ「んむ……っ!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:51:19.44 ID:0eRnrrIRi

P「ぷはぁ……美味い」

あずさ「…え…?」

あずさ「い、いま……キス…」

P「まだ口の中にありそうだ…」


ちゅー


あずさ「んん…っ…ぁ…」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:57:29.03 ID:0eRnrrIRi

あずさ「はぁ……ぁ」

P「顔が赤い…さては飲み過ぎましたね?」

あずさ「ち、ちが…!」


ひょい


あずさ「きゃ!?」

P「さて、ベッドに行きますよ~」

あずさ「…!!」

あずさ「はい……」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:01:44.52 ID:0eRnrrIRi

ぽふっ


P「…さぁ」

あずさ「はい…」


するする

ぱさ


あずさ「優しく…して下さいね」

P「もちろん」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:07:08.83 ID:0eRnrrIRi

なでなで


あずさ「ひゃ?」

P「…よし! では、お休みなさい」

P「……zzz」

あずさ「………もうっ!」

あずさ「少し期待しちゃったのに…」

P「…ふご……zzz」

あずさ「…でも、ふふっ」

あずさ「まだ、私には早いものね…」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:11:46.20 ID:0eRnrrIRi

あずさ「ん…」


ちゅ


P「んん………zzz」

あずさ「お休みなさい、プロデューサーさん」





………



あずさ「という訳です」

小鳥「キスだけじゃないですか!」

あずさ「アツい口づけでした~」

小鳥「それでお嫁に行けないなんて……ピュア過ぎるでしょう!」

あずさ「あらあら」

小鳥「あらあら、じゃありません!」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:12:15.17 ID:0eRnrrIRi

今度こそおわり
エロは無理でしたスイマセン


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:13:46.14 ID:RkX6cfs70

いいものだった おつ


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:20:03.11 ID:3/P+hVqh0

おつである


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。