スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「千早に性欲を管理されて辛い」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 08:10:46.59 ID:JIR4aw190


プルルル プルルル

千早「もしもし」

『もしもし千早か?今いいかな』

千早「寝ようかと思ってましたが、どうぞ」

『なあ、もういいよな?そろそろ、1ヶ月経つぞ』

千早「…その事ですか」

千早「ダメに決まってるじゃないですか」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 08:13:04.43 ID:JIR4aw190


P「で、でも…」

千早「あなたが春香にしたことを、忘れたとは言わせませんよ」

P「…」

千早「…そう、あれは3ヶ月前」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 08:22:20.07 ID:JIR4aw190


・・・
・・


春香「お疲れ様です!」

P「おう、お疲れ」

春香「プロデューサーさんはまだ帰らないんですか?皆帰っちゃいましたよ」

P「そうだな、この書類を見たら帰るよ」

春香「はい!あんまり無理しちゃだめですよ?それじゃあ、先に帰りますね」

ガチャ

P「…」

P「…帰ったか」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 08:29:39.97 ID:JIR4aw190


シュッ シュッ

P「はぁ、春香の使用済みタオル…はぁ、はあ……」

シュッ シュッ シュッ

P「この時間なら鍵を拝借して更衣室に入り放題だし、……すぅー………。はぁ、ジャージもいい匂いっ、あぁっ、春香っ!春香ぁ!


シュ シュ シュ シュ

P「…あっ、あぁっ!!」

ドピュッ ピュッ

P「……っ……はぁ…はあ……」



カタッ

P「!!」クルッ

春香「……」

P「は、春香?!」

春香「………い、いや……いやあぁぁー!!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 08:37:53.95 ID:JIR4aw190


・・・
・・


千早「そのせいで春香は男性恐怖症に…。それなのに、プロデューサーの居場所をなくしたらかわいそうだと言って、私以外、誰にも言わないんですよ」

P「………」

千早「知ってますか。春香が仕事で男性タレントと会うたびに、すっと震えているんですよ!」

千早「春香は良い子だから…こんな私でも頼ってくれる……」

千早「あなたの性欲を0にする、若しくは、私が完璧に性欲をコントロールできれば…」

P「そ、そんなことができるわけ…」

千早「できるできないではないんです!やらないといけないんです!」

P「……」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 08:50:24.79 ID:JIR4aw190


P「……」

千早「本当に耐えられない時、それ以外は連絡しないでください」

千早「もちろん、それまで
自分自身で触れるなどの行為は禁止します」

千早「わかりましたか?」

P「…わ、わかった」

千早「では、また明日」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 09:01:00.18 ID:JIR4aw190


・・・
・・


P「無理だ、流石にもう無理」

P「アレから数週間経ったが無理とかいうレベルじゃない」

P「これから水着の撮影も始まるし…」

P「千早…千早…」

『もしもし』

P「もしもし千早?俺だ、もう耐えられない」

千早「…」

千早「わかりました、今すぐ家に来てください」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 09:06:08.61 ID:JIR4aw190

何か、プレイか展望に希望があれば

人は少ないと思うので、>>+1、2に書いてもらえれば
なかったら適当に


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 09:07:02.48 ID:FuvSYkCQ0

Pを肉体的にいじめよう(提案)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 09:07:24.72 ID:e1y0zKZQ0

踏んでください!


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 09:14:47.57 ID:JIR4aw190


・・・
・・


P「…えっと、この部屋だよな」

ピンポーン

ガチャ

千早「……」

P「あの、千早?俺、もう

千早「何してるんですか。早く入ってください」グイッ

P「は、はい」




23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 09:19:14.03 ID:JIR4aw190


千早「あと、玄関から奥に入る時は、これを着けてください」

P「? アイマスク?」

千早「部屋の中を見られたくないので」

P「分かった」

スチャ

千早「引っ張ります」

ガチャ

P(うーん、真っ暗で良くわからんな。、リビングか?)ソーソー



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 09:22:38.54 ID:JIR4aw190


千早「それほど足元を警戒しなくても、基本的な家具以外ありませんから」

P「あ、あぁ…」

千早「着きました。では、下着姿になってください」

P「え?」

千早「聞こえないんですか?早く脱いでください」

P「今、ここで?」

千早「決まってるじゃないですか。あなたは春香に

P「あー!もう、わかったよ!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 09:26:08.24 ID:JIR4aw190


P「………」

ヌギヌギ

千早「……」

P(視界を隠すと、物凄く視線を感じる…)

