スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設楽「独りぼっちは寂しいもんな・・・」 

カテゴリ:糞SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:03:39.50 ID:embAHT/6P




設楽 「いいよ・・・いっしょにいてやるよ・・・」


     魔法芸人 シタラ☆ヒムラ





3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:05:18.72 ID:ni9XJ/xF0

         ,. '"´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::;.: --─---─-、:::::::::::::ヽ
    ./::::::::::::/ィC¨ヽ      \:::::::::::l
   /:::::::::/  └¬'´,   ィC¨ヽ';:::::::::!
  ./::::::::イ        / ,.  ヽ `¬┘';:::::::!
  l::::::::::::l       /ハ ハ }     ヾ::::j
  {::::{⌒l:!      / `   ' ヽ   V}
.  ';:::l ゝリ     l ,/ ̄¨ヽ  ',    }l
  ヾヽ__j     { {,. --‐‐ヘ    {,l
    ヾ::::|   i  ヽ ヽェェェェェノ     {
    }:::l   ヽ    ` ̄¨´   ノ   }
     ヾ;k    \_  __  ,/   }
     "|       ̄ ̄ ̄    ノ
  _,. -‐"\              フー-、_
'"´      `ヽ、          /


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:06:10.99 ID:LVjIzMg40

       /        \
     /              ヽ
.    ,i'                ',       どぉ~だいみんな!
    ;i'           _...._  |
   「l  r ―- 、  r' - ┘ h         糞 ス レ だ ろ ?
   |.i'  "_..二. 〉  z@ニ=  |.|
.   |l      i′   ̄ `  |j         ―┐     _    _    _    _   ┃┃
.   `!     r′ __ぅ     l___      __ノ  オ ´   `ー'´  `ー'´   `ー'´  ` ・ ・
.    ',    /;';';';';',:, )    ,'\  \ミニヽ、
.     ',   (iニ=テ7   ,'  }、 \ミ二ニ
      ;,   ヾ二フ     ,'  /::\   \ミニ
     / ヾ、 , , , , , , , , , ,i'  /ニ三\   \ミ
  ィ (    `(´.)';';';';';ジ  /二三二\
/ \\  /_二ヽ__(⌒)/二三二三二\
\   \\(  __i_ `)二:三二三二三二ヽ
二\   \ !   :  `}ニ三二三二三二三}
三二\  │  ̄  ̄ フ二三二三二三二ニ/
二:三二\/ト、 _` ̄ノ´二:三二三二三二/
ニ二三二/   `T´\三三三三三ニ‐''"
.二三二/     |


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:07:31.71 ID:embAHT/6P


キュゥべえ「仕方ないよ。彼一人では荷が重すぎた」
キュゥべえ「でも、彼も覚悟の上だろう」

設楽「そんな…あんまりだよ、こんなのってねえよ!」

キュゥべえ「諦めたらそれまでだ」
キュゥべえ「でも、君なら運命を変えられる」
キュゥべえ「避けようのない滅びも、嘆きも、全て君が覆せばいい」
キュゥべえ「そのための力が、君には備わっているんだから」

設楽「本当なのか?」
設楽「俺なんかでも、本当に何かできんのか?こんな結末を変えられんのかよ?」

キュゥべえ「もちろんさ。だから僕と契約して、魔法芸人になってよ!」
******
***


設楽「夢オチか…?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:10:28.13 ID:embAHT/6P


設楽 「やべ、今日いいとものテレフォンショッキングあんだった!いそがねえと」

ドタバタ

日村 「おそいよ、設楽さん~」

設楽 「わりぃ、寝過ごしてさ」

日村 「今日のいいとも頑張ろうぜ!」

設楽 「そうだな」





9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:12:06.88 ID:embAHT/6P


タモリ「へえ~、髪切った?」

日村「いやいや、ずっとこの髪型ですって、ボク!」

観客「はっはっは!」

設楽(うん?なんだあれ・・・?猫か・・・?)



