スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐天「相手を強制的に脱糞させる能力かぁ・・・」 

カテゴリ:とある系SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:04:28.26 ID:3NUNQQya0

佐天「えい!」

ビビ

御坂「え?」ブリ

御坂「あ・・・え・・・?」ブリュリュリュ!!

初春「・・・!?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:08:30.58 ID:3NUNQQya0

後は頼む!


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:14:13.51 ID:pKm/i8Cx0

佐天「はぁ…こんな能力あってもどうすればいいのかなぁ」

初春「どうしたんですか?佐天さん」

佐天「あ、初春。聞いてよ、あのね、今日ののう…」

初春「??」

佐天「い、いや、なんでもない。なんでもないから」


佐天(あ、あぶなぁ…こんなこと言ったら絶交されちゃうよ)


初春「何かあったんですか?」

佐天「う、ううん。ま、まだレベル0だったなぁって」

初春「そうですか…大丈夫です。頑張っていればレベルあがりますって」

佐天「う、うん。あ、ありがとー…うん」

初春「あ、ごめんなさい。今日は風紀委員の仕事で」

佐天「うん、いいよ。いいよ。頑張ってね」

初春「はい」

佐天「…ふぅ。行ったか…さて、これからどうしようかなぁ…あ、>>15でもしてみよう」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:20:06.36 ID:3NUNQQya0

授業中前の生徒(女子)に発動


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:27:02.92 ID:pKm/i8Cx0

佐天「よぉし、明日学校で使ってみようっと」

佐天「とりあえず、気に入らないアイツなら、そんなに心痛まないわよね」

佐天「じゃあ、今日は帰ろうっと」

佐天「あ、そうだ、今日はセールの日だった。何か服でも買って帰ろうっと」

佐天「ふん、ふふ~ん♪」


翌日


佐天「さてと…あ、いたいた…>>21はに狙いを定めてっと」

(とあるキャラ以外でもいいです)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:27:41.23 ID:UrBbkdZU0

黒子


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:33:50.36 ID:pKm/i8Cx0

佐天「白井さ~ん」

黒子「あら、佐天さんじゃありませんの」

佐天「この学校に慣れました?」

黒子「えぇ。おかげさまで」

佐天「大変ですよね。学校が決めたこととはいえ、交換留学なんて」

黒子「仕方ありませんわ。こういうことは、優良生徒が行うと相場が決まっておりますもの」

佐天「ですよねー」

黒子「おっと、そろそろ授業ですわね」

佐天「ですね」

黒子「では」

佐天「はい…能力発動」ポソッ

教師「ほらー、みんな席につけー」

黒子(あら…なんだかお尻が…むずむずと…ん…あ、あら?あらあらあら?)

教師「今日は教科書43ページから始めるぞ」

黒子「ん…もう…だめっ」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:36:38.73 ID:pKm/i8Cx0

ブビッビフッフッブボッ

教師「!?」

ザワザワザワ

佐天「ぷっ…す、すごい音…ひょっとして、便秘気味だったのかな」

なんか臭くない?
うわ、くっせ
窓開けろ窓
ちょっと、誰よ、今のおなら

佐天「あ、白井さん…みんながざわついてる隙にテレポートで…しまった…その手があったか」

佐天「あ~、もう少し見たかったなぁ」

佐天「ま、いっか。今度は御坂さんの前で使ってみよっと」

佐天「それじゃあ、次はどうしようかなぁ」

>>35


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:37:25.86 ID:7YIvnqD10

一方相手に使って返り討ち脱糞


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:43:45.30 ID:pKm/i8Cx0

佐天「はぁ、今日は楽しかったなぁ。あの後も結構使ってコツもつかめたし…くく。生徒会長のあの顔は傑作だったなぁ」

初春「…はぁ」

佐天「どうしたの?」

初春「どうしたって、佐天さんはあんなもの見せられてどうも思わないんですか?」

佐天「あんなものって…会長?」

初春「えぇ。まさか、壇上で脱糞するなんて…しかも、あんなに大量に…まったく。お昼前だったのに今でも食欲わきませんよ」

佐天「まぁ、確かにねぇ」

初春「なんだか白井さんもピリピリしてましたし…はぁ」

佐天「今日も風紀委員?」

初春「えぇ。それじゃあ、行ってきます」

佐天「いってらっさーい」



佐天「さってと…ん?あれ?あの人…あ、間違いない。この前の雑誌で特集されてた…第一位の一方通行さん!?」

佐天「…ニヤリ」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:48:52.21 ID:pKm/i8Cx0

