スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「美希に愛想が尽きた」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 17:58:35.20 ID:G04O0lF6i

P「もうたくさんだ!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:03:52.10 ID:G04O0lF6i

P「もう我慢の限界だ!」


小鳥「おお、ご立腹ですね」

P「あ、音無さん…」

小鳥「美希ちゃんが何か?」

P「ええ! 酷いですよ、本当に」

小鳥「へえ」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:09:58.36 ID:G04O0lF6i

美希「もうアタマきたの!」

雪歩「どうしたの?」

美希「ねえ聞いて!ハニーってばヒドいんだよ!」

雪歩「え、プロデューサーが?」


美希「うん」

美希「それがね……」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:14:59.22 ID:G04O0lF6i

P「昨日…美希に20回しか『好き』って言われてないんですよ!」

小鳥「……」





美希「昨日…ハニーがお疲れ様のチューをしてくれなかったの!」

雪歩「……」





小鳥(はぁ…)

雪歩(はぁ…)


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:19:37.88 ID:cDZGF+gVP

また、この手のスレか
いいぞもっとやれ


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:20:34.21 ID:G04O0lF6i

小鳥「……で?」

P「もう頭にきて、お疲れ様のキスもしてやりませんでした」

P「そしたら」


美希『ハニーなんかキライ!』


P「……なんて」

小鳥「へー」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:26:12.13 ID:G04O0lF6i

雪歩「…で?」

美希「チューしてくれないから、ハニーなんてキライ!って言ったの」

美希「そしたら」


P『もう美希なんか知らん!』


美希「…って!」

雪歩「へー」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:35:25.44 ID:G04O0lF6i

ガチャ


雪歩「おはようございますぅ」

美希「……おはよ、小鳥」

小鳥「あ、おはよう」

P「……おはよう、雪歩」


ちゅ


美希「…ふん!」

P「…ふん!」

雪歩(ナチュラルにキスした…)

小鳥(なんなの…これ)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:40:53.72 ID:G04O0lF6i

ぎゅー


P「…なんだよ」

美希「ふんっ…」



雪歩「小鳥さん…」

小鳥「なぁに?」

雪歩「なんだかイライラしますぅ」

小鳥「ふふ、そういう時は壁を殴るのよ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:46:25.53 ID:bTunBcKA0

★壁殴り代行始めました★
ムカついたけど壁を殴る筋肉が無い、壁を殴りたいけど殴る壁が無い、そんなときに!
壁殴りで鍛えたスタッフたちが一生懸命あなたの代わりに壁を殴ってくれます!
モチロン壁を用意する必要もありません!スタッフがあなたの家の近くの家の壁を無差別に殴りまくります!
1時間\1200~ 24時間営業 年中無休!
                   ___
                  /___ \
               / |´・ω・`|  \......________
            __ノ     ̄ ̄ ̄ :. . ......   ....:::=≧=‐_
      , --―'´;.:.、... .: .:i :i::/:  .:::..:,.‐''".    .      .:、 :.::ヽ
     /   . :.:.ノ:. ..\. ヽ:  , -‐''´ ..::: ..    :     .::l . :.:.::|
   /   . .:.:.:./:.     `ヽ、::/     .:::、:.. .. . :.     .::i ...:.:∧
    |   .:.:.:;イ::      .:i::.       . .::`''‐-=、ヽ、.:.. . .:: .:ノ: :! 壁殴り代行では同時にスタッフも募集しています
  /{::.   '´.:.i::.      . :|:      . .:: :.::::::::::::/゙"ヽ、:..:.::´::..: :|  筋肉に自身のあるそこのアナタ!一緒にお仕事してみませんか?
  ,' `: :...:.:.:.::.::;!::.. .    .:.:|:       :: :.:.:::::::::{::. .::;'`  .::.: ;!:|  壁を殴るだけの簡単なお仕事です!
 {  :. `''''゙´ |:::.:     .:::l::.      .:.::..:.:::::::::::|::. . ::i   ..:::iく ::|  君も壁を殴って理想の体を手に入れよう!
  {:.:.. .:.. . .:.:::ト、:.:.. . .  . .:.:;!、::.. . . . ... .:.::..:::::::_;;.ゝ、..:|  ..:ノ :. ヾ、
 /`'''  、,,,___:ノ \::. :.....:.:ノ::..`'ー::.....;;;_;;:.-‐''....:...:::,>'=、  .::i :.::}
. {:.:. .   ___\   ` ‐-=、:::.:.. ..::r ー-=、.....:...::..::::/      . .:::! :; ::|
 !ー: . / ___;>┐    \:.. :! ,.-―:‐、:: ,,.:‐''´    . . :__;ノ.イ
 ';.:../  /´、   ̄)ヽ. _,r―‐亠- 、!    |「:     . . - '''´. : :.:/
  ヽ!  { :..  ̄ ̄厂:く__,.-‐''    ..|    |!:. .   . .. ... - =_ヲ''


