スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜美「へ~これがはるるんの陰毛か~」 

カテゴリ:マジキチ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:29:12.35 ID:9nmilXWT0


亜美「ふわふわだよ~」

真美「ふさふさだね~」


ちょいちょい


亜美「でもちゃんと、カタチはキレイになってるね。お手入れしてるんだね」

真美「さっすがはるるんだね。これでいつでも水着の仕事もバッチ来いだね」

亜美「リボンもかわいいね」

真美「さっすがはるるんだね。見えないオシャレも楽しんでるね」


亜美・真美「「んっふっふ~」」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:31:01.70 ID:9nmilXWT0


第二話


亜美「へ~これがいおりんの陰毛か~」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:33:52.12 ID:9nmilXWT0


亜美「あんまりないね」

真美「ちょっとつまんないね」


ぺたぺた


亜美「ちょっと数えてみよっか。ひいふうみい……」

真美「うあうあ~! 5本しか目視できないよ~!」

亜美「でもいおりんらしくてかわいい陰毛だね」

真美「そうだね。一本もらっとこっか」ブチッ


亜美・真美「「んっふっふ~」」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:35:17.05 ID:9nmilXWT0


第三話

亜美「へ~これがあずさお姉ちゃんの陰毛か~」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:38:21.88 ID:9nmilXWT0


亜美「うわあ……」

真美「ひええ……」


わっさわっさ


亜美「さっすが……あずさお姉ちゃんだね……」

真美「オトナ! って感じだね~……」

亜美「やっぱりおっぱいが大きい人ってそうなんだろうね」

真美「そだね。オトナ! って感じだもんね。ってことはお姫ちんもそうなのかな……?」

亜美「あやかりたいもんだね」

真美「とりあえず頬ずりしとこっか」


亜美・真美「「んっふっふ~」」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:39:49.84 ID:9nmilXWT0


第四話


亜美「へ~これが千早お姉ちゃんの陰毛か~」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:43:40.46 ID:9nmilXWT0


亜美「……」

真美「亜美亜美~。そんなに怒っちゃダメっしょ~」


つーん


亜美「だってだって! 陰毛ぜーんぶ剃ってるなんて思わないっしょ!」

真美「千早お姉ちゃん、もともと薄そうなのにね~……」

亜美「これは陰毛に対する暴力だよ! 暴力はんたーい!」

律子「それを言うなら冒涜、でしょ」

真美「千早お姉ちゃんには千早お姉ちゃんの趣味があるんだよ。真美も一緒に行くから、謝りにいこ?」

亜美「……うん……」


亜美・真美「「んっふっふ~……」」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:44:52.41 ID:9nmilXWT0


第五話


亜美「へ~これがやよいっちのいんも……生えてないじゃん!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:48:03.37 ID:9nmilXWT0


亜美「生えてないのも、また味わい深いものがあるね~」

真美「えっ、今度はおこらないの?」


つるつる


亜美「うんっ! だってだって、天然と養殖はちがうもんね」

真美「真美は分別がつく子なんだね」

亜美「ぺろぺろしてもいいかな~?」

真美「ダメっしょ~。やよいっち、今でも顔真っ赤にしてんじゃん」

亜美「はーい……」

真美(真美はお姉ちゃんだもんね。亜美にちゃんと叱ってあげないと)


亜美・真美「「んっふっふ~」」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:48:48.01 ID:9nmilXWT0

×真美「真美は分別がつく子なんだね」
○真美「亜美は分別がつく子なんだね」
でオナシャス 自画自賛になっちゃった


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:50:45.68 ID:9nmilXWT0


第六話


亜美「へ~これがまこちんの陰毛か~」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:56:36.97 ID:9nmilXWT0


亜美「シャキっとしてるね~」

真美「そうだね。まこちんみたいだね」


さわさわ


亜美「綺麗な陰毛だね~……まるで散発したてのパパの頭みたい」

真美「そうだね。でも顔はいっちょ前に照れてますぜ、亜美」

亜美「やっぱり乙女だもんね」

真美「それにしても、刺さりそうな陰毛だね」

亜美「せっかくだし、うさちゃんに陰毛刺し込んどこっか」ブチッ

真美「いおまこは正義だもんね」


亜美・真美「「んっふっふ~」」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:58:40.59 ID:9nmilXWT0


