スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真美「ニキビができた」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 01:39:26.64 ID:78ws0g3RO

初SS即興書き溜め無しです

ー朝 双海家ー

亜美「真美→!おっは→!」

真美「ん~あと5分~」モゾモゾ

亜美「そんなこと言ったって亜美もう竜宮のオシゴトあるから先に行っちゃうし、パパもママももういないよ→」

真美「亜美隊員私の事は気にせず先に行くんだ…私もすぐに行く…」

亜美「隊長を置いてなんか行けません!ってうあうあ~もう時間だ~、りっちゃんに怒られる~、そゆわけで亜美もう行くね→」

真美「ん~いってら~」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 01:46:43.71 ID:78ws0g3RO

真美「そろそろ起きますかね~」モゾモゾ

トテトテ バタン ガチャ ジョー

真美「ふぃ~朝イチのおしっこはよく出ますな→」ガラガラ フキフキ ジャー

真美「さてと、キレイでセクチ→な女はちゃんと朝にも洗顔をするのだよ亜美隊員…って亜美はいないんだった」

真美「ん?あれ?なんかオデコに…」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 01:51:22.14 ID:78ws0g3RO

真美「あり?これってまさか…ビキニってやつ!?…あれビニキだっけ?」
真美「そんなことより、うあうあ~!ど→しよ→!真美もいちお→アイドルだよ~!!」

真美「どーしよ、事務所…休む?いやいや真美だってプロなんだし」

真美「ん~~~」カンガエチュウ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 01:55:32.06 ID:78ws0g3RO

~数分後~

真美「ティンと来た!!この手でいけば~大丈夫っしょ」

ーーー
ーー


ガチャ

真美「おっはよ→ごさいま→す……」オソルオソル

真美「誰もいないかな?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 01:59:02.26 ID:78ws0g3RO

真美「ふ~よっしゃ第一カンモン突破→…

響「はいさーい!!」ガチャ!!

真美「うわっ!?」

響「あれ?真美いたのか?はいさーい!!」

真美「う、うん。はいさーいひびきん…」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 02:06:04.66 ID:78ws0g3RO

響「あれ?真美今日はヘアバンドしてるのか?イメチェン?」

真美「うぇ!?う、うんそんなトコかな?」

響「ん?なんか元気ないぞ?どうしたんだ?」クビカシゲ

真美「う、ううん!!そんなことないぞ!自分、いつもどおりだぞ!」アセアセ
響「うがー!まねしないでくれー!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 02:10:08.23 ID:78ws0g3RO

真美「んっふっふ~、まだまだですな~ひびきん」

響「うぅ…何がまだまだなのか全然分からないぞ」

真美(良かったひびきんがバカで、これがお姫ちんだったらチョ→ヤバかったYO)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 02:14:52.02 ID:78ws0g3RO

ガチャ

P「ただいま帰りましたー」

貴音「ただいま戻りました」

真美「レッスン行ってきます!!」バタバタガチャン

P「うぇ!?ま、真美!?」

貴音「はて?真美はどうしたのでしょう?」

響「はいさい、二人とも。それが自分にもよくわからないんさ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 02:19:47.84 ID:78ws0g3RO

P「具合が悪いとかではなさそうだが…」

貴音「まぁ、大丈夫でしょう」

響「そうだと良いけど…」

貴音「それよりプロデューサー、次の予定は?」

P「あぁ、それならーー」
響「……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 02:27:06.72 ID:78ws0g3RO

真美「ヤバかった!お姫ちんはヤバイ!」

真美(逃げてきちゃったの怒られないかなぁ…ひびきんせっかく心配してくれてたのに…)

