スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内田「ペロペロ?」 

カテゴリ:みなみけSS

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:15:54.29 ID:XVCDsG/L0
ペロッ 

内田「うわっ、吉野なにすんの?!」 

吉野「ごめんね、つい舐めちゃった」 

内田「ついって、昨日も一昨日も舐めてきたよ!」 

吉野「だってペロペロしたいんだもん」 

内田「おかしいよ?!」 

吉野「ごめんごめん。でも内田だからだよ?」 

内田「え……?」 
img_963741_48571067_8


 
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:17:35.77 ID:XVCDsG/L0
ペロペロ 

内田「ひゃあ!」 

冬馬「よー」 

内田「よー、じゃないよ!!なんで頭舐めんの?!」 

冬馬「座ってたから、つむじ舐めやすそうだなーって」 

内田「そうじゃなくて!最近吉野もトウマもなんなの?」 

冬馬「さあ?オレもよくわからないけど、ふっと舐めたいと思って、そのまま舐めてた」 

内田「ウソでしょ!」 


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:18:11.32 ID:WkBvGLEy0
はやくしろ 


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:19:36.92 ID:XVCDsG/L0
内田「ねえチアキ、吉野とトウマ、この頃変だよね?」 

千秋「なにが?」 

内田「いきなり舐めてくるんだよ?私の事」 

千秋「ああ、それは変だよね。何か吉野やトウマに気に入らない事でもしたんじゃないのか?」 

内田「うーん……そんな事したっけなぁ」 

千秋「無意識の内になんかしてたんだろ」 

内田「えー………というか仕返しに舐めるって……」 


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:22:10.62 ID:XVCDsG/L0
内田「おじゃまします」 

夏奈「おーよく来たな、内田」 

内田「こんにちはカナちゃん」 

夏奈「こっちこっち、座って座って」 

内田「うん、どうしたの?そんなに急いで」 

夏奈「いいから………よし座ったな」 

ペロペロ 

内田「きゃあ!!」 

千秋「………」 

ペロペロペロペロ 

内田「やぁ……やめてやめて!」 


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:25:10.54 ID:XVCDsG/L0
夏奈「どうした?」 

内田「耳舐めといて、どうしたじゃない!!」 

夏奈「そうか?」 

内田「そうだよ、おかしいでしょ!チアキも見てるんならなんか言ってよ!」 

千秋「新手のスキンシップかなって」 

内田「そんなわけない!」 


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:27:58.20 ID:ccMqY/pRO
(^ω^)ペロペロ 


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:28:10.15 ID:XVCDsG/L0
内田「もう……久々にチアキん家来たら、カナちゃんおかしくなってるし……」 

千秋「もともとおかしくないか?」 

夏奈「なんでお前、そんなに人に喧嘩売りたいの?」 

千秋「別に」 

夏奈「まあいいや。それで内田、私がおかしくなったって?」 

内田「うん。さっきから言ってるけど、突然舐めてくるのはおかしいよ」 

夏奈「……ごめん、なんか気づいたら舐めてた」 


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:31:45.81 ID:XVCDsG/L0
内田「じゃあねー」 

夏奈「気をつけて帰れよ」 

ーバタン 

内田「………」 

内田「カナちゃんもおかしくなった……」 

内田「吉野もトウマもだし、クラスの子も私のことじっと見てたような……」 

「あのーすみません」 

内田「何ですか?」 

「舐めさせてください!」 

内田「へ?」 


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:36:09.10 ID:XVCDsG/L0
内田「昨日は散々だったよ……」 

内田「チアキの家から帰る途中に、知らない人三人に舐められたんだけど……」 

千秋「お前の体からなんかでてるんじゃないか?」 

内田「そうかも……」 

千秋「とりあえず、警察にでも電話した方が良いよ。相手のことを知らないのに舐めてくるとか、立派な変質者だ」 

内田「でも、そんな風には見えなかったけどなぁ」 

千秋「どんな風貌でも、舐めてきたら同じだよ」 


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:38:21.59 ID:XVCDsG/L0
「あの、内田ちゃん」 

内田「なに?」 

「私内田ちゃんをペロペロしたいんだけど……ダメかな?」 

内田「え?!」 

「ぼ、僕も……」 

「じゃあ私も!」 

「オレも!」 

内田「」 


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:43:19.28 ID:XVCDsG/L0
千秋「お疲れ」 

内田「…………」 

千秋「着替えた方が良い」 

内田「そうだね………」 

千秋「まあ、嫌われるんじゃなくて好かれてるんだから良いじゃない」 

内田「私、切手の裏は好きじゃないよ?」 

千秋「それは違うから」 


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:44:35.97 ID:XVCDsG/L0
ー放課後 

マキ「おじゃまするよ!」 

アツコ「おじゃまします」 

夏奈「マキちゃん、アツコさんこんちはー」 

マキ「やーカナちゃん。ハルカは?」 

夏奈「チアキと一緒に買い物です」 

マキ「じゃあ待たせてもらいますか」 

アツコ「いいかな?カナちゃん」 

夏奈「どうぞごゆっくりー」 

ーピンポーン 


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:47:00.98 ID:XVCDsG/L0
内田「こ、こんにちは……」 

アツコ「こんにちは」 

マキ「怯えてるみたいだけど、どうしたの?」 

夏奈「内田は皆にペロペロされててね。マキちゃん達にペロペロされないか、不安になってんじゃない?」 

マキ「なるほど……ペロペロか。ペロペロ……」 

夏奈「したくなるんだよね、なぜだか。ねえ、ならない?」 

マキ「うぬぬ……そんな気も」 

内田「しなくて良いよ?!」 


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:48:07.66 ID:tdt06w1eO
カナちゃんペロペロ(^ω^) 


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:49:47.64 ID:wBgtF+39P
うちにゃんぺろぺろ 


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:54:34.01 ID:XVCDsG/L0
夏奈「内田!私はペロペロするよ?!」 

マキ「なら私も!」 

アツコ「え…… えっと私も良いかな……?」 

内田(まさかアツコさんまで?!) 

内田「いやっ!」 

夏奈「嫌がる内田を無理やりするのも乙かもしれない!」 

アツコ「さすがにそれは可哀想じゃ……」 

マキ「じゃあアツコは見ててっ!」 

アツコ「………」 


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:57:42.32 ID:XVCDsG/L0
ペロペロペロペロ 

内田「やぁん!!やだー!!」 

ペロペロペロペロ 

アツコ「……やっぱり私も……!」 

内田「そんなぁ!」 

夏奈「内田はモテるね」 

内田「うるさいよ!」 

夏奈「さて、アツコさんも加わったことだし、もっとペロペロするよ!」 

ペロペロペロペロペロペロ…… 


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:05:14.32 ID:XVCDsG/L0
千秋「ただいま」 

春香「ただいま、マキとアツコ、待たせてごめんね」 

「はなして!っくすぐったい!」 

春香「?」 

千秋「またか……」 

千秋「ちょっと待っててください」 


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:07:26.01 ID:XVCDsG/L0
千秋「おいカナ!」 

夏奈「おかえりー」 

アツコ「チアキちゃん、おじゃましてます」 

マキ「チアキちゃんも一緒にペロペロしない?」 

千秋「………遠慮します。ハルカねえ様帰ってきましたよ」 

マキ「あれホントに?意外と長い時間やってたんだ」 

アツコ「マキ、行こう?」 

マキ「そうだね。カナちゃん、内田ちゃんじゃあね!」 


「さ、ハルカ行こう?」 

「思ったより遅くなっちゃってごめん。スーパーで………」 


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:10:14.15 ID:XVCDsG/L0
夏奈「なぁチアキ。お前内田をペロペロしたくならないの?」 