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:15:03.74 ID:embAHT/6P


日村「おい、設楽さん!なにぼーっとしてんのよ」

設楽「えっ?あ?なんだっけ?」

タモリ「いや、事故大丈夫だったの?よく生きてたよね~」

設楽「ああ、いや、ほんと大変でした。
   大型トラックが突っ込んできて・・・
   3日ぐらい昏睡状態でしたけど・・・
   まあ、日村さんが看病してくれて」

タモリ「ええ~、仲いいね~二人とも」

設楽(あれ・・・いなくなった・・・見間違いか?)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:18:16.09 ID:embAHT/6P


日村「ああ、やっぱ生放送って緊張するな~」

設楽「なあ、今日スタジオに猫が紛れ込んでなかった?」

日村「いや、ちょっとなんで猫がスタジオにいんのよ?」

設楽「見てない?」

日村「いるわけないでしょ、猫なんて」

設楽「そっか・・・」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:20:36.45 ID:embAHT/6P


設楽「あ、そうだ日村さん。ひさびさにうち来ない?
   嫁がごはん作ってくれるって」

日村「あ、わりい。俺ちょっと用事あるから。」

設楽「あ、そうなんだ。分かった。んじゃ、また明日ね」

日村「おう、そんじゃ」

設楽「あいつが用事って一体なんだろ・・・」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:25:41.44 ID:embAHT/6P


設楽「あれ・・・今日見たネコだ・・・」

キュゥべえ「やあ、設楽。僕の名前はキュゥべえ。」

設楽「!?ネコがしゃべった!?」

キュゥべえ「僕はネコなんかじゃないよ。キュゥべえだ。」

設楽「きゅうべえ・・・?」

キュゥべえ「そう。僕は君にお願いがあって来たんだ」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:27:43.21 ID:embAHT/6P


設楽「おれに…おねがい?」

キュゥべえ「僕と契約して、魔法芸人になって欲しいんだ」

設楽「いや、魔法芸人って・・・」

キュゥべえ「僕は、君たちの願い事をなんでも一つ叶えてあげる」

設楽「えっマジで?」

キュゥべえ「何だってかまわない。どんな奇跡だって起こしてあげられるよ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:33:17.81 ID:embAHT/6P


設楽「じゃあ、俺以外全員可愛い女の子にしてもいいわけ?」

キュゥべえ「もちろん。すべて叶えてあげられるよ」

設楽「・・・」

キュゥべえ「さあ、どうする設楽?」

設楽「いや、やっぱいいわ。俺今でも十分幸せだからさ」




27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:37:19.52 ID:embAHT/6P


設楽「奥さんと子供もいるし・・・
   それに、日村と仕事してるのが一番楽しいしな」

キュゥべえ「はぁ、君たちの気持ちは分かった。残念だけど、僕だって無理強いはできない」
キュゥべえ「お別れだね。僕はまた、僕との契約を必要としてる子を探しに行かないと」

設楽「なんかごめんね・・・」

キュゥべえ「いや・・・また会うことになるけどね・・・」

設楽「えっ?あ、行っちゃった・・・」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:41:13.33 ID:embAHT/6P


設楽「・・・”君たち”?」

次の日

設楽「はよざいます。あれ、日村さんは?」

マネージャ「あ、日村さんはピンで仕事です」

設楽「え?ピンで?聞いてないけど」

マネージャ「いや、ロンドンハーツのどっきりなんで本人にも内緒なんです」




29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:44:23.58 ID:embAHT/6P


設楽「おい、まさか、それって
   女使ってやるどっきりじゃねーだろーな?」

マネージャ「いや、ロンハーっていったらそういうもんでしょ」

設楽「ふざけんな!あんなのは笑いじゃねえ!芸じゃねえよ!」

マネージャ「お、落ち着いてくださいよ。
      ジタバタしてももうずいぶん前から仕込んでますよ。
      女の子のお誘いメールとか・・・
      今日が最後のネタばらし生収録ですよ」

設楽「ちっ・・・」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:47:23.89 ID:embAHT/6P


次の日

設楽「日村、昨日のドッキリ大丈夫だったか?」

日村「いや~、すっかり騙されちゃったよ。
   本気で好きになりかけてたんだよ。
   笑っちゃうよね、俺なんかが・・・」

設楽「・・・お笑いは、笑われてなんぼだよ」

日村「そうだな、ははは」

設楽「(思ったより元気そうでよかった)」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:52:20.49 ID:embAHT/6P