第七話


亜美「へ~これがゆきぴょんの陰毛か~」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:01:02.19 ID:9nmilXWT0


亜美「」

真美「」


もじゃ……


亜美「かえろっか……」

真美「そだね……」

亜美「今日亜美達が得た教訓はこれだね」

真美「おっぱいの大きさと陰毛の濃さは関係ないってことだね」


亜美・真美「「んっふっふ~……」」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:02:56.35 ID:9nmilXWT0


番外編


亜美「へ~これがピヨちゃんの陰毛か~」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:06:37.84 ID:9nmilXWT0


亜美「なんていうか、普通だね」

真美「そだね。ほかのみんなはお手入れされてたりしたけど……」


ぴよぴよ


亜美「ごく普通の、二十代女子って感じの陰毛だね」

真美「ピヨちゃんは水着で撮影とか、しないもんね」

亜美「それより気になることがあるんだけど~……」

真美「そうだね。真美もさっきから考えてたよ~」


亜美・真美「「ふとももスリスリしたい!」」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:08:05.66 ID:9nmilXWT0


第八話


亜美「へ~これがミキミキの陰毛か~」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:12:22.67 ID:9nmilXWT0


亜美「わぁい!」

真美「ミキミキの陰毛はとってもキュートだね!」


キラキラ


亜美「ラメがちりばめられてるよ~」

真美「陰毛もちゃんと染めてるんだね~。オシャレさん!」

亜美「カッコいいから、亜美もやってみよっかな~」

真美「え……?」

亜美「どったの、真美」

真美「……なんでもないっぽいよ~……」


亜美「んっふっふ~」
真美「……」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:13:38.44 ID:9nmilXWT0


第九話


亜美「へ~これがひびきんの陰毛か~」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:17:51.27 ID:9nmilXWT0


亜美「薄いね~」

真美「こいつは予想外だったね~」


ぷるぷる


亜美「亜美、ひびきんはもっとごわーってしてるかと思ったよ~」

真美「真美も真美も! え? なんだって、ひびきん?」

亜美「……最近、また薄くなったって?」

真美「へ~。フシギなこともあるもんだね」

亜美「年を取るにつれておっぱいもちっちゃくなってくしね」

真美「フシギなこともあるもんだね」


亜美・真美「「んっふっふ~」」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:19:41.61 ID:9nmilXWT0


第九話


真美「へ~これが律っちゃんの陰毛か~」

亜美「……」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:24:18.05 ID:9nmilXWT0


亜美「……」

真美「律っちゃんの陰毛、マジメな味がする」


むしゃむしゃ


亜美「……」

真美「……さっきからどったの、亜美?」

亜美「うあうあ~! そんなことしたらあとで怒られちゃうよ~!」

真美「……大丈夫だよ。そのときは、真美も一緒に怒られてあげるから」

亜美「……グスッ……ほんと、真美……?」

真美「うん!」


亜美・真美「「んっふっふ~」」ムシャムシャ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:25:39.55 ID:9nmilXWT0


第十話


亜美「へ~これがお姫ちんのいんも……生えてない……だと……?」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:30:11.37 ID:9nmilXWT0


亜美「まさかお姫ちんがつるつるだとは、亜美思わなかったよ~……」

真美「真美もだよ~……」


かぁぁ


亜美「お顔真っ赤だね」

真美「そだね。恥ずかしかったのかな?」

亜美「意外と純情さんなんだね」

真美「そだね。でもお姫ちん、生えてないのは恥ずかしいことじゃないよ!」

亜美「そーだよ! 亜美だって最近生えてきたんだから!」

真美「え……?」

亜美「どったの、真美?」

真美「……」

亜美「真美……?」


亜美・真美「「……」」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:33:19.28 ID:9nmilXWT0