P「あの、ちは…」

千早「……」イラッ

P「! いえ、なんでもないです!すぐ脱ぎます!」



P「はい!トランクスだけになりました!」

千早「……」

千早「……プロデューサー」

千早「なんで少し、隆起してるんです?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 09:33:28.60 ID:JIR4aw190


P「いや、その…」

P(言えない、ちょっとこのシチュエーションに興奮してたなんて。今、触られたら我慢してた分と合わさってすぐにイってしまいそう…)

千早「何を期待してるか知りませんが、楽しませるわけにやっているわけではないんです」

千早「そこに寝転がって、両手を上げてください」

P「?はい」

ゴロン

P「ほら、寝たけど」

カチャ

P「冷たっ!」

カチャ

P「えーっと、千早さん?」

カチャ

P「何か、両手首と足首に取り付けられた感覚が…」

カチャ

千早「暴れられても困ります。固定するのは当然でしょう」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 09:37:33.60 ID:JIR4aw190


P「そうだけど…」

P(……)クイックイッ

P(駄目だ。動かない)

千早「私もプロデューサーとしての腕は尊敬しています」

千早「ですが、春香を傷付けたあなたは、人として信用てきません」

千早「今から私がする事に耐えることができたら解放します」

P「痛くない程度に、お願いします…」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 09:40:43.16 ID:JIR4aw190


千早「……」

スッ

グイッ

P「うぐっ!!」

P「ぐ、苦しい…」

千早「ちょっと腹部を踏まれたぐらいで、何を言ってるんですか?春香はもっと苦しんでるんですよ」

グイッ

P「ぐっ…」







44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 09:46:52.72 ID:JIR4aw190


千早「いいですか」

グッ

P「…っ!」

千早「春香はずっと苦しんでるんですよ」

グイッ

P「ふぐっ…」

千早「これまでも、これからも…。もしかした、もう、ずっとかも知れない…」

グィッ

P「!!」

千早「それも全てあなたのせい、どう責任取るつもりですか?早く答えください!」

P「あ、あの!!」

千早「なんですか?ギブアップなんてありませんけど」

P「…はぁーはぁー、……踏むたびにどんどんみぞおちに近付いて息が…」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 09:53:13.76 ID:JIR4aw190


千早「そんな事でいちいち止めないでください。知りません」

グッ

P「な”っ?!」

千早「私が最大に譲歩して、靴を脱ぐところだけです。素足はありえないのでソックスを履いていますが」

千早「あなたに踏まれる場所を選ぶ権利などありません」

千早「私がたとえ腹部を踏もうが」

グイッ

P「あがっ!」

千早「…脇腹を蹴ったとしても」

ビシッ

P「いっ!いだっ!」

千早「あなたには止められません」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 09:57:16.46 ID:JIR4aw190


グイッ

グッ

バシッ

ググッ


P「はぁ…はぁっ、はぁ…」

千早「………」

千早「プロデューサー」

千早「早く下着の下のものを仕舞ってください」

P「!」

千早「先程から明らかに膨らみが大きくなっています」

千早「不愉快です」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 10:03:52.21 ID:JIR4aw190


P「で、でもそれは生理現象で…」

千早「その生理現象をコントロールできないのは誰ですか?」

P「わ、私です…」

千早「それを抑えるのが今回の目的なんですから」

P「じ、時間をください!少しだけでもいいので…」

・・・
・・


P(はぁ、はぁ、落ち着け俺…)

千早「……」ジーッ

P(って、こんな状況で落ち着くん訳ないだろ!めちゃくちゃ視線感じるし)

千早「……」ジーッ

千早「……」


千早「…もういいです。何も変わらないのに、待っていられません」

グリッ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 10:09:54.96 ID:JIR4aw190


P「?!!」

千早「早くこれ抑えてください」

グリグリ

P「ぢ!ぢはや”ぁ!そんな思いっきり踏みつけ

千早「知りません」

グリグリグリ

P「あぁ”っ!い”っ!!いっ、いぐ…?!」


P「いっ、い”げなぃっ!!」


千早「…こういう風に栓をすると、どれだけ込み上げても出すことはできないそうですね」


千早「春香の辛さ、少しでも分かりますか?」


グリグリ


P「あ”ぁぁああぁ”ぁっっっ!!!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 10:15:31.59 ID:JIR4aw190


P「はぅっ!はぁっ!」

P「…ち、ちはっ」

千早「……」

グイッ

P「  っ! 」

千早「………」

千早「たった3分程度踏まれ続けただけで、息ができないんですか?」

P「 」パクパク



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 10:27:48.59 ID:JIR4aw190


千早「……」

千早(時間が立つごとに大きくなってる気がするけと…折れないわよね)