佐天「あの人を倒せば、私が学園都市第一になれるかも」

佐天「…そーっと近づいて…これくらいの距離なら、能力が届くかな」

佐天「…天下布武ならぬ、天下糞武を宣言できるわ!!」

佐天「よぉっし…いけっ」


一方通行「っと。そうィやァ、スイッチ切ンの忘れてましたよっと」


佐天「うぇ…え?」

佐天「な、なんで?おなか…いた…いたたた」

佐天「うそっ。能力が反射された?」

佐天「な、なんで。こんな物理的じゃないものまで、反射って…ひきょ」

ブピッぶぶぶう…ぶ。ぷっ

佐天「はっ、このままじゃ、パンツ汚れちゃう」

佐天「パンツ…脱げっ…な…ぁ」

ぶばばっばびっ、ぶぶううう


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:51:58.63 ID:pKm/i8Cx0

佐天「んっ、ぉ、おおっ…ぉ、み、みられて、るぅっ」

佐天「往来の、まんなかれぇ、うんち、もらしてるの、みられてりゅぅぅぅ」

にゅるっにゅ

ぼとん

佐天「はぁ…はぁ…はぁ…こんな、こんな太いの」

通行人1「なんだ?」

通行人2「女の子が糞もらしたぞ!」

通行人3「マジで?」

通行人4「写メとれ!はやくはやく」

佐天「あ、あ、あぁぁ…み、みないでっ!!」

ガシャン

通行人4「え?か、カメラが壊れた?」

一方通行「何してンですかァ?てめェらはよォ」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:54:19.84 ID:pKm/i8Cx0

通行人1「え?あ、こ、こいつ…第一位の」

一方通行「てめェらはよォ…中学生の女の子を泣かせンのが趣味なンですかァ?」

通行人2「ち、ちがっ。いや、これは」

通行人3「じゃ、じゃあ。俺はこれで」

通行人4「ま、待てよ、俺も!」



一方通行「ったく。無駄な力使わせンじゃねェよ」

カチッ

一方通行「大丈夫か?」

佐天「>>57


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:54:58.41 ID:pKm/i8Cx0

安価ミス >>63


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:55:55.93 ID:DS718x/v0

木山先生でお願いします
何でもします!靴もなめますから!!


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 15:59:34.06 ID:pKm/i8Cx0

佐天「木山先生でお願いします!何でもします!靴も舐めますから!!」

一方通行「はァ?」

佐天「殺さないで」

一方通行「…あ~…」スタスタ

佐天「あ、あれ?行っちゃった?」



佐天「よ、よかったぁ。本当に殺されるかと思った」

佐天「ふぅ。あ、そうだ。これ、片付けないと…どうしよう…あ、そうだ」

佐天「この紙に…御坂さんの名前を書いて…あとは…早い者勝ちってでも書いておくか」

佐天「御坂さんファンなら持っていってくれるよね」

佐天「よし、これはこれでよしっと」

佐天「う~ん、今日は失敗しちゃったなぁ…次は気をつけないと」

佐天「まだ時間あるし、>>76


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:01:17.31 ID:rHbrFVe20

2位とバトル


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:05:11.63 ID:pKm/i8Cx0

佐天「いきなり1位を狙ったのが失敗だったよね。だから、2位の人にしよう」

佐天「2位の人って、確か…あぁ、ていとくんか。ホストみたいな人だよね」

佐天「さてさて。どこに居るかなぁ?」

佐天「あ!あそこで冷蔵庫を見てる人…ていとくんだ」

佐天「よし。今度は慎重に」

帝督「すいません。この冷蔵庫なんですけど、チルドの能力ってどれくらいですか?」

佐天「まずは、ゆっくり近づいて」

帝督「へぇ、中々いいですね。これの黒ってあります?…あ、お願いします」

佐天「…なんだか思ってたよりいい人っぽいけど…人違いじゃないよね?」

帝督「こっちのシルバーも捨てがたいかな」

佐天「ううん。これはこっちを油断させる為に決まってる…ここは心を鬼にして」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:08:40.52 ID:pKm/i8Cx0