真美「……えへへ。な、なんでもないっぽいよ~」

亜美「うあうあー! そんなことないっしょ、真美!」

真美「そんなことあるもん! あっ、真美、もうお仕事にいかなきゃ!」

亜美「ちょっと待ってよー! 真美ー!」


たったった


亜美「……真美……」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:37:31.79 ID:9nmilXWT0



たったった……


真美「はぁ……はぁ……」

真美「……」

真美「まさか……亜美に……」


真美「……もう陰毛が生えてたなんて……」

真美「真美はまだ、生えてないのに……!」



真美「……グスッ……グスッグスッ……」

真美「うわああん……!」


――後に双海真美はこう語る。
この事件が、双子の間に埋めようもない深い溝を作り出してしまったのだと……


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:39:09.93 ID:9nmilXWT0


最終話


真美「へ~これが亜美の陰毛か~」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:46:43.55 ID:9nmilXWT0


あれから、約一年後――


真美「……久しぶりだね、亜美」

亜美「……っ……ま、真美……」

真美「んっふっふ~! 真美が抜けたあとの竜宮小町でも元気にやってるっぽくて、安心したよ~」

亜美「……んっふっふ~! 亜美もだよ~!」

真美「でも真美、これだけは負けないかんねっ!」

亜美「これだけは、って?」

真美「そんなの決まってるっしょ? 真美達はアイドルだよ?」

亜美「……」


真美「歌とダンス、表現……」

真美「真美はね、あのあと兄ちゃんと出会って、血のにじむような特訓を繰り返したんだよ」

真美「デビュー曲の時点ですでに、ランク20位に入った。もうアイドルアカデミー大賞にも、ほぼ内定してるんだよ」

真美「姉より優れた妹など存在しない」

真美「それを教えてやる。来いよ亜美ッッ!!!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:50:44.43 ID:9nmilXWT0


しかし現実は厳しい。
最初のVS竜宮小町はストーリーの都合上、絶対に勝てないことになっているのだ。
真美にはただ、信じられない勢いでバーストアピールを繰り返す伊織の姿を呆然と眺めていることしか出来なかった――




真美「ウッウッ……グスッグスッ……」

亜美「……亜美……」

真美「うわあああああん!!!!」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:51:47.37 ID:9nmilXWT0

×亜美「……亜美……」
○亜美「……真美……」
でオナシャス


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:57:07.22 ID:9nmilXWT0


亜美「真美っ!」

真美「もうほっといて!」

亜美「ほっとけない! ほっとけないよ!」

真美「真美はもう……歌えない……!」

亜美「真美……」


亜美「……わかったよ」

真美「……う、うぅ……!」ポロポロ

亜美「でもね、これだけは受け取って」

スッ……

真美「え……?」

亜美「みんなと相談したんだ。どうしたら真美を元気づけられるかって、どうしたら、また一緒にステージに立てるかって」

真美「……」

亜美「……ここに置いておくからね。絶対見てね、真美!」

たったった……


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:59:43.37 ID:9nmilXWT0


真美「……グスッ……」

真美「もう真美には……歌う資格なんて」

真美「……でも……」

ガサゴソ……


真美「! こ、これ……!」



もさぁ……



真美「……みんなの、陰毛……」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:04:18.86 ID:9nmilXWT0


後日、765プロ定例ライブ


亜美「……」

亜美「真美……」

バネP「……もう時間だ」

亜美「まって兄ちゃん! まだ、まだ真美が!」

バネP「しかし……」


バターン

みんな「!!」

真美「遅れてすみませんっ!」

亜美「真美……!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:07:08.00 ID:9nmilXWT0


バネP「……大丈夫か、真美?」

真美「……」

真美「うんっ!」



亜美(真美……!)チラ

真美「……」コクン


亜美「んっふっふー! じゃあみんな、いっくよー!」

亜美「765プロぉー……」


みんな「ファイトぉー!!!」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:09:51.71 ID:9nmilXWT0


ワァァ……


真美「……」


ざわ…… ざわ……

おい、あれ…… 双海真美じゃないか?