グリグリッ

P「    !!」ピクッ

千早「…プロデューサー」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 10:37:45.68 ID:JIR4aw190


グリグリ

千早「ソックスが濡れて不愉快です」

千早「今すぐ止めてください」

P「…はやが……」

千早「なんですか?」

ピタッ


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 11:31:51.42 ID:JIR4aw190


P「千早が…やめてくれないと…はぁ……はっ、はぁっ……」

千早「これで満足ですか?」

P「…えっ…?」

千早「まだ、終わってません」

グイグイッッ

P「あ”ぁ”ーー!!」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 11:35:39.59 ID:JIR4aw190


P「くぁっ!あっあぁっ!!」

グイグイッ

千早「?!」

千早「な、なぜ、プロデューサーの方から押し付けて…」

千早「あっ、しまっ」

ヌルッ

P「い、いくううぅぅぅう!!!」

ビチャ! ビチャ!

P「……ふっ、ふぅ…」ピクッ ピクゥ

千早「はぁ…」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 11:45:23.97 ID:JIR4aw190


カチャ

P(…あっ、良かった…やっと外して……)

カチャ

千早「……」

P「あ、あれ…足だけ…?」

千早「……」

スッ

P(足首を持ち上げられっ…、なっ!!)

P「お、おい!やめっ

千早「男に生まれたことを後悔すればいいのよ」


ガガガガガッ


P「う”う”ぅぅぅ”う”ぅ”ぅうううがあぁぁあぁぁあぁぁ!??!?!!」

P(で、電気あんまあああぁぁああぁあぁぁぁぁぁぁ!?!!)


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 11:50:59.28 ID:JIR4aw190


千早「……」

千早「電気あんまされてまた大きくするんですか?」

ガッガッガッガッ

P「っっっ!?!っっくぁあっああぅぁ”ぁ”ぁつ”っ”っ”うぅぅっっ!!!」

ビクッ ビグッ


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 11:59:12.88 ID:JIR4aw190


千早「……ふう」

千早「少しかわいそうなので、やめてあげます」

ピタッ

P「  」ピクッ ピクッ

P「………はっ、はっ、はあっ、はぁ…」ビクッ ピクッ

P「はぁあっ、はっあっ、はっ」



千早「……」

千早「そんなことっ」

千早「言うわけないじゃないですかっ!!」


ガガガガッガガガッガ



P「ぁああ”ぁあ”あぁぐう”ぅ”ぅぅぅぁぁっっっっっ!!!っ?っっ!?!」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 12:08:07.79 ID:JIR4aw190


ドピュ ドピュッ!

千早「……っ!」

ガガガッガガガガガッ

P「 !  !!」

ピュッ!ドピュッ!!

「…はやちゃん……」

「千早ちゃんっ!」

「お願い千早ちゃん!もう止めて!!」

ピタッ

P「   」ビグンッ ピクッ!

千早「……」

千早「……。どうして隣の部屋から出てきたの?」

千早「春香」

春香「千早ちゃんもう辞めてよぉ…」グスッ


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 14:10:51.51 ID:JIR4aw190


千早「春香、この男は…」

春香「たっ、確かに、あの時はびっくりして…」

春香「信頼してたプロデューサーさんでもこんな事するんだってショックを受けた…、けどっ…!」

春香「それが男の人なんだって…。アイドルなのに…分かってなかった私も悪かったの!」

春香「…ごめんね、千早ちゃん」


ギュッ


千早「は、春香…」

春香「千早ちゃんは私のために何とかしようとしてくれたんだよね…。ありがとう、千早ちゃん…。その気持ちだけで、私は救われたよ……」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 14:17:56.88 ID:JIR4aw190


スッ

春香「……」

千早「…は、春香!そっちは…」

カチャ

カチャ

春香「…プロデューサーさん、ごめんなさい」

ギュッ

春香「私のせいでこんなになって…。でも、私のわがままを一つだけ聞いてくれるなら、千早ちゃんを恨まないでください…」

P「……は、はる…」

春香「あの時もびっくりしたけと、嫌じゃなかったんです。ただ、ちょっとした私のわがままで…」

春香「……えへへ、私、わがままばっかりですね。プロデューサーさんに嫌われちゃう」コツッ



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 14:24:49.49 ID:JIR4aw190


春香「プロデューサーさん」

春香「それでも、まだ、私のことを嫌ってませんか…?」

P「当たり前だろ…。春香なら、俺が嫌いって言えないの分かってるだろ」

春香「えへへ、バレちゃいましたか。」

春香「そんな嫌な女なんで、このままフラフラのプロデュサーさんにも手を出しちゃいますね」

千早「春香…」

春香「ねぇ、千早ちゃん。ほら、私はプロデューサーさんに近付いても、こうやって抱きしめても震えなくなったよ…。ありがとう…全部、千早ちゃんのおかげだよ…」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 14:45:39.16 ID:JIR4aw190