千秋「ならないよ。むしろなる方が変だよ」 

夏奈「えー?高校生の二人だってしてたのに」 

千秋「どうせお前の企みだろ?」 

夏奈「違うよ?」 

千秋「ウソだろ。だって……」 


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:12:56.88 ID:XVCDsG/L0
内田「チアキ、カナちゃんのせいじゃないよ……」 

千秋「でも……」 

内田「チアキの家でも学校でも、通学路でだって舐められるもん。カナちゃんがどうにかできることじゃないよ」 

夏奈「ほらみろ!内田はさ、舐められやすい体質なんだよ」 

千秋「…………」 

夏奈「その内ハルカもペロペロし出すかもね」 

千秋「そんな分けないだろ、このバカ野郎!」 

夏奈「どうだろうね~」 


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:14:03.17 ID:axup2brq0
見せてくれの人じゃないのか 


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:18:50.47 ID:XVCDsG/L0
たぶん違います。 
今までssは、みなみけのを一つだけしか書いてません。 


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:22:08.61 ID:XVCDsG/L0
夏奈「はぁ、内田が帰っちゃったし、なにしようかなぁ」 

夏奈「そういえば、トウマはどうしてるかな?電話でもかけるか」 


夏奈「あーもしもし、カナです」 

『カナ?なあカナもさ、突然ペロペロしたくなることないか?』 

夏奈「あるある!この前内田をペロペロしたよ」 

『やっぱカナもか!』 

夏奈「お前も?」 

『ああ!あとアキラも、さっきからペロペロしたいってうるさい』 

夏奈「他の兄貴は?」 

『上の二人は内田ペロペロには、あんまり興味ないみたい』 


ナツキ「おいトウマ、廊下に座り込んで電話するな」 

ハルオ「トウマたん(^ω^)ペロペロ」 


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:27:06.20 ID:XVCDsG/L0
夏奈「ペロペロしたいなぁ……」 

ケイコ「カナ?何言ってるの?」 

夏奈「ペロペロだよ。ペロペロ」 

ケイコ「ペロペロ……あっ何かわかる」 

夏奈「だろ?!ペロペロしたいよな」 

ケイコ「チアキちゃんの友達に、髪が茶色っぽくて結んでる子いたよね?」 

夏奈「内田かな?」 

ケイコ「そうその子!その内田って子をペロペロしたい」 

夏奈「やっぱみんな内田なんだなぁ」 


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:35:02.56 ID:XVCDsG/L0
藤岡(南がペロペロがなんとかだと言っている……) 

藤岡(ペロペロってなんだろう、雑誌の名前かな?) 

藤岡(よしここは思い切って……) 

藤岡「南!」 

夏奈「なんだ、お前も内田を舐めたいのか?」 

藤岡「え?舐めるなんて、いやそんな……」 

夏奈「先にいっておくけど、別にペロペロするのは変なことじゃないよ?」 

藤岡「え?ああ、わかってるよ南」 

藤岡(ペロペロって舐めるってことか……南、どうしたんだろう) 


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:40:20.73 ID:XVCDsG/L0
春香「ねえねえ昨日、何してたの?」 

マキ「何って?」 

春香「私が帰って来た時。くすぐり大会?」 

マキ「違うよハルカ、ペロペロしてただけだよ。ねえアツコ?」 

アツコ「うん」 

春香「ペロペロしてただけだよ、ってそれ相当おおごとじゃない!」 

マキ「そうかな?ハルカもしたくなるでしょ?」 

春香「えっ?まあ………」 


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:43:21.26 ID:XVCDsG/L0
アツコ「昨日は三十分くらいしてたよね」 

マキ「ねー」 

春香「私もしたかったのに……」 

マキ「いいじゃん、私たちの中では一番会う機会多いんだから」 

春香「でもー」 

マキ「ほらほら、駄々こねてるとチアキちゃん幻滅しちゃうよー?」 

春香「………」 


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:48:06.76 ID:XVCDsG/L0
速水「ねえねえ保坂、ペロペロって知ってる?」 

保坂「なんだそれは?」 

速水「可愛い女の子をペロペロ舐めるの、してみたいよね~」 

保坂「速水、今なんと言った?」 

速水「可愛い女の子をペロペロ」 

保坂「……ペロペロ」 

保坂「ペロペロペロカリエンテ!!」 

保坂「これでいこう、太いソーセージ、柔らかなパン、シャキシャキ野菜にスパイシーソース!」 

保坂「購買部のパンも素晴らしいものだ。しかし、オレはその上を行く!南ハルカのために最高の調理パンを作る!!」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:52:56.46 ID:XVCDsG/L0
内田「トウマー……」 

冬馬「よー内田。どうしたんだ?」 

内田「ねえ聞いてよ!私のクラス、みんなが私を舐めてくるんだよ!」 

冬馬「いいじゃん、人気者じゃん」 

内田「違うの!なんかこう……病的なの!」 

冬馬「よくわかんないや。とりあえずペロペロさせて」 

内田「やだよ」 


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:57:05.39 ID:XVCDsG/L0
「あっ内田さんだ!」 

「舐めさせてー」 

「ずっと一組にいてよ!ペロペロするから!」 

内田「これは……」 

冬馬「一組も二組と大差ないかもな」 

内田「トウマ助けて!」 

冬馬「やだ」ガシッ 

内田「えっ?えっ?なんで両腕を掴むの 
?」 


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:00:10.43 ID:XVCDsG/L0
吉野「内田おかえり」 

内田「………」 

吉野「どうしたの、元気ないね」 

内田「一組の子にもペロペロされた……もうやだよ……」 

吉野「あ、でもそれはガマンしないとダメだよ」 

内田「えー?どうして?」 

吉野「いまや、学校の生徒や先生のほとんどが内田ペロペロしたいみたいだよ」 

内田「ええ?!でも何もして来ない子もいるよ?」 

吉野「抑えてるんだよ、きっと」 


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:06:14.27 ID:XVCDsG/L0
ー南家 


夏奈「ペロペロしたい」 

千秋「自分自身じゃダメなのか?」 

夏奈「ダメダメ、内田をペロペロしたい」 

千秋「病気だな」 

夏奈「お前はこの周辺ではマイノリティかも知れないよ?」 

千秋「え?」 

夏奈「中学でも、内田をペロペロしたい奴がかなりの数いた」 

千秋「まさか」 


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:11:52.20 ID:XVCDsG/L0
夏奈「内田を見て、聞いて、そしてペロペロしたくなるっていうのは、当然じゃないかな?」 

千秋「おかしいよ!」 

夏奈「マコちゃんはどう思う?」 

マコちゃん「オレはそんな内田を舐めるなんて……」 

千秋「ほらっマコちゃんは内田を舐めるのがおかしい、そう思っているじゃないか!」 

マコちゃん「そうだよ内田をっていうのは変だ!」 

夏奈「マコちゃんには早すぎただけだよ。もう少しすればペロペロの良さが分かるはず」 

マコちゃん(オレは内田じゃなくて、ハルカさんがいいんだけどなぁ) 


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:18:28.13 ID:XVCDsG/L0
ーガチャン 