佐天「能力…発動!」

帝督「ん?」

佐天「…よし、今度はかかった」

帝督「ありゃ、漏れちまったか」

佐天「あ、あれ?思ったより冷静だなぁ」

帝督「よいしょっと」

佐天「ズボンの裾からキラキラしたものが出てきた!?え?え?え?」

帝督「すみませ~ん…ちょっと未元物質が漏れちゃったんですけど。何か袋もらえますかぁ?」

佐天「未元物質ってそこからでるの!?…やばい、メルヘンすぎる」



佐天「はぁ…やっぱり第一位っと第二位は偉大すぎる…私なんかじゃ相手にならないなぁ」

佐天「ううん。めげちゃだめよ、佐天涙子…まだまだ、これからなんだから」

佐天「よし、次は >>85 にしてみよう」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:10:54.58 ID:Zh35iv/U0

満員電車内で能力暴走


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:15:56.39 ID:pKm/i8Cx0

佐天「よし、電車でやってみよう」

佐天「あ、けど、私まで被害にあったら困るから、乗ってる車両の隣の車両にしないと」

佐天「他の人の匂いがつくなんて嫌だからね」

佐天「さてと。それじゃあ、駅へレッツゴー」



佐天「うわぁ。すごい人。今日、何かあったっけ?」

佐天「ちょ、ちょっと、お、押さないで!」

佐天「うぅ…み、身動きが取れない。そうか、丁度この時間だと、帰宅ラッシュ時間だったんだ」

佐天「学生も大人もみんな大変だなぁ」

佐天「能力を使うのは、もう少し空いてからにしよう」



佐天「…」イライラ

佐天「暑い…臭い…最悪…あ~もう」


ブビッ


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:17:53.03 ID:pKm/i8Cx0

佐天「え?」

ブブッ

ブビビブビィ

ボフゥ

佐天「え?え?え?」

乗客1「くっ…なんだこれ」

乗客2「んっ…ぁぁっ」

乗客3「も、もれっ」

乗客4「は、はやく駅に」

佐天「え?まさか、私の?…暴走?」

ぎゅるるるるっ

佐天「ひっ!?さ、さっきだしたばっかりなのに、私…なんで、自分まで」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:21:22.49 ID:pKm/i8Cx0

佐天「や、やぁ…ひっ、足になんだか熱いのが…にゅるって」

乗客5「す、すみません」

佐天「い、いえ」

乗客6「ま、マジやばいって…お前、口あけろ」

乗客7「はぁ!?ば、バカじゃネェの!?」

佐天「う、うわ…阿鼻叫喚…って、言ってる場合じゃ、う、うぁ…で、でちゃう」

ブバッ

ニュルッニュルルルル

ブシャァッ

乗客8「うわぁっ、こいつ、下痢便かけやがった!?」

乗客9「なによ!あんただって、足元がすごい事になってるじゃない!!」

佐天「…ふぅ…って、すっきりしてる場合じゃないし」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:23:59.66 ID:pKm/i8Cx0

白井「…これはまた」

初春「くしゃいです」

固法「こんな応援要請受けるんじゃなかったわね」

初春「白井さん。さっさとテレポートしちゃってください」

白井「うぅ。ゴム手袋越しとはいえ、こんなものに触れるのは…鳥肌が」

固法「さっさとやって、さっさと帰りましょう」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:27:16.48 ID:pKm/i8Cx0