春香「でも、私の大切なプロデューサーさんにここまでしちゃった千早ちゃんにはちょっとだけ、お仕置きね」

春香「ねぇ、千早ちゃん」

春香「こっちに来て、プロデューサーさんの下着脱がせて」

千早「……」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 15:13:24.20 ID:JIR4aw190


千早「で、でも…」

春香「ほら、千早ちゃん。私はプロデューサーさんを抱えてるから、できないし」

春香「こうしたのは、千早ちゃんでしょ?」

千早「……わかったわ」

千早「プロデューサー少し足を上げてください」

P「…別に俺は」

春香「プロデューサーさん」

P「は、はい…」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 15:42:51.62 ID:JIR4aw190


ベチャ

ズルズル

春香「これがプロデューサーさんの…」

千早「……」

春香「そんな嫌そうな顔しなくても」

千早「だって…」

春香「ほら」

テローッ

春香「なんか、スライムみたいで楽しいよ」

千早「……」

ツーッ

ネチャ

千早「……そうかしら…」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 16:02:18.68 ID:JIR4aw190


千早「……」

スッ

P「」ビクッ

千早「…そんなに警戒しないでください」

春香「あはは。どう?プロデューサーさんの、腫れてない?」

千早「さっきがむしろ腫れていたから」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 16:08:26.19 ID:JIR4aw190


サワッ

春香「どうかな?」

千早「……すごく…熱い」

春香「痛い時には手当って言って、撫でてあげると痛みが収まるんだよ」

千早「そうね…」

ナデナデ

春香「あっ、ちょっと大っきくなったね」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 16:48:10.33 ID:JIR4aw190


千早「プロデューサー、すみません。改めて考えると私…」

春香「ほら、今は謝るよりも気持ちよくさせることに集中しよ」

千早「そ、そうね」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 16:48:49.82 ID:DK3kl6Lj0

ちょっと聖書読んでくる


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 16:54:06.70 ID:wnOOjAae0

>>142
「彼女らはエジプトで淫行を行った。その地で、彼女たちの乳房は握られ、彼女の乳首は摘まれた。」
(エゼキエル書23章3節)


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 17:02:33.71 ID:lH7TmTCcP

>>143
5分でこれをだすとはこいつできる


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 17:15:06.29 ID:SojLV87u0

no title


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 17:25:50.52 ID:CoGvXQxA0

>>151
スムースな曲線美じゃないか72でなければこうはいかん


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 17:25:00.39 ID:JIR4aw190


千早「…どうですか、プロデューサー?」

春香「気持ちいいですか?」

P「あぁ、千早は上手いな」

千早「しっ、知りません!」

春香「あはは、千早ちゃん、耳真っ赤」


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 17:35:08.32 ID:SojLV87u0

no title

いつもネタ画像ばかり貼っても可哀想だからたまには良い千早でも春香


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 17:36:14.13 ID:SojLV87u0

no title


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 17:41:41.26 ID:SojLV87u0

no title

no title

no title


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 17:44:33.60 ID:SojLV87u0

no title

no title

no title


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 17:48:07.01 ID:JIR4aw190


春香「次、私がやってもいいかな?」

千早「えぇ」

春香「えっーと、まず先端」

サワッ

P「うっ…!」ピクッ

春香「それとも、境目?」

クリクリッ

P「ふあぁっ…!」ピクピクッ

千早「……プロデューサー、どうして春香の時だけ声を出すんですか。不公平で」

P「し、仕方ないだろ!春香が俺の弱いポイントだけを押してくるんだから!」

春香「あー、やっぱりいいんですね?」

春香「そーれ」

コチョコチョー


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 18:16:00.68 ID:JIR4aw190

コチョコチョ

P「ああ!やめっ…あぁっ!」

サワサワッ

P「今、特に先端は敏感で、っ…あっっあぁっ!」

P「春香っ!はるかあぁっ!」

ビクッビクッ

春香「…っ!プロデューサーさん!」

春香「思いっきりイッてください!」


P「ああっ!!」


ピュッ ビュッ!