新聞 ばさっ

設楽「なんだこれ・・・
   連続強姦殺人魔だって・・・
   犯人まだ捕まってねーのかよ・・・
   子供心配だな」

日村「・・・・」

設楽「(日村さん・・・?)」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:55:03.19 ID:embAHT/6P


設楽 宅

設楽(嫁)「まだ寝ないの~?明日も早いんでしょ?」

設楽「ちょっと、仕事してから寝る」

パソコン 起動

 ウィーン・・・カリカリカリ

【GPSロガーソフト】 起動



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:58:31.32 ID:embAHT/6P


設楽「日村さんの様子がおかしかった・・・
   居所を把握するために、
   悪いけど、俺のiPhoneのランニング用GPS記録アプリを起動させたまま
   日村さんの鞄にこっそり入れておいた・・・」

【GPSロガーソフト】
 本日のGPS記録を表示します .....Complete
 軌跡は地図上の黄色の線で表示されます。

設楽「・・・別に変な動きはしてないか・・・」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:06:15.40 ID:embAHT/6P


設楽「うん?なんだ?GPSの軌跡が・・・」

激しく波打つGPSの軌跡を表す黄色の線

設楽「米軍の妨害電波か・・・?」

キュゥべえ「確かに日本のGPSは米軍のGPS衛星を借りているから
      対象国近辺で軍事行動が行われる場合は
      軍のセキュリティのために、意図的にGPSの精度が
      かなり悪くなってしまうけど・・・」

設楽「おまえ・・・」

キュゥべえ「それは、電磁波の乱れが原因だよ」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:09:36.12 ID:embAHT/6P


設楽「電磁波・・・」

キュゥべえ「強大な魔女空間が生成されているんだよ」

設楽「魔女空間ってなんだよ?」

キュゥべえ「僕は、君たちの願いごとをなんでもひとつ叶えてあげる。
      でもその代わりに魔女と戦う使命を課されるんだ。」

設楽「魔女って・・・一体・・・」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:13:11.25 ID:embAHT/6P


キュゥべえ「人間の感情というのは膨大な残留思念としての
      エネルギー体なんだ。
      その中でも”笑い”はかなりのエネルギーだ。
      君たちお笑い芸人は、そのパワーを持っている」

設楽「魔女ってなんだよ?」

キュゥべえ「笑いから産まれるのが魔法芸人だとすれば、
      魔女は呪いから産まれた存在なんだ」

設楽「呪い・・・」

キュゥべえ「魔法芸人が笑いを振りまくように、魔女は絶望を蒔き散らす」
キュゥべえ「しかもその姿は普通の人間には見えないから性質が悪い」
キュゥべえ「不安や猜疑心、過剰な怒りや憎しみ、そういう災いの種を世界にもたらしているんだ」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:16:46.34 ID:embAHT/6P


設楽「・・・日村の願いはなんだったんだ?」

キュゥべえ「知ってることを聞くのは、無駄だと思わないかい?」

設楽「医者に聞いたよ・・・俺が助かったのは奇跡だって・・・」

設楽「あいつは・・・」

だっ!

設楽は駆け出した。



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:19:56.60 ID:embAHT/6P


設楽「iphoneの軌跡だと、ここがその場所だ・・・」

設楽「日村!どこにいる!?」

空間に入った亀裂を見つける

設楽「ここか!」

ぐいっ

設楽「日村ー!」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:23:51.75 ID:embAHT/6P


魔女「ンベーンベーンベー!!」

ぶんっ!