真美「でも、しょうがないよね?だって真美はアイドルでニキビだっけ?なんかあっちゃならんですたい!」

??「なにがあっちゃだめなの?」

真美「!?その声はっ!」
ハルシュタイン「そう、私よハルシュタインよ!」

真美「出たなハルシュタイン…ここで会ったが2、3年!」

春香「ってそうじゃなくて、どうしたの?」


23: 眠れないんだよ 2012/10/04(木) 02:32:47.76 ID:78ws0g3RO

春香「あ、それにその頭、いつもと違うね」

真美「え?うんそ→なんだいつもとは違った真美をみんなにお届けしようかなって」

春香「あぁ、それでなにか変なこと言ってたんだ」

真美「変なことってなにさ!けっこ→ダイジなことなんだかんね」プンプン
春香「あはは、ごめんね」

真美「まぁ、いいや。そんなことよりはるるんもレッスン?」


25: 眠れないんだよ 2012/10/04(木) 02:39:58.38 ID:78ws0g3RO

春香「うん、私ダンスが苦手だからね気合いいれていかなきゃ」フンス

真美「なるほどなるほど~じゃあここはいっちょ真美がコーチしてあげようじゃまいか」

春香「あ!真美ダンス上手だもんね!」

真美「そ→ゆ→こと」

春香「そのヘアバンドは着けたままするの?」

真美「え?あ、あぁうんほら、アレ…髪がジャマにならないからさ」

春香「あぁ、そっかなるほど!オシャレと実益を兼ね備えてるんだ」

真美「そ→ゆ→ことだYO」(じ、実益って何?)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 02:48:09.28 ID:78ws0g3RO

春香「それじゃあよろしくお願いします!先生!」フンス

真美「んっふっふ~、まっかせなさい、はるるん君」

ーーー
ーー


コンドノドヨウビミッカシカナイ
トニカクダイエ---

真美「痛っ!?」

春香「え!?真美どうしたの!?ケガ!?」

真美「ううん、なんでもないよはるるん、ゴメンねちょっとトイレ行ってくる」(オデコがイタイ…まさか…!)

春香「うん、一人で大丈夫?」

真美「大丈夫大丈夫ちょっとアタマイタイだけだから」アハハ


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 02:54:18.45 ID:78ws0g3RO

ートイレー

真美「うわぁ…やっぱりつぶれちゃってるYO」

真美「血も出てるし…うあうあ~!ヘアバンドはもうこりごりだYO~!」

ーーー
ーー

事務所

真美「ただいま~…」

春香「ただいま帰りました」

P「おう、おかえり。さっそくで悪いけど春香はこのあとテレビ局に俺と行くぞ、真美はそのまま帰って良いからな」

春香「はい!」

真美「は→い…」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 03:02:02.30 ID:78ws0g3RO

ー双海家ー夜ー
-お風呂-

真美「ふぅ…どーしよ、このニビキ…」

亜美「真美→亜美も入っていい?」

真美「だ、ダメダメ!!今日だけは絶対にダメだかんね!!」(ビキニなんて亜美には見せられないっしょ→)ウロタエ アセアセ

亜美「え→なんで→?」ヌギヌギ

真美「どーしても!ってもう脱いでる!?」

亜美「おっじゃましま→す!」ガチャ

真美「真美先に出る!」オデコカクシナガラ バタバタ フキフキ イソイソ バタバタ ガチャ

亜美「?」クビカシゲ


31: これ誰か見てんの? 2012/10/04(木) 03:07:09.91 ID:78ws0g3RO

ー真美亜美の部屋ー

真美「うぅ…亜美のバカッ!来ちゃダメって言ってるのに入って来ないでよ~」ナミダメ ウルウル

亜美「あはは、メンゴメンゴそんなにイヤだったとは思わなくて…」エヘヘ

真美「もういいけど…みて、ないよね?」

亜美「見てないって何を?」

真美「ううんなんでもない」フルフル


35: >>30すまんありがとう気を付ける 2012/10/04(木) 03:13:51.36 ID:78ws0g3RO

真美「ほらもう寝るよ→亜美も疲れたっしょ?」
亜美「うん亜美もうヘトヘトだYO~。今日もりっちゃんが鬼軍曹でさ~」
真美「うんうん……」


ーーー
ーー


チュンチュン

ガバッ トテトテ

真美「なんでじゃい!!??なんでなおっとらんのじゃいゴラァ!!」

亜美「ま、真美?ど→したの?」

真美「いいえ、なんでもござりませんわ」

亜美「誰!?」


38: >>34ごめんねけいおん好きなんだ憂ちゃんが好き 2012/10/04(木) 03:20:22.78 ID:78ws0g3RO

亜美「亜美は今日も竜宮だから先行くね→」ガチャン

真美「うん、いってらっさーい」フリフリ

真美(さて、今日はどうしよ→かな?ヘアバンドはニキビつぶしちゃうし…)
真美「!!またまたティンときた!!」
(なんで最初にコッチにしなかったんだろう?)「真美ったらおっちょこちょい♪」コツン