春香「きゃっぁ!」

千早「んぁっ…!!」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 18:28:46.88 ID:JIR4aw190


P「…ん? あぁ、すまんっ!顔に」

春香「……」

ペロッ

春香「うーん…」

千早「…舐めても大丈夫なの、春香?」

春香「なんか、舐めると声が良く通るらしいよ」

千早「そ、そうなの」

千早「…」

ジーッ

ネチャッ

千早「……」

ペロッ

春香「…って言うのは、嘘なんだけどね、えへっ」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 18:32:37.20 ID:JIR4aw190


千早「っ!騙したの?!」

千早「というか、苦…」

春香「でしょ?何とも言えない味」

千早「そうね…」


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 18:52:02.10 ID:JIR4aw190


春香「でも…」

チュッ

千早「…?!」

ジュル

P「あっ…!って、なに舐めて…」

チュルチュルルッ

P「うっぅー…」


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 18:57:58.32 ID:JIR4aw190


ジュルルル

P「はぁっ、ぁぁ、ぁん!」

ヂュルルルッ

チュパッ

春香「……いっぱい舐めたら甘いかなって思ったら、やっぱり苦いというか、しょっぱいと言うか」

千早「無茶するわね」

P「……」

バタッ

春香「プ、プロデューサーさん!」

千早「プロデューサー!!」


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 19:37:27.12 ID:JIR4aw190


・・・
・・


P「うーん…」

「あっ、プロデューサーさんが、目を覚ましたよ!」

P「……ここは…」

ドタドタ

千早「大丈夫ですか!」

P「……?…あぁ、春香、千早」

春香「疲れ過ぎたみたいですね。ごめんなさい、プロデューサーさん」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 19:44:44.46 ID:JIR4aw190


P「…そうか」

P「………」

P「はっ!」

ガバッ

P「じ、時間は!」

千早「プロデューサーが倒れてから数時間、ですね」

P「しっ、仕事は!」

春香「さっき、連絡しておきました。律子さんが代わって現場に行ってくれるそうです」

P「いやいや、俺じゃなくて!お前たちの仕事は?!」

春香「それは」

千早「プロデューサーが倒れているのに、仕事に行けるほど、非情ではありません!」

春香「…あはは、それ、私のセリフ…」



206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 19:51:25.41 ID:JIR4aw190


春香「ちなみに、私達の現場はドタキャンです」

P「ええっ!」

春香「あとで一緒に謝ってくださいね」ニコッ

P「せっ、せめて、事務所にかけて、代わりの誰かを」

千早「それは無理です」

千早「だって…」

ピンポーン ピピピピンポーン

「ハニー!大丈夫なのー!」

バンバン

「どいて美希!ボクが扉を蹴飛ばすからっ!」

千早「っ!それは!!」

ドタドタ

春香「さっき、プロデューサーさんが倒れたって言ったら、みんな来るって…。それで、律子さんは一つ一つ現場に謝りに、小鳥さんも電話対応ですね」


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 19:58:02.98 ID:JIR4aw190


美希「ハニー!生きてた?!だっ、大丈夫なの?!春香と千早さんにケダモノのように襲われたって聞いたの!!」

真「プロデューサー!春香と千早に無理やり犯されたって…くっ、ボクがもっとしっかりしていれば…って、生きてる…?」

伊織「よ、良かった…大丈夫なのね…。生きてたのね…、もう…絶対死ぬんじゃないわよ…グスッ…」


P「お、お前らなんて言ったんだ?」

春香「えーっと、プロデューサーさんとエッチなことしてたら、そのまま死にかけたって」

P「はあ?!」


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 19:59:24.27 ID:lOKJNWIu0

はるるんは正直だなぁ


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 20:04:52.08 ID:JIR4aw190


千早「あとで、他のみんなも来るそうよ。マンションだから、あまり、騒がしくしてほしくないのだけれど…」

真「それで、プロデューサー!春香達と一体何をしてたんですか!!」

P「いや、別」

伊織「服脱いでて、この匂いも、リビングの変な手錠も絶対何かあったじゃない!!」

P「えっ、ま、まぁ」

美希「むー!千早さんだけズルいの!」ヌギヌギ

P「うわっあ、美希!脱ぐなぁ!」

ガヤガヤ

春香「みんな!黙って聞いて!!」

ピタッ

春香「プロデューサーさんは私と千早ちゃんのものだから、誰にも渡さないよ!」

「・・・・・・」

シーン

「えええぇぇぇぇーー!!!」


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 20:05:47.34 ID:JIR4aw190


以上で終わります

長い間、ご支援ありがとうございました

駄文&時間バラバラでごめんなさい…


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 20:05:57.90 ID:tlvVIpZD0

千早が本当に可愛いssの少なさよ


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 20:27:07.58 ID:Y3wSoZ420



225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 20:48:26.06 ID:0ZO8Bylh0



関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。