千秋「ハルカねえ様が帰ってきた」 

春香「ただいま。あらマコちゃんいらっしゃい」 

夏奈「なあハルカ、内田をペロペロするのってどう思う?」 

春香「へ?ペロペロ?えっとそれは……」 

千秋「おいカナ!ハルカねえ様を困らせるなよ!」 

マコちゃん「そうだぞ!」 

夏奈「黙ってて。ハルカ!どうですかっ?!」 

春香「あー………したくなるのはわかるけど、ほどほどにね?」 


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:22:36.72 ID:XVCDsG/L0
ー翌日 

「南さんもペロペロしないの?」 

「ねーねーチアキちゃんもペロペロしようよ!」 



千秋「………なあマコト」 

マコト「どうした南!」 

千秋「お前は内田をペロペロしないよな。おかしいよな、内田を舐めるなんて」 

マコト「あ、ああ、おかしいよ!」 

千秋「ハルカねえ様………」 

マコト「…………」 

千秋「昨日、ハルカねえ様がペロペロを認めたんだ。それで、なんだかペロペロするのも普通かなとか………」 

千秋「違うよな?」 

マコト「間違ってる!だいたいなんで内田なんだよ」 


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:25:57.11 ID:XVCDsG/L0
マコト「ハルカさんの方が、何倍も舐めるのにふさわしい!!」 

千秋「…………」 

マコト「あっ、違うんだ南!例えの話で、もし誰かを舐めるとすれば、一番美しいハルカさんだということで……」 

千秋「いや、私もそう思う!ペロペロするなら内田じゃなくてハルカねえ様だよな!」 

マコト「おっ……おう!!」 

千秋「でもその前に、ペロペロ自体……」 

吉野「チアキも難しく考えずに、一回やってみれば?」 

吉野「マコちゃんも誘ってさ………」 


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:27:36.35 ID:XVCDsG/L0
内田「んんっ……やっ…!」ペロペロペロペロ 

内田「ダメっ……ぁん……」ペロペロペロペロリ 

ペロペロペロペロ 

先生「ふぅ、よし授業はじめる。ペロペロしてた人も席について~」 


千秋「マコト、なんだこれ」 

マコト「さぁ?」 


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:35:02.31 ID:XVCDsG/L0
ミユキ「カナちゃん!内田ユカちゃんをペロペロしたんだって?!」 

夏奈「えっ、まあね」 

ミユキ「いいなぁ、わたしもペロペロしてたい」 

夏奈「うーん……今日は暇?」 

ミユキ「うん。多少用事があってもペロペロに比べれば!」 

夏奈「じゃあさ、みんなよんで一緒にペロペロしよう!私ん家わかるよね?学校終わったらきてくれる?」 

ミユキ「わかったよ、カナちゃん」 


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:42:06.46 ID:XVCDsG/L0
ケイコ「ねえカナ、私もいいかな?」 

夏奈「もちろん!内田はみんなの内田だから!」 

リコ「なに話してるの?」 

夏奈「リコも内田をペロペロしたいか?」 

リコ「はぁ?内田って誰?」 

ミユキ「カナちゃんの知り合いの女の子だよ。小学五年二組、茶髪で身長は私くらい、体重がー」 

リコ「やけに細かいわね……」 

ケイコ「常識よ?」 

リコ「はあぁ?!知らないわよ普通そんなこと」 


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:52:14.61 ID:XVCDsG/L0
リコ「それとペロペロってなに?」 

夏奈「ペロペロはペロペロだよ。その内田って子を舐めたりーまあいろいろと……」 

ミユキ「リコちゃんもやろうよ」 

リコ「……私はやんないわよ、ケイコもそんなことするの?」 

ケイコ「もちろん。クラスでも話題になってるし、是が非でも……」 

リコ「……信じられない」スタスタ…… 



リコ(ペロペロすんなら藤岡君だろうが!) 

藤岡(かにゃんペロペロしたい) 


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:53:39.92 ID:XVCDsG/L0
夏奈「なぁ、内田をペロペロはしたくないか?」 

柔道「えー?内田って誰?」 

剣道「ペロペロ」 

夏奈「内田ユカだよ。小学生でわたしの妹の友達」 

柔道「ああ!ユカたんのことか!」 

夏奈「ユカたん?」 

剣道「その内田って子、巷じゃそう呼ばれてる」 

夏奈「へえ」 


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:58:54.30 ID:XVCDsG/L0
夏奈「それでさ、そのユカたんをペロペロしたくない?」 

柔道「もちろん!部活の一回や二回サボるよ!」 

剣道「今日は剣道部全体休みにする」 

夏奈「おうし!ここで一つ頼みたいことが………」 

柔道「うん?」 

夏奈「……で……後ろから……」 

剣道「わかった」 

柔道「得意分野だよ」 

夏奈「さすがカナ軍団の力担当!」 


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:06:29.98 ID:1XRUdKo60
内田「今日も学校が終わった………」 

吉野「内田帰ろ?」ペロペロ 

内田「わかったからペロペロしないで?」 

吉野「我慢する」 

内田「……あれ?校門の前にいるの、カナちゃんだよね?」 

吉野「だね。カーナーちゃーん!!」 


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:09:27.76 ID:1XRUdKo60
内田「何してるの?チアキのお迎え?」 

夏奈「いやそうじゃなくてね………吉野はこっち来て」 

内田「……私は?」 

夏奈「そのままでいいよ……………いけっ!!」ダッ 

内田「?!」 

柔道「捕獲成功です!」 

剣道「私何もしてない」 

夏奈「でかした!退却だ!」 


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:11:31.40 ID:1XRUdKo60
夏奈「ただいまっと」 

「「「おじゃまします」」」 

夏奈「あれ、吉野も結局ついて来たんだ」 

吉野「やっぱり我慢できないんだもん」 


ミユキ「カナちゃん、待ってたよ」 

ケイコ「おじゃましてます」 

内田(六人…………) 

夏奈「ではユカたんペロペロといきましょうか」 

ミユキ「わーい!!」 

ケイコ「望むところよ」 


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:16:57.10 ID:1XRUdKo60
内田「ハアハアハアハア……」 

夏奈「いやー、ペロペロしたペロペロした」 

ケイコ「もう日がくれそうだし、私たちの帰るね」 

夏奈「おー、じゃあな」 

ミユキ「バイバイカナちゃん!」 

吉野「わたしも帰るよ。内田、可愛かったよ。じゃあね」 

夏奈「バイバイ」 


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:21:54.67 ID:1XRUdKo60
春香「ただいまー」 

夏奈「えらい遅かったな、ハルカ」 

春香「いろいろと委員の仕事とかがあってね。あれ、チアキは?」 

夏奈「自分の部屋にずっといるよ」 

春香「また喧嘩でもしたの?」 

夏奈「違うよ、ペロペロするって言ったらさぁ……」 

春香「なるほどね」 


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:35:28.77 ID:1XRUdKo60
夏奈「おーい内田、もう六時だぞ?」 

内田「………カナちゃんのバカ」 

夏奈「夕飯食べていきたいの?」 

内田「違うよ!!拉致してみんなでペロペロするなんて!」 

夏奈「ごめん……輪ペロしたのは悪かったよ……」 

内田「もうペロペロしないでよ!」 

夏奈「それはムリ」 


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:38:24.39 ID:1XRUdKo60
内田「もう帰るよ」 

夏奈「じゃあな」 

内田「おじゃましました」 

春香「夕飯はいいの?」 

内田「はい、早く帰るよう言われてるから……」 

ペロペロ 

内田「ひゃっ!」 

内田「ハ、ハルカちゃん?!」 

春香「ごめんなさい、もう我慢が効かなくて……」 

内田「とっとにかく帰ります!」 


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:43:04.75 ID:1XRUdKo60
内田「ハルカちゃんまで………」 


「ユカたんペロペロしたい!」 

「ペロペロペロペロさせて下さい」 

「ユカたーーーん!!」 

内田「知らない人も……」 

ペロペロペロペロペロペロ…… 


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:44:52.59 ID:1XRUdKo60
内田「ただいま」 