うそ、でも…… 本当だ、双海真美だ!



――♪


真美「……」

『亜美だって最近生えてきたんだから!』

真美「……っ!!」


真美(やっぱり、真美にはもう……!)


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:14:14.17 ID:9nmilXWT0


ざわ……
  ざわ……


真美「……」

亜美「……」スッ

真美「え……? 亜美……?」



亜美「……すぅー……」


……―― ねえ、今 見つめているよ 離れてても ――……


真美「……!」


……―― ラブ ふぉゆー 心はずっと そばにいるよ ――……


真美(亜美……あとほかのみんなもゾロゾロ……)


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:18:25.61 ID:9nmilXWT0



――――――――――――――――――
もう涙をぬぐって 微笑って

ひとりじゃない どんなときだって
――――――――――――――――――



真美(……ひとりじゃない)

真美(真美の中には、いま……みんなの陰毛が……)



――――――――――――――――――
夢見ることは生きること

悲しみを超える力……
――――――――――――――――――



みんな「歩こう 果てない道」

真美「……っ」

みんな「歌おう そらを越えて 思いが 届くように……」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:21:25.83 ID:9nmilXWT0


みんな「約束しよう 前を向くこと」

みんな「サンキュー フォ すま~いる」



真美「……」

ロリまみ『……うたって?』

真美「え……?」

ロリまみ『うたって!』

真美「……!」


みんな「……」

真美(……みんな……!)

真美(ありがとう……!)


真美「……」スゥ……


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:23:58.64 ID:9nmilXWT0




真美「……歩こう 果てない道――」


ワァァ!!

バネP「やった!」



真美「歌おう そらを越えて」


ポロポロ


真美「想いが……とどくように……」


ポロポロ……


――――――――――――――――――
約束しよう 前を向くこと
Thank you for smile
――――――――――――――――――

ワァァァ……!!


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:27:14.07 ID:9nmilXWT0




亜美「……おつかれちゃんっ! 真美!」

真美「亜美……真美、その……ご、ごめ」

亜美「うあうあ~! そういうのはいいって!」

真美「……うんっ!」




真美「……ねえ、亜美亜美~」

亜美「ん? どったの~?」

真美「……今日は、久しぶりに……」

亜美「……?」



真美「いっしょに、お風呂に入ろっか!」

亜美「……うんっ!」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:32:19.04 ID:9nmilXWT0


その夜、お風呂場で……


真美「へ~これが亜美の陰毛か~」

真美「って生えてないじゃん!」


つるっつるん


亜美「えへへ……」

真美「うあうあー! 亜美、うそついたのー!?」

亜美「だってだって! みんな立派な陰毛だったからさ~、亜美もちょっと、みえを張りたくなっちゃったんだよ~」

真美「うあうあー! そんなみえのせいで、真美はあんなカナしい気持ちに……」

亜美「ご、ごめんね! 彼氏が出来た、とかウソつかれるよりはいいっしょ?」

真美「むむ……そりゃそうだけどさ~……」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:35:20.97 ID:9nmilXWT0


亜美「でもでも、いつか亜美達にも、陰毛が生えてくるときが来るよね」

真美「……そだね」

亜美「そのときこそ、ホントのホントに、オトナになるんだよね」

真美「そだね! でもでも、抜け駆けしちゃダメだよ~?」

亜美「あったりまえじゃん! だって亜美たち、双子だもんね!」

真美「うんっ! 真美たちは……」

亜美「いつだって……」


亜美・真美「「いっしょだもんねっ!」」


おわり


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:39:30.02 ID:4s8bVJyW0

だもんげ!


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:39:33.18 ID:9nmilXWT0

おわりです、読んでくれた方ありがとう
第九話が二個ある点と、誤字が目立った点については反省している。ごめんなさい


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:44:37.55 ID:O7qfzsU20

真良き物でした


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:50:17.65 ID:hq3RLK0j0

イイハナシダナー


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:51:42.49 ID:26aJwMFS0

いんもー☆


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。