佐天「ふぅ。シャワーを浴びてやっとすっきりした」クンクン

佐天「よし。匂いも消えた…お、ニュースでやってるやってる」

佐天「うわぁ。画面の半分以上がモザイクだよ」

佐天「あ。ネットの方には無修正版がアップされるし」

佐天「へぇ、乗客の何人かはこれ撮ってたんだ」

佐天「うわ、うわ、うわ…私がしてるところ…映ってるし!!」

佐天「顔は見えてないけど…この制服…この位置…間違いないよ」

佐天「パンツ下ろしてるから、お尻の穴まで」

佐天「…これ…いろんな男の人が見てる…よね」

佐天「…ごくり」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:27:23.69 ID:qwm8mWgz0

>乗客6「ま、マジやばいって…お前、口あけろ」
>乗客7「はぁ!?ば、バカじゃネェの!?」
マジで馬鹿じゃねぇのwwwww


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:29:01.24 ID:2H2VrBGD0

>>104
クソワロタwwwwwwwwwww


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:30:05.12 ID:pKm/i8Cx0

数日後

佐天「ふぁぁぁぁっ」

初春「佐天さん!?」

佐天「で、でちゃうぅぅぅ、みら、見られてる、涙子のはずかしいうんちが見られてりゅぅ」

初春「佐天さん!は、早く隠して」

佐天「は。はぁ…はぁ」

初春「佐天さん…大丈夫ですか?」

佐天「ありがとう。初春」

初春「いえ。それにしても、厄介な能力ですよね…強制的に脱糞させる能力なんて」

佐天「えぇ」

初春「しかも、レベル1だと自身だけって…便秘の時はいいかもしれませんが」

佐天「…うん」

初春「暴走すれば、今みたいに通学路の途中とかで」

佐天「…見られたかな?」

初春「突然でしたからね」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:32:21.62 ID:pKm/i8Cx0

佐天「はぁ…この前はネットにアップまでされてたし」

初春「ちゃんと私が削除しておきましたよ」

佐天「ありがとう。初春」

初春「いえいえ」

佐天「…けど、どれくらいの人に見られちゃったかな」

初春「えっと…その…数百人は」

佐天「そっか」

初春「き、気を落さないでください!」

佐天「うん」

初春「…佐天さん。さぁ、今日も能力が暴走しないように訓練しましょう」

佐天「うん!」


佐天「…次はもっと男の人が多いところで…出来れば初春が居ない時に…しないと」



おわり


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:41:26.78 ID:pKm/i8Cx0

美琴「佐天さんもついにレベル4かぁ」

白井「まさか、わたくしと同じレベルまで到達するなんて、思いもよりませんでしたわ」

初春「アレから毎日頑張ってましたもんね」

佐天「えへへ。ありがとうございます。こんなパーティしてもらえるなんて」

美琴「それにしても、やっぱりこっちは慣れないわね」

白井「仕方ありませんわ。レベル4になったとしても、まだいつ暴走するかわからないのですから」

初春「えぇ。今では中学校でも、全員下半身露出がデフォルトですから」

美琴「けど、ファミレスで脱ぐなんて、やっぱり恥ずかしいわよ」

佐天「すみません」

白井「謝る必要はありませんわよ。都市の上層部で決まったことですもの」

初春「佐天さんが来店すると、店員やお客さんたち、全員、下を脱がないとダメですからねぇ」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:43:58.85 ID:pKm/i8Cx0

店員「いらっしゃいませ。本日は便意強制様がいらっしゃいますので」

当麻「ありゃ、そうか。久しぶりにファミレスにくるとこれだよ」

禁書「またパンツ脱ぐの?」

当麻「あぁ。じゃあ」カチャカチャ

禁書「私はローブだから、これとパンツを脱ぐと、全裸になるんだよ」

当麻「ほら。俺のシャツ貸すよ」

禁書「わぁい」

店員「では、こちらのお席へ」

当麻「はい」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:46:43.18 ID:pKm/i8Cx0

美琴「あ!」

当麻「おう。美琴か」

美琴「あ、あん、あんた、え!?ちょ、そ、それ」

当麻「ん?」

美琴「ひゃぁぁっ…み、みちゃった…みちゃった、アイツの…あれ」

白井「おやおや。どこぞの類人猿ではありませんの」

当麻「白井も居たのか。あと、初春さんと佐天さんだったか?」

初春「お久しぶりです」

佐天「こんにちは」

当麻「こんちはっと」

禁書「とーま、とーま。このハンバーグセット食べたい」

当麻「はいはい。それじゃあな」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:50:00.35 ID:pKm/i8Cx0