設楽「うわっ!あぶねえ・・・」

キュゥべ「すさまじい、負のエネルギーだ」

設楽「あれが・・・日村さんなのかよ?」

キュゥべ「正しくは、”だったもの”だけどね」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:28:54.18 ID:embAHT/6P


設楽「キュゥべえ、お前の目的は何なんだよ・・・?」

キュゥべえ「だから最初からいってるじゃないか。
      魔女と戦う使命を持つ、魔法芸人を探しているんだ」

設楽「いや、違うね。それは、手段であって目的じゃねえだろ」

キュゥべえ「・・・」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:32:24.88 ID:embAHT/6P


設楽「魔女と戦って魔女を倒しても、お前には何の得にもならない」

キュゥべえ「・・・」

設楽「魔女を倒すこと自体が目的じゃなく、
   ”魔女を倒すことによって得られるもの”だ」

キュゥべえ「それを知ってどうするんだい?」

設楽「そう考えるとこういう仮説が出てくる」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:35:13.58 ID:embAHT/6P


設楽「もし、お前の目的が魔女を倒すことによって得られる何か・・・
   例えば残留思念やエネルギー体だとしたら・・・」

『キュゥべえ「はぁ、君たちの気持ちは分かった。残念だけど、僕だって無理強いはできない」 』

設楽「あのときお前は ”君たちの気持ち” と言った」

設楽「君たちとは”誰と俺”を指すのか・・・」

設楽「答えは明確だ。俺と日村だ」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:39:20.48 ID:embAHT/6P


設楽「人間の思念が高エネルギー体だと言った。
   笑いと呪いがな。
   でも、お前はもう一つのエネルギー体としての
   人間の感情に気づいたんじゃないのか?」

キュゥべえ「実に聡明だね。
      人間の感情の中で分析不可能なものが存在する。
      それが君たちに感じたものなんだ。
      僕の使命は、”エネルギーの回収”。
      なら、もっと効率のいい回収方法があれば
      それを探すのは当然のことだろう?」

設楽「・・・」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:44:34.13 ID:embAHT/6P


設楽「お前が仕組んだことなのか・・・?
   俺の事故も・・・日村の感情を揺さぶるドッキリも」

キュゥべえ「君の事故は、僕の仕組んだものじゃない。
      あくまで偶然だ。
      日村のドッキリは僕が操作したことだけどね。
      あれほどまでに負のエネルギーがあるとは・・・
      幼少期のトラウマかな」

設楽「・・・俺の願いは決まった」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:52:16.42 ID:embAHT/6P


設楽「日村をお前と会う前に戻せ!」

キュゥべえ「それでいいのかい?
      日村はおそらく過去に戻ってもまた君を助けるために
      魔法芸人になるだろう」

設楽「なら、そこで俺も死なせろ!」

キュゥべえ「それはできない。願いは1つだけだ」

設楽「ちっ・・・」

キュゥべえ「仮に君を死なせたとしても、
      日村は君を助ける願いをするだろうね」

設楽「ぐ・・・」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:54:21.34 ID:embAHT/6P


設楽「お前の思惑通りになるしかねえのかよ・・・」

キュゥべえ「やっと分かってくれたのか。
      君が日村を殺すシナリオしかないってこと。
      さあ、僕と契約して魔法芸人になってよ!」

設楽「・・・ああ、分かったよ」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:01:15.71 ID:embAHT/6P


キュゥべえ「心から信頼するもの同士が殺し合う・・・
      おそらく凄まじい反動エネルギーが生成されるはずだ。
      僕の目的も一気に片付くよ」

5年前
( 設楽 「俺、お笑いやめようと思ってんだ・・・
      俺はなんかちょっと臭ぇ感じだけど、日村さんと出会えて良かった的なのがあって…。
      出会い出会ってさ、やってきて…不思議な関係じゃん、このコンビなんてさ。
      だけど、まぁ10年以上続いてるっていうのは、それなりになんかあったわけだからさ。
      俺はそういう意味では…あの……ありがとう…とか、
      出会えて良かったなっていうのは、すごい感謝してて…。
      こんなに長いこと一個のことやるなんてのもなかったから…。
      そういう日村さんのこととかは絶対忘れないと思うし、すごい出会えて良かったな…」 )

設楽「独りぼっちは寂しいもんな・・・」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:05:51.56 ID:embAHT/6P




設楽「いいよ・・・いっしょにいてやるよ・・・」


キュゥべえ「・・・げぷっ。」


  魔法芸人 シタラ☆ヒムラ  (終わり)



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。