内田母「お帰りなさい、遅かったね」 

内田「ちょっとね……」 

内田母「帰って来て早々で悪いんだけどー」 

内田母「ユカたんペロペロしていいかな?」 

内田父「お父さんもペロペロしたくて飛んで帰って来たよ!はっはっは!」 

内田「」 


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:46:29.05 ID:1XRUdKo60
ー翌日の昼休み 

ペロペロペロペロ 

内田「はぁ……」 

千秋「どうした?」 

ペロペロペロペロペロペロ 

内田「昨日ね、んっ……家に帰ったらぁっ……お母さんとお父さんがね……おかしくなってた」 

千秋「おかしくなってた?」 

内田「ペロペロされた……今までなかったのに………やっ!そこはやめて!」 

千秋「ええと……みんなが舐め終わったら聞くよ」 


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:47:29.56 ID:1XRUdKo60
内田「それで、舐められて……その後は普通だったけど……」 

千秋「大変だねー」 

内田「人ごとだと思って!」 

千秋「うちはおかしいのは、カナのバカだけだから」 

内田「ハルカちゃんだってペロペロしてくるよ!!」 

千秋「え」 


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:50:37.18 ID:1XRUdKo60
千秋「……悪いけど、今日もうちに来てくれないか?」 

内田「えー……」 

千秋「私の部屋は本棚を使えば、外から開けられないようにできる」 

内田「うーん……わかったよ、家でもお母さんが舐めてくるし……」 

千秋「一番に帰りたいから、六時間目終わったら走るぞ!」 

内田「うん」 


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:53:16.51 ID:1XRUdKo60
内田「一番に学校でたのはいいけど、知らないおじさん達が追っかけてくるよ?!」 

千秋「……ホントだ」 


(^ω^)ペロペロ 

(^ω^)ユカたんペロペロ 

(^ω^)ペロペロペロペロ 


内田「なんか……達悪くなってるよ?!」 

千秋「いいから……ハアハア……もっと速く走れ!!」 


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:54:52.25 ID:1XRUdKo60
『………です。警察はーー』 

内田「!」 

内田「チアキ!これ見てっ!」 

千秋「電気屋のテレビ?それより急がないと追いつかれるよ!」 

内田「これ、私のことだよ!」 

千秋「あ?」 


(^ω^)ペロペロペロペロ 
(^ω^)ペロペロペロペロ 
(^ω^)ペロペロペロペロ 
(^ω^)ペロペロペロペロ 
(^ω^)ユカたーん 

千秋「テレビならうちで見れるよ!内田!急いで!」 


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:57:54.32 ID:1XRUdKo60
(^ω^)ユカたんまってよ~ 
(^ω^)ペロペロしたいお 
(^ω^)ペロペロペロペロ 

(^ω(^ω(^ω^)ペロペロ 
(^ω(^ω(^ω^)ペロペロ 
(^ω(^ω(^ω^)ペロペロ 
(^ω(^ω(^ω^)ペロペロ 

内田「きゃー!!!!」 

千秋「あと少し!」 

内田「何人いるのっ?!」 

千秋「後ろ向いちゃダメだぞ!」 


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:02:35.01 ID:1XRUdKo60
千秋「ハア……ハア……」 

内田「助かった……」 

千秋「ふぅ……それでなんだっけ、テレビだっけ」 

内田「そう!早くテレビ見ようよ!」 

ーピッ 

『各地でストライキが発生している模様です。調査したところ、突然「(^ω^)ユカたんペロペロ」と言いながら、飛び出していったとのことです。このようなストライキは北海道から沖縄の広い範囲で………』 

内田「」 

千秋「」 


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:03:56.01 ID:1XRUdKo60
千秋「これはどういう事だよ、バカ野郎!」 

内田「知らないよ!」 

千秋「お前、そんなに有名なのか?アイドルか?女優か?芸人か?」 

内田「そんなわけないでしょ!」 

千秋「じゃあこれはなんだ?!」 

内田「だから知らないって!」 

「喧嘩はやめな」 

「「!」」 


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:06:58.80 ID:1XRUdKo60
千秋「お前……」 

ふじおか「アラスカ帰りのナイスガイ、ふじおかだ!」 

内田「ぬいぐるみが喋ってる……」 

ふじおか「ぬいぐるみではない、ふじおかだ!」 

千秋「なんで喋って動いてるんだ?」 

ふじおか「ペロペロの力が働いたって事で理解してくれ」 

千秋「無茶いうな」 


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:08:36.38 ID:1XRUdKo60
ふじおか「今はな、もう日本中に君をペロペロしたくてたまらない人、いわゆるペロリストがいるんだ」 

内田「ペロリスト………」 

ふじおか「この増えるペースはとても速い。後2日ぐらいでー」 

千秋「で?」 

ふじおか「世界中の人がペロリストになるんじゃないかな」 

内田「ええ?!」 


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:12:16.76 ID:1XRUdKo60
千秋「どうすればペロリストにならない?」 

ふじおか「ペロリストへのなりやすさは、他にユカたんペロペロする以上のものがあるかどうかによる」 

内田「?」 

ふじおか「つまり、他に死ぬほど好きなものがあるとか、神化するほど好きな人がいるとか、そういう人はなりにくい」 

千秋「なるほど、じゃあ私はなんだ?」 

内田「ハルカちゃんじゃない?」 

ふじおか「だろうけど、もう………」 


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:14:03.28 ID:1XRUdKo60
千秋「?」 

ふじおか「ねえさん、ペロリストだからなぁ………」 

千秋「…………」 

千秋「……そうだ、お前をうちに来させたのは、ハルカねえ様のことを聞きたいからだったんだよ」 

内田「………ハルカちゃん、すっごいペロペロしてきたよ」 

千秋「…………」 

千秋「本当なんだよな………」 

千秋(ハルカねえ様もペロリストなら、私もペロリストになるべき……) 

千秋「……………」チラッ 

内田「なっ……なに?」 

千秋「いや、なんでも。」 

内田「あっ、チアキ、カナちゃんとか帰ってきたらまずいから、私帰るね」 

千秋「またあのペロリストたちに、追いかけ回されるのか……頑張れ」 


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:15:31.62 ID:1XRUdKo60
(^ω^)ユカたんのおしっこゴキュッゴキュッ 

ちゅぱちゅぱ(^ω^) 
ゴキュゴキュ(^ω^) 
プハーんめーよぉ(^ω^) 

明日ディズニーシー行くお 
ユカタンベースキャンプでおっ起してくるお 
ゆかたんのほっぺペロリペロリ 


内田「変態がいっぱいだよぉ!!!!」 

内田「でも帰らなきゃ!」 


( ^ω^)ユカたんの匂いが付いたお布団で寝たいお 

(^ω^)ペロペロ(^ω^)ペロペロ(^ω^)ペロペロ 
(^ω^)ペロペロ(^ω^)ペロペロ(^ω^)ペロペロ 
(^ω^)ペロペロ(^ω^)ペロペロ(^ω^)ペロペロ 
(^ω^)ペロペロ(^ω^)ペロペロ(^ω^)ペロペロ 

内田「めげそう………」 


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:17:25.80 ID:Y4s3NrO20
バイオハザード的な恐怖 


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:17:26.11 ID:1XRUdKo60
内田「ひゃっあ!?」 

(^ω^)ペロペロペロペロ 

内田「やあああ!後ちょっとなのに!」 

(^ω^)ペロペロペロペロリ 

内田「んんん……どこ舐めて……!」 

(^ω^)チュパチュパ 
(^ω^)ペロペロ 
(^ω^)クンカクンカ 

内田「………」 


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:20:02.59 ID:1XRUdKo60
内田「ハアハアハアハア……」 