42: ありがてぇありがてぇ 2012/10/04(木) 03:27:03.76 ID:78ws0g3RO

ー事務所ー

真美「おっはよ→」ガチャ

響「はいさーい!真美!ん?どうしたんだ?今日はヘアバンド着けずに前髪パッツンにしたのか」
真美「うん、まぁね」

響「だったらサイドテールじゃなくていっそ全部髪の毛下ろしたらどうだ?」

真美「それもそうだね」
響「自分やってあげようか?」

真美「ううん、だいじょぶ」スルスル パサッ

響「うん!その方が似合ってるぞ!」


48: >>40純ちゃんは二番目だ 2012/10/04(木) 03:34:34.73 ID:78ws0g3RO

真美「えへへ///」

響(な、なんかかわいいぞ!真美!)ドギマギ

響「あ!それで昨日はどうしたんだ?いつもの真美っぽくなかったぞ?」
真美「へ!?い、いやぁ~昨日はその…ですな~持病のシャクが…」

響「シャクってなにかしってるのかぁ?」ジトー

真美「ぅえぁ!?その…尺取り虫、的な?」アハハ

響「…」ジーー

真美「あ、あのぉ!えっとぉ」(うあうあ~顔が熱いYO~)


50: >>45よいのです気にすることはありません 2012/10/04(木) 03:43:22.27 ID:78ws0g3RO

響「真美!?大丈夫か!?顔が真っ赤だぞ!?」

真美「な、なんでもな~い~///」

響(はぅっ!かわいい!)
響「だ、大丈夫か?熱とか…オデコ出して?」

真美「う、うん…ってダメじゃん!!」

響「うひっ!?どうしたんだ急に?それより早くオデコを…」

真美「だ、ダメダメダメ~!」

響「そんなにイヤなのか?ハッ!まさか真美…お前…」

真美(バレた…?)


51: マジで誰か画像くれ 2012/10/04(木) 03:47:09.36 ID:78ws0g3RO

響「真美まさか…自分のことがキライだったのかー!?」ナミダメ ウルウル

真美「はい…?」

響「きっとそうにちがいないんだー」

響「ま…み、は…じ、じぶっのこ、がキライっ、なを、だぁ…うぅ」

真美(なにこのこかわいい)


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 03:52:07.68 ID:78ws0g3RO

響「うわああぁぁぁん!!」

真美(さすがにしょうがないよね?)

真美「違うのひびきん!真美はひびきんのこと大好きだよ!」

響「ほ、んとに?」グスッ エグッ

真美「うんホント→だよ?」

響「なーんだ良かった」ケロッ

真美(はやっ)

響「じゃあどうしてその…オデコを触られたくないんだ?」

真美(う~言っちゃった方がいいよね?)


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 03:54:15.19 ID:78ws0g3RO

>>52訂正
真美(さすがにしょうがないよね?)×

真美(もうしょうがないな→)〇


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 04:00:17.04 ID:78ws0g3RO

真美「あの、ね?ひびきん、真美ね?オデコにニキビがね?できちゃったの」ウツムキ

響「なーんだ、そんなことだったのか?」

真美「うん、そうなんだ…ってそんなことじゃないYO!!真美にとってはシカクモンダイなんだYO!!」プンプン!

響「あはは、ゴメンゴメン、そういうつもりじゃなかったんだ。それと、それを言うなら死活問題、だと思うぞ?」

真美「そんなことはどうでもいいの!」プンスカ


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 04:04:33.25 ID:78ws0g3RO

響「まぁまぁ、そのよかったらでいいんだけど、どんなのか見せてくれないか?」

真美「………ひびきんだったら、いい、よ?」

響「うん、じゃあ失礼して、いくよ?」

真美「うん…」

ソロー

??「ちょっと待ったピヨーー!」ガチャン!!

響真美「!?」ビクッ!!


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 04:12:15.86 ID:78ws0g3RO

小鳥「ちょっと二人とも~?人が夜勤明けにコンビニにいって帰ってくる合間になぁにぃをぉ…ムハーー!!なことしてるのよ!!私も混ぜなさーい!!」ピヨピヨ

響真美「」

小鳥「何?ねぇ真美ちゃん一体何を見せるって言うのーー!?」ヒャッハー!

響「真美…レッスン、行こうか」

真美「うん…ひびきん」
小鳥「えぇ!?ちょっと待ってよ~!私に唯一の楽しみをーーー
響「フンッ」ビシッ

小鳥「ガフッ」バタン

響「安心しろ、峰打ちだぞ。それじゃあ行こうか、真美」

真美「うん…」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 04:19:29.16 ID:78ws0g3RO

