スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「貴音ミルク牧場」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:48:48.65 ID:ufaXzlFD0

P「きょうも清々しい朝だな」

貴音「も~」

P「ははは、貴音はかわいいなあ」

貴音「も、も~」

P「さあ、今日も綺麗にブラッシングだ!」

貴音「も~!!」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:49:17.49 ID:ufaXzlFD0

シュッシュッ

貴音「もぅ~……」

P「気持ちいいか~?」

貴音「もう~!!」

P「よーしよし」ナデナデ

貴音「も~……」

P「ああ、やっぱり貴音はかわいいなあ……」

P「食べちゃいたいくらいだ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:49:43.73 ID:ufaXzlFD0


P「さあ、貴音、ご飯だぞ」

貴音「もう~!!!」

P「一杯食べるんだぞー!」

亜美「わー!貴音だー!!」

P「おっと、びっくりした」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:50:18.39 ID:ufaXzlFD0

貴音「も~……」

亜美「あ、びっくりさせちゃったかな?ゴメンね……」

P「よーしよし」ナデナデ

貴音「も~」

P「どうやら機嫌も直ったようだ」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:50:42.03 ID:ufaXzlFD0

亜美「わー、兄ちゃんすごいねー!!」

P「ずっと世話してるから、心が通じ合ってるのさ」

貴音「も、も~」

亜美「あはは、貴音もそうだってさ!」

P「ま、全く貴音ときたら……」

亜美「照れなくたっていいジャン!」

貴音「も~!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:51:08.98 ID:ufaXzlFD0

P「ああ、本当に綺麗だな貴音は」

貴音「も~」

P「この毛ヅヤといい、後脚の肉付きといい……」

貴音「も~」

P「本当にすくすく成長して……」

貴音「も~」

P「いよいよなんだな……」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:53:04.64 ID:ufaXzlFD0

―次の日―

律子「どうも」

P「あ、おはよう」

律子「そろそろ……ですかね?」

P「ええ……」

律子「期待してますよ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:53:28.70 ID:ufaXzlFD0

亜美「ねーねー?」

律子「何?」

亜美「貴音って、どうすればミルクがでるようになるのー?」

律子「うっ……それは……、妊娠すれば、赤ちゃんのためにミルクが出るようになるわ」

亜美「妊娠って、どうやるのー?」

律子「た、貴音用の種が売ってるのよ」

亜美「へー?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:54:39.91 ID:ufaXzlFD0

P「ウチは、市販の粗悪な種は使わない……」

P「やはり天然ものの種で孕ませないと……」

P「貴音……」

貴音「も~」

P「なあ、いいだろ……?」

貴音「も、も~」

P「俺のかわいい貴音……」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:55:03.83 ID:ufaXzlFD0

―しばらく後―

律子「……ええ、受胎してますね」

P「本当か!?」

P「よしよし、よくやったな、貴音」

貴音「も~」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:55:22.84 ID:ufaXzlFD0

亜美「あ、貴音妊娠したの?」

P「ああ」

亜美「じゃあ、ミルク取り放題だね?」

P「ああ、おいしいの、飲ませてやるよ」

亜美「やったー!!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:55:57.00 ID:ufaXzlFD0

律子「分かってると思いますが」

P「ああ、貴音は妊娠してからおよそ300日間、ミルクを出し続ける」

P「その間に出産があるんだな」

律子「分かってますね?」

P「……」

P「ああ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:56:38.12 ID:ufaXzlFD0

P「貴音……」

貴音「も~?」

P「ミルク、絞るぞ……」

貴音「も~」

P「よっと」

貴音「も~」

P「おお、沢山出るな~」

P「……ゴクリ」

P「飼い主の特権を使うか」

貴音「も~?」

P「直接飲むぞ、貴音」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:57:09.71 ID:ufaXzlFD0

亜美「あ、兄ちゃん、ミルク出荷するの?」

P「ああ」

亜美「亜美も手伝うー!!」

P「そうか?でも重いからなー?」

亜美「大丈夫大丈夫!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:57:26.73 ID:ufaXzlFD0

亜美「あんまり大丈夫じゃなかった……」

P「ははは、ご苦労さん」

P「ほら、これ」

亜美「あ、貴音のミルクだ!いいの?」

P「おいしいの飲ませてやるって言ったろ?」

亜美「兄ちゃんありがとー!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:57:50.62 ID:ufaXzlFD0

―しばらく後―

P(そろそろか……)

亜美「兄ちゃん!大変だよ!貴音が!」

P「……分かった」

貴音「も、も~!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:59:41.48 ID:ufaXzlFD0