内田「体がべちょべちょだよ……」 

内田「でもやっと家に着いた……」 

ーガッチャ 

内田「ただいまー」 

内田母「(^ω^)ユカたんおかえりペロペロ」 

内田父「(^ω^)ユカたんペロペロチュパチュパ」 


……ガッチャン 

内田「あああああ!!!」 


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:22:10.29 ID:1XRUdKo60
内田「ハアハア……」 

千秋「内田?!」 

内田「チアキー!!」 

千秋「お前帰ったんじゃ……?それにそのカッコ、今までで一番悲惨だよ?」 

内田「お母さんが!!お父さんが!!」 

千秋「いいから靴持って風呂入って。カナもハルカねえ様も、まだ帰ってきてないから」 

内田「ありがとう……」 


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:24:03.21 ID:1XRUdKo60
内田「ふうサッパリしたぁ」 

千秋「すぐに私の部屋に!着替えは貸すから」 

内田「うん」 


『正しいユカたんの舐め方は……』 

内田「テレビ番組が………」 

千秋「あー、さっきからそんなんばっかだよ」 

内田「狂ってる………」 


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:26:23.11 ID:1XRUdKo60
夏奈「帰ったぞ~チアキー」 



千秋「まずいカナが帰ってきた!内田、今日は私の部屋に泊まれ!」 

内田「ええ?!いいの?」 

千秋「外も学校も自宅もペロリストがいるけど、ここなら安全だ」 

内田「チアキ!!本当にありがとう!!」 

千秋「しっ!大声出すとカナに聞こえる!いいか、私の部屋から出るなよ?」 

内田「もちろん」 


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:29:16.47 ID:1XRUdKo60
千秋「カナおかえり」 

夏奈「ハルカはー?」 

千秋「まだだよ」 

夏奈「そっか。チーズレモンカスタードシフォンパイ食べたいなぁ」 

夏奈「でもそれ以上に内田ペロペロしたい」 

千秋「………カナ、私部屋で勉強するから。じゃますんなよ?」 

夏奈「へいへい。まったく頭ばっか鍛えよって。舌鍛えろよ、舌」 

千秋「どうやんだよ………」 


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:32:12.21 ID:1XRUdKo60
千秋「ただいま」 

内田「おかえり。大丈夫そう?」 

千秋「なんとか。あいつ、まだまともな方みたいだし」 

ふじおか「完全なペロリストはペロペロしたり、チュパチュパしたり、ゴキュゴキュしたりする事しか興味ないからな」 

内田「また喋ってる!あとゴキュゴキュってなに?」 

ふじおか「いずれわかるよ」 

内田「何か怖いよ……」 


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:33:14.76 ID:1XRUdKo60
春香「ごめんね、遅くなっちゃった。すぐに夕飯の支度してペロペロするから」 

夏奈「おう!パイ食べれなかった分、美味しいのお願い!ペロペロも」 



千秋「ハルカねえ様も帰ってきた」 

内田「そういえば私のご飯は?」 

千秋「ちゃんと用意するよ。一旦部屋出るけど、ちゃんと棚で鍵しめとけよ」 

ふじおか「嬢ちゃん、このかっこいいアラスカ帰り、ダンディふじおかと楽しくお話ししてよう!」 

内田「なんかきもちわるい」 


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:37:54.43 ID:1XRUdKo60
内田「どんな時でも、ハルカちゃんの料理は美味しいね」 

千秋「当たり前だよ」 

内田「それでさっきの話だけど……」 

ふじおか「ペロリストの中に、一番始めのペロリスト、いわば『ペロペロード』、いや『ペロリーダー』……帝王っぽく『ペロペラー』……まあそんな感じのがいる」 

内田「それでそれで?!」 

ふじおか「ペロリストはそいつから始まった。ユカたんをペロペロしたいと言う強い意思が周りをペロリストにしていく……」 

ふじおか「しかし逆に、そいつを止めれば、それがペロリストの終わりだ」 

千秋「やけにスケールでかいね」 

内田「どうしてこうなった」 


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:42:37.88 ID:1XRUdKo60
ふじおか「皆がペロリストになってしまうのを防ぎたいなら、そしてペロリストのいない世界に戻したいなら………」 

ふじおか「その最初のペロリストを、この世界から消せばいい」 

千秋「消すって………」 

ふじおか「大丈夫だ!ペロリストはユカたんペロペロするのが生きる理由!」 

ふじおか「どうにかして、一生ペロペロしない事を誓わせればいい。そうすればその人のペロリストの部分は消える」 

千秋「わけわからないんだけど」 

内田「私も」 


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:46:16.71 ID:1XRUdKo60
内田「とにかく、そのペロリストのボスを突き止めないとね?」 

ふじおか「その通り」 

千秋「…………」 

千秋「ちょっと風呂はいってくるよ」 


ーバタン 

千秋「…………」 

『現在世界的にユカたんをペロペロする人、ペロリストが爆発的に増えています!日本はもちろん、アメリカ、フランス、中国、地球の裏側のブラジルでも………』 

千秋「なんかペロペロしたいかも………」 


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:49:09.86 ID:1XRUdKo60
内田「んんー……あれ、何時の間にか朝かぁ」 

内田「なんか体がぬるぬるする………」 

千秋「内田起きたか?」 

内田「うん」 

千秋「なあ、朝から悪いけど、もっとペロペロしていい?」 

内田「チアキ?!」 

千秋「我慢できない!いいよね?!」 

ペロペロペロペロ 

内田「にゃ!……チアキやめてよぉ……」 

ペロペロペロペロ 


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:52:06.41 ID:1XRUdKo60
内田「んん………」 

千秋「満足した」 



千秋「私は学校行くけど、どうする?」 

内田「今日は明日に備える」 

千秋「明日なんかあるのか?」 

内田「チアキが風呂に入っている間に、クマと一緒に決めたんだ!」 

内田「明日、ペロリストのボスを倒すってね!」 

千秋「でも誰がペロリストの長なのか、わかるのか?」 

内田「だいたい予想がつくよ。それで今日はチアキに頼みたい事が………」 


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:55:23.12 ID:1XRUdKo60
ー中学校 

夏奈「(^ω^)ユカたんペロペロ」 

ケイコ「(^ω^)ユカたんの顔面ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ」 

ミユキ「今日も元気に(^ω^)ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ 」 

藤岡「(^ω^)ユカたんペロペロペロペロハペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ」 

リコ(藤岡くんのペロ顔!) 


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:58:19.55 ID:1XRUdKo60
ー高校 

春香「(^ω^)ユカたんの蒸れ蒸れニーソをクンカクンカしたい 」 

マキ「 (^ω^)ユカたんの経血でナポリタン作りたい 」 

アツコ「(^ω^)ユカたんのおしっこでお茶漬けしたい!」 




速水「(^ω^)ユカたんのニーソクンカクンカ」 

保坂「どうした速水」 

速水「(^ω^)ペロペロペロペロペロペロペロペロ」 

保坂「なに?もう一度だ」 

速水「(^ω^)ペロペロペロペロペロペロペロペロ」 

保坂「そうか!ペロペロペペロンチーノか!ペペロンチーノ……まずはパスタ……」 

保坂「そう!パスタ!小麦の種類、形、塩加減、ゆで具合………パスタは、オレを、オレというものを最大限に表す!南ハルカへの想いを表現する!」 

保坂「そしてソース!最上のオリーブオイルにニンニク、鷹の爪を……………」 


100以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:00:56.53 ID:1XRUdKo60
黒板『ユカたんをペロペロしに行くので自習』 