ーーー
ーー

インストラクター「はい!じゃあ今日はここまでです!お疲れ様でした!」

響真美その他「ありがとうございましたぁ!!」

響「それじゃあ帰ろっか?真美」

真美「うん…」

響「……むぅ。やっぱりオデコ気になるのか?」
真美「うん…ひびきんはさ、ニキビとかできたの?」

響「自分はさっぱりさー、なんせ自分、ダンスやってたからな!あ!でも、にぃにがニキビがいっぱいできる体質だったみたいだぞ」

響「だからにぃにに聞いてみたらなんか分かるかも、にぃにに聞いてみてなにか良さそうな治療法があったらまた連絡するさぁ」

真美「それホント!?ありがとひびきん!」ニコッ


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 04:24:49.42 ID:78ws0g3RO

響「お!真美やっとわらったさー、そうそう真美はうつむいて悲しそうな顔より笑顔の方がかわいいぞ!」

真美「か、かわ、かわいぃ?真美が?」

響「うん!」ニカッ

真美「そっか…そうだよね!こっちの方が真美も楽だよ→!」ニコッ

響「あ!そうだ!ニキビを治すいい方法一つ思い出した」

真美「えっ?どんなのどんなの!?」

響「へっへー、それはな……」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 04:33:52.21 ID:78ws0g3RO

ーーー
ーー

ー双海家ー
真美亜美の部屋

真美(あ、ひびきんからメールだ)


From:ひびきん

To:真美

Sub:にぃにに聞いたぞ!
にぃにに聞いたぞ!ニキビを早く治す方法はーーーー


P.S.髪の毛パッツンの真美も新鮮でとってもかわいかったさー、また見てみたいかも…なーんて!それじゃあおやすみ(+.+)(-.-)(__)..zzZZ


真美「まずは返信っと、えっと、今日は…ありがと→………」



真美「むぅ…かわいいとな?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 04:38:34.96 ID:78ws0g3RO

ー朝ー
亜美「真美→もう起きないと…って、あり?いない」

ー洗面所ー

響『ニキビを治すいい方法…それはな?……』


真美「うん!真美はかわいいスッゴクかわいい!セクチ→でプリチ→な大人の女!」


響『自分に自信を持つことなんだぞ!』



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 04:44:59.84 ID:78ws0g3RO

ー数日後ー
ー双海家ー朝ー

真美「ふわぁ…ふぅ…」モゾモゾ

ー洗面所ー

真美「さて、今日も誉めちぎるか…ってありり?無くなってる!?わ→いわ→い!ニキビが治った→!!どれもこれもひびきんのおかげだね!」

亜美「真美うるさいよ→どしたの?」

真美「あ!ごめんね亜美もうちょっと静かにしてるYO!!」エヘヘ//

亜美(うるせぇ…でもなんだかうれしそうだし…まぁいっか!)


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 04:49:01.62 ID:78ws0g3RO

亜美「じゃあ亜美行くね→」ガチャ

真美「うん!いってら→」

真美「ふんふふんふんふん♪」

真美「やっといつもの髪型にできるYO~」ウキウキ

真美「……」


響『髪の毛パッツンの真美も新鮮でとってもかわいかったさー、また見てみたいかも…』

真美「むぅ…」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 04:53:54.55 ID:78ws0g3RO

ー事務所ー
真美「おっはよ→!!」

春香「おはよう真美」

真美「おはよ→はるるん!」

春香「お!今日の真美は元気だね」

真美「んっふっふ~!真美はいつでも元気マンタンだYO~」

春香「ふふっ、そうだね」

真美「ね→ね→はるるん?ひびきんは?」

春香「響ちゃんならもうじき…」

ガチャ…

真美「ひびきん!」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 05:00:31.76 ID:78ws0g3RO

響「はいさいだぞ、二人とも」

真美「ひびきんひびきん!みてみて!真美のオデコ元に戻ったよ」

響「おお!よかったな~真美!ん?ニキビ治ったんだったら元の髪型に戻せば…」

真美「だ、だってひびきんが…新鮮でかわいかったってゆ→んだもん…」
響「真美…」

真美「ひびきん…」

春香「え?ナニコレ?どゆこと?え?」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 05:05:49.55 ID:78ws0g3RO

ガチャ

やよい「ううー…おはようございますー…」

春香「おはよう、やよい。あれ?どうしたのオデコ隠して?」

やよい「えっとぉ…そのぉ…うぅー…」

響真美「!!」

響真美「」ニヤリ

響「えっへへ、なぁなぁやよい!」
真美「んっふっふ~、ねぇねぇやよいっち」

響真美「ニキビを早く治すいい方法、教えてあげようか?」ニッコリ


おしまい


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 05:07:33.91 ID:78ws0g3RO

保守支援ご指摘ありがとうございました

眠れないんで書きましたもしもしなのはパソコン持ってないからです


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 05:08:02.93 ID:EVi00MRW0

良いじゃないか
秋の夜長に中々楽しませてもらった


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。