白井「相変わらず、あの類人猿…アレのサイズだけは一人前ですわね」

初春「そうですね。あんなに大きい人…学校じゃあ、先生をいれても居ませんよ」

佐天「うんうん」

店員「カレーセットご注文のお客様」

佐天「あ、はい。私です」

白井「好きですわねぇ」

佐天「なんか、能力に目覚めたら好きになっちゃって」

初春「そのうち、ウンチも食べるようになっちゃうんじゃないですか?」

佐天「まっさかぁ。そのレベルまではいってないって」

白井「そうですわよ。そこまでいくと真性のマニアですわよ」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 16:54:48.35 ID:pKm/i8Cx0

初春「けど、佐天さんの能力発現以降、学園都市でスカトロ趣味のお店とか増えましたよね」

白井「取り締まっても取り締まっても…出てくるのですから…まったく」

美琴「ね、ねぇ。ちょっと向こうに席に行っていい?」

白井「おねーさま!?ま、まさか。あ、あの男のを見に行きたいんじゃ」

美琴「ち、違うわよ。ちょっと、あのシスターと話がしたいだけで」

白井「あ~、もう。嘆かわしい…あんな棒が好きだなんて…」

美琴「だから、違うわよ…好きなのは違わないけど」

佐天「それじゃあ、お先にいただきます」

初春「あ、はい」

佐天「…」パク

初春「…佐天さん?」

佐天「か…辛っ」

初春「はっ、あ、危ない!みなさん!!椅子を開いてください!!脱糞に備えて!!!」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 17:00:53.16 ID:pKm/i8Cx0

ブリュブリュリュリュリュリュブババババババ

白井「ふぅ。危なかったですわ…初春。ナイス判断でしたわよ」

初春「いえいえ」

美琴「それにしても、この椅子。すごいわね…座るところを空けたら便器になるなんて」

初春「今じゃどのお店もこの椅子に取り替えましたからね」

店員「お客様。大丈夫でしょうか?」

初春「このカレー、随分と辛いようですが」

店員「…申し訳ありません。すぐにお取替えします」

佐天「うぅ。辛かった」

初春「よしよし」

白井「佐天さんはしなかったようですわね」

初春「最近じゃ、暴走しても自分に被害がこないようになったそうですよ」

美琴「へぇ。ちゃんと進歩してるじゃない」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 17:02:57.23 ID:pKm/i8Cx0

禁書「とーまー。間に合わなかったんだよ」

当麻「またか…はぁ。ほら。食べてやるからこっちの皿に載せろ」

禁書「うん!」



美琴「!?」

白井「…なんだか今、ものすごいものが聞こえたような」

初春「そっち系の人だったんですか?」

佐天「へぇ…大丈夫な人なんだ」



禁書「今日のはどんな感じ?」

当麻「ちょっと匂いがあるな。もう少し野菜も食べろよ」

禁書「わかったんだよ」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 17:04:43.89 ID:ZyVgtnZi0