マコト「(^ω^)ペロペロペロペロ」 

「(^ω^)ペロペロペロペロペロペロ」 

「ユカニーユカニーユカたん(^ω^)ペロペロおぴっこ飲みたいお。」 

シュウイチ「話は変わるが人間が一日に排泄する尿の量は約1.5リットル 
よってユカちゃんがこれまでに排泄した尿の総量を見積もると 
1.5 * 365 * 15 = 8213リットル 

地球上の水の総量は約1.4*10^18トン = 1.4*10^21リットルなので 
水の総量に占めるユカちゃんの尿となったことのある水の割合は 
8213 / 1.4*10^21 = 6*10^-18 

コップ1杯に入る水分子の数 
200 / 18 * 6*10^23 = 7*10^24 
このうちユカちゃんの尿となったことがあることが期待される水分子の数は 
7*10^24 * 6*10^-18 = 1*10^6個 

ユカちゃんの尿が地球上の水全体と均一に混ざりあってると仮定した場合 
コップ1杯の水を飲んだだけで約100万個のユカちゃん尿分子を飲んだことになる。ハレルヤ!!」 


千秋「…………」 


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:07:21.92 ID:Y4s3NrO20
>>100 
頭がいい人は得するんだな 


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:02:55.11 ID:FnFD4MfnP
保坂がぶれねぇwwwwwwwwww 


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:05:11.73 ID:1XRUdKo60
今更ですが、(^ω^)ペロペロのセリフは内田スレから、そのままの形で持って来てます。 

あそこのペロリストの内田好きさは、考えても表現できないです。 


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:06:34.77 ID:1XRUdKo60
内田「昼ご飯はしょうがないから、パンいただいちゃおう」 

『たった今、新たな法律【皆民ペロリスト法】が制定されました。この法律によって、日本国内にいるペロリスト以外の者は、法に抵触したとして罪に問われます。』 

内田「へー……すごい世の中になっちゃったなぁ……」 

ふじおか「ペロリストが世界を支配するぞ……」 

内田「………でもそれも今日まで!明日、皆をペロリストから元に戻す」 

ふじおか「………」 


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:07:28.54 ID:1XRUdKo60
内田「もう4時前か……チアキ帰って来ちゃうなぁ」 

内田「あれ以上おかしくなってなければいいけど」 


『速報です。国歌および国旗の変更が決定しました。………… 

内田「どんなのだろう……」 


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:09:46.06 ID:1XRUdKo60
国歌斉唱 

内田!内田!うちだ!うちだぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああああああん!!! 
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!内田内田内田ぁぁぁぁああぁああああ!!! 
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん 
んはぁっ!内田ユカたんの綺麗なワインレッドの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!! 
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!! 
おかわりのユカたんかわいいよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!! 
原作も1期のユカたんもかわいいよぉぉぉぉぉおおおおおお!あぁあああああ!かわいい!内田ユカたん!かわいい!あっああぁああ! 
1万円でユカたんを買え…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!! 
ぐあああああああああああ!!!他の男もユカたんを!!!!ユカたんを買える……!!!???? 
内 田 ユ カ た ん は ビ ッ チ ?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!! 
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ユカたん!かわいい!あっああぁ 
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?内田が指をしゃぶりながら僕を見てる? 
内田が僕を見てるぞ!内田が僕を見てるぞ!内田が僕を見てるぞ!!!!!!!!!! 
アニメの内田ユカが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ! 
いやっほぉおおおおおおお!!!僕にはユカたんがいる!!やったよ保坂!!ひとりでできるもん!!! 
あ、コミックの内田ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!! 
ううっうぅうう!!俺の想いよ内田へ届け!!諭吉先生と一緒に内田へ届け! 
やめられないとまらないトイレユカニーいいいおぃぃぃ!!!あああああっ!!ぬれぬれだけどすぐプールで濡れて誤魔化せばばれないでもばれないかどきどき 
してもっときもちよくなっつあうくぃぅぅ!!!!!ああっお姫様だっこされたりしたらおまたじゅんじゅんしてるのBAREちゅあう 
ユカニーのしすぎで筋肉痛なるよユカたん朝起きて朝立ちまずニーソ素股妄想ユカニー 
かわいいよぉぉぉぉユカたん!!!!!!!! 


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:10:58.35 ID:1XRUdKo60
国旗掲揚 
         , -――- 、 
       /:.:.:/ ̄ ̄`:.`ー-、 
    ,-‐O、:.:/:.:.:.:.:.:.:,:.:.:ハ:.:.:.:ヽ 
.   /:.´:.:Y:./:.:.:.:.:.,:.:.:/:.:/`´!:.:.:.:.:ヽ 
   /:.:.:.:.:.:.|:l:.:.:.:.:./l:.〃:/  |:/l:.:.:.:.l 
  |:.:.:.:.:.:|_!:.:.:.:.:| l升/´  `ト、!:.:.:.:.! 
  |:.:.:.:l:/ 1:.:.|:.:!ィ‐テ    ィァ,レ':.:.:| 
.   i|:.:.:.:.l:.ヽ.|:.:.:lN'' ̄   ,  ̄/:.:.:,リ 
  l:!:.:.:.:l:.:|从:.:.:l    cっ   イ:.:.:/  おしっこしたくなっちゃた 
  |:.:.:.:.l:.:.l:/:.ヾ、ト 、    イ:.:,イ 
  !:,i.:.: l:l`/ ⌒ -^ _ , ' .ヽ l:.:.:l 
  .l;|:|.:.:. | i   、   `  `ヽ:.:.! 
   |:|:.:.:.:.!!   i   ゚    ゚ i:.:.! 
   !:):.:. l |   !        丶.:.ヽ 
   /:.:. ! |   l`、       !` 、゙、 
   l:.:., i  !  __! !        l  `    _ ,.. .. .. 、 
  l / i  /'  ̄   ̄` 、       'i ,.:- '  ̄       `ヽ、 
   '   i   ヽ、   `ヽ、      ´        _,   ! 
      、    丶、    . l !        ,、'~   ノ 
  _, ─ヽ、   ノ ヽ    ゙、/,`ヽ、     _, ' ヽ、, ' 
  `─,^_;...- '`-ニ´   \   .!   `ヽ _,- '  .,.- ' 
    ´      ゙ >-  .l_ ノ ` --─i'~ヽт'  ̄ 
           /   ,゙          !  ヽ, 
          ノ   .,゛        !   ヽ 
         '、  _ノ         ヽ、 _ノ ゙、 。 o. 
          ` ´       ゚ σ⊂ 。_ヾ、),.'゚- 。 
                     。  <_., 、-`つ 


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:12:21.60 ID:1XRUdKo60
内田「」 

ふじおか「国歌、アラスカのようなワイルドさがあるな!」 

内田「」 

ふじおか「国旗もクールだ!」 

内田「」 

ふじおか「………悪い夢だと思えば笑えるさ!HAHAHA!」 

内田「」 


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:14:16.41 ID:1XRUdKo60
千秋「ただいま」 

内田「あっおかえり、チアキ」 

千秋「あー内田………」 

内田「?」 

千秋「ペロペロさせろよ、うらああああ!!」 

内田「ちょっちょっと!!」 

ペロペロペロペロ 

内田「ストップストップ!頼んだものは?!」 

千秋「あ?アメとペットボトル、あとインスタントカメラは買って来たよ。だからペロペロさせろ」 

内田「ありがとうチアキ。でもペロペロさせないよ?」 


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:16:59.94 ID:1XRUdKo60
内田「ハアハア……」 

ドンドンドン 
「あけろよペロペロさせろー!」 

内田「なんか凶暴化してるよ……」 

ふじおか「ねえ様補正もなくなって、もうだめだな」 

内田「チアキ………」 

ドンドンドンドン…… 


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:21:04.99 ID:1XRUdKo60
内田「もう外には出れないし、できる事がないよ………」 