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:48:41.02 ID:G04O0lF6i

P「……なっ!」

P「いい加減にしろよ!!」

美希「……ハニーだって!」




雪歩「なんだか穏やかじゃないですね」

小鳥「抱き合ってる時点で穏やかでしょうから、放っておきましょう」

雪歩「そうですね…お茶飲みますか?」

小鳥「ええ」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 19:05:30.48 ID:G04O0lF6i

P「俺の方が好きに決まってるだろ!」

美希「ゼッタイにミキの方が好き!!」

P「いいや、俺の愛の方が上だ!」

美希「ミキの気持ちの方が強いもん!」





雪歩「お茶が甘いです」

小鳥「なぜかしらね」


37: すいませんお風呂で気を失ってました 2012/09/27(木) 19:59:44.90 ID:G04O0lF6i

P「美希が可愛すぎるのがいけないんだ!」

美希「ハニーがカッコよすぎるのがいけないの!」

P「なんだよ~」

美希「なんなの~」




P「……見ての通りだ」

美希「そうなの」

小鳥「なにが?」

雪歩「ラブラブですね~」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:05:22.28 ID:G04O0lF6i

P「なっ……ラブラブなぞしておらん!」

美希「まったく、勘違いも甚だしいの!」



雪歩「……壁を殴る…壁を殴る…」


がっ

がっ


小鳥「……雪歩ちゃん、それ以上は手を痛めるわ」

雪歩「手より胃の方が痛いですぅ……」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:11:14.08 ID:G04O0lF6i

小鳥「今は喧嘩中ですか」

P「ああ」

美希「そうだよ」



小鳥「覚えておいて、雪歩ちゃん」

雪歩「はい」

小鳥「抱き合って頬をスリスリしてるのを、喧嘩だと言い張る人がいるってことを」

雪歩「……反吐が出るって、この時のための言葉なんですね」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:17:07.15 ID:gtRuswXa0

わたあめに練乳かけるくらあまーい


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:18:11.16 ID:g9uboIOi0

ジョージアMAXコーヒーにさらに練乳を入れるくらいあまーい


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:20:06.07 ID:G04O0lF6i

雪歩「私、レッスンに行ってきますぅ」

小鳥「それがいいわ……この空間にいると糖尿病になるから」

雪歩「小鳥さんも、気をつけて下さい」

小鳥「ええ」



P「ん……だいたい美希は」

美希「そういうハニーだって……んっ」

小鳥(キスしながらじゃないと会話も出来ないのかしら)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:26:20.93 ID:G04O0lF6i

小鳥「二人とも、事務所でキスは良くないですよ」


P「……は?」

美希「……そんな…」

P「死んでしまうぞ!?」

美希「そうなの!」


小鳥「ちっ…(そんな大げさですね~)」

P「えっ」

美希「えっ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:32:21.40 ID:G04O0lF6i

P「なんか音無さんこわい」

美希「うん……」

P「俺の家にいくか」

美希「ハニーとハニーしないといけないしね」

P「そうだな……では失礼します」


バタン


小鳥「ふぅ~、なんか辛い」

小鳥「独り身ざまぁ、とか思われるわよね」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:40:54.53 ID:G04O0lF6i

小鳥「はぁ~あ」

小鳥「彼氏とピヨピヨできる日はいつになるのかなぁ…」





小鳥「あ、お茶」


ずずっ


小鳥「……時間たって渋くなっちゃった」

小鳥「今更だわぁ…」



END


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:42:27.33 ID:G04O0lF6i

倒れた時に打った腰が痛いんで終わります
保守すいませんでした


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:43:14.12 ID:8CcIZO7i0

お大事にー
乙なの

ハニーとハニーするって同じ人か


58: スレ保守委員会 ◆a2iXcbYPgU 2012/09/27(木) 20:44:56.87 ID:ua2Rl5W9O



ハニーとハニーする素晴らしい…


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:53:56.44 ID:IFL3jXf3O


お大事にー


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。