ベルゼブブ
便意強制


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 17:05:47.74 ID:T+ZFCvoH0



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 17:06:42.98 ID:pKm/i8Cx0

佐天「…」スッ

御坂「どうしたの?急に立ち上がって」

佐天「…あの」

当麻「ん?」モグモグ

佐天「今、私だけ出なかったので、ちょっとお腹に溜まってるんですが」

当麻「??」

佐天「食べてもらえませんか?」

当麻「マジで?佐天さんみたいな美少女のならいつでもオッケーだ」

禁書「とーまー!?」

佐天「では」

当麻「おぉ…テーブルの上にうんこ座りする美少女…シュールで最高だ」

佐天「お皿。もらえますか?」

当麻「あぁ、じゃあ。こっちのご飯の上に頼む」

佐天「はい…行きます…能力発動」


ムリムリ…ムニュルルルルル…ベシャッ


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 17:09:35.24 ID:pKm/i8Cx0

佐天「おまけで。こちらも」シャー

当麻「お、おぉぉ…今日はインデックスがデザートまで頼むから、ライスしか食べれないと思っていたのに」

佐天「どうですか?」

当麻「いただきます」

佐天「…ごくり」

当麻「はぁ、美少女が目の前でひりだしたものを食べれる喜び…最高だ」ムシャムシャ

佐天「すごい…本当に食べてる」

当麻「あ…そのソースも貰っていいかな?」

佐天「え?」

当麻「こっちの口から出てる…ソース」

佐天「嘘っ…私、感じて…ひゃんっ…急にな、舐めないでくださいよ」

当麻「ん。これも絶品だ」

佐天「…そうですか…どうぞ」クチュクチュ


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 17:09:50.89 ID:0w5hki/o0

目の前ってことは…
ぼくも佐天さんのマンコ見たいです!


147:  ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 2012/10/07(日) 17:11:14.10 ID:S9G0D/3T0

    ノ)
   (;:.:.__)
  (;;:::.:.__::;)
 (;;:_:.__゚.:.:⌒)
(;;;::。:.. :;+;::;;`)
 `~^' ''''''''""~


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 17:12:26.00 ID:pHdyfVIE0

うんこがしゃべった!!!


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 17:13:13.67 ID:bfIdtxrl0

>>146-147
ワロタ


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 17:13:06.29 ID:pKm/i8Cx0

当麻「…ふぅ。食った食った」

佐天「…あ、あは…は…ぁ…ぅ」

禁書「とーま。ご飯食べるだけで、この子を4回も絶頂させる必要ないんじゃなかったのかな」

当麻「いや、この子が吹く潮が丁度いい加減なんだよ」

禁書「まったくもう」


美琴「ね、ねぇ」

当麻「ん?」

美琴「…そんなにソレが好きだったら…わ、私を毎日食べさせてあげてもいいわよ」

当麻「マジで!?」

美琴「う、うん」

当麻「やった。これでもやし丼から、バージョンアップできるぞ」

禁書「えー。短髪のはまずそうなんだよ」

美琴「誰もアンタに食べさせるなんて言ってないじゃない」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 17:16:23.24 ID:pKm/i8Cx0

当麻「佐天さん。今日はありがとう。おかげで最高の食事だったよ」

佐天「い、いえ。私こそ…あんなに気持ちよくしてもらえるなんて」

当麻「それじゃあ、また」

佐天「は、はい!」



美琴「…佐天さん」

佐天「はい?」

美琴「私ね、正直佐天さんのこと…嫌な目で見てたの」

佐天「…しょうがないですよ…こんな能力ですから」

美琴「けどね…違うの。確かに、ウンチは汚いものっていうのは今まで私たちが習ってきたことだったけど」

初春「そうですね…私も…今日で見かたが百八十度変わりました」

美琴「ウンチは素晴らしいものなのよ」

初春「えぇ。そうです」

佐天「御坂さん…初春」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 17:21:58.53 ID:pKm/i8Cx0

白井「そうですわよ。美味しい野菜だって、牛糞や鶏糞なんかを肥料にするじゃないですの」

美琴「えぇ…私たちの周りには元々、ウンチが必要不可欠だったのよ」

初春「便で通じる仲もある…いいじゃないですか。それで」

佐天「みんな」

美琴「だからね。もっと誇りなさい。その能力に…そして、私に…レベル5に追いついてきなさい」

佐天「…はい!」



佐天「よぉし、なら、まずは能力のトレーニング時間を増やさないと」

初春「なら、家庭菜園をしませんか?毎日そこでウンチすれば」

佐天「そっか。で、私のウンチで育てましたって、顔写真もつけようか」

美琴「いいわね!それ。明日は、私のウンチまみれのトマトをアイツの所に持っていこうっと」

白井「お、お待ちになってくださいまし、お姉様!お姉様のでしたら、黒子が黒子が!!」

佐天「よーし、初春。園芸用品見に行こうか」

初春「はい!佐天さん」


トゥルーエンド


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 17:31:25.05 ID:bfIdtxrl0



関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:とある系SS マジキチ 閲覧注意

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。