ふじおか「寝れば?このあと二人も帰って来て、三人でドンドンペロペロするのを聞くのもやだし」 

内田「そうしようかな………でもちょっとお腹すいた 

内田「アメ…………いいよね?食べても」 

ふじおか「ダメだ、大事な武器だから」 

内田「…………」 


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:24:12.89 ID:1XRUdKo60
内田「ふあああぁ……朝がきた……」 

ふじおか「とうとう決戦だな」 

内田「うん」 

ふじおか「準備は大丈夫か?」 

内田「バッチリだよ。あとはペロリストのボスが学校に行くまで待つだけ」 

ふじおか「うし」 


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:38:22.49 ID:AErtJ8Q/0
ガチャン…… 

内田「やっと行った」 

ふじおか「ああ、ドンドンペロペロで、うるさかったうるさかった」 

内田「チアキも『(^ω^)ユカたんペロペロ』とか言いながら扉叩いてきたし……」 

ふじおか「鬼姫、怖い怖い」 

内田「ところでなんでペロリストになっても、学校に行く人がいるの?」 

ふじおか「ゾンビとか、自分が死んだところ歩き回ってんじゃん?そう言うことだよ」 

内田「ペロリストってゾンビレベルなんだ……」 

寝ます。 
朝続けます。 


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:40:48.51 ID:AErtJ8Q/0
『各国が話し合った結果、国際連合を解体し、新たにほぼ200カ国が加盟した、ユカたん連合の設立が決まりました。また、世界統一通貨として、【ペロ】の導入が検討されてます』 

内田「ぐろーばる」 

ふじおか「ペロペロで世界統一か……」 

ふじおか「これはペロペロで宇宙人との遭遇もありそうだな」 


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:43:14.95 ID:AErtJ8Q/0
内田「よしっ出発するよ、クマ!」 

ふじおか「ふじおかさんだろうがバカ野郎」 

内田「なにこのクマ」 

ふじおか「………まあいい。まず外にでた瞬間きっといるぞ、奴らが」 

内田「………」 

ふじおか「奴らには昨日準備した武器を使うんだ!」 

内田「わかったよ!それじゃあ行くよ!」 

ガ……チャ……… 


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:47:49.29 ID:AErtJ8Q/0
                ペロペロペロ 
       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ペロペロペロ 
         ;;''';;';'';';';;;'';;'';;; 
          ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;; 
           vy;vy;v:yy;vy;v;yv;yv;y、 
         (^ω^(^ω^)ω(^ω^) ^ω^) ω^) 
       ( ^ω^ ( ^ω( ^ω^ )ω( ^ω^ )^ω^ )  ペロペロペロ 
     ( ^ω^ ( ^ω( ^ω^ )ω( ^ω^ )^( ^ω^ ) ) 
  ( ^ω^ ( ^ω( ^ω^ )ω( ^ω^ )^( ^ω^ ) ^ω^ ) ) 
( ^ω^ ( ^ω( ^ω^ )ω( ^ω^ )^( ^ω^ ) ^ω^ )ω^ )^ )


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:49:58.93 ID:AErtJ8Q/0
内田「なにこれ………」 

ふじおか「いいから、あれを使え!」 

内田「う……うん、それっ!」バッ 

(^ω^)! 
(^ω^)! 

(^ω^)ペロペロペロペロ 
(^ω^)ペロペロペロペロ 

内田「私の写真に群がってるよ?!」 

ふじおか「そりゃそうだろう。世界六十億人のうち、限られた人しか入手出来ないユカたん生写真!オレもペロペロしたい」 


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:51:44.41 ID:AErtJ8Q/0
内田「結構進んだけど、写真なくなっちゃったよぉ……」 

      ヽ(^ω^)vヽ(^ω^)yヽ(^ω^)v(^ω^)っ 
 ⊂( ^ω^) と( ^ω^) 〃ミ ( ^ω^ )っ ( ^ω^)つ 
   ゝ ミ ( ^ω^)っ   ミ)  ⊂( ^ω^) .(彡 r 
    しu(彡 r⊂( ^ω^ )    .ゝ. .ミ) i_ノ┘ 
.       i_ノ┘  ヽ  ミ)    しu 
           (⌒) .| 
            三`J

ふじおか「アメだ!アメを舐めて吐き出せ!」 

内田「よくわかんないけどやって見る」パクっ 

内田「あー」ぺっ 

(^ω^)ペロペロペロペロ 

(^ω^)! 


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:54:12.89 ID:AErtJ8Q/0
(^ω^)ペロペロ 
(^ω^)ペロペロペロペロ 

(^ω^)ユカたんの吐いた赤い飴ペロペロしたい 

(^ω^)砕いて粉状にした物を一気にスニッフィングしたい 

内田「!」 

内田「ペロリストがアメにたかってるよ!」 

ふじおか「そりゃそうだろう。世界で一人しか居ないユカたんが、直々にペロペロしたア赤いアメ!オレもペロペロしたい」 


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:57:24.88 ID:AErtJ8Q/0
内田「ハアハアハアハア……」 

内田「ぐしょぐしょだけど、学校が見えた……」 

ふじおか「よし最後の兵器だ!」 

内田「えー……ホントに使わないとだめ?」 

ふじおか「使わなくても突破できるならいいけど」 
..           ''';;';';;'';;;,.,    ペロペロ・・・ 
..           ''';;';';;'';;;,.,    ペロペロ・・・ 
             ''';;';'';';''';;'';;;,.,   レロレロ・・・・・ 
              ;;''';;';'';';';;;'';;'';;; 
 チュパチュパ・・     ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;; 
           vymyvwymyvymyvy、 
      ヽ(^ω^)vヽ(^ω^)yヽ(^ω^)v(^ω^)っ 
 ⊂( ^ω^) と( ^ω^) 〃ミ ( ^ω^ )っ ( ^ω^)つ 
   ゝ ミ ( ^ω^)っ   ミ)  ⊂( ^ω^) .(彡 r 
    しu(彡 r⊂( ^ω^ )    .ゝ. .ミ) i_ノ┘ 
.       i_ノ┘  ヽ  ミ)    しu 
           (⌒) .| 
            三`


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 02:58:27.76 ID:AErtJ8Q/0
内田「むぅー使うよ!あと少しだもん!」 

内田「それ!」ひょい 

(^ω^)ペロペロ 
(^ω^)!! 
(^ω^)!!! 

泡立つ金色の飲み物を人肌で(^ω^)ゴキュゴキュ 


内田「うわぁ……私のをゴキュゴキュ飲んでる……」 

(^ω^)ペロペロ 
(^ω^)ゴキュゴキュ 

内田「しかも取り合ってる………」 

ふじおか「そりゃそうだろう。女神なるユカたんのみが体内で生成できる、世界で最も清い飲み物、黄金水インペットボトル!オレもペロペロしたい」 

ふじおか「あっ、もうオレだめだわ。(^ω^)ユカたんのペロペロペロペロ」 


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:00:35.15 ID:AErtJ8Q/0
内田「やっと着いた!」 