亜美「凄い苦しそうだよ~……」

P「……貴音、起き上がれるか?」

亜美「え?起き上がらせていいの?こんなに苦しそうなのに……」

貴音「も~……」

P「そっちのほうが産みやすいのさ」

亜美「え?赤ちゃん産まれるの?」

P「ああ、これは出産だ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:00:13.21 ID:ufaXzlFD0

P「寝てるより、若干起き上がったほうが産みやすいんだ」

亜美「へ~」

貴音「も~!」

P「ほら、脚を開け、貴音」

貴音「も~」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:00:41.56 ID:ufaXzlFD0

P「しばらく苦しいのが続くけど、俺が近くにいてやる」

P「だから頑張れ、貴音」

貴音「も~」

P「亜美、お医者先生に連絡取ってくれ」

亜美「分かったよ!」

P「頑張れ、貴音!」

―――――

―――



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:01:34.74 ID:ufaXzlFD0

オギャー オギャー

亜美「産まれたの?!」

P「ああ」

P「よく頑張ったな、貴音」

貴音「も、も~……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:02:10.95 ID:ufaXzlFD0

亜美「へー、凄い元気な鳴き声」

P「……」

子供「オギャー!オギャー!」

P「……何てことだ」

亜美「……?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:02:44.26 ID:ufaXzlFD0

―しばらく後―

律子「こんにちは」

P「ああ」

律子「子供は、いかがでした?」

P「……死産だった」

律子「……それはご愁傷様でした」

P「ああ」

律子「また来ます」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:03:06.29 ID:ufaXzlFD0

……

亜美「帰った?」

P「ああ……」


律子「……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:05:11.12 ID:ufaXzlFD0

―数年後―

?「キャッ、キャッ」

P「ははは、楽しいか?」

亜美「ま、まずいよ、兄ちゃん!」

P「どうした?」

律子「やっぱり……」

P「律子!!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:05:36.16 ID:ufaXzlFD0

律子「やっぱりオスだったんですね?」

P「こ、これはだな……」

律子「ここ数年、増えてるんですよね、こういうの」

律子「……オスは、殺処分。そう決まっているんですよ?」

P「くっ……」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:06:06.05 ID:ufaXzlFD0

P「頼む……見逃してくれ……」

P「俺には、こいつを殺すなんてできない……」

律子「いけません。ルールはルールですから」

律子「それに、何の生産性もないオスを生かしておいても無駄でしょう?」

子供「……」

律子「さ、連れて行きましょう」

P「くっ……」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:07:52.07 ID:ufaXzlFD0

律子「……」

律子「何かしら、このニオイ……」

律子「……あそこから……?」

P「ゴミ箱か?」

P「そんな変なものあったかな……?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:08:17.21 ID:ufaXzlFD0

律子「……これね……」

律子「……ペロッ」

P「お、おい」

律子「これは……」

子供「……」

律子「精液……なのね?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:08:59.95 ID:ufaXzlFD0

律子「失礼します」

子供「あっ……」

P「な、何を……」

律子「ふふふ、大きいのね?」シュッシュッ

子供「あっ……あっ……」

律子「早く出しちゃいなさい」

子供「ぎゃおおおおおん」ドピュ


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:10:40.35 ID:ufaXzlFD0

律子「……ペロッ」

律子「そのオスの子供、名前は何ていうんです?」

P「お、おい、どうしたって言うんだ……」

律子「喜んでください。殺処分にせず済みそうです」

P「本当か?」

律子「ええ、だから名前を」

P「涼。コイツの名前は涼さ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:11:05.70 ID:ufaXzlFD0

亜美「今日も出荷、やっちゃうよー!」

P「ああ」

貴音「も~」

P「貴音のミルクは絞ったから……」

P「次は涼のミルクだな……」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:12:04.86 ID:ufaXzlFD0

P「まさか、オスの精液をミルクとして売り出すとは……」

P「しかもそれが大人気とは……」

P「世の中わからんもんだ……」

P「やはり律子は天才だな」

涼「も、も~」

P「わ、わかったって。そう引っ張るなよ、すぐやるから」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:12:28.17 ID:ufaXzlFD0

亜美「兄ちゃん、早くしてよー」

P「ああ、分かったよ」

P「貴音、涼、これからもよろしくな」

貴音「も~」

涼「りゅんりゅん♪」


終わり


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:12:55.27 ID:6FGR9p7d0

なんだよこれ…


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:13:47.98 ID:a8Xd4xIH0


貴音が人の形をしているのか
それだけ教えてくれ


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:14:39.43 ID:ufaXzlFD0

貴音は貴音の姿をしているよ


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。