スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夏「シャルとの情事が命懸けすぎる」 

カテゴリ:インフィニットストラトス SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 23:17:20.38 ID:ZyjjE5RI0

一夏「隙あらばゴムを外して挿れさせようとしてくるし」

一夏「生でやってしまうたびにホールド→射精強制の流れに・・・まあいつも寸前とふみとどまるからいいけど」

一夏「そんなに俺の子を孕みたいのか?学生の身分だぞ・・・まじでありえない」

一夏「一度ガツンといってやらなければ」




関連タグ:ISSS

一夏「誰かを突然抱きしめたくなる病」 

カテゴリ:インフィニットストラトス SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 01:55:15.81 ID:8SyNskhM0

一夏「とかいう病気を患ったらしいんだ」

千冬「そうか、早く治せ。ではな」

一夏「ちょ、千冬姉! 困ってるんだってば」

千冬「別に問題なかろう。ハグなど欧米では挨拶だぞ」

一夏「ここは日本だよ。どうしよう、セクハラで学園を退学になったりしないかな……」







一夏「鈴とのディープキスにどハマりした...」 

カテゴリ:インフィニットストラトス SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 20:44:42.34 ID:XPKnWX+g0

とろっとろになって、最終的には他の人に見られるのも構わないって感じで

誰かオナシャス!






一夏「箒、家の掃除手伝ってくれてありがとうな」 

カテゴリ:インフィニットストラトス SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 00:20:37.93 ID:HIlowrAY0

一夏「助かったよ、最近帰る機会なかったから油断するとすぐ埃が積もってさ」

箒「れ、礼には及ばんさ」

一夏「今お茶淹れるよ。ソファに座っててくれ」

箒「は、はい!」

一夏「なんだその返事……? まあいいか」



箒「ふう……一夏の家で二人きり、か……」

箒(普段は千冬さんもいるんだろうが……そういえば部屋は書類やら服やらが散らかっていたな。
  案外だらしない部分があるというか

一夏「箒! おまたせ」コトッ

箒「ありがとう」




一夏「シャルが発情期に入った」 

カテゴリ:インフィニットストラトス SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 19:09:03.70 ID:UB7qlSVWO

一夏「いつもと変わらなかった」


20110219005150





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。