(^ω^)ペロペロ(^ω^)ペロペロ(^ω^)ペロペロ 

内田「校内もペロリストがいっぱいだよぉ……」 


ガラガラガラッ 

(^ω^)ペロペロ(^ω^)ペロペロ(^ω^)ペロペロ 
(^ω^)ペロペロ(^ω^)ペロペロ(^ω^)ペロペロ 

内田「5-2の教室………」 

黒板『(^ω^)ペロペロペロペロ ユカたんペロペロ』 

マコト「(^ω^)ユカたんのおっおっお●●●ペロペロ 
(^ω^)キュッ」 

「あぁ、ああああああクンカクンンカ、クンクン、ペロッ!!!これは!! 
ユカ、ユカユカユカユうううううぁああああああああああああああ、ら 
めええええええええええぇぇ、ムンムン、はうはうはぁぁぁぅあはうあhぅ 
イクッーーーーーーーーー!!!あああああああああああああだめだだめだ 
だめだだめだだめだああああああああああああ、クンカクンカ!!! 
そんなことしちゃらめぇぇえええええええええええええええええええぇぇ!!? 
うぅぅううううううううううあああああ、イククイクイクンカクンカッ!! 
さぁ、その赤色のかみのけでえええぇえぇシコシコしてぇぇぇぇ、クンカクン 
カクンカクンカァァァアアアアッーーー!!!ああ、アンアンアンアン 
ンギモチイ゛ィーーーーーーーーーーああああああああああああああああ!! 」 


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:01:50.72 ID:AErtJ8Q/0
内田「吉野!いるんでしょ?!」ペロペロ 

内田「………」 

吉野「…………」 

内田「吉野!!」ペロペロペロペロ 

内田「ねえ、吉野がペロリストの発端だよね?」 

吉野「…………」 

内田「ねえ!!……くすぐったいからマコトくん……」ペロペロ 

吉野「(^ω^)ユカたんペロペロペロペロ」 


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:04:44.39 ID:AErtJ8Q/0
内田「誤魔化さないでよ!」 

吉野「!」ビクッ 

内田「吉野!!」 

吉野「わっ、私じゃないよ?」 

内田「違う、吉野だよ」 

吉野「私はただ、何となくペロペロしたくなって………」 

内田「まずさ、私が一番最初に舐められたのは吉野からなんだよ」 


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:06:26.08 ID:AErtJ8Q/0
吉野「でも、それは近寄れるチャンスがあったからで……」 

内田「そうかもね。でも吉野、ペロリストはみんな 『なんかわからないけど』とか『無意識に』とか言ってるんだよね」 

吉野「それが?」 

内田「吉野、この前二人でいた時に舐めて来たよね?」 

吉野「うん」 

内田「その時こう言ったよね、『内田だからだよ』って」 

内田「そのあと輪ペロしてきた時も、ペロペロ後に『可愛かったよ』って言ったよね」 

吉野「…………」 


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:08:33.06 ID:AErtJ8Q/0
内田「吉野は無意識とかじゃないよね。意思を持ってペロペロしてるよ」 

吉野「………」 

内田「ペロリストをよく知ってるのがこう言ってたんだ。『内田をペロペロしたいと言う強い意思が周りをペロリストにしていく』」 

内田「だから、なんとなくとかじゃなくて、意思でペロペロしている吉野がー」 

「真のペロリストなんでしょ」 

「あとシュウイチくん、ペロペロ仕方がきもちわるい」 


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:11:25.81 ID:AErtJ8Q/0
吉野「……………」 

吉野「そうだよ。私がペロリズムをおこしたの」 

内田「なんで?」 

吉野「内田が可愛くて可愛くて……!ペロペロしたくてしょうがなくて………」 

吉野「でも学校とかでやったら、変態と思われるし………」 

吉野「二人きりの時も、あとから内田が誰かに言っちゃうかもしれない」 

吉野「だからすっごく苦しかった。ペロペロしたいのにペロペロできないんだもん」 

吉野「………でもねある時、クマの人形が現れて………」 

内田「え」 

『オレはペロペロの神様だ!お前の望み、叶えてやる!』 

吉野「そう言って魔法みたいなのを使って……」 

吉野「そしたら、徐々にだけどペロペロしたいって言う人がでて来て………」 

吉野「とうとうこんな世界になっちゃった………」 

内田「あのクマ………やけに詳しいと思ったらぁあ!!」 


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:12:53.06 ID:AErtJ8Q/0
吉野「でもこんな世界も悪くないでしょ?」 

吉野「内田はみんなに愛されるんだよ?」 

吉野「それに、お金だって王子様だって好きなだけ手に入るし、お姫様抱っこだってしてもらえるよ?」 

吉野「だってこの世界なら、内田はお姫様だもん」 

内田「…………」 

内田「そうだとしでも、元に戻したいよ」 

吉野「…………」 

内田「ねえ元に戻してよ!吉野がペロペロする意思を捨てれば、世界を戻せるんだよ!」 

吉野「やだ!」 

内田「!」 

吉野「ペロペロしたいもん!!」 

内田(なんだこいつ) 


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:14:55.64 ID:AErtJ8Q/0
内田「吉野……大事なことを忘れてるよ」 

吉野「?」 

内田「世界中のみんながペロペロを認めて、ペロペロをするんなら」 

内田「私は60億人に囲まれて、争うようにペロペロされるんだよね?」 

吉野「そうだよ。みんなで内田をペロペロするの」 

内田「……それだとさ、吉野がペロペロできる時間はすっごく少なくなるよね?」 

吉野「!」 

吉野「………」 

内田「…………」 


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:16:14.68 ID:AErtJ8Q/0
吉野「盲点だった………」 

内田「………」 

吉野「……わかったよ、もうペロペロするのはやめる」 

内田「ありがとう!」 

吉野「ごめんね内田……………」 

吉野「私、誘惑に負けて、どうしてもペロペロしたくて……………」 

吉野「ねえ内田、ペロリストだった私だけど…………」 

吉野「これからも今まで通り……今まで以上に仲良くしてくれる?」 

「もちろんだよ!!」 


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:18:57.71 ID:AErtJ8Q/0
内田「んん………」 

先生「内田さん!!ねちゃダメでしょう?!」 

内田「えっ?!あれ先生、ペロペロしないんですか?」 

先生「へぇ?どうもいい夢がみれたようね」 

「あははは!!内田、ペロペロキャンディの夢でもみたのかよ!!」 

「内田さん食いしん坊だもんね~!!」 

千秋「おい内田、夢の中でもお菓子かよ」 

内田「…………」 

内田「………夢だったのかぁ」 


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:23:09.50 ID:ewdfkMV50
先生「今日はここまで。この分数の計算は足し算や割り算もあるから、ちゃんと宿題で復習してね」 


千秋「内田~なんの夢みてたんだ?」 

内田「えっとね、変な夢。みんなが私を舐めてくるの」 

マコト「うわっ変態の夢だな!」 

内田「別に私が変態とかじゃないよ?!」 



吉野「ねえねえユカたん、今日も一緒に帰ろ!」ガバッ 

内田「……………え?」 

千秋「誰だよユカたん。あと吉野、抱きついてると見てて暑苦しいから」 


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:31:08.63 ID:ewdfkMV50
内田「その夢見てから、吉野がすっごくベタベタしてくるようになったの」 

夏奈「ふーん……もしかしたら夢じゃないかもよ?」 

内田「えー?だって、みんな元の場所に戻ってたし………」 

夏奈「お前がずっと寝てたんじゃない?」 

内田「でもカレンダーは………」 

夏奈「はいはい、そこまで。ところでチアキ、なに慌ててんだ?」 

千秋「ふじおかがないんだよ!!ここに置いといたのに!!」 

内田「……………まさかね」 


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:34:25.84 ID:ewdfkMV50
ー某所 

トンちゃん「……………」 

梓「なんですか唯先輩、私だけ呼び出して」 

唯「ねえ、あずにゃん………」 




………ペロペロしてもいいかな? 



つづかない 

ありがとうございました 
なにが書きたかったのかわからない 


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:36:41.54 ID:9BSLgbqK0
(^ω^)ペロペロ乙 


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:36:54.98 ID:x03cTjxQO
吉野と唯って全然声違うよね 
中の人同じなのに 



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。